トップページのメッセージ・情報はこちらに収録しています。ただし、ページの保存量の関係で、2012年8月以前の情報記事は移転・割愛しております(2012.12.31.)。


☆※◎ メッセージ 最新分の保存版(2016年までの掲載記事)  ☆※◎

 「阿修羅像の謎」を解く (17.3.27.)

NHKのBS放送(3月22日)の「阿修羅 1300年の新事実」を録画しておいて観ました。いわゆる阿修羅ファンではないですが、私なりにこの仏像には関心がありましたので。

まず「阿修羅」は闘いの神であり、その原型は、最高神インドラに闘いを挑む神としての姿にあります。だから、荒ぶる顔立ちと姿が阿修羅の「らしさ」なのです。

ところが、興福寺に安置されている阿修羅像は、やや愁いを含んだ少年らしい顔立ちで、上記の阿修羅像とは逆の姿です。それが「謎」ともいわれてきました。半面、整ったその顔立ち、合掌する姿から、阿修羅ファンは多くおられ、人気の仏像の一つです。

上記の番組は、最新のCTスキャンなどの技法を駆使して、興福寺の阿修羅像の「謎」を解く試みでした。

阿修羅像を建造させたのは、光明皇后でした。743年のこと。唐に遣唐使を送ったりするなど、国の発展にも取り組んでいました。国内的には飢饉や地震など、様々な危機も起きていました。これらのすべての安寧を願っての建造であったとされています。

そのとき、光明皇后の固有の願いが込められました。彼女には一歳に満たない子どもを亡くした、悲しい体験がありました。その6年後に阿修羅像などを造らせています。

釈迦像を取り囲む仏像の中には童子の顔立ちのものもあります。そして、10代後半の少年らしい顔立ちが阿修羅像です。

ところが、CTスキャンで解析すると、麻布をうるしで固めて貼り付けた完成体の内側に、原型となった塑像があり、その顔は、目元がつり上がって怒り顔であったことがわかりました。それが、完成体は、全く異なる表情になった。制作過程で光明皇后からの意向が伝えられたのではなかったか、というのが専門家の解釈です。

光明皇后には、釈迦にまつわる伝説、つまり神々や弟子たちに囲まれた場で、釈迦は「過去の罪を懺悔すれば救われる」と説いたという、この説話を新たに建造する阿修羅とその他の仏像たちに託したかったのではないか。幼子を失った自身の体験もあったし。

それが合掌の姿です。これも旧い資料によると、明治期の阿修羅像は右腕は手首のところが失われ、左腕も肩の箇所がすこしずれていたことがわかりました。それが修復されて現在の合掌の形になった。番組の中で、これを仏師・山崎孝之氏が再現してみせました。

番組でもまとめていたように、「戦争、たたかい、強者」のイメージの阿修羅に対して、興福寺の阿修羅像は「苦しい時代を生きていく人たちを励ます姿、感謝の姿」になっている。光明皇后の慈悲というよりは、当時、それを民衆の多くが求めていたということでしょう。

       ――――――――――――――――

 愛知県・子どもの貧困対策会議第6回に出席 (17.3.25.)

3月23日(木)、愛知県庁6階の政庁会議室において、標記の会議が開かれ、出席しました。2016年度最後の会議です。

子ども調査及びひとり親調査の集計結果報告があり、「子どもの貧困率」が確定されました。

《子ども調査》小1の保護者、小5、中2の子どもと保護者を対象にした子ども調査は、回収件数 23,757件、回収率 70.6%でした。国民生活基礎調査の貧困線(2012年、122万円以下)を基にすると、子どもの貧困率は 5.9%です。

愛知県独自の貧困線(137.5万円以下)によると、それは 9.0%です。いずれも相対的貧困率です。

いずれも、国全体の子ども相対的貧困率(厚生労働省 2014年)16.3%に比べると、愛知の場合は、豊かであることになります。しかし、一方で進めている関係者・当事者の聴き取りの結果を含めて実態を丁寧に分析していく必要があります。

《ひとり親家庭調査》愛知県全域(名古屋市を含む)では、回収件数・回収率の順に、母子世帯は792件、29.6%、父子世帯は363件、13.7%、寡婦世帯は369件、29.5%でした。

母子世帯・父子世帯の家族数と世帯収入から一人あたりの収入を算出した上で、上記と同じ国民生活基礎調査、愛知県独自貧困線を基にすると、子ども貧困率は、順に、52.9%、65.5%と、大変に厳しい実態が浮き彫りとなりました。

2017年度もこの検討会議は継続し、今後は、聴き取り調査と合わせてさらに分析して、愛知県の政策提言にまとめる予定です。

3月24日発行の『中日新聞』朝刊の愛知県内版で、この会議の報道をしています。そこには「委員の主な発言」も紹介されています。この中に、「養護教諭への聞き取り調査で『ひとり親家庭には外出する子どもが多い』とある」云々という発言があります。これは私が述べたものです。

ところがここには、大事な間違いが起きています。私が述べたのは、養護教諭によると「保健室に【来室】する子どもの中にはひとり親家庭の子が多い」というものでした。これが、会場のマイクを通じて、記者席にいた記者に「外出」と伝わったための誤記になったようです。

「保健室に来る子ども」と、具体語で言っておけば生じなかったでしょう。

このままですと、ひとり親家庭の子どもは家の外に出て街を徘徊するかのようなイメージにもなってしまうので、よくない。そこで、さっそく当の記者と連絡をとり、このいきさつと記事の訂正を要望しました。その記者も、そのような誤解が起きるのは本意ではないと了解してくれて、ちょうど近く執筆の機会があるのでその記事の中で軌道修正をすると応答してくれました。

思わぬ所で生じた誤記とはいえ、養護教諭、ひとり親家庭の親御さん、そして子どもたちに、大変な迷惑をおかけして、申し訳なく思います。元々の発言者として、ここにお詫びします。

       ――――――――――――――――

 「あの日」から6年 (17.3.11.)

◇東日本大震災の「3.11.」から6年。津波で被災された岩手・宮城・福島の人びと、さらに東電福島第一原発の事故(実は人災)によって避難を余儀なくされた人びと。「いのち」「生きる」ことに、私たちの想像以上に向き合い、失望あるいは絶望の思いを乗り越えながら本日を迎えられたと思います。

報道で聞こえてくる声は、「何も変わっていない」「かえって問題が複雑になってきた」「(除染されても)帰還は考えていない」など、現実はきびしいと受け止めます。当時の小学1年生が今春卒業を迎えます。中には、原発避難で学校が使えずプレハブ校舎を二転三転し、ついに母校に戻れないままに卒業する子どもたちもいます。

一方で、政府は、原発避難の国の援助も打ち切って、事態は収束しているとする判断です。この流れで行くと、以後の避難生活は、あくまで当事者の自己責任で営まれるとの見方になります。

◆ちょうどこうした時期に、原発事故に関わる文章を執筆しました。1つは、全生研編『生活指導』(高文研刊)の6月・7月合併号に所載の「『原発避難いじめ』の実証研究(試論)」です。400字で20枚の論文です。5月10日の発刊予定です。

この論考をまとめるにあたり、横浜市で「原発避難いじめ」の被害児童を支援している弁護団の主任弁護士さんに聴き取りをするため、先日、横浜市に行ってきました。貴重な現場資料を提供して頂き、かつ運動をになっている人だから語れるクリアな見解をお聴きすることができました。

もう一つは、同じく全生研『会員通信』に所載の小論で、「フクシマを問い、これからの福島へ」です。今年の8月初め、福島市内で全生研第57回全国大会を開くに当たって原稿を依頼されたものです。

       ――――――――――――――――

 《教育に「空白」はない! 市民の会》のつどい (17.3.5./3月7日補正 「委譲」→「移譲」に訂正他)

3月5日午後、名古屋市内で、標記の集いが開かれ、事務局によると予想を超えて51名が参加しました。

「空白」を初めて目にする方もいるかと思います。これは、政府の地方分権改革の流れで、県の権限を政令市に移譲する一環として、教育委員会マターとしては、県費負担の常勤講師の人事も名古屋市にそっくり移譲されることに起因する問題です。

名古屋市においては以前から、臨時的任用の市職員に対して任期が終わって次の就労(任期開始)まで2ヶ月の「空白期間」をおくことになっているのです。実際に該当する臨時任用の職員はそのことで苦しんできています。このたび、権限移譲で、今まで県費負担で処遇されてきた常勤講師もすべて名古屋市の臨時的任用の人事に組み込まれることとなり、「2ヶ月の空白期間」問題が昨年9月頃に浮上したのです。

そこで、以前から愛知で活動してきている「臨時教員制度の改善を求める会」などを母体にこの問題を受け止め、市民に広く協力を呼びかけて「空白」自体の解消(撤回)を達成するための署名運動を含む諸活動を進めるために、「教育に『空白』はない! 市民の会」を結成したのでした。

今日の集会では、まず、大橋基博共同代表があいさつし、共に学び合うことをちからにしていこう、と述べました。続いて、事務局の上村さんが、これまでの経過を詳しく述べました。特に、2500余筆の陳情署名を市長宛に出したいと申し入れた件で、名古屋市教委が間に入って一旦署名を受け取るとなったいきさつ、そして、昨年の12月、厳しい冷え込みの日に、旧い建物の名古屋市内の教育会館一階ロビーで市教委の職員に榊達雄共同代表が署名簿を渡したことなどを、リアルに報告しました。

それから、最近のこととしては、名古屋市長選に立候補を正式に行った岩城正光(いわき・まさてる)氏と「市民の会」有志の懇談があったことも紹介されました。

つづいて、私が、約30分、報告を致しました。その要旨は、今回の「空白」の事案の根底には、名古屋市の地方自治とは何か、誰のためにあるのか、という問題と一体であること、そして、何よりの当事者は子どもであり、子どもの人間形成を支えていく教員の処遇・労働条件のあり方として「空白」問題を捉えることの必要性を述べました。

その後、自由な意見交換に移り、次々とフロアから発言がありました。やはり臨時教員の声は、リアリティがあり、いかに理不尽な人事がやられているかを物語りました。例えば、名古屋市では、臨時教員の同一校勤務をさせない、としていますので、常勤講師で期限が切れるときに、更新して同じ学校に勤めるなら、子どもたちのことをよく知っているわけですから当の教員も子どもたちも良い関係を作りやすいのですが、次の任用が決まったとしても、転出させられるのです。

実際の例では、隣同士のA、Bの両中学校で、互いの常勤講師が相手校に異動、ということも。それなら、そのまま元の勤務校で引き続き任用にすればいいではないか、と普通には思いますが、制度上そうしないのです。

それから、今になって新たな事態が起きています。ボーナス支給は、6月1日、12月1日を基準日として、そこからさかのぼって6ヶ月に勤務しているならば支給されるのですが、その時期の中に「空白」があると勤務と見なされず、ボーナスは支給されないか、大幅削減となるのです。しかも、次年度の常勤講師(育休代行など)を契約上引き受けた後の今になってそのことが伝えられているのです。

働き方改革どころか、労働基本権に関わる事案が、あたかも慣行通りであるかのように平然と進められようとしています。これが名古屋市教育行政の実態の一面です。当の臨時教員にとっては「空白」と「ボーナス削減」のダブルパンチです。

       ――――――――――――――――

 時事問題から「安倍首相の米国訪問、日米共同声明」 (17.2.23.)

先日、安倍首相が米国を訪問しトランプ大統領と「和気あいあい」(ある報道)の関係で日米の結束を確認しあった旨、各メディアが報道していました。

中でも、NHKニュースなどは、日米安保条約第5条が尖閣諸島に適用されることを確認した、と繰り返し報道していました(2月10日)。

安倍首相も、これを誇るかのように述べていました。しかし、あの日米安保ガイドライン(2015年4月)とこれに基づく「安保法制」からも明らかなように、尖閣諸島で何か軍事的衝突が起きたとき、日本が発動してこれに応じ事態の制圧に臨め、ということになります。

そのために「切れ目なく、細かに」臨戦体制を取る、とそのガイドラインは明記しているのですから。

要するに、領土内の日本による戦闘態勢をいっそう整えよ、というのが「第5条確認」をしたトランプ氏や日本を訪問したマティス国防長官の趣意であれば、安倍首相はなぜ、あのように誇ったような言い方をするのか。米国の極東構想に日本が全面的にしたがうこと、そのため自衛隊が今まで以上に第一線に立たされること、をそれほど善しとするのか、など疑問が湧いてきます。

       ――――――――――――――――

 名古屋市のいじめ方策について (17.2.23.)

22日、読売新聞中部支社の記者から、名古屋市のいじめ対応のこれまで、特に「子ども応援委員会」導入後の動きについて取材があり、応じました。

そのための準備として、同市の2014年の「いじめ防止基本方針」と、ちょうど17年2月改訂版として各学校に配布されたばかりの「同方針 2017年改訂版」を比較検討しました。

ここでは詳細は省きますが、少年の自死事件の検証報告書が出たこともあり、今まで以上にここの生徒の内面をきめ細かに理解する方向性を打ち出してはいますが、「心の冊子の配布」「子ども応援委員会のコーディネーターを全中学校内に設ける」「道徳教育の実践」など、結局は、各教員にいじめ防止対応のための負荷をあたえていく「改訂方針」になっています。

いずれ同紙の紙面で、名古屋市のいじめ防止対策に関して記事が載るでしょうから、そちらをご覧下さい。

       ――――――――――――――――

 タイ・バンコクでの4日間 (17.2.23.)

私は現職時代にタイには留学生のフォローアップなども含めて2回行っているのですが、連れあいがまだ一度も、というので、このたびある旅行社の企画ツアーで4泊5日(一泊は機内)で参加してきました。JALのビジネスクラス利用というセットで。

ツアーメンバーは8名で、現地ガイドが付いて、マイクロバスで移動して、王宮、エメラルド寺院(一部工事中)、巨大な涅槃像のワット・ポー、そして、電車が来るとサッとテントをたたむレール沿いのメークロン市場を観ました。

さらに、水上マーケット、そしてアユタヤ遺跡と、バンコク市内及び遠距離の主な名所旧跡には行きました。三日目の夜は、バンコク西を流れる、川幅が広く水量もたっぷりあるチャオプラヤ川で、クルーズ・ディナーも経験しました。

クルーズ客船はこの夜、5隻が可動していましたが、いよいよ行程を終えて桟橋に着く頃には、どの船上でも、各船のバンド演奏の周りに人々が集まって宴会騒ぎそのままに歌って踊っているのが、おもしろかった。私たちの船でも、韓国のグループがノリノリで、フィリピン歌手の巧みな歌で盛り上がっていました。

フード系は、連れあいはフルーツには満足していましたが、海鮮料理やトムヤンクンの強い香りにはなじめず、難しかったようです。私はといえば、かつてのタイ料理の味が蘇って、タイ米のチャーハンとトムヤンクンの組み合わせを初めとしてタイスキも、どれも辛いけども、おいしくいただきました。シンハー・ビールもほどよく合いました。

現職時代に研究指導で関わった、当時タイの文部省職員だったUさんにも予めレターを送って、ホテルで会えたら、としていたのでしたが、それは実現しなかった。レターが届かなかったか、とあきらめていたら、帰国して数日後に、手紙に書いておいたアドレスに彼女からメールが来ました。

以前に、裁判官になりたいと進路変更したことは聞いていましたが、そのメールによると、タイ北部の裁判所で判事の仕事をしており、バンコクの実家には月二回帰るだけで、先日折出からのレターを見た、会えなくて残念だ、という趣旨のことが書いてあります。こうして連絡が取れただけでも、良かったと思います。

       ――――――――――――――――

 「ヘーゲル『精神現象学』入門読書会」第3回を行いました(17.2.15.) 

2月14日火曜日、午後5時半から8時前まで、標記の学習会を行いました。今回は、小林信次さん(日本福祉大、子ども発達学部子ども発達学科教授)の自発的なお世話を頂き、ヘーゲル研究の専門家である片山善博さん(同大、社会福祉学部社会福祉学科教授)と、倫理学・哲学が専攻の赤石憲昭(あかいし・のりあき)さん(子ども発達学部 子ども発達学科准教授)のお二人も小林さんと共に参加して下さいました。

いつもの5人(学部4年生、大学院1年生、それに澤田さん、平野さん、そして折出)を加えると、8人のヘーゲル読書会という、とても画期的な集まりになりました。

詳細は省きますが、片山さんからは、第3回のメインである「自己意識」章の持つ意味、現代への問いかけなどを、また赤石さんからは「自己意識」章で扱われる、自分は自分で良いと籠もってしまう「ストア派」や、何ごとにも「何でそう言えるの?」と疑問を呈する「懐疑主義」、そしてイエス・キリストへの信仰と自己の欲望とに引き裂かれ自己統一になり得ない「不幸な意識」について、それぞれわかりやすく、その章のテーマに関する解説と問題提起をいただきました。

これらを受けて、各自の感想や問いかけを出し合い、現場での子どもの実態と重ねながら、またあるひとは、家族社会学的な関心と重ねながら、多面的な意見が出されました。

この章のキーワードは何だと思いますか? と、あえて片山・赤石のお二人に聞きましたら、片山さんは「自立と依存」、赤石さんは「労働の持つ意味」を挙げていました。

片山さんによれば、「自己意識」章は、『精神現象学』全体の中では短い章ですが(ご自身が読んできた、もう書き込みでぼろぼろにもなっているドイツ語原著を見せながら)、マルクスの系統だけではなく、コジェーヴ、ラカンなどの精神医学的な系譜でも、ヴォーヴォワールなどのフェミニズムにおいても、多様に受け止められてきたわけです。

さて、次回、第4回をやることになりまして、3月6日(月)、午後5時半、折出研究室にて、と実施計画を立てました。ご都合の付く方、お仕事等で遅くなっても良いですから、どうぞ。

「哲学の学習会か・・・」と難しく取らないで、哲学とは要するにものごとの道理・本質を問う知、だと受け止めて、自分の問いを出し合うことがすなわち哲学に通じるのです。

前にも申したように、この混沌とした、しかも暗たんたる社会状況にあって、生活指導はその基盤となる哲学を持つ必要がある、と考えて特に弁証法に着目して、ヘーゲルの読書会をやっておりますことを再度、付記しておきます。

       ――――――――――――――――

 前進座名古屋公演「怒る冨士」 (17.2.9.)

南医療生協設立55周年、南生協病院開設40周年の記念企画として、2月7日、前進座の公演「怒る冨士」が名古屋市内の旧市民会館の中ホールで行われ、その支援として、S席(前列二列目)で観劇しました。

その主旨に沿って、ご高齢で車いすの方々も多く来場され、それぞれにボランティアの支援者が付いて丁寧に対応していました。

この劇は直木賞作家・新田次郎氏による『怒る冨士』を原作としています。詳細は省きますが、江戸時代の宝永4年(1707年)いわゆる「宝永地震」(マグニチュード8.4〜8.7とされている。)が発生、その後、富士山の、今日までの史上最大級の噴火が起きて、その火砕流や火山灰などによって、富士山東部裾野にある駿東郡(すんとうごおり)の村々が壊滅状態になった史実を元にした物語です。

将軍綱吉時代の幕府は、この被災地一帯を復興する代官として、伊奈半左衛門(嵐圭史)を抜擢。彼は、復興に向けて村の代表者たちと対話する路線で奮闘します。しかし、幕府の中の、反主流派が資金繰りの難しさを理由に、同一帯を「亡所」(復興取りやめの場所)として押し切り、村人たちはどこへでも散在してよし、との命令を出しました。

農耕など暮らしの原点と居場所を震災で奪われ、しかも最低限の支援さえ断ち切られた村人たちの中から次々と自死するものが出てきます。伊奈は、幕府に惨状を訴え、駿河代官を説得して、当座の米を拠出してもらいます。

全国から震災被害の救済名目で約48万両もの金を集めながら、実際には、その4分の1以下の金しか被災地には回っていないことも伊奈は具体的に示して訴えました。しかし、幕府は取り上げません。それどころか、反主流派の老中たちは伊奈を、農民を扇動したとして評定所に呼び出し、詰問しますが、伊奈は真正面から対峙します。

ついに、伊奈は切腹を命じられたのでした・・・・・。

まさに、3.11後の福島第一原発被害による避難者の方々の窮状、政府の支援の仕方をそのまま映し出したかのようなストーリーに引き込まれました。

伊那を演じた嵐さんも、活き活きと台詞を語り、若々しく見えました。物語が物語だけに、笑いやアドリブは一切なしの約3時間でしたが、私は、見応えのある演劇にとても満ち足りた思いで会場を出ました。

幕府の「棄民政策」(権力の都合で民・百姓を見殺しにする政策)に立ち向かう良心的な武士の姿を通して、政治とは何か、現場の被害当事者の要求を聞き取ることの大事さなどを、迫力ある演技で観衆に訴えかけてくる舞台でした。

※ 会場配布の「舞台を読む」のプリントを参照しました。

       ――――――――――――――――

 「14人の造形展」を鑑賞(17.1.27.) 

愛知教育大学の現代学芸課程造形文化コースと大学院教育学研究科芸術教育専攻にゆかりのある若手の陶芸家(ないしはその志望者)たちの作品展が29日まで開かれているので、行ってきました。

この若手たち13名は、同大学を退職した元愛教大教授の中島晴美氏の門下生です。中島氏の、あの水玉模様で知られる「開示」をテーマとする作品も展示されています。若手の作品は、それぞれに個性あふれるものですが、作風は、中島氏の作風と通じるものがあります。

つまり、土を肉体的な美を表すようにひねり、未知に向かうように大胆に伸ばし、そして襞を入れるか、リング上の小さな模様を全面に貼り付けるか、あるいは微細な正方形を重ね貼りするか、など気の遠くなるような細かな作業の技巧が凝らされているのです。

例えば「面」と題する作品は、クリーム色の土のひとかかえもある面に、一個が1センチくらいの切片をおそらく何万という数で貼り付けて全体を覆っているものです。カタログによると、巾45センチ、高さ50センチ、奥行き30センチ。

「この作品で何を訴えたいのか?」と、すぐに作品の意味を知ろうと我々はしがちですが、土をひねり土と対話して、このような形象に仕上げたこと自体が「意味」なのです。これは、愛教大時代に、中島氏と陶芸のことで少し雑談をしていて、私なりに学んだこと。

そういえば、話が少し脱線しますが、中島氏は、私の展開する「アザーリング」に真っ先に反応してくれた陶芸家です。私が、ひとしきり「他者」論をしゃべった際に、自分にとって「土」は「他者」かもしれないし、その「土」と対話しながら、自分をそこに対象化しているのかもしれない、という趣旨のことをつぶやいていました。

例えば、上記の「面」という作品は、世界に数ある面の中で、この「面」のようにしか形象化されていない面があるのです。いや、あるはずです。それは作者の「内なる他者」イメージの形象化であり、今までになかった空間の創造なのです。

私などはまだ修行不足ですから(笑い)、「きっと作業の途中で嫌になって投げ出したくなったりしただろうな。この切片自体のアイデアにたどり着くまでに、ずいぶんかかったのだろうな。なぜ、茶でも赤でもなく、このクリーム色にしたのだろうな」などと、低次元のことで感想を持つのですが、実は、これこそ、この作品と対面しての対話なのです。

もし、そこに作者が居たとしても、作者が答えるのではなく、「作品をじっとよく観て下さい」と作者は言えばいいのです。作者は作品として送り出したときに、もうその制作過程からは離れているのですから。

「土」の世界は、ほんとうに奥が深い。

       ――――――――――――――――

 安倍首相の「施政方針演説」(通常国会 1月20日)全文を読んで (17.1.23.)

報道された標記全文は、「1 はじめに  2 世界の真ん中で輝く国創り  3 力強く成長し続ける国創り  4安全・安心の国創り  5 1億総活躍の国創り  6 子どもたちが夢に向かって頑張れる国創り  7 おわりに」という構成です。

まず、演説全体を通じて「国」が使われ、「国家」は出てきません。しかも、上記の「2」から「6」に至る事項で挙げられている「国創り」が施政の中心概念です。

問題は「国」と「国家」の関係を安倍首相がどう見ているのか。それが見えにくい演説内容です。「国」は国土(国際的に公認の統治の領土)を基盤に政治や経済・文化、福祉・医療・教育などを含めた総体を指し、「国家」はその統治組織を主に指し、立憲主義をベースに政務の執行を担う内閣等政治体制のあり方・形態・理念の全一体を意味します。

国民は「国」の構成員ですが、「国家」に対しては、基本的人権の主体としては、同時にその統治形態からは自由な一人の市民です。安倍首相が、演説で一貫して「国創り」を言うというのは、自らが総理として政権の中枢を司っている「国家」からみる国民、すなわち自由市民の処遇に対してはこれを適切に位置づける目線を持たず、国民即ち「国創り」を共にやっていく構成員であり、当然、「国家」の進む方向に協力するべき存在、という見方が背景にあるとうかがえます。

これは、自らの営む政治的行為を、「国家」を見つめ「国家」の主権の運用を見守る自由市民の目で相対化する、という問題意識がよわいことを物語ります。自分が目指す「施政の方針」に、国民共々に連れ立って歩むべき、とみなし、国民からの疑問や批判からも吸収して、まさに民主的な「国家」をつくりその統治のもとで自由市民たる一人ひとりの生活の安定と利益と健康を守る、という政府の使命についても、「国創り」への一体化がはじめにありき、で、進む方向によってはとても危険な要素を含んでいると感じます。

二つめに、戦後70年経った、次の70年をめざして「新しい国創りに挑戦する」という、この方針のもつメッセージです。いわゆる「戦後」をはっきりと終わらせて、したがって「戦後」の柱とされてきた日本国憲法も改正すべきことは改正して、次の70年を支える新しい「憲法」としてやっていくべきだ。こういう考え方が、わりとはっきりと出ている演説です。

三つめに、その一方で、民主主義をどう捉え、それを豊かにするためにはどのような施策で国民の政治参加を促すのか、という基本問題に触れられていないことです。国民の民主主義的成熟こそが、日本が民主的国家として、どっしりと足場を築き、言論をとおしてあるべき「わが国」を見定めて進んでいくための基本だと思います。この課題、日本の自由と民主主義のより豊かな構築と展開に、総理を務める政治家・安倍氏はどう考え、どのように責任を果たすのか、が見えてこないのです。

四つ目に、「批判ばかり」ではダメで具体的な結果を出してこそほんとうの政治だ、というトーンで全体が貫かれています。そして、この4年間のアベノミクスによる実績を雇用、給与等の例を挙げながら示しています。

しかし、「批判」から学び、「批判」が提起した問題の解決にも取り組むことが、政治の根幹ではないでしょうか。その「批判」とは野党からのものだけではないはずです。例えば、待機児童問題などのように、生活をするその現場にいる母親たちからの「声」、高齢者の「声」、これらも十分「批判」の要素を持っています。

安倍首相も「批判とはただ相手を叩くだけだ」と、表層的に理解しているのではないでしょうか。「批判」とは、その字の通り、問題の中味に分け入って、その中を「判」の右の「りっとう」の造りが示すように刀で割いて比べて、本当のところはどうなのか、何が真実なのかを問い、明らかにする知の行為を指しています。

簡単に「批判」は意味なし、と斬って捨てるやり方は、それこそ「ポスト真実」の風潮に乗っている態度ではないでしょうか。

五つめに、例えば「教育」の分野に関しては、「6」の中で取り上げられているのですが、例の明治期の「学制発布」(1872年)の文言を引用して「国民教育の理想」はここにあり、と述べているのです。これは、単に旧いだけではなく、「学制」の趣旨が、当時の欧州列強国に居並ぶためには《教育と軍事》の確立をめざす情勢において発布された明治政府の方針であって、まさに先に述べたように国民が政府と一体となって「国創り」に従っていくべきだ、という思想なのです。

国民と、政府が求める「国」像との同一化。これこそが、「国」と「国家」の相対的区別のない施政論の特徴でしたし、教育を語る場合にもそれがはっきりと出ています。その証拠に、子どもの「教育を受ける権利」への言及は一箇所もありません。「子どもの権利条約」までも(日本国として批准してはいても現政権にその徹底の気がない以上は)期待するのは無理としても、子どもの市民的権利に通じる、個の尊厳とプライバシー保護や競争あつれき・抑圧からの解放、もっと文化的な学びのための学校への転換などを語るべきではないでしょうか。

「誰にでもチャンスのある教育」とは、すっとはいってくる耳障りのいい言葉ですが、それだけ、自由競争が徹底され、いろんな形で競争に挑戦する「チャンス」は増えていきますよ、という新自由主義的な競争徹底をマイルドに言い換えただけです。

12万3千人近い小中学生の「不登校」実態、同じく「いじめ」に苦しむ子どもたちの現実は、安倍首相から観ると「国創り」にとっては目を向けたくない事柄なのでしょうか。そういう子どもたちへの発達支援の視点はまったく出てきません。

「誰でも希望すれば進学できる」と安倍氏は語ります。だが、それは学歴主義をそのまま体現しただけの教育観です。どういう教育、どういう学校をいま創っていくか。まさに「国創り」の土台と成る「教育創り」にしっかりと視点を当てて考察しなければ「国創り」は、それこそ、安倍首相の言う「抽象的なスローガン」と変わらないことになるのではないでしょうか。

       ――――――――――――――――

 厳寒の日、つれづれなるままに(17.1.20.一部補筆) 

◇今日(1月20日)は日本海上空の超低温寒気団が東にやってくるので、また厳しい寒さになりそうです。読者の皆様、お体にお気を付けてください。もし初期の風邪症状のようでしたら、葛根湯が効きます。いまは顆粒状でスティックにしてケース入りで販売されています。

今年の賀状や寒中見舞いで、小生のこのHPを楽しく見ています、といただき、こちらが励まされています。この場をつかってで恐縮ですが、御礼を申します。

◆私なりの恒例の「新春の前進座観劇」が今年は松の内も解けただいぶん後になりました。というのも京都南座が耐震工事で改修中のためです。先日、ようやく時間が取れたので、今年の会場、先斗町の歌舞連場で観てきました。演目は、牛若丸にちなむ歌舞伎と、中村梅之助さんを偲ぶ人情もので、どちらも前進座らしい人間模様、いのちや生きること、そして差異ある者同士の助け合いの姿がよく演じられていました。

思いがけない出会いがありました。私は正面前方の通路から二列目の席で、通路側の左手の席は空いたままでした。開演間際に、そこへ芸妓さんを連れた年配のだんなと女将さんの三人連れが来て、その二人は前の席へ、芸妓さんが私の隣にすわったのです。それから約3時間、ずっと彼女が隣にいて観劇したわけです。

休憩の時に(少し緊張して:笑)「先斗町の方ですか」と聞くと、そうですと、彼女。そこから「都をどり」の話や、名古屋から来たことを話して、すこし会話ができました。「雪は大丈夫でしたか」と気遣ってくれたので、途中の関ヶ原の話などをして、しだいに打ち解けてきました。それとなく横顔をみると美人です。

あとでわかったのですが、「あや野」さんらしい。知る人ぞ知る、有名な芸妓さんらしい。そういう方と新春から出会いがあるとは。

◇本日(20日)で、後期の授業15回をすべて無事に終えました。火曜日の科目だが、その日に出張が入ったため本日に振り替えた、1年生「教職論」では、現職教員からの聴き取りという私の出した課題に応えて、全受講生がレジュメをつくり、人数の関係で1人あたり8分の持ち時間でプレゼンテーションをしました。

例えば、「聴き取った内容はレジュメを見て下さい。私は、『聴き取りから感じたこと・考えたこと』を中心にこれから話します」といった、プレゼンらしいスタイルもしだいに身につけてきました。私が繰り返し、「あれもこれも話そうとしないで、何を話したいのかをはっきりさせること」と指示してきたのが、届いたようです。

ほんとうに学生たちの成長にはこちらが刺激を受けます。

◆前進座の観劇の前に下賀茂神社に行ってきましたが、今年の「おみくじ」の中に、「つまずく石も縁のはし」とあります。どんどんとこちらから働きかけなさい、そこでつまずいても、それも何かのあらたな関係づくりのきっかけ(縁)と成るでしょう、という趣旨です。学生たちの姿にも学んで、今年の大事なヒントにしたいものです。

       ――――――――――――――――

 映画試写会「わたしは、ダニエル・ブレイク」 (17.1.16.)

(1)1月13日、名古屋市内において標記のイギリス映画作品の試写会があり、参加しました。以下は、そのつたない鑑賞批評です。

(2)標記の映画作品を鑑賞して

 この映画は、今年81歳になるイギリスのケン・ローチ監督の秀逸の作品である。そのタイトルは、一人の労働者の切実な思いを表している。それがダニエルである。彼は59歳。建具工としての仕事を続けてきて誇りを持っており、妻を亡くしてからもつましく暮らしてきたが、心臓の病となり、仕事を止められたために、国の補助を受けようとする。しかし、職業安定所での複雑な手続きのために、幾度も憤りを覚えた。

 ダニエルは、働けると判定されたために、求職者手当てを受けるには求職活動を続けなくてはならない。医者からは止められているのに形だけの求職をしなくてはならない、というこの制度のおかしさに彼は腹立ちながらも、前に進もうとしていた。

 ある日、この町に転入してきた二人の子どもを連れたシングルマザーのケイティが職業安定所の手続きに駆けつけたとき、30分遅れのために制裁措置を受けることとなり、居合わせたダニエルは、なんとかもう少し寛容にできないのかと職員にせまったが、規則だとして取り合ってもらえなかった。

 これを契機にダニエルとケイティたちの交流が始まった。ダニエルはその腕を生かして、彼女らの部屋の建具を直してやったり、子どもたちとも遊んだりして、互いに元気づけあっていた。

ダニエルに付き添われてケイティはフードバンクに頼るためにそこに行って、配給された缶詰を、あまりの空腹に耐えきれずその場であけて素手で食べてしまい、その自分の「みじめな」姿に泣きながら落ち込んだ。それをダニエルは「君は悪くない」と温かく受け止めた。

 別の日にケイティは、日用品の万引きが見つかり、店長の配慮で見逃してもらえたが、その店のスタッフから「助けになるよ」と電話番号のメモを渡されるが、それは、女性にとって危険な選択であることはわかった。が、夜眠れないという娘から、壊れたままの靴を履いていることでいじめられたことを聞かされ、彼女は決心した。その電話番号の店に行き、娼婦の契約を交わしたのだった。

 ダニエルはこれに気づいて店まで訪ねていったが、ケイティから「もう会わない」と言われ、そのつらさを抱えているときだった。相変わらずの職業安定所の杓子定規の対応に見切りをつけて、彼は手当の請求をやめると宣言した。そして、外に出て、建物の白い壁面にスプレーで、「I Daniel Blake」と書き付け、さらに公への抗議の言葉を書いた。これを知った職員が警察を呼ぶが、一方、通りかかった若者や労働者からは喝采をあびた。

 家具などを売ったお金で毛布にくるまっただけの暮らしでしのいでいるとき、ケイティの力添えで再審査の道が開けそうになった。しかし、これからというとき、重大な運命が待っていた。

 ケイティがダニエルの残していたメモを読み上げるシーンがある。そこには、「私は犬ではない、人間だ。私は一人の市民だ。それ以上でも以下でもない」と結ばれていた。

 イギリスの労働者階級出身のコメディアン、デイヴ・ジョーンズがダニエルになりきって見事に演じ、子育てをしながら働き口を探す若きケイティ(ヘンリー・スクワイアーズ)も、働けない(就労の機会を得られない)シングルマザーの窮状を自然体で演じていて、二人の共演が悲劇の中にも庶民のたくましさと他者への愛を表現していた。

(3)結び

 本作は徹底して、労働者、しかも弱者の生活現実に寄り添って、貧困の支援で何が一番大事か、生きるとはどういうことかと問いかけている。しかも、そのテーマを重く、暗く描くのではなく、卑屈にならずに自己の権利を主張して強大な制度に対して抗議する姿に、人間の生きる尊厳を温かい目線で包み、映像に刻み込んだ素晴らしい作品である。

 名古屋地域では、3月18日(土)から、伏見ミリオン座で上映される。

       ――――――――――――――――

 生活の中に文学を(17.1.9.) 

小説『火花』で芥川賞を受賞した又吉直樹さんの新書『夜を乗り越える』(小学館新書、2016年)を読んだ。受賞作をまだ読んではいないし、失礼ながら、又吉さんにそれほど興味があるわけではない。ただ、この新書の中味が「どう本を読んだか」であること、芸人であり純文学の世界にチャレンジしている彼のメッセージであること、そして(1980年生まれというから)30代半ばの世代が本(文学)との出会い・付き合い方をどのように体験しているのかを知ってみたいことから、読んでみようと選んだ。

6つの章から成っている。《1 文学との出会い  2 創作について―『火花』まで  3 なぜ本を読むのか―本の魅力  4 僕と太宰治  5 なぜ近代文学を読むのか―答えは自分の中にしかない  6 なぜ現代文学を読むのか―夜を乗り越える》

又吉さんの自伝的な部分が前半にあり、後半は、彼が「好きだ」という太宰作品、芥川作品、そして現代の作家の作品の書評的な構成で綴られている。『火花』を書く前に芥川作品は全部読んだ、というから並大抵の本好きではない。

例えば彼の芥川作品評はこうだ。「芥川の作品は精巧で完成度が高いですよね。技巧派で論理的、古典から着想を得たものを書いているということもありますが、作品一つひとつが端正なんです。(中略)芥川は太宰よりもわかりやすい(後略)」(198頁)。

『火花』は二人の芸人の間の葛藤、舞台の裏側での実人生のドラマを描いたとされるが、その「火花」という小説タイトルは、芥川の『或阿呆の一生』に出てくる言葉をヒントにしているという。登場人物の「神谷」のコンビ名も「あほんだら」で、「或阿呆」と重なっている。又吉さん自ら書いているように、芥川作品を読み切って、そこから得た小説の世界のイメージを注ぎ込んで描き上げたのが『火花』。それが受賞したということ。

本の見方については、少年期から時間があれば、学校でもどこでも本に目を移していたのでみんなから避けられ、負の性格付けをされてきた著者の物語がベースになっていて、本が、対話の相手であり、自分の今の不安定さに軸を与えてくれる助言者であり、言葉というものの力強さを教えてくれる教師であった。そういうことがわかる。

文学はひとりで読むもの。そして、物語の中でのぶつかり合いが自分の人生に返って来る。それが「最高のエンターテインメント」(146頁)。この短いフレーズでの説明は、確かに、文学のおもしろさを端的に語っている。

若い世代も含めて、本を読むことへの関心をうまく引き出し、あまり抵抗なく小説の世界に人々を向かわせる、一つの良ききっかけとなる一冊である。ただ、又吉さんの中では、本=文学=小説となっていて、これはこれでわかりやすくていいのであろうが、「文学とは何か」にもう少しこだわって、これまでの文学論にも多少は触れて論を貼って欲しかったな、という感想がある。

しかし、そうなると研究的になって、おもしろくないのであろう。この新書全体が、読者論であり、生活にとって文学とは何かを問いかけてもいるのだから。とにかく、自分の人生において本(小説)に救われ本好きになった著者が、ありのままを述べた好著と言っていいと思う。
 

       ――――――――――――――――

「ポスト真実」について(17.1.7.) 

◇昨年のアメリカ大統領選挙におけるD.トランプ氏の発言を契機に、日本語でいう「ポスト真実」(post-truth)が話題になって、イギリスの代表的な英語辞書を刊行するオクスフォード大学の出版局が2016年の「象徴的な言葉」にこれを選んだ。

BBCサイト「ニュース・ジャパン」2016年11月17日付ウェブ記事(http://www.bbc.com/japanese/38009790)によると、「オックスフォード辞書によるとこの単語は、客観的事実よりも感情的な訴えかけの方が世論形成に大きく影響する状況を示す形容詞」であるとされる。

「ウィキペディア ポスト真実」(https://ja.wikipedia.org/wiki/)は、森本貴彦氏の論をふまえ、「『Post-』の後にくる言葉は『過去のもの』となるので、『Post-』は転じて『重要ではない』という意味にもなる。よってpost-truthは『客観的な事実や真実が重視されない時代』を意味する」としている。

いちはやく研究者としてこの用語に対して発信した日比嘉高氏(名古屋大学大学院)のサイト(http://hibi.hatenadiary.jp/entry/2016/11/21/144423)はこう解説する。

「New York Times は、『ポスト真実の政治』の背景を説明する際に、Twitterのつぶやきをリアルタイムで分析し、その政治家の発言がどのように受容されたのかを分析する『感情分析 sentiment analysis』の例を出しています。こうした分析で重視されるのは事実を根拠にした確かさではなく、つぶやきを解析して出てくる『感情』の動きやうねりでしょう。
 日本の首相のスピーチも、しばしば事実よりは、姿勢の強さをアピールしているように私には思えます。『守り抜く』『取り戻す』などといった決意や熱心さを込めた言葉をキーワードにしているところからもそれはうかがえます」

この他、日経新聞の速報サイト、「Nikkei BPNet」2016年11月28日付記事(http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/column/16/ronten/112800027/)は、「そのニュースをネットで見知っている『信頼できる』人たちの間で、どれだけシェアされているかということに人々は『真実性の根拠』を求めようとする」と、ネット社会特有の「真実」の受け止め方を述べている。

◆要するに「ポスト真実」とは、事実を重視しないで、それよりも事実の外見や一面あるいは部分的要素に触発された感情的訴えに人々の判断の根拠をおくような傾向や状況を指している。

相変わらず次期大統領のトランプ氏はツイッターに自分の主張や思いつきの発言をのせて、国民の関心を惹きつけようとしている。企業への締め付け発言の流れで、トヨタまでがメキシコへの工場進出に釘を刺された。

しかし、トランプ氏のツイッター発言を、多くの人が「それもわかる」と共有するならば、それが「真実性の根拠」になっていく。こういう社会にいま移行しつつある。しかも、民主主義国を誇ってきたアメリカにおいても。

「○○ファースト」という言葉が主に政治関係者によって使われるのも最近の傾向だ。具体的に何をどうしたいのかが語られなくても、その言葉を連発するその主には、何か、「○○」を最優先で考え進める構想があるかのようなイメージを持たせ、こちらがつい支持する感情をもってしまう。小池東京都知事も、ある程度、そういう作用を見越して使っているように思われる。

◇私の考えでは、新自由主義が徹底されるなかで、社会的には諸個人の「アトム化」(atomization:社会哲学者のアグネス・へラーが使った言葉だが、元は、ヘーゲルの市民社会論。)がいっそう進み、多様な他者と議論を通じて事実を明らかにして共有する、という関係性自体が壊れている。それは、その議論に参加する相手の言説さえも「信用できない」と感覚的に受け止めるからである。

そうなると、リーダーあるいは次にリーダーと目される人の繰り返す言説やメッセージが人々に共有されるのを見ると「真実性」をもつと思えてくる。自分で検証する心の余裕もうしないかけている。まさに市民は「原子:アトム」のように変容され、「客観的事実よりも感情的な訴えかけ」(前述)に引き寄せられて、そこでくっついて、あたかもその「訴えかけ」の根拠を自分たちも共有したかのような錯覚に陥る。

いや、それは単なる錯覚ではなく、人々と自分もつながっているのだという幻想というべきである。

◆上記の各サイトのどれも触れていない問題、それは「ポスト真実」は「いじめの観衆」と相通じる構造を持っているのではないかということ。つまり、いじめる側に加担する観衆を演じている者たちも、いじめの対象になっている当人が何をしたか、なぜいじめられるのか(真実)を詳しくは知らないが、いじめる側につながっておれば自分は安心、という心理が働いてそういう行動になってしまう。

その「いじめ観衆形成」の構図が社会や国家の政治レベルで、特に言説のやりとりの場面で現象しているのが「ポスト真実」かもしれない。その証拠に、組織の幹部や現政権を批判したり悪口を言おうものなら、その幹部たちや政権の「訴えかけ」に共鳴する多くの人々から、かえって睨まれ、あるいは排除や攻撃の対象にされる。

また、「ポスト真実」の時代あるいは社会は、反知性の傾向と深く結びついている。「あれこれ理屈を言うな、○○だから○○なんだよ」ということがまかり通る社会。個の尊重を核とする民主主義の根幹に関わる事態である。

       ――――――――――――――――

賀状の言葉に元気づけられて(17.1.6.) 

元旦に届いた賀状から、交誼を頂いている方々のお元気な様子、前任校時代の教え子たちの教育現場で頑張っている様子など、どれも書き手の顔を浮かべながら拝見しました。

一つ嬉しい添え書きがあります。
「二十年前に大学で学んだことが、今、子ども理解の視点で大変役立っています」

このひと(女性)は、私が日本福祉大学社会福祉学部の専門演習を非常勤で担当したときのゼミ生のひとりで、今は特別支援教育で頑張っています。その専門演習担当は3年次に、受講を希望する者にこちらのシラバスに対する短いレポートを出してもらいそれを基に担当教員がゼミ生を選ぶやり方でした(当時はそうで、今は変わっているかも知れません。悪しからず)。

私は18名を担当しました。実際には、授業の講師にとどまらず、ゼミ合宿から、4年生に進級すると、就活の際の推薦書まで書きました。彼や彼女らの「ゼミ論集」は今も保存しています。ちょうど、母校広島大学への国内留学の時期とぶつかって、ゼミ生は第二期まで担当して、非常勤の勤務は終えました。

1988年度から90年度までの3年生・4年生を受け持ち、私も40歳代初めで仕事にも脂がのってきて頑張っていたときでしたから、『人格の自立と集団教育』(明治図書)を演習のテキストに使って、学生たちとの議論にのめり込んでいたように思います。自立と発達をめぐる弁証法の話もずいぶんとしました。

上記の言葉は、その時のゼミ生=女子学生だったひとの言葉です。小中学校の先生方が後に教え子から当時を振り返って届けられる言葉とは少し違う感慨があります。教育現場でひとりの実践者として苦闘してきている、その本人が、かつての私のつたない講義あるいはかれらとのディスカッションの中から得たことをそのように今も尚心に刻んでくれていることに、こちらが元気づけられ、むしろ感謝する気持ちです。

フランスの詩人、ルイ・アラゴンの「ストラスブール大学の歌」の中に、有名な「教えるとは希望を語ること 学ぶとは誠実を胸に刻むこと」とありますが、もし、大学時代の講義や討論の中に、現場に出て実践を重ねる内に反すうしながら次の希望を見いだすヒントがあったとすれば、大学教員のしごととしては、本当にありがたいことです。背景や文脈は全く違っても、アラゴンの詩句のもつちからを改めて感じます。

この学生の言葉に触発された面もありますが、前から思っていたことで、小著『他者ありて私は誰かの他者になる』を日福大のゼミ生たちに謹呈することにして、昨日、住所のわかっている人を優先して贈りました。

       ――――――――――――――――

「高齢者」にまつわる話題(17.1.6.) 

(ア)昨日あたりからニュースで、1月5日に、「高齢者」の定義を「75歳以上」、「65歳〜74歳を准高齢者」とする提言を日本老年学会が記者会見をして述べた、と報道されています。

日本老年学会とはどんな団体? と興味があったのでサイトで見てみると、1959年設立ですが、下記の会則に明記されているように、7つの関連学会の連合体なのです。

第1章 総 則
第1条 本会は日本老年学会(The Japan Gerontological Society)と称する。
第2条 本会は日本老年医学会、日本老年社会科学会、日本基礎老化学会、日本老年歯科医学会、日本老年精神医学会、日本ケアマネジメント学会及び日本老年看護学会から成り、それらの会則は別にこれを定める。
第3条 本会の事務所は東京都文京区湯島4丁目2番1号に置く。
第2章 目的および事業
第4条 本会は老年医学、老年社会科学、基礎老化学、老年歯科医学、老年精神医学、ケアマネジメント学、老年看護学その他広く老年学を研究し、その進歩発展を図るを目的とする。
(以下略)

話を戻すと、私は、この定義で行くと、「准高齢者」に入り、「社会の支え手」として社会に参画することになるわけです。背景には、65歳から高齢者とされた1950年代半ば頃よりは社会情勢も代わり、平均寿命も大きく延びて、特にこの10年くらいの時代の推移において、65歳定年でさらに再就職して働く人も増えている、あるいは潜在的に働きたい願望がある、などの事情があるとされています。

今朝のNHKのTVニュースでも、この項目の場面で街の声を聴くとして登場された、70歳、80歳の方々は皆さんお元気で、顔つきも言葉も活き活きとしていました。「お年寄り」のイメージは確かに変わってきています。

(イ)「高齢者」つながりで取り上げると、いま話題になっている高橋幸枝『100歳の精神科医が見つけたこころの匙(さじ)加減』飛鳥新社(2016年9月刊)を読んでみたくて、kindle電子版で読みました。

著者は33歳で医師となり、現在、神奈川県秦野市で病院を営み、その院長を務めておられる。

同書の構成は、
はじめに  第1章 生き方の匙加減  第2章 暮らしの匙加減  第3章 健康の匙加減  第4章 人づき合いの匙加減  第5章 やさしさの匙加減  おわりに
となっています。

全体的に、わかりやすい文章で、読者に語りかけるトーンのやさしい流れなので、サッと読めて、しかも日々の処し方にひびくメッセージが随所にあるので、まさに人生の先輩から身近な助言をいただいている、という感じで読めます。

同書の一番大切なメッセージは「おわりに」に述べられています。

「頑張りすぎず、自分を甘やかすぎず。
我慢しすぎず、他人を頼りすぎず。
このような匙加減を見極める眼力こそ、大人に必須の力です。
100年生きてきて、思うのは匙加減の大切さです。『生きていく』とは、この匙加減を見極めていく営みにほかなりません。」

文章に接して読み進めるとわかりますが、どこにも特別な生き方は説かれていません。要するに、他者をそれなりに意識し、他者との間合いを自分の思いを大切にしながら、他者をこちらで仕切ろうとしないで、また他者にいたずらに迎合もしくは従属しないで、自分というものを最後は保って歩んで生きなさい、そうすれば、おのずとあなたのやりたいこと、追究したいこと、達成したいことに接近できます。そういう助言です。

(ウ)今年の正月に届いた年賀状の中には、ある先生のように「私も後期高齢者の仲間入りです」とか、別の方のように「喜寿(70歳)を迎え」という言葉もあります。私自身が今年には69歳になるのですから。

やはり健康であればこその「高齢」です。
 私の「健二」のわけについて、今は亡き父親に少年時代に聞いた記憶がありますが、「健康が二つと言えるほど健康であって欲しい」ということを言っていました。連れあいには、くだけた雑談の際に「戦後の貧しい時代で、僕には兄がいてそれが健一で、僕が健二になった・・・」などと笑い話をしたこともありましたが、れっきとした長男です(笑)。

「匙加減」は時折、料理の所作などでも聞きますが、その真意は「ちょうどよい」「程よい」です。ですから、上記の著書のテーマは「ちょうどよく人生を生きるコツ・真実」ということになります。「こころ」に焦点をあてて述べられていることから、私たちの誰にもある欲望を程よく保ち、程よく表現しなさい、ということになります。

ところが、これが、実際には思う以上に難しいことなのです。いくつになっても悩みが絶えないのはそのためなのでしょう。

「匙加減を見極める」ことを著者は強調されていますが、その裏側も合わせて考えて私流に言い換えると、「程よく生きることの難しさに揺れて悩みながらも、その揺れをいかに自分が受け入れられるか」が肝要です。

       ――――――――――――――――

映画監督スコセッシ氏が問いかける「信仰と暴力」(17.1.4. /1.5.に一部加筆補正) 

NHK/BS1スペシャルで放映された、映画監督スコセッシ氏が小説『沈黙』に挑む番組(1月2日放映)を録画で観ました。

(1)1月公開の「沈黙〜サイレンス」は、イタリア系移民の系譜を持つ家庭に生まれ、リトル・イタリーで育ったマーティン・スコセッシ監督が自身の体験から問い続け、28年を経てようやく映画作品として完成させた作品である。

その原作となったのが遠藤周作の『沈黙』(1966年刊)。長崎でキリシタンの弾圧が秀吉によって行われ、これを機に全国でも宣教師・信者への弾圧が行われて、家康にも引き継がれ、明治政府が信教の自由を認めるまでの250年間、続いたとされる。このような時代を生きた民衆の信者と宣教師の苦悩を遠藤は描いた。

この小説は、12歳で母親の勧めで洗礼を受け、「キリストを信じる」ことに揺れてきた遠藤周作の視点で書かれており、監督の歩みと通じるものがあった。

熱心な信仰の家庭とマフィア系の暴力組織が共存しているコミュニティという相反する社会で育った監督は、「信仰とは何か」をずっと問いかけてきた。こうした背景から監督は、1988年に、信仰と暴力をテーマにした「最後の誘惑」という作品を完成させたが、作品で描かれたキリストのあまりにもリアルな人間的行動に、アメリカをはじめ各国で抗議行動が起こり、監督にはショックだった。そんな頃、遠藤周作の『沈黙』の英訳に出会った。

徹底して原作にこだわる監督は、リサーチャーを務めるスタッフに細部まで調べてもらい、長崎の外海(そとめ)の町も実際に訪れた。そこで「かくれキリシタン」の村人たちの行動をつぶさにたどった。

遠藤は、ある時偶然にも当時の史料となる実物の「踏み絵」に出会い、そこに足の指の跡を見いだし、どのような思いで人々は「踏み絵」を踏んだのか、に思いをはせた。宣教師・フェレイラが「踏み絵」によって信仰を捨てたことも知り、彼が「沢野中庵」と名乗って、自分に続く背信の者(当時、「きりしたんころび」とされた。)を証明する文書を書いていたこともわかった。

フェレイラの苦悩は語られないまま、沈黙の中に消えていたが、遠藤は「沈黙の灰の中から生きがえらせるのが文学」と考え、『沈黙』の執筆に当たった。

(2)当時、貧しい農民たちはこころの救いを求めていた。「貧しさの中でキリストの教えを」という彼らの願いがそこにはあった。実在した宣教師・ロドリゴ(アメリカの俳優、アンドリュー・ガーフィールド)は布教に努めながらも、「踏み絵」によって弾圧される村人たちの現実を目の当たりにして、神は何も弾圧者たちに為さないのかと、沈黙している神を疑い始めていた。

そのロドリゴに、その区域を統治する代官・井上は「踏み絵」を強要した。村人の解放の為にお前が犠牲になれ、と。そして、ロドリゴはそれに屈した。

ここがこの映画の大きなヤマで、「踏み絵」を迫られるロドリゴの心境を、役者・ガーフィールドは「踏む『弱さ』を出すために、こころの『強さ』を自分の中で育てた」と、インタビューで語った。

(3)このような展開の中で重要な役割を演じているのが、作品から引き出された創作の人物、キチジローという村人。キチジローは、弾圧に屈し、「踏み絵」を踏んではロドリゴに詫びを告げ、それを繰り返す。スコセッシ監督は、このような村人の行動も含めて、遠藤作品に出でてくる「ころぶ(転ぶ)」の意味を突き詰めた。「倒れる・つまずく」がまた立ち上がる、のニュアンスがその言葉には含まれると彼は見た。

監督は、キチジローを重要な人物として演じさせ、「(「踏み絵」の強要に屈するほどに)弱いが故に(キチジローは)ロドリゴの魂の指導者になる」というとらえ方で撮影と演技指導をしていった。ここには、強者の暴力で弱者の思想・信条が変えさせられる不条理がありながら、ただ完全に支配されてしまうのではなく、心の中に新たな力を蓄えていく姿がある。その人間の生き方を監督は描いた。

スコセッシ監督は番組の中で、「この本(『沈黙』)と共に歩んできた」「若い頃のテーマを60年経ってやっと作品にできた」と語った。同映画作品は、9.11以降のテロ事件の続発する世界情勢にも問いかけるものをもっている。

今年の1月21日から日本で公開され、名古屋エリアでも、ミッドランドスクエア劇場をはじめ各所で上映予定。

《注記》末尾の情報を除いて、上記の記事はすべて番組の視聴でえられたことを構成し直して書いたものです。

       ――――――――――――――――

高校生の母親刺殺事件に思う(17.1.1.) 

各紙報道の通り、昨年12月31日になったばかりの深夜、倉敷市内の高校1年生男子(16)が、母親の頭部を金づちで殴ったり腹部や背中などを包丁で刺し殺害する殺人事件が起きました。ネット上のニュース速報によると、母親(44)は病院に運ばれたが、死亡が確認されたということです。

報道によると、「男子高校生が母親を金づちで殴ったり包丁で刺したりしたことを認めたことから、殺人未遂の容疑で緊急逮捕。今後、容疑を殺人に切り替えて捜査を進める方針」です。

警察での取り調べに対して男子高校生は「母親と口論になって、殺そうと思ってやった」などと供述しているとのことですが、『読売新聞』ニュース速報によると、「『酔って帰ってきた母親と言い争いになった。洋服やカバンを投げつけられてもみ合いになり、殺そうと思った。今は口論の内容を言いたくない』と供述しているという」(読売オンライン URL=http://www.yomiuri.co.jp/national/20161231-OYT1T50012.html)。

大晦日を迎える日、31日の未明・深夜の出来事です。報道では、0時半過ぎとあるから、真夜中に、お酒に酔っぱらって母親が帰ってきて、おそらく加害少年は「何を今頃! お酒飲んで!」と、母親をなじった。母親は、酔った勢いで、「何を偉そうに! 何を飲もうと私の勝手だ」と「カバン」などを少年に投げつけた。

おそらく、彼は日頃から、母親の言動に対して、良くは思っていなかった。それどころか、おそらくそれまでにも、夜間にお酒をやっている、あるいはお酒に酔って帰宅する母親にいらついていたであろう。

その家庭は、母親、少年、少年の兄の三人暮らしで、事件当時、兄は居なかった。そういう母子家庭ゆえの屈折した感情が少年には生じていても不思議ではない。少年は、愛情でべたべたと自分を抱え込む母親を求めたのではなく、普通に、夕食や、朝食の世話をし、時には、自分の高校でのエピソードなども話題にしてくれる。そして、かつて少年時代に見た、台所に立ってせっせと家族のために食事の準備などをしている、その母親の家事労働に、感謝の気持ちと共に安心感も抱いていたであろう。

おそらく母親は少年の幼い頃からの養育で、家事を担う姿を自然に見せてきていたであろう。その母親の最近の変容に、少年は、理解ができなかった。子どもとはいえ、直観的に、母親が欲望に逃げて、自分の楽しみだけを追っているように映ったのではないか。彼が今通っている高校は、どうであったのだろう。二学期を終えて、いろいろとつらさもあったのではないか。学業面の焦りや不安もあったかもしれない。

平凡でいいから、ちょっとしたおしゃべりや、ちょっとした自分への関心を示す母親であってくれたら、自分が少しつっけんどんに返事をしたり、「うるせーな」と強がりを見せても、根っこでは、母親を受容してきたのではなかったか。

ところが、少年にとってその母親の変容は受容できないところに来ていた。どういうことで口論になったのか、それは不明だが、おそらく母親は母親で日頃から少年に対しての不満があって、それが口を突いて出たのではなかったか。お互いがキレて、激しく言い合った。「もみ合いに」なったと言っているから、すぐ殺意があったのではないだろう。ところが、母親を攻撃する内に感情がエスカレートして、少年は、金づちを取りに行った。包丁は同時にか、それとも後になって持ってきたか。そこはわからないが、かなり感情的になって行動している。

「殺人容疑」として家庭裁判所での審判を受けて、検察官送致となる可能性もあるが、そこは今後の経緯を見守りたい。

私たちの社会が、この少年が根底に抱えていたであろう哀しみにどれだけ、思いを至らせることが可能か。そこも問われているように思う。「貧困」問題というのは、ほんとうはそこまで目を向けた生活の理解ではなかったか。

       ――――――――――――――――

 「ゼロトレランス」に関する論文 (16.8.28.)

全日本教職員組合の機関誌『クレスコ』9月号に、折出「『不寛容』主義の陥穽(かんせい) ゼロトレランス方式について」が載りました。

       ――――――――――――――――                               

寸又峡・白沢温泉(16.12.30.) 

藤沢に住む娘と子どもたちが新年には帰省できないので年末の旅行をプランしてくれました。静岡の大井鉄道をSL列車で北上して、寸又峡の白沢温泉の「もりのくに」コテージで泊まって、翌日、浜松方面に、というプラン。

新金谷から千頭(せんず)までのおよそ1時間、蒸気機関車が引っ張る客車に乗って、SLの旅を初めて経験しました。車内は満席。家族連れやアジアの旅行者が目立ちました。

千頭から寸又峡行きのバスに乗って(料金はすべて周遊券に入っている。)、終点まで行って、そこからわりと整備された歩道を進んで、「夢の釣り橋」という名所に。

そのサイトによると、「南アルプスの麓にある大間ダムにせき止められた人造湖の上を渡る、長さ90m高さ8mの吊り橋。大間川と寸又川の合流点にかかっており、毎日色が変化するダム湖や寸又峡谷が見渡せます。一度に10人しか渡れないので、行楽シーズンには待ち行列ができます。吊り橋のまん中で若い女性が恋のお祈りをすると夢が叶うとされています」

私の連れ合いは膝の具合が不安というので、橋に入る道の入り口で待っておいて、娘とその子ども二人と私とで行きました。向こうから渡ってきた一団がこちらに着いたのを待って、今度は私たちや数名の別のグループが渡りました。鉄製のロープで両脇を両岸につないで、真ん中に板を載せただけの素朴なつくりの釣り橋ですから、揺れます。この日は、水量が少なくて、真下は砂地と石ころの場所でしたが、向こう岸に着く手前はかなり急流で、下を見ると、少し恐れがおそいます。

無事に行って戻ってきましたが、今度は、元の歩道の場所まで急な道と階段を上がるのがしんどかった。

そのつり橋から戻って、バスの発車まで時間をつぶして、バスで「もりのいずみ」に。ここがその日の宿泊所。受付をする管理棟から歩いて数分のところに、コテージが数戸建っており、私たちは「りんどう」に泊まりました。すべて木造の二階建てで、もちろんキッチンもあり、ベッドがそろい、暖房も完備しています。夕食は、管理棟にある食堂で、単品をそのつど発券で注文しながら摂る方式。

私は、現地の酒屋で買い込んだ「寸又峡 吟醸」の小瓶を持ち込んで、一杯やりながら孫たちと食事をしました。

二日目は、千頭までマイクロバスで送ってもらい、そこから金谷まで普通の電車で戻って、娘と孫たちは浜名湖の遊園地に、私たちは名古屋に戻るということにして、浜松まで東海道線で移動。お昼を浜松駅前の「八百徳」というウナギ料理の老舗で。うな重、うな丼を摂りました。高くついたけど、ここはジィジの出番なので(笑)、全額こちらがもちました。

近所のスーパーで買ってきたウナギで「土用ウナギ」をしたこともありますが、まったく、ウナギの蒲焼の味わいも、たれのコクも違いました。

というわけで、年末の、はじめての小旅行でした。金谷から浜松までの移動中、JR電車のシートに座って、小3になった男児S君と、サッカークラブに放課後自分だけで通っていること、その世界でも、セレクションから強化優待生の選抜のチャンスとそのコースの将来性などを聴き、彼なりに、まじめに通ってそれが居場所になっているのだな と知りました。

欲のない、競争心もうすい彼のことですから、サッカーをやれる今を楽しんでくれれば、と思います。ママによると、面倒くさがって問題文をきちんと読まないための、ケアレスミスにいる減点があったがそれさえ気を付けてくれたら、ということでした。例えば、国語の漢字では「鉄橋」の「読み」を「てっぱん」と書いてしまう。

でも、本人は、この二学期はどの教科も楽しく充実してやれた、国語の漢字には特に興味がわいて、おもしろい、と自己採点していましたから、私は、S君のその自己評価をかってやりたいと思います。

       ――――――――――――――――

原発避難者いじめの本質について (16.12.29.) 

NHKラジオ第一の朝番組、「社会の見方、私の見方」のコーナーで、斎藤環氏(筑波大学、精神科医)がこのテーマで以下のように語りました。

論点の1つは、子どもたちのいじめは、震災・原発事故直後から見られた「福島」のひとへの差別(タクシー乗車拒否、ホテルの拒否など)という大人社会に起きていることを、子どもたちが模倣していること。

2つめは、避難者いじめが共通して「菌」呼ばわりをしていることをどう見るか。斎藤氏は、そこには「汚れ」「不潔なもの」というイメージがあるとし、一方には、「放射能汚染を恐れている」との見方もあるがそうではなく、日本人のメンタリティにある「素朴な汚れ意識」があるとしている。

つまり、日本人の価値意識として、日本神話に由来する「汚れ」「清め」の意識が根を下ろしている。それは、近づくだけでも感染が起きるという誤った見方となって現れている。放射能を「汚れ」と見ることは、それを自然現象のようにみなして、物理的な原因、社会的名責任の糾明を曖昧にしてしまう。本来は、保障、対策によってこそ真に回復されていくべき事柄である。

要旨をまとめると、このように斎藤氏は述べました。

斎藤氏が触れていないことについて。以下は私見です。
 子ども社会に影を落としている競争の問題。「避難者」をいじめるかれらも、新自由主義の影響を受けて浮遊する「難民」であり、その自分たちの中に「他者」として取り込もうとする支配の意識があるから「いじめ」によって迫害する結果となっているのではないか。

       ――――――――――――――――

2016年 私の十大ニュース(16.12.25.) 

この一年を振り返ると、私なりに次のような節目や課題を成し遂げて、ようやくここまで来たように思います。

(1)人間環境大学看護学部看護学科の特任教授の務めも二年目を迎えて、1.2年生の教職科目を担当しました。また、学内のFD研修の講師を務め、学生の学修支援のためにどうするか、というテーマで領域別に話し合ってもらい全体で交流するワークショップを行いました。

(2)日本生活指導学会が北大で開かれ、役員選挙の結果、理事を継続すると共に三名の代表理事のひとり(教育学系分野)に選ばれました。任期は3年。

(3)全生研長野大会に参加し、一般分科会「荒れ・暴力・いじめ 小学校」と、テーマ別分科会「現代のいじめ問題を考える」を担当しました。

(4)大阪市内で起きた事案について2015年6月に第三者委員会が発足し、その委員長として委員の皆さんと審理してきまして、今年2月に最終報告書を大阪市長宛に出して、無事、終結しました。その報告書は公開されており大阪市のHPで見られます。

(5)昨年、全国の不登校の集い開催を期して『そばにいる他者(ひと)を信じて子は生きる〜〈伴走者〉という役割』を名古屋市内の「ほっとブックス新栄」書店から出しましたが、その二作目となる『他者ありて私は誰かの他者になる』を8月に刊行できました。その出版のきっかけともなったのは、今年の4月に愛知教育大学でおこなった、学生有志を対象とする講演会でした。前学長の松田氏と共に、講師を務めました。

(6)その講演会を企画した学生グループの中に、「弁証法」や「アザーリング」に関心を持つ学生がいて、今年の10月から、「ヘーゲル『精神現象学』入門読書会」を始めました。先日の12月15日に第二回目を行って、次回は来年の2月15日木曜日としています。

(7)6月に滋賀県の近江八幡で、7月に小諸市で、不登校親の会の講演を行いました。今青年と成ったわが子と真剣に向き合い、わが子を支えながら自身の生き方を問い直しておられる多くの方々に会いました。

(8)昨年から続けているインナーマッスルのレッスン「ピラティス」が、12月の先日のレッスンで通算で93回目を迎え、腹筋を使っての起き上がりの繰り返し(例えば自分のトレーニングでは20回くらい)やバランスを使っての運動メニューをだいぶんこなせるようになりました。

(9)連れあいの勧めがあって、「パーソナルヨガ」を始めました。40代の女性インストラクターによる、ジムのスタジオを会場とする個人レッスンです。ピラティスの成果もあって、「ダウンドッグ」や「太陽礼拝」といわれるメニューも、こなせるようになりました。繰り返しやっていると、これらのメニューだけでも汗をかきます。それだけエネルギー消費は大きい。

(10)今年の10月をもって68歳になりました。この一年、忙しかったが、特に体調を崩したり、病気で入院したりすることはなく、元気で過ごせたことが一番のニュースといえます。

       ――――――――――――――――

改めて「市民」とは (16.12.21.) 

知人から、最近の政治情勢で「市民」が強調されているが、「市民」とは誰のことか、よくわからないと問いかけられました。

いま「ヘーゲル『精神現象学』読書会」をやっていて、そこで出た「感覚」「知覚」「悟性」に高まる過程での「否定」について、原点のプラトンを、と勤務先の図書室で「プラトン全集」(岩波書店)の中から取りだして読んでいたので、改めてプラトンはどう見たかを調べました。

プラトンの中では「国民」も「市民」もそう区別されていない。ポイントは、こうである。
市民とは、単に自由にふるまう人ではなく、「正義と節制(思慮の健全さ)」(岩波書店刊の全集6、102頁)をもって行為する人、となる。

別な言葉では、自分で、「自己自身にあるものを支配する」ことができる人。その対象は、欲望であり、知識であり、理想であるでしょう。そういう知にかかわる事柄を自分でリードできる人。

それは裏返せば、権力や欲望、身近な持ち物にさえ、隷属しない存在であれ、ということです。あらゆる部門の会社員・公務員の労働者、農民・漁民、自営業者、そして主婦や高齢者、若者、学生は、すべて市民の資質を持ち得る存在です。

ソクラテスとアルキビアデスの対話からなる、プラトンの政治主体論としての市民論は、ヘーゲルの市民論、市民社会論と、中身において非常につながっていることを知りました。

市民は、対権力、対欲望、対所有などに対する矛盾をもちながらその矛盾を自覚しコントロールするように行為している生活主体者であり、その視点から、国家という大きな政治体における内部矛盾を知り、これを自分たちの願いと必要から制御して、自分たちが求める利益に近づけるために、実際に国政に関与していく人。

その市民は、基本的には、個として存在する。新自由主義社会における諸個人のアトム化の状態を私なりに早くから論じてきたのでしたが、その源流は、ヘーゲルの市民社会論です。

市民は、「正義と節制」をもって自己を自己たらしめる人であればこそ、ややもすると、アトム化しやすい。それをつなぎとめ、共に立ち上がるには、社会的な仕掛けが要るのです。

最近持ち出される、「共同」「共闘」は、戦術的な仕掛けの度合いが強いとおもいます。

       ――――――――――――――――

教育問題集会のあり方 実態の公開・共有と打開の課題の分析・提起の関係をどうしていくか(16.12.18. 一部12.19.追記) 

(1)「憲法の理念を生かし、子どもと教育を守る愛知の会」主催のシンポジウム「教育基本法『改悪』から10年〜荒廃する教育現場をどう立て直すか」が、12月17日午後、名古屋市教育館で開かれ、私も参加した。約40名の参加で講堂の広いスペースでは、空席が目立ってしまったが、現場の深刻な実態が報告され、貴重な機会となった。

愛教労、名高教、名大職組、愛高教の順で行われた四氏の報告は、同会に賛同団体として加わっている組織の幹部として、中学校・高等学校・国立大学の実態の一端が詳 しく報告された。

このあとも、関連団体からのショート報告が続いて、結局、質疑や討論がなされないままに終わろうとしたときに、フロアから、市民として参加した男性が、「暗い話が 続いてこのまま終わるのか。『立て直す』話がまったくふれられないのは、疑問だ」という主旨の発言があり、主催者側からは、「今回は、まず他団体の視点で教育現場の実 態がどのようになっているかを出し合って共有し、その上で今後さらに考察を深め『立て直す』視点を引き出していきたい」という主旨の応答があった。

結果論だが、四氏の報告に共通する論点は何かを、1つか2つ挙げて、それをめぐる意見のやりとりを短時間でも取って、その中で、情勢の把握の一環で、予定していた教 科書問題、30人学級請願署名運動、国立大の現状などの報告発言を織り込むやり方の方が、厳しい現実問題と切り結ぼうとする運動の運動らしさがいっそう浮かび上がった のではないかと思う。

(2)上記のやりとりは、今回の集会のことも含めて、教育問題をめぐる集会のあり方に一石を投じる機会となったように思う。

まず、報告者は、参加される聴衆に何を伝えたいのか、自分たちが運動を通じて追究している大事なことは何か、を意識した報告の組み立てにしないと、ただ実態を列記するだけでは、フロア側にとっては、あのこともこのことも厳しい酷い状態だ、と聞こえて暗い話で終わった、となる。

そうなるのは、報告者の側に、《ものごとには否定的な局面がある一方で、その局面の中に肯定的な要素がある.それが次への発展の芽と成る》という弁証法的な見方の 獲得があまり意識されていないためではなかろうか。報告者はどなたも組織の議長あるいは副委員長、書記長というポジションに就いている方々だから、自分の分野の運動の 経過やそこでの組織的な課題に対してはよくつかんでおられる。そして討議もしてきておられる。

実態の「事実」を詳しく述べるよりも、その「事実」のつかみ方、政策の導入事象のとらえ方、どういう討議を今しているか、をむしろ中心に置いた報告にしてはどうだ ろうか。「事実」を詳しく知りたければ、それぞれ関係の組織が出しているニュースや討議文書(公開可能なもの)などを見てもらえばいいのである。

今回の報告スタイルは今までもあったし、定番の報告の仕方である。しかし、これほどに憲法と民主主義への全面的な攻勢にさらされている教育現場においては、その「 事実」を詳しく言えば言うほど、聴かされる方にも報告者自身にも、「暗い現実」ばかりが目立つこととなる。こうなるのは仕方ないのである。

要するに、厳しい現実の事象ばかりが目立って、そこで教育実践に、子どもたちとの関係づくり、学校づくりに日夜奮闘している実践主体が出てきにくい。主体が、厳し い現実の前に隠れてしまう。あの男性が「シンポジウムの主旨に沿っていないではないか」と言わんばかりに質問したことの本質はそこにあったのである。

(3)主催者が強調されたように、各分野の現実と運動の現状を共有化していくことなしには、全体の憲法と民主主義を侵害している構造的な問題が見えてこない。その 通りである。しかし、それを《客観的に語る》ことに軸を置くのではなく、その現実とどう格闘しているか、いまどういう議論、分析討議をやっているか、その《認識主体が 浮かび上がる》報告の仕方をあえて取るのである。

そうすることで、報告することを通じて、厳しい現状とそれと向き合い打開に苦悩する主体とがひとまとまりの単位として提起され、しかも、各報告を通じて、その連帯 性や共通する「敵」のあり方も浮き彫りになっていく。つまり、「連帯」をいちいち言葉で言わなくても、報告自体が連帯を創り出していく。

こういうスタイルが、学会や研究会ではない、運動体の集会では意図的に仕掛けられても良いのではないだろうか。報告し合うこと、それをめぐって意見交換すること自 体が、運動の一環なのであるから。

(4)私は、少人数ながらヘーゲルの弁証法に学ぼうと読書会をやっている(このHPの下段を参照)が、ヘーゲル的には、対象(教育分野で起きている諸事象)は、その 本来の姿、つまり内的な矛盾をもっていることを認識してもらおうと待ち構えている。

そこにどう接近しているか、その主体を前面に出すことが、かえって教育諸事象の問題の本質に迫ることになる。こういうパラドックスも、教育集会を組むのに当たって 参考にして良いのではないだろうか。

となると、報告にも一定の力量が必要となって難しい、となる。そうではなく、一般論として言えば、報告者自身が報告を通じて鍛えられていくという構図を作らないと 、運動自体の力も伸びないのである。その結果、現状に対して批判的言辞を述べて、自分たちの正当性を主張することになってしまう。

例えば、高校の現場として、「特色ある学校づくり」のもとで、「新しいこと」をやってその高校にだけ予算の配分がある、そして「スーパー・サイエンス」「グローバル」「プロフェッショナル」の言辞を冠した「ハイスクール」として別格扱いをされ、このように高校間でも、一つの高校内の教師集団間でも「分断される」現実がリアルに報告された。

このような現実に押されながらも頑張っている教師をどう支援していくか、で困難さも語られた。

しかし、この状態では、「○○ハイスクール」優遇政策や、「部活をやりたい教師」「あまりやりたくない教師」がいることの目の前の事象を《感覚》で捉えている。それでは見えてこない面がある。

指定を受けて優遇されているかに見える高校の研究・実践開発に追いまくられる現実や、「部活」の学校活動での位置づけや、教育としてみたときに教師の関わり方への共通の思いなど、それぞれの事象に伴う属性あるいは発生している行動や心理がある。ここを捉えて、事象の全体像を描きつつ、それがどういう質的な問題点を持っているか。その問題点の解決にはどのような行動や世論・批判が必要か、について報告者の見方(理解の仕方)を述べる。

生徒たちの学び、文化・スポーツへの参加、自治的活動、そして進路選択にとって、どのような質的な積極面が出ているか、逆にそれらが奪われているか。こうした天についての、自分たちの分析をオープンにして、そこに討論者たちの知見を絡ませ、一緒になって分析が《分析され》、深められていく。立体的になっていく。

こういうプロセスから、実践主体のなかにパワーが湧いてくる。仲間意識が高まる。現状に埋もれないで、この現状をどうするかという、まさに創造的な取組のチャンスを得たという理解から、元気が出てくる。このような変革の視点を出していこうではないか、と私は言いたいのである。

(5)事態はいま、憲法への全面攻勢にさらされている。その厳しい現実を「くわしく」語るだけでは、敗走しているかと映る視点に立つことは、ある意味で当たり前である。その攻勢の動きの内部にある矛盾・対立、そして変革の芽をどうつかむか、つかもうとしているか。そこを自分の言葉で語ることこそ、真の運動の主体、実践の主体なのではないだろうか。

       ――――――――――――――――

ヘーゲル読書会第3回目を終えました(16.12.16.) 

12月15日、私の研究室で、学部生、大学院生、現職教員二名と私で5時半から8時過ぎまで、あっという間に時間が過ぎたと感じるぐらいに次次と発言があり、楽しく、深く学びました。

(1)今回のテーマは、ヘーゲルの言う、意識は対象にどう迫るか(迫ることができるか)で、「感覚、知覚、悟性(今日風には知的理解・価値判断)」のあり方、関係と働き、その意味、です。

「感覚」は「いま」「ここ」で物をつかむ直接的な関係で真理を見つけるがすぐにそれが一面的とわかり、この意識の経験をくぐって(くぐることにも必然性あり)、物の様 々な属性を知るとともにそういう多様性がありながら単一存在であるという「矛盾」を知る「知覚」に発展し、さらにはその内部に働く力(法則性)理解としての「悟性」に 進む。

こういう意識の経験の質的高まりがテーマですが、「感覚」をどう読み取るかをめぐって、現代の子どもたちの姿に即し、中学生の実態、学習支援ボランティアで出会った中学生の反応、親子劇場での遊びと子ども同士のつながりに対する親の対応、そしてスタンダード化する学校現場の実態と、様々な問題が語り合われました。

テキストに即して「矛盾」が、あらゆる存在の運動の内的な力であることを学びました(関連の話題を後述)。 意見交換の中で、あるメンバーから「(現状の教育問題は、子どもの)内的矛盾を大事にしないで、外的矛盾を押し付けている」という論点が出され、論議の切り口が深まりました。

次の三回目は、いよいよ、意識が、その意識する主体自身を意識する「自己意識」の問題に入ります。これは今でいう、心理学的な自己実現や自己肯定感と異なっていて、他者を介する自己の承認、というテーマです。

王権と封建制から解放されあらたな市民社会をつくる当時の時代状況、近代的自我の確立という時代の課題を見据え、ヘーゲルは、個としての相互承認なくして個の自立はない、とした。すなわち、個における自己意識と、社会的な自己を介して法や道徳を知る理知の主体への発展をどのように統一的なプロセスとしてとらえるか。ここがヘーゲルの主張点です。

と同時に、まさにヘーゲルのこの問題を階級対立とその内的矛盾による社会の発展として分析したのがマルクスです。

「精神現象学」の有名な例の物語、主人と、主人のもとで労働する下僕との関係における、支配・被支配関係の逆転、承認をめぐる闘争、つまり下僕の労働が主人の存在を根底から規定するがゆえに下僕が主人を(論理的には)支配している、という弁証法があつかわれるのも「自己意識」の章です。

(2)学習会のポイントとなった「矛盾」について補足します。

結論から言うと、ヘーゲルにおいては、「狭義」「広義」の両方で「矛盾」が使われている。
「狭義」では、二つの命題あるいは概念が互いに対立する、ないしは一方が他方を否定する関係として。例えば、「赤い」と「赤ではない」と。
「広義」では、二つの命題あるいは概念が、互いに論理的に両立しがたい関係としてあること、として。例えば、正方形と円、「赤」と「青」。
(以上は、《A Hegel Dictionary》Blackwell,1992,p.63.)

同じ説明は、『ヘーゲル用語事典』(未来社、1991年)でも述べられている。
ただし、こちらの「事典」では、ヘーゲルでは、「上」と「下」のような抽象的な対立まで「矛盾」とされる面があり、それらは現実的な対立とはいいがたく、あいまいな面もある、との指摘がある。

私たちとしては、「矛盾とは、現実的な対立、つまり、現実に両立しがたい関係にあること」(上記「事典」)と解しておくのでいいと思います。

もともと思考レベルでの非両立関係を「矛盾」としてきたカントまでの流れをピシャリと否定し、存在すべてに矛盾はある、としたのがヘーゲルで、この「物」「存在」に内在する「矛盾」を知覚する意識の経験、というのが、15日学習したテーマです。

       ――――――――――――――――

資本主義の変質、金融資本肥大化で制御不能はその末期の姿か 

◇『世界』11月号に載っている、寺島実郎「2016年米大統領選挙の深層課題」(33-39頁)は、トランプ、クリントンの両候補の決戦と成ったアメリカ大統領選挙の裏にある経済・政治・文化を簡潔にかつ鋭く分析した良い論文である。

長年アメリカで暮らし、同時代人としてアメリカ社会の変貌を体験しながら時事問題を分析してきた同氏らしく、全体像と個別の事象とその意味、この3点セットを見事にまとめ、しかも、ヒラリー、トランプ、オバマという話題の三氏についても皮肉を交えながら、その政治家としての特徴を描き出している。

すなわち、ヒラリーは「聡明で野心的な上昇志向の女性」、トランプは「『金ピカのアメリカ』を象徴するように生きてきた男」で、「人生を貫く価値は『DEAL(取引)」である。オバマ大統領は「『いい人』ではあるが、『きれいごと』と『建前論』の繰り返しで、米国の世界における主導力を失わせた『弱腰な指導者』というイメージが米国民の中にできあがっている」(同論文)。

「偉大なアメリカ」をもう一度! と叫ぶトランプがあれほどの支持を受ける背景は、それなりの必然性を持っていることが窺える。もちろん、そのトランプ現象の「震源地」(寺島氏)は「2000年の11.3%から14年の14.8%にまで上昇している」白人貧困率に象徴される「プア・ホワイト」問題にある(同論文)。

◆そのアメリカも含めた全世界の先進国の共通の事態が、資本主義の危機である。それは、市場を通じて自律的にコントロールされながら利潤追求と資本の集積とを繰り返して発達してきたが、「新自由主義」のもとで、金融資本とグローバル競争が合わさって、金融資本、つまり銀行と企業の合体化した資本に政治や外交、国内の流通と消費が振り回される事態となっている。

これは資本主義を構成する主体である民衆がローンまみれとなって行き詰まり、そのうえ失業して、人生の危機に直面していることに現れており、こうした中で、物の流通を関税引き下げあるいは無関税でより拡大していくことでカネの保有を自国に有利なように持って行こうとしてオバマ政権もTPPを推進してきた。

ところが、それではますます国内の貧困格差が拡大すると見たトランプも、バーニー・サンダース現象に押されたヒラリー・クリントンも共に「TPP離脱」を主張した。グローバリズムと癒着している「新自由主義からの訣別」(寺島氏)を主張しているのである。

◇わが国の場合、安倍政権はとんちんかんの政策で迷走している。アベノミクスで、株価があがれば健全な経済であるかのような幻想を振りまいて、歴代首相の中では飛び抜けて多くの外交出かけ、しかも国内の企業幹部を引き連れて、国際的な物の売りという商売に力を注いできた。その最たる物が、アジアへの原子力発電所の輸出の商売である。

また、2014年、バングラデシュでのその年から数年にわたっての6000億円の支援の約束(その見返りに国連安保理非常任理事国入りを応援してもらうこと。)、2015年にはイスラエル首相との会談で、IS対策として総額200億円の新規支援を行うと約束した(同誌所載の~保太郎「メディア批評」より)。国内は、2016年度の税収が1兆9千億円の不足になって急遽、赤字国債を発行するという、赤字経済で火の車なのに。

これだけ外交を交えた資本主義の活性化を強めながら、国内の景気を見ると、2014年からの経済成長率はゼロであり、日銀による金融緩和政策でのお金の供給による金融資本への補充は、2016年で名目GDPの7割にまで膨らんでいるという(欧米は2割程度らしい)(前掲、寺島論文)。

しかも、寺島氏の指摘によると、年金基金と日銀の資金とを合わせて39兆円という巨額のカネを日本株価を支えるために注ぎ込んでいるという状態で、まさに国家が金融の肥大化した異常な資本主義を(国内の大赤字経済を抱えながら)ぎりぎり維持している、という様相を呈している。

◆これはもう、破綻寸前の状態とも言える。財政面だけで言えば、単年度税収は当初の見込より少なく、国内消費は冷えたまま、企業も新たな投資先を切り開けず、海外の資本との競争に疲弊し、先行きは暗い状態。いつ、労働争議等から火が付いて、内閣打倒の大デモが起きて、革命行動に近い事態が起きても不思議ではない情勢である。

それなのに、国会ではTPP法案を関連国では最初に、参議院で可決し、一方では、国内的なカネと人の集積の手段としてカジノ推進法案を通そうとしている(自民党と日本維新の会との改憲をめぐる取引的な面もあるとしても)。

◇今求められる、本当に民衆にとって安定した生活が営める政治とは何か。そのことを真剣に、国会レベルでも、自治体レベルでも、議員すべてに考えて頂きたい。まず政治家が、今の金融資本にあおられてみずから強欲になることがあってはならない。本来の知的で自律的な議員として行動せよと申し上げたい。昔から「医は仁術」というが、政(まつりごと)は智術ともいえる。

       ――――――――――――――――

受賞作「寂しくても 悲しくても ネギ刻む」 

北海道の元道立高校教師・馬場雅史さんが、地元の同人誌に書いた小説が、このたび『民主文学』(日本民主主義文学会編集・発行)12月号に載りました。「優秀作」として受賞です。

見出しはこの作品の標題です。私は、初めは、この俳句らしきフレーズは馬場さんの心境を詠んだものかと思いました。過日、学会で北大に行ったとき、夜、馬場さんと会って話し込んだ際に、卒業生が同窓会を企画してくれてそこに行くと、「先生、寂しくないか」と声を掛けてくれたというのです。それで、つい、彼の心境を表しているのかと。

高校の国語教師「山本」とその3年生のクラスの生徒たちとのドラマ。それが作品の世界です。ラグビーに打ち込む「清水」は、進路志望書には1年次から「就職希望」と書いています。「山本」は進路面談で、その額面通りに受け取って「清水」と面談する内に、全く逆の彼の心を知らされます。

ラグビーを続けたいから大学にも行きたい。しかし、妹が高校受験を控え、自分の学費も出すのは無理なので、それがわかっているから、「就職希望」にしてきたのだと。そういうオレの心境、先生にわかりますか、と。

高校に隠れてアルバイトをしているらしく、やや派手な服装の女子生徒「阿部」が、「俳句と短歌」の国語授業で作ったのが標題の作品。父母が相次いで亡くなり、おじさんの家に入って面倒見てもらっている彼女は、朝食づくりをてつだい、学校を終えるとアルバイトをしている。その彼女が、毎朝、ネギを刻んで朝食づくりをしている体験から生まれたのが、標題の作品。「山本」は、授業で彼女がそれを黒板に書いて発表したとき、「いい詩だ」と心から思った。

その「阿部」は、面談では、就職は「キャバ嬢」に決めた、という。思わず「山本」は「それはダメだ」と言った。「阿部」はふてくされる、自分の勝手ではないかと。

「山本」は、「清水」のことで彼ら一人ひとりの思いに出会って、考え込み、「阿部」の明るいが、どこか投げやりな生き方に戸惑い、どう助言するかで揺れる。

そんなまじめな教師「山本」と、ある意味では「山本」以上に人生の裏も感じている思春期の生徒たちとの出会いと対話と、そして各自が自分の足で歩き出していくドラマ的な作品です。

「清水」の場面で感動し、そのあとに描写される「阿部」との対話、そこで浮き彫りになる彼女の暮らしと生き方に接して、標記の俳句らしき「作品」の場面で、ついに目頭が熱くなってきて。

ちょうど、出講日の朝、ほぼ満員の通勤電車の通路に立ってその雑誌を読んでいたので、涙がこぼれるのをどうにかしのいで、苦労しながら(?)読み進めました。以前に、馬場さんが現職の頃、国語の時間に自分史的な課題を出したら、いつもは書くのが苦手でなかなか文章が出ないのが、この時は原稿用紙のお代わりを求める生徒が次次と出るくらいに、彼らは書いた。その話を、彼のクラスのエピソードとして聞いていたので、今回の作品の世界をそれに重ねて読むと、つい感情移入してしまったようです。

こんど11日に表彰式で彼は東京に来ると聞いたので、お祝いのメッセージを手紙風にしたためてメールで送って、彼と会うことにしている東京の知人に託しました。

       ――――――――――――――――

国会が賭博を認可する法案可決に邁進するとは 

カジノを含むIR・統合型リゾート施設の整備を推進する法案(カジノ解禁推進法案)が衆議院内閣委員会で強行採決されました。今週の6日に衆議院本会議可決、そして参議院に移って、延長国会会期中に成立。こういう段取りで安倍内閣は進めるようです。

野球賭博であれほど社会問題になったように、刑法で賭博は禁じられています。

刑法第185条
賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。

第186条
常習として賭博をした者は、3年以下の懲役に処する。
賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、3月以上5年以下の懲役に処する。

このように刑法で禁じられている賭博行為。カジノは公営の賭博場ともいえるので、わが国におけるその施設運営の合法化を目的とする上記法案(カジノ議員連盟=国際観光産業振興議員連盟が提出した法案)に、自民党、日本維新の会、そして自主投票の形であっても採決に加担する公明党が賛成ないし同意するというのは、まったく日本の社会をどこへ持って行こうとするのか、酷い話です。

推進してきた国会議員は、ギャンブル依存症等や利権問題についてはさんざん議論してきたと主張されるが、まだまだ国民の間では、どういう観光産業を開発する目的なのか、地域や人々にどんな影響が起こるのか。全く知られていません。拙速すぎます。

こういう道理のないことを大人が国会という理性の最高形態の場でやっておきながら、一方で、「道徳」を「道徳科」にして教え込もうとしたり、「子どもはいじめをしてはならない」と法律に定めて子どもたちを抑制したりする。これでは、子どもたちが大人社会への不信を抱くのはもっともで、お互いの信頼をベースにした、活気のある伸びやかな社会になるはずがありません。

       ――――――――――――――――

自己犠牲と「水」への願い:アンデスの「地上絵」の意味 

◇NHKBSで12月3日(土) 午後9時00分から、「ザ・プレミアム シリーズ知られざる古代文明▽発見!ナスカ・大地に隠された地上絵」を放映しました。俳優の佐藤健が案内役。

山形大学のナスカ研究には長い蓄積があり、現地にも研究所を建てて、高性能レーザーを使い、また遺跡発掘も行って、総合的にナスカ「地上絵」に伴う民衆文明を解明しようとしていることが、この番組でわかりました。

クジラ、ミズドリ、クモなどを描いた、巨大な地上絵はナスカの大地にあります。大地のそばにある遺跡からは、ここで当時の人々が集落を作って暮らしていたことがわかってきたといいます。色彩豊かな壺など数多くの土器が出てきました。ここには、側に、雨期の季節に現れる河があったのです。

ところが、広大なナスカの大地は乾燥地。一切雨が降らない。当時はまだ地下水を掘り当てる考えはなかった。「水」がないことには人びとは生きていけない。そこで、「雨乞い」の儀礼として、水に関係する動物を描く「地上絵」が生まれたとされています。

◇元々黒っぽい小石が散在する大地にある絵は、人の足の巾くらいの線から成っている。片足を引きずるやり方で線を描いたものと推測されています。地面を少し削ると白っぽい層が出てきてこれが白線のように浮き彫りになるので、これで描いた。実際に、佐藤さんと山形大の文化人類学専攻の教授が許可を得て、「地上絵」の現場に踏み入れ(現場に足跡がつかないように靴には特性のゴム板を履いた。)、「地上絵」の中心部に立ってみれば、空から見なくても巨大な図の全体がイメージできる(把握できる)ことを確かめました。

「宇宙人説」はまったくの作り話。

ただ、その絵の描き方は幾通りか推測されているようで、先の教授たちが地元の民から聴きとったことによると、二人でペアになってやれば、この巨大な絵も1時間くらいでできることが実証されたそうです。

◇もう1つ、とても衝撃的だったのは、高性能レーザーなどを使って最近発見された「地上絵」には、人が、人の首にひもを付けて手に持っている姿のものが数多くあるらしい。実際に、現地にある博物館には、頭蓋骨に穴を開けて縄を通したものが数体あった。要するに、自分たちの共同体メンバーを生け贄にして、天からの「水」を求める儀礼を行ったということらしい。

さらに、「地上絵」の全体を見渡せるちょっと盛り上がった場所には、土器の破片が散在しています。これは、壺をここまで持ってきて「水への儀礼」として、この場所で壺をたたき割ったか、地面に投げて割ったらしい。自分たちの暮らしの手段である土器を破壊してでも「水」を求めている。これも、そういう自己犠牲の表現であったのかも知れない。

アンデス文明には「文字」がなく、「地上絵」や、発掘された土器などから推察するしかないらしいが、「地上絵」の秘密が科学的な作業によって解き明かされていることを初めて知りました。

◇ナスカ大地は極度に乾燥した地帯なので、その文明が栄えた頃から約2000年を経た今までも、「地上絵」は消えることなく残ってきた。

ナスカの後には、地下水が発見され、いわゆる井戸水やため池が可能になった。すると「地上絵」は必要でなくなって、大地には、あちらこちらに直線が多く描かれていた。それは、祈りを捧げる巡礼のように民びとが歩いて行ったときに作りだしたその跡であろうと言われている。

◇佐藤さんは、縄の着いたままの頭蓋骨の展示を見ながら、「当時の人々はどんなテンションでこういうことをやったのだろう」とコメントしていました。その「テンション」という言葉がきっかけで、山形大の教授も、こうして「地上絵」や遺跡発掘をやっているとその「物」を見ることに慣れてしまうが、自分たちが一番知りたいのは当時の人々の思い、その頭の中で何を考えていたのかを探ることにあると、自分たちの発掘作業の意味を確かめるかのように語っていたのが印象的でした。

高大な乾燥地帯。そこで生きるためには、身内の自己犠牲をもってしてでも「水」を天に求めた。生きることのために人の「生命」を生け贄に提供するのは大いなる矛盾であるが、そうまでして、生きようとする。そこに私たちの古代人からの宿命もあるし、半面、たたかいもある。

◇ただ環境に身をゆだねているだけではない、その環境そのものを変えようと闘う。人間は環境の産物であるが、その環境を変えるのもまた人間である。この、二十代後半のマルクスのテーゼ(「フォイエルバッハ・テーゼ」と呼ばれるものの第六番目の項目に出てくる。)の持つ意味は深い。

       ――――――――――――――――

徒然なるままに (16.11.28.)

◇今日は、11月28日、あと2日もすればもう12月。早いものです。

皆さんはいかがでしょうか。風邪、インフルエンザの流行に入ったそうです。お気をつけ下さい。やはり予防のマスク、帰宅後のうがい、手洗いでしょう。

ピラティスも、どうにか続いていて、今回をむかえて92回目のレッスン。基本メニューはだいたいこなせるようになりました。座っての前屈で、額が床にほぼ着くくらいまで体が柔らかくなり、背骨の屈伸というか、24節ある脊椎の運動もだいぶんスムースにできるようになりました。

ただ、それに伴って「こころの面」での柔軟さが増したかどうか。もともと怒りっぽい方ではないのですが、なんとなく気が短くなりかけているような・・・・。高齢者特有の現れでしょうか。それをうまくかわすのも「呼吸」法です。

「ヨガ」の個人レッスンも、月二回くらいの割合で続いており、これも「呼吸」と「体のバランス」、そして自然体。私には意外と「ヨガ」は向いていたのだと、今頃になって知りました。

◇昨日、「30人学級実現を求める会」の学習交流会として、SSWの早川さんを講師に招いて、実際のワーカーの学校への関わり方、そこで何に着目して支援するか、学校と家庭とのつながりをどうつくりだしているかを、熱く語って頂きました。参加者からは熱心な質問や意見が出されました。

人間環境大の講義「教職論」(1年生用)でこの学習会のことを知らせて、「ソーシャルワーカーの仕事を具体的に聞くいい機会なので」と案内していたら、男子学生が1名参加してくれました。ちょうど開会のあいさつを、上記の署名運動の代表を務める私が行っているときに部屋に入ってきたので、スピーチの中でしたが思わず「良く来たね」と言ってしまった。彼は最後まで参加して、質問もしていました。

◇今年の7月に長野県小諸市に講演に行った際に、小諸城跡から千曲川を見下ろす場所も行き、かつて50年前に県立国泰寺高校の修学旅行でこの地によって、この千曲川を観たことを思い出しました。その体験を、「私の千曲川旅情」という題で400字9枚にまとめて、小諸市が主催する「島崎藤村文学賞」に応募しました。今頃審査が進んでいることでしょう。1月に結果、発表です。

◇さて、あと二回の講義で冬休みになって、2017年を迎えることになります。新春のマイ・ワンダフル行事、京都南座の前進座公演を鑑賞して、下鴨神社へ。そして、夕刻、鴨川沿いのKというお店で、京都の親しい方々との交流。

ところが、いま南座は改修中で、前進座公演は先斗町の(舞妓のための)歌舞練場でおこなうとの広告。時期は少しずれるけど、やはり観に行こうと思います。

       ――――――――――――――――

ヘーゲル『精神現象学』入門読書会 第2回 (16.11.25.)

標記の通り、行います。場所は、前回と同じ、人間環境大学看護学部(大府キャンパス)の3階、折出研です。

第2回の内容は、ヘーゲルの著作で言えば、「感覚による知」から「悟性」に至る意識の経験の過程をさぐり、意識が対象とどのような関係を取りながら「知」が成立するのかを見ていきます。

「対象を知る」ということについてとても興味深いドキュメンタリーが放映されました。NHKの番組「足元の小宇宙 絵本作家と見つける生命のドラマ」です(11月23日、2013年の再放送)。

NHKオンラインの紹介によると、「85歳の甲斐信枝(かい のぶえ)さんは現役の絵本作家。雑草の美しさにひかれ草花を描き続けて60年以上」だそうで、「甲斐さんは、草をかき分け、地面に寝転がって、同じ目線になって植物と会話する。『植物と人間という違いはあるけど、生きものとしては同じ』」と捉えます。そして、「何十年見つめ続けても新たな発見やふしぎがあり、『草がおいでおいでするから、永久に追いかける』」といいます。

私も観ましたが、腰をかがめて花を見つめるやり方と、地面に這いつくばって、花を見つめるやり方と二通りの仕方で、とにかく対象に迫っています。「永久に追いかける」という甲斐さんの言葉が、ヘーゲルの言う意識の経験においても、非常に「知」の真実を言い当てていると言えます。

「悟性」は、諸経験を経て整理された知識を指します。花についてであれば、花弁がいくら、めしべとおしべはどうなっている、などなど、対象の属性をできるだけ正確につかむ知、です。

しかし、その「悟性」的な知にとどまるかぎり、あるいはその中に籠もってしまっては、風に舞い立つ“綿毛の舞い”(ノゲシが一瞬の風に乗せてタネを飛び散らす様子)や、“葉が吐き出す水玉”などは、捨象されてしまいます。ヘーゲル的には、「感覚的確信」のこの限りない知の広がり、感動のある受容と、物の見えないところまで属性を明らかにしてその仕組みを捉える合理的な知とを、再び統一する躍動的な知こそ、あらゆる事物の運動を活き活きと、したがって正しく捉える知なのです。

そうです、ヘーゲルは、あらゆるものを運動の姿において捉え、特に有機体は生命力あるものの自己展開として、捉えるのです。「生命」は、彼の「精神現象学」の中心のテーマです。

対象を意識する私たちも生命ある主体で、その意識(主体)が、本来そのものとして存在する対象を対象のままで(即自的に)捉えることが果たしてできるのか。その対象を捉える意識であるこの主体は、何者であるのか。この主体を意識するとしたらどういう過程でそれは可能となるのか(これが次の「自己意識」のテーマ)。

ヘーゲルの認識論の展開は、抽象的で、現実離れしているかに見えます。しかし、彼が問うたことは、現代の私たちも直面しているのです。「対象のことを知ってはいるが認識はしていない」と。原発のこと、事故による放射線曝露のこと、然り。経済的・文化的格差のこと、然り。

       ――――――――――――――――

読者からの手紙:北の国から、温かい文章 (16.11.25.)

小著『他者ありて私は誰かの他者になる〜いま創めるアザーリング』(ほっとブックス新栄)を読んでくださった方から、丁寧なお手紙を頂きました。

北海道札幌市に在住の女性の方です。

御礼に、同じ小著に相手のお名前と、小生のサインを入れて、ある言葉を添えて贈ることにしました。

ここ数日、急に冬将軍到来で、積雪も伝えられる北の国、札幌からとどいた、丸文字風のあたたかい文章のお手紙でした。まだ見ぬひとりの女性から頂いた手紙に、私自身が元気づけられたから不思議です。昨夜はしみじみと一献、いただきました(連れあいには、このことは内緒にしています(笑))。

《お詫びと訂正》初めの記事ではお手紙の内容に触れてすこし詳しく書きましたが、これは私のミステイクでした。ご本人及び読者にお詫びします。私信が届いたこと、それに小著を贈ることで謝意を表したことの事実のみを書くのに留めます。

       ――――――――――――――――

 講演と伊藤若冲展の鑑賞 (16.11.20.)

◇奈良教育大学附属小学校で、教育研究会が開催され、その記念講演の講師を務めました。8時50分からの公開授業に間に合うように朝の5時起きでスタートして、公開授業・研究授業・分科会を一貫して国語科で通しまして、講演の中でも、その取組を評価しました。

講演の詳細は、同附属小学校さんでいずれまとめられるかとおもいますので、ご関心のある方はお訪ねください。

夕方、京都に向かいまして、一泊。そして翌日、京都市美術館でいまやっている「若冲の京都 KYOTOの若冲」を鑑賞しました。同美術館に行くのはこれが初めて。地下鉄東西線の「東山」駅で降りて少し歩くと、着きます。

展示の会期は12月4日までで、いまは墨絵が中心で、後半になると、あの若冲独特の原色画中心の展示になるらしいです。

公式の出品目録によると123点の展示があります。その中でも、「17 雪梅雄鶏図」「21 竹に雄鶏図」など、若冲らしい細かな観察と躍動感のあらわれている作品が気に入りました。

◇23歳で商屋の家督を継いで、いろいろと苦労もあったのでしょう、40歳で隠居してからそこで画に打ち込み始めた。人付き合いがあまり良くなかった分、庭の鶏や木の枝に飛来する鳥たちを良く観察したのでしょう。

鯉の掛け軸(鯉図)もずいぶんと描いています。鯉が龍になって飛躍するほどに子どもに育って欲しいと、多くの人が若冲に依頼してきて、彼は気前よく描き上げたようです。

同美術館の界隈は、街の並木もほどよく紅葉していて、歩道にあふれる落ち葉が、初冬の味わいを出していました。あの京都駅や河原町、花観小路の、ごったがえした観光客の行き交う場所はどうもなじめず、都心を離れたこういう静かな場所には京都らしさがおおいに感じられました。

       ――――――――――――――――

新行紀一氏の業績(歴史学)を偲ぶ:基礎研究の大切さと面白さ (16.11.18.)

前学長の松田正久氏より、『愛知県史研究』(2015年3月号通巻9号)に、故人・新行紀一氏へのインタビューが載っているのでPDFで配信する、との知らせを昨日もらいまして、ダウンロードして、その長文のインタビューを読みました。

新行氏は、前任校の愛知教育大学で交流があった方で、組合活動や教授会の論議、委員会の審議過程など、たくさんの場面で助言をいただきました。2014年3月に、新行さんとのお別れをしたのでしたが、改めて、歴史学者としてのその歩みに敬意を表し、ここに不十分ながらも私なりの読み取りをまとめて、アップしておきたいと思います。

その原題は「《特別企画》インタビュー 私の研究者人生 ―新行紀一氏に聞く―」同前、pp.142-154. インタビューの聴き手は、愛知県史編纂委員会の委員2名で、新行氏の自宅のある北海道・旭川市で行われた。

1)氏によれば、古文書の解読と聴き取り調査の基礎は、すでに東京教育大時代に学部でトレーニングを受けていたこと。基礎教育の大切さを感じる。

2)氏が語りの中で触れている「鍋釜理論」について。民衆生活の日常に鍋釜はなくてはならないが、それと同じく、民衆の闘争の歴史を民衆自身が知ることは不可欠だ、とするのが「鍋釜理論」らしい。しかし、そこには、「であれば歴史学者がそれを解き明かしてやろう」という、今で言う「上から目線」もあるとの説もある。
新行氏の語りからは、その立場に一線を画して、冷静に歴史の構造をみつめる視点が早くも学生時代にあったことがうかがえる。

3)農民が主体の大衆運動である一向一揆は、信長の政権が形を整えた中央集権的な時代に起きたことを、史実で解き明かしたい思いが新行氏にはあったようである。

4)そこには、マルクス主義歴史学者たちが唱える立場や方法論と通じるものもあるが、いわゆる「上からの」歴史学のアプローチとは少し異なって、封建制権力と農民たちとの関係がどういう構造で展開し、そこからどういう集団行動になっていったのかを、新行氏の実家の故郷である富山のお寺を実際にたどって史料を探しだして立証していく仕事を、卒論→修論と、氏は継続して追究された。

5)そのとき学部卒論の新行さんの論理構成を見られた歴史学研究者が、氏に大学院進学を勧め、それが研究者の道につながった。発端は卒論の、いわば(こういう言い方は学問的には許されないかも知れないが、私流に言えば)「新行仮説」にあった。

6)愛教大に赴任されて以後、所属された史学教室に近世の専門家が複数おられて文献・史料の環境もある程度整っていて、そこへ「安城市史」編纂の仕事が入り、上記の卒論で探究された新行氏のテーマ、つまり封建制と農民・民衆と地域史的観点とがうまく合流して、いっそう歴史研究の方法に磨きがかかった。

7)また、当時、教育界もとくに社会科教育の民間教育研究団体(「初志の会」)で、実践者(教師)みずから地域の実態をつかみ地域史をさぐる動きが登場していて、そういう時代の後押しもあった。そこで新行氏の「三河一向一揆研究」の素地が作られ、しかも、あるお寺にあった「永禄一揆由来」という新史料も出てきて、こうした基礎作業が氏の主著『一向一揆の基礎構造〜三河一揆と松平氏』(吉川弘文館)として実った。

8)松平中心の史観が当たり前だった三河地方の歴史を、一向一揆に象徴される民衆の権力との対峙行動に視点を置いて史料から読み解いて、新しい三河中世史像を築きだされた。やはりここでも、「政治権力の編成原理」(新行氏)を問う、という歴史研究者としての明確な視座があった。

9)自身の歩みを振り返って歴史研究は「謎解き」(新行氏)だとおっしゃる、その立場性は、奥が深い。氏の語りによると、自主的に史料集めをして、自主的な認識方法で科学的に分析し、自分なりに出した問題に答えを出す。まさに学問の基礎研究の営みをベースにして、すぐれた研究成果を上げてこられたのだということがよくわかる。

10)それを振りかえって「面白かったと思う研究者人生」と、さらりと言いきられる新行氏の壮大なあゆみに、改めて敬意を表します。
ご冥福をお祈りします。

       ――――――――――――――――

 アメリカ大統領選、「トランプ・ショック」を読み解く (16.11.11.)

◇既にご存じの米国大統領選挙結果が出ました。ドナルド・トランプ氏(70)が全米の選挙人当選ラインの270名を超えて、当選しました。得票数ではヒラリー・クリントン氏がトランプ氏を若干上回るようですが、州ごとに第一位の者が選挙人数を総取りする仕組みから、今回の結果になるようです。

私個人は、どちらかと言えばクリントン氏に傾くかな、しかしあのトランプ人気というか期待は並ではないな、何か起こるのかしら、とどっちつかずの感想を持っていました。クリントン氏には国務長官経験という栄えある履歴があるけれど、成功した裕福な階層の人物という印象ははっきりしているし、演説で言うほど庶民の苦労はわかってはいないのではないか。そういう見方をしていました。

民主党候補を決める過程で、バーニー・サンダース氏(75)に特に若者が支持をよせ、一時期はクリントン氏を追い上げるほどであったのは、クリントン敬遠の空気があるからでしょう。女性として初のトップ・リーダーに、と彼女を応援しても良いはずの若い女性が街のインタビューでは、「好きになれない」と丸ごとの反応をしていたのには理由があるのでしょう。

◆話を戻して、「トランプ・ショック」とされるこの結果には、アメリカの病理が出ているように思います。それは、貧困と格差の(外から見る以上の)広がりです。NHKのTV報道で、かつて鉄鋼で栄えた街の工場やオフィスが閉鎖で廃墟になっている映像が出ましたが、白人労働者からして失業と貧困の現実に直面している。

二つめには、そうした白人労働者の困窮の陰に、黒人やヒスパニック系移民の問題があるということです。人工的な割合も次第に変化して、今から30年後には、白人は「総人口の半分」になるとの予想も出ています(『朝日新聞』11月10日付朝刊、第一面、アメリカ総局長山脇氏論評)。

「取り残されたと感じる白人労働者の不満をトランプ氏はすくい上げた」(同前)という見方は、私は、当たっていると思います。

三つめに、これに先立ち行われた、イギリスのEU離脱か残留かの国民投票結果の影響も大きい。要するに、EUに残ることはイギリスの財力・文化力・政治力など国益を十分に発揮できないとする人々の離脱支持が勝った。これに似ていて、「アメリカ・ファースト」を唱えるトランプ流保護主義政策(らしき)発言は、他国との連携や共存よりもまず自分たちの国の安定と我々のしごとと暮らしを優先してくれ、との大多数の声を、すくい上げたし、共鳴を呼んだのでしょう。

四つめに、これに関連して、世界各地に基地を持つ米軍の経費についても、その基地のある国に応分に負担させる、とするトランプ発言はもはや「世界の警察としてのアメリカ」の時代は終わろうとしていることを暗に示しています。「超大国」アメリカ、民主主義の先進国アメリカ、とされてきたが、速いテンポでその基盤は崩れ、一握りの富裕層によるマネー・ゲーム的な利益獲得と、失業・住宅ローンの停滞など困窮にあえぎ若者の仕事も見つからない現実の労働者層との乖離は、非常に大きいということでしょう。

資本主義国の代表格のアメリカにおいてこういう地殻変動が起きていることは、世界の資本主義の変化を象徴しているわけで、現象的には混乱のように見えるけど、論理的には、利潤と内部留保を目的としてきた資本主義生産様式の行き詰まりであり、それを体感する労働者階級の意思表示がますます強まることを暗示しています。

◇トランプ当選結果が知らされた後も、ニューヨークを初めいくつかの都市で「反トランプ」デモが起きているし、そこは、アメリカ国民の健全さが働いていて、マイノリティーへの差別や女性蔑視に対しては断固許さない、そういう人物は「私の求める大統領ではない」という市民の声は消えないと思います。

来年1月に大統領に正式就任してからの彼の政策履行のたびに、反トランプ派を中心とする市民的な反対デモがくり返されることも予想されるし、その規模いかんではこれを武力で弾圧する動きにトランプ氏が出るなら、一種の内乱状態にもなりかねない。こうして、安定していた「超大国」の内部的な瓦解現象がやがて起きる可能性はあるでしょう。

公職経験や政治的リーダーの場を踏んできていないので、ビジネスマンとしての効率・結果、ダメなものはダメ、という単純思考でトランプ氏はいぇっていくほかなく、そこから生じる国民の間での混乱・不信・反対などが渦巻いて、「荒れるアメリカ社会」になっていく可能性も出てきます。

しかし、それが、社会の、歴史の弁証法なので、いかにダメージを少なくして乗り切るかに知恵を働かせるのが、現代に生きる私たちの務めだと思います。

       ――――――――――――――――

奈良教育大学附属小学校公開研究会で講演 (16.11.7.)

早いもので11月になりました。今月は19日(土曜日)に標記の集会が開催され、そこで講演をします。詳細は、同小学校のサイトでお確かめください。

 奈良教育大附属小 


当日の講演レジュメです。ただし、章・節の構成のみ抜粋です。本文は、A4で、6頁になります。

奈良教育大学附属小学校 第43回教育研究会             2016.11.19.

子どもの人間的自立を支える学校づくり―教えるとは希望を語ること―

T 子どもたちの学びにとって、何が課題か

U 子どもの学びを構成する「単位」をとらえる
 

V 他者との関係性をベースにして問題を探究する授業

W 「アクティブ・ラーニング」の何が問題か、どのように対応していくか
 (1)中教審の「論点整理」から
 (2)「アクティブ・ラーニング」をめぐる問題
 (3)授業における学習集団の再評価と若干の提案

X 「正しい言葉」よりも、「信頼できる人の言葉」を子どもは欲している

Y おわりに
 

【参考図書】
折出健二『他者ありて私は誰かの他者になる〜いま創めるアザーリング』ほっとブックス新栄。
折出『そばにいる他者(ひと)を信じて子は育つ〜〈伴走者〉という役割』同上。

       ――――――――――――――――

ヘーゲル『精神現象学』入門読書会 第1回 (16.11.2.)

昨日(11/1)、標記の読書会を5時半からおよそ2時間、行いました。内容は難しさもありますが、参加者の体験や世相の話題も絡ませながら、充実した2時間でした。学部生、大学院生、そして愛生研会員の教員と私、の四名が参加。

折出から、テキストの序章と第一章にあたる内容のキーワード、そこでの論理の構図などをレジュメをもとに話題提供して、意見交換をしました。「即自」と「対自」、「実体と主体」、というヘーゲルのキーワードをめぐって、参加者の体験的エピソードやレジュメの箇所をきっかけに様々に話題が出て、具体化され、かなり見えてきました。

第二回目は、【12月15日木曜日、午後5時半から、人間環境大(大府キャンパス)折出研】としました。第二回目は、テキスト、加藤尚武『ヘーゲル「精神現象学」入門』の第二章(知と対象の関係)を目標にします。

以後、日程を調整しながら進めて、参加の学部生が卒業するまでには、なんとか同テキストの「自己意識」に関する章をこなしたい、というのが目標です。ヘーゲルの「自己意識」の章は古来、同書の中でも最高におもしろい、ドラマティックな展開の内容として知られています。まさに弁証法とは何かがリアルに、かつダイナミックに、つかめる論述です。

       ――――――――――――――――

「教員の多忙化解消プロジェクトチーム」公開の会議を傍聴しました (16.10.31.)

同チーム第6回の会議が10月31日午後3時から4時半まで、愛知県自治センター5階で行われ、公開でしたので傍聴しました。傍聴は初めてですが、今回は「多忙化解消に向けた取組に関する提言案(骨子)」が議論されると知ったので、行く気になった次第。

委員は、8名ですが、各委員の発言はここでは割愛します。それぞれ、これまでの5回に及ぶ議論の文脈があってのご発言のようで、それを部分的に取り上げてあれこれ評するのはフェアではないと思いますので。

ただ一点、不思議に思うことが。それは、委員が結構踏みこんで、するどく改善点や具体的方策などを言いましたし、それを座長の方も論点としてうまく整理していました。しかし、そのものの言い方は「県として〜されたほうがいいです」という繰り返しでした。

本日の「骨子案」は県の教育企画課で作成したようです。で、上記の言い方は、本日の各委員の論点を反映させる形で、次回までに県の方で文章化をして欲しい旨の言い方でした。

この「提言」は誰が、誰に出すのか? 誰が、はこのPT(8名の委員)となるでしょう。誰に、は愛知県に対して、です。本日の資料には、「本報告は、今後、県が策定する『教員の多忙化解消プラン(仮称)』に向けた提言」としてまとめたものである、とあります。

だから、県の策定する「プラン」に、PTとして、「こういう文言を入れたほうが良い」「こういう表現は却って多忙化をあおるので止めて欲しい」などの要望めいた意見がだされたわけです。

本事務を司る県の部局が「プラン」を文章化して、その「提言」の宛先は、愛知県である。なんだかヘンですね。ズバリ言えば、大詰めに来たのならPTが、本日の原案をもとにして委員の意見を極力生かした形で文案を作り、それを形式上、事務局に精査してもらって「案」としてととのえることです。

果たして、このままでは、それなりに「多忙化」の背景要因は突いているし、改善点や改善の方向性は明確に出ているが、そういう「解消のプラン」で今後進めていきましょう、となるおそれもあるのではないでしょうか。

各委員の真剣な意見や論点を反映した「提言」にするには、その文章化のために座長が一肌脱ぐしかないのではないかしら。あくまで一傍聴者の感想です。

       ――――――――――――――――

吟詠の愛知県大会(発表会)を聴きました (16.10.30.)

10月30日、名古屋市の公会堂で詩吟朗詠錦城流の愛知県本部大会が開かれ、前任校で交流のあった事務官T氏から招待をいただいたので、行ってきました。正確には、一般社団法人錦城会の愛知県本部の大会。県内の各道場のお弟子さんたちと師範クラスの方々、さらには剣舞、詩舞が加わり、琵琶・笛・琴・小鼓の演奏もバックで支える、豪華な演出でした。

大会プログラムによると開演は午前11時となっていましたが、私は、T氏の手紙にあった出演の午後2時ごろに会場に入りました。

T氏は「特別番組」の二本、「構成吟 源平盛衰絵巻」「琵吟舞物語 義経の最期」に出演しました。前者の吟も、後者での詩舞も、よかった。

私は、何人かの人に話したり、最近書いた『他者ありて私は誰かの他者になる』の大学時代体験でも触れていますが、広島大学時代に吟道部に入っていました。その時の流派は、ご高齢の指導者による吟魂流で、当時の関西吟詩流の系統だそうでした。こぶしが多く入るのと、漢詩の起承転結のうち「転」のフレーズの吟詠が勇ましいのが特徴でした。

今日拝聴して、錦城流のほうがこぶしも緩やかで、全体的に品のある吟詠法と感じました。また、T氏のような師範クラスの方々の吟詠は、言葉をとてもていねいに発声し、詩のキーワードをつかんで、その語句には息を吹きかけるようにして発生しています。

例えば「偶成」という作品では「少年老い易く学成り難し」とありますが、「学」を「ga-a-ku」と平板に引きずって発声せず、「gua‐ku」と、強調して一気に言い切るなど、言葉の明瞭さと抑揚にかなり気を遣い、またリズムもいい感じで出しています。さすが師範クラスだなと感じ入りました。

話変わって、私の連れ合いのお父さん(義父)は、広島県福山市で、当時、この錦城流の准師範を取られ、「城州」という号を持っていました。故人です。上記T氏は吟詠の号が「城斉」、詩舞の号は「緑伯」です。女性は「錦」の字をあてるようです。

その義父とは時折、詩吟の話もしましたし、テープも聴きました。やや高いトーンで吟詠していました。性格そのままに、ていねいな、慎重な詠い方でした。

詩吟は胸郭を広げるし、呼吸法にもなるし、発声によるストレス解消など、美容と健康にいろいろと効果があるといわれています。

       ――――――――――――――――

子どもの貧困を含む生活現実と向き合い、子どもの発達を支援するために (16.10.30.)

10月29日、名古屋市内で、「30人学級の実現を求める署名推進の集い」が開かれ、20名近くが集まって、今の子どもの現実をどう見てどのように支えていくかで交流しました。

話題提供者として、小学校の教師(女性)と、児童養護施設の指導員(男性)から、それぞれ目の前の子どもたちから見えてくる課題や教育・指導の役割を語ってもらいました。

教師からは、今担任している小学校中学年の子どもたちについて、4カ国におよぶ外国人の子どもがいること、母子家庭が目立ち就学支援を受けていること、学力が低く九九ができないなど課題は多くあること、発達障害傾向の子どもも多くいて対応に苦慮する面もあること、などが語られました。

半面、この教師の人柄もあるのでしょう、休憩時間になると教師にまとわりついて一生懸命話そうとする(聴いてもらおうとする)ので、トイレに行くのも一苦労とか。こうした実態をうまく整理してまとめてくれましたが、最後に「学力ではマイナスポイントが目立つほどに低いが、将来の夢は全国平均より高い。ここに子どもたちのすばらしさが出ている」とまとめました。

児童養護施設職員の報告では、2〜18歳の子ども40数名と生活しているが、最近は、DVや、性的虐待(離婚後に再婚した新しい「父」から性的な接触を求められる等)が増えているという実態にも触れて、「(同施設の子どもたちは)心の貧困が大きい」と話しました。

夜勤も交替で行っているが、中にはキレて職員とぶつかり暴力を振るうものもいる。報告者も「複数回骨が折れたが、子どもたちは心が折れる」と語りました。しっかり子どもを見ているから言えることで、なかなかここまで踏みこんでつかめない。この仕事は13年目だそうですが、さすがだと思いました。

ただ施設の中は豊かな行事スケジュールで、文化的には「裕福」であり、その点は恵まれている。このような生活体験を背景に、高校卒業後は児童養護施設の職員を選ぶ者もいる。別の施設の実態では、キャバクラや暴力団の方に向かう例もある、とのフロアの発言に対して、報告者は、大人のエネルギーが疲弊していると子どもの進路はそうなりやすい、進路選択に向けて大人が方向性を見せていく必要があると話しました。

行政の方針で、現在の大舎制から小舎制への移行のためいま改修しているが、ひとりが6人くらいの子どもを担当する形になるようで、こういう「ユニット制」については職員としてはこれを望んでいないとの感想も述べました。

二人の報告には共通して、「否定の中に肯定を見る」という実践の見方、思想性が貫かれています。それは、理論的にもちこんだものとしてではなく、子どもと関わり苦闘する中で身につけた実践指針なのです。

       ――――――――――――――――

事件から1年、さらにいじめは増えている (16.10.29.)

文部科学省の2015年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」(速報値)の公表(10月27日、文部科学省初等中等教育局児童生徒課)によれば、小・中・高等学校及び特別支援学校における、いじめの認知件数は224,540件であり、児童生徒1,000人当たりの認知件数は16.4件です。 同じ合計で、2014年度が188,072件でしたから、36,468件の増加。調査以来、最多件数であり、20万件を超えたのも初めて。

愛知県に関してみると、小学校 7,504、中学校 4,428、高等学校 973、特別支援学校 16(いずれも単位は件数)、合計 12,921件で、1,000人あたり係数は 15.2です。

不登校も、小中学校の合計で126,009人、高等学校が49,591人です。小中学校とも増加で、高校は連続して減少。

愛知県は、小中学校で9,292人。1,000人あたりの係数では、全国平均が12.6であるのに対し14.7です。

名古屋市西区の中学1年男子が地下鉄に飛び込んで自死をした事件から11月1日でちょうど1年。すでに検証委報告が公表され、背景にいじめがあったことが明らかとなりました。

その節目を迎えるに当たり、昨日28日、東海テレビのニュース報道担当記者から取材を受けました。2時間近く、記者との対話の形で、話しました。

11月1日夕刻の同局「ニュースOne」で特集を組むらしく、その中で私の発言も紹介される予定です(たぶん、私の発言のほんの一部になるでしょうが)。『毎日新聞』の取材もあって、そのコメント記事が11月1日かその前後で載る予定です。

       ――――――――――――――――

部落問題解決過程にかんする研究集会 (16.10.23.)

昨日(22日)、同志社女子大の会場で標記の集会があり、広島大学時代以来、部落差別と人権の問題は大事なテーマの1つでもあるので、参加してきました。三氏による重厚な報告が続き、質疑の時間も短くなって、窮屈な運営でしたが中身は充実していました。

「差別」問題の質疑の中で、フロアから、マーレン・エーラスさんという米国・ノースカロライナ大学シャーロット校で歴史を教えている研究者が発言しました。皆さんご存じのあの「警官による黒人男性射殺事件」の起きた場所ですので、そこでの人種差別の現状についてです。彼女はドイツ人です。以下は発言の要旨です。

「人種同士共存している印象を受けるが、それは表面だけ。見えない差別がある。シャーロットの街の東西で人種がはっきり分かれている。西区に黒人が多く住んでおり、私(マーレン)の知人(シャーロット生まれ)にどれくらいの黒人がいるのかと聞くと「10%くらい」という。しかし、調べてみると35%だった。学区内の税金で教育が行われているため、学区間の格差が激しいことも問題。今後は、真の共存をめざしてどう共学の対策を創っていくかが課題だ」

同和教育の歴史を振り返り詳しい報告をした森田満夫氏(立教大)が、兵庫県の八尾中学校での取り組みを取り上げて、部落民とされた子どもと一般の子どもとの共学の体制づくりが追究され、そうした集団の教育(教育方法としての)が大きな成果であったと言及しました。マーレンさんは、このことに触発されての発言だったようです。
森田氏のレジュメには城丸章夫氏の次の指摘が引用されていました。

「(男女の:折出)共学問題を教科課程上の問題としてのみとらえることは誤りで、どのような集団からの教育的影響を受けるかの問題でもある」

八尾中で部落の子どもからの低学力からくる授業の苦痛が行動で訴えられ、それをめぐって、実は一般の子どもにとっても「何のために・何を学ぶのか」の問いは共通であり、事態は一人ひとりの学びへの権利をどう保障するかの問題だと教師たちが認識を新たにして、そこから学びそのものを共に創り出そうとする生徒集団が形成された。この過程を城丸見解で意味づけたわけです。

マーレンさんは、そこから、シャーロットにおける黒人と白人の、そして黒人・白人同士の、共学の体制をどうつくるかにつながるテーマを見いだしたようです。

全く別の論点としては、香川県から来たという男性が、「そもそも部落民という線引きは誰がどういう根拠でするのか。黒人・白人は肌の色からくる差別だというのはわかるが、部落の人間という線引きをどうやってするのか、そこを知りたい」と質問しました。部落差別問題の現状や動向を行政研究の観点から報告した奥山峰夫氏が答えましたが、要は、「歴史的ないきさつがあって、なんとなくそういう地域にいる人間だという決めつけをしてきた。そういうアバウトなところがある」と応答しましたが、質問者は納得しません。司会が割って入って、奥山報告をよく咀嚼して理解に努めて欲しいと、ある意味で逃げでぼかした感じでした。

「部落差別問題は解決した」との立場で行っている集会だからそうなるのかもしれない。しかし、です。

私も思わず「それはおかしい。本質的な問いが出ているのに、この集会でこそそこを明らかにすべきでは」と言いたくなりましたが、そこは抑えておきました。士農工商以下の人間として時の権力に分類され、そういう者たちの住み着いた一群が村を形成し、そこを称して「部落」と名づけて排除や差別の対象にしてきたことは歴史的に明白で、そのこと自体が、経済的・政治的な策略(自分よりもさらに下位の部類の階層者がいる、と意識化させて、民衆支配を巧妙に維持するなど。)と共に地域の構造的な上下関係も絡んでいたことは、確かです。

だから、といって、「アバウトな言い方」でぼかしたのはそれこそ間違い。まるで「寝た子を起こすな」式の逃げの対応であって、これが科学的な研究者の応答なのか、とその点だけは非常に残念でした。

いま、議員提案で臨時国会に出されている「部落差別解消推進法案」への反対を主張するのは妥当としても、その批判する側が「部落差別はなにをもってそうされたか」に明確に答えないのは、すでに部落差別は解決したとの到達点の認識があるからとはいえ、釈然としないものでした。

むしろ、最後に発言された、奈良から来られた年配女性が、その部落とされた村に在住で、いまや500世帯くらいが本当に共同してやっていること、自分の所にいろんな人から相談が来ることなどを語り、「部落民」と線引きをして排除してきたことの不当性とまったくの根拠のなさをさらりと語ったことのほうが、インパクトがありました。

沖縄の高江でヘリポート工事に抗議している地元住民に対して、大阪府警から派遣された機動隊員が「どこをつかんどるんじゃ、土人」と「土人」呼ばわりをしたと報じられましたが、まさに香川の方が質問したことのつながる問題です。差別は差別する側の、相手に対する排除と支配の意図から来ている、そこは明確です。民衆の中の権力の構図が絡んでいます。

部落問題研究所の主催で、同所編『部落問題解決過程の研究全5巻』の刊行を記念しての集会でした。

       ――――――――――――――――

近況 

◇「秋深し・・・」と言いたいところですが、今年は、猛暑日の夏からいきなり初冬に移った感じもあって、まさに「商売」の気候です。つまり、「商い=秋ない」で(笑)。出だしからどうも失礼しました。

◇私は、後期の授業も同じ曜日の1限・2限にまとめてもらっているので、週一回の出講日です。が、科学研究費補助金の申請を教職グループの四名の共同で出すことにして、その準備に出校したり、学内のあるプロジェクトに加わってくれと学部長からの要請があって(今のところ余分の出勤はない。期間限定。)会議が増えたりするなど、環境が変わってきています。

科研の申請は、先日完成させて事務に出しました。いまは電子作成なので初めは戸惑いましたが、慣れると、便利になりました。

そして、このページの「10.10.」付の記事にも書いた、ヘーゲル弁証法読書会もスタートします。これは自分でもやる気になっているので、いい刺激になるでしょう。

今後のことで言えば、豊橋で起きた双子虐待死事件の検証委員会としての報告作成が待っています。また、10月末に開催の、教員の多忙化解消プロジェクトチームの第6回会議を傍聴することにしました。先日、傍聴券が愛知県教育委員会の担当事務からメール添付で届きました。多忙化解消の提言骨子案が協議されるということで傍聴する気になりました。

同じく10月末に、2013年にマンションから飛び降りた事件で背景にいじめがあったと検証された件に関して、その関係者(教員)と対面してお話を聴く機会を設けることができました。詳細は控えます。

◇『朝日新聞』10月18日付朝刊は、「耕論」(第13面)で「第二の人生の歩き方」を特集し、内館牧子、D.ベッカム、和田一郎の三氏の談話が載っています。順に68歳、41歳、57歳と、年代を異にする三者です。

その中で、内舘氏は、「定年」によって会社的生活は「終わった」のであって、そういう自分を明確にすること、「思い出とも戦わないと決めることが、すべてのスタートだと思います」と語っている。なかなかの至言です。

彼女はまた、「定年」で会社を「卒業」と言うのは、未練がましい言い方で、潔くない、と言い切っています。

かなりの部分、私も同感です。幸いに私は、冒頭に書いたようにこれまでの教職科目担当の業務で私立大学に勤務させて頂いている。これは大事にして、あと二年の任期を全うしたいと思っています。私の周辺では、教員だった人で、退職後はいっさい教育には関与しないで自分の趣味や同好サークル、ジム通いで充実させている人もいるし、小説の完成を目指して、日々、執筆に打ち込んでいる人もいます(高校国語教師であった方)。

自分の意志で行動できる時間をうまく使って、人生の表通りばかりではなく脇道も歩いてみたいものです。

       ――――――――――――――――

 青木孝平『「他者」の倫理学 レヴィナス、親鸞、そして宇野弘蔵を読む』について (16.10.10.)

名古屋駅で用務を終えてJR高島屋の11階にある三省堂(今一部工事中)で人文系図書を見ていて、標記の書物に出会い、他者論をまとめたものである以上は読んでみたくなって、購入した。

評論社刊、2016年9月10日発行。四六判ハードカバーで、350頁だから、それなりに大著である。

著者は早稲田大出身で現在、鈴鹿医療科学大学教授である。著書はすでに多くあるが、すべて書き下ろしは本書が初めて、とある(「あとがき」)。副題の三名の人物は、いずれも順に哲学、仏教、そしてマルクス経済学を異化し対象化してきた著名な人であり、その観点が目次にも反映されている。すなわち、現象学における「他者」、仏教における「他者」、資本主義における「他者」という三部構成になっている。

著者は、本書は個々の専門分野に太刀打ちできるほどに上記三者の思想を考察してはいないが、逆に、彼らが提起した「他者」の思想を通して入門的に述べることはできた、と述べている。その上で、結局は、レヴィナス、親鸞を通じて宇野弘蔵を論じたい、同氏を再評価したい、というのが主旨のようである。

同書の執筆の原点にある著者の考えはこうである。これまでほとんどすべての思想は「自己」を起点に「自己」を普遍化する人間像を前提にして論じられてきた。マルクス的社会科学も人間の労働を考察した。近年、「構造主義」や「関係主義」が登場したが結局、「自己」を対象化できなかった。

本書は、三者の思想の解明を通じて、「『他者』を主体とする思想」、すなわち「厳密な意味での倫理的思考」を目指している。三者のなかには、「徹底した『他者』中心の倫理学」が見いだせる。と、こういう主旨である(以上は、「まえがき」3〜6頁より)。

私(折出)は、基本的な問題意識の点では著者の思考様式に近い。「他者」論をこのようにして深めたい、という課題意識は私にもあったし、ある。ただ、宇野弘蔵論だけは、私は、距離を取って受け止めたい。

これから、本書を読み込んで学びたいと思うが、「他者」を主体とする時代になってきたことを改めて主張しておきたい。

       ――――――――――――――――

大津事件から5年目で『中日新聞』、力作の記事、私のコメントも所載  (16.10.10.)

10月10日付朝刊で、第一面で大津事件自死生徒の父親の談話を大きく取り上げ、第30面で、いじめ防止対策推進法後の現場の実態、そして今同法見直しの動きの中で折出の談話、という構成です。下記のサイト情報をご覧下さい。

「中日新聞」掲載記事


       ――――――――――――――――

愛生研で「他者」について講座  (16.10.10.)

10月8日に、久しぶりに愛生研の場で話をしました。愛知の高生研も合流していました。

「他者」の概念、教師の実践における「他者」の意義(教師の他者性)、文学を読むことと他者などを話しました。

質疑の中で、演劇をされているというKさんが感想をのべ、私たちの議論のながれにおいてその発言自体が他者性をもつ参加でした。

劇団の一人としてその物語の役を引き受けてセリフを言う以上、別の役の人のセリフも理解していなくてはならない。演劇において他者性とはむしろ当然のことだ、と。

学校でも、学年同士、学年を越えて、教師たちがさまざまな役割を持つことを直観的にも感じて仕事をしていた時には、教師の他者性(子どもに対しても、同僚に対しても、保護者にも)はむしろ当たり前で、「他者」論など起きる必要もなかった。

しかし、矢継ぎ早の「改革」によって学校教育が事務化し、教師同士の関係も平板なものに変質し、お互いが自己の見解を出すのを抑えているこころの閉鎖性を次第に増 している環境に変わってきた。今、教師は、もともと実践の本質である「他者」性を見失わされ、次々と与えられる「指示」、職務の多様化にただ合わせていくだけの仕事ぶ りに、自分で自分を情けないと感じ始めている。

子どもたちを「他者」として認識して働きかけるのではなく、結果を出すべき対象=素材として見るように強要されている。PDCAサイクルはその最たるものです。だから、疲労も大きいし、校内の「課題」をやってもやっても心の充実がないのです。

教師には、自分にとって、職務に適応する自己自身が人前に立つ「他者」としての統一性を持つからそれがつとまるのに、その統一性をなくし(なくされ)、その折り合いをどうつくるかで揺れ、そこの苦しみがまず負荷となって出やすいのではないでしょうか。

そうではなく、子どもと一緒になって、学級生活、毎日の授業、さらには部活動での、思いがけなさ、見えなかったものが見えてくる変化、子どもの意外な面、そしてそれらが、子どもにとっての「他者」という自己の統一的な姿の中に映し出され、教師が自分の知られざる多面性を発見しおどろきを覚える。

こういう実践のドラマ性をどの教師も欲しているのです。

それがほしい! そういうドラマのある仕事を通じて教師として打ち込んでみたい! そういうドラマ性の出会いを通じて、子どもたち一人一人のいとおしさや、その現実のきびしさをなんとか生き抜いて将来にチャレンジしてほしいという願いを彼や彼女にとどけたい!

こういう叫びを、ほんとうは教師が表したいのではないでしょうか。いいのです、それを声にしても。

子どもたちは、そういう表情のある、自分に向き合おうとする「先生」を、つまり、自分の生き方に言葉の本当の意味で「きびしく」ふれてくる「先生」を欲しているのですから。

「他者」論は、子どもたちをその集団性へと開くとともに、教師自身を、子どもたちとの相互に解放的で創造的な、そういう活動世界へとつなげていくキー概念の一つな のではないでしょうか。

       ――――――――――――――――

ヘーゲル『精神現象学』から弁証法を学ぶ読書会、スタート(再録)  (16.10.10.)

以下のように、読書会を始めます。若い人に学んで欲しいので、学生(学部生、大学院生)にも呼びかけています。

ヘーゲル『精神現象学』で弁証法を学ぶ会(略称:ヘーゲル弁証法読書会)

○第1回目  11月1日火曜日 午後5時30分から
開始時間を変更しています。現職教員、社会人の方は、ご勤務終了後にお越し下さると思いますが、先に始めておりますのでご了承を。

○場所 人間環境大学大府キャンパス 折出研究室

研究室直通の電話です。 0562-38-6083 ※ JR大府駅から、JR線をまたぐ高架橋をわたって、2〜3分。大府駅改札口を出て通路に出ると左手に高い建物の屋上に大学看板が見える。
一階事務室で「折出研へ」と告げてください。

車の方は、大学専用の駐車場がありますから、事務室で聞いてください。台数は少ないです。

○テキスト  加藤尚武編『ヘーゲル「精神現象学」入門』講談社学術文庫、1050円。
※ 加藤氏をリーダーに、7名のヘーゲル研究者によって、ヘーゲルのエッセンスとなる部分は、引用しつつ、基本概念を中心に、学問性を押さえながら解説。入門書としては良書です。

これを使って、どう読むか、何がポイントかを折出が話し、質疑の中で深めます。 ヘーゲルのこの本の最大の山は「自己意識の章」です。加藤氏もそこに力を入れて解説しているし、現代の社会にも通じる問題が扱われます。自己と他者の原点的な著作。

哲学の勉強会ですが、ヘーゲルが目的ではなく、この混迷を深める社会においてどう生きていくか、そのための弁証法認識が今なぜ必要か。そこをつかむのが目的です。
○愛知県内または近県の学生の方で興味のある方はどうぞ。

       ――――――――――――――――

日本教育方法学会全国大会(九州大学)で課題研究の報告と博多旅情  (16.10.3.)

◇10月1〜2日、標記の学会の大会があり、その「課題研究 いじめ問題に教育方法学研究はどう取り組んできたか」で報告者を務めました。私の他に、藤井啓之さん(日本福祉大)、田渕久美子さん(活水女子大)の二人が報告をしました。概要は以下の通りです。

課題研究U:戦後教育実践と教育方法学(2)
 ―「いじめ」問題とどう向き合ってきたか―
2015年には戦後70年を機会に「戦後教育実践と教育方法学」を主題とする課題研究を企画し、「平和教育」について考察した。今年度は人権教育を大枠に考えることとし、特に「いじめ」問題について具体的に検討する。
報告の柱は、@これまで繰り返されてきた「いじめ」問題の構図やその研究の経緯をたどること、A「いじめ」を生みだす子ども文化の史的な流れについて、特にその暴力性・攻撃性に重点をおいて追求すること、B「いじめ」問題に取り組む実践と学校づくりの歩みを振り返り、今何が問われているかを考察すること、などである。
2013年6月に開催された第17回研究集会でも「いじめ問題にどう取り組むか―教育方法学からのアプローチ―」を主題にしたが、本課題研究では、個別の事例を集中的に取り上げるのではなく、多くの事例を貫く問題について考察する。
コーディネーター:井ノ口淳三(追手門学院大学)
         折出 健二(人間環境大学)
司 会 者:井ノ口淳三(追手門学院大学)
      折出 健二(人間環境大学)
提 案 者:折出 健二(人間環境大学)
      藤井 啓之(日本福祉大学)
      田渕久美子(活水女子大学)

コーディネーター・司会・提案の三役を務めたことになりましたが、これはめったにないことで、今回は事情があってこうなったのです。実質は、井ノ口会員が対応して下さって、無事、終えました。

この課題研究の報告から質疑・討論に至る内容の「まとめ」は、学会会報で公開されますし、井ノ口氏がそれを執筆して下さるので、私が私見を述べて、取り違えなどトラブルになってもいけないのでここでは割愛します。

◇久しぶりの博多でしたが、相変わらず活気のある街です。今回は、旅行業者にネットで申し込んで、プレジデントホテル博多を取りました。朝食付きで一泊二日で7,000円とは格安ですし、フロント・カウンターの対応、フロア及びルーム設備の点では標準以上でした。ただ、博多の駅からやや離れており、googleマップを見ながらかなり歩きました。

前日理事会に出席して、会議が終わったのはもう8時近くで、ホテル周辺には進学塾とマンションがあるくらいで、雰囲気的には「地域調査」(要するに居酒屋の探索)に出る感じではないし、翌日の「課題研究」開始は9時15分と早いので、外出はやめて、ホテルの一階にある「緩音」(かんのん、と読む)という和食の店に行って、地元のお酒を少し飲みました。

「千客万来」という銘柄の日本酒を温めの燗を付けてもらい、シマアジのお造りをいただき、メニューを見て「これは博多の店ではどうだろう」と、やや試すきもちから「鯛のあら煮」も取りました。ところが、これが、いつも愛知で食べてきたのと比べると大きめで、板前さんの手が入っているのでしょうが、お頭部分も骨がましさはないようにしてあり、一番身のあるほおの部分もとても肉厚でおどろきながら、頂きました。

店長さんはじめ、スタッフの対応もきびきびしていて、好感が持てました。

       ――――――――――――――――

木村草太氏、立憲主義の歴史と現状を講義:朝日カルチュアセンター名古屋公開講座  (16.9.25.)

9月25日、標記の公開講座があり、申し込んで、聴講しました。午後4時〜5時半の予定で、場所は栄の丸栄スカイル10階。長年愛知に暮らしていますが、このフロアに来たのは初めて。

参加費は、会員は3,000円、非会員は3,500円。ちょっと高く感じますが、憲法学者としての実績と共にTV等で活躍中の木村氏(首都大学東京教授)の講義となれば、こういう評価でしょう。これが市場価値という一面でもあります。

講義題目は「立憲主義の歴史」。その構成は以下の通り。
 一 立憲主義の歴史
 二 現行憲法の制定過程――憲法24条を素材に
 三 憲法9条と平和主義
 四 辺野古と訴訟の行方

話のスタイルは、よどみがない。ずっと立って講義し、ボードの前を行ったり来たり、思索の様子も見せながら、「え〜」「あ〜」といった間投詞はいっさいなく、まさに一つの論文を語るかのように、理路整然と話していきます。頭の回転は確かにいい。情報量も良く整理され、上の構成からもわかるように、何を語り、何は取り上げないかがとてもクリアになっている。数々のTVコメントを経験して得た技法であり能力でしょう。

かといって、硬い話ばかりかというと、そうでもない。個別的自衛権と集団的自衛権をめぐる話題で、「両者は同じだという人もいるが、それは、がんもどきと縄文土器とは「同じドキ」というのに等しい」と、ギャグも取り入れた笑いを適宜入れます。

「二」で憲法24条を扱ったのは、最初は意外でした。が、「婚姻は両性の合意のみに基づいて成立し・・・」とある部分を用いて、池上彰氏がTV番組で「これは同性婚を禁じている」と解説したらしく、その解釈をまったくの無知と言わんばかりに批判していました。その上で、民法の家父長制から、GHQ案における主旨を解説し、男性と女性の平等な合意を指している、とまとめました。

「四」も、推理小説を聴くがごとくに、論理的で面白かった。辺野古訴訟で、翁長知事は一連の基地移転問題の不当性を主張する弁論を用意しましたが、その中で、この基地ができたとしてもそれは法律に根拠を持たないので使用できない、という趣旨の指摘もしたようです。この箇所は木村氏がサジェストした、と明らかにした上で、その主旨を述べました。

要するに、辺野古移設は住民自治に及ぶ重大事案であり、憲法41条にいう国会での立法手続きが必要であるし、憲法92条の地方自治に係わる法律制定権、さらに憲法95条の住民投票による意思決定権を踏まえておらず、「閣議決定」だけによる国の辺野古移設の方策は法律的根拠がないということ。

さる9月16日の福岡高裁那覇支部判決は、辺野古移設によって生じる「自治権の制限は、日米安全保障条約及び日米地位協定に基づくもの」だから「憲法41条に違反するとはいえ」ない、としました。このことに対して、木村氏は、憲法の主旨を読み違えているとすると共に、「この問題は最高裁にまで行くから、ひょっとして、こういう判決を出していっそう国民の怒りを増して、最高裁につなげるための演出か」と、ややジョークを交えて述べました。

その判決文抜粋の資料を見ると、同判決は、埋め立て承認は地方自治法に定める「国と地方の役割分担」に基づくから正当であり、上記の両条約に基づくので法律による裏付けは要らない、としているのです。まさに法律と条約の使い分けです。これが主権国家の司法を預かる立場での判断なのか。そういう疑問がわくのは当然です。

現職時代に、慶応義塾大学法学部政治学科に通信制学部編入をして、理事・副学長就任のため退学までの二年半、政治学科の勉強を少しだけした者としては、久しぶりに法学の専門的な講義を受けて、充実した1時間半でした。
 

       ――――――――――――――――

自己と他者の共鳴現象  (16.9.19.)

9月19日の早朝、NHK「ラジオ深夜便」の「明日への言葉」で、精神科医・分子生物学者の糸川昌成(いとかわ・まさなり)さんの話を聴きました。母親が統合失調症(当時は精神分裂病)のため、5歳児の時から糸川さんは母親の実家で叔母、祖母によって育てられたそうです。
 また、糸川家では母親の病気のことは長年タブーになっていて、糸川さんも精神医学を志して現在の仕事に就いてから、最近になって母親のことを詳しく知ったそうです。

糸川さんの体験の詳細は、統合失調症の関連サイトに載っていますので、そちらに譲ります。
(URL=http://jpop-voice.jp/schizophrenia/s/1404/01.html)。

私が興味を持って聴いたのは、次のことです。
糸川さんは分子生物学の研究として脳の微細な働きを実験によって分析し、それを有効な治療薬の開発につなげているのですが、その糸川さん曰く、「症状が改善されるのは、頭蓋骨の中でのことではなく、その外でのこと、つまり本人の尊厳と、薬による脳内への効果とセットであるということ」「尊厳とは、ひとりの人間として丁寧に遇される人と、そのように遇する人との共鳴現象なのです」。

朝早く起きて何気なく聴いていたのですが、この言葉でハッとして座り直しました。つまり、糸川さんは、統合失調症の母親の病歴等を改めて振り返り、また自身が診察されてきた多くの患者例から、自己と他者の共鳴現象としての患者さん本人が尊厳の念を抱くことがとても大きい、と語っているのです。他者の役割です。

話の中で、「脳内物質の相互作用で心理が起きる、とする唯物論に疑問を持った。頭蓋骨の中で起きることだけでは説明の付かないことが現にある。私は科学者であって、オカルト的ではないが、『心を込めて』『心に触れる』という現象をもっと大切にすべきだと思った」という主旨のことを糸川さんは述べました。

関連して、この論点は、唯物論哲学をベースとするマルクス主義のウイークポイントを指しているのです。

糸川さんの話で、他者の意義、他者との関係性、そして自己と他者の共鳴現象ということを改めて学びました。

       ――――――――――――――――

ちょっと一息:築地市場移転問題の疑惑  (16.9.18.)

いま報道がヒートしている東京都「豊洲市場移転地疑惑」については、専門家によるプロジェクトが立ち上がって検証するそうですから、その結果を待つのが妥当でしょう。

ただ、築地にも行ってみてその食文化を愛し、名古屋にいてもたとえば「築地 寿司清」にたまに寄っているものとしては、今回のこの大騒動は、要するに、豊洲への移転を推進した当時の石原都政の幹部グループには、安全で信用できる新市場で日本の食文化を大事に発展させていこう、という本来の理念がなかった、ということでしょう。
工期を早めるため、予算を安くするため、など、それらは計画を遂行する側の理屈であって、完成後に利用する業者、そしてそこでの魚介類をいただく庶民の食からみた論理ではありません。

900億近いお金を投じて、それらはゼネコン関係の業者の懐に入ったとされていますが、そこに談合の疑惑も浮上しているとか。

これが、世界に誇る首都東京の在り方でしょうか。何が何でも東京オリンピックを、という政治優先が、築地市場を移転させてその跡地に高速を走らせるための目的だけで、もともと有害物質を扱っていた工場跡地で危険性が言われていた場所を選んでそこに移転を決める。歴代の石原・猪瀬・桝添の三知事経験者には当然、説明責任があります。

市場原理優先の社会及び国家の行き着く姿がこうして、首都を例にして、ワカリヤスイかたちで目の前に現れています。それでも、わたしたちはこの道を続けるのでしょうか。

       ――――――――――――――――

権力は権力者自身によっては説明されない  (16.9.17.)

(一)            

最近の政治リーダー論や、実際の民間の諸活動の組織で影響力を発揮する人々の役割やスタイルなどを観てきて、以前から「権力」の分析には関心がありました。そこで、最近入手した、イアン・カーショー、石田勇次訳『ヒトラー権力の本質』白水社、1999年を読み通しました。

多くの先行書が、ヒトラーの人格や才能に、彼の「総統」にまでのぼりつめた経緯や権力の地位獲得を説明してきたのに対して、同書は、「ヒトラーはヒトラーによっては説明されない」との立場からとても興味深い分析をしています。以下の「」内は同書からです。

同書の前提とする「権力」の定義は、M.ヴェーバーによるもので、「ある社会関係の中にあって、自己の意志を抵抗を排して貫徹する可能性」としています。この定義は、一定の社会関係に異変が起きて、権力分配の構造が壊れれば権力の集中・強化は必然的に起きることを暗に示しています。

(二)            

さて、問題は、「ヒトラーのようなとても成功しそうにない人物が、なぜ、異常なまでに個人化された権力を発揮できたのか」(28頁)です。

一つには、ナチズムのメンバーたちが大義名分と指導者を捜していたところへ、そのドイツ軍の啓蒙宣伝部隊でのヒトラーの活躍、その理念、信条、そして「大衆の心を揺さぶる能力」が際立っており、1920年代のことだが、彼の宣伝部門での活躍によって一層注目を浴びた。

ヒトラーには生い立ちを通じて、フラストレーションがあった。自己への高い評価と挫折、社会的なアウトサイダーと自分とのギャップからきていた。それを彼は、ネガティブなイメージを持つユダヤ人排斥にぶつけた。
当初は「戦争に投資する」ユダヤ人攻撃であったが、ついに全面的排除を求めるまでにエスカレートした。これには、彼が後に入党したナチス党がマルクス主義世界観の根絶を掲げており、その異質排除と重なって威力を発揮していったし、党員のみならず、不穏な世相にいらだっていた国民からも支持されるようになった。

1928年選挙ではナチ党は2.6%の支持率であり、国会で12議席しかもっていなかったのに、1933年にはヒトラーは首相に就任している。この背景には、ウォール街株価暴落などの世界的な経済危機に直面した、非ナチのエリート層らが彼に未来を託すかのように支持に回った経緯があるという。ミュンヘンのブルジョワジー、有力な政治家、軍の関係者たちである。

国民大衆も彼を支持し始めた。ヒトラーに投票した人が1300万人いたという。彼の、「国民の蘇生と、『国民の敵』の抹殺」という論理は、わかりやすかった。

ヒトラーは演説の工夫を凝らした。「聴衆の最も低いレベルに合わせる」「白黒をきめる」「起爆的なテーマで語る」「火を起こし続ける」。当時の聴衆の声として、「緊張が解かれ、何かに憑かれたようだ」といわれた。民主主義は敵だ、権威主義国家の樹立が大事だと思っている非ナチのエリート層はここに注目して、「彼を飼い慣らす」つもりで支持に回ったが、大きな誤算だった。

(三)            

二つめに、「強制と賛同はコインの表と裏」という、ヒトラーの権力行使の特質があった。1933年には共産党を破壊し、以後、テロによる「反社会分子」排斥に突き進んだ。同書は「ヒトラーの野蛮さは、『政治権力は銃口から成長する』(毛沢東)に通じるものがある」という。

三つめに、「国家権力」ではなく「総統権力」という大仕掛けを創り上げたこと。これは「総統」としての権力を持つヒトラーを中軸にして国家の統治が行われることを指している。しかも、当時のドイツの有名な法律家がそういう定義付けをしたために、「総統」崇拝が全土に広がった。

皮肉なことに、ヒトラーは法律家たちが大嫌いだったのに、法律家たちや裁判官たちがみずから「総統のために」と、ヒトラーにすり寄ってきたという。

四つめに、このようにして、ナチ政権への国民の大多数の支持が集まるようになった。そのうえ、国家を批判し危機に陥れることを禁じた緊急令を出して(1933年)、市民社会に、密告とスパイの動きを創り出し、その該当者は「特別裁判所」に送って、「保護拘禁」とした。敗戦後、この件に関わる残された個人文書が72,000件も見つかったというから、いかに大量の被密告者がつくられたかがわかる。

五つめに、ヴァイマル共和国時代の戦争・敗北・革命というトラウマ、そして民主主義への反発が国民の内部にあって、「われら国家」を掲げるナチの巧みな宣伝が功を奏した。

六つめに、指導者崇拝を率先して示したゲッペルズ、アイヒマンらの臣下の役割が大きかった。あの「ハイル・ヒトラー」のあいさつをすること自体が、体制との一体化の象徴であった。

七つめに、ナチの優勢思想に基づく社会構築が受け入れられていくような状況があった。人種的「有害集団」の差別と排除を徹底することは、逆に、混迷してきたドイツ国民の自己アイデンティティを明確にし、蘇生させるものであった。しかも「ユダヤ人差別は総統の意志」という、社会的意識づくりも成功していた。

これをいいことにヒトラーは、「労働能力がないユダヤ人を『速攻力のある手段で処理する』」という方針を打ち出し、これが、ガス室建設につながった。

八つめに、ヒトラーの絶対権力は戦争の遂行によって立証される面があり、軍事面では素人である彼の打ち出す戦略が次々と失敗し、軍の将校たちの気持ちも離れ(1944年7月、ヒトラー暗殺未遂事件。→ トム・クルーズ主演で映画にもなった。)、ついに戦争の敗北、ドイツ全土の破壊・荒廃へと至った。

(四)            

結局、ヒトラー権力は、若い時代の彼自身の「心の中のドイツ破壊」にはじまり、彼が権力で築きあげようとした、「千年王国」なみの「彼のドイツ」の破壊で終わった。この過程で、「カリスマ支配による権力者の自立」が作られた半面、「上からの指示がなくても臣下が自主的に行動できる」枠ぐみも作られた。この両面が「カリスマ支配」を存続させる「止むことのないダイナミズム」を生み出したのであった。

【読後コメント】改憲を掲げる特定人物を推す政治グループや財界人たちによって、このような「権力」の構築が現下で起こらないようにしっかりと注視して行かなくてはならない。

       ――――――――――――――――

 教師の現状をどうとらえ、どう打開するのか:日本生活指導学会「課題研究」での議論から (16.9.14.)

北大で開催の同学会全国大会で9月11日午後、「課題研究D 新自由主義の現段階と学校空間の変貌」をおこない、私が司会を務めました。報告は、北海道の元教師の瓜屋さん、照本さん(研究者)、コメンテーターは高垣さん(研究者)。

詳しく書いているとスペースを取るので、トピック的に取り上げます。瓜屋報告で、教師が自分の心を殺してまでいまの学校の運営の一端を担わされ、またPDCAサイクルの流れに従っているなどの厳しい現状をくわしく述べました。

高垣さんは心理臨床家らしく、コメントの中で「教師一人ひとりは何を願い、何を感じているのかを知りたい」と問いかけました。また、「このままでは組織の中の歯車でしかなくなる。プロとしての教師であれ」と、原点に戻ることを求めました。

司会としては、これは瓜屋報告への問いかけであり、彼が応答したほうがいいので彼に振りました。すると、「このようなコメントを受けるとは思わなかった。(職場の人たちに)『プロとしての教師であれ』とはとてもいえない」と、きびしい実態を述べました。一種の反論です。

もう一つの論点は、フロアから竹内常一氏が出したものです。氏は、照本さんがレジュメで新自由主義のもくろみを「人材(起業家)」と書いていることを問題にして、概念規定が曖昧ではないか、と批判しました。氏によると、「人材」とは求める側の視点から出る言葉で、「起業家」とは、能力の所有者、経営者である。いまや前者から後者へと変わってきている。

すなわち、「すべての働きにおいて、自分という資本を管理していく経営者であれ、ということだと。けっして「労働者であれ」とは言わないのだとも。そして、教育の中にも「経営」の論理が入ってきている。いまや「新自由主義の後期段階」にきている。こう竹内氏は述べました。

ここで照本さんに振ると、基本的には竹内氏の説を受け入れ、「グローバル化」の実態を言いたかったのだ、その点では竹内氏の視座とつながると答えました。

このほかにも北大の宮崎さんからの「コミュニティ」形成に関する論点が出されたし、興味深かったのは、北海道で教職を勤めてきたある会員が「瓜屋さんの報告内容はいまの教師にほとんど届かない」と発言したことでした。つまり、多くの教師はマニュアルにもスタンダードにも一生懸命取り組んでいる、瓜屋さんの述べた危機的な面とのズレがある、と言い切ったのでした。

少し前まで高校教員であっていまは札幌学院大の教員になった会員も、照本・瓜屋報告は、後段の「現状をどう変えるか」の箇所ではリアリティがない、と述べ、関連して「教育学研究の言葉がどれだけ現場に届いているか」そこを見直すべきだ、と主張したのでした。

このように、新自由主義のもとで抑圧され苦しめられているとされる教師の現状論に対して、もっとリアルに声を聴くべきだ、教条的な「厳しさ」論ではだめだ、ということが語られたのでした。マニュアル通りにやることで達成感をもち、よろこびを感じている、そういう自己アイデンティティの面を見るべきだ(研究者)という指摘もありました。

3時間の枠があっという間にすぎていくほど、良い意味でヒートアップした分科会でした。

       ――――――――――――――――

 学会の出張先で観ました。広島カープ、優勝おめでとう!! (16.9.7.)

◇9月9〜11日、日本生活指導学会の全国大会が北大(札幌)であり、10日、ホテルの部屋で途中から観戦し、最後に中崎が打ち取って優勝、胴上げと続いたシーンを観ました。

広島のファンの様子も画像で流れました。私は、ファンと言えるほどにカープの野球をずっと追ってきた者ではないので、お祝いを言うのもおこがましいですが、やはり「ひろしま」生まれのことは揺るぎません。

8時まで懇親会があり、その後、出かけようかと思ったが外は雨で、いったん部屋に戻って(この時はカープの決戦のことをすっかり忘れていた。)何気なくNHKを入れたら、試合中だったのです。

翌日のお昼の新理事会(私は次期も理事に選ばれました。)で、弁当を食べながらこのことを話題にしたが、あまり反応はなかった。ひょっとしてジャイアンツファンが多かったのか・・・・(笑)。

◇大会そのものは無事に終了しました。私が司会を務めた課題研究も、深い論点が出され、大変勉強になったとの声が寄せられました。問題提起者の照本・瓜屋の両氏に、またコメンテータの高垣氏に感謝です。

往復ともフライトは予定通りでした。復路は、新千歳を18:35発でしたが、各便とも集中していて保安検査に長蛇の列。間に合うかしら、と思ったほど。ANAの中部空港行きは満席。秋の休日のフライト便なので無理もないでしょう。

◇前日理事会があり、9日金曜日から札幌入りしたのでしたが、理事会の後、本当に久しぶりに、地元の道立高校教師を退職した人(B氏)と会って、美酒を酌み交わし、7時半頃から11時過ぎまで話し込みました。

かつてのツッパリや問題行動を重ねた元生徒たちが同窓会を開いてくれて、「先生、寂しくないか」と慰めてくれるのだとか。また、彼は北大出身なので、先輩の中には九条の会の活動で活躍中の方や、そのほかメディアにも登場する論客がいて、そうした方たちのエピソードも聴きました。

いずれにしても、こうしてじっくりと話し合える他者が札幌にいることに、私は感謝しています。

       ――――――――――――――――

 自分の課題に向き合って (16.9.9.)

友の逝去を哀しんでばかりはいられないので、次の一歩を踏み出していきます。9日から11日までは、北大を会場にして日本生活指導学会の全国大会です。その代表理事三名の一人をいま務めていますこと、課題研究の司会があることなど、私にとっては大会参加は必須です。

大会実行委員長の間宮氏のメールによれば、現地は、肌寒く、上着は必要とのこと。天気予報では曇りのち雨でしたので、そのつもりで出かけます。

学会の大会が済んで一息入れると、後期の授業開始。9月中旬は、大きなイベントなどはありませんが、9月25日(日曜日)、朝日カルチュアセンター主催の公開講座で、憲法学者・木村草太氏(首都大学東京)の「立憲主義」が開講されるので、過日申し込みました。歴史的なことも含めて、専門家からまとまった講義を聴くことがいま大事かなと思いまして。

9月末には、今度は日本教育方法学会の全国大会で九州大学へ行きます。「いじめ問題に教育方法学研究はどう取り組んできたか」というタイトルの課題研究で、三名の報告者の一人として報告します。発表要旨とは別に、A4で13頁の原稿もつくりました。
 タイトルは「『いじめ』問題の構図と教育方法学研究の課題〜子ども・青年の人格発達に焦点を当てて〜」。当日持ち込みます。もし、読者の方でご希望でしたら、添付ファイルでお送りします。

10月8日には、久しぶりに愛知の生活指導研究会で話します。テーマは、「他者」について。これも、論題を整理するためにも、文章化を予定しています。

                     *****                        

最近、「パーソナル ヨガ」を始めていまして、月二回のテンポで、すでに6回をこなしました。ピラティスも続けています。こちらも月二回に減らして。

連れあいがずっと前から、近くにあるジムで「ヨガのレッスン」を担当されているKさんの指導を高く評価していて、そのKさんがパーソナルレッスンを始めたので、行って受けたら、となったわけです。

60分のレッスン。一回目は、基本の基でしたが、ピラティスをやっていましたので、なんとかついていけました。三回目には、あの「太陽礼拝」の一番シンプルな形がもう出ましたし、先日の6回目は、これも「太陽礼拝」の応用らしいですが、まず両脚を開いて右手なら右手を着いて体を右に曲げ、左脚を水平にあげて、体の傾きに合わせながら左手は天を突くようにまっすぐ伸ばし、顔もこの手の先を見つめる。

初めは不安定になるのがわかっているので、と、Kさんは、スタジオの大きな鏡に体をもたせかけてまずやらせて、その後、今度はマットに戻って私自身のバランス感覚でトライさせました。どうにかできましたが、下に着いている右手がぶるぶる震えていました。不安定な証拠。

ここに至るまでにヨガの定番の「チャイルド」「ダウンドッグ」をこなしました。レッスンの最後には、マットに仰向けに寝て、大の字になって、大きく呼吸をして体の内面と向き合います。そのとき、Kさんが、小さな、余韻のある鐘を鳴らします。ジムのグループレッスンでも同じやり方らしく、常連メンバーである連れあいによると、すぐに寝入ってしまう人が何人かいるらしい。それだけ、全身が解放されるからでしょう。

ヨガとピラティスとは贅沢のようですが、私は車にも乗らないし、タバコもやらない。少々のお酒くらい(笑)。他に出費があるわけではないし、時間とお金の、一つの使い方かなと思っています。
 

       ――――――――――――――――

 我が友を失う (16.9.7.)

◆小著『他者ありて私は誰かの他者になる』の大学時代エピソード編で登場する「N君」、西田行雄くんがこの8月4日に亡くなった、との知らせを本日受け取りました。私よりは一歳上になるので、享年69歳でしょう。

ご冥福をお祈りします。

その本の124頁に出てくるように、広島駅前の「カレーとコーヒー」専門店で、彼と共に深夜のウエイターのアルバイトをしたのでした。彼は、ウエイター用の黒のベスト、蝶ネクタイがよく似合う感じで、いまでも面影が浮かびます。

卒業後は、郷里の山口県に帰って高校の教員をしていました。年賀状だけはやりとりをしてきました。退職後は、彼らしいのですが、日本舞踊の勉強をして、名取りというのですか、指導者クラスの免許を取ったと言っていました。

◇本にもちらっと触れましたが、広島大学の吟道部で彼と出会い、また、工学部の山田正一君(部長を務めた)とも出会い、交流がいまも続いています。その山田君が手際よく準備してくれて、吟道部のOB/OG会が確か2013年の秋に広島で開かれ、二回目が二年後の昨年6月、同じく広島で開かれたのでした。一回目の時、西田君は参加していて、あまりの懐かしさに二人で話し込んだほどです。

しかし、二回目は、「体調が思わしくない」とのことで不参加でした。もともと、自分の私的なことはあれこれ周りに言わないタイプの男性で、その辺の「男気」が少しは私と合う一因だったかも知れませんが。

◆実は、小著を、8月の終わりでしたか、彼宛に送ったのです。その頁に付箋を貼って。謹呈用の挨拶状の端に、「広大時代がとても懐かしい!」と書き、再会を、と。
彼の奥様が代わりに、返事を下さいました。本日、午後の配達便で奥様からの訃報のお手紙が届いたのです。それには彼の病状のこと、急であったことがしたためてあり、「送って頂いた本、仏壇に供えました」とあります。そして、もう少しして落ち着いたら読んでみたいとも。

小著に西田君とのエピソードを書いたのも、8月末にそれを送る気になったのも、偶然のようだけどつながっているともいえます。

◇彼は、とても優しい性格の男でした。宇品にある大きな旅館のお嬢さん、当時まだ高校生の女性に一目惚れをしてしまいました。きっかけは、大学生の彼が家庭教師をしたことであった、と記憶しています。契約期間が過ぎても、誠実な彼は、ラブレターを送ったり、訪ねていって近くであって話をしたりしていましたが、しだいに彼女のほうが素っ気ない感じになってきたようでした。

「折出君、あんた、ちょっと彼女の本心を聴いてきてくれ」と彼が言うのです。そのころ哲学にのめり込んで理屈っぽかった私が、そんな臨床家のようなことができるわけがない、いったんは断ったけど、親友の彼の頼みですから引き受けて、訪ねていったのを覚えています。じかに本人にあってどのような話をしたのか、詳しくは忘れました。

要は、次の進路のことなどあるからあまり気をそらすようなことからは離れていたい、との気持ちのようであったと思いますが、そこは私のこと、彼には、マイルドに彼女の気持ちを伝えて、落ち込ませないないようにしたように思います。

それから、自然な形で、二人は別れていったようでした。後に、私に、「御礼だ」と言って、彼女と二人で宇品の灯台近くの海岸に写生に行った時だったか、彼女が描いた画だという額入りの画をくれました。はるか水平線を見通す海を陸から眺める視線で描いた構図だったと記憶しています。愛知に引っ越すときに知人に提供したので手元にはないのです。

◇彼の吟詠は、優しい、哀愁を帯びた感じの、とても味のある吟でした。いわゆる戦記ものよりは、情景を歌った詩を得意としていたようです。

照れ屋の彼が、「おい、もうあれこれ書くのはよせ」と言っているように聞こえたので、ここらへんで止めておきます。

一度、彼の舞う踊りを観てみたかった。おそらくそこに、60有余年の彼の人生を込めた、ゆるやかで、手先、足の運びに几帳面さの出ている、すばらしい舞を披露してくれたことでしょうに。

西田君、改めて、長い長い人生を歩んできて本当にお疲れ様。よく頑張った。家族を含め周りの人を温かくつつむ、ほんとうに物静かな頼りになる伴走者でした。ご冥福をお祈りします。合掌。

       ――――――――――――――――

 「名古屋中1自死 『いじめが要因』」との検証委報告に関して、拙論コメントが記事になりました (16.9.3.)

名古屋市西区の中学校1年男子が昨年11月に地下鉄に飛び込んで自死した事件について、名古屋市が委嘱した検証委員会の報告が公表されました。

『中日新聞』9月3日付朝刊が、一面、二十面、三五面で総合的にこの事案について取り上げています。その二十面に、「強者の教育に傾斜」と題して、私が受けた取材の記事が載っています(七段で、かなり長いコメントを紹介)。

少年を激しく攻撃するようないじめは認められなかったが、「からかい」や「弁当の盗み食い」などが自死の要因となった、と検証委報告は述べているのですが、そのような「ちょっとした行為の加害性」(折出)になぜ周りは気づかないのか、と問い、そこには、「強者の教育に傾斜」していく現在の学校(部活も含む。)の実態があるとしたものです。教師の孤立についても踏みこみました。

       ―――――――――――――――― 

 「登校拒否・不登校問題研究会」での報告にからんで (16.8.28.)

8月27/28日と、神戸市内で「登校拒否・不登校問題 全国のつどいin兵庫」が開催され、その前日26日に、先頃発足した表記の研究会第2回が開かれました(三ノ宮の神戸市勤労会館)。

昨年の「in愛知」のつどいから早くも1年が経ったわけです。時の流れは早い。それだけ年も取りましたか(^_^;)

研究会で私は代表の前島康男氏から依頼を受けて、『経済』9月号に掲載された前島論文を中心に報告をしました。
報告の小論タイトルは「登校拒否・不登校問題の本質とその社会的・文化的解明を求めて〜前島論文の検討を通して〜」です。A4で6頁。このほかにもう一人、山本宏樹氏(東京電機大学)が「教育機会確保法案の政治社会学」(A4で19頁、一橋大研究グループが発行している『〈教育と社会〉研究』の最新号の所載予定論文とのこと)を報告しました。

会場には、各地の「親の会」をになっている保護者・市民も多く参加され(研究者たちより多かった)、二人の報告はやや難しかったかも知れませんが、中身の濃い会になりました。

さて、私の報告はここでは省略しますが、その中で、私は「登校拒否・不登校の意味が根底から変わろうとしている」と書いたのです。このことについて高垣忠一郎さんはじめ質問や感想がありました。が、時間が十分なくて深められませんでした。会の終了後、私が関係者のメールに発信した「追記」的なことをここにもアップしておきます。

                 *****                           

政策側が「学校」の役割を大幅に変えて、グローバル化対応の人材育成・選別機関にしていくとき、今まで通りの「登校」を起点とする「登校拒否・不登校問題」についても再考すべき時ではないかと申しました。

途中の議論を省いて言いますと、「子ども・若者の生き方リストアリング支援」という主旨を打ち出せないか、という考えです。

1)リストアリング=restoring(restore+ing)とは、いじめや競争抑圧等によって奪われたりこわされかけたりした「自分」を取り戻す、他者との関係性を組み立て直す、という意味です。

これは、J.L.ハーマンが『心的外傷と回復』で繰り返し使っている用語です。

2)不登校の子どもにおいては、その日々がリストアリングとしての意味を持っています。何もしていないようで、その「静かな」過ごし方の中に本人がいま向き合いながら時間をかけて乗り越えるべきステップがあるのです。
また、リストアリング自体が、学びの展開です。自己と文化のつながり、その単位の時間・場・仲間が立ち上がる可能性があるからです。
そこに普通教育的要素を認めましょう、と国が一言いえば済むことなのです。

リストアリングは、家庭でも学校でもフリースクールでも、それぞれの環境やニーズに応じて可能です。
また、「学校に行っていない」子だけではなく、「学校に行っている」子にとっても、その生活の中にリストアリングが支援としてもうけられるような教育機能があるのかどうか、が問われます。

3)あの場でも申したように「登校拒否」「不登校」という、「登校」=学校的世界をより良い方向に変えていくことは変わらないでしょうが、一方で、その学校がもはや政策上、学校ではなくなっていく動向において、子どもたちに寄り添った課題設定のほうが積極性が出るのではないか。
 そういう主旨です。

4)この考えは、カナダなどの「スロー・エデュケーション」ともつながっていくし、家庭や地域の役割の見直しにもつながっていくでしょう。
 ただし、「脱学校」「反学校」ではありません。



 暦では残暑とは言え猛暑日もあり、お見舞い申し上げます (16.8.22.)

8月前半は、全生研の長野大会(7/29~31、来年は福島です。)を終えて、すぐに免許状更新講習が8/3、8/5〜6と続きまして、8/7には故山田正敏氏の「偲ぶ会」に参加して、あっという間に過ぎました。

13日からは大阪の孫(中1姉は部活動で忙しく、小3の妹のほうのみ。)14日には藤沢の孫たちが合流。「夏の自由研究」で、びっくり貯金箱を小3Nさんが、織田信長研究を小3のSクンがそれぞれやることになりました。Sクンは、本読みが苦手。すべてかなが振ってある説明文を読みながら、メモを取り、そのうち付箋をバアバからもらって、付箋があちらこちらに。やっている雰囲気はできました。

愛知万博記念公園のプールに行くというので、「財布係」として付き合いました。2時間近く、外で、といっても冷房の効いた建物の中で待ちましたが、自分の新著を持って行っていたのでこれを読み返して、ちょうどいい読書タイムに。

久しぶりにボーリングもしました。お盆料金で3ゲームで1セットのチケットを、孫とおとなで5人分買って、ゲーム開始。長男(Nさんのパパ)がストライクを決めるなど快調な出だしでしたが、私はどうもうまくいかない出だし。しかし、最後には追い上げて、305の長男をタッチで抜いて313に。
 Sクンは、わりと様になっているスタイルでスペアをだしたりして追い上げてきます。一番下のCさんはボールを転がす台を使ってやりましたが、これがなかなかの好成績。ボーリングは力だけではないことが証明されました。

8/19には、愛西ライオンズクラブでの「いじめ・不登校問題」の講演。キャッスルプラザホテルの大広間で、およそ250名くらいはおられました。50分の話を、わりとぴしっとまとめて、細かなデータや指導法よりも、「自分くずしから自分つくりへ」という思春期独特の時期に「いじめ」が多く起こっていることの意味を考えて下さい、と強調しました。まあまあ好評でしたね。

翌日20日は、朝から人間環境大学のオープンキャンパス。私は「看護と教育と君の人生」と題するミニ講座を。同僚の方の呼び込みも功を奏して、41名も参加され、狭い演習室が大賑わい。教職の現職経験の三名の先生方もショートのプレゼン。打ち上げは、午後4時から、ミッドランドスクエア44階にある「ステラ・テラス」というビアガーデンで。二時間で飲み放題、料理はコースで。しだいに夕日が落ちていく名古屋の街をはるか眼下にながめながらの、ハイネケン・ビアも美味しいですよ。

最後までいたNさんも新幹線で新大阪まで連れて行って親たちに引き渡し、梅田まで出て、お昼を「美々卯」の麺類で摂りました。こうして、お盆前からこちらの約10日間も無事終わって、やれやれと思ったら、26日には「登校拒否・不登校問題研究会」で報告しなくてはならないし、8月30日には奈良教育大学附属小学校の校内研究会で、これも発題で話すことになっていまして、どうも、このまま「暑い・暑い」を言っている内に終わりそうです。



 関係性の発達にかんする“発見”:ヴィゴツキーからのヒント (16.8.13.)

いま、イーゴリ・レイフ、広瀬信雄訳『天才心理学者 ヴィゴツキーの思想と運命』(ミネルヴァ書房、2015年)を読んでいます。そのなかで、ヴィゴツキーが1929〜30年に児童心理学の研究成果について報告したさい、次のような重要なことと述べていたというのです。

「子どもの高次な機能を研究しているとき、私たちを揺さぶる結論に達した。高度な形式のあらゆる行動は、その発達において二度舞台に登場する。一回目は、精神間的な機能としての登場であり、二回目は精神内的な機能として、つまり個人行動の一定の手段として、二度登場するのである。我々がこの事実に気づかなかったのは、もっぱらそれがあまりにも日常的であるため、そのことに盲目になっていたがためである。」(同書、64頁)

同じ主旨のテーゼは、彼の主著『思考と言語』の中でも述べていたように思います。

子どもが「他者」を認知し、それを自己にとっての意味ある存在として意識化するのは「高度な形式の行動」に入りますから、「他者」との出会いによる他者認知の発達も「二度」登場するといえるのではないでしょうか。

「一度目」は、自分の外からいろいろと声かけをし自分に働きかける存在として、「二度目」は、「精神内機能」として、つまりその人の「行動の一定の手段」にまで「内なる他者」が形作られて、二度登場するということです。

私が「アザーリング」として問題にしているのは、「一度目」の精神間機能として出会う「他者」が、「二度目」には「精神内機能」に転じており、その「精神内機能」を手段として、こんどは自分が誰かの「他者」となってそのひとを支え、あるいは援助し、あるいは対話的に交流していくということです。

まだまだ仮説の域を出ませんが、ヴィゴツキーの「高次精神機能」理論から見ても、「アザーリング」の考えは裏付けられるといえます。



 新刊余話 (16.8.13.)

下段で紹介しました小著に関して、暑い日の凉とはなりませんが、雑談を。

私の場合、全生研に大学院生の頃から関わってきたいきさつからすると、関係性を主題にして教育学・生活指導の面から問うなら、宮坂哲文、城丸章夫、竹内常一の各氏の先行論文などを踏まえて、丁寧に論じるのが当然の作業となるでしょう。

しかし、今回の新刊では、その方々のお名前は出てきません。一つには、そうした仕事は例えば「他者の教育学」とか、「生活指導における他者論」といった研究論考として行うべき課題です。すでに前任校愛教大の「紀要」にそうした主題で試論的に書きました。

二つめに、今回のは、若い方に話しかけるように「アザー 他者」の存在、その意義、その奥深さを論じたいと思ったからです。三つめに、ハンディな本の形で、いつでも鞄から取りだして「そういえば、あそこで折出がこういうことを書いていた」と、何か子育てや教育のヒントにしてもらえるような親近感ももてるようなスタイルにしたかったのです。

しかしながら、底流には、先の教育学・生活指導を築いてこられた方々のキーワードを、私なりに織り込んだ面があります。「生活指導には援助がつきもの」と一貫して述べていた宮坂氏の、その「援助」の意味は? 「民主的交わり」という概念を構築された城丸氏の、その「交わり」論の基盤にあるのは? そして、「ケアと自治」という現代的な視角を理論的に掘り下げられた竹内氏の、そこで生じている関係性の意味内容は? 

これらを読み解く共通語が「他者」なのです。「私」とは別の主体であり、「私」のように自己意識を持ち、「他者」を必要としているそういう別の主体、それが「他者」です。

早くに結核でなくなって「心理学のモーツアルト」と称されるヴィゴツキーは、「水が水素と酸素の結合の単位であるように、思考と言語も単位としてつかむ必要がある」という主旨を名著『思考と言語』で述べています。それと同じように、「私」と「他者」は単位なのです。「私」という場合、必ずその関係する「他者」の存在を含みますし、「他者」という場合、その「他者」をいう「私」がいなくては成り立ちません。

この意味では、問題を立てる際の方法論に関しては、ヴィゴツキーのものの見方、つまりは弁証法にだいぶん学んでいます。

こうした問題意識を、先行研究を押さえながら論じて、論証すると、1本の論文になります。その仕事はまた次に回しております。



 新刊、注文者に順にお届けしています (16.8.12.)

下記の「第二作」がようやくお届けできるようになり、いま、注文された方に順に書店からお送りしています。一番多かったのは、近畿地方のある附属小学校で全教員が購入して下さり、8月下旬に予定されている校内研究会で私が発題的な話をすることになっており、それとの関連で、その日までに読んでおいて下さるとか。

広島支部の方をはじめ、全生研の方々からも注文が来ました。私も、著者献本用としていただいた冊数から、知人に謹呈しました。読者の皆様にゆきわたらなくて恐縮ですが、何冊かまとめてご一報下されば、私から書店に指示して著者割引の発注扱いとすることもできます。

以下、謹呈用に添えた挨拶状です。

***新刊の御案内と謹呈のご挨拶***

皆様、気温が35度を超える連日の猛暑。各地ともに大変な暑さですが、お変わりないでしょうか。

このたび、名古屋市の「ほっとブックス新栄」書店から、私の地元出版、第二作『他者ありて私は誰かの他者になる〜いま創(はじ)めるアザーリング』(四六判、173頁)を、刊行しました。第一作目の『そばにいる他者(ひと)を信じて子は生きる〜〈伴走者〉という役割』で論じた関係性のテーマを、第二作では、もっと社会的なアングルで捉え直し、若い世代の方々に引き継ぎたい社会観・人生観・自立観、そして他者の意義を中心に丁寧に書きました。

お酒に「地酒」があるように、書籍にも「地書」つまり「地元出版」があっていいのです。ただし、「地酒」は地元の酒米と水と杜氏の腕の、三つ揃いの賜ですが、「地元出版」は、著者の「豊かさ・切れ味・タイムリー」の真価でほぼ決まります。果たして、小著はどうでしょうか。

小著が、いわゆる「ハチロク:8/6」のこの時期に重なって世に出ることを感謝します。どんなに離れていても、どれほど帰省しない時間が長くなっていても、八月のこの日が来ると、我に還る。やはり、わたしは「広島生まれ」なのです。
 

長々と失礼。日頃のご交誼に感謝して謹呈致します。 敬具



【お詫びと訂正】下記の記事で、森本氏としていたのは森永氏の間違いでした。読者である岐阜のS氏からのご指摘により、本日(8月21日)訂正致します。「森永氏」と紹介しながら、私の思い違いのまま記事全体を書いてしまいました。森永氏をはじめ読者の皆様ににお詫びします。

 小学校英語科のゆくえ:森永卓郎氏コメントから (16.8.12.)

NHKラジオ第一「マイ朝らじお」の8月11日放送番組「社会の見方・私の視点 経済アナリスト…森永卓郎」において、森永氏が興味深いコメントを述べました。その日のテーマは「新学習指導要領で始まる小学校英語の教科化」でした。

森永氏は、父親の仕事の関係で小学1年から5年まで、ボストン、ウィーン、ジュネーヴと海外での生活を経験しているそうです(東京で小学校卒業)。その森永氏によると、小学校時代に外国語を学ぶとき、一生懸命それに合わせようとして思考までも外国語で考えるようになる。そのため、日本語の思考にある、アイマイな面はあるが細やかな思考は身につきにくい。小学校時代はもっと日本語の基礎をしっかりと身につけられるようにすべきではないか。

更に森永氏によると、外国人に日本人が馬鹿にされるのは発音の流ちょうさではない。外国人は集会のスピーチなどで自己のの歴史や伝統の話を織り込んだ話ができるが日本人はそれができない。要するに、日本人の教養の身につけ方が問われている。そのことをもっと考えるべきだ。

経済ジャーナリストの目としては、いま小学校英語をこのように導入するのは、日米同盟強化の政府方針の下で、アメリカ企業が日本に侵入してきたとき一般庶民がある程度英語を話せることはアメリカにとって好都合だということもある。

しかも、このことは、戦後間もない頃に、アメリカの占領政策の一環として、公用語として英語を普及させる方策案があったがこれが中止になった経緯があり、今回の小学校英語は、その再来ではないかと見ている、と森永氏。

安保法制が強行され、辺野古基地の強行の気配さえ窺える現下の情勢で、なぜ・いま小学校英語科なのか。表向きは「グローバルな人材育成」といわれるが、その実質は、アメリカ資本の日本参入を今以上に容易にするための下地づくりではないのか。こういう森永氏の視点には、私も共鳴するところがあります。
            



 第二作・新刊 (16.8.8.)

お待たせしました!! 第二作『他者ありて私は誰かの他者になる〜いま創めるアザーリング』(ほっとブックス新栄)がいよいよ刊行されました。

全文「です・ます」体で読みやすく、社会情勢を論じる場合にも読者と同じ目線で問題を捉える論調になっています。何よりも、若い方々を意識した対話的な文の運びも工夫したところです。

この本の問い合わせ先は、ほっとブックス新栄(名古屋市内)へどうぞ。
 TEL:052-936-7551    
 FAX:052-936-7553
 メール:hotbook@muse.ocn.ne.jp

                    **************************                           

目 次

まえがき

T 自分を信じて生きていく社会にするには
    

 一  問い直したいこと
 二 何が問われているのか
  1 子どもの声を聴く
  2 家族・家庭に対する学校の関わり方
  3 愛知型の新自由主義と保守主義
  4 高校入試と若年労働者問題
  5 参加を通して「市民」が育つ
  6 子どもの「事件」と向き合う
  7 オールタナティブな学びの機会
  8 立憲主義・民主主義を守れ、の声の広がり
  9 若者・女性の政治参加の広がり
    

U  社会参加のスタート地点 

  一 社会の現実に自分の足場を置いて、自分の言葉で
 二 個々の思いと努力がちりばめられる社会参加
 三 他者ありて、個人は自立できる
                   
 おわりに 
               

V 〈自立する〉ための足場とは何か

 はじめに
 一 アザーリングと自立 
 二 そばにいる他者、そばにいてくれる他者 
 三 他者を支配・攻撃することから抜けだす
 

W いじめ問題から見えてくる子どもたちの世界 ―おとなにできることは何か―

 一 いじめはなぜ続くのか
  1 いじめ定義の変更 文部行政の動き
  2 いじめが克服されないのはなぜか
 二 なぜ、いじめが自死につながるのか
  1 いじめという脱閉塞の試行
  2 この三十年、いじめ問題の何が変わったか
 三 いじめの構図から見えてくること
  1 いじめの構図
  2 今起きているいじめの特徴
  3 生徒の自死〜ある「事件」から
  4 「相手責任」型いじめの背景〜新自由主義の人間性破壊
  5 サイバー(ネット)いじめ 何が問われているか
  6 どうしたらよいか〜子どもの身になって
 (1)ヘルプを発すること
 (2)教師は当てにならないか
  (3)加害生徒は真摯に心からの謝罪をすること
 四 結び おとなに何が問われているか

X 生活と学問の結び目とアザーリング― 私の大学時代の経験から ―

 一 教職を志望して
 二 「大学紛争」という歴史的な出来事
 三 「ちょい旅」の体験が教えてくれたこと
 四 アルバイトで他者にもまれ、現実の一断面を知る
 五 自分を発見することと学問との出会い

Y 大学は今どう変わろうとしているか
      

 一 新自由主義による教育統制の仕掛け
 二 学問の自由
 三 何を為すべきか
  1 大学における研究と教育の結合から
  2 人間の立場で考える
 

終章 アザーリングのすすめ

 1 太宰治『走れメロス』とアザーリング
 2 他者とつながる連帯の知 ――弁証法と自立
 3 まとめ

おわりに



 免許状更新講習、無事終わる (16.8.8.)

合計3日間に及ぶ表記の講習担当を終えました。(1)「最新教育事情」で1.5時間。「子どもの貧困、いじめ、(PISA後の)リテラシー」という三題噺のような構成で授業をしました。(2)「学校改革」で6時間。「子どもの権利条約」「教育課程の改編方針」、「チーム学校」などの新案の狙い、などを扱いました。(3)「教育相談:いじめ・不登校支援」で6時間。広木克行氏の『教育相談』(学文社)をテキストに使って、後半では受講者のプレゼンテーションも織り込みました。

こうして合計13.5時間を担当したことになります。とても興味深い出会いもありました。上記の内2コマを連続して受講されたある男性教員が、別れ際に小著『人間的自立と教育』(青木書店、1984年。いまは絶版)を鞄から出して、「以前に先生にサインを頂いた、もしよければ」と。見ると、表紙の見返り箇所に私が二回、異なる時期にサインしています。

聴くと、ご本人は静岡大学教育学部の出身で、彼が学生の頃、私が助教授時代に東海教育系ゼミが愛教大であり、そこにも参加されたとか。

その頃彼らのあいだでは、この本について「『と教育』読んだ?」と、暗号のように使っていたそうです。書名の「・・・と教育」をもじって。このような話題は、初めて聴きました。

もちろん、彼の持っている、そのどうにか原形を保っている、いかにも歴史的といった感じの小著に、三度目のサインをしました。



 不登校・ひきこもりの若者に就労体験の場 「Cafe スマイル」が営業中 (16.8.4.)

みずからも中学・高校時代の不登校体験のある廣瀬のり子さんが経営する表記のカフェ(喫茶、夜間はショットバーも兼ねる)が順調に営業しています。場所は、名古屋市千種区千種二丁目10-15 吹上ハイツ1階。

平日は、午前11時から午後10時まで。土曜日は、朝のモーニングありですが、お昼まで。午後は、廣瀬さん自身が以前から仲間と運営する太鼓の練習があるからだそうです。

昨日(3日)、若者の不登校・ひきこもり支援の会を運営している高校の教師とその娘さんと共に、私も、初めて「スマイル」を訪れました。その教師親子は車での到着でしたが、私は地下鉄で。桜通線の「吹上」で降りて、北改札口に出た方がわかりやすい。

私は南改札口から地上に出てしまったのですが、吹上ホールが近くにあるこの交差点は大きな自動車道路が交差しており、どの方角やらわからなくなります。さいわいiPadを持っていたので、場所を確認しながらたどり着けました。

営業をやめていた喫茶店を引き取って改装したというその店は、明るい、良い感じのインテリアです。カウンターは5人くらいの席で、4人掛けテーブルが2卓。そして、小上がりのようなスペースに座卓。ここは、廣瀬さんの娘さんがいま小2で、学校から帰ってここで過ごして宿題などする場所でもあるらしい。しばらくして祖母が迎えに来て帰宅するということ。トイレも、ウエスタン式で小ぎれいに内装されています。

その高校教師と廣瀬さんは初体面なので、おたがいの話題に会話が盛り上がって、さらに、その方と私の間でも、支援の会のことや若者支援のことで話が弾んで、7時半頃まで過ごしました。娘さん二人はそれぞれ本を読んだり、スマホでゲームをしたりして過ごしました。

ラテアートというのを初めて見ました。エスプレッソマシンで作ったカフェラテにミルクで絵を描くアートです。男性スタッフが、熊の顔をこまやかに造って見せてくれました。

話は戻りますが、私が先に店に着いたとき、カウンターには先客がいたので、テーブルでビールを飲んでいると、「今日初めてお店にきて手伝ってくれたひと」と紹介されたのが、高1の女子でした。その人は午後2時から就労体験として過ごして、もうじき親が車で迎えに来てくれるということでした。私のテーブルにどうぞ、といってしばらく話しました。

喫茶の裏方として、いろいろと手伝う場面はありそうで、ひきこもってきた若者が、一歩、ゆるやかに社会に出て行くには良い機会だと思います。

開店祝いに、私からは、「かまわぬ」(JR高島屋11階)の手ぬぐいアートで、パット花火の輪が開いた図柄のプリントを壁掛けにしたものを贈りました。

【付記 8.4.】いまこうして過ごした、不登校の二人の女性(学年は小学校と高校で違う。)がたまたまそうなのかもしれませんが、声が小さく、しっかりと聴き取らないとわかりにくかったのです。もちろん初体面で白髭で縁取られたオジン風のこの男の人、どういうひと? という心理も働いているから、そんなにすぐには心は開けない。だから、のどを締めるから余計に発声が絞られるのでしょうが。

その母親である教師は、「あぁ、○○が欲しいの?」と、つぶやくような娘の話をちゃんと聴き取っている。日頃からそうやって会話をしてきているからできるのでしょう。

長崎で出会った、不登校・ひきこもりの若者の男女ともに、その点は共通している感じでした。無理もないですね、集団あるいはグループの場で他者に伝えるためにしゃべるという経験を最小限に留めてきているのですから。それと、体力のこともあると思います。家の中にじっと一日いると、体を動かす範囲が決まっていて、そのぶん、声を発するさいの胸の開き方、顔を上げ頸骨を立てて発声するなどの体と骨格のトレーニングも少し考えた方がいいのでは、と思います。

不登校していることは「している」でいいので、自分の声をもう少し意識するようになると、おのずと外界とのつながりができて、つまり「人生の窓」が開けてくるのではないかしら。



 全生研大会を終えて (16.8.2.)

◇7月29日から31日まで、長野市の若里市民文化ホールや信州大学教育学部などを会場にして、全生研第58回大会が開かれました。私は、「荒れ・暴力・いじめ」の小学校分科会、テーマ別の「現代のいじめ」分科会を担当しました。

久しぶりに会う方もいて、夜のフリーな時間を使って、市内の店に行きました。善光寺通り(中央通り)からちょっと入った路地の奥にある「こすげ」というお店が、構えや雰囲気、地酒、お料理の工夫など、良い感じの店です。ご主人と話すと、そば職人を目指してこられて、この店につながった、鴨料理をメインに入れているが全国を回って鹿児島の大隅のそれが一番良いとわかった、など興味深い話でした。

◇最終日の「現代のいじめ」分科会での話題について補足したものを、全生研の会員のMLに発信しました。ほぼ同じ内容をここでもアップしておきます。

私の話の中で、J.L.ハーマンについて話しました。その有名な著書が、ハーマン、中井久夫監訳『心的外傷と回復』みすず書房。初出、1996年。いまは、「増補版」が出ています。著者は臨床精神医学者です。が、この本は、端的に言えば教育書です。生活指導原理書です。

価格は、税込みで7000円をちょっと超えますから、ちょっと負担ですが、20世紀最後の名著と称えらえるだけあって、暴力・虐待等による被害からの立ち直りを当事者の聴き取りを基にして述べた、非常に意義の大きい労作です。

今は古書店も少なくなりましたが、その店の人文社会系の棚に「みすず書房」関係があれば、この本をおいている場合もあります。学生さんは、大学の図書館で読めればいいですが、そうでない場合には、こういう古書店で見つけて入手する手もあります。大手の流通サイトの「本」で検索する方法もあります。

翻訳特有の文体の面はありますが、読み始めれば慣れてきて読めますので、まず「第一部」だけでもお読みになることを薦めます。どうしても忙しくて余裕がない人は、「第5章 児童虐待」だけでもお読みになると、いじめ問題、虐待的環境の子どもの複雑な精神的発達の課題などがよくわかります。

訳者の中井氏は戦時、小学生であった頃にいじめられた体験もあって、ハーマンのこの本から「孤立化・無力化。透明化」という、いじめの構図を導き出しました。長い「あとがき」でそれが述べられています。

いじめ問題はどうしても対処方法に走りがちです。こうしたグランドセオリーにも学んで、学校現場や教育委員会等の表層的な対処の問題点を見抜く力は今こそ必要です。

以前に夏場に、この本のことがある知人(教師)との会話で出たとき、その方は「買うには買ったけど、暑くて、昼寝の枕にしているよ」と(もちろんジョークで)。確かにそれくらいの分厚い本です。こう暑くては無理もないですが、「恐怖」「離断」の章を読み始めると、かえって目が覚めて、引き込まれていくと思いますよ。

数多くの多様な当事者の体験を聴き取り、それを分析しながら理論化する。その際、ハーマンにとってはフロイトは精神医学の巨峰とされる位置の人ですが、そのフロイトも批判しつつ(つまり、女性の受ける暴力被害の苦しみを彼は本当にはわかっていない、フロイトのヒステリック論には問題がある、と)、自分の仮説と、学生の頃から参加してきた女性解放運動で鍛えた民主的感覚も織り込んで、人間の尊厳を描きあげる。このハーマンの仕事ぶりは、研究者としても学ぶところ多し、です。

「現代のいじめ」分科会にもたくさんの学生さん(日本福祉大学山本ゼミ、今井ゼミ)が参加してくれましたが、ぜひ、若い今こそ、こういうグランドセオリーであり、かつ人間の生きるとは何かの書にふれて、ご自身の生き方、個の尊厳に対する構えを築いてください。



 小著、刊行が遅れます (16.7.23.)

7月12日の記事で、20日頃上梓、と書きましたが、印刷の事情から来週にずれ込むそうです。申し訳ありませんでした。そのように訂正致します。



 米軍兵士が公立中学生たちを指導 (16.7.19.)

全生研のMLに竹内常一氏から提供されたデータによると、米軍横田基地の東側に位置する武蔵村山市立第五中学校に基地の空兵隊員たちが来校して、同校の「フェスティバル」の一環で、いわゆる「ブート・キャンプ」を開き、同校の生徒集団を指導しました。

「ブートキャンプ (Boot Camp)」とは、「新兵に対して行われる教育・訓練プログラム(新兵訓練)」であり、「軍隊式トレーニング全般を意味する」用語です(bootは新兵のこと)。

こういう形で米軍と地域の学校との「融和」がはかられ、日本の自衛隊が米軍の行動に参加すること自体の抵抗もなくしていこうという、裏の策略が進んでいることにも目を向ける必要があります。

次のデータを見て下さい。少し重いです。1.12MBくらい。
 米軍兵による中学生の指導 

いま進められている「コミュニティ・スクール」は、単に地域住民の協力による多様な文化の導入ではなく、この例のように、地域の基地や機関との一体化という面を見逃してはならないと思います。



 「は」と「も」に悩みながら、新刊の束見本、チェックしました (16.7.18.)

◇このページの下段にあげている小著新刊の「束見本」(つかみほん)ができたので、17日、書店でそれを受け取り、いくつかの箇所の最終調整をしました。「束」とは、本の厚みのことで、実際に印刷する用紙と同じもので全体を仕上げ、最終のチェックをするものです。ご担当頂いた印刷業者さんが本文の刷りまで入れてくださり、しかも、数字の不統一をあげてくださったので、助かりました。

ほかにも修正箇所はないかとチェックする内に、意外と、大きな活字で気づかなかった重大なミステイク。それは、印刷では、書名の「私は」が「私も」になっていることです。この書名を口にすると自然には、「他者ありて私も誰かの他者に・・・・」となるのはよくわかります。ですから、どこかで、原稿を取り込む際に、そのように変わってしまったのでしょう。

しかし、「私は」としたのには意味があって、他者にささえられ自分も自立に挑んできた、その「私」にはいろいろの生き方はあるだろうが、「私は」誰かの他者になってその人(たち)を支える役割も担っていこう。こういう文脈です。

「私も」とすると、相対的に「他者」に力点があるうえに、あの人も、私も、というつながりや広がり感は出るものの、大勢の中の「私も」という働きがあるため、個の自立のニュアンスが出にくい。「私は」とすると、「私」にまつわる様々な面、構えた言い方をすると人生の多様な生き方も含めて、これらの属性を統合する主体である「私は」誰かの他者になることを選びたいと、そういう主体性が出てきます。

「は」と「も」の助詞の持つ働きとニュアンス、微妙な問題もありましょうが、ここは「私は」でいきたい。そういう思いから、書名の訂正をお願いしました。

◇◇これで予定通り、20日には上梓となります。実際の作業は、4月からの約1ヶ月ですが、元になった小論が2013年のものもあることなどからすると、3年がかりの取り組みになります。

内容的には、社会論、自立論、いじめ克服論、大学生活論、大学再生論に渡り、これらを、自己と他者の関係性、他者を得て自己も他者成る、というアザーリング論がつらぬいて流れ、全体を支える観点が、哲学で言う弁証法の見方という感じです。

ただし、かなり読みやすく、随筆ではないがそれに近い形の論考に書き直したこと、「です・ます」体で全文を統一したこと、若い方の問題意識に沿うような視点をあちこちに入れたこと、から、とても読みやすくなっています。

第X章の「私の大学時代の経験」は、「紛争」「ちょい旅」「アルバイト」「研究との出会い」という4点セットの内容で、いわゆる本邦初公開です(笑)。

興味がおありでしたら、問い合わせ先は、名古屋市内の「ほっとブックス新栄」です。よろしくお願いします。
 TEL:052-936-7551    
 FAX:052-936-7553
 メール:hotbook@muse.ocn.ne.jp



 教えるとは探求心を希望につなげること、学ぶとは歴史の真実を胸に刻むこと (16.7.14.)

(一)

また一つ、素晴らしい映画が生まれました。それはフランス映画『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』です。そのテーマを、私なりに一言で表そうとすると、としばらく考えて、標題の言葉が浮かびました。

ご存知のフランスの詩人・ルイ・アラゴンの詩の一節に似ていますが、その精神にも通じるものがあって、私が言葉を添えました。

このドラマの舞台は、パリの中心街から離れた移民の多い地域にあるレオン・ブルム高校。多人種・多文化の社会の縮図そのものの1年生のクラス。その影響だけではないのですが、各自が勝手な行動をとって校内でも有名な「落ちこぼれ組」。この担任で歴史担当のアンヌ・ゲゲン先生も、授業の初めのころは相当に手を焼きました。誰も教師の話を聞こうとしないし、ヘッドフォン、帽子、ガムなど、一つ一つを注意しないといけなかったからです。

子ども同士も、十分にリスペクトを払われて育っていないので、教室のちょっとした出来事ですぐに喧嘩腰になります。「やる気がないなら出なさい」といえば、さっさと鞄をもって教室を出ていきます。

(二)

ある日、ゲゲン先生は、歴史学習の応用として、歴史コンクールにこのクラスとして参加することを提案します。それはレジスタンスと強制収容についての全国コンクールでした。小グループに分かれて、資料を読んだり、ネットで調べたり、生徒たちはしだいに関心を高めていきました。そして、ドイツにあるベルゲン・ベルゼン強制収容所跡・記念館に見学に行きました。

教室ではあんなにふざけたり、茶化したりもしていた生徒たちが、真剣に凄惨な収容所の記録を食い入るうように見ていました。この強制収容所はアンネ・フランクが姉とともに連れてこられて、最期を遂げた場所でした。

生徒たちの変化を決定づけたのは、アウシュヴィッツ強制収容所の生存者レオン・ズィゲル氏の証言でした。この方は実在の高齢男性で、実際に語り部としても活動しておられ、映画の中で生徒たちに、ゆっくりと言葉を選びながら真実を語りました。

この証言を聴いたことを契機に、多民族・多文化のかれらが一つにまとまって、自分たちの意見、メッセージをまとめあげていきます。そして、いよいよコンクールの結果が届きます。その封筒を生徒に開けさせるシーンは、心憎い演出。

そのあとは、実際に映画を見てのお楽しみとしておきます。

(三)

この物語は実話を基にしており、アハメッド・ドゥラメさん自身がその高校で体験した感動的なコンクール参加のことをレポートにまとめて、マリー=カスティーユ・マンション=シャール監督に持ち込んだのが、この映画の出発点だったそうです。

この映画のキーパーソンは、その実在の生徒さんと共に、ゲゲン先生です。それなりの厳格さをもち、けっして生徒たちを見下したり、「できない者」扱いしないでリスペクトを払って接しています。歴史専攻のためか、ゲゲン先生はおおきな民衆のうねりで人の生き方や出会いを捉えていて、生徒たちもその目で寄り添ってみているから、このクラスは「どうしようもない」とぼやきながらも、それが本意ではなく、学びによって歴史の真実に触れるならば必ず変わっていく。そう信じているのです。

(四)

ここが、いまの日本の教育、日本の学校においてとても弱くなっている点です。数値目標で追われ、規律規範を守らせるという管理主義のエージェントに教師がさせられている。そういう管理主義との付き合いは適当にやっておいて、ほんとうに子どもたちの生きる意欲と勇気に点火できるものを語り、一緒に探り、そして一緒に築きあげていく。そういう教育に全国各地の教師が本気で取り組めば、日本の学校は、もっと良識ある方向に質的に変わると思います。

夏休み中の8月13日から、名古屋市の名演小劇場で上映されます。ぜひ、学校関係者、保護者、そして子ども自身が鑑賞してほしい作品です。



 フランス映画「太陽のめざめ」 (16.7.12.)

フランス映画で、矯正施設(日本でいう児童自立支援施設=旧教護院、身近では春日井にある愛知学園)での保護司たちの奮闘と、非行少年を見守る少年裁判所判事の保護精神を描いた作品を鑑賞しました。

主役の非行少年マロニーにはオーディションで選ばれた男性が体当たりで取り組んでいましたが、16歳で車の窃盗、暴力、学習からの逃避の繰り返し。家庭は、父が出て行って、母親と弟の三人暮らし。
彼の非行は、親の愛着を求める屈折した行動の現れです。

そのことを見抜いていた判事の裁決によって、マロニーは、矯正施設入りとされたが、少年刑務所も覚悟していた本人としてはそのあたりから判事の配慮に少しひかれていった。何かあると判事を思い出して頑張ろうとはするが、続かない。

この映画は、少年の非行の背景にある家庭の貧困、問題行動をすぐ学校から排除するゼロトレランス方式(不寛容主義の生徒指導。日本の学校でも今、文科省が取り入れて全国で進行中)、そして黒人を含めた多人種・多文化社会の抱える問題が、マロニーの処遇とその更生のために働く保護司たちの活動に集約されている映画です。

(マロニーは、弟が養護施設に保護されたのを夜中に連れ出し、車を窃盗して逃げますが、大事故を起こします。そのうえで、判事の裁量で矯正施設に戻ってきます。このことを、黒人やヒスパニック系の入所生たちから攻撃されます。お前は白人だからこういう甘い措置を受けた、俺たちなら刑務所行きだ、と)。

全体として、子どもの権利の尊重、少年の社会的保護、そしておとなとしての支援の役割という、明確な哲学が流れている作品。

9月10日、名演小劇場、公開です。



 長野・小諸での講演と城址・千曲川、50年ぶりに (16.7.11.)

(一)

7月9日に小諸の不登校親の会での講演があり、一泊してきました。もちろん期日前投票で選挙権の行使は果たしました。

会場には、伊那市から車で二時間かけてこられた人を含め、60名弱の方々が集まられました。あとでわかりましたが、高校生あるいは青年で不登校・引きこもりである子どもさんのいる親御さんが多かったようです。

講演の流れは、以前に滋賀で行った構成と基本的には同じ。不登校と言うけれど、その「学校」がいま急速に変化している。複線化、そして一律に学校を縛る様々な方策の連発。まさに居づらさを感じる場になっている。

そこに「自己責任」観念が更に強まる傾向があり、子ども同士のトラブルやいじめ・暴力もある。

学校を頑張り抜いて、競争に打ち勝ちながら少しでも良い高校・良い大学へ、そして就職を、という親の願いを一度問い直さないと、親自身が子どもを追い立て、市場ルール優先の社会で少しでも勝者に近づけと言っているようなもの。

まずこのように、不登校・引きこもりの子ども・若者を取り巻く情勢の見方を話しました。

滋賀と少し違うのは、「不登校・ひきこもり」の言葉に問いかけ、「学校に行っていない・社会に出ていない」という、負の状況をあらわすが、それでいいのか。早い内にこの用語の見直しをすべきではないか、と話したことです。

そして、不登校・引きこもりのひとは、それぞれ固有な状況にはあるとしても、自分が自分であることの確かさを取り戻す、そういう場・時間として、学校あるいは社会から離れている。このことは、アメリカの精神医学者、ハーマンが『心的外傷と回復』(中井久夫訳)で述べた「restore」(失われた自己の取り戻し、回復)の意味とつながる。

この「リストア」している状態こそ、いま、私たちが「不登校・ひきこもり」の当事者の姿について注目しなくてはならないことで、そのとき、私たちは親として、子どもの伴走者になれる。

このことを小諸の集いでは強く述べました。そうした事例も紹介し、イメージが持てるようにしました。不登校経験があり、いま、引きこもりの若者の就労のチャンスづくりにと、「カフェ スマイル」を創業した廣瀬のり子さんのこと、そして、オーバーワークや父の死が重なり、心肥大の状態で出勤困難になって無気力とひどい落ち込みをした私の体験なども話しました。

(二)

泊まったホテルのすぐ近くが、小諸城址をふくむ懐古園で、朝食後、写真も撮れるようにiPadを持って出かけました。8時半より少し前だったので、園の料金所のおばさんが「資料館にはいかないでしょう、だったらいいよ、どうぞ」といってパスしてくれました。

やっと来たなという思いで、二の丸から本丸へ。当時を偲ばせる石垣とそこにひろがるコケ。前日の雨もあがって陽が差して、ちょっと幻想的な場面でさえありました。

そして、富士見台という展望台の場所に出て、遙か向こうを流れる千曲川(川上方面)、その上に架かる小諸大橋などを見ました。そこから、城址内の歩道をあるいて、藤村の詩碑「千曲川旅情」まで行き、そこの展望台で、更に開けた景色の中を下っている千曲川を見ました。その左手、川上にはちょっとした堰き止めがあり、その落差を流れる音がゴーゴーと聞こえます。

(三)

実は、小諸城址に来るのは50年ぶりなのです。広島の県立国泰寺高校時代に修学旅行で、小諸を通って蓼科高原・浅間山麓のあたりで泊をとり、帰りを東京を回って、というコースでした。質実剛健が校訓のせいからかいわゆる大きな観光地には行きませんでした。

その時、この城址にも来て、千曲川を遙か向こうに見た記憶はいまでもかなり鮮明に残っていました。17歳の時からいま67歳になって、50年ぶりの再会。誰もいない展望台に一人立って、素直に、よくぞここまで来れた、と自分をねぎらいました。

城址内を散策して戻ってきて、ふと「おみやげ おしろや」の古びた看板の掛かるお店に気が取られて、中に入りました。藤村の「千曲川旅情」を書き込んだのれん、記念のグッズ、お菓子など、確かに見たことのあるような光景。

ふと見ると、壁に山頭火や牧水のことが書かれ、旧い写真の写しもあります。するとカウンターにいた二人の女性の若い方(親子で娘さんだとわかった。)が声を掛けてきて、ひい伯父で宮坂なにがしとおっしゃる方が詩歌に通じていて高浜虚子をまねいて俳句会をひらいたり、牧水とも交流があったこと、そして地域の文化開発に力を尽くしてきたことなどを話してくれました。

私が「50年前にもお店を出されていましたか。その時修学旅行で来まして、この店に入ったような想い出がありまして・・・」というと、年配の方、つまりお母さんがここは一番古い店で、その頃は周りはこんなにお店はなかった、という話をしてくれました。

それを聴いていた娘さんが、「私は小諸高校でしたが、修学旅行は広島に行きました。原爆資料館も見ました。そして原爆のパネルをお借りして、高校の文化祭で平和学習のことで発表をしました」と話すではありませんか。

思わず私が、「そうでしたか。いまここで、高校の交流ができましたね」と言いました。

(四)

私をまねいて下さり、いろいろと世話をして下さった現地の小山知徳・優子ご夫妻には感謝しております。



 共闘の可能性、これからが正念場 (16.7.11.)
◆参議院の選挙結果が出ました。自民党・公明党など改憲勢力が非改選議席と会わせると参議院の2/3を超える結果となりました。安倍首相は、「アベノミクスを更に進めよとの国民の声だ」と経済に引き寄せたコメントをしていましたが、ここが岸信介氏ゆずりの政治家の立ち位置を引き継いだ面です。

つまり、自分が本当にしたいことは決して口には出さない、みんながすぐに納得できる政策を主張する。60年安保のときも、岸氏は安保反対勢力がアメリカ渡航を阻止すべく待ち構えるのをかわしてアメリカに行き、条約の継続を締結してきたのでした。

歳後の歳後に、国家の権限を預かっている自分がやるべきことを断行する。そのためには、本当に実行したいことを反対派に悟られるような公言は控える。こういう手法ではないかと思います。

◇野党共闘の一定の成果はありました。たとえば、長野の杉尾氏の当選。沖縄のイハ氏の当選。自公が押す対抗馬となる候補者を打ち破って、現在の課題に立ち向かうその正義を当選の形で現しました。

その点で言えば、鹿児島知事選挙で、「原発のない社会・川内原発停止」を掲げた元ジャーナリストの三反園氏が現職を破って当選したことはとても画期的なことです。

◆冒頭に書いたように、改憲勢力といわれる自民・公明・維新・こころを会わせると165議席になり、参議院の242議席の2/3を超える情勢となりました。が、まだ何も決まったわけではありません。

共闘のありかたやその浸透の仕方もふくめて、様々な可能性があることが今回の選挙でもわかりました。その共闘の発揮にとってはこれからが正念場(歌舞伎から来ているらしい。一番大事な場面)。



 ちょっとひと息:パーソナル・ヨガ (16.7.7.)
ピラティスはもう80回を越えましたが、順調にスタジオに通っています。ただ、この暑さでは私は元々自家用車を使わないので、バスから降りて歩いて通うのにまいってしまいます。そこで夏の間はピラティスのレッスンを減らして、そのぶん、ヨガを始めることにしました。しかも、パーソナル・ヨガを。

これは連れあいの仕掛けでして、彼女が高く評価しているし周りから信頼されている女性のK先生(40代前半)に下交渉をして、実現しました。

場所は、いつも行っているジムの二階にあるスタジオ。この空き時間を利用して、K先生としては個人レッスンをすることでプラスになるし、事務の経営側も部屋の効率化から個人レッスンを入れることで有効活用になる(レッスンは有料で、そこから使用料をレッスンの指導者がジムに納める)。

もう二回行きました。ワンレッスンは60分で、一回目は、私がどの程度の身体なのか試すためにいろいろの動作にトライさせられました。が、何よりも呼吸法でとまどいました。ピラティスは、「鼻で吸って口で吐く」呼吸に対して、ヨガは「鼻で吸って鼻から吐く」呼吸法。

似ている体型もあります。ピラティスの「キャットストレッチ」(猫のように息をはいてお腹を見つめ、恥骨から上の背骨を立てる。)と、ヨガの「キャット・アンド・カウ」でしたか、同じ体型をつくります。これはクリアできてK先生もびっくり。

それから「チャイルド」でしたか、子どもが座り込んであごを手で支えているポーズ。右膝が弱いので、完全ではないが、まあまあの形は取れました。あとは「ダウン・ドッグ」。犬が前脚を伸ばして頭から腰まで一直線にして、後ろ脚も地面を踏まえているようなポーズ。これもだいたいクリア。

二回目からは、順を踏んで、ヨガの基本を指導してもらいました。山場は「鳩」のポーズ。ヨガをやっておられる読者はわかるでしょうが、片足を内側に曲げてもう一方の足をまっすぐ伸ばして、ぐっと腰を下ろして手を前に投げ出し、からだはぺしゃんこになるポーズ。

すこしお腹のあたりがカベになって(笑)、ピタッとはいきませんでしたが、どうにか指示にしたがって形らしきことはできました。このポーズは次回までの宿題とされました。

はじめはヨガには抵抗があって、やるつもりはなかったのでしたが、いよいよヨガにまで手を出して・・・・・。ところが、K先生の教え方が良いのか、そのジムでも美人で品があって教え方がうまいと評判のひとだけに、その雰囲気に私が感化されたのか(笑)、二回やっただけですが、ヨガが面白くなってきました。

ここはまじめな話ですが、一年半ピラティスに通った成果で、腰まわり、肩胛骨まわりが確かに以前よりは柔軟で可動域がひろがったので、ヨガの基本ポーズに対しても抵抗なくからだが反応できるのです。

「男の人で開始早々に、ここまでこなせる人はとても少ないですよ。とても良いですよ」と、まずはプラスの評価を頂けたので、こちらも意欲が湧きました。

始める前は、互いにそれぞれのヨガマットの上で向き合って、すこしおしゃべりをします。K先生はかなり小学校から高校まで、県内の尾張部の学校に行って子どもたちに「こころとからだ」という題目で授業をしたり、ヨガの初歩の指導もしているようです。

子どもから感想文をたくさんもらって、その中に「先生のような先生になりたい」とあると、すごく嬉しかったと。そこは、教職分野の私、それが教師の仕事の醍醐味なんですよとか、うまくあいずちをうって、「良い体験をされていますね。もともと教えるのが性にあっているのでは」などと肯定的評価に努めます(笑)。

そうすると相乗効果で、先生の方も熱心に、くわしくポーズの意味やその動作の注意点などを教えてくれます。

誤解の無いように、スタジオのカーテンは閉めて少し落としたライトの下でやりますが、入り口付近はあえてカーテンは開けてあります。クーラーも効いていますから、あまり汗をかくことはありません。今のところは。



 いわゆる「生活指導フロンティア竹内常一」に関する書物 (16.7.3.)
宮原廣司氏による労作『戦後教育学と教育実践 竹内常一に導かれて』(高文研)が刊行されました。A5版で、460頁に至る大作です。著者は、中学校教諭時代に全生研の常任委員として現場の実践と民間教育研究運動をリードし、退職後も國學院大学等で非常勤講師として「生活指導」「特別活動」などの講義を担当して、理論的な問題とも向き合ってきた、といいます(「はじめに」より)。

内容は、竹内常一氏の著書と、全生研の機関誌である『生活指導』誌の竹内論文を中心として、時系列的にその主題を読み解き、生活指導論の探求で何が問われ、どのような追究が為されたかをまとめたものです。

まだこれから詳細を読んでいくわけですが、ざっと全体を見渡した感じでは、膨大な竹内論考の解題の書、という感じです。ところどころに宮原氏の見解も述べられていますが、ほとんどは、身近なところで竹内氏に学んできた宮原氏による解説が主です。

ただし、1960年代の「集団づくり」論の基礎を築いていく過程での議論として何があったのか、については、当時全生研に入って機関誌の論考や講演等を通じて全生研の追究過程を見てきた宮原氏ならではのまとめ方になっていて、興味深い。

直観的に思うことを少しだけ。

全生研の実践と研究の理論をリードしてきたのは竹内氏であることは誰もが認めるところ。半面、それだけに竹内氏の理論的関心と国内外を含めた研究動向の受け止め方に影響されてきたことになります。

例えば、J.L.ハーマンの『心的外傷と回復』(1996年邦訳刊行)をベースにして、子どもたちの内面と管理と競争の外的な抑圧との関係に関する竹内氏の論考が出るのは1999年で、その頃、ハーマンの書を使ってのゼミが國學院大で行われたという。私たちが、愛教大の大学院ゼミで同書を使い、後に小さな冊子にまとめたのが1997年だったので、そのわずかな間、同書はほとんど話題になっていなかったようです。

二つめに、宮原氏の同書では例えば宮坂哲文氏の仕事に就いては短くさらりとしか書かれていません。しかし、生活指導の研究となれば、竹内氏による宮坂批判は何であったのか、果たしてその批判は妥当であったのか、ということも探求しなくてはなりません。荷の重い課題です。

最近の生活指導研究にとりくむ人は、ほとんど宮坂氏の著作集を読んでいないようで、各自の生活論や流行の外国の思想を手がかりにした論考になっている感じがして、もっと基礎的な、日本の生活指導研究の基本概念の構築と再構築を追究すべきではないかなと思います。

三つめに、『生活指導』誌上で、折出が行った、民主集中制論にたつ「集団づくり」論の批判と再構築に関する提起は、宮原氏の著書ではまったく除外されています。宮原氏も、おそらくその提起には批判的であったからでしょう。全生研の草創期から中心に居て集団づくり論をになってきた人たちの多くが、そうであったように。

しかし、折出のその提起には、宮坂生活指導論の原点に立ち返り、子どもの生き方と自己認識・他者認識・集団認識をどういう活動を通じて支援していくか、という問題意識が流れています。

他にも論点はいろいろとありますが、この辺で。宮原氏のご労作には敬意を表します。



 愛知県「子どもの貧困対策検討会議」第一回会合 (16.6.29.)
昨日(6月28日)、午前10時から11時半まで、標記の会合が開かれ、委員として出席しました。その様子は、NHK名古屋や民放各局の報道で夕刻および9時前のニュースで放映されました。

 第1回検討会議 

冒頭のあいさつで大村知事がこの大規模調査の意義を述べましたが、その話の後半で、自分史を交えてこのように話しました。
 「私自身、職人の父の家庭ではあったが三人の子どもはみな大学に行かせてもらった。当時は、それができる状況であった。いまなら、そうはいかなかったであろうし、私もここに立つようなことはなかっただろう。それは幸運に恵まれた、ラッキーだったといえる。とはいえ、これからの子どもたちに、賽の目をふって、うまく行けるかどうかを賭ながら歩ませることをしてはならない。安定した生活にするにはどうしたらいいか。それをこの『貧困対策』で明らかにしていきたい」

知事なりに苦労してこられた面があったから、思わず、自分史的な話題が出たのかも知れないし、われわれ委員に、これだけ真剣に考えているという思いを伝えたかったのかも知れない。いずれにせよ、定番の紋切り型のあいさつではなく、自分の思いを語ったのは良かったと思います。

委員の意見からは、ひとり親家庭を対象とする際の問題、対象学年の設定の根拠、量的な面だけではなく、質的な面(当事者が貧困をどう経験し意識化しているか)も行うこと、「貧困率」を出すこと自体が目的ではないこと、そして「子どもの貧困」は同時に行政の支援の貧困でもあること、などの大事な論点が出されました。

申し遅れましたが、この「会議」の座長は、後藤澄江氏(日本福祉大学教授)が務めます。



 研究成果 二題 (16.6.27.)
◇『部落問題研究』217号(第53回全国集会報告)が発行されました。226頁に及ぶ重厚な研究紀要です。

その中に、私の「道徳の『特別教科』化を考える〜その問題点と教育実践者の立ち位置」が収録されています。同誌、194〜206頁。

およそ40数枚の分量の論考です。私の作業の中では、一番新しい時点での論究です。

もうすぐその抜刷りが仕上がって届きます。ご希望の方には、日頃のご交誼への御礼の趣旨から、このトップページにありますメール宛先に、送り先をお知らせ下さい。送料無料で送ります。この情報は送り先のためにしか使いません。7月の初旬になります。

◆小著の第二弾がほぼ整いました。

『他者ありて私は誰かの他者になる〜いま創めるアザーリング』ほっとブックス新栄。四六判で、172頁の予定。

この第二作目も素敵な表紙画です。また、各章扉にも画が入ります。

内容は、標題の通り、他者との出会い、そしてその自分自身があらたに他者として周りの人を支える。この相互関係を核とした民主的な人間関係を築いていくならば、社会の組み替え、民主主義的な前進は可能である、という主旨です。

いまや、組織づくりではなく、個と個の相互承認による市民的関係の取り戻し、これがそのまま集団づくりになりうる。こういう構想が必要だとの考えからです。

7月中旬には、印刷完成で発刊できます。どうぞお読み頂いて、ご批正下さい。



 滋賀の「不登校」支援の会での講演 (16.6.27.)
6月26日、滋賀県の近江八幡にある県立男女共同参画センターで、登校拒否・不登校問題滋賀県連絡会による講演会で話してきました。参加者はだいたい60名。

講演の中で、おわりに、「共に歩むために:「とも育ち」の弁証法と支援のまなざし」として、次のことを話しました。

(1)量から質へ、質から量への変化は共同を通じて創られる。

(2)否定的なもののなかに肯定的なものをつかむ。

(3)連続と非連続の重なりで変化・進歩が生まれる。

講演の後、小学校・中学校・高校・青年に分かれて「交流会」があり、「高校・青年」が合流した会に私は出ました。

例によって参加者の自己紹介は、ご自身の子どもの不登校・引きこもりの物語です。驚いたし感銘を受けたのは、何人かの方のお話に、上記の弁証法そのままの展開が語られていることでした。

ある母親による語りから。
 社会的引きこもりが続いている30代半ばの男性(次男)の場合、通信制高校を卒業後ひきこもっていたが、ゴールデン・レトリーバーの犬の散歩だけは自分がやってきた。その犬が死去したのを機に、息子本人がその墓を庭に作り、庭に砂利石を敷き詰めて改装した。そしてちょっとした畑を作って、植えるものも自分で世話するようになった。

あることで、電化製品のパーツの内職をその事例を語る方の所で引き受けたが、実際にはその息子が作業を引き受けて、あるとき、製品を事業所にもっていくのを息子に交替してもらったところ、以来、息子が自発的に持って行くようになって今に至っている。

あれほど外に出るのいやがり、人に会うのを避けてきた息子が毎日事業所に自分一人でいくようになった。この変化こそ、ひきこもり青年においても弁証法のきっかけは内在していることを証明しています。

犬の死去は、息子には大きなショックではあったが、半面、いつまでもこれまで精神的に頼ってきた存在の喪失に落ち込んでいたらダメだと考え、身近な労働作業での自立を試み、それがバネになって社会に文字通り出て行くという自己変革が起きた。

母親によると、製品を受ける事業所の方も理解があって、その青年がそういういきさつであると前もって聴いていたので、おそらく「ごくろうさん」と声かけをして、その青年の行動をねぎらい、多少の世間話もして、こころよく帰りを見送ったのでしょう。

その青年にとっては、もはや自分には無援だと決め込んでいた、他者に承認される体験、これをじかに為したことで変わるきっかけがつかめたのでしょう。



 独立志向のうらにある「強さ」「自己完結」 (16.6.27.)
イギリスのEUからの離脱か残留かをめぐる国民投票結果に世界が揺らぎ、まだ続いています。

最終的な開票結果では、「離脱」支持が1741万742票、「残留」が1614万1241票で、その差、126万9501票と、かなりの票差が出ました。すでに各局の報道で言われたことですが、比較的経済的な安定層のいるロンドンや、イギリス残留の上で独立を志向する風土のあるスコットランド、アイルランドに多くの「残留」支持が見られ、その他の地域は「離脱」支持が圧倒的であったようです。

生まれたときからUE体制があった若い世代は「残留」であろう、という予想も外れたようです。「英国民は異なる道を選ぶ明確な判断をした」との声明を出したキャメロン首相の心中は察することができます。国民投票で「残留」多数と決まれば、国内のEU批判やその他イギリス政府への不審などもかなり乗り越えられると判断し、国民投票に打って出たはずの首相だったから、ショックは大きいが、そこは伝統的なデモクラシーの国民性、決定にはしたがう態度は爽快で、見事。

連綿と権力の座にしがみついたり、未練がましく自分の理念を説いてあたかも選択した国民・市民が思慮不足とするかのような発言の人物があちらにもこちらにも目立つ、どこやらの国とは違っています。

ただ、アングルを少し変えて事態を見ると、アメリカの共和党・トランプ氏の支持、イギリスの「離脱」主張を述べてきたリーダーたちの言説には、共通して、「独立」による国家の威信を守る立場、あるいは、そもそも自国は伝統を持ち自力でやっていけるという考え方があります。

そこに、経済的な問題、つまりそれぞれの国内の就業の見通しの悪さ、各階層間の経済格差、若者の処遇の不安定さ、そして移民・難民受け入れ問題など、大国故の問題も絡んでいます。

「独立」志向は国家の主権や選択の幅の広がり、経済的な自己主導などから見ればわかりますが、その裏には「強さ」や「自己完結」による他国との差別化があるように思います。

「離脱」のあと、イギリスはどのような国家をめざし、どのような文化を築いていくのか。国内を二分したといってよいこの事態の後に、国家の再統合をどう進めていくのか。それが右派的な路線ですすめられると国際的に見て、とても危機的な事態にもなっていく可能性があります。「力」の行使で問題解決にのぞむ政治が主導権を握る可能性があるからです。つまり、国家間の対立を武力で解決するというように。戦争とは政治行為の延長である。このテーゼを忘れてはならないでしょう。



 出来事つぎつぎと (16.6.17.)
◇イギリスでは残留派議員とされていたJ.コックス議員が、路上で男に撃たれて死亡するという、大変な事件が起きました。EU離脱か残留か、という国民投票との関連は今のところ不明のようですが、どんな理由があろうとも、意見が違う、あるいは気にくわない人物を襲撃することは民主主義の自滅です。

◇イチロー選手の「4257安打」達成、おめでとう!! 42歳で、よくぞここまで体の故障もなく、控えとなる試合が多い中で、いざ指名があればすぐにグランドに立てるようにいつもスタンバイしてきたイチローの自己管理に敬服します。

◇このページの6月9日付でアップした『ヘーゲルハンドブック』の翻訳書がはやくも広告に出ていました。『朝日新聞』の本日付朝刊です。六名の研究者による監訳として、知泉書館から。価格は16,000円+税で、かなり高価。

ただし、この邦訳書が第何版の翻訳なのか。私が取り寄せた原著は第三版。2016年刊行。もしこれをすぐに翻訳して今回の出版に、というのでしたら、これはこれで大したものです。ヘーゲル研究の世界では、イチローの偉業達成にせまるくらいの大きな意義を持っていると思います。



 ちょっとひと息:高校生たちのはじける声 (16.6.15.)
私の暮らしている戸建ての団地のすぐ近くに愛知県立高校があります。今日(6月15日)は学校行事なのでしょう、朝から、「ワーッ」と盛り上がる歓声・どよめきのような声が、お昼を過ぎてもしばらく続いていました。時折、校内放送のような声も流れてきました。

こちらは、昨日から、全教の『クレスコ』という月刊誌の依頼原稿作成で、文献を調べたり、資料を確認したりしながら、論考の仕上げにがんばっていたのですが、何度も「ワーッ」という大歓声が聞こえてきました。

いっそそのグランドに行ってみたくなりましたが、それはできないので、同校HPで観ると、6月には特に屋外のイベントはなく「生徒会週間」や「1学期末試験」があります。次の7月に「球技大会」があります。おそらく入れ替えたのでしょう。

その歓声はあきらかに一定人数の集団が同時に挙げている感じで、かといって応援団の響きとも違う。これが高校生、という感じのはつらつとした声ですね。

その声に押されたのか、ずっと集中できて、おかげで、午後5時過ぎには、4000字の原稿を仕上げまして、送りました。

これで、SSW研修講座のレジュメをすませ(A4で10枚もの)、上記原稿を済ませ、あとは8月お盆明けのライオンズクラブのレジュメが残るだけ。

論文又はレジュメ作成だけに集中すればよい、こんな恵まれた条件は未だかつて無かった。大事にしたいと思います。

それにしても、今年は「当たり年」。毎月、県内・県外に、講演等で出かけることが続いています。連れあいもそれに気づいていて、「よっぽど人がいないのね・・・・」と。

桝添氏も、今朝方、やっと腹を決めたようですね。これもdestiny、粛々と受け入れて、じっくりと立て直すしかないでしょう。あまりにも公私混同の金の使い方が全国にさらされたので、政治家としての出直しは無理でしょう。



 素敵な二作品 (16.6.14.)
◇DVDレンタルで観たフランス映画『エール!』(日本公開、2015年)は、ほんとうに引き込まれる素晴らしい作品。フランス映画サイトでは「フランスからまた一つ、笑って、泣ける、最高に愛おしい映画がやってくる」とあるが、笑いながら涙が出てきて、泣きながら笑いが出てしまう物語。

フランスの田舎で大きな農場を経営するリビエ一家は、高校生の長女のポーラをのぞいて、父母も弟も、聴覚障害者。両親共に子どもたちの自由な個性を大事にし、オープンな家庭づくりに気を配っている。

ポーラの通訳で農場のことも、市場でのチーズの販売も成り立っている面がある。ところが、波乱が・・・・。ポーラが入ったコーラス部のトマソン先生が彼女の才能を発見して、ぜひパリにある歌の学校を受験してみなさいと勧めた。

ポーラは歌が好きだしチャレンジしたいと、トマソン先生の家で個人レッスンを受けたが、家族には、心配させまいと内緒にしていた。ある日、とうとうその胸の内を三人に打ち明けた。しかし、その時から母親が荒れ出した。自分には彼女の歌が聞こえないし才能があるかどうかわからないうえに、これまでの生活を捨ててパリに行くのは大反対だ、と。家族を大事にする子になって欲しいと育ててきたつもりだが、失敗だった、とまで母親は手話を交えてぶちまけた。夫も、半ば同感だったが、娘の新たな人生に挑むことには共感もあった。

そこはオープンな家族だ。自家製チーズを保管している部屋で、それぞれの思いを語り、手話を交えて言い合いになった。ポーラは「私は一生チーズを売って暮らすの?」と激しく反論。だが、自分がいなくなったとき家族がどれだけ苦労するかもわかった。

そこで、ついにトマソン先生を訪ねて、「(歌の学校の受験は)やめる」と伝えた。しかし、それで終わらなかった・・・・。

ポーラ役は新人らしいが、実際にフランスの歌オーディションで入賞した実力者。父親役、母親役もベテランを配し、この二人が聴覚障害者を熱演。トマソン先生役の男優も、舞台演劇のベテランで、表情豊か。

ちょっと気分がブルーで、何となく冴えないとき、この映画をご覧になることを勧めます! ハンカチは必ず脇に置いて。

◇もう1作は、ケーブルテレビで、仕事の区切りが付いたのでリビングで何気なく付けたらやっていた香港制作の映画『恋する惑星』。二つの恋物語で構成されているらしい(らしい、というのは前半うとうとして観なかったので・・・(笑))。金城武が演じる前半の男女の話はまったく観ないままに、ハット気づいたら、ちょうど後半の物語が始まっていた。

いまや中国を代表する俳優のトニーレオンが演じる若い警察官と、フードショップの店員で、いたずらっぽく独身警官の部屋に忍びこむフェイウォンの恋物語。こういうのをポップス映画というらしい。香港の気風もあるのだろうか、どの場面でも、素っ気なく、唐突な行動を取るのだが、その仕草や、物言い、しかも話はうまく通じていないようなのにつながっている、そのちぐはぐさが、おもしろい。

フェイウォンは実際に歌手で、日本でもファンが多いらしいが、やや小悪魔的なかわいい仕草が全体を明るくしている。付き合っていたスチュワーデスに振られ、独り暮らしのまじめな生活を送る若い警官とのかけあいが、まるで漫才の二人のように、滑稽で、それでいてなにか哀愁が漂う。

◇というわけで、偶然ながら続けて、何度も心をほぐされる場面に出会った二作品を観ました。



 愛知県で「子どもの貧困」調査を (16.6.13.)
本日、知事の定例記者会見において、「愛知子ども調査」を実施するため「子どもの貧困対策検討会議」を立ち上げる旨の記者発表がありました。

公表されているので、ここでも述べますが、私もその「検討会議」の委員に就くことを承諾しております。

記者発表の内容については、ホームページをご覧ください。  愛知県知事記者会見   



 不寛容な社会とは (16.6.12.)

(一)

昨夜(6月11日)のNHKスペシャル「不寛容な社会」を途中から、TV音声で聴きながらちょっと作業をしていましたが、今朝方、検索の合間にそのテーマで覗いてみると、ツイッターでは、ずいぶんと発言が盛り上がっていたようです。

ザッと見た限りでは、(1)不寛容の元をつくったのはマスメディアの責任もあるのに、そこにはきりこめていない(切り込もうとしていない)。(2)結局、SNSなどのネット民に責任があると言いたいのか、(上記と同じで)マスメディア以外に原因を求めるとはひどい。(3)不寛容の問題をコミュニケーション世界に絞っているが、そもそも経済格差の問題にもっと追求の目を向けるべきではないか。

(二)

その番組で「不寛容」をどのようにおさえて議論が始まったのか、そこを観ていない(聴いていない)ので発言の元があいまいになりますが、不寛容とは、もともと私たちの社会と人間関係が相互依存的であることを認めない、ないしは無視する、という事柄ではないでしょうか。

「寛容」という言葉が、その文字通り、「寛大で」「受けいれる(容認する)」の意味ですから、意味自体はシンプルなのですが、「寛容」「不寛容」を問題にする、その社会的地場自体がすでに他者不信や権力不審、様々な格差や制約から来る不平・不満を持っているのですから、そこにすでに屈折させるプリズムがあります。

ですから、ある方が、「許し合う」ことの大切さを言えば、そもそも許せることなのか、と反論が出ます。

(三)

不寛容な関係の象徴として、ネットでの発信が取り上げられました。言う方は言うだけのことをいって、別にそのことに責任というか、アフターケアをするつもりはない。受け取る方も、自分の都合によいものとそうでないものを切り分けして、都合の悪い発信には、無視ないし相手を貶める言葉(「おまえ△△だね」式の斬って捨てる物言い)でお返しをする。

ネット社会とは、もともと、蜂の巣に蜂が集まってブンブン言うのに似ていて、インターネット論では「buzzing」と言われ、ある発信に対してそれが発生すると猛攻撃(炎上)になってしまう。しかも、短時間で一挙に。

これは「寛容」「不寛容」の次元よりは、ある発信を見て条件反射的に気持ちを吐露する、そのような個としての外界への関わり方の次元で問題にしたほうが良いのではないか。つまり、私流の言い方では、それほどに現代社会の私たちは、職場あるいは学校、地域・家庭等を通じて、アトム化している(atomizing)、いや、丁寧に言えば、アトム状態でしかも欲望を抱えている。

(四)

その欲望に屈折された、その時の心情の吐露としてツイッター発信が機能して、buzzing効果をつくりだしていく。これがネット者会の減少ではないでしょうか。

そこにも「不寛容な」面は現れますが、寛容・不寛容は、対人的な関係性にそくして、どう他者に向き合い関わるか、他者からどう受け入れられ応答があるか、という個のあり方論が基本ではないかと思います。

そして、そのことは、現代社会において、どれくらい、民主主義的な要素が日常に定着し、身の回りで当たり前になっているか(あるいは、そうなっていないか)の成熟度の問題として見ていく方が、今後の改善さらには改革につながっていくのではないでしょうか。

(五)

他方、いろいろ困難な問題が山積とは言え、「ゼロ・トレランス」(非寛容)を学校教育の現場で公式に掲げて教育活動を行っている、この日本の市民社会感覚とはどういうことなのでしょうか。

「非寛容」で、ある問題行動が原因で学校から排除された生徒は「非寛容に扱われることがいかに辛いか、自分の行為を反省すべきか」を学習することはあり得るかも知れませんが、一番肝心の「寛容」とはどういうことか、自分が共感を持って処遇されてどう自分の中に「寛容」さが芽生え、育ちつつあるか、というポジティブな教育は生まれてこない。

ゼロ・トレランスは、とにかく目の前の問題を排除すればいい、という単純な考えに由来しています。それだけではなく、「非寛容」の目線で生徒を見て処する、その教師たちが教育者として自己の中に「非寛容さ」をため込んでいく。それだけ「寛容」を認識する意識性が弱まっていく。この相互作用にも目を向けるべきです。

非寛容を方針とする教師集団によって、徹底して排除・切断の対応を受ける学校が仮にあったとして、他者への寛容さを学ぶことのない生徒たちと、また「寛容さ」を教えることのない教師集団とのこの関係性が再生産されていくとき、果たして、学校は良い方向に変わっていると言えるのか。



 『ヘーゲル・ハンドブック』 (16.6.9.)

W.イェシュケ『ヘーゲル・ハンドブック 生涯・業績・学派』(Walter Jaeshke,Hegel Handbuch Leben-Werke-Schule 3.Auflege,2016 J.B.Metzler)が、昨日、極東書店から届きました。

著者は、ドイツのルール大学ボーフムの哲学教授を経て、現在、同大学ヘーゲル文庫の所長です。

ウィキペディアで見ると、なんと、この所長職には、ヘーゲル研究では国際的に知られるオットー・ペグラー氏が就任していました。ペグラー氏の『ヘーゲル「精神現象学」の理念』(第2刷1993年、初出1973年)は、私が一冊読み通した書物です。日本で言う四六判タイプのハードカバーの単著で、約450頁のボリューム。書名通り、名著『精神現象学』が有している主題を、AからGの7つの章に分けて論じており、最後の章は「哲学の現代化 ヘーゲルとマルクス」で締めています。

ペグラー氏のこの書物にこだわるのは、入手した当時(1993年12月1日とサインあり)、この本をいつも鞄に入れて、通勤でも、センター入試の監督交代の休憩時間でも、自宅でも、読みふけったからです。その時の鉛筆の書き込みが今もあちこちの頁にそのまま残っており、なつかしさと、一冊読み通した充実感が心をかすめます。

で、話を戻すと、ペグラー氏の任務を現在引き継いでいるのが、上記の著者。

ヘーゲルの使用する用語を整理した「ヘーゲル事典」はすでにありますが、生涯から業績、ヘーゲルに学んだ学派の観点から体系づけた「ハンドブック」は、確か初の著作ではないでしょうか。

「ヘーゲル文庫所長」の職にあれば果たすにふさわしい研究業績であると言えますが、それだけ、ヨーロッパはもちろん世界的にも、今なお、いやますますヘーゲル哲学への関心・ニーズが活発になっていることの現れでしょう。

私は、振り返ってみて、学生時代にヘーゲルという哲学者に出会ったこと、その後のヘーゲル研究に関わる書物を(専門の哲学専攻の方々とは全く比べものにならないが)折にふれて入手して、特に弁証法の世界を学び続けてきたこと。このことに、ほんとうに感謝しています。



 忙中、あまり閑なし (16.6.8.)

◇6月に入ったごあいさつをしただけで時が流れ、はや8日。このところ更新が遅れがちで、失礼しております。

「忙中閑あり」と言いますが、どうもこのところ、「忙中、閑あらざりき」というか「忙中、忙なり」(これじゃ、そのままじゃないか?!)の感じで来ています。

滋賀と長野・小諸での不登校支援の集まりでの講演のレジュメづくりに注意を集中し、それに講義準備やその他が入って、あっという間の1週間でした。

そうこうするうちに、愛西ライオンズクラブからの講演依頼(8月のお盆明け、いじめ・不登校の問題について)、全教機関誌『クレスコ』からの原稿依頼が入り、一方で、小著第二作『アザーリングのすすめ』の入稿と書店側のチェック作業などの対応もありました。

広島のある私学での集中講義があと二回分予定されており、その講義内容のチェックと準備も一方で走っています・・・・・。

◆勤務先の大学の実践の方は、ぼちぼちですが、学生たちからは元気をもらっています。授業の中身を詳しく書くのはアンフェアなので控えますが、例の「子どもの日 社説」のデータファイルから、全国・地方、北と南のバランスを考えて13社を取り上げてプリントし、「この社説資料から《子どもの生活現実で何が問題か》を読み取って、小グループごとに、レジュメを作成し、15分以内のプレゼンテーションをしなさい」という課題をだいぶん前にしておきました。最近、その発表がありました。

レジュメのつくりかたも、プレゼンの構成・論点も、非常に良かったのです!!

◇こういう忙しさに心を奪われかねないときに、注意したいことが1つ。それは、電車や、歩道などで、ベビーカーに乗っている赤ちゃん、母親にだっこされている赤ちゃんに、つい、娘や息子の孫たちの幼かった頃を思い出して、あの紅葉のような小さな手に手を添えてみたい衝動に駆られることです。

ベビーカーの中で、母親が立ち話で別の母親としゃべっているときに、本人は、脇の方のひもを両手でつかんで、懸命にその「なぞ」を解くかのように顔に近づけては遠ざけてみたり、口に持って行ったり、「研究」をしておられます(笑)。その仕草が、ただかわいいだけではなく、真剣であり、両目を中心によじらしてまで、対象物を「分析」されておられる。

つい、声を掛けたくなりますが、ここは、ガマン。あまりじっと見ていると、誘拐犯かと思われてしまいますから。

ただ、ただ、幼い子どもを観察しているだけでホッとするのです。これって、危ない兆しかしら???(笑)



 ちょっとひと息:はやくも6月ですね (16.6.1.)

◇5月なのに30度近くの気温とは・・・、とぼやいているうちに早くも6月に。読者の皆様、お変わりないですか。

6月後半の滋賀県不登校問題連絡会での講演、7月初め、長野県小諸での不登校親の会主催の講演と続きますが、それぞれのレジュメを、今朝、といっても昨夜早く寝て2時頃から明け方までかかって、集中して仕上げました。

まだ先のことなのですが、先方からのいくつかの要望に応じるべく、関連の文献・図書などを読むうちに、話したい構想がまとまってきましたので、「熱いうちに打て」の先人のアドバイス通り、その構想をレジュメ形式にまとめたわけです。

◆全生研の大会は今年は長野ですが、そのテーマ別分科会(「現代のいじめ」を担当)の基調も、昨日が締めきりでしたので、これも集中して仕上げました。同じ担当の常任委員に意見を聴こうとアップしたつもりが、全生研の会員MLのほうに発信してしまい、全国に流れてしまいました。分科会基調ですから秘密のことではないのでいいのですが、うっかりミスでした。

これは、ボケの始まりではなく、この異常な暑さのせい、ということに(笑)。

◇先日、授業準備も兼ねて研究室で作業をした帰りに、大曽根の「升清」というクラシカルな居酒屋に寄りました。現職時代から時々寄っていた店です。地酒の一覧メニューがあって、タイミング良く更新されているのですが、その日は、ふと「サミットの食事会にも出た」との「瀧自慢」という三重のお酒を知りました。その日に入荷したばかりで、まだ開封せず、とか。「では、小生が開封者になりましょう」などとうまいことを言って、グラス一杯を頂きました。500円です。

夏用につくられた無濾過の生原酒でALは17度。とてもしっかりした味なのに、しつこくなく、ぐっとお腹に染みこむ感じです。赤目四十八滝のそばに蔵元があるようで、その伏流水を使っているとか。

三重県にこのような銘酒があるとは知りませんでした。三重はお米は良いとしても水や杜氏さんの面でどうなのかなと思い込んでいたので(失礼!)。

◆桝添都知事もどんどん追いつめられていて、都議会の元に合法的な百条委員会を設ける動きにまでなっているとか。仮に潔く辞めたいところであっても(とてもそうは見えませんが)自民党が許さないらしい。参議院選挙への影響や次の都知事選挙へのマイナスを意図してでしょう。結局は、桝添氏も、立場によっては、政党政略の「駒」として動かされている。

それを知ってか知らずか、一生懸命、ご自分の正当性を主張し、知事の椅子にしがみついておられる。前の猪瀬氏にせよ桝添氏にせよ、作家あるいは大学教授という経歴の知識人層の人物がいずれも金に絡む問題でこうまで白日のもとに醜態をさらされるとは。

武士道にあった、自律心と潔癖さは、現代においても、特に公職に就く人には必要だと私は思います。



 オバマ米大統領 広島演説 (16.5.30.)

5月27日に広島を訪問したオバマ氏が広島市長や被爆者などを前にしておこなった演説の全文は翌日の各紙に掲載されました。その内容をめぐっては、歴史的演説と高く評価する一方で、「アメリカの原爆投下に対する謝罪がない」「核兵器廃絶への明確な表明がない」などの批判も出ています。

改めて演説全文を読むと、第一に、「広島をなぜ訪れるのか」という問いに、人類の進歩に見合った人間社会になっているかを問い直すためだと述べています。すなわち、ここに眠る犠牲者たちは、私たち人間がどういう存在か、これからどういう存在になろうとしているか、その内省を行うことを求めている。科学技術の進歩はそれに匹敵する人間社会の進歩を伴っているか、核の開発はそれに匹敵する道徳上の革命を伴っているかを、道徳的想像力を駆使して問い直すために、この街の中心に立つのです、と。

第二に、広い意味での教育と次世代への平和意思の伝達の重要性を述べています。すなわち、日米の同盟は互いの自衛の手段を持つが、米国のように核を保有した国は「核兵器なき世界を追求する勇気」をもたなければならない。核拡散を止めることだ。しかし、それだけでは不十分で、戦争の考え方を変えるときだ。国同士の相互依存が暴力的な競争ではなく、平和的な協力を生む、というように。

国家の意義を認める場合にも、破壊能力によってではなく、そこに何を築いているかを見るべきだ。過去の誤りを繰り返す遺伝情報にしばられているのではないのだし、私たちは、学び、選ぶことができる(We can learn,We can choose)。今までのとは異なる物語、すなわち平和な国際関係を築く取り組みを子どもたちに語っていくことができる。

第三に、私たち一人一人は、等しく命を有し、人類の一員として生きていることを、全員が語っていくべきだというアイデンティティ観の大切さ。ここに、子どもたちに託し受け継いでもらう大きな価値があること。これは「道徳的な目覚めの始まり」なのだということです。(引用の箇所は『朝日新聞』5/28付の「全文」から)

このように読み直してみると、確かに、「責任」や「核廃絶への約束」の点での問題(抽象的にすませて、曖昧であること)はありますが、全体としては、核の時代における世界的な観点からの道徳と教育、子ども世代の尊重を述べていることは大きく評価して良いと思います。

問題は、そのための行動をいつ、どのように起こすか、です。

勤務先の授業「教育原理」で、先日、「教育と社会」の主題で人類史の展開と教育について扱ったばかりで、オバマ演説の組み立てもほぼそのような流れになっていることに共感を覚えました。次回の講義では、この邦訳全文を資料として配付し、改めて、人類的な視点からの教育の意義をコメントしておこうと思います。



 熊本へのささやかな支援 (16.5.29.)

5月の初めでしたか、まだ余震が続く中ですが、熊本の震災した地域の学校が再開したことが報じられました。私の参加している全生研のMLでも、熊本の生研会員から、久しぶりに子どもたちと出会い、ホッとしたこと、やはり子どもたちと共に在ることで張り合いが湧くことなどが書かれていました。

その続きですが、6月に開催の熊本生研の県大会では、多くの人に参加したもらい、この震災という困難を共に乗り切っていきたいと。

子どもたちに寄り添う教師は、まさに伴走者です。そこで、小著『そばにいる他者(ひと)を信じて子は生きる 〈伴走者〉の役割』をせめて生研会員に読んでもらって、少しでも子どもたちを勇気づける伴走者として今後も頑張っていただきたい。

そのような願いを込めて、熊本生研(全生研熊本支部)の会員相当分の65冊を謹呈することにしました。

先日、ほっとブックス新栄にその旨を依頼しておきました。今日(5月29日)、熊本の全国委員の方から「届きました」のメールが来ました。小著がこういう形でお役に立てるとは。ありがたいことです。



 不登校・引きこもりの若者のために就労体験型カフェをつくる取り組み:ある女性の場合(16.5.27.)

中学・高校と不登校を経験したある女性が、標題の趣旨で、いま、名古屋市内にカフェを開店する準備をすすめています。その体験を授業で学生に語ってもらった経緯から、このHPでも紹介しておきます。

公開の資金募集システムであるクラウド・ファンディングに関しては、ご興味のある場合に限って、ということで結構です。
 就労体験型カフェ  



 不登校支援の講演と旅(岩手と秋田)(16.5.26.)

下記の「教育機会確保法案」は、5月24日の時点で、正式に衆議院「審議見送り」となりました。今後、臨時国会を含めて早い機会にこの法案を審議にのせ、実現を図る動きが出てくるでしょう。ひとまず拙速は免れました。

埼玉の不登校親の会の鳥羽めぐみさんたちの連日の抗議・要請行動(当事者の声を聴け、拙速な審議入りはするな、などのプラカードを持ったスタンディング行動)が目立ちました。敬意を表します。

私は、5月22日、盛岡市内で、NPO法人「ポランの広場」という、岩手県の不登校支援父母の会連絡会が主催する講演会で「子どもが生きようとするその一歩をどう支えるか 伴走者の役割」というタイトルで話しました。

盛岡駅構内でNPO法人の理事長さんと待ち合わせたが、広い駅構内に、指示のあったエスカレーターや「パン屋」さんらしき店があって、なかなかお会いできず、その方も携帯を持たない主義のようで、連絡のしようが無くて、開始時刻もせまるので私の判断で会場に向かった。こういうすれちがいとなりましたが、講演会そのものはとても充実した気分でお話できたし、「伴走者」という課題についてもずいぶん深まりました。

高校の国語科教員だったという理事長のI氏には、「昨年の愛知での「つどい」で折出の『そばにいる・・・・』を買って読んで、大変感激して今回お願いした。本で読むのも良いが、肉声で話を聴いて、とても子どものことを細かく、よく見て考えている」と、過分なあいさつを頂きました。

講演の後、同行してきた連れあいと合流して、東北の旅パート2を始めました。連れあいは盛岡は二度目で、私が用務の間、市内循環バス「でんでんむし号」に乗って「啄木が青春を過ごした家」など数カ所の名所を見てまわっていました。一枚300円の券で何回も利用して。

二日目は、秋田新幹線を乗り継ぎながら、田沢湖、角館、そして秋田市へと移動しました。やや曇りのときもあったが全般は晴れ模様で、動きやすく、良かった。田沢湖では、9時発の遊覧船が出た後で次の11時までは待てないので、乗ることはできなかったのですが、湖岸から見える水中がエメラルドグリーン系で、この湖の独特の色合いが印象的でした。

角館では、新緑のしだれ桜や、高くそびえ立つもみの木などに囲まれた武家屋敷とその通りを散策。古民家を移築した老舗の店で、名物・稲庭うどんも頂きました。

秋田市内では、市内循環「ぐるる」という100円バスに乗って、簡易な市内見学をした後、ホテルの和食の店で、地元の「きりたんぽ鍋」ほかの郷土料理をいただきました。もともと携行食であったこの鍋が、比内地鶏の汁にきりたんぽを入れ、季節の野菜やきのこと一緒に煮込む鍋料理に変化したのは昭和に入ってからと言われているようです(サイトの解説より)。

小振りの鉄鍋には比内鶏のだし汁が入っていてこれに「きりたんぽ」の食材を自分で入れて食べます。鳥のだしが効いて、良い味です。ここで、引き立て役が、「刈穂 六州」という銘酒。アツアツの鍋の食材にぴったりの冷酒でした。

せっかく秋田に来たのだから、と、市内の健康ランドづくりの天然温泉「華のゆ」に行ってきました。茶褐色系のお湯で、PHは7.5とアルカリ系です。ただ、(私には)熱めの湯温で、通常の40度前後よりも数度上でした。湯殿の外につくられたいくつかのお湯はそれぞれに個性的で、火山系の素焼き石で囲まれた湯どころは、温泉の湯が濾過されて透明。湯温もちょうどよく、のんびりと浸ることができます。

「秋田こまち」で秋田・東京間が約3時間。東京から名古屋が約1時間40分。無事に帰路に着きました。

【追記】岩手講演と同じようなテーマで、6月には滋賀の不登校親の会、7月には長野・小諸の不登校親の会で話すことになっています。教師を主とする集会での講演と違って、教育学者としての私の考えとともに、いま60代後半を生きている、ここまで青年期を経て生きてきたわたしという存在をある程度自然に語れるのがいいのかもしれません。



 拙速に走らず、十分な検討をすべき(16.5.21.)

義務教育段階の普通教育の機会を確保する法案(教育機会確保法案)が、当初、議員立法で準備され、衆議院の委員会委員長案として国会に上程された。6月1日が今国会の会期だが、採決の可能性はある中で、民進党が、「野党共闘」で参議院選挙を迎えようとしている今、同法案に対して共産党と社民党が反対している(不登校対策の性格が強く、当事者や保護者の反対が続いていることなど)なかでは妥当でないとして、今回の審議見送りを言い出した。

他方、東京シューレの奥地圭子さんや喜多明人氏らはこの法案は、フリースクール等の民間施設に通う子どもたちに、今まで以上の教育保障をおこなう(法案によれば国からの助成が行われる。)などを評価して、法案成立を目指してこれまで進めてきている。

上記のような「審議見送り」の動きを知った、奥地さんたちがつくる「多様な学び保障法を実現する会」が、衆議院の文部科学委員会委員にファクス攻勢を掛けて、今国会での法案可決を促している。

同法案に対しては、このように、不登校の子どもたちへの公的な「支援」の制度化をめぐって賛成・推進派と、反対・継続審議派とで真っ向から対立する事態にいま至っている。

私は、不登校対策のそもそもの問題として、現在の学校教育のあり方に対して同法案は何一つ言及していないこと、「休養の必要性」を条文で挙げているが、それも学校復帰を前提とする文脈であること、子どもの権利条約にいう権利概念との関係が不十分であることから、法案化することには反対しないが、今国会での上程は無理だと考えている。

過日、そうした趣旨での慎重審議をお願いする旨のメール文書を、議員立法準備の座長・丹羽秀樹議員(自民党、愛知県選出)に送った。

                          *****                        

 基地の撤去しかない(16.5.21.)

沖縄県うるま市で、20歳の女性が米軍の軍属の男性(元海兵隊員)によって死体遺棄される事件が起きました。『琉球新報』のウェブサイトニュース(5月21日付)によると、「米軍属女性死体遺棄事件で、死体遺棄容疑で逮捕された元米海兵隊員のシンザト・ケネス・フランクリン容疑者(32)が『乱暴しようと思った。首を絞め刃物で刺した』などと供述していることが20日、捜査関係者への取材で分かった」。

同紙によると、「米兵と軍属の保護などを定めている日米地位協定で保護される権利を有しているが、今回の事件を巡っては(1)公務外の犯行(2)基地外に居住し、日本側当局が先に身柄を確保した−などの条件が重なり、起訴前の身柄の引き渡しなど、地位協定を巡る問題は生じていない」(同上、『琉球新報』サイトニュースより)。

これまでに何度繰り返されたことか。日米安保条約のもとで駐留する米軍基地、その基地従事者によって沖縄の住民の自由が蹂躙され生命が奪われるなど、国際的に見ても、日本の主権は米国の軍事支配に従属しているとしか言えない。

すでに言われてきたことであるが、沖縄基地撤去以外に、根本的解決はない。



 大阪市の第三者委員会:いじめ事案の調査結果の報告(16.5.11.)

昨年6月より約11ヶ月を要した大阪市でのいじめ事案第三者委員会の調査結果がまとまり、昨日(5月10日)市長に提出、申立人の保護者にもお渡ししました。そのあと記者会見を開きました。私が委員長を務めました。

以下のサイトの「ニュース」で報道されています。

 調査報告の提出  


大阪市がホームページ上で「調査報告書」全文を公開しています。

 調査報告の提出  




 「子どもの日 社説」を読んで(16.5.5.)

あいち民研の研究部長・大橋基博さんから「子どもの日」にちなんで掲載された「社説」のタイトルリストおよび本文を提供して頂いた。政党発行の二紙を含めて26紙。これに私が『朝日新聞』の同社説を加えて計27紙を通読した。

扱っているトピックスの特徴は、「子どもの貧困」「(子どもの)虐待」「子どもの権利」の視点からの現状の考察に力を入れていること。すなわち、子どもの生活現実の厳しさ、それにも拘わらず、子どもの生きる権利の保障と実現のために何を為すべきか、を問う論調である。

それぞれを取り上げて分析・考察することは別の機会として、ここでは通読した感想を述べるに留める。

一つは、子ども社会の現実をどこか「上から目線」で眺めてその厳しさを該当各紙の論説委員の心情を交えて述べている感が強い。中には、具体的な地域での子どもの活動、あるいは子どもたちと向き合って支援に取り組む住民の例を詳しく取り上げながら、その実践事実から、何ができるか・何を為すべきかを読者と共に考える工夫も見られた。

しかし、である。書き手の論説員自身が恵まれた環境で育ち、塾通いもして、念願の有名大学の法学、経済、あるいは文学・社会学系の学部に入学して現在に至ったであろう。その自身の子ども時代を照射しながら、今を生きる子どもたちに寄り添う。そういう踏みこんだ記述が欲しい。

ルソーの『エミール』の1節でも織り込んで、子どもの誰でもほんらい生得的に持っている、人間的自然、人間の可能性のすばらしさを取り上げる論点は、なかった。私の書き方が傲慢に聞こえたら大変申し訳ないが、かつて「子どもの中に情勢を見る」とまで言われた、子ども自身が抱え込んでいる現実の政治性に切り込んで、そこから社会の変革を問おうとする姿勢をもっと打ち出しても良さそうなものだ。

何か、優等生の合格ラインのレポートを読まされるようで、それぞれの筆者自身の苦闘がにじみ出ていない。ジャーナリストの現実批判の劣化があるのではないかしら。

二つめに、それと関連して、「いじめ」に言及した社説は一紙の他にはなかった。その代わり、「虐待」問題を取り上げる社説は複数あった。その中で『毎日』の子ども虐待の実態と被害の子ども支援に当たる現場の人びとの苦労に寄り添った記述は、注目に値する。が、結局は、制度的な解説と、もっと公的な援助を、と正解のようなことをのべて終わっていて、実際に、例えば虐待被害の子どもたちのいる児童養護施設にどこまで取材をした上での記述なのか、筆者の呼吸が伝わって来にくい点は気になった。

三つめに、ただ一つ、工夫の見られる紙面があった。『福島民友』紙の「共に考え助け合える友達を」である。
 その社説は、「皆さん、学校生活は楽しいですか。仲の良い友達(ともだち)はいますか。学習やクラブ活動などをする中で、励まし合ったり、競い合ったりできる友達はとても大切ですね。」と語りだし、猪苗代町で生まれ育った野口英世少年にまつわるエピソードを紹介しながら、彼を支えた仲間の大切さに触れて、「皆さんの学校では、いじめはありませんか。人間だから性格が合う、合わないはあるでしょう。しかし、いじめは絶対(ぜったい)にいけません。全国では、いじめがもとで不登校になったり、自殺したりする悲しい出来事(できごと)が起きています」と警告を発している。

せめて「子どもの日」は、全国紙・地方紙の社説が、小学校高学年から中高生に至る子どもたちが読めるような語りかけ調をふくめた、読みやすい文体で書いてはどうだろうか。子どもの権利を言うなら、まず子どもたちが新聞の社説に接して読み出したくなる文体の工夫もあって良いのではないだろうか。子ども理解を大切に、と主張するその「社説」自身が「である体」で、まるで子ども問題の全容はほぼわかっている、だからこうすべきだ、と言わんばかりの提言を述べている。それは子どもたちを相手にした文章ではない。

この矛盾を解決することが「子どもの日 社説」の第一のしごとではなかろうか。

四つめに、『神戸新聞:子どもの権利/地域一体で守り育もう』という子どもの権利論がもっと増えても良いのではないか、ということ。同紙の「きょうは『こどもの日』。子どもの権利を尊重することの大切さをあらためて考えたい」の出だしは全くその通り。

日本政府が1994年に国連の採択条約「子どもの権利条約」を批准しながらなぜ国内でそれが浸透してこなかったか。それは、学習指導要領でその扱いが不明であるし、関心のある教育関係者も「子どもの権利」と聞けば「それは第三世界のことでしょう」という「常識的な」理解があるからであろう。

あるいはもっと「積極的に」、子どもの権利を云々すると子どもたちをつけあがらせるので、そういう問題はできるだけ遠ざけておくほうが良い、とする「理解」者がいることも確かだ。

「社説」で子どもの権利尊重を各紙が扱ったからといって、それでどうなの、と聞かれればすぐに何か変化が起きるわけではないのは確かだ。しかし、子どもの権利を本気で語ることは、大人自身の権利を捉え直し、その現状を語ることでもある。そこに、私たちの社会の、まさに足元のテーマがあるのではないだろうか。

最後に、もっと地域性を織り込んで、子どもたちの実態と、にもかかわらず変革していく芽があることを書き込んでも良いのではないだろうか。
 例えば、『熊本日日:震災と子ども 心のケアに万策講じたい』は、避難生活が続く中での子どもたちの不安を正面にすえている。『琉球新報』は、「(沖縄:引用者)県が1月に発表した子どもの貧困率は29・9%で、全国平均の16・3%(12年)に比べて深刻さが際立つ。困窮世帯の子や孫に貧困が継続される傾向が著しく、学びや自立の機会を奪っている。/こうした状況を受け、県も『子どもの貧困対策計画』を策定し、本腰を入れている。鍵を握る理念は『つながり、皆で育む』だ」として、理念にも言及している。

不登校問題に言及した社説はあったが、今進行中の略称「教育の機会確保法案」に言及したものはなかった。この法案に対して「現状変える一歩」と「子供追い込む」という二分した評価の実態にこそ、今子どもたちを救済するとはどういうことか、という重要テーマが横たわっているというのに。



 「大学生ってなに?」講演会の要旨(16.5.3.)

4月の下旬、前任校の愛知教育大学で、学生有志の会主催の標記の講演会で話しました。前学長の松田正久さんと二人が講師を務めました。以下は、そのときの私のレジュメの短縮版です。

なお、この講演レジュメを基にして加筆し、あいち民研の『年報 2016』に寄稿しました。それは6月12日のあいち民研総会の場で会員に渡される予定のようです。

さらに、このたびの講演の準備が「発火点」となって、ほっとブックス新栄から、前作『そばにいる他者(ひと)を信じて子は生きる〜伴走者という役割〜』に続く第二作を準備し、完成稿ができました。その書名は『アザーリングのすすめ』です。

「君たちの素敵なアザーリング(othering)を〜出会い、仲間、活動、そして自分らしい生き方へ〜」
                                 折出健二(愛教大名誉教授 教育学)

1 アザーリング、それは君の自立=“self-relying”につながる宝物

(1)Other(他者)+ing → 自己形成に意味のある他者を得、他者に援けられて、自分が何者であるかを教えられる。その自分が、誰かの他者となって支えてあげられる。身近な信頼関係のなかでの自己確立。

(2)太宰治『走れメロス』は、メロスと無二の友人とのアザーリングの物語。

2 自主活動と学びにおけるアザーリング

(1)大学でのサークル、自主ゼミの仲間たちにみるアザーリング

(2)自主ゼミの可能性と教育力:私の経験から:「教育基礎ゼミ」を助手時代から続けた。

3 対人関係におけるアザーリング
 

(1)アルバイト先での出会いとアザーリング。社会人から学ぶこと

(2)青年期固有のアザーリングってあるの?
 @ 自分は何者なのか、社会の中での自分の役割は何なのか、という問いと向き合いながら、自分の人格的な再統合を試みるとき(E.H.エリクソン)。
 A 自分との出会い直しが生まれる。「その一歩」を踏み出そう!

(3)学生時代の恋愛は、どうなる?

4 政治参加とアザーリング

(1)政治参加は、自分の欲求を要求に高め、それを(社会的な、文化的な)必要として意義づける認識を伴って、主権者として行動すること。

(2)真の「役に立つ」とは、《働きかける者が働きかけられる》こと。
 

5 大学とはアザーリングの、自由な協働空間

(1)大学には、二つの意味がある。

(2)平和を願う国民の願いを受け止める学問の基盤が必要。大学が、軍事・戦時の事物研究に陥り、これを国民に輸出し出すと、大きな誤りを犯す。

(3)教員養成の歴史による審判と現代の課題
@ 戦前の師範教育:「師範とは死範なり」とたたき込まれた(熊本師範の例)。
A 自由闊達な真理探究を基本とする大学が、式典で「君が代」斉唱をするからにはその理由をひろく述べて、大学の理念を国民に示す責務がある。国から税金(運営費交付金)をもらっていながら国旗や国歌に消極的なのはおかしい、恥だ、という見方もあるが、納税者の間でも、国旗・国歌の考えが二分している以上、慎重な態度を取ることには合理性がある。
B 小中高校の学習指導要領は、それぞれの学校段階のカリキュラム(教育課程)を編成する基本方針だからそれが学校運営でも重要視されるが、大学は、個別の専門諸科学・芸術・スポーツの研究・教授・学修の場。
C 安保法制が施行(3月29日より)され、現状の「集団的自衛権行使の容認」で、海外での武力使用が可能となり、「戦争をする国」への転換が為されたことは明白である以上、その戦争をすることを肯定する教育へと大学教育が舵を取ることにつながっていくことがないように、学問研究を基盤にしっかりとした視点が求められる。特に教員養成系大学はそのことが重要。

(4)教育者自身が教育されなくてはならない
 

6 アザーリングとグランドセオリー

(1)人間形成の場としての大学は、自由闊達で多様なアザーリングの展開する協働社会となるべきだ。それは若い世代の人たちが自己の思想を形成する空間としての大事な条件。
  Cf. 私の場合:いずれも邦訳。数字は原著の刊行年。
◆G.F.ヘーゲル『精神現象学』(1807):
◆K.マルクス『経哲草稿』(1844):
◆F.エンゲルス『イギリスにおける労働者階級の状態』(1842):
◆J.デューイ『民主主義と教育』(1916):
◆J.L.ハーマン『心的外傷と回復』(1992):
◆日本の思想家・研究者としては、戸坂潤、丸山眞男、親鸞(徹底して弱者の視点に立つ思想)、宮坂哲文(教育学)などから学んできた。

(2)この《対話》が培う内的な知力は、どんな苦境や困難にぶつかっても崩れない支えになる。

7 私生活にひと言
※インスタント食品の偏食は塩分過多となり、近い将来、健康に黄色信号。
※タバコの過剰摂取は、血管を弱め、裂けやすい状態に。思考力低下も招く。
※適性を超えるお酒の常習は、脳の働きを弱め、判断力を鈍らせる。

おわりに
 アザーリングに型も方式もない。君が踏み出す、その一歩・その場・その関係性にアザーリングが生まれる。その意味で、アザーリングは、いつも新鮮なテーマである。



 ふたたび、太宰治を(16.4.30.)

檀一雄『太宰と安吾』(角川文庫、2016年。ただし、2003年の同名の本を単行本化したもの)は、書名の通り、太宰治と坂口安吾について書いた短評やエッセイをまとめたもの。その中の太宰のパート部分を読みました。

著者の壇一雄は、壇ふみさんの父親で、文壇で人脈もあり、幾多の作品を発表してきた人。直木賞も受賞しています。東京帝国大学で太宰と出会い、そのほか多くの作家・文人との交流があったようです。

太宰治も酒豪だったが、壇一雄も同類で、東大時代にもほとんど講義には出ないで、あの制服制帽のまま酒場に出入りして飲み歩いたことも書かれています。そのほかにも、身近に太宰と過ごした著者だけに、太宰の人柄や、作品からは見えてこない彼のなまの姿もリアルに書かれています。

太宰は、本名・津島修治といいますが、津軽の大きな金貸し地主の家に、10人目の子、男子で言えば六男として生まれましたが、そこにすでに作家として生きていくほかには生きる術がなかった、その彼の宿命の原点があったように思う、と著者は書いています。

太宰は少年時代から「神童」と呼ばれるほどに優秀な成績を収める能力の持ち主でしたが、弘前高等学校時代に進学し、そこでまったく学んでいなかったフランス語の分野、東大の仏文科に入学したことで、もうほかの職業には就けない、作家しかないということが決定的になった、と著者は書いています。当時、太宰が非常に尊敬する人物がその学科におり、その学科では「第一志望者しか採らない」と言われていたようで、こういう経緯からも太宰の人生はそこで決まったようなものだったと。

当時としては恵まれた家庭環境に生まれながらも、あてにされない処遇をうけざるをえなかった一人の男性としての苦悩。それが彼の人生の底流に、協奏曲のメインのように繰り返し出てくるのでした。その解消として飲酒の他にも、麻酔剤系の薬中毒になっていたようで、下着姿を見たことのある著者によると、太もものあたりに多くの注射針の後があったそうです。

長兄から疎まれたことも、多額の借金も、妻の不倫問題も、芥川賞受賞で一気に吹っ飛ぶはずでした。が、選にもれたのでした。その失望たるや、並々のことではなかったようです。

とはいえ、彼の作品は、今も尚多くの国民を惹きつけるもの、それだけの価値を持っているのですから、彼の生涯と作品とは、いったん区別して受け止めて良いのではないかと思います。

ところで、話題になる「太宰治」というペンネームの由来についてですが、同級生に太宰姓がいてそこから採ったとか、万葉集をヒントにしたとか、諸説ある中で、あるサイトの文章に、「『新潮』七月号で井上ひさしさんがドイツ語の『ダーザイン』(現存在)をもじったものだという説を紹介している」とありました。

私も、前から、この井上氏の紹介の説と同じ感想でした。ドイツ語のdaseinは「そこにある」「生存している」で、その名詞がDasein「現存在」「(哲学の)定有」。太宰は高校時代に第二外国語でドイツ語を履修していましたから、その言葉をペンネームにする意図がどこまであったかはともかく、ヒントにはなったことでしょう。ましてや、自分の人生の特殊性、こうして生きてきた・生きていること(まさにDaseinそのもの!)を青年期の彼が真正面から受け止めようとしていたことからすると、案外、ぴったりの言葉でもあります。

Daseinをヒントに九州天満宮の名前も重ね「太宰」、そして自分の「修治」(どちらもオサメルの意味で、一つでよいから、が本人の弁。)から「治」をつける。こういう解釈もあり、なのではないかしら。

【追記 16.5.1.】太宰は、幼少期には病弱の母親から離されて乳母に育てられ、思春期以降は、長兄たちの後に続けるようにエリート教育を受けさせられながら、東京大学に入学できた。

その後の「(彼は)作家しか生きようがない」(壇一馬)人生を太宰なりに奔放に生きながらも、彼にとっては、一貫して「そばにいる他者探し」という根本のテーマが続いた。通い詰めた芸者を妻にしその妻からも姦通で裏切られ、別の女性と心中死するに至ったが、壇が述べるように、その女性もたまたま死の同行者となっただけで、どうしてもその人でなくてはならなかったかどうか。

ここに太宰の人生物語の中における「アザーリング:他者を得てみずからも誰かの他者となる」のテーマがあると私は見ている。



 講演会の紹介 (16.4.28.)

前任校・愛知教育大学の学生さんから依頼されて、ここにアップします。

メディアにも多く登場している元小学校教師・菊池省三氏が、この5月15日(日曜日)に愛教大にきて講演するとのこと。

場所は、教育未来館3階多目的ホール。13:30分開始で、はじめに菊池実践を映像化した上映、その後、ご本人の講演。17:30終了予定。

参加費は、社会人 2,500円、学生 1,500円。

予約は、右のアドレスから。  idomu0515@gmail.com

同大学の教員養成課程の学生たちが自発的に設ける集会なので、その意義に感じて、私は菊池氏とは全くつながりはないのですが、少しは協力することにしました。



 訃報(16.4.26.)

◆さきほど、あいち民研の研究部長さんより下記のメールが会員に配信されました。

「あいち民研初代理事長、愛知県立大学名誉教授の山田正敏先生がお亡くなりになったとの知らせが入りました。
 葬儀、告別式は家族葬で行われるということで詳細は記しませんが、後日、偲ぶ会が行われる予定だということです。」

◆山田氏とは、あいち民研の創設時からの活動を共にさせていただき、また、愛知版「15の春を泣かせない」の県民運動の事務局を担われて、複合選抜方式の導入に対して広範な層の世論形成と改革案づくりでご尽力されました。

山田氏は「問答無用ではなく、問答有用でいかなくては」と、互いの対話と相互理解を軸にした教育の再生を良く語っていました。

人の観察と人物評価は、私の身近な人びとの中では、「天下一品」に近いくらい、天性のような感覚・嗅覚をお持ちでした。そして、けっして、誰それをけなしたり酷評したりしないで、その人がある地位に就いたり、あるいは異動したりした話でも、かならず当人はどういう気性でどういう傾向があって、なぜ今回こういう結末になったか、をまるで付き添って見てきたかのようにリアルに語ってくれました。

◆あいち民研の活動に関しては、第一線から退いてからも、民研が保護者・住民との関係をどれくらいきめ細かくつくっているのかを、常に気にしておられました。私がまだ民研の所長であった頃に、一度、自宅に夜電話をしてこられて、何か日頃の思いをぶちまけるかのように一気に話されたのを覚えていますが、その主題も、民研が保護者から次第に離れているのではないか、研究者と教員だけの会にしてしまってはあまり意味がないぞ、との要望でした。

おそらく「15の春を・・・」の運動でのご経験が氏をしてそういわせるほどに重く、かつリアルだったのではないでしょうか。

◆愛知県立大学に学び、青年期の色々のことがあって退学した、ある女性がいます。彼女は、こんど不登校・ひきこもりの若者が気楽に集まって小さな社会参加ができる「カフェ」をつくることにしました。お店となる物件も決まったので宣伝をしたいが相談に乗って欲しいということで、先日彼女とあって話を聴きました。

そのときに、県立大時代の話題になって、彼女が思い悩んだあげくに「バーテンダー」の道を選びたいと、ゼミの指導教官ではなかったが近藤郁夫さんに話したところ「いいんじゃないか、やってみたら」と後押しをしてもらった。その近藤さんも今は故人。そして、彼女のゼミの指導教官であった山田正敏氏のことをお互いに話したばかりだったのでした。その山田氏もここに永遠の眠りにつかれた。

◆わたしが助手で愛教大に就職してからの38年間の活動のほとんどは、県内の教育問題や教育改革運動との出会いと参加であり、あいち民研の活動への参加でありました。そのどの局面でも、山田氏とはご一緒する機会が多かった。そういう意味で、ほんとうに寂しくなります。

「おりでくん、アンタも元気でようがんばっとるね」。そんな声かけがふと聞こえてきそうな、今の心境です。心よりご冥福をお祈り致します。



 大阪市の第三者委員会 (16.4.26.)

大阪市の公立小学校で起きたいじめ事案に関して昨年6月に第三者委が立ちあがり、弁護士・臨床研究者等の委員と共に活動してきました。私が委員長を務めました。途中から、同じ大阪市内で別の事案があって、条例規則上、私たちの組織は同委員会の部会となりました。

先日、調査報告書も確定し、ようやく終結を見ました。11ヶ月を要しました。その内容はここでは割愛します。

部会のチェアマンとしては、本当にほっとしているところです。



 お見舞い申し上げます(16.4.23.)

熊本の皆様、こんなに大きな余震がほぼ10分おきくらいに数日も続くとは予想さえされなかったでしょう。被災地におられる皆様の胸中を察し、お見舞い申し上げます。

地表にまで地殻のズレ、それもほぼ南北に引き裂かれたようなズレが航空写真等で確認されて、今回の地震の威力を知らされました。東北で起き、5年後に今度は九州でM7のクラスが2度続けて起きて、東海エリアにとってもこれは他人事ではありません。

このところ、個人的にも身辺多忙となって発信が停滞しがちでした。熊本被災のニュースはTV,ラジオ、新聞で毎日接してきましたが、言葉を失うくらいに、ほんとうに大きな地震被害です。

そうしたなか、国会でTPP問題を審議している委員会においても、鹿児島の川内原発の安全について大事故をまねかないためにも至急に運転停止を、の声が委員から出ておりました。

ところが、丸川環境大臣は、「今はそういう状況にはない」とすげなく、それを否定しました。ヤフー・ニュース速報によりますと、「NHKが熊本地震発生を受けて開いた災害対策本部会議で、本部長を務める籾井勝人(もみい・かつと)会長が『原発については、住民の不安をいたずらにかき立てないよう、公式発表をベースに伝えることを続けてほしい』と指示していたことが22日、関係者の話で分かった。識者は『事実なら、報道現場に萎縮効果をもたらす発言だ』と指摘している」そうです(URL=http://news.yahoo.co.jp/pickup/6198800)。

福島第一原発の事故被害をまた起こさないためにも慎重に対応するべきだ、との立場からの意見なのに、要は、原発再稼働の国の施策を邪魔するような報道はするな、というNHKの最高権力者の声です。これは、報道の現場を萎縮させるのは当然です。

二つめに、そのことと「激甚災害」認定が遅れたこととは関係していると思います。本日(4/23)の報道でも、安倍首相が熊本に現地入りして、被災者を訪ねねぎらったあとに、記者会見して「激甚災害認定を月曜日におこなう」と言いました。しかし、あまりにも遅い判断です。



 改めて弁証法の魅力に(16.4.17.)

あることで調べることがあり、ヘーゲルの『大論理学』(寺沢恒信訳)にあたり、その関連で、新訳で出された長谷川宏訳『論理学』(作品社、初出2002年)(左記の「大論理学」に対して通称「小論理学」と言われる。)も読み始めました。

平易な訳文を心がけたと訳者が述べるだけあって、読みやすく、わかりやすい文体での訳書になっています。特に、ヘーゲルが講義の中で補注を述べた部分は口語体で書かれています(これはもちろん聴講生の講義ノートを基に編集者が載せたもの)。

◆1818年10月にベルリン大学でヘーゲルが聴講生に向かってあいさつをした、その聴講者のノートの文章も収められています。

(前略)「わたしは特に若い精神に呼びかけたい。若さとは、必要にせまられて目的を限定して組織立てることなく、利害にとらわれぬ自由さをもって学問的研究に自主的にたずさわることのできる、人生の美しい時代なのですから。」(中略)

「さしあたりみなさんに要求したいのは、学問を信頼し、理性を信じ、自分自身を信頼し、自信をもつこと、それ以外にはありません。真理に立ち向かう勇気をもち、精神の力を信じることが哲学研究の第一条件です」

◆そして「第一部 論理学」の中で、「弁証法の運動」、それは「有限なものは外から限定を受けるだけでなく、自分みずからの本性によって自分を破棄し、反対物へと移行して」いくことにあること、つまり「有限なものが内部矛盾を起こし、自己解体していくこと」にあると述べています(長谷川訳、185頁)。

◆また、弁証法は詭弁術とは違う、と言い切っています。詭弁術は、個人の有利な面だけを取り出してそれは正当だと強弁するやり方である。その例として、自分の安楽を取り出して、そのためには盗みをしても良いとするやり方である。

弁証法は、「ものごとをあらゆる角度から考察し、分析的規定の有限性と一面性を明らかにすすのが弁証法」だと(186頁)。

この辺で留めておきますが、実践のあらゆる場面で、この弁証法による見方が有効に働く場面が非常に多くあります。



 ちょっとひと息:「007シリーズ」最新作(16.4.13.)

私も人並みに007シリーズのアクション映画は好きで、公開作品はほぼ観ています。最近、DVDレンタルで新作「007 スペクター」を観ました。同作品は国内では昨年の12月に公開されたので、以下のことは、もう旧い話題かも知れません。そうお感じになりましたら、どうぞスルーしてください。

◆ジェームズ・ボンドを演じるダニエル・クレイグ(Daniel Wroughton Craig, 先月48歳になった。)は、相変わらず、アクションシーンでも投げ飛ばされたり、首締めにあったりしながらも、反撃に出て相手をやっつけるというタフな演技で頑張っていますね。

彼としてはボンド役がこれで4作目。最初の2005年「カジノロワイヤル」では、それまでのボンドと比べてどうのこうのと悪口を言われたようで、本人も気にしたようですが、「演技で乗り越えるしかない」と気合いを入れて、これまで取り組んできているようです。

「スペクター」の出来栄えは、大仕掛けのアクション・シーンには目を引くものがあります。例えば、メキシコの「死者の日」でのボンドの狙撃シーン。骸骨のお面を被った仮装行列で盛り上がる大勢の人混みの上空で、ヘリコプターの機内で敵とアクションを繰り返す。ヘリコプターは操縦パイロットもボンドに反撃されて操縦が無方向になって、機そのものが上空で宙返りをするなど、スリルは十分でした。

が、スペクターという(タコの足のように国際的に広がる)秘密組織の役割や、ボンドの属するイギリス秘密諜報部、00部門の廃止決定のもくろみ、そして諜報員であった父の死を知りたいと、敵の捜査にボンドと同行する若い女性、こうした見せ場のつながりが、ややストーリーとして広がりすぎて、込み入っているような感じでした。

ジェームズは早くに両親を亡くし、わが子同然にある男性に育てられたが、その育ての父の実子がボンドの兄であり、またスペクターの親玉であるという構成が見えてきて、なるほどそういう対決であったのか、とわかります。

◆話題の、フランス女優、レア・セドゥ(Lea Seydoux,レアのeの文字にアクサン記号が付きます。30歳)は、気品もあるし、雰囲気のある魅力的な女優さんです。ネットでは、「そのアンニュイさ」が素敵、などと書かれていましたが、いわゆる美女の女優とされてきたハリウッド系のひとたちとは違って、すこし気だるそうな、相手を遠くから眺めているようなまなざしや醸し出す雰囲気が人気の秘密なのでしょう。世界でも注目が集まっているとか。

◆先日、BSの番組で007シリーズの「ロシアより愛を込めて」を久しぶりに観ましたが、初代のボンド、ショーン・コネリーは背が高く、紳士的で、ユーモラスな面もあり、その一方で激しいアクションにも身をもっていどむという役柄で、こういうボンド像を引き継ぐのも大変だと、D.クレイグさんに少し同情もしました。

「ロシアより・・・」も、旧ソ連の秘密暗号解読機・レクターをめぐる暗躍と攻防を軸に、速いテンポで物語が展開し、良い作品に出来上がっています。

◆D.クレイグさんもすでに次のボンド役が決まっているようですが、50歳代の大台に近い年齢なら、ちょっと人生の教訓めいたせりふも言ってみて、味を出してもいいのではないかしら。激しいアクションも、その画面では脳裏に刻まれるほどのインパクトはあるけど、観客の生き方の中に落ちていくかというと、それがないのですから。

アクションもさることながら、グッと来る台詞を、と感じることがそもそも私がそれなりの年になったということでしょうね。



 今日の教育情勢論(16.4.11.)

全生研の研究部に報告した拙論を下記にアップしております。これは今年7月末に開催される全生研長野大会(第58回大会)の基調提案作業の一環ですので、まだ他用・転用はご遠慮下さい。

 こんにちの「学校改革」政策の問題と教師の立ち位置  




 講義がスタート (16.4.9.)

読者の皆様も、新しい職場、新しい同僚、新しい子どもたち、あるいは学生たちと、「新しい」づくめで、フレッシュに新年度を迎え、そして忙しく日々を過ごしておられるでしょう。

私も、4月8日が、担当科目講義の第一回でした。指定の教室に入ったとたん、コの字型に並んだ机に着席している二桁の受講生たちをみて、あの、いつもこの時期に出会うまぶしさを感じました。

ガイダンスを兼ねて、養護教諭を志すのになぜ教育原理・教育学を学ぶのか、を話しました。話題の焦点として「ケアする」をとりあげ、educate(引き出す、育てる)の語源であるラテン語のeducare(aの上にバーが付く。)には、いまでいう「care」が入っており、このことは教育する営みが元々ケアを含んでいることを表している、と紹介した(この説の最初の提起は佐藤学氏(現学習院大学))。

そのうえで、「では、ケアする、ということを皆さんはどういうイメージで今、考えていますか」と投げかけ、一人一人に発言してもらった。ひと言で「○○だと思います」で終わるかな、と予想もしましたが、決してそうではなかったのです。

一人一人が言葉を紡ぎながら、長いセンテンスで発言してくれました。次回の講義が楽しみになりました。



 前田健太の活躍(16.4.7.)

今夜(7日)のNHKニュースで、ドジャースに入った前田健太投手が現地の6日(日本時間7日)、パドレス戦でメジャーデビューを果たした姿を画像で観ました。なんと、みずからレフトスタンドにメジャー初本塁打を放ち、しかもドジャースは7-0で勝って、前田投手が勝利投手になった。

めったにこういう大リーグのことはここには書かないのですが、投打のこの活躍! 人生にはこういうことってあるのですね。もちろん彼の地道な努力がもたらした成果なので、結局は、運というより、実力のなせる技なのです。広島カープつながりで、マエケンの活躍に拍手をおくります。



 いよいよ新年度スタート (16.4.2.)

早いもので、4月となりました。知人とのメールでのやりとりでも、入学式があったこと、新たな年度の計画のことなどが話に出てきます。私も昨日、4月1日出勤して、新任教員8名の方との職場昼食会に出ました。そして、今日、2日が入学式です。

昨年は大府市役所の講堂を借りて行ったのでしたが、今年は、学部の大講義室を使ってやります。そのため役職者以外の私たち教員は、1階ラウンジでモニター画面で式を観て、そのあと保護者を前に教員紹介に臨みます。新入生には4日のオリエンテーションで会います。

3月としては、先日、連れあいが望んだので、皇居乾門通りの公開に行ってきました。が、まだつぼみでもうすぐ開く感じでしたが、たくさんの人出でした。東御苑の桜は満開もありました。

坂下門に行くまでに、蛇行している行列で進んで、荷物検査、ボディチェックを受けます。刃物類はないか、ペットボトルの液体はちょっと飲んでくれ、となかなか細かい。テロ対策の訓練を兼ねているのだなと感じました。

そのあと北公園を歩いて抜けて、靖国神社に。連れあいは、親しくしている知人に頼まれたこともあるので、と本殿まで。私は「安倍首相が参拝するところには行きたくない」と言って、桜の標本木のあるところで待っていました。

そこを出て、近くの和食店でお昼。そして、千鳥ヶ淵へ。二人とも初めてなのですが、ここは満開の桜が濠にせり出し、中には水面すれすれまで枝が降りていて、見事。歩道沿いに歩いて行くと目の前に何本もの古木があり、太い幹から枝がせり出しているのです。

陽射しを遮るものは何もないし、桜の木がのびのびと生育してきたとわかります。

こうしたことも退職後の身であるからできたこと。現役時代なら新年度準備で、慌ただしく動いているところです。現役の皆さん、申し訳ない。

4月、5月は、結構忙しくなりそうです。4月下旬には、前任校の愛教大の学生有志が企画した「講演会」。元学長の松田正久さんと、副学長を務めさせていただいた折出の二人が、27日水曜日の午後、連続して話をします。講演テーマは「大学生ってなに?」。

松田さんは、「大学でどう学ぶか」。私は、「君たちの素敵なアザーリングを〜出会い・仲間・活動、そして自分らしい生き方へ」。

5月には、盛岡の青少年育成センターで講演です。「登校拒否・不登校 全国のつどい」がきっかけで、そこのセンター長さんから依頼がきたわけです。同じつながりで、7月には長野県上田市で講演。

私の話しぶりをご存じの方は、不登校の親御さんたちを前にしてうまく合うのかしら、と感じられるでしょうね。ところが、不思議なもので、いつもの教員や市民に話してきたのとは違ったトーンで、笑いの素材も入れて話しているのですね。私なりにリラックス出来ているからでしょうか。

ヒントは、いつもの生活指導論や学校改革論ではなく、生き方論、人生の話をそのまま語ってよいからだと思います。私なりに、ヘーゲルの哲学をきっかけに、親鸞や仏陀、キリスト教のことなどを以前から我流で学んできていますし、精神医学の著作にも刺激を受けてきています。そのことが、わが子の不登校で親として、おとなとして、どう受け止め、どう関わっていけばいいのか、親としての自分の人生はどう受け止めればいいのかと、悩み苦しんでこられた親御さんたちと、見通しへの切り口の話として合うのでしょうね。

ヘーゲルの「精神現象学」も、ある面では、精神のみずからをさがす旅の書であり、自己探求の苦闘を経て精神が、おのれを知る絶対知と合致するという哲学の極みを彼は論究したわけですから、まさに人生論そのものともいえます。

いや、そういってはヘーゲルには失礼ですね。彼は人類史そのものを哲学として対象化したのですから。私がその壮大な著作を、人生論の角度で読み込もうとしてきているといったほうが正確です。



 春の選抜高校野球、智弁学園が延長戦を制す(16.3.31.)

自宅での作業を中断して、決勝戦、高松商業対智弁学園の試合を8回表からTV観戦しました。ちょうど、1−0で追っていた高松商が1点を入れて追いついたところでした。

そのあと、高松商の浦、智弁学園の村上両投手の投げ合いになり、延長になりました。十回も、どちらもランナーが出て、一打追加点あるいは逆転の場面はあったが、投手が投げ抜いて、ついに十一回へ。

野球のドラマがここで展開。ツーアウト2塁の場面で、投手村上の打順で、浦投手が渾身の力で投げたストレートを村上が打ち抜いてセンター方向へラーナー性のあたり。素早くバックするセンターを越えてフェンスに当たって跳ね返るのをセンターは素手でつかんですぐにバックホーム。しかし、返球が高めにそれたこともあって、ランナーはホームイン。逆転優勝。2−1でした。

私も広島の田舎の中学校で野球部をやっていて、広島県西部地域の大会で、のんびりした田舎の中学校チームである私たちが勝ち抜いて、都会の垢抜けしたチームとの決勝戦を、今は廃止となった広島市民球場でやりました。得点は忘れましたが、相手に打たれて、準優勝となりました。そうした経験から、選手がバッターボックスに立てば、まるで自分がそこにいるかのように緊張を覚えてしまう場面もあります。

それにしても劇的な幕切れ。村上君のバッティングも良かったが、あのセンターの深いところからショートの中継を介して捕手に届いた、そのリレーの見事さは勝ち負けの影に隠れているけれども、確かな技術を感じます。捕手の捕球がもう少し低めであったらタッチアウトの可能性もあったので、それは残念ですが、この劇的な終わり方に野球の醍醐味があると思います。

次の夏の大会が楽しみですね。



 太宰治の人間味あふれる津軽旅行記『津軽』 (16.3.28.)

これは、まだ戦時下の折、新風土記叢書の一巻で「津軽」を書くために太宰自身がふるさとの津軽旅行をした、その紀行文と小説とを合体したものである。太宰が35歳の時、1944年の完成・刊行。

構成は「序編 本編 一巡礼 二蟹田 三外ヶ浜 四津軽平野 五西海岸」となっていて、所々、百科事典や専門家の見解を引用しながら地理やその郷土の歴史が紹介されているが、それ以外は、親しい友や実家の人びと、そして幼い頃子守をしてくれたたけという女性との再会など、まるでドキュメント映画を観るかのような物語となっている。

太宰は津軽半島の根本、中央部の金木(かねぎ)の出身で、そこに帰省する前に、知己のひとたちと津軽半島の東海岸、つまり陸奥湾沿いに宿泊をしながら小旅行をしている。それが上記の「本編」の一から三までの物語となっている。

◆津軽に対する太宰の目はきびしい。それは、愛想がなく、どこか卑屈で、自分たちだけで収まっているという印象。あとで、幼少期の子守役だった「たけ」を訪ねていくくだりでも、北津軽の描写でそれが出てくる。

◆太宰の坊っちゃん的で、しかもやや軽はずみな振る舞いが現れているエピソードが出てくる。旅行中に鮮魚を行商している人に会い、生きの良い鯛を1円70銭で買ってしまった。宿について、女中に、「一尾丸ごと塩焼きにしてほしい」と話すが、どうも伝わらないようで、同行の友人が「(三人いるからといって:注記)三切れにこだわらなくて良いから」とわざわざ付け加えた。

買った本人の太宰は丸ごとの鯛が出てくればこれはこれで豪華な気分になれると思い込んでいたが、なんと、出てきたのは、五切れに盛られた塩焼きで、お頭も尾も載っていなかった。三切れでなくて良いといわれたので、五切れにしたというわけだ。太宰は頭に来て、食べたくない、と意地をはるのだが、友人になだめられた次第。こういう一面を素直に文章にしたところに太宰という作家の魅力があるのであろう。

◆実家に戻ってからの太宰は、どこか緊張してぎくしゃくしている。特に兄(といっても、長男、次男とも早くに他界し、三男が、太宰にとっての長兄となった。ほかに四人の姉、二人の兄:注記)とはほとんど会話をしていない。兄とのそういう関係を「ひびわれた茶碗はもとに戻らない」とたとえて書いている。父亡き後、その父と同じくらい兄が怖かったという。

しかし、兄は無口で孤独ではあるが、地域には影響力をもっていたようで、行く先々で、「あの文治(兄の名:注記)さんの弟さん」と言われた。

◆太宰(修治)を生んだ母は病身で「母の乳は一滴も飲まず」乳母に育てられ、三歳頃から女中・たけに世話をされた。五能線で西海岸に行った後、いよいよ旅行の仕上げのときに、そのたけを訪ねていくことにした。たけは、北津軽の北端に近い小泊に住んでいる。そこへ向かうバス(バスで二時間かかったと書いている:注記)で車窓からの景色を見ながら、北津軽も津軽らしいという。あたりの草木が「旅人」(それは太宰自身のこと)と少しも会話しない、と。

旅の前半で友人たちと酒盛りをするのだが(それにしても太宰は酒飲みだ、行く先々で酒を飲んでいる:注記)、友人たちは、自分を作家としては評価してくれていない、という気持ちをあからさまにぶちまける場面がある。友人たちは冷ややかにそれを聴いていた。同じく、津軽の景色までが自分を受け入れてくれない。そういう気持ちが、風景描写にはにじみでいている。

その辺にも、根底に流れる、太宰の孤独感、求めても尚得られない、愛着の応答なきさびしさがあったのであろう。

◆たけを訪ねて海岸近くにきたところでは、「国防上たいせつな箇所なので、れいによって以後、こまかな描写はさけよう」と書いている。まさに秘密保護法と同じ状況だったのだ。今後、わが国の小説家も同じような「心理的規制」を働かせて小説を書くように変わるのだろうか。

たけの家を見つけて行くと不在だった。近くで運動会がありそこだろうと近所で教えられ、国民学校に行った。その時の描写は、万国旗がひるがえり、ムシロでつくった小屋が百近くあり、ちょうど昼時であちこちで弁当を開き、酔っぱらいもいる。「国運を賭しての大戦のさなかでも、この大宴会」と太宰は書いている。1944年のことと言えば、敗戦前夜ともいえるが、当時の中央の動きと、北津軽のこの一場面との大きなギャップ。ここに民衆の現実がかえって現れているようにも思える。

やっと、たけに会えて、そばにすわって足を投げ出して一緒に運動会を観る場面がある。太宰は、ここで「はじめて心の平和を体験した」と書いている。やはり、三歳からのたけとのつながり、たけの世話と教育は太宰の人格形成に大きく影響したのだ。たけの「無遠慮な愛情表現」の出し方に自分も影響され、それで、実家に帰っても、兄姉の間で自分だけ浮いたような気分になるのだ、とも書いている。

二人で小屋から出て近くの神社にいったさいに、桜の花の枝を折ってその花をもぎながら、たけが一気に想いを太宰に語る場面がある。「お前に本を読むことを教えたが、たばこや酒はおしえなかったぞ」(原文は津軽弁のまま)と、ひとくさり太宰に注意しているあたりに、たけという女性の修治によせる思いが出ている。

◆私(折出)は、特に太宰ファンではないが、本作を通じてひとりの作家の自己形成を知ったことに興味を覚えた。太宰自身が、自分は酒飲みで、飲んでは自己嫌悪に落ちる繰り返しだ、そこに弱点があり、人から軽んぜられる。酒飲みでなければ聖人にもなれたのではないか。このように書いている。

早くから乳母や女中に育てられ、兄や姉からもけっしてかわいがられたわけではない、彼の生い立ちからすると、どうにも抑えようのない寂しさが去来して、それをごまかすような飲酒になったのではないか。今で言う、アルコール依存症であったことは、本作の中での太宰自身による行動描写から窺える。

「津軽」編の企画を引きうけ、旅行記をまとめながらも、それは太宰自身の生い立ちと歩みの総括の意味を持ったのではなかったか。

『津軽』発刊から4年後、太宰が39歳のとき、女性と一緒に入水自殺をして亡くなった。



 雑感(16.3.27.)

奨学金の貸与・返還については、昨年から、有識者会議で「所得連動返還型奨学金」が審議され、中間報告がまとまった、と報道されました。

それによると、「対象となるのは2017年度以降、日本学生支援機構から無利子で奨学金を借りる人。現時点で、約3割が無利子で借りている。借入額に応じて返済月額が一律で決まる現行の返済方法も、引き続き選択できる」とされ、新制度では、「9%の返済率を新たに設定。借入者の年収の課税所得に9%を乗じた額を1年間で返済する。収入がない専業主婦・主夫らは、配偶者らの収入に応じて計算する」(『朝日新聞』デジタル版 3月26日)。
(URL=http://digital.asahi.com/articles/ASJ3Q54ZXJ3QUTIL03X.html?_requesturl=articles%2FASJ3Q54ZXJ3QUTIL03X.html&rm=302 アクセス:16.3.27.)

さらに、その新制度では、「年収が300万円以下なら、申請すれば通算で10年間猶予を受けられる。ただ、猶予期間以外は、収入がなくても、『最低月額』として2千円の返済が必要となる」ということです。

まさに、これでは教育ローンそのものです。年収がゼロでも、年額2万4千円を返済させる、というのは、若者を一層追い込むことになります。



 「ビフォー」のマスター、逝去 (16.3.22.)

先ほど訃報が入りました。名古屋市の中区東桜にあるウッディで温かみのあるバー「ビフォー」のマスター、T氏が亡くなられたとのこと。ご冥福をお祈り致します。

「ビフォー」とは区画のナンバーが「Bの4」だからとか、マスターがオーナーを務める店の「4番目」だからとか、あるいは英語のbeforeから来ているとか、諸説があったけど、マスター本人さえ名付けの理由は「さぁ、どうだったか・・」というほどであいまいだが、知る人ぞ知るで、素朴で温かみのある雰囲気のバーでした。

「でした」と過去形で書いたのは、このところ長い期間店には行っていないこと、マスターが経営者でもあるので、逝去された後どうなるかは未定であることから、です。新たな後継者が出て引き継がれるかも知れません。

この店で、不登校経験のある過去を背負いながらも努力家で、女性バーテンダーとして世界コンテストに出場するまで腕を上げたバーテンダーのAさんと出会ったし、講演に来られた横湯園子さんもこの店に案内し、横湯さんがAさんと話す中で、ちょうど出版したばかりの本をAさんに謹呈したエピソードも生まれました。

私は現職時代に夜間大学院で学校教育臨床専攻の院生を担当していましたが、ある私立学園の中高校教師でその専攻の院生であった男性教諭と偶然、「ビフォー」のカウンターで出会ったこともありました。

大学院のゼミ生も何人か、二次会としてこの店に連れてきてカウンターで飲みました。その発展で、北大で学会があったときに、懇親会後のオフタイムに、ススキノの路地にある「バー 山崎」に連れて行ったこともありました。

そこの高齢(当時)のマスターも話題の方で、切り絵による似顔絵が得意で、私も作ってもらいました。そしてずっと後にツアーで北海道旅行に行ったとき札幌滞在のさいに、妻をそこへ連れて行って、彼女も切り絵を作ってもらって、いま我が家では、二人の切り絵似顔絵を小振りの額に入れて飾っています。

「ビフォー」のマスターは賄いで料理をこなすが、カウンターの前に立つことはしない人でした。また、あまり客とわいわいしゃべるタイプではなく、本当の常連の気の置けない客とだけ、まるで友達のようにしゃべっていました。その物言いは、離れて聴いていると乱暴な言葉遣いで「お前」呼ばわりをしたりして、親分肌の強さが出る感じでしたが、伏見のあるバーの中堅バーテンダーがTさんにずいぶん世話になったようで、そのどぎつい物言いが実は愛情表現なのだと語っていました。

Tさんは歌がとてもうまいらしく、私が店に行くと、「ぜひカラオケで歌合戦をやりましょう」と持ちかけてきました。話だけで終わってしまいましたが。

昨年の春のことでしたか、名古屋市の広小路祭りで、歩道に出店が並び、軽く飲んだり食べたりするコーナーもあったので人だかりがありました。どうも横顔をどこかで見たような、と思いながら近づくと、マスターのTさんでした。近所に住んでいるらしく、知人のイタリア人が店を出しているので来てみたとか。私は、伏見の青年会館での集会の帰りにその歩道を通ったのでした。

歌謡曲の文句にあるように、「ビフォー」の店は「絵もない、花もない、唄もない」、しかしマスターや客たちの話す「しゃれ」は大いにあった、そういうこぢんまりとした空間で、ほぼ全て木で出来ています。私は、会議などで栄に出たとき、時々、ふっとその店によって、バーテンダーのAさんから教えてもらったスコッチを少しいただきながら、会話をしたり、しばらくぼんやりしたりして過ごしたのでしたが、とても貴重な時間・空間の場所でした。人生のオアシスにたとえてもいいと思います。

以上をもちまして、「ビフォー」マスターTさんへの追悼と致します。重ねてご冥福をお祈りします。



 いよいよ国家が養成する教員統制の時代か(16.3.22.)

3/20付記事「学習院大で会議」の関連で、その後シンポジウムがあり、まず文部科学省初中局の課長の報告だけは聴きました。

それによると、(1)教育再生実行会議の第七提言(2015.5.)をうけて、中教審の答申「これからの学校教育を担う教員の資質能力の向上について」(2015年12月)があり、次期学習指導要領の改訂も「育成すべき資質・能力」を軸に準備されています。

その流れで、下記の3/21付「脱・学力」(これは折出の言い方です。)の論調、「アクティブ・ラーニング」「チーム学校」等の方策が出てきています。

その総仕上げが、大学での教員養成段階となっています。キャリアステージ(養成段階、採用段階、1〜3年目、中堅段階、ベテラン段階)に応じて身につけるべき教員の能力を細かく定める方針です。

その中枢機関が「教員養成協議会」です。その仕組みの中で、都道府県等教育委員会と国公私立大学関係者の協力関係を構築し、市町村教育委員会は学校と連携して研修実施を協議することが進められる。これら全体の協議内容や論点を、国(文部科学大臣)が「教員養成指標」として「策定指針」を提示する。こういう仕組みです。

勘の良い読者はお気づきのように、こういう仕組みの教員養成施策は、戦前の教員養成(師範教育)の国から各師範学校への上下構造がはっきりしていた構図と同じではないが、国が教員養成の内容、その資質能力の具体にまで介入していく構図としては、その戦前師範教育型に非常に近づいていくものをもっています。

答えの見えない時代においてみずから課題を見つけてそれに取り組む意欲と能力。こういう「人材」像は、聞こえはいいのですが、新自由主義の徹底した競争環境を生きていく主体者、つまり市場競争適応型の人材です。

もはや「新学力観」では対応できないほどに激変するであろう日本の将来に大きな危機をいだいている政権の見方がそこに現れています。



 「脱・学力」にギアチェンジした国の教育課程政策 (16.3.21.)

中央教育審議会教育課程特別部会は、2015年8月26日付で次期学習指導要領改訂に関わる「論点整理」をしました。その中で「社会に開かれた教育課程」を強調し、「これからの社会を創り出していく子供たちが、社会や世界に向き合い関わり合い、自らの人生を切り拓ひらいていくために求められる資質・能力とは何かを、教育課程において明確化し育んでいくこと」が改訂の中心課題の1つになるとしています。

そして、「学習する子供の視点に立ち、教育課程全体や各教科等の学びを通じて『何ができるようになるのか』という観点から、育成すべき資質・能力を整理する必要がある」としています。

さらに、「『何を学ぶのか』という、必要な指導内容等を検討し、その内容を『どのように学ぶのか』という、子供たちの具体的な学びの姿」を明らかにする必要があるとして、「学び」で培う資質・能力としては、「知識に関するもの、スキルに関するもの、情意(人間性など)に関するものの三つ」に分類されるとまとめています。

「どのように学ぶのか」の課題として「論点整理」が主張しているのが、「アクティブ・ラーニング」です。これは、「形式的に対話型を取り入れた授業や特定の指導の型を目指した技術の改善にとどまるものではなく、子供たちの質の高い深い学びを引き出すことを意図するものであり、さらに、それを通してどのような資質・能力を育むかという観点から、学習の在り方そのものの問い直しを目指すものである」としています。

いま、簡潔に「論点整理」の論理構造を見てきましたが、(1)「学力」概念がまったく登場しません、(2)「授業」もほとんど使われず「学習プロセス」といった、個別の授業を超えた子どもの学習活動に主眼が置かれています。

「論点整理」の基盤にあるのは、国立教育政策研究所のこの間のリサーチ結果です。同所はその成果を『資質・能力 理論編』(東洋館出版社、2016年1月刊)としてまとめています。同書でも「索引」を見ると、「学力」はありません。

私見では、授業論、学習論、学習集団論など、「論点整理」に関しては色々と論じたい点はありますが、まず「学力」からの脱却というか、「脱・学力」による学習主体形成という、論理矛盾の中身をかかえる教育課題を提出していることは明白です。

逆に、これまで「基礎・基本」としてきたことの確かな習得はどうなるのか、その「基礎・基本」における、いわゆる「学力」としての「知識・理解」を今後はどのように位置づけ評価していくのか。こうした問題が、「資質・能力」論に回収されていて、これで果たして、主体的な批判力・思考力をもった学習主体になっていくのか。そういう疑問が残ります。



 学習院大学で会議(16.3.20.)

3月19日土曜日、東京・目白の学習院大学北1号館で、日本学術会議に登録している教育関連学会連絡協議会の第四回が開かれ、日本生活指導学会の代表理事(三名のうちの一人)として出席しました。その後の、シンポジウムにも途中まで参加しました。

出席した他学会の代表者たちの意見交換を聴いていると、(1)速いテンポで教育制度や教育の基本概念の変更が進み、その全体像をしっかりと把握している人は意外と少ないのではないか、(2)小中高で学習指導要領の改訂をおこない、その総仕上げを大学でやろうとしていること、(3)しかも、国立教育政策研究所の「資質・能力」概念がその指導要領改訂に色濃く反映させられ、もはや「学力」概念は使われなくなっていく可能性が大であること、(4)高校・大学の接続をめぐる入試改革もまだまだ時間が掛かりそうであること、などが見えてきました。



 「人生の意味」を考える:『群像』4月号の特集から (16.3.17.)

誰でも一度は、「自分の人生の意味って何だろう?」と思ったことがあるでしょう。

『群像』(講談社)4月号が、その特集を組んでいますので、関心があり、ジュンク堂で買って読みました。最近は忙しくて、こういうテーマからは離れたところで暮らしていたな、と感じつつ。そのこと自体がすでに「人生の意味」にちょっとは触れたことになるのかしら・・・・。

以下、関連の構成の紹介です。
[特集]●人生の意味?
*対談
 ◇人生の意味  鷲田清一×大澤真幸
 ◇日本人の思想  松岡正剛×安藤礼二
 ◇チェーホフ的人生の意味  辻原 登×沼野充義
 ◇モンテーニュという生き方  保苅瑞穂×宮下志朗
 ◇愛と人生と寅さんと  山田洋次×滝口悠生

錚々たる顔ぶれの「対談」は読み応えがありました。

◆「理解できなくても最終的に納得したい」

このことが「人生の核心にあるんじゃないかと思う」と述べたのは鷲田氏(哲学者)。「3.11」の被災者の思いや、「事件」で自死した方の遺族の思いなどを語る中で、でてきた言葉です。

対する大澤氏(社会学者)も、「自分の人生を全体として総括し、肯定し、受け入れたい」という思いの大切さを語っています。

◆「一寸の寸」が日本人の「救いや神秘」と関係している

これは松岡氏(編集工学研究所所長)の言葉です。そういう言葉が出てくる文脈としては、日本人の思想に常に「対」でものごとをみる思考が根底にある、という議論です。例えば『日本書紀』と『古事記』、伊勢と出雲、アマテラスとスサノオ、生者と死者、光と闇、です。柳田國男や折口信夫(おりぐち・しのぶ)は、こういう「対」として成り立つ「権力の構造や芸術表現の構造」を考察したと。

その「対」は、ある浸透膜によってはじめて融合し一体となれる。日本人は、その「膜」を破るおそれのある「異人」、「異界」「異境」に対する感覚を研ぎ澄ましてきた。それが今なおこの現代にも続いている。こういう議論です。ここに「日本的な傷つきやすさ、繊細さ」があるし、これを今後どうしていくかが課題であると、二人は結論づけています。

【折出私見】ひょっとすると、いくら予防し注意しても「いじめ」が絶えないのは、そのような「異質」への過敏が子どもたちに、おとなから日常を通じて伝播していることも関与しているのかも知れません。

◆「人生の意味」ではなく、正しくは「人生のセンス」ではないか

これは、辻原氏(作家)の発言です。「センス sens」はフランス語では「サンス」、「方向」という意味もあるそうで、チェーホフにしても他の作家にしても、「人生の方向指示」を作品を通じて発信してきたのではないか、と。

そしてチェーホフが作品を通じて言いたいのは、「人生の意味はつかまえられない」から、小説という形式で、読者が主人公の人生を想起したときに、自分の人生がどんな意味を持っていたのかがわかる、「理屈じゃなくて会得できる」ということではないか。このように辻原氏は語ります。含蓄のある話です。

◆「君は生きたではないか。それが君の仕事の中で根本の仕事であるばかりか、一番輝かしい仕事なのだ」

これは保苅・宮下「対談」で紹介された、モンテーニュ『エセー』の最後に出てくる言葉です。

別のモンテーニュの言葉として、同じく『エセー』で、「われわれの本当の自由と、極めつきの隠れ家と孤独とを構築できるような、完全にわがものであって、まったく自由な、《店の奥の部屋》を確保しておくことが必要だ」。

文中の《》は折出によるものですが、これをフランス語で「アリエール・ブティック」と言います。もちろん、モンテーニュほどの人になるとこの「奥の部屋」そのものが無限大の広さを持っている、極めてすぐれた固有の文化空間です。私たちは、それには及ばなくても良いから、そういうちょっとした「アリエール・ブティック」を持つことも、人生の意味を考える上で、いや人生のセンスそのものとして、大事なのではないかと考えました。

◆「役づくりなんて迷惑なことで、役なんてつくらないで欲しい」

これは、山田監督が、「男はつらいよ」をはじめとして自作の裏話をするなかで、語った言葉です。山田監督は、とても役者を大切にする人ですが、物語の展開やドラマ性は監督がしっかりと考えており、「役者は監督から見ればオブジェ」なのだから、その自然な姿で立つなり、歩くなり、あるいは泣き笑いをしてもらればいい、という主旨のことを語っています。

そういう考え方と思いでキャスティングをするので、それができれば「映画は八割ぐらいが完成したと言っていい」と。

【折出私見】人生はそうはいきませんよね。しかし、「どのアングルから見るか」が映画作りの決め手だと山田監督が言われることは、ヒントになりそうですね。つまり、「寅さん」の描き方のように、「悪いことをしている人物を悪人として描くのか、逆にその人の憎めない部分をたっぷりと描くのか」です。いつも完璧を目指して、自他共に「あれができていない、これが足りない」というアングルで観るタイプなのか、自他の多様性を受け入れつつ「ここまでできた、上等じゃないか」と観るのか。

以上、4つの「対談」の読後感でした。

結論:いま、ここに私の「人生の意味」はあるのか、と問うのは意味のないことです。止めたほうが良いです。「課題」に向かうプロセスの中にしか、意味のある「問い」はないのです(鷲田氏)。「問う」としても、あくまで「人生の方向」の確かめが大事で、そのことには周りの他者の役割が大きく働くし、それから、ある人物の人生を巧みに描写したすぐれた小説を読むことなどが役に立ちます。



 福島第一原発事故の今なお続く影響下で、住民・国民の安全優先になっているか (16.3.14.)

3月13日放映の「NHKスペシャル 原発メルトダウン」は、大震災発生から原発の1号機、3号機そして4号機の「水素爆発」、さらには爆発こそ起こらなかったが2号機のメルトダウンに至るまでの「88時間」に焦点をあてた番組でした。

国会の事故調査報告のほかにこの五年間のNHK取材による新証言を基に、役者たちによる現場の再現・映像化、水素爆発の詳細な映像再現など、90分の番組構成はとても力作でした。

所長・吉田氏の証言の中の言葉が随所に引用され、また現場での苦悩する姿を、大杉漣がリアルに、実感を込めて演じていました。

メルトダウンは、2015年の宇宙線を使っての調べでは、1号機は全面的な核燃料溶融による落下、2号機も7割以上が溶融・落下とされており(「ウィキペディア」の「福島第一原子力発電所事故」の項目より。アクセス日、3/14)、しかも、「その溶け落ちた燃料が圧力容器底部に留まっているかどうかは不明である」(同前)ということです。

今も、放射性物質が空中に放出されており、海水への流出も減少したが続いているのではないかとの疑いは消えず、何よりも福島住民の不安は大きい。それでも漁業をはじめ産業の復興に、地域の人たちは全力を尽くして頑張っておられる。全ての物産の放射能検査も精密にやっておられる。

過日のNHK[日曜討論」で、出席した丸川環境相の話や語り口も、官僚的で、住民の不安や苦悩をどこまで聴き取っているのか、不明だったし、原子力の専門家は、放射性物質の土地への浸透と堆積を強調していました。

こうしたフクシマ被爆の実態と、いま政府が進めようとしている政策とのなんと離れていることでしょう。



 ちょっとひと息:大名古屋ビルヂング 飲食店街オープン (16.3.10.)


◆全面的な改築を進めてきた名古屋駅前の、一種の名物ビル「大名古屋ビルヂング」が竣工となったあとしばらくの準備期間をおいて、昨日、3月9日、ショップ&レストランのフロア、地階一階から地上三階までの全店が一斉にオープンしました。ちょうど出勤日で出ていたので、退勤後、寄ってみました。

もう夕刻もだいぶ過ぎていたせいか、名駅地下からそのままBF1のフロアに入ると、さすが「初物好きの名古屋人」と言われるだけあって(自分もそうなっているか・・・・(笑))、相当の人出でした。

エスカレーターで3階まで行ってみると、牛タンの店やいくつかの店は順番待ちで通路にかなり並んでいます。迷っていても仕方ないので「串亭」に入りました。客は七〜八分くらいの入りでしたか。東京・恵比寿の店の出店です。

さっと女将らしい年配の女性が入り口で応対し、傘とハーフコートを取ってくれて、カウンターに案内されました。この方は関西弁。若いスタッフも多めに雇っています。

◇とりあえず「串のお任せ」とぬる燗1合をいただきました。串は焼き鳥風ではなく揚げ物の串刺しで、横長の小皿の仕分けされたくぼみに少量ずつ多種のタレが入っています。いきなり黒和牛から、でした。その後も、温野菜ののどぐろ巻きやサケにイクラ、といった手の込んだ串が出てきます。もちろん一本に一個の品で、小振りでつくってあるので食べるのには、ひとくちでいけます。

ほどよい加減で頂いてお勘定にしましたが、結局、9本。この「お任せ」は何本取っても均一の価格です。客がストップと言うまで出すそうです。本店の恵比寿での話でしょうが、若い人で30本食べたのが最高と、板長さんらしい男性が話してくれました。それでも同じ値段です。

日本酒は、基本は4合のボトル注文で、燗酒と冷酒の単品はグラス売り。冷酒は、日替わりの銘柄にしたそうです。昨日は、新潟と青森の蔵元による一升瓶を目の前に置いて見せてくれたので新潟にしました。
旧ビルヂングの地階にあった京都「玉乃光」の出店がほんとうに大衆的居酒屋風で味も良く価格も手頃で善かったのでしたが、そういうお店はもうこの新ビルでは無理なようです。あと二軒くらい、和風の良さそうなお店を見つけておいたので、また折を見て順に、「お手前」を見せてもらいに寄ろうかなと思っています。

◇カウンターでも、テーブルでも、昨夜は皆さん、お二人か、数名のグループ。一人は僕だけ。「一人で入ってもつまらないでしょう」と、知人の中には言う人もいますが、そこは違うんですね。だまってずっと飲んだりはしません。例えば、串のメニューの話題、先の女将さんは話しぶりから関西の人らしいのでその話題、雰囲気によってはとなりの初体面の方とのあいさつや身近な話題、などそれとなくしゃべっていると楽しいですよ。

賄いのほうも、作業のリズムを見てあげながら声を掛けると、かれらも黙々と串を挙げるだけではつまらないから、応じてきます。お酒をいただいて初体面の方々とのこのまったくラフな話題と対話の華、そのためにお代を払っている。そう思うと、居酒屋は、ちょっと発音をもじって言えば、「居咲かん屋」=「居ながらにして個々に咲こうではありませんか」=「いざかや」、なのです。

ゆったりと銘酒をいただきながら、おいしいつまみで胃をほぐし、何気ない話にちょっと花が咲き、まったくの初体面のスタッフやお隣さんのそれぞれに笑顔が出て、笑いにまたちょっと花が咲く。

◆昨夜だいぶ経って、6人のグループが来られ、カウンターしか空いていなくて、椅子の数の関係でL字型カウンターの二席と四席にすわって、その真ん中に私がもとから居たかたちになった。私の左手お二人の女性は「いける口」で、錫のジョッキで乾杯。右手の三名の女性は食べる派らしい。その奥に聴覚障害の男性の方がおられて、この方は軽く飲んでおられた様子。

こういう場合、「どこのどなた?」「仕事は何をしているの?」といった身元調査的な(笑)質問は御法度です。それは自然に知られていくのが、居酒屋の暗黙のルール。私も、出張先で路地裏の飲み屋に入って、たまたま店長さんが「どちらから」と聞くので「名古屋」といったときに、先から飲んでいた常連らしい男性客が酔った勢いで「名古屋か〜エビフリャ−、食べましたか」と話しかけてきても、あえて「え、まぁ」と気のない返事をして、あとは相手が話しにくい雰囲気をわざと作ります。

こうするとマイペースで静かに、飲めます。下手に相手に合わせると、相手ペースになる恐れあり。こちらはアウェーで来ていることを忘るべからず、です(笑)。

我が家の連れあいの方も対策は大事で、「オープンしたので、ちょっと覗いてみるから」とメールを入れた時点で、相手はもうどうなっていくかはわかりますから、小一時間して帰宅しても、平穏です。



 広島県府中町の「中学生自殺」事件 (16.3.9.)

既報の通り、広島県安芸郡府中町の中学校に在籍の3年生が昨年12月に自殺をしたが、それは、進路指導において事実誤認が元で生徒本人が苦しんだために起きたことではないか、と報じられています(NHK、時事通信ほか)。

2月28日のあいち民研公開学習会で「中学生の自殺」をあつかって報告をした私としては、広島は自分のふるさとでもあるし、なぜこういうことが、と本当に信じがたい出来事と受け止めました。報道の限りでは、彼の自死はけっして事故ではなく、事件です。

アメリカではストリート・ビューロクラシー、つまり街の官僚制が問題にされており、それは警官や教員などの業務の特徴を指しています。つまり、権威主義で、事務的であり、責任を取ることを避けて、あくまで所属組織の「上の」判断や責任に従う、という労働の仕方、公務への従事の仕方を指しています。

上記の件については、第三者委員会が立ち上がり、詳細な調査が始まるようですから、そこにゆだねた方がいいのですが、私見では、その「街の官僚制」の悪い面がこの男子生徒を追い込んだのではないか、と思われます。

生徒指導記録に記載された万引き非行はこの生徒には関係なかった。ある教員の発言でそのことを出席した教員は合意した。しかし、そのまま記載を残してしまった。その記録を根拠に志望校への推薦はできない、と本人に伝えていた。それはおそらく担任でしょうから、なぜ確かめなかったのかとか、本人自身と話してみて、その「非行」記載に疑いをもたなかったのか、とかいろいろ疑問は生じます。

さらに、理解しかねるのは、本人が自死したその日は「三者面談」だったことです。報道によると、定刻になっても生徒本人が来ないし連絡が付かないので、両親と担任で進路の話し合いを進め、その場で担任から非行の件があるので志望校推薦はできないと告げています。

生徒の非行の記載は間違いであったことは、生徒の自死がわかってから後のことです。

文書の記録にあることに頼り、これを基に業務に対処する思考の習慣をつくりあげていく。これぞ「街の官僚制」の特徴ではないでしょうか。

当事者に会い、当事者と話し、当事者の声を聴き取り、当事者と共に問題解決に向き合う。こういう専門的実践者あるいは実践的専門職者としての教師。今一度、わが立場を捉え直すときではないでしょうか。



 主権者教育のありかた:愛知県「教育懇談会」 (16.3.6.)


さる2月10日に標記の会合が開かれ、その議事録がアップされています。あいち民研の研究部長・大橋基博さんからの情報提供で愛知県のサイトにアクセスして、読みました。

正式の議題は、「児童生徒の市民性・社会性を高めるシティズンシップ教育のあり方」です。いわゆる昨年の公選法改正による「18歳選挙権」の実施をうけての議題設定です。

まず、首長である大村知事は冒頭のあいさつで、「私はこれ(18歳選挙権)はよいこと」と評価し、これに伴う学校教育としては「一定の範囲内」という枠付けはいるものの、「私はできるだけ自由に、自由闊達に、いろんなことをやっていただければ良いのではないかと思います」(議事録、2頁。以下、引用資料は同じ。)と述べて、リベラルな観点を打ち出しています。

このあと、特別参加の、日本シティズンシップ教育フォーラム副代表・水山光春氏(京都教育大)と、懇談会のメンバー五氏がそれぞれの考えを述べています。ここではその詳細は割愛します。

論点の1つは、「主権者教育」と「有権者教育」との重なりと違いを踏まえた取り組みがいることです。行政の用意する啓発活動の資料は「有権者教育」になっていて、もっと広く、かつ憲法の根幹でもある主権者としての子どもたちという見地からの教育をどうとらえ、すすめるかが重要です。水山氏の論点もそこにあります。

2つ目は、新教育基本法でさえも次のように謳っている政治教育とは、何をどう学ばせることなのか、です。

第十四条 良識ある公民として必要な政治的教養は、教育上尊重されなければならない。
2 法律に定める学校は、特定の政党を支持し、又はこれに反対するための政治教育その他政治的活動をしてはならない。

これに関して大村知事は、こう述べています。
「(学校の授業で教師が)個人の意見を言わずに、こういうのがありますと(言っても)説得力がないのではないか。あまりそういうことを言ってはいけないという声もあるようですが。私は全く違うと思います。できるだけ自由に、何を言ってもいいじゃないかと(略)あれ言ってはいかん、これ言ってはいかんと、政治的中立性がと、あまりそれを言うと、それならそれを書いてある本を読めばいいじゃないかということですよね。血の通った教育ではないのではないかという気がいたします」(9頁)

論点の3つ目は、上記に引用した大村知事発言をふくめて出席者の意見は、経営者協会の代表のひとの声をのぞいて、ほぼ教育の自主性・主体性、政治教育に関わる教師の積極的な意見開陳を認める方向ですが、いざ生徒たちにどのように主権者にふさわしい活動を保障するのか、になると抽象論になっています。

水山氏にあっては、生徒たちが身近な環境で問題を捉え直していくことが大事だが、そのなかで「妥協という感覚」「当面妥協して我慢する」を指摘しています(18頁)。これは、果たしてシティズンシップなのでしょうか。また、中野氏(愛知淑徳大)も「生徒会活動」「批判的思考」を挙げてはいますが、ご本人の高校時代の善き体験に収められていて、いま何が必要か、に及んでいません。

要するに、生徒自治に対する明確な見解を誰も述べていないことです。主権者の自覚を育てるうえで、小中学生も、高校生も、その発達段階にふさわしい自治活動を学校が保障し、なおかつ指導援助してこれを伸ばしていくという教育風土が、この愛知ではやはり弱いのではないでしょうか。全国の傾向もそういう面はありますが。

4つ目に、大村知事も発言の中身を取り上げれば、「自由闊達」を推奨しリベラルな教育の観点を主張していますが、生徒の権利行使としての主権者教育として徹底されていくのかどうかは、その発言の限りでは不明です。

他の出席者の方々の発言は、個々には18歳選挙権に理解を示しながらも、高校生に、生徒としての自覚や適応を求めるニュアンスが相当に目立ち、結局は、態度主義的な主権者像になっていないか、が危惧されます。具体的に生徒会が学校運営に意見を出し、校則等に対しても生徒参加の学校づくりへと舵を切っていくのか、となると、とてもあやふやです。

知事発言も結局、そうした愛知的風土によってバランスを楯に、保守の流れにとりこまれていくのではないでしょうか。

児童生徒の自治権を教育の場で完全に認めるものではなく、個々の児童生徒の発達に資するような自治活動を保障し、その活動に即した指導援助をおこなっていくことでその権利行使を支援する。これが、戦後のある時期までの自治活動論であったのです。

しかし、特別活動分野が学校管理権の主導に転換され、政治教育も「中立性」が教師の活動への「規制」に拡大解釈され、さらに高校や大学での自治活動の衰退で、この風土をくぐって教師になった人たちが、「自治を指導する」といっても、「何をどう指導するのか分からない」となって、ますます後退していった。そしていまや「自治」が死語に近い状態。

自治活動がベースにあって授業を通しての政治教育も中身を伴います。それがない政治教育では、どんなに民主的な内容を教師が扱ったとしても、それ自体が生徒の受け身による教授になっていくでしょう。

ここを徹底して掘り起こし変えていく「主権者教育」を、今一度追究していく。今回の懇談会を契機にそういう方向が出てくればいいのではないか。そういう感想です。



 あいち民研公開学習会「中学生の自殺を考える」 (16.3.2.)


2月28日(日)の午後、日本福祉大学名古屋キャンパスの教室を会場にして、標記の集会が開かれ、私も報告者として参加しました。

私は、愛知県のいじめ防止対策の構図、その中で「自殺の危険因子」に就学期の「いじめ・不登校」をあげているにも拘わらず、なぜ「いじめ」が起きるのかの分析がなされず、「気づきと見守り」による自殺予防となっていて、これでは、保護者や教員の「自己責任」を求める構図ではないか、という趣旨のことを問いました。

また、「全国学力テスト」での「学習状況質問」への愛知の中学生の回答から見えてくることを、直近の3年間のデータを使って、問いかけました。

もう一人の報告者、元名古屋市内教員の中村氏が、2013年の男子生徒転落事件にかかわっていた名古屋市立中学校の全教員(講師を含む)の勤務実態を中心に報告しました。正規教員の過重労働がデータで明らかになったと共に、非常勤講師も部活顧問に回され、対外試合や夏場の練習にも借り出される過酷な労働実態も浮き彫りになりました。

要は、これほどに長時間労働に追い立てられていては、いじめ問題の情報共有や協働の取り組みはおぼつかない、ということです。

参加者は、40名をはるかに超えて椅子席が埋まるほど多数でした。また、発言も、カウンセラー、母親、地域の相談者、元教員など、実に多数の方が発言をされて、県民的な意見交換の場となりました。私の知人の松浦義満氏(元和歌山大学、現、龍谷大)も参加してくれまして、終了後、「幅広い層の発言があったことは大事だし、すばらしい」と褒めてくれました。

上記の私の報告資料は、A4サイズで14頁のかなりの量です。ここにはアップしませんので、ご希望の方は、上記「メール」でどうぞ。ご指定のアドレスに添付ファイルで資料データをお送りします。そのさい、アドレスは、本件以外のことでは使いませんことをお約束します。



 「教育の機会確保法案」の座長にメールを送りました (16.2.25.)


読者は既にご存じかと思いますが、いわゆる不登校児童生徒に普通教育の保障をするための法案が昨年から議員立法として準備されて来ており、このたびその立法チームのメンバー再編が行われ、前の馳氏(現文科大臣)に代わって愛知6区選出の丹羽秀樹氏が座長についております。

このたび、「座長試案」が公開され、その内容論点は、旧法案とずいぶん変わっておりまして、その点を含めて、小生の日頃の考えに基づいて自発的に丹羽座長にメールを送りました。本日(2月25日)付です。

これは国会議員という公職者宛に、公共的な内容でメールをする案件ですから、ここに公開することには何ら支障はないと判断します。

衆議院議員 丹羽秀樹 様

このたびは、「義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する法律案(仮称)骨子(座長試案)」を座長としておまとめになり、ご尽力に敬意を表します。

私は愛知教育大学の元教員で、折出 健二ともうします。2014年春に退職致しました。
愛知から選出の国会議員でいらっしゃる貴台が、教育関連の法案としては画期的とされる今次法案のとりまとめをなさっておられると聞きまして、ささやかながら児童生徒の教育問題で仕事をして参りましたいきさつから、さっそく貴台とりまとめの「座長試案」と、前の法案との対比を拝見した次第です。

(1)まず、「個別学習計画」を全面的に削除されたことは、実にすぐれた英断です。
これは、すでにご承知の通り、これがもし実施されたならば、そのような計画立案の作成と提示ができる環境の者とそうでない者との差異・差別を生むこと、したがって、「教育の機会の確保」どころか、あらたな格差化ないしは不登校児童生徒間の線引きを行う結果となり、おおいに問題となっていた点でした。

こうした疑問や不安を覚える多くの保護者・市民の声を受け止めて、立法府の見識ある議員として今次このようなご賢察と英断を為されたことは、さすがに教育県と言われる愛知からの丹羽氏の知見であると賛同します。

(2)次に、座長試案の「第三 不登校児童生徒に対する教育機会の確保等」の「三 不登校児童生徒の学校以外の場における学習活動に対する支援」において、下記のように「休養の必要性」を法案に明示されたことは、これまた不登校という状態にいたらざるをえなかった児童生徒の心情によりそう大事な論点であると拝察します。

《国及び地方公共団体は、不登校児童生徒が学校以外の場において行う多様な学習活動の実情及び重要性に鑑み、その心身の状態、休養の必要性等に応じて当該学習活動の充実が図られるよう、不登校児童生徒及びその保護者の状況に配慮しつつ、これらの者に対する必要な情報の提供、助言、指導その他の支援を行うために必要な措置を講ずるものとすること。》

そのほかにも条件整備等でご苦心為されている点が数々感じられますが、上記の二点を今後も保持しつつ、ことこの問題に関しては、全国で12万人を超える児童生徒たちおよびその保護者の思いがつまっている事案でありますので、どうか慎重を期して、夜間中学校の処遇に関する立法化と一旦切り離してでも、十分なる審議のもとに進めて頂けますように、座長のお立場でのご賢察をおねがいするものです。

不登校児童生徒の支援にはその保護者・市民・教育関係者が連携してあたっておられ、その苦労と子どもの自立を何とか支えていきたいというパワーに、もっと国や自治体の光が当てられるべきではないかと小生は考えております。とくに本事案での立法化は、何よりも不登校児童およびその保護者へのエンパワメントを目的とするものであらねばならないと思います。

立法化するチャンスはまだありますので、どうか性急な法案上程とならないように、経験豊富な丹羽氏の確かな舵取りで、多くの方々の合意形成が十分に可能となる道筋づくりをお願いするものです。

時節柄ご自愛下さって、さらなる慎重審議をお願いして、拙文を閉じます。
             

                                        愛知  折出 健二 (元愛教大教員)



 看護師志望の学生がどう成長していくか:映画試写会に参加して (16.2.22.)


2月22日、「スクール・オブ・ナーシング」の試写会に参加した。本作は、名古屋市内では3月26日から、名演小劇場で上映される。

 同作品公式サイトはこちら  


タイトルの通り、看護師を目指す学生(若者はもちろん、転職した中年男女もいる。)が、「出会いと別れが交錯する命の現場」(本作紹介のリーフレットより)での臨地実習を通して成長していく物語。

主人公、木津川あかねのほかに、丹羽幸助、寺田玲子(化粧品売り場で一旦寿退社、しかし離婚、再就職をめざして)、栗原俊夫(居酒屋店長をリストラされて転職のために)などが、熊本県の人吉とわかる看護専門学校生として、授業を受け、人体模型を使っての実技演習で鍛えられ、そしていよいよ病院で一人ひとりが患者に付き添う病院実習へ。四人はそれぞれに個性的な患者を担当し、接し方で悩みながらもしだいに患者とのつながりを深めていく。

中でも、あかねが担当した男性・古村(榎木孝明が演じる。)は、サウジアラビアで原油を製油する仕事に25年従事してきたエンジニア。末期ガンであと数週間の生存可能性と告げられている。「死ぬために、日本に帰ったようなもの」と、外見は落ち着き払っている。

あかねも、初めは建前の言葉で接するが、「気休めは止めてくれ」と古村からぴしゃりと言われて落ち込む。思い悩んで、古村に「思い残すことはありますか」と問いかけたが、この言葉を機に、古村は急にふさぎ込んでしまった。

それがなぜなのか、ベテラン看護師にもわからないままに推移し、いよいよ宣告された日数もあと少し、というとき、古村のほうからあかねを呼んだ。そして、ある要望を伝えるのだった・・・・・。

本作は足立内仁章(あだち・さとし)監督の監督デビュー作であり、主人公あかね役を演じた桐島ココさんが新人女優として誕生した作品でもある。その瑞々しさとこころざしが全編に流れている感じを受けた。

「初」づくしの作品としては、エンターテインメント性もうまく織り込みながら(たとえば、住職の患者の世話をする幸助とその住職とのぎくしゃくした会話や、俊夫の担当した女性の部屋に、離婚した元夫と今付き合っている男性が入れ替わりやってくる、とか)、死を前にした不安、最後まで患者を援助していこうとする看護師の配慮の細やかさなどを実にリアルに描き出している。看護教育現場への取材に裏付けられた出色の出来栄えではなかろうか。

看護専門学校の教員が、あかねたちに話す場面が、作品の終盤で、カットバック手法で流される。その教員の話:「人の生も死も、他者によって認知される命の営みです。看護の仕事はその命の営みにかかわるだけにきびしさもあるが、やり遂げたらこれほどやりがいのある仕事はありません」

そのことを、看護師の「たまご」として専門学校でも、そして、何よりも病院で、患者という「教師」によって、何度も学び直していくのだ。だから、作品のタイトルは「スクール」となっている。看護師への熱い思いのこもった素敵な作品が登場した、と私は、出演者たちを称えると共に、多くの人に観て欲しいと思う。



 学生からの素敵なメッセージ (16.2.18.)


今日は朝から元気を頂きました。

前任校に在学する学生さんから、小著『そばにいる他者(ひと)を信じて子は生きる』(ほっとブックス新栄)を読んで、是非連絡を取りたいと、メールを送ってくれたのでした。その詳細は、ここでは割愛しますが、教師を目指すという思いやいつかじかに講演を聴きたいという話など、まっすぐにこちらをみつめる視線をかんじるようなメールの文章でした。

最近の若い方々がまっすぐに民主主義と政治参加を見つめている、その姿と重なります。



 2015 年末雑感(15.12.28.)


◇ 「肩の力を抜いて」

日本舞踊家・振付師の梅津貴昶(うめづ・たかあき)氏の語りの中でのこと。氏は体が弱く、療養中も病棟で「すり足」の練習をしていたが、ある人に教えられて「肩の力を抜いて、丹田に力を入れて歩く」と、見た目にもきれいで、負荷の少ない歩き方になることを経験した。他の患者さんが元気になられて、運動を兼ねて廊下を歩いているのをたくさん見て、やはり、そのような歩き方の人は自然で、美しいと感じたという。

今後の夢はと聴かれて、「自分の創ってきたことが自分だとわからなくて良いから、日本の芸能史に残るように修行していきたい」と氏は語った(以上は、12月29日「ラジオ深夜便」)。

◆ 共感のメール

下記の交流集会での私の発言について、集会後にある研究者の方から、「ややいらだちをも含んだご発言に共感しつつ聞かせていただきました」とのコメントと、今の情勢に関わる研究資料をメールで頂いた。共感して下さる方がおられたことはありがたい。半面、「いらだち」が読まれたとは、まだまだ私の未熟さ。梅津さんのおっしゃるように、「肩の力を抜かなくては」。

◇ 「Catch today」(今をつかめ)。

地中海の巨大クルーズ船の船長の言葉。あるBS番組で、俳優の高橋氏が地中海の文化を訪問し、船長さんと対談したときのもの。船長さんとしては、世界を知る旅に出て、その出会いで得る感動の意味を、この言葉で語っていた。「昨日」でも「明日」でもない、「今日、今」なのだと。

◆ “初めてのカラオケ・デート”

名古屋市・栄にあるホテル内のレストランでフランス料理のランチを摂って、そのあと、すぐそばの「ビッグエコー」カラオケ店に寄って、約1時間、二人でミニ「紅白歌合戦」をした。実際に、画面に点数が出るようにセットした。
 誤解無きように(笑)、相手は、わが連れあい。実は、彼女が、しばらく前から「カラオケ教室」に通い出して、あるとき、仲間の多くは日頃からカラオケの練習を自分でやっていると聞いて、めずらしく「カラオケに行ってみたい」と。そこで、一年の締めくくりと、結婚42周年の祝いと、現職を無事終了できた慰労と、日頃の御礼と・・・・・(笑)、あれもこれも盛り込んで、ランチ&カラオケというイベントとなった。

 私も歌は好きで、久しぶりにカラオケで歌ったがだいたい91点前後をキープ。なんと彼女も同じレベルで。やはりレッスンを受けることには効果があることの証明・・・・・。にわか批評家としては、譜面通りであることはいいことだが、もう少し「肩の力を抜いて」歌詞のキーとなる単語を大事にして心を込めると、90点台後半が出るかも。



 ちょっとひと息:新カレンダー(15.12.23.)


日本ユニセフ協会から、来年のカレンダーが届きました。今回も「パーソナルカレンダ−」です。12の月の全てに、その季節ごとの画像の中に、「ORIDE SAN」の文字がイラスト的にはめ込まれています。

たとえば、7月は、どこか避暑地のような遠浅の海辺の砂に、指で書いた文字のようなスタイルで「(ハートマークがまずあって)ORIDE SAN」と。11月には、枯れ葉で、アルファベットの同じ文字が。

同協会の文書によれば、20年以上の協力者にこの「特製カレンダー」を送っているそうだ。

私の場合には、ほんとに少額で、それを20年以上、口座引き落としで続けてきただけだ。たいしたことをしたわけではないが、こうして子どもたちからのプレゼント的なカレンダーをいただくと、嬉しい。



 第24回全国教育研究交流集会に参加(15.12.27.一部補正 12.28.)


12月26日・27日の二日間、東京・麹町の全教エデュカス会館で、民主教育研究所主催の標記の集会があり、一泊して参加しました。午後からの全体会に間に合って、梅原利夫民研代表代行による「基調報告」をはじめとして、その後に続く小沢隆一(憲法)、澤佳成(環境問題)、馬場久志(教育)各氏のコメント的発言とミニ報告、さらに若い世代ということで、弁護士でママの方、シールズの林田氏、全教青年部長の板橋氏の発言、といずれも限られた時間にもかかわらず中身が深く、とてもよかった。

最後に、参加者による自由討論となったとき、フロアからの発言がだんだん散漫になっていき、司会者はただ挙手を見つけて当てるだけで、なんら方向性をつくりだそうとはしなかった。しかも、この困難な現実において、教科書問題にしても、学校の取り組みにしても、いかに自分たちが明るい展望を切り拓いているかという傾向の発言が続いた。

集会のタイトルは、正面看板にあるように「戦後70年、今こそ、いのちを紡ぎ出す喜びと希望を」であるから、明るい材料で発言するのもわかる。しかし、何か違うのではないか。そう思った私は挙手をしてしまった。

このように発言した。「この集会のねらいは、ズバリ言えば、『今こそ、いのちをそぎ落とさせる新自由主義権力にストップを!』だと思う。そうであれば、『新自由主義権力』とはどのようなものかを、(それを正面から探るのは)しんどい面はあるが、それでもぎりぎりその本質を問うていくことが大事ではないか。

ある研究者は『環境介入権力』だという。先ほどの青年部長の『スタンダード化』や、国立大の競争環境の規制などは、その権力が具体的に働いている例だ。しかも、そうやって『環境』を仕掛けながら、成果を数値で出すようにコントロールしながら、全体を管理している。

 また、私だけかも知れないが、(古いタイプの運動を『敷き布団』にたとえ、今の新しい運動の仕方を『掛け布団』にたとえて、『敷き布団』だけではなく『掛け布団』があってこそ、運動がそろったという話も参加者から出たが)『布団』にたとえるのはほとんど意味がない。

そうではなく、とくに若い世代の方々の発言は、《社会を取り戻している》という意味だ。ハンナ・アレント的には、《公的領域を取り戻す》ということだ。これは、新自由主義が、どんどん人間関係を解体させ、ばらばらになっていく現実に対して、とても意味のある行動なのだ。

他方、新自由主義権力のもとで、いろんな息苦しさや対立が生まれ、それによって苦しむ子どもらも出ている。自殺論でいう『トンネル現象』、つまりあの出口さえ出れば今の苦悩は超えられると、自死をした子どもたちは、敢えて言えば、この現実に抗して死を選んだ。その彼らの社会への問いかけにどう応えていくか、という議論が必要ではないか」

それまでの参加者の、明るく現状を切り拓く取り組みの発言からすると、トーンが違っていた。自分でもそれは、発言しながらわかった。発言が終わると、一瞬シーンとなって、後ろのほうで誰かが一人、拍手しただけだった。

翌朝、梅原さんたちが担当する「学習指導要領と学力」分科会に出ようと、その近くに行ったとき、会場の担当者で、昨日、マイクを持って動いていた女性の幹部が、私を見つけて「わたしは折出さんの発言には共感したわ」と言ってくれたので、私はやや照れて、「いやぁ、あの場の空気を読んでなかったかも知れないな」と控えめに笑ったら、そばにいた梅原氏が「空気は読むのではなく、変えるのだから」と、真顔で淡々とフォローしたのが、却っておかしくて、笑った。

「学習指導要領」分科会では、梅原氏の総括的な提起、「アクティブ・ラーニング」に対する学術的な踏みこんだ田中昌弥氏の報告など、非常に参考になる内容であった。そのあとのフリーの場でも、私は、数回、発言をした。とくに、実践家の方から、単にカタカナ語を多用しているだけで今までのやり方と変わるわけではない、とする楽観論というより、現象の表面をなでただけの見解には、私は、いらだって反論までした。そんな見方をしていると、これからの情勢において、教師は、政策のたんなるエージェントにされるだけだと。

所用で午前中で帰ったので、午後の討論までは知らない。

革新陣営の側の、教育や学校を議論するときに割と見られるスタイルとトーン、つまり現状を変えていく明るい材料を次々と語り合い、自分たちの革新的な活動や献身的行為による変革の可能性を確認し合うかのような議論に、私は少々違和感を覚えた。

ならば、自死した子どもたちは、結局、その子が弱かったから自死に至った、としたままでよいのか。(もちろん発言者自身がそう意図しているわけでは決してないとしても、論議の客観的な性質として)自分たちはかくかくしかじかの取り組みで、現状をこう変えている明るい話題があるとして、では、自死に至った子どもや若い教師に対しては、なぜそれを早期に発見して食い止められなかったのか。そういう問いかけに正面から向き合うことを回避したかのような、「前向きで」「明るい」局面の強調は、結局は、その子どもや若い教師たちをそのまま脇において進むことを意味するのではないのか。その懸念がわたしにはどうしてもぬぐえなかったのです。

【訂正追記】最後の段落は、読みようによっては誤解を与えかねない表現にもなっていたので、少し手直しをしました(15.12.28.)。



 イタリアンの店で聴く「マイウェイ」(15.12.23.)


大阪での用務が終わった後、近くにいる知人にとって仕事の節目となる出来事があったのを祝う場として、会食をしました。そのお店は、梅田の駅から近いザ・リッツ・カールトン大阪の1階にあるイタリア料理、スプレンディード。

スタッフは上品なもてなしで、いい雰囲気です。

メイン・ディッシュの牛肉料理の時には、料理長のオリアナ・ティラバッシさんがじきじきに運んでくれて、挨拶をしてくれました。モデルさんかと思うほどの美人ですが、とても明るい人で、このシェフが有名な方だとあとで知りました。

デザートのケーキには、「よい結果、おめでとうございます」の文字をチョコレートで入れてもらいました。知人はとても喜んでくれました。

食事中に、途中から、ピアノの生演奏が流れてきて、わたしなりの素人音感でも、とても演奏のタッチがよくて聴きやすかった。そこで、フロアスタッフに頼んで「マイウェイ」を弾いてもらいました。この曲を聴きながら、赤ワインのグラスを傾け、知人と久しぶりの話題にきさくに興じているのも、ほんとうに心のほぐされるひと時。

実は、いじめ問題の調査研究でカナダのトロント市に何度も行き来していた折、あるとき、街中のちょっとしたレストランでディナーを取ったのでしたが、そのお店でもピアノの生演奏が流れ、そのときも「マイウェイ」を希望して、とてもいい演奏を聴かせていただいたのでした。

もちろん、会計を済ませてスプレンディード店を出る際に、ピアノのそばを通って、演奏者の女性にお礼を述べました。

行く年を送るにふさわしい、静かだが、充実したひとときをいただきました。



 暮れゆく年 来(きた)る年(15.12.21.)


いよいよ残すところ10日となりましたね。読者の皆様は忙しくされていることでしょう。どうぞ風邪には気をつけてください。のど・咳から症状が重くなるタイプのようですから。

歳のせいか(笑い)、時間のあるうちに早めにと、年末の掃除を始めています。二階の窓ふきはいつも身を乗り出してやっていてあぶなっかしいので、強力磁石で二枚のパットでガラスをはさみ、手前の動きに合わせて外側も動くタイプのガラスクリーナーをネットで探して、取り寄せました。1000円台です。

これが便利。ガラス掃除用の液体をスプレーで、内と外に軽く吹き付け、こちらと外側からパチンと音の出るくらい強力な磁石付きパットでガラスを挟む。そして、手前ほうをゆっくりと下げていく。巾が10センチ位なので、どうしても繰り返しの際の筋ができますから、あとは、これを布で拭き取る。これで仕上がりです。

二階の窓には応用が効いてグッドですが、一階の普通の窓は、あのT字型のクリーナーで内と外からやるのが効率が良いかもしれません。

   ◆    

さて、行く年をそうやって過ごしているうちに、小著『そばにいる他者(ひと)を信じて子は生きる』のご縁で、不登校問題に関わる団体あるいはグループから来年の講演依頼をいただいております。すでに同じ流れで10月24日に埼玉の不登校支援の会に話に行ったのが一件目とすると、二件目、三件目と。

5月には、岩手県盛岡市の子ども支援の団体から。7月には、長野の不登校支援のサークルから。いずれも、小著をお読み頂いて、ほっとブックス新栄に連絡さきをたずねて、あるいは「全国のつどい」の事務局に問い合わせて、というルートで小生にアクセスされました。
 ※ ほっとブックスさんの名誉のために、照会があってもすぐには知らせません。私にその旨知らせた上で、相手に知らせて良いかの打診をします。

また、昨日は、同じ地域の方で、小著のことを知って普及に協力したいからと10冊購入してくださいました。「サイン入りで」との要望にお応えしました。

   ◆◆    

小著で取り上げさせて頂いた、愛知県内の不登校などの生徒を受け入れている公立高校は、実は愛知県立刈谷東高校なのですが、そこの演劇部の活動が、NHK名古屋放送局の番組で放映されました。

不登校を続けてその高校に入学した、その生徒たちの思いや成長の姿をテーマにした作品を、当の不登校経験の部員たちが演じるという実践。金沢で近日開かれる高校演劇部の中部大会に出場するようです。

「この高校に入って、教室でやっと息ができるようになった」という、ある生徒の言葉を小著で引用していますが、ほんとうにそのような重たい課題をせおってここにたどりついたのだなと、その番組の映像からも良くわかりました。

   ◆◆◆    

来年はご縁があって、不登校の支援の方々を前に話すことが続きますが、上記の生徒たちの思いからも学んで、希望の持てる話ができるといいな、と思っています。

不登校問題のテーマで市民の方々に話すのは、これまでの全生研関係での教員を相手にした講演とも違うし、また青少年育成協議会の場で住民にお話したのも違うので、私としては慣れない経験なのです。が、半面、とにかく私の身につけている子ども観・支援観、そして何よりもひとりのおとな、保護者としての生き方を語るしかないな、と心に決めているところです。

この歳になってやっと、肩の力が抜けて、自分の言葉でお伝えしたいことをかみ砕いて話せるようになったかなと。めずらしく(笑い)、冗談も交えながら、聴いている方のなごみも大切にするようにして。

【追記】

お歳暮代わりに、ちょっとした小話を。といっても、実際のエピソード。

Pilatesのインストラクターやその他知人の中に子育て中の30代の方がたが数名いますので、「小著を今年の御礼代わりに謹呈しようと思うがどう思う?」と軽くつれあいに切り出すと、

彼女(すっぱりと)「あなたのは難しいし、読まないよ」

私「いや、それが、今回のこの本は結構読みやすいんだ・・」

彼女「でも、新聞も読まないって言っているし(注記:ニュースはスマホで見ている。)。あげても読まれないままになるよ」

彼女「もし何かあいさつ代わりに、と言うならまだお菓子のほうがいいかな」

私「そうか・・・。、まんじゅうに負けるか・・・」

・・・で、この話は終わりました。

学生時代に同じ研究室でゼミに参加していた間柄なので、私が、けっこう哲学っぽい論議をしていたのを知っているから、いまだにそこは変わっていないと思われている。まあ、わからないでもないですが。でも、この会話をきっかけに落ちの話を。

銘菓のまんじゅうには負けるかも知れないが、たとえれば、この本は堅焼きでまわりのまんじゅうの皮はやや固いから噛まなきゃいけないが、噛めば味が出てくる。そして、その中にある餡は、ちょっと辛味でまぶしてあるから「甘い」とは言えないが、これも独特の甘みで味わいが出てくる。そんな甘いも苦いも織り込んだ小品なんだな、と。



 「いじめ自死」の周りが「重みを背負う」とは そのテーマの秀作完成:映画試写会に参加して(15.12.14.)


重松清『十字架』(講談社文庫)を原作とする同名の映画が五十嵐匠監督によって完成し、来年の2月6日より、名古屋・名演小劇場等で公開される。本日(14日)、一足先に、その映画の試写会に行ってきた。

私はまだ重松氏の原作を読んでいないので、純粋に映画作品を観ての感想になる。

ここでは、はじめてこの映画を観られる皆様の感度が新鮮であるようにと願って、ストーリーや人物描写の詳細をあえて避けて、簡単に記するにとどめたい。

いじめは、ある少年を羽交い締めにしたりして数人がじかに手を下していたぶり、辱めを与えそれをクラスの全員がはやし立てる、ないしは止めようとしないという関係で繰り返される。その被害少年・藤井俊介は、二学期のはじめ、自宅で縊死。遺書に、「親友」でいてくれてありがとう、と書かれた同じクラスの少年ユウ。同じく俊介がほのかな想いを寄せていた女子生徒・サユ。

この二人がその後大学生、成人になっても背負っていく問いの重み。それは、「なぜ、彼の苦しみを間近に見ながら何もしなかったのか」である。また、父親も母親も、そして弟も、それぞれに俊介の死と向き合いながら、「なぜ、彼の変化に気づいて、救えなかったのか」という自問自答を繰り返している。

「十字架」とは、同じクラスの者も、家族も、それぞれ自死した当人との関わりを心の奥に抱え込みながら、背負っていくその宿命のような姿を指している。かとって、重苦しい、正義派一辺倒の物語かといえば決してそうではない。ユウやサユが、かなりホンネを語る。そこに五十嵐監督なりの工夫があるし、この作品を観るひとびとのホンネにも寄り添いながら、しかし、その二人の同級生の言動はどうなのか、と考えさせる。

映画では作品づくりの秘訣なのであろうが、物語に登場する人物への「同化」そして「異化」がとても巧みに取り入れられている。けっしてこの作品は、いじめる側を非難しているのではなく、また学校教員の保身や無力をあぶり出しているのでもない。

それ以上のことは、直にこの作品を観て頂いて、登場人物とともに自己内対話を試みて頂きたい。場面によっては、台詞と台詞の間がかなり空いており、間が十分に取ってある。その間は、実は、登場人物たちが心の中で自問している時間を表す。だから、自然と観ているこちらもそれに参加していく感じになる。

私の体験としては、まず、映画の場面で何度も田畑にたつ鉄塔が映るので、ひょっとして、愛知の刈谷をロケ地にしたのかとおもったほど。実際は、茨城県筑西市がロケ地になっている。

また、いじめ場面の描写には、「大河内清輝君事件」と「大津事件」という大きな、中学生の「いじめ自死」事件ふたつを織り交ぜてとてもリアルな映像がつくられた。例えば、自宅庭の柿の木で縊死した場面は西尾の事件のとおりだし、自死した後の、俊介のいた机に花瓶が置いてあるその机に足をのっけて、その机で加害少年たちがトランプに興じている。これは「大津事件」のある場面そっくりだ。

「十字架」というからには、ここで終わり、にならない。かといって、ただ惰性で長く続くのでもない。時間が経ち、当人が年齢を重ねて成長するにつれて、自死した少年とのかかわりは、その意味づけ方が変化してくる。

意味づけ直しながら、自分の記憶の中に、自死した彼の、その当時は見えなかった本当の姿がしだいに見えてくるのだろうか。少なくとも五十嵐監督は、「十字架」として、周りの人びとが背負っていくその生き方の中に、人間という存在の確かさ、揺れながらも前に確実に歩み出す信頼を見いだそうとしている。それを「罪」として、裁く対象としては、描いていない。
 そのためか、この映画を観終わった後に、じーんと心の中から湧いてくる希望のような響きがある。

来年2月の公開上映となるが、ぜひ、そのときには本作をご覧になってください。



 暮れゆく2015年 ISテロのゆくえはどうなるのか(15.12.14.)


この1年、世界各地で多くの人命を奪うテロ行為を繰り返してきた戦闘集団IS(イスラミック・ステイト)の今後はどうなるのか。安倍首相も外交で実績を上げたいのか、米国や欧州各国の首脳と会ってISを封じ込める同盟行動への積極的発言をしてきているので、日本がかれらの標的となる可能性は十分にあると見ておくべきだろう。

   (一)    

『朝日新聞』12月11日付朝刊が、「暮れゆく テロの年」と題して、紙面1頁をあてて国際的な組織の代表者のロングインタビューを載せていた。その人物は、国際危機グループ(ICG)の現会長、ジャンマリー・ゲーノ氏。この組織は、1995年アメリカでつくられた非政府組織で、ベルギーに本部がある。政治アナリストたちを紛争の現場に派遣して、リアルな情報を元に今後の予測や解決のための方策提言を行っているようだ(「ウィキペディア」記事による)。

ただ、政府関係者との密接なつながりに対する疑問や批判もあるようで、客観的な研究スタッフによる分析になっているのか、が問われているらしいが、上記のインタビュー記事では一つの参考になる論点が述べられていた。

それは、いま世界において国家という存在が非常に不安定で、同時に国家間の関係もバランスが崩れて、「分断と対立」が続き、この隙間的な状況をつかってISが拡充しているということである。

イラク・シリアの派遣大使としての長年の実績がある国枝昌樹氏の『イスラム国の正体』(朝日新書、2015年)によると、不寛容を原則として自分たちの理想をめざして神の名の下に相手を攻撃する武装闘争グループ、すなわち「イスラム過激派」の一つがIS=「イスラム国」である。

   (二)    

なぜ、この組織が生まれたのか。国枝氏は三つの背景要因を挙げている。(1)2011年のイラクでのアメリカ軍完全撤退による「権力の空白」。(2)シリアで2011年に起きた民衆蜂起にあたり、政府軍が農業地域であり重要な拠点となる西部に主力を注ぐ中で手薄になった東北部で「権力の空白」がうまれて、ISが勢力を広げた。(3)イスラム・スンニー派を主とする「反体制派」の融和に、イラク・シリア両政府が失敗したこと(同書、178頁以下)。

ゲーノ氏インタビューに戻ると、このようなイラク・シリア地域での「細分化状況」を欧州全体に輸出しているのがIS問題。氏によると「世界はグローバル化されると同時にバランスが崩れ細分化されている。テロの危険性がさらに社会を細分化している」。

その意味するところは「国家がコントロールを失いつつある」ため、統制が取れなくなって、「ボトムアップ型の出来事が増え」、テロ行為もその典型として生じている。

私見では、武力と戦闘による「ボトムアップ」ではなく、言論と政策批判や改善・改革への参加によるボトムアップ型を構築していく、という構想をどの国家も真剣に考えてこなかったからではないか。

大国小国に関係なく、発言を保障し合い交渉と協議による解決こそすぐれた「権力の行使」とする国際世論を、米国やイギリス・ドイツ・フランスなどの欧州各国が率先して創り出すべきであった。いや、今からでもそうすべきである。

   (三)    

ゲーノ氏も言うように、「国家の枠に収まらない存在の力」として、テロの他にも地球温暖化問題、多国籍企業問題、組織犯罪網など、課題は多い。これまで、米国ブッシュ政権に象徴されるように、ゲーノ氏の言葉を借りていえば「暴力を独占して管理してきた国家」が動くうちは目に見えた変化があったかのようであるが、いまやその「管理力」が弱まった。というより、武力中心の管理のやり方に対して世界に不信が広がった。

イギリスの元首相からして「イラク参戦は誤った情報に載せられて行ったもので間違いであった」と、今、公的な場で認めている。そもそも、「大量殺戮兵器」などなかったし、イラクをあれほど武力で介入し破壊しておいて、撤退すれば、別の武装勢力がその権力=武力にものをいわせて民衆の中に入り込み、支配力を強めようとするのは、明らかなことだ。しかも、その武装勢力には、(まとまった教育と思索の訓練がないので)人間社会をどうしたいという理想がない。自分たちの武力による支配と従属、それが敢えていえば「理想」なのだから。

ゲーノ氏は、「冷戦の崩壊」が元になって、ナショナリズムの伸長や宗教過激派の台頭が見られるようになったという。マルクス主義が消え、「集団行動」への信頼が消えた。「共通の価値観」や「集団のアイデンティティ」が模索されている時代なのだ。

氏の言葉を使えば、「何かを成し遂げるため結束ができない時代において、進むべき道を示すものとして過激な宗教やナショナリズム」が現れていることに現在の特徴があり、そもそも今人類は何に向かって結束すべきかを説く、国際的な統治の集団が顕われていないことが最大の問題なのだ。最初の被爆国・日本はその方向性を身をもって示すべき位置にいるのに、それができていない。

ゲーノ氏も、国際的な目線を効かせて、「日本の均一性の高い社会は強みであるが弱みでもある。もっと開かれた社会にしていくべきだ」と述べて、「他の文化との対話」を求めている。

結局は、人間としての生き方。生きるよりどころの喪失が世界共通の問題になっているのだ。ISはイラクやシリアで排除された人びとが武力で対抗している姿である。それは、かれらの「逃げ込んだ場所」(ゲーノ氏)であるならば、かれらも政治的な弱者にほかならない。それを武力に頼るところが根本的に間違っている。

他方、欧州の若者たちは、各国での生活不安定、失業と将来の見えなさで、何か大きな力に属して自分を発揮させたいと「力への憧れ」(ゲーノ氏)から、ISに進んで参加していく面もある。その意味では、彼らも、客観的には政治的・市場的な排除と差別の被害層であり、その解決のための言論への参加を十分に教育されてこなかった人たちではないか。

   (四)    

目を転じれば、ミャンマーの国政選挙結果やチュニジアの民主化の取り組みなど、世界全体から見れば積極的な局面も現れている。今こそ、世界各国のつながりとなる共同体の共通価値と倫理を、ほんらいのヒューマニズムの見地から組み立てなおす。そういう政治が、国の内外で行われなくてはならない。それが、テロの抑止力になる。2016年をそういう年にして行かなくてはならない。



 鶴見俊輔『北米体験再考』が問いかけたこと(15.12.11.)


標記の本は、岩波新書として1971年に出版され、今年、4刷として刊行されている。このHPの1つ前の記事ともつながるテーマがそこにはあるので、短く、読後感を記しておきたい。

鶴見氏は、ハーバード大学哲学科に留学中、1942年3月にFBIにつかまって、日本への送還となった。当時、氏は反戦運動などの活動に一切関与していなかったが、自分の思想として「戦争に反対である」と移民局で言ったためであった。しかも、氏は、「人を殺すよりは自殺しようと用意をしている」という覚悟で、自分の反戦の思想をなんとかもっと深い形にしたいと考え、北米での体験を捉え直すことに取り組んだ。その自己作業の成果がこの本である。

と同時に、鶴見氏は日本でも代表的なプラグマティズム研究者のひとりである。それは著作『アメリカ哲学』に結実している。そのことは、小著『そばにいる他者(ひと)を信じて子は生きる』(ほっとブックス新栄)でも取り上げた。

氏の本は、その題名からも察せられるように、徹底して自分の北米生活での思索の経験から出発し、出会った思想家たちとの対話や氏が見てきた市民運動家たちの行動・言論を経験的に捉え直すことに打ち込んでいる。それは、鶴見氏自身によるプラグマティズムの実践だったのではないか。

同書に登場するのは、当時のアメリカ(米国、と氏は呼ぶ。)の「赤狩り」の最中に自殺した、社会主義者・F.O.マシースン、共産党に係わりのちにアナーキズムへと変容したゲリー・スナイダー、白人が黒人を差別する米国の現実に異議をとなえて生まれた「SNCC スニック:学生非暴力調整委員会」の顧問役ともなったハワード・ジン(ボストン大学政治学教授)、黒人の活動家・思想家で、ジンとともに小田実氏らの進めたベ平連の全国講演行脚に参加して、当時の沖縄民衆の要求と米国黒人のそれとは同じだと喝破したラルフ・フェザーストーン、同じく黒人の活動家エルドリッジ・クリーヴァーなどの人たちである。

要するに、いずれも著名な業績があってアメリカ哲学史に登場するような人物ではない、それでいてアメリカ社会の「裏の」舞台で真摯に民主主義の原点と向き合い、言論を通して市民の良識に訴え続けた人びとである。かれらと鶴見氏は意識的に出会い、この本ではそういう人びとの生き方の意味を、みずからの経験から引き出している。

そこには、たとえばマルクス主義理論から導き出される革新の思想、といったことはひと言もない。つまり、鶴見氏は、そういう理論の学習の外で、自分が見聞きし、自分が感銘を受け、自分が考え込まされたそういう思索体験をしっかりと原点に据えてものを言っていきたい、と意識して「再考」したのである。

だから、氏は、例えば上記の「SNCC」に対しても、これは「社会主義、共産主義は白人が黒人を差別する習慣を破壊する働きをしてこなかったという反省から生まれた」もので、「理論の学習の外から生まれた運動」であると高く評価したのである。

同書に流れる鶴見氏のプラグママティズムの積極的な活かし方は、氏の次の叙述に現れている。

米国の有名な詩人・エマソンの言葉を引いて、「人生はわれわれの辞書です」「事実にふれることで語彙が習得できる」

同じく、「学者は人間として生きる時を少しも浪費していない」(注記:人生の様々な事実にまったく触れようとしていない、という意味)

スナイダーの言論にふれながら、「エコロジー」とは「大地を舞台とした家政のこと」であり、そのような自然との共生の生活と暮らし方はすでにアメリカ・インディアンの生き方に見られた。そこには、チベット密教のいう「自分の体、自分の声、自分の心」の三つを基本として生きる、という人間の生き方の原点があるのではないか。米国では様々な出身の人びとが英語に同化されていくのに、アメリカ・インディアンだけが自分の言葉を守っている。

「フロンティア」(開拓線・辺境)とは、当時の白人たちが「自然を破壊して行き詰まった結果、インディアンの方法から学ばざるを得ないところにつれてゆかれた再教育の場所」のことだ(122頁)。

上記のジンという研究者は、「ことばのきれはしから、その後ろにある生活史をとらえる能力」を身につけていた。

同じく上記のフェザーストーンは、沖縄人の要求を読み取ったと同時に、「聴衆がどんなに過激な理論をぶつけてきても、それが生活上の要求を後ろに持っている言葉かどうかを判定できる力」を身につけていた(137頁)。

これらの他にもまだ氏の視点が込められた叙述は多いが、経験の中から自分の思想の原点あるいは素材を見いだしていく方法、これこそプラグマティズムの最重要な思想方法であることを、氏はみずからの北米体験をあえて解体することで、この本にまとめ、そこを言いたかったのである。



 2015年 私の十大ニュース(15.12.8.)


今年もあと3週間余となりました。まったく私的な十大ニュースを。仕事のコーナーから、出版のこと、そしてプライベートもちょっぴり。

1.今年の4月1日を以て、新しく愛知県大府市に開設された人間環境大学看護学部の特任教授に就任。養護教諭コースの教職科目を担当しています。
 本務との兼業で、愛知県立大学教育発達学部、広島都市学園大学子ども教育学部の非常勤講師として勤めました。

2.8月29・30日に愛知県犬山市で開催された「第20回 登校拒否・不登校問題 全国のつどい in愛知」の実行委員長という大役をお引き受けし、全国から600名の参加を得て、大盛会のうちに無事に終えることができました。

第1回目の実行委員会(今年の1月)に参加し、およそ60名の、全国から参加された実行委員の方がたが「自己紹介」として、わが子のこと、親である自身のことを語る場面にはじめて出会って、いささかおどろくやら、感動するやら。「自己紹介」だけで、ずっと3時間近くつづいたのですから。

3.大阪市で起きたいじめ事案の第三者委員会が立ち上がり、その委員長に就任しました。第1回目は公開でしたし報道もされたので、ここに記して良いと思います。いまも進行中。

4.愛知での「30人学級を実現する会」の代表を、前任者の山田清文氏と交替してお引き受けして、二年目に入ったこと。年内に二度の「学習交流のつどい」をもって、「30人学級の促進」署名運動と、子どもと教育を語り合うこととをつなぐスタイルを徐々に取り入れてきています。
 

5.名古屋市での中1男子のいじめ自殺をはじめ、小6の大麻使用など、各地で少年期に係わる事件が起こり、地元愛知や京都・滋賀の報道機関から取材を受けました。

6.全生研常任委員会の企画として「シリーズ教師のしごと」全3巻に取りかかり、私は竹内常一氏と共に第1巻『生活指導とは何か』の編集をさせて頂き、全生研福岡大会にどうにか間に合って、刊行できました(高文研刊)。その後、各地の学習会等で使って頂き、売れ行きは順調に広がっています。

7.「2」であげた「全国のつどい」に間に合わせるべく、不登校問題を視野に置いた小さな本『そばにいる他者(ひと)を信じて子は生きる』(ほっとブックス新栄。四六判、150頁、本体価 1,100円)を出しました。おかげで、北海道や広島から注文があり、良い反応を頂いております。

8.藤沢にいる孫のSクン(小学二年男子)がいる少年サッカー・チームが、地域の大会で、準決勝をPK戦で勝ち抜いて、決勝でSクンもゴールを決めて、みごと優勝! このときばかりは、応援席から声を張り上げて、すっかりジイジをしてしまいました(笑)。

9.昨年からはじめた、インナーマッスルのエクササイズである「ピラティス Pilates」を週一回のレッスンで続けてきており、12月の先日、通算で60回目のレッスンをこなしました。体重はほぼ同じなのにウエストがやや細くなって、それだけ筋肉質に変わりつつあるようです。リフォーマーという、スプリング付きの専用マシンを使ってのエクササイズでは、腹筋で半身を起こした状態で両手のスプリングの輪を上げ下げしたりするなど、結構キツイ技も少しこなせるようになりました。
 年末、28日には、そのスタジオ主宰者のTさんのレッスンを、連れあいと二人で受けることに・・・。どうなることやら・・・。

10.現職時代には、先に満期退職している連れあいとの旅行ができなかったので、少し時間ができた今年も、昨年のカナダに続いて、国内の旅行に出かけました。出雲大社と足立美術館、高山温泉と(雪の)白川郷、瀬戸内海を一望する岡山・下電ホテルで鮮魚の懐石料理、おわら風の盆の八尾、(あいにくの雨中の)駒ヶ根ロープウエイ。
 そして、長年、連れあいの望みであった、東北の旅(中尊寺、宮沢賢治記念館、花巻温泉、松島ほか)。

ひととの出会いあり、人情あり、酌み交わす銘酒あり、すべてを一瞬忘れる湯舟あり、振り返る苦労話あり、の旅でした。

この一年、12月に入ってすこし風邪をひいた他は病気もなく、さる10月に67回目の誕生日を迎えて、元気でここまで来られたことに感謝。

末尾ながら、つたないこのHPに立ち寄って下さる皆様に、あつく御礼を申します。



 「戦場での殺人」の研究が教えること(15.12.7.表記等の訂正・加筆 12.8.)


「安保法制」を平和と立憲主義の見地から批判するとともに、私たちが知っておくべき重要な主題がある。それは、実際に日米軍事同盟のもと、「駆けつけ警護」などの理由で紛争地に赴くことになる自衛隊員、あるいは志願制がさらに拡大され入隊する新規隊員たちが、「殺し・殺される」現場において(紛争の質のいかんによっては可能性として敵側と交戦になる意味で)生じる「殺人」とは何か、である。

「日米防衛新ガイドライン」の議論をきっかけに読んでみたいと手に入れていた、デーヴ・グロスマン『戦争における「人殺し」の心理学』(ちくま学芸文庫、初出2004年)を通読した。文庫本で510頁の大著である。
 原題は「On Killing」で、副題を含めると「殺人について:戦争及び社会における殺人の学習が生じる心理的代償」となる。著者は、歴史学・心理学研究と共に、20年余の軍籍があり、NATOにも参加してきた経歴の人物。なお、本書は、1998年に原書房から刊行されていたものの復刊である。

《追記》(15.12.8.)上記の「駆けつけ警護」について。安保法は、9月30日公布で来年3月29日施行が予定され、これに基づいて武器使用基準を緩和した上で新たな任務を自衛隊派遣部隊に与えることになる。しかし、それは国民世論に大きな波紋を呼ぶので、政府としては来夏の参議院選挙後に先送りする意向のようだ(『朝日新聞』2015.12.7.付朝刊)。こういう情勢だからこそ、私たちは日本国民として、実際に戦地に行かされる隊員が武器使用の場面で「人を殺す」可能性があることについてしっかりとした認識を持って、この問題を受け止めるべきではないか。作者としてはそう考えている。

   (一)    

本書は「殺人」という戦闘行為を奨励しているのでもないし、ただ反戦を述べているのでもない。上記の原題が示す通り、実際に「殺人」を行うように訓練される兵士たちにとってそれはどのような代償(犠牲)をもたらすのか。また、それは兵士の暮らしてきた社会や母国にとってはいかなる意味を持つのかを、著者自身の戦闘体験、先行研究の分析、そして自身による帰還兵の聴き取りなどから明らかにしたものである。

本書の一番強調しているメッセージは、戦闘場面で兵士は銃を構えて敵を撃ち殺すものと思っている私たちの常識に反して、戦場にいる兵士たちの発砲率は圧倒的に低い、ということだ。そのことを著者は南北戦争や第二次大戦中の史料や先行研究から引き出している。南北戦争では、弾を詰めたままの旧式の銃が大量に(全体のおよそ90%)回収されたし、また第二次大戦中の兵士のうち80〜85%は「敵に発砲できなかった」。

戦場では、兵士は、敵となる相手の人間を殺そうとは元々思っていないこと、そこに働く人道的な道徳意志は予想以上に強いことを表している。要するに、兵士は相手も同じ人間であると意識し、発砲することには「強い抵抗感」が働いている。

   (二)    

しかし、そういう人間性の実態に矛盾するような兵士養成の訓練が行われてきたし、いまも行われている。それは、まさに人間を殺すことへの抵抗感を麻痺させるための訓練だ。興味深い記述がある。戦闘体験のないスウェーデン兵士の恐怖は第一に「死と負傷」だが、戦闘体験のあるイスラエル兵士たちは「他の人間を死なせること」をあげていた。戦闘体験をもつ兵士には、「人間の人間に対する非人間性」を行使すること、つまり自分の行為によって相手の命を奪うことへの怖れがあるし、それが「わかる」のである。

圧倒的に十代の若者が志願して参戦したベトナム戦争の帰還兵は、「自分たちが殺したベトナムの若者たちは生涯を通じて自分たちの仲間だ」と話している(95頁)。しかし、その恐怖体験、激しいジレンマ体験から来る心的外傷などの精神状態は、戦場ではもとより、生還した元兵士たちにも多大の犠牲を負わせるものとなっている。疲労、錯乱、ヒステリー、不安、妄想や強迫など。社会はこれらの現象しか見ないで、「殺人」に際してもっと奥深いところで何が起きているか、それを見ようとしないと、著者は指摘している。そのためにこの本を書いたと。

それほどに罪悪感と嫌悪感の泥沼に兵士を追い込む殺人に対して、戦場に行く前の軍事訓練は、「心理的トラウマの予防接種」(著者)とするために行われる。この「予防接種」をうけた兵士たちは、心理学で言う「学習性無気力」を身につけ、戦闘場面でのショックから逃げようとしなくなる。そのように仕向けられる、という。

   (三)    

それでもなお、兵士を殺人に向かわせるのは、軍隊の集団心理である(注記:これは「自衛隊」でも基本は同じである)。その心理作用とは、(1)まず戦友のことを思う、(2)指揮官への敬意が働く、(3)(戦友や指揮官から)自分がどう思われるかの不安がつきまとう、(4)所属集団に貢献したいという欲求が働くことである。それほどに兵士同士の強い絆を育てるべく、訓練も行われるのである。

   (四)    

戦争における「死」は「敵対的な意図による死」であることをまず前提にした上で、戦場における「殺人」には敵と向き合う際の多様な「距離」があり、それに応じて兵士が遭遇する「敵の死」も質的に異なっている。

「最大距離型殺人」:戦闘機による攻撃を想起されたい。

「中距離型殺人」:砲撃や手榴弾などによる場面を想起されたい。

「近距離型殺人」:接近した銃撃戦を想起されたい。上記の組織的で群発的な形態と違って、相手の課をが見え、殺人が生々しく、個別的になる。

「刺殺型殺人」:刃物を使って相手と交える場面。「銃剣距離」と「ナイフ距離」によって兵士の体験が異なる。「ナイフ」の場合にも、著者によれば兵士の証言から、刃物を相手に突き刺すよりも「払ったり振り回す」方が簡単だし、圧倒的に多いという。ここでも「急所を刺す」のを避ける心理が働くという。

「格闘距離での殺人」:相手の喉首への攻撃を訓練される。

「性的距離での殺人」:強姦しその後に相手(女性)を死に至らせる場面。

《折出注記》中国・南京での日本軍「三光作戦」(焼き尽くし、奪い尽くし、殺し尽くす)は、「最大距離型」をのぞくすべての「殺人」を日本軍が行ったことを、この解説は逆に物語る。

   (五)    

先に「集団心理」について述べたが、戦争におけるそれは異常な構図で働く。まずは指揮官という権威者の要求への服従である。兵士はみずから「殺す」意図はなくても「撃てと命令されるから撃つ」と答えている。
 「殺し殺される」関係に進んで立ち入るが如き行動は、「戦友に対する強力な責任感」からきている。しかも、所属する隊の一員でしかない「匿名性の感覚」を身につけているが故に、殺人が可能になる(255頁)。

「四」で述べたのは物理的な距離が主であるが、これに「心理的距離」も重なる。すなわち、(訓練によって教育されて)敵を「劣等人種」とみなす心理、大義のために自分の行為を正当化すること、最新のウェポン・システムによって「殺人の抵抗感」が薄らぐことなどである。

   (六)    

本書は最後にケース・スタディとして、ベトナム戦争帰還兵の証言を紹介し、考察している。要するに、かれらは、前に述べた戦場での恐怖体験・ショック体験が尾を引くと共に、そのような自分の苦しみを「誰もわかってくれない」という苦悩にさいなまれ、社会的に孤立していくのである。特にベトナム戦争では18歳で徴兵されて戦地に向かわされた若者が圧倒的に占めていたことからも、帰還後の人生は相当に悲惨であったという。

本書は、このほかにも「テロリズム」の脅威の分析や、現代のアメリカ社会でなぜ子どもまでが銃使用になっているか、映画やゲームセンターでの、「殺人」への「条件づけ」はどのような問題を持っているかなど、興味深いテーマを取り上げている。

   (おわりに)    

このような先行研究によって明らかにされている、訓練で非人格化され麻痺感覚で相手を殺すことをわが国の自衛隊員にさせてはならない。早期に「安保法制」を廃止して、先の「閣議決定」も白紙に戻す必要がある。改めてそのことを痛感している。



 ビジネス・リーダーから見る“教養”(15.12.4.追記 12.6.)


出口治明(でぐち・はるあき)著『人生を面白くする本物の教養』(幻冬舎新書、2015年)を読みました。「教養」を正面から取り上げていること、今ビジネス界はどういう人を求めているのかを知っておきたいこと、そして著者が私と同年代であることから、この本を選びました。

全体としては、著者による生き方論、読書論、そして日本の情勢論です。これならビジネス界で活躍の人物が書く本としてはよくあること。著者の個性がよく出ているのは、帯にもある様に相当の読書家であること、京都大学法学部を卒業後生命保険会社で勤務し海外駐在の経験も豊富で、国際的な視野も持っていること、そして苦労に苦労をして現在のトップの地位をつかみ取ったという苦労体験ではなく、「とにかく人生を面白く生きよう」というメッセージがいっぱい詰まっていること、のあたりが他に類を見ない内容と言えるでしょう。

ちなみに、私がこうしたビジネス界のリーダーの本を読むときには、(1)世界をどのような哲学をもって見ているか、(2)社会的な様々な弱者への目線がどのようなものであるか、(3)文章の秀逸さ・卓越さ(があるとすればそれら)から何か学べるか、という視点で読むことにしています。

話をもどして、私と同じ1948年生まれですから、大学受験は国立大一期校・二期校時代でしたが、著者は、三重生まれで近いところで京都大法学部のみ1校を受験し、合格しています。京大入学後は読書に耽り、また気ままな旅にも出た、という経歴。高い文化力があり、精神的な柔軟性があるからできること。

《追記》(15.12.6.)著者は京大法学部を選んだのは、高校時代に「自分は何事もある程度はできるけれど、かといって図抜けた才能は何もない人間だということが、見えてきた」ので、「つぶし」が効いて「家に一番近い」ことからそこにした、と書いています(同書99〜100頁)。

入学後は、東京や大阪から来たクラスメートたちがマルクスやレーニンなどの著作を読んで盛んに議論しているのに圧倒されて、中央公論社『世界の名著』を読み込んだそうです。そして、京都大も全共闘運動の最中にはいり授業がほとんどなかったので、下宿で、一日14−15時間は読書に耽ったと言います。丸々二年くらい。

その人が今やビジネス界きっての読書家で、注目される人物になっているのですから、高校時代を揺れながらも自己と向き合って学びを広げ深めることが、やはり大事だということがわかります。親の希望する高校へ、大学へ、とわが子を誘導するのも一面では親の心理としてはわかりますが、進路選択自体が子どもの学びだと受け止めて、少し距離を置いて見守る姿勢も大事ではないかと思います。

                ***                  

著者は「教養とは、人生におけるワクワクすること、面白いことや、楽しいことを増やすためのツール」と言い切ります。その幹となるのが、「自分の頭で考え、自分の言葉で自分の意見を語る」そういう自立した人間として成長していくこと、です。

「自分の頭で考える」とは、どういうことでしょうか。著者によれば、(1)時間(歴史)と「空間」(世界)で考える、(2)国語的に(定性的に)ではなく算数的に(定量的に)考える、の二つが大事だということです。後者、つまり、数字・ファクト・ロジックの要素を重視するというのはビジネスマンであれば一層必要な知的活動でしょう。「国語的に」考えるのを著者は否定しているのではなく、その場合の「修飾語を重ねるあまりに物事の本質が見えなくなる」ことを著者は警告したいようです。

教養を培うには「本・人・旅」の三要件があり、結局は、「本」も「旅」も「人」に行きつくものです。この「人」とは、私(折出)の持論でいえば、「他者(ひと)」のことです。

ビジネスマンらしく現在の企業社会を見渡しながら、あまりにも人々が(職場での自分の職務の)役割に過剰適応になっていると指摘します。例えば、「客」も「接客スタッフ」も同じ一人の人間として接しあえる関係づくりがこれからの課題だと。この辺は、若くしてヨーロッパに駐在したり、会議等で各国のビジネスマンたちと豊富に付き合ってきた著者の体験に裏打ちされたものがありましょう。

著者の「算数的な」思考がよく表れているのが、次の提言。
 すなわち、1年間で8760時間を過ごすが、このうち仕事に充てるのは約2000時間。すると残りの7〜8割は自分のライフのための時間である。「ワーク・ライフ・バランス」というのは間違いで「ライフ・ワーク・バランス」が正しい、とまで著者は言います。この7〜8割の自分の時間を「自分のやりたいことをやる人生」としていかに充実させるか。教養とはそのためのツールであり、またそのライフの過ごし方が教養のための栄養素なのだと言いたいのです。

著者がどういう思想家から影響を受けたのかまでは詳しくは書かれていませんが、こうした自立観には、コンサマトリー(自己充足的)な人生設計、自立の考え、そして社会参加の価値観が流れているように見受けます。その辺は、いまの若い世代の生き方とも相通じるのではないでしょうか。

ところどころ、私と意見の違う見方もありますが、全体としては、この混沌とした時代において自分をしっかりと保って、激動の流れに向き合い、前に進む。そのための文化的な力として「教養」をとらえる線が鮮明であり、共鳴できる点もあります。

ビジネストップの本にありがちな、自慢話、若者への教訓めいたお説教、自分の経営手腕の宣伝といった、あくの部分はほとんど感じられないので、好感をもたれるでしょう。大学に入学後も、読書三昧や自由旅ですごしてそれで単位もとって卒業し希望の企業に入社。そういう今から見れば牧歌的ともいえる青年期を過ごしてこられた世代の一人である著者の実体験と提言、とみれば、この本は、いまの60代後半の世代の思考様式を表してもいると言えるでしょう。

ということは、もっと競争が徹底され若者の就職・労働確保が劣悪となり、常に不安定を強いられている現代の青年期世代とのずれもあるということです。



 「言葉の暴力」の質が変わっている(15.12.3.)


12月1日、NHK名古屋放送局の夕方番組「ほっとイブニング」で、「見えないいじめ」と題して放映があった。ちょうど1ヶ月前の11月1日、いじめを訴える遺書を書き残して地下鉄に飛び込んだ中1男子の「事件」を振り返り風化させない、という主旨である。

   (一)    

その放映の企画を前提として、あの番組でも登場した若い記者から取材を受け、文科省が行っている「いじめ」調査の統計のこと、あいち民研のこと、そして名古屋市のいじめ問題に関しては教職員組合である名古屋教労などを紹介した。

また、「いじめ」問題を取り立てて指導対象にはしていないが、日頃から一人一人が学びで活躍できるようなカリキュラムづくりと授業実践に力を入れてきている愛知教育大附属岡崎中学校も紹介した。

これらすべてが番組に反映されたわけではないが、真摯にあの「事件」と向き合う取材はある程度いかされていたと思う。

もう一つ、重要なのが、実際にいじめを受けた同年代のひとの「声」を番組の中でひろく知らせることである。この件でも相談を受け、不登校支援に係わっている知人に相談して、ある女子生徒と保護者に出会い、私が立ち会う条件で、NHKの担当記者(上記)と対面した。その結果、女子生徒は、出演して自分の受けた被害体験を話しても良いとなった。

保護者が心配しておられたような、本人の証言をねじ曲げるかのような番組内容にはなっておらず、その点は良く配慮されていた。私としては、紹介した手前、事前に、同記者には、企画で意図しているようなことを目的に「聞きだそう」としてはいけないこと、本人が語り出して、語りたくなる物語の中で「声」をしっかりと受け止めること、その中でテーマにつながる内容を扱わせて頂くという姿勢が大事であること、などを電話やメールあるいは対面の場で、伝えた。

勇気をふるって「声」をあげてくれた本人にあらためて感謝したい。

   (二)    

番組には名古屋市教育委員会教育長と大河内祥晴氏が登場して、コメントをしていた。まず前者については、「金品を脅し取るいじめとは最近違ってきているのではないか」と、話していた。なぜ、中1男子を救えなかったのか。そのことに係わっての感想かと思うが、そのことはすでにおよそ2年前の、同じく名古屋市公立中の中2男子の「自殺」事件でも、明らかであったのだ。

同事件で立ち上がった、名古屋市検証委員会の報告書にある程度その点は述べられている。さらに、いじめ問題を解決するのは子どもの権利だ、とまで同報告書は指摘して、子ども参加型のいじめ問題解決の取り組みを進めるべきだ、と提言している。当人は「いじめ被害」を誰かに訴えられなくても、周りの友人がおとなに訴える。それが参加の実践である。

女子生徒の証言でも、同じ部活の友人が保護者に、その生徒が上級生からいじめを受けていると訴え、そこから保護者が教師とあってこの件を相談して、同部を退くのではなく、マネージャーの役割に変更して彼女の立場を守る指導を教師が行ったことで、この場合の部活問題は解決し、かなり前進した。

教育長の発言は、「見えないいじめ」を代表するようなコメントを話したのでそこを使ったのかも知れないが、市教委の教育行政を預かる立場では、先の報告書の見解や提言をどう活かしてきたのか、そこがそれこそ「見えない」。

また、番組に登場された大河内氏のコメントに大事なポイントが含まれていた。それは、1994年に自宅の庭で縊死したご子息・清輝さんの場合のような「暴力」「恐喝」(近くの矢作川でおぼれさせようとしたり、家から金を持ってくることを強要したことなど)の「見えるいじめ」では、もはや今のいじめは捉えられないのではないか、ということである。だから、番組の中で大河内氏は「(講演などで話すときにも:注記)最近は、清輝のことはあまり話さない」とも語った。

ここには、明らかに、最近のいじめの質的変化が見られ、このことへの対応が社会に求められていることを示しているのではないだろうか。

例えば、私が係わっているある事例でも、いじめた側の当人が「殴る・蹴るなどは『いじめ』として目立つので、それはしないで、(標的にした子どもを:注記)言葉でやっつけてやろうと思って、攻撃した」と話している。

以前に、現職教員からいじめ問題の取り組みの事例を聴き取った際に、小学校高学年のある男子が「言葉によるいじめで、『言葉の包丁』がとてもつらかった」と作文に書いていたという例を聴いたことがある。

   (三)    

2年前の中2男子の「自死事件」の背景にあった「死ネ・キモイ・ウザイ」の言葉が日常的に教室に蔓延していた事実、このたびの中1男子も部活の中で「弱い・クサイ」などの言葉を日常的に浴びせられていた事実。

以下は私見である。2013年9月からいじめ防止対策推進法が施行され、子どもたちは小学校高学年以上であれば、「いじめは法律に反する行為」くらいは、おぼろげであってもはっきりであっても、わかる。「法律違反者」にはなりたくないが、あいつは気にくわない。やっつけてやろう、困らせてやろう。と、そういう攻撃行為として「言葉による暴力」がいっそう、相手に圧力を掛けるような、まさに「包丁」を突きつける行為として働くようになってきてはいないか。

そのことをいち早く感じているのが、子どもたちなのだ。その子どもたちの「声をあげる」のを阻んでいるのは何か。ここを解明して、もっと「風通しの良い」学級空間、学年空間を作る努力をしないと、問題の根本の解決にならない。

その努力とは、制度面では、少人数学級の促進であり、実践面では、子どもと教師のしゃべり場が持てる、関係づくりである。



 2016年度 免許状更新講習の担当(15.12.1.)


人間環境大学看護学部の勤務も来年は2年目に入ります。先頃、来年度の担当で依頼があって、標記の件も行うこととなります。

学内の教学に係わることなので詳細は控えますが、「選択必修領域」の下記の領域を担当することが予定されています。

「学習指導要領の改訂の動向 総則の趣旨の理解 意欲を喚起する学習指導」
 「法令改正及び国の審議会の状況等 法令改正、国の審議会の状況等」
 「教育相談 (いじめ・不登校への対応を含む)」



 赤ちゃんまでが「声をあげられない」のか(15.11.30. 12.1.追記)


このHPの下段の記事で、おとなあるいは子どもが「声をあげられない」ことを述べた。それは一人の人間としての感情表現、意見表明のことを指している。

文字通り、「泣き声をあげる」のさえ、力で押さえられるのか。生物体の個として乳児が発する「声」までもが。

『朝日新聞』デジタル版ニュース速報によると、11月29日、米沢市の無職男(23)と、妻の少女(17)が「生後16日の長女を窒息死させた」として傷害致死容疑で逮捕された。
 「2人は今年5月7日午後10時〜同11時半頃、当時住んでいた同市内の自宅1階の寝室で、長女をゴミ箱(直径20センチ、高さ20センチ)に押し込め、別のゴミ箱をかぶせて閉じこめ、窒息死させた疑い」。男の電話で、長女は市内の病院に搬送されたが死亡が確認された。調べに対し、2人は「ゴミ箱に閉じ込めた理由について『泣き声がうるさかった』と話している」という。
(URL=http://www.asahi.com/articles/ASHCY5QJFHCYUZHB00C.html アクセス日 11.30.)

※ 注記:当初、『読売新聞』ウェブサイトから紹介・引用しておりましたが、NEWS23の岸井キャスターを名指しした批判キャンペーンを載せた同紙のやりかたには同意しがたいので、差し替えました。どんなに岸井氏の安保法制への意見に批判的であっても、こういう個人攻撃のやり方は問題で、しかも同番組の民放自体も、岸井氏を降板させる方向で調整中というから、二重にこの問題の振り方がおかしい。

生後のこの時期から1歳でおしめの取れる頃まで、夜泣きする場合、なかなか泣き止まずにイライラすることはある。しかし、生後16日といえば、まだまだ新生児。いくら「うるさい」からといって、ゴミ箱に赤ちゃんをからだごとつっこんで、別のゴミ箱でふたをするとは。二人の年齢的な若さは、まったく言い訳にならない。この二人自身に、それぞれ育ちの過程で、しっかりと愛着関係を結んだ経験が乏しかったのではないか。それがあれば、心理的には泣き声の大きさに動かされながらも、「うるさい」よりも「しかたないな、この子の表現につきあうか」となるのではないだろうか。

生後の1年、2年は、子どもは泣くのが仕事であり、そうやって人間社会の仲間入りの「声をあげる」トレーニングをしている。それを受け止めるのは、ほかでもない、その子を産み育てる親たちだ。泣きじゃくられて止まりそうにもない、その一瞬一瞬こそが、若い自分たちの宝だと思えるような生き方観を持つようにしなければいけないのではないだろうか。

《追記》続報では、逮捕された父親は長女の誕生を喜んで友人にも知らせていたようでしたが、上記の事件の動機は、取り調べでの本人の供述によれば「ゲームをしたかったのに、泣いてうるさかったから」だと言っているようです。自分の欲求をセーブできない、わが子ををそのために虐待してしまう(本件は、「窒息死」ではなく「虐待死」が正確な表現)。ここに新たな世代の問題が潜んでいるようです。



 オーバードーズの裏側にある問題にもっと(15.11.24.)


私的な生活の一場面にほっとしてばかりは居られない。11月24日、NHK総合の「クローズアップ現代」は「助けてと言えなくて〜女性たちに何が〜」と題して30分番組で、現代社会の息苦しさの一面を映像化していた。

杏林大学病院高度救命救急センターに搬送される女性たちが、自殺未遂で、最近は、「オーバードーズ」が増えているという。「オーバードーズ(drug overdose)」とは、「服用量のdoseと、過剰・超過を意味するoverの複合語」。ODと略称される。「過剰摂取、過量服薬」と訳される(「ウィキペディア」より)。

番組ではオーバードーズに走る女性が主に紹介され、その背景には幼児期からの親による虐待あるいはDVや性被害があるという。

22歳のある女性は、ODで搬送され、医師の対処で危機は乗り越えたが、死の危険が間近だったので、その女性の実家(四国)に連絡すると親は「知りません」と。そこで東京で頼れる人はアルバイト先の店長だけなので迎えを依頼すると、病院に来てくれて一緒に連れて帰った。後ろ姿は、その女性の父親くらいの年代の男性だった。

この女性は子どもの頃から親に殴られたり、無理矢理家の外に出されたり、暴力を振るわれ、高校中退後、逃げ出すように東京に出てきた。出会った男性の部屋を転々として、今の生活になったという。

別の40代の女性は、アパート自室で首つりをしたところを隣人に発見され、上記の救急センターに搬送され、危機を乗り越えられた。この人も東京でずっと一人暮らし。今の苦しさ・生きづらさ・さびしさを知って欲しいと「声をあげる」ほうが、自死を選ぶより「勇気の要ること」と語っていた。また、生活保護などの世話になることに対しては、「税金もはらっていない自分が税金の世話になることはできない」と思ってきたという。

杏林大学病院の同センターには医療ソーシャルワーカー(女性)が一人常駐していて、搬送されてきた患者が危険を乗り越えられた後に、地域の保健所あるいは精神科、さらには生活保護支援などにつないでいく役割をしている。そういうMSWがいることで、医療者は患者の治療に専念できる。

いずれにせよ、上記の二人の事例に、現代の日本の社会の深部で何が起きているかの一端が現れている。

この番組をめぐっては、ツイッターで「生きづらさから自殺未遂になるのは女性だけではないだろう」とか、「DVになぜ男性が走るのか、その背景をもっと掘り下げるべきでは」「オーバードーズなのか、DVなのか、虐待なのか、今日の番組で何が言いたいのか」など、いつもながらの辛口のつぶやきも流れていた。

私の感想。まず「助けてと言えなくて」は、女性だけではない。男性もそうである。ただし、依然として男性優位の労働現場では、賃金等で対女性で格差がつけられ、男性がきつい労働を強いられても、「助けて」などと言い出せない環境がある。

男性の労働の劣悪さ、正規と非正規の労働条件格差、そのうえに女性労働の劣悪さが乗っかっているという構図だ。

東京という大都会の特殊性も背景にあるのではないか。上記の20代女性も、虐待家族から逃れるために四国から東京にまで出てきている。「東京に行けばなんとかなる」という、都会への幻想が今の若い人びとの中にも、ある。

しかし、東京は東京で、徹底した競争社会、自己責任社会になっており、ツイッターでも流れていたが、「がんばれる」「できる」とあおられて上昇志向で動いていく社会になっている。少しでも息切れをしたり、その上昇面ばかりを見ることに嫌になって立ち止まろうものならすぐにはじき出され、転落していくのではないか。

かといって地方都市にそのような生活に行き詰まる人を受け入れる余裕や、ソーシャルネットと言われる社会的な資源がどれだけあるかとなると、厳しい現実もある。

子どもたちにおける「いじめ」の複雑さや根の深さも依然として大きな問題であるが、一方で、家庭における虐待、DVという暴力の構図も重要な問題だ。それらは「力による支配と従属」で共通しているが、親や男性あるいは女性が、弱者に対して力づくで支配をしてしまう、その関係性が何から来ているのか。そこを問うような番組の掘り下げを多くの人が望んでいるのではないか。ツイッターの発言をザーッと流し読みした感想だ。



 ちょっとひと息:こんな場面も・・・・(15.11.29.)


先日、久しぶりに、京都の鴨川のお店に、いつものリタイアした方々や常連さんがつどい、お酒と談笑をしたときのこと。10月初めに、このメンバーのほとんどの方がたに、日頃のご挨拶代わりに小著『そばにいる他者(ひと)を信じて子は生きる』を謹呈しておりました。

で、私の隣に座られた生け花の師匠さんのお話。「先生から頂いたご本を、ちょっと用事で出かける電車の中で、ボックス席で、カバーも掛けずに読んでいましたら、前にすわっておられた方が(※このあたりは実際は京都弁です、うまく表現できない(笑))、それは市販されているのですか、と」「その方は阪大のかただとおっしゃっておられました。お名刺を、とは言えないのでどういう方かは存じませんでしたが」

私「それはそれは。そういうこともあるのですね。この本の宣伝に一役かって頂きまして、ありがとうございます」

その方は、師匠さんが広げてみていたこの本の表紙のタイトルを見られて興味をもってくださったのでしょう。この場ですが、御礼まで。



 あらためて「滝川事件」を考える(15.11.29.)


標記のシンポジウムが11月28日午後、大阪市立大学学術情報総合センターでおこなわれ、前からこの「事件」に関心があったので参加しました。

「滝川事件」とは、1933年に京都大学法学部教授・滝川幸辰(たきかわ・ゆきとき)の『刑法読本』等の学説を「国家思想の涵養」義務に違反するとして文部省が休職処分として、ついに辞職に追い込んだ事件。この権力的介入に抗議して、法学部内の抵抗派の教授たちが同時に辞職した(33名中21名)。

その一方で、京大の学生たちを中心に他の国立大や市立大の学生も呼応して、学問と言論の自由を守れ、とする運動がわき起こり、わが国史上例のない、反ファシズム運動の原点となった。

西山伸氏(京大教授)の報告は、当時の史料を豊富に使いながら、まるでドキュメント映画を観ているかの如く、「滝川事件」がどのようにして起こり、京大総長はじめ法学部関係者に何があったか、滝川処分後どのような動きがあったか、を克明に報告した。

続く、久野譲太郎(同志社大助教)は、専門の思想史の視点を活かし、特に滝川を支援しつつ抵抗派の要の一人であった恒藤恭(つねとう・きょう、京大法学部を辞職、後に末川博と共に大阪商科大学に講師として採用さる)の法学者としての主張や行動にどのような意義がありそれが今日的視点から見てどういう意味を持つかを、これもまた詳しい資料を元に報告した。以上の二人の報告の持つ意味を広川禎秀(ひろかわ・ただひで 大阪市立大名誉教授)がコメントした。

ここでは三氏の報告の内容をくわしくのべることは控えますが、報告内容にこれほど感動を憶えたシンポジウムは私の中では少ない。それほど、当時の法学部教授たちの論議や対立点の持つリアルさを知ったし、歴史的な事件と真摯に向き合い、そこから現代的な意義をくみ取ろうとされる研究者の姿に感動しました。

松尾尊兌(まつお・たかよし)氏による『滝川事件』(岩波現代文庫)はこの分野の文献としては有名。同事件は、ファシズムの強まる1933年に起きたこと(1937年に盧溝橋事件(ろこうきょうじけん)の事後処理を契機に日本軍は中国への侵略に。)と学問の自由の弾圧とは底でつながっている問題であるから、いまなお注目されるのです。しかも、この書の中でも松尾氏が、当時は国家権力による大学への介入であったが、いまや「金力」による大学介入が行われている、と述べているように、事態は別の形で進行しているといえます。

別の視点からは思想史研究者・久野氏が述べたように、同事件は、「権力への自由」である政治的自由よりも、「権力からの自由」である市民的自由を求めての運動が知識人層やメディアで起きたことを示すものであり、その市民的自由の主体者としてどう権力に立ち向かい、どのように対抗していくかを物語るといえます。

まさに安保法制下のいま、そして大学での軍事研究さえも防衛省によって奨励されているいま、学問・言論の自由の危機的な面がしだいに進行していると見ざるを得ません。



 V.フランクルの臨床思想(15.11.28.)


『夜と霧』で知られるヴィクトル・フランクルの『絶望から希望を導くために〜ロゴセラピーの思想と実践』(青土社、2015年)を読んだ。彼はナチスによって強制収容所に囚われたときにはすでにロゴセラピー(Logotherapy)の基礎的な研究にあたっていた。そこでの苦悩の深淵をくぐって生還してから、自身の体験を元に、いっそうその精神療法の思想を深めてきたようだ。本書はその成果を著したものである。

同書を読んで、まったくの門外漢ではあるが、精神分析あるいは心理療法にとって何が大事かをわたしたちが知る上で基本的なことをフランクルも考え、悩み、そして追究してきたのだなとわかる。以下は、私の主観によるピックアップ。

(1)心理療法におけるアプローチの注意点。技法によってのみクライエントにアプローチすることは彼らを操作することになる。他方、力学によってのみアプローチすることは、人間を単なるモノにしてしまう。人間は、(実存的な意味での)「無(nothingness)」ではなく、「モノではない(no-thingness)」である。(同書18頁)

(2)ロゴセラピーとは「意味を通しての治療」である。普遍的な意味をあつかうのはここでの目的ではない。個別的状況に応じた唯一無二の意味が存在するし、ひとは、それを身の回りの状況に投影させて生きている。(94頁以下)

(3)「教育の第一の任務は、伝統や知識を伝えることに満足するのではなく、人間が独自な意味を発見できるようなになる能力を磨くことにある」(106頁)

(4)ホモ・サピエンス(有能な人間)から見ると、生きる上で「成功」か「失敗」かの次元で人間を見てしまう。しかし、ホモ・パティエンス(苦悩する人間)で捉えるならば、「充足」か「絶望」か、なのである。成功しても絶望はあり得るし、失敗しても充実していることはあり得るのだ。(120頁以下)

(5)ひとは、自分が「世界に何を与えたか」「世界から何を受け取るか」、そして「自分では変えることのできない運命に直面したときにその苦境にどういう態度を取るか」で、価値を得て、人生に意味を見いだすのである。「人生の意味は時間の長さによるのではない。人生に意味がないとしたら、生きながらえることには意味がない」(123頁)。※注記:この「」の言葉は、フランクルがアメリカのある刑務所で受刑者に講演したときのもの。

(6)心理療法は精神の健康を目指し、宗教は、魂の救済を図る。両者は根本で違っている(220頁)。

(7)自分の人生を虚無的に受け止めて嘆く人は、「人生のはかなさという刈り株畑だけを見て、自分が蓄えてきた過去という穀物倉を見落としている」(239頁)

(8)困難な境遇に直面したときに、それを乗り切るにはロゴセラピーで言う「逆説志向」が大事だ。しかも、それをユーモアで創り出せれば一層効果がある。例えば、こうだ。ある少年が学校に遅刻したとき、先生に、「凍り付いた路面のために、一歩進むと二歩下がるので遅刻しました」と告げると、教師は「君は嘘をついている。現に学校に来ているではないか」と彼を注意した。すると少年は「いいえ、僕は家に向かっていたのです」と答えた。

【私見】 なるほど、こういう“ユーモア逆説”ができるようになると強迫神経症的なことは避けられるであろう。ある不安なことが気になって悩む人は「不安を不安する」という面があるから、「不安」のことがらを避けようとしないで「○○は不安だ」と書き付けるなり人に言えば、それで不安が去っていく。ある美術館の夜間警備のひとが大事な美術品が自分の夜勤の時に盗まれたらと神経症になった時に、フランクルは、そのひとに「今日は○○が盗まれた」「二日目は△△が盗まれた」とはっきりと記録しなさい、と助言したという。

(つづき)この場合、そのひとは、美術品を大事に守るという意味への意志をもっている自分を確認できれば、そこから立ち直っていくのである。逆説の「被害」記録は、その意味の意志そのものを本人が確認する作法だったのである。
 



 30人学級を実現する会 まとめの会での発題(全文)(15.11.27.)


11月29日(日)に、名古屋市内で標記のつどいを開き、その際、あいさつを兼ねて、代表を務める私が発題を致します。その全文を下記のコーナーにアップしております。

 生活指導・教育臨床  




 最近報告した生活指導論(15.11.26.)


全生研の研究部で、「最近の情勢と係わって折出さんが思うところを提起して」と依頼され、久々にまとまった生活指導論の報告文をつくりました。レジュメを作るならこの際文章にしようと、小論にして報告しました。

その全文を、このHPの下記のコーナーに掲載しました。

自由にダウンロードしてお読みくださって結構です。ただし、引用の際には「URL」を明示するなどルールにしたがってください。また、サークル紙等に転載の際には、かならずひとこと、メールでいいですから当方に知らせておいてください。

 生活指導研究の新展開  




 ちょっとひと息:「いい夫婦の日」(15.11.23.)


硬い話がこのところ続くので、ちょっと身近な話題で。

昨日11月22日は、標記の記念日とされています。私と連れあいも、それらしき時間を過ごしました。連れあいは、22日、名古屋市港区にある武道館で、太極拳2段の昇段試験。それが終わるのが12時を過ぎて、バスで名駅に戻ると1時頃。そこで、JRタワーズの12階にありますイタリアンの店、「デリツィオーゾ イタリア・エビス トーキョー」に前もって1時半に予約を入れておいて、名駅で待ち合わせて、久しぶりに外で一緒にランチを摂ることにしたのでした。

この店の利用は初めて。若いスタッフもきびきびした応対で、接客雰囲気はまずOK。「シチリアコース」で頼みましたが、前菜も、ピザとパスタ、そしてデザートもとても良い味です。

ワインは、ちょうどその店ではイタリア・トスカーナ州(州都はフィレンチェ)の産地ワインのセール中でしたので、連れあいが赤、私が白でグラスワインを頂きました。おいしくて、わたしはつい2杯目も。パスタを頂きながらワイングラスを空けていると、「いかがですか、少し濃いめの白もあります」と男性スタッフ。トスカーナ州特別ワインリストにあった白ワインの三番目のだなとわかったので、「じゃ、それを」と。

連れあいは「断るのかと思ったら」と目を丸くしていました。「滅多に来ないし、今日はわれわれの記念日でもあるし・・・」と、とってつけた理由で場をとりなして(笑)。というのも、1973年の11月のある日が「結婚」の日。それから、早くも42年目。その時、私は、大学院生(修士課程2年)だったのでした。

今なら、とても結婚どころではなかった。もちろん、当時、私は学生の身ですから、公共施設の一室で質素に人前式で行いました。友人たちがすべて手作りのウエディングカードや式の流れ・進行表を作ってくれました。今は亡き吉本均先生が来賓としてかけつけて祝辞をのべてくださいました。感謝しています。

というわけで、約1時間半、おいしい料理とワイン、そしてもちろんその日の太極拳の演技の労をねぎらう話題で、良い時間を過ごせました。

お勘定を済ませて、ふとレシートを見ると、ワイン3杯セットで○○円となっていて、元の合計分よりも格安になっていたのでした。だからスタッフは3杯目をすすめたのか、私がまだ欲しそうな顔をしていたからなのか、そこはスタッフの勘に任せたことにしておきます。



 12月6日 銀座大行動(15.11.22.)


「KEEP CALM AND NO WAR 1206戦争反対★銀座大行進―安保関連法の廃止を求める学生・学者・市民の共同行動」が、12月6日(日)日比谷野外音楽堂で集会を開き、そのあと銀座をデモ行進します。詳細は以下の通り。

【内容】 @ 集会@日比谷野外音楽堂   開場12:30 集会 13:00〜14:30

学生スピーチ/学者スピーチ(三島憲一大阪大学名誉教授)/政党スピーチ(民主党・福山哲郎幹事長代理/日本共産党・志位和夫委員長/社民党・(調整中)/生活の党・玉城デニー幹事長/文化人スピーチ(予定) ほか

A 銀座大行進   日比谷公園・西幸門出発 14:30

余談です。上記イベント名に「平和 peace」ではなく「平穏 calm」を使っているあたりに、このアイデアの主体であろうSEALDsの考え方・見方が現れていると思います。つまり、現状は競争の徹底や若者を労働から閉め出し搾取する実態から「平和」とはいえないが、「戦争」はまったく望んでいない。この戦闘無き平穏さは今後もまもるべきだ、と。



 「自分の背中に向かって歌う」(15.11.21.)


NHKラジオ第一「ラジオ深夜便」の11月20日版(放送は21日午前4時)で、「〔明日へのことば〕戦後70年を生きて、今伝えたいこと」として歌手の加藤登紀子さんが出演した。加藤さんは1943年12月27日生まれで、もうじきで72歳となる。

加藤さんと言えば、かつての大学紛争期の運動渦中の学生にとってシンボル的な存在であった。東京大学を6年掛けて卒業となったとき、その1968年の卒業式をボイコットするデモにも参加したという。当時の学生運動のあるグループのリーダーと結婚し、別姓を続けてきているが、その夫も8年くらい前に他界された。

加藤さんは旧満州のハルピンの生まれで、そこで幼児期を過ごし、敗戦後に京都に住んだ。そして東京にうつり、都立高校から東大文学部に進学した。

その番組での加藤さんの語りを聴いていると、たしかにこの方も戦後70年そのものを歩んできたのだなと感じる。敗戦を迎え、満州から引き揚げるときに、母親は2歳の加藤さんを連れていたが、鉄道の途中の線路が破壊されていた場合には列車から降りて歩かなくてはいけない。

その時は、ソ連の北からの侵攻で追われる身でもあった。母親は、2歳の加藤さんに「ここで歩かないとあなたは死ぬことになるのよ。だからしっかり歩いて」と何度も言ったそうだ。そして、2歳の彼女は皆と一緒に、実際に線路づたいに歩いた。それは加藤さんが大きくなって母親から聴いた。

母親のそうした心の強さが自分にも影響を与えた、と彼女は語った。

すでに都立高校生の頃に60年安保のデモに参加したが、その後歌手となってしばらくはデモ参加は止めていた。しかし、上記の1968年、ちょうど「70年安保」前夜の時代の空気の中で、「これから歌手として生きていく以上、社会と向き合う姿勢をはっきりさせて生きていこう」と心に決めて、その東大卒業式ボイコット行動に参加したという。

「知床旅情」の唄で森繁久弥さんと出会った際、森繁さんも若い頃、ハルピンで放送の仕事に携わっていたので気が合い、いろいろと励ましてもらったそうだ。

その森繁さんが、加藤さんの歌を聴いて、「あなたの声には、あの満州の冷たい風の吹きすさぶ空気がこもっている。そういう声だ」と言ったそうだ。そこは森繁久弥氏独特のあの言い回しで加藤さんを褒めたのであろうが、加藤さん曰わく、「私の声は勝手にこういう声で出ているので、わざとそうしているわけではない。それを森繁さんがそのように言ってくださったことで、そうか、私の歩んできたことが声にも出ているんだ、そこは大事にしていこうと思った」と。

わたしは、この何気ないエピソードに感銘を覚えた。加藤さんの「声」をそのように意味づけた森繁久弥というひとも、素晴らしい。作曲家の故三木たかし(荒木とよひさとコンビを組んで、テレサテンの楽曲を多数手がけた。)が「歌うのは観客に向かってではない、自分の背中に向かって歌うんだ」と言ったことがわたしにはとても印象深いが、加藤さんの「声」にまつわる話はまさにそのことを表しているのだ。

わたし自身は、歌手・加藤登紀子のファンではないし、また、気の弱い(笑)わたしからすると、芯が強く姉御肌の雰囲気の彼女は共感するタイプではない。が、その歌唱力や歌詞に込めた彼女の思い、時代を見る目にはいつも感心している。「ひとり寝の子守歌」や「時代遅れの酒場」など、わたしたちの世代にはじーーんとくる歌詞が多い。

やはりひとは60年、70年と生きてくると、そのひとの歩みと時代の動きとが交差する独特の世界を創り出すものだ。それが人生というものであろう。番組の終わりに、リスナーにひとこと、と問われて加藤さんは「とにかく今生きている時間を大事にして欲しい。そして自分がやりたいことをしっかりとやって。愛する人がいるならばその人と100時間抱きしめているのもいい」と語った。こういう情熱というか、自分を大切にしながら、命を燃やすというパッションを、なぜだかこの60代になって本当に大事だなと思う。若い頃は、何かそういう台詞をしらけたものとして聴いていたのに・・・・。

わたしも、さる10月で67歳となり、「自分の背中」がみえるくらいの人生の位置に歩み来たったということかしら。



 11/14「シールズ東海・街宣」に参加して(15.11.17.)


11月14日の夕刻から、名古屋駅西口噴水広場のエリアで、「SEALDsTOKAI」街宣が行われたので、入試業務で出勤していた午後の帰路、その時間まですこし書店などを見て、そして参加しました。以下はその参加記。

小雨の中、主催者発表で3,500人が集まった。若い人も目立った。政党を代表して、社民党、民主党、維新の党(反大阪グループ)、そして共産党がそれぞれ熱のこもったスピーチを行った。山口二郎氏らのゲストスピーチもあった。

若い人のスピーチには、かつてのような組織動員型にありがちな、紋切り型のアジテーション言葉はまったくなく、聴衆と対話する、自分で考えた言葉で語るトーンに貫かれていた。

例えば、ある男子学生(『しんぶん赤旗』の翌日報道によれば大学1年)は「憲法に反することを平気で行う人たちによってこの国の舵取りがされている。どうかこの無謀な航海を止めてください。そのためには一人では無理なので、野党が一緒になって、『呉越同舟』でやってください」と。日本の進路を航海にたとえ、仲の悪い者どうしが一緒に事を成して結果を出す意味の「呉越同舟」の熟語をうまくつかって、ハキハキと話した。 ※11/21訂正:当初「女子学生」としていたのは「男子学生」の間違いでした。訂正します。

自信を持って、はっきりした口調での彼・彼女らの訴えは、個々人が自分の意志でここにつどい、共に考え行動しようという姿勢がしっかりと出ていて、聴く者に共感を与え、力が湧いてくる。なるほど「民主主義とはこれだ」と。私見ながら、教育学で近年追究してきている「参加民主主義」が実際にこういう姿でいま進行していると見てよい。

半面、大学祭風のノリが感じられ、政治集会と言うよりは文化集会・トークひろば的な印象も私にはあるが、それは「今の政治情勢をどう見るか」のスピーチが、安倍政治批判の、やや定番の言葉でのスピーチに流れがちだからか。それとも、学生や若者の視点からの要求をもっと出して良いはずなのに、その辺がラップ調の「コール」によって曖昧にされているからだろうか。

確かにこうして集まった若い世代に、感覚的には連帯感や、安倍政治への不満・不信の共有感は一挙に湧いてくるのだが、情勢を見る視点・読み取る切り口にたいする知の働きをもっと丁寧に働かせるには、「街宣」のスタイルと共に、別の、じっくりと討論する場がやはり必要であろう。



 「わが子を何とか救いたい」という親のすがる思いが・・・ 


「登校拒否・不登校問題 第20回全国のつどい in愛知」の総括のための実行委員会が、11月15日、名古屋市内で開かれ、全国からまた愛知から合わせて60名が参加。熱心な討議のもとに無事に終えました。

その後、名駅近くの居酒屋で打ち上げ。その時に、私がいたテーブルで一人の母親が語った、一見お笑いのようでいて実は切実なお話。

大阪在住のその母親がかつてわが子が不登校になり、「どうしてなんだろう、なんとかしたい」と苦しんでいて誰かに相談したいと求めていたときに、担任から、「今度、ダイキョウソがおこなう不登校のセミナーがあるから参加してみては」と誘われ、その集いに参加してみた。同じような体験の方の話を聴いて元気を頂いたが、どこにも「ダイキョウソ」たるそのひとはおられない。こういう場には出てこないのかな、と思った。

そう、この母親は「ダイキョウソ」=「大教祖」=おおいなる教祖さま、とはじめから思い込んだのだった。教員社会のことや教員組合のことにはまったく情報が無く、ただわが子のことを心配していた母親にしてみれば、担任がさかんに「ダイキョウソ」を繰り返すので、同じように苦しむ親のために「大教祖」が主宰してくださるのかと疑いもなく、思ったらしい。

もちろん、そのあと、「大教祖」ではなく「大教組」=大阪教職員組合のこととわかったそうだ。

耳で聞くことばの発音がひきおこした、ちょっとしたエピソード。しかし、その根っこには、この母親もそうだが、わが子の不登校の原因や今後のことが見えず、悩み苦しみ、何とかわが子を救いたいと思う切実な親の姿がある。

ここで話は終わらない。この母親の話をいったん大笑いしてうけたあとに、「でも、いまも、不登校問題に関わる研究者あるいは相談員が『大教祖』になってはいけないよね」「そう思うわ、そのようにさせるのはわたしたち親の責任だと思うわ」というように、研究者や支援者が権威ある存在に祭り上げられてまるで信仰のような空気をこの不登校問題を考える運動はしてはならない、というように話は進み、その通りだ、とそのテーブルのみんなが一致した。

そのあたりは、さすが大阪の参加者たちだ。お笑いのような話題をさりげなく話して、そこから、こういう運動のあり方に目を向けていく。わたしも良い勉強になりました。



 子どもの抱える問題をまんなかにすえた中身の濃いつどいに(15.11.29.)


「30人学級実現の会」として署名集約となる本日(11月29日)、いま子どもたちに何が起きているのか、特に不登校の子ども支援に当たる方々の報告をめぐって、という内容で「つどい」を開いた。参加人数は少なかったが、中身の濃い意見交換とリアルな実態や事例の発言が相次いだ。

県内の全ての会派にも本日の集会の御案内を出した。高橋議員(名古屋市議会、日本共産党)が参加して、発言した。

「30人学級を実現する会 まとめの会での発題(全文)(15.11.27.)」の記事の通り、短く、私が発題的な報告をして、名古屋市内のスクールカウンセラーの方、名古屋市内の不登校親の会の代表の方がそれぞれ具体的な事例に則して報告した。そのあと意見交換に移った。

ある6年生の担任からは、「卒業の言葉」を今書かせているとして、その中のある女子の事例が報告された。その子ははじめはきれいな言葉で、卒業の思いを綴った。が、教師が、あなたの場合にはもっと書きたいことがあるのではないの、と促すと、次に、分量も二倍に増えた新しい作文を出してきた。しかし、そこには、「○○は早く視界から消えて欲しい」「△△はクズだ、早く消えていい」「中学があるから今は、はっきりと言えない」「欲、ねたみ、うらみはなぜ生まれるの?」といった辛らつな言葉があふれていた。そして、終わりには「な〜んて。これは冗談。50%オフだからね」とはぐらかしも入っていた。

この子の言い分を、個別にじっくりと聞いてあげる指導が今後は求められている。

別の高学年経験者の話。3・4年生と続けて不登校だった子どもを5年生で担任した。家庭訪問をしてみると、家の中に更に段ボールで囲いを作ってそこで過ごしていた。親も腕を引っ張って登校させようと、対処が激しかったようだ。そのことへの抗議の「段ボール部屋」なのであろう。

家庭訪問をしても初めは出てこなかった本人が、ある日、柱の陰から顔を出していたのを教師は見て、これはいけると直観した。そして、その地域から名古屋市内の南部の広い緑地までの遠方サイクリングを、本人含めて10名くらいのクラスメイトと実施した。

6年生になって、1ヶ月かけて登校にこぎつけた。それは、初めは電信柱1本まで、次に2本まで、と少しずつ本人の歩く距離を伸ばし、校門へ、保健室へとつなげていったという。図工が好きで、図工室にも行けるようになった。3階の教室までが一番しんどかった。が、これも1学期にクリアできた。

この不登校事例からは、子どもなりの中間的空間をもつことでそこから次への歩み出しにチャレンジしていることがうかがえる。教師はその伴走者を務めたのだ。

最後の発言で、親の会を支援してきた方からは「適応指導教室」という言葉が、不登校の子を持つ親にとって一番キツイとの苦言と、それをなんとかしてほしいという指摘があった。子どもが普通に生活できるのに学校だけ「不適応」とされることは、非常に親を苦しめると。

このほかにも参加者から、たくさん、子どもの変容し成長していく姿が語られた。

《付記》

高校入試の競争環境がいじめを生む。そう言われてきたが、愛知県・名古屋市の場合、1989年に複合選抜制度を導入して速くも26年。いじめ・不登校も含めた子どもたちの発達・成長における負の問題とその高校入試制度がどのような関係にあるのか・ないのかについて、しっかりとした組織での検証と検討が求められているのではないか。愛知県下では、上記のいじめによると思われる自死事件報道とは別に、報道には取り上げられていないが、小学生・中学生の自死がここ数年続いている。



 「今も思春期を生きている」ジョニー・デップ(15.11.3.)


「アクターズ・スタジオ」シリーズのもう一人として、ジョニー・デップのDVDを見た。彼は、1963年生まれだから、今年で52歳。この国際的大スターも、「ジョニー」と呼ばせて頂くことをお許し頂きたい。

彼は、最近では、「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」「ネバーランド」「チャーリーとチョコレート工場」「パブリック・エネミーズ」「ローン・レンジャー」などの作品で日本でもよく知られている。ファンは彼のことを「ジョニデ」と親しく呼ぶらしい。

さて、クリントの時と同じで、司会はJ.リプトンが務め、ジョニーは、一部革のすり減ったブーツに、Tシャツ&ジャケットというラフな服装でステージに現れた。ホールの「スタジオ」受講生たちから盛んに拍手が起こり、鳴り止まないほどだ。リプトンが言うには、「ジョニーには裏口からそっと入ってもらった。玄関に人があふれてものすごいことになっていたから。これまでの8年間で一番会場の人の多いゲストだ」。

着席するなり「毒を吸わせてもらうよ」と、タバコを取り出して一服やり出した。もちろんこのホールは禁煙になっているが、それを知っていての振る舞い。自由奔放とも言えるが、かなりナーバスな役者だとわかる。

ジョニーはケンタッキー州の生まれと育ちで、祖母がチェロキーインディアンの血を引いているらしい。12〜14歳の時にギターを自前で練習して覚えた。その練習のために、「今初めて告白するが」と断って、その頃デパートで教則本を万引きしたそうだ。ギターが彼の支えになっていて、自分が思春期にいることさえ気づかないほどで、リプトンに「今はどう?」と振られ、「今も続いているかも知れない・自分でもわからない」といって会場を沸かせた。

15歳の時に両親が離婚し、彼は母親と暮らした。彼曰く、「母親は大親友の一人だ」。それくらい、すばらしいお母さんだったようだ。ちなみに、彼女の職業はウエイトレス。

ハイスクールも15歳で退学した。やはりこれはまずいと、すぐに学校に戻ろうとしたが校長が「君には戻って欲しくない。君には音楽がある。それをやるべきだ」と、とても温かい言い方で話してくれた(拒否した)ことで却って退学の決断ができた。何しろ在学中にナイトクラブに、裏からそっと入れてもらって演奏をしていたというのだから、校長の思いもわかる。その後、レコード契約を夢見てカリフォルニアに行ったが、手応えはなく、貧しい生活で、電話で文具を売るアルバイトをしながらどうにか暮らしたようだ。その電話での売り込みが役者の勉強になったと彼は言って、会場を笑わせた。

なぜ俳優になったのか。当時、友人のニコラス・ケイジが「あんたは俳優になるべきだ」と薦めて、オーディションを受けて採用された。すぐに10代のアイドルになったが、自分では「商品になっている」ことが自分には似合わなくて苦しんだそうだ。ところが映画「プラトーン」で一躍有名になった。「ウィキペディア」の記事によると、監督はジョニー・デップに主人公・テイラー役をオファーしたが、「デップは自分が若すぎることと自らに知名度がないことを理由に断った」そうだ。そこで、(端役ではあったが)ある兵士役で出演することになった。この作品を契機にジョニーは役者になることを本気で考えた。

出演作品をどのようにして選ぶのかの質問に、ジョニーは「意外性」だと答えた。さらにリプトンの質問が冴えている。「99.9%間違いなく、あなたはハリウッドの2枚目になれた。私よりずっとハンサムだし。しかし、あなたはそれを避けた。なぜか」

これにはジョニーは「商品になることへの抵抗」があると答えた。自分の道は自分で選び、それが外れても後悔しない。そういう役者であろうと決めたと。ここで、学生たちから共感の拍手が湧いた。

どんな役に惹かれるのか。彼は、「普通でない人に惹かれる」という。そして「(どんな役をやっても:折出)完全な満足は役者にとって死に等しい」とも語った。この向上心は、下記のクリントともぴたりと一致する。

そしてジョニーは、脚本を読んだときの「ひらめき」、直感力を大事にしている。それだけ感受性が強いからだろうか、試写はほとんど観ないそうで、1カットも観ない作品がかなりあるという。それは、彼にとっては、撮り終えたらもうそこで離れるからだ。

ジョニーのあの長髪にリプトンが質問をぶつけてきたが、彼は、髪が長ければそれが隠れ蓑になる感じがしているという。「マスク少年」とまで言われる、最近の思春期の男子のマスクも同じ効果かも知れない。

私生活では、インタビュー当時はフランスに妻と娘と暮らしていて、アメリカと往き来していたが、その後、最近になって離婚して別な女性とアメリカで暮らしているらしい。スタジオでタブーの質問と、リプトンがなげかけたのがタトゥーのこと。ジョニーは9〜10個、タトゥーをしていて、右腕には「一生ワイン依存症」と(もちろん英語で)。17歳の時にすでにタトゥーはしたそうで、それは祖父を称えるためだった。

フロアからの質問:「これからも女性役を演じたいですか?」ジョニー「女性は演じてみたい。あの服装、特に下着は大変だし、いろんな面で女性を尊敬している。女子の方が男性より強い性だと思う」と。

「この5月に卒業して俳優業に就くのですが、そのわたしたちに助言をください」ジョニー「小さい頃、母の勧めで、いじめっ子にやられても反撃したことがある。自分の領域を侵す者にはこちらが主導権を取って、前に進むことだ。自分が商品にされて食い物にされてそこから逃れられないことを多くの経験で知った。妥協せず、進むこと。人がなんと言おうとそんなのは関係ない、突き進め」

伏し目がちに言葉を選びながら語るジョニーは、映画の中の演技とはかなり違って、ややシャイな感じも受けるが、ぶっきらぼうでいて、中性的な雰囲気をふりまく、仕草や物言いが、多くの俳優志望者たちを惹きつけてやまないのであろう。最近でも「セクシーな男性」の第1位に選ばれたらしいが、その理由はわかるような気がする。



 物静かだが、自信にあふれている俳優の語りから(15.11.2.)


「アクターズ・スタジオ」。それはニューヨークにある俳優研鑚の機関で、日本の俳優養成所とは違って、プロによるプロの俳優の演技研鑚の場である。しかも、あのスタニラフスキーの演劇理論を正統に引き継いでいるスタジオなのである(ジェイムズ・リプトン『アクターズ・スタジオ・インタビュー 名司会者が迫る映画人の素顔』(酒井洋子訳、早川書房、2010年、「訳者あとがき」より)。

その画像版が、DVDで公開されている「Inside the Actors Studio」である。上記のJ.リプトンが司会役となって毎回著名な俳優たちと、聴衆のプロの演技者たち(若い人が目立つ)のいるホールのステージで対話していくのである。このたびそのシリーズの中からクリント・イーストウッドを借りて、見た。

彼はアカデミー賞をはじめ各種の賞を数多く受けてきたし、いまも監督であり俳優として現役で活躍している。さて、これからはその楽しい対話の中からいくつかのエピソードを紹介する。以下では、国際的大スターに失礼とは思いつつ、何作も彼の出演する映画を観てきたので親しみを込めて「クリント」と呼ぶことをお許し頂きたい。

いまは国際的な有名俳優の彼も幼少期はひとり読書にふける孤独な子だったらしく、自分でも「内向的な少年だった」と言っている。高校で、クラスで演劇に参加することになったが、彼だけが演劇が嫌いだったそうで、そこにつけ込んで英語担当の教師が彼を主役にしたそうだ。そのときどういう結果になったかは語らなかったが、そのことでいっそう演劇が嫌いになった。

高卒後は大学に行きたかったが、いったんボーイング社に入社。その後、徴兵で兵役を受けた。いろいろの訓練を受けたが、朝鮮に行くことは免れた(あの朝鮮戦争の時代のことであろう)。その後、L.A.市立大に入って、何を専攻したかというと「経営学」(ここで会場から爆笑)。その大学に演劇科はあったのに。

あることでスカウトされて、演劇入団試験を受けたら合格して、そこで色々の人の演技を見ていくなかで役者にとって「精神的な芯が大切」と学んだ。そして、テレビ映画でおなじみの「ローハイド」の主役に抜擢され、更に映画「荒野の用心棒」で一躍スターにのしあがった。

とはいってもクリント自身にはまったくその気はなくて、イタリア人の監督が西部劇を取りたくてどうしてもクリントに出てほしいというので、仕方なく受けたそうだ。撮影場所はスペイン。あの独特の服装はアメリカであつらえて向こうに持って行ったそうで、さすらう風の渋味のあるスタイル、これはクリントの着想だったらしい。彼はおもしろく語った。「監督は英語が話せない、おれはイタリア語はダメだ。だから、適当に感じ取って演技していった」と。

その映画は、お察しの通り、黒澤明監督の「用心棒」をモデルにしたものだ。「イタリア人監督は日本人に黙ってあの作品を真似た」とクリントは笑わせた。その台本には、クリント演じるガンマンは「ジョー」と出てくるが、映画の中では一度もその名は呼ばれない。というのも、台本はそうなっているが、名無しのガンマンでいこう、ということにしたらしい。配給元の会社幹部もそれを認めたとか。

この西部劇は予想以上にヒットして、そこから彼に次々と出演のオファーが来るようになった。映画タイトルは初めはイタリア語だったので、クリントはまったくそのヒット作の報道に(他人のことだろうと)興味がなかったが、自分の出演作品だと知って却って驚いたという。

その作品は、西部劇の常識を変えたのだそうだ。それまでのアメリカ・ウエスタンの「正義」は、「相手が抜いてから撃つ」だった。ところが、「用心棒」でクリントのガンマンは「先に撃つ」を通した。これにはベテランのジョン・ウエインが驚くと共に怒ったらしく、「俺は(敵を)背中から撃たない」とひどくこだわって、言い張ったそうだ。この話題のとき、クリントは素顔のまま、「だって相手が抜くのを待つことはなかろう」といって会場を笑わせた。

「新しい企画をどうやって決めるのか」というリプトンの質問に、「やりたいかどうか」で、「自分がイエスなら(徹底して)準備する」と。また、「チャレンジ精神」が結局は大切で、「役になりきればなんでもできる」とも語った。

演技論に話題が及んだとき、クリントは、「演技において最も大切なことは聴くことだ。これは人生においても大事だ」「だいたい俳優たちはあこがれの役者が映画の中でおしゃべりをするのを真似て、会話をどうしたらうまくできるかにこだわるが、それはちがう」という主旨のことを淡々と話した。

この「人の話を聴く」姿勢は、監督としての彼のスタイルにも貫かれているようで、現場で、よくある「アクション!」「カット!」と大声を張り上げることは彼はしない。静かに「よし始めよう」「よし、いいよ」と言うのだそうだ。

ここでもおもしろい話題がある。西部劇の撮影中、ある場面で四頭の馬に乗馬しているシーンがあったとき、「アクション!」とやったら、ある馬が緊張のあまり駆けだして撮影できなかった。「役者は馬ではないが、それでも中枢の神経系統はある(緊張している:折出)」。だから、役者のことを考えると静かに指示を出すことが良い演技を引き出すコツなのだと。

《付記》このクリントの映画撮影のテークの始め方・終わり方のエピソードは上記の『アクターズ・スタジオ・インタビュー 名司会者が迫る映画人の素顔』455〜457ページに詳しく語られている。

(私が作品名を忘れたが)ある現代映画で、登場する人物の顔に一部光を当てるだけで全部を映さない撮影手法を採ったそうで、これは「第三の男」の作品を参考にしたらしい。クリント曰わく、「観客は賢いから、一部を観れば、全部を観なくても誰がどう演じているかはわかる」「観客には、観るだけではなく、(人物の姿や内面を想像して:折出)参加してもらうようにしている」と。

とくに役作りで苦労しているようではなく、「自分の存在がシーンをどうつくるかを常に考えて演じる」と話し、「いつも自然に」と言っていた。「自分にあったスタイルをもつこと」だとも。
 注記:このあたりは、教師もある意味で「演じる」人なのだから、参考になるのではないか。クリントが言う意味は、自分が主役であってもその作品そのものにとっては、(自分が自分がと出るのではなく)良質の伴走者であろうとして演じている、ということではないかと私は受け止めた。

印象に残った彼の言葉:「役者と監督に関してはいつも学生だ」

少年時代「内向的」であったというその素地はいまも残っているようだが、あれほどの大スターでありながら、自然体というか、飾らない素直さが改めてクリント・イーストウッドという俳優のすばらしさ・魅力なのだと知った。



 京都国立博物館の「琳派」展(15.11.1.)


いま、「琳派 京(みやこ)を彩る」琳派誕生400年記念[特別展覧会]が、京都国立博物館(東山七条)で2015年11月23日まで開催されています。同志社女子大学を会場に研究会があってそれに参加する日程の中で、時間をとって行ってきました。たぶん混んでいないであろうと見込んで、入館の締め切り(6時)にちかい4時過ぎに、以前にリニューアルされた「平成知新館」に入ったところ、長蛇の列。「40分待ち」と看板にはありましたが、意外とスムースに動き出して、無事に見ることができました。

読者もだいたいはご存じの、あの「風神雷神図屏風」の作者たちの世界です。俵屋宗達、尾形光琳、そして酒井抱一の三巨匠によるそれぞれの名作品が同館の1階から3階まで展示されています。

琳派の人たちの作風は、金箔をはった屏風に、鮮やかな緑や朱を駆使して、しかも扇形の変形の中にみごとに構図をセットして描いているところです。

こういう絵画を見るのが好きで、Vixenの6倍・ポケット単眼鏡を持って行って、展示のガラスのこちらから作品の細部を見ましたが、草花の画が主に描かれているのですが、葉の脈や花びらの重なりや、それはそれは細かな箇所まで筆の使いが見えて、とても感動しました。

同じように、水墨画も、金に塗り染めた背景に墨で竹の数本を描き、その節目、そして枝から出る竹の葉の、細い刀のような先をすーっと描いているのがわかります。

そして、宗達、光琳、抱一の三者による「風神雷神」の作品。宗達の作品は今も建仁寺が所蔵しているものなのですが、構図といい二人の形相といい、しっかりしています。光琳のはややおとなしめの表情。抱一になると、私が見ている後ろで若いカップルが「なんか漫画チックやな」とささやいていたほど、親しみは持てるが、宗達のあの緊迫感が薄れた感じです。

宗達の「風神」「雷神」の二枚の色紙サイズの覆刻セットを、買いました。建仁寺の「覆刻・頒布を認める」証書付きです。



 最新のヘーゲル解説書を読んで(2015.10.30.)


高村是あつ(たかむら・よしあつ:“あつ”の漢字が検索の範囲を超える複雑な字なので、失礼)『ヘーゲル「精神現象学」を学ぶ』(一粒の麦社、2015年9月刊)を取り寄せて、いま読んでいるところです。高村氏は広島在住の弁護士であり、広島県労働者学習協議会の役員として、働く者の古典学習の講師を長年勤めておられ、この本もその講座をまとめたものです。

ちなみに、私は、広島大学院生時代に、勤労者通信大学の基礎コースを一年間履修して、修了しました。同大学長、柳田謙十郎氏による修了書をいまも額に入れて持っています。教育学部の卒論でヘーゲルをやったこともあって、働く立場での哲学・思想の修得に強い関心があってその講座を受けたのでした。

さて、同書は、400ページに及ぶ大著ですが、著者自身が述べているように、第1講から第15講まであるが、「本書の理解を容易にする」には最後の第15講から入るのもいい、とありますので、そうしました。

本書は書名の副題に「科学的社会主義の立場から」と記されていて、その思想的な立場性が一貫している点はまず挙げておくべき特徴です。しかし、だからといって、ヘーゲルの名著『精神現象学』を、観念論だ、マルクスによって乗り越えられた、というまったく俗っぽい議論でまとめているのでは決してありません。そうではなく、ヘーゲルの同書の各章・節に即しながら、その意味するところ、ヘーゲル哲学の言説に忠実にあたりながらもその現代的な解明を重点にしていることが、同書の優れた点です。

はじめてヘーゲルの同書に当たってみたい、と思う方も、この高村氏の本は参考になります(ただし、出版元は同書のISBNを取得されていないようで、アマゾンで検索してもヒットしません)。

第15講に関しては、私なりの一読者としての意見があります。

1つには、上記の「科学的社会主義」の立場を出そうとするあまりに、ヘーゲルの、ある種文学的なセンスをともなった哲学思考・叙述のダイナミックな世界が、優等生の作文のようにきれいに整理・区別されすぎている感があって、ヘーゲルの同書の翻訳を読むときの感動、つまり、とても難しいが、しだいにその概念を駆使して語る世界が見え始めてくるとなんともいえない論理のすじみちの躍動感をおぼえるという、その醍醐味が薄れます。これは原著ではない以上、しかたないことかもしれません。

2つめに、その整理しすぎというのは、たとえば「概念」のとらえ方にも出ています。著者は、樫山欽四郎訳(河出書房新社)の同書をテキストにしています。樫山氏はヘーゲル哲学研究で著名な人です。女優・樫山文枝さんのお父さん。

その樫山氏が同書の訳者解説でヘーゲルのいう「概念」の意味をこう押さえています。「精神が実体(対象)において自己を失うことを通して、自己を回復するとき、初めて真理がえられる。これが概念なのである」(高村著、343ページより再引用)

ところが、高村氏はこれを、「ヘーゲルの文章を口移しにしたような意味不明の回答にとどま」ると、批判します。そして、高村氏自身は、「(ヘーゲルの言う:折出注記)『概念』とは、事物の『真にあるべき姿』」である、としています(374ページ)。

たしかに、わかりやすさから言うと高村氏の規定の方がわかりやすい。しかし、それは、ある意味ではヘーゲル自身が嫌った、悟性的な「答案」です。優等生の解答文です。もっと言えば、雨の降る日は天気が悪い、と同じで、間違ってはいないが、その「時」の活き活きとした実体は表現されないのに近い。

私は、樫山氏の言い回しで完全に良いとは思いませんが、それでも樫山氏の規定は、単なるヘーゲルの「口移し」ではなく、「概念」はその自己否定性にこそ本質があるということをズバリ述べている点で正確であり、優れていると思います。概念は、存在するものがそのものと他のものとの相互否定関係をくぐってそこに在ると理性が把握した知の状態であって、他のものではなくこの或るものであると「否定の否定」を介在させた上で自己を確証している姿であり、それを「真にあるべき姿」と言ったのでは、「概念」が成り立つための、大事な弁証法的「否定」の過程を落としている(背後に押しやっている)ことになります。

まだこれから他の章(各回の講義内容)を読みますから、1つの章だけで言うのは著者に失礼とは思いますが、ヘーゲル哲学のキー概念であり同書のポイントである「概念」の押さえ方を見ても、高村氏が、ヘーゲル『精神現象学』の最大の主題であり秘密は、自己否定性による自己のほんらいの実現にあることを不十分におさえているか、あるいは「科学的社会主義」の視点を打ち出そうとするあまりにそこをそぎ落としたか、という疑問を抱きます。これを検証する意味でも、今後も読み進めてみます。

先日もある集会で、「否定の否定」の話をした後に、休憩時に、話しかけてこられた元教師の方が「ヘーゲルが問題を出してマルクスがまとめたんだよな」と、まことしやかに言われました。長年民主的な民間教育運動に係わってこられた雰囲気がすぐわかる方でしたが、こういうわかった風のものの見方で、子どもや家庭や学校・教師が語られてはならない。それこそ自己否定性をくぐらない、「雨の降る日は天気が悪い」式の、自分の見方は間違っていないことの表明になって、他者や他在するものをどう関係の中に入れてきて総合的な判断に立つのかが弱くなる問題をふくんでいるのではないでしょうか。

もっとも、その方の名誉のために言えば、ただ「つぶやいた」だけなので、そこに絡むのは心外だ、とおっしゃるでしょうが、私は、ヘーゲルが問うてマルクスが正解を出した式のとらえ方のホンネがちらっと出た、と読みましたね。

「百聞は一見に如かず」と言うように、「百聞は一読に如かず」と言えるので、機会があればヘーゲル『精神現象学』の邦訳書をぜひ読んでみることですね。



 不登校・引きこもりの問いかけていることは何か:その2(15.10.25. 一部補筆 10.26.)


10月24日、午後、不登校・ひきこもりを考える埼玉県連絡会で、講演をしました。その前に総会にも参加しました。

15年度の活動を総括し、次年度方針を立ててとりくむ。組織としては定番のスタイルですが、県内各地で地道な取り組みをされている方々が、県レベルのこの会の事務局を支え、継続されていることに頭が下がります。

私の話の中では、下記の「自己肯定感」をめぐる問題も織り込んで、2:45から4:30までみっちりと話しました。講演後も、夕刻からのお弁当をたべながらの懇談の場に参加しました。15人くらいが残って一人ずつ講演の感想やいまの家庭状況などを話されました。母親の方が多く、「話はむずかしい面もあったが、私はこう受け止めた」と、ご自身の子どもの不登校あるいは引きこもりの事実とつなげながら話してくださって、そのいずれも、奥の深い、子育ての葛藤・確執あり、自信を失いかけ不登校の会で元気をもらい、しかしまた行き詰まる、といったまさにドラマです。

子ども自身の歩みにおける、くぐらなくてはならない「否定の否定」であること、そういう自分の脱皮、あるいは殻を破る営みを肯定するというのが、ほんらいの自己肯定であって、それは正しくは他者による承認の関係性のことなのだ、というあたりが意外に関心を呼んだようで、そのことをめぐって発言者一人一人の生き方論が語られたように思います。

また、ある親は「30代の息子が引きこもって仕事にも就かず、家にいる。この間久しぶりに話したら、彼は、『自分だってこのままで良いとは思っていない、しんどいんだ。かといって、いま自分が就けるような仕事がない』と言っていた。何もできない私には、一緒にいる意味がないのではないか」と、やや涙ぐみながら話されました。

そこで私は、「そうとも言えません。あなたが母親としてそばにいることが、彼なりに、自問自答しながらも次にどう抜けだしていくかを探しており、彼なりの“否定の否定”に挑む場を支えている。それが彼にもわかっている。そういう力を与えている。それをエンパワメントというんです」と、ショートの話をしました。

ただ、何人かの方が、「自分の人生もあるのに、人の人生の伴走者になるなんて難しいことだ」とおっしゃったことは、とても大事なことです。しかし、(その場ではあえて私の意見を差し挟まなかったのですが)、そこは違うのです。

結局、自分のこともあるのに「誰かの伴走者になること」はできるのか、というのは、ひと(他者)の伴走に意味があるのか、と問うているのに等しい。他者の人生に伴走者としてかかわる、その自分の人生に意味があるのか、と。

それでは、「学校に行っていない・行かなかった、その今後の人生に意味があるのか」と、揺れながらも自問自答している子どもと同じ次元になりはしませんか。

そうではなく、その自問自答しながら、否定の否定を生き抜こうとしているそのひとりの主体に伴走者としてかかわる・つながる、その生き方自体が、あなたの人生の大事なストーリーなのだと受け止めるべきではないでしょうか。言い換えれば、人生が、そのことをあなたに期待しているというか、そういう伴走する生き方を引き受けることがあなたにはできるのに、それをしていますか、と人生の方から問いかけてきているのではないでしょうか。

お気づきの方もいるでしょうが、それはあのV.フランクルの「それでも人生にイエスと言おう」のスタンスにつながる主題です。

繰り返します、誰かを伴走することは、新たに付加する余分なこと、余力があってできること、という追加的な営みではない。そうではなく、伴走することそれ自体が、自己実現の一環であり、自分のこれまでの経験や知見を投影させながら、子どもが探していく「人生の窓」を開けることに、そばにいる他者として参加していくことなのだ。そういうことではないでしょうか。



 不登校・引きこもりの問いかけていることは何か(15.10.23.)


こんど、埼玉の不登校連絡会の集まりで、「子どもたちと共に人生の『窓』を開けよう〜あなたらしい伴走者になって」と題して、講演をします。そのレジュメはここでは割愛します。

その話の中で、じかに述べると「むずかしい」となるので、私なりの「準備メモ」として考えたことを、このページに残しておきます。

1 人生の「窓」を開く

 〈私にとって、子どもにとって人生は生きる意味があるのか〉ではなく、〈私にも子どもにも人生が待ち受けてくれているのに、それに応えようとしているか〉と、問わなくてはいけない。

 人生が意味を与えるのではなく、その待ち構える人生に意味を与えるのは、わたし自身なのだということ。これは、『夜と霧』のV.フランクルの体験的な問いかけに学んだことだ。

 人生の意味を付与する主体、これが人格。ほんらい、子ども・若者一人一人は、その意味での、成長しつつある人格を有する存在である。

2 人生の窓を開く試み

 わかりやすい例としては、「ランドセルの俳人」と呼ばれた少年、小林凜さんの物語がある。また、私には長崎で出会った不登校の女子中学生(当時)の話も参考になった。同じく、長崎の不登校・ひきこもりの情報誌にのった、長文の告白の手記(HKさん)の葛藤、揺れにも教えられた。彼は、「自分はなぜこうなったのか、別の自分であり得たのではないか」と自問自答しながらその出口を探して苦しんだことを書いている。

それぞれ、不登校のきっかけとなった「いじめ」あるいは「嫌がらせ」と、その後の苦しい歩みを他ならぬ自分の歩みとして受け入れ、それをただ振り返るのではなく、前に進むための意味あるステップとして、理解しようとしている。
 ここにも、人生の「窓」を見つけ、それを開けて、人生を選びとることがはっきりと見られる。

人格とは、自分で選び決めて行動する主体であると共に、社会的な存在として現実の生活からいろいろの影響を受け、また社会の制度や政治の矛盾をかぶる存在でもある。  自己決定の主体であることが重要。
        

そのためには、他者が「私」を、選び取りながら生きていく主体として承認して、関わってくれることがなければならない。
 承認し承認されるという他者との関係性のなかでほんとうの「自律」は成立する。
 その根底には「信じる」「信頼する」ということ。
 

3 自己実現とは、上記の自己決定である主体として成長することそのものが目的であること、ありつづけること。

 ところが、いまの新自由主義、安倍政治は、個人を「手段」とする価値観で政治・経済・子育て・教育をリードしようとしているために、多感な時期の子どもにとっては、自分を何か外の力で操られることへの怖さ、あるいは自分が自分でなくなりそうな不安にかられてしまうのではないか。

 「一億総活躍社会の実現」を新安倍内閣のスローガンにあげたけど、活躍して欲しいという国家の願い、国家への奉仕という狙いがあからさまであるので、これもまた、若者にとってはよそよそしいであろうし、何か自分たちを縛り付けるような感じがするであろう。

 これに対しては、「それは甘えだ、生まれてきた以上は社会に奉仕するのは当たり前ではないか」との反論もあるであろう。しかし、それは、この新自由主義社会に適応して生きていこう、あるいはそうせざるを得ないと自分に言い聞かせている人の論点であって、言い換えれば、それはおのれが手段化されることをはじめから了解済みということだ。

 だが、引きこもりの若者にとってはそれが了解しがたいから、苦しいのだ。

4 不登校・引きこもりの子ども・若者ほど、生きる上での否定の原理を感覚として受け止めている存在である。

 学校に行きたくない・行けないとして、学校を拒否する。その自分を否定して、別の自分、別の生き方のできる自分をつくろうとする。
 そのとき、「ありのままでいいんだよ」と共感する関わりがこれまで大事だとされてきた。それは、子どもに「自己肯定感」を生み出す働きかけ、ないしは関わり方だと。

 だが、それはよく見れば、その子ども自身の中で起きている「否定の否定」という営みを認めている、承認している関係なのである。

 それを「自己肯定」といってしまうので、どうも当の子ども・若者の現実とは少しずれているのではないか。そのことが前から気になっていた。

 先の長崎の不登校経験の若者HKさんが、その長い手記の中で、こう書いている。不登校になって以後、何とかしなくてはともがいている自分を、「自分はこれで良いのだ」と「自己肯定感」をもつ者として周りに表そうとしてきたが、それは結局「良い子」であろうとする仮面を被っていたのではないか。「自己肯定感なんてクソくらえだ」と、彼はその手記の中で心情をはき出している。

 「自己肯定」なんかじゃない。ほんとうは、今の自分を変えていきたいんだ、乗り越えたいんだ。自己否定なんだと。彼はこう叫んだ。つまり、今いる自分の否定(学校を否定した自己の否定という、否定の否定)を彼は正面から受け止め、そこに自分をさらし、その方向性を見つめていたということだ。
この否定の否定という、産みの苦しみがわかるかどうか。

 ここが、不登校・引きこもりの当事者と接する上での最重要なポイントなのではないだろうか。
   



 「グリップ on マイライフ」(5)(15.10.19.)


《内閣府「平成27年版 少子化社会対策白書」から》

標記白書の一環で、“コラム「結婚・家族形成に関する意識調査について」(URL=http://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/whitepaper/measures/w-2015/27pdfgaiyoh/pdf/column01.pdf)”が報告されています。その中の未婚の若者における「恋人への関心」にかんする意識調査のことを、本日(10/19)のNHKテレビ「おはよう日本」で取り上げていました。

同白書によると、男女の20〜30代の回答全体(N=761)では、「全体の60.8%が『恋人が欲しい』と回答している。また、男女ともに、コミュニケーション力が高い方が、『恋人が欲しい』の割合が高い」。逆の「欲しくない」については、37.6%が「恋人が欲しくない」と答えています。

NHKの番組では、この部分だけをクローズアップして、男子学生らに取材していました。京都大学大学院の男性によれば、いま趣味も研究も充実しているので、それを恋人と付き合う時間のために取られたくないと。彼には、保存しているアニメーション映画をひとりじっくりと見るのが至福の時だそうです。

同番組は、こうした「欲しくない」の意識に共通しているのは「面倒」だとしました。裏返して、それほどに自分の時間にこだわっているわけです。周りにはビデオやインターネット、SNSと、映画・アニメの登場人物にまで広げて言えば、架空も含めて他者とつながる場面やツールは、あふれているし、ほぼ満足なのでしょう。生身の相手だと気を遣うし、その前後の気遣いの時間も合わせると自分のための純粋な時間が無くなっていく感じはあるのでしょう。

しかし、男女ともに30代になると、「恋人が欲しい」の割合はあがります。男性の20 代で「欲しい」58.1%→30代では66.1%、女性の20 代57.6%→30代64.8%というようにです。それぞれに結婚や社会的な自分の処し方などを意識するからでしょう。

ここで注釈。私は、以前から論文でも「アトム化 atomization」を言ってきています。これは、ハンガリーからアメリカに亡命した、女性・社会哲学者、アグネス・ヘラーの著書からヒントを得たものです。粒子のように浮遊する存在、他者から離断された姿を言い表すものとして使ってきました。

しかし、だからといって、けっして孤独感や孤立感になっているわけではない。他者と関わるきっかけ、おたがいの「窓」がうまく開かない状態です。

「コラム」に戻ると、「欲しくない」の背景には「交際への不安」もあるようです。

「全体では、『そもそも出会いの場所がない』(55.5%)が最も高く、次いで『自分は魅力がないのではないかと思う』(34.2%)、『自分が恋愛感情を抱くことができるのか不安だ』(20.5%)が続く」。

ちなみに、「結婚観」についてみると、「全体では、『結婚したほうが良い・計』(「必ずしたほうが良い」、「できればしたほうが良い」の合計)は68.1%であり、男性のほうが、女性よりも『結婚したほうが良い・計』の割合が高い。これに対し、『結婚しなくて良い・計』(「無理してしなくても良い」、「しなくて良い」の合計)が30.9%と約3割である」。

「少子化」の傾向にあって、子ども人口を増やす、出産をうながすための現状の課題を探るための同調査なのでしょう。過日、菅官房長官が福山雅治さんたちの結婚を機に同世代のカップルも一緒に子どもを作って欲しいと、テレビ番組で発言しておおいに物議を醸していましたが、その背景にはいまの安倍政治の国策として、「産めよ増やせよ」があることを物語っています。もちろん、それは、安保法制の今後の展開次第で、戦場に赴く若者=自衛隊員を必要とすると見ているからでしょう。

話がきな臭いほうにいきかけたので、この場では一旦戻します。

先の「恋人が欲しくない」が約4割もいることは、私たちのオジン世代からするとやや驚き。でも、繰り返しになるが、それほどに自分の感覚・欲求を満足させる刺激が周りにたくさんあるということでしょう。アダルト系・出会い系のサイトもそうでしょう。まかり間違えば犯罪にひきこまれるリスクを感じながら、欲求の充足の場としてそちらにも流れていく。こういう社会の多層性・個別性・即応性は見ておくべきでしょう。

要は、食べ物の「ファストフード」と一緒で、恋人関係でも「ファスト・フレンド」「ファスト・ラブ」の流れがあるのでしょう。それほどに、人と人との出会いがスピード化しているのです。

若い人の傾向として、「恋愛・結婚とかけて維新の党と解く」。そのこころは「くっつくのも速いが別れるのも速い」。

と、遊びはこれくらいにして話を戻すと、上記の意識調査ではきちんと取り上げられなかったようですが、自分の仕事のことで精一杯とか、部屋に戻るとぐったりして恋人をみつけてデートするなどの元気が湧かない、自分一人の将来も見えないのに、結婚につながる恋愛など問題外だ、といった切実な厳しい生活現実もあるのではないでしょうか。

もしそうなら、この若者が直面している、活力を奪われた状態、自己表現世界をネットなどのバーチャルな世界に限定せざるを得ない状態こそ、おおきな問題なのではないでしょうか。



 唯物論研究協会 第38回研究大会(2015年10月17日、14:30〜18:00 群馬大学)(15.10.18.)


シンポジウム「『暗い』時代を生きる思想 歴史意識の現在」の参加記 (以下、敬称略) 

以下の全ての記述の責任は、このページの作成者に帰します。
                           

1 シンポジウムの主旨、テーマ設定

 司会者(南 有哲、三重短大)による解説:
「暗い」時代に比して今ほど「暗くない」時代が過去にはあったが、東日本大震災の原発事故によって日本社会の脆弱さ・暗部が露呈され、「(経済)大国」「繁栄」の日本は瓦解している。その一方で、安倍政権を援護射撃するかのように、「日本礼賛論」(本当は日本は素晴らしい国だ)が最近繰り出されている。

 こうした中で、@ 歴史意識の真摯な検証をする、A 今日の思想の内実を支えているものの発掘を行うことを狙い、これらによって歴史をとらえる意識を鍛え直す、という主旨でこのシンポジウムを企画した。

2 報告者の中心論点

(1)加藤圭木(かとう・けいき 一橋大)は「植民地主義の暴力への想像力を鍛え直すために」と題して、以下のことを報告した。

 @ 日本の近現代には一貫して朝鮮差別が流れており、日本のマジョリティのあり方を問い直すべきだ。
 A 「戦争責任」では捉えきれない「植民地責任」、すなわち植民地支配は全体として犯罪であったという認識を確立すべきではないか。
 その理由は、(a)朝鮮が日露戦争の戦場であったこと、(b)水俣病の前に、日本の企業は朝鮮でチッソ公害を引き起こしていた(浅野セメント、1930年代、朝鮮進出。住民の連日の抗議行動を警察が弾圧)、(c)朝鮮国内での強制労働動員、という史実による。

 B 植民地支配の暴力は、戦争動員や独立運動弾圧だけではなく、(これまで未着手であった)朝鮮における公害問題、国内労働動員など、日常的な暴力として働いていた。「慰安婦問題」の背景もそこにある。
 植民地の「日常の暴力支配」を前提とした帝国の「日常」を、戦後70周年安倍談話は引きずっているのではないか。
 → 関連で、「慰安婦問題」での吉見義明(一橋大)訴訟問題が詳しく述べられるが、ここでは省略。

 C 結論:私たちは加害の歴史の一部しか知らない。加害と被害の歴史を明らかにする作業を粘り強く行うべきだ。そのためには「植民地主義の暴力の想像力」を鍛え直すことだ。現在は、マジョリティにとって「暗い時代」といわれるが、そこには内部に希望がある。かつて、はじめは企業と一体でチッソ公害を否定してきた合化労連チッソ労働者たちが、「朝鮮占領時代におけるチッソと漁民抑圧と殺りく」を知り、これにつながる日本国内の水俣病を真剣に考えなかった自分たちを悔やみ、学び直した(1968年)。

(2)豊泉周治(群馬大)は「コンサマトリーな民主主義」と題して以下の報告を行った。

@ シールズの「民主主義って何だ♪」のコールは、若者が牽引する「2015安保」の広がりの意義を象徴している。
A 若者のトレンドは、各種の意識調査からも「満足」「幸せ」とする回答が顕著である(現在の生活に「満足」「まあ満足」とした20代男性の割合は、2008年の69.7%から2014年78%に上昇)。豊泉は、こうした現状を「コンサマトリー化」、すなわち自己充足した生活意識への変容と捉える。内閣府の2013調査でも、「自分自身に満足している」「自国の社会に満足している」では、順に約54%,約52%にとどまっており、生活に満足しつつも自己や社会への不満は渦巻いている。

B 「コンサマトリー」(consummatory)はもともとT.パーソンズ(アメリカ、社会学)の造語だが、日本では村上泰亮が「将来のことを考えずに今を享楽的に生きる」として否定的な価値観をあらわすものとして、この言葉を使ったのが始まりだ。
 しかし、パーソンズの主旨は、社会はそれ自体が目標ではなくそれを超える価値の実現の手段として捉えられるべきであり、人間はその価値実現の「道具」(インストルメンタル:instrumental)であって、この「他人指向型の価値実現」を、プラスの意味で「コンサマトリー化」とした。そこには1950年代のアメリカの社会統合への機運が背景にあった。それがわが国においては高度経済成長となって作用したが、その破綻の70年代に、上記の村上の否定的な論点が出された(同じ用語が逆の意味で使われた)。

C パーソンズは、上位の価値=神の意志の実現には個人の業績達成は肯定されるとしてインストルメンタルな生き方を論じたが、日本では、「他人に負けないように頑張る」「努力は報われる」という日本型能力主義が、インストルメンタルな価値観として作用したのではないか。
D その一方で、意識調査では「のんびりと自分の人生を楽しむ」傾向が、20〜29歳の世代で2003年あたりを境に2008、2014と上昇した(男女差はほとんど目立たない)。

E H.アーレントは「暗い時代」とは「公的な領域が奪われた時代」だとしたが、シールズを中心とする若者の活動と言論は、公的領域の光を取り戻す運動とみることができるのではないか。
 それは、個人を「道具」とみる安倍政治と対照的で、その若者たちの行動の特徴は、(a)それぞれの「生きづらさ」への応答であり、(b)コンサマトリーな経験に訴えて「いま・ここ」にある活動と言論を通じて、それ自体が目標となるごとく「これだ」とコールされたことにある。

F 報告者としては、(若者たちの行動に見る:注記)コンサマトリーな民主主義に還元することで善しとするのではなく、デューイが言う「コミュニケーションによる意味と社会的協同」を取り戻すには目下の政治・経済のシステム転換のためのインストルメンタルな民主主義が同時に必要だと言いたい。

(3)和田 悠(立教大)は「1970年代以降の死刑廃止の思想と運動」と題して以下の報告を行った。

@ 「暗い」時代を生きるには運動の思想性が問われているし、「いのち」や「生存」という新しい視点の提起が必要だ。
A 故永山則夫がみずから提起した「裁判闘争の思想」を明らかにすることで、「永山裁判神話」(彼は伴侶を得て家族の愛を知って人間性を回復したとするもの。永山の弁護に当たった大谷恭子弁護士の言説)によって隠された大事な論点、すなわち犯罪における原因・動機・結果に対して彼自身が獄中で提起した「責任論」が見えなくなった。

B その「責任論」とは、永山自身によれば次の論理構造を持つ。
「今回の“連続射殺魔”事件までの過程には、一人19歳の少年永山則夫だけでは負いきれない責任問題があります」

「何人かに責任を問う場合、それを問えるだけの家庭での、学校での倫理的教育をしたかが重要な問題になります。弁護士諸氏は熟慮して頂きたい! 一学級中たとえば四五人中、優等生五人、劣等生二〇人中最劣等生五人、とする。この内やがて、この最劣等生中一人が大犯罪を犯した(ママ)とする。先の優等生中の一人が弁護士になってふんぞりかえって弁護している現実社会の運動を! このような教育に何らかの責任はないのだろうか!? あなたがたが弁護士に成るまでの過程にどれほどのエゴイズムを育て、類意識(仲間意識)を殺して来、その結果、どれほど多くの劣等生をつくってきたかをよく考えて下さい。その一人が、“連続射殺魔”永山則夫である現実を!」(原文のまま:「死刑廃止のための全弁護士選任を訴える 永山則夫」より)

C 永山の「責任論」では、「動機・結果」の次元を切り取るだけでは見えない、事件を産みだした社会的諸関係という「原因」を考えている点が重要。永山の同論点には、「安楽への全体主義」(藤田省三)を批判し、共感と友愛をどう取り戻すのかという問題が含まれている。
注記:このあと1980年代以降の死刑廃止運動における「全国ネットワーク」と「フォーラム」との運動上の差異、確執、2000年代になっての解体が詳しく述べられたが、ここでは割愛します。

D 結論:1980年代以降の死刑廃止運動は、全ての人が共に生きる社会、ファシズムに抗する暮らしを問う運動であった。それは、2000年以降の「反貧困運動(生きさせろ!)」などと呼応する。「社会」が剥奪される現在の日本社会、「暗い」時代において、それを取り戻す思想と運動を考える上で、死刑廃止運動の思想と経験に学ぶことは多い。

3 フロアとの質疑応答から
 

 中西新太郎は、「今の時代に何を置き去りにしてきたかを、新自由主義グローバリズムの中で問い直す点で、三者の報告はつながっている」と述べ、『若者を見殺しにする国』の赤木智宏やネット右翼の言論もその文脈で読み取るべきではないか、と述べ、「民主主義の観点から失われたものは何か」と豊泉に質問した。

 豊泉は、端的に「それは信頼だ」と答え、赤木やネット右翼も「人からの承認」を求める点では同じだ、それが得られるのであれば国家でもシステムでもこれに依拠していくこともありえる、と答えた。

 別の質問者が「コンサマトリーな(自己充足的な:注記)若者たちがなぜ政治デモに出るようになったのか」と豊泉に質問し、豊泉は、「安保法制というテーマが関わっているからだと思う。若者たちは『暗い』時代に生まれ育ったのだから、『暗い』とはあまり思わない。むしろ、コンサマトリーな経験から信頼が奪われることに敏感で、それは(注記:19歳のフリーターである高塚愛鳥(まお)が)『戦争したくなくてふるえる』と言ったことに象徴されている」と応答した。

 本日のテーマと報告内容はどう係るかと質問された高木は「差異をはかりながら自己を形成することが今とても重要で、死刑廃止運動はそれを問いかけている」と応答した。
 

4 参加者・折出の感想

 今を「暗い」と見るマジョリティの意識には、隠れた問題があるのではないか。それは、景気を回復するあらゆる手段を講じて、日本の将来目的が見えるようになって「明るく」なるのであれば、国家の権力を内外に強めて他国への威圧にも乗り出せる国に日本がなることに、一定の共感と支持をあたえる点である。安保法制の大多数の反対にも拘わらず、一定層の安倍政治支持にも十分に注意していくことを、三氏の報告の裏のテーマとして私は感じ取った。

 その意味では、「暗い」時代を「生きさせよう」とする、権力側の謀略、すなわち見せかけの道徳性を付与して自己目的を持たせ、一定の「社会的」評価を得させ、存在感を持たせる社会的な仕掛け、教育システムにも目を向けるべきで、三氏の報告ではそこはやや弱かった。
たとえば、「コンサマトリーな民主主義」とは言うが、そこに参加する若い世代がその参加自体をもって自己満足を得ている限りは、政権にとっては大した痛手ではない。

 それが、豊泉氏の言う「インストルメンタルな民主主義」と結びつくときの民衆のパワーこそ政治権力の危機であり、その意味では、民主主義の実践方法や具体的な行動様式(選ぶ、提案する、決める、検証するなど)に関する、身をもっての学習(体得)はいっそう重要であると感じた。

 「生きる」とは、ただ衣食を満たすだけではなく、みずからのちからで希望を切り拓く活動を伴ってこそ内実が生まれる。その意味では「信頼が民主主義の核だ」という豊泉氏の提言は理解できる。国民・市民大衆の実践としては、それをどのようにしてわがものとするか、である。そこに、教育、とりわけ実際の生活と結びついた思考・思想の形成が関わってくるし、生活指導の考え方や方法論もこういう見地から刷新されるべきではないか。



 「グリップ on マイライフ」(4)(15.10.16.)


広大の大学院時代に院生協議会等で出会いのあった方で、その後広島で中学校教員をされた女性の方から、小著『そばにいる他者(人)を信じて・・・』を読んだ感想をほっとブックス宛に送って頂きました。「伴走者」という言葉、その実際の役割に共感してくださっての手紙です。

すぐに返事を出しましたが、教職後に、スクールソーシャルワーカーの資格を取って支援にあたってこられた人だけに、感想の中にもしっかりした視点がうかがえてこちらも教えられました。



 「グリップ on マイライフ」(3)(15.10.16.)


Pilatesのスタジオを経営し代表インストラクターであるTさんの母親が逝去され、昨夜、連れあいと共に通夜式に行きました。甲状腺ガンだったそうで、7月初旬に入院して急変して、先日亡くなられた。享年69歳。連れあいは、そのスタジオのTさんと付き合いが長いし、年齢は1つ上だが同世代ということでその母親とも親しくしてきたわけです。

仏式でしたが臨済宗の式は私は初めて。祭壇には二重屋根の構えのお寺風の建物、その中程前面に「南無釈迦牟尼仏」の文字、そして遺影。正面下には白木の位牌。一通り終えた後に、導師をつとめた僧侶が、これらの意味と、戒名の意味について解説的な話をかなり丁寧にされました。位牌には九文字が書かれ、はじめの三文字「新帰元」は新しく仏となって浄土に帰るの意味で、そのあとの六文字が戒名。

長女は東京のほうに嫁いでおられるため、また父親は体が悪いので、次女であるTさんが喪主役としての最後のあいさつを述べましたが、涙声ながらに心のこもった素直な挨拶でした。

まだ40歳手前で、スタジオ兼住宅の一戸建てを新たに建て、しかもそのスタジオにはカナダから取り寄せたピラティスの最新の機器(マット台やリフォーマーなど)をそろえている。そのがんばりを母親も喜んでおられたようで、私の連れあいが昨年夏に、新築直後のそのスタジオでレッスンを受けたとき、終了後、母親が内部を案内してくれたそうです。ともあれ、故人のご冥福をお祈りします。



 天童市の「中学女子いじめ自殺」事件について検証委報告(15.10.8.)


2014年1月に起きた、天童市の公立中学校1年女子の鉄道自殺についていじめの疑いがあり、遺族からの要望が働いて第三者委員会が立ち上がって、その報告が出されたようで、河北新報社が開示請求をして公開しています(以上の情報提供は、あいち民研大橋基博研究部長)。

その「報告要旨」によれば、女子生徒Aさんに向けられた「言語攻撃」は「社会的な攻撃」であり、「集団いじめ」であった。加害生徒らにも傍観者らにも、それが「いじめ」であると意識されていなかった。また、クラス担任と部活動顧問との連携、両者を含めた学校内のいじめ抑止・解決のための体制づくりのいずれも中途半端に終わっており、こうした経緯を経て、いじめが原因で女子生徒は自殺した、と結論づけている。

同要旨はクラスの出来事と部活動での攻撃の様子を述べているが、いじめの構図の全体をつかむ上ではややわかりにくい。そこで、私のほうで、報告文を基に時系列の順序に入れ替えると以下のようになる。以下の「  」の箇所は原文からの引用。

URL=http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201510/20151008_53007.html アクセス日 2015.10.8.

2013年4月、Aさん、当該中学校に入学。部活は全員加入制で、彼女はソフトボール部に入った。

同年 6月
「(女子生徒)が入部した(ソフトボール部)は、1年生が三つのグループに分かれた。部活動の雰囲気に影響力を持つグループが、(女子生徒に)悪口とともに対立的な態度を取るようになった。1年生の人数が奇数で、ペアで行う(キャッチボールなど)の練習時には1人になることが多かった。(女子生徒は)6月ごろ母親に『いじめ』という言葉を漏らし、母親は担任に相談した」

同年 7月
「7月1日の部活動中に(女子生徒)の頭部に(バット)が当たる事故があった際、両親は部活動を辞めるよう提案したが、『内申書に響くから』と退部には至らなかった。7月24日の(担任との)2者面談で、母親は部活動やクラスでの様子が心配だと伝えたが、孤立した状況の改善は見られなかった」

同年 9月
「部活動の顧問は、特定の部員に悪口を言い、部内の雰囲気が悪くなっているとして、9月に1年生だけのミーティングを開いた。顧問は思っていることを陰口でなくみんなの前で言うよう指示した。(加害生徒を含む部員が女子生徒に)不満を述べたり、自分を変えるよう発言。(女子生徒は)『仲間外れにしないでください』『明るくなります』と泣きながら話した」

同年 11月
「夏休みが明けて悪口は継続し、11月になると常態化。黒板に書くこともあり、嫌がらせは無視する働き掛けに変わっていった」

2014年1月
「3学期始業式当日の(14年)1月7日、(友人)と一緒に登校した(女子生徒)は途中で様子が変わり、線路の方に向かった。『学校に行きたくない』『死にたい』『学校・部活・嫌だ』と言いだし、(友人に)『先に行ってていいよ』『早く電車来ないかな』と発言、『バイバイ』と手を振った。その後、午前7時55分ごろ、(JR山形新幹線にひかれ)自殺した」

・・・・以上が「報告要旨」の内容である。

同報告は、部活動について「全員加入が原則で、3年間続けることを念頭に部活動を選択させる。学校生活で部活動が占める割合は大きい。部活動にもいじめ防止対策を含む安全義務がある。当該中学は、危険防止という意味の安全義務への配慮はあったが、生徒間の人間関係に起因するいじめ防止等対策義務が、意識されていたとはいえない。技術面のスキルを重視する一方、人間関係の問題は無方針で、当該中学のいじめ防止等対策の仕組みとの接合もなかった」としている。

部活動における「生徒間の人間関係に起因するいじめ防止等対策義務」を述べた点では非常に意義が大きい。

時系列に並べ替えるとわかるように、部活動でのAさんへに対するグループいじめに対して、時間を掛けたていねいな介入と指導が必ずしもなされていないことが、2学期以降の、教室でのAさんに対する、女子グループによるやりたい放題の「集団いじめ」にエスカレートした。

このことについて同委員会がどのような詳細な分析をおこなかったかまでは、この公開のものが「要旨」なので定かではない。

ただし、同報告は、学校の対応について、以下のように指摘しており、校内のいじめ防止対策に問題点があったことは明らかにされている。

「担任や顧問はいじめ等のリスクを評価し、起こりうる可能性等に注意を向ける必要があったが、表出した問題行動への場当たり的な対応にとどまり、その注意に欠けた。担任や顧問が(問題を)抱え込むのではなく、学校全体で共有し取り組む認識が各教員に浸透していなかった。顧問は結局、競技成績の向上を重視し、人間関係の問題に配慮せず、いじめ防止等対策が部活動でも主要課題との認識を欠いた」

補足する形になるが、1学期の6月には早くも本人が「いじめ」被害の訴えを家族にしている。そのあと保護者が学校側にそのことの改善を求める相談行動を起こしたにも拘わらず、事態は改善されなかった。そして夏休み後の2学期から一挙にエスカレートした。その時点でも担任を含め、学校の教員集団としての介入があった形跡は、要旨を見る限りでは、述べられていない。

あくまで推察だが、夏休み中も、部活動でのAさんへの攻撃は、おそらく陰湿な形で繰り返され、Aさんは「孤立化」から「無力化」へ(仲井久夫氏のいじめ構図の概念)と追い込まれた。

その経過を認識していない部活顧問は、9月に1年生を集めて、言いたいことは陰口ではなくはっきりと出せ、という指導をした。これは誤りである。なぜなら、多数のものはすでにAさんが無力状態で反抗もできないことをそれまでの攻撃経験から十分に知っているので、教員のいる場でさえも、Aさんへの不満をぶちまけた。これは、文脈からすると、Aさん本人がいる場で行われた。
 そして、被害者のAさんがみんなの前で自分の非を謝罪する、懇願する、という構図を産んでしまった。これは明らかに教師による指導の誤ったやり方がつくりだした、被害者のさらなる追い込みである。

それでもAさんは堪えて堪えて、2学期をどうにか過ごし(内申点のことも、あったであろう。)、冬休み明けの始業式日にみずからの命を絶った。

この3学期開始日の(いじめによる)自殺は、富山で起きた女子中学生いじめ自殺の事件と同じである。《またあの集団の前に我が身を晒すのか、それは怖い、死ぬほどつらい》という意識があるからこそ、自殺論で言う「トンネル現象」、すなわちあの「出口」を出さえすればこの全身の苦痛・苦悩・恐怖から解放される、と言い聞かせて、決行するといわれている。

改めて、故Aさんのご冥福をお祈りすると共に、一人の生徒が命を奪われた、この重大な事実が問いかけていること、すなわち、《なぜ、いじめ被害の訴えをしたときに先生方は真剣に受け止めて、私をまもってくれなかったのですか》という問いをいまなお、引き継いでいくべきであろう。

さらに、Aさんの苦悩、苦しいが学校には行くという伏線とも言える、「内申点に響く」がために苦痛に耐えて学校に行く状態をどうするか。事態が改善されない状況であれば、周りのひとが介在して、「学校を休む」ことを大事な選択としてサポートする、というやりかたも、あらためて社会に投げかけられている。



 「グリップ on マイライフ」(2)(15.10.5.)


《継続は力なり》 この言葉は、社会的運動や活動、スポーツ、芸術、音楽等でよく言われてきた真実を表す言葉です。私の場合には、もっと身近な、日常のことで、この言葉にあやかって持ち出すにはお恥ずかしいのですが、まさにそれを実感しております。

というのは、満期退職をしたのを機に昨年5月からピラティス(Pilates:創設者の名前を取った、インナーマッスル運動の総称。身体の各部位を動かす、スプリング付きのマシン=リフォーマーを使うのが特徴)に毎週一回の割合で通い始めて、なんと、先日の9月15日の火曜日のレッスンで、50回目を達成したのでした。

もちろん会議や調査の仕事が入ったときにはお休みしたりしましたので、回数的にはそれほどでもないかもしれませんが、期間で言えば約1年5ヶ月。よくぞ続いたと我ながら感心しています。

最近も、私をそのスタジオに紹介した、連れあいが自分のレッスンでスタジオに行った際に、そのオーナーであり主宰インストラクターのTさん(女性、年齢は私の娘と同じ。)が「ご主人は最近からだが柔らかくなりましたね。初めの頃は、硬くてどうなるかと思いましたが」という話をしたそうだ。

私はスタジオでは最初から、Nさんという男性インストラクターにお世話になっているが、始めた頃から、ときどき、前から通っている近隣にあるスポーツジムの「ピラティス」メニュー(1レッスン45分)にも出てきました。そのインストラクターが、上記のTさん。最近は、不思議なもので、夜の9時15分から10時までのそのエクササイズにも行く意欲が湧いております。ただし、その日の夕食は軽め、アルコールは無し、が少々きついですが・・・(笑)。それで、BeforeとAfterではありませんが、Tさんは私の体の変容がしっかりと見えたのでしょう。

平日のジム通いの際にも、自分でスタジオのレッスンの復習のつもりで、インストラクターなしでもできる動作はやってきておりますので、それも含めて体がほぐれてきたのでしょう。ピラティスの基本は、つぎのウィキペディアの説明が的を射ています。

《現在ピラティスは体幹とインナーマッスルの強化法として広まっているが、実際には体全体を整える効果があり、体幹だけでなく四肢の筋力強化、柔軟性の向上、筋持久力の向上が期待できる。

ピラティスでおこなわれるエクササイズのほとんどは脊柱 (背骨) や骨盤の動きに焦点を当てており、ピラティス独特の呼吸法と組み合わせながら、それらのアライメントを整えることに重点がおかれている。》(URL=https://ja.wikipedia.org/wiki/)

1時間半くらいの講演でも疲れは感じないし、街路を歩く際にも何となく背筋を意識して伸ばすような姿勢になっているし、変容は自分でもわかります。先日も、小さな庭ながら、ゴールドクエストが生い茂って枝葉が高く伸びて、冬の雪に降られるとその重みで、裏手のお隣の家に倒れかかるかも知れないので、思い切って、Y字型に分かれている一方の幹をほぼ根本からのこぎりで切り落としました。硬くて大変でしたが、無事終了。すぐに、切った後も、ゴミ回収に出すには70センチ以内の大きさにまとめないといけないので、ノコで枝を次々と切って束ねて麻紐で縛ったりするなど、立ったりしゃがんだりの作業をしました。汗だくでした。もちろん、作業は連れあいとふたりで。

終わった後も、(負け惜しみではなく)特に腰が痛いとか、肩がこるとかはなかったので、これもピラティス効果と思います。

からだが柔らかくなると、ものの見方・考え方・感じ方にまで影響してくるように思います。人間が一層まるくなりました。体つきのことではないですよ。(笑)。今後も、思想上の原則や、生き方の芯の部分は堅く保ちつつ、いろいろの場面では柔らかく他者に接することができるように、ピラティスも続けていきたいと思います。

               ***********                       

 「グリップ on マイライフ」(1)(15.10.5.)


自分の生き方を振り返るさいの、ちょっとした気づき・視点は案外大事で、そんな思いで、ランダムに書き記していきます。文字通り、日々の生活・生き方をしっかりとつかむこと。その一回目。

◆野間俊一『身体の哲学 精神医学からのアプローチ』を電子書籍で読んでいますが、わが意を得たり、の箇所にいくつか出会いました。その一つ。すでにおなじみの「間身体性」「間主観性」は、それぞれドイツ語で「Interleblichkeit、Intersubjektivitaet(aeはaウムラウト)」ですが、野間氏はこの場合の「間」は本来は「相互」と訳されるべきではないか、と述べています。哲学の世界では「間・・・」が定訳ですが、私も野間氏に同意です。

「間・・・」のほうが関係性を言い当てているように感じられますが、互いに異なる存在者が相手を他者と認知して、そして関わる。その主観どうし、あるいは身体どうしのもたらす世界をそれらの言葉は解明するために編み出されました。個々に別々の人間どうしの創り出す世界を表すには、「相互・・・」のほうが自然であるし、わかりやすい。「間・・・」とすることで、まさにその「あいだに」何か特別の価値があるかのような、それこそ観念的なニュアンスが強くなると思います。

「相互自立の生活指導論」と、私の退職記念冊子を名づけましたが、その視点は間違ってはいないのだなと思いました。

◆あるテレビ番組で、パリコレクションのモデル採用に挑戦している若い女性を取り上げていて、彼女は頑張って、著名なデザイナーの前で衣装を試着してテストを受けるところまでこぎつけました。ところが、何着か着て歩いてみたが、ダメでした。

その判断をしたデザイナーの言葉:自分に自信のない人が(パリコレに集まった観客の前で)歩くことはできない。(モデル候補でテストしたその女性は)表現は良いが、怖がっている。怖がっていると、ちょっとしたミスが大きなハプニングになるからだ。

さすがに、ファッション界の競合の中で、鋭い目線で対象を見ていますね。心の中までも読んでいる。

おおざっぱに言えば、もっと度胸をもて、とデザイナーは言いたいのかとなるでしょうが、「怖がるな」の面からはそうも言えますが、本質はもっと深い。要は、自己への信頼、ほんらいの自信のことをその男性デザイナーは言いたいのでしょう。自信、それは英語で表せば、self-relianceでして、自己への信頼です。よく使われる、他人と比べての自己主張の意味での「自信」とは違います。

デザイナーの指摘は、ファッションモデルだけではなく、いろいろの仕事や場面にも当てはまるものを含んでいます。上記の例では、どんな衣装を着せられても私は着こなして、衣装にあった歩きをしてみせる、といった自信ですね。それだけ、裏打ちされた場の経験はいるでしょう。

出会っている人びとや周りの雰囲気を怖がらない、というのは、相手をくってかかるという胆力のような精神面よりも、その活動に関して自分がいろんな場を踏んで自分の表現にたいする可能性というか、やればできるという面を自分で確かめているからできることなのです。

昨日でしたか、復帰した浅田真央さんもそのような心境だったでしょう。もっと日常的に、子どもたちに対しても「頑張れ、ガンバレ」のかけ声ばかりではダメで、実際に一緒にやってみる・やってみせる、その経験の積み重ねから、いろいろの場面で自分の力を試してその子自身が自分の可能性をイメージし始める。ここがとても大事です。



 伊勢の「高校生殺害」事件について(15.10.2.)


三重県で教員をしている旧知の方から、

「伊勢での高校生の出来事、まだまだ情報は少ないですが、自己承認感を育まれなかった女子と同様な男子の共感が、今の現実を生んだのではないか。さらに、その共感が自己承認感につながらなかったことに根の深さを感じています」

と感想があり、小生の考えを尋ねてきました。

その返信とまったく同じではないが、私は、以下のようにいまは受け止めています。

私は、報道を見る限りでは今回の結末を防げた事案ではないかと思います。

第一に、女子生徒の自殺念慮を学校関係者、特に校長も心配して、じかに面談をして、養護教諭のサポートも得るなどして対応されていた。そして、その後の本人の元気な姿に「回復してきた」と思っていた、というあたり、果たして、思春期の「自殺念慮」への対応としてそれでよかったのか。本来なら、専門の精神科医につなげて医療的ケアをすべきではなかったか。その介入があれば、すくなくとも事態はかなり変わっていた。

精神科医が治療に入っても自殺願望者はそれを実行することもありえるほどに自殺問題は難しいと言われています。しかし、本人の中で、何によってどのように生への諦念が起きているのかは、そうそう簡単に外部者にはわかりません。本人にさえよくわからないかも知れない。

その糸のからみ合った、生きる意味の見えなさを、時間を掛けてほぐしていくことが、この女子生徒の大事な学びとなったのではないか。まさに、故鶴見俊輔氏の言った「unlearning=学びほぐし」を、その女子生徒はむしろ欲していたのではなかったか。

第二に、今日の新自由主義的な、何でも結果を求め、人を差し置いても自己の優位さを打ち出して競争を勝ち抜くしかないかのような人生に意義を失いかけるのは、青年期の問題意識としては、ある種、まっとうな面もある。報道では、この女子生徒は成績も優秀で知的な関心は高かったし、将来の看護師を夢見る、真摯な生き方のひとりの若い女性であったとうかがえる。

第三に、自殺願望に力を貸すように頼まれた、と本人が語るその男子生徒は、生きることの可能性を求めて、信頼できるおとなに相談すべきではなかったか。自分がその決行のために包丁を持ち出して手を貸すことを、相手への共感あるいは深い友愛と感じていたなら、その他者感覚こそ問い直されなくてはいけないし、繰り返しますが、その彼の悩みと判断を、冷静に見てもらう他者との関わり、ヘルプを出すことが抜けている点がとても気になります。

その女子生徒は「自死」ではなく、なぜ、かねてから親しいその男子生徒に幇助をたのんだのか。自分で自分の命を絶つことへの、怖さ・自責の念もあったでしょうし、決行しがたいなにかがあったから、ではないか。

であれば、それは「助け」を求めている裏返しのメッセージとも言えるのだから、その訴え通りに、本人の胸を刺してはいけないはずだ。

と、こういう人生の知見を男子生徒に語ってあげられる関係性も、彼の身近にはなかったのか。担任や親、近隣のおとなの誰でも。

今回の伊勢市での事件は、いまこそ、学校は、発達段階に拘わらず、生きることの意味、生きにくい時代を人としてまっとうに生きていくために、共同や相互性や他者理解の場を、多様な活動体験をつうじていかに育むかが問われていることを物語っています。

このような現実的問題をさしおいて、「道徳科」を推進することがどういう意味を持つのか、それは生きることの意味の確かさにつながっていくのか、特に思春期の多感な子どもたちに混乱と、戸惑いを及ぼすことにはならないか。教育行政関係者は真剣に考えるときではないかと思います。おそらく、彼らは、「これはまったく個別の事案であって、道徳科新設とはまったく関係ない」と斬って捨てるのでしょうが・・・・。



 「アベスティックス」の登場か(15.10.1.)


安倍首相は、先の国連総会演説で「一億総活躍社会」の日本を目指すと述べ、管官房長官は民放テレビ番組で、「(福山雅治さん・吹上一恵さんの結婚を機に)ママはたくさん子ども産んで国家に貢献して欲しい」と述べた。後者の発言に対して、野党党首やメディアから、また女性の各界の方々から批判や反発の声が上がっているという。もっともである。

しかし、ここで忘れてならないのは、もう一つの、同じトーンの「くさび」である。それは先に公表された「小中学校学習指導要領解説」に述べられている、次のこと。すなわち、2018年度から実施予定の改訂学習指導要領における「特別の教科 道徳」であつかう「国」とは、政府や内閣のことは含まない、日本の伝統・文化のことであることに十分留意せよ、との注意書きである。

これは「国」の様々な「要請」や「お達し」にはこれを受け止めて、その履行に力を尽くしなさいとの含意も読み取れる文脈での説明である。

「一億総活躍」「女性の出産による国家貢献」、そして「(道徳科での)『政府』を外した『国』の扱いとせよ」。これら三つの「くさび」は、安保法制を推進する国家の体制づくりにとって、まさに後方支援となる主題であろう。

「三本の矢」をもって「アベノミクス」(安倍政権のエコノミクスの造語)とした。であれば、上記三本の「くさび」でもって、「アベスティックス」が登場しているのではないか。つまり、安倍政権が推し進めるロジスティックス(後方支援)=アベスティックスである。

こうした全体の構図をしっかりと見極めることが今とても重要ではないか。



 茂木俊彦氏、ご逝去。ご冥福をお祈りします(15.9.29.)


訃報によると、同氏は9月25日、肺がんのため亡くなられたとのこと。享年72歳。心よりご冥福をお祈り致します。

茂木俊彦(もぎ としひこ)氏のお名前は障害児教育分野・幼児教育分野の教育学者として大学院生の頃から存じておりましたが、じかにお会いし交流をいただいたのは、茂木氏が、広島大学教育学部東雲分校の教授に(短期間のことでしたが)着任されたときのこと。私は広島大学大学院教育学研究科の博士課程に進学していた頃でした。

何か自主的な勉強会をやりませんか、という話をこちらから持ちかけたのか、茂木氏からだったか定かではないのですが、はっきりしているのは、リュシアン・セーヴの『マルクス主義と人格の理論』の原著(英文)を使って輪読会をやったことです。この本はすぐ後に、法政大学出版会から「叢書・ウニベルシタス」大津真氏の訳で刊行されました(1978/1)。

その時の「読み取りノート」は、今でも取ってあります。

その後お会いすることとなったのは、私が愛知教育大学の教員として各地の教育改革運動に係わらせて頂きながら、教育研究全国集会(現「教育のつどい」)の共同研究者として毎年、その集会に参加しだしてからです。すでに茂木氏はその任務を担って活躍されてました。

それ以上に大きかったのは、茂木氏が監修なさった『転換期の障害児教育』三友社の仕事に声を掛けて頂き、編者として『転換期の障害児教育第4巻 現代の子ども問題と発達支援』(三友社, 1999年)を完成させて頂いたことです。その全12巻プラスビデオ4巻は、前任校の愛知教育大学図書館に寄贈しておきましたので、ご関心のある方は同館にお問い合わせください。

そして、三度目の出会いが、民主教育研究所の評議員として評議会に出席するようになってからです。堀尾輝久氏の後任で、その代表委員をお務めになっておられ、会議の度にお会いし、都立大学総長時代の苦労話や、その時は現職で桜美林大学の特任教授でしたので、私学運営の裏話などを、お昼を食べながらお聴きしたものです。

今年の6月14日に開催された同評議会の折には、茂木氏はご欠席で、梅原利夫氏が代表代行を務めておられました。その時、茂木氏は、それより前に入院されていたのを退院した後で、電話でやりとりをした事務局員の方によると、茂木氏は回復しつつあるがまだ本調子ではない旨の話をされたが、声のトーンがいつもの茂木氏ではなく力がなかった、と。

多くの方がご存じのように、穏やかな方で、子どもを語り教育を語るにしても、淡々と、冷静に、物事をみつめて話されるタイプでした。が、その茂木氏においても、都立大学総長時代の、石原都政下での役人たちの暗躍というか、同大学廃止転換のための画策というか、それは同大学の存続を主張し続ける茂木氏たちからするとものすごい闘いになったようで、後日、その時の体験を怒りを込めて語っておられたのが印象的でした。茂木総長名で、東京都政の改革策に抗議する声明文が出されたのは有名な話で、その文面に、研究者・大学人としての茂木氏の思いが込められているのです。

先日は身近なエリアで佐々木享氏(元名大)が亡くなられ、こんどは茂木氏のご逝去。こうして、若い時代から私が学ばせて頂き、研究者とは何かを考える上でとても参考になった方々が他界なさるのは、とても哀しいですが、これも人生の宿命。しずかに受け止めて、故人のご冥福を心よりお祈り致します。  合掌。



 初めて見た、おわら風の盆(15.9.28.)


ようやく時間が取れて、富山県八尾の「風の盆」踊りを見ることができました。連れあいが入会している大手旅行社クラブの企画で、この時期に特別にセットされたものでした。この企画は今年で18回目と言いますから、長く続いています。

通常は、「本祭」といって、二百十日にあたる9月の1日から三日間行われ、およそ20万人を超える観光客が訪れるようですが、9月の終わりの二日間だけ、その旅行社と地元保存会との協力・共催で行われてきているようです。

私たちが参加したこの日だけで、同じ旅行社系列の企画として、全国から91台の観光バスでおよそ3500人が参加したようです。開始後、本番になると、場所によっては二列の立ち席がずらりとできるほどでした。

踊りの流れは本祭と同じで、夜の7時から2時間、それぞれのゾーンを、4つの町(中には3つの町もある。)の男女の踊り手たちが「町流し」といって、街中を踊りながら進んでいきます。そのルートは二通りありますが、私たちは、町屋がいくつも並ぶ、落ち着いた和風景観のルートを選びました。すでに6時頃からあちこちに人が場所を取っていて座る場所もないので、ぼんぼりの灯籠の土台に腰を下ろして鑑賞しました。この通りは、日本百景にも選ばれた場所らしく、ぼんぼりの灯りに町並みが幻想的に浮かび上がり、多くのカメラ愛好者たちが次々と集まっていました。

待つこと約1時間、最初の町流しが始まりました。遠くに、注意事項を書いたボードを持った係員が現れたのは見えても、何も聞こえてきませんでしたが、やがて、地唄の越中おわら節と胡弓・三味線の音と共に、編み笠の男女の踊り手がゆっくりとこちらに進んできました。

私たちのいる場所は、通りの端のすぐそばなので、こちらがわを歩む女性の踊り手がすぐ目の前を歩んでいきます。黒の羽二重に赤の帯ひも、そして着物に染められた文字(おわら節の一節だと後で知った。)。何よりも、深く被った編み笠のなかからちらりと見える若い踊り手の表情、柔らかな指先のこなしが、間近で見られました。

男の踊り手も、背の高い方が多く、手のさばき、足のこなしも決まっていて、おわら節の哀愁を帯びた曲想のなかで、しっかりと男気が出ていました。

三番手の町グループは、男女とも幼い子から中学生あたりが踊り手に加わっていて、中でも、三歳くらいのおしゃまな女児が先頭で踊っていて、幼いなりに身のこなし、手のさばきもなかなかのもので、彼女は、しずしずと進むうしろの踊り手たちとの歩調はお構いなしに自分のペースで先を行くものですから、まるでオンステージになって、観客から賞賛をあびていました。わたしがタブレットのカメラを向けると、ちらりとカメラ目線でこちらを見ました。早くも演技者の要素が・・・・・。

「おわら風の盆」の公式サイトに載っている「越中おわら節」の歌詞を見ると、富山の名山・立山を唄い、カイコを育てた八尾の暮らしを唄う後に、「竹になりたや、茶のひしゃくの竹に。殿御に汲まれて、呑まれたや」といった色恋の唄もあります。

さらに進むと、「手打ちにされても八尾のそばだよ、ちっとやそっとでなかなか切れない」という節も。

いつ頃作られたものかは知りませんが、「手打ちそば」にかけて、武家社会に対する農民の反骨精神がさらりと歌い込まれている。しかも表だって唄うと、それこそ危ないので、掛け詞で風刺する。こういうところに、江戸時代から続いてきたとされる八尾のこの民謡のしたたかさがあるのかもしれません。

今回の富山ツアーは、宇奈月温泉に泊まって、やや熱めの弱アルカリ性の温泉でからだをほぐせたし、二日目は、新湊市の海沿いにある鮮魚センターで、握り寿司・かに味噌寿司・かき寿司を単品で買っておいしくいただいたし、富山の豪農・内山邸(約1万平方メートル、およそ3000坪の庭がある豪邸)の見学もできたなど、なかなかいい企画でした。

もちろん、私のことですから、八尾の地酒「風の盆」は現地の食堂で食事をしたときに、味わい深く頂きました。



 旧知から励ましのメッセージ(15.9.24.)


小著『そばにいる他者(ひと)を信じて』を、私自身、所用で出かけるときに鞄に入れて、一読者のつもりで読みかえしています。手頃な分量で持ち運びしやすく、読みやすく、わかりやすい。そんな本をつくってみたかったのです。そして、ふと立ち止まって、何気なく開いたページのひとことに、元気をもらったり、「そうだ、自分もそう考えてきた」と納得させられたり、もやっとしていたことがはっきりしたりするような、ハンディな本を描いてきたのでした。

内容上、形式上の、あれこれの気づきや不十分さはありますが、持ち歩きながら折にふれて開く本、というねらいは実現できたのではないかと思っています。

この本は、全国各地の知人に謹呈しました。今日(24日)、謹呈したある旧知のひと(男性)から、手紙が届きました。

厚手の便せん7枚に、温かい手書きの文字で綴られたその手紙は、「とっても具体的で、わかりやすく、そして何よりも希望をもたらす すてきな本を送っていただき、ありがとうございます」と書き出しています。

そして、小著のなかのいくつかの文章を引用してくれながら、彼の思いを重ねています。もちろん、彼は、安保法制関連法の「強行可決・成立」には怒りを持っており、と同時に、多くの若者の「声」と「行動」「ネットワーク」に励まされ、そこに希望を見いだしていると。もともとが情熱家らしい彼の個人的体験や、最近、長く帰っていなかったふるさとに帰って墓参りをしてきたことなどを書き添えながら、そうした気分で、この小著を読んでくれて、そこに希望をあたえられて、「感、極まって」いるとも。

この本の最終章で書いている、「全国のつどい」プレ講演の、私の挫折体験は、彼にさえも話したことはなかった。それだけに、驚いたようだし、「初めて知った」とあります。

彼にこうして励まされ、改めて、この本に込めた私の思い、私自身の生き方、カミュの言う「不条理にめげない」精神、それをもっともっと大事にしていこう、機会があればひとびとに伝えていこう、と思いました。

この日は、午前中に、人間ドックに行ってきて、今回は、胃のバリューム検査ではなく胃カメラ検査を受けて、無事終わって特に危機に当たることは発見されなかったものの、午後から降り出した雨のせいか、なんとなくブルー気味の気分になっていたのを、彼の手紙が救ってくれました。

もう一つ、京都の知人が、10月の私の誕生日を覚えてくれていて、一緒に食事して祝いましょうと、メールをくれたことも嬉しかった。「伴走者」を説く者自身が、まさに伴走されているということですね。



 安保法制法案「可決・成立」後の報道各社の社説(15.9.20.)


あいち県民教育研究所の大橋基博研究部長が、9月20日付の全国各紙、計23紙の社説を整理したデータを提供しており、私もそれをいただいた。産経、読売ははっきりと安保法制を支持し、さらにこれを強化せよという。圧倒的多数の各紙は、立憲主義・平和主義の危機を憂い、今後の政治のあり方、いっそうの国民の政治参加を訴えている。

(1)保守報道紙の、待ってましたと言わんばかりの安保法制推進論。

150920 産経:新安保法成立 戦争抑止の基盤が整った 国民守る日米同盟の強化急げ
150920 読売:安保関連法成立 残念だった「違憲論」への傾斜

産経は「この安保法制成立をテコにしてさらに、残された重用課題・憲法改正を進め、安保法制に必要な軍備をおこなえ」とし、読売は「民主党はじめ野党は“違憲"論に傾斜して、日本の平和をどう確保するかの“本質論"が抜けた。中国の軍事強化に対して日本も十分に備えるべきだ」としている。

(2)改めて立憲主義・平和主義を取り戻す日本政治の開始を訴える社説。
150920 毎日:安保転換を問う…法成立後の日本
150920 朝日:安保法制と民主主義―新たな「始まり」の日に
150920 中日:自衛隊に何をさせるのか 「違憲」安保法制

(3)立憲主義を保持すべく、国内の理解に努めよと、政府与党責任を問う論調。
150920 日経:日中対話の継続へ仕切り直しを
150920 北海道新聞:新安保法制 中韓の反発 緊張招かぬ外交努力を
150920 東奥日報:政府に白紙委任はできず/今後の安保政策
150920 岩手日報:安保法が成立 国民の監視を強めねば
150920 秋田魁新報:安保関連法成立 平和主義を捨てたのか
150920 福島民友: 安保法成立/理解と合意得る努力続けよ
150920 新潟日報:後世への責任 安保の誤り正す道を開け
150920 信濃毎日:安保をただす 司法の責任 違憲政治に目を光らせよ
150920 北國新聞:安保関連法成立 抑止力向上につなげたい
150920 福井新聞:安保法成立 日本の平和主義どこへ
150920 京都新聞:安保法成立  違憲の疑いは晴れていない
150920 神戸新聞:安保法成立/与党議員が負う説明責任
150920 山陽新聞:安保関連法成立 多くの懸念残ったままだ
150920 中国新聞:安保関連法成立 今こそ立ち止まりたい
150920 熊本日日:安保関連法成立 首相の言葉に潜む危うさ

(4)明確に国政の刷新を呼びかける社説。
150920 愛媛新聞:あきらめない 民主主義取り戻す再出発の日に
150920 高知新聞:意思を示し続けること
150920 南日本新聞:[新安保政策・安保関連法成立] 平和国家の理念崩壊、信問うべきだ
150920 琉球新報:安保法制成立 解散して審判を仰げ 平和の道筋 国民的議論を



 俳優たちの学びから学ぶこと(15.9.20.)


春日太一『役者は一日にしてならず』(小学館、2015年)は、16名の俳優たちへのインタビューをまとめたもの(ある雑誌の連載ものであった)。私は、映画や演劇には人並みに興味があり、俳優たちの「声」もじかにきいてみたいと、同書を読んだ。以下の「 」内引用文は、全て同書からである。

◇それぞれの語りには、演技の基礎をどうやって自分のものにしてきたか、しているか、という広い意味での学び論が含まれている。まず、多くの俳優たちの共通しているのは、先輩の役者や代表的な役者の所作を見て、見様見真似で芝居の仕方を学ぶこと。故三國連太郎からしてそうだ。

次に多いのが、撮影現場での監督からの「ダメだし」で演技の仕方を覚えていく(たたきこまれる)こと。『男はつらいよ』でたびたび起用してもらった前田吟によると、山田洋次監督は、朝10時から演技のテストをはじめて夕方の3時になってもカメラを回そうとしなかったほどに、だめ出しを続けたそうだ。それほどに、山田監督は、所作の「自然さ」にこだわったといえる。

◆松方弘樹や田村亮、林与一のように、俳優あるいは役者一家というか、映画・演劇で活躍してきた親や祖父世代の血筋をひく人たちの語りと、小料理屋の息子として丁稚奉公で苦労した上で役者の道を選んだ近藤正臣のような経歴を持つ方々の語りとでは、やはり違いがある。前者がスマートで垢抜けている、後者はどろどろしている、とそういう単純なことではない。前者は、親の七光りならぬ前評判からの脱却に苦しみ、後者は、演技の基礎がないことに苦しみ、結局は、出会った「役柄」のなかに自分をどう出していくかで隘路を見いだして、そこに役者として生きる意味を見いだしていくのである。

◇どの俳優も、映画であっても舞台演劇であっても、観客にどう見られるかを最優先して、自分の演技を工夫している。当然のことだが、そこに、役者としての哲学がそれぞれにあるのだなとわかる。

たとえば平幹二郎は、千田是也監督から「消して、存在する」と教えられた。自分を出そうとしたり、自分の感情で芝居をするな、ということだ。平は、(あの役柄からは信じられないが)とても内気な少年であったそうだ。その自分が、「役という仮面で自由に自分を出せる」。そこが俳優業の醍醐味だと学んだと。

逆に、時代劇でたくさんの主役作品をもらってきた松方弘樹は、「主役は淡々としているほうがいい」と撮影現場を通して学んだ。その松方曰く、若い頃は、中村錦之介はじめ先輩スターたちの現場を多く見て学ぼうとしてきた。ただし「基礎がなかったら、見てもわからない」と彼は言う。

その松方によれば、いまは、そのような自らの学びにこだわる主役級あるいは脇役を務める役者が減ったから、「芯のできる主役がいない上に、絡みのできる俳優がいないから、時代劇は崩壊していくだろう」。その理由は、時間を掛けて(演技の)テストをする体制が崩れたことにあると、彼は言う。時代劇ファンの一人としては、この分析には納得がいくが、半面、とても残念だ。社会の全ての分野がそうだが、なぜもっとじっくりと、良質のものを創り出そうと、映画界の人びとは共同しないのであろうか。

◆ほぼ同じことを杉良太郎も語っている。時代劇というのは「その時代を生きた文化や習慣をどこまで(役者が:折出注記)自分のものにしているか」で決まると。その杉は、自分がテレビ時代劇に出て人気絶頂の時に、「同じストーリーの焼き直しばかり」であることに大いに疑問を感じてテレビ番組から降りた。その彼が言う。「『良かった』の言葉に騙されて、(その言われた役者が:注記)落ちてゆく」。

杉は「今日が俺の命日だと思って舞台に上がっている」。いくらスター扱いされても「昔の名前だけでは限界」であって、それは「不良品」と同じだと。

◇【小休止】役者は自分の役や演技とここまで真摯に向き合っている。教職関係者も見倣ってはどうだろうか。とくに「ベテラン層」や、退職された、過去に著名な実績をお持ちの方は、(あえて自戒も込めて苦言を呈するが)いま現場で苦戦・苦悩している若い教師を前に、「私の現職の頃は・・・」と自慢話をして、あなたたたちも私のそういう実績から学びなさいと言わんばかりにとうとうと話をする傾向がある。速いテンポで時代が動いているのだから、かりに自身の現職時代あるいは活躍場面を語るにしても、教師としての成長で何がポイントか、どう子どもと向き合えばよいかをこそ大事にして、語るべきではないだろうか。

結局、杉も言うように、「先生の実践は良かった」という言葉に「だまされて」、つまり、本当の自分を振り返ることはなく、教師として本気で子どもたちと向き合っていくその「スピリット」をしだいに萎えさせてきた、その真実をみようとはしていないのではないだろうか。

厳しい言い方だが、退職されたからこそ、自己の実践をリアルに捉え直して、それを若手の成長のためにきちんと提供していく。そういう自己否定性が実は大事なのでは。俳優たちのインタビューを読みながら、教師の世界を重ねてしまった。



 安保法制法案、参院で可決・成立(15.9.19.)


いま時刻は、19日の午前2時20分を回ったところですが、先ほど、参議院本会議において標記の案件の採決が行われ、賛成多数で可決し、同法案は成立しました。ラジオで、本会議での討論を聴いておりましたが、反対討論の筋のとおった論点はよくわかりました。

一昨日、17日、参院特別委員会の「可決」に関しては、(1)その前日の地方公聴会の報告がなされていないこと、(2)採決の模様も公開された議事録では「委員長着席」と「同 退席」の記録しか無く、何が提案され、あるいはどういう動議が出され、何が採決に付されて決まったのか、が公的記録にないこと、から、前代未聞の、委員会として記録上は存在していないとも取れる中での「可決」でした。

そして本会議の上記の結果です。これが良識の府とされる参議院のすることでしょうか。集団的自衛権行使の法案の中身からは立憲主義の瓦解であり、議事の手続きからは代議制民主主義の堕落、です。

これは、同法案の賛否に拘わらず、主権者である国民の参政権、その立法意思が踏みにじられたのと同じです。



 「多様な教育確保法案」今国会は見送り(15.9.16.)


標記法案に関して、昨日、「超党派フリースクール等議員連盟・夜間中学等義務教育拡充議員連盟合同総会」が開かれ、それを傍聴した方からの速報によると、結論としては、各党での検討は継続し、臨時国会の上程を目指すこととして、今国会には出さないこととしたそうです。

その場合にも、法案上程には全会一致をめざす(馳座長の言葉)がそれが難しいなら賛成党の合同提案の形を取るのもやむなし、とか。

各党持ち帰って話し合った結果を持ち寄って報告があったようですが、たとえば、自民党からも、「手続きについて懸念がある」ことも含めて「この法案について党の中での勉強会を重ねる必要があるという意味で、この法案は持ち越しというのが結論」だということ。これと共に、「学校に行かないことを助長する法案になっているのではないか」「認定の方法がよくわからない」などの懸念も出されたようです。

そもそも夜間中学の公的認定とセットで不登校の教育機会認定を一つの法案に組むものですから、そこに無理があったといえます。



 日米防衛新ガイドラインの「約束」のための安保法制法案 (15.9.15.)


安保関連法案の参議院特別委員会での審議が山場を迎えています。政府答弁は「新3要件」を持ち出して「集団的自衛権」行使の正当性を繰り返すばかりで、しかもその「3要件」の具体的場面となると説明がぶれたり、あいまいで、国民の間には納得が成立してません。世論調査でも過半数が「十分な説明が為されていない」と捉えるのは当然の反応です。

会期延長までしてこの法案を国会で通そうとしているのが政権与党ですが、却ってはっきりしたことがあります。それは、この11の法案は、2015年4月27日に日米政府間で合意した(させた・させられた)「新たな日米防衛協力のための指針(新ガイドライン)」を実施するためには秋までには日本国内で同ガイドラインに沿った法整備をなんとしてもやらなくてはならない、という「約束」に基づく、安倍政権の追い込まれ状態があることです。

そのガイドラインの基本コンセプトは、すでに憲法学者などによって何度も論じられてきたように、「日米の共同対処」を「切れ目無く」、したがって「平時から緊急事態まで」(同ガイドライン、第V章)、政策、軍事行動の運用のあらゆる面に渡って「同盟調整メカニズム」を設けて進める、ということです。

すでに、国会での中谷防衛大臣の答弁でも明らかなように、この8月下旬に、陸海空の自衛隊千人余をアメリカに送り、米軍との共同演習を行っています。まさに「先取り」的な行動です。ということは、アメリカ政府側は、当然日本国で(同ガイドライン実施のための法整備である)安保法制法案が成立する(安倍政権は成立させる)ものと解して、その軍事的行動を始めていることを意味します。

これは、名大の憲法学者・愛敬浩二氏もいうように、日本国のアメリカへの属国化であり、アメリカの衛星国になることです。それは、(同じく愛敬氏の説の通り)「在日米軍基地の恒久化」であり、「自衛隊の『下請け』化」です。

戦後70年、自衛隊が九条違反かどうかのシビアな問題が続いてはいるものの、軍備を有する自衛隊が武器使用により他国人を殺すことが一度もなかった、その歴史の歩みとはいったい何であったのか。そういう根本の疑問が、ここにきて、わき起こります。

確かに法哲学者が言うように、戦後、自衛隊を「違憲」としつつも九条とのバランスで実質は認めてきた、その護憲リベラル派の姿勢のあり方も問われるでしょう。しかし、忘れてならないのは、「平和」ボケのように揶揄されてきた日本国民の、底流にある良識、憲法九条を犯すことがあってはならない、という憲法感覚が目には見えない力となって働いてきたし、働いていることです。

この、現実の社会的諸関係の総和として、数万人単位の国会包囲のデモが起こり、各地で「安保法制法案反対」の声が上がっている。

憲法を侮蔑し、踏みにじる者は、憲法によって侮蔑され、踏みつけられる。これが社会発展の弁証法の鉄則です。

(注記:文中の愛敬氏の発言は、「九条の会」愛知・大学人の会主催の同氏の講演会(2015.6.6.)でのレジュメによっています。)



 新著のご紹介 (再掲)(15.9.10.)


折出の新著『そばにいる他者(ひと)を信じて子は生きる』は、四六判、150頁で、本体価1100円(税込 1188円)。

「折出の紹介」としてくだされば、購入の特典があります。詳しくは下記の書店に。

ほっとブックス新栄
〒461-0004 名古屋市東区葵1-22-26
TEL:052-936-7551   FAX:052-936-7553 
           ******

『そばにいる他者(ひと)を信じて子は生きる―〈伴走者〉という役割―』   折出 健二

目次

まえがき

一 教育再生の鍵は「他者」にあり

二 いま、子どもとどう向き合い、どう援助と指導をおこなうか〜個人のリスペクトをこめた関係性をめざして〜  

                    1 現実にめげず、自分なりに向き合おうとする生徒たち 
 2 競争が徹底する義務教育学校で
 3 子どもの「荒れ」、暴力性とその内面への作用をどう見るか
 4 定通制課程高校の意義と役割を考える

三 いま起きている問題とどう向き合うか

 1 「特別の教科 道徳」をどう見るか
 2 いじめ問題への対応

四 教育臨床と当事者性

 1 教育臨床とは
 2 何が求められていて、何ができるか
 3 援助するということ
 4 学生へのメッセージ

五  哲学するとはどういうことか〜鶴見俊輔『アメリカ哲学』に学ぶ〜

六 精神医学との出会い〜自立することにとって病理とは〜

 1 木村敏『臨床哲学講義』を読む
   2 精神医学的なレビュー論文に学ぶ
   

七 不条理にめげない〜カミュ『シーシュポスの神話』を読んで〜

 

八 希望への道筋、怒りを込めて大いに語り、歩みだそう

九 子どもと向き合い、子どもを信頼することの力  

         1 作品の物語  
 2 児童福祉の〈伴走者〉

十 ある中堅教師へのメッセージ

十一 子どもたちと共に人生の「窓」を開けよう〜見守り、演じ、「明日」をみつめて〜

 自分と外の世界をつなぐ「窓」を見つける
 「自己肯定」の縛りを超えて
 その子の「輝き出そうとするもの」を見ること、受け止めること
 私(折出)の挫折、出勤困難体験から得たこと
 不登校の背景:学校はどう変わってきたのか

あとがき
 



 日本生活指導学会第33回大会に参加して:たとえば「生活指導国家」をめぐる問題 (15.9.9.)


9月5日〜6日、岡山大学一般教育棟を会場に標記の学会が開かれました。前日理事会から参加しました。「生活指導と道徳教育」の課題研究や、大学教育実践の自由研究発表にコミットしましたが、その内容は割愛します。

全体会シンポジウムでは「青年期における『自己形成』と自立支援〜社会的排除をのりこえる生活指導実践」と題する報告と討論が行われました。支援のネットワークの運営者、相談者、引きこもり経験のある当事者の三名から具体的な報告をいただきました。

不登校・引きこもりの当事者、Kさんは現在は支援のNPO法人を立ち上げ主宰されているが、20数年前の中学時代に、「競争と優劣」の狭い世界で緊張感が重なり、体調も崩してついて不登校になったいきさつがあります。

報告者が15歳の時に父親が家を出たなど苦労されてきた人生ですが、氏の報告で印象に残ったのは「学校に戻って『勉強する』よりは、人の中に戻っていきたいという気持ちがあった」という言葉でした。最近の小著で、「そばにいる他者(ひと)」を書名に打ち出した私としては、当事者からの体験的な話でいっそう問題の深さを教えられました。

課題研究「排除型社会における地域生活指導と教育」では、宮崎隆志会員(北海道大学)が理論的な、ある程度体系だった問題提起をして、これにコメンテーターが意見をのべ、フロアからの質疑で、論議を進めました。かなり大きな面を持つ1つの論点は、「生活指導国家」という宮崎報告のなかにある用語です。

宮崎報告が言いたいのは、以下のことです。

1980年代の「生活の社会化」論により、「協同的な地域生活指導」の可能性が模索されたが、2000年前後から、「若者自立・挑戦プラン」などの一連の支援に関わる立法化にも見られるように、「新自由主義国家が文科行政領域を超えて『生活指導国家』の様相を帯びて」きており、「協同的な生活指導をも一要素として包含する国家的な生活指導」が成立していると見ることができるのではないか、と。

これには、コメンテーター(教育学)もフロアからの発言(教育学)も、生活指導の歴史的意義からするとこの用法はおかしいのではないか、問題ではないか、との主旨でした。しかし、自立支援の現場に関わっている研究者(社会学)は、実態を見れば、宮崎報告の言うような面があることは認めざるをえないと肯定的でした。

私も発言し、これは「鋭い提起」だと述べて、「そのことでほんらいの『生活指導』概念がゆがめられているというよりは、そこまで拮抗関係が鮮明になってきていることを表しているのではないか。そうであれば、私たちが追究している『共同』とは何かをますます明らかにすべきである」と、述べました。

言葉は情勢を映す道具でもあるのですから、学術的な面では矛盾を含む場合でも、ある用語で表さざるを得ない面があるのは、実践の実践たるゆえんではないかと私は観ています。私からすれば、宮崎氏の問題提起のほうが弁証法的な論理に近いものをもち、上記のコメンテーターの方々の主張は形式論理の面が強いと思います。どちらが現実を変える運動を起こす上で鍵を握るか、です。

懇親会では、現地の実行委員長・住野好久氏(教育学)の計らいで、会場に地元の銘酒、「赤磐雄町米」「武蔵の里」も用意して頂き、内海のお魚と合わせておいしく頂きました。

それを飲み過ぎたのか、最後の代表理事挨拶を私がした際に、初めての参加者に生活指導学会の魅力をメッセージで送ります、として、「ひとに酔い、議論に酔い、お酒に酔い、そして・・・・愛に酔う」と言いましたら、会場から「オ〜〜」という(冷やかしの)声と拍手がおこり、席に戻ると「こりゃ、自分に酔っているわ」とさんざんからかわれました。すべてお酒のせいです(笑の二乗)。



 「登校拒否・不登校問題 全国のつどい in愛知」、650名余の参加を得て盛会のうちに閉会 (15.9.1.)


◇戦後70周年、そして第二十回標記の「つどい」という二重の節目の集会でしたが、8月29日で585名、二日目・30日の当日参加を含め最終的には、「別れのつどい」での事務局長の話では、650名を超える参加者になるとのことでした。

地元の愛知から、200名を大きく超える参加があったことなど、大成功でした。これも各地から参集された実行委員会の皆さん、そして愛知の事務局の皆さんのご尽力・ご奮闘のたまものです。

二日目の、「わかれのつどい」で感動的な場面が生まれました。参加者を代表してお二人から発言を頂いたなかで、ある父親は、引きこもりの息子がひと言も口をきいてくれないなかで「つどい」に参加したこと、息子はかつて彼が幼い頃に無理矢理白馬岳に父親が連れて行ったことをいま激しく非難していることを妻から聞いて知ったこと、ほかにもあわせると10個くらいの「非難」事項があるらしいこと、これにどう応えるかで悩んでいることを、話の後半は涙ながらに話され、大きな共感をよびました。

◆ここまでなら、引きこもる息子を持つ一父親の苦労ばなし、で終わることでしょう。しかし、違ったのです。一日目の夜、フリー参加、ただし女性は参加できない「おやじの会」がおこなわれ、その場で、その父親はつらい胸の内をはき出した。

すると、それを聞きつけたらしい、ある女性が「禁を破って」その部屋に入ってきて、「それは息子さんがお父さんのことを大好きだからですよ!」と叫んだそうです。この言葉に、その男性はハッと我に返って、こちらからそのときの強引さをわびるつもりになったとか。

「1個目でこんなにしんどいのに、まだ9つもあるとは」と父親がついホンネを言って、会場は爆笑。そのあとも、奥さんと二時間くらい話し込んだそうです。

◇私は実行委員長として、「オープニング」で「あいさつ」を述べました。また、第一日目の夕食会では「乾杯」を。分科会としては「不登校と『非行』」に出ました。

◆このページでもアップしている小著が、29日の朝、会場の名鉄犬山ホテルのフロントに届き、早速、書籍売り場へ。休憩時間にはサイン会も行い、60人近い方に買って頂きました。すべて書籍販売として「つどい」実行委の実績となります。

さて、「つどい」が終わって、いよいよ今日から9月。足下には大きな課題が横たわっていますが、それぞれのやり方で頑張って、まっとうな平和原理・立憲主義にたつ日本にしていきたいものです。



 「普通教育の多様な機会確保法条文案」をめぐって (15.8.27.)


超党派の議員連盟が母体となって標記(以下では「確保法」案と略記)の条文案(未定稿)が準備され、この8月11日の合同会議で示された。不登校問題の「全国のつどい」のつながりのある方から、その未定稿や合同会議の速記録をいただいていた。

この法律は学校教育法の特例の性格を持ち、学齢期の子どもの不登校対応、学齢期を過ぎた方の夜間中学、外国人学校を対象に、いまある実態に即しながら義務教育と同等の扱いを公的に保障しようとするものである(合同会議での座長説明ほか)。

まず順に案件を見ていくと、わが国の法律で、義務教育としての普通教育を述べた条文は、「学校教育法21条」である。以下がその全文である。

          ***

第二十一条  義務教育として行われる普通教育は、教育基本法 (平成十八年法律第百二十号)第五条第二項 に規定する目的を実現するため、次に掲げる目標を達成するよう行われるものとする。
一  学校内外における社会的活動を促進し、自主、自律及び協同の精神、規範意識、公正な判断力並びに公共の精神に基づき主体的に社会の形成に参画し、その発展に寄与する態度を養うこと。
二  学校内外における自然体験活動を促進し、生命及び自然を尊重する精神並びに環境の保全に寄与する態度を養うこと。
三  我が国と郷土の現状と歴史について、正しい理解に導き、伝統と文化を尊重し、それらをはぐくんできた我が国と郷土を愛する態度を養うとともに、進んで外国の文化の理解を通じて、他国を尊重し、国際社会の平和と発展に寄与する態度を養うこと。
四  家族と家庭の役割、生活に必要な衣、食、住、情報、産業その他の事項について基礎的な理解と技能を養うこと。
五  読書に親しませ、生活に必要な国語を正しく理解し、使用する基礎的な能力を養うこと。
六  生活に必要な数量的な関係を正しく理解し、処理する基礎的な能力を養うこと。
七  生活にかかわる自然現象について、観察及び実験を通じて、科学的に理解し、処理する基礎的な能力を養うこと。
八  健康、安全で幸福な生活のために必要な習慣を養うとともに、運動を通じて体力を養い、心身の調和的発達を図ること。
九  生活を明るく豊かにする音楽、美術、文芸その他の芸術について基礎的な理解と技能を養うこと。
十  職業についての基礎的な知識と技能、勤労を重んずる態度及び個性に応じて将来の進路を選択する能力を養うこと。

      ***

たしかに、この条文では、普通教育をどういう内容で、どの方法でやれとまでは謳っていない。しかし、これが「確保法」案の第4章「個別学習計画」の認定と絡んでくる。すなわち、この法案の主旨は大筋賛成できるとしても、その認定手続きで、かえって該当の子どもたちに大きな負荷を与えることになるのではないか、との論点も合同会議で出されたのである。

詳細は省くが、「個別学習計画」を居住地域の市町村教育委員会に提出する義務は保護者または支援者にある。その事項としては「子どもの学習と生活情況」とともに「学習活動の目標」などを記載するとされる。そして、教委は、認定に際して、専門家の知見あるいは支援の実務家(夜間中学やフリースクールの関係者など)の意見を聴くとある。

この「個別学習計画」を認定されれば、その保護者は子どもの就学に対する保護者義務を履行したとみなされる(注記:この「確保法」案じたいが、義務教育修了みなし法 案である)。

座長の話によると、全国でおよそ1000万人の義務教育学校在籍者がいて、そのうちおよそ12万人の小中学生が不登校である。さらに、登校が見込めない、登校する気がない者が数千人から一万人いるという。この子どもたちへの救済が狙いだという。

現状でも、学校復帰に向けての働きかけをふくむ不登校支援活動が繰り広げられており、近年の動向としては、学校長の判断で教育課程の修了を認定し、次の進路へ進んでいる者も多い。では、なぜ、上記のような難しい認定手続きまで設けて「多様な教育機会の確保」を制度化するのか。

ここで明瞭になるのは、学校復帰を前提として現行法のもとでの不登校問題を、学校復帰を前提としないものへ、つまり、この「確保法」案で認定を受ける子どもは学校在籍から離れるという制度へ、変えていくことである。それは条文案にも、「学校に在籍しないで」その学習計画が適当であると認められること、とうたっている。

また、合同会議の記録を見ても、「文科省」が(このみなし法を作らなければ)「学校復帰委を前提とする支援が変わらない」(から、復帰しなくても良いが普通教育は履修したというように変えたい:折出注記)と、述べている。

ただし、修学旅行や特定教科、健康診断だけの参加は当然ありえる、と文科省は同じ場で発言している。

ここからは、私の所感。すでに学校に行く意志はなく、フリースクール(FS)あるいはフリースペース等でのびのびと過ごしている子ども及び保護者にとっては、願ってもない制度であろう。「個別学習計画」もその支援者(FS経営者)が作成してくれる。

しかし、そうではない、孤立した状態で、しかも引きこもり傾向であったり、あるいは家庭での虐待環境があったりする、非常にしんどい現実をかかえる不登校児はどのようなメリットを受けるのだろうか。現在はファジーになっているが、この法律が定まると、逆に、保護者は義務教育の保護者義務の不履行者となり、子どもも「普通教育」未履修者という面を一層浮き彫りにして、社会の中でかえって線引きをされ、排除される側におかれはしないか。

合同会議では、現在も、特別支援学級と元学級との「複籍=二重籍」を認めているのだから、この「確保法」案が夜間中学や外国人学校にも適用されること自体は意義があるので、制度化に向けて進めるにしても、現状を活かして(対象者は全員学籍を抜く、ではなく)「複籍可能」を謳うべきではないか、との意見も出ていた。

対象児童生徒が学籍から離れることは、当然、公教育財政にも影響が出る。教職員定数やその他、国若しくは自治体の施策面でも変わってくる。たとえば公的財政補助の対象者とそうではない対象者とに学籍上区別され、その上でいずれも「普通教育」は履修した、とすることが果たして、憲法の精神にたった公教育と言えるのか。今後の論議の成り行きが重要となりそうだ。ブロックごとに順に公聴会を開いていくそうだ。



 生活指導とは何か (15.8.26.)


1 生活指導の考え方をこの際とらえ直していこう

 攻撃性がありトラブル含みの子どもたちがいる。教師が寄り添う努力をして、何とか対話を成立させようとしている。みずからも「権力性」のある振る舞いを反省して、近づきやすい構えづくりもされている。こうした努力は、さすがである。

 しかし、なぜ、こうもこじれて、子どもたちが距離をとるのか。

 それは、第一に、教師が、学級の「集団づくり」を視野に置きその世界に参加させようとするあまりに、一人一人の背負っている生活そのものからややもすると目がそれていることはないか。彼らに言わせれば、(教師の描く)学級の集団的世界に参加してくれとのメッセージはわかるが、「わたし」の生活、「わたし」がいま抱えている苦しみ・不安をほんとうに聴こうとしているの? という疑いが消えない。子どもなりに。

 度重なる「問題」のさいのはぐらかし、あるいは教師への強い反発は、そういう訴えの現れである。

 それぞれの親とどのような対話をして、ひとりの成長期の若いひととしてその子がどういう生活を背負っているか、家庭でも自分を出せているのか、親とのすれ違いはないか、彼や彼女が教室でみせる攻撃性や暴力には何が込められているのか、といった、子どもの生活(そこから発するメッセージ)を読み解きながら応答していく、という相互応答性がもっと必要である。

 やさしい、物言いで子どもと会話するかどうかよりは、相手の子どもの内面もふくめて、その「生き方」を知ろう・わかろう、とする教師からの接近が大事だ。

 生活指導あっての集団づくりであり、集団づくりは生活指導を高めるものではあっても、集団づくりに生活指導を解消できない。

 この実践ポリシーを今一度押さえ直すことが、現状を変える近道だと思う。

2 子どもたちの「暴言、暴力」は一人一人の生き方のアクティング・アウト

 アクティイング・アウトとは、内的な葛藤・不安・不満が行動化した(している)状態で、子どもでも大人でも、それはありえる。

 子どもたちは、教室が息苦しいからそれに反発して、教室を飛び出したり、保健室に避難する。その息苦しさは、学校の教師集団への反発であろう。

 それほどに、入学後、強圧的な教室管理に子どもたちが苦しめられてきたことはなかったのか。そこを読み取らなくてはいけない。

そういう問題意識で子どもの言動(アクティング・アウト)を見るという視点がよわいと、うわべをなぞって、逃げ出す子・保健室に行く子が減ったらすこしは教室になじんできた、と解釈してしまう。しかし、その言うに言えない葛藤を封印しただけで「解決」はしていないであろう。

 それが、次の学年でも、ことあるごとに出てくる。男子たちの「ちゃかし」や教師の指導への反発、あるいは攻撃的な言動もその現れの面がある。

3 教師同士の同僚性、生活理解への(最小限の)共有性をもっと大事に
 

 学校体制として、子どもたちの生活を理解して解放するよりも、「問題の芽」を早くつかんで早めに芽を摘んでいく、という、ゼロトレの考え方にかなり傾いてきてはいないか。それは指導ではなく管理であり、極端な話でいえば、現場的な言い方で「腐ったミカンを早めにみつけて他に影響させない」という、子どもの同士の切断線を引くことにもつながっていく。
 

 それに近い雰囲気の「指導」(実は管理)に過去の学年で晒されてきていると、いくら共感的で対話的に、と教師が子どもに接してもなかなか受け入れてくれない。それどころか、いろいろの「試し行動」、つまりこの教師は本当はどうなのか、ぼくらの味方なのかそれともこの「さいあくなところ=学校」の側の人間なのか、と試すトラブルを重ねる。

 そういうメッセージ性のあるかれらの言動なのだと理解できれば、教師の心理負担もだいぶん違う。

 それは「心の余裕」といったレベルのことではなく、「1」で述べた、一人一人の子どもへの生活指導の目線がどこまで徹底されているかどうかに係っている。

4 どうするか

 ・一人一人の子どもへのリスペクトをもった接し方を是非。
 

 ・子どもとのおしゃべりをできるだけつくる。そこに「生活」が見えてくる。

 ・ある子どもとつながるには、その子が関心興味を持つアイテムをみつけて、つながる。認めてくれている、の存在感に通じる。

 ・多忙の中、難しさはあるが、トラブルの絶えない子の親とは、何度か、時間を掛けて対話する。

親の子育ての苦労話が出てくるあたりがステップ1、親自身の育ちや揺れてきたこれまでの人生の話が出るあたりでステップ2、と大きくとらえて、まずはステップ1のところで親の子ども観・しつけ観などをきいて、子どもの教室での言動と絡めながら、親にも「親育ち」に挑戦して頂く。

 すると、おのずとステップ2の話に入っていく。そのとき、教師は、自己の生き方、ひとりの市民・おとなのとしての生き方を語り出せる用意が無くてはならないであろう。



 あのボリショイ・バレエ団社会にも、いじめ・嫌がらせが? (15.8.24.)


いきなり名誉毀損かと思わせる標題で失礼。実は、『ボリショイ・バビロン 華麗なるバレエの舞台裏』(イギリスBBC制作)が名古屋の劇場で公開されるのを前に試写会に行ってきたのです。

2013年2月に、同バレエの芸術監督・セルゲイ・フィーリン氏(男性、もと同バレエ団のダンサー)が自宅前で顔に硫酸をかけられる悲惨な事件が起こり、ロシア国内外で大問題に。この事件のドラマ性をとりあげ、アカデミー賞のドキュメンタリー部門で二度も受賞しているサイモン・チン氏がプロデュ−スして、ニック・リードという(世界各地で危険な撮影経験のある)監督が撮影を仕切った作品。83分。

制作スタッフの粘り強い交渉で、やっと承認が取れて、およそ五ヶ月、同バレエ団の裏方にキャメラを入れてそれを構成した、まさに長編ドキュメンタリー。現役のバレリーナやダンサー、上記の監督、新たに就任した総裁、その他、現場の人びとがそのままに出演しています。

あまり書くと「ネタバレ」で叱られるので、この辺で。中身は、標記の、内部の対立とその当事者たちの生の声。250人近い団員たちの、個性ある人びとが織りなす、嫉妬と反感と嫌がらせと暴力などの世界・・・・ですね。

「バレリーナの人生は短い。いま、このステージをどう生きるかが全て」という、現役の女性団員の言葉が、全てを物語っています。



 最新刊の教育研究書に拙論 (15.8.22.)


「読み」の授業研究会(代表:阿部昇)『国語の授業改革15 国語科の「言語活動」を徹底追究する』学文社が8月25日付で発刊となりました。その中の論考の1つとして、私も機会を頂き、「学習における集団的創造と対話」と題する一本を書きました(143〜150頁)。



 全生研全国大会の分科会での実践報告に関して (15.8.20.)


全生研の常任委員会では大会のまとめに関わって、分担して、各分科会の実践報告をどうとらえたかを報告し合います。ここでは、固有名詞や地域がわかる箇所は省いて、一般化したかたちで、私が担当したものの一部をアップしておきます。

《小1の学級で》 校長の教員評価に迎合して「全員がそろって規律の取れる学級」にしなければ、の強迫観念と、幼児の自己中心性そのままに振る舞うKと、彼をそれなりに許容する子どもたちの援助と指導の間で、報告した教師は揺れうごいた。

 給食の苦手な野菜を泣いて食べようとしなかったが、栄養士などのとことん待つ指導で、やがて食べられるようになったように、Kは「やればできる」ことを体験すれば変わっていくことができる。悪いことをしたら謝ることを初めは拒否したのも、大人の指示通りにはしたくない、という反発からで、教師が彼の言い分を聞き取り、その感情を肯定してやれば、自分から変えていった。

こうした実践からも、「ニーズ」とは、ある文脈を持って行動している自己へのリスペクトを含んでいることを示している。

 学校が求める全員一斉規律型の教室に対して、「ここには自分の居場所はない」と飛び出すKの行動を、管理的な指導の拒否のメッセージと受け止めたことは、報告者の優れた点だ。そこから、Kに共感できる男児らと共に、仲間同士の居場所のある学級づくりを再確認して実践した教師は、さすが生研の会員らしい生き方だ。特別なニーズとは個別的なことにとどまらず、公的領域へのニーズでもあることを示す報告である。

《小5の学級で》発達障がいのあるKに視点を充てているが、彼と学級の仲間たちの関係が変わる鍵が、「レク」など参加型で、競争・評価の序列のつかない活動にあることを示している。Kは、注意と監視の対象としてしか扱われてこなかったので、自分の見方・感じ方を受け止めてくれる他者(仲間、教師)が必要であった。

そのことを、Kとつながる男児A,Bが示している。それは、排除しない、Kのことを気に掛けている、彼の表情をよく見ている。つまり、彼へのケアが働いていることにヒントがある。

 教室を飛び出し逃げ回るが、そのKは、自分へのケアを試しながら彼なりに他者との間合いを測っているともいえる。だから、学びや自治的な活動の場面にもその視点でもっと活動を構成していくならば、ただ「参加する」から、「自分で役割を担い、意図を持って参加する」ことに彼も、仲間たちも高まっていける。その活動構成がこの教師の今後の課題であろう。



 全生研の新刊『生活指導とは何か』が出ました! (15.8.14.)


編著者は、竹内常一、折出健二です。以下に、目次を紹介します。

シリーズ教師のしごと 第1巻  生活指導とは何か

四六判、200頁。本体価格 2.300円。

第T章 現代の子どもの抱える生きづらさと生活指導 (楠)

第U章 学級集団づくりをどうすすめるか            (照本)
 ―「いじめ」、孤立と排除の状況を転換する―

第V章 生活指導におけるケアと自治           (竹内)

第W章 生活指導と授業 ―学びから世界参加へ       (山田)
 

第X章 子どもの人権と学級集団づくりの展開         (小渕)
    ― 一九九〇年代の基調提案が投げかけるもの ―                               

第Y章  教師のしごと、いま何を為すべきか         (折出)

 《参考文献》                       (折出)

T 全生研基本文献(1)――常任委員会編著の入門書

U 全生研基本文献(2)――大会基調提案集成

V 生活指導・集団づくりの理論的深化と展開の足場を築いた諸著作

W 民間教育団体等による関連の著作



 ちょっとひと息:「ミミズが這っている字?」 (15.8.13.)


親も子もスケジュールがいろいろある中、孫たちが来てくれました。久しぶりに名古屋市内の「星ヶ丘ボウル」に行って、小2、5歳の子どもらと私たち夫婦で2ゲームやりました。私は、少しはストライクも出して177のアベレージ88でした。小2のSクンはさすがに飲み込みが早い。1ゲーム目は調子が出ずに60台だったが、2ゲーム目は95と大幅に伸ばして、迫ってきました。

ただし、ガーターなしのファミリーレーンでのことですので。奥の方の本格レーンでは、次々とストライクを出しておられたようで、たいしたもんです。

そこに行く地下鉄での話。東山線に「今池」という駅があります。Sクンとの会話。

S「いまいけ、だ。池は、池田君の池だし、今は、コンチュウのコンだよ」「? コンチュウ?」(地下鉄の音で聴きまちがえた)

S「コンシュウ、だよ。ほら、あのミミズが這っている字のシュウだよ」「ミミズが出てくるのか? そんな字、あったっけ」「・・・・ああ、わかった、しんにょう、のことね」

Sクンは「週」の偏のことを言っているのです。その漢字が出たときに教室の子どもたちが「ミミズみたい」と言って、担任の先生も「それも、ありかもね」とさらりと流したようです。たしかにこの「しんにょう」や、「延」の部位の「えんにょう」は、子どもには苦手な事柄。しかも、書くときに、どういう書き方をして良いのか、とこだわる面も。

これからますます新しい漢字との出会いで戸惑いは増えるでしょうが、「ミミズ」のようなイメージ化も一役買うとは思うが、一個の漢字全体の作られ方、その意味も一緒に学んで欲しいな。



 全生研・福岡大会に参加(つづき) (15.8.11.)


◇ 下記に書いた一般分科会と、テーマ別で「現代子ども論」に運営者の一人として関わりました。小学校の「荒れ」・暴力のレポートは、北海道と大分からで、いずれも小学校5年ですが、登場する攻撃的な子どもには共通して、家庭環境から来る問題と、これまでの学年での集団による排除的な傾向が絡んでいます。

テーマ別は、基調報告的な実践の問題を坂田和子さんが約1時間半、しました。小学校6年を担任したときのおよそ1年間のエピソードを、具体的な子どもを登場させながら、例の坂田ワールドで楽しく、かつ深く、語りました。

◆ 分科会最後のコメントで私はこう言いました。

「生活指導には大きく分けて、生活綴方の系譜と児童自治の系譜があるが、坂田さんの生活指導の世界は、私の造語だが『生活語り方教育』を基盤とする集団づくり、といってよい。それほどに、今日の報告でも、よくおしゃべりをして一人一人の子どもにとにかく語らせ、子どもからの名言を引き出している」と。

フロアからは、若い方、ベテランの方から「坂田先生の話を聴くと癒されて頑張ろうと思うが、自分の学級に帰ると、相変わらず怒ったり、キツイ言い方をしている自分がいる。とても惨めになる」との話が出ました。

これには私は、「それは、敢えて言いますが、やむをえない。ただし、今日からは、『振り返り』を意識してください。坂田さんの話を聴いて得た視点が、あなたのなかに『教師としてのあなたを見守る他者』として生きていく。それを頼りにして、もしキツイ言葉で子どもを叱っても、次にはそうならないためにどうしたらいいかを考える。そのとき、すでに今までのあなたではない。あなたは変化しつつある」と言いました。

さらに、「(単なる追随者、まねをする人の意味で)坂田さんのコピーにはなってほしくない。あなたはあなたの教師の自立を追究して、あなたならでは子どもとの関係性をつくってください」と。



 全生研・福岡大会「分科会基調」 (15.8.5.)


8月8日〜10日、北九州市立大学で、標記の全国大会が開かれ例年のことですが、分科会担当などで大会運営に関わります。

一般分科会 第17分科会「荒れ・暴力・いじめ」の指導と集団づくり 小学校」の分科会基調を担当し、その出始めは以下のようになっています。

「1 教師の指導にとって基礎となる<実践の弁証法>をつかんでおこう

 生活指導においては、子どもたちに向き合う際に、次の教育実践上の命題をいつも意識して場面に臨むと、事態の解決に有効である。
(1)子ども個人および子ども集団に対する外的な刺激や行為・行動は、個人または集団の抱える内的状態(社会的な正義感の状態、ある出来事をめぐる葛藤や対立・トラブル、あるいは過剰な競争意識など)を介して(それらに屈折されて)一人一人の意識に影響する。

(2)個人の抱える内的状態は、外から及ぼす刺激や行為・行動を介して(それらに誘発されて、あるいは屈折されて)表に現れる(表出する)。
(注記:この二命題は、哲学・社会科学のセオリーである実践弁証法という、ものごとの客観的な運動・変化・発展法則を応用して、教育における指導過程に添うように折出が作り直したもの)」(後略)

◆このことについて、大会当日にも説明を加えますが、いまここで、そのウオーミングアップを。

集団にいる個人(あるいは班なり、時には学級そのものに対する)、言葉や行動・態度はそれそのものが刺激です。おとしめる言葉も、無視も、客観的な作用としては(意識に対する)刺激です。

しかし、だからすぐ暴力やいじめに展開するわけではなく、その刺激を受ける側に、集団内でのそれなりの活動の自負、誇れるもの、活躍場面などがあればそれに屈折されて意識(相手の他者像、仲間や学級への感情など)に作用する。口げんかは起きるでしょうが。

※社会的関係の弁証法という哲学の思考で、外的な者は内的条件を介してその存在に作用する、の応用です。

「集団」だけとはかぎりませんが、加害の子どもの家族を含む環境、学校の競争性の度合、学級担任の指導スタイルなど、からみ合って、加害行為に作用するが、要は、 その子自身の、集団における状況での内的な状態が大きい。

◇J.ギリガンというハーバード医学校の元教授が30年掛けて成人の暴力犯罪を検証してきた研究成果(大月書店から刊行)からも、暴力の本質は、自分へのリスペクト、自分の誇りを(持てないのでそれを)、身近な者から力で奪い取る・もぎとる行為で、暴力でしかそれができないからそうする、ということ。
※暴力で、リスペクトは得られないから、繰り返し暴力行為がおこるし、暴力が暴力を呼ぶ構図も此処から生じる。

◆関係性と共に、その質、つまり関わり合う子どもたちにどう集団のメンバーとしての確かな自己承認の体験をつくるか、どう彼や彼女の中に誇れるものとして、学びや自主活動を追究していくか。

最近、「つながり」や「ケア関係」の量的な広がりを意識しているのはいいとして、その質的なものがどう教師によって構想されているかも、私は気になっています。
※今年の「大会基調」(楠凡之さんが執筆責任者)で「自己確証」という、ほんらい哲学で言う言葉が何回か使用されているのも、上記と関連している。

◇最近の事件を見ても、愛知県刈谷市では、6月初めに、夜呼び出され、川の堤防で高1男子が暴行を受けた上に対岸まで泳ぐよう命令され、途中で沈んで、数日後遺体で発見。3名の、中3を含む14〜16歳男子少年が逮捕。川崎の少年殺害事件とも部分的に似ているし、二年前の広島での高専の少女殺害も、グループ内の暴行で殺害に至った。

グループ内の同調圧力が、ちょっとしたはみ出しを許さない暴行に至る。そのグループ自体が同年代からも、地域からも孤立している。そもそも力の誇示がまちがっている上に、その場面も狭い。閉鎖的。

このあたりにどう切り込むか、です。



 「不登校問題 全国のつどい in愛知」がいよいよ今月末に (15.8.2.)


「第20回 登校拒否・不登校問題 全国のつどいin愛知」が、8月29・30日に犬山市の名鉄ホテルで開催されます。まだ、参加申し込みは受け付けておりますので、どうぞご参加下さい。お問い合わせは、下記の事務局へ。

実行委員会事務局:愛知県教育会館内 名古屋市立高等学校教員組合事務所気付

TEL: 090-6332-0169 または 090-8552-9492
FAX: 052-261-5684
メール: tsudoi.in.aichi2015@gmail.com

私は、その「つどい」の実行委員長を務めております。

そこで、全国から来て頂く方々のために何かお土産になるものを、とかんがえまして、前から構想はあったのですが、それは研究書のプランですので、もうすこし一般の方向けに絞って、小著を出すことにしました。

地元の「ほっとブックス新栄」の店長さんに話して、即OKをいただいて、刊行の段取りはつきました。先日から、昼間も、そして夕食後に早寝して深夜の涼しい時間帯を使って、原稿を仕上げることに取り組みました。ここは、参加者のこと思えば内容を疎かにはできないので、のどが渇いてもノン・アルコールで我慢して集中しまして、どうにか形が整いました。

書名は、『〈伴走者〉という役割』。B6判で進める予定です。

私の生涯のテーマである「他者」論を一般向けにほぐしたかたちの本です。ボリュームも少ないので、お求めやすい価格になる予定です。



 ちょっと雑感:哲学カフェ (15.7.30.)


29日も猛暑だった。名古屋市内で公務があり、その終了後に、場所は近かったので、涼を求め愛知県立図書館に行って作業をした。それが一段落して書架を見てまわり、哲学の棚で鷲田清一監修『哲学カフェのつくりかた』(大阪大学出版会、2014年)が目に止まって、読書コーナーの席に移ってそれを読んだ。過日、岐阜の哲学カフェに初めて参加したこともあったので。

本書は、大阪大学で「臨床哲学」研究室をあらたに設けた経緯から、市民との対話を主とする哲学カフェが立ち上がり、これを機に、各地の同様の取り組み(その担当者のエッセイ)をまとめたものである。

同大の哲学者・本間直樹氏は、フランスの留学中に、パリの哲学カフェに通った。その主宰者のダニエル・ラミルズ氏(哲学者&フルート奏者)に、日本では対話を大事にすると話したら、「哲学カフェは対話ではない、討論だ。哲学カフェはファシリテートするのではなく、アニメートとするものだ」と言ったという(235頁以下)。

フランス語でアニメート(animater)とは、「その場を活き活きと活気づける人」を指し、それを本間氏は「息吹を与える者」と意味づけている。それほどに、パリの哲学カフェでは、参加者一人一人の「一騎打ちを楽しむ」(論証を競い合う)ことがメインであるが、それでもその討論を延々とはやらないで、時間が来たら打ち切って、ラミルズ氏がまとめるという。

別の書き手は、哲学カフェは「単なるおしゃべりではなく、相手に伝えようと話すこと、相手の言ったことを理解しようと聴くこと、この二つは原則だ」という主旨を述べている(12頁)。

メディカル・カフェもあるようで、その進行役を務めている人によれば、そのカフェでは「良く聴く with the utmost」が「共感して聴く with sympatyhy」ことは余り奨励しない。 「聴く」ことでは「きちんと聴き取る properly listen」がよく言われるが、そのカフェでは「傾聴する active listening」という、ケアの現場での聴き方がやはり大事にされるという(145頁)。さすが医療関係者のカフェならではの気配りだ。

あるカフェで「当事者とは」のテーマで話した経験が紹介されていた。これも偶然だが、私が「教育臨床」では「当事者性」が重要だと述べたことと重なるやりとりがあったようだ。東松島出身の50代の女性は、自宅は津波で全壊したし「被災者」としてたくさんの方から支援を受けてようやく自立できるようになったが、人びとの「支援したい」という思いが強すぎて、自分は「被災者」であり続けなければならない、「震災の“当事者”という位置づけから降りられなくなっている」と語っている(182頁以下)。

当事者であった方がみずからの「当事者性とは何か」を率直に語れるというのも、哲学カフェの良さなのであろう。

ただし、そういう場での党派性の強い発言は、一人一人が持つ「微妙な壁」を削り取って、あるべき論を語ってしまう。ましてや、「雄弁術」をもって自慢げにしゃべる人が党派的発言をすると、周りは何も言えなくなる。そのあたりのバランス感覚もカフェでは大事な資質になるのであろう。



 「好き」と「似合う」を読み分ける理性を (15.7.28.)


◇『朝日新聞』の土曜日付録版に相談コーナー「悩みのるつぼ」がある。7月25日付には、30代の男性で2年前にリストラに遭い、再就職活動もうまくいかず、鬱屈した日々の中、自分が前から好きだった書くことを活かして作家を目指そうと思うがどう思うか、という主旨の相談が載っていた。回答者は美輪明宏氏。

初めから、美輪氏はするどく突き放す。「この方は自己嫌悪とか劣等感で嘆き悲しむことだけをして、理性を置き忘れている。情念だけで生きています。(原文改行)文学で身を立てるというけれど、『好き』と『似合っている』というのは、洋服と同じで違うんですよ」と。

「自分自身で『気づき』を手に入れないことには、誰がアドバイスしても同じです」。そのためには、哲学を学んでみなさい、と。ただし、美輪氏の言うのは、仏陀や親鸞などの思想家にみられる人間形成のリアルなとらえ方のことを指している。

◆私流に引き取って解すれば、自分なりの軸足のないところで、このことが好きだからこの道を選ぼうか、と傾くのは、ちょっと困難にぶち当たるとすぐに崩れていくのは目に見えているし、おそらくその繰り返しで定まる所がない。どう生きたいのか、は必ずしも何をしたいのか、何が好きなのかと同じではなく、好きではないが生活のために就いた仕事をしながらも、自分の生きたいスタイルやスタンスを守っていくことはできる。

相談者は、独身で両親の世話にばかりなってきたので安心させるためにもそれなりの収入につながる作家を志望したい、との意向のようだが、それは、自己自身に似合っている生き方の「気づき」ではない。自己と出会い直してあらたに自己自身の可能性を発見したのとは違う。美輪氏はそう言いたいのであろう。

◇話は飛躍するが、「歌が好きだから」といって歌手の道を志望してデビューしたとして、それなりにデビュー曲にであえたとしても、あとは「鳴かず飛ばず」ですぐに忘れ去られる。そのひとには、歌い手としての生き方が似合っていないからであろう。

亡くなった作曲家・三木たかし(テレサ・テンなど、たくさんの歌手のヒット曲を手がけた。)は、「歌うとは、観客に向かってではない、自分の背中に向かって歌うのだ」と、生前、何かのエッセイで書いていた。そういう自分の演じ方というか、歌ごころがある程度身についていなければ、いくら発声上の「歌のうまさ」や「歌好き」であっても、歌手としてはやっていけないのであろう。

◆「似合う」とは「釣り合いが取れている」ともいう。その「釣り合う」何かがおのれの中になければ、いくら「好き」で選び取ってがむしゃらに頑張ってみても、いつもアンバランスで、そのしんどさが精神的な不調をきたすこともある。

私は、「理性を置き忘れている」と言い切った、美輪氏の目の付け所に感心した。そういう、ズバリと本質を突く物言いが美輪氏には似合う。それは、三木たかしの言葉を借用すれば、美輪氏自身が、人の相談に答えているようでありながら、実は(長崎生まれで被爆者であると共に、戦前、遊郭街にて少年期を過ごし、おとなたちの裏表を観てきた、そのひとの)「自分の背中に向かって」答えている(答えようとしている)からかも知れない。



 「教育臨床とは」 (15.7.27.)


愛知県立大学での「教育臨床」講義が最終回をむかえたので、下記のようなレジュメを作成して、まとまった話をして、学生からの感想をのべてもらい、無事、15回の講義が終わりました。

愛知県立大学 2015年前期「教育臨床」 まとめに代えて                         折出 健二

T 教育臨床と当事者性

(1) 教育臨床は、“当事者の視点に立って、その当事者の語る言葉、内面的な感情・思想を受け止め、学ぶ主体自らが、その当事者性を活かしつつ、教育の実際のあり方、その改善すべき点・問題点と、現状を変えていく可能性を見つめる営み”といえる。
 それは、ただ現場に出かけて、現場人の声を聴くこととは違う。
 それは、ただ事例をあつめてきて、それを解説するやり方とは違う。
 

 何が今起きているか、当事者はどのような思いで現実(事実)を受け止めているかを知る(聴き取る)という、(ある程度教育学を学んでいる)こちらの主体的な意志が不可欠で、それがないままの現場訪問や事例収集は、ほとんど意味がない。ただし、初学者として、はじめて現場を訪問する機会を得ることには、大事な意義がある。
   現場調査や事例収集が、現場を大事にして勉強(研究)しています、という一種のポーズに近い行動となり、自分の学習(研究)のために、その当事者事例を使って終わり、となることがあってはならない。

 これは、意図しようがしまいが、当事者を利用していることと同じであって、繰り返すが、当事者は何を語るのか、それに自分はどう応えるのか、という自分の中での「問い」と「応え」の往還運動が起きてこなければ、そのリサーチはすでにどこかで失敗していると言わざるを得ない。
 そこで必要なのは、当事者の生き方と自分の生き方との照らし合わせである。

(2)私が県内の研究仲間とチームを組んで、愛知県西尾市の「中学2年いじめ自殺事件」で現地調査に入った時に、集まっていただいた市民の方々から「あなたたちは何をしに来たのか」と問われた。私たちは、慎重かつ丁寧に聴き取りの主旨を伝えて、了解をしてもらい、具体的な話に入った。
 調査研究は、そういう厳しさに直面するのは宿命であり、相手との目的の共有の丁寧な掘り起しがどうしても必要である。

(3)当事者は困っている、助けを求めている、だから現場にいって支援するのだ。ーーこれも、当事者性に対する、支援者の思い上がりになる場合がある。
 現実の中で苦しみ、困窮しているのは事実だが、それを、その圏外にいるものがそう安易に支援すると言っていいのか。現状をよく見て、何が求められているのかという知の働きは不可欠。

 歴史的で古典的な一つの事実。
 1950年代末〜60年に、福岡県大牟田市から熊本にかけて坑口のあった三井三池炭鉱で、経営側は人員削減のために1300人近い指名解雇を発表し、これに怒った炭鉱労働者は三井労組を中心にストライキをおこなって抵抗した。これに労働者の家族も合流するなど、戦後の一大争議となった。労組の幹部が右翼らしい人物に刺されるなど不穏な面もあった。

 この時、現地の教職員組合は教え子の父母たちが組織する抵抗運動を支援するためにストライキの現場に駆け付けて合流しようとした。ところが、その父母たちはそれを拒んだ。「先生たちは学校に帰れ。学校に戻って、なぜわしらがこうした運動をしているかがわかる子どもを育ててくれ」と言ったという。
 私は広島大学教育学部の学生であったときに、この事例をある教育史の書物で読んで、感動した。教育とは何のためにあるのか、教師の仕事は何かが鮮明にわかる出来事であると、当時未熟ながらも受け止めたからだ。

 それをいま改めて学びなおせば、当事者のいる現場にいってそこに参加する、何かそこで力を発揮するだけが支援ではないということだ。当事者にとっては間接的で、間合いのある活動ではあっても、当事者の真の要求にこたえる道はいくつもある。それをただ一次元に狭めて、これしか支援はない、とするのは、思い上がり、あるいはこちらの自己満足に堕することにもなりかねない。また、支援に参加する人々の広がりやネットワークを作る上でも、狭さに閉じこもっていては、パワーにならない。

U 「べてるの家」から学ぶこと:当事者性は、あらたに主体性を創りだすこと

 北海道浦河町(日高山系の南、えりも岬の手前にある、太平洋沿いの町)に1984年、牧師の宮島利光氏が障がい者を受け入れ支援する施設として、開設。聖書の「神の家」=Bethelからきている。

 現地に何度も通い、きめ細かく聴き取りをした斎藤道雄『悩む力 べてるの家の人びと』みすず書房、2002年がすぐれたレポートとして有名。
 宮島牧師は当時、アルコール依存の人たちを受け入れた。その後、対象者は広がり、社会的ハンディキャップを負わされ、若くして精神的疾患になり、入退院を繰り返してきた人なども同居している。それは「弱さを絆として共に生きようとする群れ」(同書)。

 しかし、そこには、「ともに笑うということ」「管理ではなく、ぶつかり合いと出会いによってものごとを解決していくこと」「そこを通して自分を世界につなげること」など、べてるの家ならではの実践と活動の豊かさが築かれてきた。
 たとえば、「べてるに行くと病気が出る」、つまりその人の抱える病理がおのずと現れるといわれたが、そこの住人たちは、「誰も排除しない、落ちこぼれをつくらない」という生き方を共有してきた。
 何かが起きると、常にミーティングを開いて、「みんでいっしょに悩む」。

 斎藤によると、強いものの社会は上昇社会で、そこには「真につながる」ことがない。べてるの家のひとびとは、自分が受け入れられ支援された体験から、「つながりを生み出す他者への思いをよりどころに人は生きるのだ」ということを学んできている。そこには「生きづらさを生きるという力」が生み出されている。

V 皆さんのこれからの学習

 今後は教育福祉学部の専門科目が増え、学習にも深まりと広がりが出てくるであろう。
 あえて言うならば、そうした各科目を履修しながら、あなたにとっての「キーワード」は何か、それは確かなものになっているのか、と問うてみてほしい。
 言い換えれば、この県立大学で学ぶことの、あなたにとっての知的・精神的な「核(core)」の探求と発見である。
 そのことへの自覚ないしは配慮がないまま卒業単位をただそろえていくのでは、いったい何のための大学生活なのか。

 そのことを避けるためにも、いろいろの出会いや経験から「問い」をもらう、あるいは引き出せるように、現場の事例に接するとか、教育実践記録を読むとか、広く子育てや教育の集会に参加して見るのも良い。先輩たちのそうした伝統があればスムースにそれはできるが、そうでないときには、自分たちで創りだすしかない。

 私の場合には、広大生の3年生のころから、広島市内で開かれていた教師たちの生活指導サークルに出させてもらって、それが今の生活指導研究に入る原点になったように思う。

 月に二回くらい、平日のたしか土曜日の夜、広島駅近くの喫茶店にあつまって、毎回、メンバーの教師の実践レポートがあり、それをめぐって議論がおこる。
 大学の演習で生活指導実践については多少勉強していたが、サークルの場所にいても、何も言えなかった。学生だから、現場を知らないから、ではない。
 その報告される実践に対して、自分がどこをみて、何を読み取るのか、その問題意識が全くと言っていいほど弱かったからである。教師の語り合う熱っぽいやりとりを傍らに居て聴かせて頂き、おおいに自分の狭さ・皮相性を破ってもらい、しだいに実践の記録を見る目、読み取る視点を身に着けて行った。

 皆さんは、皆さんなりのスタイルで、学生時代に、そういう初歩的な「臨床体験」を持つ工夫をしたらいいと思う。
 どんなに業績豊かですぐれた大学教員からも、教育学の名著からも学べない、“当事者の見る現実、当事者の語る生き方”が、そこにはある。

 結局は、学生一人一人の知のベースに、人間の生き方に係るあらゆることにいつも興味を持ち、アンテナをはっておけるような主体性があるかどうかがカギを握るということだ。



 「この門を 入れば涼感 おのづから」 (15.7.26.)


◇前から交流のある京都の方たちと納涼会を鴨川沿いの店で行うこととなり、私にとってはちょうど勤務先での前期の講義も無事終わり、自分への慰労も兼ねて参加した。いつもどおり、メンバーが思い思いの銘酒を持ち込んだ。宮城の「裏霞二百八十合」という珍しいお酒もあれば、福井「黒龍」、米沢の「東光」、長野のお酒などなど、そして私が持ち込んだ恵那の「女城主」。

いろいろおしゃべりをしていると、長くそこのカウンター・スタッフを務めている女性によれば、前に、元自衛隊員の方が接待で何人か連れてきて飲むほどに、店のスタッフに「安保法案は、絶対成立させるからよろしくたのむ」ということ言い出して、彼女もほかの女子スタッフも、心の中では「それは違う、法案には反対です」と思ったが口には出さずに、聞き流していたという。

そもそもこうした飲みの場所で特定のスローガンを持ち出す類の政治談義は御法度なのに、そういう輩が来ると、店の人たちも対応に気を遣っている。「京都の女は芯が強い」とは昔からよく言われてきたことらしいが、しっかりしており、こういう政治的スタンスにもさりげなく現れている。

◆一泊して、二日目の午前は、いま夏の特別公開で各寺院の本殿等が観られるので、私は、南禅寺を選んで、出かけた。久しぶりに烏丸御池から東西線に乗り換えたのだが、反対方向の太秦天神川行きに乗ってしまい、終点で折り返して、蹴上(けあげ)で降りて、しばらく歩いて境内に入った。じりじりと照りつける陽射しが熱い。

南禅寺で有名な三門(山門は俗字で、空門・無相門・無願門の意味の三門がほんらいの標記らしい。)に通じる手前の参道に、大きな石碑があって、そこに彫られた達筆の句が、標記の句である。ホトトギス派の人の作とか。

「この門」とは三門のことだから、無相、すなわち形・姿を求めず、無願、すなわち願い事の成就をもとめず、心を空にして臨めば、自ずから涼を得る、という意味であろう(素人の解釈だが)。仏教の修行を言い表してもいる。あるいは、人生における「門」も暗示しているかも知れない。仏教とは、ほんらい、俗事にまみれ欲に囚われている凡人が、「いったい私は何ものぞ」と問うときに生じる、自己の本質との向かい直しの思索なのだと解すれば、日々、無相・無願でいることは到底出来ないが、それでも、ふとたちどまって、そういう「問い」を抱くことはあって良いのだろう。

そのきっかけが、目の前の子どものことであったり、自己の仕事のことであったり、あるいは交際している、または婚姻している相手のことであったり、そこは様々だ。たとえば、「不登校」問題にしても、わが子の行き渋りや登校拒否によって、親は、子育てを悩み、親としての自分の能力を悩むかもしれないが、やがて、子どもに(親の欲目で観ることを)何も求めず、子どものあり得べき姿もいったん白紙に戻すかのように、ありのままのわが子を受け止めようとすると、新たな兆しが見えてくると言う。

その意味で、実人生の中にも、「三門」をくぐる場面はあるのかも知れない。もっとも、これは凡人・折出の考えることであって、もとの臨済宗の教えとはまったく無縁であると、お断りしておく。

三門の上層の楼にもあがれるので、お代を払って上ってきた。高さ約二十メートル余からみる景色は、京都一望の言葉がぴったり。東方面には、山科の奥深い山々がこんもりと続いており、回廊でじっとしていると、一瞬、時が止まったかのような感覚になる。

◇横道にそれたが、肝心の鑑賞先は、大寧軒(だいねいけん)という庭園である。明治時代の茶人の造形らしい。琵琶湖の水が引かれていて、それが滝となって流れ落ち、その流れが池になっている。池はゆるやかな曲線で囲まれており、周りに飛び石が敷かれて、そのほかは深く苔むしているので、そこには足を入れないように飛び石づたいに見てまわることになる。

まだ10時すぎだったので観光客は少なく、私は、古木の青紅葉の木陰にしばしたたずんで、遠くの蝉の声を聴きながら、しずかに涼風に吹かれるままにしていた。スーッと汗が引いていくようだった。



 鶴見俊輔氏、逝去 (15.7.25.)


既報の通り、鶴見氏が逝去された。京都市内で、享年93歳。ご冥福をお祈りします。

『朝日新聞』7月24日付、名古屋本社版朝刊に、上野千鶴子さんの寄稿「鶴見俊輔さんを悼む どこにも拠らず考えぬいた」が載っている。富山県生まれでお医者さんの家族の出身の上野さんは、高校生の頃から「思想の科学」を読んでいて、京都大学に入学後すぐに、鶴見研究室を訪ねたという。しかし、アポを取るという知恵を持ち合わさなかったために会えなかった。その後「思想の科学」京都読者会で初体面が実現した。

こういうエピソードも交えながら、社会学者として成長してきた彼女の思索と活動のなかでいつも支えになったのは鶴見氏だという展開がその寄稿のポイントだ。

私は、とても上野氏には及ばないし、鶴見氏の論考・著作に少しは関心があったが、まとまって読みふけったことはない。学生時代には「ベ平連」の運動が盛んで、その運動の中心にいる一人であることは知っていた。著作としては、久野収氏らとの『戦後日本の思想』は読んだが、その他には、当時としては「転向」研究では知られている人だということぐらい。

その後、私自身のそれなりの思想面での成長なのか、幅の広がりか、氏の『教育再定義の試み』(岩波現代文庫)でその柔軟でかつ深い思索に学び、『アメリカ哲学』(講談社学術文庫)を読んで、さらに、○○主義などに囚われないで、それでいて自己の中にしっかりとしたプリンシプルを持っている研究者という認知を深めた。

私自身が広島大学の教育学部生の頃に、まったくの初心者ながらもジョン・デューイに興味を持って、関連書を読んだいきさつもあって、鶴見氏の説く「プラグマティズム」論には興味があったし、色々と示唆を受けた。

そして、これはまったくの偶然だが、下記の記事のとおり、ふとしたことで柳宗悦の『手仕事の日本』を読んだ。その柳宗悦にかんする著作が鶴見氏にあるのを後で知った。氏の単著『柳宗悦』(平凡社ライブラリー、1994年)がそれである。

というわけで、私には、鶴見氏を語る素養も基盤もないから、哀悼の意を示すことで終えたい。最後に、氏からやや衝撃を受けながらも示唆になった言葉を紹介する。

「哲学は、これを全体として見ると、ニセ学問である。(中略)それは、よくわからない事を『わからない』と言い、アイマイな事を『アイマイだ』と認め、自分の使う言葉の効用と限界について明らかな反省を持ちつつ進む、思索である。『わからぬ事をわからぬとせよ』−−−哲学者の座右の銘として、これほど意味深いものは少ない」(『アメリカ哲学』341頁)

最近の私の記事は、集会や会合でのスピーチが長すぎてまとまりがないと(これも年のせいなのか(笑))、グチっぽいことが続いたが、要は、「わからない」ことをわかったかのように言い、「アイマイな」ことをさも立証したかのように言おうとするから、長くなるのだ。もっと知への謙虚さがあってよい。とくに、中高年層には。

この点だけは、鶴見氏も多少は共感してくださるであろう。



 手仕事とは何か:柳宗悦のメッセージ (15.7.24.)


◇亡くなった父がある程度器用で、自分で道具を使って修理したり、生活上の物を創ったりしていたが、それを継いだのか、私も、少年時代にはゲルマニューム鉱石ラジオを造ったり、古いタイプの目覚まし時計や鳩時計を分解して自分で直したりしてきた。それなりに手仕事には関心がある。

そのようなとき、柳宗悦(やなぎ むねよし)の『手仕事の日本』の講談社学術文庫版に出会い、借りて読んだ(初出は1948年、靖文社から)。

◆柳は東京帝国大学を卒業後、哲学の仕事をしながら民芸(民藝)の運動を起こしたことで知られる。本書は、昭和18年に執筆された。柳としては、戦時下ではあったが、若い世代に日本の伝統的な民芸として「手仕事」がいかに素晴らしく、西欧にはない、地味な職人たちによる業績をいかに多くもっているかを伝えようとした。

ところが、当時、検閲にひっかかり、たとえば岐阜提灯について「強さの美はないが、平和を愛する心の現れがある」と書いたら、「平和」の二文字を削除されるなど、あちらこちらで修正を余儀なくされ、やっと組み版が出来ていよいよ出版というときに、戦争が激化してそれはできず、敗戦となってようやく出版できた、といういきさつがある。併行して準備した『民藝図録』草稿は戦争で全部焼失したらしい(「序」より)。

よって、この本は、良く政府が持ち出す「日本の伝統美」を礼賛するたぐいの書物ではなく、むしろ逆で、名もなき職人たちの功績を全国の実物を見てまわった柳の眼で評価し、その意味を述べた労働賛歌といってもよい一冊である。

◇柳はこう述べている。自分が見てまわった品物と「美術品」との違いは、前者が職人の手による物で後者は美術家が生むものという点にある。前者を卑しみ、後者のみを尊ぶという風習がつくられたが、それは間違っている。職人たちが伝統を引き継ぎ、になってきたのである。そして「仕事を疎かにしないのは、職人の気質でさえ」ある、そこに彼らの「仕事への誇り」がある、と言い切っている。

「彼らが親切に拵(こしら)えた品物の中に、彼らがこの世に活きていた意味が宿ります」とも彼は述べている(240頁)。私は、この言葉にいたく感銘を受けた。若いマルクスが『経哲草稿』の中で、私たちは、労働者のつくりだす造形の中に、類的な可能性と能力を見てとる、そこには人間の類的な生き方の自己確証がある、という意味のことを述べているのと同じことを柳も言っているのである。

◆彼の言う「民芸」とは、生活の実用性が表す美のことである。「生活の中に深く美を交えることこそ大切ではないでしょうか。更にまた生活に交わることによって、かえって美が深まる場合がないでしょうか」(242頁)に端的にその思想が表現されている。また、「人間の真価は、その日常の暮らしの中に、最も正直に示される」とも。

そして、職人たちがつくりだす品物の美とは何か、と問うて、それは「健康美」(「健康な美しさ」)だという(245〜246頁)。ここで「健康」とは、「自然が欲している一番素直な正当な状態」(同前)をいう。つまり、素材の性質を活かし、造形も派手さをてらうのではなく自然な形を追究し、日常の生活に自然となじんで実用化される。そこにある健全な、品物の醸し出す美を彼は重要視しているのである。

◇お察しの通り、彼のこういう見地からすると、現状には手厳しい。全国各地にあるすぐれた民芸品が商業ベースに乗せられて、瞬く間にその「健康美」を失わさせられていることを具体物に即しながら、述べている。それは単に経済の現代化批判ではなく、職人たちの手仕事の世界を保障しうる日本の社会の持続とはどうあればよいか、という社会論・国家論がそこには流れている。

◆さて、硬い話はこれくらいにして、同書は、北は東北から南は沖縄に至るまで、実際に柳自身が旅をして回って得た見聞を基に書かれているので、いま自分がいる地方、あるいは自分のふるさとでは何があるのか、と見たりするととても興味深い。

私の居る愛知県については、「商業が盛んであり、色々のものを生産はしますが、どうも商品化しすぎて、これぞといい得るものが少ない恨みがあります」という(113頁)。近畿地方では、大阪は、財力のある最も大きな都会になったが、「産業の大は機械の大を意味し、全てが営利の制度に左右され、これがために品質は落ち、粗製のものが氾濫する」ようになった、と手厳しい。しかも、名古屋や東京でもそのことは共に見られる現象だと(143頁)。

そうした中で、「一つの恵みは京都の存在」だとして、京都は、多くの点で旧習を守ってみだりに昔を変えないできた、と評価しつつも、西陣ではいたずらに細かな技に落ちて活き活きした生命を忘れた恨みがある(145頁)、また清水の焼物は「形の弱さと模様の低さが目立つ」と鋭い。

柳によれば、そうした現象は、「浅い趣味のために仕事が遊びに終わっているものが多い」からだ(146頁)。そして「今何を為しつつあるかを、もっと省みること」と提言している。彼によれば、たとえ昔風の物を守っていて、そのことで今の生活から離れている面はあっても、「品位のあるものからは何か学ぶものがある」。この対極が「俗に落ち、俗に流れる」ことだという。

そのほか、九州でなぜ磁器と陶器が盛んになったかのいきさつや、いわゆる伊万里焼が経済的なニーズに応えようとする余りに「形」「絵」「用いる色」「材料」の点でいかに劣化しているかを述べている。

◇私は柳の懇切丁寧で平易な文体の「手仕事」論を読みながら、研究の仕事も、教育実践も基本的には同じではないかと思い、示唆を受けた。現場人の中にはすぐれた教育実践を築きあげ、その個性的な手法や考え方を最初に公刊したあたりはとても思索に深みがあって、まさに実践を支える理論とはかくのごとし、と感動をおぼえる。が、同じ人が、自分の指導技術を流布しようと商業ベースに乗せられて繰り返し書く内に、「俗に落ち、俗に流れ」て、当初の輝きを失っている例もある。

教育界の出版傾向は、豊富なイラストがあり、短い文章で端的にポイントが書いてあり、その即効性も図やデータで示されたりしている方が、現場のニーズに合っているという流れである。教師の仕事にも、指導の手腕、手法とか手順、手直し、手続きなど、手仕事的要素がたくさんある。そして、それぞれに張り付いた、実践の伝統で引き継がれてきている指導観、技術観、そしてそれら全体をつらぬく教師観がある。

それらを棄ててまで、こまかなスキルを並べるやり方が、果たして本当に次代を担う教師の育成につながるのか。いまでも私には「問い」がある。

◆亡くなった大西忠治さんとの研究的な書簡交流で、大西さんの書いた、或る書物があまりにもスキル中心に思えた私がやや批判めいたことを手紙にかいたとき、折出は現場の苦労を上から目線で見るのかという、めずらしくキツイ反発を受けたが、それは私の本意ではない。

柳の論を拝聴しながら、教師の仕事にもほんらい「健康美」(子どもの成長発達に即する、ほんらいの自然的な活動構成があるという意味で)の要素が多くあるのに、それをもっと語るべきではないか、それを表す(引き出す)技術の提示の仕方があるのではないか、と言いたかったのだと改めて思った。

「学力向上」や指定校の実績づくりに眼をうばわれ、行政の方策に迎合する余りに、私たちの教育はこれぞ、と言い得るもの見失ってはいないか。「グローバル化」だとか「スタンダード」化だとか、冷静に良く見つめれば、そのほとんどはアメリカ教育実践の追随ではないか。

問題は、教師の側にあるよりも、そういう日本の教師たちによる実践の「健康美」を、壊しに壊してきた制度やシステム管理に大きな問題点があると私は観ている。



 語ることとつながること (15.7.23.)


このところ、様々な集会、そして実行委員会に参加して、その場で、一人一人の発言を聴く機会が増えているせいか、語ることととつながることについて考えさせられている。

安保法制法案の強行採決後の、大学人の集会では、元教員、元事務職員、そして現職という方々の顔ぶれで、講演会の後、懇親の場となり、「一人ひとこと」と司会が言って発言をつないでいくのだが、やはり、発言の長い人がいる。後にまだ何人も控えているのがわかっているであろうに、自分の考えや体験を語り出すと止まらない。

一面では、それが専門家らしい、ディテールを押さえたいという知的な傾向から来る良さなのであろうが、しだいに「わが意見を聴かせてあげよう」「(あなた方は知らないであろうから)教えてあげよう」式の流れになると、聴いている方はうんざりしてくる。たとえば、沖縄の基地内にある美術館を訪ねたという方は、なぜそこに美術館が出来たかを語り出すと熱がこもってきて、論理的にはそれは基地の一部返還なのだ、というあたりまではおもしろかったが、まだまだ続き出すと、興味がある人が後で個人的に聴きますからもうその辺で、とつい言いたくなる心境だ。

元事務職員の方は、意外と(失礼!)短時間で、さらりと話しをされる。「二つのことを・・・」と言うようなやり方で。元教員は、それまでほとんどは、聴く役の学生・院生を相手に語ってきているので、いつも自分が中心だと思っている。周りは聴くのが当然だと。そこへ、しばらく人前でまとまった話をする機会がなかったりすると、さらに感情もこもって、深入りするようになる。その辺がむずかしいところだが、もっとショート・スピーチについてわたしたちは、工夫し、楽しく、かつ味わい深くつながっていくようにしたいものだ。

つながるということでは、最近、こんな経験もあった。安保法制法案の進捗をめぐる小人数のつどいで、懇親中に、若い方が三人来て、この現状への思いを語り、学生たちの自主的な行動への支援のカンパを要請した。さきほどまで、別の場所で集会をやっていて、それを終えてこちらに来たらしい。

男性のスピーチが終わり、「二人からもひとこと」と進行役が促すと、女性のほうは短く思いを語ったが、もう一人の男性は、「こういうところで話すのが苦手です」と言って、それで終わった。

三人がカンパ袋をもって参加者を回っているときに、私は、その男性に「若い方の声を聴きたかったし、何かひとこと言ってもよかったのでは」と語りかけると、彼はやや硬い表情で「そういう強制はされたくありません」という。「強制というんじゃなくて、私たちがあなたがたのメッセージを期待している面もあるから・・・」と言うと、「期待にこたえる義務はありません」と言って、さっとその場を去って部屋から出て行ってしまった。反発したようだ。

彼は、地元の国立大の人文系の大学院博士課程の院生である。そう自己紹介があった。なるほど、正直に自分の気持ちを言って、それを行動に表した。そう肯定する見方もある。しかし、である。

この場で、たとえば「この戦争法案は大問題で、反対です」といった、もっともらしい発言を「期待」したわけではない。少なくとも私は。一人の若者としてこの現実にどう向き合っているのか、その実感を込めた言葉を聴きたいなと、素直に思った。要は、彼の側に、その場の参加者である高齢のひとびとと「つながる」気はなかった、というだけである。

後できくと、その前に行った学生たち若者集会の主催者の一人らしい。だからといって、お高くともまっている風ではけっしてなく、とても生真面目そうな青年だ。これが、今の若者の対人関係ムードなのかもしれない。余計なことではつながらない、自分にもつながって欲しくない。

私は、「草食系男子」が最近では「絶食系」になっている、つまり女性との交際を一切求めない・欲しない、の言い方には前から疑問があった。が、彼の雰囲気や、そのやや拒絶的な振る舞いから、そういう呼び方でいわれるほどに、他者(異者)との関係において本人がとてもナーバスな面を抱える若者の個人状況が生まれているのかしら、と思い始めた。

ただ、その博士課程の院生の名誉のために言えば、おそらく学会で個人発表ではフロアからの質問にはきちんと答えるであろう。まさか「そのご質問に答える義務はありません」と、その場で言うはずがない。あるいは、つきあっている恋人から「これからもつきあってね」という主旨のことをささやかれたときに、「ボクにはそれにこたえる義務はないです」と言い切るわけでもなかろう。

とすれば、私たちの世代以上に、TPOを合理的に選んで、どう自分から発信するかを、効率よく判断しているともいえる。その面だけ採れば、そつなく、むだなく、無理なく、でお見事と言いたくなるが、果たしてそれで良いのだろうか。《他者とつながる》というのは、そういう効率さだけではなく、相手と意思疎通が生まれて、何かが共有できる、それは形ではないが思想になにがしかの刺激を与える、そういう《つながり》のもつ、手仕事的な対話もあっていいのではないだろうか。

まるで機会で計算されたような、無駄のない、彼の言い分を借りれば「義務や強制は一切応じない」式の構えは、何か大事なものを見落としてはいないだろうか。



 「考える」から「感じる」への変化と見ていいのか (15.7.21.)


このページの下段に載せた記事で「哲学カフェ」の議論に初めて参加したことを書きました。1時半から4時まで、中身の濃い、充実した時間であったことは付記しておきます。

フロアからの質疑の際に、岐阜県内の私立高校で地歴を担当されている教員の発言があり、わりと共感を呼んでいたので、そのときはなるほどそういう見方もあるか、とやり過ごしましたが、どうも最近の若者の情勢を見ると気になっていますので、改めて、ひとこと。

彼は、ものごとを問い直して対話する活動が必要で、勤務校でも総合学習でそのことに力を入れていると述べた後に、「『考える』から『感じる』への変換が起きているのではないかと思う」として、「(東北大震災の支援に全国から駆けつけた動きなどをあげながら)自分の感覚を信じて、フットワークを軽くし、市民活動に参加していくのが最近の傾向のように思う」という主旨でまとめました。

これには、児童文学の創作に取り組む方からも、「教育の場で議論を正しく行うことが、若者の感性を育てる」とか、フィリピンの若者との交流経験が長い元教員からも、「政治についての“熱いもの”を大切にする風土をもっと」などと、共鳴する発言が複数ありました。

それぞれ聞き応えのある内容ではありますが、私は、ある種の危険性もそこにはあるのではないか、と後で振り返りました。

第一に、東北大震災の様々な支援の活動・行動は、確かに「何かしなくては」との思いからではあったでしょうが、「いま現地で何が起きているか、一体なぜこのようなことがこの人たちの身に降りかかったのか。明日は我が身かも知れない」といった、問いというか、共感的な思考は働いていたと思います。簡単に言うと、支援に駆けつける自己の行為の意味づけと、それを広く他者と共有する(できる)ことへの思考の開放性があったと。

第二に、言葉にこだわりますが「感じる」は、ある刺激に対する知覚です。目の前の出来事も、震災のような大異変も、次元は異なるが、個体の反応としてはそういう要素を持ちます。しかし、逆に、その知覚を求め、知覚に引きずられて、非行や犯罪にはしる若者の問題も少なくありません。

三重県で起きた、祭り帰りの中学女子を襲ってレイプまで犯した高校男子の事件、そして愛知県日進市で起きた、60代男性の後を追って殺害した高校男子の事件(いまなお取り調べ捜査中)、さらには専門学校で同級生をはがいじめにして耳にピアスの穴を開けるごとく画鋲を使って穴を開けてこれを写メールで流した専門学校生の事件など、10代の後半、17.18.19歳の若者に起きている。

「考えれば」そうした行為がいかに相手の命を奪う、あるいは傷つけるものであるかはわかるのに、それをやってしまう。まさに刺激知覚を欲する行為そのものではないでしょうか。三重の高校生も、日進市の高校生も犯行のあと、所属の高校に通学し、特に変わった様子はなく普通の姿で過ごしていたといいます。それは「知られてはまずい」「気づかれてはいけない」というそれなりの思考による制御があってのこと。では、なぜ、犯罪に走ったのか。

そこに、知覚欲求というか、「感じる」身体への発作的な欲求が働いているのではないか。日進市の容疑者・高校生はたくさんのナイフを所持しており、事件後、「自分が疑われてはまずいから」と、友人に(犯行に使ったのとは違うらしい)ナイフを預けていたようです。ナイフの保持の延長で、それを使用し、その刺激を求めるという要素がなかったかどうか。ただ、それは余りにも非道なやり方なので、「バッグを持ち出して棄てた」とか、「夢中で刺した」とか、気が動転していたように証言しているようですが、後ろから刺し、男性の抵抗を示す傷がないほどに致命的な加害をあたえた点は、刺す行為の致死にいたる、その感覚のエスカレートのままに、という印象が私にはあります。報道されている限りのことからなので、間違っているかも知れませんが。

第三に、そのような刺激知覚を制御し、コントロールするのが思考の働きであり、知性の力です。そもそもサバイバルナイフは、野外地での利用目的に造られており、その道具の意味が「わかる」ことで自己の行動をコントロールしていくのが、思考力・知力のはずです。

しかし、ことがらは、自己の存在、身体の感覚として、いま・ここに居ることの意味ないしは存在感があやうく、それを確かめたいという衝動も加わった感覚的行動になってはいないか。だとすれば、ただの「感じる」よりも、自己の身体が実在しているという知覚の取り戻しへの感覚欲求なのではないか。

従って、結論として、先の私立高校教員が肯定的な意味で評価した「感じる」への変換は、思考を介した感覚、思考によって意味を感じるまでに高められている「感じる」機能としては肯定的ではあっても、だからといって、ただ「感じる」を持ち上げて、もっと「感性を育てる」教育を、と言うのは、かえってリスクを含んでいるのではないか。ましてや「フットワーク軽く」参加を促す、ということも、無条件には危険ではないか。

実社会の動きを見ると、安保法制関連法案に対する政府与党、とくに安倍首相など幹部は、「まだ理解は得られていない」と言いつつも「強行採決」に踏み切るという、普通には考えられないことをやってしまう。

その根拠に、自分たちの「誠意」や「努力」、国民の理解を得られるように丁寧な対応を見せる「態度」を感じ取って欲しいと、強調しています。これは、国民の思考を信用もせず期待もしないで、とにかく自分たち与党の政策が日本の「安全・平和」の現実策にかなっているのだ、と押し込もうとするやり方です。結局は、繰り返し繰り返し、同じ答弁をして、その「誠実な努力ぶり」を一人でも多くの国民が共感して、そうしてこの法案の成立を見守って欲しいという姿勢です。

これほど危険なことはなく、このまま行けば、そのつど政権の判断で、国民の意識を束ねながら思うように動かすという、まさにファッショそのものに陥ります。

身近な問題から見えてくる「感じる」と「考える」の関係を、一方では、マクロな次元からも問い直していくことが必要で、まさに見えない事柄を(見えるが如く)読む知の力が今こそ鍵を握っています。



 映画「ゆずり葉の頃」 (15.7.20.)


7月20日は祭日ですが、愛知県立大学は授業回数確保のため全学的に授業日で、わたしの担当する科目の曜日なので勤務しました。今日は、いじめ問題で大河内祥晴さん、不登校・引きこもりでKさん、そして非行・少年事件等で元保護観察官の加藤さんの三氏によるミニシンポ形式で行いました。学生たちはとても充実した(そして内容的にはぜいたくな)学びを体験しました。

そのあと、私は、名古屋市内に出て、名演小劇場で今公開中の「ゆずり葉の頃」という映画を観ました。故岡本監督の夫人・中みな子(岡本みな子)氏のデビュー作。

「ゆずり葉」のように、若い世代にゆずって今は自分の終の棲家をさがす一人の女性を八千草薫、彼女とある糸でつながっている高齢の画伯を仲代達矢が演じ、軽井沢の画廊や、かつてすごした信州の奥深い里にあるお寺と周りの風景を美しく描きながら、淡々と人生の(青春、朱夏、白秋につづく)「玄冬」の厳かさ、温かさを上品な映像で綴っています。

ちょうど私たちがこの映画のストーリーにひっかかる世代なので、ここに書きたいことはたくさんありますが「ネタバレ」になってはいけないので、この辺で。

映画の中で、あるペンションにおいて、その主人の先輩に当たる宿泊客がギターで唄う「キャンドル・ティア」という曲がとてもいい。

上記の「お寺」は、実際に長野県にある真楽寺で、その境内にある、龍伝説の池が「龍神池」として作品に出てきます。画面でも、ほんとうに澄み切った池です。

昔を偲ぶように八千草さんがその池の淵に立つと、まさに「逆さ冨士」ならぬ「逆さ美人」が鏡のような水面に映し出され、一つの画面に上下の八千草さんがたたずんで、とても素敵なシーンでした。

その映画の余韻にさそわれ(という口実で)、CBC裏の「pilsen」というドイツビール専門店にちょっと寄って、カウンターでひとり、ゆっくりとホワイトのジョッキ、そしてハーフアンドハーフのピルスナーを頂きました。

地下鉄に向かって歩いて帰るとき横を通った宗圓寺の掲示板には、「私は私で良かったと思えるような、あなたになりなさい」と。偶然にも、今日の「ゆずり葉の頃」の主題そのものを表す言葉に、びっくり。

この言葉で、私にとっての本日の映画鑑賞は、ほんとうの意味で「完」となったのでした。



 18歳選挙権をめぐって:岐阜の哲学カフェに参加 (15.7.18.)


7月18日午後1時半から、吉田千秋さん(哲学、元岐阜大学教授)が主宰する「哲学カフェ deぎふ」の7周年記念として、シンポジウム「18歳選挙権も少年法にも適用どう思う?」が岐阜市文化センターで開かれ、参加しました。この団体の会に出るのは初めて。会場の参加者は、いつものメンバーらしい方を中心に、約50名。※ 会の主催者より参加者数の指摘がありまして訂正しました。

弁護士の河合良房氏、岐阜大学教育学部社会科担当の教授・須本良夫氏から問題提起があり、後半はフロアからの発言でした。その初めには、高校生や、岐阜大生、それからユニセフ青年部の方など若い層の発言もありました。

最後のまとめで、河合弁護士が述べたことが、私は今日のポイントだと思います。すなわち、ある程度意見が言えるようになったら18歳選挙権も考慮してよいが今のままではちょっとどうか、という見方は、結局、権利の前にまず義務を身につけてからだというこれまでの文部行政の考え方と同じになっていく。そういう条件を設けてから選挙権を与える、ではなく、18歳として、権利として選挙権=参政権を獲得した、という考え方に立って欲しいと。

これは、高校生自らが「自分の意見にまだ自信が持てないので、選挙権には反対」と述べたり、複数の保護者や市民の発言にも、賛成・反対は鮮明ではないが、まだ任せられない何かを感じるとか、中には、50年前の自分のいた都立高校時代ではいつも政治的な議論をしていたが、それが余りの変わりようで驚くという趣旨のことを述べて、やはり今の高校生(18歳)はそういう経験が乏しいので、しっかりとその教育をしていくべきだとか、要は、18歳が選挙権を得ることになったことをあまり歓迎しない雰囲気の発言もあったからです。

また、少年法はあくまで、犯罪に関わる行為をその内面から理解し教育して人格的な立て直しを図るという保護主義の立場で、「少年」を20歳未満としているのだから、少年法に18歳選挙権を適用するのは妥当ではない、という意見でほぼ収まったと思います。

最後に、吉田氏がまとめで述べたように、こういう小さな空間ではあるが自由に考えて意見を述べ、自分とは違う意見も聴き取りこれを表現する、そういう能力を私たちがお互いに意識的に育てあって行かなくてはいけない。それが民主主義の土台となるという点は賛同します。

それにしても、いつもの「カフェ」の意見交換のスタイルなのかどうかわかりませんが、一人一人の発言が長いし、あれもこれも言おうとしたり、論点が何かがわからないままに自分の過去物語を長々と話されたり、私は、討論の仕方としてはあまりいい感じは持ちませんでした。論点をめぐってつないでいくというよりは、それぞれが今の思いを吐露して、それを聴きあうという感じです。

語り、共鳴し、あるいは批判しあいながら知の自由なコミュニティをつくっていくという視点からすると、少し課題があるのではないかしら。

要は、自分の思想を、人びとを前にして、どう絞り込みながら語れるか、そういう訓練です。それでこそ自律した自由人に近づけるからです。



 自公政権による強行採決 (15.7.17.)


衆院特別委員会につづいて同本会議でも、自公両党議員による「多数決」が強行されました。議案提案があって、賛成・反対の意見が述べられ、討論を行った上での「採決」であり、その結果、「賛成多数で安保法制法案は決した」というのが、政府与党よりの見方です。形式論理です。

日本が攻撃を受けていない場合でも、その怖れが明白であれば自衛隊が遠方に出向いたその先で、弾薬の提供のほか後方支援をする(米軍の銃火器と同じ弾薬を日本の自衛隊は既に使っている)。これらは、明らかに戦闘行為への参加であり、敵から見れば、前線であれ後方であれ、相手陣地としては一体であり、しかも補給路を断つのは戦闘の常識なのだから、後方支援の自衛隊も攻撃を受ける確率は高く、明らかに現地で自衛隊の武器使用の場面が発生する。これが憲法九条違反でなくて、何なのか。

ますます自衛隊員にとって「殺し、殺される」場づくりの法案であることが、審議がすすむほどにわかってきた。こういう事の中身を見れば、110時間程度の議論で委員会審議を打ち切り、同委員会に置いてさえも「多数決」を強行したことは、暴挙でしかありません。

安倍・石橋両氏も含めて自公の与党幹部さえも「国民の理解が得られているとは言えない、だから今後も理解を得られるように努める」と言いつつ、なぜこうまでして急ぐのか。

憲法審査会では自民党参考人として呼ばれた長谷部・早大教授が、今回の「強行採決」について、このタイミングで採決を急ぐのは先に安倍首相がアメリカにそれを約束してきたからだ、と言っているそうですが、私もその観点に賛同します。

つまり、自衛隊法改正などの11もある法案を一括法案にしたこと、60日ルールを使ってでも可決成立させるために前代未聞とも言える90日の国会延長を押し通したこと、そして今回の強行採決。すべては、アメリカ訪問の際に、夏までにアメリカ軍と共同できる国内の軍事的体制をつくる、と米国のオバマ政権及び国防幹部に約束してきたことに由来しています。

安倍氏はみずからの業績づくりと保身のために、一連の政治的動きを牽引しているわけです。権力者はその権力を維持し守るために、権力という力で周囲を従わせる。自己の正当化、相手への脅し、「平和」という心地よいフレーズの繰り返し、「現実をよく見ろ、今のままで良いのか」という現実主義の崇拝など、だいたい、歴史上の各時代で権力者が行ってきたやり方です。

科学の時代と言っても、その陰謀的なやり方に変わりはない。政治権力の浅ましさ。驕れる者は久しからず、勝者必衰の理(ことわり)なり。

舞台は参議院に移って、ここでさらに、同法案のほころびが出てくるでしょう。憲法学者も、映画・演劇などの文化人も、学者や学生も、そして世論的には5割近くが法案成立に反対している、という事実。そこまでほころびだらけで、仮にそれでも「多数」で押し切るようなことになったら、その無惨な姿の「法制」を、知性の国・アメリカが果たして喜ぶのでしょうか。苦労して成立させた先で、日本国がますます“反知性の国”と見下され、対米従属どころか、対米隷属のような、まったく国家の主権の体を成さない状態に陥ったときに、いったい誰が責任を取るのか、です。



 鴨川の風、川床の料理、芸子の舞 (15.7.17.)


先日、やっと時間が取れたので、京都の知人と共に、川床に行きました。「かわどこ」と呼びますが、京都の人は「ゆか」と言いますね。

いつも「金茶寮」さんを利用していましたが、今回は、川床料理の並びでは一番北がわにある「梅むら」さんに。玄関で予約を告げて、奥に通されますが、旧い屋敷を改装した造りで、中庭がこぎれいに設けてあります。そして、鴨川の側の張り出したオープンの座敷へ。私たちは、ちょうどお隣の店の川床との境目の席へ。

座敷は向かって正面の五山のほうと右手東山方面がオープンで、左手はお店の建物、背中は隣の店という空間。台風が近づいているためか、スーと入ってくる風がとても心地よい。先付けから生のジョッキで乾杯して、この店の手作りの料理が順に運ばれてくるのをいただきながら、しだいに冷酒へ。鱧落としも出たし、押し寿司もいただきました。冷酒は、地元の俳優・佐々木蔵之介さん生家の酒造によるお酒を少々。

そのうち、日が沈んだあたりで座敷のあちらこちらにほんのりと灯りがともった頃、芸子さんの登場で、一曲舞が始まりました。上背のある方で、なかなかのしなやかな踊り。あとでこちらの席にも来たので話をすると、美恵雛という芸子さん。「京都生まれでアラサーどす」というので、「この道でどれくらい?」ときくと、「11年どす。もう27歳どす」と自分から。

「なぜまたこの道へ?」と聴くと、「中学校の時に、周りのみんなは高校へ行くと言うが、わたしは、なぜ高校へ行かなくてはいけないのか、わからなかった。それに母子家庭で、お母さんを助けなくてはという思いもあって、舞妓さんに応募しました」と。

「まぁ、ひとのやらんことをやってみたいという、わたしのホンネもありましたね。アハハハ・・・」と、明るい。自分から、「良くお客さんに『あんたはしゃべらんかったら美人や』と言われます。アハハハ・・・・」と、また笑い飛ばす。

おしろい顔に、目の縁取りも朱であざやかに。その中の、二つの大きめの瞳がきちんと相手を見て話すあたりは、これまでに所属の置屋さんでいろいろとしつけられ、鍛えられてきたであろう、一女性の生き方を表していました。押しも押されぬ芸子としてこれからもやっていきます、と。

政治がどう動こうと、オリンピックの国立競技場がどうのこうのと騒がしかろうと、こうして社会の一角で自分の芸に生きる人びとも居る。そういう庶民のライフコースにほんとうにとどく政治に変えないと、世の中は明るくなっていかない。彼女は、持ち前の前向きさと楽天性で、現実の厳しさを吹き飛ばしながらこれからも生きていくのでしょう。

おいしい料理と、終始風がはいる、まさに納涼の空間で、浴衣姿の相方と一献かわしながら過ごしたひととき。このひとときにも、それぞれの人生の交差点があるのだなぁと、いい勉強になりました。



 北海道綴方連盟事件の当事者の声 (15.7.15.)


◇NHKラジオ第一で、7月15日の午前1時台に放送された、「〔生き方”わたし”流] 「獄中メモ」は問う 作文教育はなぜ罪にされたのか:記者・ノンフィクション作家 佐竹直子」の番組は、戦前の治安維持法下での北海道綴方教師弾圧事件をあつかったものでした。

釧路で北海道新聞の記者をしている佐竹さんは、2013年8月に、報道の定番の「終戦日」特集の取材で、戦争体験のある90歳の方を取材して、そこで以後の彼女の運命を左右することになったといっても過言ではない、ある話を聴きました。

予定の取材が終わって帰ろうとしたところ、その90歳の方は、戦時下で、投獄された教師でサカモト・リョウ(ラジオでは音表記しかわからないため)という人がいた、と話したのです。そこでその方をさがし、遺族の方にあったときに、サカモトさんの遺品の蔵書を知らされます。もうじき釧路市の図書館に寄贈する予定だとして段ボール3箱に整理されていた。佐竹さんはそれを時間をかけて一点一点見ていった。最後に、クリアファイルに入っている文書らしきものを見たとき、赤茶けたメモか手紙のようなものがあった。

それは、旧字体の小さな文字で綴られており、16枚、32頁のものだった。「警察」「検事」「予審」という文字が見えた。「警察」のページには「なぐる・ける・すわらせる」の文字があった。

旧字体の文章を解読してもらおうと専門家を訪ねたがダメだった(興味を持ってもらえなかった)。そこで自分でコツコツと読み解くしかなかった。すると、それは、サカモトさんが綴方教師として検挙され、独房の獄中でうけた取り調べの実態、一日3、4時間しか眠らせてもらえず、意識朦朧としたなかで、「赤く」なっていった(つまり、綴方をとおして共産主義を広めようとした共産主義者にしたてられた)。さらには調書を検事が思うままに捏造した。こうしたやりかたへの、当事者による極秘のメモであるとわかった。

さらに、関係者を訪ね取材していくうちに、80歳代の方が同じく教員時代の資料一式を渡して、「あなたに全部あげるから早く形にして、今の人たちに伝えてくれ。俺はもう死ぬから」と。それは、高齢故のあいさつかと思っていたが、三ヶ月後に亡くなられた。ガンであった。その方はすでに死期を知っていて、資料のすべてを佐竹さんに託したのだった。

このことが大きな転機となって、本にまとめることにした。記者の仕事のかたわらで休日や夜などを費やして、書き上げた。それが、『獄中メモは問う 作文教育が罪にされた時代」(道新選書、2014年)として出版された。

−−−−と、こういう話でした。

◇佐竹さんは、大学卒業後、もともと札幌で会社勤めをしていたが、父親がたおれてその介助をするため釧路に戻って、パートでNHKの仕事もしたそうです。教員をされていた父親が亡くなって、報道記者の募集に応募して現在の道にいたっているそうで、もう記者として20年。

番組の中で、サカモト先生の教え子たちが書いた文集の一部を読んでくれました。それは、サカモトさんが逮捕・投獄された当時、急にいなくなったその先生のことを子どもたちには「病気だから」といって、真実を知らせないでいた中で、新任の先生が子どもたちを思って書かせたもので、「サカモト先生へ」と題する作文でした。

作者は、あまりにも先生の帰りが遅いので家をたずねたが、鍵が掛かって誰もいなかった。裏に回ると、カーテンの隙間から先生の文字の手紙が見えた。ガラスを割って入って手紙を読みたいほどだった。いつになるのか、早く帰ってきて欲しい。というものでした。佐竹さんの朗読も(子どもの思いを込めていて)すばらしかった。

◇「獄中メモ」をめぐって取材し続ける間、気持ちが萎えると、この文集を開いては子どもたちの作文を目にしたと言います。また、佐竹さんは、「教師である父の病気で、帰るつもりのなかった釧路に戻ることとなって、そして記者になったことが縁で、この先生の『獄中メモ』にであった。それは、何か、(亡くなった当時の綴方教師たちの意味で)『空から』わたしに託されたことだと受け止めた」と語っていました。

北海道新聞に連載したところ反響が大きく、ちょうど「特定秘密保護法」問題とかさなって、これは決して戦前のことではない、という多くの読者の声が寄せられ、出版を求める声に支えられたと言います。

番組で、佐竹さんは、「一日も早く、多くの人に読んで頂きたい」と気持ちを込めて語りましたが、それは、「安保法制法案」審議が戦争につながる日本に突き進むおそれが大である現在の情勢で、NHKの放送のぎりぎりのところで、戦時下における弾圧の再来を避けたいという彼女なりの切なる訴えでした。

私は、さっそくその著書を発注しました。



 ちょっとひと息:数字のマジック (15.7.13.)


お詫び:説明の一部数字が抜けていました。

ちょっと作業しながらNHKラジオ第1を聴いていると、あのマジックを使いながらエンターテインメントをおこなうナポレオンズの一人が出演し、見ていなくてもできるマジックをやってみましょう、といって、こうやりました。

「1から9までの或る数字を思い浮かべて、それに1を足して。その合計を2倍して、結果が出ますね。ではそれに4を足して、出た結果を2で割るとある数字が出ますね。では、最後です。その数字から、あなたが思い浮かべた数字を引いてください。その結果をいましっかり覚えてくださいね。

では、その数字を言いましょう。それは『3』です」

ラジオを聴いている人が浮かべた数字は様々なのに、誰でも最後は「3」になります。

このからくりはこうです。(ナポレオンズさん、失礼)

1から9までの思い浮かべた数字をXとします。すると、上の計算の流れは、 {(X+1)×2+4}÷2−X=3 となります。

これは逆算すれば、 (3+X)×2=6+2X 6+2X−4=2X+2 (2X+2)÷2=X+1 

 (X+1)−1=X  ただし、1≦X≦9。Xは整数。

どんな数字、たとえば「1」でも「5」「7」「9」のいずれも、最後は「3」になります。

Xにたいして最後は「3」になるような式なのです。
 



 「天皇の軍隊」 (15.7.13.)


安保法制関連法案の審議の流れで、与党議員の発言に「徴兵制」の再来も上ってくる中、大濱徹也『天皇の軍隊』(講談社学術文庫、2015年。初出:1978年)を読みました。

明治政府は国民皆兵主義のもとに兵役制を設けたが、一方では、家制度の保護のために、たとえば、戸主や養子などの免疫条項も設けた。その結果、明治期軍隊は「農家の余夫」による構成となった。

当時の徴兵逃れとしては、彫刻家高村光太郎が中島家から高村家に養子になった例や、夏目金之助も北海道に移籍したとされる。

明治22年の改正徴兵令の特徴は、満17〜40際の男子全てに兵役義務があること、兵役は現役3年(海軍は4年)予備役4年(海軍は3年)であること、さらに師範学校卒業者(小学校教員)の6ヶ月短期現役制を認めたこと、などであった。

この「6ヶ月短期現役制」は、それまでは官職の免除規定があったが、新たに小学校教師の体験入学を設けたもので、「教育現場において軍国イデオロギーを貫徹させる足がかりとなさんとしたことによる。この方策は小学校を軍国日本の訓育場と化すこととなる」(同書、46頁)。

「皇軍兵士」としての養成は、「軍人勅諭」(明治15年=1882年)をたたき込むうえに、上官の横暴な支配によって行われた。さらに、年を経るごとに、大衆軍隊をまとめる軍隊の中央集中のひずみが顕わになった。

というのは、軍隊を指揮した軍の幕僚たちは陸軍大学校の卒業成績による進級であって、兵士状況とは無関係に軍官僚の中枢を独占していたからで、一般の兵士にとっては、明治期初期の軍隊に見られた、頭首たる天皇との一体感は崩れ、烏合の衆となった。さらに、軍隊の風紀の乱れは、はなはだしく、大量徴集による軍隊の肥大化の弊害があちこちで現れた。

著者の大濱氏によると、軍隊を論じるには、「兵士とされた民衆が国家とどう向き合ったか」が重要な問いであって、それをもたない「戦争」を題材とする論文は「戦争にたかる無数の蝿」のごときものである、と。



 「30人学級」の意味の捉え直し (15.7.12.)


「子どもと親が安心できる30人学級の会」の事務局会議に出ました。

なお、ここでいう「親」に関しては私には疑問があって、「保護者」とすべきではといま事務局の幹部の方に検討を依頼しているところです。「親」をつかうことを当たり前として疑問も持たずにやってきた、その運動のあり方が、とわれている情勢なのです。市民的運動の風景は変わっているのに私たちは今までどおりの見方でいないか。

事実、子どもにとっては親が大勢をしめるのだから今のままで良いではないか。この感覚、意識が結局、マイノリティをしめだし、この排除型社会を違和感も無しで受け入れる1つの社会的要因なのです。

さて、その会議で、私は「いま『30人学級』の意味の捉え直しをすべきではないか」と投げかけました。一般には学級は単位集団であり、その規模が小さいほど教師の目が行き届いて教育効果が高い、というように理解されています。「30人学級実現」の署名運動などではそれでも間違いはないのですが、少なくとも教育現場の方々は、もう一歩深いところで学級を捉えておくべきではないでしょうか。

つまり、学級は、子ども同士、子どもと教師が安全で安心できる関係性を日常的に築き保っていく〈保護空間〉である、と。

このページの下段に出てくる、岩手の少年「いじめ自殺事件」は、上記の意味では、その学級という〈保護空間〉が半ば壊れていたことを意味しています。あれほど繰り返してSOSを発してもそれが受け止められずに、保護されていないからです。

そこには、学級担任のみならず、学校全体の学級観が、関わってはいないか。つまり、学校の基礎となる単位集団とみているし、担任の指導で自己完結する場、という見方があります。これは、本質的には、かつて戦前の国民学校時代に戦時下で、学校全体を「宗家」とし個々の学級はその「家」であるとした構造的見方と容易につながっていく弱点を抱えています。

事務局会議で、愛知県の三河部から来られている方からこういうエピソードが紹介されました。ある地域の小学校6年では、36名の子どもたちの内、教室に入りきれない一列の子どもたちは廊下に机を出して、廊下との境目の窓はすべて取り払って、日々過ごしているようです。もちろん、この暑い時期の対応として、ということです。

というのは、その地域の木材を生かして、すこし大きめの机を特注で造ってそれを入れているので、そのままでは36人分が入ると教室の広さからすると机間巡視さえ出来ない、ぎりぎりの状態らしい。しかも、この蒸し暑さ。そこでその担任の判断で、一列分、廊下に出していると。しかも、その列はクラスでも優秀な子どもたちで、遅れがちな子の着席は教師の目の届きやすい前列に配置しているとか。

学級の建物的な見方で言えば、廊下から壁で遮られた教室空間となりますが、こういう対応も、ある条件ではありえることでしょう。だからこそ、30人、いや25人に限りなく近づくような学級編制を、と持って行く話も出来るでしょうが、ともかく一地域のエピソードです。



 「岩手 いじめ問題」での報道 (15.7.10.)


岩手の中2男子の「いじめ自殺」とみられる事件について、『中日新聞』名古屋本社版、7月10日付朝刊社会面に、「なぜ生徒のSOS届かない」と題する8段抜きの大型の記事が載りました。

大河内祥晴さんの談話を中心に、尾木直樹さんと共に私の談話も掲載されました。

                             *****                               

 「いじめ問題」の講演ちらしが届いたときに (15.7.8.)


◇ 特定非営利活動法人「あいちCAPプラス」の主催で、下記のように講演会が企画され、私が講師をお受けしております。

1 講演名 「学校におけるいじめはこうすれば防げる」

2 主 催 特定非営利活動法人あいちCAPプラス

3 日 時 2015年8月25日(火)13:30〜15:30

4 場 所 豊田市産業文化センター

5 参加者 100名程度    ※ 参加費は無料です。

◆ このチラシの完成が届いたのとほぼ同じ時に、岩手で起きた中二男子の「飛び込み自殺」の報道に接しました。

「朝日デジタルニュース」によると、「生徒は担任とやりとりする『生活記録ノート』に4月以降、『体操着や教科書がなくなった』と書くようになった。6月以降は特定の生徒名を出し、『なぐられたり首しめられたり悪口言われた』『もうつかれました。もう死にたいと思います』と記した」という。

同じく同紙報道によると、「6月28日には『氏(死)んでいいですか?(たぶんさいきんおきるかな)』、翌29日には『もう市(死)ぬ場所はきまってるんですけどね』と書いていた」。
(「朝日デジタルニュース」 URL=http://digital.asahi.com/articles/ASH775TCYH77UTIL02V.html アクセス日 2015.7.8.)

学校は全校にアンケートを実施し、その同校を所轄する教育委員会はその結果を待って、検討に入るらしい。

このパターンは、これまで自殺者が出た後の当該校および行政機関の動きとしてはほとんど同じで、いまだに校長は「いじめがあったかどうか断定できない」と言っているようですが、「学校の内外を問わず、本人が苦痛に感じているもの」と、あれほど文科省までが「いじめ」定義を大きく拡張してその予防や介入・対応を求めたのにまったく効果が無かった。

しかも、いじめ防止対策推進法のもとでは、校内の定期的ないじめ対策会議で、いじめ被害の疑いのある事案を早期に共有し、学校の教職員全体で対応を検討し、早期に被害者の安全確保に努める、という、おそらく同自治体でも「いじめ防止対策」としてマニュアル化されているはずの点ですら、実効性を持たなかった。

思春期の子どもが「疲れて、もう死にたい」と、教師が読むのが前提のノートに書いてきたのに、まったく文脈の違う言葉で赤ペンを担任は入れていたようだ。「それほど気にするな」というメッセージなのか、意図的に「死の話題」から気持ちをそらさせるための演出なのか。そこは当方は知るよしもない。

そういう思いがたとえ担任にあったとしても、「この先生ならわかってもらえる」との必死の思いで「自殺念慮」を告白したことに対しては、担任の赤ペンの言動は、一人の子どもへのリスペクトというものを持とうとさえしていない、まさに現在の官僚的な学校風土を身体化した姿ではないか。

「お上」に逆らうな、上の機関には従っていこう、という今日の秩序適応、長いものには巻かれろ式の職業人としての生き方が、知らず知らず、みずからのなかに、人の痛みを感じない、冷たい、官僚的な意識を形成していることを、教育現場の方々は、どう受け止めておられるのか。日々悪戦苦闘されているのはわかるけれども、その原点を譲ってしまっては、もはや子どもの援助者とは言い難い。

問題は「いじめか、いじめでないか」にあるのではない。「なぜ、子どもの声、訴えに、きちんと向き合えなかったのか。子どもの声を聴こうとしなかったのはなぜか」にある。

他方、教師は一人で抱えないで、同学年か生徒指導主任など周りの教師とすぐに相談して、まず彼の安全確保をどうするかを協議すべきであった。



 「学問の自由」を考えるシンポジウムに参加して(その2) (15.7.7.)


シンポジウムの三氏報告の中身は実に豊富なので、ここでは石川報告を中心に短くまとめておきたい。

氏によれば、「儀礼と公共空間」の観点から見ると、戦前にも政教分離はあった。神社参拝等は公共空間の演出として為され、それが〈全体〉として組み立てられた。それと、〈私の自由〉とは相対的に別で、ただし、後者への間接的な制約はあった。

新憲法の21条は、「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。2 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない」とうたい、公共の演出はイクオール全体のそれではないことをはっきりと述べた。

また、同13条、「すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする」にいう〈個人の尊重〉とも重ね合わせると、新憲法は、「中立的な国家」を提示し、これは無色透明であって、これに命をかけるものではないことを示した。むしろ、21条の公共空間は、公共言論によってこそ成り立つとされる。

美濃部達吉が当時参考にしたGeorg Jellinek(イェリネック:19世紀ドイツを代表する公法学者)によると、宗教的・世界観的に中立な国家に対しては情熱や献身は生まれない。「無は情念の対象ではない」(イエネリック)からである。

このように考えると、国旗・国歌はあくまで公共空間の儀礼の問題であって、真の公共空間のあり方としては、〈私の自由〉を改造し、〈公〉と〈私〉の境界線をどう創り出すかが実質の課題となっている。

ところが、為政者は、無色透明であるはずの〈国家〉への情熱と献身を調達するために国家の造り直しを行う。その実証が、1935年の天皇機関説事件であった。

さらに石川氏は「学問の自由」に関しても憲法学の立場から、要旨、次のように述べた。まず、憲法第23条、「学問の自由は、これを保障する」は、五・七・五でつくられた珍しい条文だ(折出注記:「がくもんの じゆうはこれを ほしょうする」と(小文字をのぞくと)17文字)。これはドイツ型の大学をモデルとしており、公務従事者である前に大学人であると共に、公の営造物であるまえに学問共同体であるという大学の理念が基礎になっている。

憲法23条を語るときにはこのことを押さえることが大事で、その趣旨は、設置者・設置目的を持ち出さないという前提であり、そのうえに大学の自治は保たれるということだ。ところが、いま、納税者の意志を持ちだしてまで国旗・国歌の儀礼を実行する正当性を政府が主張するようになって、これは、憲法23条を掘り崩そうとする動きであることを注視すべきである。

このように、現下の国立大への国旗・国歌要請問題によって、〈公〉と〈私〉の境界線が壊されたのである。

石川報告から言えるのは、本来無色透明である中立的国家にたいして「愛国心」を持て、とは、そうそう簡単に言えるものでも、出来ることでもない、ということです。このたびの「特別の教科 道徳」の「学習指導要領解説」を読むと、従来になかった点として、「国」または「国家」について解説者がわざわざ定義し、要は、それは政治機構体ではなく、伝統や文化のことだと。つまり、政治を考える対象としては扱うな、「美しい国 日本」として扱え、というまさに一面的な「国」像を提示してまで、石川氏ののいう、情念と献身を調達しようとしているのです。これが現下の「愛国心」問題の本質でしょう。

つづく橋下氏、山口氏のお二人の報告も、とても刺激的で示唆に富む内容でしたが、ここでは割愛します。

主催者代表の広田照幸氏によれば、このシンポジウムの全容をブックレットにして、秋頃には出版したいそうです。その情報が入れば、このホームページでも紹介します。

                             *****                               

 非核の会総会&「学問の自由」を考えるシンポジウムに参加して (15.7.5.)


昨日、つまり7月4日は、午前中、非核の政府を求める会総会に愛知の世話人の一人として出席し、夜間には東大本郷キャンパスで開かれた標記のシンポに参加する、という結構、知の自由、人間の理性的判断にについて考える一日となった。

非核の会総会では、短い中にも濃密な分析視点と論点を織り込んだ「総会議案(基調報告)」のあと、お三方の特別報告があった。

藤田俊彦氏は、ストックホルム国際平和研究所年鑑の2015年版を基に、最新の核兵器の保有状況を報告した。それによると、核保有国は、アメリカ、ロシア、イギリス、フランス、中国(以上5カ国がNPT締約国)、インド、パキスタン、イスラエル、北朝鮮の9カ国。

9カ国の核弾頭保有数は、15,850発で、そのうち作戦中の戦力下で配備中が、4,300発。高度の緊急警戒態勢下にあるものが1,800発である。実践配備中の内訳は、アメリカ 2,080、ロシア 1,780、イギリス 150、フランス 290(いずれも核弾頭数で単位は発)。

同年鑑によると、核兵器削減のペースは前よりも落ちているし、アメリカ、ロシアとも核の運搬、弾頭、などについて長期的近代化計画を推進している。

藤田報告は、先の第9回NPT会議にも言及し、最終まとめ文書は不成立に終わったが、会期中にオーストリア代表の出した、非核化をめざす、核兵器の人道的影響に関する「共同声明」に159カ国が署名したように、核廃絶への国際世論は決して萎縮はしていない。

このほか、小沢隆一氏による「安保関連法案」に関する憲法学者としての問題提起があり、野口邦和氏による「福島原発事故の現状と課題」の報告があった。野口報告は、具体的数値を挙げながら、放射性物質の残存影響、汚染水問題、住民の被爆、甲状腺ガンの検査状況などを詳しく述べた。

「学問の自由をめぐる危機――国旗国歌の政府「要請」について考える」は、東京大学本郷キャンパス 法文1号館25番教室において、午後6時から8時55分までおこなわれた(午後9時には規則で閉館されるため)。

この25番教室は、戦前の帝国大学時代に、美濃部達吉氏が講義をした場所であると共に、天皇機関説事件の元になった場所でもあるということで、印象深かった。

報告は以下の三氏から為された。その中身は、記事を改めてアップするつもり。
〇石川健治(東京大学・憲法学) 「天皇機関説事件八〇周年――学問の自由と大学の自治の関係について――」
〇橋本伸也(関西学院大学・西洋史) 「大学と国家――ヨーロッパ大学史に見る悩ましい関係」
〇山口二郎(法政大学・政治学) 「学問の自由と民主主義」
○コメンテーター: 岩崎稔(東京外国語大学・哲学/政治思想)
コーディネーター: 広田照幸

大講義室には、ザッと見て500〜600名くらいは参加者がいたように思う。皆さん、真剣にノートを取るなどして、まるで夜間の市民大学の講義中の様相で、この知の空間を多くのひとは求めてここにあつまったのだなと感じられた。大学教員のOB,OGの方々と共に若い方も目立った。

このシンポは「国旗・国歌の大学への押しつけ反対のための集会ではない」「あくまで学問の立場から問題の所在を問うものだ」という広田氏の問題設定には共感が出来た。三紙の報告でも、コメンテーターも「反知性主義」を言っていたのが印象的。



 理性の仕掛けは必ず効果を現す (15.6.30.)


早くも6月30日、一年の半分が終わろうとしています。この時を記念して何かひと言、と思いつつも、書き出すと止まらなくなるくらいに、いまの政治・行政には様々な権力性や暴言などが続出。

ただ言えることは、人間の理性の創り上げていく歴史は、理性のいじわるな仕掛け(ヘーゲルは「理性の狡知(悪賢い才知)」と呼んだ。)を持っていて、節目節目でそれが効果をもたらすのだなと思います。

安倍政権は国会の会期末を異例の90日近く延期してまで、いまの衆議院で圧倒的多数を占める利を生かして「安保法制法案」を何としても通そうとしたが、ここへ来て、自民党の若手勉強会での「メディア潰し発言」や、沖縄冒涜発言が飛び出して、法案審議どころではなくなった。

誰もこれを予測はしていなかったが、もともとの体質が結局は表面化して、それが世間の耳目を集め、いまや政権に対する世論の集中砲火の状態。当の作家は、いらだちの余りにツイッターで、特定メディアを敵視するホンネらしきことをぶちまけてますます火に油を注いだ。ツイッターの「つぶやき」言葉は、ただ感情をはき出すだけならば世界への「垂れ流し」言葉でもあるのをこの作家は知ってか知らずか、腹にたまっていた言辞をまき散らして威張るなどは、言語とは何かという哲学面での力量は低い方らしい。

《後記》この作家のような言動を指しているのであって、一般のツイッター活用者、それに参加されている方を云々しているわけではありません。

長期延長をした分だけ、まだまだ予期しなかった「暴言」「威圧」「排除」「国民無視」などなど、いくらでも形容の出来る出来事が噴き出してくるでしょう。それだけ、安倍政権の地下にはマグマだまりがあるのですから。

佐藤春夫訳の名著『徒然草』を、仕事が一段落する度に読んできて吉田兼好さんに少し影響されたのか(笑)、安倍晋三氏も祖父の岸信介氏をうわまわる政治家名誉への欲望で今突っ走っているが、「すべての過失というものは慣れきった様子でじょうずぶり、巧者らしい態度に、人をのんでかかるので起こるものである」(234頁)とあるように、安定多数を頼みにしていざとなれば切り抜けて目的は達成できるという、その権力のおごりが、まさに奈落の底に落ちていく亀裂を足元に作っているのがわからないとは。

(兼好さん流に)まことに、人の理性が作る歴史とはよくできたものでございまして、権勢にのってわが信念を貫いているが如き生き方が、わが自滅の道を用意しているものであります。節度というものが何より大切であります。



 長崎・子どもサミット (15.6.28.)


主催している「フリースペース ふきのとう」の集会案内のとおり、下記の内容で行われ、私も役目を果たしてきました。

日 時: 201 5年6月27日(土) 日(土) 12 :30 〜17 :00

場 所:アルカスSASEBO 1F イベントホール

☆オープニング うたごえフレンド

☆基調講演:折出健二 さん( 愛知教育大学名誉 教授) 13 :15 〜14 :15
 演題 :子どもたちと共に人生の「窓」を開けよう 〜 見守り、演じ「明日」をつめて〜

☆子どもサミット 14 :30 〜17 :00
コーディネータ: 折出健二さん(愛知教育大学名誉授)
パネリスト:中学生、高校青年(予定) パネリストと会場の人たちの交流。

「長崎新聞」6/28朝刊ほか計三紙が報道したようです。



 ちょっとひといき:獲物キャッチの一瞬 (15.6.24.)


ピラティスのスタジオ通いは、毎週一回、いまも続いています。バス停からスタジオまで、レッスン開始までの時間を活かして、K市が最近整備した川沿いの遊歩道をあるいていきます。サギや小鳥たちが川面で休んでいるときもあって、なんとなく観ていると、それなりに心休まります。

天気も良いので、今回は双眼鏡をもっていき、鳥たちを観ました。ちょうどおとなの、青みがかった羽毛のアオサギが浅瀬で長い首をのばして、じっとしています。そのうち、ゆったりと歩いて水面に向けてまさに腰をかがめるような中腰になって、何かを狙っているかのような風であったのが、スッと首を伸ばして、くちばしに小魚を捕らえました。くちばしの先で魚の腹がきらりと光りました。

一瞬のことでした。双眼鏡の丸い窓に、見事にはまった瞬間でした。

そのまま飲み込んで、首の中央がかすかにふくらんだかと思うと、あとは何ごともなかったかのようにじっと立っています。お食事中・・・・。

しばらくして、また場所を移動して次を狙おうとしたとき、遙か向こうにいた白い羽毛のダイサギがいきなり飛んできて、わざとするかのようにアオサギの周りの水面を足でバシャバシャとかきまぜました。そして、少し離れたところへ。

縄張り争いでしょう。アオサギは首をぐるりとダイサギの方に向けて、「何だ、このヤツは。じゃまをする気か」という表情でじっと見ていました。ダイサギの方は、飛んでいった先で、邪魔した行為を紛らすかのように足元の石のすきまあたりを足でかきまぜて、獲物を追い出そうとしているようでしたが、何も出てくる気配無し。その動作は、「ここはボクの遊び場なのだから、来ないでよ」と、ややいじけて、アピールしている風でもありました。

サギたちの社会も、自分のテリトリあり、自己主張ありで、それはそれで生きづらくもあり、でも生きて行かなくちゃ、なのですね。



 プレ集会講演の付録の話 (15.6.23.)


6月21日付の下記の記事で「6 私(折出)の挫折、出勤困難体験から得たこと(内容はここでは割愛)」としておりますが、その中身は、このHPトップに前に書いた「私の体験から(15.6.2.)」とほぼ同じです。

その着地は、「〈弱さ〉と共生することを私は学んだ」ということです。

ところで、プレ集会の会場には、「全国の集い」全国連絡会の世話人代表である高垣忠一郎さんも参加していました。同じ会場で、午後1時から、愛知で開催する「つどい」の実行委員会が開かれたのですが、冒頭のあいさつで高垣さんが、午前の折出の講演をとりあげてこう述べました。
 折出自身の体験は不登校問題とかなり重なっており、気力をなくしていたときに哲学書が自分を襲ってくる感じだったというのはとてもリアリティがある。そして、身近な他者を得て「窓」をあけて、改めて自分で人生を歩み出す。これぞ、不登校の子どもたちが模索している姿なのだと。

私の講演での話題をいくつか引用してくださり、その勢いで、「今日の折出さんの講演は、僕からすると五本の指に入るくらい素晴らしいものだった」と持ち上げてくれました。全国の世話人代表としては、プレ集会ということもあり、遠路参加されている各地の実行委員の方々を元気づけ、今後の準備期間を盛りたてる思いもあったのでしょう。そうではあっても、私よりはるかに講演履歴の豊富な高垣さんにそういわれて、恐縮するやら、内心では嬉しいやらで、まいりました。

【付録の付録 1】今週末には、長崎で開催される「子どもサミット」に招かれ、そこでも基調講演をしますが、そのテーマは、今回のプレ集会と同じですので、中身も重なると思います。そのあと、いまのところ(不登校経験のある)四名の子どもがパネリストで登壇し、そのコーディネイトを私がすることになっています。

【付録の付録 2】プレ集会の会場で、休憩に入ったとき、ひとりの女性が来られ、通信定時制の高校教員だと名乗られて、「先生の『相互自立の生活指導学』を今でも、行き詰まったりしたときには繰り返し読んでいます」と。あの理論書を、このように現場の教師がひとつのよりどころにして活用してくださっていることに感銘を覚え、むしろこちらが感謝する気持ちでした。

同書は1993年に勁草書房から出していただいたもので、発行部数がすくなかったので、本体単価3,300円と高価になっています。が、書名の通り、「自立」と「相互自立」、「援助」と「指導」など、いまでは当たり前にさえなっている鍵概念を、教育学のセオリーとして掘り下げたものとしては、その時点での私の充実した作業の成果が出ています。



 「不登校問題 全国のつどい in愛知」のプレ集会で講演 (15.6.21.)


6月21日、午前、名古屋市内でおこなわれた標記の集会で講演を行いました。そのレジュメです。

「全国のつどい」 プレ集会      2015.6.21.
子どもたちと共に人生の「窓」を開けよう〜見守り、演じ、「明日」をみつめて〜     折出 健二

1 自分と外の世界をつなぐ「窓」を見つける

◇「今、僕は俳句があるからいじめと闘えている」
こう書いているのは、小林凜さん、11歳。『ランドセル俳人の五・七・五』(初出2013年、(株)ブックマン)の著者。
凜さんにとっては、小学校入学後に受けたいじめのために不登校になったが、その心の傷を癒す支えが「俳句」です。と同時に、それは、彼の感性が世界とつながる「窓」でもあります(同書、10〜17頁)。
以下は、数多くの句から、折出が選んだもの。

「いじめられ行きたし行けぬ春の雨」
「おお蟻よお前らの国いじめなし」
「尺取り虫一尺二尺歩み行く」(11歳。いじめられて学校を休んでいます。道で尺取り虫に出会いました。人生あせらずゆっくりいこうと思いました。作者より)
 

◇佐世保市にすむ中学三年生Tさん(女子)も、不登校の発端はいじめだった。長い不登校中の不安・葛藤を乗り切るのを支えてくれたのは彼女の好きなアニメだった。本人は、「何でも良いから自分の好きなものを手がかりに乗り越えていける」ということを語ってくれた(2015年2月、長崎の五島福江で「映画『青い鳥』と、いじめ・自殺を考えるシンポジウム」でのパネリスト発言として)。
例に挙げた二人は、世界と自分をつなぐ「窓」を(周りの援助も受けながら)自分の方からつくっている。ここに大きなヒントがありそうだ。
誰にとっても、自分の人生を切り拓いていく「窓」は要るし、それは見つかる。

2 「自己肯定」の縛りを超えて

不登校・ひきこもり情報誌『今日も私は生きています。』第二号(編集・発行 同編集部、私家版、2014年12月発行)に収録されている、筆者名「水素化かりぅーむ」さん(男性、30手前の方か。化学式はKHとなる)の「当事者手記」(同冊子、8〜14頁)。

◆KHさんの不登校のきっかけは、中学を卒業して全寮制専門学校に入ったとき。そこで、ふとしたことでみんなから浮いて(浮かされて)、「梅雨の訪れを待つことなく」そこを去った。彼は、この出来事(いや、悩んだ上での自分の選択)のために、「モヤモヤした不安」と「早く戻りたいという焦燥」で一杯になった。
その後すぐに公立夜間高校に入り直したが、教室の賑やかさに却って緊張してしまい、「友達を作らなきゃ」という焦りから、遅刻や短期の欠席の繰り返しなどで時間が掛かり、20歳で卒業。その間、自宅とフリースペースと病院のカウンセリングを「回遊魚のようにめぐる」日々だった。

◇彼には、「なぜあの学校に行ったのか、なぜ中退したのか」という問い、「普通制の高校」に行っていたらこんな惨めなことにならなかったのでは、という問いが襲ってきて、自分で自分を責めつづけた。

「此処ではないどこかに行けば、今とは違う自分になれるかも知れない」と、九州へ出かけ(二日目には引き返した。)、イスタンブールにも行った。また、知人に影響されて四国遍路の旅にも出た。

その四国の旅の中で、彼は「普通である事をやめたわたしを、ずっと許せずにいる『わたし』がいること」を見つけた。「学校に行かなくても良いんだ」という「自己肯定感」をようやくもてた気になっていたが、それは「ただ『良い子』でありたいから被った仮面ではないか」と、彼は問う。「自己肯定感」をもつ自分、に縛られていなかったかと。

いま彼は、この手記が掲載されている情報誌の編集メンバーに加わって活動している。「自分を責め続ける」閉じこもった状態から、別の選択を試みる自分へと変わってきたからだろう。それは、新たな他者の発見、他者との出会いでもあった。

3 学校生活での苦悩から不登校に(ある事例)
 

4 「私にもできる」、それがそのひとの「窓」の発見
◇不登校・引きこもりの当人にとって、「私にもできる」という「小さいけれど別な空間」を見つけることが大事。そこで、自分を素直に表現できるし受け入れてくれる世界と自分をつなぐ「窓」が見つかるでしょう。
◆「小さいけれど別な空間」とは、自分で選びとり、「私としての経験」になることを実践してみること。そして、その経験を「自分で名づける」こと(清眞人氏)。それは、「学び直し」であり、「出会い直し」であり、あるいは「伝え直し」であるでしょう。
◇『夜と霧』の著者、V.E.フランクルが言うように、「(人生にたいして)生きる意味を問うてはならない。私たちが人生から問われる存在なのだから」。人生がその時々に出す問いに、私たちがその時々の精一杯の答えを見いだしていくことが肝要です。

5 その子の「輝き出そうとするもの」を見ること、受け止めること
子どもを見る上で、比喩として、その子の「光」と「ランプのかさ」の関係を見誤らないこと。「光」とは相手(他者)への「無条件の肯定的関心」で、そのひとの輝きを表す内的な働きで、「ランプのかさ」はその外にある、光をさえぎるもの、あるいは曇らせるもの(水島広子『思春期の意味に向き合う〜成長を支える治療や支援のために』岩崎学術出版社、2012年)。

「問題行動」や「引きこもり」など、目の前の「ランプのかさ」に目がいって、それを「解決」しようとあせるけれども、その子の「光」を信じて、そこに働きかけることができているか。(瀬戸少年院での面談の場面から示唆を受けたこと)

子どもの「光」を信頼することは、働きかけるこちらが自分の「光」を信じることがないと、それができない。

いじめ被害によってまるきり人が変わったのではない。被害のためにつらい「役割」を受けざるを得なかったのだ、と理解してあげる。そうすることで、子どもの人格的な面(ランプの光)への基本的信頼を保護者が表すことができます。これは、教師にも当てはまることです。一緒に子どもの生きる「窓」を開けるために。

6 私(折出)の挫折、出勤困難体験から得たこと(内容はここでは割愛)

7 親として、おとなとして、どう子どもと向き合うか

自分を立ち止まらせないで、歩み出す、そのために見つめ直す
 PRP→ permission自分を許し、reconstruction状況をとらえなおし、perspective広い視野から見つめなおす。
       (ハーバード大学、心理学、タル・ベン・シャハー)
  

8 不登校の背景:学校はどう変わってきたのか

(1)「個性」重視により、一人一人の「自ら学ぶ意欲と社会の変化に主体的に対応できる能力の育成」をめざして、「新しい学力」の育成に転換する(1989年)。
「関心・意欲・態度」「思考・判断」「技能・表現」「知識・理解」をもって「学力の基本」とし、これらの「観点別学習状況」を「学習の記録」とし「指導要録」に残す。

 折出のとらえ方:「新学力観」は、子どもたちをアトム(粒の単位)にし、その心の持ち方を核とする能力主義である。→ 市場原理に適応する人材育成。
(参照:折出「新学力観の批判」『愛知教育大学研究報告』1994年版に収録→ CiNiiのサイトで検索、ダウンロードできる)
「新学力観」の全面実施後、小中学校の不登校児童生徒数は増加の傾向に。
1991(平成3)66,817人→ 1993(平成5)74,808 → 2001(平成13)138,722 → 2013(平成25)119,617

(2)「新学力観」が支配する学校・教室は、子どもを学びから追いやってこなかったか
・ほぼ人格丸ごとの評価体制に変わったので、子どもは、学校にいる間も、帰宅後も気を許せない(宿題、提出物など)。※2013年7月の名古屋市「中学生転落死事件」
・「学力」の差異・序列が、人間関係に反映・転化し、対人関係の悩みが増える。
・陰湿なやり方で相手を操りいたぶる「いじめ」の現象。→ おとな社会の権力的な内面操作を映した(学習した)子どもたちによる相手の内面支配の行為。

(3)〈自分はこれでいいのか、何をしたいのか〉の迷い・もがきを含んだ「学校に行かない・行けない」現象は、広く見れば、それまでの「学校的学習」の殻を脱して「学びほぐし」(unlearnの鶴見俊輔訳)を試行する姿。
  自分と外の世界をつなぐ「窓」を探し、新しい自己との出会いを探している。

(4)「自己肯定(感)」は、様々な自己否定をくぐってたどりつく(獲得する)「自己発見」というかけがえのない体験。その否定を乗り越える中で、苦しいながらも身につけている(新たに学習している)ものの見方・考え方、ひとへの信頼感、生きることの意味づけこそ、当人のもの。その子どもの学びに権利を付与し、勇気づけるエンパワメントをどう豊かにしていくかが、いま、そしてこれからの支援の一番の課題。
 

おわりに
 「全国のつどい in愛知」を、参加した皆さんの、それぞれの出会い直し、「まなびほぐし」の交流のるつぼにしましょう。そのことが、お互いをエンパワーするこの不登校問題を考え実践する核心です。

講師紹介:折出健二(おりで けんじ) 1948年広島市生まれ。広島大学大学院教育学研究科博士課程中退。2014年愛知教育大学教員を満期退職。現在は、人間環境大学特任教授。



 大阪市で第三者委員会が発足・初会合 (15.6.17.)


小学生のいじめ被害に関して保護者が調査を要望しつづけてきた事案で、このたび第三者委員会が設置されました。

今朝の「朝日」「読売」「産経」の各紙朝刊が報じています。ここでは「産経」のサイトから記事をアップしておきます。

 第三者委員会 




 大学論を書きました (15.6.16.)


日本科学者会議編『日本の科学者』が「『大学改革』の対抗軸は何か」という特集を組んでおり、その中の1本を書きました。愛知から、松田正久さん、中嶋哲彦さんも書いています。

下記のサイトでアウトラインをご覧下さい。

 日本の科学者 




 安全保障関連法案 (15.6.15.)


憲法学者三名とも標記法案の中身が「違憲」であるとの陳述があって、政府も慌てているようで、なりふりかわぬ政府側の論拠付が飛び出していますが、先日、知人の教育学者から下記のようなメールが届きました。

良く文面をご覧になったうえで、ご賛同される場合には「署名コーナー」へ移ってください。市民の方でも受け付けるとありますので、ご安心ください。

以下、引用です。−−−−−

このたび「安全保障関連法案に反対する学者の会」を約60人の呼びかけ人で立ち上げました。以下のURLのホームページで賛同人を募っています。ホームページの賛同署名フォームから、賛同人になっていただくよう、お願いします。

 安全保障関連法案に反対する学者の会ホームページ




 自由な気持ちで読むと味わい深い人生指南の本:徒然草 (15.6.15.)


かつて学校で古文の教材として読んだことのある吉田兼好『徒然草』。あることで佐藤春夫訳の文庫本(河出文庫、文庫初出2004年。出版自体は1976年の古典シリーズに収録)を知って手に入れて読みました。

なるほど詩人らしい、やわらかな言葉のセンスで現代訳にされている本文は、親しみやすく、作者の機微にとむ物を見る目の確かさや上流階層の格式にこだわる姿への皮肉、古くからのしきたりの紹介など、読むほどにおもしろい。

なかでもお酒を飲む人の、今で言う絡み上戸や酔態にたいするてきびしい批判は、或る上品さを旨とする兼好らしい書きぶりです(第175節)。かと思うと、ほどほどにお酒を楽しんで、ひとときを心を開ける相手を過ごせるのは極上の喜びだとする面もあります。

死を怖れるよりも今を充実させ楽しむこと。総体に年を取った人が「世俗のことに関与してあくせくと暮らすのは愚である」(第151節)など、いまと寿命も社会情勢もまったく違う時代のひとの声とはいえ、参考になる助言です。

解説の池田弥三郎氏が曰わく、同書の根底にあるのは無常観だが、実践的道徳を説きながら、あげてくる事例には滑稽感が伴っているところが同書の親しみの持てるゆえんだと。池田さんの年代は、『徒然草』を大学予科や旧制高校の受験準備に読まされたそうで、そうではなく自由な気持ちで読んでこそ同書の味がふかくわかってくるものだとも書いています。同感。



 瀬戸少年院において (15.6.11.)


6月10日、非常勤で教えている愛知県立大学教育福祉学部の基礎科目「教育臨床」の一環で、受講している学生たちと共に瀬戸少年院に訪問・見学に行きました。

法務教官の方の講話がとても良かったのですが、ここではその内容は割愛します。そのあと、施設内見学をさせていただき、入院生たちの手記や作品を展示している部屋で、或るビデオを視聴しました。

それは、瀬戸少年院の入院生たちが、「ゆめ」をテーマに自分たちで話し合って3分間の映像作品を作ってコンテストに応募し、管轄している名古屋矯正管区長賞を受賞したものです。顔は出せないので、ナレーションで、光のアートを使い、非行に走ったいきさつや、「alone」と映して「ひとりぼっちになっていた」などの心境を巧みに表していました。

そして、面会に来てくれた母親に初めは冷たく応じたが、その後、母親から手紙が来て、そこにはにじんだ文字がいくつかあった。母親の涙を知って、立ち直らなければいけないと思った、と。

その場面では、手紙らしき四角のラインに、ハートマークが付いていました。

手紙のにじんだ文字。それを感じ取り、受け止める“他者感知能力”があれば、十分に立ち直っていけると思います。



 鶴見俊輔『アメリカ哲学』から学ぶこと(15.6.8.)


鶴見氏は、ハーバード大学に留学して、そのことを契機にアメリカのプラグマティズム哲学について深く研究をしてきた人物。後に、わが国において思想の科学研究会の中心メンバーとして、『思想の科学』を刊行するなど、いわゆるマルクス主義的な左派思想にも与せず、ナショナリズムを批判し、市民主義の思想運動を築いてきた、と私は解しています。

ヘーゲルを卒論で取り上げたのを機に私も人並みに哲学・思想に関心を持ちましたが、なぜか鶴見氏の著作には関心がありませんでした。思想の科学運動のことは少しばかり知ってはいましたが、国政に関しても、市民社会の日常の政治問題に対しても、ただ外から評論をして、傍観者的に論じているかのような印象がぬぐえず、深く読み込む気にはなれませんでした。

それなのに、表記の著書(新装版、講談社学術文庫、1986年)を読んでみる気になったのは、以前に氏の著作である『教育再定義への試み』 (岩波現代文庫、2010年)を読んで、柔軟な思索に学ぶことが多かったからです。中でも、ちょうどアメリカ精神医学者のハーマンの『心的外傷と回復』を大学院生たちと読み込んでいて、「unlearning」の言葉にこだわっていたときでした。中井久夫氏訳は「脱学習」です。これはこれで、含蓄のある訳語です。

それを、鶴見氏は、ご自身の学習体験も交えながら「学びほぐし」と訳しています。これには、ハッとしました。

そのような鶴見氏の思索への興味と、私もかつて広島大学生時代に、ジョン・デューイに興味を持ち、伝記や訳書をそれなりに読んでいたこともあって、「プラグマティズム」への関心があったからです。

さて、同書の内容に関しては、ここで書評風に書くのは控えます。デューイのポジティブ思考の展開や、反知性主義的でありながら日常の市井の生活の中での思索を重んじるプラグマティズムの特徴が、鶴見氏の闊達な文章によってよくわかったことは確かです。デューイのプラス思考の影響を少しは私も受けたのかも知れません。それをさらに「弁証法」が補強して、少々のことには逃げないで、プラス思考で乗り切るようになった・・・・(笑)。

【ここで補足です】“G.W.F.Hegel Key Concepts”(Ed. by Michel Baur,Routledge 2015. 邦訳『ヘーゲル 主要概念』)を開くと、「ヘーゲルとプラグマティズム」の章がちゃんとあります。それによると、『精神現象学』に出てくる「主人と奴隷」の弁証法にはプラグマティックな構図があり、これが、対象に向かう人間の行為を意味づけることを重視したジョージ・H・ミードやジョン・デューイのプラグマティズム思想と密接につながるものを持っているというのです。

ヘーゲルに関しては観念論、国家主義のイメージが今なおつきまとっていますが、まったくそれらは間違いですね。彼は、社会的役割にもとづく行為・行動が、その対象とする他者なり社会的関係を規定し、変えていくことをリアルに見ていたのですから、実証主義的で、唯物論的な性格の強い思考形式です。現に、主人に隷属しているかに見える奴隷が、実はその労働による生産無しには主人は生活していけない。奴隷は主人に支配されながら、実は、労働という行為を介して主人を支配している。この関係を自己知として意識化するならば、奴隷は奴隷でありながら奴隷状態を超えて生きているといえる。ここに変革の芽がある。こういう論理が「主人と奴隷」の章のテーマですから、プラグマティズムと相通じる面があるのはその通りでしょう。

私が、小論でも繰り返してきたように、デューイの「相互作用」「成長」の概念はヘーゲルに学んでいるのです。

さて、鶴見氏の著書に戻ると、同書の後半では、鶴見氏は、哲学を庶民の一人ひとりに取り戻すべきだ、と述べます。いわゆる哲学者たちは「体系」や「西洋の学問の伝統」を押し頂いて、ますます庶民の本来身につけるべき、生きるための哲学、闘うための哲学から遠ざかっている。これではダメだと。同書の初出が1976年ですから、その頃の時代背景もあったかもしれません。

ただ、プラグマティズムの祖ともされるジェームズの思想には、「厳密さ」はないが「ヤマカン」的でありながら自由な思索というすばらしい業績があると述べているあたりは、参考になります。

つまり、こうです。「学校で要領の良い答案を書き、良い成績をとる秀才が秀才が先にってから案外仕事をしない場合のあるのは、彼らが答案の内容に対する自発的な興味を養わなかったために、監督者から離れると、すぐにも思索を止めてしまうからだ」(232頁)。これに対して、ジェームズの思索は自発性を重視し、アメリカ進歩的教育論の礎石となった。

最後に、いま「道徳の特別教科化」など、子どもの価値観や内心の教育への権力的介入が問われていますが、鶴見氏の同書を下敷きにして言うと、こうなります。

道徳を、道徳評論家や道徳教育学者の手からとりもどして、人びと、特に子どもたちにかえすことこそ、今日の重大な問題である。なぜなら、道徳は別に特別の一専門分野ではなく、「どんなことが正しく、どんなことが善く、どんなことが人間の行為として値打ちを持つか」についての思索なのであるから。これらの問題について考えることは、今日の社会を生きているそれぞれのおとな、そして子どもたちの役目である(同書、339〜340頁を参照)。



 日本をアメリカの下請け国に変質させるもの:「九条の会」愛知・大学人の会で (15.6.7.)


6月6日午後、愛知大学笹島キャンパスにおいて、標記の集会があり、参加してきました。愛敬浩二氏(名古屋大学、憲法学)の講演でした。タイトルは「安倍『改憲・懐憲』はなぜ危険か?  私たちの『戦後日本』を守るために」

講演の内容からいくつかポイントになることをメモしておきます。

(1)いま国会で「安保法制法案」が審議中だが、安倍首相の答弁は終始、抽象的。それは、先にアメリカを訪問した際に、この8月までに「安保法制」を成立させると約束してきたので、細かな論議を避けているため。衆議院、参議院ともに自公政権にとって採決に有利な状態であること、来年の参議院選挙を迎えると公明党にぶれが起こりかねないので、いま多数をもって決める時だとの判断が安倍氏にはある。

半面、今強行可決・成立を実行すれば、その成立した法制のもとで自衛隊を海外に派兵するときに国内で大問題になってこじれる可能性もある。「自衛隊派遣」を本気でやるには、野党合意は必要でそこをうかがいながら与党は国会を乗り切ろうとしている。

(2)「自衛隊派遣」については、さかんに安倍首相の言う「後方支援」に“からくり”がある。それは、後方支援で自衛隊が海外に出て行って、実際に攻撃を受けて戦闘状態に入ったときに、「現場の判断で」武器使用はあり得る、としているのだから、これはもともと戦闘に参加するという前提であること。かつてテロ対策で政府部内の要職にいた人物が、その戦闘状態で、「後方支援なので、といって現場から離脱することはありえない」と言っている。

「存立危機事態」と「有事法制」がセットの問題であるのに、「国民保護・自治体の役割」がキチンと議論されていない。

(3)この4月27日に日米両政府が合意した「新たな日米防衛協力のための指針(新ガイドライン)」の重大な問題点は以下の通り。

(ア)第T章で言う「切れ目のない」日米共同、というのは、いかなる事態にあっても、という意味と、平時と戦時の切れ目のない、の意味と二通りが込められている。そして、日米同盟のグローバル化とは、安保体制のグローバル化である。

(イ)第V章では、「日米両政府は(中略)共同計画の策定を強化する」とあるが、平時から臨戦体制にあること、そして戦闘の判断はアメリカの主導権で進められることを指している(いちいち日本側に相談してから戦闘を起こすはずがないこと)。

(ウ)第W章では、日本の平和と安全への脅威に関しては地理的限定はしないこと、日本への武力攻撃への対処行動では、「自衛隊は島嶼(とうしょ)に対するものを含む陸上攻撃を阻止し、排除するための作戦を主体的に実施する」とあるが、これは日本の自衛隊が第一で、米軍は二次的だということ。森秀樹氏によれば、「主体的」の原文は、「principally」だとのこと(折出注記:「主として」の意味)。
 ちなみに、米側は、尖閣諸島にはあまり関心を持っていない。むしろ、フィリピン沖の中国の戦略行動に多大の注意を払っている。

(エ)同じ第W章では、共同対処が日常的となること、日本以外の国に対する武力攻撃とは、たとえば、フィリピンを守るために中国と米軍の戦闘行動に、自衛隊が加わることを指している。

(4)以上のことを踏まえ、すでに安倍首相は夏までに「安保法制」を通すことをアメリカに約束してきた。そのように「法整備」をする意味は、「いつでも、どこでも、どんな理由でも、海外での『武力行使』を可能にする」ことにある(カギ括弧内は、愛敬氏のレジメより)。

(5)「戦争法案」という言い方を(愛敬氏は:折出)採らない。「安保法案」と呼んでいる。というのは、この法整備が想定する事態は、アジア太平洋戦争前の国民総動員ではないからで、「戦争法案」と呼んで対決姿勢を取っても、政府側はそのように応えて足下をすくわれるからだ。「安保法案」のもとで「殺し、殺される」事態を招いて良いのかという問題のほうがリアルだと考えている。

(6)安倍氏側は、「海外での後方支援」の例としてホルムズ海峡での機雷除去をあげるが、機雷をセットできるのはイラン軍のみで、米軍はこれをあまり重視していない。むしろ、南シナ海の哨戒活動が危機を持っており、ホルムズまで行く気なら南シナ海でも支援をして当たり前、と米側から要請され、結局は自衛隊がそこに行くことになる構図になっている。

(7)7月1日に閣議決定された「新3要件」は、既存の法律との関連が無いために、まったく法的な歯止めがきなないものだ。これは名大の学生たちと検証して、わかった。

(8)以上のことから、安倍首相は、日本の自衛隊の、アメリカに対する「下請け」を進めているわけで、アメリカ側からすればこれは「入れ食い」状態である。つまり、釣りで仕掛けをするとすぐに魚が食いつくように、日本の自衛隊があらゆる件で「食いついてくる」仕組みになっている。これはまさに日本の主権をアメリカに譲り渡すかのような行為で、私(愛敬氏)は安倍政権は「反日」政権であると呼ぶ。

−−−−他にも重要な事柄は多くありますが、だいたいこのような論旨です。要は、あれほど「戦後レジームからの脱却」と言ってきているのに、自らの採ろうとする日米同盟政策は、対米従属そのもので、まさに安倍氏は「対米従属ナショナリスト」であるということは、この講演でもはっきりしました。

余談で、愛敬氏が或る講演で、いまの安倍政権は「売国的である」とまで言ったところ、講演後に、ある男性が近寄ってきて、「その通りだ」といってえらく賛同した。どうも話しぶりや雰囲気から、その男は相当の右翼の人物だったようだと。

折出の感想:とにかく現国会の質疑答弁は、戦争を起こすことになるのか、自衛隊は人殺しをすることになるではないか、ということに終始しがちですが、愛敬氏も言及しているように、この日本をどういう国にするのか、いままで70年間守ってきた「戦後日本」の真価はいったい何なのか、を深め、国民に明らかにする討論がいると思います。そうすれば、安倍首相が進みたい道は、戦後改革期よりも、日本国をもっとアメリカ追随にし、“アメリカの下請け国日本”にしていくものであって、思想的な左右の立場を超えて、これは許されるものではない、という世論が広がるでしょう。



 部活動の根本的見直しを提言:あいち民研(15.6.6.)


さる5月31日に、名古屋市内で、あいち県民教育研究所の総会があり、併せて記念企画として、同研究所「教育への権利部会」が中心となってまとめた「提言 小中学校の部活動を見直そう」をめぐる報告・討論の会が開かれました。

あいち民研のホームページもリニューアルされたので、一度立ち寄ってみて下さい。そのサイトから、「提言」の全文はダウンロードできます。

 あいち県民教育研究所ホームページ 


ここでは、「提言」の総論的なまえがきに当たる部分で、部活動をめぐって何が問題なのかを述べているので、その箇所を引用しておきます。

                           ***                               
  

第1 に、愛知県では小学校のほとんどで部活動が実施されていますが、これは全国的にもまれです。小学校の学習指導要領には部活動の記述はありません。その部活動で多くの教員が超過勤務に陥り、また児童も放課後の自由な時間が奪われています。

第2 に、中学校の教員は国際的に比較しても長時間労働を強いられています。その主たる原因は部活動の指導にあります。今日の中学校は、いじめ問題、キャリア教育、アクティブラーニングなどの新しい指導方法の研究など多くの課題がありますが、部活動指導のため、様々な課題に取り組む時間の確保が困難となっています。教員の本務は教科等の指導を通じた教育活動にありますが、現在は、本務外の部活動が本務を圧迫しています。

第3 に、部活動の顧問は、かならずしも専門家が担当するとは限らず、まったく未経験の競技の顧問を担当させられる場合も多く、指導の専門性が担保されていません。そのため児童生徒の安全確保、身体への影響など深刻な問題も生じています。

第4 に、部活動の顧問は、建前上は「教員の自主的、自発的活動」とされていますが、実際は事実上の校務分掌の一環として校長の包括的職務命令の下で行われており、学校によっては顧問になることが強制されています。その上、平日の勤務時間終了後の部活動指導は無給で、休日の指導に関しても僅かな手当が支給されるのみです。

第5 に、長時間にわたる部活動の児童生徒への悪影響です。成長期に同じ競技を連続して行うことや過度の練習によるスポーツ障害などの弊害が指摘されています。また中学校での部活動は「生徒の自主的、自発的な参加」(学習指導要領)により行われるものとされていますが、多くの中学校では「全員加入制」がとられ、勝利至上主義のもと過度の活動が行われています。朝の始業前の練習(朝練)や土日の練習など部活動中心の生活は通常の教科の学習にも支障を来しています。



 記者会見、ちょっとドイツビールで乾杯、そして法話の言葉との出会い (15.6.4.)


「登校拒否・不登校問題 全国のつどい 第20回 in愛知」の開催を発表するために本日午後、愛知県の県政記者クラブにおいて記者会見を行いました。私も同席して、実行委員長として「あいさつ」を述べました。記者からは大事な質問も頂き、事務局メンバーがそれらに答えて、無事に終了しました。

そのあと、事務局の皆さんそれぞれに用があるので散会して、私は、かねてから頭の「引き出し」のグルメリストにいれておいたお店、新栄、CBC側のドイツ料理の店(パブ風)に行って、一人打ち上げをしました。ホワイトのビールを陶器のジョッキで、そしてお店の自家製ソーセージも。

椅子・テーブルは木製で「てかり」も渋い年代物。煉瓦の壁がむき出しの中二階の部屋。出口のレジスターは、ハンドルで回して金銭収納ポケットが飛び出す旧式のまま。といったレトロ風の雰囲気にドイツ製ビールがまた合いますね。

一人打ち上げで「まとめ」をした後、地下鉄「新栄」駅に向かってあるいていると、ちょうど交差点の角にある寺院の掲示板に、達筆な書で下記の言葉が。

「ものに縛られるのではありません。ものにとらわれている心に縛られるのです」

これは至言、とつい覚えてしまいました。これはいろいろと応用が効きます。「死」がひとを縛るのではありません。「死(の怖れ)」に囚われている心が縛るのです。

「学校」があなたを縛るのではありません。「学校」に囚われている心があなたを縛るのです。

さらに、あなたの想いを寄せるそのひとがあなたを縛るのではありません。そのひとへの未練心があなたを縛るのです、と。

なぜ、こうもすっと惹かれたのか。気になって、あとでiPadで見たら、そこは「宗圓寺」という、浄土真宗東本願寺派のお寺でした。ですから、この「法話の言葉」は、このホームページの下段に書きました「『愚禿』について(15.5.30.)」の通り、親鸞の思想に由来する面があり、おのれの愚かさにまず気づきなさい、まずそこで和解しなさい、という説法になるのです。

記者会見で、私なりに短い挨拶の中で、「不登校とは何か」をかなりズバリと言い当ていたと自負していました。その後、「打ち上げ」。そして帰路に、この法話の言葉に出逢った。私は、いさぎよく先ほどの自負心を棄てた。−−−−よくできているストーリーではありませんか。



 V.E.フランクルの「問いかけ」は、あなたにも湧いてくるもの(15.6.3.)


清眞人氏も著書『創造の生へ』で引用した、フランクルの言葉。すなわち、「私たちが『生きる意味があるのか』と問うのははじめから誤っているのです。つまり、私たちは、生きる意味を問うてはならないのです。人生こそが問いを出し私たちに問いを提起しているからです」(邦訳『それでも人生にイエスという』より)。

フランクルは、強制収容所で生き延びた体験を基に著した邦訳名『夜と霧』の著者として知られるひとです。彼は、収容される前からフロイトに師事してきた精神医学者で、みずからの考察を基に、ロゴセラピーという精神療法のセオリーをまとめていたそうです。それは、「人が自らの『生の意味』を見出すことを援助することで心の病を癒す心理療法のこと」(「ウィキペディア」の解説を借用)です。彼は、収容所でみずから絶望と闘いながら、そのロゴセラピー理論を検証したともいえます。

その彼の言葉です、上記の「問いかけ」は。

それは、絶望あるいは行き詰まりの状況でかれが発見した「問い」なのでしょう。そのせいか、分裂病の人たちが協同で暮らす「べてるの家」(「べてる」は、Bethel=神の家のこと)のキーパーソンである向谷地氏も、このフランクルの言葉を支えにして、分裂病患者さんの様々な出来事と向き合い、そこにつどう人たちの話を聴き、今日に至っている(斉藤道雄『悩む力』みすず書房、2002年)。

そうしたフランクルや向谷地氏のような、ほんとうに困難な極限に近い境地ではないけれども、たとえば不登校を続けている思春期のひと、引きこもりの若者、あるいは下記の「私の体験」をもつ折出にしても、ふさぎ込んで、行き詰まっている状態でこの言葉に出逢えば、ビビッと電撃が走るかのようなひらめきが起こるのです。

困難な出口の見えない「いま・ここ」にいること、様々な苦労や危機が続いていつ終わるのか、いつになったら楽になれるのか、と絶望感さえいだいてしまう。そのとき、この人生をこのまま生きていて何の意味があるのか、の問いではなく、いま・ここにいる自分に人生は何を問いかけているのか、と問い直すことです。

勉強をこなし、スポーツで頑張り、就職してからは職場の業務に誰にも負けないくらいに誠実に取り組んで、実績も上げてきた。その自分はどこかに「弱さ」「もろさ」を見られてはならない、といつも構えすぎてきたのではないでしょうか。

いったい自分は何をどうしたいのか、どう生きたいのか。その「問い」を自分で発見するのが、行き詰まりや壁にぶちあたった時なのです。「行け行けドンドン」で走りっぱなしの時にはそれに気づかなかった。気づこうともしなかった。いや、立ち止まって、ゆっくりと自己内対話をすることさえ、あなたにはなかったのではないでしょうか。

「人生から私が問われている」とは、「私」のあるがままの姿と和解する大事なきっかけをそこで見つける、ということです。自己自身との和解がこんどは他者との和解へ、他者の受容へと広がっていくからです(参照、前掲『悩む力』)。

私の場合にも、心身症のつらさの中で行き詰まりをくぐりながら、『宮本百合子全集』を読む中で、作家・宮本氏から、フランクルの「問いかけ」と同じような働きの「問い」を頂いたように思います。不登校の子どもも、アニメから、あるいは小説から、ドラマから、ひょっとしたらかわいがっている小動物との接触から、ハッとするような思いでその「問い」を見つけているのかも知れません。

                       *****                               
        

 私の体験から(15.6.2.)


6月21日に、「登校拒否・不登校 全国のつどい」実行委員会の方々に、話をすることになっています。不登校支援のセオリー的なことは私なりに日頃考えてきたことを整理してお話するつもりですが、あの実行委員会の有名な、一人一人の語りが続く「自己紹介」ドラマを聞いていると、懐の深いひとばかりですから、並の話ではだめだなという気がします。

教育の講演で、私は、家族のことや自分の体験を持ち出すのをむしろ意識的に避けてきたタイプなのです。ですから、どうしても話が論理的になったり、探求的になって「難しい」とされたこともあったのでしょう。

今回は、私の体験と重なる主題でもあるので、だいたい以下のような物語を補足で話そうかなと思っています。

【私の体験から】

「前厄」にあたる38歳を向かえた時、いろいろのことが一度に重なって、私は心身症の診断を受けました。父の死、当時の講座再編の責任者としての対応、そして500枚の単著の原稿執筆。夜も眠れない日々が続きました。

 通院先の内科では、血圧が120−190といわれました。医師曰わく、「これは高速道路で前の車を追い越すときに緊張で一時的に血圧が上がる、その状態だね」と。レントゲン検査で心臓肥大とされました。危ないところでした。

 その年のセンター試験の頃に調子が悪くなり、およそ1年間、つらい日々が続きました。

 休職も考えましたが、所属の講座が、すべての委員会から外してくれて授業だけやればいいようにしてくれたので、どうにか続けることが出来ました。当時のことを知る或る学生は、後に、「青白い顔でほんとうにしんどうそうだった」と。声の力も落ちていたので、持ち運びの小型スピーカーを使って授業をしました。

 身体の血液の質を変えるために、一年間玄米食でとおして、子どもたちも遠足などで弁当の時は玄米だったので、いまだにそれを持ち出します。笑い話として。

 ある五月の五月晴れの日。私は授業が無かったが気力が落ちていて朝から寝ています。妻も、子どもたちも「行ってきます」といつも通り出て行きました。窓から晴れわたった空が見え、静かな部屋に一人ぽつんと寝ていると、なぜか広島の田舎の我が家のこと、父の遺骨を納めたお墓のことが浮かんできました。自死念慮はこういう形で出て、ふくらんでくるのかも知れない、とその時はまだ冷静に読み取れました。

 仕事部屋にしている四畳半の和室の壁三面にある書棚の本をほぼ全部入れ替えました。同じ棚に前後二列に並べていたのですが、前面の哲学や社会思想の書物、専門書がものすごく威圧感をもって迫ってくるようで、後ろに隠したり、段ボールに収めたり、眼に触れないようにしたのです。

 引きこもりの若者が、自分の大事にしていたオーディオを壊したり、教科書などを投げたりするのは、自分が自分であることの確かさにつながるはずの書物や物品が、自分を脅しているように感じられるからです。一時的に、こちらを追いつめる威力に見えるのです。強迫性とは、こういう心理状態のことです。ですから、家にこもっているいらだちもありますが、孤立無援感の中で、ほんとうに自分を支えてくれる、何か頼りになるもの・ひとが欲しいことへの裏返しの行動でしょう。

 このように私が心身症で落ち込んでいる頃、ある実践記録を読みました。高校の女子生徒が入学したが不登校になったままで、その高校を退学する決意をかためた時、父親に頼んで、夜に制服を着て人気のない母校に車で連れて行ってもらい、一人、高校の校舎に別れを告げた、という話でした。その生徒にとっては、「なぜ高校をやめなくてはいけないのか」という思いと、「私にとっての高校は、そのまま私の心の中に生き続けて欲しい」という思いが入り交じっていたのではないでしょうか。

 当時、その記録を読んで、私は、わがことのように共感できました。そして、泣けました。

 その後一年くらいたってどうにか体力・気力も回復して、休職もせずに、満期退職まで働きました。

 振り返ると、自分のおかれている現実をなかなか受け入れがたいこころの葛藤があり、「弱く・もろい」と自分で自分をせめてしまう自問自答の繰り返しがあり、そして湧きおこる孤立無援感をいだき、何か頼れる者を必死で探していたように思います。私の場合、『宮本百合子全集』を買って積ん読のままであったのを、かたっぱしから読みました。哲学・教育学の本は読めなかった(読みたくなかった)が、宮本百合子の柔らかな文章で綴られた物語や評論は、まさに砂地にしみ通る水のようでした。家族はもちろん大きな支えでしたが、精神的、思想的な面では、その作家が、当時の私にとっては《伴走者》になってくれたのだと思います。

 「不登校・ひきこもり」の子ども・若者はもっと複雑で、もっと言うに言えないつらさを体験したし、していると思います。1年間の出勤困難体験から私もそうであったように、懸命に、自分と外をつなぐ「窓」、今の状態から抜けだす「窓」、新しい自分が見えてくるかも知れない「窓」を探している(いた)ように思います。

 もしわが子が同じ状況の読者がこれを読まれているなら、表向きは家族に暴言を吐いたり、あるいは黙り込んだりして、「なぜあの子が、ここまで変わるのか」と思われるでしょうが、その子なりに、孤立無援感と闘っているのです。

 目の前の「ランプのかさ」(その子の表す言動)にとらわれず、その内側にある、こちらからは見えにくい「ランプの光」(その子の自己実現の力)を見てあげる(信じてあげる)ようにして下さい。



 学問の自由をめぐるシンポジウム、7月に開催 (15.6.1.)


今年の3月、4月にわき起こった話題、すなわち国立大学に「国旗・国歌」を義務づけるのは妥当だ、との安倍首相や下村文科相の発言は、国の大学行政を預かる立場のものとしてはきわめて重大な問題を持っています。掲揚・斉唱は各大学の総意と判断で決められるべきで行政権力が介入して、一律に実施させるというのは、憲法23条の「学問の自由の保障」に反すると同時に、最近の安保法制化への動き、「道徳の『特別教科』化」ともあいまってこれからの日本の行方にも関わる、おおいに危惧すべき問題を持っているからです。

私の前任校では永年国旗の掲揚はしてこなかったのでしたが、このたび、「この4月入学式から国旗の掲揚を実施し、国歌斉唱については他大学の動きを見て検討する、このことは国会での文科相の発言等の前に、自主的に決めたことだ」との主旨の学長談話が、4月の初めに『毎日新聞』名古屋本社版に載りました。

同記事によれば、そう判断した理由の学長コメントは「これまでも(国旗掲揚に:引用者)反対してきた理由はなかったし、これからもないので」というものでした。あぁ、こういう形で、教員養成の歴史の暗部は消されていくのか、と落胆しました。

なぜなら、「日の丸を掲揚しない」明確な理由があったからです。それは、戦前からの師範学校を統合して戦後に新制大学の学芸大学となり、60年代末の改革で今の教育大学に至っている歴史からすると、師範学校時代に、教え子を戦場に送った厳然たる教育の事実があることをふかく受け止め、その侵略の象徴であった日の丸を、戦後となっている今も無定見に掲揚することには慎重であるべきだ。まして国旗の問題をめぐっては世論も二分されているのだからなおさら慎重に対応していこう。それをもって教員養成における国民の負託に応える大学としてのぎりぎりの公正な見識を表そう。こういうのが、前任校でずっと式典で壇上に国旗を掲揚しない理由だったのです。

前任校の大学附属各学校では、他の公立学校と同様の対応をしてきております。あくまで、わが国の教員養成がもっている歴史的な重大な事実を忘れない、忘れてはならない、という精神が底流にあったのは確かです。それが、いつの間にかマンネリ化して、前年もそうだったからと慣習化していたとすれば、それはそれで問題ですが、決して「掲揚しない理由は何もなかった」わけではありません。

話を戻して、先の談話のようにさらりと「特に反対の理由無し」で、その大学の前身校時代の軍国主義・国家主義への加担を棄て去るかのような立ち位置の取り方は、いかがなものか。まだ、掲揚を支持するその理由はこうだからだ、と見解を表明して堂々と理念を述べる方がよほど大学人らしい。

長くなるのでこの辺で。暑い中に、その暑さのせいでさらにHP担当者までがヒートアップしてはいけないので(笑)。

以上の問題をめぐって抗議署名を呼びかけた広田氏らの主催で、下記のシンポジウムが開かれます。主催者の了解を得てここにアップします。

《シンポジウム参加の呼びかけ》

国立大学の入学式等における国旗掲揚と国歌斉唱を政府が要請するという、これまでにない事態が起きています。このことは、大学の教育研究にとって、政府との関係の面で大きな転換にもなりかねません。それは同時に、日本社会における思想の自由の大きな危機ともいえます。本シンポジウムでは、学問の自由の観点からこの問題を考えていきます。

名称: 学問の自由をめぐる危機――国旗国歌の政府「要請」について考える――

日時:7月4日(土)18:00〜21:00 (受付は17:30から)

場所: 東京大学本郷キャンパス 法文1号館25番教室
(文京区本郷7-3-1 地下鉄「本郷三丁目」駅、「根津」駅から徒歩8分、地下鉄「根津」駅から徒歩8分、「東大前」駅から徒歩5分)
*参加費無料、事前受付不要
主催: 学問の自由を考える会

プログラム:
18:00〜18:10 主催者挨拶 広田照幸(日本大学・教育学)
18:10〜19:45 報告

〇石川健治(東京大学・憲法学)「天皇機関説事件八〇周年――学問の自由と大学の自治の関係について――」
〇橋本伸也(関西学院大学・西洋史)「大学と国家――ヨーロッパ大学史に見る悩ましい関係」
〇山口二郎(法政大学・政治学)「学問の自由と民主主義」
19:45〜20:55 質疑応答と討論

コメンテーター 岩崎稔(東京外国語大学・哲学/政治思想)
コーディネーター 広田照幸

*シンポジウムのポスターは、次のサイトからダウンロードできます。
学問の自由を考える会ホームページ  http://academicfreedomjp.wix.com/afjp#!sympo/c1mct
*問い合わせ先
メールでの問い合わせ先:academicfreedomjp+contact@gmail.com
電話での問い合わせ先:080-4200-1687(広田)



 「愚禿」について(15.5.30.)


以前に或る書物で、哲学者の西田幾多郎が書いた「愚禿(ぐとく)親鸞」という論考があるのを知ったものの、忙しさの中でそのままになっていました。このたび、あることで「青空文庫」にデジタル版で収録されているのを知り、入手して読みました。

西田は、「愚禿」とは、我が身を振り返り、おのれの愚かさ、もろさをわかってこそおのれの存在の全てが見えることを表す思想だという主旨を述べた中で、下記のように述べています。読みやすくするために、原文をさわらずに、改行だけ入れております。

《(前略)ただ翻身《ほんしん》一回、此《この》智、此《この》徳を捨てた所に、新な智を得、新な徳を具《そな》え、新な生命に入ることができるのである。これが宗教の真髄である。宗教の事は世のいわゆる学問知識と何ら交渉もない。コペルニカスの地動説が真理であろうが、トレミーの天動説が真理であろうが、そういうことは何方《どちら》でもよい。徳行の点から見ても、宗教は自ら徳行を伴い来るものであろうが、また必ずしもこの両者を同一視することはできぬ。

昔、融禅師《ゆうぜんじ》がまだ牛頭山《ごずさん》の北巌に棲《す》んでいた時には、色々の鳥が花を啣《ふく》んで供養《くよう》したが、四祖大師《しそだいし》に参じてから鳥が花を啣んで来なくなったという話を聞いたことがある。宗教の智は智その者を知り、宗教の徳は徳その者を用いるのである。三角形の幾何学的性質を究めるには紙上の一小三角形で沢山であるように、心霊上の事実に対しては英雄豪傑も匹夫匹婦《ひっぷひっぷ》と同一である。

ただ眼は眼を見ることはできず、山にある者は山の全体を知ることはできぬ。此《この》智|此《この》徳の間に頭出頭没する者は此《この》智|此《この》徳を知ることはできぬ。

何人であっても赤裸々たる自己の本体に立ち返り、一たび懸崖《けんがい》に手を撒《さっ》して絶後に蘇った者でなければこれを知ることはできぬ、即ち深く愚禿の愚禿たる所以《ゆえん》を味い得たもののみこれを知ることができるのである。上人の愚禿はかくの如き意味の愚禿ではなかろうか。他力といわず、自力といわず、一切の宗教はこの愚禿の二字を味うに外ならぬのである。(後略)》
(注記:青空文庫「愚禿親鸞」より。 URL=http://www.aozora.gr.jp/cards/000182/card3503.html  アクセス日 2015.5.30.)

【折出の意訳】

「いま・ここで」生きている自分が身につけて、善かれと思い行動しているその「智」及び「徳」にただすがるのではなく、いちど棄てなさい。そうすれば、あらたな生き方、人生の境地が開けてくる。

中国のある故事にあるように、ある禅を修める師が北の奥深い山に住んでいた頃には、鳥たちが花を口に含んで供養するのに甘んじていたが、四祖大師に学んで禅の修行に入ったら、鳥たちは来なくなった。高い智を究め高い徳を備えるようになると、その智や徳そのものが宗教の品位を表すのであるから、鳥たちにも自分の供養を超えたところでその師が頑張っているとわかっていたのである。

ただ、原理はシンプルで、三角形の幾何学の性質は、一つの小三角形があれば十分である。なにも英雄や高貴な地位の者である必要はない。凡夫であってもそれは同じである。

眼で(自分の)眼は見られない。山に住まいするからといって、山の全体をわかっているとは限らない。「この」智を得て「この」徳を備えたとしても、それをもっておのれの名を世に出したかとおもうと、そのうちすたれていく程度の者には、「この」智、「この」徳の真髄は見えないままである。

切り立った崖から手を離しておのれをなげうった後に蘇った者でなければ、そこまで捨て身で生と向きあった者でなければ、これらの何であるかを知ることはできない。僧に身を変えてはいるが、ただ断髪して禿頭の、愚かしい者でしかないと、おのれを直視すること、その全てを受け入れ吟味することをくぐった者のみが、これを知ることができる。親鸞の言う「愚禿」とはこういう意味のことではなかろうか。他力・自力に拘わらず、一切の宗教はこの「愚禿」の二文字をしっかりと吟味することにほかならない。



 人を相手とする職業に就くために入学したはずなのに、なぜ(つづき) (15.5.28.)


人と話し、かかわることは、「他者への思い」を同時に育み、より繊細にしていくものです。普通に人と接して、普通に仲間関係を築いていく中で。

市場の競争と評価が全ての価値を決める、という競争ルールの自由主義=新自由主義は、アトム化作用によって上記の関係を冷徹なまでに断ち切ります。ホンネは相手を信用できない。しかし、表向きは、たわいのないじゃれ言葉でつきあう。この偽装された(した)会話と付き合いは、その自分自身のこころを渇いたものに変えていくし、「他者への思い」は育つどころか、他者を「操作する相手」とみる感覚がふくらんでいく。

しかも、ある程度以上の進学校で競争環境に浸ってくると、自分が強制的にコントロールされているので、その反動・反発で、誰かをコントロールしてしまう。これが、いじめや(デートなどの)DVに現れている。ひとに直接向かえないひとは、モノを自分でコントロールして自分の支配欲を束の間でも満たそうとする。そこに、SNSの世界独特の「目立つことで人びとをコントロールする」という風潮が加わると、今回の記事のような軽率(と本人は思わないからやってしまうのだが)な行動にさえ、出てしまう。

アトム化と他者の喪失、他者のモノ化、実は自分のこころの枯渇化。これらの複合現象が、今後も、いろいろの場で起こりえる。そうした、社会の意識の裂け目を狙って、「大国日本」の意識づくり、「国への貢献」意識の喚起、そして「何かやれることがあるはず」という、手応え感の引き出し方が、若者をどんどん右傾化させていく。

そういう構図での出来事と押さえておく必要があるでしょう。

                 *****                      

 人を相手とする職業に就くために入学したはずなのに、なぜ (15.5.28.)


◆「毎日新聞 2015年05月16日」デジタル版ニュースによると、「日本歯科大学新潟生命歯学部(新潟市中央区)の男子学生(2年)が、頭蓋骨(ずがいこつ)の模型にたばこをくわえさせた写真をツイッターに投稿したとして、大学側が処分を検討していることが15日、毎日新聞の取材で分かった」ということです。「学生は『遊びでやった』などと話しているという」。
(注記 URL=http://mainichi.jp/select/news/20150516k0000m040077000c.html  アクセス日 2015.5.28.)

同記事によると、同大学教授会で学生の「処分」を検討しているとか。これについては、自前で購入した教材用の「頭蓋骨」への行為らしく、「この程度でなぜ騒ぐ?」というレベルから「注意程度いいはず」といった許容まで、若者と思われる発信者の声が次々とツイッターで流れています。

◇この種の事案については、およそ2年前には、岐阜県内の看護専門学校生が患者の臓器を手にもって笑う自分の姿を同じく画像でツイッターに流して問題となり、同学校サイトによれば、校長名義の「お詫びと報告」で、「退学」にしたそうです。

このときのツイート反応は「こういう人に看護師になって欲しくない、退学は当然」の声が多かったようです。

◆私もこの4月から「看護学部」の一教員となりましたので、この問題については「私は医療分野の専門ではないから」と距離を置いてみておれない、重要な問題が横たわっているように思います。

◇まず、以前にも、アルバイト先で大型冷蔵庫や消費者の口に触れる商品のある冷菓のケールなどに入って写メールで取ってFBやツイッターに流す行為がありました。要するに、自分の発信に注目を集めたいとか、何か変わったことをやって周りをおもしろがらせたいなどの動機です。上記の医学部生や看護専門学校生の行為も、「遊び」気分の延長で、同じく自分のその画像を仲間に、あるいは不特定多数に見せて注目を浴びたい動機があったであろうことは推測できます。

しかし、です。いずれも、人を相手とする職業人になるために入学した大学あるいは専門学校でのことです。自分たちの学びの原点となる生命の根源の人骨や臓器を「遊び」気分のツールに使ってしまう。そこに、一人の人間としてこころのブレーキが働いていない。ここが大問題です。

後者の看護専門学校生のような気分のまま、仮に卒業して看護職に就いたとしても、患者の排泄物を「ワー、くさい! 汚い!」と、患者のその側で平気で言ってしまうのではないでしょうか。

◆したがって、第二には、職業に就くための基礎教育段階として、職業倫理教育が非常に曖昧になっている面はないか、ということです。これは、教員養成にも言えます。先日の、東京都立川市での「いじめ抑止のため」という「クラスの全児童からの指紋採取」も、一面ではそこに通じる問題です。

◇第三に、上記の彼や彼女らおよび同世代の若者の側にも目を向ける必要があります。「処分」あるいは相当の厳重な対処をして終わりでは、個別のことで終わってしまいます。

◆私見です。私は、かれらが、これまでの育ちの過程で、自分自身が「モノ」あるいは無機的な存在に近いような扱われ方、言い換えれば、「十把一絡げ」(多くのモノを束ねて扱うこと)的な存在感覚を、教育によってか、世間の感覚によってか、無いとは思うが家族によってか、されてきたことの影響がこうして出ているのではないかと見ます。

元の原理は、自己の人権を手厚く扱われなかった者は他者の人権を踏みにじるか、粗末に扱う、というテーゼです。教育学では、自己の人権と尊厳を保障されない教師は、子どもの人権と尊厳を保障できない、というテーゼです。亡くなった小川太郎氏が、たしか『発達と教育』または『教育科学入門』で述べていました。

◇自分の生命・身体・各種の臓器を尊厳を持ってあつかわれたりうけとめられたりしてきた若者は、上記の行為をする必要が無いどころか、それを忌み嫌うと思います。なぜなら、それは自己否定であるからです。

医療、介護などの分野にチャレンジして社会に貢献したい若者が増えつつあります。とても貴重なことで、すばらしい夢です。圧倒的な多数のそのひとびとには、今回のこの記事の内容はほぼ無縁です。しかし、改めて、ひとを相手とする職業を目指す若者に言いたい。
 あなたを生み育てた親の人骨や臓器を「あそび」気分の道具にされてもあなたは平気ですか。ひとを相手とする医療従事者に就くということは、わが親にも通じる、ひとの尊厳とかけがえのなさに寄り添い、そのひとの生き方・人生に医療者として伴走してあげながら、まっとうに、かつ精一杯実現させてあげることを意味します。

だから、それにふさわしい労働条件と待遇が保障されるべきなのです。これは政治・政策の果たすべき課題です。しかし、一番肝心なのは、その医療者自身の人間観、倫理観です。これまで受けてきた競争社会故に、その市場原理的な考え方の流布故に、あなたはアトム化されて「モノあつかい」される被教育の感覚をどこかにもっているかもしれないが、どうか、それに流されずに、「自分くずし」を試みて、ひとをいとおしんでその尊厳に惹かれる、トータルな生き方を持った専門職者になってください。



 メモ(15.5.25.)


◇このページの5月20日付の「立川市で起きたいじめ対応(クラスの子どもの指紋採取)の事案」に関する、私への取材記事が『朝日新聞』東京本社版、5月25日付朝刊、東京地域のページに載りました。

『朝日新聞』デジタル版ニュース速報


◆この4月から勤務している人間環境大学看護学部のサイトに「教員紹介」が設けられ、私も含めて専任教員全員の顔写真が載りました。



 「道徳教育と学習指導要領」で講座の講師を務めました (15.5.24.)

臨時教員制度の改善を求める会・愛高教・名高教・愛教労の合同主催による「しゃちほ講座 2015」の一環として、標記の講座を引き受けました。愛知県教育会館の7階の会場には小中高、特別支援の各学校の現職の非常勤講師が参加。通常の受講型の配列でほぼ満席。

道徳の「特別教科」化を中心に、今何が起きているか、戦後の道徳教育の考え方はどうであったか、今後実践的にはどのように対応していくか、について約45分という短い時間でしたが、すべてポイントは話しきりました。

そもそも道徳を「教科」カテゴリーに加えるという推進者の論理が(教科論から見て)破綻していること、「改正」に際して行ったパブコメの文科省回答を読むと、「道徳が教科になることで教科書が使えて、質的転換が起こる」というように、初めに「教科化ありき」であること、さらに小学校の学習指導要領「道徳」の新旧対照表に照らしてみても、明らかに「道徳科」中心の教育課程に切り換えるものであり、学校の教育活動全体を通して行う、という戦後の教育方針を「隠した形で」放棄しているに等しいこと、を話しました。

そして、これら全体が、国による教科書検定のもとで内容統制を権力的におこなうものであるから、この「改善」によって今までとは違ってはっきりと国定道徳教育の実施にいたるものであることを述べました。

これらの論理立て、その「改善」の手法は、ほとんど、「集団的自衛権行使」容認の閣議決定を踏まえ、何が何でも安保法制化しようとする今の政府のやり方と類似しているのです。



 現職の養護教諭による、養護教諭の職務の社会学的解析 (15.5.23.)


愛知の養護教諭のサークル「てのひらの会」で講演したつながりで、同会の会員でもあり現職であるKさんから、名古屋大学大学院で博士の学位を取得した養護教諭(県立高校勤務)がいて、その学位論文を最近本にして出版したので是非読んでみてと言われていたので、このたび入手して、ザッとですが読ませてもらいました。

すぎむら なおみ『養護教諭の社会学 〜学校文化・ジェンダー・同化』名古屋大学出版会、2014年が、その著作です。2012年に、名古屋大学大学院教育発達科学研究科に提出した博士論文が基になっているとのことです。

A5版で340頁プラス参考文献一覧という大著です。これまで学術的な考察の対象になることがおそらくあまりなかった分野の研究的な著作として、評価されると思います。
「社会学」と銘打ってはありますが、その研究的方法は、エスノグラフィー的なアプローチでしょう。エスノグラフィーとは、元は、「民族誌学(的)手法」ともいわれており、「ウィキペディア」の当該の項目によると、「民族誌(みんぞくし、英語: ethnography)は、フィールドワークに基づいて人間社会の現象の質的説明を表現する記述の一種」とされています。これが次第に転じて、ある事象の実態についてフィールドワークを主とし、対象者に聴き取りをおこない、したがって当事者のナラティブ(語りの)アプローチも織り込んだ複合的な研究手法としていろいろの分野で使われています。

同書は、サブタイトルが表すように、教員社会の中では「周辺」に位置づけられがちで、しかも女性の職員が多いことから、「移民」「女性」の二重の差別(同書より)や敬遠にあってきた著者自身の養護教諭としての体験がベースにあります。そこから、「学校とは何か」という学校文化の相対化の考察がまずあります。ジェンダー的な問題意識も働いています。そこを基点に、同じ職務に当たる人びとを対象に聴き取り調査をしていることが大きな特色です。

著者が県立高校の養護教諭であることから、生徒の「語り」から(はじめて)発覚する「性暴力(レイプ)」被害のケースを主に取り上げ、このケースに直面した養護教諭たちからの聴き取りをまとめています。同書の第4章。ここが同書の圧巻の内容だと、私は拝見しました。

というのも、私自身、かつて現職時代に大学院の教育臨床専攻を担当していた際に、J.L.ハーマンの『心的外傷と回復』をテキストに使って、児童虐待、性暴力等による被害からの回復の過程をつぶさに同書から学び合った経験があるからです。先の、養護教諭Kさんも、そのとき現職者として大学院に在籍して私の講義にも出て、ハーマンを読みました。すぎむら氏の著作にも、参考文献でハーマンは上がっています。

最後に「あとがき」で、「がんばらなくても、のびのびと上下関係にしばられずに活躍できる場の構築」が、養護教諭であり教員である著者にとって大きな目標になっていると述べています。ここに学校の中で養護教諭がおかれている位置と改革すべき当事者の願いと、しかしある硬質な学校システムの壁と、これらのジレンマにたいするゆるやかな闘いの思いが率直に出ていると思います。

私も、修士課程で現職教員を引き受けて、自主ゼミや修論指導でずっとかかわってきた経験がありますから、現職者がそのまま勤務をしながら論文をまとめることがいかに苦労の多いことかはよくわかります。その着実な達成と成果の刊行に、敬意を表します。



 戦争の加害者性をどう直視するのか (15.5.21.)

近く閉会を迎える核不拡散条約(Non-Proliferation Treaty of Nuclear Weapons)再検討会議で、その最終文書に日本政府側は「世界の政治指導者らの被爆地、広島・長崎の訪問」の文言を盛り込むように提案してきたが、これに対して中国政府代表が強く反対し、結局、盛り込まれない公算が強まった。メデイアによってこう報じられています。

日本の提案は、被爆地の実相を各国代表者が視察することでよりリアルに核兵器の被爆による悲惨さを知ってそれが核兵器の抑止に少しでもつながることに意味がある、との意向からだとされています。これに対して、中国は、いわゆる「日中問題」を持ち出し、中国を侵略し人民を殺戮した加害国・日本の政治指導者たちがその歴史を認めようとしない以上、被爆地訪問が核抑止への道になるとはいえないと、反対を主張したわけです。

核軍縮のための文書案に、みずからも核保有国である中国が歴史認識まで持ち出して横やりを入れて日本側提案をつぶす、というやり方は、きわめて理不尽で、横暴とさえ感じられます。核軍縮にどう臨むのかという自国の態度表明をかわす狙いさえ有るのかと思うほどです。

しかしながら、わが国も、客観的な史実に立って、アジア各国における戦前の侵略・殺戮の加害者性を直視する姿勢を国の内外に表明していく。その一方で世界唯一の被爆国であることから、地球上の核の保有をなくすと共に二度と同じ過ちを繰り返すなと、核軍縮を強く訴える。こういう立場の取り方が大事ではないかと思います。

そのような矢先、名古屋市教育委員会の広報によれば、下記のようなシンポジウムが開かれるようです。明らかに、日本の加害者性を問うことを「自虐史観」といって強く批判してきた研究者もふくまれるこの構成メンバーで、いったいどのような「歴史学習」を論じようというのでしょうか。しかも、おそらく裏で、「南京大虐殺はなかった」とする河村市長も内容等について指示していると推察されますし、上記の国際的な情勢と相まって、こんどは名古屋市のイメージダウンにならなければいいですが。

「教育シンポジウム 中学校の歴史学習を進めるために 望ましい歴史教科書とは」
平成27年6月7日(日曜日)午前10時から正午(午前9時30分開場予定)
会場 イーブルなごや ホール

パネルディスカッション
パネラー 石井 昌浩 氏(教育評論家・元国立市教育長)、小原 友行 氏(広島大学大学院教育学研究科教授)、鳥海 靖 氏(東京大学名誉教授)、藤岡 信勝 氏(拓殖大学客員教授)

コーディネーター 土屋 武志 氏(愛知教育大学教授)



 立川市の小学校で起きた、いじめ抑止のために教諭が子どもの「指紋」を採取したことをめぐって (15.5.20.)


「朝日新聞」ウェブサイト・ニュース速報によりますと、「東京都立川市の市立小学校で、30代の男性教諭が、担任する6年生のクラス全員から指紋を採取していたことがわかった。市教育委員会が15日に発表した。教諭は『いじめを抑止するためだった』と説明しているという」と報道されました。

その記事によれば、「クラスの女児が靴に画びょうを入れられた」ことを受けて、「2日後の授業中、教諭が児童約40人から聞き取りをし、スタンプのインクで右手人さし指の指紋をとった」。問題の指摘を受けて、「指紋を押した紙はシュレッダーで処分したといい、15日に教諭が児童全員に謝罪した」というものです。

(URL=http://digital.asahi.com/articles/DA3S11756126.html アクセス日 2015年5月20日)

児童生徒からの指紋採取にかんしては、過去にも問題となった事案がありましたが、それらは盗難の疑いで該当者を特定するための識別手段として、でしたが、それであっても捜査権のない学校の職員がそれをおこなったこと、指紋は個人固有にもつものでその同意無しの採取は人権を侵害することが問われました。

論点 その1

学校の現場で児童生徒の指紋を、その必要性ありと判断しておこなうことは人権侵害にあたるのか。人権は、人が生まれながらにもつ権利(社会的に自己の尊厳に関わること・ものを守ることが正当であること)を意味していますが、指紋は、個人の生まれながらの(終生不変の)指の皮膚の文様であり、個人の存在の一部。これを、刑事上の捜査権を有する警察が採取することは公務上の正当性として条件付きで認められているが、教育現場にはそのような権限は認められていない。

まして、一教諭が学級経営上、あるいは生徒指導上、特定の児童もしくは生徒を発見するため、またはそのような圧力を当人にかけるために「指紋採取」を行うことは、教育指導権を超えた行為であり、認められない。

論点2 なぜ、この教諭はすぐに「指紋採取」という手段に出たのか。

考えられる背景や動機としては、まず「画鋲によるいじめを早くなくしたい」という気持ちが働いたこと(これについては、いじめの構図のとらえ方として後で再論します)。2つめに、この教諭がかつて被教育者として学校時代にそういう指紋採取場面を経験していたかもしれないこと。3つめに、この教諭に限らず、日本政府も批准(国会承認)している「子どもの権利条約」をはじめとする人権教育に、皮相な面あるいは教員養成課程での不十分さがあるのではないかということ。

論点3 果たして「指紋採取」でいじめ抑止につながるのか

抑止にはならない。ここに本件の本質的な問題がある。靴に画びょうを入れるとか相手の持ち物を隠すとかいう嫌がらせ行為の場合、行為者側に次のようなストレスフルの環境が起きていることが多い。(1)今進行中の学力向上のあおりを受けて勉強面や成績でストレスを感じている、(2)学級担任の日頃の指導や接し方でストレスになっている、(3)家庭のことで親あるいは塾通いのことなどでストレスフルになっている、など。

「聞き取り」をしてなおも「指紋」の手段に出ていることは、「聞き取り」では誰も該当することを話さなかったから、と推測できる。では、無記名のアンケートを採るとか、別の方法はあり得た。とりわけ、プレも含む思春期のいじめでは、見たこと・感じたことを自分の言葉で言語化させてそれを意識化させることがいじめ解決への一歩と言えるので、アンケートか感想文を(無記名でいいので)行うことを試みて欲しかった。

面と向かって悪口を言われるのもつらいが、誰かわからないまま画びょうをやられるのも、つらい。ここには、自分を隠して知られぬようにしておこなう、うしろめたさと「わかるとまずい」という罪悪感が働いている。ふつうなら、被害になっている子から丁寧に聞き取り、日頃の対人関係で何か思い当たることはないかとか、その子の日頃の行動を一緒に振り返るとか、事実の見方にはもっと別の方法もある。

論点4 問題は「指紋」が早くいじめを解決したいための手段になったことにあり、では、なぜそこまで担任は焦るのか

1つには、「いじめ防止対策推進法」ができて、それまで以上に学級担任には「いじめを出さない」というプレッシャーが加わるようになった。2つめに、法律で「児童等はいじめを行ってはならない」と決めながらも、今日のいじめとは何か、どのような現象なのか、を教育現場で十分に再学習していない。各教諭の「いじめ」観にまかせている。いじめの事実が発覚した場合、そのいじめ事象を消し去ろうとするのは、比喩的に、らんぷの「かさ」を見てこれをどうにかしようとしているもので、らんぷの「光」に働きかけて、他者を苦しめるその弱さ・もろさ、結局は自分が自分をおとしめる、いじめることになることをわからせる指導を工夫すべきである。

最後に、この教諭自身が自己の人権にもっと敏感で、その尊厳や擁護にたいする市民的感覚がふつうに確立していれば、教室で、「指紋」採取で子どもたちに圧力を掛ける手法は採らなかった。また、教育委員会もこの教諭を「処分」すれば終わりではなく、改めていじめの構図をどう捉えるのかで再学習の機会を全市挙げて行うくらいでないと、またしばらくして同様の事案が起こりえるであろう。



 近況 (15.5.19.)

近々、刊行される書籍ならびに月刊誌に、続けて書くこととなりまして、すでに編集部に送ったもの、まだ締め切りによる余裕があるので構想中のもの、合わせて三本です。

「学習の集団的創造と対話」、読み研編『国語授業の改革 15』(学文社)、今年の夏期に刊行予定。

「道徳の『特別教科』化を考える」、部落問題研究初編『人権と部落問題』2015年9月号。

「『特別の教科 道徳』にどう立ち向かうか」、全生研編『生活指導』2015年10/11月合併号。

このほかに、日本教育方法学会編『教育方法 44』所載の、道徳の「特別教科」化問題の特集に関わる論文(提出済み)。
全生研編『シリーズ 教師のしごと』(仮)の第一巻に収録の単独論考(タイトル「教師のしごと、いま何を為すべきか」、完了)。順調に行けば、今年の夏期に刊行予定。

本務校と非常勤先と週に二日は大学に行き、その他に愛知県の関連の会議が二ヶ月に一回、そしていよいよ関西地方のある都市のいじめ事案に関する第三者委員会も開催の運びとなったのでこちらにも出席します。

以前の現職時代に匹敵するくらいの活動スケジュールですが、ここで、いまスタジオに通っているpilates身体レッスン(通算で36回目のレッスンをむかえた)が多少は活きているようです。あまり疲れを感じませんから。

それに、健康のために休肝日を取り、のどが渇いても、ノン・アルコールビールでそれなりに乾杯していますので。

いま・ここに、こうしていることの一個の生命の大切さを、そうそう簡単に自然界の流れに譲り渡してはいけないなと感じております。

Life is struggle. ヘーゲルの序の言葉の意味がやっと体験的にわかるようになりました。



 お二人の方のご逝去 (15.5.19.)

私にとって、大学人として、また研究者として、貴重な示唆を頂いたお二人が逝去されました。

その一人は、新行紀一氏です。日本史学者で愛知教育大学名誉教授。東京教育大学卒で、「教科書裁判」で著名な家永三郎氏の薫陶を受けられ、北陸の浄土真宗門徒らによる一向一揆の研究で博士の学位を取得されました。享年78歳。

私が現職の時代に、学内委員会、教職員組合、日本科学者会議、その他でご一緒させて戴くことが多くありました。ちょうど全国で二番目の教員養成系大学院修士課程発足などの複雑な問題に対しても、冷静な分析と行動を述べておられたのが印象的です。

忘れられないエピソードがあります。ある学内センター長の次期候補にその単位組織は折出でまとまったのでしたが、全学の運営委員会で一部の教授たちが強行に反対をして、差し戻しを二度も繰り返した際に、センター運営の停滞・支障を考え私も同意して、別の方を候補に挙げてまとまりました。

このとき、新行氏にも助言をもとめたところ、「その新候補者に貸しを作ったと思ってここはさらりと身を引いて、別の形で全学に貢献すればいいのでは。いずれそういうときがまた来ますから」という、歴史のストーリーを見通すような話でした。

その後、法人化した後に、縁あって、知人の松田氏とともに同大学の役員を引き受けることになろうとは。そこまで新行氏が見ていたかどうかは別として、あるポストにこだわらないこと、引くときに引いて、むしろ全体の趨勢がどのように動いているかを読むことが大事だよ、と教えられました。

もう一人は、佐々木享氏。名古屋大学名誉教授で技術教育学が専門。先日、5月15日に通夜があり、会葬参加してきました。この1月に緊急入院されたときのベッドからのビデオメッセージが会場に流れ、ジェスチャー交えての熱っぽい話しぶりは変わっていませんでした。ある社会福祉法人の総会に寄せたもので、地域で子育てをすることの重要さを力説しておられました。

氏には、あいち民研の活動や平和教育関係でお世話になり、「目の前の問題の処理に左右されることなく研究者は研究者らしい筋の通った観点で物を言うべきだ」というのが氏の持論でした。享年83歳。

お二人のご冥福をお祈りします。微力ながら、ご遺志を引き継いで、少しでも良い仕事をと念じております。合掌。



 広島都市学園大学子ども教育学部で集中講義 (15.5.17.)


5月16日土曜日、2〜4限にわたって「特別活動指導法」(2年生対象)の集中講義に行ってきました。受講生たちは土曜日にも拘わらずもちろん全員出席で、長丁場の授業でしたが、しっかりつきあってくれました。

教職をめざした動機をはじめに全員に語ってもらったり、2コマ目では、全生研大会に報告されたある実践記録を読みあって意見交換したりしましたが、とても素直な感じです。

私が編集に当たらせて戴いた『特別活動』(学文社)をテキストの使いながら、補足の話を織り込んで、3コマ無事におえることができました。一緒にこの授業を組む、元学校長の同大学の特任教授も3コマずっと教室で私の講義を聴いていました。

それにしても、同大学は宇品というエリアにあるのですが、近くにはマンションや食堂・エンターテインメントのお店ができて賑わっていますが、この一体はもと宇品の港湾の一部(貯木場など)であったのを埋め立てた広大な敷地なのです。

また、こんなことも。朝、その大学へタクシーで行く途上に、かつての広島大学の跡地の側を通りましたが、高層マンションが二棟建っていたり、そのほかの施設もあって、遙か向こうにぽつんと理学部の色あせた煉瓦の建物が遺っていました。保存用だそうです。ただし、国は早く整理するように言っているとか。

広島市の南部には本当に久しぶりに訪れたので、余りの変わりようにまるで“浦島太郎”の気持ちでした。地元の人でさえ、変化が早いというのですから。

【付記】同大学の1号館(看護学部や本部がある)の二階には図書館があり、その中に「吉本文庫」のコーナーがあります。これは、故吉本均教授の書庫から和書のほとんどをこちらの図書館に遺贈として譲りうけたものだと聞きました。その設置にご努力なさった教員に実際に案内してもらいました。

奥の壁面に書棚ラック二列分の蔵書が並べて置かれています。「三木清全集」や「マルクス・エンゲルス全集」(別巻・補巻まで全て)とともに、外国の教育学の邦訳書や、授業論、学習集団論や全生研関係の著作など多くの本が整えられています。

ありがたいことに、私が謹呈した書物も入っていました。『学習集団の指導過程論』『人間的自立と教育』『人格の自立と集団教育』『相互自立の生活指導学』です。しばし、書棚を拝見して、私たちが大学院生の頃のなじみのある書物も多くあり、懐かしさがこみあげました。



 安保法制、自公合意の条文・要綱を読んで (15.5.13.)


5月11日に、現与党の自民党・公明党は、いわゆる安保法制11法案について正式に合意した、と報じられました。その抜粋を通読してみて、改めて、こうまでしても自衛隊を戦場に送り出したいのか、と思います。

自衛隊法の一部改正の法律案要綱(一括法)では、「我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生」した事態を、我が国への脅威、国民の生命。自由、幸福追求の権利が「根底から覆される明白な危険」という条件を付して、自衛隊出動の任務に加えたのです。これは明らかに同盟国、アメリカの国防を日本の自衛隊が一部肩代わりをする、ということの法律案であって、アメリカの指揮下に日本国が、条件付きとはいえ軍事面で加わることを表します。

他方、「我が国が実施する諸外国軍隊等に対する協力支援活動に関する法律案」(海外派兵恒久法といわれる。)も、日本の自衛隊が、内閣総理大臣の政治的判断による「決定」、つまり出動命令によって海外の戦闘に加わることができることを法律で定めるものです。

いずれも、自己もしくは現地で保護の対象となる人(恒久法案では、現場にいる自衛隊員を含む。)の生命の危険回避と防護のために「やむを得ない必要があると認める相当の理由があるときは、その事態に応じ合理的に必要と判断される限度で武器を使用することができるものとする」という条理となります。

法律案独特の言い回しで、長い文節で書いてありますが、要するに、アメリカあるいは国連の要請があって、上述した状況であり、総理大臣が決断すれば、自衛隊を海外に派兵させて武器使用も可能にするということ。だから、安倍首相が「我が軍」とつい言ってしまうほどに、これは日本国としての参戦と戦闘準備の法律案と言っても過言ではないでしょう。

後者の「恒久法」案では、「武器の使用」第十一条に関して、その第4項でわざわざ刑法との関連をうたっています。

つまり、次の二つの条文の「規定する場合を除いては、人に危害を与えてはならない」としています。その刑法の該当するのは下記のとおりです。これも、要するに、この「恒久法」案成立によって、海外に出向いた自衛隊員が武器を使用して、戦闘状態で対抗している敵の成員を殺害したとしても刑法の罪に問われることはない、との主旨であり、しかも「人に危害を与え」ない限りは、威嚇その他で武器使用は認められる、ということです。

こうした安保法制がそのまま国会でとおれば、早晩、その後方支援、ロジスティックスといわれる体制づくりが進められます。それは情報システム、移送システム、交通システム、そして日本の「自衛隊派兵」を容認し応援する国民意識づくりのシステム、そして次世代にこうした日本国であることを知らせて「愛国心」を持つように教育する(安保法制下の)教育システムも加わり、事柄は多層的・多面的にすすみます。

そのロジスティックスのまさに意識体制にとっての中心的な役割をになうべく、学校教育が方向づけられる。今起きている「国旗」「国歌」の義務化問題もその一環として見ておくべきです。戦後70年、日本国の大転換を迎えようとしています。

〈刑法 抜粋〉

(正当防衛)
 第三十六条  急迫不正の侵害に対して、自己又は他人の権利を防衛するため、やむを得ずにした行為は、罰しない。
 2  防衛の程度を超えた行為は、情状により、その刑を減軽し、又は免除することができる。

(緊急避難)
 第三十七条  自己又は他人の生命、身体、自由又は財産に対する現在の危難を避けるため、やむを得ずにした行為は、これによって生じた害が避けようとした害の程度を超えなかった場合に限り、罰しない。ただし、その程度を超えた行為は、情状により、その刑を減軽し、又は免除することができる。
 2  前項の規定は、業務上特別の義務がある者には、適用しない。



 「情報倫理」教育の妥当なやり方 (15.5.12.)


今年も前期、愛知県立大学で「教育臨床」を非常勤で担当しています。最近、愛知県立大学長/愛知県立大学 情報ネットワーク委員長の発信者名で、ある「通知」がメールで来ました。

それは、こういうものです。「平成27年度より、愛知県公立大学法人全構成員を対象に、『情報倫理eラーニング研修』を実施することとなりました(そのアクセス方法は略)。期日までに修了されていない場合、大学ID で認証する学内情報サービス(略)の利用が原則として停止されます」

指定されたURLのサイトにIDとパスワードで入ると、パソコン上での研修プログラム(eラーニング用の教材)が作動して、それを読みすすめて学習(ないしは再確認)するわけです。

そして、最後に、その理解度を試す「テスト」が待っています。全部で20問。択一式です。「通知」に書かれた「修了基準」は、「教材を全て閲覧し、修了テスト(20問)を全問正答し、修了すること」です。受講期限も記されていて、その日までに修了、つまり「全問正解」で「合格」の判定が画面に出ないと、大学が設定した日から以後は学内の情報サービスが該当者には停止されます。

もちろん非常勤講師も対象ですから、私もうっかりしてそのままにしていたので、本日、手順どおり「プログラム」にアクセスして、一回で全問正解=合格となりました。 eラーニング教材の内容は、簡潔な説明ながらも良くできていて、教員・学生が陥りやすいウイルス感染や、個人情報の侵害のおそれの出る行為、あるいは不正アクセスやネット被害の防止などを、わかりやすく理解できるようになっております。

私は、前任校では総務担当理事として情報システムの運用や情報倫理の担当でもありましたので、ここで一発で全問クリアできなければ、却って「あなた、何をやっていたの?」と叱られるところでした。

もちろん、学内情報サービスを利用しないのであれば受講しなくてもいいのですが、いまや学内関係者とのメール連絡も、成績提出も、情報システムを利用しなければとても手間と時間が掛かるので、やはりこの研修は受ける必要があり、そこに一定の関門を設けたのも妥当だと思います。



 ちょっとひと息:少年(低学年)サーカーの試合を観戦 (15.5.10.)


下欄の上田敏訳詞の格調高い中身とは、うってかわっての世俗的な話題です。

◇5月9日、曇天で雨模様を気にしながら藤沢で開催の、孫のSクンたち出場のサッカーの試合を観に行きました。場所は、大清水少年スポーツ広場という所で、二面のサッカーゲームが取れる上に、すぐ隣では少年野球もやっているという、めぐまれた場所です。もちろん芝は入っていなくて、子どもたちが動いたり、こちらが動いてもサ〜っと砂煙が上がって、黒靴や紺のスラックス裾が砂埃で白っぽくなるほど。

それにしても、藤沢の駅からそう遠くない立地に、これだけの広いスペースで子どもたちのスポーツ広場を確保している藤沢市は大したものです。私の住む自治体とはえらい違い。

◆肝心の試合は、15分ハーフで5分休憩、後半15分。メンバーは、どのチームも小学2年生主体で、8人制です。「8人制」は、日本サッカー協会の制定で、グランドは通常の半分の広さだが、小学校3.4年までの選手たちは、よりボールに触れる機会を持って成長していくために、8人制を取っているようです。

準決勝では、Sくんたちのホワイトカラーの「レオーネ」は、相手チームのオウンゴールで1点先取。ところが、後半で相手チームにシュートを決められ、同点。結局、PK戦に。

すると、Sクンがグリーンのジャケットを着て他の仲間と中央に集まるではありませんか。彼がゴールキーパーを務めたわけです。後で聞くと、自分から名乗り出たらしい。元のキーパーとちょっといろいろあったようでしたが。

彼が、自分のシュートを決めた上に、GKとして相手のシュートを二本止めて、PK戦はクリア。いよいよ決勝戦へ。

◇午後3時開始の決勝戦では、前半で、中央のボールの奪いあいからこぼれでたのを、背番号21のSクンがシュートして、ゴール右隅に決めて、1点を先取。

相手のブルーカラーのチームは全体的に整っていて、中でも背番号80の、前髪が似合うイケメン風のエース君が技もうまくて、後半ではS君たちは終始、押され気味。とくに、そのエース君は、Sクンの強烈なミドルシュートをからだで止めてカットすると共に、自分からもドリブルでゴールに迫るなど、ひやひやする場面が何度もあった。彼はかなり実力のある選手ですね。

最後まで緊張した流れでしたが、タイムアップとなり、「レオーネ」の優勝が決まりました。

終了後、Sクンにかけよって、「お疲れ、よくやったね」と握手。彼は、例によってシャイな表情で、にこりと。その汗と砂埃にまみれ、紅潮したほおのSクンの姿に、思わずハッとしたほどに、一人の少年期前期の男の子をそこに見ました。

◆両チーム共に子どもたちの良い試合を見せてもらって応援に来た甲斐があったなと強く感じながら、娘のお友達の車で会場を後にしました。その出発の際に、Sクンの話にいつも出てくるMクンがわざわざかけつけてきて、「Sのジイジ、バアバを見たい」と。私は助手席から彼に、「いつもSがあなたのことを話しているよ、これからもよろしくね」と声をかけました。

◇ところで、ゲームの間、応援サイドは、両チームとも二十人近くの若いパパ、ママの声と拍手で盛り上がっていました。そして、(当然ですが)自チームのすべての子どもに対して、声援と励まし。たとえば、相手ドリブルをスライディングで止めようとした、背番号24のいがぐり頭の男児には、「いいよ! その調子だよ!」「すごいよ!」と。また、「レオーネ」では最も小柄だが走る力、相手ボールをカットするアクティブさでは抜群の背番号8、Uクンには「その調子! 前へ前へ!」と。

若い親たちの連帯感、コミュニティ感が伝わってくる場面でした。

多くのママたちの声援に混じって、かなり大きな声で「S、そこだ、カット!」「S、いいぞ、ここで(ゴールを)決めよう!」と叫んでいた、ややテンションの高いジイジが一人いましたが。そばで応援していた同じチームの子のお父さんから「これで、やみつきになるんじゃないですか」とからかわれてもいました。

◆ま、そんなわけで、サッカー応援も疲れました(笑)。その日は、東京に行って一泊。ホテル近くのレストラン街に出向いて食事を取りましたが、「今日は、Sクンたちの優勝を祝って、ちょっといい地酒で乾杯だ」と一人盛り上がって、連れあいに笑われました。それでも、Sクン、あのややクールだけどもここぞと言うときには打って出る君のがんばりに乾杯だよ!



 『上田敏全訳詩集』から (15.5.6.)


ちょっと書庫を整理していたとき、ふと標記の本が目について部屋に持ち帰って頁をめくると、ちょうど今の季節にあった作品があり ました。

上田敏といえば、あのカール・ブッセの「山のあなた」が有名。それと合わせて今の時期にぴったりの「春」をあげておきます。その第二連は、まさに世相という「時代の 季節」にもつながっているかも知れません。

山のあなた

 山のあなたの空遠く

 「幸(さいはひ)」住むと人のいふ。

 噫(ああ)、われひとと尋(と)めゆきて、

 涙さしぐみ、かへりきぬ。

 山のあなたになほ遠く

 「幸(さいはひ)」住むと人のいふ。


 森は今、花さきみだれ
     

 艶(えん)なりや、五月(さつき)たちける。

 神よ、擁護(おうご)をたれたまへ、
      

 あまりに幸(さち)のおほければ。

 やがてぞ花は散りしぼみ、

 艶(えん)なる時も過ぎにける。
   

 神よ擁護(おうご)をたれたまへ、

 あまりにつらき災(とが)な来(こ)そ。

注記:( )内は、原文のルビを表す。「擁護」(おうご)とは、『広辞苑』第六版電子版では、「〔仏〕衆生の祈願に応じて仏・菩薩がこれをまもること」とある。上記の 2作品とも、『上田敏全訳詩集』岩波書店、1983年、67,68頁。



 ちょっとひと息:猿投温泉 (15.5.4.)


孫たちも習い事や練習試合が入ってこの連休には珍しく戻ってこないので、初めて、愛知県豊田市の愛知高原国定公園内にある日帰り温泉「岩風呂 金泉の湯」に連れあいと行ってきました。

同温泉の無料巡回バスが、名古屋市の地下鉄終点の「藤が丘」発で、午前には9時と11時があるので、ゆっくりと11時発に乗って出発。

藤が丘を出て6号線を走って愛知県立大を左手に見ながら進み、リニモの「八草」駅のあたりで155号線に右折して、保見で左折し、東進。中京大の豊田キャンパスを左手に見ながら、豊川橋のあたりで左折。直進していくと右手に猿投中学校があり、さらに北上していくと、こんもりとした森の中を大型バス一台がやっと通れる道に入って、あたりに民家も何も無し。

そうしてまずホテル金泉閣に着いて、何組かの泊まり客が降りて、いよいよ終点の「岩風呂温泉」に到着。およそ50分。

受付で、同温泉案内チラシに付いていた割引券を見せた(入泉料プラス昼食代のセットで、一人あたり(3400円を)2600円になった)。タオル・バスタオルセットと一緒に、靴箱の鍵と引き替えに脱衣室のロッカーの鍵を渡され、これで受付完了。要するに、ロッカーの鍵を持っている限り、何度お風呂に入ってもよいし外に出て他の店に行ってもよい。食堂でもお土産コーナーでも、買い物はロッカー鍵番号を店員のもつ器具が読み取る方式。帰りにその鍵を渡して受付で精算をしてはじめて靴箱の鍵が受け取れるので、そこはうまくできている。

「100%のラドン温泉」とのことでしたが、お湯の温度はちょうど良いくらいか、やや低めで、私としてはかなり長湯をしました。あとで説明を読むと、そのラドンの効果は、広い湯殿でその空気を吸うことが一番の効果らしい。次には、その供給されるお湯を180ミリリットルゆっくりと飲むこと(私は、これはしなかった)。

【付記】「猿投温泉の天然ラドン源泉は療養泉の規定の濃度(8.25マッヘ)を満たす21.10マッヘ/76.8キューリーのラドン(気体)を含有し、入浴以上に呼吸による効果も高く、飲泉では痛風、消化器病、糖尿病、高血圧等によく、入浴によって腎機能を改善し鎮静、鎮痛効果を発揮します。入浴だけでなく飲用、吸入の効果で幅広く効きます」(同温泉のWebサイトより)

お風呂から出てもまだ体全体がぽかぽかしている感じで、地階の食堂に行って、ちょうどカウンターが空いたところだったのでそこで食事。近くの関谷酒造の「蓬莱泉」という冷酒を300mlの瓶で一本とって、ゆっくりといただきながら、料理をご馳走になりました。

温泉の建物の前を流れる小川沿いには紅葉の木もたくさんあり、これは秋にはさぞ見栄えがするだろうなと思いました。巡回バスが便利だとわかったので、春夏秋冬、一回ずつ気分転換にくるのもいいかも。ラドン効果を少しは受ける上に、温泉行きの往復交通費は不要で、入浴料と食事代の予算でいいのですから。



【お詫び】このたび、このホームページを作成しアップしているブラウザの@niftyによりますと、「@homepage の管理サーバーに不正アクセスがあったことが判明いたしました」ということで、一旦すべてが切断した上で先日ようやく復帰しました。

そのためなのか、私の“トップページ”の後半から「情報一覧」のリストに至る全てが破壊されました。そこで、下段の通り「情報一覧」だけは復元させました。あしからずご了承を。過去のアップ情報はこれまで通りアクセスできます。



 新たな仕事で (15.4.8.)


再就職のご挨拶をこれまでご交誼のある方や元勤務先の関係者にメールで致しています。そのご返事の中で、ある方からは、これまでの仕事の組織がかなり変わり、所属の部署も多様になって、自分もその異動の一人だが心機一転がんばります、とのお話でした。

元勤務先に在任中はお世話になったいきさつもあったので、その新スタートのねぎらいを送った際に、次のようなことを書き込みました。

“流れに応じて必要に迫られ、組織が変わるのは世の常。事務にしても研究・教育にしても、大学も同じ事は起こるでしょう。

 ただし、足元をみうしなわないことですね。ラインホルド・ニーバー(アメリカ、宗教家)の「祈り」のエッセイの中に、

変えてはならないものを受け入れる平静さ、
変えるべきものを変える勇気、
それを見分ける賢さを与えよ

 というのがありますが、活動の目的と信頼や、仕事上の開かれた人間関係は、いかなる激変にあっても変わらぬものとして、平静に保ちたいですね。”



 民主的立場からの初の歴史教科書 (15.4.7.)


◆すでに報道されているように、「2016年度から使われる中学校の教科書について、文部科学省は6日、検定結果を公表し」、「社会科の検定基準が変わって初めての検定」の結果、「『東京裁判』や『慰安婦』などの記述に関連して、政府の統一的見解が盛り込まれていない、などとする意見が6件ついた」。こうした「特定の事柄を加筆するよう促し」た件を受けて、「各社とも盛り込んだ結果、政府の主張が教科書に反映される形となった」。

以上は、『朝日新聞』4月6日付、ウェブニュース速報より。URL=http://digital.asahi.com/articles/ASH426456H42UTIL035.html アクセス日 2015.4.7.)

同記事はさらに、「今回、初めて教科書をつくった『学び舎(しゃ)』の歴史では、旧日本軍の元慰安婦の記述が対象になった。同じページには旧日本軍の関与を認めた『河野談話』も書かれていたが、07年に閣議決定された『軍による強制連行を直接示す資料は見当たらない』など別の見解があるとして、追加を求めた。いったん不合格となり、出し直した教科書では、この見解が追加された。中学校教科書に『慰安婦』の記述が載るのは10年ぶり。河野談話の記述は小中高を通じて初めてだという」(同前)

◇ここで皆さん、「学び舎」という教科書会社があることに気づかれましたか。あるいはご存じの方もおられるでしょう。私は不勉強で初めて知ったので、調べてみると以下のようです。

「学ぶ会」のウェブサイトによると、まず成り立ちは、2010年8月に、「子どもと学ぶ歴史教科書の会」を結成。代表は、安井俊夫・元愛知大学教授。その後の活動を経て、2013年に「株式会社 学び舎(まなびしゃ)(本店所在地:東京都立川市錦町)」を設立した。

◆同「学ぶ会」は歴史教科書の発行を目途としており、その編集方針と魅力を、同じくホームページ上でこう述べています。

1.現場の教師がつくった、教室から生まれる教科書です。(略)
2.子どもの発想を生かし、歴史研究の成果に裏づけられた教科書です。(略)
3.授業の可能性を広げる大判教科書です。
 私たちは、子どもたちから多様な問いや意見が出てくるような授業、じっくり考え理解を深められる授業をしたいと考えています。また、この教科書を使って豊かな授業が展開できるように、以下の工夫をします。
@ しっかり読み解ける大きな絵・写真や地図をページのトップにのせます。
A 子どもたちが興味を持ち追求したくなる歴史場面を焦点化し、具体的に描きます。
B 入門期の1学年の学習から公民的分野への橋渡しとなる3学年の学習まで、子どもたちの成長と学習の積み重ねを考慮しています。
C 時間的にも空間的にも広がりのある学習ができるように、本文以外のページを工夫します。

学び舎・学ぶ会・子どもと学ぶ歴史教科書の会・教室から生まれる中学歴史教科書
1.子どもたちが歴史を楽しく学べる教科書です。
2.子どもたちが、自由に考え学びあえる教科書です。
3.子どもたちが、自分につながる歴史をつかめる教科書です。

◇同会のホームページには、「推薦」が載っており、トップに、大田堯氏が「推薦の言葉」を寄せています。

「 一つ一つの生命につながる教育が、今こそ求められています。教科書もみな同じように理解するというのではなく、子ども一人ひとりがそれぞれ刺激を受け、一つでも感じるところがあればよしとする柔らかいとらえ方が必要です。教科書は完全なものだと考えると、教化のための書物になってしまいます。

 値うちのある、必要な情報が用意されていて、子どもたちが「なぜか?」の問いを持てることが大切です。次々に問いが生まれて、本物にふれたいと思うというのが望ましい姿です。分かっていることはほんの少しだと知ると、そこから想像力が広がります。

 このような教材を、子どもに近いところにいる教師が整えるというのは至極当然のことです。この営みがかすかな光につながってくれることと思います。(談)

(注記 以上は全て「学ぶ会」のサイトから。 URL=http://manabisha.com/suisen/suisen.html アクセス日 2015.4.7.)

◆現下の検定のやり方、「政府の統一見解を盛り込め」としながら徐々に国策に寄与する教科書に近づけようとするやり方は、これはこれで大いに問題にすべきですが、その一方で、私は、上記のように、子どもたちに学びがいのある、また歴史の真実を伝える本当の教科づくりを目指した有志の方々によって、はじめての歴史教科書が検定合格となって、教室に登場することをおおいに評価し、その担い手の方々(もちろん執筆者も含めて)に敬意を表します。希望が持てます。



 着任のご挨拶 (15.4.6.)


2015年4月1日付を以て、人間環境大学看護学部看護学科の特任教授に就きました。4年制の完成年度までの任期です。

入学定員のうち、一定の人数を養護教諭養成コースに充てることにしており、私は、その選択必修科目と成ります「教育原理」「教職論」(以上、1学年次)、「生徒指導論」(2学年次)、「教育相談」(3学年次)を担当します。

本学は、岡崎に本部があります人間環境大学の大府キャンパスとして新たに開校されました。所在地は下記の通り。
〒474-0035 愛知県大府市江端町3丁目220番地

JR東海道線「大府」駅から徒歩2分程度の便利な場所です。立地は、池となっている敷地に30数本の鉄杭を打ち込んでその上に8階建ての校舎が建っている、水上の大学です。水面を鴨の群れが泳いでいます。近くを鞍流川がながれ、その周りは桜の花が咲いて、四季の変化も楽しめそうです。

校舎内は新築だけに、とてもきれいに整っており、すべての講義室は「電子黒板」です。私も先日、ノート・パソコンに専用のソフトをダウンロードして、講義資料のパワーポイントを教室のホワイトボードに映してみました。ボードの面をタッチするだけで場面の移動などができます。

研究室も頂いており、三階の南東面に位置して日当たりはよい。元の勤務先のように文献等でびっしり埋まることにはならないと思いますが、静かな環境で仕事に集中できそう。

しばらく元兼務先では役員をしていて講義から離れていましたが、ふたたび、学生たちに講義をする機会を頂き、ありがたい気持ちで、電子黒板の目新しさで紛らすのではなく(笑い)、しっかりとしたメッセージ性のある講義を目指したいと思っております。

最後に、日本生活指導学会では設立(1983年)以来、学際的なつながりで看護学・医療の会員とお付き合いがあるのでまったく見知らぬ世界ではなく、むしろ(学校的な)生活指導とも、視点は異なるが関連の深い分野なので、学会で刺激を受けたことも講義の中に活かして行けそうです。

これからは、月刊誌等での論文執筆や新聞のインタビューの機会があれば「人間環境大学」の肩書きで名前を出すと思いますが、そのことも含めてどうぞよろしくお願いします。



 早々のアクセスに御礼 (15.4.1.)


下記の拙論がアップされたのは3月30日でしたが、30.31日の内に早くも10件のアクセスがありました。毎月末に、リポジトリのアクセス件数が個別に、論文題目ごとに元勤務先図書館の情報として送られてくるのですが、それを見てわかりました。ちなみに、私のリポジトリ論文全体としては、3月期は、342件のアクセスでした。
 ご多用の中、小論にご興味を示されたことに御礼を申します。

       ***      

 久々の研究報告投稿論文 (15.3.30.)


「桜前線」のたよりが次々と入ってくる昨今。週末は雨模様らしく、今日・明日あたりは快晴で、まさに桜見物には向いているようです。

昨年3月末をもって退職して、余裕の出来た時間を活かしてかねてからのテーマの1つである「他者」についてまとめて、元の勤務先紀要に投稿し、このたび掲載されました。リポジトリ掲載ですので、外部からも下記にアクセスしてご覧になれます。

「他者概念の批判的研究」

「桜の満開」ほどには私の研究のまとめは花開いているわけではないのですが、かといって「つぼみ」でもなく、いま「七分咲き」くらいでしょうか・・・・。

2014年度前期に非常勤で通った愛知県立大学の図書館で文献を読んだり借りたりして投稿の準備をして、仕上げた論考です。ヘーゲルの「他者」論についてもっと分量を充てて論じるべき所ですが、何とか近いうちにそれをやりたいと思っています。

まずはご報告まで。ご関心がありましたら、お時間があるときにアクセスして頂き、ご一読、ご批正をよろしく。



 山本健慈・和歌山大学長のご退任・ご退職を祝って (15.3.31.)


本日、3月31日を以て、標記のとおり、山本氏が学長の任期を満期終了されます。元勤務先で私が役職を務めさせて頂いたご縁で、松田元学長とともにご交誼を頂いたこともあり、また山本氏も社会教育学が専門で同じ教育学分野ということもあって、親しくお付き合いをさせて頂いております。

山本学長は、先の3月25日、和歌山大での2014年度卒業式の式辞において、感銘深いエールと学長としての決意を語っています。

3.11後、東北支援と交流など通じて学生たちが真の学びとは何かと向き合ってきた姿を温かく評価して語り、そこには、「他者とともにある自分の幸せを追求した学生生活」があったので、その生き方をこれからの人生に活かして欲しいと。

そして、ご自身の学びにも触れて、「私は、長い研究生活の中で、『生涯学習の自由』『表現の自由』『報道の自由』が、市民の幸せ、社会の平和と深く結び付いていること、そして自由の侵害は、個人の幸福と社会における民主主義を阻害・抑圧することを学んできました。/本日卒業する皆さんには、これから市民として、自らの幸福を追求するとともに、『自由の抑圧』に抗し、民主主義の発展のために尽力して頂きたいと思います。もちろん、私も終生の課題として取り組む決意です」と述べています。

(以上は、和歌山大学のサイトに掲載中の「式辞」(URL=https://www.wakayama-u.ac.jp/file/20150325commencement.pdf)より引用。)

山本学長は、いま実社会において、従軍慰安婦問題で展示会が攻撃されたり、デモ参加を詠んだ歌が会報掲載を断られたり、さらには『朝日新聞』元記者への暴力的な攻撃が見られることにも言及しており、そうした「自由の抑圧」を見据えての鋭いメッセージです。

また、山本氏は、ご退任に先立ち、『地方国立大学 一学長の約束と挑戦』(高文研)を刊行されました(2015年3月1日付)。帯には「地方国立大学を壊死させてはならない!」とあります。

いま国立大学で何が起きているか、これに対して良識ある学長や職員はどういう考えで,何を問題にして取り組んでいるか。それを知る上で貴重な刊行だと思います。

最後に、私が、山本健慈氏に送った御祝いメールの(個人的なことを省いた)一部を披露致します。

このたびは38年にわたる教員生活ならびに学長という要職を見事に務められ、ご退任・ご退職を迎えられますこと、まずはおめでとうございます。これまで、教育学者、民衆の共感的実践者としての見識をもって節目節目で発信してこられたことに敬意を表しますと共に、御祝いを申し上げます。

過日の、卒業式の式辞で民主主義と自由の問題について若い世代に大事なメッセージを発せられたことも、今の安倍政権の危険性を思えば、まことに時宜に適ったお話であると思います。

(略)過日ご恵贈頂いたご著書(注記:上述の高文研刊を指す。)、ありがとうございます。大きな記念になる刊行で、退任学長は全国に多し、といえども、こういう形で軌跡と問題提起の出来た学長はきわめて少ないゆえに、とても貴重だと思います。

小生、この4月から人間環境大学看護学部特任教授としてまた大学教育に係わります関係で、その準備等に追われてまだ読み切っていないのですが、どちらかと言えば、(同書の)第2章以下の、アトム共同保育所運動に係わる展開に興味があります。

5月以降、(注記:ある役職について異動される、その新居住地)東京で落ち着かれたら、知人たちを交えてぜひ「ご退職祝い」をやりましょう。私は、全生研の仕事などで東京には良く行きますので。楽しみに待っております。(後略)



 ちょっと一息:ミニ・広島カープ物語 (15.3.29.)


いよいよプロ野球が開幕しましたね。私は、広島の田舎の中学校で野球部に入っていた割には熱烈な野球ファンではないのです。ただし、プロ野球12球団の中でどこか、と聞かれたら、やはり「広島カープ」ですね。単純に、ふるさとが広島だから。それに、旧く、あの狭い広島市民球場への愛着があるから。

メジャーリーグで年俸20億円というオファーの話を蹴って広島カープ「15番」の投手に戻ってきた黒田博樹さんのことが今話題になっているようですね。本日の民放TV番組「バンキシャ」でも取り上げていました。

正直なところ、前から黒田投手にそれほど注目していたわけではない、というよりカープの各選手の動きをそこまで追うほどのファンではないので、今回の彼の選択をそれほど持ち上げる気持ちはないけれども、グッドな選択をしたと思います。

熱烈なファンには叱られるけど、クールな言い方をさせてもらえば、メジャーに残るか、「15番」を空けて待っているカープに戻るか、の選択なら、賢い人なら後者を選ぶでしょう。いくら破格の年俸を約束されても投手生命は短い。ぼろぼろになって日本に戻ってからでは、いくら古巣のカープといえども彼を重用はしない。メジャーにそのまま残っても、イチローのように年齢的な衰えは必然であって、特に投手はすぐに戦力外宣告を受ける。ネガティブなイメージを背負って帰るよりは、いずれ広島に、という気持ちがあるなら、動くのは今でしょ!

「潮時」「引き際」などと言いますが、特に組織社会を生きる男性にとっては、このセンスはとても大事ですゾ(笑い)。

上記のTV番組の受け売りですが、昨年の広島市安佐南区の災害被害の直後、彼はトレーナーらしいスタッフと二人で現地を訪れ、被災した人やその支援ボランティアの人たちと交流をしていたようです。その中の誰かがメジャーで頑張っている彼のことを「すごいですね」と評価すると、「私より皆さん方の方がずっとがんばっています」と答えたとか。これは、黒田さんならずとも広島県人ならそう言いそうだなと思います。「おれが、おれが」よりも「相手を立てる」というのは、山陽人の特性としてあると思います(大阪出身の彼のもともとの人柄であると共に、広島の風土になじんでいるの意味で)

本日のヤクルトとの開幕戦は、黒田投手が先発で7回まで投げて(勝利投手の権利をもらって)、打者も打って、2−1でヤクルトに勝った。勝負の世界は、結果良ければすべてよし、です。おめでとう!!

それにしても、広島駅から、広島東洋カープのマツダ球場までの、あの線路沿いの道を「カープ・ロード」と呼んでいるとは。広島には何度か帰省していますが、まだ一度もその球場には行っていないのでTV番組で始めて知りました。

まったく隠れたカープファンの一人として言えば、黒田さん、ご自分のリズムを保って世評に引きずられずに、投手とは何か、という問いと向き合える哲学のスピリットをもった世界に生きて下さいね。
 



 文部科学省、「特別の教科 道徳」を官報告示 (15.3.28.)


文部科学省は、先に行ったパブリックコメントを経て、公式に学校教育法施行規則の一部改正を官報告示しました。

そもそも「道徳」は、いかなる要件において「教科」たりえるのか。この学問的検証をしないままに、学習指導要領の改訂をおこなうもので、問題です。国民の道徳形成にも係わる大事な案件ですから、教育現場の声、市民の声を活かすために全国の地方ブロックごとの意見交換会をもつなど、この問題に対する開かれた検討の場をもつべきでしょうに、それを十分に行ったとは思えない中での、「発車」です。

〇文部科学省令第十一号
学校教育法(昭和二十二年法律第二十六号)第三十三条、第四十八条、第六十八条及び第七十七条の規定に基づき、学校教育法施行規則の一部を改正する省令を次のように定める。
         平成二十七年三月二十七日文部科学大臣下村博文

学校教育法施行規則の一部を改正する省令
学校教育法施行規則(昭和二十二年文部省令第十一号)の一部を次のように改正する。
第五十条、第五十一条、第七十二条、第七十三条、第七十六条、第百七条、第百二十六条及び第百二十七条中「道徳」を「特別の教科である道徳」に改める。
第百二十八条第二項中「、道徳」を「及び道徳」に改める。
第百三十条第二項中「道徳」を「特別の教科である道徳(特別支援学校の高等部にあつては、前条に規定する特別支援学校高等部学習指導要領で定める道徳)」に改める。

別表第一、別表第二及び別表第四中「道徳」を「特別の教科である道徳」に改める。
附則
(施行期日)
1 この省令の規定は、次の各号に掲げる区分に応じ、それぞれ当該各号に定める日から施行する。
一第五十条、第五十一条、第百二十六条及び別表第一の改正規定並びに次項の規定平成三十年四月一日
二第七十二条、第七十三条、第七十六条、第百七条、第百二十七条、第百二十八条第二項、第百三十条第二項、別表第二及び別表第四の改正規定平成三十一年四月一日
(経過措置)
2 平成三十年四月一日から平成三十一年三月三十一日までの間における学校教育法施行規則第百三十条第二項の適用については、同項中「道徳」とあるのは「道徳(特別支援学校の小学部にあつては、特別の教科である道徳)」とする。

(URL=http://kanpou.npb.go.jp/20150327/20150327g00069/pdf/20150327g000690044.pdf#search=%E6%96%87%E9%83%A8%E7%A7%91%E5%AD%A6%E7%9C%81  アクセス日 2015.3.28.)



 ちょっと一息:若者に、厳しいが温かい「喝」 (15.3.26.)


『朝日新聞』土曜日版の「be」紙面には、「悩みのるつぼ」という連載があります。回答者は、美輪明宏さん、金子勝さん、上野千鶴子さん、そして岡田斗志夫さんたちです。毎回、人生の真実に迫るいい回答が載ります。

数日分の新聞を丁寧に見直したりして整理し、政治・思想文化・人生・生活などのテーマ別に思いつきで「切り抜き」をつくるのが私の小さな趣味なのですが、最近、その「悩みのるつぼ」を読んで、ハッとし、なるほどと深く共感したので、ちょっとその感想を。

3月21日付の記事です(URL=http://digital.asahi.com/articles/DA3S11658265.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S11658265 アクセス日 2015.3.26.)

相談者は、21歳の男性で、文面からは今就活中の大学生のようです。

出だしから、「僕は『ぬるま湯』につかった人生を送ってきました」と書き出し、「高学歴で裕福な両親のもとに生まれた」こと、「生活に困ったことがない」こと、「部活や学業もそつなくこなせて、大きな挫折の経験が」ないことを述べた後に、「現在、就職活動をしてい」るが、「将来は社会貢献を仕事にして、自分の恵まれた状況を還元したいと思ってい」るが、「恵まれている」自分にはあまりにも選択肢がありすぎて、「ひとつに絞れず何にも身を投じることが出来ません。恵まれた環境にいながらも、何も決めることの出来ない自分へ一喝いただけないでしょうか」という相談です(「 」内は記事より。途中の改行は省いた)。

今回の回答者、評論家・岡田斗司夫さんの主旨は、「あなたは実は恵まれていません」という記事のリードに現れています。

「相談文だけ読むと、一見『恵まれすぎた学生のぜいたくな悩み』に見える」けど、「闇はもっと深い」と書き出して、「本当に恵まれた人には、人生の選択肢なんかほとんど無い」のに、「(相談者のように:折出)選択肢が多すぎて決められない、というのは中途半端にしか恵まれていない証拠」だと。

相談者は、「企業の側からスカウトに来るほどじゃない」し、「何のウリも取りえもない」。「学生同士では勝ち組であったはずのあなたは、就活してみると、他の学生に比べてなにひとつ秀でた部分がない」。

「社会貢献」のためにボランティアを、と相談者はいうけど、「ボランティア、ほんとは興味ないでしょう? だからいままで、なにも活動してこなかったんだと思います」とバッサリ。

続けて、「ボランティアという異次元では『なにひとつ不自由ないのに、あえてボランティア』という、ひとつ上の立場に立てる。ここなら『恵まれすぎてるのに、あえてボランティア』と評価してもらえそう」と、内心、自分で思っているのではないかと(原文は、「・・・・・」ですが意訳しています)。

しかし、岡田さんの着地は、「あなたはかつて『恵まれた学生』だったかも知れません。でも現状は、周囲の友達と同じく、なにひとつ取りえもウリもない就活生です。恵まれすぎてる、と余計なコンプレックスはもう不要です。同じスタートラインで堂々と勝負してください」と、温かく励ましています。

       ***      

おそらく、読者の多くの方も、上記の内容を見る限り、「この相談者は甘いな」と感じられるでしょう。では、実際に、そういう相談を向けられたときに、あなたならどう応えるでしょうか。

私も含めて、ややもすると、現実の厳しさ、社会はそう甘くないことを切々と語るかも知れない。中には、岡田さんに近いことをおっしゃる方もおられるかも知れない。文面でのやりとりと対面してのそれでは相当に違うことをいったん脇に置いておくと、私のこのホームページでの話題つながりでいえば、岡田さんの回答は、わかりやすく、優しく、相談者に脱構築を求めていると言えるのではないでしょうか。

「恵まれている」と思い込んでいる生活現実が、実は「恵まれていない」どころか(本人も気づいていないほどに)「深い闇」なんだと。就活で、自分にはこれがあります、とアピールするものが何もない。それを自分でカモフラージュするために、(人が注目するであろう)「ボランティアで社会貢献を」と打って出ようとするポーズを見せる。

       ***      

これも一種のおごりであり、自己陶酔の延長かも知れません。話がいきなり脱線しますが、私の現職時代に、ある休職中の中堅男性教員の相談にのって欲しいと頼まれ、応じました。担任している子どもや保護者と合わず、トラブルが続き、学校長判断で休職をして診療内科的なケアも受けているとか。

ある場所で、二人でお会いしたとき、いきなり名刺を差し出されました。そこにはその方の顔写真とお名前と共に、いかに各研究会や教材開発で活躍してきたかという事項がずらりと、名刺のあの狭いスペースにびっしりと書き込まれている。

それだけでピンと来ました。「こんなにも素晴らしい実績のある私の教育方針や指導を、なぜ子どもや保護者はわかってくれないのか、わかろうとしないのか」。そういう自問自答がずっとこれまで続いてきているんだなと。

「わからなければならない」のは、この方のほうなんです。子どもたちのいだく要求を、です。というのも、年度の新学期、講堂で担任発表の時に、もう周りからの評判でこの先生を嫌だと思っている子どもたちですから、この方のお名前が紹介されたとたん、思わずそのクラスの子どもたちから「え〜〜〜!」という声が。講堂中に響いたそうです。でも、この方はそれを「子どもたちはこんなにも自分のことを迎えてくれた」と。

この「ずれ」に気づいて、向き合う勇気が持てるかどうか、ですね。その「ずれ」を常に自分目線で見てきたこの方のものの見方・考え方をじっくりと変えていかないと、たぶん、本当の意味での職場への復帰は難しいでしょうね。



 ちょっと一息:「トラップ・パス・ドリブル」〜コミュニケーションの技について (15.3.23.)


若い世代を中心に人気があるらしい、ニッポン放送アナウンサー・吉田尚記(よしだ・ひさのり)氏がまとめた『なぜ、この人と話すと楽になるのか』(太田出版、2015年2月刊)を、Kindle版で読みました。ご自身が「コミュニケーション障害」(これは著者も言うように本来適切ではないが、実際に広く使われていて、「人と上手く会話出来ない」「無駄話の場面が怖い」という状態を指している。)であった若い頃から苦労して、いまやアナウンサーとしてそれをかなり乗り越えてきたという、その実体験を踏まえた一種の「会話」論です。

彼は1975年生まれだから、いま40歳になるところ。実は、私の息子とほぼ同じ世代。

動画の「ニコニコ生放送」で8回にわたって彼が話した内容を編集したもので、随所に、視聴者(若い人たち)からのツイッターによる感想やコメントも引用されています。全体としては「語り口調」になっていて読みやすい。所々、著者も言語論なりセオリー的なことをしっかり勉強してきたのだなとわかる記述もあります。

なぜ、この本を読む気になったかというと、1つには4月から若い方々と大学で出逢うことになること、2つめに、川崎の中1殺害事件のTV討論で江川昭子さんが「今学校に、無駄話をする余裕がない,それがもっとあれば防げた」という主旨のことを語っていたことから、前から若い教師と子どもとの間での現場での「会話」に関心があったこと、3つめに、私自身も案外、自分が思っているほどには「人とのコミュニケーションがうまい」わけではないからいろいろのご意見を聞いて学びたいと思っていること、といった理由ですね。

正直なところ、若者受けのマニュアル的な軽い読み物だろう、何か参考になることがあれば、と高をくくっていたのでしたが、私の感想としては、著者の体験も踏まえた、中身の濃いコミュニケーション技術論です。○○はこう言っている、という類の権威ぶった点がまったくないことは、すばらしい。その上で、著者が出逢った著名人からしっかりと学んでそれを著者なりのフレーズで名づけている。例えば、「笑っていいとも」という番組を三十年以上続けてきたタモリのゲストへの質問や相づちの打ち方からも。

(1)コミュニケーションは技術であって、「心を通じあわせる」という精神論ではだめだ。「心」を持ち出したとたんに、何でも言えてしまって、検証が出来なくなる。→ この意見への私の感想(以下、矢印のあとは、同じ):事実や実践を基に論じようという姿勢が窺えて、賛同できる。

(2)コミュニケーションは、本当に自分のことを考えてくれるかどうかと思う相手にとって「この人は」と思ってもらえる“相手”に自分が成れるかどうかの問題だ。→ その通り。まさに「他者」論の応用編である。著者も曰わく、「自己顕示欲があればいいことではない」。

(3)コミュニケーションとは「ゲーム」である。ただし、勝利が目的ではなく、単数又は複数の相手と行う「協力プレー」としてのゲーム。相手を打ち負かしたり、相手より優位に立って見下すことが目的ではない。そのゴールは、(会話を通じて)お互い楽しく幸せな時・場を共有すること。

(4)放送中のアンケートによると、(およそ6000人の視聴者の内)「自分はコミュニケーションが上手くないと思う」人は93.8%、「上手いと思う」人は6%。これだけコミュニケーションを気に掛けている、あるいはそれで悩む人が多い。→ 私自身も、例えば会合の休憩中の無駄話とか、お昼の後の世間話というのがそう上手い方ではない。ただし、夜、お酒が入って世間話をするのは別ですが(笑い)。

(5)コミュニケーションの成否は徹底して、「相手の話を聞く」ことにある。言葉は「相手のためにある」。情報よりも先に言葉の雰囲気が相手に伝わる。→ 他者との感情交流の手段であるから。

(6)会話の際、「相手を見る」には注意が必要。タモリはあのサングラスの向側でも、相手がしゃべるときは相手の目を見ないで鼻を見ているという。「相手の目を見る」というのはそれだけでも圧力をかけるので、相手がしゃべっているときには楽にしてあげるためにそうしている。自分がしゃべるときに相手の目を見る。→ なるほど、プロらしい配慮だろうね。じっと見つめ合うのは、別の関係をもたらすしね。

(7)「ゲーム」としてのコミュニケーションでは、サッカーにとても似ていて三つのスキルが大切。「トラップ」=相手の話を受け止める、「パス」=相手が答えやすい、あるいはしゃべりやすい問いを投げかける、「ドリブル」=その相手の応答をうけてこちらの自身の感想や経験などをしゃべる。ここでは、ゴール向かって進めるような「パス」「ドリブル」であるように気を遣うことがポイント。

 以上は「定石」であって、囲碁・将棋と同じく、会話を「盤面解説」できる。→ 著者は若い頃、大学で落研に居ながらもこういうやりとりが苦手であったようで、アナウンサーになって数々の失敗からここまで学んできたという。「盤面解説」とは、うまい。

(8)ある研究では、サルは「毛繕い」をした相手との限られた付き合い関係を持つのに比して、人間は、平均して一人あたり150人の相手との付き合い関係がある。なぜ、ここまで広いのか。それは「会話」のせいだ。だから「会話」は人間どうしの「毛繕い」だ。「無駄話」もその意味では大切な接触関係の証。たとえば「ガールズトーク」、おばさんたちの「井戸端会議」風おしゃべりなど。まさに「女子会」こそ、その利点を活かしている。→ 付け加えのコメント無し、その通り。

(9)「相手の話は全部聞く」。恣意が入るとそれは「自分の話になる」。→ 教職にはこの手のタイプが圧倒的に多いですね。相手(子どもであれ、同僚や保護者であれ)が話し終わるまで待っておれない。「それはねぇ・・・」「だから・・・・」とすぐに割り込んで、自分の意見を「伝え」ようとする。「トラップ」が出来ていないことになりますね(笑い)。

(10)良いコミュニケーションになるための「反則行為」は三つ。嘘をつく、自慢をする、相手の話を否定する。→ これも追記無し、その通り。

というわけで、なかなか良く考え抜いた、しかも著者なりに体系だったコミュニケーション論でした。最後に、著者は、自分で自分を許せないことがあると、良い会話は出来ないと言います。「弱いところ」「未熟なところ」を自分でも許して相手に接することのできるひとが、(書名で言う)「この人」になれると。
 



 「坐右にいいものを置くように心がける」:旅先で魯山人の言葉に出会って (15.3.21.)


◇この四月からは私が私立大の教員の仕事を始めるので、時間のゆとりがある内に国内の旅に行ってこようという連れあいとの合意で、今回は、一泊二日で山陰の「足立美術館」「出雲大社」がセットになったツアーに参加してきました。

名古屋〜新大阪は新幹線で、新大阪〜島根はバスで移動。40名のツアーでした。中国自動車道を走って、落合JCTから米子自動車道に入り、蒜山高原サービスエリアでお昼休憩をして、終点米子まで。そこから足立美術館へ。新大阪を出てから、途中休憩を入れておよそ5時間のバスの旅。現地のバスガイドが、巧みな話術と豊富な話題で飽きさせなかったが、さすがにこのロングのバスの旅は少々疲れますね。

◆足立美術館は、足立全康という実業家が巨額を投じて、名画と名園の調和を企図して1970年(昭和45年)に造ったもので、美術館評価ランキングでは国内で第一位、世界でも第三位だとか。私たちはまだ観ていなかったので、前から候補に挙げていた場所です。

まず庭園は、枯山水、白砂青松、苔、池と、それぞれ庭園の主題ごとに造られた景色を見ることができたし、「生の額絵」および「生の掛け軸」と称する同庭園名物の作品、つまり館内の窓を額縁に見立てる構図、並びに床の間の壁をくりぬいた仕掛けで、それぞれじかに額縁の中の生きた庭を観ることができました。

◇同館の横山大観特別展示室では、あの水墨画タッチの技法をフルに活かした大観の名作や、同時代の日本画の巨匠とされる人たちの作品を観ることができます。さらに陶芸館には、北大路魯山人の陶芸作品と彼の折々の言葉が色紙で展示されています。標題の言葉は、そこにあった魯山人の言葉です。

また魯山人の別の言葉として、こういうのがあります。「仰いで宇宙に字を書け 俯しては砂上に字を習え 毛筆をもって紙上に習うのみが習書の法ではない」。

彼の足元にも及ばぬ凡人が解釈するのはおこがましいのですが、これはこういう意味でしょう。
天空を見上げて遙か彼方を観るにせよ、足元のことを見つめるにせよ、とにかく自然のリアルな姿と向き合って、そこで対話してみなさい。特に、そこに形を見いだすようにしてみなさい。そうすれば、かならずそこに、あなたにとっての象形が生まれてくる。それが、あなた自身を表現する(象形は文字の原点なので)「文字」なのです。紙の上に筆で書くだけが、書の習いではないのです。

おそらく、魯山人は、何のための陶芸なのか、陶芸を通じて表現するのは何か、をそこでも言いたかったのでしょう。

◇大山ふもとのホテルに一泊して、二日目に出雲大社へ。60年に一度の遷宮が終わって、本殿の屋根も修復され、公開されています。正面の門はまだ工事中でした。

弁証法がどうのこうのとか、修身教育批判をしている折出がなぜ出雲大社に、と冷やかされるかも知れませんが、私としては、これも日本文化を象徴する遺産であり、鑑賞物として拝観しました。ツアーグループ全員が他の旅行グループと一緒に神楽殿に昇殿して神主から清めの祈祷を受けました。巫女の舞も披露されました。

その後、本殿の正門前まで入ることができました。4月からの大学での仕事が順調に進むことを我が心に銘ずる良い機会となりました。

◆「鯖寿司と出雲そば」のセットのお弁当を頂き、その後、こんどは来た道を逆に新大阪へ戻って、無事に帰名できました。出雲の鯖寿司は「押し寿司」ではなく、鯖を酢じめしたうえでほぐして、ちらし寿司風にまぶしてある形です。出雲そばは、小振りのお椀(わんこそば風のお椀)の二段重ねで出ていて、これに具(おろし大根が入る。)を添えて、だし汁を注いで食べます。そばの実を皮ごと石臼でひくので、黒っぽい色のそばです。

◇二日目は、心配した天気も気持ちよい晴れ日となり、雪をいただく大山の姿がくっきりと見えて、まさに富士山そっくりです。ただ、バスで移動する内に、見る位置が変わると、大山の姿もがらりと変わります。まるで「ひと」のよう・・・・。

大山の「山」を「せん」と読むのは、一般の山とは違う霊山の意味が込められているからです。「仙人」の「仙」=「せん」の字の意味が重なるらしい。例えば、私のふるさと、広島の宮島にある弥山は「みせん」と読みます。(※これはガイドさんの話の受け売りです。)

◆無事に旅を終えられたのは何よりです。帰りの新幹線で、連れあいと、この旅を振り返ってのおしゃべりをした中で、ほぼ一致したことがあります。それは、足立美術館の庭園は寸分の隙もなく素晴らしい造りだが、あくまでそれは(広いガラス窓を介して)「観る・観られる」庭になっていて、(縁側の縁に座って庭の空間に参加する)京都の寺院の庭園とそこがかなり違うのではないか。

細部まで手入れが行き届いていて、どの角度から観ても素晴らしい。しかしながら、そこには、この空間に自分も加わらせてもらって、そして一体になった新たな空間を共有できる、そういう「遊び」というか、ゆとりというか、ある意味では「すきま」が見られない。庭という作品としては100点満点である。

私は、「坐右に置く」のは、100点満点の作品ではなくても良いと思う方です。少々出来が良くなくても、その作者の生き様が込められた言葉なり、作品なりであって、こちらに対話を持ちかける物のほうが「坐右」らしい、と。

いや、こう書いてしまうと、私の未熟さをさらけ出すようでお恥ずかしいのですが、向き合うその物から「問い」をいただけるようなものが「坐右」にはあうなぁ、という思い。足立美術館の庭園は、「答え」そのもの、まさに「正解」「正答」これあり、というメッセージそのままの作品なのです。



 「今は、仮面の下の素顔で会いましょう」:若者の生き方をめぐって(その5)  (15.3.18.)


高倉健の追悼特集としてBSで放映された『単騎、千里を走る』(2006年、中国チャン・イ−モウ監督作品)を観ました。

永年の確執で息子・健一とは十数年会っていない漁師・高田剛一(高倉健)は、嫁の理恵(寺島しのぶ)から健一(声:中井貴一)が重病であると知らされ、東京へ見舞いに行くが、会うことを拒まれた。そのとき、理恵からビデオテープを渡された。それには、健一が、千年以上の伝統をもつ仮面劇を現地取材した記録が映っていた。

映像の中で健一は、『三国志』に由来する仮面劇「単騎、千里を走る。」を一年後にまた観に来ると約束していた。しばらくして、健一は肝臓ガンで余命幾ばくもないことを理恵が伝えてきた。

それを知って剛一は、健一との出会い直しのために単身、中国に渡り、健一に代わってその有名な仮面劇を撮ってくることを決意した。それを息子へのメッセージにしようと思ったからだ。

ところが中国に行ってその街に着くと、その演劇者がある罪で服役中であること、苦労の末に刑務所内での劇の撮影にやっと許可が出たと思ったら、本人は子どものことを思う余りに歌えないと言いだした。演劇者の子どもが遥か離れた村にいることを知って、その子どもを彼に会わせようと村にまで出かけたが、実現はしなかった。しかし、その子どもの、父親に会うのをいやがる態度に重ねてみて、はじめて少年期の健一の気持ちがわかった。

もう一度刑務所を訪ねる途中で、理恵から、健一の死去を知らされる。

健一は、死の直前に父宛の手紙を、妻への口述で書いていた。それは、母が去った後の父親(剛一)への不信と、「逃げ」の態度への批判であると共に、自分(健一)自身も父と対話することから逃げ続けていたことを綴り、中国の仮面劇と出会い、仮面の下には素顔があることを自分に重ねて共感したからだ、と綴っていた。

そして、手紙の最後で、標題のことば、「今は、仮面の下の素顔で会いたい」と綴った(以上は、「映画ムービーウォーカー」のサイトより要約)。

映画は、高倉健独特の黙して語らずの役作りの中に、言葉にならない父親、男の思いを込めていて良かったし、登場する中国人俳優や現地の村人たちの(素朴な)演技のうまさも加わって、感動を受けました。

「仮面を被ってお互いにごまかしてきたが、いまは素顔で会いたい」。この気持ちは、ある節目の出来事をきっかけにしてどの親子にも大なり小なり起こるのではないでしょうか。ひきこもる若者の一番に言いたいことも、それなのかもしれません。





 訃報 (15.3.17.)


3月15日に、あいち県民教育研究所(あいち民研)の会員、山崎宏氏が逝去されたとの訃報がはいりました。山崎氏は、永きにわたり、あいち民研の事務局および人格発達部会等で尽力され、地域活動においても名古屋市守山区を中心に平和と教育に打ち込んでこられました。

ここに謹んで、故人のご冥福をお祈り致します。

山崎さんには、守山での「いじめ問題学習会」に呼んでもらい、話をしました。また、別の折に、民研の運営委で会議の後打ち上げたときでしたか、飲んで語り合っていたときに、ふと教職時代のことを山崎さんのほうから語りかけてきました。

それは、彼が小学校教師をしていた、おそらく若い頃のことだったのでしょう、「全生研との出会いと別れ」のことでした。学級の実践で悩み、研究会に参加したが、何か合わなくて短期間で止めた、という話でした。実践の仕方が「きつい」ように感じたと。

多分その頃は「班競争」をどんどんとりいれ、学級の中で遅れる班を、「集団の矛盾を浮き上がらせる意味で」、「ぼろ班」「ビリ班」と呼んで、その班が現状を乗り越えるために班長会がどう取り組むか。そこに自主的な集団発展の積極面を引き出す。そういうセオリーに基づいた実践方法(技法)が採られていた頃であったのでしょう。

あいち民研では早くから山崎さんとはご一緒しながら、その話が出たのは、後にも先にもその時だけでしたが、印象に残っています。もちろん、私=折出が全生研の運動に関わっており、その役員もしているというのを知っておられて、気に掛けていたのでしょう。いつかこのことを伝えたかった、と。

もちろん、私からは、その後全生研の実践論も変わってきていること、最近では、(このやりとりの当時)全生研の代表を務めている折出が、集団づくりの再検討(簡単に言うと、組織優先主義になっていた従来型を見直し、関係性や個々の自立と連帯にもっと目を向ける集団づくりへ)を提起して、一部のベテラン会員からは批判の矢(「集団づくりの崩壊だ」と)が飛んできているところです、といったことも話しました。

お元気な内に、山崎さんがそのことを私に打ち明けて頂いて良かった。おそらく彼の教師生活のなかで、消しがたい何かがその頃にあったのでしょう。そのまま封印して、他界されたのでは申し訳ない。と同時に、このひとなら、全生研の当事者だが話しておいても良いかなと思っていただけたこともありがたい。

山崎氏ご逝去の報に接して、そのようなことが去来しました。ご冥福をお祈り致します。合掌。



 ウイスキー販売戦略の「おごり」ではないか:サントリーの値上げ (15.3.8.)


下記の「プレジデント」オンラインのニュース記事によると、サントリーは、ウイスキーの価格を二割値上げすることに踏み切ったそうです。ただし、ハイボールで人気を呼んでいる角瓶タイプは据え置きらしい。

その辺が、ローソンから移籍し新たに社長に就任した新浪氏の「戦術」なのかもしれないが、これはウイスキーを企業利益のために完全に「商品」(利潤を生む物という意味で。)にするもので、日本酒と同じで、ウイスキーづくりの職人たちの心意気を踏みにじるやりかただ。

なぜなら、高級酒ほど樽に寝かせてじっくりと熟成させるわけで、いくら諸経費が上がっているとはいえ、現在の樽にいるその原酒が製品化されるのはまだ先のはず。

こういうことをやっていては、ウイスキー離れをまた産んでしまうのに。それがなぜ新浪氏には見えないのだろうか。「ハイボール」ブームを引っ張ってきた「おごり」としか言いようがない。

「プレジデント」記事



 心のこもった(卒業生からの)弔辞 (15.3.8.)


3月8日、鬼頭楢宜様の告別式があり、会葬に行きました。中学校教師を務められた故人の人望を表すが如く、大勢の会葬者でした。

わたしたち「あいち県民教育研究所」にとっては、亀島のご自宅の離れの一室を民研の会議室としてご提供くださり、資金のない民研の活動を永年にわたって支えてくださいました。ちょうどその時期に、研究部長、所長を務めました私にとっても忘れることの出来ないご尽力・ご貢献の実績で、ここに深く感謝しますと共に、故人のご冥福を心よりお祈り致します。

弔辞を、かつて鬼頭氏が振甫中学校時代に担任したクラス306の卒業生で男性の方、O氏が述べられました。中学校教師としての鬼頭氏がいかに真正面から生徒たちと向き合ってきたかを、当事者の目線で温かく語り、しかも、鬼頭氏の対話や指導の意味を的確に読み開いておられる、とてもいい弔辞でした。

途中で、いまは亡き人への哀しみに絶句されながらも、しっかりと読み上げられたその中身は、1960年代の貧困や格差(学力よりも経済的な理由で進学できなかった者がかなりいたことなど)の世相にも及びながら思春期を生きる者たちがいかに揺れながらも生きようとしたかを淡々と語って、それ自体が一つの教育論でした。

O氏は、「中学生となれば、この先生は本気で自分を守ってくれるかどうかを見分けることができるし、その意味で、本当に信頼のおける数少ない教師であった」と述べましたが、これは今も尚生きている中学生時代の真実です。

川崎の事件を知ったら、鬼頭氏はどうこれを受け止めたでしょうか。改めて、民研に寄せられた故人の思いを私なりに受け止めて、今後に活かしていきたいと思います。合掌



 ちょっと一息:広島から妹と姪を名古屋によんで (15.3.8.)


広島にいる妹とその娘Kさんを私が名古屋に呼んで、半日すごして一泊させ、明日は二人で京都を観てかえるようです。私と八歳違いの妹で、肉親としてはこの二人だけ(父も母も他界しておりますので)。やっと私にも心の余裕が出来たということでしょう。

往復の旅費、ホテル代までは二人分、私が面倒を見ることにしました。そうたびたびできないことですから。

Kさんは、三人姉妹の真ん中の子で、仕事をバリバリやっているようで独身。それも知っていたので、今しかないから「二人で名古屋に遊びに来たら」と。

あいにく曇りで、夕方には雨がぱらつくかも知れないらしいが、ホテルは地下鉄駅近くに取れたし、地下鉄で移動すればなんとかなるでしょう。まずツインタワー15階で、曇ってはいるが名古屋の市街地を見せて、いったんホテルに荷物を預けて、地下鉄でそのまま大須観音へ。ここの「大須商店街」は、庶民的な名古屋の雰囲気そのものなので。あとは名古屋城、徳川園のあたりへ。そして、ショッピングは彼女たちに任せて私は喫茶店にでも。

自宅に招くには中央線を移動して時間的にもロスなので、伏見近くのある料理屋で夕食を一緒に。二人ともいけるので、「いのちの水」を少々・・・・。

妹には、先日別の用事で有松に寄ったときに、ちょっとした有松絞り風の手提げバッグを買ってやり、今日、渡すことにしています。

息子一人に娘三人を育て、よくぞがんばったなと。彼や彼女らが思春期のときには、少々荒れたらしく、妹も母親として学校に呼び出されたと言っていました。また、夫との間で少々トラブルも。数年前、お盆の里帰りで家に寄った際に、妹とふたりでじっくりと話して、彼女が涙を流しながらもその苦労話を語ってくれました。

まぁ、それやこれやのすべての慰労ですね。お互い、よくぞここまでやってこられた。乾杯しようじゃないか、と。

※3月8日追記:はじめはKさんの幼児期にまつわるエピソードを書きましたが、昨夜、飲みながらこの話題になったときに、妹によると、それは時期からみて末娘のことだそうです。よって、ここでは削除しました。

それにしても、夕食で盛り上がって、その後、伏見の「英吉利西屋」に発展。こういうバーはふたり共初めてというので、グレンリベットを勧めましたが、とくにKさんは「おいしい。合っている」といってお代わりまで。

彼女は、九州のある都市での「主任」の仕事を無事終えて、4月から再び広島の本社勤務に。私が、広島都市学園大の集中で6月に行くことを伝えると、こんどは広島で、いいショットバーを探しておきますと。



 憲法に対する首相の姿勢をなぜ追及しきれないのか(衆議院予算委員会):国会論戦から (15.3.6.)


◆作業をしながら国会の予算委員会質疑をテレビで観ていると、民主党の逢坂誠二議員が、安倍首相の憲法認識をただす場面があった。安倍氏の「憲法は占領下の元でGHQによって短時間の内に造られた代物だ」という趣旨の発言をフリップで見せながら安倍首相の憲法認識を質していた。

憲法とはなにかについて芦部憲法の書物から引用してまで、安倍首相の発言には憲法をないがしろにするものが窺えるがそれで首相の責任はつとまるのか、と追及したいようなのだが、逢坂氏からして、憲法と法律の関係に対する認識の不安定さが、図らずも質問中に露呈する場面があった。

◇逢坂議員は、「法律は、少々これを手荒に扱っても後ろに憲法というものがあるから安心できる。憲法は、基本法であるからそういうわけにはいかない。だから、慎重にも慎重を期するべきなのだ」と見解を述べて、安倍首相の認識を問うた。
 答弁した安倍氏は、すかさず、「われわれは法律といえども決して『手荒に扱って』良いとは思わない。法律も憲法も法としては同格で、そこに上下はない」と述べ、これを支持する与党のヤジが逢坂氏に対してかなりわき起こり、逢坂氏は「何も法律を手荒に扱ってよいと言うつもりはない」と弁明したが、明らかに一転守勢となった。それ以上この件での質疑ができなくなり、次の「武器輸出」問題に移行せざるを得なくなった(もともと予定していた時間が来た面もあったろうが、表情は、相当に動揺していた)。

◆安倍氏には、1995年のいわゆる「戦後50年 村山談話」にまつわる話として、有名なことがある。新人議員で国会に登場したときのことだ。その頃から、戦後レジーム(GHQ等によって敷かれた法令体制をふくめた戦後政治体制)に対する反対の意思表示をとる人であることをうかがわせる出来事があった。同年の6月9日、戦後50年の節目として戦前を反省し未来に向けて平和を決意する国会決議の採択に際して、彼は衆院本会議を「欠席」し、アジアの「植民地支配」「戦略的行為」への反省を述べた国会「決議」を認めない、という意思表示をしたものと思われる。

他に欠席者もあり、国会決議は採択されたものの全会一致ではなかったために、村山首相は、何かもっと国としての意思表明になる形を、というので、「首相談話」に至った。

◇以上は、『朝日新聞』2015年3月4日付朝刊を参考にしている。これほどに、「戦後レジームからの脱却」を掲げて日本国憲法に対するあからさまな「改正」の意思表示をする首相も珍しい人である。上記の質疑に戻れば、「自民党は結党以来憲法改正を党是としてきているが、そのことと、行政府の長として現在の憲法をしっかりと守っていく義務があることとは別のことで、そこはきちんとしていく」「法律だから『手荒に扱って』よいとはまったく思わない」「法律に(その重さにおいて)上下はない」という安倍首相の答弁のほうが、この場面では勝っていた。

逢坂議員は、「法律は国民の権利を一定程度抑制する面があるから、立法府のわれわれがその憲法を擁護する自覚無しには、国民の権利は守られないのだ」と主張するあたりは説得力があったのに。

◆冷静に観ると、逢坂議員の法律認識にそもそも甘さがあったということだ。首相、あなたは憲法を擁護する気があるのか、と切り込んだつもりが、みずから、法律は少々瑕疵があっても憲法が守ってくれる面があると、法律の悪法性なり、あるいは法律の履行のずさんさなりを問題点として取り上げたつもりが、そこを付け入れられた。

いかなる法律も国民の権利を擁護し、その幸福追求のためにあるべきで、憲法に照らしながら是非を問うべき物だ、その大原則の憲法を「GHQに押しつけられた代物」あつかいする首相よ、あなたには果たして国民の権利を擁護する意志があるのか、と率直かつ明解に言えば、われわれ国会論戦の視聴者にもよくわかったのに。



 エコキャンパスづくり成果報告会でのコメント(レジュメ) (15.3.5.)


前の勤務先が「環境研究と環境教育の融合によるエコキャンパスづくり」の事業を、2011年度から2014年度までの4年間の事業として国から補助金をもらって取り組んできたのですが、その最終年度に当たる今年度の成果報告会が3月5日、愛知教育大学の新館「教育未来館」で行われます。

私はその会に、4年の内3年間は大学役員として係わった者として、現在は外部者となりますが、招かれ、成果報告を聴いた最後に、他の方と共に簡単なコメントを述べることになっています。予めデータファイルで頂いた報告レジュメを読んで、私なりのコメントの骨子をまとめたのが以下のレジュメです。

これは、「成果報告書」に収録される「成果に関する評価」として文章にするつもりですので、ご覧頂くのはありがたいのですが、他への転用はしないでください。

「エコキャンパスづくり」事業の成果報告会

                                   2015.3.5.  折出 健二

はじめに
  4年間の取り組みへの慰労と感謝

T 本事業の意義
 日本一と評価された本学の省エネ等の実績を踏まえ、いわゆる「省エネ」にとどまらず、愛教大の構成員の主体的活動と環境の保全・改善との関係性を基軸にした取り組み

U 各論的な成果

1 研究者の専門性を発揮した取り組みと環境の改善への意義
摩擦ゼロを目指す超潤滑油、熱音響冷凍機、環境調和型作物生産、環境調和型電池、環境に優しい透明導電薄膜に関する研究は、愛知教育大学独自の研究であると同時に、 Natureなどの一流雑誌に公表され、新聞等でも報道されている国際的にもきわめて高水準の研究である。

2 自然観察園、壁面緑化と学生参加による環境の科学的な改善とその可視化

3 教養共通科目への反映
  大学の授業と、大学のめざす環境コンセプトとの結合・接点

4 本学附属学校との連携、幼児から高校生までの体験的学習への貢献

5 教育現場の取り組みとの連携、教材化による教師支援

6 本学の市民農園などを通じての「市民に開く取り組み・市民参加」

V 今後の継続性

1 本事業の意味を問い続けること

(1)大学の市民的役割

  大学は研究活動の場、しかし「研究の独占」ではない、研究の成果を知識として、学生や市民に提供し、物事を批判的に見る若者や市民の育成に寄与する文化性を大事にしていく。

  いまや研究自体が市場化して業績と効率による競争が特徴となっているが、大学が、その蓄積している科学的知識をとおして、民主主義や平和に寄与し、調和在る持続的社会の展開に貢献する独自の高等教育機関である。

 環境はただそこに物理的にあるのではなく、そこに暮らし、交流する人びとの活動によって「方向づけられている」、ということ。
この関係において、大学は独自の役割を果たす。すなわち、環境に係わるあらゆる問題に対して、大学は、何が科学的に見て問題なのか、自然現象・社会現象の中で今何が起きているか、に係わって解釈したり定義したりすることで、いわば「環境に関する知=環境知」を構成し、知識社会に貢献する。

(2)大学と民主主義への寄与

 ここで大事なのは、その知的探求の専門性から生まれる 「問い」とその探求方法を可能な限り市民社会に公開すること。
 ここに、アメリカ教育哲学会会長も務めた教育哲学者・ガート・ビースタのいう「知識民主主義」と環境の関係を本学独自の見地から追究していく可能性がある。

 環境に係わる知識の開発が、商品化や人の雇用といった「知識の経済化」、「知識経済」に傾きがちだが、これにただ従事していくと、環境の知識を豊かに持ちながら、常に数値目標を立て、これをこなす競争と効率と管理によって閉塞状態を産むという逆転がおきる。
 そうではなく、愛教大が蓄積し発信する「環境知」をとおして、未来(ここは「教育未来館」という名称の建物)への希望を生み出すようであってほしい。

2 構成員の参加
  今後も、大学や学外の各層の方々が参加する公開のシンポジウムや、日頃の環境学習の一般参観公開などを通して、学内はもとより、広く市民社会・地域社会に開いていくこと。



 同じ政府組織としての自己矛盾:労働時間等の問題から見えてくること (15.3.3.)


◇3月3日の朝のNHKテレビニュースで、厚生労働省では「長時間労働を減らすためにまず厚労省から示範を」と、同省職員の午後10時以降の就業を禁止する(ただし、国会対応部署の職員は別。)として実施した様子を報道していました。

この背景には、平成27年2月17日に、労働政策審議会(会長 樋口美雄 慶應義塾大学商学部教授)に諮問した「労働基準法等の一部を改正する法律案要綱」についての答申が出されたことがあります。

◆同答申の中で、「健康確保のために時間外労働に対する指導の強化」として「時間外労働に関する行政官庁の助言指導に当たり、『労働者の健康が確保されるよう特に配慮しなければならない』旨を規定する」とあって、これをまず厚労省から実行に移すという趣旨らしい。

それはそれで結構なことですが、同答申は、その一方で、「特定高度専門業務・成果型労働制(高度プロフェッショナル制度)の創設」として、「職務の範囲が明確で一定の年収要件(少なくとも1,000万円以上)を満たす労働者が、高度な専門的知識を必要とする等の業務に従事する場合に、健康確保措置等を講じること、本人の同意や委員会の決議などを要件として、労働時間、休日、深夜の割増賃金等の規定を適用除外とする」としています(引用は全て、厚労省サイトの公表文面から)。

さらに続けて、「制度の対象者について、在社時間等が一定時間を超える場合には、事業主は、その労働者に対し、必ず医師による面接指導を実施しなければならないこととする(労働安全衛生法の改正)」と。

◇いわゆる「残業代ゼロ」の労働形態を導入する要綱案です。これまでの「裁量労働時間制度」の経緯からすると、一旦導入されれば、次第に対象の業種を広げていくことが起こりえるので、「高度プロフェッショナル」とはいっても、その概念規定はあいまいで、しだいに対象が広がる可能性があり、実質的には一定の高い収入を保証するが残業代はゼロとする形で、長時間労働を恒常化・制度化することになります。

◆もちろんこれに対しては、同審議会の労働条件分科会では、労働者代表委員から「既に柔軟な働き方を可能とする他の制度が存在し、現行制度のもとでも成果と報酬を連動させることは十分可能であり現に実施されていること及び長時間労働となるおそれがあること等から新たな制度の創設は認められない、との意見があった」とされ、しかも、「長時間労働による労働者の健康被害の予防とワーク・ライフ・バランスの確保を図るため、実効的な労働時間法制を整備すべきであり、とりわけ、すべての労働者を対象に労働時間の量的上限規制及び休息時間(勤務間インターバル)規制を導入すべき、との意見もあった」と記されています(同前)。

◇長時間労働の負荷を減らすためとして自省職員の就業時間の上限を定めておきながら、他方では、労働時間の上限の撤廃・無制限労働時間制の導入を法制化するための答申を厚労省大臣が受け取る。なんという政府組織の自己矛盾でしょうか。

その答申たるや、2月17日に諮問を受けて、2月26日には分科会審議のまとめをして、3月2日にはもう答申を大臣に提出している。あきらかに「残業代ゼロ」の労働法制化のための、「審議した」というアリバイのための方策としか言いようがありません。これが、安倍内閣の労働者に対する「ホンネ」なのでしょう。

◆「中日新聞」Webサイトニュース速報(3月2日配信記事)によると、「労働者派遣法の改正案を担当する厚生労働省課長」が「これまで期間が来たら使い捨てという物扱いだった。ようやく人間扱いする法律になってきた」と発言していたようです。派遣労働者を「物」として見る発言です。1月の人材派遣業界団体の新年会でのことだったようです。

人材派遣をビジネスとして行っている経営陣のあつまり(新年会)だから、課長も「ホンネ」が出たのでしょう。

◇以上、(同省のパフォーマンスとしての)午後10時以降の業務禁止、残業代ゼロの法制化の答申受理、そして派遣労働者の「物扱い」は、まさに三題噺のようでありながら根底ではつながっている問題です。すなわち、いかに労働者を人間としてみていないか、です。この労働の非人間化こそ、新自由主義統治の本質です。それはめぐりめぐって(ここでの詳論は省きますが)、学校教育政策に、教育課程に、各教科の教育内容に、そして現場での生徒指導(例えば、ゼロトレランス方式)にと、拡散し、浸透していく仕組みが今の社会の構図を造っています。

◆こうした現実において学校でドロップアウトした少年たちが、行き場が無く見通しもない、無気力化した状態で、ただおのれの「今の力」にこだわり、暴力をふるい、社会に対して粋がってみせる。それが例えば川崎の事件の加害者たちでしょう。少年事件の背景にまで、現在の労働者問題=労働の非人間化問題はつながっていると見るべきです。



 学会誌の原稿作成での所感ほか (15.2.26.)


日本教育方法学会が、今年の夏の時期に発刊予定の学会誌で「道徳の教科化問題」で特集を組むことになったようで、過日、私にも執筆依頼があって、受諾し、以後集中的に作業をしてきました。私のタイトルは「戦後教育と道徳の『特別教科』化」です。

学会誌に公表されたら、是非ご一読ください。ほんとうは、いまここで公開したいくらいに、現在進行中の「道徳の教科化」のための改訂に、根底から批判をおこなう、自分でいうのもおこがましいですが、深く掘り下げた力作になったと思います。学会誌との道義上のことがあるので、これ以上は控えておきます。

HP風の話題でいえば、戦後教育を資料的に検証し下調べをする過程で、かつて(助手時代で安月給ではあったが)大枚をはたいて全数巻ぞろいの文献を購入して手元にもっておいてよかった。原稿作業で、愛知県立大学図書館には入館カードを作成しているし、時間的にも元勤務先よりは近いので、昨日も、ノートPCと関連資料をさげて、図書館のあの棚にあったあの文献でここを深めようと、ある種、作業をイメージして県立大に出かけたところ、守衛さんに「今日、明日は入試ですし、もう授業は休みに入ったので3月9日まで休館です」といわれて初めて、そうだった、いま個別入試の時期だったと気づいた次第。

しかし、ここでクサッてはだめなので、今の自分の「やる気」をケアするには、鶴舞図書館か、県立図書館に行って作業をした方がよいと判断して、結局、県立図書館に行って午後5時頃まで集中的に作業ができました。ただし、この図書館でさえも、私が見たかった資料がなくて、そこは保留にして原稿を仕上げたのでしたが、なんと、本日、念のため自宅一階の廊下沿いに造った壁面書庫を探していたら、ありました。宮原誠一・丸木正臣さんたちの共編『資料日本現代教育史 全五巻』の中に、検証しておきたい資料が載っていました。他にも『日本教育論争史録』全4巻なども、保管していました。第一法規の出した初代の『教育学大事典』も揃いで所有していて、これも役立ちました。

さて、その作業でわかったことで、ここにアップしても良い点だけ、書きます。それは、「道徳の教科化」推進の中心人物がある書物で書いている事柄の、あまりのずさんさです。

論旨はこうです。各教科は人格形成の知識技能などを専門分化して育成するが、道徳は、これらを全体としてまとまったものとして人格の基盤づくりになるものであって、「道徳は教科ではないが、教科と密接に関わりをもつから教科の範疇に入れて良い」。道徳の役割からして、それは「特別の教科(スーパー教科)」だと。

AとBは異なるが、BはAと密接に関わるのでAの部類に入れて良い。しかも、BはスーパーAである。

これはロジックではないですね。言いくるめるやり方です。その論者は「教科とは何か」を真剣に考えていない、あるいは考えようとしていないからこうなるのですね。ただただ道徳を公式に「教科」にすることしか念頭にはないようです。

このようなずさんな「理屈」で道徳が「特別の教科」になって、実施されれば、そのために苦労し、かつ評価によって自己への不信さえ起こりかねないのは子どもたちです。教師も授業計画から評価方法に至るまで、その負担は大きい。

書き出すと切りがないので、この辺にしておきますが、学会事務局に送った完成原稿では、研究者らしい、冷徹な文章で、批判しておきました。

まったく別なトピックでは、川崎で起きた少年刺殺事件についても書きたいけど、もう少し様子を見てからにします。

また、愛知県一宮市の公立中学校長が、去る2月9日、「建国記念の日」を前に生徒たちへの校長訓話で神話にまつわる話をしてその原稿を「校長だより」のブログでアップしたことをめぐって論議が起きているようです。

この件についても、いったんここで所感をアップしましたが、元をたどれば、上記の件を地元紙が報道したことに端を発し、今度は別の報道機関がブログの発信を擁護する、というそれぞれの立場を取った報道のやりとりの中で事態が起きていること。

結局これに乗せられる形で所感をアップしてしまったのは、反省点。もう少し事態の推移と全容を見てからにしたいので、いったんこの件の話題は外しておきます。



 ジプシー女性詩人の人生とポーランドの苦悩(試写会の感想) (15.2.24.)


作品名は「パプーシャの黒い瞳」。2013年完成のポーランド映画。モノクロで131分。

ジプシーは書き文字を持たない移動生活型の民族ですが、この映画は少女期から言葉に興味を持った女性の生涯を描いた作品。その愛称はパプーシャ(ジプシーの言葉で「人形」)。1920年代のこと、彼女は、少女の頃、山中で、泥棒が隠したらしい盗品の束を見つけ、その中にあった紙の文字に興味を持った。しかし、一族にとっては文字はガジョ(よそ者)が持ち込んだ呪いのしるしなので、それを忌み嫌った。

第二次大戦後、ポーランドが社会主義国となった時期。ワルシャワの秘密警察から追われている男性、フィツォフスキが楽器の修理屋につれられて彼女の居るジプシーにやってきた。そこを隠れ場所にして、2年間、ジプシーと共に暮らした。パプーシャがつぶやいた物語に、芸術家である彼は才能を見いだした。君は「詩人」、歌を作る人だと教えた。彼の逮捕状が無効という知らせを受けて、別れるときに、詩をつくって知らせて欲しいと住所を伝えた。

ちょうどその頃、警察はジプシーへの弾圧を強め、アウシュヴィッツ送りとなったユダヤ人の空き家に入ることも禁じて、野外の演奏会を取り締まり全員逮捕するなどした。しかも政府は、人口調査を行って、強制的に定住と就職を彼らに求めた。そのためジプシー一族の動揺と混乱が起きた。

パプーシャは15歳の時に、父の兄(ハーブ弾き)と結婚。あまりの年齢差で、不幸な生活が始まった。一人息子は、戦争時にナチスに焼き払われた村にいた赤ん坊を拾って育ててきたその子であった。

彼女が書いた詩を上記のフィツォフスキが受け取って、著名な詩人に見せて公開する話が進んだ。同時に、フィツォフスキは、ジプシーの生活が未だに知られていない中でそこで暮らしたことを基にそれを世間に知らせてはどうかと、その著名な詩人に勧められ、「ジプシーの世界」をまとめて出版することになった。ところが、そのことは、外に自分たちの暮らしを知らせないできたジプシーの掟をやぶることであり、この事実を知ったジプシー一族は長老のもとで緊急会合を開き、その張本人としてパプーシャを弾劾し、彼女は追放された。

パプーシャは、「文字を覚えた」ことで「悪魔に取り憑かれた」と苦しみ、精神の混乱をきたして精神科病院に入院となった。詩を作ることも医者から禁じられた。退院後、夫も死に、ひとりぼっちになった。そこへフィツォフスキがやってきたが、彼女は「近所の方ですか?」と言うだけで、無視した。彼が去っていくのを窓から見ながら、彼女はしずかに手を振っていた。

自分の文字への興味を支え、詩の世界を教えてくれたフィツォフスキのことは勿論忘れてはないが、ジプシーの居場所を奪われ、心労の末に夫を失い、一人息子までが「裏切り者」と彼女に罵声を浴びせて去っていった。「読み書きができないほうが幸せだった」という彼女のつぶやきが、現代に生きるわたしたちにも、生きることと読み書きの修得とは一体何を意味するのかを問いかけている。

―― 作品のパンフレットも参考にしながら、この作品のスケッチを描きました。

ストーリーの随所で流れる、あるいは実際にジプシーが演奏する音楽が、すばらしい! あの「チゴイネルワイゼン」を想起させる物悲しく、それでいて情熱的な曲想が続くので、見ているこちらの心が洗われます。娘時代から年老いて孤独になったときまでを演じたポーランドの女優、ヨヴィタ・ブドニクさん(42歳)の演技が、地味な中にも奥深さと鋭さが込められていて、心にずしんと響きます。

ポーランドの歴史は複雑。第二次大戦時にはナチスとソ連に分割占領されて国が壊され、しかも、ソ連占領下では、ソ連の秘密警察によってポーランドの軍人・将校・官僚など2万人近くが捕虜になり、射殺されました(カティンの森事件。これは映画にもなった)。戦後はソ連圏に支配されて、その覇権主義のもとで「社会主義国」として歩みながらも対ソ従属型で、これに異議を唱えた自主労組から登場したワレサ率いる「連帯」によって民主化が始まったが、ソ連の解体と共にポーランドもあらたな共和国として歩んできています。

このようなポーランドの自立国家への苦難の歩み、すなわち国としての自己の解体、危機、そして再建への歩み。それは、私たちには知りようのない苦闘の歴史。ジプシー一族の一人の女性、パプーシャの生涯は、このポーランドの歴史と重なっているのでしょう。

そのキーワードは、「読み書き」の修得による文化の獲得はいまや当たり前ですが、果たしてそれが「人間の幸せをもたらしているか」にあるのではないでしょうか。

名古屋では、名演小劇場で4月中旬に公開予定。



 ある教師への返信 (15.2.22.)


元の勤務先の教え子が中部圏の地域で小学校教師(ベテラン層)として頑張っていますが、その人が最近メールで「いまの学校現場に危機感を感じる。教育委員会は全国学テのためと、(そのレベルアップを図る)自治体独自のテストをつくって実施するという方針で、ますます現場は息苦しい。いったいどうしたらいいのか」という趣旨の問いかけをしてきました。

以下は、個人的なことを省き、また一部作り直しましたが、私からの返信の内容です。

          *************************             
           

おはようございます。年賀状からも頑張っている様子が窺えました。このたびのメールを読みました。いまの教育や国のあり方を考えておられることに敬意を表します。

1)まず「危機感」がわくのは健全な実践家意識だと思います。かといって、周りの同僚たちが「危機感無し」でいることを見下さないであげて。

というのも、この二十年間、学校と教員社会にも、市場原理主義の自己選択と数値による結果、自力の改善という効率主義の管理が浸透してきているからです。例の「PDCA」サイクルもその象徴です。

「何のために」「どういう関係性を築いて」「どのように変わって欲しいから」という、教師にあってもっともな感情や感覚が、市場原理型の成果主義に適応する内にそぎ落とされていくのです。すでに、富士通などの大手会社が、同じ成果主義によって企業内の混乱が起きて、改善に取り組み、職場内のチームや関係性に力点を置き始めてきたようですが、教員社会には教員評価にプラスして、全国学テによる「結果と序列」の圧力が加わり、息苦しさが増していると思います。

こうして、疑問を持てば自分がつらくなるので、そういう「問い」を封印して、とにかく「やらねばならない」(指示される)事柄をこなしていくようにする。これがいまの職場の雰囲気の根底にあります。

2)残念なのは、そして教育としては大きな問題になるのは、その市場原理型の評価の目線で、子どもたちをも見てしまいがちで、そのことを過敏に感じる子どもが反発し、いらだちます。この教師と子どもの関係性のゆがみが、クラスによっては露骨に現れているでしょう。

3)「学力」の考え方も、関心・意欲・態度までふくめて「学力評価」として以来、はやくも25年近くになりますが、その結果、一番肝心な基礎学力、すなわち知識・理解・技能の獲得の結果としてある達成を可能にする能力、という意味での学力がおろそかになりがちです。通常通りまじめに授業を受け、提出物も期限通りに出し、教師の指示にも素直に従う。そうすれば一定の「学力評価」になってしまう。そのコアとなる思考力・判断力・論理構成力のような狭義の知力が不安定なのが、全体としての態度主義的「学力評価」のなかでかくされてしまう。

また、あなたは、「言語活動」が今大流行だが、今のやり方では「物事の本質を読み、批判的に考える力」がそだたないままになるようで、これでいいのかと危機感を感じるとのことです。これはまったく健全な疑問です。

知の力をこのまま脆弱にしておいて、2018年度から導入予定の「道徳の特別教科化」がおこなわれると、ますます子どもたちは、外から与えられる価値基準に従順になることが今の社会では高い評価を受ける生き方だと思ってしまうのです。

4)では、どうすればいいのか。

市場原理型の評価システムや関係性の管理の弱点は、教育の現場に即して言えば「何のためにそうするのか」「子どもにはどういう力が育つことになるのか」「教師である自分にはどのような成長の契機になるのか」の三つの「問い」を、自分の(実践家の)言葉で語り合う場を確保することです。校内の学年会などの小さな会議からでも良いし、地域の教師のサークルでも良い。

それと、このような暗澹たる職場の中にあってもなお、変えるとしたら何から出来るか? とか、このような真綿でしめつける管理の狙いは何だ? といった、内側から起こる自分の意志ある行動は、小さいが、創造の要素を確実にもっていることを忘れないようにしてください。

要するに、このシステムの圧力の只中で、自分がつぶれない力を確かにこうして持っていること、それは、「物言わざる」“サザエさん”(かつて管理主義教育の愛知で現場教師が自嘲してこういった。)になっている同僚もほぼ同じであること。だから、そこに対話の糸口はあること。

みんなも、自由に今の教師の気持ちを語り合って良いなら言いたいことを一杯抱えていること。そして、それは、子ども集団が内部に持っている矛盾やいらだちと、通じ合えるものであること。

ここに着目して日々の仕事を工夫していけば、職場も変わっていきます。一見、手間が掛かり回り道のような関係性を取り戻すことの中に、教師が自信を取り戻す道があるなら、やってみない手はないと思いますが、いかがでしょう。

声高に行政のやりかたを批判しても「花火」で終わってしまうので、むしろ、足下から、教育実践者としての言葉を取り戻し、そのスピリットを自分たちも再確認し、それを横のつながりに可視化していくことです。不条理は、外からよりも内から変えていくのが、変革の力になっていきやすい。

何か参考になれば幸いです。まだまだ気候は不安定な上に、年度末の多忙な時期に入ります。お体に気をつけて頑張ってください。



 レトロで落ち着くパブ (15.2.21.)


「東京散策」ばかりでは、名古屋はどうなっているの? となりますので、足下の名古屋のお話をちょっと。ただし、夜の散策ですが(笑)。

知人と夜の会食の後、知人が挙げたお店で、名古屋の伏見にある「英吉利西屋 本店」(イングリッシュパブ)を見つけて、入りました。共に初めてのお店。蔦がからんだ木製の旧い造りの、お店の入り口には、「英吉利西屋」の看板。渋いというか、やや暗いというか、初めての者にはスッと入りにくい雰囲気ですが、いったんドアを開けて地下に降りると、別世界。

そこはいきなり外国のパブの雰囲気。まるで映画の一シーンのような。長めのカウンターに外国人や日本人が立ったり、椅子に座ったりしながら、飲んで談笑。奥のテーブルも一杯。タバコの煙も流れて、あちらこちらのおしゃべりの喧噪さ。熱気むんむんという感じ。

その右手のコーナーが、ショットバー風の一角。カウンターがあって、止まり木(椅子)がある。男性の中堅バーテンダーが、嫌みのないにこやかさで応対してくれます。モルトウイスキーも、スコッチ、国産共に豊富に置いています。知人がまだ飲んだことがないというので、Bowmoreを薦めました。
 ピートの効いた、ややスモークの香りが濃い一品ですが、ひとくち、ふたくちを過ぎると、この独特の味わいがなじんできます。これに、イタリアンのハムセットをつまみに取りました。新鮮なハムに、タマネギのさらっとしたマリネ風の添え物。

バーテンダーの話では、元は、このお店の事務所であったのを、ゆっくりとお酒を飲みたいという声に応えて、ショットバー風の仕立てで改装したのだとか。壁には、LONDONと書かれた陶板の大きな額があるし、あのトリスウイスキーのラベルに使われた、鼻のとがった四角い感じのおやじの絵が、陶板で掛かっています。

「パブ」と言えば、女の子が接待で寄ってくる店をイメージしがちですが、それは違います。元はイギリスの「パブリック ハウス」から来ています。若き日のフリードリッヒ・エンゲルスがマンチェスターの街を回って、「パブ」で飲んで語り合う労働者たちの姿をルポして、労働から解放されているときだけ人間的な感情を表せる、と描いたのは有名。『イギリスにおける労働者階級の状態』がそれです。

このお店にはその香りが感じられました。

私にとっては良い店と出会えました。このHPの読者の方とも、もし機会がありましたら、ご案内しますよ・・・・・(^_^)v



 元同僚の「偲ぶ会」 追悼の辞 (15.2.15.)


元の勤務先の教授であった南守夫氏が、昨年1月25日にガンのため急逝され、この2月15日、南氏を「偲ぶ会」が開かれました。主催者は、日中友好協会愛知、空襲と戦争を記録する会、ピースあいち館などです。私も「呼びかけ人」に名を連ねました。

会場は名古屋市内の東別院会館の椿の間、午後2時〜4時過ぎの時間帯でおごそかに、しかも内容は深く、行われました。参加者は主催者発表では43名でした。

私も、南氏の勤務先の教員・役職者であったということで第一部での「追悼の言葉」を述べるように依頼されました。以下にアップしますのは、当日の用意した原稿の全文です。

 追悼の辞 

南守夫氏は、大阪市立大学大学院文学研究科ドイツ文学を修了後、1980年愛知教育大学助手として着任、同助教授を経て、同大学教育学部国際文化コース教授として研究・教育、教職員組合の仕事や大学運営において活躍されました。

学内では平和問題を軸とする教養教育に力を入れ、その一環で、1980年代半ばに広島の被爆した旧庁舎解体にともなうその敷石を譲りうける話が持ち上がり、南氏が愛教大の教職員組合の委員長でもあったことから、教員・学生・事務職員の有志でその敷石を大学に譲りうける資金カンパの運動を起こしました。それが、現在、大学の中央図書館玄関前にある石です。当時の美術教授のお世話でシンプルなセットを行い、敷石の前に「平和の礎に」という碑文を刻んでもらいました。
実はこのとき、私が広島の出身であることから、広島市役所に行ってその敷石を選ぶ役目を引き受け、その選んだ石を後日、トラックで大学まで移送してもらいました。

さらに重要なことは、この敷石設置をその場限りで終わらせまいということで大学の正規のカリキュラムに「平和学」を設ける取り組みを、やはり南氏が推進役となって進めて、実現しました。確か1987年度から実施されたと思います。

教育学系では、自主ゼミで「平和教育ゼミ」をやっていた折出、平和憲法と教育行政の観点で仕事をしていた坪井由実氏(現愛知県立大学教授)、人文・社会科学系では、日本・ドイツの戦争責任の比較を考察する活動をしていた南氏、文学教育で教育・研究していた横山信幸氏、自然科学系では、本日「メッセージ」を寄せた松田正久氏や牛田憲行氏の物理学者らが分担して授業を担当し、半期のオムニバス方式で実施してきました。

その後、学部内の教員養成・現代学芸課程再編や、私のように役職者についたりするなどの諸事情があって、平和学の担当も交代し、本日出席されている土屋教授が中心となって引き継がれてきました。

南氏の研究歴を見ますと、「ナチス強制収容所とソ連特別収容所-ベルリン91年夏、二つの過去をめぐって」「ドイツ統一と戦没者の追悼 ベルリン「ノイエ・ヴァッヘ」をめぐって」 と共に、「ドイツにおけるナチズムと戦争の記念碑・記念館の研究」や「日本と欧米における戦争記念碑・記念館の比較研究」など、常に、第二次世界大戦の戦時の検証ならびに戦後処理が、真に民衆の立場で行われたのか・行われているかを明らかにすることを重視してきています。このように、言葉の本来の意味でのmaterialistisch(素材実証主義的)で radikal(根源的)な考察を重ねてこられました。

南氏が生前いつも指摘していたように、我が国では、戦争記念をめぐってはドイツなどヨーロッパに比べて、問題を捉える足場が弱いし、表層的であるということは、いまなおも課題です。被爆都市広島でさえ、あの原爆ドームを、もはや国際都市広島にとって景観上ふさわしくないのでとりこわす話が経済界から持ち上がったが、市民の反対でようやく存続している状態です。

明治期以来の「家族国家観」による我が国独特のナショナリズムの歴史があって、戦争に対する国家責任を市民の目線できちんと対象化できない弱さがあります。それをいま簡潔に申せば、石田雄(いしだたけし)の『明治政治思想史研究』によると、家族感情による儒教的で自然主義的な「忠孝」を柱にした国づくりでスタートしたのでしたが、富国強兵を徹底するために1890年の教育勅語発布を契機に、自由を制限した臣民として上下の秩序に順応させる「忠君愛国」、すなわち天皇を中心に「一国が一家である」という家族国家観を築いて遂行してきました。

しかしこれによって、近代社会本来の市民的自由と結びつかないままの、したがって真の国家主権意識が市民生活に内在化していかない、我が国固有のナショナリズムが造られました。その結果、「愛国心」は市民生活の外に向かって「悲憤慷慨する」形となり、アジアの民衆差別や蔑視になって爆発してきました。

これが、第二次世界大戦後の戦後処理問題のとらえ方において、いまだに国際的に信頼を得るほどの総括を果たし得ない問題に根底ではつながっています。中国への侵略、南京事件の直視や、朝鮮植民地化のもとでの従軍慰安婦問題も全てこの延長で起きていることです。

いま、南氏の研究業績を知り、また戦争記念のことにとどまらず、日本と中国との友好のための戦争事実の検証に力をさいてこられた実績を受けとめて、まさにmaterialistisch(素材実証主義的)で radikal(根源的)に、戦争の問題と向き合い検証していく必要があると思います。

そのことが、日本が真に現代国家として、市民の精神的自由権を核とするほんとうの愛国心に満ちた国に変わっていく要だということを再認識をしつつ、ここに南氏を追悼する言葉と致します。

                                     2015年2月15日   折出 健二



 「道徳の教科化」に係わるパブリック・コメント (15.2.13.)


今、文部科学省サイトで標記の件を公開しています。新たに「道徳科」を設けるとして、それに係わる小中学校・特別支援学校初等部・中等部に関する「改正案」を公開し、広く意見を求めるとしています。

「道徳科」に係わる改正への意見募集のサイトにつながります。

本日、私が作成して送った「意見」は下記の通りです。2000字までの制限のため、実際にはびっしり詰めて書きましたが、ここでは、改行もたくさん入れて読みやすくしておきます。

なお、パブコメに意見として提出したものなので、転用はぜひしないでおいてください。私の意見の原著者性が問われるなど、問題が発生するおそれがあります。

                                ***                                      
     

今回の「改正案」の主旨として、「学校教育法施行規則において,小学校,中学校及び特別支援学校小学部・中学部の教育課程における『道徳』を『特別の教科である道徳』と規定する」とある。他方、「改正案」本文では、「道徳科」の用語が随所に使われている。しかも、「総則」で以下のように、何の規定もなしに言い換えただけである。施行規則の用語と教育課程上「道徳科」との違いは重大で、その理由を明示すべきである。

「学校における道徳教育は,特別の教科である道徳(以下「道徳科」という。)を要として学校の教育活動全体を通じて行うものであり,道徳科はもとより,各教科,外国語活動,総合的な学習の時間及び特別活動のそれぞれの特質に応じて,児童の発達の段階を考慮して,適切な指導を行わなければならない」(以下、略)

 これに続く「総則」の、国としての道徳教育方策にも問題がある。第一に、戦後これまで根本においては「学校教育全体を通じて道徳教育を行う」としてきたのは「人格の完成」に係わる道徳教育は統合的であるべきだからである。新教育基本法の第一条は「教育は、人格の完成を目指し、平和で民主的な国家及び社会の形成者として必要な資質を備えた心身ともに健康な国民の育成を期して行われなければならない」と規定しているように、「人格」とは「平和的で民主的な国家の形成者」と同等なのである。どのような内実を備えた人格に、どのようにして成っていくかは、個人の精神的自由権や将来的には社会権等の行使を経て成し遂げていくことである。

それゆえに、社会や国の教育のあり方に係わる重大関心事である。ところが、「改正案」の「総則」第三段落では、その前段で、伝統と文化を尊重し我が国と郷土を愛するという価値内容が規定され、併せて「平和で民主的な国家及び社会の形成者」として備えるべき資質として「公共の精神を尊び」から「主体性のある日本人の育成に資する」までの価値内容を挙げている。人格形成の内実に係わる道徳性と個々人の判断原理に働く価値の中身を、子どもたちの人格形成の設計である教育課程で先取りして規定すること自体が、道徳性という人間性の本質的な在りようと矛盾するのである。

 第二に、「総則」第三段落の内容は学校教育法が「義務教育としての普通教育」として規定した第二十一条の三つある項目の内、第三項目の内容をほぼそのまま述べているのに対して、同条文の第一、第二項目、即ち「学校内外における社会的活動を促進し、自主、自律及び協同の精神、規範意識、公正な判断力並びに公共の精神に基づき主体的に社会の形成に参画し、その発展に寄与する態度を養うこと」「学校内外における自然体験活動を促進し、生命及び自然を尊重する精神並びに環境の保全に寄与する態度を養うこと」が欠落している。

要するに、子どもたちの社会参加と自主・自律の諸活動を尊重して子どもの道徳性を引き出し育てるという見地が見られない。この見地は戦後の道徳教育の重要な柱であって、「道徳教育は学校教育全体を通じて行うもの」としてきたのは、そうした民主的な統合性のある道徳教育観があったからである。J.デューイの教育思想を引くまでもなく、子どもたちが学びの主体であり、子どもが活動を通して獲得する思考力や判断力・他者感覚が道徳性の重要な要素を成すからである。その肝心の部分が削られた道徳教育の方針(総則)になっている。

論旨をまとめる。(1)「改正案」は、初めに「道徳科」ありきの立場を述べ、その目指す価値内容を規定している点で、新教育基本法にうたう「人格の完成」を公権力が先取りして規制しているおそれがある。それらの価値内容には教育的・社会的意義が認められるが、いずれも、子どもたちの意志と判断と理解・納得という精神的活動の過程を経てのことである。

(2)「改正案」のめざす道徳教育は、これらの価値内容を担う教科としての「道徳科」の役割を、他教科に比べて重く据えることを意味しており、このことは実質的には、各教科に優先して「道徳科」がありその「指導内容」を他の諸教科が受け入れて、その成果が出るように教科の教授・学習を行え、ということを意味している。即ち、一方では、子どもの人格形成における自主的判断・理解・納得に一定の規制を与え、しかも戦後大事にしてきたはずの子どもの社会参加や自主活動の意義を欠落させ、他方では、各教科における教育内容に対して「道徳科」の指導内容が主導的に規制を加える、という二重の統制作用と変質化を含んでいる。

このまま「道徳科」が正統化されるならば、教科書検定制度の下で国家の教育権の大義名分で教育内容が厳しく規制されることに道を開き、教育課程行政も予想だにしなかったほどの国家主義的・権威主義的な道徳教育に日本の学校は舵を切ることになるのは明白である。この「改正」は認められない。



 五島で「いじめ・自殺を考える集い」(その2)(15.2.13.)


地元の方からの応答  第一信でかいた「良い映画を観る会」のことは、地元の名称で「ざぁ〜まによか映画ば観る会」というのだそうです。このホームページを見て下さった、現地でNPO法人「五島アクロス」で活動されているYさんが早速教えてくれました。

「ざぁ〜まに」とは長崎弁で、その意味は「very good」だと、打ち上げの席で言っていたのを思い出しました。

Yさんも11日のフォーラムに参加し、そのあとの打ち上げにも居て、お話ししました。素敵な女性で母親であり、教育への関心も細かい。以前、高垣忠一郎さんが、不登校問題を考える会で五島に来たときにも交流があったそうで、懇親会の席で高垣さんが「あなたはマリア観音のようだ」と言ったのを、はっきり聞こえなかったので「私は、『まるいやかん』なの?」と返して大笑いになって、いまだに伝説(?)になっているとか。でも高垣さんがそう言ったほどに、Yさんがすっと立ってひとびとを見つめればそう言う雰囲気になるのでは、と思わせるほどに雰囲気のある女性です。

彼女によると、「平成の合併」で市町村が五島市となってからの十年で7000人の人口減少があり、とても心配だ。なんとか五島を活発にして、若者をはじめ人びとが生き生きと暮らせる地域にしたいと、上記の法人を立ち上げて頑張っておられる。

いま政権がアピールしている「地域創生」とは、こういう地域の当事者たちの地道な活動を本来言うのであって、国の「上から目線」で、補助金を出すから何か目玉を造って地域興しをしなさい、では、本当の地域の活性化にはならない。なぜなら政府の言う「地域創生」には、地域の人びとが共同で支え築いていく文化とは何か、という根本の問いが抜けているからです。文化を大事にしない政治は、ひずみ、人びとの心をかわいたものにしていき、希望をうしなわせるのではないでしょうか。

フォーラムの意義  このたびの「フォーラム」は、近年、五島でも中学生に「いじめ自殺」が起きていたからもうけられたものです。本来なら、事件の起きた上五島町でおこないたかったのをいろいろの地元の事情もあって、(列島の位置で言う)下五島となる五島市で行ったといういきさつでした。

映画の後のフォーラムは、時間的には一時間程度でしたが、中学女子であるTさんのとても中身のある素晴らしい発言で深めることが出来ました。社会福祉協議会職員の方、地元の塾講師の方、そして「フリースペース」の山北さんが、それぞれの立場で、おとなとしての思いを率直に語ってくれたので、フロアの参加者の心に染みこんでいったと思います。

フロアからも、「Tさんは、いじめられていたときに何をしてほしかったか」「いじめられる側はどうしたら良いのか」「事件の後、学校が調査をしたりするが、あれには果たして意味があるのか」など、鋭い質問が出され、私も、「大河内清輝君事件」の調査体験や最近の事件調査経験を踏まえながら答えました。

Tさんは、「(いじめられたときの、して欲しいことは)人それぞれだと思うが、私の場合は、生きていていいんだと思えることが、好きなアニメをつうじてできたのでよかった」と話しました。ここはポイントで、彼女にとっての「アニメ」の役割は別な子どもにあっては「小説」であったり、「音楽」であったりします。また、誰か親身に話を聞いてくれる人との出会いも、大きな役割を果たすことも忘れてはなりません。

映画の際には100名の席がほぼ一杯でしたが、上映後にかなりの方が帰られ、約40名の参加でのフォーラムでした。映画「青い鳥」の村内先生の「いじめ」についての言葉をかみしめたり、自殺未遂に追い込まれついに転校していった「野口君」と同じようなつらさを抱えている子どもが、現に身近にいることを改めて認識させられた会となりました。

「いじめ自殺」事件の起きた五島の皆さんに、今すぐには真相究明で立ち上がることは難しいとしても、たとえ間接的であっても、私流の言い方ですが「いじめのない子ども社会をつくろう」「いじめられている子どもを守る」「つらさを聴き取れる大人になろう」という重要な行動指針が浸透していくことを願っています。

打ち上げで  夕方からの「打ち上げ」で、映画上映会メンバーの方々と交流できたことも良かった。みなさんそれぞれに子どもの育ちへの熱い思いがあるとわかったし、ぜひそれを五島での、広い意味での子ども支援のネットワークにして頂ければいいなと思います。

一日目夜、山北さんたちと夕食を共にした時も、打ち上げの時にも、五島の「海の幸」のお造りや「すり身揚げ」、エビや小魚天ぷらなどをおいしく頂きました。参加者は女性が多くどなたも車であり、皆さんはお酒は飲まれなかったが(ほんとうは、かなりいけそうな方々ばかりと読み取りました(笑い))、私は銘酒「壱岐焼酎」をおいしく頂きました。壱岐の焼酎は、焼酎の発祥とも言われ、まろやかでコクがあって、とてもいい。お薦めの一品です。

長崎は思い出の地  「打ち上げ」の席で、「五島は初めてですか」と聞かれたので長崎との出会いを話しました。その話をもう少しふくらませて述べて、五島の旅の話を締めくくります。

「研究会などでは長崎や佐世保には来ていますが、五島は初めて。長崎は、私にとって思い出の場所です。実は、学生結婚でして、その時妻はすでに教員として働いてはいましたが、お金がないので、新婚旅行は九州の西海公園を主に、国民宿舎に泊まりながら旅しました。長崎市内と雲仙にも行きました。1973年のことですから、もう42年前になりますね。
 その意味で、いまこうして、無事に大学の勤めを退職できて、長崎の地で、皆さんにお会いして交流できたことはとても嬉しいことです。この集会につどわれた方々は、キリシタンの歴史が底流にあるせいか、おだやかで、それでいて子どもらのために、五島のために、何かをしたいという思いでつながっている。すばらしいことです」



 五島で「いじめ・自殺を考える集い」(その1)(15.2.12.)


2月11日に、五島市で映画「青い鳥」(原作、重松清)の上映と「いじめ・自殺を考えるフォーラム」があり、「フォーラム」でのコーディネーターとして参加してきました。

この「つどい」は「フリースペースふきのとう」と、(長崎弁で言うのですがちょっと忘れたので)「良い映画を観る会」との共催の形で行われました。

私は前泊で行きました。JRを使って新幹線で博多へ、そこから佐世保へ、そしてフェリーで福江に、というルートもありますが、今回は私の希望で、中部国際−福岡−五島福江という飛行機の乗り継ぎで行きました。実質、フライト時間が約2時間、乗り継ぎ待ちあわせが1時間として、かなり違います。ただ、福岡−五島福江はANAのプロペラ機で雲間では相当に揺れましたが。

日にちの順を追って。まず2月10日の午後1時過ぎに五島福江空港について、主催者の「フリースペース ふきのとう」代表者の山北眞由美さん、長年のお知り合いであり五島の市民であるTさん、そして今回パネラーを務めてくれる若者Tさん(佐世保在住で、中学三年にあたる女子。ずっと不登校中)と会いました。Tさんの車で移動して、木造の素敵なレストランで昼食。Tさんによると、お子さんが障害者で、今後の発達の課題や役割を考えてこのレストラン経営を選び、ほとんど檜造りの素敵な店を開業し、いまお母さん一人できりもりされている。

ルルド教会  その後、地元で育ったTさんの車で案内して頂き、ルルド教会、そして大瀬崎灯台に行きました。ルルド教会は正確には「井持浦ルルド巡礼地」という。五島の南西部の端にある教会で、空港近くのお昼のレストランから車で何十分か走ってやっと着きました。そのいわれは、はるか1858年にさかのぼるが、フランスのルルドという土地の洞窟での出来事。14歳のある少女が聖母マリアの命によりわき出た泉の水を使うとその難病が治った、という伝説があるらしい。その後、世界各地にルルドのこの伝説にちなんだ教会が建てられ、日本では、この五島の井持浦にある教会が日本最初のルルド教会になるという。

画像がないのでわかりにくいことは申し訳ないが、カトリック教会建築そのままのおごそかなたたずまい。中に自由に入れるので、入ってステンドグラスなどの内部の装飾を見ながら、側にいた、小学校以来不登校のTさんに「あなたは宗教に興味があるの?」と聞くと「キリスト教ではないが、ある」とボソッというので、私のふるさとが「安芸門徒」で知られているほど浄土真宗の宗派が多いこと、その中心にあるのは親鸞の教えで私も学生の頃から、信心のほうはおろそかだが親鸞の本は読んできたことを話していた。すると、これからなにか信者の集まりがあるのか、ストーブの灯油を入れに来た中年の女性(信者さんとわかった。)が、「失礼ですが、いま親鸞の話しをされていましたね。親鸞はどんな人ですか?」と聞いてきた。

そこで、私は仕方なく、今までの読書体験から私が創り上げた親鸞像を語った。法然の教えをまっとうに受けて「念仏」に専心するという信仰のやりかたを唱えたこと、親鸞自ら出家者としては異例中の異例の、妻帯者であったことからもわかるように、人間の煩悩の全てをおのれがありのままの姿として受け止め、そうであればこそ、その欲望にまみれ矛盾の固まりのようなおのれを、ただ「南無阿弥陀仏」の念仏を唱えることで阿弥陀如来に迎えられる。救われる。だから、悪人ほどにその矛盾や苦しみをかかえているならば、悪人は善人以上に阿弥陀如に救われる可能性を持っていると主張した、と(『歎異抄』)。

こういう話をその場ですると、その女性は、「よくわかります」と感激したように言って、「コルベ神父(日本のルルド教会の創設者)もそう言っている。同じではないかと思う」と述べていました。図らずも、こういうところで、親鸞の話をすることになろうとは。

大瀬崎灯台  この後、さらに車を走らせて、映画「悪人」のクライマックスの場面となった大瀬崎灯台をふくむあたりの景観「展望デッキ」に行った。デッキからはるか下方にのぞむこの灯台は、逃げ延びてきた、妻夫木さん演じる若い男と深津さん演じる同行した若き女生との感情交流がとても丁寧に描かれる場面で使われた。

撮影当時、映画スタッフたちは機材を尾根伝いに下っていって灯台まで運んだそうだ。一緒にいた、不登校中のTさんは仲間と灯台まで歩いて行ったことがあるようで、15分くらいでいけるらしい。ただし、尾根の急勾配で帰りがきつい。

ちょうどその展望デッキに着いた頃、灯台のはるか彼方で、たれこめた雲の間から日の陽射しが差し込んで、その光の線がちょうど「五カ所」になっていて、とても素敵な自然現象が起きていた。

※ この続きはまた、のちほどの記事で掲載します。



 ピラティス、ついに30回(30週)を迎える (15.2.4.)


堅い記事がつづいたので、近況をかねて少しくだいた話題を。

インナーマッスルの運動を主とするピラティス(Pilates)スタジオに通い始めて今週の定例レッスンで29回目を終えました。次回でいよいよ30回目の節目。よくぞ続いたことです。

効用というか変化したことは、まず姿勢が変わりました。腰骨の上に背骨をしっかりと保つレッスンが必ず入るので、その積み重ねの成果だと思います。直立の姿勢のさい、自分でも体の軸が安定している感じです。それと、パソコンを使っての文章作業、文献や資料のメモ・読み取り作業など一定時間を要する活動で、3時間くらいなら深く集中できるようになりました。

最近のレッスンの一例:横向きにマットの上に寝て額に手を当てた状態で、体(上半身)を逆方向に(右向きに横になっていれば左後方に)ゆっくりと体をひねっていきます。腰椎の中心を支点に、それから上にある背骨の1つ1つを順にゆっくりとひねる感じ。インストラクターが軽く手を当てて「ここを意識して」と指示します。以前は硬かったからだが120度くらいまでひねることができるように変わりました。

リフォーマーのレッスン:畳1畳あまりの大きさでマットがセットされ、その端にバーがあり、数本スプリングがついていて角度やバーの強度が調整できるようになっている上に、その反対の箇所から手や足をかける輪の付いたロープがあるマシンのことをリフォーマーといいます。このマットに仰向けに寝て、足のつま先をバーにかけてグッと蹴るとスプリングの勢いで体のあるマットがレール上を滑って全身が伸びます。この繰り返し。

別のメニューは、寝ている頭上から足下まで引っ張って、両足にロープの輪をひっかけて、両足を伸ばしたり曲げたりする。ここでもスプリングの反動があるので、足をグッと伸ばすと寝ているマットが後ろに滑る。しかし、スプリングがある程度強くても足の働きを支える腰まわりの筋力、腹筋がしっかりしていないと、ロープの足が空中で揺れる。これをぴたっと止めた状態で伸ばす・縮めるを繰り返す。

その際、足先を平行、つま先を開く(カエル泳ぎ風になる)、逆につま先だけ合わせてかかとをひらく。これらの形の違いで、太ももを中心に両脚の内筋、外筋への作用が違ってきます。

今のわたしの初級的レベルで「極めつけ」は、バーに両手を付いて、両足のつま先をマットの中央あたりのくぼみにおき、全身を「腕立て伏せ」のように背筋を伸ばして、この状態で両脚を引き寄せる。するとスプリングの作用で、からだがバーに近くなる。そのとき戻ってきた両脚と腰をまっすぐに立て、体を内側に丸めて自分のおなかをのぞくような形をとる。
 次にゆっくりと両足を後方に伸ばす。スプリングが効いているので、反動の力に負けないように。ここでお腹の中央から両足につながる輻射筋で体をしっかりとささえないと、ぐしゃっと前につぶれそうになる。両腕の力だけでは持ちこたえらえれない。これをゆっくりと繰り返す。

というわけで、あせはかくし、繰り返しがきついこともありますが、終わると全身がスッと軽くなったような感じになります。終了後、スタジオから、帰りのバス停をあえて三つ先まで伸ばして、早足で歩いて行きます。約15分。そのまま、いつもいくジムの近くのバス停で降りて、ジムの中にある中規模の風呂に入って汗を流します。

以前はこのあとグッと一杯、とやっていましたが、それを止めて、スタジオに行く日だけは「ノンアルコール日」とする。昨年の秋から今までどうにか続いています。

小中高、そして大学まで、バレーボール、野球、剣道、硬式テニスとやってきて運動自体は苦手でもないし、体を動かすのは好きなのですが、このピラティス・レッスンは、自分のからだがいかに硬いか、いかに軸(背骨の働き)が不安定か、いかに筋力が落ちているかを思い知らされるもので、まぁ、自分の体のリハビリも兼ねていますね。



 和歌山大学の「地域をつくる」セミナーに参加して(15.2.1.)


1月31日に、岸和田市の浪切ホールで標記のイベントが行われ、この3月末で学長職を満期退任・退職される和歌山大学長・山本健慈さんの基調講演があるので、参加しました。講演後のパネルディスカッションも聴きました。

社会教育学が専門の山本氏のお話はスケールが大きく、しかし緻密な問題意識に支えられた、しかも全国の今日的なテーマに迫る良いお話でした。講演でも言っていましたが、確かに山本氏は「学長に就任した以上は研究から離れて学長職に専念する」と私にも話したことがあり、今回の講演でもその職務を通じて学んだこと、再発見したこと、新たに探求したことが、やさしい言葉で語られていました。

私が理事・副学長を務めさせて頂いたときの松田正久学長は、卒業式の式辞で物理学者として原子力発電の危険性と廃炉の方向に向けての検討の重要さに言及し、それがネットで話題になったことがありました。山本氏は、社会教育学者として、卒業式の式辞で「特定秘密保護法は若者たちの学びの意欲を萎縮させる」と述べ、これが地元のメディアに取り上げられて瞬く間にネットで好感の反応が広がったそうです。

また、山本氏は教授時代から地域に出かけ、貝塚市、岸和田市等の自治体での地域再生に具体的に係わってきた経験と実績を持っています。研究者として大学人として、一貫して「地域と向き合う」ことを探求してきました。それをもとに和歌山大学の生涯学習センター長に就任してから、「人が育つ地域・地域をつくる学び」をスローガンに掲げて今日まで幅広い取り組みを展開してこられました。

その視点は、教育方法学分野ではよく知られている、東井義夫氏が述べた「村を育てる学力」と通じるものがあると思います。

これまでおつきあいをさせて頂いている気楽さで申せば、「学長に専念」とは言いながら、学長という経営の当事者の目線で大学と地域の関係性をしっかりと教育学的なアンテナでキャッチしてこられているのであり、それはまっとうな学問的姿勢の営みだと私は思いました。

学問とは、欧米の第一線の論議を翻訳・紹介してあたかも自説であるかのように学界の人びとや市民に提示する営みのように捉えられがちですが、そうではない。山本氏が喝破しているように「地域問題は対立葛藤を含む」ことを概念化(客観化)してとらえる主体的な関与こそが学問の基本だといえます。

山本氏の大学観の真髄ともいえる話が講演で述べられました。今国立大学は「RU」(Research University)と「COC」(Center of Community)とに区別されており、これを巡っては様々な論議がある中で、山本氏は、「COC」とは「はじめて大学が地域と向き合った」姿だとズバリ述べました。

和歌山大学では、1月6日付で、同大学の経営協議会外部委員による「地方国立大学に対する予算の充実を求める声明」が出され、これを受けて1月9日付で同大学の学長・四理事・四学部長による共同の意見表明を出されました。こうした動きが生まれること自体、国立大学経営の現状を見るとなかなか難しいことなので、私は心から敬意を表します。

第二部のパネルディスカッションでは、地域再生に取り組んでこられた学生(当時、高校生)、NPO法人代表、文科省社会教育課長補佐、和歌山大学教授のそれぞれの方が実践を踏まえて持論を述べて、中身の濃い意見交換になりました。経済学部教授の足立基浩氏は学生たちと共に「オープンカフェ」の実践を続けて10年。市民の底力を発揮する事業をつうじて、学生たちが何を学び、何に感動して成長してきたかについてもわかりやすく語っていました。

足立氏によると、長続きする秘訣は、(ア)楽しさを創り出す、(イ)中にはがんばっていない学生も居ることがあるが、そういう学生を責めない、(ウ)ボランティアといえども交通費や事故の際の保険加入など社会的な保障の手当はきちんとする、ことにある。

ちなみに足立氏はケンブリッジ大学で経済政策の博士号(Ph.D)を取得しており、発言の中でも、現イギリスの首相・キャメロン氏が「Big Society」、つまり「地域を大きくする」という方針を掲げてやっていることを紹介していた。

「人を育て、(みずからも)育つ」の言葉は、山本氏の母校である京都大学の池上惇氏が唱えたもので、「育て、育ちあう」とも言い換えられたりして現在につながってきています。山本氏の社会教育実践の根底には、案外、京都大学のそうした人格発達論、共同論および共同による変革論、万民の平等な幸福追求論という根源的な民主主義思想が貫かれているのではないでしょうか。

ご本人はそのことに関連して、講演では京都大学時代の池上氏、高垣氏らとの出会い・交流にも言及していましたが、拝聴していて、係わってきた地域の人びとに(山本氏自身が)育てられたと、謙遜して話されたその問題探求の角度に、京都大学で出会った人びととの共同が培ってきたヒューマニズムがにじみ出ているように私は感じました。まったくの直観的な言い方ですが、山本氏が、京都大学以外の総合大学で社会教育(学)を学んだのであったら(同じように和大に勤めたとしても)果たしてこのようには行ったかどうか。私はそう思っています。

私などは、まだまだ「青い」のかもしれませんが、その角度をおおいに打ち出して、もっとするどく教育行政や大学行政に揺さぶりを掛ければ、と思うのですが、山本氏はそこは慎重で、いろいろのネットワークをとても大事にしながら合意形成を追究していくタイプです。そこが各地の自治体の行政関係者、住民などから熱烈な支持を受ける理由なのでしょう。


 心にしみる演説 (15.1.30.)


1月29日の夕刻、名古屋駅の名鉄百貨店前で、愛知県知事選挙で革新県政の会が推す候補の推薦団体となっている日本共産党の小池晃副委員長の演説があり、聴いてきました。現職知事の政策に対する鋭い批判もありましたが、ここでは小池氏の演説のスタイル、そのすばらしさの要因を書くことにします。

小池氏は、良く通る声で、全国の革新の課題と、愛知の実態の分析を踏まえた「愛知を変える」課題をわかりやすく、ユーモアも交えて語りました。その詳細は省きますが、じっと聴いていて、思わず目頭が熱くなりました。小池氏の全身を傾けての演説の迫力もあったし、それ以上に言葉の持つ温かさでしょうか。「心にしみる」とはこういうことをいうのだと感じ入りました。

ひろく大衆に届ける、いや、受け止めてもらう(政治的な提起の)言葉には固有の工夫があります。ただやさしい(表現として平易な)言い方をすることではなく、大衆が置かれているこの現実を、誰にも判る平易な視点で、最新の数値も交えて客観的にとらえ、聴衆が「今自分たちが立っている足場とはこういう内部に問題を持つ現実なのか」と、外のTVカメラで自分たちが映し出されているような写実的な語りをすることです。

そして大事なことは、その現実をいきなり「変えよう」とアジテーションをするのではなく、まずこの現実と向き合い、そこから見えてくることをどう意味づけるか。ここを、まさに感覚的な言葉で語る。そして「なんとかしたい」の聴衆の気持ちにフィットする、「変えよう」「変えたい」「変えるべき」の三段活用の言葉を上手に織り込む。

これが聴衆の胸を打つ演説の秘訣かなと思います。問題の枠組み全体を捉えるロジックがしっかりしているからこそ、個別の問題を語るときに大いに弁士が感情移入しても、聴衆には十分に伝わるだけではなく、その分析の情報に「情」がはりついて語りに厚みができる。それがいっそうパワーとなって、聴衆一人一人の心を揺さぶるのでしょう。

このような大事なことを小池演説から学びました。



 《共実存》の意味を見失った結果か:女子学生による殺人(15.1.28. 補説:1/29)


衝撃的な事件  すでに全国のニュースでTV/新聞等で報道されているので、その細部はここでは書きませんが、名古屋大学女子学生による70代女性の殺害事件と警察が発表して、衝撃が走っています。

これからの取り調べでしだいに明らかになるでしょうが、長崎の高1女子生徒による同級生殺害事件と通じるものがあるのかどうかも含めて、この問題の奥は深いと推測されます。

取り調べの過程で、小学生の頃から「人を殺したいと思っていた」ことを本人が話したと伝えられています。また、TVの報道では、ツイッターに本人の発信と見られるもので、自分は殺人に関心があるとか、あの神戸児童殺傷事件の「サカキバラセイト」を尊敬しているとか、長崎の高1生にも共感するなどのことを書き込んでいたようです。そして、犯行があったと見られる日のツイッターで「ついにやった」とも。

いまのネット社会では、これらはすべて別人によって偽装もできるので、そう単純に信用はしがたいものの、しばらく休学して帰省するとの発信をした人物がその殺人願望を書いた人物と同じ可能性が高いとなると、この女子学生にこれまでにも異常とみられる言動があったのではないか、ということになります。

ところが、TVの報道番組に出た「その女子学生を知る名大生」(男性)によると、ツイッターの内容が殺人に関することが多いので仲間内では「あいつは危険なやつだ」でよく知られていたとか。ここが気になります。名大ですからケアの体制は整っているので、心理臨床系の教員に相談するとか、学生サポートセンターに相談するとか、周りの学生たちによる何かアクションを起こす機会はこれまでにもあったのではないか。

ところが、「その女子学生はよく一人でいることがあった」(取材での男子学生談)というように、外から眺めていただけの関係であったらしい。せめて、これまでにも、カウンセリングを受けたらと勧めたんだけど、といった一歩踏みこんだ関わりの声があってほしいが、いまのところない。ここに、図らずも名古屋大学の学生同士の関係性の一端が現れています。

話を戻して、この女子学生は現在のセンター入試・個別入試の制度で名古屋大学に入学できたのだから知的なレベルは高いと推定できます。「人を殺してみたい」という衝動は、彼女の社会的関係の欠如を物語るのでしょうか。

殺人とは何か  殺人に関する世界的権威者、パウル・ガイスブレヒト『殺人〜実存的限界状況の分析』(邦訳、1980年)によると、「殺人、すなわち自殺と他殺は個人が社会において他の人びとと共同生活を営んでいくことに失敗した結果である」(13頁)。その人びとは殺人または自殺によって、「この世界における他者との共存に終止符を打つことを欲する」(同)。

また彼によると「殺人または自殺を行う人びとの大多数は自身の生活情況の中で窒息しかかって、解決の見通しを失っている人びとである」(同前)。この情況下で、その人びとは、「攻撃的行動を行うことにようやく一つの意味を見いだすことができる」(同)。

これらの専門的知見がすぐに解決の糸口を示すものではありませんが、ヒントにはなります。

重い刑罰をなぜ望むのか  この女子学生は犯行後に遺体を自室の浴室に放置したまま、先月の内に東北の実家に帰っていること、警察の問い合わせに名古屋のアパート自室に戻ってきていること、そして家宅捜索に応じていることからすると、この間、殺人後にみられる加害者の自殺念慮は薄かったと推定されます。むしろ、早く自己の犯行が発覚して逮捕され、自分の犯行に一本の線のような流れができるのを待っていたのかも知れません。

人を傷つけてはいけない、人の物を盗ってはいけない、人を殺してはいけない。こうした生活の原理は幼少期から学習し、いわゆる規範意識としてインプットされていきます。共実存のルールの認識といっていいでしょう。

しかし、他者のイメージ、他者像がはっきりしないままに成長していくとどうなるでしょうか。他者は、自分と同じように感情や願望を持ち、固有の内面世界をもち、年齢差はあるにせよそれぞれにこれからの可能性を持っていることが、わからなくなる。つまり、そこに何も意味を見いださない。ガイスブレヒトの言うように、攻撃的行動のみが「意味」をみいだす手段となる。

つまり、逮捕され警察の取り調べを受け、(本人は知るよしもないが)大きく報道され社会のトップニュースになる。そのときはじめて、自分で自分像を描いたのとは違って、自分は共実存のすがたでここに生きているのだとわかる。私たちからすると信じがたいこと・他者の生命を奪うなど許し難いことなのですが、犯行者にとっては、そういう「行動の意味づけ」になることも可能性としてはありえるのでしょう。

補説:共実存について  「共実存」とは、上記のガイスブレヒトの著作に出てくる言葉。彼は、殺人という「攻撃的存在様式」は、他者に危害を及ぼす「実存的限界」の情況を表しており、他者との共存の関係が壊れる状態である。生きることの意味は、他者との共同存在そのものの中にある(前掲書、21頁)。

ところが(ガイスブレヒトの時代の)実存哲学者たちは、共同存在を個の存在(実存)の対極にあるものとしかみておらず、「方法的誤り」を犯している。その代表はサルトルの『存在と無』である。サルトルは「孤独」について掘り下げたが、他者のまなざしは個人からその生活空間の一部を盗み取る、とサルトルは述べて、他者を「地獄からの使者」のように扱った。サルトルは、ひとりで存在する「わたし」の行動を確認することに主題があって、他者との共同存在がもつポジティイブな面を見ようとはしなかった。ここに重大な誤りがあった。

人びとの存在は共同存在であるのと同じく、個人の実存は共実存なのである。その共実存への可能性は誰にもある。そのひとの「自身の精神構造または外的情況のゆえに共同存在への可能性を欠く人びとに現れる攻撃存在様式」を検討することによって、「意味空虚な孤立状態」を検討することができる。こうすることで、「有意味な共同存在の状態にある人の基本状況のポジティブな価値が明らかに」なる。「共実存は、現存在の二元的対極ではなく、むしろ現存在の基本状況である」(同書、23頁)。

このように、ガイスブレヒトの殺人論は、人びとの実存のとらえ方における実存哲学の誤りを批判し、その「厭世観」をしりぞけて、生きることの意味と真の幸福とは何かを究明するものなのです。それは、私たちの共同存在の研究そのものです。上記の私のコメントも、その考え方に賛同しますので、その影響を受けております(以上、1月29日追記)。



 1つの作品が生まれるとき (15.1.27.)


♭#歌謡曲の楽曲も1つの作品です。作曲家の岡千秋さんは、私のふるさと・広島県の隣、岡山県の小さな島の出身で、若い頃は歌手を目指して大阪で働きながら歌謡教室に通い、上京してからもキャバレーをまわりながらチャンスをうかがったが、結局歌手は断念して作曲に転じ、その後、「浪花恋しぐれ」「長良川艶歌」と続けて日本レコード大賞を受賞する作品をつくるなど、実力を発揮してきました。

その岡さんのインタビューをラジオで聴いていると、「浪花恋しぐれ」で大賞をもらってレコード会社のご褒美でハワイ旅行にでかける直前に、次の作品依頼で悩んでいたとき、作詞家のたか・たかしによる「あなた やさしい 旅のひと」のフレーズの曲想が浮かび、この前後にメロディをつけて完成。ハワイから戻ると、すごいヒット作品になっていた。

似たような話は、「他人船」にもある。作詞・作曲を担当した遠藤実氏が以前にやはりインタビューで語っていた。作品づくりのための旅行をしていたとき、瀬戸内海を見下ろすある高台でちょうどお昼を摂った。それが「他人丼」だった。すでに「別れ」をテーマにした曲想もある程度あったらしいが、着地が決まらなくて、少々迷っていた。どういう曲名にするか。そのとき、内海を行き来する小さな船、そして「他人丼」。そこから「他人船」という、あのしっとりとした名曲が生まれた。

石川さゆりが唄う名曲「天城越え」も、生まれるドラマがあった。これは「名曲誕生」だったか、そういうTV番組で放映したことだったが、レコード会社からの作品依頼を受けて、作詞家・吉岡治氏と作曲家・弦哲也氏らが作品づくりのために伊豆の旅館に泊まって、天城峠周辺の滝、寒天橋などの地名も織り込んで、しかも石川さゆりにしか唄えない、ハイレベルの楽曲にしたいということで練りに練ったのがこの作品となった(同名のウィキペディアにもその話が少し書かれている)。

◇◆映画作品も同じでしょう。中堅の女性監督・三島有紀子氏は、テーラーを営む父親が三島文学ファンで初めからそれにちなむ名前を我が子に付けるつもりだったらしい。で、幼い頃から父親に連れられて映画を観に行き、それがずっと「映画作り」へのモチーフとなって生きてきた。NHKの番組作りなどを経て独立し、これまで『しあわせのパン』『ぶどうのなみだ』が公開され、この1月31日には新作『繕い裁つ人』が公開予定という(以上、1月26日「ラジオ深夜便」本人インタビューより)。

これらはいずれも、ものづくりに携わる人を主人公にした作品で、三島氏の思いとして、父親の影響もあって自分の考えをしっかりと持って、それを貫きながら物を創る人に惹かれるという。父親は、自分が作った数着の夏冬ものと合い物のスーツをずっと着こなしてきたが、少女の三島氏に、いかにその縫製が緻密で耐久性があるかを熱心に語ったらしい。

新作にもその父親のイメージがかなり働いていると本人が認めている。縫製を営む主人公の女性(中谷美紀が演じる。)にデパートの衣料担当からブランド化の話が来ても、顔の見えない人の服は作らないと、それを断る。昔ながらの足踏みミシンを使って、注文を受けた人の、その新調する服への思いを描きながら繕い裁って、仕上げていく。そこには服という物=商品を作るというよりは、相手(注文者)の生活の中に位置付く価値を創り出す、という創り手の固有の営みがある。そう三島氏は描きたいのではないだろうか。

♭#歌謡曲、映画について作品が生まれる現場の様子に興味があって、そこを書いてみました。1つには、いずれにおいても、人びとの暮らしの細部を、心のひだに分け入るようによく見ているということ。2つめに、作曲家であれ、映画監督であれ、出来上がる作品を聴く人、鑑賞する人と、何を共有したいのか、という主題をよく考え抜いていること。

例えば、「天城越え」にしても、吉岡・弦の両氏らが伊豆を見てまわって歌になりそうな場面だとして、「自分たちが気に入ったからその場所を歌詞に織り込む」のであったら、あそこまでヒットしなかったであろう。

そうではなく、何ごとかを越えていく、その情念は、恋路においても、暮らしにおいても、それぞれに苦しい難所をくぐり抜ける生き方がある。そこにしか輝き出すことのない、その人の「生」というものを何か歌詞とメロディで表し、それを石川のあのしっとりとしてつややかだが、パワーのある声で表現する。そうすれば、この混沌とした世の中で、どうしたら自分の自分らしさを見つけられるのか、いま壁にぶつかっているこの現実をどう乗り越えていけばいいのかと、誰もが抱えている「生きることのテーマ」あるいは「生き方への問い」に点火するのではないだろうか。

まったくの私の推量ですが、そういう、まだ見ぬ全国の聴き手と共有する世界への思いが吉岡・弦両氏に働いていたことでしょう。

映画監督の三島氏にしても、同じです。ただテーラーの父親の仕事ぶりを想起して映像化するだけであれば、それはホームビデオの域を出ない(失礼)。そうではなく、映画館で公開するというのは、そこに鑑賞する人びととの「共有したい(あるいは、そうするべき)世界」をしっかりと探求しているから、映画作品になる。

♭#あらゆることが「数値化」され、「結果」の評価いかんがその当事者たちの仕事の全てを左右する。こういう市場原理型の競争環境が生活の隅々にまで浸透しつつあるいま、私たち平凡な人間にとって何よりのよりどころとなるものは何か。それが、いま見えにくくなっています。

それを知る・再認識することがとても大事です。それは、自分の存在感、いま・ここにこうして生きているし、これからも自分なりに生きていくことで間違っていない。それを誰も声を出して認めてはくれないが、自分が出会ったこの作品が(まるで伴走者のように)自分のあるがままを認めてくれる。そういう作品のもつメッセージ、その励ましの力です。

大ヒットした(する)歌謡曲、大手配給会社によるものではないが国際的にも高く評価され脚光をびる映画作品、これらには共通するものがあるのだと教えられました。



 「登校拒否・不登校問題全国のつどいin愛知」 第一回実行委員会(15.1.25.)


今年の8月29〜30日、愛知県犬山市で標記の「つどい」第20回集会が開催されることとなり、1月25日午後、名古屋市内で、その第一回実行委員会が開催されました。

それに先立ち、過日、同集会における大会実行委員長を依頼され、承諾しました。よって、第一回の実行委には顔を出すべきだと思い、出席しました。私のノート記録では、自己紹介等で発言された方が、全部で58名(司会者等の運営者を含む。)、そのうち愛知県関係者が25名。

ということは、県外から30数名が参加されたわけです。埼玉、静岡、三重、滋賀、大阪、和歌山、奈良、長崎と広い範囲からご参加でした。

はじめに、全国連絡会の代表世話人の高垣忠一郎さんからご挨拶があり、一人一人の自己紹介に移りました。上記の人数ですからある程度予想はしましたが、(特に一人あたりの発言時間を司会者は指示しなかったので)延々と続いて3時間。最後に、大会実行委員長への就任が承認されたのを受けて私が話しました。

それぞれのお話は子どもさんの不登校の時期やその後の経緯を語って中身の濃い物でしたし、話ながら母親が涙ぐんで言葉の詰まる場面もありました。私は、じっと聴いてきて、(1)「語り、聴く」という関係がこの「つどい」のパワフルな関係性の源にある、と思います。つらい話だけど、「ワッハッハ」と大きな笑いの入る開放性があるし、共感して涙することは、つらさと同時に息子や娘を突き放して語る、このギャップのおもしろさを浮き彫りにします。そこで笑いが起きるのです。しかも、それを隠さないで、みなさん、おおいに笑う。これがまた良い関係なのでしょう。

(2)我が子との関わりのドラマは、要するに、《学びさがし、自立さがし、生き方さがし》を意味しています。と同時にそれらは、《学びつくり、自立つくり、生き方つくり》でもあるのです。年齢の差はありますが、学校に行けなくなってその子なりに模索しているその時間は意味があって、その子なりに創造への準備をしているのではないでしょうか。

そのように見てあげられる《他者》もしくは《伴走者》として我が子に関わることができるか、できないか。ここがおおきな分かれ目だと、今日のお話を伺いながら思いました。

わたしの実行委員長就任の挨拶では、そのような趣旨のことをお話ししました。



 「老いの入舞」(15.1.21.)


◇◆◇河合隼雄氏の『「老いる」とはどういうことか』(講談社+α文庫、初出1997年)が電子書籍化されて登場していたのでiPad版で購入して読みました。読売新聞の夕刊コラムに連載したものに加筆した書物です。

見開き2頁に1つの話題が書かれており、読みやすい。エッセー風の文章の中にも、さすがそこは河合氏、含蓄のある話が随所に織り込まれています。

中でも印象にのこったのは「してあげる」の話。まず元のコラムで、河合氏は高齢者に「してあげる」とはそのひとの自主性を何か認めない扱いでよくないのではないか、という趣旨のことを書いた。このことにずいぶんと反響があったそうだ。

ある便りによると、おばあちゃんがケガをしたせいもあって外出しなくなった。周りがいくら勧めても聞こうとしない。ところが、中学一年の孫娘が「散歩しようョ。おばあちゃんと一緒に散歩したいの」というとおばあちゃんは早速外出して、会う人に「孫にせがまれて散歩しています」と(204〜205頁)。

周りが「健康に良いから散歩しなさい」とか、「散歩に連れて行ってあげようか」と言うのと比べて、「一緒に散歩したいの」というのはなんと優しい語りかけか。こういう話です。この場合、確かに孫娘だったせいもあるでしょうが、「してあげようか」が何となく外からの使役的なニュアンスを含むのに対して、孫娘の自然な語りかけは、かつて発達論の田中昌人氏がのべた有名な言葉「一緒にやってみる(みよう)」の命題を含み込んでいます。

河合氏は、その「やさしさ」を強調していますが、私は、その言葉の持つ《関係性づくり》が子どもばかりではなく、老年者にも有効であることを大事にしたいと思います。

◆◇◆もう一つ、その本の中でとても心に遺ったのは、免疫学者・多田富雄氏との対談で出てくる「老いの入舞」のことです。

世阿弥の世界に詳しい多田氏によれば、世阿弥の述べたことで、舞楽で舞人が舞終わって舞台から降りて引き揚げるときに、もう一度舞台に戻って、ひと舞、舞ってから引き揚げる。それを「入舞」(いりまい)という(268頁)。

この話を紹介した後に、多田氏が「年をとってからもうひとつ創造的なことをして、それを『入舞』とするというのは素晴らしこと」と語っていのです(269頁)。

この話の意味は、人が老いるのはそれぞれの老いを個性的に生きていくことなのであって、そこにマニュアル的なアドバイスは必要ないこと。そのひとが老いを生きる中でどんな工夫を凝らすかだ。「入舞」がそれをとてもよく表している視点です。

◇◆◇私もこの話には心を打たれました。定年を迎え、66歳となるとあとは自分の人生の終焉をどう迎えるかなのか、と受け身になりがち。しかし、「入舞」をどう行うか。そこにまだ楽しみが待っている。

例えば私の場合には、四月から大学の現場に出て、看護師や養護教諭を目指す学生さんたちと出会い、教育を、支援を、そして「他者」の役割を語り、考えあい、交流していく。それは私にとっては「入舞」に当たるのかも知れません。もちろん、その任期は4年と限られていますのでそこで終わりますが、それにとどまらず、「入舞」を試みながらゆっくりと自分の終わり方を整えていきたいものです。それには、それなりの覚悟と準備が要るのは勿論です。

 東京下町の味、レトロの香り (15.1.24.)


♪♪連れあいが、「研究会で東京に行ったことはあるがじっくりと東京の街を見たことがないので行ってみたい」というので週末を使って行ってきました。ある旅行社が、中部国際空港と羽田空港(東京国際空港)とのANA往復便と都内の一流クラスホテル一泊、あとはフリーのセットで、一人分15,000円という特別企画を案内してきたのでこれを利用しました。

ANA便は、往路の中部出発も復路・羽田発も時刻指定でしたが、これはめったにない相当にグッドなコストパフォーマンス。現地の二日間のガイド役はもちろん私です。

一日目は、まず築地場外市場へ。はとバスのお客さんたちも降りてきて、通りは人出で大賑わい。名物の百円卵を食べたり、私のお薦めの「築地寿司清」本店でお昼(握り寿司ランチ)を摂って、その後、上野の国立博物館で「みちのくの仏像展」を観ました。東北の非常に珍しい大日如来像や薬師如来像などを見て感銘を受けました。幸いに外気は温かくて風もなく、上野公園内のスターバックス店では屋外のテーブルでコーヒーを飲んでも十分にくつろげたほど。上野から銀座線を使って浅草(雷門・浅草寺・仲見世通り)へ。浅草の仲見世通りは修学旅行生も多くいてものすごい混雑でした。

浅草で思いがけない出会いがあった。それは、もう夕方でホテルにチェックインするとしても、その前にちょっと休憩していこうと、私が誘ってたまたま入った「神谷バー」が、なんと明治十年代開業の老舗中の老舗の店。その一階は大衆酒場風のフロア。生ビールと焼きとりなどで連れあいも付き合って飲み始めたのでしたが、周りを見渡すと、地元の方々らしい皆さんがある飲み物を楽しそうに飲んでいる。

それが「デンキブラン」というカクテル。正確には、明治期の珍しい物を代表する「電気=デンキ」と、「ブランデー」の「ブラン」をくっつけた独特のドリンクで、創業以来ずっとこの名前で続いている。逆円錐形の小振りなグラスに入っていて、一杯が270円。アルコール度数は30度で、チェイサーが付いてくる。味はキュッとするブランデーの甘辛味があるが、あまりクセはない。これと生ビールを交互に飲むのが通の飲み方らしい(お店のスタッフの話)。

広いフロアはレトロの雰囲気で、旅行者よりは地元の方々が多い感じで、思い思いに談笑しており、私たちのすぐ後ろの席では、お年寄りの女性ふたりが「デンキブラン」の2杯目をおかわりしながら、楽しくしゃべっている。ここが、あの有名な「神谷バー」だったのです。

♪♪二日目は、連れあいがどうしても行ってみたという「巣鴨商店街」へ。ちょうど、「とげぬき地蔵の大祭」の日と重なって、地元の各店舗がセール品を並べている商店街は、これまた高齢者の大混雑。衣料店で、あるブランドが開発した「健康長寿赤いパンツ」を大々的にそろえて宣伝していました(笑い)。もともとは還暦祝いのイメージで創られたらしいが、いまや高齢者一般の商品らしい(製造元は山形県の業者)。

《付記》「巣鴨商店街」は、別名「おばあちゃんたちの原宿」とも言われているようで、この日も女性で大賑わい。「とげ抜き地蔵」とは、曹洞宗寺院・高岩寺の本尊・観音菩薩像のことで、現在の巣鴨通りはかつての旧中山道でもあったので、旅人の無事の祈願もあってここにお寺が建てられたのかも知れない。いまは、本尊は開帳されておらず、寺院境内に「洗い観音像」があり、身体の治したいところを手ぬぐいで洗っておくと御利益があるとの伝説で、これまたたくさんの人が行列を作っていた。

その後、池袋で有楽町線に乗り換えて「桜田門」で降りて、その「外桜田門」を見て皇居前広場を抜けて、「日比谷」へ。そこから日比谷線で「東銀座」に出て、新しく改築なった歌舞伎座へ。今回は観劇ではなく、場所を見て、地下のショップで連れあいが友達のための買い物。その後有楽町まで歩いて、山手線で「品川」に出て、ここから京急線の空港線快特で、約10分で羽田空港へ。

早めに着いたので羽田空港内を見て回る内に、3階のフロアにあるワインショップで、本場のコニャックをショットで一杯。そこはワインなど洋酒の卸が経営しているらしく、そのコニャックをボトルでどうか、宅配もできると誘ってきたが、それは断って、すこし濃い香りでアルコール43度の味を楽しみました。

♪♪というわけで、無事に二日間の「ショート東京の旅」は終わりました。にわかガイド役としては少々疲れましたが、築地の活気あふれる市場、「神谷バー」「巣鴨での赤パンツ」など、話題満載のおもしろい旅となりました。

帰りのANA便を待つ間、連れあいがぼそっとつぶやいたひと言。「あなたは仕事で月に何回も東京に来ていたけど、忙しい中にも上手に遊んでもいたんだとわかったわ」ですって。

お見通しとは参った。しかし、そこで身につけた東京の交通機関の上手な(無駄のない)使い方と地理的センスで、東京の下町散策コースが見事完了できたのですぞ。それをお忘れなく(笑い)。



 東京散策(その2) (15.2.20.)


4月から、愛知県内の私立大学勤務になるので、時間の取れる内にと、連れあいと共に歌舞伎鑑賞や都内の散策に行ってきました。

一日目が、東京駅見物と歌舞伎座での「二月大歌舞伎」夜の部の鑑賞でした。東京駅は当初の行動にはなかったのでしたが、あいにくの雨と冷気なので外歩きを止めて、すべて建物内の散策・見物などで済ませたためです。

東京ステーション・ギャラリーには初めて入りましたが、東京駅の大改修の経過や部分の詳細な記録などが展示されており、また施設内には、建築当初の煉瓦のまま内壁を公開しており、当時がしのばれて、よくわかりました。そこを出て、地下街を通って、東京駅西方面のKITTEという最新の建物にも入りました。6階建ての三角形の高層ビル。三角形の真ん中が6階まで吹き抜けになっていて、各階は回廊のようになっている。5,6階はレストラン、4階以下は専門店が入っている。

ちょうどお昼時で、信州松本ゆかりのおそば屋さんでざるそばセットを。ぬる燗も松本の蔵元のものを。午後は、地下鉄で日本橋に移動して、日本橋三越の各階を見てまわって、地下食品売り場で、観劇の途中のお弁当を買って、地下鉄を乗り継いで歌舞伎座へ。これで、(用意してきた)傘を使うこともなく移動できました。

「二月公演」の演目は以下の通り(歌舞伎座Webサイトより)。中村吉右衛門や松本幸四郎という、知った役者が出演するので二月にしたわけです。
一、一谷嫩軍記(いちのたにふたばぐんき)陣門・組打:熊谷次郎直実 吉右衛門、熊谷小次郎直家/無官太夫敦盛 菊之助、玉織姫 芝 雀。
二、神田祭(かんだまつり):菊五郎ほか。
三、水天宮利生深川(すいてんぐうめぐみのふかがわ) 筆屋幸兵衛・浄瑠璃「風狂川辺の芽柳」:船津幸兵衛 幸四郎ほか。

熊谷と敦盛の対決は圧巻でした。共に馬に乗って海に入り、そのまま斬り合う場面では、同じ舞台で遠景を出すために、両者共に子役を使って馬も小さめの形に配して、客席からは遙か向こうで戦っているように見えるあたりが、妙におもしろかった。熊谷役の吉右衛門さんは、館内の熱気で汗だくになりながらも、適役・敦盛の首を討ち取るのを逡巡する武士の葛藤を、巧みに演じていました。

幸四郎さん演じる貧しい筆屋にやつれた士族出身の男は、妻に先立たれ、眼の日自由な長姉とその妹、それに赤子を養う立場。しかし、借金の取り立てで無一文になり、ついに一家心中を決意するが、まだ乳飲み子の幸太郎から先にと小刀をふりかざしていざ刺そうとするも、その仕草を見て笑う我が子に決行できず、ついに気が変になった。そして、幸太郎を抱いたまま川に飛び込むが、長屋の車屋に助けられ、長屋一同や乳飲み子を案じるお店の女将などによって、生きていく希望をつかむというところで幕。

前半があまりにもシリアスで重い空気に流れがちだったが、幸兵衛の気が変になったところから、その仕草におかしみが出てきて客席が和んできたところで、クライマックスへ。この展開は、前進座公演の人情者とはまた違った味わいと演技の深さがあって、とても見応えがありました。

二日目は、打って変わって好天に恵まれました。まず、池袋のサンシャインシティ60に行って、最上階の展望台から都内を眺めました。南北東西が見渡せる広いスクエアの形になっており、空は晴れ上がっていたので、すこしかすんではいましたが、富士山がくっきりと見えました。

そのあと、(連れあいの提案で予定していたとおり)山手線で日暮里まで行き、そこから谷中・根津・千駄木のエリアを散策。「谷中銀座」は、大分の湯布院の雰囲気と、京都三年坂界隈の雰囲気をすこしだけ兼ねながら、レトロなままの風情を残していました。ただ、前回の東京散策で行った「巣鴨商店街」ほどのにぎやかさはなく、お店の通りも短い。この「谷中銀座」にも寺院やお地蔵があるようですが、やはり「とげ抜き地蔵」の人気の違いでしょうね。それと、巣鴨に集まる「おばちゃん」パワーも。

根津神社に行く前に、通りに面した「釜飯・焼き鳥」の店に入って釜飯ランチを摂りましたが、これがなかなかの出来栄え。ご夫妻とバイトでやりくりされている小さな居酒屋風の店ですが、アフターもきっと良い雰囲気になるところでしょう。もちろん、ぬる燗で一杯頂いて、その銘柄が「越後おやじ」(新潟)でした。

というわけで、二回目も、(ますます地下鉄利用が上手くなって)スムースに移動ができて、ゆったりと楽しめた旅でした。

3月には、足立美術館・出雲大社に行く予定。これで、連れあいとの旅はいったん休止(私立大勤務の仕事が始まるので)。





 木村敏『臨床哲学講義』を読む (15.1.19.)


このところ精神医学関係のテーマで仕事に係わることがあって、標題の書物もその一環で読みました。

木村氏は、京都大学名誉教授で、我が国では笠原嘉(かさはら・よみし)名古屋大学名誉教授と並んで精神医学界の第一人者とされる方です。『関係としての自己』の著書でも知られており、私も近いテーマなので読みました。

ここで取り上げる書物は、氏が2010年に、日独文化研究所(京都)で行った連続講義の内容(講義の録音版)をもとに加筆等によって整理されたものです。それは全体で六回に及び、次の構成になっています。

第一回 序論 こころと生命  第二回 統合失調症の精神病理(1) 第三回 同前(2) 第四回 内因性鬱病の精神病理  第五回 ポスト・フェストゥムの精神病理  第六回  イントラ・フェストゥムの精神病理

※ 「フェストゥラム」とは「祭り」のことで、「ポスト」は「後の」、「イントラ」は「最中の」の意味。「ポスト・フェストゥム」とは、「後の祭り」となっては「取り返しが付かない」というように物事に接する精神病理性で、非常に保守的でこだわる傾向を指しています。

全体を通読しまして、とても博識に富んでおり、人間理解に目を開かされ、人格という存在の奥深さ(一定の均衡を保つと共に矛盾を抱えていることも含めて)を考えさせられました。

木村氏の理論構築としては、まず個々の身体の生命と、誰のものでもない一般生命とを区別し、前者をギリシャ語で「ビオス」、後者を「ゾーエー」と呼んでいます。ゾーエーは、個々のビオス的生命が生まれてきてそこへ向かって死んでいく場所だとしています(13頁)。これは、同書の後半で「内因性鬱病」を考察する際にも働いている木村氏の思考形式(概念枠組み)です。

すなわち、内因性の「内因」とは、ドイツの精神医学者・テレンバハの学説に習って、「内なる自然」(ドイツ語でEndon)のことです。この「内なる自然」が自然界の意味の自然、つまり外界との相互作用において何らかの緊張やあるいはトラブルを生じて、その結果引き起こされる状態を鬱病とし、鬱症状とは区別しています。もともと、症状と病気ははっきりと区別されるべきだ、というのが木村氏の主張です。

咳がある、熱が出ているのは症状であって、生体の自己防衛反応である。これに対してウイルス感染とか、あるいは日常生活におけるある生活上の問題など生体内で起きている異変、これが病理としての病気です。ところが、いまは診断基準に基づいて客観的に、というのが流行で、外見の「症状」への対応をすぐに薬や検査等で処理しようとしているがこれでは生体の本来の自己防衛反応の能力自体を弱めかねないので余り賛成しない、と氏は述べています。

話を戻して、「内因性」の病理としては、統合失調症、本格的な鬱病(メランコリーや躁鬱病)、パラノイアと呼ばれる妄想病などがあります。これらのいずれにも、「自己」と「他者」の関係、その均衡・不均衡の問題が関わっています。

たとえばメランコリー親和型の鬱病(単極性)では、秩序志向性が特徴的で、いわゆる「几帳面さ」がその人の持ち味であると共に、その人を苦しめる要因でもある。自分が守らなくてはならない秩序を本人がこなしているときはいいけれど、何かの出来事でそれがバランスを崩して対応できなくなったときに、秩序を守れないで居る自己への負い目、責任を感じてしまう(96頁)。

しかも複雑なのは、このことが質と量の両面から生じる。周りからどんどん頼まれても(量的に)これをこなしていける間は良いが、そのうち、その質が(自分から見て)おおざっぱで納得がいかなくなると、それが負い目となってしまう。几帳面さが自分の行き場を却ってふさいでしまう。このように自分を秩序の中に閉じ込め、自縄自縛(ジジョウジバク)に陥るのがこのタイプです。

引っ越しをした後の鬱、あるいは会社等で昇進した後の鬱などはこの例です。

こうした問題の根底には、一人一人の状況への対応能力の個性(90頁)が働いています。しかも、これは、木村氏によれば、遺伝だけではなく幼児期からの家庭での養育のありかたにも影響されるのです。例えば、比較的厳格で几帳面な雰囲気の教師の家庭で、その子どもが神経症的な症状を見せたりとか、自分を秩序にうまく適応させられないストレスから問題行動を起こす例があるのも、以上の背景が絡んでいるといえます。

総論としては、目に見える外的な症状だけで判断しないで、患者の生き方、それを当人がどう感じているかという自己認識のありかたから総合的に見ていくことがとても大事であること、前者の症状は後者の間接的な表示なのだという理解が要ること。この基本的な立場は、生活指導実践にも通じるものがあると感じました。



 「新自由主義統治の構図と大学自治の危機」(15.1.19.)


名古屋で近日開催の研究会に報告する内容です。本文はA4で7頁、これに「補論」と、大学教授会に係わる学校教育法改正対照表の3点セットです。ご希望の方にはデータをそのままお送りします。

「新自由主義統治の構図と大学自治の危機」

【報告の要旨】 

 新自由主義の統治の特質は、権力が競争環境そのものを管理することによる自由競争の計画的・効率的な徹底にある。この下で、国公私立問わず、文部行政との“距離感”を保ちながら、大学間の競争環境に参画し、その状況は一層激化している。各大学とも、選択・自己目標と結果評価、そして自力改善、というワンセットの「自主的」経営を強いられており、その仕組みが、構成員の学問に対する姿勢や研究の取り組みにも、併行して、大学の自治にも様々に影響している。

 自分(たち)の学問の自由を守ることと、この統治の論理を批判的に捉え、大学経営に風穴を開けることとは表裏一体であり、研究者として生きることと、ひろく学生たちに今学問の創造とは何かを呼びかけ学び合うこととは、統一的な活動として捉えられなくてはならない。

 これらの社会的諸関係を中軸のように貫くのは、《民主主義の民主化》をどうすすめるかという現代の中心テーマである。それは、学問研究の社会的条件と大学の自治にとっても然り、である。



 20年という歳月を支えてきたもの (15.1.17.)


◇尊い命、6434人の方が犠牲となった阪神・淡路大震災(1995年1月17日)から20年。改めて故人となられた方々のご冥福と、ご遺族のご安寧をお祈りします。

昨夜のNHKラジオ「深夜便」はそのための特集を組み、現地にスタッフが赴いて、復興の過程を歩んでこられた方の体験記を紹介しながら、翌日(17日)に向けての思いを伝えていました。その中には、こういうお話もありました。

かなり高齢の男性の方の手紙でした。神戸市内に住んでいて資金を800万円掛けて薬局の改装をしたばかりの時に地震にあい、店舗と住居の一体の建物が全焼。何もないのに借金を返すというむなしさを耐えてきた。そして、やっと近くに場所を得てコンビニを開業したと思ったら、こんどは大型スーパーがすぐ近くにできて売り上げは激減。毎月25万の借金の返済が苦しかった。このたび、ある縁があって芦屋市でコンビニ開業の話があり、先の店をたたんでいま準備中だと。

また別の方は息子さんを震災で亡くされて、いまもなお「なぜ助けてやれなかったか」と自問自答を繰り返している日々。「このつらさ、痛みは実際に体験しないとわからない」と。

原体験のあまりの重さにただただ感銘を受けながら聴いているだけですが、そうして生きてこられた歩みの中に、ひとはたとえささやかでも希望を持って前に進もうとすることを教えられます。その希望とは、遠く彼方を指すのではなく、後者の方の話のように、「なぜ」と自問自答を繰り返す、その自分が今・ここに生きていることをしっかりと受け止めることも、希望なのです。

(まだカミュにこだわっていますが)重荷を背負っていること自体がおのれを育て、ピュアな思いを研ぎ澄ます試練であり、同時に希望なのです。

どうか上記の手紙の方々、また多くの同じような事情を抱えて頑張っておられる方々、月並みな言葉ですが、諦めないで、しっかりと前を向いて歩み出してください。古来、「天網恢々疎にして漏らさず」と言います。

コツコツと努力していることは誰も見てくれていないし,気づいても居ないように見えるが、そうではない。この世の条理は、おおざっぱに見えるが実はそうした個々の努力を受け止めるようにできているのだよ、と。

【補注】この警句は正確には、『老子』に収められている次の言葉。「天網は恢恢として、疎にして失わず」。その意味:天は大きな網を張っている。その網は恢恢、つまりいかにも目が粗いように見えるが、何ごとも決して漏らすものではない。長い目で見れば、よい人には必ず幸を授け、悪い人は結局不幸を免れない(『中国古典名言事典』講談社学術文庫、336頁)。

◆新年に改まって早くも17日目。時の流れは早い。長く続いたある仕事が無事に完結したと思ったら、次に、いろいろと依頼がきて、お受けすることに内定しています。

その一つは、関西地方のある都市で、中学生のいじめ事件があり、そのことに対する学校側の対応があいまいなので家族が強く抗議して、第三者委が立ち上がることになったのですが、その話が昨年の十月のこと。私にも委員としての依頼があり、内諾の返事はしておいたのですが、先頃、依頼者側から、このたび事務局の人間が代わってやっと委員の選定に入ることになったので改めてお願いしたいと。察するに、これまで行政側が推奨する人物と家族側推薦とで対立しこじれて、ここまで長引いているのでしょう。

今一つは、「登校拒否・不登校問題全国のつどい」が今年は、愛知県犬山市を会場にして行われる予定で、その大会実行委員長に、との依頼が事務局からあり内諾をしました。近々にひらかれる第一回実行委員会で公式に確認される予定です。この「つどい」と言えば高垣忠一郎氏が有名ですが、その高垣氏が折出に是非やってもらえと推してくださったそうで、これは断るわけにはいかないし(笑い)、それとは別に、生活指導論をやってきた者としては「不登校問題」は関心のあるテーマなのでお受けしたわけです。

東海・近畿民間教育サークル連合が合同で毎年開催する研究集会もまったく同日ですから、双方に関係されている方も多くおられるようですし、なかなか当事者としては大変のようです。また同じ夏季には、全国うたごえ祭典も愛知での開催だそうですから、今年は、全国規模の集会がかなり愛知付いている年になりそう。
 

◇4月からは人間環境大学看護学部の特任教授として大学の現場に戻りますので、私にとっても、再スタートの年。おそらく学生に教育を、教職を、そして生活指導を語るのはこれが最後のチャンスでしょうから、心にしみいる良い講義にしたいなと思っています。

養護教諭職をこころざす若い世代の方に、希望の灯をともせる仕事を。



 カミュの問いかけたこと(つづき)(15.1.14.)


「カミュ『シーシュポスの神話』(新潮文庫)を読んで(15.1.8.)」の記事で書いたことをその後も反すうしていまして、このたびのフランスでの襲撃事件の犯人兄弟もカミュと同じアルジェリア出身です。射殺された警官もそうです。

私どもがそう簡単には理解しがたい、アルジェリアとフランスの歴史が背景にあり、そこにイスラム教徒の置かれている状況も重なってきているのでしょう。

ところで、カミュは29歳の時、なぜあの書物を書き上げたのでしょうか。彼が生まれて育ったアルジェリアは、1962年まではフランス領土でした。それは植民地に近いもので、自分たちの民族の主権は確立されていなかった。現在はアルジェリア民主人民共和国として独立している。カミュは、すでにフランスで活動していたが、祖国の独立直前の1960年に自動車事故で亡くなった。

農民の子として生まれた彼は苦労して、奨学金を受けながらアルジェ大学で学んで、卒業後執筆活動で世に打って出たようです。推測ですが、アルジェリアの出身であることをずっと引きずりながら、当時のフランスやドイツの文学界との差別化を志し、自分ならではの「問い」のあるものを書き上げようと苦闘したのではないでしょうか。

私が反すうしていて、このたびの襲撃事件にもアルジェリア出身者が係わっていることから、ふと気づいたことがあります。それは、カミュの著作がとりあげた神話の人物「シーシュポス」はカミュ自身でもあるのではないかと。

刑罰とはいえ繰り返し巨岩を頂上に運んでは、その斜面を落ちた岩を抱えるためにそこを降りていく。その繰り返しは「不条理」そのもの。しかし、カミュは、その下りの中にシーシュポスの強さを見いだします。あの岩をまた頂上に運ぶぞと意志を持つ彼は岩よりも強いのだと。

これは、1830年代の頃からずっとフランス領として支配されてきたアルジェリアがこうむってきた「不条理」の姿ともいえます。平和・独立の祈願はいつも打ち砕かれてきた。しかし、その祈願を実現する意志を持つわれわれアルジェリアの民衆は、われわれを支配するフランス政権よりも実は強いのだ。なぜなら、この支配の構図全体が見えていて、なおかつそこで絶望しないで、独立の可能性に向かって一歩一歩、こうして歩んでいるのだから、とカミュなら描くでしょう。

にもかかわらず、なかなかそうはいかない。世界各国もすぐに独立支援に動き出すわけではない。それどころかヨーロッパではナチスの横暴な侵略との戦いが繰り広げられている。そういう世界情勢もふくめた「不条理」です。

若いカミュは、同書の「不条理の論証」の章の終わりにこう書いています。「以上ぼくは不条理から、ぼくの反抗、ぼくの自由、ぼくの情熱という三つの帰結を抽き出した。意識を活動させる、ただこれだけによって、ぼくは、はじめは死への誘いであったものを生の準則に変える。−−−そうしてぼくは自殺を拒否する。(中略)いまや問題は論証ではなく、生きることだ」と(112〜115ページ)。

こうしたカミュの意志と情熱が、アルジェリア出身の若い世代にも教育によってきちんと受け継がれているのなら、イスラム教の信仰が係わるとしても、フランスへの反発や抗議の仕方がもっと違った、言論を駆使したダイナミックなものになるのではないか。少なくとも銃を一切必要とせず、むしろ「ペン」で戦うのではないか。そう思います。



 言論の自由を守れ (15.1.13.)


週刊誌本社への銃撃等の連続テロ事件に抗議する大規模なデモが、1月11日、フランス全土で行われ、メディアは全土で約400万と、フランス内務省は推計で約370万と発信しているようです。

「自由、平等、博愛」のヒューマニズムの原点となる思想を育んできたフランスならではの市民的行動で、ナチスからパリを解放した当時の状況を超えるほどの規模だともされています。

襲撃犯が逃走する際に射殺した警官は、パリ11区警察署の40歳の署員で、この方もイスラム教徒だったそうで、その妻が記者団に、「夫は言論の自由のために行動した。襲撃犯とイスラム教徒は関係ないし、夫の遺志をくんでイスラム教徒やモスクへの報復は止めて欲しい」という趣旨の話をしたことが、ネットで大きな反響を呼んでいるようです(以上は、朝日新聞ウェブサイトニュース他)。

私も、まったくささやかな行為に過ぎませんが、テロ襲撃の犠牲になられた17名の方々のご冥福を心よりお祈りしますと共に、人間の尊厳と言論の自由をかかげて抗議行動を起こしたフランス国民の壮大な問題提起と主張に共感します。

意見の異なる相手を脅したり暴力で威圧する、あるいはその存在そのものを消す行為に出る。この暴力に対抗して、「目には目を、歯には歯を」でこちらも力で報復する。世界史はこの繰り返しになっていますが、この暴力の連鎖を断ち切るには、最後は、人間の理性による巨大なハンマーの構築しかないといえます。

個人的には、ちょうど、エミール・ゾラの『ジェルミナール』(フランスの革命暦の第7月を指す。)という社会主義的な小説(岩波文庫、安士正夫訳、初出1954年)を読み始めている所でしたので、上記の超大規模デモのニュースと、これから読んでいく中で展開する、炭鉱労働者たちのプロテストの物語が偶然にも重なって、小さな感激を覚えました。



 「初心忘れるべからず」(15.1.12.)


◇今年も私としては恒例の京都南座観劇に行ってきました。前進座公演「薄桜記」。五味康祐の原作がすでに映画化されていましたが、2012年にNHKでドラマ化され、再び注目された時代劇です。忠臣蔵の外伝として知られる、武士の生き方を描いた名作。

主人公・丹下典膳を嵐芳三郎(七代)、妻・千春を浜名実貴が演じて非常によい舞台となっています。中村梅之助さんもご高齢にも拘わらず吉良上野介役で出演され、アドリブかと思うような、さらりとした台詞の中に、ちくりと風刺が入っていました。

典膳が妻の不義密通を知り、あえて時期をずらして離縁して妻を助けようとしたことに彼女の実兄が怒り、その挨拶に来た典膳の左腕を切り落としてしまう。その長尾家に迷惑がかからぬように「ならず者数名におそわれて不覚にも腕を切り落とされた」との噂を流したが、旗本の名を汚したとがめで、丹下家は家名断絶に。しかし、市井に落ちぶれたとはいえ一刀流の腕前を見込まれて、用心棒に雇われていた。

その頃、殿中松の廊下の事件があった後で、浅野家の家臣たちが吉良を仇討ちするとの噂が流れ、吉良上野介は用心のため、典膳を警護役の客人にする。他方、典膳に剣道を指南された一番弟子の中山安兵衛は浅野藩・堀部家の養子に入り、師匠・典膳とは対立する関係に。ひそかに典膳に一晩だけ吉良家を離れることを告げに来た安兵衛に、典膳は、お互いに「武士としての死に場所」を探さねばならぬ宿命を語る。そして、クライマックスへ。

奮発して早めに一等席を予約したので、6列目の真ん中で、舞台のちょうど真正面。芳三郎さんの目の輝き、あるいは千春への一筋の思いを表す表情がよく見えて、感動もひとしおでした。

◆観劇後は、下賀茂神社へ初詣に行きました。おみくじは「初心忘れるべからず 命には終あり 能には果あるべからず」の世阿弥元清の言葉が書かれていました。この四月から特任教授として再び大学教育の現場に復帰する私にとっては、まさに的確な年頭の言葉です。

ここで少し脱線。「初心忘るべからず」をつい「初志を忘れてはならない」の意味で使ってしまいがちですが、世阿弥の言葉で書かれていることからわかるように、稽古事において初心者のような未熟さを露呈することがあってはならない、常に精進して少しでも優れたものを生み出さなくてはならない、ということです。上記の言葉の後段にあるように、命には限りがあるが、能の世界には終わりがない。

どんなに経験を積んでも、老齢の円熟期にはいっても初心は忘れてはならない。気を許せば、初心者のようなみっともない失敗、あるいはちょっとした出来具合で満足するというあさはかさを露呈してしまうからです。

自分の書いた物が注目を浴びたから、あちこちから講演依頼が来て評価されているから、自分が提案した企画が人びとをうごかして運動を前進させているから、などと自己満足していてはそれこそ「初心」(あくまで初心者=未熟者の意味で)の浅薄な姿を露呈することになるでしょう。それだけ、学問や研究のきびしさをしっかりと受け止めていくことです。そこで、本人の研究に対する誠実さがどれだけのものかが試されるからです。

さらに脱線すれば、小保方晴子氏の場合にも、あれほどの能力を持ちながら、「初心を忘れて」研究成果を急いだことに大きな要因があったといえます。

「初心・・・・」の補足です(15.1.14.)

小学館の『故事・ことわざ辞典』では「初心・・・・」の項目があって、物事の初めに思い立った決意をいつまでも忘れぬように、の趣旨だと説明しています。世阿弥の名前も挙げて。他方、『広辞苑』(第六版)は「初心」の項目で、「学び始めた当時の未熟さや経験を忘れてはならない」と、むしろ元の意味の「謙虚さ」に重点を置いた説明を入れています。「初めに思い立った心」の意味では「初心にかえる」と例示しています。

この言葉を使う人の思いが相手に伝われば、正確な意味の把握はそれほど問題ではないでしょうが、やはり、初心者であったがゆえの未熟な面をいつまでも忘れない、のほうが、ある世界を極めようとチャレンジする、世阿弥のような開拓者の言葉に由来することから、筋が通る。

◇ちなみに、私が正月の同じ参拝なら下賀茂神社の初詣を好むのは、ここのおみくじには著名な言葉が記されていることもあります。過去の例で大吉は、「人間の徳は その異常な努力によってではなく その日常的な行為によって測定されるべきものである」(パスカル)、末吉は「たいせつなことは大志をいだき そしてこれをなしとげる技能と忍耐をもつということである」(ゲーテ)のように。



 インフルエンザA型 (15.1.11.)


いまインフルエンザが流行中ですが、私も、それに罹患しました。一昨日から軽い咳やのどの痛みがあったのですが、昨夜になって急に咳込みが激しく発熱を感じたので、今朝、居住地の内科クリニックで診てもらいました(日曜でも隔週で午前のみ診断ありで、ほんとうに助かりました)。

特殊な綿棒を使った検査キットでチェックを受けた結果、「インフルエンザA型が陽性」と出ました。さいわいに熱は37.7度でそれほど高くはなかった。昨年12月に受けておいた予防接種の影響だそうです。

「A型」は危険性の高いタイプなので、しばらく安静にしておくほかありません。ある大きな仕事を続けてきていて、ちょうど年明けですべて完了したと思ったら、罹患です。やはり体は正直なのですね。いろいろの気疲れも重なって、抵抗機能が落ちていたのかも知れません。

薬局で、抗インフルエンザ薬をもらい、その場で吸入しました。これで体内に入ったインフルエンザウイルスの増殖を抑えることができるので、あとは、のどの調整のための吸引薬と、発熱があるときのとん服薬です。

昨年12月に北星学園大問題の集会で札幌に行ったり、いつも通うジムで人が出入りする空間で過ごしたり、いろいろと感染する環境はあったと思います。手洗い、うがい、マスクなどの予防にすこし手を抜いていたのは確か。

どうぞ、読者の皆様も「基本の基」で対応して感染を防いでください。



 カミュ『シーシュポスの神話』(新潮文庫)を読んで (15.1.8.)


ある仕事の関わりで、精神医学者の方から是非読んでみては、と薦められた標題の本を読みました。

(1)まず、アルベール・カミュ(Albert Camus:ノーベル文学賞受賞者)が、世界が揺れ動いている1942年に、29歳の若さでこの「哲学的エッセー」(訳者後書き)を書いたことに感銘を受けました。しかも、当時の哲学書を引用・援用しながら、自身の開発した「absurdite」(フランス語、語尾はアクセント記号の付くe。以下同じ)の概念を駆使していること、(「不条理」概念を述べる合理性を語るのは、それこそ不条理なのでしょうが)なんとその論理的思考の鮮やかなことかと、感動しました。

 「absurdite」は「不条理」と訳されていますが、浅学の私が通読した印象では、「求めて尚得られぬこと」あるいは「希望無き中の希望」といった、矛盾の中にこそ真実があるという意味合いの言葉ではないかと受け止めます。

 ちなみに『岩波 哲学・思想事典』には「不条理」の項目があって、カミュによって提起されたもので「人生と世界の無根拠性」を意味する、とされています。さらに「人間は世界の偶然性を越えることができない」し、「理性で割り切れることができないのに、明晰さを執拗に求める」人間の姿、この対立こそ(カミュの言う)「不条理」であると。

(2)私には、学部学生の時の卒論でドイツのヘーゲルの『精神現象学』を題材に、矛盾の中を生きて自己を止揚する精神の自立性をさぐって、悪戦苦闘の末にようやく卒論をまとめあげた学習経験があります。そのためか、カミュのこの著作には違和感なく、引き込まれていきました。

 そのヘーゲルの多少の影響なのか、私にはむしろ「不条理」の肯定性に目が向きます。つまり、カミュは、結局は、「不条理」を(きわめて精緻にといっていいほど)突き詰めながら、「不条理」を知って(あるいは抱え込んで)生きることの中に、個としての人間の、人間たるゆえん、すわなち、そうあらざるを得ない道理を認めていると読みます。

(3)それが端的に現れているのが、書名にもなっている「シーシュポスの神話」の章です。英雄シーシュポスは、ある罪で地獄での罰を受けます。それが「巨岩を持ち上げて斜面を登って頂上に押し上げる」こと。しかし、すぐに巨岩は斜面を転げ落ちる。そこで彼は下っていって、その岩をまた押し上げる行為を繰り返す。それを何百回となく繰り返す。

 そこには希望などあるはずもなく、ただ絶望の連続・・・・と思いきや、カミュはとても新鮮な切り口と論理で、その意味を解読します。

 「麓(ふもと)へと戻ってゆくあいだ、この休止のあいだのシーシュポスこそ、ぼくの関心をそそる」(213ページ)と彼は書いています。

 この瞬間はけっして単なる息抜きではなく、シーシュポスにとってはある種の緊張の時間であり、またあの岩を仕上げる責め苦に対して向き合う、その意志をみせる姿は彼の強さであり、「かれをくるしめるあの岩よりも強いのだ」(同所)。なぜなら、「きっとまた(頂上まで)できる」という自信を取り戻すからです。

 押し上げた岩はまた斜面を転げ落ちた。それをまた押し上げるとは・・・・と、絶望にさいなまれそうに読者は思うが、そうではない。カミュは「きっとやりとげられるという希望が岩を押し上げるその一歩ごとにかれをささえているとすれば、かれの苦痛などどこにもないということだろう」(同所)と書いています。

 カミュによれば、同じ仕事をくりかえす現代の労働者もおなじ不条理の運命にあるといえるが、しかし、労働者が「悲劇」を感じるのは「かれが意識的になる希な瞬間だけだ」。ところが、シーシュポスは、「自分の悲惨な在り方をすみずみまで知っている。まさにこの悲惨な在り方を、かれは下山のあいだじゅう考えているのだ」(同所)。それは「悲劇」ではなく「勝利」なのだ。そしてカミュは、「侮蔑によって乗り越えられぬ運命はないのである」と。

(4)だから、カミュにとっては「幸福と不条理とは同じひとつの大地から生まれたふたりの息子である。このふたりは引きはなすことができぬ」(215ページ)。

 こうしたカミュの視点、いや「不条理」に込めた人生の探求の視角を知って改めて同書の「不条理と自殺」などの各章を読むと、「不条理」のもつ肯定性、「不条理」を感じ取る、あるいは認めること、それ自体におけるちからをカミュは一貫して言いたいのではないか、と思えるのです。

 たとえば、「みずから意志して死ぬとは、・・・・生きるためのいかなる深い理由もないということを、・・・・そして苦しみの無益を、たとえ本能的にせよ、認めたということを前提としている」(16ページ)と言うのです。そして、これは、「人間とその生との」「断絶を感じとる」もので、「これがまさに、不条理性の感覚である」と(16-17ページ)。
  

(5)カミュは、文学(ドストエフスキーやカフカの作品の分析)、演劇、哲学と芸術の比較検討など、深い知識とするどい視点によって「不条理」を縦横に読み解いています。そこに一貫しているのは、思考する、という主体の営みです。

 思考の明晰さでもって人生と世界を読み解くことはできない。理性では説明の付かないこと、つまり無根拠性(前出)への問い、その問いを思考する営み、これがこの人生と世界によこたわる「岩」なのです。

 わたしたちは、シーシュポスほどではないが、その「岩」を押し上げるべく苦闘してどうにか「頂上」(ある答らしき事柄)に持って行った。その瞬間、「岩」は転げおちていく(またもや、生きる意味を見失いかける)。

 しかし、その「岩」を再び持ち上げるのをあきらめずに麓まで戻っていこう。また、必ず「岩」を押し上げることを、そちらのあなたも、こちらのあなたも、きっとやり遂げられるはずだから。

 そのためには、なんと「不条理」であることかとただ嘆くだけではなく、その「不条理」であることへの感覚を棄てないでおこう。思考することを放棄しないでおこう。 持ち上げた岩が転げ落ちても、そこまで降りていく路程で、その「岩」と自分の営みとの関係のほぼ全容は見えて居るではないか。またあの「岩」と向き合い、持ち上げる苦闘をする。でも、そのおのれの姿を、おのれはちゃんと受け止め、認められる主体として、いま・ここにいるではないか。

 そのことは確かなことだ。だから、現実の世界は不条理性・不確実性だらけであるのはその通りだが、その「不条理」と向き合う主体であるあなたは、実は、何ごとかを創造してもいるのだ。シーシュポスが、下り道で「またできる」と思考し、その「希望」が「かれをささえた」ように。

 そのようにカミュはメッセージを読者に送りたいのではないでしょうか。

 ただし、「不条理」の解決として、絶対的な出口、つまり自殺をえらぶことが果たして「不条理」の解決たり得るのかどうかは、誰にも答えられない。なぜなら、自らの意志で死を選んだ人は、そこにいたる路程での、彼又は彼女による思考と自己の(孤独の中でのぎりぎりの)支えがあった、その結果であろうから。たとえ感覚的であったとしても、当人は、人間として生きることの固有の道をみずからの足で切り拓き、その人生を終えたその年齢のぶん、長いか短いかはともかく、生き抜いたのだから。



 精神医学的なレビュー論文に学ぶ (15.1.4./後段の一部を加筆 1.5.)


ある仕事の関係で、アメリカの精神保健研究所の紀要(1969年)に載った「Defining the Term “Prodrome”(精神疾患の)『前駆症状』の定義」を読んで学びました。以下は、その大事な定義の部分です。ただし、私の理解による要約です。

前駆症状とは何か、についてのレビュー

 先行論文のいくつかによれば、「prodrome 前駆症状」とは、患者が病状をきたす前にみせる、前・精神疾患の過程(period)のことを意味する。いずれにおいても、初期的な前駆症状が注目されており、ここでは「前駆症状」とは、より長い表記の「initial prodrome 初期的前駆症状」に代わる表現である。

 その(初期的)前駆症状は、ある個人の最初の変化から最初の明らかな精神疾患の徴候が現れるまでの時間的過程と定義される。ここで図(省略)を見ていただきたい(引用者による注記:右肩上がりの緩やかなカーブ曲線が描かれ、「→」が下の方から上の方に向かって「1」から「5」まで順に、変化のポイントを指すように書き添えられている)。

 図の「→1」は、患者が最初に自分の変化に気づくが、しかしまだ精神疾患と呼べる徴候はないときのポイントを指している。例えば、いつも通りのストレス対処をしないとか、あるいはひどく抑圧された気分または困難さを感じるとか。患者は脱力感におそわれた覚えがあったり、頭で考えていることをそのまま口に出したりするかも知れない。

 「→2」は、患者の家族や友人がその人の何らかの変化に気づくが、まだ明らかな精神疾患を暗示する程の変化は見られないポイントを指している。例えば、患者本人がとても不機嫌または興奮的であったり、怒りっぽかったり、たくさんの金を使い果たすような際だった行動に出たりするとか、である。
家族や友人たちは、「(患者の言動は:引用者)通り過ぎていずれおさまる」(特に青年期において)とみなしたり、または(本人が)仕事のことで苦しんでいる、と考えたりする。

 「→3」は、精神疾患として記述される最初の目立った変化を患者が見せるときのポイントを指している。例えば、患者が諸々の声を聞いたと話すとか、外部の人物が自分の心をコントロールしていると信じていると語るとかである。

 「→4」は、家族又は別の人たちが、精神疾患の特性に通じる変化に最初に気づくときのポイントを指している。その変化は、自分の心を読んでいるとして他者を非難したり、大きな力で圧しているとして他者に抗議したりする患者のことである。

 「→5」は、コミュニティのチームが事態を引き受けるとか、病院に入れるといった精神医学的な介入のポイントを指している。その徴候の激しさは、以後の介入次第で減少する。

 以上は、仮説的な進行であることはもちろんである。

 要するに、前駆症状とは何か? 以上の仮説的な例で言えば、患者の情報を用いればそれは「→1」と「→3」の間の時間的過程と定義することができる。情報を提供する者の情報を用いれば、それは「→2」と「→4」の間の過程と定義され得る。選択的に情報の結合を使うことができれば、例えば、前駆症状は「→1」と「→4」の間にあると定義づけることができる。

どんな示唆を受けるか

以上が論文の「定義」部分の抄訳です。これらのことから、本人の示す言動の変化、または家族や本人のことをよく知る友人の気づきというものが、とても大事だといえます。特に思春期・青年期にあっては、「→1」のポイントにあたる現象が、子どもの様々な言動の変化に隠れて現れることもあるでしょう。

「→2」でも述べられているように、「いずれ、通り過ぎるさ」と、本人の内面を配慮しないでこちらの思い込みでわかった風に接することがかえって本人の不安と苦悩をさらに引きずらせることにもなります。苦しいときほど、痛いときほど、なかなかそれを言えない。まさに、この「unspeakable(言いたいけど言えない状態)」を早期に発見して、早めのケアをしてあげるためには、日頃から何気ない話題でも本人とおしゃべりしていたり、それとなく本人の様子を見守ったりする、そういうありふれた、自然な関係性が鍵を握るといえるでしょう。

もし、そうしたコンタクトをあまり取らないままに、「→3」や「→4」のような徴候が見られれば、学校であれば養護教諭に、地域であればクリニックに相談して、必要な精神保健的な対応をしてもらうこともあってよいとおもいます。事態によっては精神医療的介入もやむを得ません。

このページの下記の「1.3.付記事」と、まったく関係ないようでいて、実はこの混沌として、人びとが「個」にひき裂かれ、不安をいだく社会にあっては、場合によっては、そうした前駆的症状を起こす可能性はあります。本人では処理しきれない過剰なストレスの連続、本人のプライドや自尊心を傷つける外部的な暴言やいじめなどが、その社会的原因となります。

伴走する他者の役割が大事

ただし、そうした外圧や負荷があればすぐにそれが原因で精神疾患的症状が生まれる、と短絡させないことが肝要です。当人の心と体の状態がどのようなものであるかや、当人が何にこだわり、何に悩んでいるか、その内面を聴き取る「当人と伴走する他者」=「伴走的他者」が傍らに居るかどうかが大変重要だと思います。

ここで言う「伴走的他者」とは、「伴走」の言葉が示すとおり、日頃はいちいち介入はしなくて見守っているが、声を掛け合える距離感は大事にしている人のことです。その見守りは、ランナーの伴走者がするように相手のコンディションや疲れ具合などの状態についてです。そして、当人が相談したい様子であれば立ち止まってそれを受け止める。けっして相手を責めたてたり、ただ檄を飛ばすようなことはしない。

要するに「伴走的他者」とは、身近な距離感を保ちながら、相手の変化に気づくことができ、その変化の個人的状態を聴き取ることのできる他者のことです。だから、その他者は、当人に何か不安や苦しいことが起きたときに、頼りとなるキーパーソンにもなり得るといえます。

市場価値が全てを支配するようになってきた、この市場原理中心の社会では、ひとびとの細かな感受性までも「棄てられる」というか「そぎ落とされる」ほどの個化の作用が強まるので、注意が必要です。ところが、その私たち自身が、市場原理社会に否応なく適応する内に、どういう結果を出したか、どんな数値だったかでものごとを、ひとを、見ることに慣れてきて、その慣れている私たちは、身近な親しいひと、いとおしく思っている他者に対しても、上記の「→1」のような変化に鈍感になりがちです。

自己を省みる反省的思考が、結果として、身近な他者との関係性に対しても、ベストではないにしてもそれなりに必要な配慮を働かせることにつながると言えるでしょう。



 難問山積の現実、どう向き合い、生きていくか (15.1.3. /一部加筆 1.4.)


年の始めから

「正月早々から、また硬い話か」と敬遠されそうですが、私にとっては、年越しの話題なのです。と言いますのは、2013年4月に三國連太郎氏が逝去されたのを機に、野間宏・三國連太郎『親鸞から親鸞へ−−現代文明へのまなざし(新版)』(藤原書店)が、2013年6月に刊行されました。

それを購入していたが、退職までは忙しくてずっとそのままでした。退職後、少しずつ読み続けて、年を越してやっと同書の脚本部分をのぞけば読み終えた次第。四六判で330ページの労作で、内容は、三國氏が手がけた初監督作品『親鸞・白い道』をめぐる、野間氏と三國氏との対談が主です。その映画は、国内では不評だったそうですが、カンヌ映画祭で審査員特別賞を受賞した。それを記念して、両氏の対談が企画されたようです。初出は1990年。

「親鸞から親鸞へ」の書名の意味するところは、親鸞から学び、親鸞に還って問い直すといったことで、「親鸞に自己を映し、親鸞が現代に遺してくれた遺産をめぐって」思索する(編集後記)という主旨です。同映画は、三國氏が十数年を要して実現できた映画だそうで、同書を読むと、三國氏がいかに鎌倉仏教に深い興味を抱き、ずっと資料集めから現地調査まで、親鸞の思想を探求してきたかがわかります。その映画作りのきっかけをめぐって、三國氏は、三ヶ月インドを旅して仏教遺跡を見る内に、日本人の精神史の原点を見つめたい思いに駆られ、それが親鸞にいきついた、と「新版にあたって」の文章に書いています。

対談の詳細は省きますが、全体を通して、日本歴史や社会構造、特に「権力・差別・環境をはじめとする現代の根本問題」(後記より)が掘り下げられています。三國氏がその映画を通して何を問いたかったのかというと、親鸞の自己確立における苦闘の中に、現代人のくみ取るべき生き方への大事なヒントがある、ということです。

なぜ親鸞なのか

ところで、仏教者としては道元、法然、日蓮と偉大な人たちがいるのになぜ親鸞なのでしょうか。三國氏たちだけではなく、西田幾太郎や三木清など有名な思想家、五木寛之などの現代作家も親鸞を語り、あるいは親鸞について書いてきました。それは決して浄土真宗という宗派の教義を広めるためではなく、親鸞をして自己を語らしめるようなところが確かにあります。

それほどに、親鸞の遺した信仰主義的な生き方論の中に、一人の人間の自己確立をめぐる大いなる葛藤・苦悩が如実に語られているということです。

顧みれば、栄華に明け暮れた平安貴族の支配した平安政権が農民を出自とする鎌倉武士によって倒されたものの、時代の中には、末法観(アバウトに終末観と見てよい。)が広がり、民衆も政権に近い武士たちも、将来の見えない不安と、各人が自我を求めようとしてさまよう救いがたい存在として捉えられました。そこで、仏教の原理に立ち返り、個々の自我を帰依させる絶対者の教理を説く動き(普遍性への回収)と、一方で、一人ひとりが自己否定をおこなう主体として確立することによる自己の安寧、往生を説く動き(自立の探求)が現れます。

歴史の普遍性を説くのが日蓮の立場、個の自己否定による自己確立を説くのが親鸞だと言い換えることができるでしょう。

つまり、親鸞にあっては、自己の欲望などの「我」に執着することは悪ではなく、その自我をどう受け入れながら否定して乗り越えるか、ここに、本来の絶対的自己確立がある。そのためには、ただ「念仏を唱える」こと、というまさに自我に即した「信仰主義」が親鸞の思想の核心でしょう。

《注記》「信仰主義」の概念については、上記の著作に「補」として収められている丸山照雄「鎌倉仏教と現代〜『親鸞・白い道』の時代背景を読む」を参照しています。

個に徹することが、普遍的な人生の意義の発見に

親鸞は、個に徹することで、おのれが経験した欲望、煩悩を否定してもなお否定しきれないで「いま・ここ」にいるおのれを認め、同時に、そのような自己承認を絶対的他者である阿弥陀仏にそのまま投げ出す、あるいはゆだねる行為として「念仏」を意義づけたと思います。それは法然の教えの継承です。

当時の末法観では、仏教の教理を知って合理的な理解をしつくしたものが浄土に行けるというエリート的な仏教思想が台頭し、支配階級には重宝がられるが、(最も安寧を求める、その意味で浄土に近いはずの)一般民衆には疎遠でした。だからこそ、民衆の目線から本来の自己確立による阿弥陀仏との対話を求める親鸞の「信仰主義」は、そのような自己疎外から民衆の自信を取り戻させる変革思想ともなったのです。そこを権力者たちは嫌ったのでした。

ただ念仏を唱えよ。この一点の意義付けは、民衆にも受け入れられやすいし、同時に、自我の何であるかを感覚的に体得させる上でも効果があったと思います。そこに本来の絶対者帰依の道があり、親鸞は、誰でも、そうです悪人でも、本来おのれのなかに抱えている「信心」をいかに覚醒させるか、を問い続けたといえます。

その問いかけと探求は、この課題山積の時代にあって、現代を生きる私たちにとっても通じるものがあります。すなわち、ただ歴史的な必然にゆだねるのでもなく、他方、ただ一人一人の「自己責任」や「能力」のせいにするのでもない。元々平等な一人一人がほんとうに幸せを享受できるにはどうあればいいのか、どのような生き方が求められるのか、という主体的な問いを持って生きることです。かけがえのない一個の生命体としての一人の「人間」の葛藤・模索、抗い、もがきは、それがそのまま、阿弥陀仏のもとに受け入れられるに十分に価する生き方なのだと。

鎌倉仏教の持つ民衆性、変革性をもっとも体現し、何が本当の浄土へつながるかを巡って仏教の教理の世界でも深く思索し、一個人としても苦しみ、迷い、立ちすくみ、自己嫌悪になりながらも、常におのれを信じようとした。そこに親鸞という人の惹きつける何かがあるのでしょう。



 謹賀新年(2) (15.1.2.)


名古屋地方も、「小降りの雪の正月」となりました。ただし、大して積もることはなく、10時頃には陽射しもあってすぐに路面はいつも通り。それでも、年末から我が家に来ている孫たちは、大阪、神奈川(藤沢)からなので雪は珍しく、あちらこちらにかすかに積もった雪を集めてきて小さな雪だるまを作っていました。

ご交誼を頂いている方々からの賀状を拝見しました。どの方もお元気で新年を迎えられていることでしょう。

私が現役の頃、大変お世話になった事務職員の方からも数名、賀状を頂きました。「メデイアでお名前を見ています」とか、「いつもホームページを楽しみにしています」と添えてあります。退職したとはいえ、いま激変期ともいえる国立大学の現状にあって、仕事のリズムや着眼点がかなり変わらざるを得なくなっているでしょうから、どうか軸にあるべき「どういう大学にしていくか」という問いを棄てず、「大学運営の真価発揮の支えは事務の力」という見方を失わないで頑張って頂きたいと思います。

すでに退職しているので外野席からあれこれいうのはよくないですが、こうした厳しい情勢での大学運営は現執行部の方々の実行力と構想力と、大学教育への情熱で担っていただくことが一番の鍵だと思います。

端的に言えば、数値目標の設定、その実行と成果、遅滞や不達成の原因を明らかにしてその即効性を追求する、といった効率メカニズムが国立大学にも以前よりはっきりと出てきています。他地域にいる現職の知人によれば、「株式会社と同じだ」と。利潤を最大の目的とする株式会社はその必要な運営の原理を持ってやっていけばいいと思います。そこでは他社との差別化、効率化、即効力などがどうしても必要です。経営の資源の自己蓄積なくしては、次の投資や人材確保も難しいからです。

しかし、大学は、次世代を育てる学問と研究の場です。じっくりと教育と研究にとりくむ。そのための国費の援助です。確かに「国民の税金を投入している以上、それ相応の成果を上げろ。しかもできるだけ短期間に成果を出せ。また、国際的な知の競争を競り勝てる先端の研究に取り組め」という、国からの全国の国立大へのかけ声というよりは、檄の発信は、おそらくどの大学でも学内では相当のプレッシャーを生み出しているはずです。

最近続いた科研費の不正使用を阻止するために、各大学で「誓約書」を教授会員に書かせているようです。しかも、ある大学では、誓約の文面に「社会規範に背くことなく」という主旨の文言があって、教授会員からその意味を問われて執行部が明解には応えられずにやや紛糾したようです。研究費使用の公正の確約書のはずが、大学教員としての規律規範への従順さの確約に質的に転化していくような内容であったとすれば、異議を述べた教授会員側に理があります。

この一件にも見られるように、最近は、研究者・大学教員も、一人の経営マン(ウーマン)であり、企業人と同じように個人として経営責任を問われる地位に変わっています。知の継承、知の創造、知の還元といわれる大学人・研究者の役割が相当に変質してきています。

それを端的に表せば「成果主義・競争主義」でしょう。この意図的競争環境の設計において、あの「STAP細胞」論文疑惑など一連の問題も起きました。

国家百年の計は教育にあり。かつてはこのように言われたのに、いまや、教育は市場原理強化の受け皿的な位置に成り下がっています。2015年、この構図に何らかの風穴をあけて、本来の、安定した経済と福祉・教育の確立する国にしていきたいものです。



 謹賀新年 (15.1.1.)


皆様、新年おめでとうございます。

年末年始はゆっくりとお迎えになられたことでしょう。訪問して下さる皆様、それぞれに仕事で、地域の活動で、また実践や研究などを通じて国内外の方々とつながり、ご多忙の日々を、まさに駆け抜けてこられたことでしょう。

これからの新しい一年、まずは健康が第一です。自戒も含めて申せば、《生き方のバランス》に気をつけていろいろのことにチャレンジしていきたいものです。

免疫学の安保徹(あぼ とおる)氏の言説を借りると、いろいろの場面でその課題に向き合い、乗り越える過程では、摂取した食物の糖からエネルギーを生み出す解糖系エネルギーによって、ある困難さにも踏ん張って根気よく取り組んだり、あるいは瞬時の集中力を発揮したりして活動して来られたし、同時に、脳や神経系などの細胞に在るミトコンドリアを酸素によって稼働させて持久的なエネルギーを得て、目的に向かって着々と進んでこられたことでしょう。

これら解糖系とミトコンドリア系の二つのエネルギー系のバランスを取りながら、ストレスに対処し、頑張りすぎないで、上手に、自分にあった息抜きやリラックスの仕方を見つけて実行し、体を冷やさないようにしていくこと、そしてできるだけ有酸素運動を生活に取り入れ、笑いや感謝の思いを大事にしていくこと。

このことが、いま国民的規模での大きな問題になっているガンにならない生き方の基礎だということです。つまり、一番の問題は、やはりストレスによって緊張したり、寝不足が続いていつも気持ちを過剰に構えて何ごとにも接していく内に、低酸素・低体温になっていく(解糖系の偏向状態になる。)ことで、上記の二つのエネルギー系のバランスを崩して、《その状態への生命体の適応現象としてガン細胞が発生していく》との説です。

※ 安保徹『人がガンになるたった2つの条件』講談社、2012年を基に、私なりの理解で書いています。参考にすべき点はあると思います。

今一つ、今年は、ヒロシマから70年目の節目です。国際間でも、国内でも、そして私たちの身近な関係性においても、平和の原理をしっかりと踏まえて安心できる社会にしていきたいものです。今年も元気な顔を見せてくれている孫たちを見ていて、この子たちの将来を考えるとき、「戦争する国づくり」を進めるわけにはいかない。

私は、今春に開設の私立大看護学部で特任教授という新しい仕事に就きますが、教員・事務職員の方々とも良い連携を創りながら、学生たちと楽しく充実した学びの世界を築いていきたいと思っています。

どうぞ、今年もよろしくお願いします。



 「パーソナル・カレンダー」 (14.12.28.)


「十大ニュース」のささやかな追加記事として。

先日、unicefから来年の卓上用カレンダーが届きました。なんと、それは12ヶ月の毎月のカレンダーの写真に「ORIDE-SAN」(折出さん)の文字が入る、私専用のカレンダーなのです。

2015年の1月から12月までの各月に刻まれた私の名前は、以下のようなシーンです。どの月にも「THANK YOU FROM CHILDREN」の文字が入っています。

1月:バックの花火に際立つ「HAPPY NEW YEAR」のスター文字と共にORIDEーSAN(以下、同じ)。 2月:雪だるまのおなかに。 3月:クラシックカーのフロントに。 4月:森の林にそびえる樹の太い幹に。 5月:男の子がシャボン玉遊びをする、そのシャボン玉の文字で。 6月:国連本部のあるジュネーブの都市と思われる、河に架かる橋の側面に。

7月:海面を走るヨットの帆に。 8月:女児が海辺の砂浜で遊ぶ、その砂の文字で。 9月:大きな電子看板のその中に、赤いデジタル文字で。 10月:あるお宅の玄関に並べられた大振りのカボチャに刻まれた文字で。 11月:コーヒーカップと共に置かれた大きな画集らしい本の見開きページに。 12月:燃える暖炉の前に置かれたクリスマスの贈り物と共に、木の実で書かれた文字で。

このようなとても素敵なパーソナル・カレンダーを頂けたのは、unicefへの募金(毎月の定額引き落とし)を続けて、2015年で20年を迎えるからです。それに、先日、別途、気持ちだけ多めの額の募金をしたこともあるでしょう。

いまは、プランという国連NGO(本部:イギリス)に加盟している公益財団法人プラン・ジャパンを通じて、特に途上国の女子の支援にあたる「ガールズ・プロジェクト」(Because I am a girl)にも協力しようかなと資料を取り寄せたところです。

退職をして年金暮らしではありますが、下記の記事の通り、いまは「復路」を歩んでいるのですから、いろいろのことに感謝して少しですがお役に立てればと思います。



 60代は往路を戻る歩みなのか:66歳同士の対談から(2014.12.27.)


◇最近は週刊誌『AERA』(朝日新聞出版)を電子書籍版で読んでいます。書店購入の6割のコストで、月契約900円で購読。

その「'14.12.29.-'15.1.5.」号で、私と同じ1948年生まれの糸井重里氏と出口治明氏の対談を載せていて、なかなかおもしろい。糸井氏はコピーライター、出口氏はライフネット生命保険の代表取締役。二人とも、私にとっては前からそれほど興味を惹く存在ではなかったが、この対談のやりとりは、同じ66歳としては、「なるほど」「わかるなぁ」という感想が多い中身。

まず、お二人とも、(私とは生き方へのスタンスはやや違うが)仕事と人生経験の豊富さに加え著作もある方たちだけに、言葉の感覚が鋭く、新鮮です。私なりに共感もし、また奥の深い話だなと感じ入ったのをメモ風に。

◆糸井氏は、生き方で大事なのは「衣食『楽』足りて、礼節を知る」ことだ、と言う。彼は以前に、日産自動車のコピーで「くうねるあそぶ」を編み出した。これに出口氏も応じて、「遊ぶ」には「笑い」が伴うし、その「笑いは軍隊の敵だ」と言い切っている。戦いで人を殺す「狂信性」(出口)から遠ざける力を持つという。

出口氏の持論らしいが、人生80年と見て、その折り返し点は50歳。つまり、マラソンの折り返し点後は往路を戻るのと似ていて、今までの経験を再構成したり考え直して生きていく懐の深さを大事にせよ、そしてそれなりの冒険をせよ、と言いたいらしい。

それを出口氏は「リスクはコストになる」という。

これを受けて糸井氏が、「清水の舞台から飛び降りるのではなく、土台の柱を伝っておりる、そう考えられるわけですね」と応答。なかなかの妙味ある表現。「清水の舞台から飛び降りる」とは、思い切った決着を意味するが、そこは「往路」を走ってきて、路面の様子、あたりの景色、風の勢いや向きもある程度わかるのだから、「土台を伝っておりる」ことも視野に入る知恵というか、目的のための近道でしかもより安全な内実を取る思考が働くのでは、と糸井氏は言いたいのであろう。

人生にとっては、わからないこと・先の見えないことは不安だが、全てをわかっておく必要はない。出口氏の視点に依れば、50歳までは、わからないことが次々と起こり、その対処と乗り越えで時間を重ねていく。しかし、「折り返し点」の後は、わからないことは少なくなるのは確か。ここからなのだ、人生の醍醐味を味わうのは。

そのことを糸井氏は、「楽しいことは一瞬」、死ぬ間際に「人生一瞬だった!」と思えたら最高じゃないか、と語っている。振り返っても覚えていないくらいの充実の生き方のことか。

出口氏は「無限の豊穣が無限のゼロに近づく」と、これまた含蓄の深い言い回しで受けているが、それは当たっているのではないだろうか。

◇私は、ふと、あの木下順二の有名な群読「子午線の祭り」で、名将・平知盛が壇ノ浦で「観るべきものは観たり!」といって海に飛び込むシーンを想い出します。あれもやり残した、これもまだ欲しい、と悔いるままではなく、忙しくても頑張って何かをやり遂げたり、新しいことに挑戦しながら、その心は遊んでいる。満ちている。この点では、糸井氏曰く、(出口氏がベンチャーの仕事で多忙なのを指して)「身を粉にする遊び」という生き方は参考にして良いかなと思います。

◆同じ号に載っている40代の中堅作家、伊坂幸太郎氏と阿部和重氏の対談も、おもしろい。その中で、伊坂氏に影響を与えた小学校時代の担任の話が出てきます。その先生(男性)は卒業式の日に「『小学校の頃はよかったな』と思うような人生は送るな」と話したそうです。伊坂氏は、当時その真意がわからなかったが、成長してきて、「過去を振り返って逃げ込むような人生は送るな」という言葉だったのか、と意味づけられるようになったと。

この教師とその児童であったお二人の関係性も、なかなか教育学的には興味深いですね。ついその辺を探りたくなります(笑い)。

◇このHPを訪問して下さる現職の先生は、卒業式の日に、あるいは三学期最後の学年じまいのときに、子どもたちにどのような言葉を与えるのでしょうか。ぜひ、心からの言葉を贈ってあげて下さい。その日の独特の雰囲気が織り込まれて、その日の「言葉」は、その後も生きていくのですから。

おそらく、教師自身が50歳前なら、まだ往路を走っているのでその感覚から発せられる「言葉」になるでしょうし、50歳を超えたあたりからは、復路の、わからないことは前よりは少なくなった、懐の深さがにじみ出る「言葉」になるのでしょう。



 「2014年 私の十大ニュース」 (14.12.26.)


いよいよ今年も押し迫ってきました。恒例により、まったく私的ですが、十大ニュースを記します。

(1)やはり、3月末をもって無事に、38年間勤めた国立大学を退職できたこと。途中、38歳のときに、父の死、400字500枚相当の単著の準備、そして勤務先の改組の一環で「集団教育学講座」申請のための準備など、一気に重なって心身症にもなりましたが、約一年、玄米食の弁当などでこなして乗り切りました。

(2)退職後の5月3日、退職記念パーティを、所属教室のご厚意と同じ広大研究室の出身で勤務先の教授であるK氏を中心とした計らいで、名古屋市内で開くことができたこと。勤務先の役員、現・元を含む事務職員有志、指導生はもとより、自主ゼミの学生であった人、日本福祉大(非常勤)のゼミ生であった人、あいち県民教育研究所、愛生研・全生研の関係者、そして幅広い革新的運動の社会的つながりのある人など、80名を超える方々にご出席頂いたこと。「手作りの良い会でした」との感想を頂きました。

(3)退職後の時間ができたのを活かして、連れあいとの念願のカナダ旅行を実現できたこと。現地の紅葉シーズンを選んで、9月下旬から10月初めの期間、ナイアガラの滝に始まり、カナダ東部のケベック市観光で終わる8日間の旅でしたが、ちょうど紅葉真っ盛りでラッキーでした。シカゴ国際空港での火災事故のためフライトのトラブルが起こり、急遽空港近くで一泊するというハプニングもありましたが、海外旅行のリスクにも係わる良い経験となりました。

(4)連れあいの誘いで、カナダ発祥の身体レッスンの「ピラティス Pilates」スタジオに5月から、毎週一回かよって、今も続いていること。併せて、近所にあるジムの会員となってマシンによるストレッチ・メニューを続けていて、体型の少しの変化、腰の周りの柔軟さ、集中力回復など、小さいなりにいろいろのプラスの効果が出ています。
 例えば、両手を真横に広げてサッと片足立ちしても、軸がぶれずに1,2分間、そのままでおられます。

(5)はじめて「長崎県民のつどい」に参加したこと。不登校支援グループ「ふきのとう」というNPO法人の主催による大規模な市民集会で、「いじめ」問題分科会を担当しました。新幹線を使っても片道6時間でした。

(6)広島都市学園大学が子ども教育学部を今年の4月に新設し、設置認可の際に私にも担当者の依頼があり、2年生向けに開講する「特別活動」の担当者(非常勤)として、小学校長経験のある専任教授とのオムニバス形式の授業を行うこととなりました。2015年度から集中講義の形で、広島に赴いて授業を行います。

(7)愛知県立大学の教育福祉学部の「教育臨床」科目の担当で、前期に非常勤職を勤めました。1年生が主体の少人数の授業でしたが、彼女たちの真面目さと新鮮な感覚にこちらも触発されました。

(8)来春4月に新設される、人間環境大学看護学部(愛知県大府市)の特任教授に内定しました。先日、12月18日に文科省の設置認可が公表され、公式に動いているところです。その学部に養護教諭養成コースを設け、そのカリキュラム上、教職科目が必須だという事情から、私に依頼があり、お受けした次第。肩書きは「特任教授」。非常勤の勤務形態です。

(9)孫のSクン、Nさんがそろって、この4月に入学し、無事にいま二学期を終えて、この年末・正月にやってきます。あんなに幼く、よく泣きべそもかいたこの子たちが、全文ひらかなのお手紙を「じいじ、ばあば」宛にくれるほどに大きく成長しています。
 この子たちの乳児期からの成長をそれなりに知っているので、その手紙の文字の一つ一つにもこの子らのいのちの現れがあるのかと思うと、ほんとうにいとおしくなります。夏休みに我が家に来てくれて、室内で遊びまくっているとき、あることでつい叱ってしまったこともあって、後で想い出しても「じいじ」修行の未熟さを痛感しています。

(10)「北星学園大問題」の公開シンポにみずから参加して、いま何が起きているのか、当事者の声を聴いて確かめたいことを実証できたこと。12月20日という、冬の寒さ厳しき折でしたが、良い体験となりました。主催グループによる当日夜の「打ち上げ」会にも声をかけられ、参加して、お開きとなる夜中11時頃までつきあったこと。我ながら《関係性づくりのこころ、いまだ衰えず》と感じました。

2015年は、ふるさとのヒロシマから70年目の年。なんとしても平和の節目の年にしたいと思います。



 「北星学園大学問題」とは何か (14.12.23. 後半を一部加筆 12.24.)


「マケルナ会」と関わりのある方から、下記の知らせが来ています。

《北海道新聞の女性記者・長谷川綾さんの文章「世界が注視した北星学園大学脅迫事件」が『週刊金曜日』(12.19+1.2合併号=1021号)に掲載されています。タイトルのとおりこの事件に対する国際世論の評価を紹介していて、なかなか読み応えがあります。》

公開シンポジウムに参加し、植村氏の『文藝春秋』の文章などを読んで、そもそもいまなぜ、こうした一大学講師(非常勤)の継続雇用に対する異常な脅しが起きるのか、そこを考えることが原点だと、改めて思います。

この「問題」には、およそ10年来の伏線がある

少しラフなスケッチになりますが、元は、2000年代に入った頃からの保守の運動にあります。あの「女性国際戦犯法廷」がNHKの番組で改ざんされて報道され、その後、2005年には現首相の安倍氏が自民党幹事長時代に中川氏と共に上記の「番組改編に圧力をかけた」と『朝日新聞』が報じた。翌年、第一次安倍政権が発足、2007年には安倍首相は、「慰安婦」への強制性を否定する発言をおこない、これに対抗して、アメリカ下院での「慰安婦」謝罪要求決議が起きて、いわゆる歴史修正主義の問題が国際的に注目された。

2012年に第二次安倍政権が成立し、圧倒的多数によって「改憲」派を勢いづかせ、その多数勢力をバックに、自民党の結党以来の路線に進む大きな踏み台として、「集団的自衛権の行使容認」を閣議決定。この法整備に向けて進む野望を見せている。

アメリカ下院決議の後から、日本の国内で、「主権回復をめざす会」「在特会」などの行動が目立ちはじめ、「慰安婦」パネル展が抗議にあうなどの対立がはっきりしてきた。安倍政権は「河野談話の検証」をする表明を行い、歴史認識を権力の側からも転換させる動きが出てきた。それに先だって、今年の春に『週刊文春』による植村氏バッシング記事が出て、一気に事態が先鋭化した。

そもそも「慰安婦問題」はなかったし、強制連行もなかったとする(そうしたい)運動グループは、「慰安婦」の記事を「捏造」した当の記者であり、今春まで『朝日新聞』に所属しており、また韓国人女性を妻としているなど、標的にするための要素をいくつか備えている人物として植村氏を格好の攻撃の的とした。と同時に、その植村氏を雇用してきた上にさらに継続しようとする北星学園大学も、日本国家の「主権回復」運動グループからすると、「捏造」を犯し日本国を恥さらしにした人物を雇用するなど教育機関に価しない、とばかりに大学宛に、雇用を辞めろの抗議や学生危害への脅しなどを行って、揺さぶり続けた。

このように自分たちの主義主張を通すためならば、手段をえらばないやり方で圧力をかけることで、実際には、自由な言論をおこなえない、何か脅迫がきそうな、そういうきわめて異常な事態がこの間引き起こされてきた。まさに社会における暴力の行動である。

(注)以上の歴史経過は、山口智美氏(州立モンタナ大学准教授)の講演資料を参考にしました。

事実はどうなのか

事実としては、植村氏が1991年に初めて、慰安婦にさせられるべく「だまされて」連行された韓国人女性の証言を、テープで聞いて記事にしたときには、当時のメディアは、「女子挺身隊=慰安婦」という理解で報道していたこと。だから「捏造」ではないこと。その証言を契機に、韓国で次々と元慰安婦が名乗り出てきたこと。国際的には、近代国家として、この人権侵害に対する認識と誠意ある態度を見せるべきことが問われていること。また、それらを言論の自由の精神で明らかにしていくことが、日本国憲法を持つ国民の論議としてはふさわしいこと。

以上のこともあって、植村氏は、あえて自分の攻撃する記事を載せた社の発行する総合誌に反論を書いたのです。

「雇用継続」の意味は何か

憎悪にそまった植村攻撃は、そこが崩れれば後に続く、つまり、それに恐れを為して以後の「慰安婦」の存在を前提とする歴史認識の発言も、(彼らから見て)日本国をおとしめる自虐的な言論も、それらが非であったことを認めるにひとしい多大な効果が生まれると見込んでの行動です。このたびの植村氏雇用継続を決めた北星学園大学の最終判断は、ここに来るまで時間を要したものの、先の暴力的言論封殺を跳ね返す重要な行為です。

それを支えたのが、「負けるな!北星の会」に結集している市民的な運動です。最初から、たとえば近隣の北大の教員が動いて、というのではなく、まず市民が動いた。そして札幌市はもとより道内の各地域で市民的活動をしている人びとの(前からのつながりも活かした)ネットワークが生まれた。ここに、この問題に対する、現在の日本社会の言論の自由を求める切望と、可能性を切り拓くエネルギーがあります。

民主主義の民主化の行動がここにある

そして、この運動に初めから寄り添い、報道してきた記者の行動も大きい。彼女の所属する地元新聞社は、「朝日」「毎日」「東京新聞」のようには社説を今の時点では出していない。また、一部に誤解があるかも知れないが、この市民的運動には、何か、核となっている党派性があるのでもありません。あるとすれば、言論の自由を守れ、とする民主主義要求です。

「慰安婦問題」で、植村氏の記事に疑問を持ってよい、また別の事実をもってそれを批判してもよい。しかし、その記事を書いた人を、家族を、勤める職場を、テロ的な攻撃で脅し続けて、自分たちの「慰安婦問題はないのだ」とする主張を通そうとするのは許し難い。この見解が大きなエネルギーになっている。

この活動に賛同するから、300名をこえる全国の弁護士の賛同の動きも生まれたし、1200名を超える呼びかけ人・賛同者の支援の署名も生まれた。

核になっているのは、こういう幾重もの関係性の織りなす「ちから」なのだ。「打ち上げ」に出て、フランクな語り合いに身を置いてみて、よくわかりました。

だから、これは一私立大の人事問題を遥かに超えて、現代の民主主義の基本に関わる、《民主主義を学び直し、行動する》主題として今、その実践として進行しています。

政治の表舞台では、安倍氏たちの仕掛けた総選挙が功を奏して自民党の多数当選(実際は改選前より減らした。)と自公与党勢力の圧倒的な議席獲得にはなっていますが、社会の基底部分では、この間の一連の保守勢力の多数に任せた、やりたい放題とも言える反民主的な路線に対するアンチテーゼが出ている。だから、「ニューヨークタイムズ」をはじめいくつかの海外メディアも注目し、日本の社会の「厚みのある」言論構図の行方を見守っているといえます。





 「北星学園大学問題シンポジウム」に参加 (14.12.21. 一部加筆 12.22.)


12月20日、午後1時20分から4時10分まで、北大学術交流会館において標記の公開シンポジウムが開かれ、この問題は近年の大学問題の転機を象徴すると受け止め、参加してきました。

これは通称「マケルナ会」が主催する第2回シンポジウムとなります。集会タイトルは「北星問題の根底にあるもの〜報道の自由、学問の自由・大学の自治を考える〜」。

集会後に関係者に聞きましたら、およそ350人ほどの参加で、会場は一杯で補助席も使ったほどでした。植村氏および北星学園大を攻撃している右翼の間でもこの集会の開催は流されていたようで、ひょっとして何か起きるのでは、と主催者側はそれとなく防衛体制をとっていたようです。

集会では、とても貴重な講演が三名の方々から行われ、この「慰安婦問題」が根底にあること、植村元記者を「捏造者」に仕立てて攻撃するその仕組みのすごさにも驚かされました。北海道新聞記者の報告は、非常にリアルで、しかも明解な見識を述べてとてもよかった。

山口 智美(モンタナ州立大学准教授)「『慰安婦』問題はなぜ叩かれるのか?」(40分)

植村 隆(元朝日新聞記者、北星学園大学非常勤講師)「屈するわけにはいかない」(60分)

長谷川 綾(北海道新聞記者)「北星問題の経過」(30分)

三名による熱のこもった講演・報告の後、約1時間、会場から受けた質問とその応答がありました。

植村氏は、『文藝春秋』15年1月号に反論の文章を寄稿しています。そもそもこの春に『週刊文春』が植村氏の大学就職内定への非難記事を載せたのが氏へのネット攻撃や大学の脅迫の始まりだったのでした。氏としては、だからこそ『文藝春秋』で正面から反論を行いたいと、長文の文章を書いたということです。私も電子書籍版で読みました。

講演の中で植村氏が12月19日付の「東京新聞」社説を紹介しました。

東京新聞社説を、機会があるときに是非一度お読み下さい。いわゆる「北星学園大の問題」の本質に迫る、とてもいい社説です。

終了後、7時半から主催者を中心に植村氏を囲む会をもつので出て下さい、と誘われて、出ました。「マケルナ会」が活動している拠点のルームで、缶ビール・ワイン・つまみの持ち込みでの簡素な会でしたが、中身はとても濃いものでした。もちろん植村氏も出ましたし、北星学園大の教員の方も来ていました。

その内容をここに記するのは(公開を前提として皆さんしゃべってはいないので)差し障りがあるので、ここで止めておきます。結局、お開きになったのは11時頃でした。

たまたま、私の両隣に座った、この運動に関わりのある女性お二人が、ワインが好きでしかも強くて、まあ、まいりました。からまれはしませんでしたが、なかなかのノリと、まっとうなご意見でした。

今回、私はホテルとANAフライトのセットで予約したのでしたが、ホテルは、あのスキーのジャンプ台で知られる真駒内からタクシーでおよそ10分の所で、広い敷地にあるリゾート風のもの。せっかくなので、大浴場の朝風呂にも入り、朝食バイキングもゆっくりといただいて、それから札幌市内に出ていきました。

というわけで「余市のニッカ工場見学」は今回は取りやめ。西の方から天候が荒れ気味で、雪がかなり降りそうだとの予報で、サッと切り替えました。なにしろ札幌から余市まで小樽で乗り継ぎで約1時間半。余市に止まる普通列車の本数が少ないので、いろんな状況を考え、見送ったしだい。

路面の状況は、21日の朝の方が前日よりは凍結もほんとうにツルツルで、ホテルを出るときに、用意してきたスパイク型の靴サックを取り付けました。これでだいぶん違います。

私としては、こういう余市行き取りやめの変更も起こりえると予想して前もって「竹鶴ピュアモルト17年」を取り寄せておきました。21日の夕刻、無事に帰宅して一段落ついた後に、そのウイスキーを、共済の退職記念でいただいた江戸切り子カットグラスでいただきました。良い味です。

(注)なお、切り子グラスは、私の14年5月の退職パーティの記念品としても素敵な作品をいただいておりますが、これは、節目の大事なときにしか使わないようにしています。しかも、こちらのほうが日本酒向きですので。

寒い中、札幌まで行った甲斐は十二分にありました。現場で、本人の肉声で講演なり報告を聴くことはやはり大事。会場の雰囲気も、大きい。今回はそれが一層よく伝わってきた。「北星学園大だけの問題ではない、こうした脅迫を許してはならない」という思いで、350人近くの大集団が1つにまとまっているかのように思えるほどに、空気が整って流れていました。



 雪明かりの思い出 (14.12.17.)


天気予報で伝えられているとおり、急な低気圧到来で名古屋地方も雪となり、12月17日の夜11時前に外を見ると、庭が真っ白くなって積もっていました。あの雪景色独特のボーッとほの明るいような風景が見えました。

雪景色を見るとふっと、広島の田舎での小学校時代のことが蘇ります。

私は小学校6年生の時に、担任のN先生の強い薦めがあって、私立修道中学校を受験したのです。当時の私の実家の家計では私立中学校には入れたとしてもその授業料など教育費負担が大変であろうと子ども心にも感じてはいましたが、親も消極的ながら認めてくれて、受験勉強に取り組みました。

もう一人、私立中学校に進学希望を持つ女子のKさんと一緒に、放課後N先生のお宅に伺って、特別の指導を受けました。Kさんは、地元でも大きな屋敷に住んでいるお嬢さんでしたので、私立中学への進学は当たり前でした。

受験期となる三学期、当時の広島でも私の育った田舎のあたりは、よく雪が降りました。後に広島市に一番に合併した町でしたが、都心からはバスで30〜40分入ったところで、そう山奥というわけではないのに、それなりに積雪があった記憶があります。

N先生には、当時で言う「鶴亀算」「植木算」などの算数の応用問題でかなり高いレベルの問題集に取り組み、指導を受けました。その特別の指導が終わるのが夜間の一定の時刻でしたから、雪の日には自転車で走りにくくて苦労した覚えがあります。

それでも、田舎のことですから、辺りの田んぼや畑一面に雪が降り積もって、その明かりがほんのりと立ち上がっていました。また、各家からもれる灯りが雪の平面に映って、白い雪に映える電灯の赤みを帯びた色、そして夜のとばりの中に見える雪をかぶった屋根や庭の木々の姿が、絵本の一ページのように、そこに浮かんでいました。

私は、その日に解けた問題のことで達成感を感じたりしながら、雪に食い込むタイヤの音をきしませながら自転車を押して家に帰って行きました。小学生が出歩くには相当に遅い時刻ではありましたし、まだ街灯はなくて、あたりは暗闇です。それでも、とびとびにある家の灯りに、一面の銀世界がふんわりと浮かぶのを見ながら、怖いとは感じないで、帰って行った記憶があります。

受験は、不合格でした。目のぎょろっとした、いかにも厳格な教師という感じの教頭先生が私をひとり、当直室(当時は教員が交代で当直をしていました、その部屋のこと)に連れて行って、そこで結果を聞かされました。少年なりに悔しくて、泣きました。教頭先生は、どんな声をかけてくれたのかは覚えていませんが、気持ちが落ち着くまでしばらくそこにいて良いと言ってくれたようでした。いまでいうケアですかね、これも。

同じ居住のエリアに修道中学校に通っている上級生がいて、制服の袖に白い二本のラインが入っていたのを何となくあこがれてみていたのは確かでしたが、どうしてもそこへ、という気持ちではなかったのですぐに気持ちを切り替えて、小学校卒業後は、みんなと同じようにすぐ隣にある、町の中学校に通いました。私の実家の家計からするとそれでよかったと、今でも思います。Kさんと他にも男女数名、広島市内にある私立中学校に進学した人たちがいました。

地元の伴中学校で学校生活ものびのびと過ごし、生徒会長も務め、野球部に入って練習と対外試合に明け暮れるなど、人並みの思春期を過ごしました。中学受験で特別に知的レッスンを受けたことはしっかり身についていて、高校受験にむけて参加した当時の広島県統一模試の結果には、上位1桁以内に私もよく名前が載りました。高校は、広島県立国泰寺高等学校に入りました。

今夜のように、積もった雪に家々の灯りがこぼれている景色を見ると、あの小学6年生の冬の日に、N先生の家に通って受験問題集に真剣に取り組み、問題を解いた手応え感を味わったこと、その帰り道の夜の雪景色が、何か自分を包んでくれているかのような、そうした不思議な感情にもとらわれたことなどを想い出します。



 「少人数学級」陳述の場で (14.12.15.)


12月15日、愛知県議会文教委員会で、上村和範氏が、少人数学級実現の県内署名の提出に係わる意見陳述をしました。私は所用で傍聴ができなかったのでしたが、同署名運動に係わってきた複数の人が傍聴しました。陳述者である上村氏はこう語っていました。

上村氏の、3分以内の陳述の後に、ある保守系議員は、「生徒は規律指導だ。人数なんて関係ない、少なくなっても変わらない」など、少人数学級の必要性を頭から否定するかのような暴言を発した。

その場には、愛教組が推薦する民主党の議員もいましたが、一言も少人数学級に触れないままだったそうです。上記議員の暴言にも黙っていたらしい。

しかも、上村氏によると、二日間予定されていた文教委員会は、わずか1時間30分で閉会。「議事は全て終了しましたので、二日間予定されていましたが、これで閉会してよろしいでしょうか?」「異議なし!」

これでは、愛知の教育が変わるわけがない。特に、教員組合推薦の議員が、「少人数学級」という、いま現場が抱える問題にとって政治的信条を超えて多くの教員が共通に感じている問題点にダンマリでいるとは。

似た経験が私にもあります。もう時効なので言いますが、私が、まだ日教組と全教に別れる前の全国教育研究集会の「生活指導」分科会の共同研究者に指名されて参加したときの経験。開催地は神戸。日教組第43次教育研究全国集会(神戸)で、1994年であったと思います。

その分科会で愛知の代表として、中学校教諭の男性の方が報告者でした。その方の報告は、清掃の取り組みをどう指導したか、という内容であったと記憶しています。

ところが、です。二日間の分科会討議の場面で、自分の報告をのぞいては一回もその方は意見を言わなかった。他県の報告も含めて集団づくりの指導法や生徒のとらえ方で、結構シビアな議論にもなったように記憶していますが、すくなくとも中学校の現場の先生なら何か発言があってよいはず。私は、このことに驚きました。

後に、私が神戸教研の共同研究者であったからでしょう、愛知県内の教研集会(三河地方)の「生活指導」で共同研究者に要請され、参加しました。なんと、その教諭が、胸に来賓のリボンを付けて、助言者席に座っているではありませんか。

教研集会への報告は、いわゆる「箔をつける」ためのステップアップの場でしかなかった。だって、清掃指導なんて誰でもできるテーマですから。それに、その実践で生徒たちをどう変えたいのか、熱いものは何も語られなかった。

話を戻して、上記の委員会の場面。組合推薦のその議員には、少人数学級の実現などどうでもいいことなのでしょう。あえて保守系議員に反論する必要のない案件だと。
心から教育の大切さ、ほんとうに子どもの未来を考え、念じて文教政策を追究する議員が増えないと、結局は、現状では変わらないのでしょうか。



 「特別の教科 道徳」の設置の動きをどう見るか(14.12.14.)


問題の所在

 既報の通り、10月21日付中教審答申「道徳に係わる教育課程の改善等について」は、「特別の教科 道徳」の設置を答申しており、文科省はこれを受けて学習指導要領改訂などの法的整備をして、2018年度からの導入を目途としている。

 この問題をどう見ればよいのか。そこには二つの次元がある。1つは、戦後教育における道徳教育問題とのつながりで、今何が起きようとしているのか、である。

 今一つは、現在の新自由主義的統治への社会的動勢のもとで、このいわゆる「道徳の教科化」問題は何を意味しているのか、である。こちらの見地からの論究は今のところほとんど為されておらず、それだけ、「道徳の教科化」が市民社会において受け入れられる風潮があることを物語っている。

 まず、一つ目の論点から述べる。かつて故宮坂哲文氏は、道徳特設時間(1958年学習指導要領改訂)について、当時文部行政関係者がそれを「第三の教科」さらには「超教科」と呼ぶことさえあった時に、戦前の修身教育の歴史から見れば「(道徳を:折出注記)あとは教科になおして首位にあげる工作が残っているにすぎない」と指摘した(『宮坂哲文著作集T』所収の1959年論文)。今進められている「道徳の教科化」(文部行政は2018年導入を目途とするらしい。)とはまさにその道ではないか。

 通称「道徳の教科化」とは、正確には、上記の中教審答申の記述では「道徳の特別教科化」である。答申も、文科相も、慎重に戦前の「修身科復活」と取られないように教育界や国民に説明をして、むしろ子どもたちの「荒れ」やいじめの多発や痛ましい少年事件等に対してこれまでの道徳教育が効果を見せていないことを「特別教科化」導入の主な理由としている。

 しかし、ここには問題が二つある。1つは、子どもたちの起こす(起こさずにはおれない)「諸問題」を口実にしてその正面からの解決策ではなく教育政策の次元にそれをスライドして、道徳の特別教科化を狙うこと、2つには、道徳教育に係わってきた現場の教師に責任があるかのように、故城丸章夫氏の言葉を借りれば、教師を(道徳教育の効果不達成の責任を問われる)「被告席に置く」論理をとっていること(『城丸章夫著作集』第10巻より)。

 「特別の教科 道徳」は、オブラートに包まれた表現ではあるが、その内実は、他の教科と相並ぶのではなく学校における道徳教育全体をリードしていく位置にあるのだから、宮坂氏がかつて述べた、「超教科」そのものにほかならない。

 ところが、この問題に対する教育界や教育学関係の理解や動向は、
@「教科化」されると検定教科書使用になるがそれまでは現行の『私たちの道徳』が教科書役を務めるのでその中身の検証が必要であること、
A道徳のように認識も含めた個人の内心に係わる課題をどのように評価・評定するのかという評価問題の検討が必要であること、
Bこの「教科」は小中学校共に学級担任が担当し、場合によっては道徳の専任的教師への対応も必要となること、
など、教材論、評価論、教師養成論に傾斜しており、どちらかと言えば方法論・対応論が主で、そもそも道徳とは何であり、子どもたちにとって道徳性および道徳の学びとは何か、についてはあまり掘り下げた議論が見られない。

 その理由は、子どもたちの間で、「死ネ」「ウザイ」などの言葉による排除や攻撃の現象が観られ、その「道徳のなさ」と映る事象に対して何か国が手を打つべきだとする市民の思いが共通しているからであろう。いや、子どもだけではない。大人社会にあっても、差別や排除の観念が以前に増して社会に浸透し、ヘイトスピーチや、スポーツの世界での人種差別の言動など、日本社会におけるモラルが問われているのは確かであり、次世代の教育として道徳教育の強化は妥当であるとの意識が市民の間に働いているであろう。

教育界も、もやは「道徳の特別教科化」は決まりで、授業をやらざるを得ないならばどのようにするかを検討しよう、という意識が強く働いている面がある。これも、中央の文部行政の動きに後れを取らず、逆らわずに順応していくという今日の教育界の風土の現れである。

最近の道徳教育論議の落とし穴

 しかし、そこには大きな陥穽がありはしないか。というより、そのような道徳強化への親和性こそ、新自由主義的統治が生み出したものであり、かつそれを受け入れる社会的要因なのではないか。これが、先に述べた二つ目の次元である。

 問題の焦点は「自己責任」にある。これは新自由主義的統治のシンボル的な価値であり、1990年代、あらゆるところで人びとの生き方に係わって語られ、持ち出され、場面ごとにそれが求められてきた。

 その意味することは、新自由主義がもたらす社会の解体、コミュニティの瓦解と分散化に対する個々人の自己管理、規範とリスクに対処できる価値観を備えた生き方、そして国家の一員としての自覚と実際の行動能力を持て、ということにある。

 以上を全体として捉えることが今とても大事だ。つまり、新自由主義がそのコアとなっている「自己選択と競争の自由」の徹底を進めれば進めるほどに社会は排除型社会になっていく。経済格差を背景とした地域社会の家族の孤立化、職場での互いの牽制や排他的な関係性のことなどを観れば、その現実は理解して頂ける。そして、学校や学級もまさにその小型の社会となっているのである。

 大人にも子どもにも、この排除の関係性が生活に蔓延しつつあるからこそ、各人は、規範意識を核とする自己の倫理能力を身につけよ、そのためには学校教育における道徳強化は必須だ、という構造なのである。

 だから、たとえば、文科大臣は、いま北海道の私立大学に勤務する元朝日新聞記者の雇用の件に外部から介入して「辞めさせろ」とする脅迫に対しては、その外圧と暴力を憂うメッセージを出すが、その一方で、学校における規範への同化教育と、秩序に従えない者への徹底したゼロトレランス型の教育については、これを推進するという態度を取るのである。

 要するに、なぜ、いま「道徳の特別教科化」なのかといえば、それは、新自由主義的統治をより十全に遂行し、より安定化させるには、新自由主義が求める価値観念を意識化し行動できる構成員を育成しなければならないからである。しかも、そこに、日本の国の「伝統」、家族、地域、学校、職場それぞれの責任と規範・秩序への同化ないしは包摂の人格形成作用を発揮していく。この両面的な役割を担って、「道徳の特別教科化」はいま進められようとしている。



 「素晴らしい」のひと言 (14.12.13.)


いま名古屋ドーム横のビッグトップで開催されている、柔らかな身体表現と巧みな技を駆使した「ステージのアート」と呼んで良い「オーヴォ」公演を観ました。スケジュールの関係で12月11日の夜、7時から9時半までの時間帯で申し込んだのでしたが、Aブロックの5列目というステージのすぐ前の席が取れて、演技の細部やアーティストたちの表情がよく見えて、感動しました。

《注記》始まる前に、イオンモールの和食店で連れあいと食事をした際に、あまりの寒さにぬる燗一杯を飲んだのですが、途中で眠るのではないかと相方は心配していた様ですが、次々と演じられる技の見事さに目は冴えて、最後まで観ました。

「オーヴォ」とはポルトガル語で卵を意味するそうで、昆虫に扮したアーティストたちの出会い・エネルギーのほとばしり、恋心など場面を演じて、物語として展開します。生態系のざわめき、不思議な卵の登場による「何かが生まれる」という未知への期待もそこには織り込まれています。

演技とはいってもアクロバットな技の披露です。たとえば空中ブランコでの双方から飛んで、梯子を足に巻き付けた逆さづりの人が相手をキャッチしたり、トランポリンを使って、岩場に見せた壁を飛び上がってはおりてくるなど。

しかし、これはサーカスともダンスとも、中国の雑伎団とも違う。それらを融合したステージ・パフォーマンスですが、特色は、やはり表現美とストーリー性でしょうね。

「オーヴォ」は、シルク・ド・ソレイユという、1984年にカナダのケベック州で設立されたパフォーマンス興行団体の1つのテーマ・チーム。そのアーティストは世界各国から集まっているようで、会場で買い求めた『プログラム(写真集)』によると、アメリカやロシア、ベルギーなど、アジアでは日本や中国からも選び抜かれて、略称シルクのスタッフとして出演しています。

女性の演出家がついていて、ただアクロバットを繰り返すのではなく、そこにストーリーと、サーカスで言うピエロ役のマスターが引き出すエンターテインメントをうまく織り込んで、しかも観客の参加型を取り入れて会場全体を、心と体の全体で参加する楽しみに盛り上げていきます。

『プログラム』には末尾に、カナダ首相、ケベック州首相からのメッセージも掲載されていて、公的にも応援していることが窺えます。

このあと、福岡、仙台の公演が控えているようです。



 一気に冬本番へ (14.12.10.)


本当に寒くなりました

先週の土曜日あたりから一気に冷え込んで、今日も寒いです。日本海の海面温度の高さと、ロシア方面からの大寒波のマイナス温度の、その差が50度を超えると雪雲が発生し、それが日本海側はもとより山脈を越えて四国にまで達して、徳島地方の大雪となったそうです。現地にお住まいの方々のご苦労をお見舞いし、お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りします。

来週土曜の20日には、札幌で開催の北星学園大学問題公開シンポジウムに参加してきますので、もとより平年並みの雪と路面凍結は覚悟の上ですが、それ以上荒れないように天候が静まるのを願うばかりです。札幌に一泊して、(天候が良ければ)久しぶりに余市のニッカ工場に行ってくるつもり。朝の連続ドラマのせいというよりは、もともとニッカウヰスキー好みの一人なので。

札幌市内の凍結は、名古屋では経験し得ないものですが、数年前に、スパイク型の靴サックを購入して、建物から出るときにはサッとこれを靴の先からひっかけ強く太いゴムバンドでかかとに止めるやりかたで、ほぼ万全。何度か冬場に札幌に出張して証明済み。現地の市民の方々と肩を並べて(?)カチカチに凍った歩道や交差点でもサッサと歩いて、何となく元気を出しています。

寒い中でも、東京で温まるタイムを持ちました

その冷え込んだ日に東京で民主教育研究所の評議員総会があり出席しました。上半期の会計報告でも、私だけが「福利厚生がゼロになっているのはなぜ?」「現在研究所が入っている全国教育文化会館の会館使用料が単年度の総予算に占める割合としては高すぎるようだがなぜ?」と質問しました。当日の座長を務めた、和光大学の副学長経験のある梅原利夫氏も後で話題にしてくれました。「折出さんが発言してくれるのでシャンシャンで終わらないで良いよ。あの会計報告の数字を見て質問が出せるのは、経営に係わった者しかいないだろうな」と。

その梅原さんと、四谷の「鳥元」という鳥料理の旨いお店で一献交わしました。水炊き鍋をつつきながら。学会や研究集会その他ではよくお会いするが、こうして、二人でお酒をのんでゆっくりと語るのは初めてですね。私が名古屋に帰らなくてはいけないので、二時間半余りで切り上げましたが、とても楽しく、中身のある、そしてさすが東大の工学部に入学してその後教育学に移られた経歴の研究者らしい、含蓄のある話題をいろいろと聴かせて頂きました。その中身はこういうHPの公開の場では控えておきます。

本との出会い

話変わって、今年の春に65歳の満期退職後、ご縁があって非常勤講師の仕事やいじめ問題などの講演、公的な委員会の座長の役目など、いくつか活動はあるのですが、わが人生の終点に向かってこれからどうしていくのか、というのが心のどこかにあるのでしょうね、何か少しモヤのかかったような気分でおりました。

ふと思うと、高倉健氏の逝去や教育学関係では臼井嘉一氏の逝去など続いて、そうした方々の他界の話がなんとなくボディブローのように効いているのかなと。ああ、これが60代後半の一つの物語なんだなと勝手に納得しています。

そんなとき名駅で用務があって、タカシマヤの11階にある三省堂で本を見ていたら、川村妙慶『親鸞のことば』(講談社、2014年12月刊)に出会い、中身もサッと読める構成なので、買い求めました。またいつも寄る哲学コーナーには、私より1つ年上で若い頃からヘーゲルをやってこられて長期の在外研究(サバティカル研修に相当)で、ヘーゲルが青年期を過ごしたドイツのイエナに滞在して得た資料を基に書かれた本がありました。

松村健吾『ヘーゲルのイエナ時代』(文化書房博文社、2012年)。私にとっては、願ってもない内容であり、今後私がイエナを訪れる可能性はほとんど無いので、ヘーゲルを知る意味ではこれは必読と、買いました。

親鸞の言葉に関する僧侶さんの本

親鸞の上記の本は、人生の悩みを想定した63の事例ごとに親鸞の『歎異抄』『教行信証』などからの言葉を基にしたメッセージを大きく示している。その解説を、著者が出会った相談の事例や世相を交えながら短く述べて、最後にまとめのコメントあるいは今後の生き方のヒントを述べるという、かなり工夫を凝らした構成です。

私はこの著者は初めて知る人ですが、経歴等ではかなりマルチタレントの僧侶さんです。文章は、うまい。簡にして要を得る、とはこういう文章かと思うほどの、達意の文章。巻末に示されたウェブサイトをのぞくと、法話をブログで毎日発信したり、電話でも法話が聞けるようにセットしたりするなど、現代のメカとツールを旨く取り入れたやりかた。本の奥付にある連絡先に、「京都オフィス」「(ご実家の)熊本オフィス」とあるのは、私は違和感ありですが、逆に、そこまでビジネス化しないと、お寺にこもっていて「さぁ、悩める方、どうぞお越し下さい」ではダメなのでしょうね。

親鸞も、これには草葉の陰でさぞびっくりでしょう。ところで、その本を読んで、私のもやもやは晴れたのか、ですが、ヒントになる心構えなどは教えられました。しかし、宗教の役割はそこまでと言うか、結局は心の持ち方を変えるなり、自分で構えて練習するなりしていくが、いま、悩みの元になっている政治や経済の、あるいは平和の問題そのものは追認されるわけです。

(我流ながらも)親鸞の言葉に込められている革新性をもっと出して良い

上記の本は、個々の悩める人を想定し、その人に語りかける工夫を凝らしているのでそれでよいとは思いますが、親鸞の思想にあっては、「お浄土」というのはただ個人だけのことではなく、圧倒的多数の民の安寧の世界、誰でもが救われる原理的な救済の摂理をもっと重視して、そのことの信仰故に、いかなる不条理・理不尽さにも屈せずに、自分を卑下せずに、たちあがり、前を向いて生きていきなさい、という大きな後押しの考え方があると、私はこれまで考えてきております。

(注記)私のこの親鸞の見方は、安冨歩他『親鸞ルネサンス 他力による自立』明石書店、2013年からかなり示唆を受けています。なお、安冨氏はこのページの下記にある「東大話法」批判の本の著者と同じ人。

自己を語りながら、同時に社会を、現世の生きづらさを語り、その渦中にいるおのれを、まさに現実に抗して生きる人として受け止めなさい。それが親鸞の人間観ではないでしょうか。川村氏の著作は、とても温かく、やさしい語り口でひきこまれすのですが、結局は、親鸞の言葉を手がかりに内省しなさい、と説いている。

しかし、親鸞には、たたかうべきところでは、自分を信じて、立ち上がり、たたかいなさい、という確かな自律思想があると私は解します。そこをもっと出して良いのではないか。そうでないと、貧しい者はその境遇をなげくよりも、自己のありのままを阿弥陀が見てくれているからそれを信じて日々を平穏に生きなさい、ということになる。そうではない。その貧しさを引き起こしている外的な要因や条件がある。それが、その生活者の(あるいは家族の)内的条件を介して一人一人に作用し、親は親で子は子で、いろいろの反応を引き起こす。

例えば麻生副総理のような人物にはそうした足下の矛盾は見えないし感じられないから、「株価上昇の恩恵にあずからず経営が旨く行かないのは下手だからだ」とか、「高齢者が問題だというのは子どもを産まないからだ」というように、生きづらさの現場を見下してしまう。

これに対して、怒りがごうごうとわき起こる環境には、今ない。そこが大問題だ。そういう日本社会の現実と、上記の親鸞本のように、人気の女性僧侶でさえも人びとの心の内向きを説くこととは、底でつながっていると思います。

厳しく言えば、川村氏は親鸞の言葉を解釈して語りながらも、親鸞の思想にある、権力的抑圧やゆがみと戦うという、《抗して生きる》ことの人間らしい証のような側面を伏せて、結局は、現状の受容と追認にひとびとの心を向けさせ、各人が抱えている葛藤を、競争心を、業績のノルマ争いと精神的疲労をうみだす現実の制度等の仕組みや組織をどうしていくのか、実践を通してどう乗り越えるか、からは目をそらさせてしまうのではないでしょうか。



 問題提起の三冊 (14.12.5.)


1)『週刊金曜日 臨時増刊号 特別編集「従軍慰安婦」問題』(金曜日、2014.10.29.)

『朝日新聞』の「誤報道謝罪」を契機に、「慰安婦問題」自体の抹消とも言っていい動きが再燃していますが、ただその動きに感情的に反発するのでもなく、ただ自説を並べ立てるのでもなく、何が問われているかを冷静に編集していると思います。

「慰安婦」報道を1991年にはじめて『朝日新聞』紙上でおこない、その取材元の不確かさが明るみとなって右派的グループから家族ぐるみの糾弾を受けているU元記者にか係わる情勢について、最近の「ニューヨークタイムズ」紙が長文の報道記事を載せています(12月2日号、マーチン・ファクラー記者)。「負けるな、北星!の会」の通信で知りました。

2)安冨歩『原発危機と「東大話法」 傍観者の論理・欺瞞の原語』(明石書店、2012年)。入手したばかりでこれから読み込むところですが、著者は東大教授で、その著者がいわゆるフクシマ原発大事故の最中で関係者の対応において、副題にあるような言説が当たり前のようにまかり通ってきた、その実態をえぐり出すという構成です。

著者は言います。「東大話法」に自分たちも縛られ被害者となっているが同時に、人びとに「東大話法」によって加害を与えていると(「はじめに」より)。その「東大話法」とは、ざっと見る限りは、専門用語を巧みに操っていかにも深く考えていえるかのような言説で、実は傍観者のままの姿勢でいることを指しており、ことは「原発問題」のみならず、あらゆる分野で、特に研究活動や専門性のある活動に関わる人にとっては、一度は自分を振り返るべき問題でもあります。

理化学研究所のいわゆる「STAP細胞問題」も、根底の一つには、「東大話法」的な記者会見発表に報道も振り回され、渦中の小保方氏のみならず、指導的な位置にあった研究者たちまでがそれに呪縛されてきたといえます。しかも、ついには当事者の一人が自死することまで起きた。

これから内容をじっくりと読んでみます。

3)『談 100号記念選集』(公益財団日宇人 たばこ総合研究センター発行、水曜社発売、2014年11月刊)。『談』は、もともとは「人間の嗜好、人間の欲求、人間の価値観」について各界の専門家に語ってもらう主旨で始まったらしいのですが、100号を記念してこのたび一冊にまとまって刊行された。

A4サイズの、590頁余の大部な一冊ですが、テーマ別に編集され、どれも興味深いテーマで専門にインタビューしているので、刺激的だし、現在の我が国が(主に社会面や文化面から観たとき)どういう問題を抱え、現象的に起こる様々の事案にはどういう意味があるのかなどを知るためには、適切な導きの書となっています。



 希望への道筋、怒りを込めて大いに語り、歩みだそう! (14.12.2.)


衆議院の総選挙が公示された本日、この本を読んだこと、そしてHPを通じて読者の方々にこの本を紹介するのは、運命的な出来事のようにさえ思えます。それほどに、この本は私たちの現状を捉え直し、どの方向に、どのように歩み出すのかを鋭く掘り下げてくれているからです。

この本は、ステファン・エセル、エドガール・モラン共著、林昌宏訳『若者よ怒れ! これがきみたちの希望の道だ〜フランス発 90歳と94歳のレジスタンス闘士からのメッセージ』明石書店、2012年。四六判、118頁。定価、1000円+税。

副題の通り、かつてレジスタンス闘士としてナチスドイツのファシズムと戦った二人の著者が、自分たちの原点を振り返りながらも、単なる回顧的な教訓話では決してなく、新自由主義が浸透し、外国人拝外の動きが活発となるなど、「自由・博愛・平等」の全人類的理念が根底から揺らいでいるフランスの現実を冷徹に見つめて、時代を担う若者たちの生き方に信頼と勇気を与える内容となっています。

                             *****                                       

第一部ではまず、地球的規模の問題として今何が起きているか。グローバリゼーションは、バラバラであった人類をつなぎ相互依存関係を生み出したが、その半面で、大衆の扇動、科学技術による破壊という恐るべき事態が起こり、もうけ主義と大量破壊兵器により生態系は破壊された。(フランスでも)新自由主義で社会は貧しくなる一方で、その考え方では人間の本質的問題の解決はできないことがはっきりした。

(フランスを基点に見るならば)今後は、ヨーロッパの一体感、自治権、政治的意思を確立してこそ、人間の尊厳と平和という今世紀最大のテーマに対処できる。地球的規模での緊張状態が各地での紛争を引き起こしている(アラブの春以降)ので、その解決には、国民国家をコントロールできる「世界政府の樹立」を提唱する。

第二部の「希望への道」では、各論が述べられる。その内容はとても具体的で、政治、経済、文化、教育など、ほとんどあらゆる分野にわたってまさに「道筋」を説いている。

読み進めて、私が大いに共鳴したのは次の箇所だ。

「われわれの社会にかけているのは、共感力である。つまり、他者の立場になって考える力であり、他者の境遇を思いやる気持ちである。(中略)同じ職場、さらには家族においても、おたがいの理解が欠けている。教育、そして医療や介護など、共感力が必要とされる分野においても、愛が不足している。(中略)つまり、自分が教える知識を愛すると同様に、知識を授ける相手にも、愛を注ぐ必要があるのだ」(36-37頁)

フランス版「いのちの電話」でも近年、孤独の相談が圧倒的に増えていることにもふれながら、社会全体に蔓延する病理を問いかけている。また、市民生活のトラブルの元になっているいらだちの背景には、合理化推進と競争力向上のための人員削減や組織の縦割り化がある。そこから来る負担や弊害が働く人びとの精神的ストレス、心身症や鬱、さらには自殺を招いている。

移民問題で揺れるフランスの現状分析も詳しい。要点は、フランス自体が多民族国家として形成されてきたのだから、「移民にフランス人になってもらう」のが筋で、抵抗すべきは外国人に対してではなく「国を蝕む国内の害悪」に対してなのだ。閉鎖的で無神経な文化に成り下がっているから、今のフランスは外国人を社会に統合できないのだ。(折出注記:この指摘はヘイトスピーチなど排外的な言動が一層目立ち始めている我が国にも当てはまる。)

また、消費主義社会にも警告を発し、「モノの量ではなく、生活の質」、つまり「愛情、心、モラルなどの面での満足感」が大事だと訴える(48頁)。そのためには都市部に人間性を取り戻し、農村部を活性化すること。

これら一連の改革のキーワードは、「脱官僚化すること、弾力的な組織にすること、縦割り組織をやめること、公務員や従業員にやる気や柔軟性を与えること」である(51頁)。

「国の改革は、公務員を増やすか減らすか、という選択ではなく、人間を心の通わない単なる集団としてではなく、自律した愛情をもった知的な存在として考えるためには、どうしたらよいのかという点にある」(51頁)

この箇所は、たとえば、橋下大阪市長や河村名古屋市長、ならびにその下で公務に従事しているすべての職員の方々に是非読んでもらいたい部分でもある。

ところで著者たちは「若者よ、たちあがれ」と説くが、それは単に檄を飛ばしているのではなく、次のような、しっかりとした若者観に基づいている。

「若者は、最も脆弱であると同時に、最も強い存在である。なぜなら、彼らは、親の庇護から抜けだして大人の世界に入ろうともがいている、社会的に不安定な存在であると同時に、エネルギーに満ちあふれ、大きな野望を抱き、激しく怒ることができる存在であるからだ」(59頁)

上記は2005年のパリ郊外での若者の暴動、2011年のロンドンでの暴動を冷静に分析した上での見解である。解決の鍵は、「若者を単に支援するのではなく、彼らが抱える問題を一丸となって解決し、社会から排除されている若者の存在意義を認めていくことだ」と著者たちは説く。

「モラルの再生」「労働の再生」「多元的経済への転換と拡充」、社会的格差解決のための「常設委員会の設置」、そして「教育の民主化の推進と教師の尊厳回復」。いずれも個々の提言には信頼性がある。

著者たちが言うには、いま私たちは「新しい政治」、つまり「無気力、無関心、あきらめからわれわれを救い出す政治であり、生きる意欲をかきたて、よみがえろうとする政治」を必要としており、この本で具体的に述べたいくつかの提言を手がかりに、その方向に向かって立ち上がることが、すなわち「希望への道」なのだ。

だから、この本は、特定の政党や組織との協定を差し出すのが狙いではなく、むしろ市民運動や良識的な反乱に力を貸したいために書かれたものである。すなわち、「市民の要求に見合う政策が生み出される」(107頁)ことこそ、いま市民社会と国家が蘇る最大の要なのだから。それは、著者たちの暮らすフランスでも、私たちの日本でも、細部はともかく基本的な道筋としては、全く同じ事なのである。



 予断許さぬ動きと大学問題 (14.12.1.)


いよいよ今年もあと1ヶ月となりました。インフルエンザが、流行しているようです。皆様、どうぞお気を付けて下さい。

元朝日新聞記者のA氏を次年度も非常勤講師として雇用するならば学生の身の危険が起きるぞなどと外部者たち(「従軍慰安婦」問題を封じ込めたい立場から『朝日』攻撃を続けているグループと推測されている。)が北星学園大学を脅し続けている中で、当該の人事については同大学の最終判断が出る時期です。いまここではその詳細には触れませんが、大学教育に係わってきた一人として、私もその動きに注目している一人です。

12月20日午後に、北海道大学の構内の会場で、北星学園問題を考える公開シンポジウムが開催されるので、私は参加してきます。大学自治擁護の見地から同学園の良識ある対応と判断を支援するために結成された「負けるな、北星! の会」(略称:マケルナ会)からの情報で知りました。

フライトの予約の関係もあるので「確実にそのシンポは行いますか」と問い合わせたところ、結果がどうであれ、実施するとのことでしたので行ってきます。

この件は文部行政の中央も関心を持っていて、朝日新聞デジタル版によると、

「下村博文・文部科学相は25日の閣議後の記者会見で、『大学教員の人事は各大学の判断による』とした上で『学問の自由が脅かされることに、負けることがないような対応を考えていただきたい』と述べた。大学に脅迫が相次いだことについては、『言論に対しては言論で応えるべきで、脅迫行為は決して許されるべきものではない』と話した」(2014年11月25日配信)

ただ、同大学の学長の判断がどうなるかについては状況的には厳しい面もあるようですが、ここは、学問の自由に係わる大事な案件なので慎重に思慮していただきたいと思います。

上記のシンポジウム参加を決めて、フライトもホテルも決定したあとに、(人生はおもしろくできていると感じますが)、元私立大学の教員でいらっしゃった知人から、ある研究会を大学関係者で運営しているが、折出に教育学の立場から「最近の大学問題」を報告してほしいとの依頼がありました。

その主旨は、最近の文部行政がどんどん大学の自治に介入して、自治権の侵害の疑いさえあることや大学間の格差をますます進めていることなどについての報告を要望するものです。これらにどこまで応えられるかは分かりませんが、報告自体は受けることにしました。

20日のシンポジウムでの論議も、私が引き受けるテーマに係わりますので、それも織り込みながら報告を準備しようかと思っています。その会合は、来年1月のことです。



 「道徳の特別教科化」について (14.11.28.)


さる10月21日付で中央教育審議会が「道徳に係わる教育課程の改善等について」という答申を出しました。この答申を受けて文科省としては学校教育法や学習指導要領の整備に取りかかって、2018年を目途に「特別の教科 道徳」を実施に移す意向であると報じられています。

このたびの答申は、タイトルを見ると何か不自然な感じがしませんか。なぜ「道徳の特別教科化について」とストレートに言わずに「教育課程の改善」としたのでしょうか。いうまでもなく、新しく「教科」を設けるのは教育課程の改善に係わるからだ、ということです。

しかし、それは表向きのことであって、答申立案者としての審議会という集合体の本音は、現行「道徳の時間」を全く別の「特別な教科としての道徳」に組み替えて、学校における道徳教育全体に影響を及ぼしうる「道徳」を強化し推進することにあります。それが「戦前の修身科」の再来ないしは復活と受け取られないための操作にほかならないと、私は見ます。

戦後の流れを振り返ると

振り返りますと、戦後は、公民科(のちの社会科)をはじめとして学校教育全体をつうじて道徳教育を行うとして、生活指導や自治活動を含めて各地で創意ある実践が取り組まれてきたが、1950年代に、当時の天野文部大臣の「修身科復活」発言を契機に事態は動きだした。修身科復活に対する猛反対の中、小中学校に「道徳の時間」を特設して、所定の指導項目(徳目)を教えることとした。

このことの経緯を、公式の戦後教育史は次のように述べている。

戦後、学校における道徳教育は、社会科をはじめ各教科その他教育活動の全体を通じて行うこととされていたが、必ずしも所期の効果をあげているとは言えなかった。このため昭和三十三年に教育課程の改訂に当たり、学校の教育活動全体を通じて行う道徳教育を補充・深化・統合するための時間として、小・中学校の教育課程の一領域としての「道徳の時間」を特設した(文部科学省『学制百二十年史』より)。

そして、1960年代に入ると、再び道徳教育強化論と修身教育の復活の論議が起こり、当時の中教審は後期中等教育の整備を説いた『期待される人間像』(1966年)を著し、愛国心や遵法精神の涵養を述べてこの線に沿った道徳的規範の教育を現場に求めた。しかし、これも成果は上がらなかった。

それどころか、一方では受験世代の中学生・高校生を中心に非行問題が各地で起こり、これに対する対策として文部省は『生徒指導の手引き』(1966年)を著して、規則・きまりの指導による秩序維持の教育と学校運営を推進するように行政指導に乗り出した。が、その管理主義的方針はかえって生徒たちの反学校意識を強め、あちこちで校内暴力などが続出した。

教育現場は、生徒集団の自治の力を強めて、非行を生徒たちの集団の内側から克服する実践を編み出し、その学校づくり的な影響力が注目されて、この改革の流れの中で、全生研の集団づくりと論が注目された。半面、その「班・核・討議」という技術的な緻密さに故に、技術主義との批判もあった。

新自由主義の考えを元にした教育改革が進めば進むほど、「自己責任」「選択の自由」の徹底がいわれて、陰湿ないじめや不登校が目立ってきた。それどころか、少年による殺人犯罪、神戸児童殺傷事件(1997年)が起こり、こうした事態に「心の教育」を重視する方策を文部省は打ち出して、当時の河合隼雄文化庁長官を座長とする委員たちの手で『心のノート』が作成され、小中学校の子どもたちに無償配布された(2003年)。

殺人事件やいじめの多発のなかで

しかし、その後、長崎での小六女子殺害事件やいじめ自殺の相次ぐ発生など、子どもたちの社会はますます多くの矛盾を抱えていることが明らかになってきた。こうした動きを受けて、先の『心のノート』の全面改訂とされる『私たちの道徳』が副読本として無償配布されて、今日に至っている。下村文相は、この副読本がきちんと活用されていないのではないかとの疑いから、都道府県教育委員会にその実態を調べて是正するように指示を出して、「押し付けではないか」との批判が巻き起こり、物議を醸した。

そうした中で、中教審の委員を務める大学教員で、かねてからの道徳教育の推進派・復興派であり「特別の教科」実現の中心人物をはじめとして「教科化」論が三度、いや四度か起こり、このたびの中教審答申に至った。子どもたちのいじめの多発が、その「教科化」の導入に使われた。

かつての「道徳時間の特設」と背景はにているが大きく違うのは、長崎での高校生による殺害事件、大津のいじめ自殺事件などを背景にして、これまでの「道徳時間特設」では学校での道徳教育の効果が見られない、よって道徳の基礎知識の教授も含めた、教科としての指導領域の確立のために、また他の教科に対する要としての位置を一層発揮するために「教科化」は必要だ、としている点である。

正確に言えば、「道徳の教科化」自体はいまに始まったことではなくて、上記の1950年代にもすでに「教科」論を主張する動きはあった。その主旨は、道徳的価値(徳目)を知識として教えるべきだ、という点にある。

これをめぐっては、有名な論争としては、上田薫氏の徳目主義批判(生活経験重視と問題解決学習の指導論による批判)があり、村井実氏の道徳の原理・原則を理解する子どもの判断力育成の立場からの批判もあった。

「特別の教科」に、なぜ、こうも甘いのか

ところで、「特別の教科 道徳」を短く「道徳の教科化」と言い換えることは不正確である。冒頭の中教審答申を読めばわかるように、教科としては検定教科書を使用するが他の教科と同じような評価・評定は行わないとしている。この点が「特別の」の主旨だという教育学者もいる。

かといって単に他の教科と相並ぶ位置に道徳が参入するのかといえばそうではなく、学校教育での道徳の要として教育課程全体および各教科に、これまで以上に作用していくような連携と関係を重視して導入するのだということである。

同答申では、「教科化」の背景としていじめや少年事件のことには明確には触れず、また、「徳目の押しつけであってはならない」と繰り返しており、いわゆる「修身科の復活」」とは異なる旨を十分に留意している。

しかし、である。「道徳時間特設」の時と同じように、教育現場での教師の指導力に問題があるとの立場は共通している。亡くなった城丸章夫千葉大学名誉教授の、戦後道徳教育に関する論考(『城丸章夫著作集第3巻 生活指導と人格形成』所収)の言説(1960年代初めの論文)を借りて言えば、このたびの道徳の「特別教科化」に当たっては、現場の教師が被告人席に立たされ、これまで道徳の効果が見られなかった「罪」を問われる構図になっている。その城丸論考をそのまま引用すれば、

「『道徳教育をやらなかったから不良がふえた』などという失礼な言い草は、そっくりそのまま返上し、原告と被告はその位置を入れ替えるべきです」(同著作集、105頁)

教育学のおとなしさが気にかかる

もう長くなっているのでこのあたりで締めますが、どうも教育学者を含めて、「教科としての道徳」の教科書問題、評価問題という内容論・方法論にばかり目がいって、そもそもの、教師の指導が至らなくて道徳はこれまで効果が無かった、と言えるのか、という論点をあまり見かけません。

どうしたのでしょうね、教育学は。こんなにも安易に文部行政の流れに追随して良いのかと思います。このままでは次に来る時代が、心配です。



 映画「ディアハンター」を観て (14.11.28.)


故高倉健つながりの話題です。彼がインタビューの中で、俳優になって、ロスアンジェルスの試写会で『ディアハンター』を観て衝撃を受けたし、主役のロバート・デニーロの演技に多くの事を学んだ、主人公なのだが出しゃばらないで他の同僚俳優や若手俳優たちを引っ張っているところがいい、と語っています。

映画を鑑賞するのが好きな私としては、高倉健はその映画のどのあたりを、どう観たのかしらと気になったし、まだそれを観ていなかったので、ツタヤから定期視聴の配信で取り寄せて観ました。

1978年(サイゴン陥落の3年後に当たる)の公開で、約180分の長編。当時、アカデミー賞の各賞を受賞し評判になったそうです。俳優はロバート・デニーロ他。

ストーリーのおよそ3分の1にあたる前半は、ペンシルバニア州ピッツバーグ郊外の街で暮らす仲の良い、そしてちょっぴり悪の若い男たちが、仲間の結婚式で一緒に飲んで騒ぐ話。その中で、来週には入隊してベトナムに行くのだという会話がさらりと流される。

結婚式の騒ぎが収まった翌日、彼等は車に分乗して、山奥に出かけて鹿狩りをする。デニーロ演じるマイケルは見事に一頭を仕留めた。映画タイトルのDeer Hunterはそのことを指している。

後半は、一転して、ベトナムの戦場でベトナム兵に捕まり、捕虜になった彼等の苦難。そこはバラックづくりの捕虜を囲うだけの造りで、兵士同士が賭け事でロシアン・ルーレットを捕虜たちに強要して、次々と死に至らせる。そして、マイケルと親友ニックがそのルーレットの対決相手にさせられたが、ここでもマイケルの機転で危機を乗り切った。

結婚したばかりのスティーブンをどうにか助けたが彼は身体の障害を持ち、ニックは心身衰弱で記憶が失われ行方不明となり、マイケルも無事帰還するが、人が変わったような素振り。ベトナム戦争の後遺症を深く、じんわりと描き出している。

マイケルは、昔の仲間たちと鹿狩りに出かけたが、十分に射程に入っていた鹿を撃たなかった。いや、撃てなかった。そして一人岩に座り込んで、谷間に向かって叫ぶ、「OK!(これで、いいか!)」と。

戦場で自分が犯してきた罪、親友のニックを失った悲しみ、それらすべてを織り込んだ、贖罪の思いの叫びであろう。それは誰に向かっての問いかけなのかは定かではない。自分自身なのか、神なのか・・・。ともかく自分で戦争の終わりを宣言しないことには次に歩み出せない。そういう当時のベトナム帰還兵の苦悩をデニーロは押さえた演技ながらも、良く出している。

舞台となった街はロシア系移民の多い所だそうで、映画の中でも、披露宴のダンス曲はロシアの民謡がほとんど。全員でカチューシャを合唱する場面も。そのことと、ベトナム兵士によるロシアン・ルーレットを強要される虐待とは関係があるのであろう。

観終わって、「ニヒルな」というよりは、彫りの深い、渋味のある演技が印象に残る高倉健がロバート・デニーロの演技に惹かれたわけは良く分かった。マイケルは並優れた英雄では決してないが、窮地にあっても、怖じ気づいたり絶望にうちひしがれる仲間を最後まで励まし続けた。画面の映りではむしろ脇役のような描かれかたなのだが立派に主役を演じている。

鹿を見事に射止める射撃の腕前、プライド、そして女性に対しても紳士的な彼がベトナムから還ってきた後、別人になっていた。その姿を、戦争の後遺を騒ぎ立てて表すのではなく、静かに心の傷を受け止め、今のおのれを受け入れている演技だった。

俳優とは、なんという難しい職業なのだ。改めてそう思う。そこまで自分を追い込むというか、ぎりぎりのところで役の人物になりきって、その瞬間、同時に自分も生きて輝く。デニーロは、この映画のために数ヶ月前からピッツバーグに移り住んだという。

そう簡単に他の仕事に置き換えは効かないが、私なりに、この数日、俳優高倉健との向き合いを通じて、いくつかのヒントを頂いた。改めて高倉健氏のご冥福をこころからお祈りします。



 「不器用」ということ:俳優高倉健について(その2) (14.11.26.)


先日民放で故高倉健の追悼として放映した映画作品『あなたへ』を録画しておいたので、それを観ました。亡き妻の散骨への遺言を実行するため、寝泊まりできるように改造した自家用車を運転して、長崎まで行く物語。その旅の途上で、様々な人物と出会い、そこに必ず、男とその女房、およびこれから結婚する若い男女の小さな物語が立ち上がってくるという筋立てです。

このページの下段に書いた彼へのインタビュー集を読んでいたので、つい画面も演技の意味を探る目で見てしまったきらいはありましたが、じんわりと感動させる良い映画です。

高倉健は自分のことを「不器用な男」だといい、周りの映画関係者も彼についてそのような人物評をお持ちです。インタビューでの彼の話を読むと、仕事のない時に次の作品を待っているが、来たものは何でも受けるわけではなく、自分の中にストンと落ちたものだけを受けてきたそうです。

『あなたへ』の降旗監督によると、高倉健は器用ではないから、自分の中から気が立ち上がってくるまでに間がある。そこで同じシーンでもすぐにOKを出さないで三回くらい撮ってその中から一番良いのを選ぶようにしていると。

要は、俳優である自分と、台本に描かれている人物とが高倉健のなかで納得のいくように合わないと、作品の話も受けないし、また受けた後も実際の撮影シーンでも、なかなか前に進まないということらしい。

「不器用」というと、技が身についていない、物事の処理が下手だとか、世間を生きていく上で要領が悪い、といったマイナスの意味合いで使われます。しかし、高倉健の場合には、自分の納得が行くまで考えてから踏み出す、という意味のことを言っているようです。しかも、ささいな動作のように見える場面でも、ちゃんと考えられた所作が織り込まれている。そういう奥行きのある演技をいつも考え、工夫している、だから器用にサッとこなすわけにはいかない、という意味でしょう。

もしそう言えるなら、「不器用」とは、高倉健の俳優としてのプライドを表す言葉と言えるでしょう。

『あなたへ』の静かなクライマックスシーン。妻のふるさとの海で、大滝秀治演じる船主にだしてもらった漁船の縁から、散骨をするときの倉島(高倉健)の振る舞いに良く出ています。骨壺から少しずつ握って海に流す、というより海の精に託すように渡す、その指先。そして口元に帽子をはさんだまま目線は下を見ているが、そこに万感の思いが込められているのが、彼の姿全体から立ち上がってきていました(もちろんキャメラ・アングルのすばらしさです)。

帽子を脇に置かないで口にくわえたのは、悲しみをこらえ、船主の大滝やその孫が傍で観ていることを意識して、そこで取り乱さないための倉島のぎりぎりの所作だとわかります。それだけ、倉島の、妻との別れのつらさがいかに深いかがこちらに伝わってくる。

その場面の役になりきりながら、自分の中から気が出てこないと演技にならない。高倉健はそう語ったそうですが、上記のシーンで、それがよくわかりました。目元や口元、顔の表情で演じるのではない。俳優高倉健が、妻を亡くしその遺言通りに散骨する、最期の別れをする元刑務官・倉島になりきって、その気持ちでその場面に立ち会っている。そういう「気」が立ち上がってきている。

高倉健氏を安易に真似てはいけないが、また彼とはレベルもはるかに違うが、それはそれとして、私たちも自分の不器用さにある程度は自信を持って良いのではないかしら。何ごとも要領よくこなして愛想をふりまくが、自分のなかで少しも「気」は立ち上がってこない。そういう仕事の仕方や諸活動・運動への参加の仕方ではなくて、どんなささいなことでも自分の中に納得を生み出して、そして動き出す。そういう生き方で自分を出せるなら、それはそれで、どんな仕事や分野で生きていても、その人は十分に自分に正直に活動していることなのではないでしょうか。



 閑話:京都で紅葉 (14.11.24.)


少し硬い話が続いたので、季節の話題を。連休最終日の24日に、午後の所用で私独りで京都に行くこととなり、併せて今の時期に名刹の寺院で「秋の特別公開」をしているので時間をやりくりして、東寺と大徳寺黄梅院に行ってきました。

東寺では宝物館を公開中。東寺は別名「曼荼羅の寺」と称され、国宝の「両界曼荼羅図」が公開展示されています。曼荼羅は、密教の中心である大日如来の教えを視覚的にわかりやすく絵図に表したもので、両界とは、その二つのタイプ、胎蔵界と金剛界のこと。ちなみに釈迦如来は民衆に仏教をおおっぴらに説く立場で、こちらは顕教とされる。いずれも、その区分は空海によるものとされている。

その宝物館の(私なりの)圧巻は、重要文化財「千手観音立像」。まさに見上げる高さの壮大な観音像で、「千手」というだけに、背面から各30数本の手が出ており、それが一対で左右にある。頭には、小さな観音像が10体近く冠のように掲げられている。1930年に火災で焼失したのを、戦後になって修理に取りかかり、1968年に完成させた(宝物館パンフレット)。

大徳寺の黄梅院は、中国の黄梅県にちなんで名付けられたそうで、その建物(庵)自体は信長が28歳の時に京都に入洛した折に、父・信秀の追善菩提のために建てさせた。

庭は、白川砂、桂石、苔の三要素で見事に配置・配色が工夫されている。白い砂を緑の苔が縁取り、この一枚の画のような空間のすぐ傍で、真っ赤、朱、黄色の鮮やかな色のモミジが陽射しに照らされて映えている。利休が手がけたとされる「直中庭」(じきちゅうてい)はあたり一面苔に覆われ、石と池などのその配置造形は枯山水の独特のおごそかな雰囲気を醸し出している。

本堂には仏間などいくつかの室があるが、今回の公開で、三室に描かれている枯山水のふすま絵を観ることができた。

洛北での所用だったので、少し時間が取れたのを機に、久しぶりに北野白梅町から嵐山電鉄で終点・嵐山まで出かけた。少し夕暮れ時と重なっていたにも拘わらず、ものすごい人出。特に嵐山駅前は大混雑。そこから移動すると、桂川の向こうでライトアップが始まるのだろうか、この遅い時刻でもぞろぞろと人が渡月橋を渡っていく。

例によってちょっと一杯を、と探してもそれらしい店はなく、あるのは甘党派の食べ物ばかり。のども渇いたし、湯葉と肉入りのコロッケに缶ビールで休憩。帰るため駅に向かうときに、中年のおばさんがひとり、「草餅はどうですか」と声をかけているが、若いカップルや家族ずれは見向きもしない。つい私は近づいて「1個ちょうだい」と。よもぎの草餅で軽く焼いてある。小さな紙袋に入れてくれたがかなり熱いので、そのままさましておいて後で食べたら、餡の具合もいいし、草をすり込んだ餅皮の味がひろがってなかなかの出来栄え。1個、140円は値段相応でいいと思った。

中心部に戻ってきて、三条京阪から木屋町に出てそこから歩いて目当ての寿司屋によるつもりが、どうも河原町に近い方を行ったり来たりしたようで、やっと店を見つけて、ちょっとだけ中から温めた。このときも、若いアメリカ人夫妻と世話をしている日本人女性がカウンターのすぐ近くにすわったので、彼らがいろいろ注文を終えたあたりで、「是非、日本のお酒にもトライしてみて」と英語で言うと、男性は「日本の酒は好きだよ」と応じてくれた。

帰り際にも「Have a nice day!」と私から声をかけ、小さな親善交流らしく挨拶して別れた。



 『高倉健インタヴューズ』を読んで (14.11.23.)


標記の本は、ノンフィクション作家、野地秩嘉(のじ つねよし)氏によるもので、プレジデント社から2012年8月に刊行。1995年から2011年までの年月をつうじて、高倉健(以下は、俳優としてのこの呼び方で書きます。)の撮影現場に通い詰めながらおこなったインタヴューを母体に構成されている。高倉氏が逝去された今読むと、非常に貴重な内容だと思う。

高倉健は、映画に対して、特にスクリーンに自分が映ることに対して、ひときわ神経を使ってきた人である。どこでそれを身につけたのだろうか。同書によると、若い頃、東映にスカウトされて俳優養成所に委託研究生で入った最初の頃、壁に囲まれた部屋で火災に遭った人の役を演じろ、との課題を出されて、他の研究生が上手くこなしているのに高倉健だけどうしてもできなくて、「すみません、できません」と言って、何をしにここに来ているのかとひどく怒られたそうだ。

ところが、その後すぐに主役抜擢があり、そこから例の任侠シリーズで一躍スターになっていたのだから、人生はどういう物語になっていくか、わからない。そこがまた人生の人生たるゆえんなのだろう。

俳優としての所作に関しては、非常に気を遣っていた。画面で観てもらうのが俳優の仕事だから、私生活をみせては俳優としてはダメだと思っていたようで、亡くなるまで私生活は見せないようにしてきた人だ。また、優れた技能の有名な理髪人が東京にいるようでその店に毎日かよって調髪もしてもらった。これも、日頃からの役者としての心構えや身なりの全てが画面に出るという彼の信条からだそうだ。

著者の野地氏は同書の前書きで、高倉健は映画を語りながら常に人間を語ってきたと思う、と書いている。その「人間」というのは、物事にひたむきに向き合う人、どんな些細な場面でも真心を持って接し、その思いをさりげなく出せる人という、高倉健なりに描いている、こうありたいという生き方が反映されているように思う。

例えば、興味深い記述がある。ずっと撮影現場や新作発表などの場に身を置いて傍で高倉健を見てきた野地氏は、あることに気づいた。それは、スタッフの打ち合わせや記者会見会場に入る前の瞬間、背筋を伸ばして、胸と腹の中間あたりでそっと両手を合わせる仕草を必ずしているというのだ。祈りの様子に見えるという。

高倉健は刀剣にもとても興味を持っており、自分で10振りくらい収集しているようだが、有名な刀鍛冶の現場を訪問したときも、そこに入るとまず隅にある神棚に手を合わせた。多くの人がその現場を訪れているが、そのような仕草は高倉健だけだったそうだ。

では、何を祈っているのか。野地氏は、高倉のその姿は、善男善女が食事の前、あるいは温泉地でお湯につかる前に手を合わせるのに似ているとして、漠然とした感謝の気持ちを表しているのではないかと書いている。

なるほど、それもそうだが、私の勝手な推測では、今日もまたこうして俳優としての仕事や出番がある事への感謝の表現なのではないだろうか。その根拠は、「生きるために俳優の道を選んだ」という彼のスタートにある。それと、教師をしていた母親の影響もあるかも知れない。常に、母親に「褒められる」ように生きてきたということを、自身の単著『あなたに褒められたくて』 (集英社文庫、1993年)で書いている。撮影現場の危険などを心配していろいろの心遣いを母親はしてくれた、その母への思いがそこには出ているのではないか。

同じ事は、撮影現場で自分も出番が終わっても現場に居続けて進行を見守っているとか、撮影スタッフが忙しく動き回っているのを、大スターとされる彼が立ったままで見守っているということにも現れている。では、堅苦しい人物かというとそうでもないらしく、さらりとスタッフの苦労を和らげるようなジョークを飛ばしたり、普通のおじさんの振る舞いも見せるという。おそらく、人に接する、人と共に一緒に作品を創り上げていくこと、そのこと自体がとてもいとおしく、かつ宝物のように感じられる何かを、高倉健という俳優は数多くの撮影現場を経験する中で、心にしみる思いを抱くまだになったのであろう。

そうした日頃からの処し方・生き方が、そのまま役作りにつながるという信念が彼にはあった。寡黙な渋味のある男を演じる高倉健のイメージがすっかり定着しているが、目の表情、ひとことのせりふ、1つ1つの所作に彼はそれを見て頂く客の目を意識しながら演じていた。俳優はスクリーンの画面で演じてこその俳優だ、その場面場面で演じるべきことが演じられないなら俳優じゃない。そういう思いを彼の語りから感じる。

俳優とは、映画監督の意図を理解してその意図通りに演じる仕事。こう高倉は言い切っている。二十本近い作品を一緒に創ってきた、降旗康雄監督との交流などからそういう思いを強くしたようだ。

まさに俳優業とは何か、を最期まで追究した人だ。職人として、あるいはプロとして生きる。その点ではどのような職業にも通じるものがあるのかも知れない。大事なことは、高倉健という人は、自分のジグザグの歩みと出会った数々の人から冷静に学び取っている中から、彼固有の俳優(という仕事)観を創り上げてきたことだ。

ひるがえって、私も含めて、研究者あるいは教師である人びとにあっては、そのような自己の仕事との向き合い方はどうであろうか。日々の忙しさを理由にしてどこか逃げてはいないだろうか。高倉流に言えば、少々の危険を冒す現場に赴くのも俳優の仕事だという厳しさにあたるものを、私たちも今一度見つめ直し、専門の仕事とその人間性についての自分なりの「観」を持つことを大事にしていきたいものだ。

そうした人が一人でも多く様々な現場に現れれば、そしてある人に何かミスがあっても周りの人たちにそうした心のゆとりがあって見守るのであれば、若い方たちももっとのびのびと育っていくのではないだろうか。



 愛知県第9回教育懇談会議事録を読んで (14.11.22.)


あいち県民教育研究所の大橋研究部長さんから標記の議事録に関する資料提供がありました。県のHPで公表されたとのことで、これは公開の議事録ですから読んで所感を述べるのは審議への関与ではないから、以下に、私見をまじえて感想を。

その会議は、10 月30 日(木)、愛知県三の丸庁舎アイリスルームで開かれ、特別参加として、八木秀次氏(麗澤大学経済学部教授、日本教育再生機構理事長)が出席しています。

議事が、大村知事からの発題ではなく、すぐに八木氏の発題で始まっています。というのは、その日のテーマが「国の教育改革を受けた愛知の教育のあり方について」で、政府の教育再生実行会議での論議を参考にして審議するということにあったためです。

ご存じのように、地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律が強行可決され、その中で、次のように総合教育会議の設置がうたわれているわけです。

「総合教育会議の設置、大綱の策定」
○ 首長は、総合教育会議を設ける。会議は、首長が招集し、首長、教育委員会により構成される。(1条の4関係)
○ 首長は、総合教育会議において、教育委員会と協議し、教育基本法第17条に規定する基本的な方針を参酌して、教育の振興に関する施策の大綱を策定する。(1条の3関係)
○ 会議では、大綱の策定、教育条件の整備等重点的に講ずべき施策、緊急の場合に講ずべき措置について協議・調整を行う。調整された事項については、構成員は調整 の結果を尊重しなければならない。(1条の4関係)(同法案の概要説明サイトより)

さて、その総合教育会議の権限に係わる論点を八木氏は次のように述べています(同条議事録から、折出がまとめたもの)。

(1)教科書採択については、どこの会社の教科書をということはここで取り上げるべきではないが、全体の教科書採択の方針、例えば「愛知県の郷土のことについてしっかり書いてある教科書を選ぼうとか、領土教育についてしっかり書いてある教科書はいいのではないかとか、そういうことは十分議題として取り上げることはできる」ということ(「」内は議事録のママ)。

(2)個別の教職員人事については、誰々をどこにとか、誰々をどこかに飛ばせとか、そういうのはダメだが、「どこの学校でどの教科に重点を置くとか、或いは学力の低いところに力のある先生を持ってきてはどうかだとか、そういうことについては十分この場で議論できるということ」(上記に同じ)。

このように、八木氏は、教科書採択や教員人事に関しては教育委員会の所轄の権限があるから直接に首長がのりだすことには慎重にと言葉では言いつつも、上記の言い方では、総合教育会議で「方針」の名の下に首長が踏みこんで考えを述べて、それを政策化・具体化していくことを示唆しているのです。

これは、教育再生会議の代表を務める人物がこの会議に特別に参加して、愛知県の教育行政に係わる事案で、例示ながらも、首長の権限の発揮の仕方について指導しているとも取られかねない文脈です。

議事録を見ると、以後の出席委員の発言は、ほぼ八木氏の提起をより活かすにはどうあればよいかのラインでの発言になっている。このあと、いじめ問題、道徳教育のあり方など各論が話題になってはいるが、誰も、どこでも、愛知の教育実態に触れて、複合選抜制をはじめとする競争教育の影響がもたらしている他者との関係性の崩れ、自己の存在価値への不安定さに触れていない。

それどころか、教員経験もある江川達也氏(漫画家:特別参加)は、江戸時代の四書五経の素読をやらせればいい、などと復古主義もはなはだしい発言をしている。ただし、氏の言いたい事柄の中に、道徳を教える教師自身がもっと哲学的な次元で物事をかんがえることの教育をしっかりと受けておくべきだ、というのはなるほどと思う半面、だから教育大学でも論語を学生に教えろとは、当のご本人の哲学の素養の狭さを図らずも露呈したのではないかなと思います。

このように、教育再生会議の実行に係わる県レベルの議論においてさえ、道徳教育をめぐる確かな論点は見られず、先頃国の方針として打ち出された「道徳の特別教科化」の実施は、まことに危うい状態だと分かります。



 映画「ショート・ターム12」を推薦します (14.11.20.)


すぐあとに掲載している「10.29.」付記事で、映画「ショート・ターム12」を紹介しました。その後、あるきっかけでそれを織り込んだ手紙文を書きました。臨時教員の制度改善を求める会のメンバーから、臨時教員に送る文章の依頼を受けて、この映画を織り込んだ文を活かしたいと思いそうしたのです。

その手紙文を、試写会を主催されている「シー・ワークス」さんという会社の責任者に報告方々送ったところ、また動きがありました。

その方からのメールによると、私のその文章を配給元ピクチャーズデプト社に送られたそうで、その手紙は「本作のドラマ性と社会的意義を適格に捉えている」との評価を頂き、改めてそのサイト用に(手紙文のエッセンスも織り込みながら)一文を書くことになりました。公式サイト(SNSやメルマガ)から、全国に発信する際に使いたいとのことです。

「シー・ワークス」さんの了解も得て、ここにその文章(原文のまま)をアップします。学校教育や児童福祉関係の方はもとより、市民の方も、一人でも多くこの映画を鑑賞される機会を持って下されば、と思い本作を推薦します。

              《子どもと向き合い、子どもを信頼することの力》         折出 健二

 「支援」「ケア」の言葉が当たり前のように使われているが、それらは人びとの生き方にどう関わることなのか。本作「ショートターム12」は、そのことをストーリーとして描いている作品である。

 タイトル名は、家庭問題によってケアを要する十代を短期間受け入れるシェルターの名前だ。そこで働くケアテイカーたちは20代の若さである。それぞれに養護施設で育ったり、少女期に父親から性的虐待を受けたりしていて、他者との関係では心に深い傷も負っている。だから、という単純な理由ではなく、徹底して相手の側に立とうとする姿勢で、まず相手の気持ちを聴き取るように入所者に接している。

その施設に、ある女子が入ってきた。彼女は「サメとタコ」の童話を創作して、女性スタッフのグレイスに聞かせた。友達のいないタコにサメが「仲良くしよう」と近づいて、友情の印に足を1本食べたいという。それは繰り返され、ついに「きみが全部欲しい」と。なんと、このお話は彼女自身が父親から性的な虐待を受けてきた、そのものだった。

傷ついて他者を信じられないこの少女が、ボーイフレンドとの間にできた子どもを産もうかどうしようか迷うグレイスを励まし、支える。「いいお母さんになれるよ」の言葉で。まさに、働きかけるものが働きかけられる。職員も子どもも、互いに生きるとは何かを学び合う。ここには学校教育や児童福祉が立ち返るべき原点がある。

 「支援」や「ケア」がスキルにとどまるなら、それだけでは子どもの心は開かない。ヘルプを出すことを押し殺して生きてきた者は、安心できる他者の前ではじめて自分を表現できる。「私の声は子どもに届いているか」「この子どもにとってケアとは何なのか」と日々問い、揺れながらも、今の自分のできることを尽くして頑張っている。実践者がその謙虚さと誇りを持って子どもの傍に立ち伴走者となるから、寒風の中のコートのように、暖かくふんわりとかれらを包み込むことができる。すると、子どもは他の教員や職員には見せない自分を、信頼できるあなたにさらけ出すことさえある。

 たとえショートの時間であっても「安心できる場」「自分を出せる他者」と出会えたことは、その人がこれから生きてゆくロングの時間の中にしっかりと息づいていくのだ。現場で苦労されている若い方々は、本作を観終わって、今を生きる自分を応援してもらった熱いものを感じて明日への元気を得るにちがいない。
                                         (筆者は愛知教育大学名誉教授。主に生活指導や子ども問題を研究)



 臨時教員の方々への手紙 (再録 14.11.20. /14.10.31.)


臨時教員の制度改善を求める会から求められて書いた原稿です。

《子どもとの関係性を教育実践の宝に》

今年の11月下旬から名古屋で公開予定のアメリカの映画作品「ショートターム12」を試写会で観る機会を得ました。タイトル名は、家庭問題によってケアを要する十代を短期間受け入れるシェルターの名前です。そこで働くケアテイカーたちは20代の若さ。それぞれに養護施設で育ったり、少女期に父親から性的虐待を受けたりしていて、他者との関係では、心に深い傷も負っています。だから、という単純な理由ではなく、徹底して相手の側に立とうとする姿勢で、まず相手の気持ちを聞き取るようにして、優しく接していくのです。

こういう場面があります。その施設に、所長の知り合いの父親からの依頼で、ある女子が入ってきた。彼女は「サメとタコ」の童話を創作して、女性職員に聞かせた。友達のいないタコにサメが「仲良くしよう」と近づいて、友情の印に足を1本食べたいという。それは繰り返され、ついに「きみが全部欲しい」と。そうなのだ、このお話は彼女自身が父親から性的な虐待を受けてきた、そのものだった。

その「他者不信」に満ちた少女が、性的虐待のトラウマからボーイフレンドとの間にできた子どもを産もうかどうしようか迷う女性スタッフを励まし、支える。まさに、働きかけるものが働きかけられる。そうして、生きるとは何かを学び合う。

この映画作品を持ち出すのは、ここに教育とは何かの原点があるからです。臨時教員の仕事は、子どもと向き合う楽しみや苦労においては教員と同じものを経験しながらも、「臨時」という線引きで雇用面その他で差別を受けています。その制度自体は早急に改善すべきです。その一方で、実践の中では、様々な葛藤や心の奥に封印してきた暗部を抱える子どもたちと向き合うのは、待った無しの仕事です。臨時教員は、教育への志とともに、現実の困難さとぶつかりながらも、素敵な他者に囲まれてこそ今の自分があることを人一倍知っています。

その自分の生き方で子どもたちを受け止めるから、寒風の中のコートのように、暖かく、ふんわりと包み込む他者感覚をいつの間にか身に付けているのです。だから、臨時教員の前では、ある子どもは他の教員には見せないほどに、自分をさらけ出すことさえあります。それを自分の教育技術のせいだと思わないでほしい。

 それは、あなたが、より良い教育のために日々たたかいながらも、そういう姿勢を少しも見せないで、自然体で子どもと、保護者と向き合う生き方からあふれでる教育作用なのだから。これは大事な宝なので、子どもとの関係性を築いていく上で、ぜひ失わないようにしていただきたい。今後も、数々の困難に直面する教育現場にあって、今の身の丈に合ったできることは尽くして仕事をしていると誇りを持って、教師として歩んでいただきたい。



 【再録】試写会「ショート・ターム12」 (14.10.29.)


前回の試写から1週間でしたが、内容を見てこの映画を鑑賞しました。「ショート・ターム(Short Term)」は、「何らかの家庭問題によって心に傷を持つティーン・エイジャーのシェルターであり、(短期間受け入れる)更正施設の名前」です(同映画作品解説冊子より)。その日常で起きる若者たちの様々な出来事・トラブルと、これを受け止め支援する20代の若きケアテイカーたちの関わり・対話と模索・相互の自立を描いた約90分のヒューマン・ドラマ作品。

解説で作家の原田ハマ氏が書いているように、ここに登場する若者たちは、支援される側もする側もそれぞれに「心に闇を持っている」。

女性スタッフのグレイスと同じ施設で働くボーイフレンドのメイソンの間には子どもができたが、グレイスはかつて父からの性的虐待の被害にあっていた。その深いトラウマから彼女は出産と結婚に迷う。

そこに、ジェイデンという訳あり風の女子が入所してくる。所長の知り合いに頼まれて、というコネでの入所であった。彼女は第一印象は冷たい感じで、頭は切れるが、あまり人と接しない。自傷行為も見られる。彼女にも、父からの暴力被害の体験が。

それを「サメとタコ」のとても悲惨な物語につくりあげた。

18歳の誕生日を迎えるとそこを出て行かなくてはならない。マーカスがそうであった。母親を心から憎んでいる黒人の若者マーカスは、そこを去る日が近づくにつれて不安がつのり、パニックを起こす。メイソンがそばに寄り添う中で、マーカスは、激しい葛藤をラップの歌に乗せて、思いっきり吐き出す。その物語は母親のネグレクト告発ともいえる、非常に深刻なものであった。メイソンは、はじめてこの少年の「闇」を知らされ、語る言葉を失った。

かといって重くるしい映像ばかりではなく、長編としては本作が2作目という新人監督D.クレットンは、若い世代の者どうしの心がふれあい織りなす彩、味わい、深みをさらりと織り込んでいるので、つい共感も湧き、終わるまで物語に惹きつけられていく。

ジェイダンが父親に急に引き取られたこと、マーカスが退所を前に自殺を図ったことなど続いて起こる「事件」に疲れ果てたグレイスは、その窮地から救ったジェイダンに「良い母親になれるよ」と励まされ、意を決して、メイソンと共に産婦人科に検診に行く。

エコーで見える胎児が大きく映り、その心臓が鼓動しているのを見た瞬間に、もう私の涙腺はダメだった。娘の第一子、Sクンの出産直後に病室を訪ねた時のことが重なった。

最後に、さすが作家、妙を得たコメントでまとめているのでそこを引用して、この話も閉じます。

「闇が深ければ深いほど、やがて訪れる夜明けが美しいことを、本作は教えてくれている。どんな子供にも未来がある。いかなる人にも夜明けは訪れる。そう、あなたにも、私にも」(原田ハマ「明けない夜は、ない」『SHORT TERM12』(非売品)、3ページ)。

これは、児童福祉の職員の方々はもとより、学校の教師も、そして保護者の方も、機会があれば是非ご覧になられては。また、将来、広い意味での援助専門職を目指す若い方々にとっても、必見に価する作品です。名古屋圏では、名演小劇場で11月29日から公開だそうです。



 俳優・高倉健さん、逝く (14.11.18.)


すでに全国を訃報が駆け巡っていますので、ご存じのように、俳優・高倉健氏がさる10日逝去された。享年83歳。ご自身がいうように、俳優のなかで高倉健さん(と、さん付けで呼ぶのをお許し頂きたい。)ほど「前科者」を演じた人はいないのでしょう。あの任侠シリーズも含めて。

それが松竹に移籍後は、山田洋次監督との出会いもあって、渋く、あまり自分を語らない男の役を、ほんとうにほれぼれするほどに演じてきました。「幸せの黄色いハンカチ」「鉄道員(ぽっぽや)」など。

2012年に、たぶん初めての作品となる高倉健インタビュー集が出ました。『高倉健インタヴューズ』(プレジデント社)。比較的早い時期に私も買い求めて、実は机の横の本棚でそのままになっていた。私自身、大学理事の役に負われ、昨年度は退職前の整理と合わせてそれどころではなかった。

今改めて、この本を棚から取り出して、しみじみと頁をめくったりしています。これからじっくりと読んでいきます。

私なりに注目してきた役者・俳優が数名います。その中にまずあがるのは、高倉健、仲代達矢、そして嵐圭史。

寡黙な渋い男を演じて、高倉健の右に出る者はいない。そう見られていますが、意外と知られていないのが、あの三國連太郎主演の「飢餓海峡」での刑事役。

殺人という犯罪を隠して、舞鶴の地域の名士として振る舞う三國演じる人物を前に、彼が語るのらりくらりの逃げ口実を真正面から崩していく、若き熱血刑事の役でした。髪を短く刈った精悍な顔つきで、パリッとしたネクタイ・スーツ姿、そしてたしか右手にきらりと光る金属バンドの腕時計。それらがぴったりとはまっている。まさにその役になりきっているとは、こういうことかと感心します。

寡黙どころか、弁舌鮮やかに、三國の男役に挑戦していく。その姿に、高倉健という俳優の生き様を見たような気がします。どんな役でも、ひたむきにその役を演じきる。映画界の最優秀賞でしたか、受賞したときの挨拶で、高倉健さんは「生きるために俳優になって、ここまできて受賞できて・・・」と、感極まった言い方で語っていましたが、ほんとうに根っから礼儀正しい方であったと敬服します。

ここでは、しずかにご冥福をお祈り致します。合掌。



 映画試写会「神は死んだのか」 (14.11.15.)


 アメリカでは以前にもダーウィンの「進化論」を学校で教えることを巡って論議が起きたが、本作は実際に全米の大学で起きた信仰をめぐる訴訟事件をベースにして作られた。かといって教会推奨の説教くさい作品かといえば決してそうではない。エンターテインメントとして十分に楽しめる構成であり、登場する俳優たちが実にそれぞれの人物のリアル感をうまく演じている。

大学の新入生、ジョシュ・ウィートンはロースクール進学課程へ進むには必須の哲学の授業を選択したが 、担当のラディソン教授は徹底した無神論者で、初日から「God is dead.」と書いて提出するように学生たちに強要する。クリスチャンのジョシュとしては納得がいかず、提出を拒否。すると教授は彼に「これから3回の講義の最後に時間をやるから、受講生全員の前で神が存在することを証明してみろ」と迫った。

生の問題であればアカハラそのものだが、そこは映画のストーリー。ここからジョシュと教授の論争が始まった。彼は教会の牧師にその準備の悩みを打ち明けるが、牧師は聖書の言葉を引いて自分で考えなさい、というだけ。彼は思わず「それだけ?」と聞く。このあたりに教条的な教会側のやり方へのチクリとした風刺もある。

それでも彼は図書館で多くの本を借りては、あの授業でのプレゼン準備のために猛勉強。ところが思わぬ波紋が。6年間付き合ってきたジョシュの彼女は、「神の証明」にまともにとりくむ彼をバカにして、「もう付き合うのは終わりだ」と。

 ジョシュのプレゼンは中身の濃い、大したものだ。そこは映画だから、ある意味ではシリアスに、ある意味では知的に面白く仕上げている。

と同時に、本作は、ライス・ブルークスという著名な宗教活動家の“ God's Not Dead."という著作を発案としているようだから、その著作のメッセージも、ジョシュのプレゼンの中に織り込まれている節がある。とにかく、理路整然としている。

 彼のプレゼンの結末は意外なことに。

 こうしたストーリーに、先ほどの聖書の言葉引用派の牧師と、黒人で「すべては神の善」と祈り派牧師の二人、認知症の母親とその性悪なビジネスマンの息子、そしてラディソン教授とクリスチャンである若き妻、といった対比的なエピソード、さらに大学の食堂で働くアラブ系の女性でイエスの信仰にひかれる娘と熱心なイスラム教の父親の対立が織り込まれる。この描き方は、キリスト教の信仰をめぐる現代のアメリカをそのまま映し出したようで、ややシンプルな感じはあるが、とても興味深い。

 それらの随所に、聖書の語句が引用されるのは、結局制作者たちの思いがそこにあるからであろう。

 見終わって、西洋の長い歴史からすれば、「神」をめぐる人々の意識のあり方は確かに大きなドラマになり得る。それは単に信仰がどうのこうのではなく、人は、何か頼れる他者に力を得なくては生きてはいけないからだ。それが絶対的な他者であっても何ら不思議ではない。むしろ、まったく他者が見えない、持てない、現れないことこそ、現代人の共通する不幸だと言えるのだから。



 秀逸の作品「幸せのありか」(映画試写会) (14.11.12.)


本作はポーランドのM.ピェブシツア監督による作品で、重度の障害(脳性麻痺)のあるマテウシュが少年期から青年期にかけて自分の表現世界をもがきながら獲得していく自立の物語。107分のすばらしい秀逸の出来栄え。

マテウシュは小さい頃に「植物状態」と誤診され、そのまま家庭で過ごしてきたが、常に父親、母親が彼を支えてきた。その父も他界し、母親は、老いた自分では世話にも限界があると感じて、思いあまってマテウシュを施設に入れることにした。そこは精神障害者の施設であった。

マテウシュの心の中を、ずっと冷静にナレーションが打ち明ける演出になっているが、彼は、自分をここに置き去りにした母を恨んだ。

ところが、言語的治療の専門家と出会い、マテウシュは単語をチョイスして自分の意思を伝えるすべを学んだ。最初に彼の選んだ単語は、「私 植物 違う」であった。

父親から教わった、怒りはこうして表す、という机に拳をたたきつける行為を、マテウシュはある場面で発揮することになるが、そこは映画の中で。

黒田邦雄氏(映画評論家)が言うように、「しゃべれなくても、身体が自由に動かなくても、こんなに豊かな感情が人間には流れているのだということ。そう、感情がなくならないかぎり、人間に終わりはこないのだから」(冊子『幸せのありか』)というのは父親が一貫して息子に教えたかったことだ。

と同時に、それは、監督自身がこの作品を通して、ポーランドの人々に改めて伝えたいメッセージでもあるであろう。

この映画のモデルとなった青年・マテウシュさんは実在し、いまも施設で元気に暮らしている。それにしても、彼を演じた若き男性俳優、ダヴィド・オグロドニクの演技力、というより生き方そのものには本当に頭がさがる。ラストシーンで、こちらを見るときの〈まなざし〉には役者としての彼、いやマテウシュになりきった彼の万感の思いがこもっているのが、よくわかる。

原題のポーランド語の意味は「僕は生きたい」である。

ふと思った、「目力」などと軽々しく言ってはいけないと。目でしっかりと感情を表す。そのことが生きている証になっている人々を思えば。

名演小劇場で、12月20日から公開予定だそうだ。



 小椋佳さんインタビューを読んで:「生前葬」コンサート開催の思いなど (14.11.16.)


『日本経済新聞』11月15日付夕刊に、標記のインタビュー記事が載っています(同紙第5面)。音楽の世界には定年がない、そこで古希(70歳)を迎えたのを契機に、今年の9月、「生前葬」コンサートを開催したというのです。

『終活なんておやめなさい』の著者、ひろさちや氏は同書で、「生前葬」を奨励しています。ただし、氏のとらえ方は少し変わっていて、「大切な人と大切な時間を過ごすのだ、という気持ちがあったら、それがそのまま生前葬になる」というのです。

この日のために、ヒット曲だけではなくLPレコードにひっそりと息づいている曲も含めて100曲をえらび、1日25曲を4日続けたというのだから、しっかりとした意思のもとにおこなわれた「生前葬」でした。

小椋さんは作詞・作曲家として「言葉」にはこだわったそうです。街に流れる歌には「振り」が多すぎる。つまり、「慣用句や使い古された言葉」を使って、しかもそれが「真似」として流行っている。小椋さんはそのことへの「憤り」が「歌創りの原点」だったといいます。

そして、現代は「感性の時代」と、美しく飾ってい言われるが、結局は「言葉の貧困化」が起きているという。

若い世代に向かって「振る舞い」を小椋さんは提唱します。それは「振り」として他者のを真似てよいが、しかしそれは借り物だから、「もういちど自分で言葉の意味を考え」自分の表現をつくりだす、その意味での「舞い」と両方が必要だと。

私は小椋ファンではないし、氏の作品は「シクラメンの香り」くらいは知っていますが、この曲を、というのがあまりない。ソフトな声で、確かに選りすぐった歌詞は聴く者をうっとりさせたり、あるいは聴く者の体験を彩ったりするが、どこか歌の創りのなかにエリートっぽい作為がいつも感じられてあまり気が乗らない(小椋ファンには大変失礼!)。

それならまだ、演歌の歌手の歌い方に共鳴する。小椋さんは拒否し憤りを抱いたというが、男と女の出会い、別れ、涙、お酒など、月並みな言葉を繰り返すのは確か。しかし、歌手の全てではないにしても、やはり世間の評価を得ている実力派歌手は、かつて作曲家の故三木たかし氏が言ったように、(お客にではなくむしろ)おのれの背中に向かって歌っている、というその歌詞との向き合い方には、平凡な巷のさまよえる民衆のこころねが出ていて、共感できるのです。

逆に、大変失礼な言い方だが、小椋氏にはそれがよわい。このインタビューで分かりましたが、〈自分としては選びに選んだ言葉でつづった歌詞なのだから、当然、他の楽曲にはないものがあります。さあ、聴いてください、どうですか、素晴らしい言葉でしょう。〉こういうお客を試しているかのような作用が気になっているのです。

それはもちろん私の音楽才能のなさのゆえであり、ほんとうの小椋氏の楽曲上の価値を知らないためであることを承知で申しているのですが。

小椋氏がこれからは「3つのS」、つまり、「Simple, Slow and Steady」(同記事によると、「単純でいい、ゆっくりでいい、だけどしっかり生きる」の意味)をモットーにして生きていきたいというのは、全く同感です。



 解散総選挙の「大義」とは (14.11.14.)


このホームページでは敢えて国政レベルの問題にほとんど言及しない作風できましたが、いま「衆議院解散総選挙」でざわついている。このとき、政権与党内からは「多数議席を占めている今、解散の大義はない」と声が上がり、野党側も「大義なき解散」と批判しています。

このように与党内部でも対立し、与野党の牽制が絡んでくると、作成者としても、何か発信したくなるところです。

私は、安倍氏に限らず、同じ立場であればこの時点で解散もありえると予想します。権力の遂行とはそういうものだと思うからです。

まず、ポイントは、衆議院の解散は、現在内閣がすすめている諸政策あるいは法案の策定が国民の支持を得ているのかどうかを問うためにおこなうわけですから、総理大臣としてその「専決事項」とされる「解散権」をつかって解散に打って出るなら、国会開催中の今でないとあまり意味がない。

次に、いったん解散総選挙に突入すれば、現内閣はその総選挙を公明正大におこなうという職務執行内閣となって機能し、総選挙後にその内閣は総辞職をする。そして、招集される衆議院本会議で改めて首相の指名を行い、これをうけて(たとえ同じ者であっても、そうでなくても)その首相に就任する人物が組閣する新しい内閣で国政を担っていく。

同じ者が総理大臣に就けば、総選挙で投票という意思表示の上で与党として信任を得た、よって自分たちが遂行しようとする政策は支持を得たのでこれを実行していきたいと、このように権力の遂行の正当性を得ることになります。

そのことのために多大のエネルギーと莫大のお金を使うまでもない。これも一理ある意見です。しかし、ことは「消費増税」という大問題。また、「集団的自衛権の行使にかかわる法整備」も残っています。労働者派遣法の(今国家は見送りらしいが)成立と実施をもって、時間規制のないオール労働のような市場にもっていきたいという労働政策も控えている。

これらはいずれも、このままの内閣で行く限り、国民の世論動向からすれば、いまの臨時国会のみならず来年の通常国会でも批判の矢を浴び、それは増幅してまかり間違えば、追い込まれた上での解散になる恐れは十分にある。それは総理大臣の所掌する政治活動としてはあまりにもみじめで、敗北者の姿だ。こういう思いが、プライドの高い安倍氏にはあるでしょう。

追い込まれ解散で敗北しての総選挙で多数を得られるわけがありません。逆に政権交代で、自分たちが達成したかったことも覆されたり廃止されたりする。それは避けたい。こういう執念が彼や菅氏あたりにはあるのでしょう。

上にあげた大問題の政策も、安倍氏本人の思いとしては「間違っていない、断固やる」ということでしょうから、権力者としての自己の地位を瓦解させないうちに、また総理大臣としての自己のありさまもみじめったらしい事態に追い込まれないうちに、常に自分が主導権をとっていくにはどの方法が良いか。

おそらくそのあたりを、一番彼が信頼している菅官房長官に話し、彼らなりのだいたいの流れはイメージしていると思います。

今総選挙をやれば野党は準備不足で勝てるから。これはまったくうわべの話であって、政権を維持し、その権力を使って、国民の反対世論を押し切ってでも、ある政策を実行していく。そのための総選挙だ、とわたしたち有権者も見ておかないといけない。その意味では、わたしたちにとっては「解散総選挙」は(政治家たちとは逆の意味で、国民目線で見たときに)どのような「大義」であるべきか、ということが問われているのです。



 『プライドが高くて迷惑な人』を読む (14.11.11.)


著者は片田珠美(かただ たまみ)氏で、精神科医。阪大卒で京都大の大学院博士課程で学位を取得。フランスのパリ第8大学でラカン派の精神分析を学んだという努力家。著者も認めているが、まずはご本人が相当にプライドの高い方である。

精神科医としての実績、精神分析に関してはラカン派の理論と手法を身につけてきた、という自負。これらがなければ、本書第1章に出てくる四人の事例は書けない。なぜなら、その四人とも片田氏の来談者、クライアントだった人たちだから。

ただし、著者の名誉のためにも、けっしてそれらは「上から目線」で書かれているわけではなく、十分に共感しつつ、該当する「プライドの高い」人物の何が、どう問題なのかをわかりやすく考察している。

以下の構成は、ある意味では自然な展開である。プライドが高く迷惑な人には「どういう特徴があるか」「なぜこういう人が生まれるか」「どう付き合えばよいか」「こういう人にならないためには、どうしたらよいか」と。

文体はわかりやすい。平易な言い方に、無駄のない論理の運び。著者はたしかに「頭の切れる」方であろう。同じ精神科医の香山リカさんとはまた違うタイプのようだ。

この本の良さは、最後の第6章に出てくる。誰でも「プライドが高く迷惑な人」になりえること、そうならないためには自分をよく知ること、自分の能力、できること・できないこと(限界)。そして、失敗は何ごとにもつきものと受け止めるようにして、地道な努力で、本来の自己形成の源となる「自尊心」を保つこと。これらが、読む側に落ちるような叙述になっている。

私自身は、現職時代に会議の議長や司会を担当することが多くあって、その経験から自分なりに、チェアマン的立場の際のルールを内々にきめてやってきたが、片田氏の見解を読んで、だいたい合っていたことに納得できた。

例えば、会議の途中で延々と自説を述べる人、協議議題からそれた話を平気で持ち込む人などに対しては、「大事なお話でもっとお聴きしたいところですが、○○時までと決まっていますので」と、議長がはっきりと割り込んで示唆する。あるいは、会議の開始時刻に遅れてくる人がいてもそれを待たないで、まずは時間通りに集まった人を大事にして、予定通り始める、などなど。

プライドの高い人の特有の強引さは、結局は、周りの者に対して自分を受け入れる他者であれ、と強く求めて行動に出るところにあるようだ。自慢話、然り。肩書きを振りかざす、然り。それだけ、他者とのつながりが乏しい証拠。そうみれば、そういう人は、関係性に関する、ある種の発達課題を引きずっている人たちといえるであろう。



 役者・嵐圭史さんの色紙 (14.11.11.)


11月の1〜3日、東京・夢の島公園において全国版「赤旗まつり」が開催され、主催者によると3日間で15万人の参加であったそうです。知人から誘われ、リタイアして休日も動けるので(以前は土日もほとんどつぶれていた)おつきあいでチケットを購入して、1日に参加してきました。

初めは、せっかくなので1泊して2日までと考えていた。ところが、急に(当ホームページの11月3日付記事の通り)滋賀で開催の近畿東海合同集会での講演依頼が回ってきて、こちらへの協力が優先ですから、やむを得ず1日だけの日帰り参加となりました。

ご存じのように当日は関東圏も雨でして、我ながら「雨男なのか・・」と少々気後れしましたし、広い会場の中央ステージでの開催の頃には参加者は少なめであったのが、しだいに次々と各地からの参加者が押し寄せてくるのには勢いを感じました。

お察しの通り、切りの良いところで中央ステージを離れ全国物産展を順に見て回りました。岩手の地酒(樽からすくい取る)と「まつり」記念の杉の一合升とセットになった酒を買い、近くで、(インスタントで温めるだけの・・・。これは地元の方の出店なので仕方ない)おでんと合わせて、雨の中、傘を差しながらまず一杯。

お昼には、公園内のスポーツ会館に設けられた「青空寄せ」で、落語と講談を聴きました。会場はアリーナ席まで満員状態。フロアシートにもたくさんの人が。

故立川談志の門弟の談之助は、談志が参議院議員の頃に私設秘書も務めたらしく、60代初めの渋みと経験で、政治の話題も絡ませて談志流辛口でおおいに会場を沸かせてくれました。最後は、着物を脱いで白装束で「月光仮面」に扮してのパフォーマンス。

「よい子の皆さん、どんなことでもいいからおじさんに仕事を頼んでください。どこにでも飛んでいきますから。電話番号は・・・」といって、観客を沸かせておいて一門の公演依頼をさりげなくアピールするあたり大したものです。

ところで、その館内には、著名人の色紙が額入りで展示してあり、公開入札で求めることができる仕組みになっていました。主催者によると、40人から約90点の作品が寄せられたとか。私は全部を見て回りましたが、どの方のも言葉も良いし、直筆に味がある。例えば、愛川欽也さんのもよかった。

で、私としては日頃から敬愛している役者のお二人、嵐圭史さんと仲代達矢さんの二件に入札しました。

退職したとはいえ次々といろいろのことがあって、すっかり忘れていたところ、昨日、嵐さんの色紙が落札との知らせが届いたのです。私は、こういう競るもので(予測が)「当たる」のはめったにないほうで、非常に珍しい。どの色紙(額を含む)も最低価格は5,000円でした。私の入札額は? 内緒です(笑い)。けっして高額ではありません。

この一年の終盤に近づいて、ツキが回ってきたのかどうか(笑い)、ともかく、お代を振り込んでその作品を頂くことにします。

嵐さんといえば、私の敬愛する「前進座」を中村梅之助さんと共に永年支えてきた大黒柱の役者さんで、とても誠実な方。そのままの思いを漢字四文字に筆でしたためた色紙です。私も来春から新たな職に就く可能性もでてきている今、この色紙の言葉をヒントに、一歩、踏み出していきたいものです。



 秋の一句 (14.11.9.)


この時期になると想い起こされる俳句があります。馬篭の宿場街道の途中に句碑も建っている、山口誓子の次の一句。

街道の 坂に熟れ柿 灯を点す

馬篭もそうでしょうし、馬篭以外の場所でも、農家のある小道に立つ柿の木に熟れ柿がなって、まさに「灯を点す」風情が今もあります。

専門家の解釈はここではおくとして、まったくの私見を。柿が実ってあの朱のかがやきを放つのを「灯を点す」としたのは、さすが。おそらく陽射しが差していたのでしょう。皆さんも、そういう場面をご覧になること(なったこと)があるでしょう。熟れ柿の、あの透き通るほどの朱の色合いを。

それを見た誓子は、熟した柿の輝きに、何を重ねたのでしょうか。ひとの輝きでしょうか、それとも、それは束の間のことだというはかなさでしょうか。

いずれにせよ、熟れ柿は「灯を点す」のであって、その街道を歩むのは、「わたし」自身だ、という思いはあったでしょう。そうとれば、ある種の厳かさも感じられる句ともいえます。



 文化と学術の日:京都にて (14.11.6.)


私にとっては二つのトピックスのために京都に出かけ、一日仕事となりました。

(その1)京都国立博物館で特別展覧会

すでにTVでも放映されてご存じのように、京都・栂尾の高山寺(こうさんじ)に伝わる「国宝 鳥獣戯画」が130年ぶりに修理され、その完成記念の特別展覧会が11月24日まで行われています。ここはリタイアの良さを生かして、次に記す「その2」のことも合わせてさっそく出かけました。

9時半前には博物館に着いたのに、もうずうっと向こうまで長蛇の列。やっとチケット(新設の平成知新館の常設展を含んで、1,500円)を買って、またまた入場まで長い列。混乱を避けるために、5人一列で四列ずつくらいを単位として順に入場させるので、かなり待ちました。

出品一覧は全部で84点。前半は、世界遺産となった高山寺の名僧・明恵(みょうえ)上人のゆかりの古文書、和歌集などが展示されている。学究肌で、しかも個性的な自由闊達な方だったようで、華厳の難しい解説文があるかと思えば、型破りの和歌もつくっている。

その高山寺に伝わる代表的な宝物が「鳥獣人物戯画」絵巻である。平安後期から鎌倉の時代に書かれたと言われている。鳥羽僧正の作というのも確証はないそうだ。

この絵巻は、歴史または美術の教科書に出ていたので、誰でも知っている。しかも、修理完成後はじめての公開展示なら、誰でも観てみたい。というわけで、上記の人出。

ちなみに、会場に掲示された英文説明では、「鳥獣人物戯画絵巻」は“Scrolls of Frolicking Animals and Humans”です。

で、実物を観た感想は。やはり実物には迫力と、実作らしい雰囲気がある。絵巻になっていることで、一つの物語だし、物事の流れと映る。たとえば、甲の巻では、うさぎたちに囲まれて蛙が「ひっくりかえる」状態で、どうも笑い者になっているようだ。そのあとに、今度は、相撲で蛙がうさぎを投げ飛ばして、そばで蛙たちがはやしている風の絵が描かれている。負けるばかりではないよ、と教えているのか・・・。いずれにせよ、絵巻として実物を観てはじめて、その流れが感じられる。

甲、乙、丙、そして丁の四巻(の一部)を順に観て、会場を出る頃には12時近くだった。その足ですぐに隣の新館に向かった。ここには常設の仏像彫刻などがある。下記の11/5記事でも書いたように宗派も信仰も私はダメだが、仏像を観るのは前からとても興味がある。奈良に所用で行った折には、時間を取って二月堂にまで出向いて日光、月光の両菩薩を観る。

新館には、大日如来像や、伝観音菩薩立像(清水寺所蔵)など、すぐれた彫刻の作品が並べられている。しかも、旧館に展示されていた時とは違って、背中の方からも薄い光が当てられ、より一層立体的に観ることができる。仏像の近くによって下から見上げると、あの静かなまなざしで見下ろしている、と感じられるから不思議だ。幸いに、見つめられてどきっとすることはないので、心もまあ平穏というところか、凡人らしく(笑い)。

(その2)立命館大学での社会科学研究会に参加

午後3時から、この研究会が末川記念会館で行われ、参加した。哲学の学会である唯物論研究協会の会報で知った。同大学産業社会学部50周年記念の企画行事らしい。

「批判的実在論と社会科学におけるその可能性」と題する集会で、スウェーデンの研究者二人が報告をされた。バース・ダナーマーク(オレブロ大学)、ジャン・Ch・カールソン(カールシュタット大学)のお二人で、ともに社会学が専攻。そして進行役を、同大学の佐藤春吉教授が務めた。

その報告は英文と和文の両方が用意され、ほぼその内容に沿って、二人とも英語でプレゼンテーションを行った。その詳細は、ここでは割愛しますが、イギリスが発祥地らしい「批判的実在論」の概念体系が必ずしも鮮明ではなく、内容をつかみにくいのと、現実の変革に向かう緊張関係があまり感じられないままの抽象論だったので、二人の報告が終わって休憩に入ったところで、会場を出た。

たとえばダナーマーク報告に対して、構造主義の構造とあなたのいう構造とはどう違うのか、と参加された同大の学内教員らしい人の質問にも彼は明解には応えられなかった。また、カールソン報告でも、同じ社会学のギデンズの「構造化理論」を批判する論理構成らしいのだが、「構造とエージェンシー」の二重性をそもそもなぜ問うのか、のあたりがあいまいで、資本家と労働者の(対立や搾取の)関係をモデル図で説明していたが、そんなこと、マルクスによってとっくに解明されている、今頃持ち出してきてどこが新しいの?(失礼!)という疑問が湧いてきて、違和感が続いた。

となりの席の、白髪でいかにも社会科学者という同大教員らしい男性もすこしいらだっているようで、「構造というのは、要は関係の関係化でしょ、そこはどうなの?」と突っ込んでいた。この方のその説明概念もまたややこしいものだったが。

立命館大には京都大学系の教員が多くおられるので、これも自由闊達な京都学派風のアプローチなのかも知れないが、社会を説明するためにいくら精緻な理論を構えても、社会自体を変えるにはどういう実践や運動が必要かを明らかにしなければ、市民のための社会科学ではない。という思いが私には強く、最後までなじめなかった。

案外、この研究会に集うている人々(わたしも)は、今日の朝観た「鳥獣戯画」的なまじわりと相互主張の図として、外の目には映るのかも知れない。

(附録) お昼は京都大丸横の「築地寿司清」のカウンターでゆっくりできたし、夕刻になってからは各店の明かりがともる木屋町から先斗町をぶらりと歩いて、「すし昌」という店で、たっぷりと身のある鯛のかぶと焼きに賀茂鶴ぬる燗で一献できたので、秋のひととき、私のオフタイムとしてはよかった。



 「終活」をちょっと考えました (14.11.5.)


年相応に、「終活」つまり人生の終わり方についても関心はあります。そんなとき、今話題になっているらしい本を、ラジオの読書案内で知りまして、iPadのKindleアプリを使って、電子ブック版で購入して読みました。

ひろさちや『終活なんておやめなさい』(青春出版社、2014年)です。著者は、本名、増原 良彦(ますはら よしひこ)とおっしゃって東大でインド哲学・仏教を学んで、以後、宗教評論家として多数の著作もあるようです。私は、今回の著書が初めての出会い。

まず、確かに読みやすい。物事をしっかりとかみ砕いて自分の思考にしているからでしょう。そのあたりが、ファンも多くおられるらしいゆえんでしょう。さて、この著書のポイントは、簡単です。

死後のことはわからない。そうお釈迦様も弟子に語ったほどなのだから、死後のことをあれこれ心配してざわつくのはおやめなさい。それに、「死」を直線上の「点」のように思っているがそれは間違いで、「生」と「死」は氷と水の関係だ。つまり、少しずつ氷が溶けるように、「生」のなかから「死」へと向かうのです。金銭欲、所有欲、権力欲に固執して「死」に恐れを抱くのは、「生活」に執着するから。そうではなく「人生」を生ききると思えば、「死」は恐れることはない。自分(著者)は七十代だが、「ここまで死が始まっているか」と受け止めるようにしている。

すると、日々の出来事、出会いの一つ一つを丁寧に生きていく、こころの落ち着きが生じる。これこそ、真の「終活」と言うべきではないか。

これだけのことなら、簡単ですが、その裏打ちされた思考・思想には深いものがあって、仏教の古典をよく研究されていると察します。

著者は浄土宗のかたですから、まず死ねば誰でもお浄土に行くことになっているという前提で、「歳をとることは、自分の中にお浄土をつくっていくこと」であって、こう思えば穏やかな心で生きられると。

このことを「死についてあきらめること」と説きます。それは「諦める」ではなく、「明らめる」、つまり死とは何かを明らかにして、そうして死を受けいれながら生きていくことだというわけです。

仏教的な話は、たとえば「三毒」としても出てきます。その三つは、「貪(とん):むさぼること」「肉月の偏に眞のつくりをあてた漢字(しん):怒ること」「痴(ち):愚かなこと」です。釈迦は二度、火を消した。一つ目は、出家した若き日に、煩悩の火を。二つ目は、最期を迎えたときに命の火を。煩悩の中でも「三毒」は、はげしく燃えさかる火で、これに執着すればするほど、火に小枝を投げ込むようなことになる。

「明らめる」(明らかにする)ことは、少しでも、その煩悩から離れることにつながる。「死とは何か」についても同じことが言える。こういう主旨です。

私は個人的には、この著書の中に出てくる「助け泊まり」が気に入りました。ある高名な僧侶が布教のさいに、ひなびた宿にばかり泊まることがおおいのを弟子が心配して、同じお金ならもっと良い宿を探しては、と問うと、「これでいいんだ。せっかく泊まるなら、あまり人が利用しない宿を選んで、少しでも助けてあげると思って泊まる」と応えます。

そこで、著者も、講演の旅先では、お年寄りが細々とやっているような店に入って飲食をするようにしている。それは「助け食べ」「助け飲み」といってよいと。

私は信仰はだめですが、この「助け飲み」は一致します。みずから「地域調査」と称して、繁華街よりも一本裏に入った店をよく選びます。

青森の吹雪の中で入った、青森市内の小さなお店、稚内の提灯のお店で、利尻島出身のママと常連さんたちに出会ったお店。根室も、旭川も。最近では、(南に話が飛んで)生活指導学会で沖縄・那覇市に行ったときに、タクシーの運転手さんが知っている、路地裏の小さなスナック。高年のはじまりのさばさばっとしたママと、なぜか、千葉からここに移り住んできた女性のスタッフ。そして男の常連さん。

そのつど出会った方々とおしゃべりをしたり、にわか歌合戦をしたり、時には、しんみりと今の社会や生活を語ったり・・・・。ひろ氏の説によれば、そうやって、私は私なりに、自分の中に「浄土」をつくっていく営みを少しずつやってきたのかも知れません。その自覚は、なし、でしたが。

不思議なもので、前にも書いたように、ピラティスをやり始めたことで、ノン・アルコールの日を週二日持つことが、めずらしく続いていますから。これも小さな終活とおもってしばらく続けてみます。その意味では、本書は、ちょっと役に立ったかと思います。



 アインジェイ・ワイダ監督作品「ワレサ 連帯の男」 (14.11.1.)


レンタルDVDでこの映画を観ました。同作品公式サイトによると、「1970年から1980年代のポーランドをはじめとする東ヨーロッパの国々は、ソ連邦の傘下、検閲や思想統制など社会的に束縛され、極めて厳しい状況にあった。その体制に対して、人々が自由のために闘い、未来のために議論し、力を合わせて抗したことを、ワイダ監督は映画に記して、後の世代に残そうとした」と述べられています。

観終わっての感想は、まず、レフ・ワレサ役を演じたロベルト・ヴィェンツキェヴィチという役者さんの人間味あふれる演技と、どこにでもいる一人のエンジニアとしてのワレサの親近感です。また、奥さんのダヌタ・ワレサ役を演じた、女優のアグニェシュカ・グロホフスカさんの、笑顔が素晴らしい。何度も夫が権力側に拘束され、会社から解雇通告を受けるたびに、いったんは落ち込むし、「家族や家庭を少しは考えてよ!」と夫に激しく詰め寄るが、それでも夫が信念を持って権力に挑む姿には心から声援を送っている。

ポーランドの国民性についてはよく知りませんが、最後の最後の所で、楽天的な生き方が、この女優さんの演技で伝わりました。

再び同サイトによると、「ワイダ監督はワレサに敬意をこめながらも、彼を英雄としては描いていない。気高く、家族思いであるとともに、ユーモアがあり、弱くて傲慢でもある複雑な性格を持つ人物として描いている。また彼の英雄的行動の背景には妻ダヌタの存在があったことを、とりわけ大切に描いている。そこにはワイダ監督夫妻の体験も重ねているようだ」(URL=http://walesa-movie.com/story.html アクセス日2014.11.1.)。

ところどころに、実写のフィルムも挿入し、特に当時のソ連軍介入などのリアルな場面は、ワイダ監督の、ポーランドの自由開放の歴史を伝えるためにもどうしても映像に取り込まねばならなかったシーンなのでしょう。

ワレサが捕らわれて、「連帯」に解散を呼びかけ、謝罪するなら釈放してやると国家権力側の取調官から揺さぶられても、ワレサは、「そもそも、この事件番号は?」「これはどういう中身の事件か」「それを聴かせてもらえないなら、質問に答える必要はない」といって、突っぱねるあたりは圧巻です。自由を勝ち得るためには、様々な謀略に惑わされることなく徹底して戦うべきだ。

このメッセージがひしひしと伝わってくる場面でした。

また、同じ場面で、取調官が「(尋問をかわして、逃げる一方なのは)政治家としては失格だな」と、相手の自尊心つぶしをやったときにも、ワレサは、「私は政治家じゃない。ふつうの電気工だ」と言って、フーッとタバコの煙をはき出すシーン。

ここにはワイダ監督の、労働者に対する熱い思いが出ているなと感じました。

見栄えは地味で、物言いもぎこちなくて善い。何のために、何を信条として、貫こうとしているか。そこに人々は信頼を置くのだ。こういう政治哲学のようなものが一貫している、観応えのある秀作です。