THANKS FOR YOUR COMING

Welcome

to Kenji's Home Page

ようこそ折出 健二(おりで けんじ)のホームページへ


◇◇ 2017 August NEWS ◆◆

最終更新日:2017年8月8日

******************

お忙しい中、このつたないHPにお立ち寄りいただき、誠にありがとうございます。

2017年も、子どもと教育、教師と学校、市民と政治、思想家と人生・社会論、そして作者の身辺出来事と小さな物語など、つれづれなるままにトピックを記事にしていくつもりです。もし、言い過ぎや事実誤認でお気づきでしたら、ご遠慮無く、ご教示ください。作者より。

【「いじめを考える」のサイトに、全生研福島大会(2017年8月)のテーマ別分科会「現代のいじめ問題を考える」で提案したレジュメ(大会紀要掲載&当日の補充レジュメ)を掲載しております。 2017年8月8日】
このサイトの全てのページの文責及び著作権は、作成者・折出健二に帰属しております。無断の転用はご遠慮願います。
All Rights Reserved, Copyright (C) 2002, K.ORIDE
  

このレギュラー・ページ「TODAY'S MESSAGE」では、「最新の記事」から順に載せています。

レギュラー記事の以前のものは、このページの後半に掲載している「常設 2017」コーナーの「以前のメッセージ&情報」並びに「生活指導・教育臨床」「いじめを考える」「わたしの書評」「教育改革とわたしたちの研究・実践課題」にそれぞれテーマに応じて保存しております(2017.1.21.)。
このホームページについて、なにかご感想・お気づきやご質問・お問い合わせがありましたら、メールアドレス k-oride*uhe.ac.jp にどうぞ。*にはアットマークが入ります。



   
TODAY'S MESSAGE:Current Topics

 将棋の初対戦(17.8.8.)

全生研大会が終わって一息、というところへ大阪から、藤沢から孫たちが集まってきました。来年の全生研大会は神奈川支部の協力を得て、藤沢の湘南学園小学校(私学)で行われますが、その学校は、娘たちの住む所から15分くらいの場所。

そのことを昨日我が家に着いた後の雑談で話し、「一泊、ホテル○○(娘の姓)に泊めてくれないかな」とふると、「一泊、一万で高いよ」と。小田急線の駅からが近いので、藤沢駅周辺に泊まるのが便利のようです。

子どもが一挙に三人になったので(もう一人、大阪の中学2年生女子はブラスバンドの部活動で遅れて、こちらに来ます。)とてもにぎやか。子どもたちとママとバァバの5人で、今日から、ある旅行社の企画する家族向けツアーで、信州に行くのです。2泊3日。全額、ジィジが負担して(^_^;)、留守番。

小学4年のSクンが、パパとよく将棋をしていて勝ったり負けたりするというし、ジィジとしたいというので、一局、初の対戦をしました。私は本当に久しぶりの将棋でしたが、まずは彼のちからを知る意味で飛車・角を落として。

さすがパパと対局経験のあるSクン、口でぶつくさ言いながら盤面を観て、彼なりに「読み」をしています。

私が、5一王を攻めるべく、7二に飛車を置いて、5三の歩を5二に進めれば詰む、というとき、その一手前で、Sクンが、1六王と動いていた所へ、1四香車を打って、ここに合駒を入れても5九にある角成りが効いているので、私が負けました。

彼も、自分の局面があぶないとわかりつつ考えた上での手だったようで、納得していました。思考のトレーニングには将棋はいいですね。

あの乳児のころ泣いたり、幼児では賑やかに遊んできたSクンがこうして将棋を差すまでに成長してきたことに、ほんとうにおどろき、また嬉しくなりました。

       ――――――――――――――――

 全生研大会を終えて (17.8.7.)

◆8月5日〜7日、福島市で全生研第59回大会が開かれ参加して、無事に終えて戻ってきたところです。
なぜ、いま福島での大会か。それは福島の子どもと教師が直面している困難さは、状況は違っても根底では全国の子どもと教師に通じる問題であり、そこをつらぬく形で今の新自由主義思想あるいはその施策が浸透しつつあり、こうした現実にいかに向き合うか、が生活指導の主要課題になっているからです。

◇一日目の「大会基調学習」では、上記のことを会場で発言して学習に寄与して行かなくては、との思いを新たにしたので、もともと父母懇の「一泊研修」に寄ってあいさつをしてから福島へ向かう予定であったのを変更して、「全体会」に間に合うように、直に福島得に行きました。そして、討論の中でしっかりと発言してきました。

二日目は「『荒れ・暴力・いじめ』と集団づくり 小学校」の分科会で「基調」を報告し、二本のレポートの学習運営を担当しました(司会は、研究全国委員のお二人が担当)。人数は25名でしたが(受付を通った参加者全体が約440名との話だった。)、とても楽しく学習ができました。
 二人のレポーターの個性と実践内容、二人の担当者の、参加者の意見をじょうずに引き出す司会役、そして若い層からベテランの多様な参加者。こうした諸要素がうまく調和し合って、珍しいくらい明るく、楽しい、それでいて中身は深い、そういう分科会になりました。
◆三日目は、テーマ別分科会「現代のいじめ問題を考える」の報告をおよそ50分おこない、質疑・討論の運営を担いました。研究全国委員二人が担当に入りました。参加者の出す事例にも学ばされながら、いい分科会になりました。

今大会をもって、常任委員を退任しました。二日目夜の「総会」で次期役員の承認の中で「研究全国委員」に異動することが認められました。

◇そのような節目の大会にふさわしい、私にとって嬉しい出来事がありました。
 二日目の分科会に出ていた若い男性が、「卒論で折出の著書を読んで学び、自分の教職のイメージができた。今その本を持ってきているのでサインしてもらえるか」というのです。東京のある私立大学の卒業生でいま臨時採用で頑張っていて、来年、ある県の正規採用にチャレンジするとか。

もちろん、喜んでサインを受けました。『変革期の教育と弁証法』『市民社会の教育 関係性と方法』『人間的自立の教育実践学』(いずれも創風社)、『そばにいる他者(ひと)を信じて子は生きる』『他者ありて私は誰かの他者になる』(いずれも、ほっとブックス新栄)の五冊にそれぞれちがったメッセージを添えてあげました。

これだけまとまってのサインの機会は、めったにないことです。一人の著者としても、若手にメッセージを送ってきた教育学研究者としても、大変心のあたたまる出来事でした。

三日間、大会を支えて下さった現地福島の皆さん、まことにありがとうございました!! お疲れ様。

       ――――――――――――――――

 核兵器禁止条約(The Treaty on the Prohibition of Nuclear Weapons)(17.7.30.)

早いもので今日と明日で、7月も終わり。我が家の小さな庭にある“カリン”や“すもも”の樹に、セミがたくさん集まって、朝早くから鳴いています。ミンミンゼミ、アブラゼミたちです。

7月が終わる前にアップしておくべき、最高の旬の話題があります。標記のことです。

既報の通り、今年の現地時間7月7日、ニューヨークの国連本部で、核兵器禁止条約が採択されました。国連広報センターの提供している情報(英文)によると、同日、午前10時47分に投票が行われ、賛成122、反対1(オランダ),棄権1(シンガポール)でした。

核兵器不拡散条約(NPT)を批准している、中国、フランス、ロシア、英国、米国の5大核保有国、同条約を批准していないが核を保有するインド、パキスタン、北朝鮮、核保有国とみなされているイスラエルのいずれも、同決議の場を欠席しています。歴代日本政府は、米国の「核の傘」による安全保障政策を採ってきていますが、その日本も欠席しています。

採択後に、米国・英国・フランス代表団は、同条約交渉に参加しておらず、同条約の批准も加入も意図しない、との共同声明を出しました(国連広報センター)。

日本側から出席して条約原案討議から関わってきたのは、日本原水協、日本被団協の代表者の方々です。これに加え、カナダ在住の被爆者やオーストラリアの核実験被害者の発言が活かされ、同条約の条文に「ヒバクシャ」が複数回使われているといわれます。

同条約は、「核兵器やその他の核爆発装置の開発、実験、生産、製造、取得、保有または備蓄のほか、これらの兵器を使用したり、使用の脅しをかけたりすることを含め、ありとあらゆる核兵器関連の活動を禁じています」(同広報センター)。

広島に原子爆弾が投下された1945年8月6日から72年目を迎える直前に、核兵器につながるあらゆる活動禁止の国際条約が採択されたことの意義は、きわめて大きい。広島に生まれ育ち、68歳の今日まで生きてきた(生かさせて頂いている)一人として、切にそう思います。

5大保有国としては、そのような条約を決めても効果はない、核抑止力によってしか安全は保たれない、と言いたいのでしょうが、ひとたび国際的なルールが決まった以上は、情勢は変わります。保有その他核兵器に関連する国家の実態は、条約が発効されたあかつきには、国際的な「違法」状態と成ります。

同条約はまだ採択されたばかりで、同条約第14条、第15条にうたわれている通り、「署名国による批准、受諾又は承認」を必要とし、50番目の国が批准または加入を決定した旨が国連に寄託されてから90日を経て、発効します。51番目以降の国にあってはその批准ないし加入決定が寄託されてから90日を経てその締約国において発効します。

さて、日本政府はこのままではいられないわけです。採択報道後の記者会見で岸田外相は、核抑止力の有効性に加担するととれる旨の発言をしましたが、国内外のヒバクシャの、いまなおつづく身体的精神的苦悩の現実をまったく無視したものです。

同条約の採択に至るまで国連の核兵器禁止条約交渉会議の議長を務めた、エレン・ホワイト・ゴメス大使(コスタリカ)は、この条約成立によって世界は核兵器の全面廃絶に「一歩近づいた」と述べ、比較的小国の代表が積極的に同会議で採択に向けて関わってきたことから「世界は変わる」ことに言及し、さらに「被爆者が共有している経験は『人間の魂に触れる』ものだとしたうえで、今回の交渉が『理性と感情の協働』によって進められた」と述べました(国連広報センターサイトより)。

最後の部分だけ、原文を挙げて国際的なニュアンスをお伝えします(同前)。

She added that the hibakusha(注記:原文イタリック体),survivors of nuclear boms,have been the driving force in the creation of the nuclear weapons prohibition teraty. The experiences they have been sharing “touch the human soul”,she said,adding that the negotiations were a “combination of reason and heart”.

       ――――――――――――――――

 訃報 (17.7.18.)

日野原重明氏が、本日ご逝去されたとのこと。享年105歳。心よりご冥福をお祈り致します。

日野原氏も、下記の話題のつながりで申せば、自己自身と抱き合うことを上手に生かして、これまで生きてこられた方の一人ではないでしょうか。

 私学「サマーセミナー」に参加 (17.7.18.)

愛知私教連、父母懇、高校生実行委、アスクネットでつくるサマーセミナー実行委員会によるイベントが、7月14日〜17日まで同朋高校、同朋大学などを会場にして開かれました。

私は二日目の午前、同朋高校多目的ホールで行われた「大きな学力・波風体験」高校生弁論大会の審査員として、寺内実行委員長ほか3名の方と共に、聴き入りました。登壇者は15名(うち男性2名、女性13名)。運営進行は当会高校弁論部の生徒たち。

「弁論大会」ですから、観点別に採点し、その総計を基に最優秀1名、優秀4名までを選ぶのです。私は「それぞれに体験を語るのに採点して序列化する必要があるの?」と、主催者には話しましたが、最初からこういう形式を取ってきているようです。

一面では、あくまで弁論の発表にたいする評価と取ればいいのでしょうが、今後の課題ですね。

15名の発表はどれもリアルで、すばらしいものでした。審査員には予め発表原稿が届いているのですが、その原稿をそのまま読み上げる形の人、七分三分で原稿と聴衆を観ている人、予め練習したのでしょう、まったく原稿は見ないでしっかりと前を向いて語る人、それぞれに力が入っていました。

ほとんどの高校生がこれまでにも「高校生フェス」に参加し「実行委」「群舞」あるいは「案内係」活動などの体験を通して大きく成長した体験を語りました。

何人かは、自分で語る内に感極まって、しばらく沈黙したり、あるいは涙声になりながらもしっかりと最後まで発表しました。

登場した生徒たちのことを寺内義和氏はよく知っていて、ある「高校生フェス」のリーダーについては「鋼のようにしっかりしている」と高く評していましたが、その生徒さんが、学費問題に関わる切り口で語る内に、思わず涙してしまうシーンがありました。

これには、寺内氏をはじめこの生徒さんを知る皆さんが驚いていました。

私は全く知らない生徒さんなので、素直に聴き入りました。詳しくは避けますが、その論題のいちばん肝心なところ、つまり自分にとってどのような意味があるか、を語るところで感極まったのでした。

一種の純粋経験からくる感動ではないかと思います。外から押しつけられた価値観でもなく、借り物の意見でもなく、自分が、なまの自分の声として受け止めたこと、そのことを語ろうとしたときに、です。

それは文字通り、ピュアネスそのもので、壇上のその生徒を観ていて、そのひたむきさ、真剣さを素直に美しい姿だなと思いました。

実は同じことが大人の場面でもありました。同じ日の午後、「大人が語る『大きな学力・波風体験』」という会場に行きました。四人の母親が、子育てのこと、これまでにわが子の成長に伴う自身の葛藤や苦労を語りました。そのときも、感極まって、の場面がありました。

さらに、その発表を聴いての感想をフロアの方たちが順に語り出したときにも、特に、不登校で悩んでいる方、いまは学校に行き始めたがこの後どうなるかと心配している方など、率直な思いを語る中で、話者の声が止まりました。しばらく、みなさんじっと次の語り出しを待っていました。

これも、その話者自身の純粋経験との出会いが生み出す、輝きというか、新たに自分と出会い直しをした一瞬なのでしょう。

どの方も、わが子のことを叱るなり悪く言うことはないですし、「これからも信じたい」「あの子の成長を見守りたい」とおっしゃる、その時に感極まるのです。

それは、その子の伴走者であろうとしている自分を、自分が今・ここで、人前で語る中で承認した(承認できた)、そういう感動なのではないでしょうか。ですから、それは、悔しさや落胆の哀しみの涙はなく、自分で自分を抱きとめた、そういう感動の涙なのではないでしょうか。

俳人の金子兜太氏は、良い句は、対象と抱き合うときに生まれる、といいます。離れていてはダメだと。それを氏は「即物」と表しています。若い頃に読んだ西田幾多郎の『善の研究』の影響もあるようです。その説にヒントを得れば、伴走者であろうと日々心掛けながらそうなれない自分を責めている、その自己自身と丸ごと抱きあう。その瞬間に感動がわくのでしょう。

いまは人のことを語っているので、「即自」(文字通り、ありのままの自己に即する。)のほうがよりぴったりするでしょう。

私が長年関わってきた民間教育研究運動が、ともすれば「科学的に」「分析的に」あるいは「政策批判的に」という目線で理詰めで問題を抑えようとするうちにうしないかけているものが、この「サマーセミナー」にはあることを知りました。

       ――――――――――――――――

 ささやかなケア・テイキング(17.7.14.)

神戸のある私立学校でのいじめ事案の委員会は継続中です。そこへ、別件で、奈良県橿原市で起きた中学生女子の自死事件に絡んで、ある依頼があり、対応しました。

この事件はすでに第三者委の報告書も出ているものですが、遺族が同市長を相手に、訴訟を起こされ、その弁護団からこの事案の経過や問題のとらえ方について助言を求められたわけです。詳細は省きますが、弁護団のなかの複数の弁護士さんとお会いして、意見交換しました。

現職の頃より忙しいというか、ほぼ毎日、何かの用で出かけている感じで、このところピラティスのレッスンも延期しがち。

そのなかでも、私なりの休養というか、知的刺激を得るために、オフタイムの工夫をしています。
 1つは、ちょうどいま熱田神宮宝物館で、毎年神宮に奉納される刀剣と、特別出品の太刀や刀剣の展示が行われているので、名鉄神宮前で降りて、観に行ってきました。

奉納刀剣は、鍔を付け鞘に納める帯刀の形をとらないので、刀の柄(つか)の部分に穴が空いていません。実際に帯刀するための刀には、一箇所か二箇所穴が空いており、そこに特性の留め金で柄を固定します。

さすが各地の刀剣の鍛治師、研ぎ師が協力して仕上げたけに、工芸品としては一級品だと思います。刀のそり具合、刃にそって波打つ曇りのライン、さらに刀の峯にそって彫られた、そりと同じカーブのライン。そして、帽子といわれる剣先(あるいは切っ先)の見事な切り上げ方。

こういう技は、やはり日本の伝統的な刀剣技法の伝承でしょう。

さて、もう1つは、野村萬斎さん、河原崎國太郎さん、若村麻由美さんほかによる群読劇「子午線の祀り」を東京世田谷のシアターに観に行きます(夜の部を鑑賞)。木下順二作のあの名作です。

およそ10年前に前進座によるその群読劇を新宿の紀伊國屋劇場で観て、壇上でのまさに俳優たちの見事な群読に圧倒され、とりこになりました。

これは、ご存じのように、源平合戦の物語です。海上戦に強い平家が壇ノ浦で(戦船による海上戦にはあまり経験がない)源氏を追いつめ、勝ちは見えたりと思いきや、急に潮の流れが変わり、形勢は逆転。平家の戦船は次々と源氏に撃たれ、没していくのでした。

平家の知将、平知盛(嵐圭史さん)は、もはやこれまでと観念して「観るべきものは観たり!」と叫んで、みずから海へ。私はこのシーンが焼き付いて離れませんでした。

兄、宗盛に変わって軍団の指揮を執ることとなった知盛の緊張と葛藤、そして覚悟。一ノ谷合戦で義経の奇襲にあって、やむを得ず海上戦へ。はじめて武将としての自分に不安をいだき始める知盛。
 そうした、現代のリーダーにも通じるあらゆる要素を表現しながら、子午線のために潮流が逆になり、形勢不利となるという、人間では抗い難い自然の摂理によって、運命が決まる。それでもなお、その運命にただ負けるのではなく、最期までおのれの生き様を貫く。それが、上記の知盛の言葉です。

それを野村萬斎さんが演じるのです。どんな風に、知盛の武将らしい堂々とした姿と内面の葛藤を演じるのか、とても楽しみです。

       ――――――――――――――――

 約20年ぶりの再会:タイ人指導生と (17.7.7.)

前任校の教授時代に、国費留学教員研修制度をつかって愛知に来たタイ人の女性、Uさん(当時、タイの文部省職員)はその後、一転して、司法の勉強をして現在判事としてタイ中部の市で活躍しています。

このたび、タイ政府からの派遣で、裁判官30名が研修で東京に来て7月3日から8日まで滞在するので、先日、わたしのほうから東京に出向いて久しぶりに再会しました。

スケジュールが詰まっていて彼女のほうからは動けないので、5日なら浅草見物の後、夕方以降個人行動が取れるというのでそれに合わせて宿泊先の東京プリンスホテルロビーで会いました。いま50ウン歳という彼女は、いくぶん年齢の様子は出ていますが、印象は変わっていなくて元気でした。ロビーですぐわかりました。彼女からも「せんせい、まったく変わっていない」と言われると、お世辞とわかってもやはりうれしいもの。

そのホテルの1階にある和食「清水」で、ディナーを兼ねた定食を摂りました。彼女は牛肉が苦手というので魚定食風のもので。私だけが小さなビールと、冷酒をグラスに少し。彼女はグリーンティー。

日本語はまだ覚えていて、日本語・英語の織り交ぜた会話で話が弾んで、約3時間、そのテーブルで楽しいひとときを過ごしました。そのホテルは東京タワーのすぐそば(南側)にあり、部屋からもタワーがすぐ前に見える、と言います。彼女曰わく、「私と同じ年だから、タワーが大好き」と。

タイからのお土産もたくさん頂きました。スカイツリーにも昇ったそうで、金メッキの豪華なキーホルダーもそのお土産に。私からは、名古屋丸善で選んだのですが、前に判事としてのオフィスの画像を送ってくれていたので、桜の皮でまいたペン立てと、蒔絵風の携帯ミラーを贈りました。

前任校の研修修了後に数年してアフターフォローで短期研修で再び来たのでしたが、今度は判事の勉強を志していた、東京に行って最高裁判所などを見たい、というので案内し、銀座も同行して、本が見たいというので教文館にも案内した。それを今も良く覚えていたので、食事後に、じゃもう一度、とそこからタクシーで銀座に出向き、夜の銀座のネオン街をぶらりと歩いてきました。

私のジャンルからすると、並木通りなどに入ってしゃれたバーに、と行きたいところですが、全く飲めない彼女には気の毒なので止めました。

ホテルに戻ると、タワーのライトアップがきれい、というので、ホテルの北口通路から出るとすぐ目の前にそびえ立っているではありませんか。タワーをまじかに観るのは、高校の修学旅行以来ですし、ライトアップされたこれは初めて。いい機会になりました。

その翌日はつくばのJAXAなど見学があるようです。

私は、一泊した後、久しぶりに銀座に出て、紳士服専門店のMOTOKIに寄ってみたりした後に、銀座通りにある蕎麦屋「松玄 凜」という店で、その「凜そば」を頂きました。更科の打ち方ですが、コシがしっかりしていて、とても美味でした。

というわけで、再会の旅は終わりました。お昼の銀座の街をすこし外の目でみてしまったのでしたが、大勢の人びとが行き交うその姿は、さすが東京の名所ですが、それぞれにどこに向かうのでしょう、せわしない歩き方、早口のしゃべり方など、何か変わってきているなと感じました。

       ――――――――――――――――

全生研常任委員の辞任他(17.7.4.)

近況の続きになりますが、今度の常任委員会での人事案件で承認され、8月5〜7日の全生研第57回大会(福島大会)の総会で承認される予定ですが、長年従事してきた常任委員の職を辞することとなります。

事由の第一は、名古屋から約二時間かけて東京都内での会議に出てまた帰名するという活動スタイルがほんとうにきつくなったことです。

以前は、全生研の場合、常任委員は東京圏に限られていましたが、1980年代半ば頃に規約を改正して、東京およびその近郊から就任可能とされ、私も研究的な役割を主に担うとして常任委員に加えて頂きました。

その後、浅野誠氏の後を継いで、常任委員会代表に就き、計8年間、その任務を遂行しました。その間、集団づくりの定義から構想から再検討を提起し、「構造性から連帯性へ」という集団づくりの転換を提起して、常任委員会はもとより全国委員会、あるいはある支部での学習会などで、かなり批判を受けました。

「構造性」というのは、いわゆる「民主集中制」という民主主義的中央集権制とされるシステム原理のもとに構想される、という意味です。簡単に言えば、ツリー型の集団づくり。

「連帯性」とは、多様な言論を交流し合い合意形成を図るための民主的な関係性と組織性を合成していく組織構成論です。ネット交流・協働結集型の集団づくり。別名、参加民主主義的集団づくり。

「集団づくりの破壊だ」「あきらかな後退論だ」「仲間づくりへの回帰だ」と、全生研のリーダー層からの手厳しい批判があったのは事実。しかし、弁証法です。半面では、よくぞ提起してくれた、今までなかなか言い出せなかった、という声もあって、大会を経る事に全生研の集団づくりは、いっそう生活指導的な子ども集団思想と指導方法に発展してきています。

誤解の無いように申します。集団づくりを止めたのではないのです。それまでのツリー型集中制では、今の子どもたちの他者関係と合わないし、現に教師自身が職場づくりでできていない、あるいは難しい課題を教室で子どもたちには取り組ませる、という矛盾もあるし、集団づくりにリアリズムと参加民主主義の思想を、という転換の提起です。

それだけいっそう子どもの生活現実を見つめ、そのなかにある変革可能性を子どもと一緒に読み取るという視座を意識的に採らないとこの集団づくり方法論は進展して行きにくいでしょう。

事由の二つめは、オーソドックスな教育方法論派の一人であった私が、1994年の「大河内君事件」の調査を契機にしだいに学校社会・子ども集団の臨床的研究に傾斜し、現場の問題でとても忙しくなってきたことです。

しかも、十数年にわたる児童福祉分野でのケース審議にも加わってきましたので、子どもの虐待、貧困、学校での排除・いじめ、子どもの人格発達における負の課題、そして子どもと親、子どもと教師などの関係性のトータルな考察、など目の前の問題が総合的に、よりリアルに生起することと向き合ってきています。

さらには、不登校問題も従来に増して私の中で重く、大切なテーマになっています。こうして、学級や学校の外で実生活を送る子どもたちのその現実への関心と考察の課題がこのところ急増している。そういう実感です。

ともかく、これまで常任委員の時代には全生研内外の多くの皆様に、大変お世話になりました。頂いたご批判やご指摘には今後も向き合い、少しでも新しい生活指導・集団づくり論を提起できたら、と思います。

もちろん、全く身を引くわけではありません。今後は、全生研の公式任務の1つである「研究全国委員」として参画し、すぐにでもその委員の全国的ネットワークが始動していく情勢ですので、そういう場でまた私なりの役割を発揮していきます。

       ――――――――――――――――

 常設 2017 アップ情報一覧

 最近のメッセージ 保存  


 生活指導研究の新展開  


 生活指導・教育臨床  


 いじめを考える  


 新刊 わたしの書評  


 過去の論説 2005〜2015  


 折出健二 生活指導研究の仕事  


 折出健二のプロフィール