THANKS FOR YOUR COMING

Welcome

to Kenji's Home Page

ようこそ折出 健二(おりで けんじ)のホームページへ


◇◇ 2019 DECEMBER NEWS ◆◆

最終更新日:2019年12月13日

******************

お忙しい中、このつたないHPにお立ち寄りいただき、誠にありがとうございます。

子どもと教育、教師と学校、市民と政治、思想家と人生・社会論、そして作者の身辺出来事と小さな物語など、つれづれなるままにトピックを記事にしていくつもりです。もし、言い過ぎや事実誤認でお気づきでしたら、ご遠慮無く、ご教示ください。作者より。

作者についての略歴等は、下記の「ウィキペディア」記事に掲載されている情報でご覧ください。

 折出プロフィール  


このサイトの全ての文責及び著作権は、作成者・折出健二に帰属しております。無断の転用はご遠慮願います。
All Rights Reserved, Copyright (C) 2002, K.ORIDE
  

このレギュラー・ページ「TODAY'S MESSAGE」では、「最新の記事」から順に載せています。

レギュラー記事の以前のものは、このページの後半に掲載している「常設 2019」コーナーの「以前のメッセージ&情報」並びに「生活指導・教育臨床」「いじめを考える」「わたしの書評」「教育改革とわたしたちの研究・実践課題」にそれぞれテーマに応じて保存しております。
このホームページについて、なにかご感想・お気づきやご質問・お問い合わせがありましたら、「常設」の「プロフィール」コーナーにあるアドレスに送ってください。



   
TODAY'S MESSAGE:Current Topics

 12月 最新の記事タイトル 

「神戸市立高校・生徒飛び降り事案の調査報告」に関する説明(12月11日記者会見) (19.12.13.)

映画「ある少年の告白」を観ての感想 (19.12.2.)

早いもので今年も12月 (19.12.1.)

       ――――――――――――――――

 11月 最新の記事タイトル 

「ベルリンの壁崩壊」から30年 (19.11.10.)

「人工知能(AI)のわな」から抜け出す (19.11.9.)

11月6日の衆議院予算委員会(大学入試問題集中審議) (19.11.7.)

私学 「ビッグフェスティバル」に参加 (19.11.4.)

「首里城の火災」を思う(19.11.2.)

「現場主義」に学ぶべきではないか (19.11.1.)

       ――――――――――――――――

 10月 最新の記事タイトル 

「禅的考え方」にみる弁証法(19.10.29.)

「トスカーナの幸せレシピ」(イタリア映画)(19.10.27.)

1年単位変形労働制の導入を企図する給特法改正法案(その2)(19.10.24.)

「エビデンスに基づく教育」の閾を探る、という問題提起(19.10.23.)

1年単位変形労働制の導入を企図する給特法改正法案の閣議決定(19.10.21.)

神戸市の「小学校教諭 同僚いじめ」について (19.10.12.)

小学校6年間のラストラン (19.10.7.)

日本教育方法学会、全国大会(その2) (19.10.2.)

       ――――――――――――――――

「神戸市立高校・生徒飛び降り事案の調査報告」に関する説明(12月11日記者会見) (19.12.13.)

標記の調査委員会に委員長として参加し、今年の7月から約5か月(計15回)を経て調査結果をまとめて、同市の教育長に提出しました。その日の記者会見で委員長として説明した際のブリーフィング用原稿です。

調査報告書はA4で52頁ですが、そのコンパクトな「概要」が神戸市のサイトで12月11日付で公表されています。

一 本事案と調査目的・調査方法

本事案とは、2017年(平成29年)12月22日に神戸市立Q高等学校の第1学年男子生徒が校舎の5階から飛び降りて重体となった「転落事故」のことです。

委員会は、文部科学省「学校事故対応に関する指針」(平成28年3月)に基づき、「事実関係の確認のみならず、事故に至る過程を丁寧に探り、事故が発生した原因を解明するとともに、事後的に行われた対応についても確認し、それによって再発防止策を打ち立てることを目指す」ことを目的として、2019年(令和元年)7月16日に活動を開始しました。

7月16日から12月11日(本日)まで、計15回にわたり委員会を開催し、関係者からの聴き取りの実施、本事案の事実認定・構図・問題性に関する分析等を行い、これらを踏まえて提言をまとめました。

委員会は、委員会に提出された教育委員会作成の資料の精査、学校関係者等の聴き取りの実施を主たる方法として調査を実施しました。聴き取りを実施したのは、書面・メールで回答のあった人を合わせて計22名です。

二 事実経過
 

神戸市立Q高校で、同じクラスの生徒間で、ある生徒を動物に例える悪口のあだ名で呼んでいること、およびTwitterの「なりすまし」が発覚し、その関係する生徒らを、いじめ加害の疑いで指導するに至りました。平成29年12月のことです。

そのいじめ対応の方針自体は妥当でしたが、生徒らを個別に別室に呼び出して、本事案の飛び降りの当事者であり申立人である生徒Aに対して、2日間にわたり、全く授業をうけさせず、延べ16時間にわたって隔離して指導が行われました。その過程で、生徒Aらに弁明の機会はなく、指導に当たった教員から、生徒Aが「退学になるかもしれない」と受け止めざるを得ない発言が繰り返しなされました。

12月21日、1日目の指導後、帰宅した生徒Aは、遺書を書き、別室指導を受けた別の生徒に対し「大丈夫。退学になったら死ぬ予定だから」等の言葉を LINEで送りました。

12月22日、この日も生徒A、B、Cに対する別室指導が行われ、生徒Aに対する別室指導は朝8時、登校してすぐにカウンセリングルームへ移動して16時45分頃まで行われました。17時頃、指導していた教員がカウンセリングルームを離れた間に生徒Aが校舎の5階の窓より転落しました。

三 本事案における問題の分析と考察

○1 教育システムおよび生徒の人権保護等の観点からの考察
(1)本事案の教育(生徒指導)システムの特質
別室指導で申立人に対し、計16時間にわたってカウンセリングルームの1室に1人隔離し、自由に出入りすることができないように監視しながら、執拗に自認や反省を求め、反省文を書かせる等の指導が行われました。

(2)生徒の人権保護から見る本事案の指導の問題点
別室指導が必要だったとしても、個人の尊厳もしくは学習権保障の観点からすると、必要最小限とすべきであり、2日間計16時間の別室指導が必要だったとは考えにくい。

○2 本事案に対応する経過での教員−生徒関係における問題点
指導に際しては、加害者である生徒本人の罪悪感を問いただし、自認して反省するだろうという方向づけがあらかじめ決められ、別室指導においては、申立人たちに言外に含ませたいじめ行為を認めさせる指導になった可能性が高い。

○3 本事案における「いじめ」の認定の仕方とその指導の問題点
(1)本事案の「いじめ」の捉え方
(a)特定の生徒を動物に例える悪口のあだなで呼ぶことは、いじめに当たると考えられるが(b)同級生になりすましてのTwitter上でのつぶやきは、相手の生徒からTwitterで罵倒されたことに対する仕返しとしてなされたものであり、これを「いじめ」と断定することはできず、生徒Aに対して「いじめ」と決め打ちした指導が行われたことは、いじめの認定の仕方自体が問題を抱えているといわなければなりません。

(2)いじめ把握の手順等について
この高校で行われたいじめ対応の手順、方法については、@いじめの事実関係の把握・確認と、加害者とされる生徒への人権教育的な指導が混在している、A被害生徒の抱えていた精神的不調の原因が、ほとんど解明されていないという問題が認められます。

(3)本事案における別室指導
本事案では年次指導(学年指導)のもとで、生徒を退学、謹慎といった処分に付すことはできないし、指導の場面で、そのような可能性のあることを生徒に暗示することも不適切であるということになります。

○4 申立人の精神的状態についての臨床的考察
(1)「転落事故」以前の状態
生徒Aは勉強、スポーツ、部活動などを過不足なくこなしており、転落事故」日以前に自死念慮が強く出現するほどの抑鬱状態にあったことは考え難い。

(2)指導1日目の状態
12月21日の遺書を書いたことから生徒Aの深刻な動揺が読み取れますが、同時に、退学処分を避けられることの期待をしていたことを示す記載もあり、遺書は、あくまでも退学処分が決まったら自殺を決行しようとするためのものであったと考えられます。

(3)指導2日目の状態
12月22日の指導では、前日より厳しい口調で自認を促したことが推測され、このような指導のもとで、生徒Aは、避けられると期待していた退学が確定的になったと認識するに至りました。

四 結論:生徒の「飛び降り」自死未遂の諸要因

委員会は、申立人=生徒Aがこの高校にはもうおれなくなるかもしれないと思うほどに、別室指導で「年次で終わらない」等の一連の不適切な発言があったことが問題であると判断しました。

12月22日午後5時頃に発生した申立人の「飛び降り」は、同校で学べる可能性が閉ざされたと思わされたこと、頼りにしていた担任教員らの期待を裏切ったと決めつけられたことが主な要因となって、自死を決行(校舎5階の腰高窓から約15メートル落下)したものと判断できます。

生徒指導の面から見ると、本事案が学校教育に投げかけている点を見おとすことはできません。すなわち、対話なき一方的指導に対する問題提起が含まれていると考えられます。その意味で一高等学校での、一人の生徒の「転落事故」という個別の案件にとどめてはならず、他の高校での別室指導並びにいじめ対応においても再考をうながす事案といえます。

五 再発防止のための提言

委員会は、今後の再発防止のために、以下の諸点を提言します。

1 生徒理解の基本的課題および保護者への対応

(1)生徒が自らの実感のある言葉で語る関係づくり
教員が彼らの自己理解を援助するには、1人で作文を書かせるだけではなく、信頼関係に基づいた対話のやりとりの中で何が起こったかじっくりと吟味・確認し、自分自身の実感のある言葉で語れるようになるように促進することが大切です。

(2)保護者は生徒理解の「協力者」
保護者には生徒理解についての「協力者」となってもらうことが肝心です。

2 これからの生徒指導のあり方と生徒理解のために
(1)事実関係に向き合う「問い」のある指導言
「毅然とした指導」は一方的な追及に陥りやすいが、一方的な追及の言葉ではなく、むしろ事実関係を見つめさせる「問い」の提出こそ優れた指導力となることを提言します。

(2)教育委員会の助言・指導のあり方
教育委員会としては、いじめ事案の発覚の報告を受けたときに、加害とされる生徒本人の自認を急ぐあまりに教員が詰問あるいは威圧的態度になるのを防ぐための適切なアドバイスを行うことなど、助言と指導の責務を果たすように要望したいと思います。

3 生徒の権利保障と生徒指導体制
(1)別室指導は生徒の学習権および人格権に十分に配慮すること
別室指導(事実上の懲戒処分としてなされるもの)は、生徒の学習権を奪い、個人の尊厳としての名誉を侵害する危険を有しています。
指導に当たっては、原則として事前に管理職に対して報告行った上で承認を得ること、緊急性がある場合も指導後速やかに報告すること等を踏まえた具体的な規範を作成し、教育委員会においても上記の視点を踏まえた指導を行うよう求めます。

(2)スクールロイヤーの活用
「スクールロイヤー」の活用が大事な課題となる中、神戸市はすでに「学校法務専門官」制度を導入しており、生徒の権利保障の観点に立った推進を求めます。

(3)学校以外に相談できる第三者機関の設置
子どもや学校の問題を扱う公的な第三者的な機関が関係調整を担うことができれば、学校の負担軽減のためにも、子どもの権利保障のためにも非常に役立つと考えられます。全国には自治体が常設の第三者機関を設置している例が見られ、神戸市においても、同種の第三者機関の設置を検討するよう求めます。

4 いじめ問題への対応

(1)加害を認識しにくい「いじめ」への対応
いじめが一方的に行われているとは限らないことが本事案でも確認されており、いじめ事案を把握した場合、十分な時間をかけて生徒の加害認識の醸成を図る必要があります。

(2)加害生徒と認定されることのトラウマ
その場合、いじめ加害生徒と認定されることのトラウマについての配慮も重視されるべきです。いじめの加害者と認定され、レッテルを貼られることは、多感な思春期の生徒にとっては破局的なトラウマになりかねません。
別室指導については、本事案を契機に指導のあり方を見直し、学校関係者以外の視点を入れ、指導を受ける生徒のトラウマに配慮した指導のガイドラインを策定するべきです。

(3)SNS等にみるいじめ問題の特質とその対応
匿名性の高いSNS上のいじめについては特に慎重に行われるべきだが、いじめの事実が確認された場合、加害者に対して教育すべきことは威圧的な自認の強要ないしは恫喝ではなく、いじめが許されないものであることについての粘り強い指導が必要です。

5 自死予防の観点からみる改善すべき課題

(1)児童生徒の自死の原因・動機
生徒Aは生徒指導を起因とし、退学になると確信したことが自死の決行の原因・動機となっている。高校生の自死に関する統計からも、指導が死の原因・動機となりうることを認識する必要があります。

(2)自死に至る生徒の心理
思春期は、人生経験が少ないため困難に遭遇すると多様な考え方、対処行動を獲得してないため、心理的視野狭窄に陥りやすく、自死をはじめとする極端な行動を取りかねないことに留意する必要があります。
したがって、生徒を心理的に追い込むことの危険性についての認識が求められています。

(3)生徒のSOSを受け止める
生徒のSOSの出し方の教育を推進する一方で、そのSOSを受け止め実効性のある対応を可能とする体制づくりが必要です。

       ――――――――――――――――

映画「ある少年の告白」を観ての感想 (19.12.2.)

この作品の原題は「Boy Erased」で、2018年、アメリカで制作。実話が基になっている。
物語は、19歳の大学生ジャレッドがゲイであることから、家から出され、矯正教育のための施設に通うことになる。その施設で起きたことが本作の中心テーマになっている。

彼の家庭は、父親(ラッセル・クロウ)がバプティスト教会の牧師で、男女の関係をつくり新たな命を授かってこそ神に仕える務め果たしたことになるという保守的な考えの持ち主で、母親(ニコール・キッドマン)も夫の信条や指示に従う貞淑な女性であった。

学生寮で、あることからジャレッドは同じ寮の男子学生によって無理やり性交に至ってしまった。その相手の学生がその行為を口外されないために彼の父親に「カウンセラー」を騙ってジャレッドがゲイであることを知らせ、これを知った父親が牧師の長老に相談して、その教会のつながりのある矯正施設に息子を通わせることになった。

息子は母親とともにホテル住まいでその施設に通ったが、その施設長(ジョエル・エドガートン。本作の監督であり出演者。オーストラリア出身)による人権無視の矯正という名のハラスメント繰り返し受けるうちに、ついに、ジャレッドは施設長とぶつかり、そこを出て行った。
父親は反発し彼を非難するが、彼は、施設であったことを新聞に投稿し、母親もこれを認めた。母親自身が、ジャレッドの行動によって、自分も夫の言いなりに生きてきたことを知らされたからである。

これ以上の詳しい解説は、映画評論家の下記のサイトが参考になる。

 「ある少年の告白」を読み開く 


この作品は、アメリカでも衝撃を与えたらしい。1つには、LGBTのマイノリティに対するアメリカ社会の保守性がくっきりと出ていること。2つめに、19歳の学生を演じる若手俳優の演技がリアルで、迷いながらもやはり自分のこころ、人間性を外から変えられたくないと勇気ある行動をおこし、「僕はゲイであることに変わりない。僕を失いたくないというならお父さんの方が変わってほしい」という父親への訴えに、真に迫るものがあるから。

3つめに、父・母をベテランの俳優が演じて、いろいろ対立はするが、息子の気持ちと向き合おうとする保守的家庭の誠実な両親の生き方を見事に演じていること。
日本には日本での保守性があり、性的なマイノリティに対する家族や社会の理解はまだまだこれからだと思う。

それにしても、この監督はみずから矯正施設長を演じ、「ゲイであることは罪だと認めます」と言え、と入所している若者たち強迫する場面などは実にリアル。

祈りの言葉「アーメン」」が、そのような強制の言葉にもなり得ることを知って、信仰とは何か、宗教とは何か、宗派の信条のために息子の人間性までも矯正するというそのアメリカ社会に根付く保守性とは何か、をあれこれ考えさせられました。

       ――――――――――――――――

早いもので今年も12月 (19.12.1.)

実際は11月30日書いていますが、明日から12月。早いものです。このページも、約3週間、空いてしまいました。いつも読んでくださっている方には失礼しました。

1つには、神戸市立高校の生徒「飛び降り」の事案で7月から調査委員会の委員長を務めており、その委員会を月に2〜3回開いており、名古屋と新神戸を行き来する連続でした。いよいよ12月初めに教育長に報告書を提出というところまで来ました。

2つめに、その報告書案の作成まとめを委員長としてやってきまして、長時間マウスをもって文章作りや修正作業をしたせいか、右肩から肘、手首、指までが痛くて、腱鞘炎に近い状態で少し調子が悪かったせいもあります。
近くの整体院に行ったりしましたが、やはり自分で肩をほぐすしかないので、いつも行くジムで、ダンベルをもって肩の運動をしたり、バーを引き下げたり上げたりするマシンの運動などをかなり意識してやってきました。いまはだいぶん回復しました。
ひどい時は右手でボールペンがしっかりと握れないほどでしたから。

3つめに、そんな中気分転換を兼ねて、連れ合いと、JR東海の「プラス50」のツアー企画で、飯田線秘境駅をめぐる旅に行ってきました。特別に仕立てた急行列車で、順に10個の駅に停まっては降りて景色を観たり、すぐそばを流れる天竜川を眺めたりして、なかなか来れない奥深い山地の駅の紅葉を堪能しました。
阿智川沿いの温泉ホテルに泊まりました。
元善光寺参拝、リンゴ狩りなど、良い経験でした。
2日目の昼食は、鹿塩温泉という、これまた山奥の温泉地にある山塩旅館で「天然しし鍋」をいただきました。隆起現象で地下深くに海水を含んだ水路があり、その水を汲んで処理して造った純粋の山塩です。

4つめに、「大河内君事件」から25年目を迎え、共同通信社と中日新聞社から取材を受け、いずれも11月27日付の紙面で父親の大河内さんのインタビューと共に私の話も掲載されました。
その関連で、あいち民研の会員通信に、25年の節目を迎えた所感を「巻頭言」に書きました。

そのほかにもいろいろあって、その都度取り組んできてあっと気が付いたら、もう12月。これが正直な気持ちです。
年内は、新幹線車内で殺人を犯した20代の男の公判が今開かれていて判決が18日に予定されており、それを受けて、東京新聞の記者から取材を受けます。
12月下旬に、奈良教育大学附属小学校の校内研究会に講師として行きます。来年の2月に、同校が公開研究会をおこなう、その前段の校内の活動です。

年の最後まで、いろいろと仕事が控えています。風邪をひかないように乗り切っていきたいものです。皆様もお元気で。

       ――――――――――――――――

「ベルリンの壁崩壊」から30年 (19.11.10.)

昨日、11月9日は、1989年11月9日に「ベルリンの壁」が崩壊してから30年目を迎えた日でした。思えば敗戦国ドイツは1949年に連合国の東西対立を背景に、ドイツ民主共和国(東ドイツ。社会主義国としてソ連による東陣営に。)とドイツ連邦共和国(西ドイツ。アメリカ等の西陣営に。)に分断され、60年代初めに、それまで自由に行き来ができたことで東ドイツ国民が西ベルリンを通って西ドイツ側に移住する人があまりにも膨大な数に達して体制の危機から、西ベルリンとの境界に壁をつくったのが始まりでした。

前任の愛教大の助教授時代に、藤井敏彦氏(当時、広島大学教授、西洋教育思想史専攻)を代表とする西欧視察旅行が企画され、これに参加してドイツにも行きました。それは、西洋教育思想史に登場したペスタロッチ、フレーベル、マカレンコなどの活躍した国々を視察し、現地で教育史の関係者を訪問したり、思想家たちの記念館視察をする目的のものでした。

藤井先生に関わりのある保育者、教育研究者、現職教員など18名の旅行団でした。

今から思えば「壁崩壊」(ドイツ語で Mauerfall)の3年くらい前であったと思います。東ドイツでフレーベルのふるさと、中核都市・ライプチッヒ、フンボルト大学などを視察して、いよいよ西ベルリンに入る時、「壁」の検問所で私たちのバスは長時間にわたる検問を受けました。若い兵士が車内に入ってきて全員のパスポートを集め、検問所に戻り、それからの時間が長かった。

そしてやっと西ベルリンに入った途端、別世界を実感しました。夕方近くで、街に高層ビルは建ち、ネオンは輝き、人通りも車も活気を帯びていました。
前泊した東ベルリン市内のホテルで、数名で飲みに出たつもりが、確か夜8時ごろでしたが街の灯は消えて道路の街灯があるだけ。やっと1軒、喫茶風の店に入ったのを覚えています。

話を戻して、あれから30年。NHKの報道でも、東西の経済格差は今なお残っているし、旧東ドイツの市民からすると、自分たちの生活の厳しさを放置して移民政策に多額を投じる現政権には強い不満があり、元のドイツ復権を掲げる右派に共感するようです。自由は手に入れたが、経済的・文化的に本当に豊かになったのか。そういう疑問がずっと続いているようです。

しかも、「東西ドイツの統一」とはいっても、東ドイツが西側に編入された経緯から、旧東ドイツ市民が「二流市民」のようにみられるなど、現状は厳しい。30年目を記念するドイツ現地の集会で現大統領が、政治的な「新たな壁」がある、これを変えるのは私たち以外にはいない、と演説で述べられたほど国内の事情は深い矛盾があります。

理想と現実の違い。これはどの社会でも避けられない宿命なのでしょうか。それとも解決の鍵があるのでしょうか。

       ――――――――――――――――

「人工知能(AI)のわな」から抜け出す (19.11.9.)

『朝日新聞』11月7日付朝刊(名古屋本社版)「オピニオン&フォーラム」欄で、来日したアメリカの数学者・データサイエンティストのキャシー・オニールさん(数学博士)にインタビューしています。

そのテーマが「どうしたら『AIのわな』から抜け出せるか」です。

私なりの要約です。1つには、「成功に導くパターンをデータ分析によって探すのがAI」で、「その『成功』を誰が定義するか」がとても大事だということ(「 」内はオニール博士の言葉。以下、同じ)。

オニール博士は、彼女と息子にとって夕食の「成功」は何かというわかりやすい例を出していますが、学生の将来行動予測データを使う企業の見る「成功」と学生のそれとでは違いがあります。「何をもって成功とするか」は言い換えれば、「誰が、AIのアルゴリズム(数式)を支配しているかが問題」だということです。

2つめに、AIのいわゆる「客観性」のもつ落とし穴を知ること。例えば、肥満を恥と思う人がダイエット商品を求めるとか、老化に悩む人が美容商品を求めるなどの、個人事情の「プロセスを自動化」するのがAIだ、とオニール博士は言います。

本人の気付かないところまでAIは様々な消費行動や動機らしきことをデータ化して本人の過去のプロファイルをつくります。そのデータが使われ本人が不利益を受けることが起き得る社会になってきています。

オニール博士は、「性別や年齢などによる差別や偏見を増幅するアルゴリズムを使っていないかどうか。統計的に証明する責任を、企業に負わせる責任がある」と指摘しています。

3つめに、「AIに英知はありません。『何が正しいのか』は、AIが決して触れられない領域なのです」ということ。AIのアルゴリズム自体が(成功比率のためだから)効率優先の原理。社会の形成のためにそのAI機能をどう使うのかは、結局、政治の判断力。

「AIをつくるのは人間であり、その価値観が反映されます。人間であれば責任を問うことができますが、AIは単なるプログラムのコードです」と、オニール博士は述べ、「権利を主張して疑問を突きつけていかねばなりません」と結んでいます。

結論:彼女も言うように、数学に怖気ずくことなくシステムを妄信せずに、人間らしく、(いろいろの矛盾を抱えていても)一人の市民であること、考える主体であることに自信をもって、その功罪を含めてAIと向き合うことが大事だということです。

       ――――――――――――――――

11月6日の衆議院予算委員会(大学入試問題集中審議) (19.11.7.)

国会で標記の委員会が昨日開かれており、TV中継を観ました。これが今の国会の実態なのか、と非常に残念でした。

1つは、野党(立憲民主)の質問に対して萩生田文科大臣も用意したメモを読み上げることが多く、きちんと問題と向き合っているとは思えないこと。2つめに、大学共通テストへの英語・民間試験導入は、安倍氏が議長を務める教育再生実行会議の提案であること(2013年)を指摘されても、安倍首相はまともに説明をしないこと。

3つめに、獣医学部新設に係る経過で当時、萩生田氏がしゃべったことが「萩生田ペーパー」として存在することに対して野党議員がそのメモは誰が書いたのかを問いただす中で、安倍首相が自席からその質問議員を指さす形で何かを言っていて(マイクには入りにくかった)、それは同議員によれば「あんたが書いたんではないか」という発言であったこと。

同議員は「質問者への侮辱だ。謝罪してほしい」と抗議して、一時中断。理事が委員長席に集まるも委員長は速記を止める指示をせずに質問時間が食われて行くまま。これにも野党議員は抗議して、後で理事会で対処するとなったが、意図的に時間を消費させていたのは観ていてわかりました。

安倍首相は答弁に立ちましたが、そのメモは誰でも書きうるから、議員のあなたも書く可能性があるよという意味で言ったのだと、(文科省内で見つかったメモであるのに)まったくわけのわからない発言でした。

委員長は、一時中断しても速記中止を指示せず、安倍首相にもすぐに応答を求めず、はぐらかしに加担していました。議長の権限次第で議事運営が左右される。これは、子どもの自治的集団の指導でも学級討議の指導で、ていねいに子どもにわからせる必要あり。そう思わせる実例の場面でした。

大学入試への民間企業の参入というシナリオが上記の実行会議でつくられ、これを突き進むために安倍首相の意図を汲んで動いてくれる萩生田氏を文科大臣に任命したが、「身の丈」発言で、いままであまりこの入試方法のことを知らなかった国民にも、却って何が問題なのかが分かり、「受験生への差別だ」「受験生を苦しめるな」の世論が湧きおこり、ついに今年4月からの導入は「延期」となりました。

「中止」ではないわけで、そこまでしてもこの民間参入をやらねばならない理由が与党、特に安倍首相の側近たちにはあるからでしょう。「中止」をすればこの民間試験のために投資をしてきた企業からおおきな反発が予想され、政権も見放されるからでしょう。

他方、国語・数学の記述式入試導入は、予定通りおこなうとの文科大臣答弁。50万人近くが新共通テストを受験しその採点に対して、採点の質を落とすことなく正解に至る論理の理解をもって採点に当たることが保障されるのかの問題や、採点に当たって学生アルバイトを使う可能性ありとのベネッセのコメントを引用しながら、それはその通りなのか、の質問に対して、文科大臣は「採点は公平に行うように国が指導する」「様々な属性の方が採点に当たることになる」と答え、学生アルバイトを否定しませんでした。

これほどに、いまや、大学入試は公正な選抜試験としての要件を失いつつあるといえます。

それを表向きは「新しい入試制度」としながらも、民間参入の機会を拡大する手段・好機として使うことは、与党の高等教育政策自体の破綻の証ともいえます。

       ――――――――――――――――

私学 「ビッグフェスティバル」に参加 (19.11.4.)

3日、愛・地球博記念講演で、恒例のビッグフェスティバルが開かれ、午後の企画の際に大村秀章愛知県知事が来場されるので会長もぜひ、との要請で参加してきました。2時過ぎに会場に到着し、高校生のスピーチ、合唱、そして800名くらいの規模の大群舞(ハイテンポの曲によるダンス)を見ました。ステージ前では、二つの高校のブラスバンドの演奏がありました。

3時ごろに大村氏登場で、彼は一緒に高校生たちのパフォーマを一番前の席で観た後、ステージあがってあいさつ。かなり高揚した感じで言葉を選びながら、高校生たちの姿に感動し、お金の心配なく高校を選び希望に向かって前進してほしい、そのために力を尽くす、と決意も込めたスピーチをしてくださった。

その後、複数校のチアリーダーたちが長い人垣をつくりその中を大村知事が生徒たちとハイタッチしながら、通って、公用車に乗り込みました。

乗る前に私も「愛知父母懇の会長です」といって、握手しました。

会場はずっと曇りの状態で、雨模様にも見えましたが、気温が下がっていて肌寒い感じであったものの、どうにか持ちました。

       ――――――――――――――――

「首里城の火災」を思う(19.11.2.)

既報の通り、10月31日の深夜に発生した首里城の火災で、正殿・北殿・南殿が焼失しました。ほんとうに残念です。沖縄旅行のたびに首里城には行って、正殿の中も観てきましたので。

沖縄の方々は「アイデンティティの拠り所」(玉城デニー知事、11月1日)を失い、悲しみは深いと思います。31日朝のTVニュースで、まだ火が燃えあがっている無残な姿を遠くからじっと見つめながら、涙を浮かべて手を合わせている若い女性の姿が映し出されました。印象的でした。

時間はかかっても、沖縄県民のこころを取りもどすためにも、立派に再建されることを切に望みます。

       ――――――――――――――――

「現場主義」に学ぶべきではないか (19.11.1.)

NHKラジオ第一「マイあさ!」の時事問題コーナーで、野原明氏(元NHK解説員で、文化学園大学名誉教授、日本教育文化研究所所長)が、「教員志望者の減少」について解説しました。

その要旨は、だいたい以下のようなことです。

(ア)現在の学校現場が多忙化をきわめ、教員志望者にとっては「労働条件の劣悪さ」「教職=ブラック職業」と見られている。(イ)厚労省の調査でも、残業時間の上限の基準とされる労働時間(月80時間)を超えている割合が、小学校で33.4%、中学校では57.7%に上ると言われる。

(ウ)文科省は、「1年単位変形労働時間制」の導入を図ろうとするが、教員の働き方改革を審議した審議会の答申では、「繁忙期」にあたる時期の労働時間の上限を守る具体策なし、であった。また、教員に時間外手当を支給しない代わりに講じられている「教職調整額」の見直しについて踏み込まないままであった。

こうしたなかで、(エ)教員採用試験の競争倍率は、全国平均でみると小学校で2.8倍、中学校で5.5倍と、格段に倍率が下がっている。これまで、国が、長期的な教員採用政策を策定してこなかったのが原因である。

注記:当初「年間360時間」は「月80時間」の取り違えでした。訂正してお詫びします。

その一方で、(オ)学習指導要領の改定でいっそう教員の高い資質が求められているが、「教員が疲弊しない勤務条件」とは何かをもっと明らかにしていく必要がある。

NHK番組での解説らしく、全体像をおさえ、何が問題かというポイントも要点を述べるなど、うまくまとめていますが、中教審の審議会の言葉は引用されても、現場で仕事をする教師の声がまったく引用されていないことが気になりました。

先日亡くなられた緒形貞子さんが終始一貫してとった「現場主義」。現地に出向き現地の人々の声を聴き、最も有効な打開策を国連として打ち出すことに徹した、といわれます。それと同じ「現場主義」で「教員の働き方改革」を追求することが国の文部行政の姿勢としてあれば、事は、もっと具体的に教員に希望を与えるものとなります。

新たな大学入試制度(大学入学共通テスト)で英語の検定試験(民間試験)導入に際して文科大臣の「身の丈」発言が飛び出して紛糾していますが、今朝のニュースでは、民間試験の来年度導入が見送られることになったそうです。当然のことと言えます。これも受験生や高校教員などの声を聴く「現場主義」に反する、机上の改革策優先できたことの結果といえます。

       ――――――――――――――――

「禅的考え方」にみる弁証法(19.10.29.)

先週頃から、愛知父母懇が今力を入れている「オータムフェス」(私学助成に関して県民の幅広い関心と連帯をつくる秋のイベント)が県下各会場で開かれています。私も会長として、知多南部の「フェス」の式典に参加しました。

そのとき、電車での移動の時間がかなりあるので何か読み物をと、乗車駅の構内売店で、枡野俊明(ますの・しゅんみょう)『人生を整える禅的考え方』大和書房(文庫)を買って、読みました。著者は、曹洞宗建功寺住職、66歳。10月半ばに発刊されたばかりの新刊であったことと、禅には興味があったからです。

いろいろと今仕事が並行している中、3日くらいで読み終えましたが、学ぶことが多くありました。特に「禅的考え方」には弁証法と相通じるものの見方・考え方が多い、と感じます。
あの西田幾多郎も禅の道に入ったそうで、あれほど弁証法の世界を掘り下げた著名な哲学者もそうであったかと、うなずける感じです。

枡野氏の著書を読んでいくと、道元の言葉がよく出てきます。

例えば、「放てば手に満てり」。「放すことは失うことではない。それどころか、放したことでほんとうに大事なもの、ずっとすばらしいものが得られる」(同書、50頁)の意味だそうです。ここには「否定の中に肯定を見る」の、ヘーゲルの大論理学に出てくる言葉と(この話題だけで言えば)全く同じ観点が述べられています。

その反対は、全くの私見ですが、「縛れば手元より逃げる」でしょうか。道元はそこまでは言わなかったでしょうが、自分の手元に置いておきたい、あるいは自分の思うように動かしたいと束縛すればするほど相手は逃げていきます。

ここで、少し脱線。昨日の「生徒指導論」で、私が編者となった『生活指導改訂版』(学文社)の第4章「学びの共同性」をあつかったときのこと。この章は庄井良信さんがヴィゴツキーの共同論をベースにうまくまとめているものなのですが、そこで「外言と内言の関係」を私が話しながら、「今つきあっている異性に対して、矢継ぎ早にこちらの欲することを伝えても伝わらない、相手が内言を使って考える『間』をおくことが良いお付き合いの秘訣だよ」と話しました。

ちょうど今上に書いた、「縛れば手元より逃げる」と同じことを話したわけです。すると聴いていたある女子学生が「ためになる!」と。

肝心の「学び論」ではなく、恋愛セミナー的な脱線話でこんなにも「肯定的な」評価を学生から受けるとは・・・・・(笑)。
「まぁ、授業とはそういう者だと受け止めなさい」と、こう道元禅師ならおっしゃるところでしょう。

さて、話を戻して、もう1つ道元の言葉です。

「前後際断」(ぜんごさいだん)。道元は『正法眼蔵』の中で、生と死を、薪と灰に例えて述べました。

薪は燃えて灰になる。薪は灰の「前の姿」であり、灰は薪の「後の姿」であるから、それぞれつながっていると見る。

しかし、道元によれば、「薪は薪で絶対の姿であり、灰は灰で絶対の姿である。両者はつながっているように見えるが、それぞれ切り離されている(際断)」(同書、64頁)。したがって、「生の姿であるときは『生ききる』、そして、死の姿になったら『死にきる』。それぞれをまっとうする」(65頁)というのが道元の語る生死観です。

禅的考え方にある「いま・ここで、この居場所で集中する」の考え方、ひたすら生きて、そうして死を受け入れるという考え方。なかなか凡人にはそういう境地にはいけそうにありません。

しかし、煩悩多き凡人であっても、「放てば手に満てり」を参考に、悩むときは悩み、いつまでもそれを引きずらないで(そこにおいておくことで「放つ」)、「いま・ここで」やるべきことに集中する、そういう自覚的な生き方にギアをチェンジすれば、十分に充実した人生が営めるのではないでしょうか。

       ――――――――――――――――

「トスカーナの幸せレシピ」(イタリア映画)(19.10.27.)

昨日、26日から名演小劇場(名古屋市、錦通東新町)で「トスカーナの幸せレシピ」というイタリア映画が上映されています。
昨夜は、その上映公開を記念して、映画を観た後に、同じ障害診断をうけた息子さんを育ててきた堀田あけみさん(作家、椙山女学園大教員)と、辻井正次さん(中京大教員)、新井在慶さん(映画の主人公とほぼ同じ青年の実際に支援してきているSSWer)のトークも行われました。
名古屋の同映画上映配給の担当者から招待されて参加してきました。

この映画のあらすじは、同作品サイトによれば、以下の通りです(URL=http://meien.movie.coocan.jp/movie/Tuscany/Tuscany.html)。

イタリア映画らしく、明るく、ユーモアも織り込んでいますが、自閉症の青年と、怒りっぽい名シェフとの(どこにでもありそうなぶつかり合いを経て生まれる)人間的な交流が、今の私たちに失いがちなものを蘇らせるヒントを描いてくれます。

*****ココカラ******
海外の超一流店で料理の腕を磨き、開業したレストランも成功させた人気シェフのアルトゥーロ(ヴィニーチョ・マルキオーニ)。しかし、共同経営者に店の権利を奪われたことで暴力事件を起こし、順風満帆だった人生から転落。
地位も名誉も信頼も失った彼は、社会奉仕活動を命じられ、自立支援施設「サン・ドナート園」でアスペルガー症候群の若者たちに料理を教えることになった。 無邪気な生徒たちと、少々荒っぽい気質の料理人の間には、初日からギクシャクした空気が流れる。
だがそんな生徒のなかに、ほんの少し味見をしただけで食材やスパイスを完璧に言い当てられる「絶対味覚」を持つ天才青年グイド(ルイジ・フェデーレ)がいた。
祖父母に育てられたグイドが料理人として自立できれば、家族も安心するだろうと考えた施設で働く自立支援者のアンナ(ヴァレリア・ソラリーノ)の後押しもあり、グイドは「若手料理人コンテスト」へ出場することになった。アルトゥーロを運転手にして、グイドは祖父母のオンボロ自動車に乗り込み、コンテストが開催されるトスカーナまでの奇妙な二人旅が始まる。
*****ココマデ*********

上映時間は1時間半。イタリアの名優や若手俳優たちのナチュラルな演技で観ている人を惹きつけ、全体を流れる明るさ・やさしさが、とてもいいです。

学校の教室が同じようなトーンになるとはいえないけれど、頑固者のこのシェフがグイドをしだいに受け入れていく、そういう優しさ・許容力は、今、わたしたちに必要だなと。(※教員同士もそれがあれば、神戸のあの小学校ようなことは起こらなかったでしょうに)

疲れて何もしたくない気分の時、どうにでもなれ、と言いたくなりそうなとき、もしお時間があれば、どうぞ。そうでないときでも、自閉症の人とどう向き合えばいいのかを少しでも知りたい方は、どうぞ。

以上、自閉症をテーマにした最新映画の紹介でした。
  

       ――――――――――――――――

1年単位変形労働制の導入を企図する給特法改正法案(その2)(19.10.24.)

教員の「1年単位変形労働時間制」に対する自由法曹団の見解(19年10月4日付)を読みました(あいち民研研究部長・大橋氏の情報提供)。その詳しい内容は下記のサイトでご覧になれます。

 自由法曹団見解 


いくつか問題点を挙げているなかで、「労使協定等が排除される恐れがある」(PDF版 7頁)としていることに私は注目します。下段の10月21日付記事で述べましたように、給特法改正法案のなかでは地方公務員法の読み替えで法的に対処しようとしています。
文科省の改正法案要旨の説明です。

「一年単位の変形労働時間制を規定した労働基準法第32条の4(地方公務員は地方公務員法第58条により適用除外)について、公立学校の教師に対して適用できるよう、地方公務員法第58条の読み替え規定を整備する」

自由法曹団見解は、これに対して、「職員団体に労働協約締結権がないことを前提に、労使協定を結ぶことなく、条例等により一律に変形労働時間制を導入できるとするのであれば、労働基準法が変形労働時間制の導入に労使協定を手続要件とした趣旨を没却するものである」(7〜8頁)
同見解も言うように、労使協定を必須要件として取り交わすことは、労働者の保護のためです。

その労使協定を要しない、ということで「変形労働時間制」を導入するのであれば、そのこと自体が、教員を労働者として保護するつもりはないことを立証するものです。 一般には、「変形労働時間制」導入反対の論調では、教員の長時間労働の常態化を追認することなど「働き方」の問題点が大きく取り上げられていますが、労働法の見地からの根本的な問題にも目を向けるべきではないでしょうか。

その視野の広さこそ、労働者との連帯を視野に入れることです。

この問題を教員の「働きかた改革」への現政権の対応という限られた視点で捉えるのではなく、日本の労働者全体に対する問題、労働法体系に対する不当な侵襲でさえある、と捉えるべきだと私は思います。

「変形労働時間制」反対の声を上げる教育関係者のなかには、上記の労使協定の要件が意味することや労働基準法の基本的理念に関してあまり関心を払っていない人もかなりいる感じがします。そこが「すきま」となって、国会の論戦でも押し切られないか。それを懸念します。

       ――――――――――――――――

「エビデンスに基づく教育」の閾を探る、という問題提起(19.10.23.)

最近、杉田浩崇・熊井将太共編『「エビデンスに基づく教育」の閾を探る』春風社が刊行されました。編者の一人・熊井氏から贈られてきました。
熊井氏とは、先月の日本教育方法学会全国大会(会場、東海学園大学)の課題研究で問題提起者として一緒になった方です。同じ広島大学教育方法学研究室出身ということで、雑談して互いに打ち解けました。

(一)
この出版はタイムリーな学術的貢献だと思います。というのも、「PDCAサイクル」をはじめとして、昨今「エビデンス」を示すこと、「エビデンス」のあいまいな教育研究・教育実践はその成果を広く共有しがたいのではないか、などと各方面で言われていることがあるからです。

教育現場が「エビデンス」提示シンドロームに陥っているかと思うほどにそれに囚われている面も出ています。その象徴は、わたしのふるさと・広島県の教育委員会HPで、教育目標達成の指針の中に、次のような項目があることです(同サイト:https://www.pref.hiroshima.lg.jp/uploaded/attachment/231757.pdf)。

第三期の教育振興基本計画を受けて広島県教育委員会主要施策実施方針(平成29年2月10日)を定めており、そのなかの「道徳教育の充実」でこのように示しています。

【道徳的実践につなげる質の高い道徳授業の実施率 「児童生徒は,『道徳の時間』で勉強したことを自分の生活にいかしていると思いますか。」という問いに,肯定的な回答をした学校の割合 平成28年度実績値が84.8%、平成32年度(原文のママ)目標値95%】

道徳の基本は、社会的な生き方や他者理解に対する一人ひとりの思考・判断による内面的な定着と意思の形成です。それを、授業の肯定的回答の目標値として掲げてこれを追求すること自体、子どもの内面をその方向に操作(manupilate)していくことにならないか、そのおそれを問題にしないのか、ということです。

(二)
さて、話を戻して、これほどに数値目標が先行している実態は「エビデンスに基づく教育」の推進から来ています。上記の同書は、その誤解と混乱を見つめ、何がエビデンスで、それをどのようにとらえて教育の開発に活かすことが出きるか、を問うています。

「閾」は境界を指す言葉ですが、それを「問う」というのは、エビデンスに基づく教育実践であらねばならないとされる、その境界線引きに対して学問的な検討を加えることです。このアプローチには、このテーマ性ではまだまだ追究の弱い私も、同意します。

では「エビデンス」とはなにでしょう? 

同書の編者・杉田氏の論考によると(第1章)、エビデンスはものごとの客観性・透明性を可視化すること、または可視化したものを指すと理解できます。そして、エビデンスの議論自体は、医療の分野でも言われてきたし、教育分野では、1990年代にイギリスで国の財政支出と社会的効果の関係が議論になり、教育でも「エビデンス」に基づく客観的な活動を創り出すことが指向された、ということです(同書、第5章、森俊郎)。

(三)
同書の特徴と思われることは、(まだ全体を読み終えていないので半知半解の感はありますが)エビデンスを「つかう」ことだけを問うのではなく、「つくる」こともまたエビデンスの課題であるとしていることです。

そして、教育実践者はそのエビデンスを「つくる」主体でもあると。

つまり、エビデンス優先的な最近の傾向に対して、同書の企画の意図は、ただしい理解のもとに「エビデンスに基づく教育」を推進していくことです。
そのうえで同書が述べていることから引き出される1つのポイントは、エビデンスに「つかわれる」、つまり縛られるのではなく、教師は教育実践をとおしてエビデンスを「つくる」主体であるから、教育哲学者・ガート・ビースタも言うように、子どもの教育にとってふさわしくないと教師が判断すればエビデンスを「つかわない」ことも保障されるべきではないか、ということです。

上記の広島県の例で言えば、道徳科の授業に当たって、そのような「目標値」にとらわれない授業構想を立てて子どもたちと学びを「つくる」実践があって当然だ、ということです。

まだまだ課題は多くありそうですが、同書によっていろいろと啓発されました。

このHPをお読みいただく方に何らかの参考になればと思いここにアップしました。

       ――――――――――――――――

1年単位変形労働制の導入を企図する給特法改正法案の閣議決定(19.10.21.)

すでに報道されているように、「公立の義務教育諸学校等の教育職員の給与等に関する特別措置法の一部を改正する法律案」が、18日の閣議で決定され、国会に上程されます。
 文科省サイトの同法案の概要によると、以下のように説明されています。

〇改正の内容
・一年単位の変形労働時間制を規定した労働基準法第32条の4(地方公務員は地方公務員法第58条により適用除外)について、公立学校の教師に対して適用できるよう、地方公務員法第58条の読み替え規定を整備する。
・その際、労働基準法において労使協定により定めることとされている事項(対象となる労働者の範囲、対象期間、労働日ごとの労働時間等)については、勤務条件条例主義を踏まえ、条例により定めることと読み替える。
施行期日
一年単位の変形労働時間制の適用(休日のまとめ取り等)【第5条関係】は令和3年4月1日

もともと労基法では、各事業場ごとに労使協定を交わして、就業規則を労使双方が合意して遵守し、履行する仕組みになっています。給特法改正案では、それを「地方公務員法」で読み替えて適用する、というものです。

誰でもわかるように、「公立学校が事業場であることの法的確認はどこでやるの?」という疑問があります。それを「読み替える」ことは、果たして可能なのか。ここが国会での論議で取り上げられるべきです。

公立学校の各校を「事業場」とすることは、そこでの教職員を労働者と認め、管理職は事業場の責任者として労基法の適用を受けることになります。
設置主体は自治体なので、自治体と、教職員組合との交渉で、労働条件等が決まり労使協定が交わされて、それを基に労働時間管理や残業代の扱い等の行政的な事項が履行されることになります。

もちろん、そういう手続きをふめば「一年単位変形労働制」は導入されてよいとするのか、の問題が一方で生じますが、それはそれで検討すべきです。実際には、夏休みがある夏季を「閑散期」あつかいにしてそうでない時期は「繁忙期」として8時間を超える労働時間を常態化させ、一年全体を通じて正規の労働時間の総和に匹敵する労働時間を確保するのが、この「変形労働制」の仕組みです。

もともと製造・加工等の業務態様において出てきた労働形態です。これを、人を育てる教育労働に当てはめようという発想自体が、労働法制から見ても、教育の在り方から見ても、二重に間違っています。

子どもたちの成長・発達に関わる仕事に「閑散」「繁忙」もないはず。これでは、まるで教育を受ける子どもたちを、製造・加工の類推で観ているのと同じです。
そういうことが安易にできるのが、今の国の教育行政の感覚でしょう。つまり、「人格」形成ではなく「人材」養成にシフトしているので、その「人材」の訓練・教授から見て「閑散」「繁忙」だと見てもなんら不自然ではない状況になっている。

「閑散」「繁忙」は繰り返しますが、商品の生産と売買の仕組みから見た労働形態であって、子どもの発達支援や指導の業務は、そういう性質とは根本から異なっている。しかし、教職の内容の充実や学校体制の多様化などで、実質忙しくなっている。

これを個々の教員の労働強度に持っていかないで過重にならない労働業務で維持するには、教員を増やすしかない。これは、小中学生でもわかる話です。

他方、その導入・適用のために、労働基準法の定めるところを「読み替え」であいまいにし、あるいは本質をゆがめて運用しようというのがこの改正法案の問題点です。これでは、労基法の現行の下で、事業者側と厳しい交渉で労使協定を交わし就業規則問題で神経を使ってきている一般労働者に対しても、不満が起きるでしょう。「そんな『読み替え』で何とかなる話なら、(今変形労働制をとっている)俺たちの労働条件ももっと柔軟になるように会社側に国は指導してくれ」と言いたいでしょう。

そもそも、給特法の問題を審議した有識者会議は、なぜそこを妥協ないしは黙認してしまったのでしょうか。

教員増は政策的にはおこないたくないが、教員の過剰な労働負荷は世論の厳しい批判もあって対処しなくてはならない。そこで、生産現場で採用されている「変形労働制」に飛びついた感じです。

欧米に肩を並べる「先進国」日本を誇りたいのなら、このようなごまかしづくめの労働法制悪用&教育公務員統制は、止めるべきでしょう。

       ――――――――――――――――

神戸市の「小学校教諭 同僚いじめ」について (19.10.12.)

標記の件についてはすでに報道で大体のことは知られていますから、ここでは詳細は省きます。
この度、被害に遭った教諭の代理人弁護士が警察に被害届を出したので、事態が動いていきます。

「被害届」は、弁護士のサイトによれば、「警察(捜査機関)に「何らかの犯罪によって被害を受けたことを捜査機関に知らせる書類」で、被害者の「捜査を開始してほしい」という意思表示です。「告訴状」は、これに加えて「処罰を求める」意思を表明するもので違いがあります。(URL=https://izumi-keiji.jp/column/jiken-bengo/about-higaitodoke)

これによって、被害に遭った20代男性教諭は、加害とされる4名の教諭たちの行為を「犯罪」性のあるものであり事実関係を捜査してほしい、と社会に対してアクションを起こしたわけです。

「同僚いじめ」と通称されていますが、そこで行われたことは、人権侵害であり傷害行為等の犯罪性をもつ、そしてそれは閉鎖的な学校社会のハラスメントの行きつく姿だ、という認識が必要です。

ところで、このケースでは、4名の中心になっていた女性教諭が前任の校長の期待が多く中心になって動いていたなどの報道もありますが、個別の事案に矮小化できないと思います。というのも、「同僚いじめ」が報道されるのと機を同じくして、神戸市の教育界の組織風土を問いただす調査報告が出ているからです。

「組織風土改革のための有識者会議最終報告書」(神戸市教育委員会 組織風土改革のための有識者会議令和元年9月 30日)がそれです。メンバーは、大学教授数名と弁護士複数他、8名です。

その内容は、大きくは2つあって、1つは、同市垂水区の中学生自死事件で生徒と教諭の面談の手書きメモがあったのに、首席指導主事と校長の二名の判断で「存在しない」ものとして以後対応し、遺族側の追及でその存在が明るみとなり、教委と校長の「事件の隠ぺい」疑惑が広がった問題です。
もう1つが、上記の事案を除く、教職員の不祥事が同市で絶えないという事態に対する調査と分析です。

ここでは、後者の問題が「同僚いじめ」の背景にあるのではないかと思われます。以下は、その分析個所の引用です。
*********ココカラ*********

ア)教員の不祥事の直接的な要因とは言えないが、多忙化や長時間労働によるストレス等が遠因となっている可能性がある。社会の変化に伴い、保護者や地域等からの期待やニーズに学校が対応してきた結果、教員は多くの業務を抱え、長時間労働を強いられており、教員の多くが業務上のストレスを感じ、悩みを抱え、疲弊している状況である。

イ)長時間労働のため、豊かな人間性や多様な価値観を培い、教員としての資質や健全な感覚を育む活動に参画する余裕が失われている可能性もある。また、教員の多忙化は、従来の学校の慣習や児童生徒に対する指導方法等について適切かどうかを検討する余裕を奪うことにもなる。

ウ)神戸市の教員の年齢構成は、中堅層にあたる40 代が少なく、経験が少ない20代・30 代の教員が増えてきていることで、教員の多忙化に拍車をかけている可能性がある。また、本来、職場の核となるべき中堅層が薄いことで、先輩の教員が後輩に指導・助言する時間を十分に確保できず、若手の教員が先輩から指導・助言を受ける機会が少なくなったり、40 代・50 代の負担感が大きくなっている可能性がある。

エ)校長は、校長会の活動などによる出張で学校を不在にすることが多く、また、教頭は学校内の様々な業務に追われ、学校において管理職によるマネジメントが十分機能していないとの指摘がある。また、神戸市では校長同士が協議して教職員の人事異動を決める方式が採用されており、人事異動の時期には校長が多くの時間を人事異動に費やしているとの指摘もある。

オ)学校では、教職員間での話し合いや共同作業などが多くあるが、上司や同僚との関係が上手く行かずに精神的に負担感を感じ、悩みを抱える教職員がいることを踏まえ、日頃の言動などでハラスメントとならないために留意するべきことを学ぶ機会が必要である。

カ)体罰やハラスメント等の不祥事を起こした教職員については、再発防止の観点から継続的な観察や指導が必要である。体罰を行った者だけでなく、ハラスメント等を行った者に対しても十分な対策を講じる必要がある。
*********ココマデ**********

この「報告書」からも、こんかいの「同僚いじめ」が突発的に起きたわけではないこと、神戸市の教育界全体の構造的なもの、教員社会の風土に関わることが背景にあること、「悩みを抱える教職員がいる」事実を見て見ぬふりをしたり当事者も訴えを出しにくい職場環境であること、したがって、これらのことは神戸の当該小学校だけのことではなく、全国の各学校にも大なり小なり通じる問題であること、がわかります。

ワイドショー自体が、教員の「同僚いじめ」を大きく取り上げて結果的に教員をバッシングする風潮も一部にはありますが、私たちは、学校の閉鎖性を含めた教員社会の中にある見直すべき事実、すなわち「個々人の過剰な自己規制」「職階の権力ヒエラルキー」「職場としてのコミュニメーション機能の不全」などの基本的な問題を正面に見据えて、これを変えていくにはどういう活動を起こし、保護者や市民とどのように協働し連帯していくかを見極めていくことがもとめられていると思います。

       ――――――――――――――――

小学校6年間のラストラン (19.10.7.)

神奈川県藤沢に住む孫のS君が、小学校最後の運動会と知らせがあり、観に行きました。その前日は、神戸市で調査委員会が夜行われ、記者会見後すぐに新神戸に出て、新幹線で小田原へ、そして藤沢に着。夜中の11時半。

幸いに、駅のすぐ南にある相鉄フレッサイン藤沢南口が取れていたので、すぐにチェックイン。ここは最新の受付マシンで、全部画面入力。よく使う人はスマホでアプリをかざせばいいらしい。

*****

翌日の土曜日は、晴れて、日差しは夏日そのもの。早めに学校に着いて、娘から聴いていた敬老席に座りました。赤・白に分かれての定番の運動会ですが、種目名には工夫があり、S君たち6年の徒競走は「2019ラストラン」、とか低学年は「むねキュン・・・」とか、若い世代の保護者を意識したネーミング。今年は、S君も妹の3年生Cさんも、共にリレーの選手で出場。

6年の徒競走のときに、コーナーでS君が走るのを見て、7月末に会った時よりは大きく、がっちりした体つきに見えてびっくりしました。サッカーをやっているので走るのは慣れているから、1位でゴール。午前最後の1〜3年、赤白対抗リレーではCさんはトップを走り、午後最後の種目、高学年の対抗リレーでは、12人中11番目の走者でS君は2位でバトンをもらって、ちょうど私が見ているコーナーあたりで前の走者を抜いていくという、見せ場を作ってくれました。
他の走者がわりと頑張りを顔に出して走っているのに、彼は、淡々と走っていて、その性格がよく出ていました。

退場して戻ってきたときに、6年の応援席の近くで、頑張ったねのつもりで手を振り合図してやると、いつものはにかんだ様子でこちらをちらりと見てくれました。

夏日の日差しのもと、多くの保護者が立ち見で応援していたし、体育館や校舎の陰には、暑さを避けて座り込んでいる人も多くいました。

放送係の児童がたびたび「熱中症にならないように水分補給を」とアナウンスするのも、今風のことですね。

開会から閉会まで、二人の出場種目を中心にずっと観て、タクシーを待つ正門のあたりで校長の閉会あいさつを聴きながら、帰路につきました。帰宅後、「二人とも大きくなって、よく頑張ってた」と話すと、連れ合いからは、「お疲れさま」と共に「自分の子ども(長男・長女)の時にはやらなかったことをしたね」と。
確かに、仕事優先になっていて、出場の全種目を観てやれずに彼・彼女には悪かったなと反省。

*****

それにしても、近くの産科クリニックで誕生して我が家で数か月過ごしたあのS君が、いま、がっちりした体格で堂々と走っているのを見て、ひとり、ウルウルとなりそうでした。

その当時、おむつを付けて寝ている彼をあやすときに、足がよく動くので、「この足、大きくなあれ」と撫でて上にあげて振っていたのが、いまやサッカーの横浜FCジュニアの入団テストに合格して、来年からはそこに通うことになろうとは。

将来どうなるかはともかく、幼い我が子が、どんどん大きくなって親である自分たちを徐々に追い越していく。その手ごたえ感、楽しみ、夢、というのが子育て中の方にはどなたにもあると思います。

それが何ものにも代えがたい宝だ、とはいつの時代も語られてきました。現代の子育ても様々に揺れるでしょうが、その原点こそ、大事にしたいものです。

我が子にカッとなって手をあげ、我が子に暴言を浴びせる親は、実は、自分自身を殴り、自分自身を罵倒しているに等しい。そのように自覚し直す時です。

子育てでは大したことも出来なかった私が、いま、気持ちを込めてそう思います。

       ――――――――――――――――

日本教育方法学会、全国大会(その2) (19.10.2.)

皆さま、おはようございます。教育方法学会での課題研究での様子を簡単にアップしておきます。私の報告に関するものだけです。

a) 元高校教師で高生研の人からは、「竹内氏の理論的な変遷が8割がたわかった。共同は、発達概念だと理解している」とあり、これには、「共同は存在論で言っている。他者との関わりの意味で。この点が最後まで大西氏とは通じ合えなかった」ことを話しました。

b)琉球大で教職大学院在籍の教員のひとから、「関係性のある学級のイメージは?」昨年訪問した、さいたま市の小学校教員(全生研常任)関口武学級の様子を話し、子どもたちが原案討議をしながら自治を積み上げてきたその自治活動の歴史そのものが壁面にのこされ文化になっている教室、を語りました。

c)舩越勝さん(和歌山大学)から「吉本氏の学習集団と、全生研のそれと、どちらが機能的であると見ているか」とあり、吉本氏は、広島県北で地域にも関わり学習指導即生活指導と言える実践を切り拓いた教師たちの授業を基に「学習集団づくり」としたが、この意味では実体的なとらえかたであった。一時期、全生研の「学習集団の指導」のほうが(自治とは異なる)教科への対応を言って機能的な面があった、と応答しました。

司会の阿部昇氏も、学習集団に引き寄せて「教科教育との関連」「市民的関係性を生かす学習集団」のあたりで時節を述べながら肯定的なコメントはしていました。

私としては、参加民主主義の自治のありかたは、たとえばヘゲモニーとの関連ではどうなるのか、今の教育改革で基本的に「子ども集団」をとりあげない政策的意図は何か、「ケア」と「自治」の関係について(竹内氏の見解は述べたが)折出はどう考えるのか、などもっと踏み込んだ質疑を(ストレートではないにしても関連する形で)期待したのでしたが、やはりこういう議論はむずかしいとわかりました。

教育方法学研究の中で、「子ども集団」を問いながら授業や教科外活動を見ていくこと自体が、まだまだ弱い。あるいは研究的視野から抜けていないかが、気になります。

ましてや中教審レベルでは言わずもがな。これが現実です。それどころか、当日のもう一人の報告者・熊井氏(山口大学)が報告したように、「個別最適化」とか「アダプティブラーニング」(最適学習)のように、大勢は学習個別化路線のいっそうの推進です。

こうした個別化路線の裏にある者は何か、その個別化路線を認識したうえでの「集団づくり」とはどのような子ども観と指導観にたつものか、全生研が「学習集団」「学習運動」と呼んできた事柄は今日どのような形でそれら自体を修正しながら発展させるのか、さらに憲法の危機の社会状況下で、集団づくりの民主主義教育的な意義をどう再定義するのか、などがまさに研究的なテーマとして挙がってくるかなと感じます。

       ――――――――――――――――

 9月 最新の記事タイトル 

日本教育方法学会、全国大会での報告 (19.9.29.)

新版資本論刊行記念講演会 (19.9.23.)

Make a Difference (19.9.19.)

日本生活指導学会:全国大会と共著の新刊 (19.9.16.)

腰痛施術の体験的比較 (19.9.6.)

「お豆腐教育学」もありか (19.9.3.)

「対証法」という提案 (19.9.1.)

夏風邪 (19.8.27.)

タイ国チェンライ県での学校訪問調査 (19.8.17.)

蝉しぐれ (19.8.6.)

名古屋・円頓寺商店街の夏祭り (19.8.1.)

       ――――――――――――――――

日本教育方法学会、全国大会での報告 (19.9.29.)

9月28・29日と、名古屋市天白区にある東海学園大学名古屋キャンパスで、標記の大会があり、私は一日目の28日、午前・午後と連続の出番となって、かつてない記念すべき日となりました。

午前では、課題研究「教育における集団を問い直す」で、「〈学び〉〈ケア〉〈自治〉を核とする学校改革と集団の再生は可能か――対話等の関係性と知の自由を結ぶ脱「競争・選別」の学習集団へ――」と題する報告をしました。

レジュメ、というよりは小論は、A4サイズ、21ページのものです。「この機会に」との思いで、かなり力を入れました。
もしご関心があれば、送り先を知らせていただけば、添付ファイルで送ります(wordの書式です)。

午後には、全体会シンポジウム「子どものいのちを守る安心・安全な学校の役割」で、三名のシンポジストの提案に対する「指定討論者」発言をしました。短いレジュメも用意しました。

学校の福祉機能の専門家ではない私が登場する気になったのは、上記三名のうち、SSWと不登校相談者のお二人は私が推薦したいきさつがあったからです。
とはいえ「指定討論」ですから、今日の学校が抱える問題点の改善方向を、しっかりと述べました。

課題研究からシンポジウムの間に、「自由研究発表」が2時間半はいっていたので、その間、1件の報告を聞いただけであとはゆっくりやすめたので、連続とはいっても大丈夫でした。

すべて終わると18時半ごろでしたが、さすがに疲れが出て、めずらしくそのあとの懇親会は出ないで帰りました。

今池の蕎麦屋「大盛屋」で、エビスビールで一人打ち上げはしましたが。

栄のキンコーズでプリントした、課題研究140部、シンポジウム200部のレジュメ全部が会場でなくなりました。長い時間をかけて準備した苦労は一応報われたと感じました。

これで課題研究の任務完了、心おきなく、10月1日のバースデイを迎えられます(笑)

       ――――――――――――――――

新版資本論刊行記念講演会 (19.9.23.)

9月20日、夜7時から9時まで、東京の四谷区民ホールで開かれ、申し込みをしたら抽選に当たったので参加してきました。志位和夫氏、萩原伸次郎氏(経済学者)、山口富男氏、不破哲三氏のあいさつ・講演をまとめると、要点は次の通りです。

ア)旧「資本論」では、第三部で恐慌革命論とされる分析がありました。私も、以前、若い時代に三部作を手に入れて、苦心しながら読みました。

しかし、実際には、マルクスは、いったんはそのように草稿に書いたが、いろいろと資料を分析し直して、恐慌がすぐ革命になるのではなく商人資本(金融資本)の介在による過程で恐慌が起こることを発見しました。

そのうえで革命のための主体的条件に言及しました。それが第3部に出てくる「未来社会」論と言われる個所です。

イ)それまでの草稿をマルクスは書きなおしたのに、彼の死後編集にあたったエンゲルスがこれを見落として第3部を刊行したことが、最近の新しいマルクス・エンゲルスの完全な草稿集でわかり、その誤りを本来のマルクスの発見後の考えにもどして改訳刊行した、ということです。

ウ)ではエンゲルスのミステイクか、というとそう単純ではなく、1つにはマルクスの悪筆をよめたのが夫人とエンゲルスだけですでに夫人は亡くなりエンゲルスが遺稿の整理で孤軍奮闘したこと、2つめに彼も高齢で眼をやられるなか当時のガス灯の明かりでマルクスの遺稿を整理する作業をしたこと、しかも数か月にわたって作業を続けたこと、などの要因がありました。

以上が、不破哲三氏や萩原伸次郎氏(経済学)らの講演のポイントです。
それにしても、1857年に着手して1894年に完結、じつに37年をかけて資本論全3部が刊行されたことは、ほんとうに頭が下がります。

エ)ところで、マルクスの「未来社会論」は不明だ、と社会論の評論家たちが言いますが、彼にあっては、未来社会の最大の鍵は、全ての人間が自分の発達のために使える自由な時間の獲得、その社会的国家的保障です。

※マルクスはそれを「自由の国」と捉えたのだから、何らかの社会の統制をする「国」はあるわけで、いまの集権型国家ではない、真の多文化・共生・自己統治の「国」の意味から、「国家的保障」と付記しました。

生活上必要なものの生産・管理・流通のための必要最小限の「労働時間」に対して、自分のための自分の自由な活動のための時間の獲得/保障、このことにマルクスは若い頃から一貫して目を向けたきたので、「資本論」はほんとは「人間論」、すくなくとも「社会をつくる人間の在り方論」なのです。
これは折出の私見。

なお、講演会の四氏の話の内容は、「しんぶん赤旗」9月22日、24日付の紙面で紹介されます。

       ――――――――――――――――

Make a Difference (19.9.19.)

2015年に、全生研企画で共同で出した『生活指導とは何か』(高文研、2015年)の拙論で、参加民主主義のクラスづくり等を述べる中で、カナダ・トロント市における公立校の学級の様子を述べ、そこで掲示されている「Make a Difference」のポスターの意味を「共に学びあおう」「違いを大事にしよう」としました。

最近になって、それを読んだある研究者から、Differenceは過去との違いを言うのだから「変化をつくる」の意味はあっても、折出が言うような意味がどこから来るのか、と疑問を寄せられました。

(1)まず、前提として、カナダ・トロント市の学校が、「多様性」を軸とする多文化共生のコミュニティをめざし、その一環で、いじめをなくす課題にも取り組んでいることがあります。

私は、故河内徳子氏を代表とする日本・カナダいじめ対策共同研究に参加し、その活動のなかでトロントの公立学校をいくつか訪問し、クラスを参観し、教師からも聴き取りをしました。 カナダ側の研究者・ビックモア氏も、多様性の保障に取り組むカナダの教育実践のことを強調していました。
さらに、トロント市の学校訪問の参加記の中で、クラスにおける行動規範として「権利」と「責任」を重視していることなどは、その『報告書』でも重視してまとめています。

(2)以上の「多様性」「関係性」のことは、訪問した公立校のクラス担任教師や学校長のヒアリングでも、何度か取り上げられ、教師たちは、多言語・異文化を背景とする子どもたちが在籍しているがゆえに一人ひとりの個の自立と互いを認め合うコミュニティーとしてのクラス・学校づくりを重視していることを語ってくれました。

(3)いじめ問題でトロント市の学校に指導・支援に入っているデブラ・ペプラー氏(国際的ないじめ問題研究者、ヨーク大学社会心理学専攻教授)らの共同研究でも、いじめ問題の複雑さに対して、できるところから変えていくこと(Make a Difference)と、子どもたちにおける相互の差異(Differences)をクラス活動や学校全体の改革ポリシー等を通じて発展させることを、私たち研究グループへの「レクチュア」の中で述べていました。

(4)以上のような取り組みと学校支援がなされている中で、私たちが訪問した学校・クラスで「Make a Difference」がクラスの合言葉になっているのです。
 ですから、ただ(辞書的な意味の)「変えよう」ではなく、互いの差異を認め合い、共に学びあって、できることからこのクラスを変えていこう、という文脈で、私は述べたわけです。

(5)この件で、関連のブログを見ていますと、31年カナダに在住の日本人の方がブログで書いていますように、Make a Difference の「Difference」は単に過去との違いの「変化」ではなく、そこにいる人たちが関わり合うことで「物事の流れに差が出てくる、違いを来す」というニュアンスだということです。

ほぼ同じことは、上記のクラス担任の聴き取りでも出てきたので、私は、クラスの子どもたち(そこにいる人の存在)の関係性に視点を当てて、個における(これまでとの)違いと、クラスの他の仲間との違いを統合する意味合いで、「共に学びあおう」「違いを大事にしよう」としました(拙論、185ページ)。

(6)疑問を述べた研究者は、精緻な説明をしている英語辞典も調べて「Difference」に折出の言うような意味があるのかと精査されたようですが、言葉は、その生活や実践の文脈の中でつかんでこそ、その「命」が伝わってくるのではないかと私は考えています。
 カナダでは、「Make a Difference」に出会い、タイでは「マイペンライ」に出会いました。どちらも、私の性分に合っているからスッと入ってくる感じです。これは余談。

       ――――――――――――――――

日本生活指導学会:全国大会と学会編共著の新刊 (19.9.16.)

(1)全国大会が9月14日〜15日と開催され、前日理事会から参加しました。学会のサイトで、大会のプログラムが見れます。

私は課題研究で「いじめ問題と第三者委員会のありかた」において、松浦善満、住友剛、春日井敏之の三氏の報告について、コメントをしました。また自由研究発表のコメントもしました。

 日本生活指導学会の大会プログラム 


9月6日付の記事にあるように腰痛がまだ続いており、大会の会場でも、大学の講義室の椅子に長時間すわっていると鈍痛が強くなって、大会一日目の全体会の途中で退出して、ホテルに戻りました。懇親会も会費は払っていましたがそれはカンパとして、不参加にしました。私の参加の歴史では、初めてです。

懇親会では、松浦さんたちと議論しようと話していたのでしたが、残念です。

なお、この全国大会に先立ち、役員改選が行われ、引き続き理事に選出されました。連続3期目となります。前日13日の「被選出理事の会合」で、三名の代表理事の一人(教育学分野)として選任されました。3期目です。

(2)この大会に間に合わせるように、学会編の共著『自立支援とは何だろう』高文研が刊行されました。私も、終章を書いています。同書の所収の実践レポートの執筆者を訪問して聴き取りをしたことも交えながらかなり具体的に書いていますので、読みやすくなっています。
教職の方にも参考になりますので、どうぞご活用ください。

 高文研のサイト  


       ――――――――――――――――

腰痛施術の体験的比較 (19.9.6.)

タイの調査旅行のあとすぐに神戸市の第三者委などが続いて、会議の連続と、いつもやってきたジムでのストレッチのさぼり(レベルダウン)がひびいて、腰に来ました。かつてないくらいにひどく、コルセット(腰ベルト)をして、どうにかしのいできたのですが、結果的に、三つの施術を受けましたので、体験的に比べることができました。

1つめは、神戸市に出張の際に、午前の会議から夕方のヒアリングまでの時間がもったいないので、三宮駅近くの「〇〇ほぐしマッサージ」に行きました。70分。
腰が痛いことも伝えて、日本人トレーナーは、足から腰へと、定番の指圧マッサージをしてくれました。
直後は体がやや軽くなった感じで効き目はそれなりにありましたが、改善は見られませんでした。

2つめは、名古屋市内の「タイ式古式マッサージ」で、初体験ということで3割引き。90分。
タイ人スタッフによる本格的なタイ式マッサージ。筋肉のコリをほぐし、背骨に沿って細かく手当てをして、あのアクロバットのような反りかえるストレッチ(腰が痛いからその辺でOK,と思わず言いました(笑))などで、ずいぶんとほぐれました。

3つめが、居住エリアの団地の一室で営む整体専門のクリニック。これは、腰痛になやむ私を見かねて、連れ合いが数年前に、腰を痛めたときに通って回復した場所を当時の手帳をひっくり返して見つけてくれたもの。店名を一切出していません。

私とほぼ同じくらいの年齢の男性トレーナーは、以前は実業団トレーナーとして有名だった人らしく、そのつながりで、アスリート系やプロ野球選手も、そして議員さんや会社社長たちも通うほどだそうです(施術しながら、世間話をするなかで本人が話してくれた)。
少年野球、高校野球などの選手たちも、口コミで広がってたくさん来ているらしい。

私にとっては、今まで受けた中では、一番「痛い」、正確には「痛・気持ちいい」。トレーナさんは、おもしろおかしくいろいろの話題をしゃべってくれて、飽きないのですが、その間ほとんど、うつぶせ状態の私はうなっていました。あまりにも、ズシっとこたえるものですから。

しかし、終わってみるとはっきりと状態が改善。コルセットは着けないでも、普通に動けます。もちろん、ドーンとした痛みは残っていますが。次回は「骨を見たい」とのことで、1週間後に行きます。

神戸の「ほぐし」をレベル1とすると、名古屋のこの店の「タイ式」がレベル3くらい、最後の整体院がレベル4か5に近い。
※しかも、整体院さんは、初見ということもあってか、まるまる1時間で、3500円でした。

省みて、いよいよ後期の授業が始まりますが、我が講義も学生から見て、どう思われるか。力んではいけないが、でも、頑張らなくては(笑)。

       ――――――――――――――――

「お豆腐教育学」もありか (19.9.3.)

狂言師茂山逸平さんへのインタビューで、次のことが語られました。茂山家は江戸時代から続く由緒ある狂言師の家。江戸時代には能楽は特権階級のためのもの。明治維新後、茂山家は、地域の行事や宴会などどこでも声がかかれば出向いて狂言を演じたそうです。

それに対して、「どこでも食卓に上がる豆腐のようなもの」と「悪口」が言われました。

ところが、当時の十世・茂山正重は逆にそれを家訓にして「お豆腐狂言」を貫いたそうです。

ふと、私たちの研究の世界にも言えるなと。教育学の分野にも、欧米の先端を翻訳し紹介して学説の開拓に寄与するのが本来の教育学で、民間教育研究団体に参加したり、地域の講演に出たりして歩き回っているのは、「あれは学問じゃない」という、高邁な学問意識をもつ人たちはいます。

別にそれに対抗するつもりは全くありませんが、私も愛知私学父母懇の会長職で、何かの集会があればそのたびごとに「あいさつ」をします(都合で不参加で代行に頼むときもあります)。

天候のあいさつや、最近の話題をして適当に過ごせばそれで終わりなのですが、それなら私が就任している意味がない。かといって私学助成の話題は、すぐ後で報告する私教連の書記長さんが詳しく語る。
そう思い、父母に現代の「民主主義」や「教育と競争」、「いじめ」問題の裏にある生徒の心理などをわかりやすく、しかも短い時間で伝えるようにしていますが、なかなか至難のわざ。

まさに「お豆腐教育学」と揶揄されかねない面がありますが、逆に、いま本来の民主的な教育を志向する普通の人びとの連帯の輪を広げるには、それは必要なのだ思います。

       ――――――――――――――――

「対証法」という提案 (19.9.1.)

早いもので、9月です。いまは、第三者委のことや学会の準備や、併行していろいろあるのですが、こんなときに、のど風邪がしつこくて治りにくい。タイの調査旅行の後もいろいろ続いてジムをさぼったら、もう腹筋が落ちたらしくそのぶん腰に来て、いま回復のための苦労が始まっています。

さて、以前、拙著『対話的な生き方を育てる教育の弁証法』の「書評」を書いて頂いた梅原利夫氏が、「弁証法」はわかりにくい言葉だ、もっと適切な訳語に変えてはどうか、とその論考の末尾に書いていました。

「Dialectics」は、対話から来ていますし、弁証法の哲学の真髄は、森羅万象、関連する相対する者同士がお互いにおのれが何者かを証明しあう、の主旨なのだから「対証法」ではどうでしょう。

       ――――――――――――――――

夏風邪 (19.8.27.)

油断していたらやられました。喉の痛み、長引く咳き込み、体がだるくスキッとしない体感など、夏風邪の症状そのものが続いています。下記の記事の通り、更新講習、全国大会、そしてすぐにタイ調査と続いたので、さすがに抵抗力が落ちていたうえに、タイ現地での移動やホテルも冷房をいつもより長く浴びていたので、乾燥喉になってウイルスの感染が起きるべくして起きました。

医療サイトでも「免疫の力は疲労、睡眠不足、ストレスなどで低下」とありますが、その通りでした。

特に今回は、今までにないくらい喉の痛みが強く、咳き込みは激しく、かなりしんどい日が二日ぐらい続きました。クリニックで処方してもらった薬でやわらいできているところです。

皆さまもお気を付けください。調子悪いと思ったら、無理せず、体を休めることです。

       ――――――――――――――――

タイ国チェンライ県での学校訪問調査 (19.8.17.)

教員免許更新講習(8月6日、8月9日)、全生研大会(8月9〜11日)を終えてすぐに8月12〜16日の日程で、タイ国チェンライ県の学校を訪問して聴き取り調査をしてきました。

科研費研究の一環で、人間環境大の看護学部養護教諭コースの担当教員4名と、名古屋大学大学院のタイ人女性院生(同大学院のタイ人教授による紹介)の5名によるチームの調査でした。往復ともにタイ航空便で、帰りが現地の10時台発というのが、JAL便の現地0時台発に比べてはるかに楽でした。

チェンライでは同じホテルに三泊して、レンタカー貸し切りで異動し、院生の通訳も大いに助かったし、名大のタイ人教授の知人の、チェンライにあるパヤオ大学教育学部教授の同行が大いに支えになりました。
幼小中一貫校を2校、山岳民族の小中一貫校、そして僧侶の養成学校を視察して、一定時間、教師たちや僧侶から話を聴きました。
この科研費研究のテーマが、子どもの心理的危機と「生まれ変わり」に関するものなので、現地での聴き取りも「死生観」についてのタイ人の考えや子どもの実態に集中しました。

この研究は今年が2年目で、来年が最終年ですから報告書作成に取り組みますが、まとまればここでも紹介します。

なお、京都の部落問題研究所の発行誌『人権と部落問題』の最新号に原稿依頼があって、タイ調査のため待ってもらっていたのでしたが、帰国後すぐに取り掛かり、そのなかで「タイ調査から見えてきたこと」として1項を起こし、いくつかの成果を扱いました。

付録の話で、チェンライでの食事は、タイ料理そのままで、辛いけどおいしかった。私の推奨のシンハ―・ビールも良かった。
15日には午後バンコクに移動して、一泊しましたが、そのホテルの界隈が、東京の歌舞伎町にあたる歓楽街で、タイ料理のお店に歩いて行く時も、喧噪で華やかな「夜の街」を見ながら歩きました。

高架を走る電車の「ナナ」駅近くのタイ料理レストラン「Kinnaree by Vanessa WU」が外国人にも食べやすい食材と味付けで、とてもよかった。
スタッフの接客も明るく、印象はグッドです。

終わったと思ったら、神戸市の第三者委員会が控えているし、後期の授業の準備もあるし、いろいろと課題は待ち受けています。
「マイペンライ」(タイの人が良く使う言葉で、「大丈夫、うまくいくよ」という意味)で、私も前向きにやっていきます。

       ――――――――――――――――

蝉しぐれ (19.8.6.)

このところの猛暑で、蝉の活動もいっそう活発になり、小さな庭ながらも百日紅の樹やプラモの樹にたくさんの蝉がやってきて、朝の5時台から一斉に鳴き始めます。私は広島の田舎育ちですから、蝉の声には慣れていますが、それにしても、この合唱(?)は凄い。

ある朝、連れ合いと朝食で蝉のことを話しながら、「まぁ彼らもこれが務めだし。それにしても今年は凄いね」と言っていると、聞こえたわけではないのに、急に一斉に鳴き声が大きくなったりして。

ラジオの人気番組「夏休みこども科学電話相談」でも扱うかもしれない話ですが、ひとつ、発見(笑)。ある日のこと、蝉が一斉に鳴いている時に、低空でヘリコプターが飛んで来たら、ピタリと鳴き声が小さくなって、通り過ぎるとまた大きくなりました。蝉には、空気の振動がわかる体内器官があるのですね。

もう一つは、午後の猛暑真っ盛りの時間帯は、さすがに蝉も鳴きません。じっと葉の陰で身を潜めています。

・・・・と、自然界はわかりやすい物語なのに、人間界は、なぜこうもこじれたり、いがみあい、張り合うのか。

日韓の経済・貿易の対立で、韓国の都市が日本チームを招待するカーリングの大会で日本チーム招待を取りやめたり(今の状況で韓国側が自治体の税金を出して日本のチームを招待する必要はない、との判断らしい)、さらには20年の東京オリンピックのボイコットの話まで出ているとか。

日本が閣議決定で韓国を輸出優遇国から外したのを機に、文大統領が反発し、「すべて徴用工問題に対する誠意を見せない日本政府の責任であり、われわれは南北経済協力で日本を追い抜ける」と檄を飛ばしたり、政府間の対立は悪化するばかり。

その波紋が、愛知トリエンナーレの「表現の不自由」展示コーナー問題にも。韓国の作家による「少女像」展示への抗議とテロ予告に押されて、実行委員会がついにその展示中止を決めたことで、表現の自由への貢献量の介入で憲法で禁止している検閲にあたる、主催者はなぜ展示に対する批判や抗議への対処の仕方、警備をもっと万全にしておかなかったのか、といった様々な議論が出ています。

開催実行委員会の担当部署には1000件を超える抗議電話・メール、そして放火予告などがあって、危険回避のために中止に至ったようです。テロは海外グループの持込ばかりではなく、国内で足下からも起こり得る。そんな危機感は、前には日本社会にはなかったこと。

勤勉で誠実で、思いやりと助け合いの国民性などと言われたのはいつの時代のことでしたか。ひとたび社会の価値観念が崩れるとこうも速いし、もろい。その後に残るものは、何か。

それは、他者を疑い、何かあっても競争・差別に負けぬように力をつけ、「公」の言うことなど信用せずに、自分のやりたいように生きていく。そういう「心の闇」の広がり、表面化、その社会化ではないか。これは国と国の関係で一触即発あれば、戦争だ、との掛け声になりうる危険な風土です。

       ――――――――――――――――

名古屋・円頓寺商店街の夏祭り (19.8.1.)

愛知県に住んで約43年、初めて円頓寺商店街に行きました。きっかけは、愛知県図書館に資料のことで行きました折に、帰りがけに、

「あいちトリエンナーレ2019」に関連で、四間道(しけみち)・円頓寺地区の会場参加、というパンフレットが置いてあったので、何気なく見ていて、行ってみようかと。 故人となった近藤郁夫さんが生前、この円頓寺を大変気に入って、私にもよく勧めていましたが、「そのうち」と思いながら今に至ったわけです。

ちょうど科研の会合で出かけた帰りに、名古屋駅から市バスで那古野町に行き、そこから少し歩くともう商店街。ほんとうに昭和のレトロな雰囲気を醸し出す風景と人の流れでした。店の並ぶ両脇に繰り出した露店・屋台、アーケードの天井につるした短冊などの飾り、そして浴衣姿の若い女性たちや家族連れ。

店番のおじさん、おばさんたちも相当のお年。何か映画の1シーンにタイムスリップしたかと思う雰囲気でした。

商店街が四間道と出会う手前あたりに、蕎麦屋があり、そこに入って、名古屋では珍しい佐賀の銘酒・鍋島をワイングラスで一杯いただき、ざるそばでしめて帰りました。

名駅からすぐのエリアに、こんなレトロ感覚の街並みを残している場所があったとは。何とも言えないなつかしさがありました。

       ――――――――――――――――

 常設 2019 アップ情報一覧

 最近のメッセージ 保存  


 生活指導研究の新展開  


 生活指導・教育臨床  


 いじめを考える  


 新刊 わたしの書評  


 過去の論説 2005〜2015  


 折出健二 生活指導研究の仕事  


 折出健二のプロフィール