THANKS FOR YOUR COMING

Welcome

to Kenji's Home Page

ようこそ折出 健二(おりで けんじ)のホームページへ


◇◇ 2020 SEPTEMBER NEWS ◆◆

最終更新日:2020年9月15日

******************

お忙しい中、このつたないHPにお立ち寄りいただき、誠にありがとうございます。

子どもと教育、教師と学校、市民と政治、思想家と人生・社会論、そして作者の身辺出来事と小さな物語など、つれづれなるままにトピックを記事にしていくつもりです。もし、ここでの記事に関してお気づきのことがありましたら、ご遠慮無く、ご教示ください。作者より。

作者についての略歴等は、下記の「ウィキペディア」記事に掲載されている情報でご覧ください。

 折出プロフィール  


このサイトの全ての文責及び著作権は、作成者・折出健二に帰属しております。無断の転用はご遠慮願います。
All Rights Reserved, Copyright (C) 2002, K.ORIDE
  

このレギュラー・ページ「TODAY'S MESSAGE」では、「最新の記事」から順に載せています。

レギュラー記事の以前のものは、このページの後半に掲載している「常設 2020」コーナーの「以前のメッセージ&情報」並びに「生活指導・教育臨床」「いじめを考える」「わたしの書評」「教育改革とわたしたちの研究・実践課題」にそれぞれテーマに応じて保存しております。
このホームページについて、なにかご感想・お気づきやご質問・お問い合わせがありましたら、下記アドレスにどうぞ。

ご質問・お問い合わせ




   
TODAY'S MESSAGE:Current Topics

9月の記事 

 「コロナ禍での教師の生き方」  (20.9.15.)

 竹内常一氏 ご逝去  (20.9.9.)

       ――――――――――――――――

8月の記事 

 リーダー養成研修の講師  (20.8.30.)

 造形における必然性と偶然性:染色家の言葉  (20.8.27.)

 集団づくりにおける必然性と偶然性  (20.8.26.)

 コロナ禍の夏 憤りの夏  (20.8.12.)

 酷暑の季節へ  (20.8.2.)

       ――――――――――――――――

7月の記事 

 「思想を持ち込んで参加する」 デザイナーの語りから (20.7.28.)

 「藤井棋聖誕生にちなんで」 (20.7.21.)

 「会うことの暴力性」 (20.7.13.)

 最近の動きとこれからの課題 (20.7.9.)

 「ホワイトハウス回顧録」 (20.7.1.)

       ――――――――――――――――

 「コロナ禍での教師の生き方」  (20.9.15.)

1)コロナ感染危機における学校教育の在り方として、いまICT教育が強化されています。しかし、このICT戦略をまともに受けている教育現場では「教師を無能化していくのではないか」との危惧も生まれています。
 ICTのデータや機器操作に従属させられ、「何のために、何を教えるか」を考えることなく(思考停止で)業務としてこなしていく教師になることを「無能化」と表しているわけです。ある研究集会で、愛知県内の教員もミニ報告で、今すでに「言われたとおりにやっていく」という状態になっていると職場の現状を話しました。
では「無能化」されないためにはどうすればいいのか。どういう「抗し方」があるのか。これが、心ある教員の重要な問いです。

2)AI機能が教育現場に拡張される政策動向や現場の実態をリアルに語る場合に、その一方で、それらの限界は何か、教育のあるべき姿から見てその動きでは何が欠けているか、を明確にすることだと思います。
 AIデータは、その事象の統計的処理から得られる、確率的に見て「最適」の行動選択(将棋で言えば「次の一手」の選択)をはじき出します。
 しかし、自分の行動や思索の不安定要素や弱さを振り返り、再構成し、判断するのは私たちで、AIは「このように考えるとよい」と暗示はするが、個々の思想的な思索にまでは入れません。アルゴリズム思考の限界でしょう。

3)するとAI機器を使う教師は、その教材ツール(教具)をどの場面で、何のために使うのかの「判断」を棄てないこと、ここが第一のポイントになります。先の教員も、「教師の意図のもとにAI機器を使いこなす」ことが大事で、そのためには「自分の授業スタイル、学習者の捉え方を含めた全体的な力量がないとできない」と、明解に述べていました。

4)もう一つは、「子どもの実生活との結合」こそ、これからの「教師の専門性」としてますます重要になるということです。
 それは、コロナ禍の見誤りで一斉休校になったときの子どもたちへのアプローチやつながり、クラスのまとまりのつくり方、虐待の疑いのある子どもへのアクセスと保護、貧困家庭の子どもへのサポートなど、多くの面で実際に問われたし、各地の教師が工夫したことです。
 これらの事実は、図らずも、教師が、個々の子どもたちに対して、care-taker(ケアを引き受ける人)となって行動したことを物語ります。
 それは、事前の研修や準備なしに、そうせざるを得ないからそうする、その中で子どもの見方や対話の仕方、つながりの取り方などを教師も学習し、変化していく。これが、生身の教師の成長です。
 ここでは、デユーイの言った通り、教師は「思考」によって「経験の再構成」をすることでみずからの専門性を保つ努力をしてきたのです。
 AIにはその「最適モデル」などは描けませんし、仮に万歩譲って、プログラミングでそれが「最適教師像」として描かれたとしても、子どもの実態によって拒絶され、結局は、教師が、自分で感じ、考え、判断し、行動することになります。

5)まとめると、1つには、AI機器も含めた、ICT教育政策に対して、具体的な機器の扱いを「何のために・何を」の目線でマネジメントできる教師への反転です。
もう1つは、いままで「教科教育」こそ教師の専門性で、生活指導や生活教育は「二の次」「実践的にはお荷物」的に見てきた教育実践観を根本から変えて、子どもの生活と の結合、子どもとの共生の場に学校を創り換えること、に教師の専門性の軸を置き直す(深め直す)ことです。
 それが、すでに各分野からも言われている「ケアリング」の思想と方法とつながっていきますし、コロナ禍で繰り出される「上から」の対策・指示による思考停止状態を「克服」して、本来の学校の担い手になる教師への道の主要部分だと思います。

       ――――――――――――――――

 竹内常一氏 ご逝去  (20.9.9.)

すでに新聞報道でご存知のように、竹内先生がご逝去されました。9月1日の夜のことでした。
その訃報を受けて私が全生研に送った弔辞は以下のものです(全文)。

竹内先生ご逝去を悼む    弔辞

 竹内先生、本日(9月2日)ご逝去の報を知って驚き、同時に「長い間、お疲れ様でした」と申し上げたい気持ちです。

 先生は1935年生まれですから、85年の年月を時代の嵐にめげず駆け抜けて、ご自身の生来の「ことばのちから」で切り拓いてこられました。「詩人になろうかと思った」との由、それくらいことばには敏感で、かつとても豊かでした。
竹内先生は、教育実践記録を読んで、その書き手(教師)の思いを汲み取り、指導に共感しつつ肯定的に意味づけて、実践の希望をつかむようにリードすることでは右に出る人はいない、と喧伝されるくらい、実践の世界を読み開く哲学を持っておられました。とりわけ、その教師が対象とする子どもの抱える「問題」を、リアルに、しかも深く読み解く視点は、私ども後に続く者にはとても及ばないくらい深い知見とヒューマニズムあふれる子ども観が根底にあっての技と拝察してきました。

 私が全生研常任委員を務めていた時、いわゆる「集団づくり脱構築」の大胆な提起をしました。「構造性集団づくりから連帯性集団づくりへの転換」がそれです。これに対しては、会員の研究者から「集団づくりの廃棄」と厳しい批判も受けました。

 が、当時の常任委員会の学習会(東京の本郷会館)で私が最初の報告をした時、先生は、新自由主義の問題点の根拠について疑問と助言(もっと構造的な見方が要る)をされただけで、表立って、私の『二版』に対する構造性集団論の理解、「集団はちから」批判を、反論ないしは批判されませんでした。

 昨年(2019年)、日本教育方法学会で、課題研究「教育における集団を問い直す」で報告者となり、A4、21頁に及ぶ資料を作成して問題提起をしまして、その全文をメール添付でお送りしました。先生からいっぱいご批判やご指摘が来るかと思っていましたが、「参加民主主義」に関わって、「参加」のとらえ方が少し違うんだ、という主旨の返信をあとでいただいただけでした。先生からすればいろいろとご指摘の事柄があったにもかかわらず、体調の関係でそれを控えておられたのかと思いますが、私なりに、先生の御遺志をできるだけ継いで、次の生活指導・集団づくりの構築へと闘ってまいりたいと思います。

 先生が24歳の若さでお書きになった論考が、全国生活指導研究者協議会編『生活指導の基本問題』(1959年)に収められています。いまそれを読むと、教師の職場づくり、教師の自律に対するするどい指摘が、いまのこの時代のことかと思うほど新鮮です。その論考の終わりで「子ども集団の新しい広がりを生み出す組織構造」にはこれに対応する教師集団の組織構造が必要だがまだその実践は端緒についたばかりだ、とあります。その原点が後の「生徒自治論」「訓練論的生活指導論」へと展開していったと推察されます。

 晩年のご労作『新・生活指導論』で提起された「ケアと自治」「生活指導のケア的転回」は、新自由主義状況下での生活指導・集団づくりの新展開を指さしております。その具体化・豊富化はまだまだこれからです。実践の方がいち早くその方向に挑んでいる感じです。

 時代状況は違いますが、今また「子ども集団の新しい広がりを生み出す組織構造」を開拓すべき時に来ている全生研に、まだまだ先生から示唆を得る必要がありましたのに、とても残念です。これからは私なりに、少しでも寄与したいと思っております。

 竹内先生、ずっと民主的教育運動の第一線を走り続けてこられたそのお疲れを、どうぞゆっくりとほぐしてお休みください。
                                            2020年9月2日 折出健二
  

       ――――――――――――――――

 リーダー養成研修の講師  (20.8.30.)

8月も今日を入れてあと二日。「コロナ」「猛暑」「熱中症」であっという間に過ぎ去っていく感じ。

私自身を振り返ると、7月中旬に、オンラインの講義がすべて終わりホッとして、すぐに8月に入ると全生研のオンラインによる全国大会代理の分科会。これも同学習会シリーズとしては最終日(23日)に「トリ」を務める形でしたが、Zoomに詳しい実行委員に支えられ、無事に終えました。

そのすぐあとから、専任で勤めていま非常勤を担当している私立大・看護学部が主催する「隣地実習指導者講習会」の講師としての授業がありました。
対象者は看護師の中堅層。私は「教育原理」6時間、「教育方法」9時間、延べ15時間を担当(大学のコマ=1.5時間の10コマ分に相当)。もともと生活指導研究や、日本生活指導学会での活動で看護分野との交流はありましたので、授業内容もかなりその隣接の知的体験を生かしたものにしました。

「人を育て、育ちあう教育原理」「学びのプロセスを大切にする教育方法」と題して、それぞれパワーポイントを作りました。とくに「教育原理」は、「働きかける者が働きかけられる(相互性)」「支援論(ケアを含む)」「生きがい」「人権主体の自立」と四部構成で、合計56枚のスライドを作りました。
授業は講義式でしたが熱心に聴講してくださり、終わった後、久しぶりの対面授業の充実感がありました。

「教育方法」は事情でオンライン授業となりましたが、その最終日(28日午前)、私の授業の仕上げとして「看護師としての私のリスタート」と題するプレゼンテーションをやっていただきました(あらかじめその主旨やプレゼンのやり方は説明済み)。
一人3分の短い時間でしたが、全員が、みごとに、それぞれの看護体験や事例を交えながら、後輩・新人への提言あるいは課題の共有の感じで、やり遂げました。
とても素晴らしい、感動的なプレゼンとなりました。

さて、本日(30日)は、ネット学習会「増田善信さんが語る『黒い雨』はどこまで降ったか」に参加して話を聴こうと思っています。元気象庁の方で、詳しいデータの資料も送られてきています。
私のふるさと、旧広島市郊外の田舎も、黒い雨にぎりぎりさらされた地域ですし、関心があります。

と、このような近況で8月も終わりを迎える感じ。

そうそうもう1つ、忘れてならないのは、余ほどの悪天候以外は、毎朝気温が上がる前に(6時台後半から)約7キロ、連れ合いと歩いてきていることです。日に当たる両腕は日焼けし、ウエイトも前よりは5キロ近く減りました。もうしばらくは続けるつもりです。

足・腰は体の要なので、皆様も何か工夫されてはいかがでしょうか。

       ――――――――――――――――

 造形における必然性と偶然性:染色家の言葉  (20.8.27.)

著名な染色家・柚木沙弥郎(ゆのき さみろう)へのインタビューをラジオ番組で聴きました。下記の「必然性と偶然性」の話題と重なる部分がありました。

◇生地に対して染色をするのは、「しなくてもいい」ことだ。それを「染色する」からには、生地に元からその模様があったように模様をつくりあげなければならない。

◇毎日見ているモノに手を加える(手を入れる)のは、実物よりも美しくなるようにするため。ここに造形の面白さがある。

◇伝統に対して、知らず知らず自分が出る。

◇便利さのなかでどう静かでいられるか。静かさに統一感があるように社会をもっていくことが大事だ。

【感想】生地に対して染色するのは生地にとっては偶然の(造形的な)行為。しかし、元から模様があるようにする(必然)ことで、偶然は必然と一体になる。「見慣れたモノに手を入れる」の意味も、同じ。ここにある哲学に興味を持ちました。

       ――――――――――――――――

 集団づくりにおける必然性と偶然性  (20.8.26.)

全生研のMLで「偶有性」について「他であり得る」の視点が大事だとの議論が起こって、改めて、集団づくりにおける必然性と偶然性について考えてみました。

ア)今回の議論の発端になった「偶有性」は、脳科学者とされる茂木健一郎氏が脳の働きを論じる中で「半ば必然、半ば偶然」という意味合いで使ったとされています。英語的には、偶然性と同じcontingencyです。
必然と偶然の関係をめぐっては哲学の中に複雑な議論があるようですが、私は、《あらゆる存在はその現実において必然性と偶然性の両側面をもち、必然性は偶然性を介しな がら、そのもの・ひとの可能性を現実化する》というヘーゲルの言説を支えにしています。

ある子どもが暴言を吐いたり教師に反発したりして「問題行動」を繰り返すのは、その子にはそうするだけの理由がある(必然)が、そのような行動とは別の生き方もある(他でもあり得る)、その別の生き方を教師や仲間・集団の援助、活動参加で見つけ、仲間からの応答があり、その子は自分の本来の「必要と要求」を自覚し、生き方を変えていく。

イ)問題は、個人の現実に必ず伴う必然性と偶然性のうち、人格的個人の実現(必然性)にとって偶然性は個人の生活諸条件のことですが、これが固定化され、あたかも「きみはそのような生活を送るしかない人間なのだ。だからこの現実を受け入れてその中で、迷惑かけず自己努力で頑張ってやっていきなさい」と「自己肯定」化させることです 。

そのような「肯定」の主体を「個性」と呼んで、あたかも本人を尊重するかのようにして支配のシステムに同化していく。これが、いまやられている「キャリア・パスポート」ともつながっていくのではないでしょうか。

つまり、長い時間をかけ「エビデンス」とされるデータ・材料を積み重ねて、その子どもの「人」の形成にともなう諸条件、つまり「偶然性」は「必然である」と(支配を自ら受容できる)自己認識を引き出していく装置です。
格差や分断をつくりだし偶然性のもとで当事者を苦しめ追い込み、希望を失わせてきた社会の階級的・差別的支配構図はなんら問われない仕組みです。
その固定化は、現在の階級的格差の社会が再生産しているものです。貧困、虐待環境、教育条件の差異からくる学力差、などなど。

ウ)この偶然性を自ら照射できる知の力の獲得、それが「学力」形成の中心テーマ。ただし、ここでの「学力」は、捉え直しが必要です。
民俗学者・柳田國男が述べたように「まなぶ」には「学」ではなく「覚」をあてるべきで「学ぶ」としたことは将来の不幸だ、という言説にわたしは同意しますので「覚力」と表すほうが正しいといえます。みずから活動の必然性を「覚る」力、のことです。
全生研の学習集団が「問い」「討論する」能力を中心に据えて学習の共同化を追究してきたのも、子どもたちが学びの共同を介してみずからの「生きる」ことにとっての「偶 然性」による負荷を読み解き、これを「書き換え」、本来の生き方を求めて次なる行動と連帯をさぐる主体に子どもたちを育てるためです。

エ)私たちのなかにも、一教師・一市民として「これでいいのか」「何をなすべきか」という「問い」がいつも沸き起こり、そこで対話や討論が生まれていますが、それは私たちの中にある必然性と偶然性を自分で対象化している姿と言えます。全生研運動とは、その必然性を現実化するための共同の世界だといえます。

「わたしを見捨てないで、しっかり学べるようにして。なぜ、わたしはこうなのか、どうしたら現実を変えられるか」と当人から要求が出せる子に変えていく。それが、子どもではあっても、当人なりに自分の偶然性と向き合い、その根拠のあいまいさを突き、みずからも変えていく行動を選ぶようになることです。

そこに、その子もまだ若いながらも、人格的個人として生きようとする「人の本質」的側面が姿・形となって現れるのです。このような「個人の教育」を主題としている教育実践・運動が集団づくり。

オ)それは外目には何もしていないかに見えるけど、そこに「たたかい」のバネがあるし、子どもにも今の境遇を引き受けつつもそこに埋もれないで君の力を共に発揮していこう、そのように先生は、仲間は応援していくから、という関係性が要ると思います。

「今」はそうあらざるを得ないが、それは「たまたまそうであって」ずっとそうある必要はない、他なる生き方がこのようにあるのだと知る(認識する)。この自己変革、このドラマ性、反転の中から幼い・若いなりに立ち上がる姿。
これに惹かれて多くの教師(全生研の会員)は頑張っておられるのだと思います。

       ――――――――――――――――

 コロナ禍の夏 憤りの夏  (20.8.12.)

◇私学の愛知父母懇の「夏の研修会」も、臨時の役員会、常任幹事会をオンラインで開いて協議を重ね、中止に至りました。大村知事による県独自の緊急事態宣言が出る前に私たちの組織の判断でそうしたことは良かった、と思います。それにしても、臨時の会議は、各役員のお思いや身近な声もあるのでそれらを交流して決定に至るまでに、2時間を超えるロングの会議。Zoomのホスト役は今のところ会長である私が務めています。

◇連日の酷暑ですが、クーラーをかけた部屋で、看護師のリーダー養成講習会の講義資料を作成しました。「教育原理」と「教育方法」を担当します。「教育原理」は受講者が現役の看護師であることを踏まえて、人が生きる条件、支援の原理、生きがいと伴走者、人権主体の自立とアザーリング、という四部構成でパワーポイントをつくりました。スライドは56枚に。

この資料作成過程で、education の語源とされるラテン語educareは、看護するのnurseのラテン語と密接な関係があることが分かり、すこし感動しました。言語学をやっている北大の研究者の論考でより確かなものとなりました。

◇暑いなかですが、三つの憤りの事案が起きました。
1つは、8月6日の、広島・平和祈念式典でのこと。安倍首相は、核兵器のない平和実現のために各国との「橋渡し」をすると言いながら、国連の核兵器禁止条約の批准には一切触れず、核抑止政策を突っ走るアメリカ追随をとおしたことです。当日、ラジオで聞きながら朝のウォーキングをしたのですが、ゲストの被爆者森滝氏の松井市長の平和宣言、首相発言に対する鋭いコメントがよかった。

2つめに、香港の周庭さんの逮捕・保釈です。デジタル版朝日は12日付発信で、周さんが「『(警察は)まさに政治的弾圧のために国安法を利用した』と批判した。パスポートを押収されたことも明らかにした」と報じました。香港政府を裏で操る習近平政権の焦りが見えてきます。香港民主化がもし進めばそれは中国民主化の牙城になり得るのは誰が見ても明らかで、それを同法を理由に抑え込もうというやり方です。

中国はもはや社会主義国でないことは既に明らかですが、強権で支配するやり方は必ず自らに跳ね返り、瓦解していく。これが歴史の摂理です。

3つめは、先の平和宣言をした広島市長・県知事が国と共に、「黒い雨」訴訟の広島地裁判決に対して控訴したことです(8月12日)。「黒い雨」による原爆症で国の援護をうける区域外の住民・遺族が起こしたこの訴訟で、先月29日に、全面的に訴えを認める判決が出たばかり。しかも、松井市長は、先の「平和宣言」で被爆者の援護を拡大すべきだと述べたばかり。知事も市長も「唯一の被爆国」日本の責任を問い、被爆者の苦しみに応えよ、と式典であいさつをしたばかりなのに、控訴をするとは。
これでまた「黒い雨」訴訟は長引き、ほんとうに医学的な面でも社会福祉的にも援護を必要とする人々には更なる苦しみが続く。

これら3つの件は、いずれも、人間を大事にしない、人の生を支える条件に対する無知と無理解で共通しています。

       ――――――――――――――――

 酷暑の季節へ  (20.8.2.)

◇東海地方も先日「梅雨明け」となり、連日、32〜34度の猛暑に入りました。更に気温はあがって酷暑となる予報。どうぞお気をつけてください。

長く続いた梅雨の時は、毎朝、適予報の雨雲の様子を見ながら、雨の中で曇りとなった合間をぬってウォーキングを続けました。コロナ「自粛」がきっかけでしたから、およそ3か月、ウォーキングを続けてきたことになります。効果は出ました。体重が約3〜4キロ減りました。腰回りもスリムに。

梅雨が明けて気温が上がっているので、熱中症予防から、朝早い時間帯で実行しています。だいたい8時過ぎから。約1時間20分、8000歩で7キロ前後です。

木陰となっている通りを選んで歩きます。それでも帰宅すると、汗びっしょり。シャワーを浴びて着替えて、レモンサワードリンクで、さわやかにして仕事にとりかかります。

◇コロナ禍の為、全生研の大会が中止となり、「基調提案学習」もオンラインとなりました。昨日、8月1日夜にZoomで開かれたのでしたが、同じ時間帯に、愛知私学父母懇談会主催の行事のことで急遽、「オンライン四役会」となり、会長の私がホスト役なのでこちらに張り付いたため「基調学習」は全く参加できませんでした。

Zoomミーティングでは初心者マーク付きの私がホスト役でやるのですが、父母懇の役員の方もほとんどが初めてで、私がZoom活用マニュアルのあるサイトを紹介しながらリードしています。すると父母懇の役員さんも慣れてきて、「これは便利だ。会長のおかげだ」となり、たぶん、歴代の愛知父母懇会長で最初にZoom会議を導入した会長として、後に名を残すでしょう(笑)

私はベーシック・アカウント(無料登録)ですから、ほんの初歩なのですが、いまはパンデミックにより「時間制限なし」で使えるのでとても重宝しています。

暑さに参りそうですが、「黒酢ドリンク」で「りんご」「ざくろ」「ブルーベリー」などの果汁を入れた商品がありますので(ペットボトル1Lタイプなど)、これを冷蔵庫で冷やしておいて毎日、水分補給を兼ねて飲むとダイエット効果にもつながるようです。「ざくろ」が意外と、さわやかないい味です。

それと、古典的ですが、「風鈴」です。現職時代に岩手県盛岡市に講演で行きました折に、南部鉄の風鈴を買い求めまして、いまも毎日、軒下で良い音色で活躍しています。夕方、蚊取り線香をたきながら、テレビもラジオもつけないで風鈴の音を聴いて、サワーを傾ける。いままで、こんなダイヤモンドのような時間を持ったことはなかったですね。

       ――――――――――――――――

 「思想を持ち込んで参加する」 デザイナーの語りから (20.7.28.)

日本のファッションデザイナー、コシノヒロコ(本名:小篠弘子、1937年生まれ、83歳)が、ラジオ深夜便のインタビュー番組(7月28日午前1時台)で語ったことは、デザイナーとしての思想と表現技術についてだった。

ヒロコさんが若い頃に、イタリアで開催の世界的な服飾デザインショーで、ミラ・ショーンら世界の著名なデザイナーと肩を並べて自分の作品を出せる場を得た時のことを、熱く語っていた。

ヒロコさんによると、ヨーロッパは長い服飾の歴史をもち洋服というものをつくりあげてきたので、その人たちの中に入ってもそのままでは負けるから、日本の「着物」のもつ思想で参加しようと考えた、という。

洋服(洋の服、とか彼女は言う)は立体的なものだが、着物は古来フラットなものを組み合わせ重ね合わせて独特の世界をつくりあげてきた。そこに描かれる絵柄も、四季折々のものを表現してきた。「折り紙」にもその思想が表れている。これを生かすべきだと考えたという。

私は詳しくは知らないが数々の新作を発表し世界的な評価を得てきたヒロコさんにしても、「ようやく60代から何をすべきかが分かってきた。遅咲きだね」という。「完成されたら終わり。死ぬしかない」「時代は変わるのだから、これで完成で来たということはあり得ない」とも語っていた。

前半の「思想を持ち込んで参加する」に私は惹かれた。それは、単に「西洋の服」に「着物」で対抗するというものではない。フラットな布地を体に巻き、帯を締める、そこに刻まれた日本の「衣をまとう」思想に強くこだわってる点を学ぶべきだと思った。
語りの途中では、「海外の真似をしていては、すぐに限界が来る」とも。

高齢者とは思われない若々しい語り口で、常に前を向いて歩く生き方が、よく伝わってきた。

       ――――――――――――――――

 「藤井棋聖誕生にちなんで」 (20.7.21.)

愛知父母懇常任幹事会でいつも「あいさつ」をしますが、先日(7月18日)の定例会では、藤井聡太さんの棋聖タイトル獲得にちなんで話しました。以下は、配布してもらったプリントの文章です。

生き方や活動の道案内ということ
                                                 会長 折出健二

 もう皆さんご存知のように、藤井聡太さんが、昨日、将棋の棋聖タイトルを取りました。高校生で17歳11か月という若さです。来月、18歳です。
 将棋界の天才といわれる渡辺前棋聖が、「想像を超えた負け方だった」とブログに書くほどに強かったそうです。

 師匠の杉本8段は、さぞみっちりと藤井さんを指導してきたのだろうと思いがちですが、違うようです。棋聖獲得後の会見で杉本さんが言っていたのは、「育てようと思って育つものではない。彼のなかで芽ばえたものが育つのに妨げになることをとりのぞいてきただけだ」ということです。
 藤井さんがタイトル挑戦権を得た時も、杉本さんは「もう藤井くんに教えることはない。和服の畳み方くらいかな」と言っていました。

 こうしたことから、「杉本さんは師匠としてなんと謙虚な方だ」と一般には言われています。
 が、教育学的には、人を育てるとても大事な働きを杉本8段は師匠として務めてこられたことがわかります。戦後の日本の教育民主化にも大きな影響を与えた、アメリカの教育学者、ジョン・デューイは「教育の根本的な働きはdirectionだ」といっています。

 「direction」は日本語に訳しにくい言葉ですが、「方向づけ」「道案内」ということです。
学術書や行政の文書では「指導」「指示」と訳されていますが、意味合いがかなり違います。デューイは、子どもの興味・関心が芽生えてきたときに、その「水の流れをつくり」「これを妨げるものを取り除く」のが「direction」だといっています。ですから、道案内です。

 「こうしてはどうかな」「こういう時には、〇〇のことで難しくなるよ」など、いちいち「ああしろ」「こうしなさい」と言うのではなく、目標実現あるいは夢の達成に至るには、こういう入ってこう歩んでは、と道順らしきものを語る。

 藤井さんも指し手で「こうかな、どうかな」と自問自答してきたと思いますが、おそらく杉本8段は、「それはダメ、こうすべきだ」と言わずに「君がそう考えるならやってみたら」と、方向づけたのだろうと思います。ここに真理があります。「direction」は、その人が欲している道案内に刺激を与え、活発化することなのです。デユーイも「directionはre-direction」(方向づけを求めているからそれを方向づけし直す)といっています。本当の「応答」とはそういうことなのでしょう。

 その役目が、親(保護者)であり、学校では教師です。あるいは、職場や地域にもそういう役目を果たす素敵な方が多くおられます。「人生の道案内人」と尊敬される人たちです。

 私教連の先生たちが「高校生フェス」の生徒たちに接しているその関わり方には、この「direction」がふんだんにあるように思います。

 父母懇の学園、ブロックなどの具体的な活動での出会いとつながりで、うまくいっているところは、この「direction」が生まれているでしょう。逆に、何かとギスギスしてよくぶつかるのは、「父母懇とはこういうもので、こういうやり方で来ている」と規範を示してそれに従わせるような関係性を、図らずも、生み出しているからかもしれません。

 サークルもそうですが、夫婦の間も恋仲の男女の間も、実は、相手の気持ちを認めて「direction」で関われるかどうかで大きく違ってくるのです。これ以上は深入りしませんが(笑)。

 藤井さんの棋聖獲得の慶びと共に、その師弟関係から「人を育てる」「人と共に生きる」ことでのヒントを得て、今日は、こういう話をしました。

       ――――――――――――――――

 「会うことの暴力性」 (20.7.13.)

今朝(7月13日)のNHKラジオ第一の番組「マイあさ」で、精神科医・斎藤環氏へのインタビュー(リモート)がありました。「コロナ禍が問う“人と人との向き合い方”」がテーマでした。

斎藤氏は、「(人に)会うことの暴力性」を取り上げました。つまり、職場に出勤し、あるいは教室で授業を受けていて人に会うと緊張し、不安を感じ、「怖い」とさえ思う人にとっては、「会うこと」は暴力性を持つ、というのです。

その観点から見ると、テレワークは安心して仕事ができるし、能率も上がる、という例があることや、不登校の子どもが(長期休校で)在宅のオンライン学習だと授業が受けられて学習に打ち込めるようになったことをあげて、コロナ禍で「会うことの暴力性」から脱することができた例もあるというのです。

「今後はどうすればいいのか」という三宅民夫キャスターの問いには、斎藤氏は、それぞれの多様性に応じた、「会うことの暴力性」を回避する、または緩和する方策を企業あるいは学校が取るような方向性が望ましい、という主旨のことを話しました。

斎藤氏が言う「会うことの暴力性」とは、何でしょうか?
それは「会う」という行為よりも、その相手である「他者」という存在の「暴力性」を問題にしているように思います。その「他者」は特定の人の場合もあるし、集団の場合もあるし、数名のグループの場合もあるでしょう。

半面では、テレワークや在宅学習で、オンラインの画面に登場する人物と短くても会話をするわけですから、他者がすべて拒否の対象ではないでしょう。

むしろ、ポイントは、特定の個人であれ、職場や学級などの集団であれ、数名のグループであれ、その場に、自己を人々の目に触れる位置に差し出すことの不安、恐れ感なのではないでしょうか。つまり、「会うことの暴力性」は「他者」を問題にしているようでいて、そのもう一面、人々の目に触れる(他者と向き合う)自己自身のイメージ、自己愛のゆえに守りたい自己保護心情も、見ていくべきことがらなのではないでしょうか。

       ――――――――――――――――

 最近の動きとこれからの課題 (20.7.9.)

(1)6月21日にあいち民研の所員会議が開かれ、次期所員の承認と新運営委員体制が決まりました。大橋基博さんが新しい所長になりました。鬼頭正和さんが新研究部長です。

ちょうど今、「あいち民研通信」180号が発行されたばかりで、所員会議の様子や新所長あいさつなどが載っています。また、新型コロナウイルス禍での教育現場等の諸問題に関する所員の寄稿なども別刷りとして編集されています。ご関心のある方は、「あいち民研」のホームページから、事務局にメールで問い合わせてください。

(2)名古屋市で働く臨時教員(非常勤教諭と最近職務名称変更)4名が残業代の支払いを求めて労働基準監督署に申請を出していた件で、「臨時教員の改善を求める会」の上村氏によると、昨日、名古屋市教育委員会から、そのメンバー宛に「職務命令」扱いで進める旨の連絡が入ったそうです。
要するに、残業代支払いを公的に進める動きが出たということです。

その背景には、上村氏の情報提供によると、(ア)この問題が義務制の学校であり全国的にも影響が大きいうえに、正規教員は残業代なしで長時間労働となっていることの矛盾があらわになることもあって行政も「残業代支払い」を認められなかったが、これに対して、(イ)同市の人事委員会からの指導と、愛知労働局(労基署)から市教委に対して要請があったことが強く働いたようです。

(3)岐阜市では「いじめ防止対策推進条例案」がパブコメに付されており、その中に、「是正の勧告」として市長が加害とされる児童生徒に「出席停止」を勧告することができる、とあります。9月の定例市議会に上程される予定です。これについて、読売新聞岐阜支局から取材を求められました。同紙の7月2日付朝刊の愛知・岐阜版「東海教育」に載りました。

憲法学が専門の八木秀次教授は市長の勧告権は首長の権限強化の延長にありその設定は妥当とし、折出は、市長による勧告は教育委員会の自律性を侵すものであり、行政の力でいじめ抑止に走るのではなく加害被害の実態のていねいな調査こそカギだ、という主旨の両論コメントが載りました。

(4)6月に名古屋市内の市立小学校で、「教諭らが5年生男児の体をつかんで身動きできないようにし、写真を撮ってクラスメートに見せていたことがわかった。学校側は『不適切な行為だった』として男児と保護者に謝罪した」(「朝日新聞デジタル」要約より)。
この事案に対して、あいち民研所員のメーリングリストに、以下の主旨の問題提起をしました。
 

《この報道に対する200余件のツイートを見ると、当該教諭らの「教師の資質」を疑い、「子どもにいじめ防止を説くべき教師がみずからいじめをやっているとは何事か」という主旨のツイートは多く、これは傾聴すべきではないか。
 しかも、昨年の冬から今年にかけて、神戸市の市立小学校での「同僚いじめ」が全国で大きな問題となり、教育現場での教職員の人権意識や人としての「常識」が疑われる、まさに非違行為が批判されたばかりである。
 学生時代のノリのままであったのか、とのツイートが鋭く突いているように、「子どもの注意を引きたかった」などは決して肯定されるものではない。
 また、本件は、「子どもの権利条約」に反する(その市民的権利をふみにじる)行為である。

 今回の事案は、1つの学校で起きた「教育現場として非難されるべき酷い事件」として済ませないで、じつはそこに、日常化した子どもの権利への認識欠如、「子どもの権利条約」への無視と無知が私たちの足元で起きていることをリアルにあぶりだした事案として受け止める必要があるであろう。
 教職に就く人が最小限備えるべき人権意識、教育公務員としての公法的な職責からすると、今回事案の非違行為性は決して軽微だとは言えないのではないか。》

 注記:「非違行為」の「非違」とは、「法にたがう」の意味ですが、一般に、公務員における付託や職務に反する行為を指します。服務規定違反はもちろん、ハラスメントや、わいせつ行為なども含みます。

       ――――――――――――――――

 「ホワイトハウス回顧録」 (20.7.1.)

John Bolton氏(元大統領補佐官)の近著「The Room Where It Happend A White House Mmoir」(あの部屋で起きたこと ホワイトハウス回顧録)をKindle版の電子書籍でダウンロードして、ぼちぼち読み始めています。

こういう流行ものはめったに手にしないタイプなのですが、英語文の勘をどうにか取り戻したいのと、今話題の書でもあることと、何よりもなぜこういうトランプ的人物がそのまま大統領の座に生き残れるのかについて前から疑問であったこと、などから取り入れました。

 著者によると、トランプ氏はまったく風変りな人物であったが、就任して15か月くらいは、「中軸となる大人たち」(トランプ氏が政治的な行動では幼稚なのでこう比喩的に書いている)がチェックをして支えてきた。ところが時が経つにつれてトランプ氏は、ますます自分を確信するようになり、中軸の大人たちは離れ、物事はバラバラになった。そして、トランプ氏の周りは「イエスマン」だけになった。(第1章より)

 トランプ流の「second-guess」(結果を見てケチをつける、陰ぐちをたたく)があるようで、結果を見ては気に入らない側近の役員たちを次々と解任するのもそのせいであろうと思います。

 秋には、どんでん返しを期待したいものです。

       ――――――――――――――――

6月の記事 

 代表者会でのあいさつ (20.6.30.)

 宮城からの〈教育・思想・文化への問いかけ〉 (20.6.27.) 

 新型コロナと愛知父母懇談会 (20.6.21.)

服も「自分の入る小さな空間」(20.6.19.) 

 「新型コロナと私たち」民主教育研究所からの発信 (20.6.11.)

「老いの様式」(20.6.6.) 

 ポストコロナの学校とは (20.6.1.)

       ――――――――――――――――

5月の記事 

政治に対する小論(20.5.25.) 

 これぞ政治の弁証法 (20.5.24.)

世阿弥『花鏡』に学ぶこと(20.5.17.) 

 検察庁法改定法案は撤回を (20.5.16.)

コロナ禍で思想との出会い直し(20.5.16) 

 新型コロナ禍のもとでさらに自粛要請がつづく (20.5.10.)

       ――――――――――――――――

 代表者会でのあいさつ (20.6.30.)

昨日(29日)19時から、名古屋市内で、秋に開催予定の「オータムフェス」実行委員会を兼ねた「代表者会」(県内私学の学園・ブロック・センターから参加)が開かれ、初めに、愛知父母懇会長としてあいさつをしました。

 本日は、ご多用の中、ご参加頂きありがとうございます。
 コロナ禍で休校が続き子どもたちはつらい状態に置かれました。やっと学校が再開されたが、子どもの気持ちは複雑です。
 『朝日新聞』6月28日付「朝日歌壇」に載ったある小学生の一首を紹介します。

 すずちゃんはき数でわたしはぐう数で分さん登校まだ会えません  奈良 山添 葵

 「友達に会いたい」気持ちが素直に出ているとてもいい歌です。この気持ちは、高校生たちも、そして本日ご参加の方がたも同じではないでしょうか。
 そこで、僭越ながら、愛知父母懇の皆さんの思いを歌にしました。笑わないでくださいね。

 サマセミも初夏のつどいも出来なくて日々待ちのぞむ出会いのドラマ
 (ここで、意外にも拍手が起きた)

 これまですべてのイベント・行事を中止してきましたが、このコロナ禍で、〈出会い、つながり 他者の大切さ〉を逆に改めて学んでいるのではないでしょうか。
 「他者」というのは、単なる人ではなく、自分にとって意味のある人のことで、最近はよく使われます。

「他者」に心を開き「他者」と共にある自分を知る。こういう「他者」の大切さを学ぶことこそ、この父母懇運動の持っている良さだと思います。
 

 コロナ禍で、父母懇のトレードマークともいえる「大規模での集会」はできませんが、逆に、少ない人数の規模になっても、そこに参加される方の「集会の意味」を問う共有がとても大事です。父母懇の原点をいまこうして学び直せることにしっかりと目を向けてやっていきましょう。

 本日は、総会を中止したことに伴う役員の退任と新任の承認をお願いすることなど、いくつかの議案がございます。「夏の研修会」につてもあとで報告します。ご議論をよろしくお願いします。

       ――――――――――――――――

 宮城からの〈教育・思想・文化への問いかけ〉 (20.6.27.) 

地方民研同士で交流のある宮城教育文化研究センターの数見隆生氏(宮城教育大学名誉教授、学校保健学)から、数点の貴重な著作・資料を恵贈していただきました。簡潔に紹介します。

(1)数見氏『命を愛(お)しむ 養護教諭の仕事』(本の泉社、2018年)。
 2011年に宮城教育大を退職後、宮城民研の役職者を務めながら、現職時代から続けてきた養護教諭からの聴き取りを行い、それを基にまとめたもの。と同時に、養護教諭に とって「観」が大事である事や、試論だとご本人は言うが「保健室における思想と技法」として、子どもとの向き合い方や悩みやストレスを掛ける子供との接し方が詳しく述べられている。

(2)みやぎ教育文化研究センター編『東北の教育的遺産』(2018年)。
東北と言えば「北方性教育運動」(※かつて前任校で、これを「北方」の「性教育」と思い込んでいた学生がいた。北方性の教育)であり、生活綴方教育をはじめとして、当 時の国家主義・軍国主義教育体制が弾圧をかけるほどの草の根的運動を繰り広げ、そのなかで多くの青年教師が育っていった。同センターとしては、いま「厳しい学校現場」 にいる現場の教師たちに、当時の青年教師の生き方・考え方からも学んでほしいと、「彼らの遺した灯を受け継いでタスキ渡し」をしていけるようにこの本を編んだという( 「発刊にあたって」より)。
村山ひで、鈴木道太など著名な各氏18名の論考からの引用が編集されている。

(3)同センター『設立20周年記念誌』2015年。
毎年の主な活動や行事を残す写真とエピソードでつづられた記念誌。表紙には、同研究センター設立総会の会場写真。広い部屋一杯に座ったひとびと、若い方も目立つが、す べての人の笑顔であふれている。1994年12月19日のこと。

(4)中森孜郎(しろう)著『アジア・太平洋戦争時代 「憂憤録」の頃の私』(2018年)。
中森氏は、宮城教育大時代から「身体と教育」を柱に民間教育運動を先頭に立って担ってこられた。91歳の現在は老人ホームで暮らしておられる(2018年8月の「朝日」宮城 版記事)。この書は、中森氏が、「国定教科書にもとづく教育によって天皇絶対の思想に洗脳され」「自ら志願して少年飛行兵となった」経緯から、敗戦で生きて復員できた が「天皇に対する思いは消えず」書き留めた文章と短歌を編集したものである(中森氏による「はじめに」から)。同氏が16〜21歳の時期とされる。
中森氏が苦労してこれをまとめた主旨は「教育の力がいかに恐ろしいものか」を知ってほしいからである。「軍国少年」の内面がここまで生々しく書かれている記録書は、浅 学にして詳しく知らないが、たぶん稀であろう。

 上記の中森氏が自らの体験を振り返り、「本当の学問とは、あらゆるものを疑い、本質を問い続け、いかに生きるかの答えを探すこと」と語っている(『朝日新聞』2018年8月15日宮城版)が、まさにその学問をいま、思春期以降の子ども・若者や、教師・保護者・市民自身が必要としているのではなかろうか。

 「憂憤」とは、文字通り「憂え憤る」ことだが、この市場原理型の新自由主義時代においても、政治経済だけではなく子育て・教育・文化をめぐって憂憤の思いの人々が満ち溢れているのではないだろうか。その「こころ」に知性を持って届けられる、民研活動でありたいものである。

       ――――――――――――――――

 新型コロナと愛知父母懇談会 (20.6.21.)

20日、午後、愛知父母懇談会の常任幹事会があり出席しました。主な議題は、8月初めに開催を予定することにした「夏の研修会」について常幹会として合意できるか、でした。

その実施原案そのものは、その前の11日、15日の二回の四役会でかなり話し合って、コロナ対策に配慮して実施する、となったものです。

団体の中のことはここでは書くべきではないので控えますが、この常幹会の前に、県下のセンター単位の合同会議ですでに「夏の研修会実施」が知らされたために、出席した常幹の方の中には何も聞いていなかったので「いま、なぜ?」の思いもあり、質問や意見などいろいろと出ました。

常幹会の前の打ち合わせで、会長として、「上から指示されて動く」形の常幹会にはしたくないので、多少時間はかかってもいろいろの立場の意見を出してもらう、もし万が一相当の対立で議論が膠着したら一旦本日は打ち切って臨時の会も開く、ということを新しい事務局長さん(母親)に伝えていました。
そのこともあって「夏の研修会」議案だけで約2時間を当てる結果に。

私は「コロナによって奪われた・失わされたことを、いま自粛が緩和されてから『取り戻す』『元に戻る』という発想自体をやめよう。新たに、できるところからやっていく。ただし、父母懇の存在意味を問うことは変わらない」という主旨を述べました。

集会自体への不安は当然ありますし、ましてやこの団体の役員は任意活動としてやっておられるので、そのことを再確認するための会長発言でした。
休憩なしでその後の報告事項も含めて3時間の会議となりました。座りっぱなしで腰に影響は多少ありましたが、久々の対話と議論のある会議となり、方向性も出せたので良かった。

コロナ不安がある今だから、何か集会や行事を開くにあたっては疑問や不安をだしてもらう。それを出し合える雰囲気や聴く関係性によって、その組織の民主性の度合いが図らずも現れるのだな、ということを学習しました。
これは他の団体でも、また大学の教授会などの会議でもある程度言えることではないでしょうか。

       ――――――――――――――――

服も「自分の入る小さな空間」(20.6.19.) 

デザイナーの皆川明氏が次のように述べていた。

「最近、服って人間が入る一番小さな空間だなと改めて感じる。移動制限によって自分が居る場所に対する感覚が研ぎ澄まされる中で、『この服の中に自分が気持ちよく居るんだ』という自身の存在感が、新たな価値を生むかもしれない」(『朝日新聞』5月21に付朝刊、名古屋本社版)
「服作り」のプロにしか言えない言葉だと思う。

いわゆる「着たきりスズメ」になって、寝ても起きても同じジャージで過ごすのは(私はそれだけはしないようにしているが)、「自分の居場所・空間」に対するあまりの鈍感さをそのまま表した姿ということになろうか。

誰かに会うために服を着替えるのではなく、(今は自粛解除となったが)外出や移動の制限があって「自分がいる場所」を否が応でも意識せざるを得ないときに、服を「自分の入る小さな空間」と捉えられる自己存在の感覚、これは大事なことではないだろうか。

本日(19日)をもって移動自粛、県をまたいでの移動制限も緩和されたことで、「自分がいる場所」を抑えて我慢していた分、堂々と出かけていきたい衝動にかられやすい。 それは、果たして、自分が居いるべき場所、自分がいるのにふさわしい場所を選んでの行動であろうか、そこを少し考えながら動いてみたい。やみくもに遠出をすることは、自分の存在感覚はないがしろにしてただ自分の体を物理的に移動させているだけにならないだろうか。

「服」が「一番小さな、自分の空間」であるなら、出かける先のお店、あるいは観光地、あるいは温泉場などは、自分が向き合う新たな世界(空間・時間)としてていねいに味わいたい。

コロナ禍で「自分の居場所」「自分を受け入れてくれる空間」の感覚が研ぎ澄まされたぶん、この社会の小さな隅において、安心して自分を出せる居場所空間の「当たり前」感覚を取り戻したいものである。「グローバル化」「新自由主義」「ICT」のどれも、このコロナ禍の難局で自分たちを守ってくれるものではないとわかったのだから。

       ――――――――――――――――

 「新型コロナと私たち」民主教育研究所からの発信 (20.6.11.)

「新型コロナと私たち 子ども・教育・学校・社会」と題する論集・資料集を、下記の民主教育研究所サイトで公開しています。

 民主教育研究所 


「資料集1〜3」まであります。
「その1」の終わりのページに、拙文が載っています。各氏の論考は現状を捉える重厚なものが多い。
14日に、同研究所による評議員総会がリモート方式で行われ、私も愛知からの評議員なので参加します。

       ――――――――――――――――

「老いの様式」(20.6.6.) 

『朝日新聞』の「朝日川柳」に、「コロナ禍に負けず劣らずトランプ禍」という絶妙の一句があった。いま、アメリカ国内を揺るがす警官による黒人圧死事件。トランプ大統領の次期改選を意識した「強いアメリカ」「経済第一」を打ち出したい権力姿勢がかえってアメリカ全土での抗議行動を生みだしている。
作用は必ず反作用を生む、という弁証法セオリーのお手本のような現実だ。

さて、今日の話題は、私も年齢相応に「老い」についての学びが始まっており、名著と名高い『老いの様式 その現代的考察』(多田富雄・今村仁司編著、誠信書房、1987年)を読んでの私なりの「まとめ」をおこなった。以下のページごとの氏名は、それぞれの執筆者(医学、社会科学、ジェンダー、作家などの著名人)。

ア)「老い」「老化」「加齢」「高齢化」「長寿」そして「エイジング(Aging)」と、同じ状態を表わすのに多様な言葉がある。医学的には、「老化」は「加齢に伴う生理的機能の減退」とされる(4頁、今堀)。そのうえで「老化」を防ぐには二つある、という。一つは、私たち一人ひとりの体内にある「生物時計」(今堀)をゆっくりとさせること。もう一つは、生理的機能の減退をとどめることだが、これは不可能に近い。それでも、筋肉の萎縮をさせないこと、運動による筋細胞の新生は有効である。

 本書をいったん離れるが、先日、鎌田実医師が、高齢者向けの筋トレで「椅子につかまって行うスクワット」の効果を実演入りで話していた。これも「筋細胞」の新生の原理からは、なるほど、と納得がいく。ただし、脳細胞だけは、再生なしのものだそうで、これはできるだけ現状維持か、機能低下を食い止める刺激を与えるしかない。

イ)再び、本書に戻って。「健康」とは、臨床医学的には、「変化する外部環境に対して、内部の環境が一定に保たれており、この状態を保つために」多くの機能が調和的にはたらいていることである(32頁、吉川)。老化はその減退現象だが、成人病がこのホメオスタシス減退に大きなマイナス要因となる。

 これは身体的側面のことだが、それだけではなく、精神・心理の社会的側面も大事で、その人の「人生の舞台の主役」をどう務めてきているかが大きく作用する(36頁)。この分野については、ヤスパースや宮城音弥氏らの優れた考察がある。

ウ)老いると、「人間識別力」が低下する(45頁以下、日野原)。「自分は若いと自負している老人は、自分が若者に期待をするほどには、若者は老人の若さを認めようとはしないことが多いことを、心得るべきである」(同前)。「死を自分のものとして考える」のは「人間のみに与えられた能力」であり、それを阻む心は誰にも共通にあるとはいえ、先送りの推測にのみ逃げ込まないで、突然の事態に至ってもうろたえないようにしたい。

レオナルド・ダ・ヴィンチいわく、「老年の欠陥を補うに足るものを青年時代に獲得しておけ」「十分に終わりのことを考えよ」と(日野原)。

エ)免疫学から見れば、人間は個体ごとに独自の「免疫系という小宇宙」(個体の独立性)を持っている(88頁、多田)。親子であろうと、生物学的には「お互いに他人」である(同所)。

「自己」以外の「非自己」に対する免疫反応は誰にも起こるが、それが「自己」に対して発動した場合に「自己免疫疾患」となる。これが原因で起きるのが難病である。それほどに免疫細胞は「非自己」を排除する精緻なネットワークを形成している(89頁)。

「老化」の生物学的解明は難しく、「多重性・不連続性・不規則性」などの反生物的現象が見られ、むいてもむいても「本質」に近づけない(玉ねぎのような:折出)状態である。多田氏は、だから、「生物というものが規則的で連続的な被造物であるという思想を捨てること」「日本の能にあるように、醜悪な老いは極限的には美しくあり得るという矛盾を受け入れること」などが必要かもしれないという。

オ)「老いの心」「精神の老化」には「脳の老化」が関与している。脳は非再生系細胞であり、40歳以降は次第に減少し始める。80歳の老人は、40歳の時に比べて脳の重量は約100グラム減少する(105頁、長谷川)。最近(当時)の研究では、知能の経年的変化は、「従来考えられていたよりもずっと後、おそらく中年後期から初老期に達するまで上昇傾向を保ち、還暦(60歳)のあとになって漸く衰退し始める」(108ー109頁)。

人間の心理体験には、夢中になって物事に没入する「没頭体験」と、客観的に分析する「見通し体験」があり、老年になるとしだいに前者は少なくなる。よって、仕事でも趣味でも「没頭体験」をもつことが「老年期の精神生活を豊かにする」(121頁、長谷川)。

「老人における生きがい」の基盤は、「他者とのつながりを維持してゆくこと」にある(124頁)。そして、「老人の弱さ」のみに眼を向けず、「老人の強さ」にも関心をもつことが「生きがいを支持する」うえで大事である。

ドイツ人の神父、ヘルマン・ホイベルスの詩の一節。
「この世の最上のわざは何?/楽しい心で年をとり/働きたいけれども休み/しゃべりたいけれども黙り/失望しそうな時に希望し/従順に、平静に、おのれの十字架をになう(後略)」
最後の「十字架を担う」は、信仰の道ではない者にあっては、我が人生を素直に受け入れる、という感じでいいと思う。

カ)文明は、老化してもなお生き続ける方法、延命操作の可能性を模索してきたが、その対象は「常に肉体中心となり、視覚化困難なこころや情念に目を向けることなく」進められてきた(164頁、河野)。

人間は生命の危機に立った時、自然の美しさ、自分の弱さに気づく。「人間が本当に弱さを知ったとき、人間の真実に目が向き、愛に芽生え、すべてを大切にする心ができてくる」(175頁)。

ひとが「老いを自覚する」のは、そのひとが「内なる子供」「内なる異性性(ユング)」を知ることと重なっている。ある70歳男性は食道がんで死を前にした時、母親のことばかりを話した。彼が恋いこがれた母親は現実の母親ではなく「母なるもの」であり、「子供への回帰」であった(187頁)。

キ)ポール・トゥルニエは、老いの現象の本質は「引退」であるという(262頁、江原)。しかし、それは職業からの「引退」が主で、これでは女性の「老い」を見ることが一面的になる。家族生活からの「引退」とは何かの考察が必要である。女性の場合、家庭内役割は、介護から孫の世話に至るまで、生涯続くと見られているために、「平板なもの」ととらえられがちである。

しかし、イギリスの研究などからも、高齢女性は家族・親族のネットワークの中心にいるがゆえに、「老いても役割喪失に苦しむことが比較的少ない」。だから、高齢女性は高齢男性に比べて、生き生きとしている。

このように社会的役割の連続性だけで「老い」を見ていいか? トゥルニエは、「引退」は「人生において本当に個人的な生の開始である」という(268頁)。
高齢の男性・女性共に、「役割維持」志向と「引退」志向があり、葛藤がある。歴史的に見ると、男性の老人が共同体の長老としてコスモスの中心に位置づいているのとは対極に、高齢女性は、どちらかといえば共同体の周縁部に位置づけられてきた。

それは決して昔物語ではなく、現代においても、「女が一人で生きられない社会」が女性を抑圧しており、その構図がそのまま高齢女性にもいえることに気づくべきである(281頁、江原)。

       ――――――――――――――――

 「ポストコロナ」の学校とは (20.6.1.)

全生研のメーリングリストでは、塩崎さんが、「ポストコロナ」の学校の在り方として、ギグエコノミー型スクール(受注に応じて業務するギグエコノミーをモデルとする学校形態。彼の造語)と、一斉一律・競争型の学校、そして少人数教育の学校に分かれるのではないか、という面白い問題を投げかけています。

すでに、入学から講義・卒業まで完全にオンラインで運営する「サイバー大学」(本拠地、福岡県、インターネット企業の経営者が学長)が動いているし、塾産業では、オンライン授業にあたるWeb講義が行われていたりします。
「ポストコロナ」の学校をどう見るかは、コロナ禍のもとで子どもたちとどのようにつながってきたか、新たに開拓した(せざるをえなかった)教育上の行動形態や方法、ツール等がどういうものであったかに関わっています。

コロナ禍の休校中に積極的にオンライン授業を実施した義務教育段階の学校では、学校再開になっても、この形式は取り入れて行きたいとの感想も出ています。その理由は、生徒一人ひとりと画面上で対面できる、教室とは違って個々の生徒の声が聴ける、授業の流れを工夫しやすい、などがあるようです(『朝日新聞』6月1日付朝刊、名古屋本社版)。

広く社会的に見ても、「ポストコロナ」においては、コロナ禍による休業・休校前の状態にそのまま戻るわけにはいかないし、またそれはできない、というのが大方の感想ではないでしょうか。
例えば、会社経営ではテレワークで十分に営業ができることがわかった業態では、都会の高い賃料のかかるオフィスを閉じてテレワークに切り換えるところもあると報じられました。

また、飲食店業界では、休業でお客が途絶えた中で、一番には生き残りのためもあったが、テイクアウト主流に切り換えたり、複数の業種が合同でおこなうテイクアウトのシェアのお店に専念することに踏み切ったりするなど、今後の経営・業務の選択を決断しています。

教育分野では、いきなり浮上した「9月入学・始業制」問題も、「ポストコロナ」の1つの論点でしょう。
子ども個人のケア、教育形態の小規模化、学級づくりの在り方、教員同士の連携・共同の在り方、家庭・保護者との連絡の在り方、コロナ感染予防を中心とする学校衛生環境の転換、など多くの改善点が出てきています。

こうした課題に向き合うのは現場の教職員です。これを機に、今まで以上に、学校および教職員集団の自主性・自律性をしっかりと担保する教育行政に切り換えていくべきではないでしょうか。
学習指導要領も、今以上にもっと大綱化して、各学校の教育課程編成を保障していく方向に変えていくべきでしょう。
それでこそ真の「ポストコロナ」スクールといえるのではないでしょうか。

       ――――――――――――――――

政治に対する小論(20.5.25.) 

6月中旬に、日本民主教育研究所の評議員総会が開かれますが、Zoomによるリモート会議です。 各評議員から今の教育改革問題や地域の実態について文章を寄せるようにとの事務局からの指示があり、本来なら教育問題を取り上げるべきなのでしょうが、この機会にどうしても、との意図から、下記の一文を事務局に送りました。

民衆の目線で政治の本質を観よう                  折出健二(愛知 評議員)

世阿弥の『花鏡』にこういう言葉がある。
「出来場を忘れて能を見よ、能を忘れて為手(して)を見よ、為手を忘れて心を見よ、心を忘れて能を知れ」(原文)
「演じぶりを忘れて能を見よ、能を忘れて役者を見よ、役者を忘れて心を見よ、心を忘れて能を知れ」(現代文訳:小西甚一訳)
能に限らず表現者、教育者、あるいは政治も実社会という舞台での実践と見れば政治家にも当てはまる名言だと私は思う。

政治の世界においては、国民の興味を湧き立たせるコツを知っている者はそのように演じる(表現する)が、だからといって、当人はその活動の担い手にふさわしい力量を持っているかどうかは、わからない。だから「出来場」(大臣なら大臣職のその職務の結果)に惑わされずに(「忘れて」とはそういうことを基準にしないで、離れて、の意味)活動(実践)の姿そのものを見なさい。

その活動(実践)も、何をどう実現したいのか、変えたいのかが肝要である。その政治実践者が小さな舞台で演じる場合に引き立つだけの者なのかどうかをよく見なさい。仮にそういう器であっても、その政治実践者なりに、国民に対して必要な行政内容どうつくりだそうとしているのか、その者の本当の心を見なさい。その心がどうであるかを識別しながら政治家の実践を批判・批評出来て初めて、あなたにとって政治実践とは何かという、あなたならではの基準を持てるようになっているといえる。

新型コロナウイルス感染拡大の危機にどう対処するかの大舞台で、世阿弥の言葉そのものが(負の意味で)当てはまるドタバタ劇を、安倍政権の各閣僚たちは見せてくれた。個々の大臣諸氏が早期の収束を願い奮闘していることは、ニュース報道を観る限り、わからないでもない。しかし、である。PCR検査の大幅拡大をすると約束しながら実行されない。全戸にマスクの配布など巨額を投じてまでやることではない。最も必要としている医療現場にこそ、それだけの経費をかけて補助すべき事案が山ほどあったし、今もある。そして一律10万円の給付も、この際マイナンバー登録の拡張に当てようという魂胆が絡むのでスタートからトラブル続きで、結局給付は遅れる見込みだ。

やること為すこと、国民の方を向いているように見せながら、その「心」は国民から離れているので、観るに値するものが観えてこない。ドイツのメルケル首相の全国民に向けた演説のような、民主主義社会に生きるわれわれは人々への信頼と連帯でコロナ危機を乗り切る、という明確なメッセージもなかった。早期の経済復興を、と政権の彼らは言うが、「経済」は「経世済民」、すなわち「世の中を治め、人民の苦しみを救うこと」(『広辞苑』)である。その根本がわかっていなくて、なぜ、国政を預かる立場で、コロナ危機を乗り切る政治実践ができるのか。

逆に、コロナ危機の中で、はっきりと、自分たちの日常生活や、最も苦難を抱える困窮者にとって「当てにならない政治」とはどういうものかを学習する良い材料も多く得た。
今度はその学習を生かして、自分たちの国と社会を守るのはやはり自分たち自身であるという主権者統治の原点を、わたしたちがどれだけ、様々な場で具体的に行動できるか、だ。

私のような70代の者に何ができるだろうか? これにも世阿弥は明快に答えている。「老後の初心忘るべからず」と。すなわち、世界を、国家を揺るがすこれほどの危機はいまだかつてなかった。私の人生を振り返ってもそうである。であれば、どんなに小さなことでも、試み、発信し、行動することはそれ自体が「初心」である。
コロナ危機が収束する時が来たとしても、初心忘るべからず、である。

       ――――――――――――――――

 これぞ政治の弁証法 (20.5.24.)

みずからもコロナ感染し無事に退院したイギリス首相、ポリス・ジョンソン氏が「社会というものがまさに存在する」とビデオメッセージで発言したと報じられました(『しんぶん赤旗』2020年5月24日付第一面)。
これは、すばらしい政治哲学のメッセ−ジだと思います。

その記事も書いています通り、かつてマーガレット・サッチャー首相が、アメリカのレーガン大統領が取った規制緩和による市場経済重視の「レーガノミックス」を受け止めて、新自由主義による個人の自由競争徹底の政策を導入しました(1987年)。その時のサッチャー首相の象徴的な言葉が、「社会はない。あるのは個人と家庭だ」でした。ジョンソン首相の発言は、これを真正面から否定するものです。

日本では、1980年代の中曽根政権による三公社の民営化、そして2000年代はじめの小泉首相による「聖域なき構造改革」などで新自由主義政策がしだいに徹底されてきています。

教育でも、この流れに呼応する形で「自己教育」「自己責任」が言われるようになっています。
ジョンソン首相の意図は、私自身はこれ以上フォローしていないので、何とも言えませんが、「サッチャー首相の継承」とまで言われた(同紙より)彼が、コロナ危機への対応の渦中でこれを否定したことは、ある意味では、新自由主義のもろさ、危機対応の政策能力の低さを物語っていると思います。

我が国でも、現に、病院の統合や病床のスリム化を進めてきた中で、コロナ危機に直面し、安倍政権は右往左往している状態です。国としての科学的権威ある感染研究センターが確立していれば、もっと対応は違ったといえます。

「純粋個人主義」とまで言われたサッチャー氏の発言が同じイギリス首相の、しかも継承者とされるリーダーによって否定される。
まさに、政治の弁証法ですね。ただし、コロナ危機が収束した後にくる社会をどう創っていくか。そこが依然として、各国に共通の重大問題です。

       ――――――――――――――――

世阿弥『花鏡』に学ぶこと(一部訂正)(20.5.17.) 

世阿弥のこの書は、これまで他の方の著書で抜粋・引用されている文は読んだことがありましたが、通し読みはこれが初めて。ある書物を読んでいて本書のことが引用されていて触発されて、読みました(『風姿花伝・花鏡』たちばな出版)。
これからも何度か読み返すに値する書だと思います。

その中に、ハッとした一節があります。
「演じぶりを忘れて能を見よ、能を忘れて役者を見よ、役者を忘れて心を見よ、心を忘れて能を知れ」(小西甚一訳)
原文はこうです。
「出来場を忘れて能を見よ、能を忘れて為手(して)を見よ、為手を忘れて心を見よ、心を忘れて能を知れ」

この一文は、能の批判とは何かをのべた個所で出てきます。
上手な役者がたまたま不出来な場合もあれば下手な役者が上出来の場合もあるから、「出来場」すなわちその時の(鑑賞者として能を見る時の)出来栄えでその能を批評することはよろしくない。
役者によっては小規模の舞台でないと成功しない者がいるし、役者によっては観客の興味を湧き立たせるコツを知って演じる者が演じる能はうまく行く。そのように能の役者の心を識別しながら能を見ることができて初めて能を批評することができるのだ。
このようなことを世阿弥は言っているようです。

【お詫び】以下の内容は、当初アップしたものを訂正したものです。はじめの私の読み取りが浅かったと反省しています。

世阿弥が言いたいことは何でしょうか。

観客の興味を湧き立たせるコツを知っている役者はそのように演じるが、だからといって、当人は能の役者として力量を持っているかどうかは、わからない。だから「演じぶり」に惑わされずに(「忘れて」とはそういうことを基準にしないで、の意味)能の姿そのものを見なさい。

しかし、その能も、何をどう演じたいのかが肝要である。その役者が小さな舞台で演じる場合に引き立つだけの者なのかどうかを見なさい。仮にそうであっても、役者が、この演目をどう演じようとしているのか、その役者の心を見なさい。その心がどうであるかを識別しながら能を鑑賞出来て初めて、あなたにとって、能とは何かという、あなたならではの基準を持てるようになっているといえるのです。

だいたい、こういう意味ではないかと思います。これを、私の関係する生活指導の実践者に応用すると、このようになります。

子どもたちへの接し方・振舞いを見て、それをもって実践評価の基準としないで、その実践者(教師)そのひとを見なさい。それでもつかめず、教師の子どもへの向き合い方(子ども観)を見ようとしても見えないなら、その実践者における(例えば)学級づくり、集団づくりなどの生活指導に対する考え方や生き方を見なさい。

その実践者の抱く思想や子ども観などを基準にして実践を読みとることができるようになって初めて、学級づくり・集団づくりとは何かに対する、あるいは生活指導は何かに対するあなたなりの見解を持って実践を批評することができるといえます。

このくだりは、能の批判について書いている節ですが、鋭いですね。実践を、研究に置き換えても同じです。

       ――――――――――――――――

 検察庁法改定法案は撤回を (20.5.16.)

森友学園問題での疑惑に関して、調査報告書を出すにあたり、内閣は関係者の起訴か不起訴かの結論を先に出してもらわないと報告書が出せない、法務省にも巻きを入れるように、という文書を辰巳幸太郎議員が入手していて、本日夕刻のTBS系「報道特集」でインタビューに応えてその状況を提供していました。
そして、財務省関係者の全員が不起訴になったわけです。辰巳氏が言うように、内閣はそのような不起訴処分になることを事前に知ったうえで行動したということです。

検察庁の検事総長人事を内閣の意向で動かせるようになると、様々な政権の疑惑も闇に葬られることになりかねない。
国家公務員の定年を引き上げる法改正と、検察官もこの国家公務員と同じ扱いで定年延長を可とする改正法案です。いわゆる、両者を「抱き合わせ」で一緒に通そうとする。しかも、このコロナ禍でほかにやるべきことが山ほどあるというのに。

同改正法案は撤回して、いまはコロナ禍の早急の終息のために、全国会で叡智を尽くすべき時です。

問題点は以下の日弁連「声明」で明らかにされています。
日本弁護士連合会
検事長の勤務延長に関する閣議決定の撤回を求め、国家公務員法等の一部を改正する法律案に反対する会長声明
https://www.nichibenren.or.jp/document/statement/year/2020/200406.html
日本弁護士連合会
改めて検察庁法の一部改正に反対する会長声明
https://www.nichibenren.or.jp/document/statement/year/2020/200511.html?fbclid=IwAR2fUQclBU_yWyXZsu3to9gWIdFLaEwx6usGIFf2b61gJn3YRilHKmy1cng

浜矩子さんの切れ味鋭いコメントも聴きました。政治学の白井聡さんの分析など。
浜さんは、ポーランドのカチンスキ―という政治家による独裁体制と同じことが日本で起きており、日本の「ポーランド化」だと指摘しました。
浜さんの最新の問題提起は下記のサイトで。
https://www.jacom.or.jp/nousei/tokusyu/2020/05/200513-44288.php

       ――――――――――――――――

コロナ禍で思想との出会い直し(20.5.16.) 

◆コロナの影響で勤務先(非常勤)の私立大学看護学部もオンライン授業となり、そのコンテンツ作りをここ数日やってきました。新入生の授業はその形式で来週の5月18日からいよいよ始まります。私もその週に第1回目を迎えます。

第1回「教育とは何か」、第2回「人間形成と発達」、第3回「西洋教育史における子どもと教育・学校」、第4回「日本教育史における子どもと教育・学校」が、すぐにアップできる内容でスタンバイしています(マイクロソフト社のTeamsというソフトでオンデマンド録画式で提供するので、週の初めごとに1回ずつ、教材を所定の科目のコーナーにセットしていくわけです。

第1回目は、昨日、30コマのパワーポイントのコマを進めながら解説と講義をマイクによる吹込みで録画しました。操作上のこともあって結局、やり直して3回目に無事セットできました。

上記のコンテンツ作りで、自分でも意外に作成に浸って、興味に惹かれて集中したのが第3回の思想史です。ルソーやカント、ペスタロッチ−、ヘルバルト、フレーベル、デューイ、マカレンコなど主な教育者や思想家については、教育思想をあつかった全8巻(ぎょうせい刊)の研究書も読んで、解説の文章を作ってパワーポイントにしました。 それぞれの業績を批評し意味づけている研究者の方々の論考にも刺激を受けたし、若い学生たちにどういう言葉で、どこまで伝えるべきかで、ある種の緊張で作業ができたことは、コロナ禍のせいでこうなったとはいえ、いい勉強の機会になりました。

◇ある女性ピアニストが、ベートーヴェンと、歴代の思想家とつなげた行うコンサートを企画されたというのを知って、ベートーヴェンにヘーゲルの影響もあるらしいとのことなので、そのことを論じているテオドール・W・アドルノ『ベートーヴェン 音楽の哲学』(大久保訳、作品社)を取り寄せました。

また、ヘーゲル哲学研究者・牧野紀之氏の指導を受けたという中井浩一『ヘーゲル哲学の読み方』(社会評論社)も購入しました。ちょうど私が、ヘーゲルを手がかりに何か基本的な人間観・社会観・人生観のようなものをまとめようかなと思っていた矢先でもあったので。
本が届いてから少し中身を見ましたが、確かに、章立てや構成は、牧野氏の影響かなと思わせる面があります。

まだ、パラパラと中身を見ているだけなので何とも言えないのですが、例えば、「ヘーゲルによる人生の三段階説」では、「抽象的普遍」(子ども、個性はまだない)、「特殊」(思春期以降の個性の主張)、「個別」とまとめて解説しているのですが、こういうようなヘーゲルの使い方こそが、気をつけなくてはいけないやり方だと思います。 大家の論説を持ち出しては、人間性や人生の極意を解き明かす式の書物が多くありますが、私は、それだけはしてはならない、と思っています。
ヘーゲルにしても、普遍・特殊・個別はものの実体(真理)がそなえる三側面として述べたもので、それを(著者はある塾の塾長)教育的な焼き直しで使うのは、趣旨がそれていくのではないかと。

◆ヘーゲルと言えば、『朝日新聞』5月24日付朝刊の書評コラムで大澤真幸氏が『精神現象学』をとりあげ論評していますが、「実体が主体であると見なしたところがヘーゲルの独創である」という見解は、まさに私の理解と一致していて、納得しました(拙著『対話的生き方を育てる教育の弁証法』の序章、19頁以下で「実体と主体」を取り上げています)。ただ、大澤氏のこういう論評のクセなのか、なんだかヘーゲルの思索を戯画化しているように読めて、違和感がありました。

◇そんなわけで、コロナ禍のもとで、自分がこだわってきた思想との出会い直しができていること自体は、大事にすべきひと時なのだと思います。

       ――――――――――――――――

 新型コロナ禍のもとでさらに自粛要請がつづく (20.5.10.)

5月4日をもって緊急事態宣言が継続され、5月末まで自粛要請がつづくことになりました(特定地域に指定されていない自治体は、それぞれの首長の判断で自粛緩和あるいは一部解除に向かっています)。

◇子どもたちのことで言えば「9月入学」問題をTVワイドショーなども盛んに取り上げるようになりましたが、コロナ禍のもとでは、まず通常の教育課程は無理なので、教える対象の科目自体を精選し、子どもの学習負担を軽減して、夏休みの短縮、冬休みの短縮で、20年度内の1年で学校としての保護・支援・指導の機能が発揮できるようにした方が合理的です。

教育課程の精選では、各教科の達成を前提として「特別な教科」として設置された「道徳科」はその前提が困難であることから、教育課程編成の制度上の権限者である文科大臣通知で、今年度は指導対象外とする、などこちらの方の英断が肝心です。
また、そのように精選された教育内容を基にした出題で高校・大学の入試は実施することも、国の行政指導の権限で大胆に進めて行くことが求められます。

◇市民生活では、やはり、愛知では感染者が連続ゼロであったことで、最近のスーパーはお昼前あるいは夕方には家族連れも多く、混みあっています。そんな中、昨日、名古屋市で二名、春日井市で一名が感染者とされました。

◇テレワークやZoom会議など、ネット環境を活用した生活・働き方の転換がなかなかすすまない日本の現実について、「iモード」を開発したIT専門家は、日本のテクノロジーは高いものを持ちながらそれが人びとに入って行かないのは、「なんとかなる」でこれまでしのいできたからだ、と言っていました(10日、NHK朝のTVニュース)。

コロナ対応でも、PCR検査による感染チェックの体制づくり、マスクを公平にいきわたらせる販売の扱い、市民の移動の規制など、韓国や台湾のほうがはるかにネット情報を活用した巨大な市民ネットを運用できたという印象があります。

PCR検査も1桁増やすことを早急に、と野党が要求し、安倍首相らもすぐに実施と回答しつつ、いまだにそれは実現しない。「目詰まり」の言葉がニュースでも使われ始めていますが、元の意味は、網の目がチリなどで詰まることですが、そこが違います。元の「網」つまり医療的な検査のネットワーク自体がとても狭い範囲でしか設けられていなかったのでから。

◇私はと言えば、オンライン講義のコンテンツづくりで毎日、調べものとパワーポイント作成に打ち込んでいます。いま、「教育原理」の三回分が出来上がり、マイクで解説してその録画をアップするだけです。5月18日から新入生の授業開始なので、まだ十分に間に合うのです。
それ以後の授業分については、昨年のデータ資料があるので、これを編集して対応できます。

パワーポイントは、「です・ます」体で説明をつくり、教育思想家の画像も入れ、少しでも親しめるようにして、PPTの最後のスライドでは、私のスナップ写真も隅に入れて、次回にさそう形にしました。

◇この授業準備作業で座りっぱなしなので、夕方には、まず腰回りのストレッチをして、連れ合いと約7キロのウオーキングに出ます。毎日しています。スポーツジムのウオーキングマシンの利用でスピード感覚は身についているので、無理のない速さで、途中休まないように、歩きやすい、樹木があって気分も晴れるようなコースを選んで歩いています。
そして、帰ってすぐに風呂を沸かして、汗を荒い流して、風呂上がりに軽くお湯割りを一杯。免疫力キープになってほしいと。

       ――――――――――――――――

4月の記事 

 9月入学・新学期の導入について (20.4.30.)

 心の傷を負っている人への加害性 (20.4.26.)

 コロナ危機と自己更新力:コロナウイルス対策(その9)(20.4.24.)

 新型コロナに対する処方:コロナウイルス対策(その8) (20.4.20.)

 コロナ危機で「クラスター」とは何か:コロナウイルス対策(その7)(20.4.18.)

 「最大の敵は心の中にある悪魔」:コロナウイルス対策(その6) (20.4.16.)

 コロナ危機で人と人の関係性がなぜ揺らぐのか:コロナウイルス対策(その5)(20.4.14.)

 「パンデミック指針」と集団づくり (20.4.11.)

 「学校とは何か」「文化とは何か」:コロナウイルス対策(その4)(20.4.10.)

 コロナウイルス対策(その3) (20.4.9.)

 コロナウイルス対策(その2) (20.4.5.)

 それぞれのスタート (20.4.1.)

       ――――――――――――――――

 9月入学・新学期の導入について (20.4.30.)

1872年(明治5年)いわゆる近代学校の基礎となる「学制」が太政官発令として出され、日本の学校がスタートしました。この時は欧米、特にフランスの学校制度をモデルにしたいきさつから、9月入学でした。
山口県の図書館が公開している学制に関連した史料を見ると、明治5年8月に学制が公布され、すぐに準備して、同年10月には学校設置のための整備を為し、同年12月をもって、太陽暦施行で明治6年1月となり、ようやく小学を開校でできた、とあります。

ところが、学制は外国の学校を模倣したために根付くのがよわく、改めて日本独自の教育令を制定して、1900年(明治33年)「小学校令」の改正で、「児童満六歳ニ達シタル翌月ヨリ満十四歳ニ至ル八箇年」とし、「学齢児童ノ学齢ニ達シタル月以降ニ於ケル最初ノ学年ノ始ヲ以テ就学ノ始期トシ・・・」、つまり「児童が満6歳になって最初の学年のはじめを就学の時期とする」と定められました。同時に、小学校令施行規則で「4月1日に始まり3月31日に終わる」と規定しました(以上は「レファレンス協同データベース」より。同サイトが依拠したのは文部省『学制百年史』)。以来、今日まで、入学時期は「4月」となっています。

学校(幼稚園から大学まで)の入学時期を「9月入学」にすることについて内閣府は、昭和63年、平成13年と、世論調査を行いました。いわゆる秋季入学について「世界の多数の国に合わせるべきである」の意見を聞くと、「そう思う」が42.1%、「そうは思わない」が48.9%でした。
大学の秋季入学については、内閣府調査では、賛成が40.7%、反対が40.5%でした。当時の大学長も、同順で、49.9%、43.5%と賛否はほぼ拮抗する状況でした。

コロナ禍が原因で休校が続いている今、全国知事会などで「9月入学・新学期制の導入を」の声も上がっていますが、冷静に見ればいくつかの課題があります。

1つは、現下の休校中における学力不安や学校環境等による学力格差を懸念して、その論議が起きていること。であれば、いきなり「9月入学」に持っていかないで、その前に学力の遅れを止めて格差をなくすために、例えば立憲民主の安住氏がいうような「少人数学級」編成による対応を重点的に行うなど、現行の制度内で行うべき対策があるということ。

2つめに、いまのコロナ禍の対処選択を機に「9月入学」の検討を開始するとしても、制度上の検討に相当の時間と労力を要すること。
まずは学校教育法第17条の「保護者は、子の満六歳に達した日の翌日以後における最初の学年の初めから、満十二歳に達した日の属する学年の終わりまで、これを小学校、義務教育学校の前期課程又は特別支援学校の小学部に就学させる義務を負う」の改定問題、さらに同法施行規則第59条の「小学校の学年は、4月1日に始まり、翌年3月 31 日に終わる」の改定問題、これらが整合性を持って進められなければならないこと。

3つめに、会計年度は4月から翌年の3月までが通例で、「来年から大学を全部9月入学」にした場合に、学校経営上の経費確保が「5か月遅れ」となって特に私学財政には打撃となる(前川喜平氏のツイッター・コメント)。つまり、来年3月に学部等の卒業生を送り出した後、検定料・入学金・授業料の入金は9月まで待つことになり、その間の5か月、私学の財源は持ち堪えられるか、という問題が起きる。

4つめに、上記に関連して、この4月からの高3生が来年3月卒業後に大学進学する際に、5か月近くの「猶予期間」をどう保障するのか。自主的な学びの活動なり社会参加を持てる場ないしは制度的な機会を設けるのかどうか、その実施のマネジメントはどの機関がどのような公的責任で行うのか、など大学進学を希望する若者の発達保障の課題も未着のままであること。
イギリスでは、「ギャップ・イヤー」(入学猶予期間)として学生の選択で、「高校が終わる6月から、大学が始まる翌年の10月までの16月間」を自由に活動できる選択制を設けている(文科省)。これに類似した制度は、我が国の大学では今はない。関連して、「入学後のプログラム」として数大学が実施している(文科省)。

5つめに、コロナ禍が原因であるとして、直接それに結び付けるがゆえの、一律実施の難しさがある。岩手県のように「感染者ゼロ」の自治体では5月6日までの休校措置を取っていて「別に問題はなく」(同知事)再開すれば今の制度でもやっていける。また、市町のレベルでも、感染者がその後収束にむかっていて現行で対応できる自治体もある。コロナ感染のリスクを機に、「9月入学を今こそ」と持ち出すのは、自治体行政の発想ではあっても、子どもを守り子どもの権利保障を優先的に考える教育ないしは発達保障の発想とは言い難い。

前提として、「9月入学・新学期制」の議論を閉ざすことはしないが、そのうえで、少なくとも以上の諸点について吟味・検討をすること自体が「子どもにとって最善の利益は何か」(子どもの権利条約の履行)を明らかにする作業である。
多くの国民がいだくコロナ禍終息への不安や関心の高さに付け入って、パフォーマンス的にワイドショーなどで持論を声高にしゃべる「TV有名人」たちの「井戸端会議」的な「9月入学」談義に子どもの未来が左右されてはならない。

       ――――――――――――――――

 心の傷を負っている人への加害性 (20.4.26.)

虐待などの被害に遭ったり家庭に居場所を持てなくて困難な状態にある中高生の世代を支援している団体があります。

 社団法人colabo 


若い世代の今日的問題に向き合って支援する、とても貴重な活動だと思います。

最近、その主催する「Tsubomi Cafe」の視察に訪れた自民党の議員団が、その現場にいる間に、colaboに今頼っている10代の女性にセクハラをした、との問題に公開の抗議文を出して、経緯と謝罪の要求を述べています。

 colaboの抗議文と要望書


この件は既にメディアも報じており、詳細はそこに譲ります。

私が、ここにアップする気になったのは、この事案が持っている「加害性」について考えるべき点があると思うからです。
1つは、訪問した男性議員たちが黒のスーツでそろっていて、その姿自体が10代の女性たちに威圧感を与えたこと。会話の際に議員が相手の時は敬語を使い、そこにいる10代の女性らにはタメ語で話し、明らかな差別的行為が見られたこと。

2つめに、セクハラの当事者として抗議されている元馳文科大臣は、抗議文の説明によると、10代の女性の後ろを通る振りをして両手で腰を触ったこと。

3つめに、もともとこの「カフェ」は生きづらさや支援を求める心の傷を負った若者へのしずかな相談の場の意味もあるのに、設営の時から、年配議員が若手に大声で命令するなど、「カフェ」の雰囲気そのものが壊されたこと。

4つめに、部下の者に命令口調で指示を出す威圧的なやり取りのその光景自体が、それを見た10代女性に恐怖感を与えたこと。家庭でのDVが目の前で行なわれるのを見る子どもが心理的に虐待を受けるのと同じ構図でもあること。

5つめに、同行した秘書らしい人物が、その場の様子をどんどん撮影していて、その場に居る10代女性の中には、虐待を避けるために逃げてきている人もいるのに、そういうことをお構いなしにカメラを向けたこと。そのような人権感覚であること。

抗議文が問いかける問題点は、以上に尽きるわけではないが、他者への配慮というケアの観点からも、多くの弱点を露呈していると思います。
そして、ここにあげた5点の全てが、心の傷を負っている人への加害性を表わしていることが重要です。

直接に相手に対して暴言を吐いたり、手を挙げたりしたのではなくても、その居場所、安心を求めてそこに来ているその環境を壊すこと自体が、加害であること。
これまで多くの子どもたちがいじめ被害をとおして訴えてきたことは、そのことでした。

ところが、「いじめ防止対策推進法」に当時、文科大臣の立場であれほど細かく関わったとされる馳氏が、「いじめ被害」の心的外傷に通じる不安と対人的な怖さを抱える人に対して「セクハラ」を訴えられる。

いじめから子どもたちを守れない、その1つの大きな原因もそうした自分たちおとなの加害性の無自覚さにあるのではないでしょうか。

       ――――――――――――――――

 コロナ危機と自己更新力:コロナウイルス対策(その9)(20.4.24.)

昨日(23日)にニュースで流れた岡江久美子さんの急逝のことは、その前の志村けんさん急逝に次いでなので同年代の方はもとよりそうでない人々にも衝撃でした。
何よりも、新型コロナウイルスの感染による肺炎の怖さです。

ある「医師ブログ」(3月29日)によると、コロナウイルス肺炎の怖さが医学的にこう説明されています。

《「ウイルス性」肺炎は、直接的に戦うことによって起こる反応(合戦タイプ)もあるのですが、それだけではなく、これらを排除しようとして自分のカラダの免疫が暴走することによって起きる炎症も大きく影響するとされています。

これをサイトカインストームと呼び、これらは「間質」そのものや、間質にある「血管」に炎症を起こし傷つけてしまいます。肺胞は傷ついて固くなった間質に邪魔されて膨らみにくくなり、空気が入りづらくなります。加えて肺に届いた空気中の酸素も、固くなった間質や血管の壁に阻まれて取り込まれづらくなり、血中の酸素が不足し、呼吸不全の状態になってしまいます。》
注記:「間質」について。「気管、気管支につながる『肺胞』と呼ばれる袋が3億個ほど集まってできている臓器」があり、「その袋と袋のすきまには、血管やリンパ管、それらを支える組織」が「間質」(同ブログより)。

《このような肺炎に至ると、治療は非常に難しいであろうと思われます。
理由としては、全身のサイトカインストームが原因なので、両肺同時に肺炎をきたすケースが多くなるため(その分正常な肺が少なくなる)、細菌とは違いウイルスには(インフルエンザやヘルペスなど一部のウイルスを除いて)直接退治する薬がなく、これらを退治するには体の免疫反応に頼るしかないため、それに一般的にウイルス性肺炎では、これらで弱った肺にさらに細菌がついてしまうことが少なくなく、こうなると本当に厳しくなるためです(そのような意味でも、ご高齢の方に今一番できる対策は、肺炎球菌ワクチンの接種なのかもしれません)。

治療には酸素投与、人工呼吸器、人工心肺(ECMO)なども用いられますが、これらはウイルスを排除するためのものではなく、免疫によってウイルスを排除できるまでの時間稼ぎのためのものです。これらの時間稼ぎの結果、免疫によってウイルスが排除されてサイトカインストームが収まれば症状は改善しますが、どこまでもサイトカインストームが進んでしまうと死に至ってしまうというわけです。》
(URL=https://www.katoiin.info/blog/2020/03/post-85-727079.html 読みやすくするため、改行した箇所があります) 

結局は、「免疫によってウイルスを排除」ないしは「不活化」させる潜在力に頼ることになるわけです。

ウイルスが襲うだけではなく、宿主である私たちの生体内で、ウイルスを迎え排除しようとする「暴走」も起きる、そういう作用と反作用が生じる、というのです。
爆発的感染の恐れもなくなったわけではなく、手洗い、マスク、対人距離、そしてスーパーなどの購入商品のアルコール消毒、これらの予防策をとにかく毎日徹底することが、大事な予防策になります。

       ――――――――――――――――

 新型コロナに対する処方:コロナウイルス対策(その8) (20.4.20.)

◇ヴァイオリニスト・横山令奈さんが、イタリア北部のクレモナ(ストラディバリが活動した街)で、新型コロナ患者治療にとりくむ医療関係者への感謝として病院の依頼を受けて、その屋上で演奏したそうです(『朝日新聞』4月20日付朝刊より)。
さっそく、Youtubeで、その動画を視聴しました。マスク・防護服姿の医療関係者がたくさん、手を休めて聴き入っていました。感動的な場面です。

横山さんは「生の音楽が人の心に届き、少しでも勇気を持ってもらえたら」と話しました。

◆長尾和宏氏(クリニック院長)による『歩くだけでウイルス感染に勝てる!』(山と渓谷社、4月25日発行、kindle版)を読んでいます。その要旨は、タイトルの通り、歩行習慣をつけることがウイルス感染に対する免疫力を高める、ということです。

実は、いつも通っているスポーツジムが愛知県独自の「緊急事態宣言」と同時に休業になり、外出自粛と重なって、運動不足になるのを解消したいと連れ合いと共に歩き始めたので、その効果の確かさについて興味があって、この電子書籍を買いました。だいたい読み終わったところです。

私たちは、そうたいしたことではなく、居住地域のバス通り沿いのなだらかな歩道専用の道をつかって、その先にある池を外周して戻ってくるコースを主にしています。これで、大体1時間余で6.5〜7キロです。
この他にも団地の外周を歩くコース、別の集合団地まで出かけて戻ってくるコース、バスで出かけて、川沿いの専用歩道を歩くコース、などちょっと景色を変える楽しみを入れながらやっています。
今のところ、毎日です。雨模様の日も、雨が上がった雲間をつかって出かけました。

で、長尾氏の本を読んで、このやり方でいいのだと理解できました。
「歩く」ことは、私たちが体内に持っている免疫システム、特にナチュラルキラー(NK)細胞を活性化させて、ウイルスを不活化させることにつながる、という主旨です。 そのやり方は「適度」な歩行、つまりウオーキングです。無理なジョギングではなく。また、ぶらりの散歩も何回かつなぐことで効果はあるそうです。

スポーツジムに通っている時も、ウオーキングマシンを使いました。ただ、マシンに付属のテレビ画像は消して、歩きながら、いま進行している原稿のこと、会議の連絡の件など、頭に浮かぶことを少し継続するようにしていました。

ですから、屋外を歩く時も、連れ合いと一緒ではあるが、必要なこと以外は話さずに集中して歩くことにしています。
すると、脳に酸素が回って、いろいろのアイデアが浮かびやすい。また、30分近く歩くと汗ばんできて、血行が良くなっているのが分かります。1時間半近く歩き続けると血流の循環がよくなるせいでトイレに行きたくなります。帰りにスーパーマーケットのトイレを借りています。

◇東北医科薬科大の賀来特任教授は、TVニュースのインタビューで、5月6日の「宣言」が終わる時点で果たしてどれだけの効果が出ているかが大事で、その2週間前の「今」がまさに「分岐点」だと強調していました。そのうえで、5月6日をもって「宣言」終了とはいかないのではないか、とも。

インフルエンザウイルスとは違う、新型コロナ特有のクラスター感染力(数名の感染者のうちの特定者が周りに感染させて次々と広がる)を断ち切る(封じ込める)には、まだ時間がかかりそうです。

上記の長尾氏によれば、この新型コロナウイルスは「生き物」ではないが、RNA(リボ核酸)という遺伝子ががタンパク質でくるまれた「物質」で、自己増殖はしないが、生命体(宿主)の細胞にとりつく。だからこのウイルスは「死んだ」とはいえず「不活化」というそうです(同書、77頁以下)。

社会的には人との接触を減らし、スーパーなどの物に触れたり乗り物に触れたりしたときの手洗いを細目に行い、一方で、自分の体の持つ免疫力を高めるための歩行などの習慣化、叡王祖のある食事、そして疲れを生まないための睡眠、これに尽きるようです。

もちろん不自由や不便はあるし、仕事の性質によってはそれが一部できない業種も多いでしょう。その中での健康保持の工夫を編み出すことです。

       ――――――――――――――――

 コロナ危機で「クラスター」とは何か:コロナウイルス対策(その7)(20.4.18.)

今年の3月8日に、新型コロナ対策について、山中伸弥氏が新型コロナウイルス感染症対策専門家会議副座長・尾身茂氏に緊急インタビューをした動画が公開されています。
その動画は下記のサイト。

 新型コロナウイルス対策 対談(Youtube) 


この対談を文字に起こしたものも公開されています。

 新型コロナウイルス対策 対談記録 


他の方のブログでもこの対談は高い評価をもって紹介されています。

ここでは、今話題の「クラスター」について一言。
「クラスター(cluster)」は言葉のそのままの意味で、感染者の集まり、の程度でわかったつもりになっていましたが、対談での尾身氏の説明によると、まったく異なる意味が込められています。

上記の「対談記録」を基に、「クラスター」とは何かをまとめました。

***************
尾身:なぜ今回のコロナの新型肺炎で「クラスター」という言葉を使っているかというと、こういうことです。
ここに感染した人が5人いたとします。このウイルスは不思議なことに、5人全員感染したんだけれど、そのうち4人は、濃厚接触の方がいても感染させないんです。人に感染させるのは、5人のうちの1人だけ。これがインフルエンザの場合は、5人が感染すると、それぞれが1人とか、2人いかないくらいの人に感染させるんですけど、今回のコロナは、5人のうち4人は、自分は感染しても近くにいる人にうつさない。

ただ、そのうちの1人が例えば飲み会とか、ライブハウスなど、私どもが挙げた3つの条件、腕が届く距離に長くいたり、複数の人がいるところ、換気の悪い密閉空間に行くと、そこでいわゆる集団感染、つまり、クラスター感染が起きます。そして、またそこで感染した5人のうちの1人が次にまたどこかに行って集団感染を起こす――こういうクラスター(集団)を介して感染が広がるという特徴があります。

インフルエンザの場合は感染した1人ひとりが少しずつ広げるんですけど、コロナウイルスの場合は他の人にうつすのは5人のうち1人だけ。でも、その人が1人どころか何人もの人に広げてしまう。そういう理由があるので、対策の要諦は、このクラスター感染の連鎖をどこで断ち切るかということだと思います。

***************
そこで、山中氏は、「人にうつさない4人とうつす1人とは、何が違うんでしょうか」と質問。
尾身氏は、「専門家の、特にウイルス学者の今のところの仮説は、ウイルス側の要素ではなくて、ホスト側(人間側)の要素ではないかということ」と答えています。

そして、こう付け加えます。
「さっき言った5人のうちの1人が私だとすると、私も誰かから感染を受けたわけですよね。その受けたときのウイルスの曝露量が多いと、当然、私の上気道で増殖する量も増えていきます。その状態では、あまり咳なんかしなくても簡単にうつしますよね。あとは、その人の免疫も関係するんじゃないかと。まだはっきりとはしていませんが、そういうことが今考えられています。
分からないことも多いですが、調査をすると、うつすのは5人のうち1人だということは分かっているということです。」

対策に関しては、尾身氏は、「(略)閉鎖した空間で多人数が比較的長い時間いると明らかにクラスターの感染の連鎖が起こりやすい。人間側からすれば、その連鎖を断ち切るために集中的な努力をする必要があると思います」。

これを山中氏は、わかりやすくまとめてくれました。
「クラスターは、まず『場所』が非常に重要な要素になります。さらにそこに、うつしやすい人がいる。これが2つ重なると、はじめて1か所で10人20人という感染を生み出す。新型コロナウイルスは局所的にバーンと感染が広がるというのが、少しずつ広がるインフルエンザとの違いということですね」

***************
「クラスター連鎖」を断ち切るためには、外出を抑え、接触を避けて、感染の収束のために努力しかない。そういうことになります。感染予防なしいは感染症状を抑えるワクチンの開発には、まだ1年半近くかかりそうですから(アメリカのCDCセンター)、しばらくはウイルスと現代人との闘いが続きます。

       ――――――――――――――――

 「最大の敵は心の中にある悪魔」:コロナウイルス対策(その6) (20.4.16.)

下欄の「その5」で扱ったテーマに関連する歴史学者インタビューが『朝日新聞』4月15日付朝刊、名古屋本社版に載っていました。 ユヴァル・ノア・ハラリ氏(ヘブライ大学教授・歴史学者。1976年生まれ)のインタビュー記事「ここが政治の分かれ道」がそれです。

氏によると、ウイルス感染拡大の今、医療体制だけではなく「政治の重大局面」にあると言います。現状を見ると、(1)日本、韓国、台湾のアジアの民主主義国は比較的うまく対処してきたが、イタリア、米国は状況が悪い。
(2)独裁体制の中国は、感染拡大の後の数か月を見れば米国よりもうまく対処した。
(3)長い目で見ると、民主主義の方が危機にうまく対処できる。その理由は、1つには、情報を得た人間の「自発的行動」が危機にうまく対処できること、2つめに、政府の誤った判断を「報道の自由と市民の圧力」でただすことができること。
(4)グローバル化が感染を拡大したと見るのは間違いで、むしろ、「感染症との闘いを助ける」。最大の防御は「孤立」ではなく、国家間の情報共有である。
(5)米国の自国第一主義やEUを離脱した「ブレグジット(折出注記:Brexit。Britain英国とExit離脱の造語)」の今後は不明だが、「感染症は全世界共有のリスク」と見ることがカギを握る。

記者の質問に以上のことを述べたうえで、最後に、以下のような応答がありました。

――感染の広がりを受け、世界にはどんな変化が起きているのでしょうか。
 「危機の中で、社会は非常に速いスピードで変わる可能性があります。よい兆候は、世界の人々が専門家の声に耳を傾け始めていることです。科学者たちをエリートだと非難してきたポピュリスト政治家たちも科学的な指導に従いつつあります。危機が去っても、その重要性を記憶することが大切です。気候変動問題でも、専門家の声を聞くようになって欲しいと思います」

 ――よい変化だけでしょうか。
 「悪い変化も起きます。我々にとって最大の敵はウイルスではない。敵は心の中にある悪魔です。憎しみ、強欲さ、無知。この悪魔に心を乗っ取られると、人々は互いを憎み合い、感染をめぐって外国人や少数者を非難し始める。これを機に金もうけを狙うビジネスがはびこり、無知によってばかげた陰謀論を信じるようになる。これらが最大の危険です」

 「我々はそれを防ぐことができます。この危機のさなか、憎しみより連帯を示すのです。強欲に金もうけをするのではなく、寛大に人を助ける。陰謀論を信じ込むのではなく、科学や責任あるメディアへの信頼を高める。それが実現できれば、危機を乗り越えられるだけでなく、その後の世界をよりよいものにすることができるでしょう。我々はいま、その分岐点の手前に立っているのです」(聞き手・高野遼)

       ――――――――――――――――

 コロナ危機で人と人の関係性がなぜ揺らぐのか:コロナウイルス対策(その5)(20.4.14.)

◇4月12日付「朝日」の歌壇の一首。
「上下に2人ずついて纏(まと)まらず齟齬という字に人は8人」

「齟齬」とは「くいちがい・いきちがい」のことですが、その漢字の中に「人」が「8人」も入っていることに重ねて、実社会でも人びとの思いが合致しないことをうたったもの。コロナ対策で政府や東京都をはじめ各知事が「外出自粛」「企業の出勤7割減」を言っても効果がなかなか出ない現状をうたっている。

◆環境史が専門の藤原辰史氏(京都大、准教授)は、「パンデミックを生きる指針」と題する論考で、「実は、本当に怖いのはウイルスではなく、ウイルスに怯える人間だ」と述べている(岩波書店のサイトより)。

予測できない感染リスクへの恐怖心から、一方では、「個別生体管理型の国家」に傾き、他方では、人々が「潔癖主義」にとりつかれ、かつてのヒトラー・ナチスのように、「潔癖主義が人種主義と結びつく」ことさえ危惧されるとつづく。

マスクやトイレットペパー、さらにはアルコール消毒代用のスピリット(アルコール度の高いリキュール)などに消費者が殺到し、医療従事者や感染者の出た機関や施設の従業員の家族に対する差別や罵倒など、たしかに「ウイルスに怯える人間」がおこす行動の怖さ、攻撃性が現にみられる。

◇そのことの裏返しのような視点もある。「朝日」4月12日付朝刊の論説「ウイルスとの闘い 勝利とは」(福島申二編集委員)は、「他人同士が目に角を立てず、利己心を押し包んで生きていくことは、平凡なようで難しい」として、マスク不足で客に毒づかれたドラッグストアの店員の言葉、「ウイルスよりも人が怖い」を紹介している。
そして、同氏は「こういう日々こそ『自分さえ』でなく他者を想像したい。外出自粛も未知の他者との目に見えない助け合いだ」と結んでいる。

◆明け方に見たので記憶があいまいだが、smartnewsによれば、アメリカ交通規制中の警官がスピード違反の疑いで車を止めて運転者に話を聞くと、看護師だという。警官はすぐパトカーに戻って何かを持ってきた。看護師は違反切符を切られるとばかり思ったが、実際は複数枚のマスクだった。医療従事者が大変な事態を知っている警官が自分に配布されたマスクを看護師の彼女に渡し、違反の切符はきらなかったという。
フェイクかも知れないが、その看護師がアップしている話なので、そのように受け止めておきたい。

◇ウイルス感染の拡大のなか、「人」は「怖い」存在にもなるし、「助け合い」の相手にもなる。「人」の二面性あるいは矛盾のリアルな姿がそれなのだろう。

目に見えないウイルスの脅威によって、一人ひとりの自分のなかの「他者性」があぶり出されている。もし神がいるのならば、この機会に人間界の真実を試そうとしているかのようだ。

ウイルスの脅威におそれないで予防の行動で「勝つ(乗り越える)」だけではなく、「ウイルスに怯えて他者を敵視ばかりする自分」にならない自覚で人間性を保つという「勝ち方」も、いまは求められている(それぞれの人生の中で試されている)。

葛藤があるのが悪いのではなく、葛藤を避けて、利己心だけをむき出しに他者に自己をさらしてしまう、その「自分の他者性」をみようとしないことが悪ではないか。

       ――――――――――――――――

 「パンデミック指針」と集団づくり (20.4.11.)

民間教育研究団体のMLに会員から情報提供があり、環境史が専門の藤原氏の「パンデミックを生きる指針」を読みました(元は、岩波書店のサイトに掲載)。

1)藤原氏は、新型コロナウイルス感染が沈静化したら終わりではなく、「本当に怖いのはウイルスではなく、ウイルスに怯える人間だ」として、「不測の事態へのリスク」恐怖の高まりから、ビッグデータを使っての個人情報管理の国家になり、(病原菌を避ける)潔癖主義の肥大化が人種差別につながっていくことの問題をあげています。かつてのナチスのユダヤ人虐殺のように。
病原体への恐怖からのフラストレーションが、「弱いものへの攻撃」に転化することの危険性です。
そのうえで藤原氏は、危機の時代があぶり出す「人間の卑しさ」をどこまで抑えらるか、と問いかけます。そして、政権がウイルス「制圧」を奢るならばパンデミック後の国 家の崩落も予感できるとしています。

2)その指摘は鋭く、大きな警告になっています。
だが、全体としてネガティブな論調が気にかかります。人間は環境と教育の産物だがその環境と教育を変えるのも人間である、という古典的テーゼからすれば、危機打開の政治的・経済的・文化的な原則を打ち出してそのもとに共闘し、政治参加の流れを変えて、時の政府を引き下ろし、弱者の目線で政策を立てて行動できる政府を立てる道もあり得ます。
この見地には、(ア)「弱者」は政治的につくられるものであり、(イ)政治の組み換えで弱者は脱弱者=対等な主体としての確たる社会的存在たりえること、(ウ)その意 味で、弱者こそ真のリーダーもしくはその可能者になり得ること、があります。

私たちの「集団づくり」思想も、大きな流れでは、民主的人格、すなわち民主的認識と行動の主体を育てるために、そして民主主義的統治の実現のために子ども集団を構想し、子どもたちを救う学校づくりのために立ち上がり、その方法を探究してきています。

が、「集団はちからである」と定義して以来、「ちから(力)」に頼る集団づくりになっていないか、子ども社会における「弱者」を真の要求主体に育て、ほんらいの変革的 なリーダー性を引き出していく実践を狭めてはこなかったか、教師の指導の(子ども集団の)自己指導への転化という名目で、「ちから(力)の行使に頼る集団指導」を正当 化してこなかったか、という「問い」が、こういう危機の時代と重なって私たちにも要るのかもしれません。
その意味では藤原論考は一定の示唆をもちます。

3)そのうえで、竹内常一氏をはじめとして近年打ちだしている「ケア的転回」とは、この「ちから(力)に頼る集団づくり」を「弱者の要求を読み解いて学びと自治と文化を立ち上げる集団づくり」へと展開させていくことの象徴的な合言葉と受け止めるときではないかと思います。
民主的統治の基本コンセプトの転換です。

「力」依存がいじめや差別を生み、経済的な「力」の目線が貧困や困窮家庭の子どもの「見下し」を生み、結果として学校空間からの物理的・心的排除につながっている。
このことへの介入と、新たな変革の層の登場を見通すことを全国の仲間はそれぞれの地域の現実を前に挑んできていると思います。

「ケア的転回」とはその実践的足場をさらに強化する新しい集団づくりの地平なのだと、私たちが自覚して実践を構想していかないと、「集団はちからである」を引きずったままでは、結局、「目に見える力」のある子どもに頼り、その子たちのリーダー層に頼り、その子たちが「クラスの弱者」を受け止め援助するという、どこか「力ある者が弱い者にそれを与える」という温情的な関係性を是とする実践の域を出ないのではないでしょうか。
それが果たして、私たちの探求している民主主義の世界でしょうか。

かといって、「遊び」「文化活動」を重ねていけば民主的集団が育つ式の、自然発生的な集団論にくみする人は全生研内にはほとんどおられないでしょう。
やはり、集団を構成する子どもたち同士の関係性、そこで互いが互いを信頼して対話できる世界を築くには何が要るか。この指導性こそは全生研のいのちです。
だから、集団論のロジックにある「ちから」論のもつ問題を直視して、しんどいけれどもそこを論破する英断をしないと、藤原氏が国家レベルで懸念したようなことが、教育運動レベルでも起こるのではないかという危惧があります。

       ――――――――――――――――

 「学校とは何か」「文化とは何か」:コロナウイルス対策(その4)(20.4.10.)

新型コロナウイルス感染の拡大はさらに危険性を増しており、WTO(世界貿易機関)によれば世界経済も貿易率が前年度比で3割近く減るとされており、ILO(国際労働機関)によれば、実質で1億9500人が失業するのに匹敵するほどの就労時間の急減とされています。甚大な経財損失が起こることが予想されます。

こうした時こそ、「一国(自国)優先主義」をやめて、社会的弱者を救済するために各国が協調し補い合う、(それぞれの国の政治体制は変えないでも)社会主義的な発想と連帯の行動が有効になるのではないでしょうか。

目を国内に転じてみると、新学期も入学式の後、5月連休明けまでの休校など、子どもたちの生活は不安定です。じっと家にこもっていることは難しく、ストレスなどから家庭内での不穏な事態も起こりかねない。また、食生活、運動、学習、友達と交わる社会性などの面で、子どもの発達にも影響してくるでしょう。

こうしてみると、毎日通って授業を受け、給食があり、ほぼ7時間近くを過ごす、当たり前のように見られてきた「学校」がいかに大事な機能を発揮してきているかがよくわかります。

1つは、子どもの保健という機能です。栄養素を考えた給食、一定の活動を計画した体育や自由時間の遊びなどの身体的な発育の保障、そしてケガや体調不良があれば保健室で対応できる条件。

2つめに、知的・文化的発達の保障機能。教科の学習だけではなく、様々な場面で、時事問題を考えたり、図書館(室)で図鑑で調べたり、児童文学に触れたりするなど、知性や文化性を養う機能が、社会的に保障されている。

3つめに、子どもの見守り機能です。貧困家庭やひとり親家庭、あるいは軽微ながらも抑圧や支配があって苦しんでいる家庭の子どもが、毎日、学校に来れば先生や友達と出会い、関わりがあり、また教職員に見守られて、自分が自分でいられる社会的な空間の保障です。
ここでは論文風に詳しく書き込むことはしませんが、歴史的に学校がつくりあげてきたこれらの基本的な機能を、新型コロナウイルスの感染危機で私たちは改めて認識し直すときです。

また、社会に目を向ければ、映画・演劇・音楽などの表現世界がいかに人々の暮らしにとって大きな価値を持つかがわかります。外国の先進国では、コロナウイルス対策で休業や公演中止を余儀なくされる関係団体あるいは施設には即刻、経済的補填をすることを打ち出しました。

食事を摂るのと同じく、文化に触れることは現代人の精神的栄養に取って不可欠との感覚があるからです。ここが我が国は弱い。その道の俳優やタレント・芸人たちがその才能を発揮して個人的にやっている営みであろう、と見ているとしか思えない対応です。

コロナウイルス対策として、「(必要以外)外に出ない」「家にいる」の行動は、単に個人的な自己防御だけではなく、結果として、学校の本来の機能を取り戻すと共に、日本社会の中ではぐぐむべき文化の役割を再生する行動でもある、という捉え方が今からますます大事なってくると思います。

       ――――――――――――――――

 コロナウイルス対策(その3) (20.4.9.)

私学をよくする愛知父母懇談会でも、コロナ対策を迫られ、当面の諸行事は中止となりました。
その流れで、常任幹事の皆さんに送った「あいさつ」です。

常任幹事の皆さま
                        2020年4月7日
私学をよくする愛知父母懇談会 会長 折出健二

日頃より、愛知父母懇の運営のためにご尽力いただきまして、ありがとうございます。
皆さま、新型コロナウイルス感染の問題に心を痛め、国内各地での感染拡大を告げるニュースを視聴するうちに気が滅入ってしまう昨今ではないでしょうか。
世界ではWHO発表(4月7日付)で1,214,466人、国内では3,865人(クルーズ船を除く。4月6日付)と、危機はひろがっています。このように都市部を中心に新型コロナウイルス感染が爆発的に拡大しているとき、父母懇の当面の活動について、関心と不安を抱いておられると思います。
  4月6日に臨時四役会を開き、コロナウイルス対策に伴う当面の活動について集中的に協議した結果、以下のように方針を固めました。

〇5月24日(日)に予定している「総会」は中止。
〇「幹事会」は、4月会議は行わず延期して、6月末に開催の代表者会の一部を幹事会に当てる予定。
〇「初夏のつどい」について、県内各地で公共施設使用停止、準備等が困難であることから、今年は中止。

臨時四役会には私も私教連仲井委員長も出席して協議した結果、何よりも会員の皆様並びに教員・生徒の皆様の健康・安全を第一に考え、苦渋の決断をさせていただきました。このことについて、常任幹事の皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

*****
4月7日には「緊急事態宣言」発出の報道がされており、愛知も感染の状況がみえなく不安も多いなかで、依然として、ウイルス感染防止の「手洗い・消毒」「マスク着用」「密集・密閉・密接の回避」がとても重要ですし、私たち一人ひとりの行動にかかっているといえます。

コロナウイルスは目に見えない「敵」ですが、一方的に襲ってくるのではありません。生物学者・福岡伸一氏によれば、コロナウイルスのたんぱく質が宿主(私たち生物体)の細胞側のたんぱく質と結びつくだけではなく、細胞膜のたんぱく質分解酵素もウイルスたんぱく質に近づいて融合して感染が起きるそうです。

このような病原体と生物体の関係が感染原因であるからこそ、私たちは「意識を持つ主体」として、行動の注意と自制で生き抜いていきます。ウイルスとの接点を避け、自分も感染しないし、人に感染させないという、ウイルスとの「闘い」を続ける以外にないのです。ウイルス撲滅ではなく、ウイルスの感染を抑える・阻止する行動です。

愛知父母懇には、長年培ってきた「学びと宴」に象徴される活動意欲とつながりと文化への愛があります。が、ウイルス対策においては心意気だけではだめなので、冷静に、かつ知的に行動して、この「闘い」を乗り切りましょう。
そこに、新たな愛知父母懇の世界が開けることを確信して。

       ――――――――――――――――

 コロナウイルス対策(その2) (20.4.5.)

専門家によると、新型コロナウイルスの爆発的拡大の危機は広がっているという。コロナウイルスは、太陽の外に見える光の冠(コロナ)に似ているウイルスから来ているそうだが、人類は、過去にSARSコロナウイルス (SARS-CoV)、MERSコロナウイルス (MERS-CoV)の危機に直面して、多くの死者を出したが、乗り切ってきた。そこへ、こんどは新型コロナウイルス。まだ、治療のワクチンが開発されていない。いま、各国で研究中だと言われる。
2002年に中国で発生したとされるSARSコロナウイルス感染も、終息が確認されるまで約1年かかっている。
それからすると、今年の1月末ごろに発生した新型コロナウイルスも、来年の2月頃までは時間を要するということになる。

私の関係する全県的な父母の団体も、今年予定していた行事について近く役員会をひらいて検討する予定だが、基本的には今年は大きなイベントは中止になりそうだ。

とにかくウイルスを封じ込めるしかないといわれる。「3つの密」への自粛のための自覚的行動も、今朝のニュース報道ではあまり浸透していない。LINEが参加者にたずねたアンケートで2400万件を超える回答の結果、手洗いなどの防止行動は約8割に達しているが、「3密」対策は約3割にとどまっていたという。
そのことと、政府や東京都知事などの行政側が発する対応策の公表の遅れとは、やはり、裏腹な関係になっているような感じである。

1つには、日本の技術力を安倍首相は高く評価するとしながらも、韓国がやったような大規模のウイルス検査を行っていない。検査キットも国は保有しているという。こうした矛盾の背景には、医療界の問題、つまり軽症感染までがどんどん増えると、医療機関のパニックが起きて、ますます感染拡大につながるので、保健所を介して検査するという抑制型を取っているらしい。

2つめに、自粛と経済的補填はセットで、という欧米の流れに比べて、日本は政府がやっと「一世帯30万円給付」を打ち出した。が、年収減となったことを証明する手続きや自己申告のやりかたが複雑になって、結局、一番困っている人(家庭)に届くのかどうか。政府関係者も、自己申告に虚偽が入る可能性もあるが「性善説で行くしかない」といっているらしい。
この点でも、イギリス、ドイツ、イタリアなどの国のリーダーは、即補填を打ち出している。「性善説」云々ではなく、国民として、国が取った政策により不利益が生じたら国がこれを補填する、という民主主義国家としての当然の理念が働いている。ここが、日本国は(現政府の下で)いかに弱いか、がはっきりした。

3つめに、そこへ「安倍マスク」と揶揄される、あの「一家庭2枚のマスク配布」宣言。この布製マスクではウイルスは防げないと専門家は指摘した。与党の内部には、こういう小手先の手法は引っ込めて、もっと検査キットを普及し検査数の拡大による安全点検に乗り出すべきだと進言する人はいないのだろうか。

4つめに、上記の「3密」対応が守られていないことを国の機関が証明している。国税関係の研修も、裁判所関係の諸機関になるための研修も、全国から1000人を超える人を集めて埼玉県和光市にある施設でこの時期に(!)実施する計画を立てて、都知事が今までよりは踏み込んで自粛を呼びかけたその日でも、ウイルス対策を取ってやるので大丈夫と応答するほどだった。ネットで批判が広がり、世論に押されて、インターネット方式に切り換えたそうだ。

最後に、国全体でウイルス脅威がひろがり都市部の爆発的拡大の危機が言われている今、日本という国家の統治のあり方、その姿が、これほどにもろく、民主制の原則があやふやで、リーダーの統率力がよわいことを改めていやというほど知らされる事態となった。

       ――――――――――――――――

 それぞれのスタート (20.4.1.)

前任校の担当学科の卒業生で教職を続け、研修休暇を取って社会福祉士資格を取得し、4月から現場に復帰する人。高校教師で同じく研修休暇で学び直し国家試験に合格した人(社会福祉士資格を取得)。
長年の研究成果を博士論文にまとめて学位を取得、さらに今春、見事それを単著で刊行した人。
前任校の卒業生で、教採試験も大学院も合格しながら、あえて県外の中部地方の教職に就いて、今春4年目を迎え元気で頑張っている人。
同じく前任校卒業生で、毎回ハガキ通信を送ってくれて、20年度も引き続き教育委員会の指導主事の職務に就くという人。

それぞれに新たなスタート地点に立つ人たちから、メールで、あるいは刊行された著書の送付で、メッセージが届いています。
コロナウイルスで危機が広がる中、こうして前に歩み出す若手・中堅の方々に敬意を表します。

かつてないほどの感染症をひきおこす新型コロナウイルスの影響は終息までにまだまだ時間がかかりそうです。しかし、人の世の流れはそうした危機をのりこえ、生きる世界という大きな流れをつくってきました。これからも、それは続くでしょう。

「大河の流れ、行くもの斯くの如きかな」。これは徳富蘆花『自然と人生』の一節を一部変えて、使っています。「無限のスペースを流れ流れて限りなく流れ行く時(タイム)の流れを想う」と、彼は書いています(原文は旧仮名遣い)。この心境も、こういう時こそ大事です。

       ――――――――――――――――

3月の記事 

 身近なコロナウイルス対策 (20.3.31.)

 新型コロナウイルス対策についてのドイツ・メルケル首相の演説 (20.3.29.)

 「哲学カフェ」 (20.3.27.)

 新型コロナウイルス感染の広がりと政府の対応(国民性) (20.3.22.)

 若者のための「哲学カフェ」の語り手に (20.3.21.)

 思春期の自立をあたたかく描く新作映画「もみの家」 (20.3.15.)

 閑話休題 国会にも「春の嵐」(20.3.14.)

 娘への性的暴行罪 父親に有罪判決 (20.3.12.)

「集団のちから」論の再考:弁証法についてエンゲルスに学ぶ(つづき) (20.3.9.)

弁証法:エンゲルスに学ぶ (20.3.8.)

金森俊朗氏ご逝去を悼む (20.3.6.)

新型コロナウイルスで揺れる3月 (20.3.3.)

       ――――――――――――――――

 身近なコロナウイルス対策 (20.3.31.)

下記のメルケル首相演説を全国の知人に送りました。
すでに読んでいた埼玉の不登校問題ネットの支援者からは、「ドイツのメルケル首相が国民に対して発信したメッセージも読みましたが、苦境の中において、ひとりひとりを励ます心のこもったものでした。そしていつも思うのが我が国の事。本当に情けないし腹立たしい」と感想が寄せられました。
京都の知人からは、「こんな演説のできる一国の主人が羨ましいです。日本は棒読み」と。

ドイツはヒトラーによる国家社会主義の時代、1933年に「非常事態宣言」によって逮捕・拘束が大量に出て、行方不明になったといわれています。メルケル氏は東西ドイツ統一前の東ドイツに生まれ育ち、大学教授を経て政治家になり首相に就いた人だけに、その暗黒の「非常事態宣言」などの国民統制を繰り替えなさいとの思いが強いと思います。

それがメルケル首相の演説にもしっかりと刻まれています。民主主義社会においては強制はあってはならない、一人ひとりの国民が自身と愛する人のために感染予防に注意して行動してほしいと。

********
いきなり身近な話題ですが、いつも通っているスポーツジムでは、これまですべてのプログラム・レッスンを休止していましたが、4月1日から再開すると公表しました。

私は、ストレッチ用のマシンやウオーキングマシンなどを主に利用するのでプログラム・レッスンは関係はないのですが、それでも、こういう愛知の状況下で再開はどうなのかな、と疑問があります。
しかし、これまで通り休止を続けると、レッスン休止に伴って1か月分利用料を無しとした状態をつづけることになり、しかも中には別のジムに移動したりすることもあるようで、ジム自体の大幅な収入減となることは察しがつきます。
それだけではなく、レッスン担当のインストラクターはいわゆる「フリーランス」の仕事と同じで、レッスン休止だと収入が途絶えます。休止が長期化することへのインストラクターたちからの何らかのクレーム等があったのではないかと察します。

志村けん氏のコロナウイルス肺炎による急死にはお悔やみ申し上げます。その訃報の衝撃が走りましたが、私たちも細心の注意で臨まなくてはなりません。呼吸器系をとおして肺炎を起こすので、喫煙者はこの際、禁煙に踏み切るなど思い切ったことをやったほうがいいです(志村氏も、喫煙によると思われる肺炎での入院歴があるらしい)。

私なりに、体力保持のための食事と運動(1万歩をめざし1時間近くは歩く)、そして外出から帰ると手洗い。用務で外出した時にはアルコール消毒の除菌ウエットタオル(携帯用)で手をふく。こうしたことを気を付けてやっています。いつもの「流行風邪」だと侮っていると、危険だと思います。

********
このウイルス感染がいつ収まるのか。この分野が専門の東北医科大の特任教授によると、感染予防のための自粛などの対策を1か月は続けること、その効果を検証するためさらなる1か月を要すること、合わせて2か月は見込まないと終息は確認できないし、楽観視できないとのことです。
その談話が先日のことですから、4月、5月はまだまだ安心できないということになります。

5月には全生研のセミナーも東京で予定されており、私は個人的には前進座の公演を観劇する予定です。セミナーの会場となっている都内の私立大学がそのまま使用を認めるか疑わしくなってきたし、前進座もHPでは、公演予定だが今後の成り行きでは中止等の可能性ありとしています。どうなることか。

       ――――――――――――――――

 新型コロナウイルス対策についてのドイツ・メルケル首相の演説 (20.3.29.)

ドイツのメルケル首相が3月18日に全国民に向けて行ったコロナウイルス対策の演説です。以下は、抜粋で、日本語訳は、「ドイツ語通信」サイトを主宰しているMikakoさんによるものです。

*********************
私は今日このような通常とは違った方法で皆様に話しかけています。それは、この状況で連邦首相としての私を、そして連邦政府の同僚たちを何が導いているのかを皆様にお伝えしたいからです。開かれた民主主義に必要なことは、私たちが政治的決断を透明にし、説明すること、私たちの行動の根拠をできる限り示して、それを伝達することで、理解を得られるようにすることです。

エピデミック(折出注記 epidemic:特定地域を超える、予測困難な感染流行)についてですが、私がここで言うことはすべて、連邦政府とロバート・コッホ研究所の専門家やその他の学者およびウイルス学者との継続審議から得られた所見です。世界中で懸命に研究が進められていますが、コロナウイルスに対する治療法もワクチンもまだありません。
この状況が続く限り、唯一できることは、ウイルスの拡散スピードを緩和し、数か月にわたって引き延ばすことで時間を稼ぐことです。これが私たちのすべての行動の指針です。

私は保証します。旅行および移動の自由が苦労して勝ち取った権利であるという私のようなものにとっては、このような制限は絶対的に必要な場合のみ正当化されるものです。そうしたことは民主主義社会において決して軽々しく、一時的であっても決められるべきではありません。しかし、それは今、命を救うために不可欠なのです。
このため、国境検査の厳格化と重要な隣国数か国への入国制限令が今週初めから発効しています。
経済全体にとって、大企業も中小企業も、商店やレストラン、フリーランサーにとっても同様に、今は非常に困難な状況です。

また、皆様は、食料品供給が常時確保されること、たとえ1日棚が空になったとしても補充されること信じて安心してください。スーパーに行くすべての方にお伝えしたいのですが、備蓄は意味があります。ちなみにそれはいつでも意味のあるものでした。けれども限度をわきまえてください。何かがもう二度と入手できないかのような買い占めは無意味ですし、つまるところ完全に連帯意識に欠けた行動です。
ここで、普段滅多に感謝されることのない方たちにもお礼を言わせてください。このような状況下で日々スーパーのレジに座っている方、商品棚を補充している方は、現在ある中でも最も困難な仕事のひとつを担っています。同胞のために尽力し、言葉通りの意味でお店の営業を維持してくださりありがとうございます。

まず第一の協力は、今日何が重要なのかについて真剣に考えることです。パニックに陥らず、しかし、自分にはあまり関係がないなどと一瞬たりとも考えないことです。不要な人など誰もいません。私たち全員の力が必要なのです。
私たちがどれだけ脆弱であるか、どれだけ他の人の思いやりのある行動に依存しているか、それをエピデミックは私たちに教えます。また、それはつまり、どれだけ私たちが力を合わせて行動することで自分たち自身を守り、お互いに力づけることができるかということでもあります。
一人一人の行動が大切なのです。私たちは、ウイルスの拡散をただ受け入れるしかない運命であるわけではありません。私たちには対抗策があります。つまり、思いやりからお互いに距離を取ることです。

ウィルス学者の助言は明確です。握手はもうしない、頻繁によく手を洗う、最低でも1.5メートル人との距離を取る、特にお年寄りは感染の危険性が高いのでほとんど接触しないのがベスト、ということです。
こうした要求がどれだけ難しいことか私は承知しています。緊急事態の時こそお互いに近くにいたいと思うものです。私たちは好意を身体的な近さやスキンシップとして理解しています。けれども、残念ながら現在はその逆が正しいのです。これはみんなが本当に理解しなければなりません。今は、距離だけが思いやりの表現なのです。

私たちは民主主義社会です。私たちは強制ではなく、知識の共有と協力によって生きています。これは歴史的な課題であり、力を合わせることでしか乗り越えられません。
私たちがこの危機を乗り越えられるということには、私はまったく疑いを持っていません。けれども、犠牲者が何人出るのか。どれだけ多くの愛する人たちを亡くすことになるのか。それは大部分私たち自身にかかっています。私たちは今、一致団結して対処できます。現在の制限を受け止め、お互いに協力し合うことができます。

たとえ今まで一度もこのようなことを経験したことがなくても、私たちは、思いやりを持って理性的に行動し、それによって命を救うことを示さなければなりません。それは、一人一人例外なく、つまり私たち全員にかかっているのです。
皆様、ご自愛ください、そして愛する人たちを守ってください。

       ――――――――――――――――

 「哲学カフェ」 (20.3.27.)

愛知県の西三河という地域で、若者の自立をサポートするネットを運営している方からの依頼で、そのサークルで新たに立ち上がる「哲学カフェ」に関わることになりました。
3月26日の第一回目は、私のような高齢者は新型コロナウイルス感染に気を付けたほうがいいので、私の自作の哲学「Q&A」で参加しました。

それは、たとえば、こんな形で始まるものです。

【Q 「哲学」ってむずかしそうだけど、それは必要なことなの?

A ズバリ言えば、「哲学」とは「自分らしい問いを持ち、自分で考えること」です。
決してむずかしくはありません。哲学者といわれる人たちの世界は、その歴史を見ると、ある人の説を疑い、打ち砕こうと別の人が自説(問い)をぶつけ、それをまた別の人が疑い、批判し・・・、と続いてきた物語があります。要は、なかなか「答え」の出ない「問い」の連続です。

大事なことは「問い」をもつこと、物事に対して「疑い」をもつことです。
よく「子どもは小さな哲学者だ」と言いますが、それは、子どもなりに「人はなぜ、戦争するの?」「なぜ人間は言葉を話すの」「宇宙の果てはどうなっているの」など、周りの世界に対してその子らしい疑問をもつからです。
しかも、その疑問は、いまの学問・文学・芸術・スポーツのなりたちを理解するうえで原点にかかわることが多い。】

26日にいつもの十数人があつまり、このプリントを読みあった後に自由に意見交換したそうで、「人生の価値とは」「(生きるうえでの)強さとは」などなど、大いに盛り上がったそうです。20代の若者が主体なので、それぞれが人生や社会と自分のことなど「問い」をしっかりと持っていることの証ですね。

次回、4月にいよいよ彼ら・彼女らと対面して交流することになりそうです。
*******************

話変わって、NHKラジオ深夜便の番組で流れる「深夜便の歌」があり、その中に「ひとひらの雪」があります。菅原洋一さんの歌唱で、ちあき哲也作詩・三木たかし作曲で、2009年の作品です。

この楽曲は、題名の通り、愛しい人との出会いは、はかないものであり、それだけに心の中で何度も繰り返して相手のことを呼ぶ、という愛の歌です。菅原洋一さんのワールドそのものの、シャンソン風のゆったりとした楽曲。
私の尊敬する三木たかしさんの作曲。

その一節に、「巡り会いは すぐに溶ける ひとひらの雪」というフレーズがあります。
溶けて形はなくなるが、その姿は、記憶の中にしっかりと残っている。そういう情景でしょうか。

私は広島の田舎育ちでしたが、子どもの頃、天空から降ってくる雪を見上げていました。仰ぎ見る自分が、その雪の降ってくるあの向こうの世界(天空のかなた)に吸い込まれて行きそうだった感覚をいまでも覚えています。
ゆっくりと舞い降りるように降ってきた1つ1つの雪が手のひらで、袖で、スーッと消えていくのを見ました。

巡り会いは、そのひとひらの雪のように、はかない。けれど、温かい。

ここにも、人生の機微を捉える哲学的なまなざしが働いています。それは、ただ「はかない」とするのではなく、「ひとひらの雪」のように、その1コマ1コマそのものに存在の価値がある、とする視点です。

「すぐに溶ける」。だけど「その温かな事実は、いつまでも心に残る」。この矛盾こそ、生きるときの糧になるのではないか。

       ――――――――――――――――

 新型コロナウイルス感染の広がりと政府の対応(国民性) (20.3.22.)

今年の1月28日に、日本政府は、中国武漢市への渡航歴のない人の感染が確認され「人から人への感染」があると発表しました。それから、それから約1か月半、欧州や米国でも感染者が拡大し、3月19日の時点では、世界で「感染者約24万人、死者約1万人」となりました(『朝日新聞』3月21日付朝刊、名古屋本社版、23面)。

中でもイタリアは4万1035人の感染者で、中国の8万967人に次ぐ拡大になっている。その半数は、北部のロンバルディア州に集中しているという。高齢者が多いのと、医療体制が追い付かないのとが重なったかららしい。

お隣の韓国は、感染の拡大の兆しが見られると、PCR検査をドラブスルーで受けられるようにして対処法が積極的になった。初めはのんきなことを言っていたトランプ大統領も、「直近に中国に滞在したすべての外国人」(同上)の入国規制、欧州26か国からの入国停止などを発表して、積極的に規制に乗り出した。
フランス、ドイツ、イギリスでも具体的な行動規制を伴う対処に打って出ている。

日本はクルーズ船等をのぞくと感染者999人のためか、政府の対応策にはなにか具体性の掛けた政策姿勢ばかりが目立ち、国民の間にも、危機意識をもって自律的に対応する雰囲気が各国に比べると薄い感じがある。

その一方で、突然の「全国一斉休校」を打ち出す(2月27日)など、コロナウイルス感染防止への対処がちぐはぐである。
スウェーデンやイギリスでも休校措置は取っているが、医療関係者がそのために働けなくなるのを避けるために、中学以下は見送り(スウェーデン)、医療関係者の子どもは対象外から外す(イギリス)などの配慮をしている(同前)。

こうした各国の対処の事例を見ると、(1)強権的に一斉・一律に規制を行っているのは、感染拡大は著しい国には共通しているが、ベッド数を急遽増加・新設で対応し、ホテルや学生寮も臨時収容に充てるなどの臨機応変ながらも、国の主導で防止策を取っている。
(2)休校措置にしてもイギリスでは発表前に対象者にアプリで知らせるなど、配慮しているし、台湾ではマスクの買い占めで混乱が起きていると見るや、すぐに政府が管理して「ICチップ入り健康保険カードによる本人確認」で配給制に切り換えた。国民の動きや生活実態を早めにつかんで分析し、これに見合う対策を政府主導で撮っている。
(3)アメリカや主要各国も、大統領もしくは首相が前面に出て度々記者会見等をおこなって、感染防止対策のアプツーデイトな行動をとっている。また、国民・市民は今何をしなければならないか、それは何の為か、をわかりやすく、短いメッセージで伝える努力と工夫をおこなっている。

これら(1)〜(3)のいずれにおいても、日本の政府の対応はあいまいで、どういう方針で防止に臨むのかが見えにくい。よく言われる「政府全体の顔を見せる」ことがない。しかも、政府の主導的な対処の敏速性、機動性、(ウイルスのもつ危険性等の情報の)共有重視、国民への信頼性において、各国の取り組みから見ると、後進性を感じてしまう。

これだけ科学技術を誇り、国の生産・購買力を保持し、有能な医療界の能力とスキルを持っている先進国の一員であるのに、これはどうしたことだろうか。

リスクに対する敏捷さにおいて生ぬるさがあるのではないか。国際的な目線を読むという、グローバルな視点が(グローバル化をあれほど言いながらも)弱いのではないか。
今、東京五輪の開催延期を求める声明や意見が各国の五輪委員会や選手団の公式見解として出されるほどになった。その中で、日本は、五輪の火を宮城で受け取り、予定通り、福島を起点に3月26日灯火リレーを始めるという。

世界から見た時のこの「温度差」というか「五輪に向けて努力してきた各国選手の思い」の読みとれなさは、日増しに批判・非難の的になっていくであろう。
この問題と、上記のウイル氏防止対策の後手に回ってきた政府の行動様式とは実はつながっている。
現実を正確に読んでそのための対処を機敏に行う。そのリーダーシップの弱さである。

あまり言いたくはなかったが、ここにきて、日本という国が民主的な統治の実際の力は低いのに見かけの繁栄を誇るだけの、いい格好したがりの国になりつつあるのではないか。とても心配になってきた。

       ――――――――――――――――

 若者のための「哲学カフェ」の語り手に (20.3.21.)

愛知県の三河地方のある街で不登校やひきこもりの若者があつまるサークルを市民と共に運営している知人がいます(高校の教師)。最近その方から、そこに集う若者たちに「哲学」の話をしてくれる人を探していたがやってもらえないか、と依頼がありまして、いい機会なので受けることにしました。

その一回目は3月26日ですが、その運営者によると、「限られた空間で換気も悪く、多数が集まるけど先生は健康第一で考えてください」とのことでした。
一応私も高齢者なので(笑)、新型コロナウイルスの感染拡大に注意するため私は参加できないが代わりに一回目の話をまとめたエッセイ風の資料を作って送ることにしました。

それは「哲学カフェ」と名付けられ、そのテーマを若者たちに募集したところ、「人生に役立つことと立たないことの境目」「正義とは」「人生の価値とは」「自分を表現すること」「本当の強さとは」など、様々なものが出たそうです。

研究会の報告のようなレジュメではなく、若い方にもわかりやすい「Q&A」式にして、エッセイ風のものをつくりことにしています。

構成は、「はじめに:自己紹介」「『哲学カフェ』の『哲学』とは、自分で考えること」「みなさんの問いについて。 1人生をどうみるか 2人生に役立つとは」と、まずは人生の基本的考え方を扱います。

哲学には若い頃から興味があり、学部の卒論もヘーゲルで書いたので、それなりに話す自信はありますが、しかし、いまの若い人にフィットする話ができるかしらと気にはなります。
いつも私が考えてきたことを話すのが一番と腹を固めて、臨むつもりです。

その参考にするのが、三木清の『人生論ノート』(角川文庫)です。三木は、共産党に資金提供した疑いで治安維持法違反で検挙され(1945年3月)、獄中で48歳でなくなりました(1945年9月)。親友の久野収が三木は「獄死させられた」と伝えたそうです。

その三木が同人誌『文学界』に「人生論ノート」を連載し(41歳)、後に本として世に出ました(1941年8月)。
(以上は、岸見一郎氏(哲学、アドラー心理学)による「解説」を参照した)

この三木の著書を参考にしながら、いまの若者たちが関心持つことを語って行こうと思います。

生きることの意味や、恋愛のこと、性のことも触れることになるでしょう。
この年齢で、この時期に、こうした「哲学カフェ」のスピーカーの役をいただいたのも縁と言えば縁ですから、おおいに楽しみながら、活かしていけたらと思います。

       ――――――――――――――――

 思春期の自立をあたたかく描く新作映画「もみの家」 (20.3.15./16日一部補筆)

不登校を続けている16歳の女子高校生・彩花は部屋にこもり、寝てばかりいたが、親の意向もあって、宿泊型の自立支援塾にはいることになった。本人はしぶしぶの同行であったし、入居後も、共同で生活している若者たちとなじめないで、こもっていた。

しかし、広々とした平野のロケーションの中にあるその支援塾で、農業に触れ、四季折々の自然に触れ、秋祭りなどの地域の人びとの交流に参加する中で、自分と他者との関係の意味、それを自分からも作る(働きかける)意味をしだいにつかんでいく。

はじめは、聴き取れないほどに小さな声で話した彩花がしだいに、はっきりと自分の気持ちを相手に表わすように変わっていく。言いたいことがあっても言えなかったその言葉を取り戻すことは、自立の大きな条件だとわかる。

富山県出身の坂本欣弘監督(34歳)の思いのこもった作品。坂本氏は山田洋次監督作品「学校W」に刺激されたというだけに、富山県砺波平野を舞台とするロケーションとカメラワークは、いたるところに温かみと、競争・効率にまみれた都市圏が失ってきたものをにじみ出している。

「学校に行かない」「行きたいけど行けない」などの苦しみや辛さをかかえる当事者も、もし機会が持てるならこの作品を鑑賞してほしい。

なお、「もみの家」の「もみ」は、あの「脱穀前の稲の実」のことで、「固い殻を被った米」を指している。いろんな人がつながって、語り合い、聴き合い、安心の居場所をみつけながら(つくりながら)、当人の「固い殻を破る」関係を温め、時間をかけてそれなりの支援者になっていく(引用は、同作品のパンフレットより)。

寺脇研さんたちの企画した新作映画「子どもたちをよろしく」とは対照的に、当人の自立をめぐってつながるさまざまな個性的人々の、伴走者という役割を考えさせてくれる秀作です。

3月20日から順次、全国上映。名古屋では伏見ミリオン座で、3月28日(土)より上映が予定されています。
その公式サイト→ http://mominoie.jp/

       ――――――――――――――――

 閑話休題 国会にも「春の嵐」(20.3.14.)

「朝日川柳」の一首です。
「絶版へ『呆れる森の物語』」(『朝日新聞』3月13日付朝刊 名古屋本社版)

森雅子法相の迷走発言を、「眠れる森の美女」の名作にひっかけて「呆(あき)れる森の物語」とし、「絶版」すなわち法相を辞任してはどうかという、ひねりの効いた名川柳だと思います(作者 静岡 勝田敏勝)。

昨日(13日)、作業をしながら、iPadで衆議院法務委員会の様子をインターネット中継で視聴しました。
今次国会で、安倍政権が解釈によってあの東京高等検察庁検事長の定年延長を施行しようとする問題をめぐる審議です。数日前に、野党議員からの「なぜ、いま延長なのか」の質問に森法相は「社会変化がある」と答え、「それは何か」と聞かれて、手元の資料なしに、「東日本大震災の時に、いわき市の検察官が逃げた」ことを挙げて、事実と違うこと、管轄の検察官職務を著しく「誹謗中傷」したことで、追及されていた。

この発言があった後、安倍首相から「厳重注意」を受けたとして森法相は12日、記者団の前で謝罪しました。それを受けて、13日の法務委員会では、日本共産党の藤野保史議員が、森法相の「発言撤回」は、何に対し何を撤回したのか、と追及。

森氏は、法務省刑事局長が述べた事実経過とは違うことを述べたことの撤回、と答えましたが、自分の「個人的見解であった」こと自体は触れませんでした。

少女期に、身内の大変なことがあってそこから法曹界を志すようになって司法試験に合格し、弁護士になった人ですから、森氏なりに苦労して今日の地位を築いてきたことは窺えます。

自分を法務大臣に登用してくれた安倍晋三氏の期待に応えたい一心なのでしょうが、もともと無理がある。検事長定年延長は、三権分立に基づく検察官の職務の独立性に照らして必ずしも国家公務員と同じ処遇を取ってこなかったのにそれをいま変更するためのつじつま合わせに森氏も汲々としている印象です。

コロナウイルス対策の、脈絡のはっきりしない「上から」の形式上の封じ込め的なやり方、そして法の条理から見ても無理のある検事長定年延長問題など、国会にも春の嵐が吹いているようで、先が危ぶまれます。

       ――――――――――――――――

 娘への性的暴行罪 父親に有罪判決 (20.3.12.)

標記の虐待・暴行の裁判で、本日(3月12日)、名古屋高裁は、一審の名古屋地裁岡崎支部の「無罪判決」を破棄して逆転の有罪判決を言い渡しました。

被害者である娘のAさんが、判決後に手記を公表しました。「今日の名古屋高等裁判所の判決を受けて(令和2年3月12日)」で、その中で、今回の事案の基には繰り返された児童虐待の問題があり、その介入がなかったことが今回の性的暴行にまで事態を極悪化させたのではないかと思われます。
 以下の《 》は、「NHK NEWS WEB 2020.3.12.」20時18分掲載のデータからの抜粋・引用です。/は原文では改行です。

1)父親の暴行に抵抗できなかったのは、幼少期からの虐待があり、精神的な支配・隷従関係におかれていたからである。
《「逃げようと思えば逃げられたんじゃないか。もっと早くに助けを求めたらこんな思いを長い間しなくて良かったんじゃないか・・・」。/そう周りに言われもしたし、そのように思われていたのはわかっています。/でも、どうしてもそれができなかった一番の理由は、幼少期に暴力を振るわれたからです。
「だれかに相談したい」、「やめてもらいたい」と考えるようになったときもありました。/そのことを友達に相談して友達から嫌われるのも嫌だったし、警察に行くことで弟達がこの先苦労するのではないかと思うと、とても怖くてじっと堪え続けるしかありませんでした。
次第に私の感情もなくなって、まるで人形のようでした。》

 Aさんがこれほどのつらい被害体験を繰り返していながらも、周りの大人社会にそれが知らされず、警察や児相の介入もなかったことが、この事案の深刻な背景要因です。
 しかも、何か父親の意に反する行動をとると、弟から引き離され孤立させられるのではないかという不安もあったと書いています。

 父親による、まったくの意に反する性的暴行と、弟から引き離される結果を思う怖さと、二重の恐怖がAさんのこころを壊し、奴隷状態にしていったのではないか、ということです。「まるで人形のようでした」がそれを物語ります。

2)Aさんの人生の中に、つらいが過去の出来事として位置づけられるかどうかが今後の課題。
 《もう二度とこんな思いはしたくありません。/これから私は無駄にしてしまった時間を精一杯埋めていきたいので、邪魔しないでもらいたいです。
 私は父を許すことは絶対にできません。
 不安と苛立ちに押しつぶされそうな苦しい毎日でした。/そして今も同じです。/私や弟たちの前に二度と姿を現さないでほしいです。》

 Aさんが人間的にダメだからこのような酷い生活をさせられたのではなく、それは許しがたいことだが、それを耐えてここまで生きてきた、その力はあなたのものだ、というAさんのエンパワメントがこれからの大きな課題です。

 有罪判決はAさんが自分の足で自分の人生を歩みだす、大きな一歩となります。

3)信頼し伴走してくれる他者の存在こそ、立ち直るうえで最重要の鍵。
 《私が訴え出て、行動に移すまでにいろいろな支援者につながりました。/しかし、「本当にこんなことがあるの?」と信じてくれる人は少なかったです。
 失望しました。/疑わずに信じてほしかったです。
 支援者の皆さん、どうか子どもの言うことをまず100%信じて聞いてほしいのです。
 今日、ここにつながるまでに、私は多くの傷つき体験を味わいました。/信じてもらえないつらさです。
 子どもの訴えに静かに、真剣に耳を傾けてください。/そうでないと、頑張って一歩踏み出しても、意味がなくなってしまいます。
 子どもの無力感をどうか救ってください。 (中略)
 苦難を生きる子どもにどうか並走してくれる大人がいてほしいです。
 最後に、あの時の自分と今なお被害で苦しんでいる子どもに声をかけるとしたら、「勇気を持って一歩踏み出して欲しい」と伝えたいです。
 一人でもいいから、本当に信用できる友達を持つことも大切だと思います。》

 このAさんの言葉、メッセージは、子どもたちの支援や援助に関わっている全ての方に対する心からの訴えだと受け止める必要があります。
 「頑張って一歩踏み出しても、意味がなくなる」の言葉は、千葉県・野田市の虐待死事件の被害少女が担任教師に訴えていたにもかかわらず受け止められなかったことと、深くつながっています。

4)最後に。Aさんの事案は、これだけを切り離さないで、同様の支配構図で、ハラスメントやいじめが現に行われていることと併せて、もっとリアルに捉える必要があります。

 例えば、待遇的に厳しい条件下にある非常勤の講師が職場の上司から嫌がらせを繰り返し受けても、周りからの介入はなく、ただ自分が耐えるだけで、抵抗や抗議の気力さえ失わさせられていく事例など。
 

 今回の性的暴行の事案から見えて来るのは、繰り返される暴力によって支配と隷従の構図の中に押し込められて、言いたいことも言えない状態に自分で自分を閉じ込めていくほかない、というその精神的苦痛の深さです。

 ある知人によれば、小学校3年生を担任した時に、ある男児がいうには、母親がその子に灰皿を投げて来る暴力をふるって怖かったと話しました。本人は、自分が妹を泣かせたりしたから自分が悪いので、と自分のせいにしたが、それだけではなく、彼は「どのお母さんも、そういうもんだと思い我慢した」とも話したそうです。

 このように、親の行為の酷さ、おかしさ、異様さを、その攻撃をまともに受ける子どもみずから、自分の心の中に精いっぱい引き取ろうとしています。それがあふれ出て、教室で周りの子にいたずらしたり、嫌がらせをしたりもします。すると、「お前がまたやったな」と担任は「問題児扱い」して叱るばかりで、その行動の裏にある自分の気持ちを聞いてくれない。

 「並走するおとな」の登場は、どの子にとっても、とても切実な存在だと言えます。

       ――――――――――――――――

「集団のちから」論の再考:弁証法についてエンゲルスに学ぶ(つづき) (20.3.9.)

5月9日開催予定の全生研セミナーでは、研究委員会の集団づくり部会企画で、集団づくりの在り方、指導の考え方をめぐって討論する予定であることについて、過日、担当の舩越勝部会長さんから会員のメーリングリストに発信がありました。
このセミナーは公開で行われるもので、私がその報告を引き受けており、ぼちぼち準備しています。ほかに実践家の方が私の報告について問題提起をされる予定。

まだ準備のそのまた準備段階ですが、その論点の1つは、「集団はちからである」とした、かつての集団観(『学級集団づくり入門・二版』)をどのように引き継ぎ、あるいは修正し、あるいは再定義して現在に至っているか、そしてこれからどのように進もうとしているか、にあります。
その論点を上記セミナーでは率直に問いかけ、参加者と討論してみたいという考えです。(舩越さんからは、実践的に議論したいので難しくならないように、と注文は頂いています)。

エンゲルスは、あらゆる分野でものごとを「力」で表してきたことの基には、人体の環境への働きかけとその反応からの類推がある(『自然の弁証法』)としています。そのうえで「力」概念は、ものごとの「能動的・作用的側面のみ」を見て、「反作用は受動的」としてきた、と指摘しています。

「集団はちから」論は集団の能動性を前面には出しましたが、その能動性に伴う集団の受動性、すなわち他集団からの反応や集団内の見方・考え方の多様性、異論や少数意見などを受け止めることは、「ちから」からすると付随的と見る傾向があった。
これらも能動的な行為である、という弁証法的な認識が弱かったといえるのではないでしょうか。

教育学的な意味での「訓練論」は、その集団の能動性を根拠として「集団づくり」の世界を立案し指導体系を精緻に深めてきたと捉えることもできます。が、半面では、「ちから」という能動的作用に随伴する受動性、すなわち個の見方・感じ方や対話、自己理解への欲求などを水平的に相互の共有できる関係へどう築いていくかも大事な課題になっています。

近年の生活指導実践レポートで、集団における個の居場所づくりや個の声を聴く、などの教師の視点は集団のなかに生じる受動性に、能動的に応答しようとする実践の視点を表わしています。

従来は、その側面を担う教師の指導性が「個人指導」とされ「集団づくりとしては弱い」と見られました。「ちから」論からすると「集団指導」が主で「個人指導」はそのための従属的側面、という見方があったからです。今でも、一部には「個人指導ばかりで集団指導がない、あるいは見えない」と、若手のレポートを批判的に取り上げる実態もそれを表わしています。

しかし、定義を変えると、集団は運動である、ということです。「運動」とは、文字通り、客観的な位置変化・質的変化です。
その「運動」には、人と人の関係の在り方からして、牽引と疑問や不安と行動の弁証法(働きかけるものが働きかけられる)の三つの要素ないしは構成要件が必須のものとしてあります。大事なことは、その運動の方向性を、憲法・権利条約に基づき権利主体どうしが民主的な組織・関係にふさわしいものにどう高めていくか、です。

「集団はちから」としたことで、行動力、発言力、あるいは組織力などの「力」のあるリーダー的な子どもの発見とその自覚形成に指導の焦点がいき、あの「班・核・討議」の指導法体系が作られてきた一面はなかったでしょうか。

「集団は運動である」ととらえなおせば、いかなる少数意見も「声」も、ましてや公論の場での主張、対立や論点も、すべて「運動」の方向性を子どもたちが選び取るための能動的行為となります。なぜなら、あらゆる構成員の共通認識と共闘なくして運動は起こらないからです。

「ちから」は、エンゲルスも言うように、事象の数だけあることになります。それだけあいまいで、「主観的な観念」です。
「運動」は、客観的な作用法則を問い、集団を構成する一人ひとりの行動と認識において捉え、その方向性をさぐるための対話・討議・討論をとても重視します。実は『新版 学級集団づくり入門』以降の近年の流れは、この集団観に依拠してきている面が強い。

とはいえ、「運動」もまだ抽象的な言葉なので、さらに検討していく必要はあります。「運動」が「ちから」を生み出し、その「ちから」が「運動」を質的に高めていく。この発展過程の指導法則性を、全生研の先輩方は探究してきた。そのことは確かです。

しかし、いま、「集団は運動である」こと自体が成立しにくくなっている。いや、成立しない。そういう厳しさがあります。
限りなく社会が個人化・個別化され、バラバラな関係が社会のいたるところで現れるようになっている。この情勢での「運動」はどうやって成り立つのか。

「ちから」概念の「止揚」(アウフヘーベン)、すなわちその形式は克服しその内実は保持する、という基本的な仕事を理論化し、その転換を世間に示し、具体的実践で乗り切る(新地平を築く)という王道をふむことが、現下の課題だと思います。

       ――――――――――――――――

弁証法:エンゲルスに学ぶ (20.3.8.)

新型ウイルス感染拡大で、職場も自粛ムードで「テレワーク」も(できるところは)増えているとか。SkypeやZoomなどのツールがあることも知りました。また「テレワーク」も、「tele+work」で(職場から)「離れて」「働く」から「在宅勤務」のことだということも(telecommuting ともいうそうです)。離れたところで「聴く」からテレフォンtelephone、離れたところで「観る」からテレヴィジョンtelevisionになるわけです。

仕事によっては、書類や書籍、辞書・六法などがすぐそこにあって机の上もいま取り掛かっているファイルや文書が山積みされていて、見た目には乱雑になっているその方が仕事がはかどる、という人もいるでしょう。人それぞれのスタイルがあります。

********

ところで、まとまった時間が取れたところで、不破哲三氏の新刊『マルクス弁証法観の進化を探る』(新日本出版社、2020年)を、第三篇を中心に読みました。『資本論』を書き上げる過程のマルクスの苦闘を丹念に跡付けた叙述は細密で、資料精査に基づいており研究的なのですが、私個人は、何か「あそび」というか「わくわくドキドキ」する場面が少ないと感じます。不破氏の立場もあるからでしょうが、もっと知的冒険をして、マルクスと対話してほしかったなと。

同書では、エンゲルスこそ「弁証法の解説者」とされており、これに触発されてマルクス・エンゲルス全集第20巻の『反デューリング論』『自然の弁証法』のうち「弁証法」に該当する部分を読み直しました。

エンゲルスは、当時のマルクス批判の旗手のオイゲン・デューリング氏の思想体系を根本から批判し、その中で「弁証法」を「ものごとをもうろう観念で見るとんでもない造り話」とデューリングがこき下ろすのを真面目に取り上げ、しかし皮肉たっぷりに彼の叙述の誤りを指摘して、ほんらいのマルクスの研究方法を説き、そのベースにはヘーゲルからその観念的装飾を取り去って引き継いだ世界の認識方法=弁証法があることを論じています。

エンゲルスによれば、事物をその運動、変化、生命、交互作用において考察すること、そして運動そのものが一つの矛盾であることを知ること、これが弁証法の基本です。ですから、「否定の否定」は「いたるところで日々行われている物事のはこび方」であり、これは生物界にも、数学の世界にも歴史にも、哲学にも、見られると論証しています(全集第20巻、124頁以下)。

今起きている新型コロナウイルス感染も、以前の新型ウイルスの研究データでは把握できないが、その新型ウイルス感染が確認され(否定)、医学的知見を投入して対策を立てて検証して克服策を講じる(否定の否定)うちに、人間社会はウイルスへの対抗の能力をより高め、完成化される能力を獲得していきます。

そのためには「断固戦う」「撲滅」などというスローガンではなく、科学的・医学的知見をわかりやすくまとめて正確な情報として国民に広く知らせることが予防策および克服策になります。これが、弁証法的見地に立つ病原体の対策です。

「量から質への転化」「対立物の相互浸透」と「否定の否定」は、実際にもこうした医療的対策で行われる知的行動に見事に潜在しています。

       ――――――――――――――――

金森俊朗氏ご逝去を悼む (20.3.6.)

『朝日新聞』3月5日付朝刊によると、金森氏が2日、肺がんで逝去されたとのこと。享年73歳。心よりお悔やみ申し上げます。
その記事の小見出しにあるように「いのちの授業」で数々の実践をつくりだし、それを踏まえた著作でも知られる。

私は前任校の時代に、卒論で受け持った男子学生A君が、ちょうどその頃私も力を入れていた「アザーリング」に興味を持ち、この視点と金森実践の「いのちの授業」をつなぐテーマで卒論をやりたいというので、いい機会だし、金森さんの教室を参観しようということで、石川県で現役で勤務されていた小学校を訪問した。

拙著『変革期の教育と弁証法』(創風社、2001年)ではじめて「アザーリング」を論じたので、彼がそれを読んでくれて卒論テーマにしたいきさつから、今からおよそ15年位前のことである。金森さんも60歳の定年少し前のことであったかと思う。
午後の授業を参観し、その後教室で、短時間ではあったが金森さんからヒアリングをさせてただいた。

ここで詳細は省くが、「いのち」のとらえ方、子どもの見方、そして教師としての仕事のつくりかたのいずれにも、「他者」の視点がしっかりと、ゆたかに位置づいているのを改めて学んだ。私の「アザーリング」の考え方も少し語ったような記憶があるが、それ以上に金森さんの語りのもつ説得力が印象的であった。

A君はもちろん卒論を書き上げ、無事に卒業して教職に就いた。「アザーリング」の言葉を卒論の題名につかったのは彼が最初だったと記憶している。その後、ちょうど私が満期退職するのと入れ替わりで、前任校の教職大学院修士課程に入学したと知らせを受けた。

金森さんの語りに啓発され、私から「勤務後にお時間があれば、いかがですか?」と飲み会に誘ったが、予定があるからと断られた。お体の具合もあったのであろう。A君と二人で、金沢市内のある店で飲んだのを覚えている。

教育実践において教師が子どもと向き合い、「いのち」「生きる」という学びのテーマで授業を構成するとき、金森実践に出会い、「他者」の重要性について学ばされたことは、以後の私の「アザーリング」論にとってもよい転機となった。

社会論の研究者は、どちらかというと「他者」を、排除や差異を強調する対象として用いるので、向こうに押しやる相手の意味で「他者化」を使うことが多い。しかし、「他者」はなくてはならぬ、不可欠の依存対象であり自己形成の要素である。「アザーリング」はその主旨である。

金森さんは、教室に妊婦やがん患者を招いてその語りを通して、子どもたちに自己と他者の関係性を軸とする人間の生き方を学ばせようとされたと理解している。それは、国が進める、市場原理の社会を負けずに生き抜いていく個人的・孤立的な(時として排他的な)「生きる力」に対抗しうる人間観を子どもたちなりに考えてほしいとの願いからではなかったかと思う。

参観した授業でも「問い」が中心で、いわゆる「教える」というスタイルではなかった。

*****

金森さん、あなたからあの時学んだことは今も私なりに継続して深めており、過日の奈良教育大学附属小学校公開研究会の講演でも「授業におけるアザーリング」のテーマで話したところです。

「人間は一人では生きていけない。そんなこと当たり前だ」と言って多くの実践家や識者は「他者」概念を軽視しますが、「他者」概念を立てる(哲学では「定立させる」)ことは「自己存在」「自分の内的世界(自己意識)」を「はっきりと取り出し、肯定する」(哲学の「措定する」)ことと一体です。

「他者」の軽視や曖昧な認識は、そのまま、現代社会においていかに「自己」存在が浮遊的で不安定で、自分らしい確かさ(アイデンティティ)を持たないか・持ちにくいかを反映しているといえます。
そういう今だからこそ、金森さんが探究してきた「学び」と「他者」の関係は大きな意義を持つし、上記の附属小の先生たちが、例えば国語においても「読みと他者の関係」というユニークな問題意識をもって頑張っていますことは、ひとつの希望です。

ご冥福をお祈りいたします。合掌。

       ――――――――――――――――

新型コロナウイルスで揺れる3月 (20.3.3.)

このウイルス感染が予想を超えて広がり、市中感染とも、新たなフェーズとも言われます。先月下旬にWHOの調査チームが中国・武漢に入り5万件余の感染ケースを分析して、報告書を出しました(2月20日、原文は英語)。その中で、特に「推奨事項」をあげて、市民の公共的なこととして次の四つを挙げています(拙い私の訳)。

1 これは新しく懸念される疾患だが、感染者の多くが回復するという正しい認識を持つことで発生は対処できる。
2 最も重要な予防策は、頻繁な手洗い、くしゃみ・咳のとき口・鼻を覆うことである。
3 この疾患の発熱や空咳などの症状に対する対策と対処は、この疾患の新情報が日々積み上げられるごとに改善されて行くので、引き続きそうした情報の認識をもつ。
4 このウイルスへの(市民の)反応には多様な方法で積極的に備えていくこと。より厳しい「社会的隔離」実施の採用や高齢者たちの高リスクへの援助を含む。
これを読むと、こういう先の見えない混乱状況こそ基本の基が一番の打開策、ということです。

ウイルス感染の影響は学校をはじめ様々な場所・エリア・業界で起きていますが、「子どもたち、かわいそうだな」と言っていた私たちの足下にもその波が来ました。

いつも通うスポーツジムが明日から15日まで「営業休止」なのです。「え〜っ、どうするの」「これから毎日なにをすればいいの!」と、午後のジムで利用者の女性たちが大いにも盛り上がっていました。この系列会社の東京本部からの指示らしい。

あれだけ「感染者」の感染ルートで「スポーツクラブ」が何度も出たのでは、このジムも営業を続けるわけにはいかなかったようです。

今日の夕方いつものようにそのジムに行って初めて知って、少し長めにいつものトレーニング(筋トレから有酸素運動)をして、ウエイトも目標値に近づいたところだったので、明日から自分でウオーキングをするとか何か工夫しないと、リバウンドしそうです。

県内のある学校でのいじめ事案の調査委員会の仕事や、研究会の報告、愛知県の児童福祉審査の仕事などは、予定通り続きます。

会長を務める「私学をよくする愛知父母懇談会」の常任幹事会も集合の会議は中止して(PC利用者も限られるため)文書を郵送配布しておこなう「文書会議」に変更しました。その郵送物に入れるための会長の一文を依頼されて書いた文章の後半が以下のものです。

その中で、愛知県議会の来年度予算では国からの補助を全額当てて世帯収入720万円未満の家庭に対して私学の授業料・入学金の全額を補助する、つまり実質の「無償化」を実現するに至ったことに触れています。

****************
父母懇の運営を役員として引き受けている私たちは、一人ひとりの生命・健康を守ることを最大の柱にして、そのために個として履行すること、互いに協力すべきことを、知恵を出し合い進めていくことが大事です。父母懇にはそれだけの〈人とのつながりとパワーと行動力〉があります。

5月の総会と40周年記念行事は、今のところ、急変のない限り予定通り実施します。世帯収入720万円未満の家庭については実質の学費無償化が実現し、40年来の悲願がまさに実現された今、愛知父母懇はあらたな段階に入ってきたといえます。それは、改めて、公平に私学を選択できる大きな前進のもとで、「愛知私学の教育」をどのように豊かに創り出していくか、です。

「希望に生きる者はつねに若い」と言います。愛知父母懇は、子どもの学びの場を公平につくりだすための希望を胸にもち、歩んできています。これからも若々しく!

       ――――――――――――――――

 常設 2020 アップ情報一覧

 最近のメッセージ 保存  


 生活指導研究の新展開  


 生活指導・教育臨床  


 いじめを考える  


 新刊 わたしの書評  


 過去の論説 2005〜2015  


 折出健二 生活指導研究の仕事  


 折出健二のプロフィール