THANKS FOR YOUR COMING

Welcome

to Kenji's Home Page

ようこそ折出 健二(おりで けんじ)のホームページへ


◇◇ 2017 December NEWS ◆◆

最終更新日:2017年12月10日

******************

お忙しい中、このつたないHPにお立ち寄りいただき、誠にありがとうございます。

2017年も、子どもと教育、教師と学校、市民と政治、思想家と人生・社会論、そして作者の身辺出来事と小さな物語など、つれづれなるままにトピックを記事にしていくつもりです。もし、言い過ぎや事実誤認でお気づきでしたら、ご遠慮無く、ご教示ください。作者より。

【「いじめを考える」のサイトに、全生研福島大会(2017年8月)のテーマ別分科会「現代のいじめ問題を考える」で提案したレジュメ(大会紀要掲載&当日の補充レジュメ)を掲載しております。 2017年8月8日】
このサイトの全てのページの文責及び著作権は、作成者・折出健二に帰属しております。無断の転用はご遠慮願います。
All Rights Reserved, Copyright (C) 2002, K.ORIDE
  

このレギュラー・ページ「TODAY'S MESSAGE」では、「最新の記事」から順に載せています。

レギュラー記事の以前のものは、このページの後半に掲載している「常設 2017」コーナーの「以前のメッセージ&情報」並びに「生活指導・教育臨床」「いじめを考える」「わたしの書評」「教育改革とわたしたちの研究・実践課題」にそれぞれテーマに応じて保存しております(2017.1.21.)。
このホームページについて、なにかご感想・お気づきやご質問・お問い合わせがありましたら、メールアドレス k-oride*uhe.ac.jp にどうぞ。*にはアットマークが入ります。



   
TODAY'S MESSAGE:Current Topics

 近況から (17.12.10.)

全生研元常任委員の中川晋輔さん(埼玉)から『服部潔先生を偲ぶ会』という追悼冊子が届きました。訃報を知ったときに私が全生研MLに発信したお悔やみの言葉も載せてありました。

全国のたくさんの知人の哀悼の言葉が載っています。服部さんの講演を何度も聴いて、その一言ひと言が宝石のようでそれに支えられて全生研を続けてきた、など。

そのように惜しまれ、偲ばれて、次の時代に何らかのもの(こと)を遺せたらいいですね。95歳になった作家・寂聴さんも「いのち」と題する一作を書き上げたそうです。これは描かなくてはならないテーマだと。

明日が締め切りの、学会の投稿論文査読も要約本日済ませて、メール添付で事務局に送ることができました。どういうテーマ、というのはここでは控えますが、かなりの労作ではありますが、基本的な概念の扱い方で補足すべき点などがありましたので所見を入れました。

人の論考の審査もさることながら、自分としては念願のヘーゲル研究のまとめをしなくては、という思いがずっとあります。

69年の歩みを振り返ると、広島大学時代に卒論のテーマであったとはいえ、あの難解なヘーゲル哲学に出会えたことは本当に私にとっての財産でしたし、いまもそうです。

公私ふくめて様々な難局に直面したときに、ものごとをポジティブにとらえながら、それなりに望ましい方向に進むことができ、プラスの成果を出せたのも、弁証法的思考のおかげだと思います。

生活指導、子どもの自立と教師の自立、落ち着いた空間として家庭性を上手に取り込んだ学級の持つ教育的意義など、新しい視点から深めるべき課題がいろいろとあります。
 

       ――――――――――――――――

 ケアリングと学校教育 (17.12.6.)

ケアの思想、ケアリングの社会変革論が最近は注目されています。J.R.マーティン、生田訳『スクールホーム 〈ケア〉する学校』東大出版会を入手しようとしましたが、古書のネット大手「日本の古本屋」でも在庫無し、じかに東京大学出版会に問いあわせたが、在庫無し、再版の予定無し、とのこと。

そこで、原著をネットで、ハーバード大学出版会宛に発注しました。船便ですと送料は安いのですが、3ヶ月。冬の民教連集会の講演にも関わるので参考にしたいから、それでは間に合わない。そこで書籍代の約35ドルに、約21ドル余分に掛かりますが、速達便で頼ました。先日、Fedex便で届きました。原題等は下記の通りです。

Jane Roland Martin:The School Home Rethinking Schools for Changing Families, Harvard Univ. Press 1992.

これから詳しく読んでいきますが、イントロダクションと、第1章の「学校と家庭」をざっと見た限りでは、デューイとモンテッソーリの教育思想・家庭の見方にかなり影響され、なおかつその残された課題を追究しようとしていることです。

ちょうど、野原由利子さん(名古屋芸術大学名誉教授)らが刊行された『現代に生きるマリア・モンテッソーリの教育思想と実践』(KTC中央出版、2016年)を最近入手していましたので、関連づけてこちらも読むところです。

モンテッソ−リは貧困の子どもたちの家庭環境にも目を向け、それを学校がさらに疎外に追い込み格差を持ち込むことを批判して、そのための基礎として幼児教育に力を入れたので、そこはつながるテーマです。

それにしても、なんという出会いなのでしょう!

このところ、私は、長年やってきた集団づくりや授業改革を少し離れ、子ども虐待や貧困問題、そしていじめ・不登校について、集会にも出たり、県の対策会議の委員を務めたり、あるいは第三者委員会の仕事を担ったりしてきました。

ある時、知人の研究者から「折出さんは何が専門なのか、というぐらい幅広くやっている」と言われましたが、好きでそうしているのではなく、種々のテーマで依頼があり、私も関心があって、個々の分野の仕事をする内につながってきているし、その「つながり」がすべて今日の社会問題を映すテーマであるので、本当に広く深い問題にいま向き合っている感じです。

話を戻すと、そのあたりの糸のもつれをほぐす役を「ケアリング」概念がするであろうという予感です。しかも、マーティンも、それから有名なネル・ノディングズも、デューイの哲学をかなり参考にしている点では、私も広島大学部生の頃にデューイを少しやったので、まったく未知の世界ではなく、観る角度には共感できる面があります。

まるで、「いままでやってきたこと、今やっていることを、君自身が君の力と関心と思考力で、体系化して今日的教育問題をきちんと世に提示しなさい」と(誰かから?)言われているような、そんな心境になります。口幅ったいですが、ミッションの自覚というのはこういうのを言うのでしょうか。

それはともかく、17日の民教連の講演ではこの問題意識から話すつもりです。

       ――――――――――――――――

 いよいよ今年もあと27日(17.12.4.)

◇ 毎朝、ラジオ体操が終わる頃から約25分、近所を歩いていますが、顔に当たる風の冷たさ。早足で少し立つと体が温まってきます。

実生活もほぼ同じですね。外気や環境は厳しく、冷たい感じがあるが、内側から、つまり思考や認識・思想からしっかりと温めていくことで道を踏み誤らないようにしたいものです。

◆ いくつかの課題が並行して走っている、私の昨今のスケジュールですが、あわてず・さわがず・たじろがず、でやっていくしかありません。まず、ミネルヴァ書房から来春刊行予定の「教職教育シリーズ」の「生徒指導」の巻で、「人格形成と生活指導・生徒指導」(約45枚)を書き上げ、編者と編集者宛に昨夜送りました。書名が「生徒指導」であるのは気にはなりましたが、「教職科目」テキストでいくかぎり、いまは授業名を「生徒指導」にしないと文科も認めない流れなので、やむを得ないでしょう。ただし、拙稿は、ほぼ完全に生活指導論です。

今一つ、県下一宮市の父子心中事件の聴き取りを終え、検証報告書の作成が進行中。もう一件、別の父母心中事件の検証報告もほぼ形が整ってきています。

◇ 「インスタ映え」が流行語大賞となりました。今朝のNHKラジオ番組でITジャーナリストが話していましたが、2017年の最新データで、利用者は2000万人に達したらしい。また、女性が61%、男性が39%で、女性は18〜34歳がほとんどらしい。

私はそれをやっていないのですが、その事象はだいたいわかります。カフェや食事の際の料理や旅先の景色、あるいはちょっとした街角の出来事などをインスタグラムにアップする。そのジャーナリストによると、第一に「カラフル」であること。

この発信は、ほとんど消費行動に付随しているので、ある意味では、いまの市場原理の写し絵で、一種の画像マーケット的な広がりと言えるのでしょうか。観る人から称賛され受け入れられるほどに、画像の価値は上がるのですから。

インターネットが元々、不特定多数による評価ないしは干渉のサバイバーの世界なので、その変化がどんどん起きているのでしょう。はじめは「文章」であったのが「写真」へ、そして「動画」へ。

こういうツールを通してつながることが当たり前になっていることを観て、ものごとを読んでいく必要があるでしょうね。

◆ 神奈川座間市の事件後、ある番組で、SNSに自死願望を発信したことのある若い女性へのインタビューをやっていましたが、深い孤独感の中で、全く見知らぬ人から応答があればほっとする、と言っていました。この人は、あの事件後いっそう慎重になって、何度かやりとりをして、それでも相手と実際に会うことにしたとも。犯罪に巻き込まれるかも知れないという不安はあったが、それ以上にメールで相手のことが信用できそうだったので、会いたい気もちが募って会うことにしたらしい。

私が以前から使ってきた「アトム化」(丸山眞男氏もかつて使っていたと、最近知りました。)の実態の一端がここにもあるのかもしれないと、その番組を観ていました。

◇ 「生きづらさ」というのは、収入や就労のことももちろん背景にはありますが、精神的にも「何を頼ればいいのか」「だれが信用できる人なのか」という不安。まるで暗闇の中を手探りですすみ、あかり(この状況からの出口)を捜しているのに似ています。ふと手の触れた相手がどんな人かはわからないので言葉(メール)を交わす。その時の気分が合って(社会論で言う、チューニング)そして会おうとする。

相手も同じような手探り状況だから、会えるときには、それなりの意味の重なり現象が起きて、とても印象深くなるのではないでしょうか。そこからが、実は、大事なのですが。

◆ 12月はすこし予定が入ってきています。16日には京都でいじめ問題講演、翌17日、岩倉市で民教連の講演。その後、愛知父母懇の関連行事。そして、27日には名古屋市内で「部活問題」の全国集会があり、参加してきます。その日の夕方は、連れあいと一緒に「布施明コンサート」に。試しに申し込んだら席が取れて。

年が明けて、2月には、久しぶりに広島に行き、「学校づくり」をテーマに講演し、合わせて、福山市の「ゼロトレ」の問題を含む報告を聴いてきます。討論にも参加。

というわけで、ゆっくり動く「師走」です。

       ――――――――――――――――

 柳川喜郎元御嵩町長の講演から (17.11.30.)

私は、西尾市産廃処理施設建設計画影響調査研究会の委員を務めています。

先日の会議では、産廃処理問題で基本的なスンスを貫いたことで知られる柳川元町長の講演を聴きました。現在84歳になられますが、足元や聴覚にはやや老いが出ていますが、お元気で、話し方はまったく老いを感じさせない堂々としたものでした。

1) はじめに「三河湾の近くに施設を造ることに反対の立場で話す」と断って、いくつか重要な視点を話しました。まず、なぜ御嵩の町長になったのか、そこに至る話がありました。昭和20年春に岐阜市の今の可児に疎開し、旧制中学のあった御嵩に通学し、そこは今で言う中高一貫校で、そこで奥さんとなる女性と出会い、その父親が町長だったということ。

その父親の要請もあって同町の町長となったが、はじめは産廃処理施設のことはわからなかったが、役場の関係書類(段ボール6箱)を持ってこさせ、それを読む内にわかってきた。地元では、産廃を口にすると脅しを受けるなど(地元の方言で)「いやらしい」とされていた。

木曽の谷を埋めて処理場を造る、というが町からは何も正式の発表が無い。住民は疑問に思っていた。大量の資料を読むと、氏が町長になる前に秘密の協定を結んでいた。当時の町会議員たちもそれを知っていた。35億円の協力金を業者からもらう代わりに、処理場を認める。そういう内容であった。

2) NHK記者の経験もあって、町長としては、情報はすべて公開するという方針で臨んだ。当時の岐阜県で初めて「情報公開条例」を作った。いまでも行政においては、情報公開と説明責任が二大柱である。

町としては先の協力金で、当時町内にはなかった福祉施設を造りたい意向であったが、柳川氏としては、それには反対であった。

その理由は、「名古屋市を含む500万人の飲料水と成る、木曽川下流から50メートルしか離れていないところに建設しようとするから」です。御嵩の町民は、飛騨川の水を飲料に使うので、木曽川水系は一切関係ない、とされた。

検討委員会が設置され、その委員で水系の専門家の学者が、処分場ができてその処理水が流れ込んでも木曽川は水量が多いから稀釈され、水道水の基準は満たす、と述べた。これには大変怒りをもった。

3) NHK時代に公害問題を取材して、四日市、水俣、イタイイタイ病などを観てきた。環境問題は「茹でカエル」の比喩の通り、カエルを熱した湯に入れればはねて逃げ出すが、初めからゆっくりと熱するとわからず、ついに熱くなったときにはもう逃げ出させない。ここが環境問題と震災の違いだ。

最後に、一色町に建設予定の本件については、@三河湾という閉鎖水域の水の問題、A施設の規模が巨大であること、B長い期間で観たときの事業の見通し、の問題があるという。

以上が講演の概略です。特に、委員会における学者の見解については非常に厳しく批判していました。自分の学問的な見識を曲げてでも行政に迎合するからだ、と。

以上は、市民に公開の形で行われた講演であったので、ここに要旨を述べることには問題はありませんが、これについて委員である私がここでコメントをするのは控えます。

       ――――――――――――――――

 いじめ問題の講演 (17.11.26.)

早いもので、あと1ヶ月余で今年も終わりですね。最近は年賀状も印刷を頼んでいますが、先日、仕上がりました。来年は私も古希を迎える年となるので、その辺の思いを込めたメッセージ風の言葉を多めに入れた賀状にしました。

25日には、長野の養護教諭サークルで「いじめと子どもの関係性〜どう向き合うか」と題して話してきました。実践レポートを聴く為に 朝早く出て、10時半の例会に間に合うように動きました。

中央線の木曽福島を過ぎて山間に入ったあたりから九にあたりは雪景色になりましたが、目的地の塩尻につく頃には、雪は完全に消えていました。北に位置するけど、開けた平地なので気温が違うのでしょう。

そのサークルでは、とても丁重なおもてなしを受けました。

終了後、井筒ワインのワイナリーにまで行ってみようかと思いましたが、思うよりは遠いと聞かされそれは止めて、塩尻駅の売店でアルプスワインの白を買いました。そこの蕎麦屋の蕎麦もおいしかった。

12月の初めに、今度は京都でいじめ問題の講演があります。「いじめを読み解く」という演題。全生研で一緒にやってきた藤木さんらが中心となって活動しているNPOの取り組みの一環です。

その1週間後、12月17日土曜日に、岩倉市で行われる愛知の民教連の「冬の集会」で「いじめ・不登校・虐待・貧困の世界を生きる子どもらにどう向き合うか」で講演をします。

いじめは、加害行為があるから被害が生じるのですが、そこには、他者という根本問題があります。親密ではなくてもふつうに交流できる他者であれば、なにも、相手を苦痛におとしいれる言動をする必要は無いわけです。いじめの加害性は他者性と深くつながっている。そこに問題解決のヒントがある。これが最近の私の論旨です。

       ――――――――――――――――

 近況と、最近起きた問題「飲酒と暴力」 (17.11.16.)

グッと冷え込み、今日の名古屋地方は最高気温13度くらいとか。先ほど、NHKの朝の番組で京都南禅寺の紅葉を中継しましたが、見応え十分。明日、所用で神戸に行くので早めに出て寄ってみようか、という気になります。

その所用というのは、約半年続けてきた、ある私立高校でのいじめ事案の調査が終結し、その報告書を関係の機関に提出するためです。生徒たちからの聴き取り、教諭からの聴き取り、精神科医の聴き取りなど、いつもながら学ぶことが多かった。

他方、いま日本教育学会の関係の「教育勅語」緊急共同出版の論文、ミネルヴァ書房からの生徒指導・生活指導をテーマとする教職講座テキストの論文、そして、愛知県子どもの貧困対策調査結果を受けての各委員の提言論文、と三本が併行している状態です。

このところ、いつも行っているジムでのストレッチや筋トレとは別に、毎朝6時半頃から約30分、近所を早足で歩いて体の調整をしているので、なんとか切り抜けられそうです。

ところで、お酒に縁のある私としても見過ごせない問題が、続いています。

広島大の生物系教授が今年の3月に、実習の合宿先で学生に暴力を振るったことがネットでは報じられています。そして、こんどは、横綱日馬富士関が、モンゴル出身の力士の懇親会で若手の力士の頭を(医師の見立ててでは)一回以上は殴った、と報じられました。

前者は、大学から懲戒処分を受け、被害届のあった刑事の面では、罰金刑を受けたようです。後者は、これも被害の力士の親方が被害届を出し、捜査が始まるようです。

いずれも、その現場で何かが起きて(当人にしゃくに障る一件があって)暴力に出たと推察されますが、酔った勢いでとか、飲酒のあまり、というのは理由にならないのです。結局は、お酒に自分が負けているし、人の上に立つ立場の人物としては、防御が甘い、と言わざるを得ません。

どんな業界でも分野でも、一人前の仕事をして名を成しているならば、自分のアンガー(怒り)・コントロール、アンガー・マネジメントに気を配るべきです。そのちからを、後輩や学生にぶつけて権力を誇示するのは、虐待の構図と同じ。つまり、アビュース(abuse)、力の異常な使用、です。

かくいう私も偉そうなことは言えないので、今の状態をキープして、酒席で人に暴行など、おきないよう自制できる飲み方を心がけたいと思います。

ただ、我慢しきれないほどの、逸脱した振る舞いは身近に起こります。私の経験では、細かなことは避けますが、酒席で、ある年配男性が若手の女性に執拗に絡んでいたとき、また別の会合では、やはりある年配男性が、同席している保護者女性を性的な対象のような言い方で露骨に言ったとき、いずれもその場の座興のようであったが、私は、ついに抑えられず、「いい加減にやめろ!」と割り込んだ経験があります。

もちろん、どちらも暴力沙汰は一切起きておりませんが、座はちょっとしらけます。しかし、私のどこかに、いかに座興の盛り上げであろうと、その場にいる人を笑いの道具や性的な関心の道具にするかの如き物言いや振る舞いには、どうにも抑えられないものがあって、これはこれでアンガー・コントロールは大事だなと思っております。

いよいよの時は席を立って帰ることにしようと思います。上の二件はまさに「他山の石」です。

       ――――――――――――――――

 秋の北鎌倉を訪ねて (17.11.5.)

◇この連休中に、藤沢に住む孫のCさんの七五三記念に写場で撮影をした後に食事会をするからと娘より話があり、連れあいと行ってきました。

小1で七歳となる彼女は、写場でいくつか並ぶ着物の図柄からサッと緑に赤の花柄の入ったのを選びました。そして着付けをしてもらい、モデルのようにカメラマンのうまいトークにはにかみ、笑いながら、外を見つめる目線、和傘を肩にかけた少し大人っぽい仕草、そして和室に移って、座ってのポーズなど、たくさん撮ってもらいました。

娘は、「USBで全カット」の選択をしたようで、後日、レイアウトなどを入れて送られてくるようです。いわゆるアルバム(写真集)ではなく、USBのままに渡される、それを各家庭で自由にPCで観たり、プリントしたりする、という点に現代風を感じました。

◆藤沢駅近くの最近開業のホテルに泊まって、翌日の午前、久しぶりに北鎌倉に出かけました。ちょうど秋晴れの良い日で、歩くと少し汗ばむくらいでしたが、深い山間に建つ寺の境内に入るとひんやりとする空気も漂って、気持ちよかった。

円覚寺、建長寺、帰りに明月院と三寺院を回りました。円覚寺は臨済宗の趣があふれる、質素で堅実な造りの寺です。境内のあたりの樹木は紅葉にはまだ少し早いですが、その始まりも窺えました。あの釣り鐘状の窓や扉がこの寺の象徴です。一番奥の舎利殿もこの期間開放で観ることができました。少し端がそり挙がった特徴ある二層屋根も、周りの木々の緑に溶け込んで落ち着いていました。

明治の頃、山岡鉄舟や夏目漱石ら多くの居士(こじ)が座禅に参加したとされる座禅道場が「居士林」(こじりん)と称され、今も座禅会が開かれているそうです。堂内には「頭燃を救うが如し」という額が掲げられているようです。

◆ところで、円覚寺の入場券の裏には、次の言葉があります。

《長い人生で時には死にたいと思うほど、辛く苦しいときもあると思います。/そんな時にあなたの足は死のうとしていますか? /ちゃんと大地を踏みしめています。/あなたの足は死のうとはしていない。手も死のうとはしていない。/内蔵も一生懸命消化しようとしているし、目も同じです。/60兆ある私たちの体の細胞は/みな生きようとしている、それが真実です。(このあと「仏様」の話があって)そんな素晴らしいいのちを/今、こうして生きているのです》

いま、神奈川県座間市で起きた「自死希望者」を誘った連続殺人事件が大きなニュースになっていますが、この言葉には、自死願望に対してこれを思いとどまらせる、傾聴に値するものがあります。

仏教は、おのれの生の実存をリアルに見つめるところから生まれた、と常々思ってきた私には、インパクトのあるメッセージでした。入場券の裏にさらりと書き込んでいるところがにくい。

◇そのあと、臨済宗本山の建長寺にも入って、法堂(はっと、呼ぶ)まで行きました。広い境内なので全部は無理でした。北鎌倉の駅に帰る途中、時間があったので、明月院に入りました。「女性的なお寺」といわれるだけに、境内の中はあじさいをはじめ数々の花や四季を彩る樹木がていねいに植えられています。落ち着いたたたずまい。なるほどこれは女性が訪れたくなる場だなと思います。

◇その日の午後、娘と合流して、駅近くの小学校グランドで行われた少年サッカーのリーグ戦に行きました。兄のSくん(小4)が3/4年生チームに出ているからです。この学年のチームはGKを入れて8人編成で、20分ハーフ。

ラインの近くに立ってボールを追う子どもたちを間近に観ました。ボールの奪い合いで両者ぶつかり合う激しい息づかい、ボールに集中する目、相手の体をかわして反転しながらボールをさばく技、時にはバランスを崩して転ぶ者も。とにかく、感動しました。上記の、円覚寺の言葉にあった「いのち」を輝かせるといいましょうか、少年期のすばらしさを実感しました。

Sくんたちのチームはこの日、2試合とも競り勝って、いま4戦全勝です。

娘が「差し入れ用に買ってきて」というものですから、名駅で「じゃがりこ手羽先味」というボックス入りのお菓子を数箱買って下げていきましたが、試合後にそれがチームに渡ったようで、コーチが「すぐ集まれ」とかれらに号令し、整列したチーム全員から「ありがとうございました!」とお礼をいただきました。こちらも帽子を脱いで、「今日はよく頑張りました!」と返しました。

応援に来ていた多くのママたちも娘と同じ年代で、帰りがけに合うごとに「今日は良かったですね」と言葉を交わしました。

◆写場に始まり、寺院巡り、そしてサッカー試合観戦と、濃厚なメニューの休日でしたが、いろいろの課題を前にしている私は、まさに「頭燃」はかなり晴れて、前向きになれました。

       ――――――――――――――――

 正倉院展と国宝展 (17.11.2.)

調査活動その他でスケジュールが詰まってきている中、時間がやっと取れたのを生かして、標記のツ アー企画に連れあいと参加し、行ってきました。主催は、JR東海ツアーズです。

朝早く、新幹線こだま(早朝の便は、全車自由席)で京都に行って東京からの参加者と合流し、そこから観光バスで南北に走る高速道路 を使って奈良国立博物館に行きました。34名の参加でした。

(一)正倉院展を実際に観るのはこれが初めてで、非常に精巧な竹かご、銀の杯(さかづき)や大きな手鍋風の器、どれも感動するほどの正確な造形なのです。奈良時代の当時の工芸人たちの「技」、そして幾何学に通じた「知恵」、造形全体に対する「美感覚」にほんとうに感銘を覚えました。

(二)中国東北部からの大理石風の岩石を使った杯、同じく当時の西方の技術を模倣してできた金メッキの銅の杯、さらには貴族の前で の楽舞のさいに、踊り手がかむったらしいお面。その精巧さは、桐の木一本を彫り込んで薄く顔に合わせた局面のあるお面をみれば、おど ろくばかりです。

そのお面の中に、泥酔者がふらつきながら踊るときの面があって、古代から、お酒にひたる者は話題の人で、楽舞にまでとりあげられた ことに妙に共感を持ちました。

インドサイの角の付け根をつかって、その中をくりぬいてくぼみを作っただけの実に素朴な杯もありました。説明文によると、サイの角 には、解毒作用のある成分が含まれていて、そのため角で杯を作ったのだとか。私が「これがいいな、これで飲んでみたい」というと連れあいは「そうね、しっかり解毒しないとね」と。

そういえば今でも、鹿の角を削ってこれを焼酎に漬けて飲む、というがありますね。古代でも同じことをやっていたのです。

(三)ゆっくりと鑑賞して、午後1時前に奈良を出て、約1時間で京都国立博物館に到着。ここで行われている「国宝展第三期」の展示 を観ました。私は京都出張のさいに「第一期」の展示を観ていたので、今期の新しい展示品を特に念入りに観ました。

その一つは、3階展示の「金印」です。ただし、一列目で観たい人はその流れに並ばなくてはならず、それが2階階段下までつながってい たから、それは止めて普通の行列に入って、前の人たちの合間から観ました。予め用意していたVixenの小型の単眼望遠レンズが役立ちまし た。「金印」の現物は思ったより現物は小さく、それでも金で作られた龍らしき造形は光り輝いていました。

絵画では、今期は「風神雷神」と「雪舟」がなくて、これらは連れあいにも是非観て欲しかったのですが、今期のはなんといっても、「 伝 頼朝像」です。源頼朝の肖像画と伝えられている逸品で、右向きの、ややふっくらしているが眼光鋭い面持ちの威厳ある肖像画です。 武将の衣服は黒く塗られていますが、顔の線は、一本線でさっと描かれていますが、それがまたりりしさを引き立てています。腰に差した 刀の描き方も丁寧です。

彫刻では、薬師如来坐像です。仁和寺の所蔵で、平安時代の円勢・長円作。一本の木を彫刻したもので、高さ11センチ。とてもおだやか な表情です。大日如来坐像はオール期間中展示なので、また対面したのですが、あのミニ単眼でその顔を拝見し目のあたりを大きく観まし たら、なにやらこちらの心の隙間を見透かされたようで、ハッとしました。その細く切れ長でクールなまなざしは、ものごとに動じない雰 囲気があり、しっかりせよ、と諭されたようでした。

(四)午前・午後と、合計5時間、秘蔵の、あるいは国宝級の作品を観まして、さすがに疲れた感はありますが、とても充実した一日と 成りました。帰路の列車も、こだま19時8分発と時間指定で、それまでに京都駅に着いてから約1時間半ありましたので、京都伊勢丹の11階 にあるレストランに行って、夕食としてそば定食を頂き、仕上がりとしました。

       ――――――――――――――――

 文部科学省「2016年度 問題行動・不登校調査結果」を読んで(17.10.27.)

 本日(27日)の各紙朝刊で報道しているように、標記の調査結果、いじめは、過去最多の32万件に達しています。その背景には、これまでケンカとしていじめからは外してみてきたケースもいじめに加えるようなことを求めた文科省の指示の影響もあるとの見解もありますが、私は、その一方で実際に子どもたちの対立・攻撃の初期状態が増えていると見ます。

 以下では、いじめ問題に焦点を充てながら、標記結果から見えてくることをまとめました。

 なお、『中日新聞』27日付朝刊第1面、31面で本件を取り上げており、私の取材コメントも掲載されています(31面)。

1)暴力行為もいじめも、小学校で増加が著しい。

 特に小学校「生徒間暴力」での増加が割合としては著しく、1・2年生ではっきりと増加がみられる。

 思春期には以前から生徒間暴力の多さはあったが、そのピークは、中学入学後比較的に自由な気分と反発から暴力傾向が生まれやすいとされる中学2年生より1年生のほうに移っている。

2)暴力行為の傾向といじめ件数増加との関連

 これらの現象と、小学校でいじめが前年度比56.8%増と、中学校・高等学校の増加率に比べて著しい差異がみられることとは関係があると推察される。

 もちろんこれらの件数の増加の背景には、「けんかやふざけあい、暴力行為等であっても、背景にある事情」から調べて「児童生徒の感じる被害性」に着目して認定せよ、との指示に基づいて行われたこともあると推察できる。

しかし、それだけにはとどまらない。競争世界が低年齢化しているなかで、低学年からストレスや自己効力感の弱さから来る不満を抱え、それを身近な友だちにぶつける。こういう対立とぶつかり合いが起こりやすくなっている。

3)量的増加が質的な事柄(質的変化)を映しだしている

 問題は、こうした量的な著しい増加と共に、いじめの態様に見る質的な変化である。

 2015年度のいじめ態様の構成比とくらべてみると、以下のことがわかる。
@いじめの態様全体で「冷やかし、悪口」(略記している。)が小中高とも圧倒的に多いこと、「軽くぶつけられたり、遊ぶふりで叩かれたり」(同上)がその次に多いことは変わりない。
A「重大事態」のうち1号関係(命の危機に関わること、自死に至ったこと)が、小中高特支援の全体で130→164、2号関係(不登校に至ったこと)が219→283と増えている中で、その内訳の公表も今後参考にしていきたいが、前年度においては、1号関係の「生命、身体、精神、金品等」のうち、全体の6割を「精神」が占めていた。
また、1号関係の増え方のうち、前年度比で見ると、中高が順に34%、56%と著しい。
Bいじめの態様においては、言葉による攻撃・暴力性にあたる態様が前年度と同じくらい高い割合で起こり、なおかつ、いじめとさとられないような「遊ぶふり」での攻撃性を示す態様がその次に多い。

4)折出の私見

このような質を含んでの発生件数の量的な増加だと見ることが大事で、留意したいこととして以下の点をあげておきたい。

ア)いじめとして認定してきた身体への攻撃、無視・物隠し的な可視化される攻撃から、表立っては見えないいじめ方に変わってきている。

つまり、言葉による相手への心理的打撃、あるいは「遊ぶふり」をして相手に苦痛を加える、遊びやからかいを装ういじめが、子どもたちの間に広がっているのではないか、と推察される。
私の関与したいじめ問題の第三者委員会の聴き取りの経験からも、加害者とされる子どもたちにおいて、いじめ防止対策推進法の「いじめ」と見られてはまずい、という気持ちが彼らなりに働いているようだ。
 

イ)低学年で暴力行為もいじめも増加しているのは、競争世界の低年齢化によると思われる。(評価を得ようと)我勝ちに先を争うこと、自分の中の不安定な感情を生のまま相手にぶつけるという自分中心の行動、課題や作業ができないものは馬鹿にされても仕方ないという他者みくだし感覚、が低年齢化していることをうかがわせる。
 

ウ)友達や大人に見られない・気づかれないように、自分のいら立ちを身近な誰かにぶつけ、あるいは身近な誰かをさげすんで馬鹿にしてその場を面白がる。そういう狭い空間・対人関係での他者攻撃が進行しており、これに、周りの子どもたちも参加しやすい状況が生まれていると言えるであろう。

エ)この状況は、少子化でわがままに育っていることやTV番組の影響も多少はあるであろうが、ほんらい意味をつたえあう言葉が、自分を防衛し他者を排除するための道具になりやすく、その言葉で言葉が原始化というか、記号に近いものになる場面も出ていると思われる。すでに各地にある「死ね」「キモイ」「殺したろうか」などはその象徴例だ。

 ここには、新たな変化が窺える。すなわち、身近な誰かを制してやっと自分の居場所が(束の間に)持てる、という、子どもたちの環境に浮上している〈ミニ競争圏〉、言い換えれば、いまの新自由主義的な競争世界における評価と結果と孤立化、のミニチュア版の生活圏、そのような特質を帯びている人間関係に、低学年の頃から入り込まされ、その適応をせまられている子どもたちの姿なのではないか。

その意味では、現象的には、いじめ発生の低年齢化といえるであろうが、それだけ子どもたちが早くから自分の内面的な不安定さと自分の居場所を抱えながら、自分を守るために自分で仕切ろうとしており、しかも、他者への支配的なそうした行動を、言葉で攻撃的におこなうようになっている、と言えるのではないか。

オ)よって、従来のいじめの定義(森田洋司氏のそれも、推進法第二条のそれも含めて)をもっと根本から見直さないと、今の子どもたちの世界で起きていることとかみ合ったいじめ問題の見方に近づけないほどに、事態は複雑になってきているのではないか。

       ――――――――――――――――

 政治もスポーツも「どんでん返し」 弁証法のリアル (17.10.25.)

235名を擁立した「希望の党」が惨敗で、逆に小池氏から「排除」されるためみずから新党を起こした「立憲民主党」が最終的に55議席の野党第一党になりました。小池氏の新党は足元の東京を初めとして、さんざんな結果でした。

民進党から100名近くが移り「希望」から立候補したのでしたが、そこには単なる数あわせと言うよりも、なんとか国政に出るチャンスをつかみたいという思いがあったと推察します。有能な方も多くおられる。単に「落選」ではなく、それ以上に、国政で活躍できる道を奪ったとさえ言えるでしょう。

他方、立憲民主党は、枝野氏を中心に、立憲民主主義を守る政策と理念という基本線を守り、これに多くの国民(有権者)が共鳴し、今のツール、ツイッターなどでその支持が急速に拡散したとされています。また、その躍進の背景には、野党共闘の信義をつらぬき候補者をおろしてまで協力した共産党の真摯な対応もありました。社民党の共闘もありました。

別の分野ですが、スポーツでは、セ・リーグのCS戦で、DeNAベイスターズが広島カープに4勝2敗で決着を付け、日本シリーズ進出となりました。広島出身で野球と言えばカープ応援しか関心のない私にとっては、とても残念。

結局、カープはリーグ優勝で与えられるアドバンテージの1勝と、CS実戦の1勝しか取れなかった。初回には得点するのだが打線が続かず、この間にリリーフ投手がことごとく打たれた結果です。粘り強さ、ホームランの数からして、パワー負けでした。リーグ3位のチームが日本シリーズで戦うという、セリーグでは初の結果となりました。ここでも「どんでんがえし」が起きました。

「どんでんがえし」、それは「さかさまにひっくり返すこと。転じて、ものごとがすっかり逆転すること」(『広辞苑』)。

政治でもスポーツでもその手本のような事態が起こったことに、私はとても惹かれます。それを実現させた原動力は何なのか、と。

論理的にはそこにある矛盾です。が、実践では、そこに生きるひとびとの主体的な意識の結集する力です。枝野氏たちの活動の根底には、「数合わせ」的な野合や「排除」の論理に対して国政を担ってきた者としての筋を通したいという強い思いがあった。DeNAの選手たちには、CS戦に挑めるチャンスを勝ち取って、この絶好の機会を逃したくない、なんとしても勝ちたい、という思いがあった。この主体性が、矛盾の状況の一方を切り拓かせ、上述の結果を生むことにつながった。

言い換えれば、日常生活も含めて、矛盾を核とする事態は常に起こり得ますが、その状況をどういう方向に打開するかはそこに立ち至っている人びとの主体性、意識、です。「存在が意識を規定するが、意識は存在を規定しもする」とは有名なテーゼですが、まさにそれが実証された出来事です。

枝野氏たちや、筒香選手たちは、この局面で、ご本人たちの自覚はともかく、客観的には弁証法の実践者としてたち現れていたとも言えるでしょう。

       ――――――――――――――――

 第48回衆院選の結果 (17.10.23.)

22日投開票の衆院選の結果は、自民党・公明党の与党が定数465議席の2/3である310を維持するものとなり、「大勝」と報じられました。他方、劇場型政治の典型とされる小池百合子氏代表の「希望の党」は記者会見での本人の言葉どおり、「おごりがあった」うえに「完敗」となりました。

与党の「大勝」と野党の主軸を目指した勢力の「完敗」と、そういう構図で今の政治状況を見て良いのでしょうか。

これを書いている23日午前現時点では、台風の影響でまだ開票結果の出ていない一部地域があるので最終的なデータはあとで知らされることになりますが、小選挙区の投票率は『朝日新聞』推計では「53.6%前後」となり、2014年の前回衆院選の52.66%につぐ低さであるようです。

つまり、およそ46%の有権者は、いろいろ思うところはあったにしても、投票しなかったわけです。

さらに「大勝」とされる自民党の獲得票の割合も、実態はどうか。政党名を記入する比例代表では、有権者がどの政党を支持するかが反映されます。そこで、そのデータを元に見ると(速報値であって、開票率がまだ90%前後ですが)、次のようになっています。
 北海道 29.0%  東北 34.8% 東京 30.6% 北関東 33.2 南関東 34.6% 北陸信越 36.7%  東海 33.4%  中国 39.3%  近畿 30.4% 四国  36.5%  九州 34.0%  (『朝日』23日朝刊より)
 

平均すると、33.9%となります。つまり、全有権者の約54%が投票し、そのうちの約34%のひとが自民党支持を選んだということです。すると、0.54×0.34=0.1836となり、全有権者で見ると、18.4%の人が自民党を選んだ、ということです。

投票のあった票数全体から言えば、各小選挙区(1選挙区1名の選出)で自民党が議席を取り「大勝」ではありますが、有権者全体の視点から見ると、少なくとも比例代表の票の比率からすると、支持されているのは全体の2割弱であるということになります。

それでも、自民党だけで過半数233議席を超える283議席を獲得している(23日午前9時半現在)。しかし、比例代表に見るその政党としての支持は全有権者の2割弱ということです。

これが小選挙区制のしくみです。支持率は低くても、一人区でトップに立てばそれが所属政党の議席になる。比例代表制はその弊害をなくすための制度であり、候補者名ではなく政党名を記入する。この仕組みから、有権者の(その選挙時点での)支持政党の割合が反映されることがわかる。これを参考に考えたのが私の本日の記事です。

選挙結果が続々と入っている最中に、民放番組で自民党の小泉進次郎氏がスタジオの質問に応じて、〈自民党への国民の厳しい風を感じた、「希望」の小池氏は「満員電車をなくして(公共交通機関の)乗車をしやすくする」と言っていたが(応援演説で)秋田に行った際に、地元から、「満員電車を見てみたい」と言われた、全国の各地域の実態を見て政治を進めなくてはならないと痛感した〉と語っていました。

同じように、上記の比例代表得票率に見る有権者の実態からも政治をとらえるべきである、と思います。
 

有権者からすると、このような低支持率で議席の2/3を維持する与党が、果たしてほんとうに「公約」のなかで有権者の民衆としての生活に密着した施策をどこまで講じるのか(講じる気があるのか)、を今後もしっかりと注視していくことが大事です。

       ――――――――――――――――

 福井県の男子生徒自死の事件 (17.10.22. 一部加筆)

今年の3月14日、学校に来た後、校舎から飛び降り自死をした中学2年男子生徒(当時14歳)について、池田町の教育委員会内に設けられた調査委員会の調べで、背景に、担任と副担任による「経て続けに強い叱責を受け」たことが明らかになりました(「」は同調査委報告書の言葉。『朝日新聞』10月16日付朝刊より再引用)。

※ 同調査委員会報告の概要は遺族の意向で公表しない旨のことが、福井県池田町の教育委員会サイトに10月19日付でアップされています。ところが、あいち民研の大橋研究部長が、非公開の前の報告書を保存していたのでそれをファイルで送ってもらい、中身を読みました。

ご遺族が公表を望まないとされている今、ここで内容に触れることは失礼なので控えます。

私は、本件は、あまりにも明白な、教師による生徒の追い込み死ではないか、との疑いから、ここにアップするのは控えていました。

今朝(22日)のニュースでは、当該校長は辞職願を出したそうです。この生徒の状態のことは「見ていない・知らない」と記者会見で答えたが、調査委報告では、校長・教頭も、担任が家庭訪問をしたことを知っていた、とされていたのでした。

校長としての責任を問われては、と取り繕ったのかも知れませんが、自分の弱みを指摘されたときの態度に、そのひとの、人間としての本当の質が現れ出るものです。この校長は、生涯にわたって、人生の中に消し得ない汚点を自らつくったことになります。それを背負って生きていくのも又この人のdestinyです。厳しいけれど。

同じ厳しさなら、自分の実践上の見過ごしや謝りに向き合う厳しさを選ぶべきだったでしょう。それが、倫理という価値の問題です。

担任・副担任の処遇は今後のことになるでしょう。それと共に、本件から教育現場としては何を学び取り、同じような精神的苦痛・自死を招かないための基本的な指導方法を追究すべきです。

       ――――――――――――――――

 当面の活動 (17.10.20.)

◇日本教育学会はこれまで「教育勅語問題を考える」とするシンポジウムを6月、10月の二回開催し、その内容を基にした報告書を作成しますが、これと併行して、その報告書内容を含む出版物を企画し、進行中です。

私も、その出版物のための追加論考を担当する一人に指名され、「道徳教育と教育勅語」で準備中です。

教育勅語は国会で1948年、「失効排除」決議を受けましたが、その後も、道徳の再生に絡めて教育勅語復活を唱える人はいました。その影響が大きい1950年代あたりの道徳教育論関係の文献を古書店を通じて数冊入手し、これも読んで、論考の取組みに備えることにします。

◇今、関西圏のあるエリアの第三者委員会で進めている調査も大詰めで、報告書原案の検討に入ります。

◇一宮の父子心中事件の検証委員会として先日、その父子と関わりのあったある施設の職員の方から聴き取りをしました。支援者として誠実な取組をされていて、ストーリーとしてしっかりと把握をされていました。

◇来月の下旬には、長野県の養護教諭サークルからお声が掛かり、塩尻の駅近くの会場に行って、講演をします。午前から参加して、そのメンバーの実践報告を聴きます。この実践を聴き取る学習については、大学院生で全生研に参加して以来、ずっとこれまで来たえらてきました。

文字化された記録のどこを主に気をつけて読み取るか、実践者の思いや感情はどのように記録文に現れるか、実践の事実は何か、どういう指導を結局、この教師はしたのか、という客観的な読み方は、今思えば、全生研の学習スタイルのおかげです。

◇明日も、愛知県高校教育研究集会が県立旭丘高校であり、その第4分科会の助言者として参加します。

◇日産、神戸製鋼という、日本が誇る国際的にも知られた有名企業で、不正問題が発覚し、連日、ニュースで報道されています。どちらも、安全性あるいは製品の純正を最終的にチェックする業務を、その資格のない者にやらせていたという基本問題では共通しています。

ここでは、これ以上は控えておきますが、労働現場のモラルの低下、というよりコスト優先の経営の弊害がこういう形で出たのではないかと思います。

       ――――――――――――――――

 「特別展 国宝」第T期:京都国立博物館 (17.10.13.)

神戸での夜間の会議の帰りに京都に一泊して、翌朝、標記の展示を観に行きました。平日だというのに9時半の開場前から参観者のすごい列でした。多くの人は3階から見ようとそちらにどっと移動するので、すいている1階から観て回りました。

私は、彫刻としての仏像に興味はあって、今回の展示では、大日如来座像、薬師如来像、不動明王座像などが見事な出来栄えで、感心しました。筆跡では、藤原定家の「古今和歌集」の編集作業の原本。

絵画では、雪舟の四季山水図、慧可断臂図(えかだんぴず:修行中の禅宗の始祖・達磨に、入門許可をもらうが為に自らの腕をきりおとして差し出す僧・慧可という二人の相対する構図)など。特にこの二つめの作品は、雪舟七十七歳の、室町時代の作品。

俵屋宗達の風神雷神図屏風も、実物は迫力があるし、色合い・彩色の工夫は筆遣いがよくわかります。

上野の東京国立博物館では特別展「運慶」を9月から開催中で、これも観に行く予定です。この展示にちなんで「運慶学園」のサイトがたちがあり、運慶を様々な角度から描き出しています。先日、僧であり仏師としての運慶の面を高層が語るのをそのサイトで観ました。

       ――――――――――――――――

 日本教育方法学会が千葉大学で開催 (17.10.8.)

10月7日〜8日、標記の学会が開かれ、前日6日の全国理事会から参加してきました。

(1)今回は、7日の午前、課題研究「戦後教育実践と教育方法学(3) 「子どもの貧困」を中心にして」のコーディネーター・司会者を、井ノ口淳三氏(追手門大学名誉教授)と共に担当しました。

報告者は三名で、まず奥平康照氏は、かつて「貧乏綴方」といわれた生活綴方の現代的可能性はどこにあるのか、と問い、「新しい貧困」の世界を生きる子どもたちにありのままに自分の言葉で綴らせる実践の意義を述べ、「実践の生活課題化」という概念を提示した。

二人目の照本祥敬氏は、全生研の実践と研究の成果をたどりながら、貧困の現実をバックとする生きづらさや様々な「荒れた」行動に向き合う教師(同会の会員)の実践を詳しく紹介し、子ども自身が「貧困の現実を意味づけ直す」こと、その対話や話し合いを通じて「必要」とは何かを洗い出すことの意義を強調した。

最後に、福田敦志氏は、大阪の「学力向上」のための現場の動勢や取組には、貧困などによる「包摂と排除」の文脈をそのままにして行うために厳しい家庭現実の子どもほどみずから「学力」から降りていく現実を問い直し、「包摂と排除」そのものの克服こそ真の課題だとした。

討論では、京都大大学院生から「60年代には知育の問題が重視されたが、生活や福祉の重視の今、その課題はどう位置づくのか」と鋭く問いかけ、また、みずから「無料塾」に関わっている会員の研究者は、貧困・低学力の実態において「宿題を出すべきではない」という声にはどう応えればいいかと具体的な問いを出すと共に、当面は子どもの学習支援は必要だと思うが、長い目で観ると(現実の)学校適応に手を貸しているのではないかという危惧もある、その辺をどう見るべきか、と本質的な論点を投げかけた。

また、別の会員からは、実際に貧困の現実を有する学校での調査をしてきた経験から、子どもと教師の個別の関係性が貧困問題に取り組む実践の真実だが学校全体としてはどのような対応を提起していけばいいのか、貧困問題に教育方法学はどう関与できるのか、と問いかけた。

これらの質問や論点に三氏は丁寧に応答しましたが、ここでは割愛します。

(2)6日の全国理事会が19時過ぎに終わった後、外は雨だったが、私だけタクシーで、千葉駅すぐそばの店に行きました。ネットで観て初めにヒットした、なんとなく昭和の香りのする感じの店なのでここにしました。

結果は、グッド。
 ドアを開けて入った瞬間に、会社のグループらしい談笑が聞こえ、カウンターにぽつんと座る常連らしい男性が絵になり、そしてドリンクを手際よく運ぶ女性スタッフたちがスッと視界に入ってきました。この一瞬で、だいたいお店の雰囲気、その時間的長さ、ママを初めとするスタッフたちの客へのコンタクトのよし・あしがわかります。

システムは、時間制で、二時間・カラオケ込みの飲み放題で、5,000円。リーズナブルです。

(3)ママとも話してわかったのは、ママは秋田出身で18歳でJAL(日本航空)の、今で言うアテンダントに採用され(当時ほとんど大学出であったとき珍しい。それだけ優秀だったということ。)、同社の条件で満期退職した後、このお店を開き、いま38年目。先のカウンターの男性は、そのうちの35年をこの店と付き合ってきたという。

これまでにもママは、昼間、英会話教室、マナー教室、日本語教室などを開いて、国際線機内スタッフとして得た海外経験や能力を生かしてきたという。秋田美人の手本のような容姿の整った女性。はや喜寿というが、とてもそうは見えません。

このママの人気でしょう、会社帰りのサラリーマン、中でも銀行関係のグループなど、客層も上品な感じだ。

そのママに「お客さんはお医者さん?」と聞かれてしまいました(笑)。

常連の彼と私の間に座ったスタッフ、おしゃべり好きのNさんとも気が合い、いろいろな話に花が咲き、デュエットも唄い、楽しく過ごしました。

はじめて入った店で、ここまで打ち解けて、まるで数年前から通っているかのような錯覚におちちるほどに親しくなれるのは珍しい。これも旅先の大事な宝ものだと思います。

       ――――――――――――――――

 FD/SD研修の講師を務めました (17.10.5.)

10月4日、人間環境大学の人間環境学部(岡崎キャンパス:私が勤務する看護学部は名古屋よりの大府キャンパス)で、FD・SD研修の講師として講演を行いました。参加は、教員・事務職員合わせて30名くらいでした。

そのときにパワーポイントで提示したレジュメのアウトライン(抜粋)は、以下の通りです。

【授業改善、何を学びの核にするか】     折出 健二(看護学部特任教授)

大学授業改革の「アクティブ・ラーニング(AL)」について
・水泳で、呼吸法・バタ足・手のかき、体のバランス・脱緊張、がないとクロールにならない(長続きしない)ように、いきなりALを持ち込もうとしても、無理がある。その結果、目的のはっきりしない形だけの「話し合い」「学生発表」が増えて、肝心の学生一人一人の学問的な学びの力(知の力)が定着しにくい。
・授業改革の原点:そもそも、何を学びの核にするか。
 

1 大学教員という仕事

・実際の職務  教育、研究、社会的サーヴィス、管理運営
 → これらの諸活動を通じて学部・大学院の目的を実現し、社会に貢献。
・2つの葛藤
(1)専門分野と所属機関のどちらに帰属意識を強く感じるか(持つか)
(2)教育志向か、研究志向か
 全国の調査では「教育志向 32%、研究志向 68%」
【福留論文「研究と教育の葛藤」、有本章編『変貌する日本の大学教授職』(玉川大学出版部)所収による。夏目達也ほか『大学教員準備講座』(玉川大学出版部)18ページ、再引用。】

学期中の1週間における大学教員の労働 (夏目達也ほか『大学教員準備講座』(玉川大学出版部)20ページ、から作図)
・前グラフ(ここでは割愛)は全国の平均値であり個人差があるが、学期中は「教育」に多大の労力を割いていることがわかる。
 ちなみに、「休暇中」は、「教育 17.3%」「研究 54.2%」と大きく変わる。
・大学の授業との関係でいえば、「教育」のみならず「研究」の一端も授業内容や学生指導につながっているのだから、日々の「教育」にとりくむ教員のウエイトの大きさはかなりのものがある。
・私たちは、専門知識と人間性と職業使命感を併せ持つ、主体的な若者・社会人を育てていきたい。
・その目標に向けて授業改善のために、何を〈授業の核〉とし、それを具体的に行うか、を中心にして考えていきます。

2 大学の授業とは

・学習としての学びから、学問としての学びへ
・知と対象の関係の《間に入る》行為(知の場にいることの自覚)
※ 「学ぶ」は「覚ぶ」とすべきだった   (柳田『国語の将来』)

教員の課題意識:(授業で扱う)対象は何であり、なぜそれを取り上げるか。
・その対象と向き合う関係のおもしろさを、教員が引き取って、その学的説明に打ち込んでしまい、対象と向き合う知の主体であるはずの(そう育てたい)学生たちを、知の場の外に追いやってはいないか。

3 概念砕きと概念の内面化

・対象を主体的に認識することは概念においておこなわれる。
・そこには、否定があり、推理があり、知の自己実現がある。
・ところが、受験学習の習慣もあって、対象に関する知識が、まるで対象認知の記号のように受け取られていて、学生に問いかけて答えてもらっても、言葉としてはほぼ「正解」ではあるが、対象を受け入れる学生自身の内面・感情をくぐっていない。
・Subject matter(by J.Dewey)になっていない。

学問としての学びとは
 (対象と知の関係から生まれる)概念の引っ張り合う力(緊張)を自分で引き受ける知的行為。
 (Die Anstrengung des Begriffs auf sich zu nehmen:by Hegel)
  ※ Anstrengung=strain 引っ張る力   Begriff=conception 概念
・概念とは:「川(河)を定義しなさい」
学生の答え:「水が流れて河口にむかっている」「魚が住んでいる」
概念としては、水源と河床と河口のある地形。
対象(川・河)と知(河川とは何か)の関係に入り込んで、この緊張をくぐり、ああでもないこうでもない、といくつかの否定の契機を経てたどりつく本質の把握、それが概念。
川(河)で遊んだり見たりする経験の場にいることと、河川の本質をつかむこととの間にあるずれに意味があり、この関係性を学生自身に歩ませることこそ、大学での学び。
・そのための参加型の活動(話し合い、調べ学習・発表など)であれば効果は大きい。

《教師のしごと》とは 概念砕き(その2)
・【教師に三役あり】
Actor(俳優・役者):「演じる」こと。
Doctor(医師):「診る・治す・癒す」こと。
Fortune-teller(占い師、預言者):今は見えないことを読み取り、本人に見えるように「見通しを与える」こと。

4 授業改善に向けて
 

人間環境学部「授業アンケート」を見ると、すべての設問で学生からの肯定的評価が高く、全体として良い傾向にあります。
Q:果たして、学生が主体的意欲を持ち、興味関心を持って〈授業の核〉にせまる状況が、実際のところ、どの程度生まれているか。
その課題を解決するヒントは、授業者が感じておられる授業改善の気づきや工夫を生かし、交流もしながら、各教員のスタイルとやり方で個性的実践を取り入れることにあると思います。
・授業アンケートから(ここでは省略)

授業改善のヒントになる事柄のいくつかを挙げると、
(1)知識のみを伝えるのではなく、思考・判断が向上するような学生参加型の授業を工夫する。
 ◆説明のあいまに「問い」を入れて、考える間をつくる。
 ときには、短時間でも、小さなシートに書かせる。

(2)学修内容を精選し、受講者同士が意見を述べあう場面を設ける。
 ◆1コマの内容を盛りだくさんにしないで、やや絞った構成にし、その教室の雰囲気で、脱線話も入りやすくする。
                                

(3)専門用語には配慮し、理解を尋ねながら進める授業運営を工夫する。
 ◆基本概念に関しては、身近な例、実際の事件や史実などを引用して、理解を援ける。

(4)グループディスカッション等で、「自分の意見を述べる」「考える」ことのトレーニングを意識的に行う。

(5)講義に加え、グループワークや、学修テーマや専門内容によっては当事者(ゲスト)の語りを入れるなど、授業展開に工夫をする。

5 本日のショートワーク

短時間ですが、会場の席のお近くで小グループをつくり、話し合っていただき、その成果を発表していただきます。
論点は、以下の事柄です。

学生たちと共に〈授業の核〉となる事柄にせまるために、
・授業の核となる事柄をどのように構成し、提示していくか。
・さらに、受け身のままで終わらない授業の工夫、学修環境づくりをどうしていくか。
・各G話し合いの発表、まとめ
グループでの話し合い:約20分 → 発表 1グループで 4分程度
(授業改善の強調点を、その領域の個性も生かして)
・まとめ:今回の話し合いとその要点の共有から得られること

*******

私の反省点:
(1)「授業の核」とは専門科目の違いを超えて「概念の修得との知的緊張」であるという点をもっと具体的に述べて、参加者に理解をしてもらえるようにすべきであった。

(2)話し合いの際の「話し合うテーマ」についてもう少し絞った方が良かった。また、事務職員の方たちへのテーマ設定の配慮も必要であった(実際には「学生からの相談にどう対応するか」で話し合って下さった)。

参加者の話し合いをそれぞれの小グループから出して頂いたのですが、以下のような課題や積極面が出されました。
・前提となる学生の知識の不足をどう受け止め対応するか。
・学びの内容がどう役立つかを具体的場面を示しながら学生に主体化できるようにしている。
・授業の核を「初めに提示」して追究していくやり方と、ディスカッションなどを通してその成果で理解できるようにする。
・学生に主体的に考えさせる難しさがある。
・(事務職員からは)事務室に相談に来た学生の質問や態度から、何を聞きたいかをさぐり、本人の決断を促すことも必要。また、その相談内容に「核」があると受け止めたい。

以上を受けて(残り2分くらいしかなくて)私から、「授業の核が概念にあることを先生方の授業改善の参考にしていただければ幸いで、学生のレベルのこともあるにしても、授業改善を焦らず慌てず進めていくことが大切です」「学生が自分と向き合うようになること、それが知の始まりです」。

       ――――――――――――――――

 いじめをテーマとする韓国映画「わたしたち」 (17.10.4.)

9月30日から上映公開となった標記の作品を、観ました(名古屋市、名演小劇場)。韓国の若手女性監督の作品。

すでに本作については、『毎日新聞』9月22日付夕刊、『読売新聞』9月23日付で紹介されています。

以下は、私の感想。

小学校4年の子どもたちにおいて、すでに、友達=他者とのつながりがいかに不安定で、他者に受け入れてもらう、自分がその他者を認めることが難しいことなのか。

そこを、ソンとジアの二人の少女役がよく演じています。

そしてラスト、お互い「アウト」になったものどうしがじょじょに見つめ合いながら、他者との(それは自分との、でもあるが)出会い直しをすることをうかがわせて、終わる。

子どもの物語でありながら、そこに希望を描いています。

原題の「World of us」は、韓国の民衆そのものを象徴しているのではないかしら。対立し、不確かな、外からの情報で相手を疑い、排斥しようとさえする。

しかし、もともとはわかりあえる素地をお互い持っている。その発見のためには、言い合いもケンカも必要な場合もあるが、自分たちで気づくしかない。

そういうメッセージも込められているのでは、と感じました。

母親の役は、韓国社会がいま取り戻したい家庭をさりげなく、温かく創りだしていて、とてもいい。

       ――――――――――――――――

 10月になりました (17.10.1.)

◆下記の9月24日付記事のシンポジウムは、昨日30日、法政大学で開かれ、無事に終了しました。参加者は約40名で少なかったのでしたが、中身は濃い意見交換ができました。

今後は、教育学会サイトに公開されている報告書やQ&Aに対するご意見を受けて(10月15日まで)、それらを踏まえつつ加筆修正をして報告書をまず完成させ、Q&Aもより理解しやすいものに手直しをします。

これらをふくめて、本件全体の学術的検討を広く知らせるために出版も企図されております。

◇9月28日には、私学父母懇談会の常幹会が夜開かれました。冒頭のあいさつで、いつも近況の中から何かヒントになることをお話しますが、今回は、生活指導学会で山梨大学に行った際に、すぐ近くにある武田神社にまで足を伸ばし、資料館(甲斐武田の甲冑・刀剣、そして「風林火山」の幟の現物などを展示)を観てきたことの話をしました。

そして「風林火山」(疾(はや)きこと風の如く、徐(しず)かなること林の如く、と続く句。孫子の言葉から採ったとされる。)の旗を観たことにちなんで、私なりの「句」(標語)をつくったのでそれを披露しました。

《人生は、行きつ戻りつ揺れて、波風の如し。されど、大きな学力の動かざること、山の如し》

これは「愛知父母懇」が、寺内義和氏の著作である『されど波風体験』『大きな学力』を共通の合い言葉にしていることを読み込んだものです。

◆『朝日新聞』9月30日付朝刊の「天声人語」が良かった、勇気をもらった、と同僚の教員がメールで言っていました。それは、彼岸花にちなんで、新美南吉の「ごんぎつね」などの作品を取り上げ、南吉のたどった不運な人生を記し、若い彼にも多くの労苦が伴っていたことを書きました。

そのうえで、「この世は苦難の連続だが、誠実に正直に生きよう。報われなくても孤独に屈してはいけない−−。そんな信念が作品を貫く」(後略)と書いていたのです。

この筆者は実際に半田まで行ってきたようです。南吉の生涯を想いながら、「彼岸花の咲く堤を歩いた」と結んでいます。

◇69回目の誕生日(本日)を、無事に平穏に迎えました。取引のある銀行やいつも利用するメガネ店、サプリメントの企業などからは「お誕生日メッセージ」が相次いで届きましたが、子どもたちは仕事やその他家庭のことで忙しいのでしょう、いつものことながら、何も無し。連れあいさえも、わすれているらしい(^_^;)

ただ一人、お祝いメールを送ってくれたのは、長いお付き合いのある、二胡奏者の方。(誤解の無いように)すでに家庭人となった方ですが、社会への関心はある人で時々メールでの交流はありますから、そのつながりで発信してくれたようです。ふと、報われなくても孤独に屈してはいけない、とした南吉の想いがちょっとわかるような気がしました(^_^)

       ――――――――――――――――

 常設 2017 アップ情報一覧

 最近のメッセージ 保存  


 生活指導研究の新展開  


 生活指導・教育臨床  


 いじめを考える  


 新刊 わたしの書評  


 過去の論説 2005〜2015  


 折出健二 生活指導研究の仕事  


 折出健二のプロフィール