THANKS FOR YOUR COMING

Welcome

to Kenji's Home Page

ようこそ折出 健二(おりで けんじ)のホームページへ


◇◇ 2019 APRIL NEWS ◆◆

最終更新日:2019年4月22日

******************

お忙しい中、このつたないHPにお立ち寄りいただき、誠にありがとうございます。

子どもと教育、教師と学校、市民と政治、思想家と人生・社会論、そして作者の身辺出来事と小さな物語など、つれづれなるままにトピックを記事にしていくつもりです。もし、言い過ぎや事実誤認でお気づきでしたら、ご遠慮無く、ご教示ください。作者より。
このサイトの全ての文責及び著作権は、作成者・折出健二に帰属しております。無断の転用はご遠慮願います。
All Rights Reserved, Copyright (C) 2002, K.ORIDE
  

このレギュラー・ページ「TODAY'S MESSAGE」では、「最新の記事」から順に載せています。

レギュラー記事の以前のものは、このページの後半に掲載している「常設 2019」コーナーの「以前のメッセージ&情報」並びに「生活指導・教育臨床」「いじめを考える」「わたしの書評」「教育改革とわたしたちの研究・実践課題」にそれぞれテーマに応じて保存しております。
このホームページについて、なにかご感想・お気づきやご質問・お問い合わせがありましたら、メールアドレス k-oride*uhe.ac.jp にどうぞ。*にはアットマークが入ります。



   
TODAY'S MESSAGE:Current Topics

 最新の記事タイトル 
 

新年度の新鮮な出会いの中で  (19.4.14.)

 いつも「ここからスタート」  (19.4.10.)

あまりに過剰な負担には、逃げてもいいですから  (19.4.3.)

 4月がスタート(つづき)  (19.4.3.)

4月がスタート、新しい課題に前向きに  (19.4.1.)

       ――――――――――――――――

 桜咲く季節も移り行くなかで  (19.4.22.)

この間、いろいろとありました。まずは、皆さまは花粉症のほうは大丈夫ですか。私はヒノキ花粉の影響らしいのですが、近所の内科医に行って鼻のトラブル対策の薬をもらって、治まってはいますが、その副作用らしく眠気がすこしあります。
「春はあけぼの」と気候のせいにできた頃とは大違いです。

◆統一地方選の中で、衆議院補選の沖縄で辺野古反対を訴える方が自民党推薦のかつて官僚を務めた候補を破って当選したのは、それだけ県民の意志が堅い現れでしょう。

ちょうど選挙結果を報じる夕刻の番組で、福島県三春町の滝桜をライブで映していました。ライトアップされた見事な姿でした。

人間社会にどのような激動があろうとも、桜は時が来れば咲き、満開となり、そして実をつけて散っていく。その「滝桜」の実=シダレザクラの品種が子どもたちによって毎年、引き継がれているそうです。

◇京都で知人と会食の機会があり、そのときの時間を使って国立博物館での「一遍上人特別展」に行ってきました。彼は法然の流れを汲み、親鸞のその次の世代にあたります。

「「南無阿弥陀仏」の「六字名号」に浄土への道があるとする点は、ひたすら念仏を唱えることをもって、善人はもちろん悪人も大仏如来に救われるとした親鸞と同じ。
「一遍」は尊称で、法名は「智真」とされています。あの踊りながら念仏を唱える「踊念仏」で全国を回り、布教に努めました。国宝級の古文書や塑像が展示されていました。

私が目にとめた彼の和歌。「とにかくに 心はまようものなれば 南無阿弥陀仏ぞ 西へゆくみち」

私は宗教・信仰には疎いのですが、どの宗教でも信仰もまた思想であり、それを普及するうえでリーダー的な人物がどう生きたかには興味があります。
布教を努める立場の人は、「驕り」だけはやめてほしいとおもいます。人の苦悩を救済することをもって何か自分だけが偉い人間であるかのような錯覚に陥る。弁証法的には、救うものこそ救われる、です。人の苦悩を聴き取り、それを援ける役目の自分こそ、その相談者に援けられている(頼られる存在だと見泊まられているから)。この真実を見落とした宗教者は、やはり道をそれていくのではないでしょうか。

◆極楽浄土の話とはがらりと変わりますが、今世の中は、「平成」から「令和」へと元号が変わることをとりあげ、NHKをはじめ、何かにつけて「令和」の宣伝をしています。先日の愛知私学父母懇の常任幹事会での冒頭あいさつで、そのことにふれて、こう述べました。

「皆さんはしっかりされているから浮足立つことはないでしょうが、元号はもともと一世一元の考えで、統治するものが領土のみならずその民の生きる時間も治めるという考えに由来するもの。主権者の私たちが自分の人生をどう生きるか、私に与えられているこの人生にどう答えを出すか、それが根本です。ひとしく与えられる時間に意味を与えるのは私たち自身です」

いつもはあいさつの後拍手があって議長が「では議事に移ります」となるのですが、このときは拍手は起こらず。難しい言葉は使っていないので、上記の主旨は出席者のかたがたの雰囲気とはちょっとずれていた感じ、でした。

◇2017年イギリス制作の映画「スターリンの葬送狂騒曲」をレンタルDVDで観ました。スターリンの死後、彼の右腕で大量の粛清を実施してきたベリヤと、後に書記長ポストに就くフルシチョフらとの権力抗争を、やや喜劇的要素を効かせてつくった作品。

そのためか、個々の幹部のキャラクターが中心で、スターリニズムを生んだ組織のシステムやさらに虐殺の実態などは出てきませんが、それでも、排除の「リスト」にある者を次々と逮捕していく場面など、スターリン体制の暴力性・残虐性は描かれています。

もちろん、ロシアやその関連国では、「イギリスによる非友好的な行為」として、上映禁止となりました。

◆ミネルヴァ書房からの教職テキストシリーズの一巻、『生徒指導・進路指導』が刊行されました。私は第6章「人格の形成と生活指導・生徒指導」を書きました。

       ――――――――――――――――

新年度の新鮮な出会いの中で  (19.4.14.)

◆看護学部の1年生向けの「教育原理」を担当しています。初回はガイダンスでしたが、第2講は「子どもの発達の基本を考える」をテーマに、アドルフ:ポルトマンの「生理的早産」説を使いながら、人間の子どもの誕生の偉大さを話しました。

「生理的早産」説とは、人間の赤ちゃんの誕生の特殊性を指しています。他の高等哺乳類の子は生まれたときに成育した親の機能を基本的には備えていて、例えばすぐ立ち上がって四足で歩こうとしますが、人間の赤ちゃんは「無能で未熟な」状態でさらに1年近くを要しないと、二足歩行や言葉などが習得できません。もし高等哺乳類と同じなら母体の中に21か月近くいないといけないのことになりますが、40週近くで誕生するのでポルトマンは「生理的早産」と名付け、誕生後の赤ちゃんの成育過程にこそ、ヒトが「ひと」になるための重要な環境(人間のつくってきた文化)が大きな役割をもつ、としました。
参考図書として、ポルトマン、高木訳『人間はどこまで動物か』岩波新書があります。

その誕生の様子を、今回は、米国・ブラウセンメディカル社のCGアニメーション動画の「誕生シーン」を使い、プロジェクターで写して学生に見せました。二足歩行になったがゆえに、S字型の産道を母体の運動に支えられながら、胎児が頭をぐっと突き出すようにして産道から出てくるシーンが、リアルに作られています。
その個所のパワポのスライドには「生きているだけで百点満点」という保健師・鈴木さんの言葉を添えておきました。

このあと、成長と発達と形成の関係を詳しく見ていきます。次回から、ピアジェやヴィゴツキー、そしてエリクソンの発達説をそれぞれ要点に絞りながら講義していきます。
「教育原理」では毎年扱う主題ですが、いつも内容を少しずつ変えて(掘り下げて)試みています。それが、授業をするこちらにとって大いなる刺激になります。

◆かつて国立の教員養成系単科大学で助教授だったころに卒論で世話した学生が、その後、いったん小学校教師となり縁があって私立大学の教員になり、そして、愛知教育大学と静岡大学の共同博士課程「共同教科開発学専攻」に入学して、このたび論文審査に合格し、学位を取得しました。現職としての併行の大学院の研究生活で、7年かかったのですが、よくぞ成し遂げました。

その御祝いに、先日、会食をしていろいろと苦労話も聴きました。簡易の形ですがA4で140頁の論文複写もいただきました。ここではその内容等は割愛しますが、途中であきらめないで成果を上げた彼女の努力を称えたいと思います。

◆5月の中旬に、なんとか時間が取れるので、前進座の国立劇場公演「佐倉宗五郎」を観劇にいってくることにしました。

◆(付記)私も遅ればせながら、ヒノキの花粉が飛び始めたのとちょうど同じ頃から、目がかゆくなり、鼻の調子がおかしくなって、目は近くの眼科で見てもらって点眼薬を差しています。鼻は、最近話題の「ワセリン」というクリームを綿棒でつけて使うと、効果がありました(あります)。イギリスが発祥らしい。

       ――――――――――――――――

 いつも「ここからスタート」  (19.4.10.)

昨年12月頃からこの4月初めまで、4本くらいの新原稿または校正が並行して走っていて、ようやく区切りが付きました。
◇ミネルヴァ書房からの教職テキストシリーズで『生徒指導・進路指導』に「人格形成と生活指導・生徒指導」を書きました。その校正が終わりました。4月下旬には刊行の予定です。
◇広島大学教育方法学研究室が編集する『学習集団研究』第3巻に、「『学びに向き合う力』と学習集団」を書き、校正が終わりました。教育方法学会が開かれる秋ごろの発刊(渓水社)かと思います。
◇「あいち民研通信」に、千葉県の小学女児虐待死の「野田事件」をどう受け止めるかについて書きました。
◇日本生活指導学会編(編集代表は照本祥敬さん)の共著『自立支援とは何だろう? ―福祉・教育・司法・看護をまたぐ地域生活指導の現場から考える』に、「終章 人々の自立への反転をつくりだす地域生活指導の可能性」を書きました。
5本の実践報告・事例報告のうち、遠方を除く方の報告について現地を訪ねて聴き取りもしました(西東京市、京都市、名古屋市)。
◇『あいち民研年報2019』に「児童虐待とその対応の連携ネットワークについて」を書き、昨日送りました。

絵画には昔から関心があり、論文作成も基本はその手法でやるようにしてきました。

まず、景色や人物・静物の全体をみてスケッチを大雑把にしておく。→ 対象の各部分を詳細に知るために接近する。つまり、個別のテーマにそくして文献や報道記事を収集し、その要点を(論文作成のための)ノート・頁に書き込んでいく。愛知県図書館か鶴舞図書館にも通い、社会人専用デスクを借りて関連文献をその場で読み、ノートを取る。

→ 扱うテーマでその実践者がいる場合の内容であれば、条件が許すならばその現場に出向いて、教育実践なら学級を参観させていただくか、ご本人に面会をして話を聴かせていただく。これらは画像やノートで簡単に記録していく。

→ アバウトなアウトラインをもとに、章立てを吟味して、書きたいテーマからPCに打っていく。この作業の時に、上記のノートが抜群に役立つ。今起きている問題に関するテーマの場合、新聞記事の切り抜きのファイルやノート貼り付けが役立つ。

→ 論文の大小にかかわらずどの文章にもキーワードが必要なので、その言葉の意味は、辞典や哲学事典などで確かめる。たとえば、上記の生活指導学会編の共著では「地域生活指導」がキーワードの1つなので、「地域とは何か」の節を立てて書くために、愛知県図書館に通い、社会学から社会福祉関係の著書や辞典(事典)を数冊読んで、関連の事項をノートに取る。

この場合、個々の著作は、ほぼ完全に読み物としてよりは事実関係の二次資料的に扱わせていただき、章節の構成は関係なしに、キーワードに係る個所を「抜き読み」していく。

依頼されたテーマについては過去にも扱った素材がある場合も多いが、あれもこれも使いまわしでは文章の鮮度が落ちるだけではなく、書き手である私自身の(少しではあっても)成長や深まりが反映されないことが問題ですから、それは極力避ける。

ですから「いつも『ここからスタート』」のつもりで取り組むようにしています。

       ――――――――――――――――

あまりに過剰な負担には、逃げてもいいですから  (19.4.3.)

新人も中堅も、ベテランも、いよいよ新年度の仕事が始まります。すこしクールですが、心と体の健康を保つために。

「苦しいなら、逃げてもかまわないのだ。戦い続けて苦しんだからといって、それに見合うように事情が好転するとは限らない。自分の心をいじめすぎてはいけない。自分に与えられた職業に没頭することで心配事から逃げているうちに、きっと何かが変わってくる」(『超訳 ニーチェの言葉 エッセンシャル版』(白鳥訳)より)

       ――――――――――――――――

 4月がスタート(つづき)  (19.4.3.)

4月1日に新元号「令和」の公表があり、メディアをあげて「平成最後の〇〇」と新元号をならべる代替わり祝賀ムードになってきていますが、天皇の代替わりであることはそうですが、あくまで国民統合の象徴としての天皇、という基本を忘れてはならないと思います。

もともと天皇統治に基づく一世一元制度が明治期以降造られてきましたが、敗戦をもってその制度は廃止されました。その後、「昭和」元号も西暦にきりかえられようとしたときに日本会議が動いて、昭和天皇のときに「元号法」を成立させ、今日に至っている流れです。

そのうえで言えば、元号は、元号法のいう皇位継承の象徴となるものであっても、国民主権の基盤にあっては、どのように主権者らしい国民に自分たちが成っていくかが本来の課題であるといえます。

朝日新聞社の企画で天皇制について対談がおこなわれ、そこで、名古屋大の河西秀哉氏は、現天皇は「懸命に象徴天皇像を模索してきた」が「今の時点で自分は完璧で」後は時代に応じて付加してほしいというのが、現天皇が行ったビデオメッセージの趣旨ではないかと述べたそうです(『朝日新聞』3月30日、26面)。

河西氏の示唆をヒントに、天皇の行為を解すれば、天皇としてはあのメッセージで「私はこうして象徴天皇たる行為は何かを考え務めてきたが、国民の皆さんは国民たるにふさわしい行為をどう築いてきましたか」という問いが含まれているともいえます。

「国民統合の象徴」というが、私たちはどのような「統合」を理想としてかかげて努力するのか、そこが今一番問われていると思います。

       ――――――――――――――――

4月がスタート、新しい課題に前向きに  (19.4.1.)

◆3月下旬には、全生研の会員の方が東京でフッキングアートの個展を開くのでそれを観に行ったのに合わせて、元和歌山大学長でいま国大協の理事を務めている山本健慈さんと久しぶりに会って、飲みながら懇談しました。

山本さんが、赤坂の日本酒バー(会員制)を取ってくれました。さすがに女将さんは日本酒に詳しく、銘柄のいきさつを語りながら、セットしてくれました。

その後、山本さんは琉球大からの帰りのままなのでお疲れだから別れた後は私だけで、近くのスナックバーに入ってみました。すでに会社のグループが来ていて盛り上がっていましたが、カウンターの私の隣にいる同メンバーの三十代くらいの女性だけポツンと離れているので何となく会話が生まれ、「友人たちはみな結婚しているが自分だけ独身で、結婚する気はあるが、これぞという男性に会えない。世の男性、見る目がないんだ(笑)」と明るく話してきました。

鹿児島出身で就職で東京へ。赤坂界隈の会社らしいが、別に、都会だからといって自慢することではない、とクールな方。なかなか素敵な方でした。彼女の言うとおりだな(笑)。

◆3月31日に明治大学グローバルホール(御茶ノ水)で、大学フォーラム第1回シンポジウムが開かれ、山本さんもそのシンポジストなので参加しました。その内容等については、また折を見てアップしましょう。

個展鑑賞&会食からこのシンポまで間が二日あって、これを、箱根温泉で過ごすという贅沢な旅行をしました。もちろんその流れで、ひとり旅のままです。

箱根湯本から送迎バスで一番奥にある大型の温泉ホテル。ただし、予約時点では、離れの個室しかなく、ここは元社員寮を客室用に改装したのと、本館に行き来するのにいったん外に出るので、こうした不便から格安でした。朝夕食事付きで大浴場はもちろん利用できる。その個室も小ぎれいに整い、普通に過ごせる。これで、通常料金の半額に近い安さ。ここで二泊したわけです。

箱根湯本の温泉についてはそのサイトによると、「主な泉質:単純温泉・アルカリ性単純温泉・ナトリウム-塩化物泉 泉質の効能:神経痛、筋肉痛、冷え性、美肌の湯、切り傷、慢性皮膚病など」とあります。

お湯は白っぽく、さらっとしていて40度くらい。湯から上がった後もしばらく体がポカポカするくらい効きます。

◆ただし、ただ遊んだのではなく、一日目は西東京の「猫の足あとハウス」という学習支援&居住支援施設の見学。全生研会員の岸田久恵さんが代表を務めるNPO活動の拠点で、このたび日本生活指導学会で「自立支援」のテーマで諸実践を収録した本を出すにあたり原稿をお願いしたことと、私が全体のまとめを書くので、実際に見学に行けるところは行って話をじかに聞いておきたかったことで実現しました。これを終えて夕方、箱根に向かったわけです。

その内容も、ここでは長くなるので、追って何らかの形で。

◆箱根の二日目は、小田原城の桜を見て、昼に箱根のそばをいただき、午後は箱根登山鉄道で強羅まで行き、循環バスで「ポーラ美術館」に行きました。

ちょうどいま「印象派、記憶への旅」の特別展示をやっていて、1860年代から1940年代に至る、油彩画(一部パステル画あり)を75点展示していました。関連する日本人画家による洋画コーナーもありました。

ルノワール、ゴーガン、モネ、ピカソ、ゴッホ、セザンヌなどの名作をまじかにゆっくりと鑑賞出来て、ほんとうに素晴らしい休日となりました。しかも、一部の作品を除いて撮影OKとなっているのですから。

たとえば、モネの「睡蓮の池」は名画ですが、彼は自分の家の庭に池を作りそこにたくさんの睡蓮を浮かべて、これを題材に100作近くを描いたとか。それだけ、池の水と睡蓮にあたる光の作用を研究して、絵画にいかに表現できるかを研究したようです。

また、ピカソの「酒場の二人の女」「海辺の母子像」などは、青を基調にした絵画で、不安や困窮の暗さを画面ににじませています。それらの作品は人物の横顔か後ろ姿で、顔を見せていないのが共通していて、かえって、その人物たちの内なる苦しみが印象付けられる構成です。

水辺や河、湖の水面の描き方が印象派の1つの特徴で、作品から少し離れて目を細めながら観ると、水面を婦人たちの乗った小舟がいままさに動いているかのように見えます。画面に描かれた光の作用です。

目の前の事実をなんとか絵画の技法で再現したい、(写真のようにそうするのではなく)作者の思いのプリズムをくぐった作品世界としてつくりだしたい。そういう作者らの構えが感じられます。

       ――――――――――――――――

 2019年3月の記事タイトルから 

 高校生による「一万人模擬国民投票」について  (19.3.24.)

コースの卒業生たちと懇親会  (19.3.23.)

 雪の舞う馬籠宿  (19.3.17.)

卒業式&試写会:「魂のゆくえ」(アメリカ映画)  (19.3.15.)

 「東日本大震災 8年目」というこの社会の現実 (19.3.11.)

春遠からじ  (19.3.9.)

 「社会の薄気味悪さ」と向き合いどう超えていくか:作家・村上春樹氏の言葉 (19.3.8.)

 「死」について考える (19.3.7.)

 ナチスの犯罪を告発する戦争映画二作品 (19.3.4.)

 児相職員の研修 (19.3.2.)

       ――――――――――――――――

 高校生による「一万人模擬国民投票」について  (19.3.24.)

標記の件で、愛媛の退職教職員の九条の会所属で愛知から移住した方から、以下の質問が来ました。
〈「愛知の高校生の動きはとても好感が持てる運動で、ある程度の情報は把握しましたが、この高校生の運動をどう評価したらいいのか。折出のコメントを知りたい〉というものです。これに対して、私の回答は以下の通りです。

*******

私は2017年から「私学をよくする愛知父母懇談会」の会長職に就いています。その活動から見てきたことを述べます。

ア)「一万人模擬国民投票」(以下「一万人投票」と略記)は、愛知県高校生フェスティバル実行委員会の生徒たちが主体となって、憲法九条「改正」の是非を全国の同じ世代の若者に問いたいとしてスタートしたプロジェクトです。

イ)その中心を担う高校生たちは、高校生フェスのこれまでの活動で、学校を超えて、共通するテーマで討論会やダンスフェスティバルなどで自分たちの思いを表現することには経験と実績があります。
その生徒たちは有志で沖縄に行き沖縄戦を学び、松本の松代大本営跡を見て陸軍の無謀な計画を知り、また所属する高校の授業で憲法についても学習するなど、「一万人投票」を立ち上げるバックボーンを持っています。

ウ)また、高校生サミットとして、平和の問題について、高校生大使として国連の核兵器問題の委員会を傍聴するなど活動してきた生徒の報告を聴き、自分たちはどう考えるかを討論しあうイベントも行ってきました。
私は昨年4月の、愛知私学による新入生歓迎の高校生討論会に参加しましたが、それぞれの生徒の報告は単に情緒的に不安を語るのではなく、例えば、ノルウェー人の平和研究者ヨハン・ガルトゥングが提唱した「構造的暴力」概念を自分なりに読み解いて、その概念で今の日本社会の抱える負の問題を説明するなど、知的な分析は(不十分さはあるにせよ)積極的な意味を持つと思いました。

エ)愛知県の県下全私立高校で順調に進んでいるとは言い難いが、それでも例えば、プロジェクトのリーダー・Kさんの通うR高校では80%の投票率であるなど、同世代の高校生たちからの積極的な反応が見られます。

オ)この「一万人投票」の重要な狙いと意義は、憲法九条「改正」反対を高校生たちの声として示すことではないのです。あくまで、ともすれば憲法問題を他人事のように思ってしまう高校生たちが、何よりもまず「憲法問題」に関心を持つ、そのために「憲法九条の改正、賛成か反対か」というシンプルな形で意思表示の投票をよびかける。
そこから「憲法九条の問題って何?」「何がどう改正されようとしているの?」という主体的な問いをもってみずから憲法と向き合う。ここに、今求められる18歳選挙権に象徴される、若い主権者の主権者らしい姿を育てる、という非常に大切な教育的テーマがあります。

「模擬投票実施なら当然、『改正』反対で行くべきだろう」と考えるのはおとなの先入観であり、それは高校生たちには「答えのわかるものが自分たちにそれを押し付ける」と映ります。高校生に限らず若者一般にそれは言えます。

「これが正解だ、これを知って行動しなさい」と、正しいことを次の世代へ、としてきた従来型の「民主的」教育の立ち位置では今は効果はないのです。
「この問題を君たちと同じ時代を生きる者として共に考えたい。君はどう思う? (聞かれれば)私は、こう思う」と、こういう横につながる対話的な交流や生き方が、今の時代を拓いていく鍵なので、上記の「一万人投票」を後ろで支えている私学の教師たちもそのようなスタンスを自覚して頑張っておられると聞いています。

以上です。 2019年3月21日 折出

       ――――――――――――――――

コースの卒業生たちと懇親会  (19.3.23.)

勤務先(人間環境大学)の看護学部は、このたび、看護師国家試験の結果、受験者全員合格となりました。22日に発表がありました。

その日の夜、前からの予定で、同大学の養護教諭養成コースの学生たちと会食をしました。学生がセットした店で、名古屋市内の中心部の、黒豚しゃぶしゃぶの店。学生のリーダーがその店の店長と知り合いで、かなり配慮してもらっていました。

同コースの卒業生全員が教員免許を取得し、同時に、上記の看護師免許も取得したわけです。まことに、おめでとうございます!

       ――――――――――――――――

 雪の舞う馬籠宿  (19.3.17.)

私学をよくする愛知父母懇談会の恒例の春の行事でバスツアーがありますが、今回は、馬籠を含む岐阜・長野ルートでした。私は、馬籠で合流して、約1時間半、参加者と過ごしました。とはいえ、名鉄観光バス6台でどっと参加しているのですから、大観光グループです。

馬籠宿に行かれた方はご存知と思いますが、石畳の坂道をあがりきると陣屋バス停があり、そこに広い駐車場があります。私は中津川から路線バスで落合経由で馬籠に到着、その駐車場で迎えました。

すでに最高気温が5度だったようで、皆さん、寒そう。すでにバスの車中で、ある液体をしっかりと入れている人も多く、特に男性はもう顔に出ていました。坂道は下りだが足下、大丈夫? 大丈夫、転がって降りるから、とこんな会話がありました(^-^)

私も久しぶりに、見晴らし台に行き、遥か向こうに、少し雲のかかった恵那山の雪の峰々を観ました。そこには、藤村直筆の文を彫った石碑があります。「心起こそうと思わば先ず身を起こせ ニーチェの言葉より」とあります。やさしい、柔らかな、女性かと思う筆の運びです。

一団が坂をゆっくりと降りて行く頃、藤村記念館のあたりで雪がちらついたかと思うと、しだいに本格的に降ってきました。この雪景色をバックに写真を撮ろうと黒のお店ののれんの前でパチリとやるグループも。
その藤村記念館も久しぶりに入って展示を観ました。

どんどん雪は降ってきて、坂道を降り切ったところにある大きな土産物店に多くの人が入り込んで、土産品をさがしながらバスの発車を待っていました。やがて11時半過ぎ頃に出発していったようです。

私は、参加グループとは別れて、また坂道を登って、「そば処 馬籠」の看板の出ているお店に入って、ストーブのそばで食事を。まず、ぬる燗で体を温めました。口取りは、馬刺しの細かく刻んだものらしい。雪が降りだしたのと、さっきの父母懇グループも去ったのとでお店の前の通りは静かで、格子窓から雪がしきりに舞うのを観ながら、ゆっくりと盃を傾けて、一献一献いただきました。
こういう時間はめったに来ないだろうと思いつつ。

次に、「恵那鶏そば」(かけそばに鶏肉のあぶったのとネギが程よく載っている。)を摂りました。鶏肉のささみの程よい焼き味とそばが合って、つゆもコクがあり、おいしく頂きました。

帰りはまた路線バスで中津川に戻り、JR線で帰路に。

「三月の、雪降る馬籠」、これは長いこと忘れられないでしょう。

       ――――――――――――――――

卒業式&試写会:「魂のゆくえ」(アメリカ映画)  (19.3.15.)

◇昨日、3月14日は勤務先=看護学部の卒業式(学位授与式)でした。養護教諭コースの学生たちは晴れ着姿で華やか。全員が教員免許状を取得しました。うち1名が、ある私立中高校の養護教諭に。

看護師の国家試験結果は22日にわかることになっていて、自己採点結果の情報では、学部生の全員が受験して非常に高い確率で合格できそうです。
すでに彼女・彼らの勤務する病院は個々に内定していて、合格と共に確定です。

学位記をもらって養護教諭コースの学生だけは教員免許状を渡し、その場所で、私の『他者ありて私は誰かの他者になる』に「祝 卒業 / 自信をもって君の道を歩め」と自署してプレゼントしました。

◆式典が終わってから夜の卒業パーティまで4時間あることがわかっていたので、その時間帯に実施される試写会に申し込んでおきました。それが、アメリカ映画「魂のゆくえ」です(原題は First Reformed)。

オランダ人によって1780年代に設立された教会のトラ―牧師(イーサン・ホーク)が、ある若い夫婦から相談を受けカナダから帰ってきた夫の悩みを聴くうちに、現代のアメリカ社会や地球の荒廃に共鳴していくなかで、胃の病気を抱える自分の未来、息子に従軍の牧師のなれと進めてイラク戦争で戦死させた悔恨などが重なって、揺れ動きます。

トラ―牧師はその古典的教会の観光案内者でもあり、経営的に支えているのが地元の大企業で、土地開発による汚染の源にもなっています。
あることで、その経営者とトラー牧師はぶつかるが、トラ―は経営者から、お前は自分が神の代理のつもりで言っているようだがもっと足下(現実)見ろ、と非難されます。

その教会が250周年を迎える栄えある行事の主催者の一人であるトラー牧師は、一大決心をします。「神は許すか」と自問自答しつつ。

4月12日公開の作品で、113分。監督のポール・シュレイダー氏が50年かけて練ってきた構想だそうで、最高傑作と評判のようです。

下記のサイトも参考に。

 魂のゆくえ  


いまや日常生活のあらゆる場所にキリスト教が入り込んでいるアメリカ社会。では人々は、神の意思を本当に信じているのか。人種差別、貧富の格差、権力による支配と排除など、根本的な矛盾というか葛藤を描いているな、とは思います。が、細部については、その信仰の道を生きている人でないとわかりにくい面が私にはありました。

◇夜のパーティは、名駅のキャッスルプラザホテルの広間で、約2時間。学生たちの主催で。

われながら笑ってしまったのは、飲み放題なので、奥のドリンクカウンターで日本酒はあるかと聞くと用意していません、ではウィスキーは?これも用意してありませんとのこと。

テーブルに戻ると男性教授が、若い人のプランだから日本酒やウィスキーは初めから考えないよと、笑われました。そうでしたね・・・・・。

ここでも参加した教員全員にそれぞれ係る学生から花束贈呈がありました。これで、2・3年生の送別の花束、大学主催の慰労会の席での退職者への花束につづいて三回目。帰宅後、連れ合いに玄関先の花瓶をもういちど整理し直して、花を飾ってもらいましたが、いつもないにぎやかさと豪華さ。

これで、すべての行事が終わり、春が来ます。

       ――――――――――――――――

 「東日本大震災 8年目」というこの社会の現実 (19.3.11.)

2011年3月11日、午後2時46分。忘れることのできない日時です。勤務先の管理棟二階で大きな揺れに襲われ、職員共々あわててすぐテレビを付けると、あの津波の光景が画面に。信じられないほどの破壊力でした。

あらためて犠牲になられた方々、ご冥福をお祈りします。

報道によると、いまなお避難されている方が5万1778人、そのうちの79%にあたる4万1千人の方々が福島第一原発の事故による避難者だそうです。

放射線被害の実相は、かならずしも詳しく知らされているとは言えません。第一原発のメルトダウンによって崩壊しその後修復した建屋からはいまなおも汚染水が出ていて、これは大型タンクに貯蔵するしかなく、TVニュースの画面を観ても、その数は次第に増えており、その処理自体も今後は未定。

避難解除地区となって戻られる方も少ないし、元の土地に戻られた方も日々の暮らしや地域の将来に不安を抱えています。

避難者への生活補助も打ち切られ、再建のための無利子での貸し出し金をうけた方は、今年の10月からは返済が始まると言います。故郷に戻って自営業を始めたがうまくいかず店を閉じた方のドキュメントを放映していましたが、高齢である、収入はない、年金も少ない、しかし返済が始まる(手続きをすれば返済猶予はできる)。
この現実への国からの支援は補助は断ち切られる。

こうした国民生活への政治の関わり方は、住民投票で7割が辺野古新基地建設反対を表明したにも拘わらず予定通り海底の掘削と土砂投入を進める現政治のやり方と、そこではつながっていると思います。

どこで、どう間違えたのか。いつからこのような冷たい政治の日本に変わってしまったのか。下記の記事に挙げた「社会の薄気味悪さ」とも大いに関係があるようです。

       ――――――――――――――――

春遠からじ  (19.3.9.)

◇昼間の日差しの光は、春だな、と感じさせるのですが、まだ朝方は冷えますね。私も遅れに遅れて花粉症になってきたのか、目がチカチカします。PCの仕事があるせいかもしれません。目薬を使っています。この時期、5月頃までの間、本当につらそうな方もいます。どうぞお大事に。
◇CATVの映画「ミッション」を観ました。1986年公開の作品で、映画界の大きな賞も受けたようです。

ミッションとはキリスト教の布教拠点を指すが、この映画は、キリスト教の布教という「使命」が、武力による虐殺を引き起こす、その不合理さ・人間の冒涜を描いています。

南米の奥地(今のパラグアイの当時)に布教に入ったスペイン人のイエズス会宣教師と現住民との交流のなかで、元軍人で住民狩りをやっては捉えた住民を売りさばいてきた人物(ロバートデニーロ)はあることで罪を犯しもぬけの殻になっていたところを、宣教師と住民に受け入れられ立ち直った。そして布教の道に入った。

ところが、スペイン、ポルトガルの領有権争いの結果、この地域は分断統治となってポルトガルに移管となり、原住民は村を出ていくこと、宣教師も追放の指令が出された。が、かれらはそこにとどまって、武力で退去を迫る軍隊と戦ったが、原始的な飛び道具のヤリと銃・大砲では勝ち目はなく、村は焼かれ、住民も宣教師達も銃弾に倒れた。

◇キリスト教の歴史の一コマを映像化したと取れば、平凡な作品に映るかもしれないが、私は、人間の罪の原点を描いたと受け止めました。「神」は自分の意志を知らしめる活動のもとで、それを受け入れ信仰の道に歩みだした人々を、「神」の名による統治の名目で虐殺に至らしめた。その大罪は一体誰が負うのか。

映画のラストで、教会の枢機卿とスペイン・ポルトガルの政府大臣が対話するが、枢機卿が「虐殺は必要だったか」と問い、大臣は「生き延びるためには必要だった」と言い、枢機卿が「すべては私の責任」と語る。そこには、「神」ではなく自分たち人間の罪業だという意味がこめられているのだろう。

しかし、布教の中心を務めた宣教師が、軍隊が来るのにはこちらも対決して戦う、と別の宣教師が言う時、「それではもはや愛の居場所はない」と、反武力の自分は住民と共に死を覚悟したが、「神」への信頼と愛こそがキリスト教の中核であるならば、その名目を掲げながらも武力で制圧するこの現実こそ、宗教が精神的産物である以上、それほどに人間の人間であることの尊厳が守られないと、宗教は宗教たりえなくなるという本質を表わしていると思います。

◇私には、宗教とは、人間の未熟さ、理想をかかげながらもそれにたどりつけない不完全さを自己確認するそのための精神的営みなのかと思うほどに、矛盾が多いと思います。信仰の道を歩まれている方には大変失礼な話で、申し訳ない。

しかし、私は、信仰されるその人をどうこう評する立場にはありません。宗教の抱える自己矛盾に、私なりに、人間理解の一環で深い関心を持っているということです。

かつて若い頃には親鸞の『歎異抄』『教行信証』などを読んでみましたが、いまなおわかりません。「絶対者」に帰依したいのは誰しも心のどこかにあるものかもしれませんが、「絶対者」はその存在を「絶対者」と認める別の存在なくしてはそうならないのであって、「絶対者」は初めから相対化される運命なのだ、ということだけはわかりました。

       ――――――――――――――――

 「社会の薄気味悪さ」と向き合いどう超えていくか:作家・村上春樹氏の言葉 (19.3.8.)

◆平成時代が終わる際のモニュメントとして『朝日新聞』3月7日付朝刊が、「平成を代表する30冊」を識者のあげた順にリストにしていますが、その特集で村上春樹氏へのロングインタビューを載せています。
その終わりの方で、今の社会をどう見るかについて、村上氏はこう答えています。

「少なからずの人が恐怖と怒りに突き動かされて行動していると感じます。深層意識に抱え込んでいる怒りと恐怖。人を動かす動機としてはよくない。(中略)恐怖と怒りを故意に押し隠そうとする流れもある。ナチスのガス室はなかったとかいうリビジョニスト(修正主義者)たち。物語を書くときには、そこから目をそらしてはいけない」

「僕はSNSはやらないけど、ちょっと見ると、人は何を考えているのかがわからない薄気味悪さを強く感じます。その薄気味悪さをつぶしていく、打ち消していくような物語の力が大事だと思う。あまりに切なく暗い状況があるにせよ、安っぽい言葉で表現されている。文章や言葉は怖いもの。鋭い武器になる(後略)」

さすがに村上氏の、今の社会をとらえる言葉は鋭く、よく本質を突いていると思います。同じインタビューの別のところでは、自分が書いた作品を通じて「読者が物事の本質を立ち上げるということが、僕のやりたいことなんです」と、語っています。

◆村上氏と言えば、「エルサレム賞授賞式典スピーチ」でのべた「壁と卵」の話は有名です。

「(前略)この場で極めて個人的なメッセージをお話しすることをお許しください。これは私がフィクションを書く間、ずっと心に留めていることです。紙に書いて壁に貼るとか、そういったことではなく、私の心の奥に刻み付けていることがあるのです。それはこういうことです。
『高くて硬い壁と、壁にぶつかって割れてしまう卵があるときには、私は常に卵の側に立つ』
そう、壁がどんな正しかろうとも、その卵がどんな間違っていようとも、私の立ち位置は常に卵の側にあります。何が正しくて何が間違っているか、何かがそれを決めなければならないとしても、それはおそらく時間とか歴史とかいった類のものです。どんな理由があるにせよ、もし壁の側に立って書く作家がいたとしたら、その仕事にどんな価値があるというのでしょう」
注記:全文翻訳掲載のサイトから抜粋しました(URL=https://ameblo.jp/fwic7889/entry-10210795708.html)。
その元の英文は、池田信夫氏(経済学者、ブロガー)のブログに引用されています(URL=http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51301179.html)。

◆この経緯から見ると、上記のインタビューでの「薄気味悪さ」も「卵の側」に立った見方、つまり社会の構造的で威圧的な暴力におびやかさ居場所が揺らいでいる弱者の視点から見る所感、といえるでしょう。

と同時にそれは、その渦中にいる自分がなにをしでかすかわからないという、自分自身への不安でもあるのではないでしょうか。

ほんとうは、「恐怖と怒り」が大きなうねりとなって、社会の変革に向かえば、そのエネルギーの集積いかんでは革命的な現象も起こり得るのではないかと思いますが、残念ながら、そういう意思表示、言論のまっとうな行動を学習してきていない私たちは、ともすれば内向きになって自分を責めるか、身近に居る自分より弱いものを攻撃するか、でこぢんまりと済ませてしまいがちです。

いじめや子ども虐待の事案が絶えないのもそのためです。

小説家はそれを「打ち消す」べく「文章や言葉」を練り上げていく。では、広い意味での子育て・教育にたずさわるものとしては、何をしていくのか、何ができるのか。すくなくとも「言葉」は、その現象だけで言えば共通している。が、果たして私たちは「言葉」を「言葉」として使えているのか。表現者になっているのか、そうあろうとしているのか。そこがまず問題だと思います。

       ――――――――――――――――

 「死」について考える (19.3.7.)

このタイトルだけを見ると、読む方は引いてしまうかもしれません。が、これは、あくまで哲学的な本質論として、です。

イェール大学の哲学教授・シェリー・ケーガン氏の人気の講義をあつめた原著を翻訳した書が『「死」とは何か〜イェール大学で23年連続の人気講義〜』として、文響社から昨年10月に刊行されていて、いま共同研究で子どもの死生観に関するテーマを追究している関係で取り上げています。
まだ、読んでいる途中ですが、訳者の解説にもあるように、さらりと「死」の問題に向き合う議論であり、若い世代には入っていきやすい中身だと、前半を見ただけでも思います。

ここでは死生の重要テーマ「自殺」(訳書がこの表記なのでこれを使います。私は「自死」を使うのが原則)について少し述べます。本書のうしろのほうの第9講がその個所です。繰り返しますが、ここでの議論は哲学の見方にたつものです。

(1)大前提は、私たちは自分の人生をコントロールでき存在であること。「死」(自然死も自殺も)とは、その存在ではなくなること。

(2)快楽主義的な判断には、次の三通りがある。タテ(Y軸)に境遇の「良い」「悪い」をとる。上に行くほど良くなり(プラス価値)、下に行くほど悪くなる(マイナス価値)。そのヨコ(X軸)に、時間を取る。右に行くほど時間の長い経過を示す。このマトリックスを基にして、

(ア)人生のA点を境に下降するが、まだX軸の上にある。自殺は合理的ではない。

(イ)人生のA点から下降し、B点を経てC点からはX軸を下回り、そのままD点(人生の終点)に至る。この場合、C点より前に自殺したならば、それは理に適っている。

(ウ)A点でマイナスとなるが、回復し、B点でX軸を超えてプラスに転じる。
 この場合人生には三幕あり、T幕は「生きる価値あり」、U幕では「存在しないより悪くなり」、V幕で「再び生きる価値を得る」。第U幕のAからBまでの間をどう生きるかが、この場合にはおおきな判断の要になる。

ここで注意したいのは、著者は「自殺を推奨」しているのではなく、「自殺は果たして理に適うのか」を問うていること。
著者によれば、自己利益という合理的な理由からすると、「自殺が理にかなう」のは「ある時点で死んだほうが本当に【ましなほど】人生が悪くなるケース【だけ】」です(【】内は訳書で、傍点あり)。

ところが、実際にはそうではなく、個々の境遇を背景に、妥当とは言えない決断で自殺に至る場合も多いと著者は述べています。その詳細は省きます。
著者も言うように、「未来の人生充実度」をそっくり見せてくれる「水晶玉」などないのですから、自分で判断しなければならないのも事実。

だが、困難や苦境、精神的苦痛にいる人ほど、その「苦痛の長さ」、そして「死にたいほどの痛みやストレス」の真っただ中での選択は、「正常な判断を奪うのではないか」とも、著者は述べています。

ここからは私の意見。

上記の「死んだほうが本当にましなほどに悪くなる」というときの、その「まし」(増し:どちらかといえば優っていること(広辞苑))を「まし」と判断できるほどに、生活経験を積んでいない思春期や若者においては、やはり、他の人の声を聴き、見方をいろいろと知ることがまず大事ではないかと思います。

難しいのは、そういう思春期ほど、自分の内面を抑え知られないように日常を振舞い、家族にさえも気づかれないケースが多いこと。

そうであっても、「今のままが続くよりは死んだほうがましだ」と感じさせる、その境遇から逃げ出させる、あるいは連れ出す、この行為は依然として重要だと思います。まじめな子ほど、逃げてはならない、学校には行かねばならない、親を困らせてはならない、と「ねばならない」思考に囚われて苦しみを増長させがちだからです。

こんなことで僕の(わたしの)生活を壊されてたまるか、ならば学校には行かない、家も出たい。そういう意味の、外界に働きかける行動能力は、幼児からの経験の蓄積でもあるので、やはり子育ての在り方が大事になってきます。

最後に、上記の「人生に三幕あり」も、ヒントになるのでは。いまは「生きていてもどうしようもない」と強く思うが、まだ第U幕にいるしこれも長いか短いかわからないのだし、第三幕を経験してから考えても決して遅くないよ、と。

これにプラス・マイナス人生論をクロスさせ、「僕の人生マイナスばかり」とはいうけど、第V幕を待ってからでないと、プラス・マイナスは出せないよ。早くから計算を焦ってはせっかくの一度限りの人生が台無しになるよ、と。

その場合の大前提は、こうしたメッセージが相手に届くような信頼関係を保つことです。

       ――――――――――――――――

 ナチスの犯罪を告発する戦争映画二作品 (19.3.4.)

ナチスのユダヤ人虐殺の実態は、フランクルの『夜と霧』でも知られていますが、その収容所での実相をリアルに映像化した二作品を、DVDとCATVで観ました。

◆「ヒトラーと戦った22日間」
ロシア映画で、2018年に公開。原題は、収容所の名であるソビボル Sobibor。

「第2次世界大戦下にナチスが建設したアウシュビッツと並ぶ絶滅収容所ソビボルで起こった脱出劇を、実話をベースに描いたドラマ。国籍、貧富などは関係なく、ユダヤ人たちがガス室で大量殺りくされていったソビボル絶滅収容所」。そこで脱出計画を立てたグループを率いた人物、ソ連軍の軍人でアレクサンドル・ペチェルスキーが行動し、収容から22日後に起こした「脱出劇を実話を基に描いた作品」とされています。「映画.com」の解説などを参考にしました(https://eiga.com/movie)。

注:主人公のロシア人軍人の活躍を描くという面はあるので、そこはロシア映画故のことと割り切って観たらいいと思います。

◆「ウォーキング・ウイズ・エネミー」
アメリカ・カナダ・ルーマニア・ハンガリー合作で、2018年公開。

「第2次世界大戦下のハンガリーでナチス兵に成りすましてユダヤ人の救出作戦に身を投じた青年の物語を、実在の人物ピンチャス・ローゼンバウムをモデルに映画化した戦争サスペンス」とされています(https://eiga.com/movie)。

ナチス軍がハンガリー・ブダペストに侵攻して、アイヒマン指揮下でユダヤ人の一掃作戦に乗り出した。男たちを労働奉仕に強制的に出させ、女性と子ども・老人となったユダヤ人家族を収監しアウシュヴィッツに移送した。

そのとき、ユダヤ人青年のエレクは収容所から逃亡し、離散した家族や仲間を探し出すことを決意し、ナチス将校の制服を手に入れた彼は、ナチス兵に成りすましてユダヤ人救出の大胆な行動に出た、というのがこの作品のメイン。

二作品とも、ナチスによるユダヤ人たちの虐待と殺戮の描き方がリアルで、すさまじい。

作品「ヒトラー」では、将校たちの乱痴気騒ぎの出し物で、ユダヤ人の男たちに馬を務めさせ荷車を引かせて競争させる。荷車のうえから将校が鞭を振って、前にいる引き役の男を酷使する場面が、非常にリアル。ペチェルスキーはこの場面を目の当たりにして怒りに満ちて、ある作戦で次々と将校たちを倒していった。

このソビボル収容所でも、女性だけを集め「これからの生活のためにいったんシャワー室で全員シャワーを浴びる。荷物は後で受けとるから安心しろ」という将校の指示で、全裸にさせられて次々とシャワー室に入っていくが、扉を閉められるとシャワーの栓から毒ガスが噴出して、全員殺された。

脱走計画グループの行動のあやしさに気づいた将校が、収容所の全員を集めて座らせ、「この疑惑の責任は諸君全員が負うべきことであり、いまから10番目のものを射殺する」と宣言して、各列の順番を数え10番目の人を次々と射殺していく場面も、リアルすぎて目をそむけたくなるほどに酷かった。

「ウオーキング」の題名は「敵と共に歩む」となるが、その「敵」はナチスだけではなく、ハンガリー人がユダヤ人をナチスの親衛隊に密告する。隠れ家に居て踏み込まれ戸外に出されると、壁に向かって立たされてここでも銃殺。

主人公の青年はナチス将校の制服を着て、ユダヤ人救出の行動を続けるが、およそ20万人いるともされるその人々のほんのわずかなことしかできないことに悩む。もともとの目的は労働奉仕に行っている間に自分の家族が行方不明になりその救出にあったが、しだいに別の場所(アウシュヴィッツ)に移送されたことがわかってくる。

別々の監督によるこれらの作品がほぼ同時期に公開されることは、偶然ではなく、いま世界的にも戦争の危機があるからだと思います。
まずは自分たちの足下から、その危険性の要因を除去する幅広い運動が必要になっています。

       ――――――――――――――――

 児相職員の研修 (19.3.2.)

◆「1月は行く、2月は逃げる、3月は去る」とは昔から言われている、この時期の早く過ぎ去るのを表わす言葉。その通りに、早くも3月。年度末で読者のどなたも身辺があわただしく、お忙しい日々と思います。

千葉県野田市の小4女児の死亡事件を受けて、いま県下の児相では在宅の指導などの各ケースについて「緊急点検」が始まっており、そうでなくても相談件数が増えている中で、多忙の日々。

◆そうした折に、2月28日、愛知県三の丸庁舎8階の大会議室で、児相職員の研修があり、私が講師を務めました。メインは、「一時保護所での児童死亡事件の検証報告」を基にした改善のための視点や課題をくわしく話すことです。

従来から言われている「非行の陰に低学力あり」にさらに「非行の陰に虐待あり」の視点がいること、親の暴力は自分の感情の「身代わり」に子どもを使うものであること(J.ギリガンの説)、改善点としては「リスクアセスメント」の意義とその作成の視点(SSWerから提供してもらったアセスメントシートの例も参考にして)、面接のあり方、ケースへの援助方針とそのフォロー会議の持ち方など、かなり踏み込んで話しました。

と同時に、時期が時期だけに「野田の事件」についても、補充の形で取り上げて、問題提起をしました。民法第822条の「親権者の懲戒権」見直しのことも言及しました。

いずれも詳しいパワーポイント資料を作って、2時間の予定のうち、約110分の講義をしました。

ずっと立って話したので、終わるとさすがに疲れは少々ありましたが、むしろ充実感がありました。体力的になんら影響がなかったのは、ピラティスの効果かしら(笑)。 終わりに約80名の参加者の方々から長い拍手があったことで、どうにか上記の内容を児相の現場で働く専門職者の方にも受け止めて頂けたのだとわかりました。

◆これで2月の大きな仕事が区切りがついて、いよいよ3月。あいち民研のヒアリングが二件、看護学部養護教諭コースの第一期生卒業式、父母懇の常幹会など、手帳を見るとけっこうスケジュールが入っています。

下旬には、元和歌山大学長でいま国大協理事に就任している山本健慈さんたちとの会食や、全生研の会員の方がフッキングというアートの作品展を原宿の画廊で開くのを見に行くので東京に行く予定。そのあと、明治大学で「大学の危機を乗り越えるフォーラム」があるのでこれに参加。

◆そのわずかな日にちのラグを生かして、箱根湯本に泊まってゆっくりしてこようと思います。箱根は久しぶりですが、およそ10年前に連れ合いと来た時には、あの電車で登山電車で登っていきトンネルを出たとたんに一面雪で、寒さと積雪のなかをポーラ美術館に行ったりして、大変だったけどはっきりと思い出に残っている体験もしました。
いろいろと仕事をしてきた自分へのご褒美に、箱根の湯につかるのだから、どうぞ、こんどはそうならないようにと願いつつ。

       ――――――――――――――――

 2019年2月の記事 

 教職コースの学生から「退職祝い」 (19.2.28.)

 再び「サザエさん」時代にしてはならない (19.2.26.)

 浜矩子さん講演会に参加して (19.2.25.)

 新作の二作品紹介(映画試写会) (19.2.22.)

 4年間を終えて専任を退職 (19.2.20.)

 なぜ、若者は「学習会」に集まらないか (19.2.19.)

 「過労死」寸前の現場を前に市の教育行政は? (19.2.17.)

 「指導死」の当事者(母親)によるナラティブ (19.2.15.)

 子ども虐待死、親の「懲戒」を根本から改正に向けて見直す (19.2.11.)

 「問う」ことが生きる一歩 (19.2.11.)

 クリント・イーストウッド監督の映画トーク (19.2.10.)

 「ストップ統廃合・今こそ少人数学級を 市民の集い」 (19.2.10.)

 山口県高校2年男子自死事件の調査報告(概要)を読んで (19.2.7.)

 映画『闇の歯車』(藤沢作品の映画化) (19.2.5.)

 千葉の女児虐待死の問題について (19.2.1.)

 2019年1月の記事 

 『一切なりゆき〜樹木希林のことば』を読んで (19.1.28.)

 「教員の働き方改革」の中教審答申のキーワードに関して (19.1.28.)

 大阪なおみ選手の活躍に見るアザーリング (19.1.27.)

 新年初の父母懇常幹会 あいさつ (19.1.26.)

 北国の冬 雑感(19.1.24.)

 ナラティブ・アプローチについて (19.1.24.)

 プロ棋士によるうつ病体験記を読んで (19.1.21.)

 京都「冬の特別公開」 (19.1.18.)

 試写鑑賞:映画『ちいさな独裁者』 (19.1.16.)

 「最後の授業」 (19.1.16.)

 あなたの決断に間違いはないどころか、時代の理性が応援しているよ (19.1.14.)

 中央アジア・大峡谷での暮らしが示唆していること (19.1.13.)

       ――――――――――――――――

 教職コースの学生から「退職祝い」 (19.2.28.)

昨日(2月27日)、教職課程の担当者会議を終えたお昼ごろ、その部屋に学生たちがきて、私ともう一人の女性教員の退職祝いをしてくれました。学生からのあいさつの後、花束を受け取り、(この日は3年、2年の企画だったので)「養護教諭コース3年一同 折出先生へ」「同2年一同」と、二枚の寄せ書き色紙もいただきました。

私たち二人はそれぞれに、学生の皆さんとの素晴らしい出会いであったことを述べました。私からは、『他者ありて私は誰かの他者になる』(ほっとブックス)にサインを入れて、来室してくれた学生たちに手渡しました。

帰宅して、花束を二つ花瓶に分けて飾りましたが、玄関がひときわ輝いています。卒業する4年生のある学生が私立中高校の養護教諭をめざす決意をしたとのニュースも入ってきました。本当に素敵な一日となりました。

注:一人ひとりの学生のメッセージはどれも胸にジーンとくるものです。彼らの著作権もあるので(と言っては少々オーバーか(笑))、ここでは割愛します。

       ――――――――――――――――

 再び「サザエさん」時代にしてはならない (19.2.26.)

◇最近のいわゆる「教員の働き方改革」をめぐって、校長がいきなり「日課の改定案」を出してきたり(名古屋市内小学校)、保護者への電話のかけかたの効率化や卒業式の後の卒業生と教師の交流会の取りやめを提案したり(同中学校)、様々な動きが出ているようです。

「少人数学級を求める会」でつながりのある教師の声をウェブ上で見ますと、(1)どれも「トップダウン」式で行われている、(2)職員会議でその改定案に、その「会」に参加する教師のほかには誰も発言しない、という共通性があるようです。

とくに、職員会議での協議というか様々な発言を出し合い・聴き合い、物事を合意で決めていくこと自体はかなり前から職員会議が「討議の場」ではなく「伝達の場」に変わっていてそれ以来の現象だと思われます。

さらに傷が深いのは、「働き方改革」は教師自身の問題でありどういう働き方をしたいのか、声が出せるチャンスなのに誰も物言わない。まさに「サザエさん」状態になっていること。

◇◇この「サザエさん」はあの漫画のそれではなく、貝のように口を閉じてものを言わない姿を指している言葉で、1980年代の「管理教育」が全県を覆っていた頃に特に尾張部の教師の使った言葉として知られています。

当時は、児童生徒の学校秩序適応への強制としての「きまり・校則」を徹底させる学校風土の中で「サザエさん」となることで結果的に学校の管理主義化・事務化を生み出しました。

いまは、事情は複雑で、「学校スタンダード」や「PDCAサイクルによるエビデンス徹底」の流れで教師自身が秩序適応の対象となっており、その自分の「働き方改革をどう進めるか」と言われても、もう決まった流れであろうから仕方ない、という雰囲気が一層強まっていると推測されます。

ある中学校教師が自分で意見を出した会議の後に同僚に「なぜ言わないの」と聞くと「あとでめんどうだ」と。その「めんどう」とは、学校運営に対して「反体制派」としての立場にいるかのように見られるのが「めんどうだ」ということらしい。

学校のコミュニティの中でも「体制」「反体制」の「色分け」のような現象が起きていること自体が、子どもの多様な可能性をとらえこれらを伸ばす現場である学校の在り方としてはすでに歪みを来していると言えます。

つまり、教師であるおとなが多様性や自由な視点での意見交換をしない・できないでいて、どうして子どもたちに多様性や個の尊重を教えることができるのでしょうか。学校の教師集団の自治能力というか、問題探究力はここまで狭く、均質型のものになってきているのでしょうか。

◇◇◇わたしが「サザエさん」的委縮の職場を問題だと考えるのは、それもまた新たな管理主義の現われと見るからです。しかも、これまでよりは質的には悪化していると。

「管理」には社会科学的な分析では三つの次元があって、control(組織構成員の行動を統制すること)、 management(組織構成員の関係を調整すること)、manipulation(組織構成員が個々に自己の心理操作をして全体としてある状態になること)です。簡単には、行動統制、関係調整、自己心理操作です。

前二つは、どの時代もどの組織にもある程度は必要な要件です。しかし、自己心理操作は、その組織体の民主主義の成熟度に大きく依存しています。改ざん疑惑で揺れた「もり・かけ」問題以来メディアで言われる「(首相への)忖度」はまさに自己心理操作が上下関係を介して末端にいる職員にまでいきわたる状態を言います。

学校現場でも、多少の「あきらめ」を伴いながらこの心理操作による自己規制がひろがる「サザエさん」現象が起きているのではないか。そこが、一番の危機です!

というのは、その現象が起きるのは多くの教師が事態をわかっているからでもあるから。「働き方改革」というがそれは「働かされ方改革」であって、自分たちの自主性・自律性が本当に高められる状況にはなっていない、と。

中教審が提言を出しながらも、いわゆる「教育調整額」政策によって労働者としての労働基本権が剥奪され続けてきたこの歴史に対してその元凶ともいえる「給特法」には一切触れずで、結局は切り込まなかった。この事実を知れば、「どうせ自分たちにとっては働かされ方の改革だ」と、あきらめが強まるのもわかります。

実際の時間外労働分を支給するとなると総額で相当に巨額になるとも言われますが、一機150億円近くする最新鋭のF35戦闘機を総計147機「爆買い」するよりは、こうした教育条件整備(保育環境の整備をふくむ)、児童福祉整備などにまず優先してあてるべきだと思います。

◇◇◇◇外野から失礼ながらひとこと。教職員の皆さん、皆さんが「サザエさん」になってしまってはこれからの未来を担う子どもたちにはもっと危機が広がります。「正解」を言わなくていいですから、「よくわからない」「なにかおかしい」「何がどう変わるのか(よくなるのか)」のこの三点だけでも声を上げましょう。そこからまず「働き方改革」です。 

       ――――――――――――――――

 浜矩子さん講演会に参加して (19.2.25.)

2月24日午後1時10分から3時まで、名古屋市教育館大講堂で、標記の講演会があり参加しました。主催は「憲法と教育を守る愛知の会」。その日には愛知父母懇の「一日研修」が名古屋市内の同朋高校であり「あいさつ」をして全体会には最後まで出席していました。

浜さんは、真っ赤なシャツ・スカートにベージュ系のジャケット、髪はまだらに紫系に染めている姿で、60代半ば過ぎとは思えない若々しい雰囲気でした。しかも、話し方は、演壇の横に出てずっと立ちっぱなしで、よどみがなく「えー」とか「あー」の間投詞はなしで、小気味よく、しかも「アホノミクスを進める奴らは・・・」と江戸っ子らしい切り口で話しました。

東京生まれ東京育ちで学童期には父の転勤でロンドン暮らしを経験し、一橋大学で経済学を専攻したそうで、曾祖父が官僚で曾祖叔父に美濃部達吉がいるなど、学者の雰囲気やエリート層の血筋もあるのでしょう、ものおじしない度胸、安倍首相なぞは、世間知らずの権力志向の「ぼっちゃん」と見ているかの如く、その政治家としての路線や策略を論断する仕方は真っ向勝負でした(一部「ウィキペディア」を参照した)。

このあたりが、TV出演や講演に依頼が集まる理由なのかもしれません。

演題は「21世紀を照らす日本国憲法〜改憲という名の時代錯誤」で、レジュメもパワポもなく、それでも論理的な組み立てで経済学的な専門の話はあえて避けて庶民感覚にそう流れで、手元に何も資料はなくても聴きやすい内容・構成でした。

印象に残った論点としては、以下のことがあります。

ア)日本国憲法の前文には、まさに21世紀を照らし出す優れた言葉がいくつかある、として、@「諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し」、A「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して」、B「いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて」という三つのフレーズを取り上げました。「(憲法が)照らす」という発想は、浜さんがカトリック協会の信者で聖書を読んできたことからヒントを得たそうです。

イ)「ディグローバリゼーション(deglobalization)」が最近言われるが、もとは「非グローバル化」の意味である。これを浜さんとしては「破グローバル化」としたい、と。「ひ(非)」でも「ふ(不)」でもなく「は(破)」なのはそれだけこれを脱しなくてはいけないからだと話し、「は」「ひ」「ふ」のほかに何かあるかなと考えた、とここまで話した時、別の講演会場で前にいた人がサッと「へ(屁)」だと言ったと、こういうエピソードを(ほんとうかどうかはともかく)入れて笑いを誘った。この辺りは講演慣れしている感じ。

ウ)フロアから「1%の富裕層に世界は牛耳られていると言われるこの現実をどう見るか」という質問があった。
浜さんは、Google、Apple、Facebook、Amazonの4社、「GAFA」(ガーファ)の例も引きながら、要するに「資本主義ではない」経済現実に問題がある、とした。
「資本主義」の「資本」はもともと産業に投入され資本が資本を生む過程をつくりだしてきたが、いまは「野生化した資本」であらゆることを巻き込み支配下に置く状態だ、という。だから「破グローバル化」なのであろう。

エ)「安倍政権をはじめ政府与党の悪政が何度も言われながらも結局は同じような政権を選んでしまう、この民度はどう見ればいいのか」との質問もあった(注記:「民度」とは、人々の成熟水準のこと)。これには浜さんは選挙民の悪口は言ってはならないし、こうして真剣に考えようと集まる人々が要る事実こそ(そうした悪政のつづく闇に対して)光だと思う、と述べた。これには前方にいる何人かがうなずいていたので、共感を引き出したようだ。

オ)講演の中で、ひときわ会場から受けた場面は、浜さんが「今度の出版プロジェクトは『アホノミクス用語辞典』だ。奴らの使う言葉の真意は何かを対訳風に書くつもり」と話した時でした。2013年あたりから「アホノミクス」を言い出したが、初めは記者も「面白い言い方だが活字にはどうも・・・」とためらっていたのが、いまや出版の依頼があると「書名に『アホノミクス』を入れてほしい、と。中身はどうでもいいから」と浜さんが言うと、これまた受けていた。

・・・・と、このように詳しいレジュメはなくても、要点は頭に入っているものだなと思います。こういう講演スタイルも一考の価値ありですね。

       ――――――――――――――――

 新作の二作品紹介(映画試写会) (19.2.22.)

「こどもしょくどう」

小さな食堂を営む夫婦の長男ユウト(小5)は、あるとき、古びたバンで車上生活をする姉妹と出会う。そこから物語が始まる。

すでにユウトの親は、ユウトと同じクラスの近所のタカシがネグレクト状態なので、食堂にタカシを呼んで夕方の食事を提供していた。

監督の日向寺太郎氏は、あくまで子どもの目線でこの物語を映像化している。タイトルが平かなであるのもそのため。

美談でもなく、暗く重苦しい世界でもなく、子どもたちが、子どもたちの発想と行動で希望を探し求めるとはどういうことかを、素晴らしい子どもたちの演技によって鋭く描き出しています。

「YUKIGUNI」

このタイトルから連想されるように、東北での物語です。でも、人々が暮らす「雪国」の街のことではなく、カクテルの名前です。
山形県酒田市のバーテンダー・井山計一さん(92歳。「ケルン」の店主)の1950年代のオリジナル作品「雪国」(サントリー前身の当時の寿屋主催のカクテルコンクールで第 一位を獲得。)が、国内はもとよりいまや世界でも公認のカクテルナンバーの上位にはいるスタンダードカクテルとなっている。

そのカクテルの誕生から今日に至る井山さんの人生の歩みを縦軸に、奥さんとの出会いと別れ、娘や息子たちの家族とのつながり、そして全国のバーテンダーやバーファンが今も「ケルン」に「雪国」を飲むために尋ねてくるほどの人気の秘密などを、すべてドキュメント映像でつづった87分の作品です。

語りは、小林薫さん。やわらかな声で、バーとカクテルが生み出す出会い、つながり、そして人と人が語り合う温かさを伝えています。

監督は、渡辺智文さん。鶴岡市在住の38歳の若手監督。

ともに3月中旬から、中部圏は名古屋の名演小劇場で公開です。

       ――――――――――――――――

 4年間を終えて専任を退職 (19.2.20.)

(*)

早いもので、いよいよ来る時が来ます。この三月末をもって、現在の勤務校(私立大学看護学部)の専任を退職します。AC(学部・学科等が創設されてからのアフターケアの期間をこう呼ぶ。)の4年が終わるので私の契約も任期満了。

前任校は定年63歳で再雇用2年を含めて65歳まで勤務が可能。私の場合、教授職の58歳のときに役員の任命を受け、丸7年間勤めました(最初の1年は田原学長の指名で就任し、松田学長のもとで継続となり、その任期6年を務め、満期退職)。退職後、1年の猶予があった後に、2015年、66歳のときに現在の私立大教員に就任。そして4年後、70歳を迎えたので、この春に退職。

節目節目で仕事のチャンスを与えられて、まことに充実した経過だと感謝しております。

(**)

今日は出校して、研究室の整理をしました。教授会資料や授業資料などはすべてひもで縛って溶解のための保管部屋に持込み、最小限の自宅持ち帰り荷物(ほとんど書籍類)は荷造りして、前もって宅配業者に本日の午後研究室に、と予約を入れておいて、無事に段ボール6箱を業者に引き渡し、宅配の手続きしました。
壁際両面の書籍ラックも、ガラス戸付きのロッカー、ステンレス机の引き出しも、見事に「空」になりました。これで実質、専任の仕事は終わった、という実感がわいてきました。
後は、2月の定例教授会に出席した後に、パソコンを持ち帰るだけです。

4年間とはいえこの個室をいただいて、ここで授業準備をし、再課程認定申請やその他、大学公務の書類を作り、また学習会もやってきた。その部屋の明け渡しですから、何とも言えない感慨が少しはあります。
しかし、もう感傷に浸る年ではありません(笑)。ここはさらりと前にすすめるのが肝心。

(***)

というわけで、帰りに、久しぶりに名駅のミッドランドスクエア裏の地下にある「竜むら」によってカウンターで、ゆっくりとお酒をいただいて、ひとり慰労会をやって帰りました。

「本日の板長おまかせ料理」を頼んで、まずやはり広島の賀茂鶴のぬる間1合で一杯、そして黒龍の冷酒1合、そして「きらく」というイモ焼酎のオンザロックで。
ここの板長さんがよくできた方で、こちらが話しかければ応じますがそうでないと一切話しかけません。飲んでいるこちらの心境を察知する能力が抜群。

私の「学習」からすると、お酒の飲み方には三通りあります。
バーカウンターは、バーテンダーとの会話をたのしみながらウイスキーなりカクテルなりを傾けるのが、バーらしい飲み方。居酒屋(あるいは寿司屋)は店の大将あるいは女将と、またはスタッフの若者とそれなりにおしゃべりしながら飲むのが楽しくおいしい飲み方。

「竜むら」のようなそれなりに店構えをしている小料理屋では、全く気取る必要はないのですが、最初に出るお酒の肴からちょっとした一品やコースものも含めて料理をおいしくいただくのが本筋。だから、ゆっくりと箸を進めながら、盃のお酒をゆっくりといただく。
それで、その雰囲気にこの板長さんはピッタリの感じなのです。

手がすいているときにはわざわざ厨房から出てきて出口のレジのところでご挨拶をされます。そんなに高額の食はしないのですが、なぜか、ご挨拶をされます。たぶん、私が印象づけるような行動をしたからでしょう。

(****)

「竜むら」が、まだ改築・改装前の大名古屋ビルヂングの地下にあったときのこと。会議の後か何かで疲れてカウンターでゆっくりとやっていたら、ある年配の男性がクラブのママらしき女性と入ってきてカウンターのすぐそばで、飲み始めました。

それだけならなんのことはないのですが、既に下地が入っていたようで、おしゃべりの声は大きいし甲高い、話は下品。さすがに私も出ようかと思いましたが、せっかくのひと時のやすらぎを壊されて、ついに言ってしまいました。

「お宅たち、いい加減にして下さいよ。ここは屋台じゃないんだから。それじゃ、『竜むら』の店の名が泣くよ」と。

いま思うと、ようもそのような気障っぽい物言いができたものよと、我ながら不思議なのですが、ポンポンと出たのです、映画のシーンのセリフのように。
そして、私は、気まずさもあったし、頃合いを見計らって「お勘定!」といってその店を出たのです。そのとき、カウンターの向こうで料理をしていたらしいあの板長さんが、私を見てかるく会釈をされた。そのまなざしは、よくぞ言ってくださった、という感じが出ていました。それほどに、あの甲高いしゃべりは、いただけたもんじゃなかった。
たぶん、その一点だと思います。

(*****)

こうした話題つながりでいうと、私は、ホテルのメインバーでも、客層は様々で、嫌になることがあります。先日もある有名なメインバーで、右隣りの私より年配の男性がタバコを吸うからせっかくのバーボンの香りが消えそうで、よほど席を変えてもらおうと思っていたら、その男性が、いい年配のバーテンダーを「お前呼ばわり」です。「そうか、お前は稲沢か」などと。それだけ親しいとも言えますが、相手は職業としてのバーテンダーとして働いている。その男性は社長か何か知らないが、あきらかに、「水商売をする奴」という見下しがありました、言葉の端々に。

このようにバーや居酒屋で相手のスタッフを見下す物言いの人物にロクなひとはいない。これは私の確信です。根っこは、自分の地位か年収か、とにかく相手を差別しているその関係性です。

このように、バーも居酒屋も小料理屋も、そのカウンターのわずかな出来事の中に人生が詰まっているし、そこに居る一人ひとりの生き方や処し方が出るものなのです。

私を知っていて、会合の後などに打ち上げで一緒に飲む機会のある方がたは「折出は酒に関しては気難しい」で通っています。
その通りです、まったく(笑)。

話がだいぶんそれましたが、その意味では、今日のひとり慰労会は、実に静かな雰囲気で、自分で自分に「お疲れ様」と語りかける空間を得たのでよかった。帰るまでひとことも言わなかった板長さんの影ながらの演出効果。

       ――――――――――――――――

 なぜ、若者は「学習会」に集まらないか (19.2.19.)

先日、若者参加の学習会の企画を練る会合の場で、出席しておられた愛知県の民主青年同盟委員長さんの発言を聴く機会がありました。彼曰く、「学習会に人は来ない。それは、世の中がヒドイのは知っていて暗い話は聞きたくないから。夢も希望も持たない中に生きているのに、それを科学的に分析されてもそんなものは聴きたくない。明るい展望の持てる話を求めている」という主旨でした。

これはまさに弁証法的に若者の置かれている状況とこれからの生き方をみるべきではないか、という問いかけと受け止めました。
つまり、「夢も希望もない中を生きている」そのあなたがこの社会をよくしていく主役だし、その可能性はこういうところにある、と示すことでしょう。
その意味では、現実に即しながらその少し先を読む、そういう「指さし」機能がいまのあらゆる運動(民間教育研究運動も含めて)には必要になっているのでしょう。

時代の転換期にはそのような「反転」の思想が出るべくして出て、そして人々をおおきなつながり(連帯)の輪に巻き込んでいきます。

いま国会で毎月勤労統計問題や消費増税の問題等で論戦が続いていますが、安倍首相がみずからの政策を誇る「(首相任期中の)この6年で380万人の雇用が増になっている」との説は、共産党委員長志位和夫氏が示したデータによると(12日、衆議院予算委員会の基本的質疑で)、たしかに384万人増加しているが、そのうち15〜24歳が90万人、65歳以上が226万人で、先の90万人のうち高校生・大学生が74万人を占めている、つまりアルバイトで働いている、ということです。

しかも、大学生の8割近くは(夏休み等ではなく)普通の授業のある学期中にアルバイトをしている。そうしないと学費が続かない現実があるからです。

こういう実態を背景に日々頑張っている若者たちに、新自由主義はかくかくしかじかで、こういう疎外を生み出し、このように人々はアトム化する、と説いても、渦中にいる人々にとっては日ごろから感じていることを、これでもかこれでもかと押しつけられる感じで、かえって自分がみじめになる。

そうではなく、そのような現実でもどうにか足をふんばってこうして立っている、その自分にはいったい生きる意味があるのか、どういう未来があるのか、それを知りたい。こういう切実な思いがあるのだと、改めて上記の委員長さんの発言を聴いて思いました。

本当の科学とは、その変革可能性を事実に即して明らかにできるものであるべきで、PDCAサイクルのようにただデータをあれこれ挙げるだけでは現実再確認主義と言われても仕方ないのです。
大規模な組織でも、そのデータはその集計と解析をおこなう担当者の人心でどうにも扱われるものだと、「毎勤統計」改ざん問題でよくわかりました。

話を戻すと、では誰が「夢と希望の持てる」生き方を提示できるのか、語れるのか、です。

かつてマルクスも言ったそうですが、「こうすればこうなる」という青写真(いつでもどこでも通用する設計図)を示しても意味がない。今のこの事情に即した変革の行動の提起が肝心だというのです。

自分たちには何ができるか。それを語り合う対話の中に、状況を読み、書き換え、次への行動の可能性を発見する力があるのではないかというのが私の見解で、「対話的生き方を育てる」とする切口を最近出しているのはそのためです。

       ――――――――――――――――

 「過労死」寸前の現場を前に市の教育行政は? (19.2.17.)

少人数学級実現を求める取り組みでつながりのある上村和範氏(小学校教員を退職後、継続して講師勤務)の「ウェブニュース」によると、名古屋市内のある小学校で、3学期のいま、大変な事態になっている。以下、上村氏の了解を得て引用です。

「すでに精神疾患で3人が、事故で1人が学校を休んでいます。さらに2月からは産休でもう1人。
この5人の欠員に対して、補充教員は1人も配置されていません。

名教組に訴えても、校長が市教委に掛け合っても『これ以上できない』との回答。教務主任は、連日深夜休日に及ぶ勤務を強いられ、およそ月150時間を越える時間外勤務、心身の疲労は限界に達し、いつ倒れても不思議ではない状況です。

ところが、この学校の名前は、これまで一度も市教委の資料「未配置校」に掲載されていません。『未配置校』というのは、何らかの事情で欠員が生まれ、しかし補充教員が配置できていない学校のことです。
これまでも、市教委資料には疑問の声が出されていましたが、今回のように明確な訴えがあったのは初めてです」

実際の聴き取りをしてみないと詳細はわかりませんが、この話からも、教務主任で学級担任を兼務している人に明らかな過重労働があること、ほかにも精神疾患で3人が休職中とういうことは学校運営上これまでにも何らかの問題が生じており、そのまま改善されないで来ていること、5人の欠員状態であるにもかかわらず補充教員が未配置であることは現員でこの状況に対処せよという教育行政側の方針と取れること、「チーム学校」の名目でこのように過重労働が黙認される現実があること、などが問題点である。

背景には、臨時教員の「空白」期間の改善問題が名古屋市は遅れて臨時教員の中から愛知県のほうに転出していった経緯もあり、市の教育行政の対応の遅れと、何よりも子どもたちのために現場の教師の余裕のある労働環境づくりをするという哲学がもてないことにあります。これでは公教育の条件整備の任務をつかさどる教育委員会として、議会での追求はまぬがれないでしょう。

       ――――――――――――――――

 「指導死」の当事者(母親)によるナラティブ (19.2.15.)

2011年6月10日、愛知県立刈谷工業高校2年の山田恭平さん(享年16)が自死した事件は、ご記憶にあると思います。彼が属していた野球部副部長が部員に体罰を繰り返していたことが背景要因として大きく問題になりました。その母親の山田優美子さんが「身近に潜む『指導死』」として、インタビューに答えて語りました。NHKラジオ深夜便、15日朝放送の番組で(昨年12月の再放送です)。
以下はそのナラティブ(語られた事柄)の私なりにキャッチしたことで、あくまで話の骨子です。以下では敬称略とします。

1)野球が好きでそれを高校でもやりたくてこの高校に入った恭平は、1年の夏が過ぎるころから、「監督(副部長)が自分の目の前で部員を殴る」「それを止められないでいるのが嫌だ」と家で話すようになった。恭平自身が殴られたことはなかった。彼が自死した後に弔問にきた副部長は、「お子さんは真面目なのでこの生徒は殴ってはいけないと思った」と話した。

2年になると、彼はもう続けられないと言い、ついに監督に「部を辞める」と申し出たら、「お前、逃げてるだろう」と言われた。その後の試合で(守備の時)ボールを落としたらみんなの前でユニホームを脱がされ「消えろ」と監督に言われた。それをきっかけに部活に行かなくなった。

すると監督は「練習をさぼっているのか」と彼を監督(体育の教諭)の教官室に来るように指示した。が、恭平は頭が痛いと言って翌日は休んだ。その翌日、少し元気そうな様子でいつも通り家を出たが、学校には行かずに(別の場所に行ってそこあった)車に練炭を持ち込んで自死した。

2)学校に調査を依頼したが、「自殺と指導の関係はない」と言われた。その理由は、「遺書はない」「恭平は殴られていない」ことだった。

改めて第三者委員会の設置を県知事にお願いし、会って話を聴いていただき、知事部局の下に第三者委が設けられた(注記:このときの委員長が、故加藤幸男氏)。その結果、野球部内の暴力があり、それによるうつが原因で自死に至ったとされた。

母親として一番こたえたのは地域の受け止め方であった。「(殴られた部員も含め)みんなは耐えている」「(殴られていない)本人が弱かった」と。
この事件で当事者として求めたのは、@当時何が起きていたのか、Aなぜ本人は自死に至ったのか、その流れを受け止め学校として経過を明確にして今後に生かしてほしいこと。

3)恭平の場合に、「体罰を受けてはいなかったのに、どうして追い込まれたのか?」となる。この事案のように、指一本ふれないで子どもを追い込んでいることが問題だ。生徒と教師の関係性の問題だ。第三者委によってようやく部活の管理下で起きた事件であると認められた。

(アナウンサーが、現在こうした「指導死」が全国で78件あると言われていると話して)それは氷山の一角だと思う。学校としては「なかった」ことにしやすい。遺族としては納得がいかない。

「指導死」と職場の「パワハラ自殺」とは似ている。物理的な証拠がないが、(それを受けた側の)心の中にそれが蓄積されている。この事件の監督も「熱心な指導」者として知られていた。

4)子どもの自死によって、親は自分のアイデンティティそのものを失いかける。自分が親であることがいけなかったのかと、当時、母親業を辞めてクールダウンしたかった。

弔問に来てくれた野球部員たちに聞いても、彼らは「自分が悪かったから殴られた」「自分に原因がある」と話していた。「自分は殴られていい存在ではない」と、子ども自身が自分に人権があるということを教えられていない。(今では)小中学校に入る前にそのことが教えられているべきだと思う。そうすれば、「それはおかしいよ」という感覚で学校生活を過ごせる。

5)先生は、生徒にとって怖い存在である。スゴイ先生から「(お前には)生きる価値はない」と個室で言われれば、子どもは自分はそういう存在なのかと思ってしまう。
事は密室で起きており、生徒本人と先生にしかわからない。(「指導死」の事例では)先生から「指導」を受けた後に間を置かずに自死に至る例が多い。ある生徒は自分はやっていないのにカンニングの疑いをかけられ、個室で水も与えられずお昼抜きで長時間詰問され、その日の帰りに飛び降りて自死した。「指導」の仕方が子どもを追い詰めているといえる。

6)今年(2018年)6月に、遺族がほっとできる場所を作るために「社団法人 カナリアハート」を立ち上げた。

以上が、山田優美子さんのお話の骨子です。

「指導」が子どもを自死に追い込むことがある。ここから教師の指導が委縮して、学校での、行われるべき子どもの指導が難しくなることはないのか。そういう声もこの事案をめぐってはあります。

基本の要件は、どの子も一人の人権主体として尊重し、だからこそ本人の理解と納得に働きかける要求を基本とする、体罰は必要ない、ということです。「お前は〇〇だからダメだ」と全否定にちかい悪罵をぶつけるのでは、山田さんの言う通り、子どもは落ち込み、自分を責めるだけになる。そうではなく、例えば「〇〇のことを△△にように次からは直してほしい。そのためには、××のことをもっと注意してやらないといけない」と、納得を引き出す説得的な要求、これが生活指導の基本となるように教師の側も努力する必要があります。

教師の体罰の「引き金」には「自分が正しい」「未熟なお前を質してやる」という指導者意識があります。それは新任教師になって以降、職場経験の中で学習し身についていくものでしょう。それほど、今日の学校現場では教師が孤立しやすく、自分の仕事を相対化し外の目で見て学び直すことが乏しくなっていると言えます。そのため、教師が指導場面で発する感情表現も「自分は正しい」を起点にいつも発してしまうし、このことに何ら疑いを持たなくなってしまう。

このページ下段の、2月11日付記事にある美輪明宏氏の言葉にもある、「冷静さ。これしかない。感情を利用・活用するのは、楽しいときうれしいとき、そういったプラスの状態のときにだけ利用すればいい」というのは、子どもに対する指導場面でも言える基本視点だと思います。

そのためには、もちろん本当に日常の業務を整理・改善する「働き方改革」をすすめ、教師自身がストレスにさらされてばかりの環境を一刻も早く変えて行く必要があります。給特法の見直しも着手してよい。
他方、地域のコミュニティも、何かにつけて学校と教師をこきおろして攻撃するのではなく、一緒になって「学校の教育を創る」行動に参加していくように自らの自覚を高めることも大きな支援力になります。

競泳選手が自身の「白血病」を告白したのに対して一国の五輪担当大臣が「がっかりした」と反応してしまう(後で陳謝し、取り消した)。そういうこの国の状態では社会の人権擁護意識が遅れているから期待できない、と変革への目線を閉ざさないで、個の尊厳を原点に何が根本的に価値を持つかを繰り返し問い、発信することが民主主義を真に確立することにつながる。こういう理解でやっていくしかないと思います。
最近は、人民主体の「デモクラシー」を言うだけではなく、人と人との社会的なつながり(socio)を核とした統治の意味で「ソシオクラシ―」が強調されていることもそのような文脈からだといえます。

       ――――――――――――――――

 子ども虐待死、親の「懲戒」を根本から改正に向けて見直す (19.2.11.)

BS日テレの「深層NEWS」で「野田虐待事件を考える」として、馳元文科大臣、内田良氏(名大大学院)をゲストにトーク番組を組んでいました。いろいろの論点がありましたが、その中の一つに「(千葉の事件では)父親がしつけだと言っていることをどうとらえ、防止にどうつなげるか」があがっていました。

馳氏が強調したのは、学校も家庭もあらゆる体罰を禁止する、です。そして彼は山下法相にも「親権者に懲戒権はいると思うのか」と問うつもりだとも語りました。
つまり、親がしつけと称して行う体罰を法的に禁止することで今まで以上に社会的規制を強めたいという意向です。

これは、民法の以下の条文に関係しています。

第820条 親権を行う者は、【子の利益のために】子の監護及び教育をする権利を有し、義務を負う。
注記:8年前、2011年改正によって「子の利益のために」の部分が追加されました。子ども虐待の増加に対する防止の意図が背景にはありました。しかし、次の822条での「懲戒」については踏み込みませんでした。

第822条(2011年改正後の条文)
親権を行う者は、第820条の規定による監護及び教育に必要な範囲内でその子を懲戒することができる。

2011年改正前の同条文 親権を行う者は、必要な範囲内で自らその子を懲戒し、【又は家庭裁判所の許可を得て、これを懲戒場に入れることができる】。
【子を懲戒場に入れる期間は、六箇月以下の範囲内で、家庭裁判所が定める。ただし、この期間は、親権を行う者の請求によって、いつでも短縮することができる。】
注記:【 】の部分、つまり「懲戒場」の該当する箇所が削除されました。

「懲戒場」は明治の民法の規定がそのまま戦後も引き継がれたものです。第164回国会(2006年)の法務委員会で民主党議員がこの822条の「懲戒場」について質問し、杉浦法務大臣は「822条所定の懲戒場に該当する施設として、戦前は、例えば少年教護法による教護院が存在しておりましたが、戦後、昭和22年ですが、児童福祉法の制定に伴い少年教護法が廃止されたため、現在のところ、民法所定の懲戒場に該当する施設は存在していないと承知しております」と答えています。
これを受けての質疑は次の通り。

「○高山委員 そうすると、この懲戒場というのは今ないんですか、日本には。今の御説明ですと、戦前はあったんだけれども戦後の児童福祉法の改正でという話が出たんですけれども、それはやはり、戦争の前と後で、何か少年に対する考え方というんでしょうか、子供の、あるいは親権のあり方、これは大きい価値の転換があったんでしょうか。大臣、まずちょっとその辺を教えていただきたいんですけれども、どうしてなくなったんですか、戦後になって。

○杉浦国務大臣 その当時の状況はつまびらかにはわかりませんが、戦後、懲戒場に当たる各施設が廃止されまして、民法所定の懲戒場とはリンクしない施設、制度、児童福祉法による教護院、現在は児童自立支援施設となっておりますが、及び少年院法による少年院として改変されたわけでございます。」(第164回国会法務委員会第18号議事録より)

こういう経緯がある「懲戒場」規定が、2011年になってやっと削除されたわけです。

しかし、親権者の「懲戒」は、820条の改正で「子の利益のために」と条件が付いたとはいえ認められたままでした。820条、822条の底流には明治期以後の「家父長制」による家族観があり、絶対的権力を持つ戸主=親権者による「子の監護及び教育」は権力性を色濃くもっているものです。その文脈で「懲戒場」に入れる妥当性が規定されました。戦後の民法における家族観に戦前の家父長的な養育観が遺されたままであった、それを根本から乗り越えてこなかった。これが日本社会の現実なのです。

その根本を見直さないで「子の利益のために」と入れただけでは、法としての規制力は弱いと思います。

近年の「子どもの権利条約」に基づいて国連子どの権利委員会からも体罰是認への介入のもろさを指摘されているのですから、その観点や「監護及び教育」の権利という管理監督権の規定自体も改正することを含めて、例えば、以下のような条文の改正・統合することを本格的に検討すべきだと思います。
《親権を有する者は、子の人格を尊重し、説得と指導を基本として、懲戒を行ってはならない》

       ――――――――――――――――

 「問う」ことが生きる一歩 (19.2.11.)

今朝、新聞を読みながらNHKラジオを聴いていると、昨年12月の「子ども科学電話相談」の再放送を流していて、番組のほぼ終わりごろに小1の男児が「ひとは何で生きるんですか?」「ひとは死ぬのになぜ勉強するのか」という質問をしてきました。アナウンサーは、4名全員の回答者にこれをふりました。動物園長、生物学者、ロボット・AI研究者、ゲストのタレントがそれぞれ答えましたが、味のある答え方でした。

質問した子の本音は「なんで勉強しなくちゃいけないのか?」にあったようですが、ともかくこのように「問い」を持つことが生きる一歩なのだ、そして「問い」の答えを探すために生きる。そのためには健康であった方がいいし、ある程度知識も必要だから勉強もおろそかにはできない、と私なら答えます。

この「問い」に触発されてネット検索で見てみると、いろいろの人が「人は何のために生きるか」のテーマでブログを発信しているのですね。ちょっとおどろき。

あるビジネスマンのブログでは、自分もこのことで悩み、たくさんの本を読みあさったけど結局、あまり変わらなかった。ただ、運命だと思っていることは実は自分の意識の持ち方なのだとわかった。「自分はダメだ」と思うその意識で現実を観るから現実が否定的に見えてしまう。意識の持ち主であること、ここが最も大事なことだ。と、こういう主旨の長い文章をそのビジネスマンは載せていました。

意識は存在の反映であるが、その意識が存在を創造することもする。これは、革命家レーニンが言った言葉としても有名ですが、哲学的には「弁証法」の基本ですね。反映されている側が、その反映の元になる対象世界に働き返す。この相互作用です。

こうした「生き方」をテーマにした番組があるのかと、NHKラジオのサイトを何気なく眺めていると、「読むラジオ」のなかでさる1月21日の「ごごラジ!『あなたとラジオ愛を語り合う3時間』 美輪明宏さん」が目に留まり、試しに読んでいくと、リスナーからの質問に答えるコーナーで、三輪さんらしい独特の切り口でシャープに答えていました。

「悩み」への向き合い方が、三輪さんははっきりしていますね(以下は、「読むラジオ」の上記番組のサイトから引用です。
(URL=http://www.nhk.or.jp/radiosp/magazine/detail/gogoradi20190121_02.html)。

三輪「落ち込んで、何の得になります? ため息ついて恨んで泣いてやけ酒飲んで、酒屋のツケが増えるばかりでしょ。問題は何も解決してませんよ。まったく解決しないです。」
「そういったときは、むだなことはしないこと。泣いたりわめいたり、落ち込んでみたりね。
じゃあ、どうしたらいいかというと、冷静沈着、豪放磊落(らいらく)。
冷静沈着に、『何故これはこうなったのか。それについて、どういう考え方で、どういうふうにすれば、これをしのいでいけるのか。悩まなくて済むのか』。それが一番ですよ。」

「人間で一番必要なのはね、何かが起きたときに『者ども騒ぐな!』っていう、武将の冷静沈着・豪放磊落さ。これを常に有効に生かすこと。これしかないですね。」
「さっきも言いましたけど、冷静さ。これしかない。感情を利用・活用するのは、楽しいときうれしいとき、そういったプラスの状態のときにだけ利用すればいいんです。マイナスのときには、それはいらない。」

「自分の今の状態を分析するんですよ。周りとか仕事場だとか対人関係とか、いろんなものを分析する。
ツイッターで悪口言われた。それで自殺する人がいらっしゃるんでしょ。まともな人間は人の悪口なんか言いませんよ。そうでしょ? 『キモい』『バカ』『死ね』なんてのはね、それだけの語彙しかない、言葉を知らない人間なんですよ。そんな言葉も知らないような下品な人間が言ったことで、自分の一生をいろいろ左右されるなんて、こんなバカバカしいことありますか?

そういったときには、『フンッ。自分の全人格のストリップしやがって、バカだね』って、哀れんでやればいいんです。
職場でも学校でも、『いじめる人』のケアがないんですよ。いじめられる人のケアは、みんな大騒ぎでしようとするでしょ。

いじめる人間がどれだけ下品でちっぽけで毒ヘビみたいに嫌われてて、そのせいでコンプレックスの塊になってて、そのコンプレックスをなんとか癒やそうと人をけなして上から目線でものを言えば少しは自分が偉く見えるんじゃないかしらと、さもしいんですよ。いじめる人間をなくすには、それを箇条書きにして、廊下にベタベタ貼っとけゃいいんです。『いじめる人間はこういう人間です』。そうすると『そういうふうに思われるんだな』と思うから、だんだんいじめなくなりますよ、みっともないから。」

三輪さんの人間観のポイントが語られている場面でした。
「自分の今の状態を分析する」冷静さ、これはいくつになっても大事だと思います。

       ――――――――――――――――

 クリント・イーストウッド監督の映画トーク (19.2.10.)

BS放送で「クリント・イーストウッドのマスタークラスinカンヌ祭」を観ました。というか、映画監督としての彼の日頃の考えや生き方を聴きました。インタビュアーは、カンヌ祭の行われている現地フランスの映画評論家。
イーストウッド氏は現在、88歳です。この収録は2017年でしたがお元気で、少年のように生き生きと、時にすこしはにかみながら語りました。以下は、その要旨です。話の順番は多少入れ替わっています。

(A) イーストウッド監督が自分の師匠として挙げたのは、二人。一人は、イタリア製西部劇で名をはせたセルジオ・レオーネ監督(1929-1989年)。もう一人は、ドナルド(ドン)・シーゲル監督(1912-1991年)。ワーナー・ブラザースで数々の作品を創り出した。この監督は、イーストウッド氏によると「撮影が早かった」。その口癖が「分析は停滞を招く」。つまり、あれこれ考えないでともかくやってみること。これがイーストウッド氏にも監督業にずいぶん影響したようだ。

また、彼は「ひどい監督はいたか」と聞かれて、「いたけど、どんな人からも学んできた」と答えている。

(B)彼は大恐慌が始まる頃に生まれ、1930〜40年代に少年期を過ごしたが、その頃から西部劇は好きだった。TVはまだなく、映画の影響が大きかった。貧しい家庭であったようで、親は自分は食べなくても「私と妹には食べさせてくれた」という。

「西部劇の魅力は何か?」と聞かれて、彼は「現実逃避。法がなくて個人の裁量で決まるところが魅力なのでは」と答えた(注記:なるほど、的を射ている)。

(C)彼が演劇の道に入るきっかけは、いろいろとあったようだ。中学時代に劇をやることになり、英語の担任の先生が、その劇の主人公はバカな少年でイーストウッド少年がぴったりだからやれと誘った。本人は嫌だったが、引き受けることにして、いざ舞台に立つと好評だった。しかし「2度とやらない」と思ったそうだ。
ロサンジェルス・シティ大学に在学中に夜間の演技クラスに通い、次第に上達した。そのクラスに通い始めた動機は、同クラスに多くの女子がいたからだそうだ(注記:彼も普通の青年期を生きていたわけですね)。

1950年代には「小さな役」で食いつないでいたが、1959年、「ローハイド」のオーディションを受けて主役に抜擢され、これが6年続いた。そこへ、イタリア西部劇に出演の話があり、黒澤監督の「用心棒」を参考にした映画作品だった。ここでセルジオ監督と出会った。イタリア、スペインでのロケに初めて行った。その後、「ダーティハリー」や「マディソン郡の橋」など大ヒットした彼の監督作品が話題になるが、割愛します。

(D)イーストウッド監督は、あまりリハーサルをやらない。彼によると「一発目の役者の表情をみたい」。リハーサルを繰り返すと本番がつまらなくなるとも。さらに「即興の演技がうまくいくと、全員が波に乗ってやりやすくなる」と。

(E)2006年に公開された『父親たちの星条旗』『硫黄島からの手紙』の2部作についても話題になったが、この背景には、硫黄島で日本兵が勇敢に語ったと、アメリカのどの将校も本などで記録していることが映画化の大きなヒントになったという。硫黄島での撮影はできないので、アイスランド(北大西洋の島国)の砂浜を使いながら撮影をした。日本人の俳優との仕事は楽しかったそうだ。フランスで高い評価を受けたがなぜだと思うか、と聞かれると彼は「crazyだから」と笑って答えた。彼としては、監督としての作風が人とは違っている、少し変わっている、というニュアンスをいうためにcrazyを使ったのであろう。

ところで、カンヌ祭ではまだ一度も受賞はしていないそうだ。彼は別に気にもしないようだ。

(F)役者としても監督としても、とにかく作品作りに参加してそのプロセスを楽しむ、という生き方のようである。彼の言葉では「未来をまじめに考えるのは危険なことだ」「参加を楽しめばよい」。

(注記:これは未来志向を否定しているのではなく、おそらくドン・シーゲル監督の影響だろうが、未来についてあれこれ分析するよりもやってみることを大事にしたいという意味。リハーサルを重視せず、一発目の役者の顔で次の展開を考えるのも、そこにつながる)。

役者として数々の場を踏んできたことは、監督業においては「演じる側の気持ちがわかる」ので有利に働くと彼は語った。彼の撮影現場では、助監督が「静かに!」と叫ぶことがない。ホワイトハウスでシークレットサービス同氏がイヤホンで指示を交わしているのを見て、これを撮影現場に取り入れ、いまも順調にいっているそうだ。
彼によると、撮影現場で「怒ると自分が自分に負けることになる」。

彼の生き方は、年を取ると脳が衰えるので直観を大事にしたい、ということ。「考えすぎるとがんじがらめになることがある。分析するよりは、イメージを大切にすることだ」。

(G)役者に対しては、「根本的な感情を表現してほしい」。何事も「興味を持ち続けることが大事で、それがあれば苦ではなく楽しめる」。

いまなお監督業に情熱を持てるのはなぜか、と聞かれて彼は「毎朝、ゴルフで老人同士が集まるのはごめんだから」と答えた。

最後に、貧しい時代を経て現在の地位を築いているが振り返ることはあるか、どう思うか、の質問には、「特に振り返ることはない。幸運に感謝するだけだ」と答えた。(注記:彼は keep going を使っていた。興味を持つことを大事にその方向に歩み続けること、の意味か。)

       ――――――――――――――――

 「ストップ統廃合・今こそ少人数学級を 市民の集い」 (19.2.10.)

2月9日(土)、午後1時半から4時20分ごろまで、名古屋市栄の名古屋市教育館で標記の集会が開かれ、朝から底冷えになるくらいの寒さの中、112名の方が参加しました。

シンポジウムのパネリスト三名の発言主旨を以下に記します。これはこのページの作者の受け止めであり、ご当人の了解は得ておりませんので、その点はご了承を。コーディネーターは私が務めました。

まず、石井拓児さん(名古屋大学)の報告は、次の点にポイントがあります。
(1)今日の学校統廃合政策の背景には、自治体そのものを市場化する、つまり自治体を「サービス」提供の組織から「サービス」をつなぐ組織に変える自治体戦略がある。これは公務員削減とも連動している。これとつながって公共施設面積総量を削減するには敷地の広い小中学校がターゲットになっている。
(2)学校統廃合では、例えば土地売却をめぐる利権と地域の分断(京都市でのある事例)、学区の地域行事衰退などの変化が起きている。小中一貫教育では「中1プロブレム」解消も定かでないし、建物構造的にも小1と中3での違いなど、小学校文化と中学校文化の差異を無視した学校環境に変わっている。
(3)合意形成は重要だが、「地域代表」が真に住民を代表しているか、その疑わしさもある。少人数学級は欧米並みに「20人学級」を目指すべだと思う。

次に、公立中学校教員である西田義弘さんは、名古屋市名東区の大規模中学校の実情を詳しく述べ、来年の新入生が12クラスになる等、著しい学校運営上の問題があり、大規模校解消の必要性を現場の立場から訴えました。

最後に小学校児童の母親である渡辺優子さんは、児童数1400名規模の小学校における子どもたちの様子を、日常の日課や学校行事などの例を出しながら、リアルに語りました。児童数に比してグランドが狭いので、休憩時間に低学年は外遊びを控えるために折り紙を持ってくるように指示があるとか、高学年ではトランプやカード遊びが推奨されるなど。空き部屋もないため(河村市長の肝いりで導入した)子ども応援委員会の面談の場も取れないことなど。

このあとフロアからは、9名の発言があり、小規模校での肯定的な事例や、子どもにとって(統廃合のために)母校が無くなることはその子の歴史が消えることだ、などの発言がありました。また、複数の方から、統廃合により通学範囲が広がって、居住場所によっては学校まで2キロも歩かなくてはならないし、特に特別支援学級の子どもにとってはそれは無理だ、などの指摘もありました。

以下にアップするのは、集会の冒頭で、私が「あいさつ兼この問題の現状」を述べた際の発言原稿です。

                          **********           

1 この問題の背景と経過

(1)文部科学省「公立小学校・中学校の適正規模・適正配置等に関する手引き〜少子化に対応した活力ある学校づくりに向けて」(2015年1月27日)には、以下の記述がある。「児童生徒が集団の中で、多様な考えに触れ、認め合い、協力し合い、切磋琢磨することを通じて一人一人の資質や能力を伸ばしていくという学校の特質を踏まえ、小・中学校では一定の集団規模が確保されていることが望ましいものと考えられます」(同、1頁。強調は引用者)
 この見地は、同「手引き」における、」「学校規模適正化」にあたっての基本的な「教育的観点」でも再度強調され、「一定の規模の児童生徒集団が確保されていること」が「望ましい」としている(同、3頁)。

2015年7月、学校教育法改正 ⇒ 2016年度より小中一貫校としての「義務養育学校」が制度化された。
戦後の六・三制義務教育制度の大転換であり、これに伴って施設一体型の義務教育学校という名目で、地方の小規模校の統廃合が急激に進むことになった。

(2)これに先立つ2010年、名古屋市の文書「名古屋市立小・中学校における小規模校対策に関する基本方針〜子どもたちのよりよい教育環境のために〜」(同年3月)では、「本来、学校は、多くの児童・生徒がともに生活して、学習や遊びの中でお互いに協力し合い、切磋琢磨し合いながら、様々なルールを学び、社会性や生涯にわたる学習基盤を身に付けていく場です。小規模校では友達が限られ、競い合ったり、高め合うことが難しかったり、あるいは、児童・生徒同士の人間関係が崩れると、その修復が困難になったりするなどの課題があります」としている(同、1頁)。

そして、小学校3校に統合による「ほのか小学校」(2002年)設立。本陣小学校・則武小学校・亀島小学校の3校が統合され開校した名古屋市初の統合校。2校統合による施設一体型の義務教育学校(2010年):六反小学校および新明小学校が統合され、名古屋市立笹島小学校となり、同校が笹島中学校校地において成立する。併設型小中一貫校。

(3)瀬戸市の経過
 2016年3月「第二次教育アクションプラン」→ 小中一貫教育を構想。
 2016年4月 改正学校教育法施行。文科省「小中一貫教育・学校施設の建築支援事業」モデル校を募集し、瀬戸市が委託を受けた。
 小学校5校、中学校2校の計7校を統合する計画。2020年4月に「にじの丘学園」として開校予定で、現在、基礎工事に入っている。
 本日の集会に、「小中一貫校を考える瀬戸市民の会」の方も来ている。

(4)春日井市
藤山台東小学校、を2013年、藤山台小学校に統合、西藤山台小学校を、2016年藤山台小へ統合という段階的統廃合で、2016年から新藤山台小学校を新校舎のもとに開設。

(5)その他を含む県下の状況
上記の名古屋市、瀬戸市、春日井市を含めて、16の市と知多郡、北設楽郡の2郡で何らかの統合が進められている。
  1名古屋市2豊橋市3岡崎市4一宮市5春日井市6豊川市7刈谷市8豊田市9安城市10西尾市11常滑市12小牧市13新城市14知多市15田原市16あま市17知多郡18北設楽郡
(小中学校統廃合の全国情報サイトより引用)

2 小中学校統廃合に対する基本的なスタンス

(1)学級数の標準について

 学校教育法施行規則の「小学校」項目で以下のように定めている。
第41条(学級数) 小学校の学級数は、12学級以上18学級以下を標準とする。ただし、地域の実態その他により特別の事情のあるときは、この限りでない(強調は引用者)。また、中学校については、同施行規則第79条で、上記第41条規程を「中学校に準用する」。
名古屋市 2010年の基本方針で、小学校は11学級以下、中学校は5学級以下を対象とするとした。これは、文科省「手引き」で学校規模の適正化の考え方として、上記の11〜18学級は弾力的なものであることをうたっている点と違う。

(2)合意形成のありかた
 初めに統廃合ありき ではなく、選択肢は@統廃合による魅力ある学校づくりか、A地域の総力をあげての小規模校のメリットをさらに生かす存続か、である。
  「地域コミュニティの核としての性格を有する小中学校の統合の適否の判断は、行政が一方的に進めるものではなく」「地域と学校が両輪となって」(「手引き」21頁)という観点が重要である。「地域とともにある学校づくり」は「手引き」が繰り返し強調している(18頁)。
 学校教育の受益者である保護者、将来の受益者である就学前の子どもの保護者の声を重視せよ 「まちづくりも含めた将来ビジョン」を示すこと。
 名古屋市の場合、統廃合に向けた計画通りに教委が主体的に進める、としていることは、学校教育法施行規則や「手引き」の趣旨からも、ずれている。

(3)住民とりわけ就学児童の保護者、これから就学する幼児の保護者の声を聴くことの重要さ
 瀬戸市の市民の声にもあるように、・通学距離が長くなり、交通事故も心配 ・小中一貫校の効果が実証されていない ・学校がなくなると若い世代が住まなくなる、など不安や危惧する要素が多くある。
@名古屋市は住民説明会をしたというが、全市16区で300名あまり、と全教名古屋のニュースが報じている。
A子どもの権利条約の理念からは、どうすることが子どもにとっての最善の利益なのかを模索し、子どもの声を聴きとる機会を設ける必要がある。

(4)「少人数教育の可能性=メリットの拡充」(「手引き」34〜38頁)
 ・学習状況の把握が的確にできる
 ・一人一人がリーダーを経験する
 ・教材教具をすべてにいきわたらせる 
 ・異年齢学習活動・交流を組みやすい 
 ・保護者地域との連携がとりやすい
 ・特色あるカリキュラム編成など

社会性の涵養や切磋琢磨は、校内の異年齢集団の活動とともに近隣の他校との交流で可能であり、地域のおとな、働く人々の活用による活性化を図ることで、ほんらいのコミュニティスクールの実現へ踏み出すことができる。

       ――――――――――――――――

 山口県高校2年男子自死事件の調査報告(概要)を読んで (19.2.7.)

標記の事案については、山口県のサイトで以下のように、2月5日に公表されている(調査報告概要)。

 いじめに係る重大事態に関する調査の結果についての報告(概要版) 


(一)

この報告書は、同事案の再調査の第三者委員会による。その経緯を記す。

2016年、7月26日、県立高校2年男子の生徒Aさんが、JR山陽本線の駅で貨物列車にはねられて死亡した。同年8月、遺族から「いじめ」の疑いについて調査の申立てがあり、8月のお盆前に、県教委は「山口県いじめ問題調査委員会」のなかに「県立学校における個別事案に係る調査部会」を設けて、調査を開始。いわゆる県教委調査として、2017年10月下旬に同部会は報告書をまとめ、県教育長から知事に報告。同年12月には遺族が再調査を知事に求めた。同年12月下旬、知事は遺族と会って意向を聴きとり、再調査を決定。翌年18年2月末に「山口県いじめ調査検証委員会」として再調査を開始し、計16回の検証委を開いて検証を重ねた結果、2019年2月5日付で調査報告書を提出した。

(二)

一番のポイントは、「いじめ」概念の捉え方、学校現場における「いじめ」認識の検証のありかた、にある。例えば、県教委調査では「言葉でのからかい」「黒板消しでのはたき」「教室締め出し」は「いじめに該当するものが含まれる」ところの「いじり」であるとしたのに対して、第三者委調査ではこれら三件すべてが「いじめに該当」と認定している。

そもそも「いじめに該当するものが含まれる」行為は、「いじめ」なのである。県教委調査はそこをあいまいにしたために、学校でのAさんの様子について「目立ったトラブルはなかった」とした。また、県教委の調査で教職員に聴き取りをしているが、その場に管理職(教頭)が同席したという。さらに、県教委は遺族への調査報告書の提出に際して、遺族に誓約書を出させていた。

こうした一連の調査行動は「遺族との信頼関係が構築されていなかった」と、第三者委は指摘した(3頁)。

(三)

上記の関連で同時に重大なことは、Aさんに対する教職員からの「いじめに類する行為」が繰り返されたことである。

そのために、Aさんにとって「ストレス要因になったものと判断する」と、第三者委は認定した。その「行為」は例えば全校集会の場で教師の説明の途中でAさんだけを名前で呼んで、生徒たちの笑いを誘う道具立てにしていたことである。そのような教師の行為が、生徒によるAさんの「いじめ」を助長するものとなった。

教職員のこの行為を含めて、「無自覚な『いじめ』の危険性」が日常的にAさんに覆いかぶさり、彼にとって「苦痛に満ちた学校生活を長期的に強いる残酷なものであったと考える」としている(15頁)。

(四)

第二のポイントは、教職員における「いじめ」の認識が「一方的」「悪意」「度を超す」という要件で見るというきわめて狭いもので、暴力性が可視化できるものを「いじめ」として見ていた。そうではないが無意識に行われる事柄が相手に苦痛や不快を与え追い込んでいく攻撃作用については、生徒や教職員が「日常の学校生活の風景」のように受け取り、そのままやり過ごされていた(15,17頁)。

(五)

第三に、「いじめ対策委員会」を同高校では「必要に応じて開催する『会議』」と認識し(17頁)、「いじめ」に係る相談・通報の窓口的機能を果たしていなかった。そのため、Aさんに対する「いじり」について複数の教員が問題に感じていたが、そのようなケースは「『いじめ』が疑われる情報として集約され」なかった(同前)。

(六)

第三者委の報告書は最後に「再発防止に向けての提言」をまとめている。

その構成は、(1)当該高校への提言:いじめ防止対策、部活動への対応、自殺予防教育の推進、(2)県教委に対する提言:再発防止の取り組み、学校のいじめ防止の支援、相談体制の充実、研修体制の充実、自殺予防教育の支援、平時の備え、である(30〜34頁)。

さらに「県教委調査の在り方についての提言」として(1)遺族への丁寧な対応、(2)社会学的観点からの分析、(3)早期の広範かつ詳細な調査の実施、をあげている(34〜35頁)。

(七)折出の私見

Aさんが亡くなる前の1週間の状況を第三者委は、「痛み」「焦燥感」「圧力」の3要素で検証・分析した、としている。その理論ベースは、シュナイドマンの「自殺学」である(23頁以下)。

私も、愛知県内外の検証委員会にかかわった者としてシュナイドマンからはずいぶんと学ぶことが多かった。大津のいじめ自殺事件に検証委員として関わったある研究者からもシュナイドマンの入手可能な文献について問い合わせを受けた。

このページをご覧いただく方の中に、もし「いじめ」による疑いがある自死事案の検証委員会か調査委員会の委員として活動を担っておられるならば、ぜひ、シュナイドマンの著作を読んで学習されることをお勧めする。

素早くコンパクトにその考え方の骨子を知りたい方は、PRになるが小著『他者ありて私は誰かの他者になる』(ほっとブックス新栄)の「いじめ」の章に、いじめを受けて自死に至るのはなぜか、についてシュナイドマンの文献から引用して簡潔にまとめておいたので、参照してみていただきたい。

「いじめ」の認識ついては、本件も含めて、教育現場ではいまだに「一方的に」「繰り返して」「攻撃をする」という見方が強く、いじめ防止対策推進法の第2条にいう、本人が苦痛に感じている行為を重視する「いじめ」の定義やこれを受けた文科省の「いじめ」定義が、現場には必ずしも浸透していないことを物語っている。

そのことと、いまだに社会全体において「ハラスメント」の認識が浅く、「からかい」程度のものと受け止め許容する風土とは大いに関係していると思う。

どちらも、個人が受ける「精神通」(シュナイドマン)への理解の薄さないしは無知の点で共通している。ここに、日本社会の最大の課題、個の尊厳に対する未成熟さ、があると私は見ている。そして、それは立憲主義の最高の概念であるのに。

        ――――――――――――――――
      

 映画『闇の歯車』(藤沢周平作品の映画化) (19.2.5.)

江戸深川のとある酒亭で、謎の男・伊平衛(橋爪功)と知り合い、闇の世界をなんとか生きてきた左之助(瑛太)は、あることで援けた女とのこれからの暮らしをかんがえ、伊平衛がもちこんだ話に乗った。それは、押し込み強盗であった。同じく、その酒亭の常連である武士(緒形直人)、若旦那(中村蒼)、ものづくり職人(大地康雄)がこれに加わって、闇の仕事をする歯車が動き出した。

ベテランの盗賊・伊兵衛が考えた押し込みはいっさい血を流さないという、これまでの経験に基づく計画であったが、あることで歯車が狂ってくる。そして、それぞれの人生も、そこから・・・・。

原作は以前に読んだ気もするが、はっきりしない(藤沢作品は相当に読んできたので)。全体は、藤沢作品の世界を丁寧に描き、上記の登場人物の個々の生きざまの彫が深く、他の役者も演技が細かく、冴えている。

監督は、鬼平犯科帳のTHE FINAL版も仕上げた山下智彦氏。

揺れながらも、納得のいかないことでは短刀はつかわない主義の左之助の生き方には、現代社会の中で何がまっとうな生き方か、何に人生を賭けるのかで迷いながらも前に踏み出そうとする人々の姿が重なっているように思えます。

名古屋市の名演小劇場で今週末8日までと知って、昨日、出勤後に午前の用務を仕上げ、諸事を片付けてすぐに出かけて、午後の上映時間の3分前に劇場に着くという離れ技で(笑)、観てきました。

       ――――――――――――――――

 千葉の女児虐待死の問題について (19.2.1.)

(一)事件の発生から経過

事件は今月の24日に野田市のマンションで起きた。小4の女児死亡に対して父親(41)が傷害容疑で逮捕された。
『朝日新聞』デジタルニュース1月28日付によると、「(1月=引用者)24日午前10時ごろ〜午後11時20分ごろ、自宅で心愛さんの髪の毛を引っ張り、シャワーで冷水をかけ、首付近を両手でわしづかみにするなどの暴行を加え、首付近に擦過傷を負わせたというもの。捜査関係者によると、『粗相をしたので髪の毛をつかんで風呂場に連れて行き、冷水をかけた』と供述しているという」。(URL=https://www.asahi.com/articles/ASM1X61NGM1XUDCB00T.html)

この女児は、2017年11月に学校が行った「いじめアンケート」に、「かぞく」に「いじめられている」と回答し、自由欄に「お父さんにぼう力を受けています」とその被害を訴え、「先生、どうにかできませんか」と書いた。名前も書きこんでいた。

これを機に市からの通告で児相が介入して12月27日まで一時保護された。2018年1月になって父親・母親と学校、市教委指導課の三者が話し合い、ここで父親が脅しをしてアンケートを見せるよう迫った。この時は、本人の同意がないと市教委は拒否した。

その3日後、父親と母親が同意書をもって市教委に来て、ここでも威圧してアンケートコピーの提出を求め、これに屈して市教委はコピーを渡した。
その後、女児は転校したが、転校先でのアンケートにはいじめ被害は書いていない。

同年2月になって、要保護児童対策協議会(要体協と略称される。)と思われる会議が開かれ、ここでコピーを渡した件が報告されたが、これに関して市も児相も対応はしなかった。

女児の死亡により父親が逮捕されたことで、当時の対応について、野田市と市教委が記者会見で「恫喝に屈して渡してしまった」と述べた(昨日、1月31日)。
(以上は、『朝日新聞』19年2月1日付朝刊(名古屋本社版)第25面の記事などを基に、要約したものです。)

(二)連携の在り方

2018年3月に東京都目黒区で起きた当時5歳の女児死亡事例を受けて、「児童虐待の早期対応や重篤化の防止につなげるため、児童相談所(児相)に寄せられた虐待情報を警察と全て共有する」取り組みが国の要請で進められており、時事通信社のウエブニュースによると、「警察と全件共有をしていると回答したのは、茨城、群馬、埼玉、岐阜、愛知、大阪、高知、大分」の8県である(URL=https://www.jiji.com/jc/article?k=2018102000388&g=soc)。千葉県は入っていない。

また、名古屋市は、愛知県警と児童虐待情報の共有の協定を取り交わし、即運用を開始した(前掲『朝日』同記事より)。

この連携の強化に関しては、私の知る弁護士は、個人情報保護やプライバシーの権利を含む子どもの権利擁護からも慎重に対応すべきで運用の仕方については細かな合意が必要ではないかと話していた。

(三)加害性のある親の問題

今回の事案の1つの特徴は、被虐待児の親への対応である。加害とされる親が関係機関に対して「恫喝」やそれにちかい抗議をして、自分の疑惑を晴らそうとしたり、あるいはそのための資料の提出などを求めたり、野田市のケースのように、アンケートのコピーを出させるだけではなく、今後の情報開示についても市教委に念書を書かせるなどの、我意を通す行動を威圧的に行うことがある。

私が関わっている愛知県児童福祉審査部会の事例報告でも、児相で面談をしている最中に、相手の親が職員に罵声を浴びせたり、新聞紙をバットのように丸めて殴りかかるなどの緊迫した現場がいくつも報告されている。

しかも、この父親も逮捕後も「しつけである。悪いとは思っていない」と供述しているなど、親が加害性のある行為を否定して自分を正当化するのである。

この問題について、最新の専門家発信のサイトでは、碓井真史氏(新潟青陵大学大学院教授、専攻:社会心理学/スクールカウンセラー)が、市教委の対応を「大失敗だ」としながらも、それを責めるだけではなく、親の側の問題にも目を向けるべきだとして、次にようにコメントしている。
「子供をピシャリと叩いてしまい、その後で自分を責めている親は、きちんと反省してフォローできる。厳しすぎた、甘やかせすぎたと悩む親は、その後でバランスを取るものだ。/問題は、悩まない親である。俺の子供を俺が叩いて何が悪いと居直るような親もいる。体罰を使う親は、しつけだと言い張っても、しばしば体罰がエスカレートし、他のしつけ方法が学べなくなる。(略=引用者)悩んでる親の支援は大切だが、悩まずに子供を傷つけている親に介入していくことも、緊急の課題である」とコメントしている。(URL=https://news.yahoo.co.jp/comment/author/latest/)

(四)子ども虐待の背景要因との関連で

児童福祉司による第一線レポートと評価の高い、斎藤幸芳・藤井常文編著『児童相談所はいま〜児童福祉司からの現場報告』(ミネルヴァ書房、2012年)は、「虐待の起きる要因」として以下の10件を挙げている。

 @ひとり親家庭  A子どもにとって実親ではない者が家庭内に入ってきた場合  B産後うつ病  C父母の不仲  D経済的要因  E望まない妊娠  F子どもの障害  G養育者の孤立  H世代間連鎖  I精神的障害や心的外傷(トラウマ)

このどれが当てはまるか、ではなく子ども虐待の構図は複雑で複数の要因が絡んでいること、その中でも上記のような特徴があることを観るのが大事である。野田市のケースでは、話し合いの場には父親と10歳も若い母親も同行しているが、母親は女児の受けている被害を知っていたはずである。この母親も夫からDVを受けていたのではないかという推測は多くの方も同感かもしれない。

21歳の時の出産で、その後、何らかの事情で沖縄から千葉に来たが、もし沖縄時代に夫からの暴力などがあったなら子どもを連れて別れる・逃げることもあり得たが、それができない現実が背景にはあったのであろう。それほどに、夫=父親の支配力・暴君性が家庭を圧迫していたのではないか。

また、父親自身も、上記のHのように自分がそうやって暴力で育てられた経過があったかもしれないし、沖縄から離れて新しい地にやってきたDやGも間接的には絡んでおり、さらにアルコールへの依存も見られるかもしれない。なぜなら、冒頭の記事引用でも、朝の10時頃から夜中の11時ごろまで、ずっとではないにしてもこれだけの長時間にわたって女児を支配し、暴行を加え、それでも「しつけだ、自分は悪くはない」と言うのは、異常である。
 

その異常さが異常ではない、日常化していたことが、この女児の家族問題の一番の危機である。

そうすると、この家族自体が、こんにちの社会的排除のなかに間接的には巻き込まれて影響を受け、その家族の中で暴君として父親がおそらく妻も含めて、(父親から見て)一番力のない女児に、感情をぶちまけるかのように暴行を加えてきた。

それが女児によってアンケートの回答で暴かれると、ますます女児を責め立てた。自分の支配下に完全に屈しているはずの女児が対抗している姿が見えて、それはこれほどの加害性のある父親にとっては、まさに自分の弱さをさらけ出す出来事であったからである。自分の権力がいかにもろいかが女児によって証明されたようなものだ。

市教委への「恫喝」も、こういう父親にとっての鎧であり、武器であろう。逆に彼からそれを取ると、自分の中に人を動かすだけの影響力、社会的な能力がいかにもろいかが透けて見えるからであろう。

(五)おわりに

以上は全くの私見で、今後の捜査の中でさらに真相は見えてくるであろう。単に閉鎖的な家族で起きた一個の事件とせずに、こんにちの社会的な関係性の根底からの崩れを象徴する事件として受け止め、私たちも何が学べるかを考えていくことが大事である。

       ――――――――――――――――

 樹木希林『一切なりゆき〜樹木希林のことば』を読んで (19.1.28.)

昨年12月に文春新書として出たこの本は、昨年9月15日に逝去された(享年75歳)女優・樹木希林さんが生前、対談やインテビューなどで語った言葉を、あつめたものです。
ただ再録したのではなく、「生きること」「家族のこと」「病のこと、カラダのこと」「仕事のこと」「女のこと、男のこと」「出演作品のこと」の6つの章によってうまく構成されています。エッセイストである一人娘の内田也哉子さんのアイデアも働いているのでしょう。

私は、樹木希林という女優の存在はもちろん知っていましたが、ファンでもないし、むしろ例のカメラのCMでの印象が強かった。彼女が主演した映画といっても「あん」(河P直美監督作品)が浮かぶくらい。ドラマでは、出演されていたのは覚えています。

ところが、実際には、非常に多くの作品に出ておられたのが、この本で改めてわかりました(末尾の付録「年譜」で)。

その程度の知り方でしかない私がこの女優さんに興味を抱いたのは、亡くなられたあとの11月29日付『朝日新聞』朝刊で、「樹木希林さんの境地をたどる」主旨の「死ぬことは誰かの心の中で生きること」というタイトルの記事に接したからです。私も七十歳を超えて、どことなく自分の人生の終い方を意識する年齢になっているからでしょう、このタイトルには目が留まりました。そして、標記の本が出たことを知って、いつか読んでみたいなと。

(一)

少女時代から、親の愛情を受けて育っています。例えばテレビが始まった頃自宅に一台あったとか、自分の部屋があったとか、小学校中学年の頃までおねしょをしても怒られず、自分でも「わがまま」に育ったと。それなのに「偏屈で」「人になじむことをしない」。それで「引いて人間をみるようになったんだろうな」と語っています。

役者もなりたくてなったのではなく、薬剤師をめざして受験しようとしたときにスキーで骨折して受験ができず、たまたま見た文学座の試験を受けたことでそうなったというから(77頁以下)、あれだけの出演回数の多さの割には、いつも撮影現場でも映画やテレビドラマの中でも何か「これが役者だ」という姿からは距離があるというか、引いて演じている。それがまた、この女優らしさを生み出し、魅力のひとつにもなっていったのでしょう。

(二)

内田裕也氏との再婚後もいろいろとあったようですが、決して派手ではないが物事の見極めでは、見えないところまで読みとる鋭さ、あるいはいつも俯瞰的に見る樹木さんの習性が、あの非常に味わいのある、独特の人生観や役者観を生み出したのだとわかりました。

「俯瞰で見るクセがついている」と自分で語っている。演技の場でも、自分の役も相手役も、俯瞰的に見るから、物語の文脈で相手の演じ方に疑問がわくと、何やっているのよ、と注意してきたらしく、それで人から嫌われるのだと語っている。しかし、そういう「客観的に自分の姿を見る」ことは大事だという、自信にあふれている。

(三)

「淡々と生きて、淡々と死にたい」との本人の言葉は、正直な気持ちであろう。では、表面的な刹那的な生き方かというと逆で、人生の表も裏もくぐり、味わい、それでいてどうこうしたいという欲は持たない。そんな境地がうかがえる。がんを患い、全身に転移していると医者に言われながらも、マイペースで切り抜けてきた体験がそうさせているのかもしれない。

樹木さんの気に入っている空海の言葉が引用されている。
「生まれ、生まれ、生まれ、生まれて生の始めに暗く、死に、死に、死に、死んで死の終わりに冥(くら)し」
非常に味わいのある言葉だ。暗いも冥いも、「わからない」の意味。だから仏門に入るのだ、という反語的なメッセージだと私は理解した。付記:細かなことだが、本では「初め」となっているが、これは誤植ではないか。「始め」「終わり」と、人生の節目が対になっているから「始め」でなくてはならないのでは。

(四)

「男と女」の章も興味深かった。「女」の観察が鋭い。樹木さんだから、リアルにとらえた言葉として通用するが、私がそれをここに引用するとジェンダー的には問題視されかねないほどに、踏み込んだ言い方もある。

また、結婚観も、ご自身の体験があるが故のリアルな捉え方である。結婚生活を続けるにも別れるにも「かならず嫌なことは付きまとう」が、その経験が大切だと思ってきた。ところが最近は、結婚しなくても「成熟する方法」を見つけていければいいと思うようになったと(153頁以下)。

最近の20代、30代のひとは結婚願望があまりない傾向にあるというが、背景にはもちろん経済的な見通しの持てなさ、子育ての環境の悪さなどがあるとして、一方には、樹木さんの言う「嫌なこと」は避けたい気持ちも働いているかもしれない。
結婚は、シンプルに言えば、育ちも性格も異なる他者同士が、経済的共有の環境に身を置いて互いの人生に参加していく営み(これは私の自前の定義。ややクールかしら(笑))なのだから、その精神的負荷らしき面を見すぎると、やはり避けたくなるであろう。実際はその面を超えるほどに、楽しみをわかちあうことが多くあるのに。

(五)

最後に。
「命を使いつくす」という言い方が、樹木さんの生死観を端的に物語っている。ご自分は「ケチな性分だから」と何度か話しているが、あらゆるものごと・出来事に対して合理的な思考をする人だと私は受け止めた。人の裏を見るのも、俯瞰的に見るのも、淡々と生き死んでいくのも、ものごとは成るようにしかならないし、その中でどんな波乱万丈があろうとも、それを経験できること自体がすばらしいことじゃない! という合理的なオプティミズムがそこにはあるように思う。

おそらく、それは、子どもの頃から体が弱く、引っ込み思案で、人の輪の中に入って誰からも人気があるポジショニングではなかった、自分の容姿も関係しているとの樹木さんの自己認識からも来ているであろう。なぜなら、私が今述べた合理的思考は、どんな場面でも強く、したたかで、負けることのない状況認識だからである。

もしそういえるなら、「淡々と」という、あっさりとした、目立たない生き方こそ、強く自立して自分の世界を自分で守っていく生き方と裏表なのかもしれない。

仕事柄どちらかというと日頃から硬い本を読む私にとっては、柔らかい、庶民っぽい物言いによって、かくも哲学の命題のようなことがさらり・ズバリと言えるのかと、感心する箇所が何か所もあった。非常にいい人生勉強になりました。故人のご冥福をお祈りします。合掌。

       ――――――――――――――――

 「教員の働き方改革」の中教審答申のキーワードに関して (19.1.28.)

25日、標記の答申がまとめられたが、あいち民研・大橋基博研究部長が元の「案」と「答申」の異同を整理して所員に発信してくれました。私が注目したいのは、下記の書き換えです。事業場である学校の管理責任者=校長の、労働時間管理上の職務を述べたくだりです。
>45頁 答申「勤務時間の把握が事業者の義務」 (案:勤務時間の把握が使用者の義務)
>46頁 答申「明確化された事業者の」 (案:明確化された使用者の)

労働問題では「使用者」「事業者」には法的な定義があります。以下の通り。
・・・・・・・・・・・・・・・引用ココカラ・・・・・・・・・・・・・

労働基準法
第九条 この法律で「労働者」とは、職業の種類を問わず、事業又は事務所(以下「事業」という。)に使用される者で、賃金を支払われる者をいう。
第十条 この法律で使用者とは、事業主又は事業の経営担当者その他その事業の労働者に関する事項について、事業主のために行為をするすべての者をいう。(後略)

労働安全衛生法第二条(定義)
二 労働者 労働基準法第九条に規定する労働者(同居の親族のみを使用する事業又は事務所に使用される者及び家事使用人を除く。)をいう。
三 事業者 事業を行う者で、労働者を使用するものをいう。

同上第三条(事業者等の責務)
事業者は、単にこの法律で定める労働災害の防止のための最低基準を守るだけでなく、快適な職場環境の実現と労働条件の改善を通じて職場における労働者の安全と健康を確保するようにしなければならない。また、事業者は、国が実施する労働災害の防止に関する施策に協力するようにしなければならない。(後略)
・・・・・・・・・・・・・・・引用ココマデ・・・・・・・・・・・

「使用者」とした場合には、労基法との関係が問われます。しかし、給特法に手を付けないことによって労基法の管轄対象には入れない従来型の労務管理ですから、「使用者」概念では矛盾があります。

そこで「事業者」ですが、今度は、上記の安衛法の通り、「快適な職場環境の実現と労働条件の改善を通じて職場における労働者の安全と健康を確保する」義務が法的に生じます。
いくら「月45時間」までは「残業」は「答申」にそって許容される、と校長が考えたとしても、それは早計。その被使用者(つまり教員)への安衛法適用の義務規定が関連して発生してきますから、「安全と健康」で問題があれば、教員側からは「月45時間」以内であっても当然、業務の切上げか、会議延長は中止など、堂々と主張していいわけです。

「使用者」→「事業者」への変更は、労基法との接点をできるだけ避けるようにしつつも、労働時間管理の点では「事業場」概念を棄てられず「事業者」責任を明確化せざるを得ない、となったと推察します。

答申は「変形労働時間制」の導入を提示しています。これに関しては、下記の記事のように、残業は月100時間を超えなければ年に半分の6月まではそれを認める、という仕組みは、給特法があるので労基法の「使用者」カテゴリーの責任からはそれるが、安衛法の「事業者」義務には抵触するので、問題の根底は変わっていないと言えます。

「文科省の2016年度教員勤務実態調査では公立の中学校教諭の6割近く、小学校教諭の3割強が、おおむね月80時間超の残業が目安の『過労死ライン』を超えていた。
 指針は企業の残業時間の上限を定めた働き方改革関連法を参考に、上限の目安を原則月45時間、年360時間と規定。特別な事情があっても月100時間未満、2〜6カ月の月平均 で80時間、年720時間までとする」(「日本経済新聞」ウェブニュース、1月25日付より引用)

       ――――――――――――――――

 大阪なおみ選手の活躍に見るアザーリング (19.1.27.)

(一)

全豪オープンで、大阪選手が、先の全米オープン優勝に続いて、見事に勝利を獲得し、世界中で話題になっています。ほんとうにおめでとうございます。
今後のことを記者に聞かれて、次のウインブルドンや全仏オープンを目指す、といった返事がくるだろうと思うとそうではなく、それらの優勝がどうこうよりも1つ1つの大会に勝ちたい、と語るなど、しっかりとしたプレイヤー・スピリットを持っていると思います。

その大阪選手も、ミスショットやリターンできない場面などで、悔しさのあまりラケットを投げたり、すわりこんだり、感情を露わにするところもあったようで、記者会見の席で自分のことを「まるで三歳児みたい」と言ったことがあって、落ち着いて勝ち進んだときには、「三歳から四歳に成長できた」と自分で語ったようです。

その言葉がまた、世界をかけめぐるのですから、まさに「時の人」。優勝後のインタビューで、今の達成感を聞かれて、「毎日成長してるから、いまは五歳」といってさらりとかわしたのもさすが。

(二)

彼女が英語のスピーチでよく使うのが「mature」だそうで、これは「子どもが成長する」「発達する」あるいは「おとなになる」の意味があります。自分のことを「mature しているか」という目線で見つめられるようになった、そのこと自体は確かに大きな成長です。

大阪選手のテニスの技法のすばらしさ、とくに豪速のサーブやリターンの強さなどについては解説者などがすでに話していることなので、ここではそれは置いておいて、上記のような彼女自身の他者化についてメモします。

彼女のプレイヤーとしてのすばらしさは、ゲーム中に感情的になったがこれではいけないと感情の抑制を意識しそこに注意を集中していることです。そのために、自分を他者化して(客観視して)「もう一人のなおみ」が、「このままずるずるいったら、あとで泣くことになる。気分を切り替えよう」とギアチェンジを自分に持ちかけてきたわけです(そういう主旨のことを、記者に話しています)。

決勝戦の第2ゲームで、マッチポイントまでいきながらクビトバ選手に逆転されたその後のトイレ休憩で、そのように切り換えたとのこと。自信を取り戻すには、自分を外の目で見て、「勝てるゲームを落とした、悔しい」という今生じている感情の高まりから離れる「心理的仕掛け」がいることが分かります。

そのときの「もう一人のなおみ」がアザーリングの鍵です。これは、コーチをはじめとしてこれまで身近で彼女を育んできた人々の見つめるなおみ像です。それを支えにここまでこれた。それを彼女も知っているから、ゲームの逆転負けで苦境に立った時、その「なおみ」の眼差しで今の自分を見ることを意識的にやって冷静さを取り戻した。

ここに、大阪選手の活躍に見るアザーリング(othering)があると私は見ます。

(三)

信頼する他者(others)によって生み出される「内なるother」が、孤独なたたかいの場面で、ちからになるのです。

スポーツの別の分野、例えば相撲でも、若き貴景勝が先場所優勝した時にも、後の談話で、(前の所属部屋の)貴乃花親方に教えられたことを貫くように頑張ったという主旨のことを言っていましたが、彼の中にも「もう一人の貴景勝」がいて、負けた土俵の後に落ち込んでしまわないで、気持ちを切り替えて次の取り組みにいどむ行動があったと思います。そして、今場所でも、優勝戦線にのしあがってきている。

(四)

さらに話はそれますが、子ども期における成長にも基本的には同じことが言えます。

ものごとをやりとげる心理メカニズムは、要は「注意と集中」がどれだけできるか、です。ただし、それを働きかける「内なるother」が、どのような価値づけで肯定的にみられる自分像になっているかによって、注意と集中の結果得られた「達成」の質が違ってきます。

では能力が高ければいいのか。「注意と集中」の力が高く、難問もさらりと解ける頭の持ち主が、有名大学に進み難関の国家公務員試験T種をくぐって役所に入り、出世して官僚になっていく。しかし、一般の民衆に対する目線がどこか差別的で、冷たく、苦労や不安や葛藤にに対して全くと言っていいほど話が通じない。こういうタイプのエリートにも、アザーリングはありますが、それはいつも「競争に勝ち抜く自分」像であるがゆえに、常に周りの他者に気を許さない、自分の弱さ・もろさを見せないことを習慣化してしまうので、成人となり、官僚となっても、それが抜けない。

それはある意味では不幸なのですが、その「内なるother」を突き動かし、揺さぶりながら、競争的自立観の自己像を変えさせるのは身近な人物と言いたいのですが、同僚も上司も同じようなタイプでしょうから、やはり国民の声だと思います。

(五)

話がだいぶんそれましたが、大阪選手はプレイヤーとしてどうたたかうか、というアザーリングがしっかりしているので、官僚たちのそれとはまったく別次元なのです。対比するのがそもそもおかしいという声もあるかもしれないが、アザーリングのテーマからそうなった次第。大阪選手の今後に期待しています。

       ――――――――――――――――

 新年初の父母懇常幹会 あいさつ (19.1.26.)

本日の午後、愛知私学父母懇の常任幹事会があり、新年初の会合なので、それなりに「会長あいさつ」も用意しました。
     

皆さん、2019年がスタートしました。この一年が、皆さん一人一人にとって「希望の持てる年でありますように」と願っています。

さて、いまインフルエンザが大流行で、愛知県は過去最多だそうです。お互いに気を付けましょう。予防の3点セット、手洗い・うがい、のどの保湿、そして栄養・休養を実行しましょう。
 

父母懇としては、3月には一日バスツアーで楽しんで、5月総会、6月初夏の集い そしてサマーセミナーへと活動が深まっていきます。
新年初の会合に当たり、3つのことを。

1つめ、まずは、みなさん、健康を大切に。
「健康」とは何でしょう。世界保健機関(WHO)で、1998年に新しい提案がなされました。〈 〉の言葉が追加されたのです。多数決で総会提案となったが、結局、見送られました。

Health is a 〈dynamic〉 state of complete physical, mental, 〈spiritual〉 and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity.

この追加案の意図は、「生きている意味や生きがい」を織り込みたいことにあったようです。この提案の趣旨を生かすと、

健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、魂においても、そして社会的にも、すべてが満たされた連続的状態にあることをいいます。(日本WHO協会訳を参考にしました)

つまり、「健康」は、@病気ではない、弱っていないことではなく:病や弱さも抱き留めている姿であり、Adynamic は(父母懇の合言葉でもある)「されど波風」に通じるものですし、B spiritual は生きる意味、生きがい を指します。皆さんの輝きのもとです。
 WHOの健康定義は、提案も含めるとまるで父母懇に参加する人の生き方を述べたような定義ですね。

2つめに、いまは多様性、diversityの時代です。LGBTも含めて、一人一人が個性をもって多様に生きている。それ自体が価値です。
父母懇の活動でも、実に多様な個性を持つ人々が参加していますから、学園やブロックの活動で多様な出番がもてるような配慮をしていきましょう。

3つめに、日野原重明さんの名言、「ボランティアは、暇だからやるのではなく、意味があるから行うのです」を大切に。小さな活動でも大きなイベントでも、そこに「意味」を見つけるのは私たち自身。その手ごたえ、たのしみ、がエネルギーのもとになります。

では、この1年、あまり肩に力を入れずに、がんばりましょう。

       ――――――――――――――――

 北国の冬 雑感(19.1.24.)

今日から明日にかけて北海道は猛吹雪が予想される。特に根室地方が寒波による気候の荒れがひどいらしい。
根室と言えば、今から15年くらい前に訪れたあの根室の街は、あの学校の先生と子どもたちはいまどうしているだろうか。

(一)

「教育研究全国集会」の生活指導分科会の共同研究者をしていた時であった。そこに報告された根室の小学校教師の実践報告で、背景にある貧困などの問題を抱えながらもクラスで起きるトラブルを自分たちで乗り越えていく子どもたちの姿に感動し、ぜひその教室に行ってみたいと思った。若干の研究費に自前の金を足せば旅費は何とかなるので、その報告者にも了解を取り、校長宛の手紙も出し、それを実行した。その年度のおわり、3月初旬のことだった。

まず札幌まで行き、そこから道内フライトで釧路まで。そこで快速電車(一両編成)に乗って、雪の原野を2時間走って、根室に着いた。学級参観はすんなりとできたし、報告者が今担任している高学年の子どもたちともストーブを囲みながら話ができた。

報告者の先生には、実践の背景や学校の取り組み、地域の実態などを聴きとることをお願いしておいた。それは勤務後に長時間、居酒屋でさせてもらった。水揚げも落ち込んでいる漁業の厳しさ、その街の雇用の実態などを背景にして子どもたちの生活は厳しく、そのなかで学級内のトラブルが多発していたが、単級校のよさで、彼らなりに仲間のことをよく知っていて、信頼するがゆえに厳しい要求も出していたように思う。ともかく、この学級参観が、子どもの貧困と生活指導をつなぐ大事なヒントになった。

聴き取りの前に、その先生が気を利かしてくれて、納沙布岬まで車で案内してくれた。「のさっぷ」はアイヌ語の「ノッ・サム」=岬のそば、から来ていて、元は岬のそばにある集落を指していたそうだ。夕暮れ前で、はるか向こうに、歯舞の島々が小さく見えた。

(二)

聴き取りが終わるとそれ以上のお付き合いはせずに別れて、私は、いったん小さなホテルに戻って、それから夜の雪の街にふらりと出かけた。港にちかいその街には、スクエアの広場があり、それを囲むようにスナックや居酒屋が並んでいた。あたりは一面雪で、それぞれの店の(雪除けのための)二重ドアから灯りがもれて、広場は数々の橙色の照明やネオン色が織りなす模様ができていた。

一回りしてから、ここにしようと入った店が、いかにも歴史のありそうな小さなスナックだった。奥の方に地元の方らしい男性客が先ほどまで年配のママと話込んでいたようだ。ほかに若い女性スタッフが一人。カウンター席にすわってビールをもらいウイスキーを傾けながら、「どちらから」「名古屋から。根室は初めてで・・・」と会話がすすみ、ママがしだいにこの根室の街のミニ歴史を語りだした。

漁港として景気が良かったころは、漁師が陸に上がって次々と店にやってきた。若い頃からさぞファンが多いだろうと思われるそのママは、温かみのあるひとである。

(三)

私の性分で、旅先で入ったお店で仕事の話や身の上話は、自分で「ご法度」にしている。あれこれ聞かれても適当にごまかしている。肩書をちらつかせて飲むやりかたは嫌いだからである。ひとりの旅人として、ここにすわって、興がのれば唄うし、何となく冷めていれば、さらりと失礼する。
 ただ、仕事柄、こうした地元の人々と語らうのは好きで、今振り返っても、北から南は熊本まで含めると、夜のお店で出会った印象に残っている方々がおよそ40人くらいにはなりそうだ。それだけ「授業料」も払ってきたということ(笑)。

高知大学に当時の教員の池谷壽夫さんの誘いで集中講義に行ったときのこと。前泊を入れて4泊は滞在しているので、夜はふらりと、高知城のある追手門通りにあるスナックに出かけた。高知出身の衆議院議員・故山原健二郎さんも、当時たまに来る店だった。

ある日、カウンターにいると、常連らしい隣客と話が合い、「仕事は何をしているのか」の話題になり、適当にぼかしていると、ママが「このひと、どうもお医者さんらしい」と言いだして、隣の客も「精神科の医者」かと言い出すので、面倒なので笑ってごまかしていると、そのうち相談を持ちかけられた。夫婦仲のことらしかった。この相談内容にだけは、私は、「専門ではないが」と断りながらその時の気分も交えて真面目に答えた。「参考になった」と礼を言われた。

少しは精神医学の関心もあって、フロイトの著作なども読んでいたし、酔っ払って本音を話し出すその客の表情、言葉のトーン、エピソード、その客はどういう答えを期待しているかがわかりだすと、だいたい、何を話してあげればいいかが見えた。

後にも先にも、この時だけである。以後も、何どか旅先の居酒屋やスナックで医者か弁護士に間違えられるが、はっきりと否定して、ちょっと物を書いています、くらいでごまかしている。

(四)

根室の話に戻ると、常連客は元漁師だそうで北島三郎の漁場や海の歌を唄い出したが、なかなかしぶいいい歌声だ。聴いているとほんとうにジーンとしてくる。演歌は生きる勇気をあたえその人を励ますというが、これが演歌の力なのかとその元漁師の唄を聴いて教えられた。私も何曲か唄ったが、客はわれわれだけで少ないし、ゆっくりと楽しい時間を過ごせた。

夜も更けたので店を出たが、北国独特の突き刺すような冷たさと、今の今まで暖炉のそばに居るかのような暖かい空気の中で過ごしていたその名残が入り交ざって、寒いけど温かい、という文字どおりの「矛盾」を体感した。見知らぬ人同士がこうしてつながるのはいいな、と。

そのお店はいまもあるだろうか。

あの学校の先生と子どもたち、その後どうしているだろうか。子どもたちは、もう二十代後半だろう。仕事や将来見通しはどうなっているのだろうか。

白い息を吐きながらスクエア広場を回っていたあの自分が、素の自分なのだろう。どこに落ち着き場所を見つけるか、どういう人に会えるかと、未知のことに惹かれながら、歩みだす。

それは、七十歳をすぎた今もあまり変わっていない感じだ。人との出会いの温かさ、これぞ最高の贈り物だと今ははっきりと言える。

       ――――――――――――――――

 ナラティブ・アプローチについて (19.1.24.)

あいち民研の大きな一つの事業として、チームを組んで、保護者・教員・専門家・若者から聴き取り(ヒアリング)が進んでいます。私どものこうした活動が含む、ナラティブ・アプローチの要素がどういう意味を持っているかを考えて、小論にまとめました。

 野口裕二氏(東京学芸大学教授、臨床社会学)の仕事に私は注目してきましたが、同氏による単著『ナラティブと共同性 自助グループ・当事者研究・オープンダイアローグ』(青土社、2018年12月刊)を読んでスケッチ風にまとめたものです。引用は全て同書からです。

(1)シンプルに言えば、ナラティブ・アプローチは、当事者の語りを聴くという言語形式で得られる情報を、事象を意味づける有力なものとしてとらえるがゆえに成り立つ調査活動である。そのうえで、ナラティブ・アプローチは、当事者の語る言葉と物語に着目して、その世界における出来事をとおして、語り手も聴き手も、その物語に伴う呪縛や支配と従属の関係から少しでも脱することを目的としている。

 これはヒアリングの行為に当てはまる。一定の時間をかけてじっくりと語ってくださった当事者が、終わった後に「なにかもやもやがとれた」とか「気持ちがすっきりした」と感想を話されるのがそれを表している。また、聴く側も、一面的に見ていたかもしれない現実や事象の見方を変える契機となり、当事者でないとわからないことを知ることになって、聴き手自身の変化につながっていく面がある。

(2)野口氏は、ナラティブとセオリーを対比している(同書、53ページ以下)。ナラティブ・アプローチは、個別的で、具体的な時間と場所で起こった(ている)具体的な出来事について語られる。その語り手の心情も含めて、そうである。

 これに対して、同じ言語形式であるセオリーは、特定の時間や空間を超えて一般的に成り立つことがらの言明である。一般性がセオリーの特徴で、ナラティブにはもともとそれはない。ただし、ナラティブから「一般性を感じ取ることは受け取る側の自由である」と野口氏は言う。確かに、今期ヒアリングに参加して、語り手の話を聞きながら、他の同じような事例にも相通じるものを感じたり考えたり、聴き手自身の体験とも重なるもの感じたりすることはしばしば起きる。
 

(3)野口氏がナラティブの重要な機能としてあげるもう一つのことも、私たちのヒアリングにとって示唆を含んでいる。
 それは、ナラティブは、「混沌とした現実、不可解な現実を理解可能なものに変える」作用を持つということである。と同時に、ナラティブは、語られた現実は、ほかならぬこの人の体験や生き方の刻まれた現実、としてまるで「至高の現実」であるかのように、現実を固定化させる作用を持つ。例えば、うつ病の体験を語るその人の話に、うつ病の重さ・くるしさ、そして生きることへの揺れと葛藤がリアルに見えて、まさにこれがうつ病の実際かと印象づけられてその現実が見えてくるときがそうである。

 このようにナラティブには、当事者の語りを通じて現実が理解可能になると同時に、まさにこれこそが今の現実、と印象づけられる作用も持っている。この両面を知ってナラティブを受け止めることが肝要である。

 一番大事なことは、このような二面の作用を持つナラティブに影響されながらも、これを受け止めてそこから見えてくる意味世界をどう構築していくかは、聴き手の私たちの主体性だということである。つまり、今まで混沌としていたことが理解できたが、半面、語られたこの現実こそ深い・真実の姿だと印象づけられる面にも配慮して、ナラティブに接して学んでいくということである。そこにヒアリングに参加する聴き手の側の成長があると思う。

(4)私自身は、やや特異な事例になるであろうが、愛知県下の児童福祉分野で「虐待死」事案の検証委員会委員長として数件の事案について親族や児童養護施設・学校・病院等の関係者に聴き取りをしてきた中で、亡くなった児童に近い立場の人ほど、ナラティブに重みが有り、語り手の葛藤があり、その児童を取り巻く具体的な家族・親族、さらには施設職員や教師との関係が非常にリアルに見えてくることを何度も経験した。

 まるで目の前に、今までかすんで見えないでいた「生きた現実」がズシリと輪郭を伴って姿を現したようなそんな体験である。

(5)現代は、ナラティブ自体が個人化する社会的傾向がある。
 野口氏は、Z.バウマンの言説を引用しながら、こう述べる。かつては語り手がセオリーに賛同するか否かはともかく、ナラティブは「セオリーに刺激されて生み出されていた」が、今は、「セオリーの刺激なしにナラティブが作られている」。

 この点は、私たちのヒアリングでも大事で、例えば、発達障害とされるわが子を育てている親のナラティブ、自分が発達障害の要素を持つのではないかという(それに近い診断を受けたためそう自認している)当事者のナラティブは、個人化されているが故に、おおいに価値を有するのである。

 いまや我が国の社会的現実は「リスク社会」と言われる複雑な様相を呈していることである。野口氏も述べているが、貧困や差別はわりとはっきりしているのに対して、阪神淡路大震災、東日本大震災、福島原発による被害・避難などの私たちの身近でおきた未曾有の経験は、階級間の格差や差別の問題を向こうに追いやるほどに、そのリスク自体が前面にせり出す迫力を持っている。それはそれらの被災当事者のナラティブで証明されている。私見では、いわゆる「原発いじめ」被害もその一環である。

 私たちの民研ヒアリングでは、そのような大きな、深い次元の対象者の聴き取りは入っていないが、しかし、より小さな形ではあるが、こんにちの社会構造(競争的な学校社会を含む。)に由来するリスクをくぐってきておられる当事者の語りの中に、同じような主題を見出すことができる。不登校や、教員の心疾患の事例などがそうである。
 

(6)この小論の最後に。

 ナラティブは、どの語りにおいても共通するある特質をもっている。それは、時間軸が必ず働いていることである。
 Aさんは、これまでの歩みを事細かく話し、今もその体験を引きずりながら生きるしんどさやつらさを語り、それでもなお顔を上げて前向きに生きようとしている自分を語る。ここには、いろいろと苦難に直面しながらそれをのりこえる行為を重ねてきた過去があり、その結果今があり、「これから」がある。
 Bさんは、現在のつらさを淡々と語り、「ひとつの試練と考えて乗り越えていきたい」と話す。この場合、現在を乗り越えたところにある未来を見つめていることがよくわかる。
 なお、ここではあくまで象徴例としてA,Bの二人を出したのであって、ヒアリングの実際の対象者をここでは指していないことをお断りしておく。

 野口氏の言葉を借りれば、「いずれも、ある一時点のみを切り取るのではなく、ある一時点を時間軸の流れの中に位置づけている」。そこから発せられる「短い言葉も実は短い物語となっている」。

 私たちが、ヒアリングに協力しくださった(くださる)方々に敬意をはらいながら学ぶべき点は、そのひと固有の言葉の持つ物語性であり、「時間軸の流れ」の中で行きつ戻りつしながら自分の人生を切り拓いてきているその見事さである。

 以上、まさにスケッチ風の小さなナラティブ論であるが、民研は今期になぜこうしたヒアリングによる調査を追究しているのかについて所員間の理解、並びに一般市民の方にも理解していただく一助になれば幸いである。
                                             (2019年1月22日 記)

       ――――――――――――――――

 プロ棋士によるうつ病体験記を読んで (19.1.21.)

将棋九段の先崎学(せんざき・まなぶ)氏による『うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間』(文藝春秋、2018年7月刊:電子書籍版)を読みました。
研究でつながった若い世代の中にうつ病でいまも治療を受けながら頑張っている人がいることや、現代社会では「誰でもうつ病になる」と言われるほどに、社会に浸透している病気で、その直接の体験記は例があまりないからです。

この本については、医者のブログでも、おすすめの本として挙げている人もいます(URL=https://blog.tinect.jp/?p=53623)。

(ア)まず、「うつ病」は「心の病気」ではなく、「脳の病気」であること。著者によると、思考が効かなくなり、急に不安に襲われ、決断力が鈍る。家を出るにも、何をするにも、どうしようかと迷う。それも長い時間を要して。

著者は棋士なので公式戦をおこなうが、うつ病発生の時(2017年7月下旬)、将棋対局でいずれも集中できず無残に敗退した。この様子を心配した奥さん(囲碁のプロ棋士)が精神科医である先崎氏の兄と相談し、すぐに慶応病院に行くことになり、そこでうつ病と診断された。

眠れないので睡眠薬をもらっていたが、それも効かず、どんどん悪化して、兄の勧めで、入院となった。その頃の症状は、不眠にくるしむこと、朝起きるのがつらく体全体が重く、頭の中は真っ暗であること、そしてちょうど藤井聡太四段(当時)の活躍で将棋フィーバーになっているさなか、「なぜ自分はこうなんだ」と自分を責めること、さらに「死のイメージが駆け巡る」ことを著者は書いている。

また、テレビに将棋の話題が出るとすぐ消すなど過敏になる半面、胸が苦しくなり、「息が詰まるとまではいわないが、どうしても浅い呼吸しかできない」とも。

(イ)精神科医である兄の存在がとても大きく、上記の状態のときに既に兄は担当医と連絡を取り合い、入院準備を進めていた。それ以後も、先崎氏が不安に駆られてラインでそれを伝えると、兄は「大丈夫、必ず治る」と返信してくれたそうで、こういう役割を果たす身近な人がいることが非常に大事だとわかる。通常は医者が務める。

こうして慶応大学病院精神神経科入院となり、将棋のほうは正式に「休場」扱いとなった。
「翌年の4月に現役復帰」をめざし、焦る気持ちをおさえながらも療養に努め、9月に退院するまでの入院生活を詳しく書いている。そして、退院してから親しい若手に頼んで練習将棋の相手をしてもらい、負けると普通プロは聞かない質問「どの手が悪かった」と相手に教えをこいながらプロの感覚をとりもどすために懸命になったことも、リアルに描いている。

(ウ)自分が自分ではなくなることを体験すること。
先崎氏は、将棋を主題とするアニメ「3月のライオン」製作にも関わったり、前からエッセイを連載したりするなど幅広く活躍してきたひとで(失礼ながら、私は本書を読むまで知らなかった。)、うつ病によってその自信満々であった自己像が崩れていくのを何度も体験し、その都度悔しい思いをしたという。

中でも、退院してしだいに回復に向かうのが自分でもわかったときの出来事。囲碁の棋士でもある奥さんが今後のことを考えてアマチュアを対象とする「将棋・囲碁教室」(土日に将棋と囲碁を1日ずつ指導する。)を開いた。プレオープンでは20人近くが来てにぎわったが、正式オープンの将棋初日、一局二千円の格安で宣伝していたにも拘わらず、二人しか「客」が来なかった。「天才棋士先崎」とまで言われてきた本人としては相当なショックで、家に帰って荒れたという。

いま一つは、年が明けて将棋連盟主催の新春パーティがあった時、大勢の人の中に入るのを緊張しながらやっとのりこえた。この年度に新王座についた中村七段や若手女流棋士二人と談笑していてカメラマンがカメラを向けたので、四人で並んだところ、(端に立っている先崎氏に)カメラマンは合図で右に「払え」と指した。つまり、新王座を若手女性棋士二人が囲むショットを撮るから、休場中の先崎氏はどいてくれ、の合図だった。
 先崎氏は、家に帰るとソファーを蹴飛ばして荒れたという。

いずれも、「俺は将棋が強い。棋界では誰もが認めている。将棋連盟にも大いに貢献してきた」という実績と自負心を頼りに、プロ復帰を果たそうとしているその自分の自己像がことごとく否定された体験であった。

(エ)春が近づくにつれうつ病は、少しは波はあったが回復してきて、兄の勧めで、医者の見地からも体験を詳しく書いたものが少ないので書かないか、となってこの本が出来たという。先崎氏は、執筆当時、47歳である。その彼が、上記のことなど、自分の思うようにならない場面やプライドをあからさまに傷つけられる場面では、荒れて、泣いたという。相当に自意識過剰のタイプではないかと思う。また、そういう強さでなければ、公式戦の勝敗をしのいでのし上がっていくゲームの将棋の世界ではやってこれなかったのかもしれない。

読後感としては、うつ病における当事者の体と心がよくわかった。
身体の生理では頭が重く、不眠の状態が続き、体の重さ・だるさがある一方、幸いに著者は食欲はそれなりにあった。認知の面では、思考が集中できず、日常の些細な行動でも決断ができない。心理面では不安や自信喪失、自死念慮も時々襲う。全体として、ひとまとまりの「自分」を見失う状態が続く。

兄が先崎氏に度々話したそうで、医者が処方する薬は側面からの援けで本人の治癒力で治すしかない、と。身近な対処法が、とにかく散歩をして外の空気に触れることだというのも、一つのヒントである。

もう一つ、大事なこと。うつ病は生きていれば必ず治る。波はあっても、脳の働きが次第に戻ってくれば、欲求も湧き、目に見える景色、特に植物などの色合いが、モノクロの何の変化もない状態から鮮やかに色づいた世界に変わる。だから、つらい状態があってもとにかく生きていくこと。そのためにも、うつ病の希死念慮がふっと襲うので、これを追い払うというか紛らすためには、何かしぐさをすること。こう先崎氏は述べている。

       ――――――――――――――――

 京都「冬の特別公開」 (19.1.18.)

京都の寺院が、1月10日から3月18日までの期間、標記の行事を行っています。実際の公開期間は各寺院によって異なるが、私は、障壁画、天井画そして仏像などの、何年ぶりの公開というものには関心があるので、タイミングとしてはいましかないと思い、昨日、一日かけて観たい寺を回りました。

タイミングは、公開の期間の意味と、天候です。ウェブサイトの天気予報では来週になると京都は最高気温が5度近くと急に冷え込む模様。移動のさいと寺院の室内の寒さを考えると、あの「底冷え 京都」の厳しさをある程度知っているので、最高気温11度で「晴れ」の17日に決めました。
 午後3時ごろまで晴れ渡り、温かい日差しの下で、バス、電車の移動のために歩いても苦にならず、正解でした。3時あたりから急に曇ってきて風も冷たく寒さが増したので、なおさらそう思う。

◇ まず京都駅から国立博物館前までバスで行き、その向こう正面にある真言宗総本山智積院。長谷川等伯と息子の久蔵による国宝障壁画が公開されています。楓、桜、松に秋草など、壁面一杯の構図で描かれています。

ガイド役の話によると、桜の花びらには、貝を潰した粉が顔料に使われているので、灯りを落とすとそこだけ光って見えるとか(公開中にはそれはやらない)。

もう一つは、名勝の庭園。中国の山をかたどった築山の下には長江を模した細長い大きな池。これは、いま調査のため水抜き状態でしたが、底の泥土が見えていました。そのため、水が入ると独特の濁った色合いが出るらしい。ちなみに、その本堂の反りあがった屋根はふき替えの際に、酸性雨などにも耐えられるチタン屋根になったそうです。

◇ 軽くお昼を済ませて、次に向かったのが臨済宗大本山建仁寺の正伝永源院。ここには、狩野山楽のふすま絵があり、狩野永徳に教えを受けたとされる筆使いは独特の緑をつかった蓮の連作。人生の誕生から青年期、壮年期、そして老年期を表わしているそうで、幼年期では蓮のうえを飛んでいたサギが、老年期では静かに止まった状態で、蓮の花は落ち、葉も枯れかけていました。当時の人生観を表わしています。

それと、元首相の細川護熙(ほそかわ もりひろ)氏によるふすま絵があります。これは京都の四季を描いたもので全部で24面あるうちの春と冬の画が公開されています。同院の墓地には細川家ゆかりの墓があって、その関係で細川氏が画を仕上げて寄贈したようです。冬の画は、水墨画タッチの淡い白黒の色合いで空からみおろした鴨川沿いの家々と建仁寺や清水寺を描き、その上空に雪が舞う、という構図で幻想的な世界。

建仁寺の本坊には、俵屋宗達の国宝・風神雷神図があります。以前に京都国立博物館でも観ましたが、大きな二曲一双の画は迫力があるし、金箔をバックにした風神(右)、雷神(左)の動作に鮮やかさと勢いがあります。
   廊下においてある「風神雷神おみくじ」を300円で引くと、運勢が書かれた見開きミニ冊子と一緒に風神か雷神のメダルが入っている。私は「小吉」で雷神のメダル。

その庭も見ごたえがあり、シンプルなつくりですが、落ち着きのあるものです。離れの法堂(はっとう)の天井には、創建800年を記念して日本画家・小泉淳作氏が2年以上かけて制作した「双竜」の画があります。

 口を大きく開いた竜と口を閉じた竜が目を見開いて向かい合っている構図。北海道のある廃校の体育館をつかって制作したそうで、畳80何畳ぶんの広さで、迫力はあります。

両足院では、海北友松による襖絵「雲龍図」「花鳥図」「竹林七賢図」などが特別公開でした。

◇ このあたりでもう3時近くになり、いったん京都駅にもどってJR嵯峨野線で「花園」駅まで行き、そこから歩いてすぐの本日最後の見学地、臨済宗大本山妙心寺の2つの院を観ました。龍泉庵では、狩野探幽の3つの掛軸画、天球院では、狩野山楽・山雪による「竹虎図」など。天球院の障壁画(ふすまに描いたもの)はキャノンとの協同による非常に精巧な複製画です。

各寺院とも受付が16時までなので、妙心寺で見学は終えて北門から出て京福電鉄(嵐山に通じるので通称「嵐電」)で戻り、市バスで四条河原町まで戻って、いつも寄る「藤石」で、ぬる間とおつまみで体を温めてから名古屋に帰りました。

この「特別公開」のスタンプラリーをやっていて、3個たまったので、駅の観光案内所でA6サイズのクリアブック(見開き両サイド型で、日本画の図柄入り)をくれました。

◇ 禅宗寺院の法堂になぜ龍なのか。京都の文化財に詳しい小嶋一郎氏のサイトによると、龍は釈迦の守護獣であり、また仏法を聴く聴講者でもあるそうだ。それで、釈迦を祀る法堂の天井に龍を描いてきたとか。

一日がかりのマイ見学会でしたが、十分に堪能できました。
この「特別公開」はJR東海の「50+」の冊子で知ったのでしたが、その企画では、期間中、一泊二日で公開中のほとんどの寺院を回ります。料金は、締めて3万2,800円。これに申し込んで行くのもいったんは考えたのですが、観たい寺を自分で観てくる方が楽しい、と決めて、今回は、独りで行ってきました。

       ――――――――――――――――

 試写鑑賞:映画『ちいさな独裁者』 (19.1.16.)

「独裁者」の題名の映画は、チャップリンの名作。床屋のチャーリーが独裁者ヒンケル(ヒトラーがモデル)の替え玉になって、あの名演説をうつので有名ですが、この作品は、替え玉どころか、ほんとうに残虐な独裁者になってしまう物語。
 しかも、ドイツ軍の敗戦濃厚な第二次大戦末期におきた実際にあった話が基になっている。原題は、The Captain。

ドイツ人一兵卒で脱走兵のヴィリー・ヘロルトは所属部隊からはぐれて彷徨ううちに、棄てられた軍の車両を見つけ、その中に将校のトランクがあった。勲章をつけたままの大尉の軍服を彼が着こんでいると、そこへ逃送中の同じドイツ兵士がやってきて、ヘロルトを大尉と思い込み、忠誠を誓う。その後も、別の逃走中の兵士たちがヘロルトの一団に加わり、ヘロルトは思うがままに大尉の地位と権力を利用し始める。

そして、当時ナチスが建てた収容所にたどり着く。そこには、ドイツ軍の逃走兵士や不適格兵士が収容されていた。ヘロルトは、総統(ヒトラー)の命を受けたと偽って、本来はあり得ない「簡易裁判」、つまり大尉としての権限で即決処刑を部下に命じた。
 深い穴を掘らせて、そこに収容されている者たちを次々と落とし込み、部下に、銃殺させたのである。

そのシーンは凄惨であるが、同映画パンフレットによると、実際にはもっとすさまじい残虐な処刑の仕方を「ヘロルト大尉」は命じたようである。
 この収容所は後に連合軍に攻撃されるが、ヘロルトたちはそれを逃れて、避難していく途中の村でも殺戮を行った。

これらすべてを行わせたのは、一兵卒のヘロルトが「大尉」の軍服を偶然見つけてそれを着用した(将校の威光を手に入れた)ことに由来する。ここに、この映画の主題があり、そこに流れるのは、監督のロベルト・シュベンケ氏の言葉では「彼らは私たちだ。私たちは彼らだ。過去は現在なのだ」という鋭い問題提起である(同映画パンフレットより)。

つまり、何でもない大衆の一人が、ひとたび、ある権力的な装いや象徴的なことを身に付け、それによって権力的な地位につくことなったとたんに、ヘロルトが「リトル・ヒトラー」となったように、信じられないような変貌が起きる。そのことは過去のことではなく、いま、世界各国で、各地で起きているし、起こり得ることなのだ。

それを、道徳的な相対主義で「そうなるのはやむを得ない」とするのではなく、シュベンケ監督が一番問いたいのは、「(ヘロルトのような)行動を可能にした枠組みを理解し、特定の事柄を通して全体を理解」することなのである(同前)。

部隊からはぐれて不安と失望でゆらぐ臆病者にさえ見えるヘロルトが大尉服を着てからどんどん権力者の顔になっていく、その変貌ぶりを、スイス・ベルン出身とされる男性俳優、マックス・フーバッヒャーが熱演している。

特に部下と酒を飲みながらの乱痴気騒ぎの様子は、こんなにもひとは変わるのかと思うほどに、ヘロルトを演じる彼の表情は極悪人さながらの顔つきになっている。

シュベンケ監督が言う通り、わたしたちの日常、身近なところに、身近な組織に、「リトル権力者」が現れては消え、また別のものがそうなる。あるいはそうした者同士の争いさえ起こる。
 この映画は、そのおぞましさよりは、なぜそのことが起きるのか、を鋭く問いかけている。

中部地方では、名古屋市の名演小劇場で2月9日から公開される。

       ――――――――――――――――

 「最後の授業」 (19.1.16.)

この見出しと同名のアルフォンス・ドーデ作の短編小説がありますが、そんな高尚なことではなく、私の記事は、もっと身近な話です。

1月15日の第2限の、2年生「生徒指導論」(後期の15回目)の講義をもって、実質的に4年間の現勤務先での講義が終わりました。

その時間の私の発言は、最初に、「最後の授業で出席を取ります」と言い、期末試験の予告を述べ、「では、今日のレポーターの〇〇さん、どうぞ」と、最後に挨拶を述べただけでした。

あとは担当の学生が、レジュメを基に、テキスト『生活指導』(折出編著、学文社)の「実践編」三本の最後の藤木祥史実践をどう読むか、を報告しました。

実践の場面を構造化してとらえ、問題を抱える「隆昭」という生徒をどうとらえるか、教師(藤木さん)はどのように対話しこの生徒とクラス集団との関係をどう展開したか、などを述べながら、読みとるための問いを発して「皆さんにはテキストのこの場面を読んで、感想を言ってもらいます。時間を三分とります」とすすめ、全員が自発的に発言をしていました。

そして、最後に、レポーターが、「最後の授業であるから広く問題をとらえて『教育に今求められる課題は何か』について皆さんの感想を言ってもらいます」と投げかけ、まず自分の意見を述べ、その後、数名の発言を促した後、「残りわずかですが、最後は先生に締めてもらいます」といって、私の出番となりました。

この間、ずっと私は発言はしないで、うなずいたり、「なるほど」と合いの手を入れるだけでした。

少人数であることも大きいですが、第2学年の彼女・彼らがこうして自主的に報告と意見交換を行えるまでに成長したことに、しかもそれぞれの発言内容が藤木実践のポイントをとらえる質的な深まりをもっていることをうれしく思いますし、4年間の最後の授業をこういうかたちで終えられることを、とても幸せに感じました。大学教員名利です。

彼女・彼たちは、先日の13日か14日に成人式を終えたばかりです。授業の初めに「成人おめでとう」のあいさつはしましたが、あるプレゼントをすることにしました。

私の『他者ありて私は誰かの他者になる〜いま創めるアザーリング』(ほっとブックス新栄)の小著を全員に贈ったのです。若い世代向けのことを多く含んでいる内容なのでこれがいいと思いました。

私にとって4年間最後の日の、最後のコマの講義であること、そして受講生にとっては成人式を迎えた節目の時であること、双方への祝意を込めてです。

授業中に渡すのはあえて避けて、後で研究室に来てもらって彼らに手渡しました。
  見返しの扉には、
「祝成人  自信をもって 君の道を歩め
          2019.1. 折出健二」
  とサインをして。

授業前までは、予定のレポートが終わって、最後の授業にふさわしく、教育とは何か、教職を目指す皆さんに期待することなどを語ろうと、それなりにイメージはしていたのでしたが、上記のように、目の前で学生たちが自主的に意見交換をして実践記録に向き合っている姿を見て、「私が何かを言うよりは、この事実をむしろ私が受け止めることの方が価値は大きい」、そう感じたのです。

古希を迎えた後の、私流の「最後の授業」の日でした。

       ――――――――――――――――

 あなたの決断に間違いはないどころか、時代の理性が応援しているよ (19.1.14.)

これが、人生というこのドラマの妙味なのだろうか。
というのは、今日の夜、私より若い世代の、知り合いの二人の現職者から、もうじき行われる教職員組合の役員選挙に立候補することにしました、と知らせが入ったのです。

一人は、Q県R市の、50代半ばの男性教師。もう一人は、S県T市の新任二年目の女性教師。

男性教師のほうは、主流の組合の候補者に対抗しての決意なので、今後の展開は少し厳しい面がありましょうが、「大丈夫、あなたの人生経験と教職経験で十分に年輪が刻まれているから自信を持って戦いなさい」と応援メッセージを送りました。

女性教師のほうは、青年部役員への立候補。

彼女が学生の頃から、なぜか、わたしの仕事(ヘーゲルの弁証法哲学の探究)に関心をもってくれて、4年生の時に、私が開いたヘーゲル弁証法の学習会に毎回参加するほどに理論に興味を持っていたひと。優秀な人で、併行して卒論にも取り組み、教員採用試験も複数の県で合格して、今勤務しているS県を選んだ。
なぜ、S県を選んだのかも興味深い物語があるのですが、それは割愛して、とにかく二人ともぜひ輝かしい結果となるように、願っています。

役選立候補の話が同時にこうして入ってくる。このタイミングと、それぞれの決意の大切さを思うと、自分より若い世代の方々とつながる人生っていいな、と思います。

さて、私も、明日の「教職論」「生徒指導論」で、いまの勤務先の4年間の専任としての契約勤務は終わります(4月からは非常勤で授業を担当)。

二つの科目とも、授業の最後のところで、何かひとこと言おうかなと。「専任教授としての授業は今日が最後。この日をあなたがたと迎えられ、今日のプレゼンテーション(2年生は、生活指導の実践記録の読み取り発表)に立ち会えたことをとても嬉しく思います。ずっとこの日の、このひとこまは、忘れられないでしょう」なんて言うと、自分で少しウルウルしてしまうかもしれませんね。いい年をしてみっともないけど、そういう生地の姿を、ちらりと見せてしまうのも、教育。

ま、そういうのも人生っていうことで・・・・。

       ――――――――――――――――

 中央アジア・大峡谷での暮らしが示唆していること (19.1.13.)

1月12日土曜日、NHKBSプレミアムで「シルクロード 謎の民 大峡谷に生きる」を放映しました。
中央アジア、タジキスタンにある3000m級の大峡谷で暮らす、少数民族ヤグノブ人の家族を、NHK取材班が半年近く、入り込んで取材・撮影をしたものです。
峡谷の一番奥のクルという集落。
電気もなく、現金の必要性はなく、ヒツジとヤギの放牧を主として暮らす生活。カメラは、春から雪が積もりだした冬までをていねいに撮っていた(その撮影努力には、敬服した)。

その家族は、夫婦と、同居する子どもたちが長女と6歳の男児を含む5人(新生児を含む。)、そして都会(タジキスタンの首都)の親戚に居留して進学校に通う長男・次男と合わせると計7人。

まず、自給の生産労働をベースとする生活の原点がここにはある。自給自足であるが、祖父の代から開墾してきた畑地にネギ類を栽培し、ヤギの乳でチーズ類やミルクをつくり、小麦をこねてつくったパンを土かまどで焼いて、これらが日常の主食になる。

一日の仕事は、100頭を飼っているというヒツジ・ヤギの放牧と管理。姉は家事を手伝うので、牧畜の手伝いは、6歳の男児に頼むことになる。父親は、負担にならないように気を付けながらも、将来も考えて必要な段取りや道具の使い方などを教えていく。

家の近くに広がる草原に出ると、羊やヤギたちは勝手に動いて、それを集めながらうまく誘導するのが大変。男児も苦労していたが、父親は、要所では事故のないように指示を出すが、ほとんど見守って、経験で学ばせるようにしていた。

家の壁は石と土を合成して造られ、中は、家族が集まる居間、子ども部屋、そして客間が設けられている。台所に当たるかまどがある。また、収納の倉庫もそばにある。

次に、教育を大事にした、子どもたちの将来への配慮。
羊を育てて街に出てそれを売り、その現金で、子どもたちの日用品やお菓子、冬場をしのぐだけの小麦などの食料、そして息子二人分の学費などを工面している。都会で1週間泊まり込んで羊を市場で売りさばいて、最後に日に、親戚にいる息子二人と会ってそれぞれに現金を渡して、「無駄遣いしないように、学用品に使って、しっかり勉強もして」と父親は声掛けをしていた。

息子たちは、夏休みの間は帰宅して、家の手伝いをする。
「帰宅」といっても、タクシーで入れる道の終点からさらに急な山道を3時間歩いてやっと家にたどり着ける。もちろん、息子たちが帰省する日は、父親が途中まで出迎え、二人と出会うと、それぞれに頬をすりよせて愛情を交わしていた。

その帰省の日は、途中で日が暮れてあたりは真っ暗闇。天空の星が頼りで、やっと家に着いた。母親が温かく息子二人を迎えていた。
父親の口癖は「何よりも家族が一番」である。そして、「子どもたちは自由に生きさせたい。そのためには応援をしていく」ということ。

野菜やミルクなどの自家生産を基礎にして必要な場合には集落での物々交換で暮らしながら、育児と養育、仕事の仕方の教育、そして将来の人生選択のための子どもたちの進学のサポート。

かれらの生活をずっと見てきて、養育がまず土台としてあって、そのうえで、自立していくために必要な知識・技・構えなどは、言葉できちんと伝える、つまり教育が展開していく。
それを支えるのは、父親なりの人生とはどうあるべきかの考え方。養育、教育、指導の関係がわかりやすい展開であったが、多くのシーン撮りからそうなったのかもしれないが、父親は子どもとよく対話している。カメラがあるせいもあるだろうが、6歳の男児にも穏やかな口調である。

夏休みに帰ってきたとき、次男が、弟に牧畜などの仕事の負担が増えているのを心配して、羊たちの数を減らしてはどうかと、父親に話した。かれらの社会では、父親が強いので、その父親に子どもが意見するなどはめったにあり得ないことらしいが、このとき、父親は物静かに聞き入っていた。

物質的には恵まれているわたしたちが案外見落としているか、当たり前すぎて鈍感になっている、「生活」の基本は何か、それを家族の共同、集落の協力でどう維持するかの生き方のドラマがそこにはある。

先ほどの手伝いをする男児も含めて、幼児の二人も、素直な感じで、これからの成長が楽しみである。

       ――――――――――――――――

 厳しい現実との向き合い方 (19.1.12.)

下記の私教連旗開きも、活気に満ちた雰囲気で、無事終わりました。以下は、感想。

ア)隣の席の横田委員長とも話したのですが、労働組合の「旗開き」なのに、なぜ、愛高教や名高教の執行委員長クラスが来賓でよばれていないのか、また私教連の委員長がそちらの「旗開き」に招かれないのか。これは長いことつづいている慣行らしいです。

一方では、県内の「高校教育研究集会」(通称、高校の県教研)は三組織が合同でやっています。そういう条件はすでにあるのに、です。

父母懇会長の立場もあるので、この辺で控えておきますが、どうもこのあたりに「70年代型組織運動」の名残というか、思い切った転換がなされていない課題がありそうです。

イ)横田委員長の「年頭あいさつ」も、ある私学の労働争議の「和解」で尽力された中谷弁護士発言でも、安倍政権のひどさ、改憲の野望とその危機を力説されました。その通りです。

が、下記の私の来賓「あいさつ」では、その政治課題やたたかいの緊迫感を出しておりません。この情勢で「手ぬるい」「認識が甘い」と見られるかもしれません(会場ではそういう声は頂いておりません)。

私は、あえて、情勢の厳しさを説く叱咤激励型の演説調を避けました。それが、「年を取った」せいなのかもしれません。いや、それよりは、こういう情勢下での闘い方の私なりのスタンスです。

積極的か消極的かの違いはありますが、いま憲法を改正する必要はない、と思っている国民は相対的に多い。ただ、それが改憲阻止の立ち上がりにはなりにくい雰囲気もある。その主体のおかれている状況(内面も含めて)への共感的なまなざしが、こういう情勢ではとても大事だと思っています。

ヘーゲルのいう「現実」つまり仮象の集合体と、「実体」つまり本来の真理追究の主体のすがたを、関連させつつ区別をしてみていかないと、「このような厳しい状況なのになぜ、あなた方は阻止の行動を起こそうとしないのか」と、なじるような論調になるのです(ものの言い方の柔らかさは、この場合どうでもいいことで、事がらの本質として)。

「仮象」の次元で意気盛んに立ち上がっても、何らかの利害が働けばすぐ萎えてしまう。ほんとうに立ち上がるべき主体は「実体」としての一人ひとり。矛盾を抱え、生き方にも迷いながら歩もうとしている。希望をつかみたいと思っている。もうどうにでもなれと、自虐性も少し出る時もある。これらのすべてが「実体」の真理であり、なおかつそれを変革する主体でもあることに、論理的には、大事な矛盾がある。

この矛盾がてこになって行動するときはじめて、立ち上がるべき人が立ち上がるという変革の主体としての登場になる。
そこを読みとりながら、政治課題の呼びかけや方針提起はしていかないと、「大事なことはわかる、いつも通りの情勢分析であることもわかる。では、それがこの私にとってどういう可能性を呼び起こしてくれるの? この私の変革はどのように開かれて行くの?」という「実体」のがわの矛盾の内的表明と結びつかない。つまり、ひとびとの心に突き刺さっていきにくい。

ここがいま一番問われている問題だと思います。

ウ)オープニングで、「そらいろプラネット」という男女二人組ユニットのミニライブがあり、三曲、聴きました。ピアノボーカルの北野里奈さんの声は透き通るようで、歌詞も自作の思いのこもったもので、とてもよかった。

コンサート案内チラシによると、里奈さんは石川県出身で、4歳からピアノを始め、数々の賞を受賞し、あの辻井伸行さんとも共演したらしい。「旗開き」が終わり、会場出口でCDを販売していたので、この若いユニットをこのつどいのライブで推薦した父母懇のひとから「会長ぜひ応援してあげて」と言われて、今日の曲も入っているCDを買いました。この二人をサポートし共作も取り組む、地元の森雫監督の映画作品DVDも、一緒に買いました。カンパだと思って。

エ)こうして、今年もいよいよ始まって、今後いろんな行事がまた続きます。笠寺からの帰りのJRで父母懇の方たちとも一緒でしたが、名古屋駅でさりげなく離れて降りて、独りで名古屋観光ホテル内の一階にあるメインバーに寄りました。「プエルト」。スペイン語で「港」を意味するそうです。

最近知ったバーボンで味わい深い「イーグル・レア」をオンザロックでいただいて、少しゆっくりしたい、と思ってグラスを傾けていたのですが、すぐ隣の男性二人が相当に酔っていて、わりと声高になんだか会社運営の話で盛り上がって、落ち着かないので、一杯目でやめて帰りました。すぐ横でタバコを吸っていたのも、一因。今日はこれはgood day じゃないな、とあっさりとチェックアウト。

本音は、ここの若手女性バーテンダーに、年の初めをテーマにしたカクテルを作ってもらいたかったのでしたが、そういうわけで雰囲気が合わないときは、サッと引くことにしています。

彼女のことは、同ホテルの「ニュース」(2017年11月1日付)で、「名古屋観光ホテル 北川育美がカクテルコンペティションにて部門優勝 受賞カクテル『和 roma Trip〜四季折々の便り〜』」(後略)と紹介されています。それは、「2 年に 1 度開催され、全国 12 支部の予選を通過した 29 歳以下の HBA 会員バーテンダーが創作カクテルの腕を競う」コンペティションだそうです。

私は、昨年の春に偶然、そのバーでそのことを知り、新作の「桜」を作ってもらい、とてもいい味でよかったので、夏には「涼しさ」で、年末にも寄って「すぎゆく年」で、それぞれ作ってもらいました。ベースの工夫、色合いの出し方、季節感、どれも繊細な感覚でよくできています。
彼女のカクテルの中で使われたバーボンが「イーグル・レア」だったのです。

これはアメリカ・ケンタッキーの産で、「アメリカの国鳥である『鷲(イーグル)』と『稀な・特別な』という意味の『RARE(レア)』を商品名に冠したバーボン」と紹介されています(https://liquor.b-smile.jp/products/detail.php?product_id=968)。

バーボンは、あのコーンの独特の香りがちょっと合わなくて、ずっとスコッチ派なのですが、この「イーグル・レア」だけは、違います。

国境の柵づくりにこだわり民主党を牽制するために政府機関まで一時閉鎖をするなどの権力乱用者・トランプ大統領に抗議して、アメリカ産バーボンはあえて拒否する、と強く出たいところですが、このバーボンに罪はありませんから(笑)。

       ――――――――――――――――

愛知私教連旗開き「あいさつ」(原稿) (19.1.9.)
2019年1月11日夜に、標記のつどいが、名古屋市内の会場で開かれ、愛知私学父母懇談会の役員関係者は招待されます。その会長として「あいさつ」をすることになっており、以下はその下原稿です。

 皆様、新年明けましておめでとうございます。
 本日は、私ども父母懇の役員関係者をお招きいただきましてまことにありがとうございます。愛知私教連におかれましては、この2019年を力強く歩みだし、輝かしい一年とされますことを切に願っております。

 元旦から二日にかけて読んだある本で知ったのですが、「なにせうぞ  一期は夢よ ただ狂へ」という言葉があります。16世紀の『閑吟集』(ものしずかに詩や歌を吟ずるの歌集)にある歌の一節です。「一期」は「一期一会」と同じ意味で「一生」のことです。

 この言葉について、作詞家・なかにし礼さん(80歳)は、二度のがんを乗り越えた深刻な体験を基にこう読み開いています。
「人生のあらゆる場面を現実だと思ってしまうと、その人は現実の跳躍力、現実的な思考力しか発揮できない。でも夢の世界だと思えば、いろいろな可能性を持って飛躍することができる」と。

 つまり、「現実にこもらず、夢を持て、そして夢中になれ」のメッセージがそこにはあります。父母懇流に言いますと、「一生は夢のごとし、ならば 夢を探してつながり 学び 輝こう」となります。

 このテーマを、若い感覚とスタイルで表してくれているのが、高校生フェスの生徒たちではないでしょうか。
 実際の社会も含めて高校生活の現実にはいろいろの不合理や矛盾もあるが、その枠の中にこもって内向きになるのではなく、壁があればそれはのりこえられる課題と受け止め、自分たちがやれることに挑戦していく。そのエネルギーこそ、私たちを感動させる源でしょう。

 その生徒たちを育てる私学の先生方にも、「一生は夢よ、おおいに学び たたかい 輝く」という生き方があるのではないか、と思っております。ぜひそれを今年も貫いていただきたいと思います。

 私が今担当している大学1年生対象の「教職論」の講義で、教師インタビューをし、その内容を各自がプレゼンテーションしました。私立高校出身のある学生は、聴き取りをした私立高校の先生から、「教職は、子どもの成長や夢の実現を、家族の次に近くでサポートすることができる最高の職業です、頑張ってください」と言葉を頂いたそうです。学生たちへのすばらしいメッセージです。教育実践者としての、お一人お一人の活動に、心から敬意を表します。

 父母でも教師でも、共通するものがあります。現実はこうだから仕方ないと、現実にただ従うだけの思考でいると、先が見えずについには自分を見失い、むなしくなる。自分に何ができるのかと後ろ向きになる。

 反対に、この現実は一体どうなっているんだ、何がこうさせているのかと、現実を問い、それを書き換える思考をひとたび身に付けると、見え方が大きく変わってきます。これが「大きな学力」の真髄です。

 自分の人生、つらいことも、揺れることも、そして喜びもある。その一生は夢の中にいるかの如く、広がりを持つ。ならば、問うべきを問い、学びたいことを学び、たたかうべきをたたかい、夢を追う。

 高校生たちが生み出している物語、それは、学費問題、平和や環境問題について自分もその「問うべき問い」に参加することで、変わらないと思った現実を超え出る変革に参加する自分を知った、というものです。こういう物語がフェスの多くの高校生に生まれています。

 サマーセミナー、オータムフェスなどを支えてきている父母にも、素晴らしいドラマが生まれています。多くの父母は思春期・青年期のわが子と向き合いながら自分の人生の思秋期(秋を思う節目の段階)で頑張っています。わが子や家族、仲間、そして自分あるいは配偶者の親との出会い直し、さらに「誰もが公平に教育を受けられる」ためのこの愛知私学の運動との向き合い直し、そして自分自身とも出会い直しをしながら、新しい世界にチャレンジしています。

 この2019年、私教連の先生方と父母懇との共同をさらに大きく、深くつくりあげる年となりますことを願い、微力ながら私どもも努力することを表明して、ご挨拶といたします。ご清聴ありがとうございました。
 

       ――――――――――――――――

 閑話休題:いよいよ仕事始め (19.1.7.)

◇ 早いもので、松の内もこれでおわり、明日からは殆どの学校がスタート。私も、教職科目があと講義二回分、あります。
新春恒例の前進座京都公演の鑑賞は今年は見送り。その理由は、公演の会場が改修完成後の京都南座ではなく、京都劇場であること、その演目は前に国立小劇場で鑑賞したものであることからです。

それでも気分一新で、下賀茂神社に初もうでらしく出かけ、おみくじも引いて、門前の賀茂みたらし屋のみたらし団子を買って、そしていつもの町屋のお店によって帰りました。5日が新年の始めだったんですが、常連さんはみな考えることが同じで、年に何回かお会いする呑み仲間の方々の内、三人がその日の夜、店に来ていまして、これまた新春から盛り上がりました。
◇ 賀状もいろいろの方々から頂きました。私は律儀なほうなので、年内にほとんどの方には出しますが、そうでなかった方にもすべて賀状として送りました。

他方、前任校の助教授時代に非常勤で担当した福祉系の私立大N大の卒業生からは、10数名のゼミ生の全員ではないけど数名からいまだに、賀状が来ます。ある福祉系の施設のセンター長ですとか、教職大学院を修了していま校内でも要職に就きましたとか、いままで子育て中だったが、いまは小学校に勤めているとか、みなさんそれぞれに人生を充実して頑張っておられます。

中には、私が賀状に、昨秋『対話的・・・』を刊行したことを書いていたのを見たからでしょう、「今も研究を続けておられる意欲の源は何なのでしょう」とありました。 多分、その前に「七十歳になった今も」と枕詞が入るのでしょう(笑)。

これはこれで、シャープな問いかけです。
ご当人がこのHPを見てくれているかどうかは定かではないのですが、あえて答えましょう。「なぜ研究するのか」、その答えが見つからないからどうにか研究を続けられている、です。禅問答のようですが、素直な実感です。

古希だから、高齢だから、逆に若いから、はあまり関係ありません。何か高い理想があるのではなく、とてもシンプルです。つまり、もっと知りたい、なぜなのかを自分なりに明らかにしたい。その思いです。
◇ たぶん、自分史のルーツを遡ると、少年期にどうもその原点らしき経験がありそうです。まだテレビが普及し始めの頃でしたが、私は、小学生の高学年の頃からゲルマニューム鉱石ラジオを組み立てるのに夢中で、前にもこのHPでも書きましたが、初めての鉱石ラジオで聞いたのが、有島武郎の「一房の葡萄」だったのです。

また、不要になった木片を組み合わせたり、つないだりして、バスやトラック風の木製の車を自作したり、ちょとした廉価な目覚まし時計が止まると自分で分解したりするなど、いわば物の仕組みを見たり、自分で解体してそのありさまを自分で観察して手を加えたりするのが好きでした。いわゆる「凝る」タイプ。

話がそれましたが、そのあたりにどうも素地がありそうで、それはいまも、「なぜ」「どうなっている」と知りたい探索活動になっている面があります。

ただ、それはそう特別なことではなく、割と男子に多い、自分で調べてわかって自分で掌握したい、という知的欲求の現れでしょう。ただ事が、情勢の解読とか、教育政策の吟味検討となると、一筋縄ではいかない複雑さと奥行きの深さがありますから、「もうちょっと、さらに」とのめり込んでいきやすいのかもしれません。

ヘーゲル哲学に関しては、私に独特のものがあるでしょうね。特にヘーゲルには、私にとっての人生の助言者としてたえずそばに居てもらっていますから。

       ――――――――――――――――

 ヨハン・シュトラウスの曲で明るく、ニューイヤー・コンサート (19.1.5.)
1月4日の午後、名古屋市栄にある「宗次(むねつぐ)ホール」で、小編成の楽団によるコンサートが開かれ、連れ合いと参加しました。
小楽団は、矢口 十詩子(ヴァイオリン)、井上 絹代(ヴァイオリン)、石橋 直子(ヴィオラ)、幸田 有哉(チェロ)、井上 京(クラリネット)、古橋 由基夫(コントラバス)の各氏です。

その名は「名古屋ヴィルトゥオーゼン」で、ウィーンの同名の楽団の名古屋版、という意味です。宗次ホールのサイトによれば、「名古屋フィルハーモニー交響楽団の奏者を中心に 2004 年に結成。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のトップ奏者で結成されたアンサンブル『ウィーン・ヴィルトゥオーゼン』より名前を貰い、様々な編成の室内楽に取り組んでいる」。
「ヴィルトゥオーゼン virtuosen」 とは、イタリア語に由来する virtuoso「芸術の名手」(複数形)です。

曲目は全部で10曲で、J. シュトラウスU:ワルツ「芸術家の生涯」や、ドヴォルザーク:スラヴ舞曲、そしてポルカなどでした。ヨハン・シュトラウス二世の楽曲は全体として明るく、進行役の井上氏も言っていましたが「エレガント」で、新年の演奏曲にはふさわしい。しかも、名フィルのオーボエ担当の男性が特別出演で、おもちゃの(?)鉄琴を奏したり、列車が主題の局では駅長姿で登場して笛を吹いたりして、おもしろい演出もありました。

アンコール曲では、定番の「ラデツキー行進曲」(ヨハン・シュトラウスの父の作曲)が演奏され、会場も手拍子を入れて大いに盛り上がりました。

新年の演奏会を記念して、サーヴィスで「アサヒビール」がふるまわれ、出口で券と引き換えてもらって帰りました。そのためかどうか、会場は満席でしたが中でも高齢の男性がグループで来ているのが目立ちました。

       ――――――――――――――――

 今年を、一人ひとりが希望の持てる年に(その5) (19.1.4.)

小林玖仁男『死ぬなら、京都がいちばんいい』幻冬舎新書(2018年5月刊)も、余命何年と宣告された著者による、「死」までの時間をどう過ごすかを主題とする本です。下段の、なかにし礼さんの著書と重なる面が多々有ります。
私も、偏ってはいますが(笑)、京都ファンの一人なので、その題名に惹かれてこの本を読んでみました。

著者は、埼玉の懐石料理屋の主人として腕を振るってきた人で、いま、65歳。2014年に「間質性肺炎」を患い、いまは携帯用酸素ボンベからチューブを引き出し鼻にさして生活をされている。
その著者が、「終の棲家は京都にしたら」という友人の言葉に触発され、離婚後で独身であったこともあり、店は譲って、一切を整理して京都の聚楽第跡のあたりに2LDKの部屋を借りて、移り住んだとのこと。

この本は、そこまで実行に移す京都への思い入れのこもった著者が、実際に「京都人」となって体験したこと、やりたいと思ってやったことなどをもとにエッセイ風に書いています。

内容は、京都という街のコミュニティ文化(「都市としてのしての成熟」と著者はいう。)、その歴史性、芸術、食、そして「勝ち組」の都市としての主張(これも著者の言い方)などをキーワードにして、埼玉から京都に暮らしを完全に移した人の目線から書いています。

たとえば、東京から親しい人を自分の部屋に招いて、一緒に錦市場に出かけ、その日の食材を買い求めて、そして自宅で小林さんが料理を作るのだそうです。料理人だからこそできるのですね。

著者は「明るく元気で暮らす三か条」として、「気力」「胆力」「技術力」を挙げています。前二つは、逆境に立っても立ち向かう意識・精神力です。三つめは、著者の場合には、特有の酸素ボンベの使い方です(以上は、47頁より)。

全体を通読して、とても前向きで、携帯用酸素ボンベなしには暮らしていけない人の執筆とは思えないほど。半面では、それだけ、現役のころからたくさんの友人・知人を得て、そうした方々の人脈に支えられて京都での暮らしもスムースに行っているのです。
いざという時には友人のカメラマンに鍵を預けてあるし、知人の息子さんたち、同志社大の学生さんが定期的に部屋の掃除に来てくれるそうです。

こういうまったくのギアチェンジはなかなか誰でもできるというものではありませんが、その意気込みには学ぶものがあります。

冒頭で、下段の、なかにしさんの著書と重なる面が多々あると書きましたが、それをひとことで表せば、死の恐さや苦しみを回避できる、「死ぬまで、やること、やりたいことを見つけましょう」という生き方で、古人がうたった「一期は夢、ただ狂へ」のまさに現代版のような生き方ということでしょう。

面白く、一気にこの本を読みましたが、では、私が触発されて「京都暮らし」へと傾くかというと、それはちょっと・・・・・。
読後いろいろと考えてみて、私には、小林氏とは逆の発想があるなと気づきました。名古屋にいて新幹線に乗れば35分で京都に着くという環境も影響しているでしょうが、私のスタンスは、京都は時間が取れればそのつど出かけてそれをその時の気分に応じて迎えてくれる街、それが私の「京都」なのだ、ということです。

飲み仲間と町屋の店で語り込み、時間を惜しみながら最終列車で名古屋に戻ることも。前には、このままこの街に暮らしていればこんな思いはないかもしれないと、ちらりと思ったこともありましたが(若気の至りで:笑)、いまは、その「足らざるを感得する」ことこそが、素敵な街を大事にしていくコツなのではないかと思うようになりました。

小林さんは、京都に住み着いて、上記のように不自由ですからいつもで外を歩くわけではないが、観てみよう、食べてみよう、訪ねてみよう、人とつながってみよう、で「やりたいこと」をとにかく大事にされている。そして、充実の日々を生きておられる。素晴らしいことです。

しかし、私は、まだまだ知らない京都がある、そのことをむしろ大事にしたいのです。
住んで暮らせば、お寺も何度も行くし、名だたるお店にも通うし、今までは年に数回の友人たちとの飲み会も回数は増えるし、いろいろと満喫するでしょう。
しかし、はっきりと失うものがある、とわかります。それは、「京都を思う心」です。

よく「知足」、つまり「足るを知る」を言いますが、その真意は、「足らざるを知る」ことなのです。「足らざる」「及ばざる」「わが手に得ざる」ものがあることの中に、出会いがあり、食するものや場があり、銘酒があり、語らいがある。

その「足らざるもの」を補うのは、私のイマジネーション。勝手に夢見ているだけでしょう。
しかし、そこにも「一期は夢、ただ狂へ」の思想が息づいていると思います。

******************************

なかにし礼『がんに生きる』を読んで:今年を、一人ひとりが希望の持てる年に(その4) (19.1.1.)

標題の本は、12月3日付、小学館から刊行されたものです。著者は、あの作詞家・なかにし礼(本名:中西禮三(れいぞう))。
著者はいま80歳。私より10歳年上であり、がん闘病の経験があることと、歌謡曲の面でも前から作詞家・なかにし礼の歌詞には興味・関心があったことから、元旦にふらりと入った書店で見つけて買って、読みました。

一言でいえば、この本は、著者自身が二度のがんを患い、その苦しみや不安を乗り越えてきた体験を基に、《がんは治る病気であり、「切らない治し方がある」うえに、がんによって改めて自分の命・人生と出会い直し学ぶことができ、成長できる》ということを詳しく体験的に述べたものです。

では、よくある闘病記かといえばそうではなく、「病」と「死」と「生」に向き合い、著者の満州での生まれから戦後日本に戻ってきてからの少年時代の「いじめ」被害体験、石原裕次郎との出会いがきっかけで作曲家の道を歩みだしたこと、ヒット曲の歌詞に込めたこと、そして満州時代の生死をさまよった過酷な体験からくる反戦の思い、などをつづったものです。

その全体を流れるのは、「一期(いちご)は夢よ、ただ狂え」(著者によれば、16世紀の『閑吟集』にある歌の一節。)の思想です。つまり、「人生のあらゆる場面を現実だと思ってしまうと、その人は現実の跳躍力、現実的な思考力しか発揮できない。でも夢の世界だと思えば、いろいろな可能性を持って飛躍することができる」(139頁)。

著者は、この言葉の「ただ狂え」が大事だと言います。つまり、真の人生に目覚め、これまではできないと思えたことをやってみる。それがこの文脈での「狂う」の意味です。ちなみに、語義でも、「狂う」には「理性を失うほど夢中になる」の意味があります。

同書によれば、我が国では、がんといえば7割は「切除」だそうですが、逆に外国では「7割」が「切除しない」そうです。著者はもともと知的にも活発な人ですから、いろいろと自分でも調べて、医師の「切除」を進める話を断ってでも、別の医師の意見を聴いたりして、陽子線治療と緩和ケアの病棟での抗がん剤治療を受けたわけです。その辺の詳しい経過は、ここでは割愛します。

意外だったのは、なかにしさんはいつも自分を「よそ者」と感じてきたらしく、その背景には、戦時下の日本植民地、旧満州国で生まれ育ち、苦難の末に日本に戻ってきた経緯があるようです。父の実家の小樽にいったん住み着くが、兄が手を出したニシン漁で大きく散財して、母の実家のある青森に身を寄せた。ところが、「よそ者」扱いをされ、小学校から中学校までいじめられ、その後東京に転居してからは、比較的自分を出せるようになった。

「いじめ」の原因は「満州帰り」でした。その背景は、敗戦が決まった時、日本政府が満州国に暮らす日本人全員に「満州国建設は失敗した。よって居留民は帰ってくるな。現地で自活せよ」との通達を出したことがあったようです。

これはまさに「福島原発避難者いじめ」と同じ構図ではないでしょうか。なかにしさんも同書にそのことにふれています。

書名は「がんを生きる」ではなく「がんに生きる」。これは、同書を読み終えてみて、「がんに生かされる」「がんによって人はこうも成長できる」のニュアンスを込めた書名です。

底流にあるのは「死」の危機なのに、全体としてとても前向きな書きぶりで、作詞家・小説家としても評価の高いなかにしさんですから、文章は読みやすく、こちらの心に届く言葉の選び方がうまい。なかにしさんの小説も読んだことがなく、これが初めての本(エッセイ)ですが、10歳若い私には、いい指南書となりました。

ちなみに、なかにし礼作詩の楽曲(ヒット曲)としては、「まつり」「北酒場」「石狩挽歌」などがありますが、それぞれの歌詞フレーズには、本書にのべられているなかにしさんの人生の歩みから湧いてくる言葉が刻まれていることがわかります。

その1つが、石原裕次郎さんが(周りは伏せているのに)がんを察知して、なかにしさんに作詩を頼んだことで生まれた作品で、裕次郎さん最後の曲とされる「わが人生に悔いなし」です。

また、昨年末の紅白でも五木ひろしが歌った「VIVA・LA・VIDA!〜生きてるっていいね」もなかにし礼の作詩です。陽子線治療で「がんは消えました」と医師から告げられ、退院した時に、メキシコの画家、フリーダ・カーロ「ヴィヴァ・ラ・ヴィーダ」という絵を思い出したことを、なかにしさんは同書で書いています(83頁以下)。それは「人生万歳」の意味です。
その時の自身の感動を込めて、この楽曲をつくったのでしょう、ただそこまではこの本には出ていませんが。

菅原洋一が歌う名曲「風の盆」も、なかにし礼作詩で、私の好きな曲であり、カラオケの1曲です。

******************************

今年を、一人ひとりが希望の持てる年に(その3:自己肯定感について) (19.1.1.)

(一)

昨年末のある日、時間が取れたので近所の本屋をのぞいてみました。あるコーナーでは平積みの本のいくつかがタイトルに「自己肯定感」を使っており、近年の世相を表しています。

それは、高垣忠一郎さんが同じ用語で表す意味内容とはかなり違っているようですが、ここではその検討が目的ではなく「自己肯定」という言葉に人々の期待が集まり、その裏で、一人ひとりの存在感ないしは自分がここにいることの意味の確認を求めていることを見ていくべきだと思います。

私は、前から拙論では断ってのべているのですが、「自己肯定」は「自分」だけでは実現されないのです。そこをしっかりと認識して、子どもでも大人でも、働きかける際の留意点にしないと、「自己肯定感を持ちなさい」と言われる当人にとっては負担になったり、かえって「自己肯定」に縛られてますます「自分はこのままでいいのか」と「自己肯定のできない(しづらい)」状態がおきる、という決してブラックジョークではない、あきらかな矛盾が生じています。

(二)

そのヒントになったのは、不登校の問題に関わり出して、長崎県内のある若者の手記を読んだ時です。

中学までは順調に来たAさん(男性、手記の当時、19歳)が、公立高校受験で失敗して専門学校に入ったところ、全寮制であったこともあり同じ部屋のものなどからいじめられ、ついに居づらくなって中退した。

その彼は、「なんで自分はこんなことになったのか。専門学校に入らなければよかったのに」と悔み、その自分を忘れようと旅に出たり(九州方面)、なんとか環境を変えようとするが、彼が書いている言葉によれば、どこへ行っても「なぜおまえは」と自分を責める(もう一人の)自分がいるのを知ってしまう。

ある時彼は気づきます。結局、人前では、中退したことなどなんでもないと、「自己肯定感」を持つ自分を一生懸命演じていたのではないか、それで苦しいのではないか。「自己肯定感なんてくそくらえだ!」と、彼はその手記の中で叫んでいます。

(三)

よく「あなたはいまのあなたのままでいいよ」と言ってあげることがその人の「自己肯定感」を引き出すことになる、と言われます。本当にそうでしょうか。

例えば、藤沢で少年サッカー・チームでがんばる孫(いま、小5、春から6年)を見ていても(時々会うときにいろいろサッカーのことなどおしゃべりをして)、すでに自分の中でいまの自分の技やポジションの役割などを自問自答しながら今の状態を何とか変えよう(よくしよう)としています。

そういうとき、私が「いいよ、いまのSくんのままで大丈夫」と声掛けをすることは、彼なりの現状からの脱却、小さな自己変革に水を差しかねない。つまり、君はそこまでして変わるほどではないよ、このままでいいよ、と彼の成長に外から評価を下すことになりかねない。少なくとも彼にはそう聞こえる可能性があります。

これは一例ですから、一般化はできませんが、私は、以前から「いまのあなたでいいよ」式の、「自己肯定感」を引き出すやり方とされる子育て・教育ないしは支援には、疑問を持っています。

なぜなら、そこには、当人にしてみれば「ぼく(わたし)は悩んではいない・迷ってはいない姿をみせなくてはいけないのか」と、自己肯定の姿を周りの人(他者)に見せようとかえって自分を偽ってしまうのではないでしょうか。

(四)

人は誰でも何らかの矛盾を抱える存在です。それは小さなことから大きなことまで様々ですが、この矛盾態としての個人をよく知って、その個人にどう寄り添うかが問題の本質なのです。

だから、上記のSくんなら「そうか、もっとうまくなりたいと思ってそうやって自分でもいろいろと練習しているんだ。すごいね」と言ってあげることが、彼の成長ベクトルに沿った肯定的な働きかけになるでしょう。

(五)

では、いろいろの背景があって、学校に行かず、家にこもりがちなお子さんにはどう関わればいいのでしょうか。

1つには「このまま学校を休み続けると勉強が遅れるよ。頑張って行かなくては」は、当人が、「(休んでいる自分は)これでいいのだろうか」と自問しているのをあおるので、これは禁物です。

2つめに、「何かわたし(母または父のこと)にできることある? 何でも言って。どこか旅行にでも行きたい?」などと、当人に何か刺激のあることを与えようとあれこれ口出しするのも、気力が弱まっていてやる気がおきない当人にはつらいのです。

私事ながら、拙著『そばにいる他者(ひと)を信じて子は生きる』(ほっとブックス新栄)の中で、大学教員時代に過剰な負荷からダウンして心身症になったときのことを綴っておりますが、その時の体験でも、横になっている時に見舞いで訪問してくれた友人からあれこれ励ましや「無理するな、大丈夫」と言われたことが精神的負担になった経験があります。

癌を患って入院した患者さんの中には、(もともと自分のそういう所に来てくれなくていいと思っているから)親しい友人がベッドのそばで「何かできることはない? 遠慮せず何でも言って」などと言われることがとてもつらい・しんどい、と話しているそうです。

3つめに、引きこもりがちの子どもは、「ひきこもっていていい」と思ってそうしているのではなく、そうするしかないからそうしている・そうあらざるをえない当人の現実を抱えているからそうしているのです。しかし、それは当人の本来の姿ではない。その答えがほしいのです。

ここをきちんと見てあげないで「いまのあなたのままでいいよ」と、癒しあるいは励ましのつもりで言葉をかけることは、当人にとっては苦痛になりかねません。

そういうまなざしで自分が見られること、それを一番気にかけているからです。

(六)

では、どうあればいいのか。

私は当人なりに答えを探しているその姿こそ、当人が懸命に「生きる意味」を学び直しているそのための時間だと受け止めてあげて、見守る。あるいは、その姿への共感から、「何かあればいつでも言ってね。ちゃんと聞きますからね」と言ってあげる。この関係性こそ、当人が欲しているほんとうの「自己肯定感」を生み出す対応なのだと思います。

自己肯定感は他者の言葉によって与えられるというよりは、自分で自分に出会い直す体験の中でそれをつかむ、あるいは見つけるものなのです。「自己肯定」という場合の「肯定」する主体は、当人です。それを他者が「肯定」の主体になっては、どこかに「肯定させてあげよう」的な外からの操作が関与します。上記の19歳のAさんの反発もそこから来ています

そうではなく、「肯定できる主体」に少しでも変わっていけるような環境・関係性をどうつくるのか。ここが子育て・教育の一番大事な部分なのです。

であれば、その出会い直しを見守るなり、心から共感してくれるなり、そういう意味の信頼できる関係性をもっとも必要としているのです。

******************************

今年を、一人ひとりが希望の持てる年に(その2) (19.1.1.)

元日のNHKラジオ第一の討論番組、「『平成』から新時代へ〜グローバル経済と民主主義の未来」で、「グローバル化」とは(マネーゲームが経済を支配する)アメリカ金融資本主義に適応してこれを「新自由主義」と礼賛する流れだと、寺島実郎氏は指摘しました。

日本のように、誠実に製品をつくり、これを市場に出して評価を得て安定収入につなげるタイプの従来型の資本主義的な生産・流通・販売の考え方が、国際的な資本主義の変化の下で揺さぶられてきているのではないか。

同じく寺島氏によると、アップル社の共同設立者の一人、スティーブ・ジョブズは、これまでの電話・テレビ・コンピューターによる交信の概念それ自体を組み替え、音楽事業に参入した後の2007年にiPhoneという携帯コンピューター兼電話機を製品化して、スマートホンの概念が一変しました。

寺島氏によると、バブル崩壊後の脱却の過程で日本企業からはそうした根本的な概念の転換、知の働きが弱かった。そのため、一挙にスマホの製造開発に流れていく中で一歩遅れを取った。その影響はこの30年間を通じてなおも今、日本経済に残っている。

その「グローバリズム」を先頭に立って突き進んできたアメリカに、トランプという「アメリカ・ファースト」を主張するリーダーが現れ、「アメリカはグローバル化の道を取らない」と国際的な場で宣言する事態にまでなった。

その意味で世界は、おおきな「否定」から「創造」への状況に至っています。

しかし、民衆や主権者にとって「否定の否定」=真の肯定へと向かうかどうかは未定で、自国経済第一主義を言えば言うほど、進めれば進めるほど、国内的には大きな経済的文化的格差や弱者・異者の排除が起きるという矛盾が起きています。ここを見据えて改革に取り組む必要が出ています。

******************************

今年を、一人ひとりが希望の持てる年に (19.1.1.)

皆様、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

「平成最後の〇〇」といった表現があちらこちらで言われておりますが、「平成」になったから、ではなく1990年前後から歴代の内閣の主導のもとに市場原理優先の新自由主義政策が取り入れられてから、社会は大きく変わりました。「郵政改革」に象徴される小泉政権後もその路線は拡張されて今日に至っています。

この間、大都市ではビル群が増え、大型商業施設が中心部に生まれ、繁栄の一途であったかに見えますが、それだけ都市と地方の格差、どの地域でも富裕層と貧困層の格差が広がり、社会全体では階級・階層的な差異がはっきりしてきている面があります。

「昭和」の時代は、日本がまだ福祉国家型に類する国内政治を取ってきたので、「自由競争」社会だとは言っても雇用・医療・福祉・保育・教育などの面で今ほどの大きな開きは起こり得なかった。

それが「グローバル化」の名のもとに、国際競争に勝てるべく国内の資本力を強化するために、各企業体は能力や競争力で人材をセレクトし、労働の質に重点を置いてこれを強化してきました。

そのため、以前のような、弾力的な就労条件ではなくなり、若い世代や中年世代で、正規採用と非正規との大きな差、フリーターと称される非正規雇用・不安定就労が増えました。

国全体の労働者の賃金格差が広がり購買力が落ちれば、巡りめぐって国の総生産力にも響き、日本の製品や原材料の海外輸出にも影響して、国全体として見れば財政がひっ迫し、その結果、上記の「新自由主義政策」への転換で、「小さな政府」、つまり社会保障等への公費支出を減らし抑制して、各家計の自助努力にゆだねる方向に転じたのです。

その裏には、努力して能力を獲得しその能力の発揮で一定の収益と地位を得たのに、その立場のものによる公費収入がなぜ均等になるように他の階層の者にまで適用されるのか、とする「自助努力」にみあう再配分、つまり「自己責任」説を生み、これが「自己教育」という教育の文脈にまで浸透して、30年を経た現在、もう当たり前のようになりました。

この間、「情報化社会」「知識社会」といわれる、インターネットの急速な普及やIT関連機器の普及によって、人々のコミュニケーションの手段と形式も変化してきました。手紙や電話による意思疎通よりはメールという送信・受診のツールでの情報伝達型に変わってきています。必要な情報が送り手と受け手で共有されれば目的は達せられるので、双方の感情の機微のやりとりや受け止めなどはそぎ落とされて行きます。

他方、「自己責任」社会は、この巨大な市場において自分の能力から行動・態度などがどう評価されるかという市場評価型の個人関係を生みますから、それだけ、学校教育での競争も露骨になります。

「わかりあう」「たすけあう」などの社会的関係が瞬く間に解体され、それでも子どもたちは、仲間関係から断たれないよう・切られないように自分を適応させようとある種の「擬装」的な振舞いをしながら自分をもまらざるを得ない。

その心理的負荷や他者の見えない不安定さ、自分を開放して他者とつながることの少ない(安心して他者の自己を開示できない)内閉的な状態からくるストレスなどが総合的に影響して「いじめ」問題も「不登校」もこの30年で増えてきました。

「昭和」だからどうで「平成」になってどうこうだ…、という見方も間違いではないですが、大事なのは、わたしたちの生活の基盤となる仕組みがこの30年の間に、どういう状態からどういう状態に向かって変化してきたか、それは国民主権と平等などの民主主義をより豊かに徹底する方向であるのか、それともそれを壊し、個々バラバラな関係を広げておいて強力な権力者がそれを束ねる社会への方向であるのか、そこを見極めることです。

2019年、私は、本気で民主主義の再学習を家庭・学校・地域・職場等で本気でやることでしか日本は立ち直れなくなってきていると見ています。

そのことを踏まえつつ、希望の持てる年にしたいものです。

       ――――――――――――――――

 常設 2019 アップ情報一覧

 最近のメッセージ 保存  


 生活指導研究の新展開  


 生活指導・教育臨床  


 いじめを考える  


 新刊 わたしの書評  


 過去の論説 2005〜2015  


 折出健二 生活指導研究の仕事  


 折出健二のプロフィール