THANKS FOR YOUR COMING

Welcome

to Kenji's Home Page

ようこそ折出 健二(おりで けんじ)のホームページへ


◇◇ 2017 July NEWS ◆◆

最終更新日:2017年7月18日

******************

お忙しい中、このつたないHPにお立ち寄りいただき、誠にありがとうございます。

2017年も、子どもと教育、教師と学校、市民と政治、思想家と人生・社会論、そして作者の身辺出来事と小さな物語など、つれづれなるままにトピックを記事にしていくつもりです。もし、言い過ぎや事実誤認でお気づきでしたら、ご遠慮無く、ご教示ください。作者より。
このサイトの全てのページの文責及び著作権は、作成者・折出健二に帰属しております。無断の転用はご遠慮願います。
All Rights Reserved, Copyright (C) 2002, K.ORIDE
  

このレギュラー・ページ「TODAY'S MESSAGE」では、「最新の記事」から順に載せています。

レギュラー記事の以前のものは、このページの後半に掲載している「常設 2017」コーナーの「以前のメッセージ&情報」並びに「生活指導・教育臨床」「いじめを考える」「わたしの書評」「教育改革とわたしたちの研究・実践課題」にそれぞれテーマに応じて保存しております(2017.1.21.)。
このホームページについて、なにかご感想・お気づきやご質問・お問い合わせがありましたら、メールアドレス k-oride*uhe.ac.jp にどうぞ。*にはアットマークが入ります。



   
TODAY'S MESSAGE:Current Topics

 訃報 (17.7.18.)

日野原重明氏が、本日ご逝去されたとのこと。享年105歳。心よりご冥福をお祈り致します。

日野原氏も、下記の話題のつながりで申せば、自己自身と抱き合うことを上手に生かして、これまで生きてこられた方の一人ではないでしょうか。

 私学「サマーセミナー」に参加 (17.7.18.)

愛知私教連、父母懇、高校生実行委、アスクネットでつくるサマーセミナー実行委員会によるイベントが、7月14日〜17日まで同朋高校、同朋大学などを会場にして開かれました。

私は二日目の午前、同朋高校多目的ホールで行われた「大きな学力・波風体験」高校生弁論大会の審査員として、寺内実行委員長ほか3名の方と共に、聴き入りました。登壇者は15名(うち男性2名、女性13名)。運営進行は当会高校弁論部の生徒たち。

「弁論大会」ですから、観点別に採点し、その総計を基に最優秀1名、優秀4名までを選ぶのです。私は「それぞれに体験を語るのに採点して序列化する必要があるの?」と、主催者には話しましたが、最初からこういう形式を取ってきているようです。

一面では、あくまで弁論の発表にたいする評価と取ればいいのでしょうが、今後の課題ですね。

15名の発表はどれもリアルで、すばらしいものでした。審査員には予め発表原稿が届いているのですが、その原稿をそのまま読み上げる形の人、七分三分で原稿と聴衆を観ている人、予め練習したのでしょう、まったく原稿は見ないでしっかりと前を向いて語る人、それぞれに力が入っていました。

ほとんどの高校生がこれまでにも「高校生フェス」に参加し「実行委」「群舞」あるいは「案内係」活動などの体験を通して大きく成長した体験を語りました。

何人かは、自分で語る内に感極まって、しばらく沈黙したり、あるいは涙声になりながらもしっかりと最後まで発表しました。

登場した生徒たちのことを寺内義和氏はよく知っていて、ある「高校生フェス」のリーダーについては「鋼のようにしっかりしている」と高く評していましたが、その生徒さんが、学費問題に関わる切り口で語る内に、思わず涙してしまうシーンがありました。

これには、寺内氏をはじめこの生徒さんを知る皆さんが驚いていました。

私は全く知らない生徒さんなので、素直に聴き入りました。詳しくは避けますが、その論題のいちばん肝心なところ、つまり自分にとってどのような意味があるか、を語るところで感極まったのでした。

一種の純粋経験からくる感動ではないかと思います。外から押しつけられた価値観でもなく、借り物の意見でもなく、自分が、なまの自分の声として受け止めたこと、そのことを語ろうとしたときに、です。

それは文字通り、ピュアネスそのもので、壇上のその生徒を観ていて、そのひたむきさ、真剣さを素直に美しい姿だなと思いました。

実は同じことが大人の場面でもありました。同じ日の午後、「大人が語る『大きな学力・波風体験』」という会場に行きました。四人の母親が、子育てのこと、これまでにわが子の成長に伴う自身の葛藤や苦労を語りました。そのときも、感極まって、の場面がありました。

さらに、その発表を聴いての感想をフロアの方たちが順に語り出したときにも、特に、不登校で悩んでいる方、いまは学校に行き始めたがこの後どうなるかと心配している方など、率直な思いを語る中で、話者の声が止まりました。しばらく、みなさんじっと次の語り出しを待っていました。

これも、その話者自身の純粋経験との出会いが生み出す、輝きというか、新たに自分と出会い直しをした一瞬なのでしょう。

どの方も、わが子のことを叱るなり悪く言うことはないですし、「これからも信じたい」「あの子の成長を見守りたい」とおっしゃる、その時に感極まるのです。

それは、その子の伴走者であろうとしている自分を、自分が今・ここで、人前で語る中で承認した(承認できた)、そういう感動なのではないでしょうか。ですから、それは、悔しさや落胆の哀しみの涙はなく、自分で自分を抱きとめた、そういう感動の涙なのではないでしょうか。

俳人の金子兜太氏は、良い句は、対象と抱き合うときに生まれる、といいます。離れていてはダメだと。それを氏は「即物」と表しています。若い頃に読んだ西田幾多郎の『善の研究』の影響もあるようです。その説にヒントを得れば、伴走者であろうと日々心掛けながらそうなれない自分を責めている、その自己自身と丸ごと抱きあう。その瞬間に感動がわくのでしょう。

いまは人のことを語っているので、「即自」(文字通り、ありのままの自己に即する。)のほうがよりぴったりするでしょう。

私が長年関わってきた民間教育研究運動が、ともすれば「科学的に」「分析的に」あるいは「政策批判的に」という目線で理詰めで問題を抑えようとするうちにうしないかけているものが、この「サマーセミナー」にはあることを知りました。

       ――――――――――――――――

 ささやかなケア・テイキング(17.7.14.)

神戸のある私立学校でのいじめ事案の委員会は継続中です。そこへ、別件で、奈良県橿原市で起きた中学生女子の自死事件に絡んで、ある依頼があり、対応しました。

この事件はすでに第三者委の報告書も出ているものですが、遺族が同市長を相手に、訴訟を起こされ、その弁護団からこの事案の経過や問題のとらえ方について助言を求められたわけです。詳細は省きますが、弁護団のなかの複数の弁護士さんとお会いして、意見交換しました。

現職の頃より忙しいというか、ほぼ毎日、何かの用で出かけている感じで、このところピラティスのレッスンも延期しがち。

そのなかでも、私なりの休養というか、知的刺激を得るために、オフタイムの工夫をしています。
 1つは、ちょうどいま熱田神宮宝物館で、毎年神宮に奉納される刀剣と、特別出品の太刀や刀剣の展示が行われているので、名鉄神宮前で降りて、観に行ってきました。

奉納刀剣は、鍔を付け鞘に納める帯刀の形をとらないので、刀の柄(つか)の部分に穴が空いていません。実際に帯刀するための刀には、一箇所か二箇所穴が空いており、そこに特性の留め金で柄を固定します。

さすが各地の刀剣の鍛治師、研ぎ師が協力して仕上げたけに、工芸品としては一級品だと思います。刀のそり具合、刃にそって波打つ曇りのライン、さらに刀の峯にそって彫られた、そりと同じカーブのライン。そして、帽子といわれる剣先(あるいは切っ先)の見事な切り上げ方。

こういう技は、やはり日本の伝統的な刀剣技法の伝承でしょう。

さて、もう1つは、野村萬斎さん、河原崎國太郎さん、若村麻由美さんほかによる群読劇「子午線の祀り」を東京世田谷のシアターに観に行きます(夜の部を鑑賞)。木下順二作のあの名作です。

およそ10年前に前進座によるその群読劇を新宿の紀伊國屋劇場で観て、壇上でのまさに俳優たちの見事な群読に圧倒され、とりこになりました。

これは、ご存じのように、源平合戦の物語です。海上戦に強い平家が壇ノ浦で(戦船による海上戦にはあまり経験がない)源氏を追いつめ、勝ちは見えたりと思いきや、急に潮の流れが変わり、形勢は逆転。平家の戦船は次々と源氏に撃たれ、没していくのでした。

平家の知将、平知盛(嵐圭史さん)は、もはやこれまでと観念して「観るべきものは観たり!」と叫んで、みずから海へ。私はこのシーンが焼き付いて離れませんでした。

兄、宗盛に変わって軍団の指揮を執ることとなった知盛の緊張と葛藤、そして覚悟。一ノ谷合戦で義経の奇襲にあって、やむを得ず海上戦へ。はじめて武将としての自分に不安をいだき始める知盛。
 そうした、現代のリーダーにも通じるあらゆる要素を表現しながら、子午線のために潮流が逆になり、形勢不利となるという、人間では抗い難い自然の摂理によって、運命が決まる。それでもなお、その運命にただ負けるのではなく、最期までおのれの生き様を貫く。それが、上記の知盛の言葉です。

それを野村萬斎さんが演じるのです。どんな風に、知盛の武将らしい堂々とした姿と内面の葛藤を演じるのか、とても楽しみです。

       ――――――――――――――――

 約20年ぶりの再会:タイ人指導生と (17.7.7.)

前任校の教授時代に、国費留学教員研修制度をつかって愛知に来たタイ人の女性、Uさん(当時、タイの文部省職員)はその後、一転して、司法の勉強をして現在判事としてタイ中部の市で活躍しています。

このたび、タイ政府からの派遣で、裁判官30名が研修で東京に来て7月3日から8日まで滞在するので、先日、わたしのほうから東京に出向いて久しぶりに再会しました。

スケジュールが詰まっていて彼女のほうからは動けないので、5日なら浅草見物の後、夕方以降個人行動が取れるというのでそれに合わせて宿泊先の東京プリンスホテルロビーで会いました。いま50ウン歳という彼女は、いくぶん年齢の様子は出ていますが、印象は変わっていなくて元気でした。ロビーですぐわかりました。彼女からも「せんせい、まったく変わっていない」と言われると、お世辞とわかってもやはりうれしいもの。

そのホテルの1階にある和食「清水」で、ディナーを兼ねた定食を摂りました。彼女は牛肉が苦手というので魚定食風のもので。私だけが小さなビールと、冷酒をグラスに少し。彼女はグリーンティー。

日本語はまだ覚えていて、日本語・英語の織り交ぜた会話で話が弾んで、約3時間、そのテーブルで楽しいひとときを過ごしました。そのホテルは東京タワーのすぐそば(南側)にあり、部屋からもタワーがすぐ前に見える、と言います。彼女曰わく、「私と同じ年だから、タワーが大好き」と。

タイからのお土産もたくさん頂きました。スカイツリーにも昇ったそうで、金メッキの豪華なキーホルダーもそのお土産に。私からは、名古屋丸善で選んだのですが、前に判事としてのオフィスの画像を送ってくれていたので、桜の皮でまいたペン立てと、蒔絵風の携帯ミラーを贈りました。

前任校の研修修了後に数年してアフターフォローで短期研修で再び来たのでしたが、今度は判事の勉強を志していた、東京に行って最高裁判所などを見たい、というので案内し、銀座も同行して、本が見たいというので教文館にも案内した。それを今も良く覚えていたので、食事後に、じゃもう一度、とそこからタクシーで銀座に出向き、夜の銀座のネオン街をぶらりと歩いてきました。

私のジャンルからすると、並木通りなどに入ってしゃれたバーに、と行きたいところですが、全く飲めない彼女には気の毒なので止めました。

ホテルに戻ると、タワーのライトアップがきれい、というので、ホテルの北口通路から出るとすぐ目の前にそびえ立っているではありませんか。タワーをまじかに観るのは、高校の修学旅行以来ですし、ライトアップされたこれは初めて。いい機会になりました。

その翌日はつくばのJAXAなど見学があるようです。

私は、一泊した後、久しぶりに銀座に出て、紳士服専門店のMOTOKIに寄ってみたりした後に、銀座通りにある蕎麦屋「松玄 凜」という店で、その「凜そば」を頂きました。更科の打ち方ですが、コシがしっかりしていて、とても美味でした。

というわけで、再会の旅は終わりました。お昼の銀座の街をすこし外の目でみてしまったのでしたが、大勢の人びとが行き交うその姿は、さすが東京の名所ですが、それぞれにどこに向かうのでしょう、せわしない歩き方、早口のしゃべり方など、何か変わってきているなと感じました。

       ――――――――――――――――

全生研常任委員の辞任他(17.7.4.)

近況の続きになりますが、今度の常任委員会での人事案件で承認され、8月5〜7日の全生研第57回大会(福島大会)の総会で承認される予定ですが、長年従事してきた常任委員の職を辞することとなります。

事由の第一は、名古屋から約二時間かけて東京都内での会議に出てまた帰名するという活動スタイルがほんとうにきつくなったことです。

以前は、全生研の場合、常任委員は東京圏に限られていましたが、1980年代半ば頃に規約を改正して、東京およびその近郊から就任可能とされ、私も研究的な役割を主に担うとして常任委員に加えて頂きました。

その後、浅野誠氏の後を継いで、常任委員会代表に就き、計8年間、その任務を遂行しました。その間、集団づくりの定義から構想から再検討を提起し、「構造性から連帯性へ」という集団づくりの転換を提起して、常任委員会はもとより全国委員会、あるいはある支部での学習会などで、かなり批判を受けました。

「構造性」というのは、いわゆる「民主集中制」という民主主義的中央集権制とされるシステム原理のもとに構想される、という意味です。簡単に言えば、ツリー型の集団づくり。

「連帯性」とは、多様な言論を交流し合い合意形成を図るための民主的な関係性と組織性を合成していく組織構成論です。ネット交流・協働結集型の集団づくり。別名、参加民主主義的集団づくり。

「集団づくりの破壊だ」「あきらかな後退論だ」「仲間づくりへの回帰だ」と、全生研のリーダー層からの手厳しい批判があったのは事実。しかし、弁証法です。半面では、よくぞ提起してくれた、今までなかなか言い出せなかった、という声もあって、大会を経る事に全生研の集団づくりは、いっそう生活指導的な子ども集団思想と指導方法に発展してきています。

誤解の無いように申します。集団づくりを止めたのではないのです。それまでのツリー型集中制では、今の子どもたちの他者関係と合わないし、現に教師自身が職場づくりでできていない、あるいは難しい課題を教室で子どもたちには取り組ませる、という矛盾もあるし、集団づくりにリアリズムと参加民主主義の思想を、という転換の提起です。

それだけいっそう子どもの生活現実を見つめ、そのなかにある変革可能性を子どもと一緒に読み取るという視座を意識的に採らないとこの集団づくり方法論は進展して行きにくいでしょう。

事由の二つめは、オーソドックスな教育方法論派の一人であった私が、1994年の「大河内君事件」の調査を契機にしだいに学校社会・子ども集団の臨床的研究に傾斜し、現場の問題でとても忙しくなってきたことです。

しかも、十数年にわたる児童福祉分野でのケース審議にも加わってきましたので、子どもの虐待、貧困、学校での排除・いじめ、子どもの人格発達における負の課題、そして子どもと親、子どもと教師などの関係性のトータルな考察、など目の前の問題が総合的に、よりリアルに生起することと向き合ってきています。

さらには、不登校問題も従来に増して私の中で重く、大切なテーマになっています。こうして、学級や学校の外で実生活を送る子どもたちのその現実への関心と考察の課題がこのところ急増している。そういう実感です。

ともかく、これまで常任委員の時代には全生研内外の多くの皆様に、大変お世話になりました。頂いたご批判やご指摘には今後も向き合い、少しでも新しい生活指導・集団づくり論を提起できたら、と思います。

もちろん、全く身を引くわけではありません。今後は、全生研の公式任務の1つである「研究全国委員」として参画し、すぐにでもその委員の全国的ネットワークが始動していく情勢ですので、そういう場でまた私なりの役割を発揮していきます。

       ――――――――――――――――

 学校社会臨床の専攻・専門として (17.7.1.)

皆様、お久しぶりです。更新を、と思いましたら、はや7月。下記の記事からあっという間に1ヶ月たちました。

名古屋は昼間、30度近くになり湿気もあって、体調を崩しやすいですが、水分補給をはじめとしてどうぞお気を付けて下さい。

近況を簡単に記します。

◆本日(7月1日)が、下記の広島の集中講義、最終回(三回目)です。「特別活動」なので、学級又は学年を想定した行事活動の仮想指導案を小グループで作成し、発表してもらう段取りです。

◇愛知父母懇の会長としての活動も、役員会その他で順調に進んでいます。7月15日〜17日は、サマーセミナーです。会場は同朋高校他近隣の教育機関で。チラシは各高校や父母懇ブロックに配布してあります。どうぞ、お越し下さい。

◆前任校(愛教大)時代に、タイ文部省職員であったUさんの修士課程留学の指導をしました。その後、フォローアップ研修としてこちらからタイにも行きました。
 その後、彼女は、教育行政から、裁判官の未知に転じて、いまタイ北部の地方裁判所の判事として活動中。このたびその職業の研修で、東京に来ることになり、滞在中に会うことにしてわたしが出向くことにしました。たぶん、日本語もかなり忘れているし、私はタイ語はまだ習得できていないので、英語でやりとりですね。なんとか通じます。

◇奈良県橿原市の公立中学校で2013年に起きた女子中学生自死事件について、その弁護団から、ある依頼を受けて、その作業を進めているところです。

◆7月中旬には、豊田市教育委員会主催で、いじめ問題研修の講師として講演をします。

◇以前からの、関西方面でのいじめ問題第三者委の活動も続きます。

というわけで、現職時代よりは、多忙になって、西へ東へ、という状況です。が、ジムにも通うようにして、筋トレにも励み、元気でやっております。

私の今やっていることは、学校社会臨床の専門性の探究と位置づけております。

       ――――――――――――――――

西へ、東へ(17.6.9.)

◆ 現職時代より忙しい昨今。一つには、さる6月4日の総会をもって、正式に、「私学をよくする愛知父母懇談会」、いわゆる「父母懇」の会長に就任しました。1980年に発足した同懇談会とは、愛知の高校入試制度、複合選抜制導入問題で「15の春を泣かせない連絡会」で協働したのが、私にとっては初めての出会い。

あいち県民教育研究所(所長を三期にわたって続けさせて頂いた。いまも所員は続けています。)、愛知県の児童福祉行政に関わるある審議会の部会長、そして愛知父母懇の会長。教育・児童福祉・私学教育と、どんどん世界を広げる上で身近な方々には助けて頂いております。感謝。

◇ 関西圏の私立学校でのいじめ事案に関わる第三者委員会もスタートしております。「教育勅語の教材使用容認」に関わる最近の政府の動きに対しても、日本教育学会の皆さんと連帯して、その問題点を明らかにすべく活動に参加しております。

広島都市学園大の小学校コースの「特別活動指導法」を非常勤で担当し、集中講義に。こんど17日も、二回目の講義。その翌日が、東京・早稲田大学キャンパスでの「教育勅語問題を考える」シンポジウムです。

忙しい中にもジムには通って、ランニングマシンを使っての30分のウォーキング、筋トレ、ストレッチなどをおこなっています。

◆ 読書もそれなりに。最近読んだもので眠れないほどに引き込まれたのは、和田竜『忍びの国』新潮文庫、です。なんと、近々、映画化されるらしい。

伊賀者と、織田信長の次男、信雄率いる伊賀征伐の軍との決戦場面がじつにリアル。映画のようにシーンをスライドさせられないのですが、そこをうまく、文章の節目を付けることで、場面を切り換え、ハラハラドキドキの連続を小説の後半で創りだしています。

著者ご本人も書いていますが、やはり、史実に忠実に当たって、歴史上の根拠をもって、そのうえで登場人物を思うがままに演じさせている。そこがこの小説のおもしろみです。

最近購入した、和泉書館の『哲学中辞典』もいいです。バイブル手帳サイズで、1300頁余なので厚みはありますが、ハンディで、読みやすい。価格は、5200円+税、です。

でも、その値段は、居酒屋でちょっと飲むと出て行く額です。それを止めて、この本を買ったと思えば、それは格段に世界が違ってきます。全国唯物研究協会の名だたる面々も執筆していて、各事項共に、読んで面白い。「辞典」ですが「事典」的な内容の項目もあります。

今後も、広島の集中講義、愛知の子どもの貧困対策検討会議での報告書準備、関西のいじめ問題第三者委員会、愛知父母懇の役員会などなど、毎週どこかにでかける感じで、「きょういく」「きょうよう」(「今日行くところがある」「今日、用がある」)に事欠きません。

       ――――――――――――――――

 広島の私立大での集中講義始まる (17.5.28.)

広島都市学園大学子ども教育学部(広島の宇品埋め立て地にあり、2014年創設)で「特別活動指導法」(2年、前期)を同学部専任の方とオムニバスで担当しており、私は主に理論編として7回出講します。

集中講義ですから、3・2・2コマずつで3回に分けて行います。その1回目、3コマの講義を5月27日土曜日に行いました。2年生の初等コースの教員免許必修科目です。

クラスの雰囲気や学生の様子をここで書くのはルールに反するので、私のことのみ書きます。私が編集を務めた『教師教育シリーズ 特別活動』(学文社)をテキストにして、その内容にプラスしたものをパワーポイントで作成し、いわゆる講義形式で進めます。ところどころ質問を投げかけ、学生たちの興味にそうように工夫も試みます。

すぐ後に、同学部の年間行事になっている1・2年合同の宿泊行事が江田島であるようで、2年生はその準備に関わってきています。そのことを予め聴いていたので、「○○という学年行事が今度あり、その準備過程での体験からすると、『自治』とはどのようにとらえていますか」というように、投げかけました。

その応答は見事でした。学生たちから拍手が起こりました。

また、少し遊びます。例えば「特別活動では他者との関わりを実際の活動を通して学びの対象とし、関係性に対する能力を育てる」として、このことは新学習指導要領の「特別活動の目標」(小中学校とも同じ)にも述べられているとしたうえで、「他者」と「関係性」について、掘り下げました。

例えば、こんなふうに。皆さんの場合に、女性であれば(女子学生が多いので)付き合っている「カレシ」(独特のイントネーション)あるいは「彼氏」はそれぞれあなたにとって重要な意味を持つ、それが「他者」のこと。(「関係」と「関係性」はどう違う? という問いに対する学生の応答をしばらく聴いた後で)そのような親しい関係にも、目に見えないつながりから生じる、お互いにとっての意味があり、そのつながりの理由付けがある。これが「関係性」。

2〜4限の3コマとも、質疑を取り入れますが、基本的には私がずっと語りました。学生たちにしっかりと意識化して欲しいポイント(あるいは基本概念)があるので、そこを取り上げて解説風の講義をします。「コミュニケーション」「アクティングアウト」「エンパワメント」など。

これは、話し合いに持ち込んでも、各自に基本的な理解が成立していないと話し合いにならずかえって気まずさを体験させてしまうからです。

私自身も楽しく、子どもたちの伴走者である教師となって、「特別活動」をどういう視点で追究するか、について語ることができました。

       ――――――――――――――――

 「教育勅語問題を考える」公開シンポジウム (17.5.24.)

日本教育学会公開シンポジウム   教育勅語問題を考える

第193国会における教育勅語の教材としての使用に関する一連の政府答弁には、重大な問題が含まれていると指摘されています。日本教育学会は、教育現場に無用な混乱が持ち込まれることのないよう、教育学の視点から問題を整理しなければならないと考えます。

そこで、その第1弾として、公開シンポジウム「教育勅語問題を考える」を開催します。日本教育学会会員のみならず、この問題に関心をもつ方々のご参加をお待ちしています。

◇報告
● 政府の教育勅語容認答弁の問題点 中嶋哲彦(名古屋大学)
● 1948年教育勅語排除・失効確認決議の意義 三羽光彦(芦屋大学)
● 教育勅語と唱歌―儀式による共存関係を中心に 有本真紀(立教大学)

◇司会
乾彰夫(首都大学東京名誉教授)
折出健二(人間環境大学)

事前申し込み不要 参加費無料
2017年6月18日(日)13:00〜16:00
早稲田大学戸山キャンパス 38号館AV教室

お問い合わせ:日本教育学会事務局
TEL: 03-3253-6630 FAX: 03-3254-0477

第二回公開シンポジウム「教育勅語問題を考える その2」7月中旬開催

       ――――――――――――――――

 『大きな学力』との出会い直し (17.5.18.)

(1)「私学をよくする愛知父母懇談会」(略称、愛知父母懇)の会長就任は先日の幹事会で承認され、6月4日に開かれる総会(あの市民会館が満席になるほどの出席者)でデビューです。

これを機に、父母懇では語り継がれている書物を改めて読み返しました。ご存じの寺内義和著の『大きな学力』(労働旬報社、1996年)。私の手元にある所の書物には、中表紙に寺内氏の直筆サインがあります。謹呈されたものです。

当時、出版記念シンポジウムを私教連が開催し、私もそのシンポジストの一人として参加し、この書物について話しました。過日、寺内氏と久しぶりに対面したときに、氏が言うには、「折出さんは学力を語るのに『大きな』とした点が画期的だと言ってくれた」そうです。

内容を大まかに紹介します。
 序章  「大きな学力」の群像:偏差値学力を乗り越える高校生たちや彼らを支える教師集団が描かれる。
 第一章 「大きな学力」とは:絶望から希望へ、そして再生へ、という寺内流実践論・運動論のベースが語られる。これを基に「大きな学力」の構成要件が具体的に述べられる。
 第二章 「大きな学力」の源泉ーー波風体験:「波風の立つ主体的体験」が創り出す人間力が、寺内氏の豊富で造詣深い読書体験を交えて語られる。
 第三章 学校教育と「大きな学力」:偏差値・管理教育で苦しめられてきた愛知の高校生の姿をリアルに描き、本来の「教育改革」とは何かを問いかける。
 第四章 授業改革と「大きな学力」:子どもを主体にした学びへの転換を歯学の教師たちがどのように苦労して切り拓いてきたかが語られる。
 終章 波風の中から:寺内氏自身の少年時代を含む自分史的体験に基づく生き方論で締めくくる。

(2)四六判、394頁に及ぶこの書物の骨子は、寺内氏の盟友とも言える鳴戸達雄氏による「解説」が非常に的確に、しかも簡潔に述べています。

私は印象的なことを述べておきます。第一に、随所に、寺内氏が出会った高校生・教師・父母・私学協会等の団体幹部などとの会話や踏みこんだ対話が出てきて、それぞれに意味づけがされます。また、こうしたエピソードを一般化する上で、大江健三郎、遠藤周作ら、著名な作家の作品を寺内氏がどう読み込んだかが述べられます。このような叙述全体に、寺内氏の直観力が働いています。

第二に、「大きな学力」とは「目標をつくり、それを追求する力」「生きて働く知識、技術、体力、感性」「関係を広げ、深める力」の三つの基本的な力から成る、としている点は、寺内氏の私教連の教育運動体験に根ざし、しかも、時代と向き合う思想・人間観によって裏打ちされていることです。

著者の自分史のキーワード、「波風体験」が「大きな学力」のカギとなっており、ここが中教審等の言う「生きる力」とは決定的に違います(鳴戸氏の「解説」より)。

第三に、その「波風体験」を自ら意味づける中で引き出されたであろう、否定の中に肯定を見るという哲学的な見方が全編を貫いています。例えば、同書では唯一、哲学的な表現の見出しがあります。
 第二章の二 人間と事物を「おたがいつながっており、たえず転化している」という視点でとらえる力(弁証法的認識)

ここでは、社会も組織も含めてあらゆる事物は、光と影のように、相矛盾する両面をもち、双方が支え合い、テコとなって、「転化」を繰り返しながらラセン状で発展していく、と述べられています(同書、108頁)。まさに、私がヘーゲルの『精神現象学』や『小論理学』などを苦労しながら読み返して得た弁証法の思想が、わかりやすく、かみ砕いて、しかしその本質をぼかさないで述べられている。

一般の読者はこういう箇所には興味を示されないかも知れないが、私は、ここにこの書物の隠された「宝」があると見ます。
 つまり、「大きな学力」とは、日常の他者との出会い、異論や批判にぶつかり悩む姿などを通して、それぞれにささやかながら一歩ずつ前進していく。その小さな乗り越え、小さなつながりの再発見や再生、周りからの受容・評価・肯定などの中に、実は、上記の三つの基本的な力につながる要素がたっぷりと含まれているのだと、著者は語るのです。

第四に、「大きな学力」に「関係の力」を入れている点が出色です。今で言う「関係性」に早くから着目しているのです。他者の存在の意義についても随所に出てきます。私の見落としもあるでしょうが、「伴走者」はこの書物ではまだ登場していません。が、言っていることは「伴走者であれ」です。そこに「感性豊かな」という形容詞が付きます。

第五に、その「感性」のきめこまかさ、豊かさこそ、著者が学び取り、体得し、そして太らせてきた生きる力です。著者が言う「貧乏物語」あるいは「極貧の原体験」こそ、著者が「生きた運動は、理屈ではなく魂から生まれる」(320頁)と喝破したほどに、生きた哲学の精神陶冶の土壌になったのです。

最後に、地方から、という闘いの構え方です。同書には、教育を語る場合に、執筆から出版に至る時期なら他の書物ではよく引用される著名な教育学者たちが全くといって良いほど出てきません(田中孝彦氏が少し引用されている)。また、いわゆる革新系の教育運動家としては、これも全国周知の三上満氏も登場しません。

私は、これらのことは、寺内氏の同書に込めた思いを表していると見ます。すなわち、ここ(愛知)こそが「中央」だ、という自立思想です。とかく、民間教育運動は東京圏の学者・研究者の発信する言説に頼り、あるいはその権威をよりどころに自分たちの営む活動や方針や取り組み方を肯定的に意味づけるやり方を採ってきた傾向が少なからずありますが、寺内氏は、そこに明らかに距離を取っています。

長くなりましたが、『大きな学力』を改めて読み返し、私なりの出会い直しをしているところです。

愛知教育大学の助手として広島から着任して早くも41年。映画『それぞれの旅立ち』でたびたび目頭を熱くしたり、愛知私教連の幹部も含めた「15の春を泣かせない連絡会」で複合選抜制の導入反対の県民運動で各地に出向いては集会で、高校入試のあるべき姿や真の学力とはなど教育学者としての精一杯の力で現実の変革のために何ができるかを真剣に考えて行動してきた、その私が、愛知父母懇の会長に就くとことになろうとは。

まさに人生、何が待ち受けているか、そのドラマを受け止め、素直にその中で演じてみることこそ、素敵な生き方になっていくのでしょう。そう願いつつ、小さな歩みを大きな歩みにつなげるべく、やっていきたいと思います。

       ――――――――――――――――

 「教育勅語の教材使用容認」をめぐって(その2) (17.5.12.)

日本教育学会のもとに、「教育勅語問題ワーキンググループ」が設けられ、このたび発足することとなりました。メンバー等の詳細はここでは控えますが、私も一員として加わります。

       ――――――――――――――――

 「教育勅語の教材使用容認」をめぐって (17.5.4.)

(1) 私が関わっている日本生活指導学会の理事有志声明は、教育勅語の内容上の問題点ゆえにその道徳的価値を目的としての教育現場への導入に反対し、他方、歴史上の「事実を知るための資料」としては学習することはあり得るとしました。

ポイントは、今年3月末に出された答弁書の形の「閣議決定」がいう「教材としての使用」にあります。

(2)教材とは、J.デューイの『民主主義と教育』(岩波文庫、上巻)において明解に述べているように、子どもの興味・関心をある目的に向かって組織する学習対象であり、それゆえに、社会生活における子どもの反応を方向づける教育的手段ともなります。

教育勅語の中には今日でも道徳教育上役立つ価値題目が明示されており、勅語を教材として使ってこの価値に関わる部分を子どもたちに教えるのは何ら問題ないではないか。国内の肯定的な受け止めはこういうところにあります。

(3)ところが、教育勅語は、草案を井上毅がつくり、明治初期にあの「教学聖旨」を著して幼児期から脳髄に感覚せしめるのが修身の真髄だとした天皇側近の智者・元田永ざね(浮のサンズイのない文字)が仕上げに加わった経緯を持っています。つまり、音読・暗誦するように語感を含めて十二の価値題目が工夫され、配列されているのです。

ですから、歴史的な学習の積み上げの一環で明治期以後敗戦に至るまでの臣民の精神的支柱となるように教え込まれた勅語とはどういうものであったかを知るために扱う場合を、いまは別に置いておくとすると、いわゆる今日の子どもたちの道徳性を養う一環で勅語を教室に持ち込むと、「では、音読してみよう」となって、結局は暗誦させるのと変わらないようなことが行われかねないと推測します。

現に、4月初めの内閣委員会では委員からの質問に応じて、義家文部科学副大臣が朝礼での勅語の暗誦には何ら問題はないと踏みこんで述べました。

(4)この問題をめぐってはネット上でも多様な角度からのやりとりがあり、その発信者の中には、上述した勅語の復活批判をするにあたり「内容としてではなく方法として規制する」点を強調しないと、結局は、内容を知るための扱いまでも否定すると自由な知的検討・批判(例えば社会科等での資料としての扱い)までも排除するという問題を指摘されることとなり、先に教育学者グループが出した声明の論理が崩れるので、暗誦させるなどの「方法」の扱いを批判をすべきだ、という議論まで出てきています。

そもそも「教材としての使用」というとき、内容と方法を区別することはあり得ないのです。歴史の資料として扱う場合には、確かに内容上の徳目にも触れますが、それが一旦戦時の非常事態となればいのちをなげうって国体を守れ、に収斂していくことをわからせるし、戦後の教育基本法(1947年)制定の経過との対比をすると思います。

つまり、比較分析による内容吟味、これがこの場合の方法になっています。それは勅語の価値題目に対して、これらを資料の中のこととして突き放してみる視点からの扱いだからそうなります。

そうではなく、朝の会や「道徳科」の中で、あるいは朝礼での一斉暗誦などで勅語を取り立てて扱う(教育する)場合には、明らかにその内容において評価すべき点があるから子どもたちに親しませる方法が採られるのです。

(5)方法は内容を呼び込み、内容が特定の方法を要請します。繰り返しますが、勅語は、暗誦するのに耐えられるような語調と分量からなり、やや抑制気味ではあるが皇室への献身的な従属・滅私奉公の基本価値を盛り込んだ、当時の最高規範であったものです。このことを「隠した」やり方で、部分的な価値の「つまみ食い」的扱いは、政府を初めとしてすでに子どもたちの主権者形成に介在してある方向づけをしていることとなり、現在の人権尊重・民主主義の教育には反することとなります。

子どもの価値感覚形成への誘導的な介入。それは「教材」として用いるから可能となるのです。ここに、公式に述べられた勅語の「教材使用容認」の問題点のほぼすべてが集約されることを改めて述べておきたいと思います。

       ――――――――――――――――

 私の「学び直し」 (17.5.2.)

今年度前期には、養護教諭養成コース3年生向けの「教育相談」も担当しています。テキストは、広木克行編『教育相談』学文社を使っています。過日、その第2章の「教育相談とカウンセリング」を解説。ここは、高垣忠一郎氏執筆なので、高垣さんの思いやあの論調を思い浮かべながら、私の視点も少し交えて講義しました。

たとえば、「人を理解する」については、普通は、そのための要件とか理解の仕方、「共感的態度」などを整然と述べるのですが、高垣さん執筆のこの章では「人を理解するとはそもそも難しいことなのだ」、なぜ難しいか、という角度から深めているのです。おもしろいです。

その次の回には、その辺のカウンセリングの基本態度について深めておこうと、河合隼雄『カウンセリングの実際問題』(誠信書房)を使って、クライエントとの関係性、「耳を傾けて聴く」とはどういう行為か、さらにカール・ロジャーズの言う「genuine」とはどのようなことか、などをパワーポイントにまとめて講義。

河合氏のその著作は、何か授業を深めたいと名古屋市内の千種駅近くにある正文館に行って、そこで見て買いました。そしてノートを取りながら読みました。

河合氏のいう「自我防衛と自己」の関係も今一つわかりにくかったのと、氏は、「耳を傾けて聴くこと」はクライエントのみならずカウンセラーの内面にも開かれていないとだめだ、と書いているが、まだはっきりわからない、と学生から質問があったことで、また新たな課題が。それはそうでしょう、河合氏ほどの深い経験を積んだ方故の言葉ですから。

そこで、看護学部二階にある図書室(一階ぶんのフロアをほぼ全部つかった広さで書庫も充実してきた。)からユングの『自我と無意識』(邦訳)を借りてきて、これもノートを取りながら読んでまとめているところです。ユングの「無意識」と「意識」の関係を知らないと、同じく彼の言う「自我と自己」も見えてこないことがわかりました。臨床系の心理学専攻の方には当たり前なのでしょう(笑)。

私も、学生時代からフロイトには関心があり『精神分析入門』他を読んだし、ハーマンやコフートを少しばかり読んだし、ヴィゴツキーの発達論なども読んできているので、ユングの心理学的論理にそれほど抵抗はありませんが、やはり(邦訳とはいえ)奥の深い論理を述べていますね。

講義準備のこうした発展課題のおかげで、私の学びの範囲も広がり、20年くらい前なら、“カウンセリングは問題を個別化して狭い関係の中で対応している”(関係者の方、失礼・・・)、などとやや限定的な見方をしていましたが、いまや少しでもその基本セオリーを知ろうとしているのですから、不思議なものです。

他者論や関係性論をやってきたおかげで、ユングの言わんとするところはだいぶんわかってきました。まだ表層ですけど。意識の核となっている自我(ego)をも対象化しそれを超えて、心全体の核である自己(self)(注記:その人の人格にあたる核心部分)の赴く方向に心を働かせて「自己」を実現する。これが「個性化」だというあたりは、わかります。ユングは、非常に総体的な見方をする人で、社会的な次元と個の次元との相互関連とその発展的な姿を追究しているのだということも。

授業が終わると、「あそこをなぜもっとかみ砕いて言えなかったのか」「ここは、もっと補っておくべきだ」と、早くも来週の「宿題」が迫ってくるので、わくわくどきどきの日々です。

       ――――――――――――――――

 教育勅語の教材使用を容認する閣議決定に対する意見表明 (17.5.2.)

 日本生活指導学会の理事会では標記の件に対する反対の意見表明を出すことの発議が理事からあり、協議した結果、4月12日付で理事有志として下記のような意見表明を公表しました。

            *****               

私たちは、教育勅語の教材としての使用を容認する閣議決定を深く憂慮し、教育勅語の実効化・復活に反対します

 2017年3月31日、内閣は初鹿明博衆議院議員の「教育勅語の根本理念に関する質問主意書」に対する「衆議院議員初鹿明博君提出教育勅語の根本理念に関する質問に対する答弁書」を決定しました。「教育勅語の本文をそのまま教育に用いることは憲法上認められない」との質問主意に対して、内閣は、1948年6月19日の衆参両院における教育勅語失効に関する決議を認識した上で、「学校において、教育に関する勅語を我が国の教育の唯一の根本とするような指導を行うことは不適切であると考えているが、憲法や教育基本法等に反しないような形で教育に関する勅語を教材として用いることまでは否定されることではないと考えている。」と答弁しました。

 この答弁は、第一に、明らかに矛盾を内包する見解によってなされています。それは、教育勅語(以下、勅語と略記)が日本国憲法や教育基本法に反するものであるとしながら、憲法や教育基本法に反しないような形で勅語を教材として用いることまでは否定されることではないとしているからです。

 第二に、内閣がこのような決議を行うことは、単に教材使用の次元にとどまらず、国家への従属・一体化を強く求める勅語の復活を図ろうとするものと理解せざるを得ません。現に、義家弘介文部科学副大臣は、4月7日の衆議院内閣委員会で勅語を朝礼等の場で朗読することを否定しない旨の答弁を行っています。

 私たちは、その成立経緯・目的・内容からみて、日本国憲法及び教育基本法の下でなされる公教育において勅語を道徳教育その他の教育諸活動の中で道徳的価値観形成という名分のもとに教材として用いることは不適切であると考えます。上記答弁書は、勅語を「唯一の根本とするような指導を行うことは不適切である」としつつも、教育活動の根本の一つにそれをおくことを容認し、そうすることで教育現場等への勅語の導入を側面から促す機能さえもつものです。

 さらに、政府のそのような行為は、我が国と社会の民主主義的発展を求めて、国権の最高機関たる国会の場で勅語の失効決議をした総意、すなわち国民主権と平和希求、そして個の尊厳を基本とする日本国憲法の理念を著しく損なうものであり、これまで勅語に対してとってきた政府の態度が大きく変容したと理解せざるを得ない事態であると考えます。

 私たちは、学際的に基本的人権の尊重と平和希求の見地から、生活主体の自由・自立に資する援助と指導等の原理やありかたを探究してきています。この立場から、勅語の成立経緯、およびそれが近代日本の歴史、とりわけ教育の歴史的経緯において果してきた客観的事実を私たちは重視し、国民主権の下では、天皇がその赤子(せきし)として生きる臣民にのぞむ価値を意思表示した勅語は教育の指導原理となる余地はないと考えます。他方、我が国の歴史の民主的な前進点からのみ学校において勅語がそうした事実を知るための資料として学習されることは必要であると考えます。

 私たちは、子どもから高齢者に至るまでのすべての人々の自由で自立的な主体形成を核として生活指導の探究のために研究的コミュニティを創造してきました。この見地から、以上述べてきたように、今回の閣議決定およびその後の政府の対応に対して、私たちは深く憂慮します。

 本学会の理事有志は、これまでの国会及び政府が確認してきた勅語の指導原理的性格を一切認めないとの見解を再度確認し徹底することを、政府及び関係諸所に強く呼びかけます。

                                      2017年4月12日

                                      日本生活指導学会理事有志

       ――――――――――――――――

 最近の論考 (17.4.30.)

次の三本を書きました。

「『原発避難いじめ』の実証研究(試論)」全生研編『生活指導』6/7月合併号、高文研、5月10日発行。

「『他者からの承認』といじめ・暴力の克服」民主教育研究所編『人間と教育』夏季号、旬報社、6月10日発行予定。

「個人存在の政治化といじめの構図の変貌」あいち民研編『年報2016』私家版、6月初め発行予定。

       ――――――――――――――――

 雑感 (17.4.30.)

仕事にまつわる話題は、守秘義務に抵触する恐れがあったり、つい踏み踏みこんで書くと、思わぬ所で関係者に失礼になったりするので、当たり障り無い話題で。

早めに目が醒めて、NHKラジオの「深夜便」で、萩本欽一さんの「人間塾」を早朝にやっていて、今陽子さんがゲストで出ていた。欽ちゃんは大学に通学しているが、乗り物で若い学生たちがすぐに席を譲ってくれるので自分も年を取ったと感じる、という話をした中で、こんな逸話を。

妊娠中の女性が乗り物で立っていたら、すぐ前の小学生が「席を替わりましょう」といってくれたので、「大丈夫よ、坊や」とその女性が応じると、小学生は「あなたに、ではなく、お腹のなかの赤ちゃんに」という意味のことを言った。こういう出来事が投書にあって、投書の主が偉くその小学生に感心したということらしい、と欽ちゃんが紹介した。

私は、何気なく二人の楽しいおしゃべりを聞き流していたつもりが、その話題でハッとなった。全く作り話ではないだろう。おそらくそういう場面があったのだろう。とすれば、その小学生の言葉は、実に素直で、優しさに満ちていて、あざやか、というほかない。

欽ちゃんも同じような感想を持ったらしく、こんな言葉が使えると良いね、と言った。そして、コロッケ屋でコロッケを買って受け取るとき一個落としてしまったら、その店のおじさんが「威勢の良いのが行ったようで・・・」と言って変えてくれたという話を紹介した。

そういう余裕のある接し方は、日頃から自分の仕事や腕前にある種の自信がないとなかなかできそうにはない。私などまだ及ばないが、それでも先日こんなことがあった。長年関わっている愛知県のある部局に属する委員会の仕事で、新年度の次の会議の打ち合わせで、新たに担当になった職位が作成した書類を見せてくれた。その中の委員名簿にある私の所属が「特任教授」となるところを「特人教授」となっていた。

その職員が気づいて謝ったが、私もそれまで気づかなかった。で、咄嗟に、「長年この会議に関わってきているから『特別な人』ですよと位置づけて下さったのだな、と思っていましたよ」と言ったら、そこにいた者同士が大笑いになった。その職員もベテランの方で、少しテレながらもすぐに直しておきます、と明るかった。

その時の心理を振り返ると、今の私には、そう肩書きにこだわらない、という心境があって、その力みのなさが思わず、そういう言葉となって出たのだろう。

先の小学生も、その女性に、良いことを行ってあげようとしたわけではなく、心で感じたことをそのまま口にしたのであろうが、なんという力みのなさか。すぐにお腹の赤ちゃんのことを思い浮かべて、その子に席を譲ろうという発想が起きたこと自体が、大したもんだと思った。

       ――――――――――――――――

 新自由主義の発想ならではの二重の「暴言」:復興相辞任の問題 (17.4.26.)

(1)既報の通り、復興大臣が、自民党の派閥パーティで講演した際に、「社会資本」に言及して、「あの大震災は東北で良かった。それでも25兆円の損失だ」と述べ、その後記者団に対してこの発言を撤回し謝罪したが、そのときも、「首都圏で起きていたらもっと大きな損失になったことを言いたかった」と述べ、根底にある、中央と地方を比べる見方自体がいっそう露呈しました。

辞任は当然として、この問題の本質に触れておきたいと思います。一つは、同じ人物の大臣発言として問題になった、福島原発で自主避難している人は「自己責任」とする見方にも端的に現れているように、被災し被害にあった人びとの今なお続く苦悩、将来の見えなさのつらさに寄り添う姿勢がまったく見られないこと。

それが、首都圏の被災と比べる、あからさまな見方で「東北で良かった」となって出たこと。

二つめに、同時にそうした見方や差別的な言辞を内側から突き動かしているのは、まさに新自由主義という現在の社会政策や社会的価値観念の支配的な意識の総体であることです。その象徴が「競争・選択のもとでの自己責任」。ここまで露骨に対象となる人びとを差別しているのは、それが、イデオロギーとなって政治化の姿勢にまで浸透しているからです。

「社会資本」の損失を、金勘定で行ってみせることも、新自由主義の市場原理優先の見方を端的に表しています。

(2)このように復興相の「暴言」は、中央と地方を比べる差別的見方で観ることと、市場原理的発想を露骨に持ち込む、という二重性を持っており、この二重性こそ、例えば「原発避難いじめ」の現象にも現れている共通の傾向なのです。

新自由主義の価値観念は、1990年頃からの急速な社会への浸透を経て現在に至っているので、私たちもよほど意識して目の前の現実や出来事と向き合わないと、「つい口に出た」事柄がまさに上記の「暴言」の二重性と同じような見方で、苦しんでいる人、追い込まれている人をさらに追い込むことになりかねません。

例えば、「貧困」の見方においてもです。その人(家族)の世帯収入で比べてみて、働く上での当人の努力が足りないからだと「自己責任」で片付ける。こうして、防衛費には多大な予算が投じられ、雇用の確保のための補助もなく、企業も非正規雇用の継続あるいは拡大で経営の厳しさを乗り切ろうとするためにますます雇用される人びとの収入が不安定になる、などの社会構造が「隠される」のです。

つまり、上述した二重性の差別的で市場原理優先の見方は、今日のわが国社会の引き起こしている、格差と閉塞の社会システムそのもののひずみや、雇用と格差を必然的にする施策の問題などを意識の上でも「隠す」作用をするということです。

       ――――――――――――――――

 新たな課題にとりくむ活動が始動 (17.4.23.)

このたび、「私学をよくする愛知父母懇談会」(略称、愛知父母懇)の会長を引き受けることとなり、常任幹事会にて承認を得ました。私自身も出席をしてあいさつを述べました。今後は、幹事会を経て、6月4日の父母懇総会でデビューとなります。

18歳選挙権の法制の社会となった今、高校生をどう主権者として育てていくのか、どう支えていくのか、そのために国や自治体に私学助成制度をより充実させる方途をどう切り拓いていくか。様々な課題がある中で、教育学をやってきている私なりの個性を持った会長の役割を果たして行きたいと思います。

別件で、近畿関西エリアのある私立校で起きたいじめ事案に関して、調査委員会がたちあがることとなり、その委員の委嘱がありましたのでお受けしました。詳細の話はこの場では致しません。ともかく誠意をもって事実認識と客観性とを大切にして、しかし被害者の苦悩にも寄り添えるような柔軟さ・幅の広さをもって、この課題に取り組んでいくことにします。

       ――――――――――――――――

 「個の尊厳と政治権力」の構図がいっそう露骨になっている (17.4.18. /一部補正 4.20.)

強権的な政府の姿勢をただす東京での大規模集会で発言されたある方が、「森友学園」問題と「共謀罪」とは裏表の関係ではないかという趣旨の発言をしていました。すなわち、権力にすりよって好意的に動くものには利益を計らうやり方で対応し、権力を批判したり疑うものには、「共謀」の罪を問い取り締まる。こういうようにして、個人がどちらからも政治の枠組みの中に取り込まれているのは、近年、ここまではなかったことです。そういう主旨でした。

憲法13条にうたう「個人の尊重」とは個人の幸福追求を国家が認め保護することの全体的な関係をもとにしたものだとされています。ところが、いまや、個人がむき出しの状態で、国家の施策や権力的な支配と統制のもとにおかれ、その統制下に入るのかそうしないのか(包摂か、対決か)という構図に追い込まれるのです。

原発被害で自主避難されている方々が、避難先の住居費への国からの補助をこの三月末で完全に打ち切られたこと、しかも、担当大臣がそういう人びとは「自己責任」でそうしているのだから、とまで言い放ったこと、あるいは、別件ですが各地の観光の活性化にとって「学芸員ががんだ、一掃しなくては」と言った地方創生担当大臣の発言など、いずれにも共通する点が浮き彫りです。

それは、様々な環境のもとで課題を担い頑張っている方々に対して、政権の担当者たちが、個人の立場を名指ししてその「(自己)責任」を問う、ということです。言い換えれば、政治的権限を持つものが、自分(たち)の進める施策にとって都合が悪かったり、積極的な寄与がないと見えたりする当事者を、その保護や援助から放り出して、あるいはあからさまに批判して、これらの行為(の非と見える事柄)を当事者の「自己責任」の名の下に合理化するやり方です。

これは、「3.11」以後、市民の間で広がっているし大事な価値として守ってきている支援や援助、他者理解、対等な関係での配慮としてのケア、という人間的な営みとは相容れない、真っ向から対立する態度ではないでしょうか。

こういう状態を、個人存在の政治化、と言います。あるいは、個人存在の足元から生じているポリティックスとも言えます。

       ――――――――――――――――

 海北友松特別展と京都の桜 (17.4.14.)

学会の関係の所用で午前に京都に行きましたので、午後、まず国立京都博物館で今行われている絵師・海北友松(かいほう・ゆうしょう)の特別展を鑑賞しました。

この作者名は知らなくても、あのダイナミックな龍の画は想い起こされるでしょう。そうです、その雲龍図の作者です。建仁寺と、北野天満宮にあるのが、このひとの描いた作品です。

もともと狩野派の大御所、狩野永徳に学び、年齢が60代に入ってしだいに友松独自の世界を出すようになって、一躍、当時の上流階級に注目され、次々と作品を壁画・屏風絵・掛け軸などで表していったひとです。武家の出身だからでしょうか、友松は、文人の登場する構図がわりと目立ちますが、中には、例えば碁盤の上に琴を横たえ、そこに肘をついている男を描くなど、なにか風刺している風の文人画もあります。

狩野派のあの奥ゆかしく、厳かな画風に対して、友松は、できるだけ、リアルに近づこうとしたのかも知れません。雲龍図でも、カッと口を開いた龍と、静かなまなざしで横たわる龍と、対で描いています。

鑑賞の後、バスで移動して、途中からタクシーで、洛北の仁和寺に桜を観に行きました。

御室(おむろ)桜は、多くはまだ二分・三分という感じでしたが数本は満開に近く、その白い花びらの輝きがバックの真っ青の空に映えて素敵なコントラストでした。境内のなかにあるソメイヨシノ、しだれ桜はいずれも満開でちょうど見頃でした。

夕食を知人たち共にした後、ライトアップされた白川の桜、鴨川沿いの側道に沿って立つ桜並木とぼんぼりの灯りを見ながら散策しましたが、4月のこの時期にここまで見頃になっているのは近年ではとても珍しいと地元の人はいっていました。

       ――――――――――――――――

 「教育勅語の教材使用は否定しない」の閣議決定をめぐって (17.4.12.)

4月9日開催のあいち民研所員会議でも、大橋研究部長から標記の件での詳細な資料による報告がありました。

その前日、8日土曜日の夕刻に、いつものジムでバイク・エクササイズをしているとき、マシンのTV画面でTBS系列の「報道特集」番組でこの問題を取り上げ、私もよく知っている藤田昌士氏(元立教大学教授)が登場してくわしく述べていました。

要は、天皇が命令した道徳であること、諸徳目のすべてがひとたび戦乱が起きれば命を賭して皇室を助けよ、となっていること、よって戦後その効力は失ったと国会でも決議されたこと、こういう価値構造のある部分をとりあげた「つまみ食い」的な勅語の肯定は許されないこと、を力説されました。

また、右翼組織としては周知の一水会元会長も登場し、本当の愛国心はこころから発するものであって、教育勅語を暗唱させるなど外から教え込んで生まれるものではない、と一蹴していましたのも印象的でした。

私が代表理事(三名のうちの一人として)を務める日本生活指導学会では、この件に対する、同会理事有志の「意見表明」をいま準備しております。ほぼその表明案ができたところですが、成案にいたったのちにここでも紹介します。

       ――――――――――――――――

 べてるの家について:向谷地さんの語り (17.4.8.)

4月8日早朝のNHKラジオ第一「ラジオ深夜便」で、「【明日へのことば】弱さを絆に 浦河べてるの家理事 向谷地生良」が放送されました。

私は少し後れて聞き始めたのでしたが、ちょうど、向谷地さんが思春期をどう過ごしたかの話のところで、学級委員長をしていたときに担任とぶつかって、みんなの前でひどく殴られた。そういう中学時代の体罰が以後の生き方にかなり影響したようです。

そのころ、母親が教会に行き始め、自分も聖書に引かれた。そのキーワードは「弱さ」だと思う、と彼は語ります。

ときは、昭和30年世代。特別養護老人ホームに泊り込みで働きながら札幌の大学に通った。十代のころ、(そのホームでの交流をつうじて)気心の知れた人たちとの別れ(死別)を経験したことは大きな衝撃であった。

卒業後、病院の精神科でソーシャルワーカーとして働くこととなり、北海道南部の浦河町に赴任した。そこでは、先輩たちは当事者との距離感を大切にしているようだった。巻き込まれない、プライベートを持ち込まないと。

向谷地さんはこれに違和感を感じた。難病運動、ハンセン氏病の支援にかかわってきた中で、当事者活動で身につけたもののほうが大事ではないかと彼は考えた。そのような距離のとり方は、精神障害者への偏見のように思えた。

そこで、向谷地さんは、働き始めた翌年、使われていない教会を借りて共同生活をはじめた。そこに精神障害者を呼んで一緒に暮らした。自分のままならなさが一緒に暮らすことでわかった。

それが、1979年ごろ、「べてる」の始まりだった。地域で孤立し苦悩していた人たちとの交流が始まった。
地域のなかに受け皿を作っても何かがかけている。また病院に戻る。病院の環境を地域に作ることが大変で、「なぜ退院させるのだ」と地域から苦情があったから。

ところが、勤務先の上司から、「訪問しすぎ」「外へ出る回数が多すぎる」と言われた。つまり、精神科のチームとして必要ないといわれたに等しかった。朝の申し送りで行くと「詰め所」で門前払いにあった。 

窓際の配置となり、不祥事を起こしてほされたらしい、とうわさが広がった。こういうようにして燃え尽きたり、鬱になったり、出勤できなくなるのだと感じた。

さまざまに障害のある方がたと交流してきて、何かことをなすときには一番手のかかる人を内側に抱えてものごとをやる、という「べてる」の伝統がうまれた。

聖書のなかに、イエス・キリストが弟子と旅をするとき、「このままエルサレムに行くと危険だ」と忠告される場面がある。しかし、イエスは「負け戦」にもかかわらず歩んでいく、この風景がどこか自分(向谷地)の中にもある。

病院を退職して「べてる」で40年やってきた。心持が変わると心象風景が変わる。幻覚・妄想が変わる(減っていく)。その人の生きている物語が変わってくる。

「べてる」の家の哲学がある。弱いことは強いことより大事だ、弱いことが集まって強くなる。醜い物が集まらないと美しくはならない。そこに、希望への糸口が必ずある。

前向きに絶望する。力をこめないでうろうろする。そうすれば突破口がある。

       ――――――――――――――――

 「答えが無い」それが道徳です (17.4.6.)

安倍内閣は先日「閣議決定」で、「教育勅語を教材として使用することは否定しない」としたという報道があります。民進党の議員の質問に対する答弁書として決めたものです。

憲法・教育基本法に反しない条件で、という前置きがつきますが、そもそも1948年に国会で失効決議を受けた「教育勅語」を条件付きであれ、教材使用することを許容すること自体が国民主権をうたう憲法・教育基本法に反しています。

そこには、明らかに、子どもたちに一定の価値を教えたいとする現政権の意向が隠されています。

そんなとき、道徳とは何かを、ズバリ述べた投書があります。『朝日新聞』4月6日付朝刊「声」欄に掲載された、標記のものです。筆者は、女子中学生(埼玉県 12歳)です。

「教育勅語」には今でも通用する徳目があるとしてその「答え」を子どもたちに教えんとするおとなたちに対して、「答えの無いのが道徳だ」と筆者は主張しています。とてもシンプルで、かつ本質を突いた意見だと思います。

以下に、同紙のデジタル版から、投書文の後半を引用します。

                   *****                            

教科になってくれるのはうれしいですが、子どもたちが「こう考えるように」などの答えをつくるようになってしまうのなら、評価をしない方がよいのではないでしょうか。
 道徳とは、色々な視点から物事を考えるという「答えの無い」ものであるからこそ、必要なのだと思います。少なからず答えのある「道徳」は、子どもには必要ないのではないでしょうか。
 「和菓子屋」や「和楽器店」は、「パン屋」や「アスレチックの遊具で遊ぶ公園」に比べてほとんどみません。郷土を愛するというのは、そこに昔から、そしてこれから生まれ育っていくものを見とどけることなのではないでしょうか。
 答えの無い教科。それが「道徳」の「答え」なのではないでしょうか。

(アクセス日 4月6日 URL=http://digital.asahi.com/article_search/detail.html?keyword=%E5%A3%B0&searchcategory=2&from=&to=&MN=default&inf=&sup=&page=1&idx=1&s_idx=1&kijiid=A1001120170406M014-13-010&version=2017040603)

       ――――――――――――――――

 イエスにまつわる「真実」とは (17.4.1. /4.2.一部補正)

◇遠藤周作という作家も、キリスト教も、これまで私にはほとんど縁のない世界でした。ただし、ヘーゲルの哲学を学びながらキリスト教の世界は不可欠のテーマでしたので、関連の書物を通じて学びましたが。

遠藤氏に出会うのは、映画「沈黙・サイレンス」の制作過程のドキュメントを観てからです。この映画は、江戸時代のキリシタン禁止令のもとで、布教に来た宣教師も、信者になった村人たちも、幕府の政策によって「踏絵」を課せられます。その苦悩に対して、神は何も救いの反応を示さず「沈黙」している。いったい「神とは何か」。

◆遠藤氏の『沈黙』という作品を映画化したのは、あの有名な監督です。同映画公式サイトのフレーズには次のように書かれています。

「刊行から50年、遠藤周作没後20年の2016年。世界の映画人たちに最も尊敬され、アカデミー賞にも輝く巨匠マーティン・スコセッシ監督が、戦後日本文学の金字塔にして、世界20カ国以上で翻訳され、今も読み継がれている遠藤周作『沈黙』をついに映画化した。」

公開された映画はまだ観ておらず、いつも通り、DVDをレンタルして観るつもりですが、その制作過程で、スコセッシ監督が日本に来て、長崎の現場を観たりして、この作品の世界を細部まで研究した上で映画化に取り組んだことに感銘を受けました。

◇そんな思いが心のどこかにあったからでしょう、あるとき、名古屋市・栄のジュンク堂で遠藤氏の単著『人生の踏絵』(新潮社)を見て、すぐに買いました。『沈黙』という小説がなぜ生まれたかが書かれていたからです。また、遠藤氏がキリスト教作家とされるイギリス・フランスの著名な作家の作品を解説している内容が、かなりの部分を占めています。

そこで、遠藤氏の『イエスの生涯』があることを知り、kindle版で購入しました。というのは、遠藤氏が、幼少期に洗礼を受けてキリスト教信者になってからも、「神とは何か」「信仰の力とは」など、基本的な問いをずっと持ち続けてきた作家であると知ったからです。『沈黙』も、そうした背景があったからこそ生まれた作品です。

◆『イエスの生涯』は、遠藤氏自身が断っているように、小説家としての遠藤氏が歴史的な資料も参考にして描いたイエス像です。だが、私にはとてもわかりやすい内容です。

貧しい家庭に生まれ、大工として働いていたイエスが、預言者ヨハネの教えに惹かれて断食をしてまでその信仰に入ったが、当時は怒りや罰の神が強調され、イエスだけが誰も言っていなかった、神の愛あるいは愛の神を自己の信念にするに至った。それは、彼の生まれ育ったナザレの街でみた、人びとの惨めな、貧しい人生をなんとか救いたいという気持ちから生じた。

イエスの説く「やさしさ」「愛」の教えは、困窮する民衆、病気に苦しむ民衆の間でたちまち有名になり、人びとが集まってきた。しかし、イエス自身がわかっていた、「『愛』は現実的に編む力である。少しでも楽な生活を、少しでも治癒を求める彼らはやがて自分を棄てるであろう」と。

当時のユダヤ教主流派は、画策して、ヨハネを捕らえ、ついに獄死させた。次に、民衆の多数が惹かれているイエスの脅威を消すために謀略をめぐらした。そして、主流派はローマとの妥協で衆議会の権力を保持できていたから、ユダヤ人からイエスの記憶を消し去りたいローマの大司祭の思惑とも通じ合った。そこから「イエスの処刑」が計画された。

エルサレム市内に弟子たちと入ってきたイエスは、すでに自分の死を覚悟していた。自らの死で弟子たちを救うつもりであった。ユダヤ人の大イベントである「過越祭」の祝いの席で弟子たちと食事をした。これが「最後の晩餐」である。

遠藤氏によれば、それは名画のような光景とは違って、実際にはイエスが何を語るか、それを聞こうと大勢の民衆がその食堂に押し寄せた。その場で、ユダがイエスを批判する発言をして離脱した。イエスはこれをとがめず、君の進みたい道を行け、と許した。残ったペトロたちもイエスが逮捕されると身を隠し、ついにつかまっても、イエスのことは否定し続けた。

イエスは捕らわれ、死刑の宣告を受けることとなった。だが、それはユダヤ教の宗教的な罪を犯したことへの「石打の刑」ではなく、「十字架(磔の)刑」であった。反ローマの扇動者という「政治犯」に仕立てられたためであった。

十字架を背負わされ刑場に向かうイエスの姿は「無力、無能のイエス」そのものであったが、遠藤氏によれば、ここに「本当のキリストの秘儀」がある。すなわち、「キリスト者になることは、『無力であること』に自分を賭けることから始まる」という意味で。

しかし、イエスの死後、弟子たちはみずからを問い直した。十字架に張り付けられたイエスからは弟子たちの裏切りに対する怒りなど一切聞かれなかったこと、それどころか「彼らを許したまえ」「すべてを御手に委ねる」という叫びであったこと、これらから、弟子たちは、「まことにこの人は神の子なり」と驚きを持って、受け入れた。

そして、「イエスは死んでいない、自分たちに語りかけている」と、復活の信仰が広がり、イエスは神格化され、弟子たちによって強固な教団にまで発展した。

◇以上が、『イエスの生涯』の大まかな筋です。遠藤氏の文章を通して、「弱き者」への共感と共存の姿勢、「無力」であることを嘆かずにそのまま受け入れ、その足りなさを補うものを神の力として信じること、など、平易なテーマに惹かれました。

しかし、私には、大学生時代に読んだ、フォイエルバッハの『キリスト教の本質』がいまでも根底にあり、どのようなイエス像が描かれようとも、それは、その描く人たちの思惟が生み出す作品である、という認識が基本にあります。

       ――――――――――――――――

 「教育改革」の動きを見て (17.4.1.)

年度替わりのこの時期、「教育改革」の一環となる諸事案で動きがあります。

(1)まず、愛知県教育委員会が3月27日付で、「教員の多忙化解消プラン」を公表しました。あいち県民教育研究所「教育への権利部会」が、これに関する見解を公開しています。

それによると、「同プランは、昨年11月29日に公表された『教員の多忙化解消プロジェクトチーム』による『教員の多忙化解消に向けた取組に関する提言』(以下、『同提言』)を受けて作成されたもので『あいちの教育ビジョン 2020−第 3 次愛知県教育振興基本計画』に基づく実施計画として位置づけられるものである」。

その詳細は、下記のサイトで全文公開されています。

 あいち民研の見解 


私見です。「多忙化解消」とはいいながら、月あたりの残業時間を80時間までは許容する点は、非常に危険です。4週で割ると20時間、週あたり5日勤務とすると、1日あたり4時間、つまり夜間9時までの勤務は可とするものです。これにさらに「持ち帰り残業」が加わります。限りなく、教員の過剰業務を許容する「プラン」になっているのではないでしょうか。

(2)国のレベルでは、次のような重要問題が動いています。

『朝日新聞』デジタル版4月1日付によると、「安倍内閣は31日、戦前・戦中に道徳や教育の基本方針とされた教育勅語(ちょくご)について、『憲法や教育基本法等に反しないような形で教材として用いることまでは否定されることではない』との答弁書を閣議決定した。だが、教育勅語は、過去に国会で排除・失効決議が出ており、答弁書との整合性や、教育現場でどのように使われるのかが問題になりそうだ」。民進党の議員による質問への回答としてまとめられたものです。
(アクセス日 4月1日 URL=http://www.asahi.com/articles/ASK305RC2K30UTIL03Y.html)

最近、ニュースに出ないことはない「森友学園」の教育理念も「教育勅語」礼賛に基づいています。国会の委員会質疑では、稲田防衛大臣までが、同学園の「教育勅語」教育を支持し、今日的意義を主張する事態です。そうした情勢での上記「答弁書」です。

『朝日』の同記事によると、「第1次安倍政権時の2006年の国会で、伊吹文明文科相(当時)は『戦中の教育に対する反省などから、天皇陛下のお言葉を基本に戦後の教育を作ることは、そぐわないということになり、教育基本法が作られ、衆参両院の議決によって教育勅語は実質的に廃止されたと理解している』と述べている」。

こちらの見解が、歴史的にもまっとうな認識です。国会で失効決議をしたものを一内閣の恣意的な判断で、教育上有効とすることはまさに時代の逆行です。歴史の歯車を逆に回すやり方です。そうまでして、戦前回帰をしたいのでしょうか。

       ――――――――――――――――

 常設 2017 アップ情報一覧

 最近のメッセージ 保存  


 生活指導研究の新展開  


 生活指導・教育臨床  


 いじめを考える  


 新刊 わたしの書評  


 過去の論説 2005〜2015  


 折出健二 生活指導研究の仕事  


 折出健二のプロフィール