THANKS FOR YOUR COMING

Welcome

to Kenji's Home Page

ようこそ折出 健二(おりで けんじ)のホームページへ


◇◇ 2018 February NEWS ◆◆

最終更新日:2018年2月20日

******************

お忙しい中、このつたないHPにお立ち寄りいただき、誠にありがとうございます。

2018年も、子どもと教育、教師と学校、市民と政治、思想家と人生・社会論、そして作者の身辺出来事と小さな物語など、つれづれなるままにトピックを記事にしていくつもりです。もし、言い過ぎや事実誤認でお気づきでしたら、ご遠慮無く、ご教示ください。作者より。

【「いじめを考える」のサイトに、全生研福島大会(2017年8月)のテーマ別分科会「現代のいじめ問題を考える」で提案したレジュメ(大会紀要掲載&当日の補充レジュメ)を掲載しております。 2017年8月8日】
このサイトの全てのページの文責及び著作権は、作成者・折出健二に帰属しております。無断の転用はご遠慮願います。
All Rights Reserved, Copyright (C) 2002, K.ORIDE
  

このレギュラー・ページ「TODAY'S MESSAGE」では、「最新の記事」から順に載せています。

レギュラー記事の以前のものは、このページの後半に掲載している「常設 2017」コーナーの「以前のメッセージ&情報」並びに「生活指導・教育臨床」「いじめを考える」「わたしの書評」「教育改革とわたしたちの研究・実践課題」にそれぞれテーマに応じて保存しております(2017.1.21.)。
このホームページについて、なにかご感想・お気づきやご質問・お問い合わせがありましたら、メールアドレス k-oride*uhe.ac.jp にどうぞ。*にはアットマークが入ります。



   
TODAY'S MESSAGE:Current Topics

<どこに石を置くか>の三題ばなし (18.2.20.)

標記の言葉は、鶴見俊輔氏の、久野収氏との対談で出た言葉。「ある仕方で自分が流されそうになった時に、自分はどこに石を置くか。それを問い返すことです」と(久野・鶴見『思想の折り返し点で』岩波現代文庫、100頁)。

鶴見氏が、戦後の運動の中で、市民としての不服従をどうつくっていくか、と問い、久野氏は、憲法九条問題を取り上げて右傾化をさけるべきだとし、鶴見氏が未来に向かってこれまでの運動をどう継承するかだと述べたあとに、この言葉が語られた。

対談は1990年だから、28年前だが、中身は今の状況と重なる。今、わたしたちは「どこに石を置くか」だ。それは「君たちはどう生きるか」と重なる課題なのである。

一つには、その「どこに石を置くか」を、広島の生活指導研究会で講演した際に、広島の「スタンダード」の一面を取り上げながら、提起した。参加者の教師および退職者の反応も、この言葉について主体的に受け止めるものであった。ある教師はそれを「立ち位置」と言い換え、ある教師は自分の足場のようにとらえた。

鶴見氏は「市民的不服従」の拠点を意味していると思われるが、そのことは、学校スタンダード化の激流にあって、全国の教師にとってもまさに当てはまる。

二つめに、そのテーマを具体的な小中統合問題で反対運動を起こした市民の報告に接して、改めて考えた。というのは、上記講演の翌日、2月18日、名古屋市内で「学校統廃合と小中一貫教育を考える 第8回全国交流集会 in愛知」(日本福祉大東海キャンパス)の全体会に参加したからだ。

つくば教育長・門脇氏、瀬戸市市民・川西市の市民の三名がパネリストで、それぞれの実態と現在の取り組みを語った。門脇氏教育長に就任したときには、すでに大型の小中統合が決定されて具体化しており、いまそれを検証するという。瀬戸市民の報告では、M小学校の閉鎖反対(統合反対)に取り組み、市議会への請願署名として13,000筆も集めたが、結局、市議会では不採択となった。

川西市の取り組みは、同じく請願署名(5,000筆)を集めて市議会で取り上げられ、結局、統合は見送りとなった。その過程で、市教委の説明会に350人が集まり、午前から5時間近くぶっ続けでで、住民が市教委に説明を求め、納得のいくまで粘ったという。子どもがマイクを持って、「M小学校は好きだ。なくさないで」と訴えたという。

詳しくは省くが、この問題とその取り組み方でも、「どこに石を置くか」で、かなり違う結果となっていると思う。

そして、三つめには、同じ18日の午後、私学の「授業フェスティバル」の一環で行われたシンポジウムに参加した。 「時のひと」といえる前川喜平元事務次官の講演と、寺脇研、寺内義和の二人も交えたパネルディスカッション。

前川氏の話は、昨年12月に西尾市でも講演をしており、かれのファンが詳しい講演内容を自分のブログで紹介しているので、(全く同じ内容ではなかったのだが)ここでは割愛する。寺内氏も、寺脇氏も、それぞれ言いたいことを言って会場を沸かせたが、私はやや冷めた感じで聴いていた。

それは、今にして思えば、お二人の話には「どこに石を置くか」の視点が弱かったからだ。安倍政権の横暴さや、それに迎合する政治家たち、あるいは自治体の中の有力者たちへの、歯に衣着せぬ語り口は確かに面白いし、スカッとするであろう。会場から何度も拍手が湧いていた。

だが、それで、ほんとうに「たたかう」ちからが会場の聴衆の中にみなぎったのだろうか。「いい話だったね」で終わって、またもとの日常に帰って行くので良いのだろうか。

とくに寺脇氏にあっては、自由人としての視点で問題提起はするけれど、今、この時点で検証すべき運動とはなにか、がよくわかっていない感じだ。「ゆとり教育」を言い出した自分が文部省の中でほされた(外された)ことは、よくわかった。それは当時の文部省の流れの転換(そこで動いた幹部たち)にも問題はある。

一方、そもそも寺脇氏が提起した「ゆとり」とは何であったのか、についての検証をどうしてきたのか。「ゆとり」で全国に広がった総合学習の「調べ学習」「ディベート」などの力が、いまの「ゆとり世代」には実際に身についている、と寺脇氏は自賛するが、その世代、30歳前後をふくめてもっと当事者の状況や生き方についてていねいな検証がいるのではないだろうか。

この激流にあって、それをまともに受けているからこそ、「どこに石を置くのか」を真剣に考え、問うべきではないか。その問いと向き合おうとするひとのまじめさ、真剣さをもっと称えて良いのではないか。もちろん、高校生も含めて。私はそう思う。

       ――――――――――――――――

 石川綾子ヴァイオリンコンサート:ジャンルレス THE BEST (18.2.12.)

私が住んでいるすぐ近くの市民ホールで、標記の音楽鑑賞の機会があり、行ってきました。先に連れあいがチケットを買っていてくれて。

ただ、その日、午後に二階に上がって原稿書きの準備である雑誌を読んでいて、2時半開場、3時開演をすっかり忘れて、連れあいに声を掛けられ、急いで出かけて間に合いました。

休憩を挟んで、全14曲、そして「千本桜」というアンコール曲。とてもすばらしい、哀愁のなかにもパワフルな演奏でした。

クラッシック・コンサートは何度か行きましたが、第一部、第二部とも通してこんなに引き込まれ、ヴァイオリンの音色のすばらしさに感動したのは、本当に久しぶり。

パンフレットによると、彼女は4歳から習い始め、5歳の時にイギリスに渡り、ロンドンの名門の音楽学校に最年少で合格。その後、シドニーの音楽院を首席で卒業したという秀才で実力派。

タイトルの通り、「ジャンルに壁はない」の主旨で、いろんな曲を演奏してくれました。

「天空の城 ラピュタ」で流れる「君をのせて」、「君の名は。」の「前前前世」、そして「チヤルダッシュ」。また、石川さん作曲の「誓い」「PASSION」など。どれもこころに響きました。

演奏中に弓の糸が次々切れるほどに、パワフルな弾き方でした。それは、300年前の制作という名器・ヴァイオリンの音色を二階席の奥まで届けたいと、弾いたからでしょう。

アンコール曲の時にはステージから降りてきて、客席に沿って歩きながら演奏し、私たちがいるすぐ前の中央通路を通ったので、すぐそばで聴くことができました。30ウン歳とは思えない、若さ! これからも大事にしてほしいですね。

久々に感動した生演奏。古希を前に、ここまで元気でやってこれた、そのわが人生のささやかな1頁を彩る、素敵なひと時をいただきました。ありがとう。

       ――――――――――――――――

集中講義で教えた第一期卒業生に贈る言葉(18.2.12.)

3年前、中部地方のある私立大学の教育系学部で、当時2年生であった学生たちに「特別活動の指導法」を集中講義で教えました。その第一期生がこの春卒業で、卒業生一同の名義で「卒業パーティ」への招待状が来ましたが、所用で出られない代わりに、祝詞を贈りました。以下がそれです(固有名詞は伏せました)。

 ご卒業おめでとうございます!

 皆さんの2年次にA先生と共に「特別活動の指導法」を担当した折出です。

 このたびは「卒業パーティ」のご案内をいただき、感激しています。心から一人一人に「おめでとう!」と伝えたい気持ちで出席したいのですが、先約があって失礼します。以下に、ささやかな祝詞をしたためます。

***

 一人一人の思いを胸に、このB大学子ども教育学部子ども教育学科で4年間、学び、語らい、合宿等で交流し、いま・ここに卒業を迎えられました。
 よくぞここまで歩んできました。あなたを見守ってくれた、あなたのそばにいる他者(ひと)に、こころから感謝しましょう。
 

 私は上記の科目で皆さんと出会ったとき、親しみを感じて授業に臨みました。この科目は教育の実践的科目なのに、折出は学校教育の構造や指導と管理の関係、子どもの関係性や自治などを理屈っぽく語って「難しい」と、皆さんは気持ちの上では引いたかもしれません。が、私は真剣でした。あなたがたに託したいと思って、語りました。 なかには居眠りもあったけど、今となっては、それも楽しい思い出です。
 

 まずは、教職を志したその気持ちを大事にしてください。

 「初心、忘るべからず」と言います。能の世阿弥の言葉です。

 「何事かをはじめるときの新鮮な気持ちをいつも忘れずに」の意味としていまも語られます。が、世阿弥の元の意味は少し違います。能のような芸事においては初心者に失敗や苦労はつきもので、その後慣れてくるとその失敗や苦労を忘れてしまうが、それでは成長につながらない。それらを忘れずに後の芸の深まりに生かしなさい。これが元の真意です。

 皆さんがそれぞれ進路をえらび、新たな人生に歩みだす今、こころに刻んでおいていただきたい。初めからのプロはいません。自分の経験と歩みをていねいに振り返り、「なぜ」「何が」と実践過程から学んで、立ち上がっていく。これが、教師も含めて専門職者としての成長の原点です。

 世阿弥の言葉も、もとは、そういう「振り返り」のもつ、自立にとっての大事な意味を表す成長の哲学なのです。
 

 皆さん。いま、小学校現場は、英語が教科になり「特別の教科 道徳」が始まるなど、新たな課題を前に緊張の連続かもしれません。教職に限らず一人の若者がその選んだ道をあゆみ専門職者として成長するには、それなりの時間と体験、人間関係など、要するにその人のヒストリーが必要です。
「初心、忘るべからず」を指針に、○あ焦らず、○い急がず、○う鵜呑みにせず、○え笑顔を大事に、○お己(自分)を信じて、頑張ってください。
 

 学校現場に出ると、「子ども教育学部の卒業生なのだからこれくらいはできるでしょ」と先輩教師から言われそうで、迷ったときや悩んだとき、それを同僚の前に出しにくくて自分の胸にしまい込み「封印」してしまいがちです。

 しかし、それはよくありません。「見栄」にとらわれずに、困ったときには先輩たちに聴きながら、また子どもの見方についてもいろいろのおしゃべりを大事にしながら、やってください。

 最後に、「教師」は字義の上では「教える人=専門職=師」を表します。しかし、教育の真実からすると、教師とは「(自分が)教えられること=学ぶことにおける師」なのです。

 Teacherは、すぐれた Learner であってこそ務まるのです。どうか「教えの達人」ではなく「学びの達人」をめざして、おおいにチャレンジしてください。

 今後は体に気をつけて、私生活のオンとオフもうまく創り、人生の20代から30代にかけての自立期を(多少は)もまれながら、進んでください。

 愛知から応援しています。
   

                                                    2017年2月7日  

       ――――――――――――――――

 秀逸の映画作品公開  (18.2.8.)

イギリス映画の名作「わたしはダニエルブレイク」が、公開されます。名古屋では、昨年3月に続き、二度目。

地域人権ネット主催の「人権を映画で観る」の企画の一環で、3月4日(日曜日)午後4時45分から6時25分、名古屋市西文化小劇場にて公開です。

この映画は、81歳になったイギリスのケン・ローチ監督の秀逸の作品です。そのタイトルは、一人の労働者の切実な思いを表しています。それがダニエルです。彼は59歳。建具工としての仕事を続けてきて誇りを持っており、妻を亡くしてからもつましく暮らしてきたが、心臓の病となり、仕事を止められたために、国の補助を受けようとします。しかし、職業安定所での複雑な手続きのために、幾度も憤りを覚えました。・・・・・・

イギリスの労働者の現実をリアルに描きながら、暗くならずに、ダニエルの人間らしさへの渇望を活き活きと描いています。

この他にもたくさんの名画が同会場で、二日かけて上映されますが、単発作品鑑賞は、800円。

       ――――――――――――――――

札幌雪まつり(18.2.7.)

◇ フリーな時間がとれたので、初めて、札幌の「雪まつり」に行ってきました。私がにわかツーリストで、ANAのフライト&宿泊セット便を予約し、オープン日に合わせて。

北日本は大雪で荒れ模様との予報でしたので、どうなるかなとは思っていましたが、往路は離陸が30分遅れた程度で無事に着きました。札幌市内はさすがに寒い。路面は雪がかきわけてあるけど、交差点の歩道あたりは凍結していて、あぶない。

横断歩道の途中で滑って立ち上がれない女性を近くの人が抱きかかえて、すぐに移動させた場面をたまたま目の前で見ました。

足か腰を打ったのでしょう、立ち上がれず、現場の人が救急車を呼んでいました。その当事者は韓国人風か、アジアの人でした。

私は何度か冬の札幌に行ってきた経験で、靴の上から付ける滑り止めグッズを持っていたので、このたび連れあいにもそれを取り寄せて、雪まつり会場の現場では観て回るのに大変助かりました。

◇ 奈良薬師寺大講堂の大きな雪像の場所で開会式が行われ、陸上自衛隊の楽団の演奏につづき、セレモニーでした。5つの大雪像の制作にあたった陸上自衛隊の各隊の紹介など、かなり自衛隊の宣伝部分があると知りました。

雪像の出来栄えは迫力があり、手塚治虫記念のアトムなどを模した雪像や、ファイナルファンタジー大決戦という、ゲームのシーンの大作も大勢の人だかりでした。

氷の彫刻のエリアも観て回りました。細かなところまで削って、力作揃い。

◇ 知人が紹介してくれた「炙屋」という居酒屋で、大きなほっけや、蟹味噌の陶板焼きなどをいただき、国稀という地元の銘酒をおいしくいただきました。翌日は、その知人がこれまた地元の有名なジンギスカンの店に案内してくれて、私たちは初めてのジンギスカンを食しました。あのモンゴル帝国の大将・チンギスカンのかむった帽子の形をした鉄製の鍋で、ラム肉などともやしやカボチャなどの椰子を一緒に焼いて、食べます。このお店「松屋」は、すでにタレに漬けた肉を使うので何もたれ汁は出てこず、焼けごろみてそのまま食べるのですが、とても旨い。

その知人とは久しぶりで、連れあいも交え、3人で楽しく過ごしました。

◇ これでオフタイムを堪能して、後半、いくつかの講演や研究報告にのぞまなくてはいけないのです。オンとオフの切り換え、これが活動には大事です。

       ――――――――――――――――

 歌とは、ことばとは:歌謡教室発表会を聴いて  (18.1.29.)

◇ 昨日(28日)、地元の文化施設ホールで歌謡教室や歌の会の共同主催で歌謡祭が行われました。私の連れあいも三年前から教室に通っていて、百数十人が歌う中で57番目に歌いました。そのビデオ係りを兼ねて、約1時間、前後の方の歌をフロアで拝聴しました。

皆さん、年配で女性が多いのですが、和服、ドレス、スーツなど様々なスタイルで楽しそうに歌っていました。少し音楽の音量が大きめで、肝心の歌声が聞き取りにくい場面もありましたが、途中から少し修正されて、聴きやすくなったし、それぞれ選んだ楽曲の歌詞に思いを込めて、自分を表現しています。この活力を引き出すのは「歌の力」だな、と思いました。

◆ 「歌う」ことについては、私は次の二人の名言をあげたいと思います。
春日八郎(「別れの一本杉」などの名曲の歌手。故人):「歌の八分は(歌手の)自分が、あとの二分は歌を聴く人が味わえるように」歌ってきた(2017年11月29日、BS151、「昭和偉人伝 春日八郎」の中で)。

全部を歌手である自分が歌いきるのではなく、聴いている方々と分かち合えるように歌う。そうすることで、聴いている人の心に届くような歌い方になる。そのような意味合いで春日氏は語ったのだと理解しました。これは歌に限らず、講演や論文にも言えることではないでしょうか。

もう一人、三木たかし(テレサテンの楽曲をはじめ多くの作品を生み出してきた作曲家。故人):「歌うのは(目の前の聴衆だけではなく)自分の背中に歌うのだ」(三木氏のエッセーで)。

三木氏は阿久悠氏と共に昭和の歌謡の世界を担ってきた一人です。この言葉は、私は好きなフレーズで、要するに、歌い手その人の人生を込めて歌いなさい、ということです。

三木氏のこの言葉は、冒頭の歌謡祭で歌った方々の歌のうまさ・味わいにも出ていました。「上手」なのだが、メロディー通りで、その人の「表現」には今少し、と言う方もおられた。それに対して、その楽曲のものがたりをある程度自分のものにされている方の歌は、どこか「背中」に向かって歌うところが感じられ、私は「いいな」と思いました。

◇ ところで、今朝(29日)、NHK「ラジオ深夜便」で、「謎とき うたことば なかにし礼さんに聞く」(第一部)をやっていまして、金田一秀穂氏が作家・作詞家のなかにし氏に聴くという内容でした。そのなかで、印象に残った彼の話をメモしておきます。

・シャンソンに影響を受けたが、シャンソン自体が今では死語になっている。訳した歌でも、あるフレーズを発見することで自分の歌になったと思った。「知りたくないの」(菅原洋一)で「あなたの過去など」と「過去」を使ったときもそうだった。
・男の作詞家として、「女こころ」をよくつかんでいるとほめ言葉を頂くこともあるが、それは違うと自分は思っている。男・女の区別を超えた「両性具有」でないと良い歌はできない。人の心理としては男も女もない。女の気持ちを男(たとえば菅原洋一)が歌うので、人びとに受け入れられた。歌の素材が「ネクタイ」であろうと何であろうと、心理は、男も女も同じだ。私の作詞では「男一匹」とかいうことばは使わなかった。(なかにし氏いわく、「こういうことを話すのは初めてだ」)
・かつて「人生の並木路」をハーモニカで吹くのを聴きながらみんな泣きながら、勇気をもらった。人が集団として固まるときのエネルギーはすばらしい。
・歌書きは、「苦心」はするが「苦労」はしない。細心の注意を払って作詞をするが、それ自体は楽しい。

◆ 私が仕事で付き合う研究者の方がたにも、歌の好きな方、歌のうまい方(声のいい方)がいます。が、どちらかというと、あんな大衆的なもの、どこがいいのか、と冷ややかに見ている向きが多い感じがします。確かに、いわゆる「ド演歌」には私も引いてしまうところがあります。しかし、上記のなかにし氏らの楽曲に見られる歌は、現代社会を生きている日本人がどこかで経験し、どこかでそういう心理をいだいたことに響くまさに琴線に触れるものを持っています。

全く平凡な一人一人の生活の中にある、ある種のドラマ、その心理、その向こうに見いだそうとしている夢に、もっと目を向け、それを聴き取る耳をもつようにしてはどうでしょう。国内外の著名な学者たちの偉大な言葉ももちろん自分の学びと研究にとっては大事な学習財ですが、いわゆる民衆の心理に応答できる感性をこちらが持ちあわせていないと、ほんとうのちからにはなっていかないと思います。

いまの安部晋三首相のように、先日の施政演説でも、きれいな言葉が並ぶけれども、国民の生活現実の内実には響かない・届かないのです。浮いています。研究者も、そういう、浮いた論文をいくら重ねても、教育に限らず社会の様々の現場で生き・闘っている人に勇気や見通しを生み出さないままではないでしょうか。

◇ 広島大の大学院時代、研究室の教授であった吉本均氏(故人)が、よく私たち院生を、当時の広島市内の大学近くにあった居酒屋に誘い、そこで「屋台教育学」を講じながら「横のもの(外国の論文)を縦(日本語の文章)に直しただけでは何にもならん」とよく言っていました。今にして思えば、吉本氏も、研究者にとっての「ことば」を終始、悩み抜いたのではないでしょうか。いまはじめて、わかります。

       ――――――――――――――――

映画作品二題(18.1.26.)

◇ 試写会での鑑賞、「長江 愛の詩」。これは、中国のアン・チャオ監督・脚本の作品。旧くなっている貨物船の若い船長は、船内に、かつて船長であった父親が残した詩集があるのを見つけた。それは「長江図」と題されていた。彼は、その詩集をたどりながら上海から長江を経てその源流にまで至る旅を続けた。

行く先々で、アン・ルーという、幻想なのか現実なのか不明な美少女と会い、恋に落ちる。

大河と言うよりは海そのものといった感じに見える河口付近の長江をしだいに物語に応じて上流へさかのぼっていき、主な都市の港の風景や民衆の暮らしが、港に停泊して街に出て行く主人公・船長の体験を通して描かれる。

はるか上流に来ると、切り立った岸壁の間を縫うように流れる長江の情景にほんとうに息を呑むとはこのことで、ハッとさせられる場面が続く。

監督がオールロケで10年かけて創り上げた作品だそうで、壮大な長江を感動をもって観ることができる。これはスクリーンだからこそ伝わってくる迫力だと思った。

◇ 降旗康雄監督、木村大作撮影の「追憶」。昨年5月公開で、このたび私はDVDで観た。

ストーリーは、アメリカ映画でブラッド・ピッド主演の「スリーパーズ」(非行を働いた少年たち、の意味)に近いものがある。つまり、少年時代の、仲の良い、悟・啓太・篤の三人には、生涯消えることのないある体験があった。

舞台は北陸の海沿いの街。三人は背景は異なるが孤児で、かれらを世話してくれた若い女性と暮らしていたが、そこに、この女性を捜していたヤクザの男がやってきて、暴力でおどし、女性を性欲の相手として支配した。その様子を目の当たりにしたかれら三人は、女性を救いたい一心で、ある日男を消すことにして、ついに彼を刺してしまった。その現場に女性が駆けつけ、「何もなかった。これからは他人で、あなたたちは一切を忘れなさい」と諭した。自分が罪を背負ったのだ。

それから25年。その子ども時代に母親に棄てられた篤は東京で刑事になっていた。ある日、母親からの生活が苦しいという連絡があって郷里に帰ったとき、ふとしたころから、悟にあった。かれは婿養子に入ったガラス工具店の社長で、金策のため昔なじみの啓太を訪ねてきていた。啓太は、輪島で建設業を幅広く経営していたし、近く妻が出産の予定であった。

ここで事件が起きた。悟が、自分の妻の妹を実家に訪ねた後に、近くで殺されていた。彼の工具店は東京なので所轄の刑事として篤も捜査に参加した。悟が啓太と喫茶店で会い、彼から金を借りた事実が判明し、その直後の事件なので篤は、啓太を疑った。啓太は、いっさいこの件に触れたくない素振りで、篤の疑いはますます強まった。

篤が、啓太の真意を確かめようと彼の会社を訪ねていたとき、妻が産気づいて、すぐに篤の車で送っていき、母胎を守るために帝王切開となった。その一方で、事件の真相が判明。悟の妻と若い男の店員とが共謀しておこなった保険金殺人であった。

妻の出産を待つ間、啓太は、ある秘密を篤に打ち明けた。それは、自分たちが子ども時代に世話になった女性が交通事故で高次精神機能障害で療養しているのを知り、訪ねたこと、啓太の妻はその女性が刑務所に服役中に出産した子であること(つまり、自分たちが憎さのあまり殺してしまった男との間にできた子であること)、妻はその女性には会っていないが名前を知っていて、生まれてくる子にはその一字をもらいたいと妻が望んでいること(涼子、の涼の字)、という話であった。

無事に女児が生まれ、母体も心配なし。それを医者から聞いて、啓太は泣き崩れた。篤は心から「おめでとう」と。

すべてが解決したのを機に、篤は、涼子の療養先を訪ね、近くの砂浜に車いすを押して出かけた。彼は彼女に跪いて、「篤です」と名乗った。涼子は無表情であったが篤をしっかりと見て、かすかに言葉を発した。篤は、車いすに座っている彼女の胸に頭をうずめ、やっと自分の「ふるさと」に帰れたかのように安らかな表情を見せた。それはすこし微笑んでいるようであった。

遙か向こうの水平線に夕日が静かに沈んでいく・・・・・・。

刑事となった篤を岡田准一、啓太を小栗旬、悟を柄本佑が演じている。特に岡田は、何か胸の内に傷をかかえているなと思わせる、いつも仏頂面の若い刑事役をこなし、最後まで得画を見せなかったが、涼子の胸に顔をうずめたときに、はじめてほんのり笑顔を見せる。ここは降旗監督からもずいぶんと演技の注文が出たシーンだろうなと思った。

小栗旬について私はあまり知らなかったが、彼の、妻と二人の時にはしゃぐ明るい面と共に、篤や悟にあったときの、何か隠しているなと思わせる表情や、篤を巻き込みたくなくて彼に対するぶっきらぼうな物言いをする態度など、自然体の演技に感心した。

岡田さんの演じた役を亡き高倉健が演じたら、より重厚な深い物語になったであろうと思う。岡田さんで不足という意味では決してなく、高倉健のはまり役のような、そういう作品だからだ。降旗監督の思いがにじみ出ている。

すこしうら寂しい、日本海の海辺の街。つましく暮らす若い人びと。その三人の胸にずっと封印されてきた、二度と触れてはいけない出来事。そして、そうした人びとの人生の表も裏も包み込むように、水平線にゆっくりと沈む夕日。

こういう映画は、降旗監督ならではのものと受け止めた。木村大作のカメラ技法がすごく冴えている。古びた喫茶店の窓から、篤が夕日を眺めたシーン。それが篤の追憶のなかでさらりとよみがえる。

よくぞ、ここまで生きてきた。あなたは何も悪くないよ。そうやって生をまっとうに刻んできていること、そのことが何よりの宝だし、それでもう十分、罪の償いはしているよ。裁くのは法でもあるけど、それ以上に、人間と人間のつながり、和解の思想だよ。・・・・・何か、そういうメッセージがこの作品から伝わってきました。

       ――――――――――――――――

 子どもの貧困問題ほか  (18.1.24.)

◇ 1月20日、「なくそう!子どもの貧困」全国ネットワーク主催の「第7回子どもの貧困対策情報交換会 子どもの貧困指標を考える」に参加しました。会場は東洋大学白山(はくさん)キャンパスの6号館。地下鉄三田線の「白山」駅で降りて約10分歩いていくとバス通り沿いにモダンな建物がありました。

いま大学は「文高理低」(文系が人気が高く理系は低い)らしく、東京圏では東洋大学もその人気のある大学の一つらしい。なるほど校舎内はきれいで配置が行き届いているし、地階の食堂・カフェテリアもとても広く、利用しやすい。

その大講義室に一杯の参加者。主催者は予定が120名のところ、180名の参加と言っていました。雰囲気から、研究者よりは、現場のワーカーや自治体職員、支援者が多かったようです。

報告は、阿部彩(首都大学東京)氏の〈子どもの指標の意味と読み取り方について〉、沢田直人氏(愛知)の〈学習支援のとらえ方と指標評価〉、桜井啓太氏(名古屋市立大、元ケースワーカー)の〈生活保護基準引き下げ問題〉という3本でした。

それぞれ中身の濃い報告で、愛知の子ども調査をする前に聴いておれば少しは違ったかも知れないと思うほどに、調査に関係の深い内容でした。阿部さんは岩波新書で読んで知っていましたが、はきはきとした、統計処理につうじているのもさすがと思わせる、筋道の通った物の言い方でわかろやすかったし、内閣府の委員を務めたり全国のいろいろの自治体の仕事にも関与してきたらしく、ただアリバイづくりで調査をしても意味がない、とはっきりと物を言うところは良いと思いました。

学会とは違って、2時間続けて二本の報告を聴いているのはしんどかったですね。そのあと休憩で質疑に入りましたが、上記のように、現場の方からの質問が多かった。

その中で、東洋大学の小川氏から、最新の子どもの貧困指標(貧困率)が「13.9」となった背景のとらえ方について質問がありました。阿部氏は女性の就労が増え世帯収入が上がったこともあるとしたが、小川氏は、名目値は上がったが実質値は下がっている(内閣府の貧困線の122万円が実質は106万円になっている)ので、貧困率の低下をもって子どもの環境が改善されていると言えない、と自説を述べていました。

これに対し、阿部氏は、「下がったというのは事実で、事実としてみることが大事」と強調していました。

しかし、これは阿部氏のほうに論理の脆弱さがあります。統計に出た現象をまず観なさい、といっているのに等しく、その現象は(目には見えにくいが)どのような質的な状態から起きているのかを小川氏は問うているのだから、その内的な構図を阿部氏がどう考えるかを語るべきでした。

語弊があってはいけないが、統計をベースにした研究の弱点はそこにあります。統計上の「事実」は、生活の「真実」を全面的に表すものではないからです。そこは解釈というか推理が必要で、その際の理論的な枠組み(見方)に、研究者の思考なり哲学的な論理がどうであるかが大きく影響すると思います。

◇ 愛知子どもの調査の報告書の完成が間近ですが、その一環で報告書の収めるために委員各自が小論をまとめることになっており、先日私もA4で8頁相当の小論をまとめて事務局に送りました。「関係性の貧困と学習支援に関する一考察」です。

◇ 貧困つながりで、『貧乏物語』の河上肇がつくった「旅人」と題する詩集を最近知りまして、その作品を載せたネットで読みました。

中でも「味噌」は、独り身の作者が好物の味噌が臨時配給となったのを近所の行きつけの店に買いに行って、多めにもらってきて、帰りに花屋で白菊を一本買い求め、自宅で火鉢にかけていた里芋を白味噌に砂糖を入れて食べると「ほかほかと湯気立てゝ 美味これに加ふるなく うましうましとひとりごち けふの夕餉を終へにつゝ この清貧の身を顧みて わが残生のかくばかり めぐみ豊けきを喜べり ひとりみづから喜べり」で結んでいます(引用の空白はすべて 原文では改行)。

その作品には「昭和十九年元旦作」とあります。

独り身で高齢となった河上肇の生活のなんともいえないわびしさと、しかし精神的には充足している達観の姿が良く出ていると思います。

◇ 河上のその詩を含めて、清貧の中にも豊かさを観る、かくあれば、と思いつつも、(連れあいからも言われるのですが)まだまだ旨い酒が飲みたい、(数は少なくて良いから)おいしい料理が頂きたという欲がある以上は、凡人そのもので、当分さまよう感じです(笑)。

12月半ばから歯茎が痛み出し、名古屋市の栄のいつもいく歯科医院で治療をしたのでしたが、その間、食べられないつらさを嫌というほど味わいました。

とにかく冷たい物を飲むとしみるし、夜中でも歯茎の疼きがひどかったので(笑)。歯周炎でした。お正月は何ともなく過ごしたのに正月明けぐらいから急に痛み出し、同じ歯科医院で診てもらいました。歯の根っこの治療で薬も差してもらい、いまは落ち着いています。市販の歯肉炎症用の塗り薬も歯磨きの後毎回歯茎に塗っています。これは効果があります。

一時期、食が細くなり、2sくらい体重がダウン。いまは、歯も回復して何を食べても、飲んでも美味しく(笑)、リバウンドしないように気をつけています。

「70歳になる前後ではっきりと体調の変化があるよ」と、先に古希を迎えた人から聴いていましたが、私の場合、これもその現れでしょう。

今全国で高齢者の相当高い割合で歯槽膿漏あるいは歯周炎があるそうで、早めの処置、食事後の丁寧なブラッシング、そして歯肉への塗り薬適用、これが大事です。

       ――――――――――――――――

新春の出会い(18.1.16.)

◇愛知私教連の「旗びらき」に愛知父母紺の会長として他の役員の方々と共に参加しました。女性役員はほとんどの方が、和服姿。いつも常任幹事会でお会いする方々の落ち着いた中にもあでやかな着物姿。

40数十名の参加のテーブス式の会場で委員長あいさつに続いて、来賓を代表してあいさつをしました。その後、会食。

その中で、舞台上で、いま職場での労働条件で経営側と闘っている4つの単組から現状報告があり、そのあと、会場フロアから各単組への激励の品やカンパが届けられました。このあたりが私教連独特の連帯感ある姿だなと思います。

◇毎年の京都前進座公演の観劇と下賀茂神社参拝は、今南座が改修工事中のため、前進座公演が先斗町の歌舞連場で行われている関係で、いつもよりは10日くらい遅れての「マイ行事」となりました。先に下鴨神社に参拝し、恒例のおみくじも得ました。なんと、はじめて「大吉」です。

ここのおみくじには、どれにも、ことわさや偉人の名言が引用されています。わたしの「大吉」にはパスカルの言葉、つまりものごとの達成は小さな努力の積み重ねだ、という言葉使われています。

連れあいはこのことを話すと「(急に大吉で)却って怖い」といいますが、まぁ慢心せずにパスカルの言葉を指針にやっていくことです。

夜は、飲み会つながりのある知人たちと、その行きつけという、京都市内中心部の路地にある「楽庵」でミニ新年会をおこないました。どの料理も美味しかったですが、蟹の甲羅酒は蟹味噌の味も加わって、えも言われぬおいしさ。また、この店は全国の地酒を多くそろえていて、こちらも満喫。

◇その知人のIさんが、今年は北野天満宮でのおみくじが「凶」であったと。「じゃ、そのぶんをわたしがもらったのだ。わるいね」と言うと、大笑いに。しかも、Iさんが言うには、過去にも同じ年に三神社で引いたおみくじがすべて「凶」だったとか。その場にいた別の人の話では、前に、「凶」のさらに下の「大大凶」を引いてしまい、以後、いっさいおみくじは止めたと言います。「大大凶」の種類があったんですね。

◇先日は、西尾市の産廃処理建設計画問題での研究会に出席しました。その中身の話は、市の広報で行われるので、ここでは割愛します。その会合の帰り、市の職員に駅まで車で送ってもらう中、世間話をしていると、研究会の会長を務める方のいとこにあたるのが鳥越俊太郎さんだそうで、時々、携帯で話しているそうです。

あの都知事選出馬の際にも、その方は鳥越さんに「あんたの年なら自分の専門のことで仕事をすべきだよ」と言ったが、本人は意思が強く、出馬した。すると、男女問題での一件がマスコミに取り上げられ、マイナスに影響した。だから、言わんことじゃないんだと、彼はさらりと言いました。

ちょうどその日の会合では、工学専門の委員から全国各地での地震による「液状化」の実態が報告されたこともあったので、私が「それは、(深層に隠れていたことが噴き出る、の意味で)人生の『液状化』ですよね」と言うと、彼は「なるほど!」と、大笑いになりました。

かくして、2018年のスタートは、はやくもドラマティックに。今年も、いろいろの課題が現れそうですが、前向きになってやっていきたいものです。

       ――――――――――――――――

 謹賀新年  (18.1.1.)

明けましておめでとうございます。

新年をお元気で迎えられたことと思います。この一年が、(このHPを訪問してくださる)皆様にとって、夢の持てる充実した年に成りますように念じております。

私自身は、愛知県子どもの貧困対策検討会議としての調査報告書を昨年9月にまとめることができましたが、その展開で、委員各自が専門性を生かして「提言」をまとめることになっており、その論考作成という宿題があります。

また、県内で起きた母子心中事件並びに父子心中事件(いずれも子ども虐待死)の検証報告書の作成も控えております。

さらに、西尾市の産廃処理施設建設計画に関する調査研究会の委員として、その総括的な報告に参加しなくてはなりません。

愛知私学父母懇も、早々に私教連の「旗開き」への参加、そして例会の常任幹事会への出席など、動いていきます。

全国的には、全生研の研究全国委員として、基調提案に員会の委員になっており、その会合に参加していきます。また、広島生研の企画で2月に、「子どもの主体性を育てる学校づくり」の講演を行うために、行ってきます。

恒例の京都・下鴨神社初詣を兼ねた前進座公演観劇は、今年は、いつもより遅くなります。いま、京都南座を改装中で、そのため同劇団の公演も遅い開始となったためです。

今年は、前からアバウトながら構想している、「生活指導と弁証法」(仮)について既発表論考を整え、出版の準備をしていこうと思います。ヘーゲルに学んできた私なりの集約であり、私自身の終活に向けての大仕事です。

昨年末、連れあいと、名古屋市内の宗次ホールで開かれた布施明コンサートに行きました。12月に古希を迎えた彼が、張りのある声で歌い、明るい話題でトークに聴衆を引き込み、「七十は(人生百年の時代に)まだまだ鼻タレ小僧だ」と自らに檄をとばすかのように、言っていたのが印象的でした。それくらいの前向きな構えは大事だと思います。

では、この一年もよろしくお願いします。

       ――――――――――――――――

この1年、お立ち寄り頂き、ありがとうございます(17.12.31.)

今年の流行語の大賞は「インスタ映え」でした。それからすると、文字ばかりのこのHPは、真逆な感じで、画像ブログやフェイスブックの流れでは、ここは見づらいだろうなと思いますが、HTML方式はHP発信の原点なので、いましばらく、このやり方で続けて参りますので、お付き合いください。

この1年、国際的には、トランプ大統領の「威圧」「駆け引き」「自国利益優先」の言動に始まり、これに終わろうとしています。彼の挑発を受けつづけた北朝鮮のキム総書記は、はやくも労働党機関誌を通じて「来年はもっと刺激的な起こるので覚悟せよ」と発信したそうです。

国内的には、従来の保守のなかで最もタカ派と言われた山崎拓氏(自民党)ですら、自分よりももっと危険だといわせる安倍政権の危うさがあります。穏健保守の宮澤喜一氏(自民党)が言ったという「戦争だけは絶対に起こしてはならない」という合い言葉さえ、安倍政権下では空文になっていくほどに、日本が進んで武力による戦闘場面に参戦していく状況がますます近づいている感じです。

孫ごたちの行方が本当に心配です。

今朝のNHKラジオ第一の日曜特集として、AI(人工知能)と人間の関係について、学者の論議が報道されましたが、AIの得意分野は情報の解読・接合とその効率化(即応性)にあるのですが、それが、いまや人間たちの社会でそのトップの座に着いている人物によってすでに行われている感があります。

たとえば、レストランに行き席について、注文を聴きに来たスタッフに「私は魚」と言うとします。人間のスタッフなら、「この客は、メニューのなかの魚料理を注文だ」と聴き取りますが、AIのロボット・スタッフでは、客が「私は魚です」と自己紹介していると聴く、というのです。

トランプはこれ以上の核開発を止めさせようと「(北朝鮮への)石油を止めるぞ」と言いますが、キム労働党委員長はこれを「北朝鮮をつぶすぞ」と聞いて、さらに反発を強める。この繰り返しの行き着くさきはとても危険です。

トップの座に着いている人物がこのようにAI的な、効率と情報の相乗作用的反応で動いている現代は、人類の開発してきた情報技術とそのネットワークの弱点の極みが一挙に噴き出してきているような気がします。

だからこそ、あまりにも人間くさいというか、非効率をモットーとする「対話」の復権こそが事態を打開するカギと言えるでしょう。

来年を、「もっと人間的に!」という時代にしたいものです。いや、そうすべきです。あらゆる分野で、それぞれに個性的に。

末尾になりますが、皆様、良いお年をお迎えください。

       ――――――――――――――――

 『君たちはどう生きるか』について(2)  (17.12.26.)

◆12月18日の記事で、「私の若い頃の小著『人間的自立と教育』(青木書店、1984年。いまは絶版)のなかで、「『君たちはどう生きるか』における自立の問題」を書いていました(同書、42〜73頁)」と紹介しました。

その後、PDF版にして、愛知民教連、あいち民研、全生研のネットに発信(投稿)しました。さっそく、複数の方からレスポンスもありました。

このHPをご覧の方で希望される方は、アドレスをお知らせ下されば、上記PDF版を添付ファイルで送ります。重たいので、二回に分けます。

◇あとわずかで2017年も終わります。この1年を振り返って、にあたる記事は、下段の「愛知父母懇」の話題に集約されるので、それ以上は割愛します。

今年は今までになく、年末の掃除や年賀状を、早めに済ませました。連れあいもびっくりしたほど。研究会やその他会合が今までは年末ぎりぎりまで入っていましたが、それが俄然少なくなったのです。

とはいっても、明日には、愛知県知事との、私学助成をめぐる交渉会見(私教連が主体で行うが、父母懇会長も同席するため)、そして夜間にはコンサート、とスケジュールはあります。

◆大阪・箕面市での4歳児虐待死、大阪・寝屋川市での精神疾患のある娘(33歳)を、16.17歳の頃からずっと10数年にわたり自宅軟禁部屋に閉じ込め、栄養失調と凍えで凍死させた事件、単に家族の崩壊と言うにはあまりにも凄惨な出来事。

近代家族の持つ家父長制を批判し、国家の基礎としての受け皿的性格を指摘するのも良いですが、家族らしい関係性をいま、我が社会はかくも簡単に投げ捨ててきたのでしょうか。

何のための家族なのか、なぜ共同で暮らしているのか。こうした根本の社会通念がきわめて揺らいでいる以上、国家が揺らぐのは当たり前です。

       ――――――――――――――――

 愛知私学父母懇会長の半年を振り返って (17.12.21.)

今年の私のビッグニュースの1つは、6月に正式に「私学をよくする愛知父母懇談会」の会長に就任したことです。以来、6ヶ月。サマーセミナー、オターム・フェスと、大きなイベントも経験し、毎月の常任幹事会(夜の7時から9時)にも出席して、この運動の奥深さを感じてきました。

それと、何かの活動が亜ればその「打ち上げ」で、皆さん、よく飲むことも(笑)。さいわいに、適度にお付き合いができていて、その点のストレスはありません。

いま、グローバリズム、「人づくり革命」などと言われますが、私たちの社会は大きな問題に突き当たっています。それは、子どもも若者・大人も、「個」が際だってばかりで、頼ったり頼られたり、働きかけたり働きかけられたり、信頼し信頼される関係性をはぐくむ中間社会があちこちで壊れ、なくなっていることです。

粒のような存在になっているので、私は以前から「アトム化」と呼んでいます。企業社会でもおとなりは業績を競う相手だし、弱みは見せられない。その抑圧がハラスメントやいがみあいになる。子どもたちも、同じような集団の構造で、自分をうまく表現できずに、いじめてしまう。いじめは、自分を観て欲しい、関わって欲しい、自分はこんなにも我慢しているという、言うに言えないメッセージの逆立ち表現行為です。

父母紺が、「ひとりぼっちの父母をつくらない」としている意味はとても大きい。ひとりぼっちにさせられていきやすいこの社会で、父母懇の各ブロック、各つどいが、人とのつながり、世話される関係の中間社会を自らつくりだしている。

そこには、「ワクワクすること」「夢を語り合うこと」「あてにしあてにされること」という、社会の中で、生きる意味を見つけるのになくてはならない要素がたっぷりと詰まっている。

フェスに参加する高校生たちもそうです。科目の点数に縛られる高校生活ではなく、自分がここにいる意味、生きる意味を見つけられる高校生活を、自らの手でつくりだそうと、互いにつながり、活動を世話し、社会に関心を持ち、活動している。そして、彼らや彼女らも、フェスという自分たちの中間社会をとおして「ワクワク」「夢」「信頼」の三要素を、学びのテーマとして追求している。

高校生フェスと、父母懇が違うメンバーだが同じテーマで重なり合って動いている。ここに愛知私学の新しい可能性があるのだなとわかってきました。

「教育の無償化」は、お金のために進学を断念したり、変更したり、あるいは中退したりする、あってはならない問題をなくしすべての子どもたちに高校教育を受ける自由を保障しようという運動です。そこにある大事なテーマは、どういう教育を創り出すか、子どもたちと共にどういう学びを探るか、の課題です。

それはとりもなおさず、グローバリズムのかけ声の中で一番奪われ、失っていること、つまり、世界の何と愛でつながるのか、を自分たちでさぐる運動です。

※ この記事に際し、上田紀行『生きる意味』岩波新書を参照しました。

       ――――――――――――――――

 常設 2017 アップ情報一覧

 最近のメッセージ 保存  


 生活指導研究の新展開  


 生活指導・教育臨床  


 いじめを考える  


 新刊 わたしの書評  


 過去の論説 2005〜2015  


 折出健二 生活指導研究の仕事  


 折出健二のプロフィール