THANKS FOR YOUR COMING

Welcome

to Kenji's Home Page

ようこそ折出 健二(おりで けんじ)のホームページへ


◇◇ 2018 May NEWS ◆◆

最終更新日:2018年5月12日

******************

お忙しい中、このつたないHPにお立ち寄りいただき、誠にありがとうございます。

2018年も、子どもと教育、教師と学校、市民と政治、思想家と人生・社会論、そして作者の身辺出来事と小さな物語など、つれづれなるままにトピックを記事にしていくつもりです。もし、言い過ぎや事実誤認でお気づきでしたら、ご遠慮無く、ご教示ください。作者より。

【「いじめを考える」のサイトに、全生研福島大会(2017年8月)のテーマ別分科会「現代のいじめ問題を考える」で提案したレジュメ(大会紀要掲載&当日の補充レジュメ)を掲載しております。 2017年8月8日】
このサイトの全てのページの文責及び著作権は、作成者・折出健二に帰属しております。無断の転用はご遠慮願います。
All Rights Reserved, Copyright (C) 2002, K.ORIDE
  

このレギュラー・ページ「TODAY'S MESSAGE」では、「最新の記事」から順に載せています。

レギュラー記事の以前のものは、このページの後半に掲載している「常設 2017」コーナーの「以前のメッセージ&情報」並びに「生活指導・教育臨床」「いじめを考える」「わたしの書評」「教育改革とわたしたちの研究・実践課題」にそれぞれテーマに応じて保存しております(2017.1.21.)。
このホームページについて、なにかご感想・お気づきやご質問・お問い合わせがありましたら、メールアドレス k-oride*uhe.ac.jp にどうぞ。*にはアットマークが入ります。



   
TODAY'S MESSAGE:Current Topics

雑感:「五月晴れ」とはならず (18.5.12.)

下記の記事の目の症状は、結局、「ものもらい」といわれる目の症状と診断されました。目がごろごろしたり、かゆかったりしたので、症状そのままです。まぶたにある脂の腺に菌が感染して起きると解説されています(参天製薬サイト)。点眼薬を出してもらい、1日4回、約1週間で治るそうです。

私の目はまったくささいなことですが、それにしても、国会や国政の「膿」は相当にひどいですね。

前財務省事務次官のハラスメント問題で、「女性がはめた可能性は否定できない(ハニートラップのことを暗示:引用者)」とか「ハラスメント罪という罪はないでしょ」などと今日の人権思想・人権感覚の世間的流れから大きく遅れた発言を繰り返してきた財務大臣。昨日、ついにそれらの発言を撤回したようですが。

森友学園に絡む国有地売却の経緯を詳細にまとめた記録が、出てきた。昨年の国会では前理財局長(国税庁長官に就任後、辞任)は「記録はない」と断言し続けてきたのに。それは数百頁に及ぶ膨大なものらしい。財務省は近く、それを国会に提出するとのこと。当然のことです。

加計学園に絡む首相官邸への愛媛県および今治市の訪問をめぐっても、疑念が残り続ける。応対した当時の首相秘書官が国会の衆参両院予算委員会での参考人招致において、当時官邸を訪問した十名近くの人びとと会ったがその中に愛媛県・今治市の関係者がいた記憶はない、と繰り返し述べた。この件で、中村愛媛県知事が記者団に、職員が交換した前秘書官の名刺を公開した。また、詳細なその時のやりとりの記録も公開した。

その前秘書官は、訪問者の中に獣医学の分野に詳しい教授がいたこと、その氏名は誰それであることを委員会の場で述べたのだから、それくらい「記憶鮮明」な人なら県や市の職員がその場にいたことを知らないはずがない。隠している。普通の国民の感覚ならそれはすぐにわかります。

こうした一連の行政の官僚・高官たちや内閣の閣僚の言動を観ていると、ある共通点が浮かびます。

最近は、教育界も従来の「学力」よりは更に拡充した「資質・能力」の育成が主流なのですが、上記の人たちに共通するのは「身を守る資質・能力」の「高さ」です。これが、現在、わが国の最高学府、それも日本の頂点とされる大学出身の人たちの実像なのです。

国政や国会の「膿」は、私の場合のような点眼薬ですぐに治るほどには軽微ではなく、根の深い、政治そのものの根源的な問題を宿している感じがしてなりません。

五月になったとはいえ、天候は急に寒くなったり、すぐ暑くなって「熱中症」の危険さえ言われたり、乱高下ははげしく「五月晴れ」のすがすがしさはありませんが、政治も社会も、安心して過ごせる・任せられるすがすがしさを早く取り戻して欲しい。もともとそれは脆弱だというなら、この際、作り直して欲しい。

       ――――――――――――――――

数本が併行していた論文執筆 (18.5.10.)

ここ数日、珍しく目がかゆかったり涙目(目の充血)になりがちで目薬でしのいでいます。おそらくパソコンの見過ぎが原因でしょう。というのも、2月からこの方、数本の原稿が重なって、書き上げてはすぐ次に取り組む、というまるで人気漫画作家、というとあまりにも言い過ぎですが、それに近いくらい数本の原稿が目の前の課題でした。

まず、8月に神奈川県藤沢市で開催の全生研第60回大会の基調提案、その教育情勢を400字で約20枚。次に、日本生活指導学会『生活指導研究』の近刊号に寄稿という形で「教育勅語問題とは何か」を約20枚。その一方で、勤務先の人間環境大学看護学部が母体となって立ち上げた「日本ヒューマンヘルス学会」の学会誌に是も寄稿として「人権主体の自立とアザーリング」を約40枚(昨年の日本生活指導学会福島大会での全体会報告をベースにした論文)。

あいち県民教育研究所が毎年発行する『年報』に、「いじめ・不登校・子ども虐待・貧困と向き合う」と題する論文を約30枚。昨年12月の愛知民教連「冬の集会」での講演原稿を基に論文にまとめたもの。

日本教育方法学会の『教育方法』47号(今年の10月頃刊行予定)に「教育方法学研究における『戦後』教育実践」で約40枚。

そして、佐貫浩氏からの依頼で教科研機関誌『教育』8月号に、「『資質・能力』批判と人格形成の課題」で約16枚。

この間に、愛知父母懇での常任幹事会で、寺内氏の『されど波風体験』をどう読むかで、A4のレジュメを数頁(400字で約15枚相当)。

あいち民研の通信にペンネームで、前川喜平氏の授業への文科省介入問題の批判論文を約16枚。

現役時代にさえも体験しなかったような数本の併行執筆。おそらくその負荷が目に来たのでしょう。明日は近所の眼科に行ってくるつもりです。

それにしても、我ながら集中してこれだけの併行の仕事をこなせたなと自分に感心。やはり、コツコツとジムに通い、ピラティスのレッスンを受けてきたことで、身体の軸とバランスがどうにか保持できて、体全体が一定時間の頭脳的作業に耐えられるようなポテンシャリティを持てていることが大きいと思います。

自分でも不思議なくらい、予め抜き書き風に造った文献ノートやその他資料を手元に置いて、パソコンのワード・アプリケーションで文章作成を始めると、約2時間くらいは集中して途切れることなく思考が働いています。

この積極性を大事にして今後も頑張りたいと思います。

       ――――――――――――――――

愛知私学「2018 新入生歓迎フェスティバル」 (18.5.4.)

(一)

5月4日、名古屋市内の東邦高校を会場にして標記の一大イベントが行われました。私は、父母懇の役員でもあるし、「第14回全国高校生サミット」を聴くために、会場の体育館に行きました。「サミット」というだけあって、全国各地の高校生がそこには集まっていました。

 東邦学園理事長・東邦大学長の榊氏の「あいさつ」で印象に残ったのは、同校が取り組んで設置した「平和の碑」のことです。

 それは以下のモニュメントのことです。

《高校の正門をはいると、玄関横に大きなコンクリートのモニュメントがあります。碑(いしぶみ)には、1944年(昭和19年)12月13日の三菱重工業名古屋発動機製作所を目標とする空襲で300人以上が犠牲となったこと、その中に東邦高校の前身である東邦商業学校の動員学徒18人と教師2人が含まれていたことが記されています。戦後50周年に建立された『平和の碑』はまた、「そのような悲劇を再び繰り返すことのないように、その尊い犠牲のありさまを心に刻み、平和の貴重さを自らのものとして守り育て、さらに将来に伝えて行かなければならない」としています。

 多くの学校で軍需工場への学徒動員が行われていましたが、校内に動員学徒の犠牲者を慰霊し、命や平和の尊さを伝えるための碑が建てられている学校は数えるほどしかありません。東邦高校の先生のお話では、毎年12月に学校行事として「慰霊の日」を設定して講話を聞くそうです。》
(「戦争と平和の資料館ピースあいち」サイトより。 URL=http://www.peace-aichi.com/piace_aichi/201109/vol_22-8.html)

 それに続いて、東邦高校生徒会の生徒たちが、長崎での被爆者からの聴き取りなどを報告しました。

 名古屋大谷高校3年のIさんがサミットの「基調報告」を述べました。憲法改正、「平和」とは「構造的暴力」と向き合い克服すること、そして学費問題で苦しむ高校生をなくしたいこと、など論旨はしっかりとしていました。

 ※ヨハン・ガルトゥンクの言説を引用したことは素敵なことですが、彼は(Iさんが言った)「スウェーデン」ではなく「ノルウェー」の平和学研究者です。

 この後、高遠菜穂子さんがイラクでのエイドワーカーの体験を元に「平和とは」について講演をしました。シリアも南スーダンもどこも、現地が重大危機にならないと日本国内でのニュースにならない点がとても気になる、と強調しました。

 また、高遠さんは、日本が「情報鎖国」であることを克服しなくてはならないこと、そのためには情報の収集が日本語だけでは不足で英語ニュースからも収集すべきこと、「メディアリテラシー」の教育では「情報読解力」と言われるが、これでは身につかないし、読解よりは幅広く情報を集め比較できることが重要であること、などを熱く語りました。

イラクの都市・モスルで体験した現地の戦争被害者たちの実体験や証言の場面では、身体が被弾で破壊され大きなダメージを受けた様子もリアルに(しかし、さらりと)語り、いかに戦場のすさまじさを、日本国内にいる私たちは知っていないかを強調しました。

この後、岩手、大阪、京都、愛知の各私学の生徒たちが、長崎平和学習での体験や私学助成の必要性について報告しました。「高校生は社会的に無力ではない」(大阪)、「(学費のためにアルバイトで時間を取られ自由時間がないなどの現実と私学助成の実態について)被災した自分たちが現実から目を背けていたと気づいた」(岩手)など、若い鋭い感性による問題提起が続きました。

(二)

10時から始まって予定の12時半を過ぎ、13時まで休憩なしで、熱気あふれる集会となりました。

私の感想:(1)ここまでくるには、各校の生徒会顧問をはじめ教員の並々ならぬ支援があったことを痛感した。
 (2)それぞれ同校やあるいは同県を代表するくらいの生徒たちの発言なので当たり前ですが、非常に論理の組み立てと語りが良くできている。
 (3)ただ、数名の生徒の発言の論旨には若干の疑問が残った。憲法改正問題から「平和とは」を問い、「構造的暴力」克服の必要性に気づき、私学の学費負担を無くし「教育の公平」をつくることも構造的暴力に向き合いことだとわかった、などの論旨は明快なのです。

 しかし、問題提起が「同心円」的で「楕円」ではない、つまり、自分の立場とこれに対立する一方の立場を比較検討しながら問題を深める思考方法の蓄積が薄い、という印象があります。総合的に観て優秀な生徒たち故に、「ああでもない、こうでもない」と行きつ戻りつしたその思考過程から何を得たかをもっと大事にして、ていねいに述べて欲しかった。

 論述試験なら「100点満点」がつきそうなくらい、「正解」の論旨であった。しかし、そこに若い感性の一直線の危うさを却って感じたのです。そんなに簡単に「答え」を出していいの。大人たちは何を考えているの? という、疑問や問い・批判をもっと注ぎ込んでも良いのではないか。

 指導される教員も、全国を前にしての「報告」ということで少し気にした面はなかったか。「ホンネ」語っては、というつもりではなく、自分の主張とは相反する主張にも耳を傾け、なおかつその矛盾を論破していこうとするそういう知のつよさ・たたかいらしさがもっとあってもいいのではないか、ということです。

 たとえば、学費を払うために長時間アルバイトをしながら通い、それで体をこわし、ついには退学して通信制に入り直した、という友人の話。共感しているような語りなのだが、わたしには、冷めて聞こえたのです。その友人に「同情」はしているが、真の「共感」には今ひとつなっていない面はないかどうか。

そこには、やっぱり、学費のことなど心配することなく現在の高校を選び頑張って合格し、現在の高校生フェスなどの活躍の場を得ている。その自分の「しあわせ」をもっと相対化する批判の目を持ってほしい。苦しい思いで通学しついに退学をのまざるをえなくなった同世代の「友」は、学費助成の運動がいかに必要かのエピソードにはなるが、それで終わらず、それ以上にその苦しみを生きる人びとの伴走者になろうとする決意こそ、いま問われているのではないか。そう思うからです。

       ――――――――――――――――

生活指導とは何か (18.4.29.)

数本の論文作成を併行して取り組む中で、城丸章夫氏(故人)の論考をあれこれ読ませていただきました。その中で、「生活指導とは何か」を論じた城丸氏は、教育勅語にも言及してこう述べていました。

「教育勅語が、伝統的な道徳を継承したように見せかけながら、実際には庶民が継承してきた道徳を粉砕して、その上に官製道徳を“教化”しようとした」が、「粉砕したはずの庶民の道徳や教育観は、日本社会に底流として生きつづけた。『生活指導』は、いわば、この底流から吹きあがってきた運動であったと見ることもできるだろう」(城丸、日本生活指導学会編『生活指導研究 1』明治図書、1984年、123頁)。

いま、教育基本法第17条の「教育振興基本計画」に基づいて国の教育政策を地方公共団体がそのまま受け止め、管轄の学校すべてにそれをおろして徹底していく構図があります。ゼロトレ然り、PDCAサイクル然り、「道徳科」を中心とする道徳教育の拡充然り、です。

全国の多くの教師がその負荷の大きさや多さに苦しんでいます。

国の施策が壊していく中から、「吹き上がる運動」、これが生活指導の原点だと城丸氏は言います。今風に言えば、民主主義の政治と倫理への熱い思いと取り組みです。

       ――――――――――――――――

私学をよくする愛知父母懇談会・幹事会でのあいさつ (18.4.29.)

4月28日、夜7時から金山の労働会館で標記の集会がおこなわれ、父母懇の会長としてあいさつしました。実際には、時間の関係で短くしましたが、下記が「あいさつ草稿」です。

2018.4.28.幹事会

地域センター・ブロック・学園の幹事のみなさんへ。お忙しい中、本日の会合にお集まり頂き、ありがとうございます。

 一つ、喜ばしいニュース。広島に父母懇。祝いのメッセージ→配布資料の中に「メッセージ」を入れた。

 いま世界はゆっくりではあるが、はっきりといい方向に変化している。国際的な三つの節目が生まれた。

(1)2017年7月7日 国連総会で核兵器禁止条約が採択。条約は核兵器の使用、開発、実験、製造、取得、保有、貯蔵、移転など幅広く禁止。当初案で除外されていた、核使用をちらつかせる「脅し」の禁止も。また、核兵器の使用や実験の影響を受けた人々に、医療などの援助を提供することもうたった。国連加盟124カ国が出席。投票の結果122カ国が賛成した。各国の署名手続きが続いている。

 世界唯一の被爆国・日本政府は「北朝鮮の脅威といった現実の安全保障問題の解決に結びつくとは思えない」と表明し、5核保有国などと歩調を合わせてボイコットした。

(2)12月10日、ノーベル平和賞がICAN=核兵器廃絶国際キャンペーンに授与された。世界の101の国と地域にある468団体と連携し、核兵器禁止条約の実現を働きかけてきた国際NGO。メンバーたちは、20代から30代の世界の若者たちが中心。

事務局長、スウェーデン生まれのベアトリス・フィン(35歳)

「子どもができたことで、人々がしわ絵に暮らせる安全な世界を作らねばと思うようになった。それを次の世代につなげていきたい」と。
 ※ 同受賞を報じた朝日デジタルのサイトより、一部引用した。

(3)韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は4月27日、朝鮮半島の「完全な非核化」実現を目標に掲げた「朝鮮半島の平和と繁栄、統一に向けた板門店宣言」に署名した。「長い分断と対決を一日も早く終息させる」こと、自分たちの運命は自ら決める民族自首の原則の確認。「完全な非核化による核のない朝鮮半島の実現」。

1953年7月から休戦状態にある朝鮮戦争を年内に終わらせる意思を確認。ぜひ、今後の米朝首脳会談の成り行きも含めて、共同宣言通りに実行することを期待したい。

◆安倍政権は北朝鮮の脅威を理由に自衛のための武力装備の強化をすすめているが、情勢は大きくかわる可能性も出てきた。実際には矛盾や対立はあるが、そのままにとどまることはなく、このように世界は動き、変わっていく。「できない」とされた国連の条約ができ、南北の平和共同宣言もできた。

◆国内の政治・文化・社会においても、国民主権の信頼を壊すような出来ごとが政治家や官僚たちによって重ねられ、子どもたちは未来の政治に失望しかけている。そうではない。国内も、変化しうる。

ほんとうにひとりひとりがしあわせで、学びたいことを学べるそういう人生を歩める社会をみんなの力でつくりだしていく。競争よりは連帯へ、上下の格差よりは開かれた対等な参加へ。自己責任よりは相互性へ。

◆そのための数ある市民的運動の一つは、この愛知父母懇。皆さんの地道な活動で大きな力を蓄え、17年度は、助成金署名を3,461,590筆まで押し上げました。

◆子ども・若者は、国政レベルの「うらぎり・隠し事・責任逃れ」をみて展望を失いかけているかもしれないが、わたしたちは、「君たちとどう生きるか」という「問い」をだいじにもって、子ども・若者と共に、私学教育の充実のみならず、教育そのものを子どもたちの手に取り戻す、本来の子どもが主人公の愛知の教育に一歩でも近づけるために手をつなぎ合う。このことを確認して、新たな2018年度を迎えたいと思います。

       ――――――――――――――――

 広島で私学父母懇を結成 (18.4.22.)

4月7日付で、広島に私学父母懇ができました。「広島県ゆきとどいた教育をすすめる父母懇談会」です。そのお祝いのメッセージを過日、送りました。以下は全文です。

広島私学父母懇の結成を祝します!
                        私学をよくする愛知父母懇談会 会長 折出健二

〈私学をよくする広島県の父母懇談会が正式に立ち上がる〉との知らせを、愛知私教連より頂きました。改めて、御結成おめでとうございます!
 

愛知父母懇を代表して心よりご祝詞を申し上げ、連帯のあいさつを送ります。

いま、日本の教育は、公私を問わず大きな転機にさしかかっています。

@子どもの貧困の実態が明るみになる中で、憲法・教育基本法がかかげる「教育の機会の均等」「教育の公平」を実質的に保障する施策を国や自治体は真摯に進めるべきではないか、
A高等教育と共に後期中等教育においても「教育の無償化」を全面的に拡充するための施策を、国と自治体は行うべきであるのにその施策はできているか、
そしてB安倍政権がねらう、国際競争のための「グローバル人材育成」や、「戦争のできる国」に日本を変えて行く「愛国心教育」よりも、一人一人の「人格の完成をめざす」とする国の本来の教育理念を、小学校から高等学校まで具体的に、ていねいに、一貫して実現することこそ真の「教育改革」ではないか、など、課題は山積です。

私ども「愛知父母懇」は、結成から38年余を経て、私学の建学の精神を大事にしながら、子どもたちが誇りをもって選び、学び、語ることのできる私学教育の確立と「一人ぼっちの父母をなくそう」を合言葉とする幅広い父母の仲間づくりを大きな柱として、今日まで取り組んできております。

私事ながら、父母懇の会長に就いてまだ二年目です。その私が申すのはおこがましいのですが、毎月の常任幹事会と年度初めの幹事会などをベースに、県下各ブロックの交流を活かし、綿密な企画と意思疎通を重ね、私学サマーセミナー、高校生フェスティバルの協力参加、そしてオータムフェスティバルなど、大型企画づくめの年間の行事活動を見事にこなし、県民・市民にも開かれた「愛知父母懇」を築きあげてきています。

そのパワーの秘訣は、「学びと宴」です。全員参加でしっかりと国・県の時々の動きや運動の課題を学習し、討議します。その一方で、企画が終わる節目では、食べて飲んで語り合う交流の場も設ける。父母も教師も役割の違いを超えて、楽しく盛り上がる。この両輪がかみ合って、全国でも話題の愛知父母懇のバイタリティが生まれています。

広島県の私学父母懇を担う皆様も、あの「お好み焼き」のごとく、しっかりと下地をつくり、大事なネタはじっと温めて見守り、様々な個性あるトッピングで文化の香りを醸しだし、自由で闊達な交流と私学教育の発展を目指す運動をぜひ創り出してください! 愛知から応援しています。

最後に、昨年105歳で亡くなられた日野原重明氏が100歳の時に発したメッセージを紹介して、結びとします。

「ボランティアの仕事は暇があるからするのではなく、意味があるからするのです。それは大切な仕事であり、そこに自分の時間をあてることが重要です」
                         (2018年4月3日記)

       ――――――――――――――――

財務省事務次官の「セクハラ」問題を考える (18.4.21.)

以下は、授業で「いじめ」問題をあつかうにあたり、実際に起きている「セクハラ」事案から話を始めるためのパワーポイント(アウトライン版)の掲載です。

財務省の事務次官(事務方のトップ)による、女性記者複数に対するセクシャル・ハラスメント発言が報道され、同職が辞任するに至った。ただ、同人はセクハラに対しては依然、否定している。

本件では、その女性記者は同職から食事に誘われ、それは1年以上前から複数回あり、その場で性的な内容の発言が繰り返され、身の安全を守るために女性記者は録音をしていた。

記者は社内の上司にセクハラ被害を相談したが上司がその対応は「難しい」としたため、週刊誌の編集側にその事案を伝え取材を受けて、録音も提供した。その週刊誌報道で一挙に社会問題になった。

子ども社会の「いじめ」問題と本質的に共通する事柄である。

セクシャル・ハラスメントとは、職場等における大人社会のいじめ・パワハラの一種で、本人が望まない性的な言動によって不快な思いを惹き起こすことを意味する。人権の侵害行為。

セクハラ=「相手が望まない不快な性的言動」
@受ける側が望まない、嫌がる言動、Aある言動が「不快な性的言動」か否かは受ける側の基準で判断されるべきである。
我が国では、1986年の鉄道ホーム男性転落死事件がきっかけで、「セクハラ」が社会問題になり、その後「男女均等法」の改正にも性差別の禁止が盛り込まれ、国家公務員の勤務規範を定めた(命令した)「人事院規則」で「セクハラ」禁止が詳しくうたわれるなど、企業社会、勤労の現場で「セクハラ」防止は重要課題になってきている。

1 意識の重要性
 セクシュアル・ハラスメントをしないようにするためには、職員の一人一人が、次の事項の重要性について十分認識しなければならない。
 一 お互いの人格を尊重しあうこと。
 二 お互いが大切なパートナーであるという意識を持つこと。
 三 相手を性的な関心の対象としてのみ見る意識をなくすこと。
 四 女性を劣った性として見る意識をなくすこと。

2 基本的な心構え
 職員は、セクシュアル・ハラスメントに関する次の事項について十分認識しなければならない。  一 性に関する言動に対する受け止め方には個人間で差があり、セクシュアル・ハラスメントに当たるか否かについては、相手の判断が重要であること。
 具体的には、次の点について注意する必要がある。
 (1) 親しさを表すつもりの言動であったとしても、本人の意図とは関係なく相手を不快にさせてしまう場合があること。
 (2) 不快に感じるか否かには個人差があること。
 (3) この程度のことは相手も許容するだろうという勝手な憶測をしないこと。
 (4) 相手との良好な人間関係ができていると勝手な思い込みをしないこと。

被害の訴えをめぐる「信用性」が問題となる
「セクハラ」は当事者間あるいは「密室」での出来事であり、目撃証言はむずかしく、被害者の訴えに対し、加害とされる側がこれを否定することが多く、事実認定に関わって双方の主張の「信用性」が問われる。

被害側のメモ、今回の事案のような録音が証拠として出される。

第三者の性格を持つ調査グループによって被害の訴えが聴き取られるべきで、今回のように財務省顧問弁護士に被害者は名乗り出てくれ、というのは根本的な間違い。 加害側に有利なように事態の「もみ消し」、被害者の「まるめこめ」「脅迫」などが実際に問題になっている。

       ――――――――――――――――

 二つの美術展 (18.4.15.)

4月13日には、勤務先の再課程認定の提出書類を文科省に提出するため事務職員に同行して同省に行きました。受理されました。

その後、彼とは別れて、ちょうどこの日から始まった特別展「名作誕生」を観るため上野の国立博物館平成館に出かけました。

8世紀に中国の唐から来た仏師たちが、日本の木の材質を生かして仏像を造り、それが各地の木像・薬師如来像として広まったようです。平安時代の絵画は障子絵や掛け軸として大画面になって広がり、中国の絵画の影響を受けたことを記す作品が数多く展示されていました。

あの雪舟等楊は、中国に行って水墨画を勉強し、それを生かした名作を遺しました。「四季花鳥図」の屏風絵は、冬の雪景色に松らしき樹木の枝が地をはうように延びている構図など、無の境地のようで、インパクトがありました。

伊藤若仲の絵は前にも観ましたが、今回は、中国の画家による鶴が首を伸ばし鳴き声を上げている構図の絵をそっくりそのまま模倣しているのです。ところが、若仲の白 鶴は羽の色合いも鮮やかで、とても活き活きとしています。その画法は、彼の名作、鶏のさまざまな表情の絵に引き継がれています。

日本画の誕生の経過を知って、良い刺激になりました。

その日は、都内のホテルに泊まって、翌日午後から、全生研の大会基調の学習に報告者として出席しました。

午前中の時間を使って、今度は、東京都美術館で特別展「プーシキン美術館展 旅するフランス風景画」をやっているので、これを観ました。モスクワの同美術館の絵画 の展示です。初来日とされるモネの「草上の昼食」は、確かに名作です。26歳の時の作らしい。

他にも、ルノワール、セザンヌ、ゴーガン、ルソーらの作品が集められています。

今年の神奈川県の藤沢市で開催される大会基調提案を常任委員の関口さんと二人で担当します。

       ――――――――――――――――

ホッとしてみる八重桜(大阪造幣局通り抜け) (18.4.13.)

◇前回の下記記事から早くも11日が経ちました。この間、勤務先の入学式に参列し、「前川氏授業介入」問題での緊急シンポジウムで報告し、前期の授業が始まった、と日々あわただしく過ぎました。

その合間をぬって、大阪造幣局の桜通り抜けに、連れあいと行ってきました。予想通り、すごい人の列に入って一方通行の桜並木を観ていきました。「閑山」という品種が八重桜で、花びらの見応えがあります。この他にも何種類もの桜が咲き誇り、折からの春風に吹かれて花びらが舞う。贅沢なひとときでした。

ちょうど昼頃になったので、阪急グランドビルの27階にある和食の店で、「鯛めしランチ」を摂りました。

◇昨年から取り組んできている「教育勅語」問題について、日本教育学会WGグループ編『教育勅語と学校教育』が世織書房から、刊行されました。2400円+税です。

◇試写会で「サバービコン 仮面を被った街」を観ました。ジョージ・クルーニー監督作品で、1950年代の新興住宅地で起きる人種差別暴動、そしてある普通のサラリーマン家庭での惨事、をサスペンスタッチで描いています。

サラリーマンをマッド・デイモン、その妻と義妹の二役をジュリアン・ムーアが演じています。物語の展開は早いテンポながら事件の筋はしっかりしており、ハラハラドキドキのサスペンス&社会派映画になっています。映画館では5月4日公開です。

       ――――――――――――――――

 映画「野球部員、演劇の舞台に立つ!」 (18.4.2.)

いよいよ新しい季節のスタート。今の時期にふさわしい、青春のすばらしさを描いた作品が公開されています。

                             *****                                 

 投手は、野手を信頼して、思い切り腕を振る。これが、ピッチングの基本だと言われる。そのシンプルなチーム野球の鉄則でさえ、思春期の高校生球児にとっては、様々な葛藤を経てはじめてわかる。それが青春の宿命なのだろう。

 本作「野球部員、演劇の舞台に立つ!」は、その青春のドラマを、高校演劇コンクールに野球部員がチャレンジするという、めったにない想定で、青春の香りいっぱいに描き出した秀逸の作品。監督は、教育実践の映画化では「この人」と言われる、中山節夫氏。原作は、元高校教諭の竹島由美子氏の同名の著作(高文研刊)。

 私も、広島の田舎の中学校野球部で、当時、西部地区大会に勝ち進み、その決勝で、広島市立国泰寺中学校と対戦し、優勝を逃した経験をしているので、このドラマの試合シーンはよくわかる。投手・望月(渡辺佑太朗)は「俺一人が闘う」と、闘志満々だが、最終回に逆転サヨナラを喫した。監督もチームメンバーも、応援の人々も、彼の強引な投球が敗因と見ている。「自分一人が切り抜ける」というプライドが敗北を招いた。

 秋の演劇コンクールで、その劇作の出演者には野球部員しかないと、国語教師で演劇部顧問でもある三上朋子先生(宮崎美子)は考えた。演劇部のOB・田川がイチゴの栽培の傍ら創作したその脚本は、「誰がためにゴングは鳴る」。田川の親友で、若きボクサーとしてチャンピオンに挑戦しながら、敗北の後、亡くなった親友への鎮魂歌的な劇作であった。闘うボクサーとそのトレーナーで、どうしても筋肉隆々の配役が必要だった。

 川上先生は野球部監督の八幡先生(宇梶剛士)に相談して、部員に声掛けをする了承を得た。川上先生は、「なぜ負けたかを知りたくないか」と望月、捕手の松永(船津大地)、川口(川籠石駿平)の三名を説得し、なんとか演劇部の練習に引き入れた。

 しぶしぶ演劇部練習場に来た彼らの雰囲気と部員との大きなズレ。その後の展開がどうなるかは、生徒役のすべての若者たちの熱演でじかに観て頂きたい。

 演劇部に参加して、それぞれが配役をこなそうと頑張る中で、「なぜ負けたか」を一番悟ったのは望月であろう。

 投手としてのみならず、一人の若者としての望月の成長にとって、この演劇部の活動はなくてはならない経験であることが、後半の展開から分かる。

 福岡県の南西部に位置する八女市。その美しい田園風景が随所に映し出され、望月が演じるボクサーのトレーナー役の同級生・中園美緒が手伝う電照菊栽培も、園芸が盛んな地元の産業を映し出している。

 演劇コンクールが無事終わって、いつもの早朝ランニングをしてきた望月が、美緒と出会い、彼女の作業する電照菊のハウスに入って会話する場面で、「はじめは憎たらしいと思っていたが、いなくなると寂しい」と美緒がつぶやく(博多弁で)。望月が「えっ」と彼女を見た時、「電照菊のことさ」とさらりとかわすあたりが、高校生らしい。

 現役高校生の人、少し前高校生だった人、そして私のように遥か昔に高校時代を過ごした人も、ぜひ一度観ていただきたい秀逸の作品。

 いま、学校現場は、PDCA(plan-do-check-act)の効率経営サイクルに締め付けられて、生徒も教師も「結果」に追われ、疲弊しがちだ。教育にとって何が一番大事か、生徒が変わるとはどういう出会いと活動によってか、を映像を通してしっかりと刻むことができる。

 中部地区では、名演小劇場(名古屋市)で3月17日から上映されている。上映時間 102分。

       ――――――――――――――――

ささやかな夜桜見 (18.3.31.)

◇いつもより早く桜が開花し、各地が花見でにぎわっています。私の勤務先の看護学部は、愛知県大府市(県の南部)の大きな池に何本もの太い鉄柱を打ち込んでその上にたつ8階建てです。その周りに桜の木があり、この桜も満開でした。

愛知県西尾市の海沿いの街・一色町(鰻で有名)に大型産廃処理施設建設が計画されており、その妥当性の調査研究の委員(副会長)を務めてきましたが、29日に報告書を市長に提出するセレモニーに出席しました。

◇県内の虐待死事件の検証、上記の産廃処理問題の調査報告、そして全生研全国大会(今年は神奈川県・藤沢市、なんと娘の住む、江ノ島近辺地域の私立小学校が会場)の基調提案原案作成など、諸事が一段落したので、自分への慰労(笑)と気分転換に、西尾の会議後に京都へ行ってきました。

祇園の花見小路を入ったところにあるこぢんまりとした居酒屋でかるく飲んで(このお店の、アナゴの生湯葉巻きがグッドです。)、すぐ近くの白川南通にある桜並木に出かけました。

祇園白川といえば、花見小路を少し北に行って小川沿いに町屋の割烹などの店が並び、風情ある巽橋(たつみばし)が有名。ここから北へ入ると新橋通で、ここにも町屋が並び、その中に「ザ・コモン・ワン・バー・キョウト」という有名なバーがあります。看板が出ていなく、柱に小さなプレートが貼ってあるだけなのでわかりにくいですが、長い路地を通って和風の造りのその中に入ると、別世界のようなオーソドックスなバーがあります。カウンターと椅子席とあって、細長い空間。近くへ行く機会があったら一度寄ってみてください。

巽橋の架かる白川沿いが白川南通。もう日が暮れて7時頃でしたから、ほのかなあかりに誘われて夜桜見物にたくさんの人出。外国人も多い。ここは京都の風情をワンセットで楽しめる名所なので、さすがに多くの人が集まります。町屋の灯りを背景に、桜並木の満開の花が空に向かって一杯に咲いていました。その向こうに、ほぼ満月の月がぼんやりと照っています。私のこのブログでは画像を載せないので、わかりにくくて申し訳ない。

◇久しぶりに宮川町の店に寄りました。すると、そこの常連である元住職が来て、隣に。彼の話した孫の話がとてもリアル。

小6の男児らしいが、母親に何かのことで怒られて頬を叩かれた。すると彼は警察に電話して、暴力を受けたと。警察は虐待通告と受けたのでしょう、やってきて本人と母親の双方から事情を聴いたそうです。

元住職曰わく、「いまは110番では通じない。その前に局番を入れないと。孫はそれを知っていた」と。連れ去り事件などがあるので、すぐに子どもが通報できるように学校で指導していると私が話すと、驚いていました。

ここから「親がしつけで叩くのは当たり前ではないか」と、元住職(77歳)の持論が始まったのでしたが、驚いたのは、それを聴いていたカウンター向こうのスタッフ(アルバイトの女子学生)が「わたしも小さい頃、よく父親に叩かれた」と。お父さんはいま40代半ばだという。もちろん、本人がもっと成長すると言葉で叱るようになったそうだが。いまは、父親に感謝しているとも。

私が「そういう叩いたお父さんの経験から、あなたの男性像はどうなの? やはりお父さんに近い男性を好ましいと思うの?」と聞くと、そうだという。そういうタイプの男性と付き合いたいという。

母親がしつけで叩けばすぐに警察に連絡する小学生もあれば、自分を叩いてしつけてくれた父親に感謝する女子学生ありと、「事実は小説より奇なり」と言うけど、本当に現実はここの事実がリアルで、いろいろと問いかけている。

半面、日常の生活圏から暴力を無くしていくのは、なかなか難しい。いじめの温床もそういうところにあるのでは、と思いました。

今日と町屋のお店で聞いたこれらの話も、桜便りの一つかと思いながら、名古屋に戻ってきました。

       ――――――――――――――――

 この社会の根底に何が起きている?(その2) (18.3.22.)

◆前川・前文部事務次官の授業(2月16日、名古屋市公立中学校にて総合学習の一環として)に対する文科省の調査に関しては、以下のことが明るみとなっています。

(1)自民党の文部科学部会の会長・会長代理を務める議員からの「問い合わせ」、つまりは介入があったこと、しかも16日の翌日17日=土曜日に文科省の職員に聞いていること、
(2)それをうけた文科省初中局内で作成した質問事項を愛知県3区選出の当該議員に見せて修正を指示された上で、3月初めにメールで名古屋市教育委員会に調査していること、
(3)3月19日に行われた野党共同ヒアリング(YouTubeで見れます。)では、文科省審議官は、「(調査の結果:折出)内容を見た上で、不適切なことはありませんでした」と回答して、実際に授業内容をチェックした上でその評価・確認の行為を文科省として正式に行ったことを認めていること、
(4)「今後も民間人が学校で授業を行う場合に今回のような調査を行うのか」の質問に、「ケースバイケースで対応することになる」と回答し、明確に「今後は一切ありません」とは言わなかったこと
 など、重大な事態になっています。

同上ヒアリングでも、複数の議員が、「教育は不当な支配に服することのないように」文部行政を司る、という文科省としての矜持は棄てたのか、と問われ、審議官や教育課程課長らは何も応えられませんでした。

一方、当の前川氏は、政治家の介入がなければこういうことをおこなうわけがない、文科省の職員たちがかわいそうだ、という主旨のコメントをしています。

◆今朝のNHK「おはよう日本」でもロシアの大統領選挙の経緯について取り上げていましたが、プーチン氏が76%を超える得票率で圧勝と報じられている裏で、若い世代に人気のあるリーダーが立候補できないように拘束されたり、過去には、プーチン政権の行状を取材して批判的な見解を報道するジャーナリストたちが「消された」、という大きな疑惑があるということです。

例えば、女性記者のアンナ・ステパノーヴナ・ポリトコフスカヤ(ロシア語: Анна Степановна Политковская)さんは、チェチェンの、ロシアの覇権からの分離独立派とロシア残留派とのチェチェン紛争を取材し、分離独立派に対してプーチンが軍事的な制圧を仕掛けているなどの政策を批判する活動で知られていたようです(「ウィキペディア」による。)。その彼女が、2006年、自宅アパートで射殺されたとのことです。

KGB出身であるプーチン氏の権力維持のやり方には、いわゆる社会主義論で言う「ディクタツーラ 執行権」を完全に逸脱している独裁的な支配がうかがえます。

それにしても、プーチン、トランプ、習近平、そして安部晋三と、今の各国のリーダーたちには権力の座について、やりたいことを力でねじ伏せながら通す、という権力性において共通するものがあります。それは同時に、彼らをそれぞれ取り巻く政権幹部たちの最高権力者への随順、という問題でもあります。

       ――――――――――――――――

試写会「マルクス・エンゲルス〜THE YOUNG KARL MARX」 (18.3.17.)

(1)このストレートなタイトルの映画作品は、世界が経済的にも政治的にも閉塞感にあふれ紛争や戦争の危機さえはらんでいる今、公開されます。

1840年代のヨーロッパは、先進国にイギリスにおいて産業革命が生んだ貧困格差が社会問題となり、それはフランス、ドイツにも広がりました。労働者たちは過酷な労働環境を強いられ(一時期は児童労働さえも)、資本家による被抑圧・被搾取への不満や抗議が各地で噴き出していました。

「ライン新聞」の記者であったマルクスはその政治批判が当局の検閲にひっかかりドイツを追われる身となり、フランスへ。パリでエンゲルスと出会い、二人の友情が深まると共に、労働者階級の解放をめざす運動にも言論を通じて参加していきます。

貴族の娘である妻イェニーと幼い子をかかえ原稿料にたよるがそれさえ入らない厳しい貧困生活を、エンゲルスからの仕送りで支えられながら、経済批判から政治批判への思想的な努力を続けます。路線問題では当時大多数の信奉を集めていたプルードンの理論を批判し、「貧困の哲学」という彼の大著に対して、マルクスが「哲学の貧困」(1847年)で批判しました。労働者階級はつながっても意味はない、経営側の平等観こそカギだ、とするプルードンに対して、労働者が組織的階級として立ち上がることが解放の何よりの力となる、というマルクスの主張には、唯物論者としての確かな立ち位置があります。

その後、啓蒙主義で「人類は皆兄弟」「親切心こそ美徳」などの抽象的スローガンで労働者の横の組織をつくろうとする「真正社会主義者」と称するグリューンやヴァイトリングらの方針を正面から批判し、「世界を解釈するのではなく、変革する」ために共産主義者同盟を築き、その「綱領」をマルクスとエンゲルスの二人で作成する。ここで映画は終わっています。

(2)監督・脚本・製作は、1953年、ハイチ生まれのラウル・ペック。彼はベルリン工科大学で経済工学を学んだ後、西ドイツ(当時)初の映画アカデミーに進んで、映画について専門をみにつけ、後にフランス国立映画学校の校長に就任しました(同映画パンフレットより)。ベルリン時代に彼は『資本論』3巻の講義を受けたそうです。

ペック監督としては、このテーマをどう描くかでずいぶん悩んだようです。ただ、ベルリンの壁崩壊から25年を経た今こそ、マルクスとエンゲルスが提起した社会のあり方、労働者たちの解放を目指す若き情熱を描きたいと考えたそうです。そのために、往復書簡など一次資料に徹底してこだわり、それを基に脚本を仕上げたそうで、6年を費やしたらしい。

ドイツ、イギリス、フランスを往き来する国際派の若手マルクス、エンゲルスらしく、映画の中でもドイツ語・英語・フランス語が十分に出てきて、大半はフランス語で語られます。また、あの髭を蓄えた肖像画マルクスではなく、生身の若き思想家らしく人間性のあふれるマルクスが描かれます。42歳になるアウグスト・ディールというドイツの男優が20代のマルクスを、38歳のシュテファン・コナルスケが同じく20代のエンゲルスを、それぞれ活き活きと演じていて、タイトルの硬い雰囲気とは全く違う、世界の真の解放を願う若い活動家の知と友情と愛とをひとつのストーリーとして描き出しています。

たとえば、エンゲルスが、マンチェスターで父親が経営する紡績工場に行き、アイルランド系の女性労働者が雇用条件について批判するとすぐに首にされる場面を見て父親をいさめるが逆に怒鳴られる場面や、その後、エンゲルス自ら労働者たちのパブに出向いて話を聴こうとする場面など、若い彼の名著『イギリスにおける労働者階級の状態』が生まれるいきさつが、わかりやすく映像化されています。

マルクスの妻イェニーも、社会変革に対してはマルクスに共鳴しており理論的な討議にも参加し、マルクスたちがプルードンの「批判的哲学批判」をどう料理するかの話をしているときに、「批判的批判の批判としたら?」などと横やりを入れて二人を驚かせるなど、さらりとユーモアも入っています。

(3)まったくの余談ですが、上記の政治状況は歴史で繰り返されるもので、わが国での先頃の「希望」を掲げながらその抽象性がこっぴどく批判され不審をまねいたいきさつや、何ごとにも「真実」というものはない、あるのはその時々の民衆の感覚に応える言葉だとする「フェイク」論など、何を基本的指針として解放に立ち上がるかは、今も同じ状況にあると言えるでしょう。

私としては、広島大学時代以来、哲学の師として学んできているドイツの哲学者ヘーゲルが、当時マルクスたちによって「ヘーゲル左派批判」として対象になっていたので、ちらりとでも画面に登場して欲しかったのですが、それはありませんでした。

4月28日に岩波ホールと共に名古屋の名演小劇場で、公開です。以後、順次全国に広がるようです。上映時間、118分。

       ――――――――――――――――

 この社会の根底に何が起きている? (18.3.15.)

◇「森友」問題での国有地売却経緯を記した公文書が改ざんされていたとの事実が明るみとなり、国内に、いや国外の報道にまで震動が広がっています。

『朝日新聞』3月13日付朝刊は、「貸付決議書」(2件)、「売払決議書」「特例承認の決議書」(紙面では略)「同前 普通財産の貸付けに係る特例処理について」の各文書について、「書き換え前」と「書き換え後」を対照表で掲載しました。

既報の通り、安倍首相夫人が関与したことを裏付ける箇所はすべて削除されています。また、「本省理財局と相談の結果」の記述も観られますから、本省=財務省の指示があったことは確かでしょう。これも削除されています。

同紙の同日付「耕論」で、ジャーナリスト・江川紹子さんは「私たちが戦後、信頼してきた民主主義の土台が崩れた気がしました」と述べています。一方で、今回の発端となった「事実を淡々と報道する姿勢」を評価しています。

国政の信用失墜がここまでひどいとは。昨年2月の国会予算委員会での安倍首相答弁(「自分や妻が関与していたことは一切無い。もしそうだとなれば総理大臣も国会議員も辞めるという趣旨の答弁)を契機に、当時の理財局長の答弁が変わりました。売却の価格に関して事前の折衝はない、政治家の関与は一切無いなど。国民の誰が観ても、これは(首相を含む政治家に対する)官僚の忖度が働いていたとわかります。そのあたりを今国会で事実に即して明らかにして欲しいものです。

それだけではなく、一方で公文書の書き換え行為を行いながら、そうした事実をかくして突如、衆議院を解散して「国民の信を問う」、そして多数を得れば是を根拠に改憲に乗り出す、などのやり方は、政治の原点を踏みつぶす者と言えます。

◆『朝日新聞』3月14日付には、東北学院大名誉教授の方(81歳)のインタビューが載っています。ご自身も仙台市の大学で被災され、福島県相馬市の住居も半壊という体験をされました。その方が、「復興五輪」などと、被災地の苦難をキャッチフレーズにして欲しくない、とズバリ指摘しています。

歴史的に東北は「労働力と資源の供給源」とされてきたし「植民地の扱いと変わらなかった」こと、「開発」というのも「資源収奪型の開発」であったこと、福島第一原発の当地への誘致にしても「東電や国による地元の誘致機運を醸成するやり口」で進められ、学者や有力者が住民の「安心」の為に利用されたことなどを、淡々と語り、かつするどく批判しています。

その方は、これらの一連の事態にあるのは「東京目線」であると。また、「絆」にも「上から目線を感じてしまう」とも。

「原発事故は、本来は隠れていた分断や断絶を顕在化させたのかもしれない」という、最後の言葉には重たい問題提起が含まれていると感じます。本日の一つめの話題(上記の改ざん問題)と合わせて、日本の社会の根底にあるはずの民主主義、国民同士の対等な連帯が、いまなお大きく問われているとえいます。その意味では「戦後」はまだ完全には終わっていないのかも知れない。

       ――――――――――――――――

暖かな日和りに、京都/奈良へ (18.3.4.)

3月3日の夜、京都・木津川市で「いじめ」問題の講演をしました。主催は、京都生活指導研究会の元中学校教師のSさん、Kさんらが主催する子ども支援の市民団体です。

ちょうど市長選に向けての決起集会と急に重なったようで、集まりが予想以上に厳しいと言っていましたが、それでも市民・保護者を中心に40名近くが集まられたのでたいしたものです。

講演の内容は、例によって控えます。保護者が中心だから、教員対象とは違ったわかりやすい話を、と予め言われていたので、半分は子育て・教育の話をしました。

3日に京都での仕事があるのに合わせて、前日は京都に一泊して知人らと久しぶりの会食をしました。「貴与次郎」というこじんまりしているが定評のある割烹の店で、おいしい料理と玉乃光などの京都のお酒をいだだきました。二次会は、知人が行きつけの、女優田畑智子の叔母さんがいとなむ御茶屋の店に行き、おしゃべりとカラオケで楽しく過ごしました。

翌3日は夜6時半からの講演なので、昼間の時間を使って、同志社大のすぐ北側にある相国寺へ。足利義満の権勢を表す当時は広大な土地の寺院でした。ちょうど「冬の特別公開」をしていて、法堂にある天井画の「鳴龍」を観ました。龍の目は、どの位置にいてもこちらを見ているように描かれています。手を打つとその振動で龍が鳴いたかのように聞こえるのでそういう名称が付いたようです。

その後、同じ敷地内にある豊光寺、そして林光院で、ふすまに書かれた「龍」「虎」などの墨絵風の画を観ました。庭の梅も立派で、ちょうど満開の感じでした。

昼時になったので、同志社大の学食に入って、「おろしとんかつロース」とご飯に味噌汁の定食で、408円。味はなかなかよかった。会社説明会の解禁の時期だからでしょう、リクルート姿の男女の学生が食堂一杯に来ていて、にぎやかでした。

午後は、岡崎にある国立近代美術館で「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」をやっていて4日までのなので、行ってきました。フィンセント・ファン・ゴッホがいかに日本画や日本の画家の影響を受けていたか、また日本大好きの画家であったか(一度も日本に来たことはないが)、を彼の作品や、彼が当時接した日本画(錦絵)を展示して、まさにゴッホが夢見た日本とは、というテーマの展示会になっていました。

講演を終えたあと、主催者が奈良のホテル(旧春日野荘)に送ってくれてそこに一泊。翌4日は、フリーになったので、興福寺の国宝館に行きました。阿修羅像を観るのが目的。いわゆる八部衆立像の1体で、釈迦を守る神とされています。

もとは、梵語(インドの旧い言葉)の「アスラ」に由来し、生命(アス)を与える(ラ)者」の意味とされている。思ったよりは小振りな、スレンダーな身体で、三面ある顔は微妙に表情が違う。その全体が独特の雰囲気を醸しだし、魅了するのは間違いないです。この後、東大寺に移動し、二月堂・三月堂を観て、奈良駅に出て帰路に着きました。

講演をきっかけにして、京都・奈良のショートの観光ができました。私は仏像彫刻を見るのは好きなので、すこし堪能できました。国宝館で観た、平安期の作とされる釈迦如来像は、おだやかな表情ながらもリアリティのあるまなざしでこちらを見ており、前夜の講演を無事に終えたことも含めてこの間いろいろと仕事をこなしてきているが「油断するなよ」「驕るなよ」と言われたような気がしました。

もちろんそれは、仏像の顔の表情を鏡として、私の心理が起こした心像現象の一つなのでしょうが、確かに、あの目が私にそう言い聞かせたような印象でした。それほどに目力のある釈迦如来像でした。

       ――――――――――――――――

 近況です (18.3.2.)

早いもので、もう三月ですね。厳しい寒波が少し和らいだかと思うとまた北日本を中心に荒れ模様です。皆様、どうぞお体には留意してください。

(1)私学の愛知父母懇談会「一日研修」あいさつ

さる2月25日に南山高校で開かれた「一日研修会」で会長あいさつをした、その内容です。これはニュース担当者に頼まれて原稿にしたものです。実際は、日野原氏の言葉をメモしただけであとはアドリブで話しました。

同校の講堂が会場で、ステージの正面の壁にはカトリック系の学校らしい見事な十字架が掲げられています。その前に登壇して以下の内容を話したのですが、その流れで、「人生は意味を探す旅で、一人一人がその答えを見つけるほかありません。学者や宗教者が教えてくれるものではないのです」と言ってしまいました。

会場には、南山高校関係者もおられたでしょうに、何か思われたでしょうが、ここは私の信条でもあったので、さらりと出てしまいました。もちろん、宗教の意義をどうこう言うのが意図ではなく、それほどに個人の自立した生き方が大事だと言いたかったわけです。

【一日研修 あいさつ】                   会長 折出 健二

 一日研修にご参加の皆様、休日のところ、お疲れ様です。

 立春も過ぎて暦の上では春ですが、なおも寒さが厳しく、はやく春になってほしいですね。季節の春だけではなく、どの子も学費のことを気にしないで行きたい高校を選び、人生の大事な青年期に「やりたいことがやれる」という、ほんとうの春を実現させたいものです。

 ところで、今日お集まりの皆様は日ごろからボランティアとして「私学をよくする愛知父母懇談会」を支えてくださっています。そのボランティアについて、昨年105歳で亡くなられた医師・日野原重明さんが100歳の時に書かれた本でこう書いています(『100歳になるための100の方法』より)。

 「寿命とは、与えられた時間のこと。その時間の使い方には、自分のために使う時間と、自分以外の社会のために、ボランティアに用いる時間がある」

 「ボランティアの仕事は暇があるからするのではなく、意味があるからするわけです。それは大切な仕事として、自分の時間をあてることが重要です」

 この「意味があるからする」というのがとても大事で、人生は意味を探す旅ともいえるわけです。

 ボランティアに参加しながら、時には元気をもらって生き生きと、しかし時にはゆらぎ、立ち止まり、悩むこともあります。それらをすべて含めて、あなたの「命の表現」なのです。ボランティアに参加することは、その「命」に「意味がある」ことを知る学びなのです。ある意味で、「わが命を学び直す」のです。いろいろの他者(ひと)と出会い、語り合い、交流し、互いの意気に感じたり共鳴したりしながら、生きる張り合いをいただきます。

 こうして、「意味のある命」をまっとうしていくのです。日野原さんも医師の仕事以外に多くのボランティア活動をしてこられました。まだ私はその足元にも及びませんが、「意味のある命」を自分なりに表現できたらと思います。

 どうか皆さん、今日の「一日研修」でいろいろの方の活動体験をお聞きになり、ご自分の実践とその思いを語り、意味のある交流にしてください。有意義な研修となることを願って、あいさつといたします。

(2)勤務先の学会誌に寄稿

勤務先の看護学部では看護系の教員の方々を母体として「日本ヒューマンヘルスケア学会」が発足し、活動しています。私は、学部4年間という勤務期間もあと少しなので入会はしておりませんが、関心のある分野ではあります。そこへ、先日、看護以外の分野からの寄稿もお願いしているとして、私に寄稿依頼がありました。それをお受けして、未発表のものをベースにして、「人権主体の自立とアザーリング」と題してこのほどまとめ上げ、提出しました。

年度の初め頃には発刊されるようですから、ご関心のある方は、機会がありましたらご一読ください。また、ご批正もよろしく。

(3)全生研の神奈川大会基調

今年の8月初め、神奈川県藤沢市で全国大会があり、その基調提案委員会に入っていて、常任の小学校教師・関口武さんと基調執筆を担当します。私は主に教育をめぐる情勢を書きます。また、集団づくりの方向性についても提起する予定で、かつての大会基調で「アソシエーション」を取り上げた山本敏郎さんにその後の展開についてコメントを求めたり、「PDCAサイクルの経営型学校」をめぐって藤井啓之さんに関連論文を提供してもらうなど、下地づくりも併行してやっています。

(4)日本教育学会のワーキンググループが編集・執筆する『教育勅語と学校教育』(予定書名)が世織書房刊で今準備中です。再校も終えることとなり、4月頃には書店に出るのではないかと思います。私も、一本書きました。

(5)「働き方改革」

「裁量労働制の拡充」を織り込んだ法案の、裁量労働者の実態でデータが相当量において誤っていたとして野党から厳しい追及を受け、ついに安倍首相もその「拡充」部分は法案から切り離すと明言しました。さっそく、財界のトップからは、(この拡充が決まれば)自由な労働によって優れた成果が挙げられるのに極めて遺憾だ、などの批判ないし苦情が出されています。

過労死で亡くなった方の遺族からは、命を縮めるだけの「拡充」方策には反対、の声がかなり寄せられており、それを外すのは当然としても、安倍内閣としては「高度プロフェッショナル」という、裁量労働の極みになっていく制度化はなんとしても通したいようです。年収が一千なにがしの高給取りのみを対象に、自由に個人裁量で労働時間を設けて働けるから企業にも社会にも貢献できる、という触れ込みなのですが、情報系をはじめとしてその実態は厳しいので、もっと慎重に取り扱う必要があります。

(6)自分自身の働き方など、社会変動から見れば米粒ほどの話題ですが、前任校の現職時代よりは、毎週・毎月、けっこう課題に追われて動いています。
 今週末も京都木津川市での「いじめ」問題の講演、西尾市の産廃処理施設問題の委員会、愛知県下で起きた一時保護所での少年の自死事件、そして日本教育方法学会発行の著書への論考、生活指導誌の論考、上記の大会基調提案の草稿、あいち民研「年報」の原稿など、いくつか併行して走っています。

これらも、日野原氏の言葉に習って、「意味ある命」としてまっとうしていくための表現の機会と受け止め、あまり肩肘張らずに、自然体の心境でやっていけると良いかなと思っています。とはいっても、つい「良いものを」と色気が出てしまうのが、まだまだ修行が足りないということでしょうか(笑)。

       ――――――――――――――――

<どこに石を置くか>の三題ばなし (18.2.20.)

標記の言葉は、鶴見俊輔氏の、久野収氏との対談で出た言葉。「ある仕方で自分が流されそうになった時に、自分はどこに石を置くか。それを問い返すことです」と(久野・鶴見『思想の折り返し点で』岩波現代文庫、100頁)。

鶴見氏が、戦後の運動の中で、市民としての不服従をどうつくっていくか、と問い、久野氏は、憲法九条問題を取り上げて右傾化をさけるべきだとし、鶴見氏が未来に向かってこれまでの運動をどう継承するかだと述べたあとに、この言葉が語られた。

対談は1990年だから、28年前だが、中身は今の状況と重なる。今、わたしたちは「どこに石を置くか」だ。それは「君たちはどう生きるか」と重なる課題なのである。

一つには、その「どこに石を置くか」を、広島の生活指導研究会で講演した際に、広島の「スタンダード」の一面を取り上げながら、提起した。参加者の教師および退職者の反応も、この言葉について主体的に受け止めるものであった。ある教師はそれを「立ち位置」と言い換え、ある教師は自分の足場のようにとらえた。

鶴見氏は「市民的不服従」の拠点を意味していると思われるが、そのことは、学校スタンダード化の激流にあって、全国の教師にとってもまさに当てはまる。

二つめに、そのテーマを具体的な小中統合問題で反対運動を起こした市民の報告に接して、改めて考えた。というのは、上記講演の翌日、2月18日、名古屋市内で「学校統廃合と小中一貫教育を考える 第8回全国交流集会 in愛知」(日本福祉大東海キャンパス)の全体会に参加したからだ。

つくば教育長・門脇氏、瀬戸市市民・川西市の市民の三名がパネリストで、それぞれの実態と現在の取り組みを語った。門脇氏教育長に就任したときには、すでに大型の小中統合が決定されて具体化しており、いまそれを検証するという。瀬戸市民の報告では、M小学校の閉鎖反対(統合反対)に取り組み、市議会への請願署名として13,000筆も集めたが、結局、市議会では不採択となった。

川西市の取り組みは、同じく請願署名(5,000筆)を集めて市議会で取り上げられ、結局、統合は見送りとなった。その過程で、市教委の説明会に350人が集まり、午前から5時間近くぶっ続けでで、住民が市教委に説明を求め、納得のいくまで粘ったという。子どもがマイクを持って、「M小学校は好きだ。なくさないで」と訴えたという。

詳しくは省くが、この問題とその取り組み方でも、「どこに石を置くか」で、かなり違う結果となっていると思う。

そして、三つめには、同じ18日の午後、私学の「授業フェスティバル」の一環で行われたシンポジウムに参加した。 「時のひと」といえる前川喜平元事務次官の講演と、寺脇研、寺内義和の二人も交えたパネルディスカッション。

前川氏の話は、昨年12月に西尾市でも講演をしており、かれのファンが詳しい講演内容を自分のブログで紹介しているので、(全く同じ内容ではなかったのだが)ここでは割愛する。寺内氏も、寺脇氏も、それぞれ言いたいことを言って会場を沸かせたが、私はやや冷めた感じで聴いていた。

それは、今にして思えば、お二人の話には「どこに石を置くか」の視点が弱かったからだ。安倍政権の横暴さや、それに迎合する政治家たち、あるいは自治体の中の有力者たちへの、歯に衣着せぬ語り口は確かに面白いし、スカッとするであろう。会場から何度も拍手が湧いていた。

だが、それで、ほんとうに「たたかう」ちからが会場の聴衆の中にみなぎったのだろうか。「いい話だったね」で終わって、またもとの日常に帰って行くので良いのだろうか。

とくに寺脇氏にあっては、自由人としての視点で問題提起はするけれど、今、この時点で検証すべき運動とはなにか、がよくわかっていない感じだ。「ゆとり教育」を言い出した自分が文部省の中でほされた(外された)ことは、よくわかった。それは当時の文部省の流れの転換(そこで動いた幹部たち)にも問題はある。

一方、そもそも寺脇氏が提起した「ゆとり」とは何であったのか、についての検証をどうしてきたのか。「ゆとり」で全国に広がった総合学習の「調べ学習」「ディベート」などの力が、いまの「ゆとり世代」には実際に身についている、と寺脇氏は自賛するが、その世代、30歳前後をふくめてもっと当事者の状況や生き方についてていねいな検証がいるのではないだろうか。

この激流にあって、それをまともに受けているからこそ、「どこに石を置くのか」を真剣に考え、問うべきではないか。その問いと向き合おうとするひとのまじめさ、真剣さをもっと称えて良いのではないか。もちろん、高校生も含めて。私はそう思う。

       ――――――――――――――――

 石川綾子ヴァイオリンコンサート:ジャンルレス THE BEST (18.2.12.)

私が住んでいるすぐ近くの市民ホールで、標記の音楽鑑賞の機会があり、行ってきました。先に連れあいがチケットを買っていてくれて。

ただ、その日、午後に二階に上がって原稿書きの準備である雑誌を読んでいて、2時半開場、3時開演をすっかり忘れて、連れあいに声を掛けられ、急いで出かけて間に合いました。

休憩を挟んで、全14曲、そして「千本桜」というアンコール曲。とてもすばらしい、哀愁のなかにもパワフルな演奏でした。

クラッシック・コンサートは何度か行きましたが、第一部、第二部とも通してこんなに引き込まれ、ヴァイオリンの音色のすばらしさに感動したのは、本当に久しぶり。

パンフレットによると、彼女は4歳から習い始め、5歳の時にイギリスに渡り、ロンドンの名門の音楽学校に最年少で合格。その後、シドニーの音楽院を首席で卒業したという秀才で実力派。

タイトルの通り、「ジャンルに壁はない」の主旨で、いろんな曲を演奏してくれました。

「天空の城 ラピュタ」で流れる「君をのせて」、「君の名は。」の「前前前世」、そして「チヤルダッシュ」。また、石川さん作曲の「誓い」「PASSION」など。どれもこころに響きました。

演奏中に弓の糸が次々切れるほどに、パワフルな弾き方でした。それは、300年前の制作という名器・ヴァイオリンの音色を二階席の奥まで届けたいと、弾いたからでしょう。

アンコール曲の時にはステージから降りてきて、客席に沿って歩きながら演奏し、私たちがいるすぐ前の中央通路を通ったので、すぐそばで聴くことができました。30ウン歳とは思えない、若さ! これからも大事にしてほしいですね。

久々に感動した生演奏。古希を前に、ここまで元気でやってこれた、そのわが人生のささやかな1頁を彩る、素敵なひと時をいただきました。ありがとう。

       ――――――――――――――――

集中講義で教えた第一期卒業生に贈る言葉(18.2.12.)

3年前、中部地方のある私立大学の教育系学部で、当時2年生であった学生たちに「特別活動の指導法」を集中講義で教えました。その第一期生がこの春卒業で、卒業生一同の名義で「卒業パーティ」への招待状が来ましたが、所用で出られない代わりに、祝詞を贈りました。以下がそれです(固有名詞は伏せました)。

 ご卒業おめでとうございます!

 皆さんの2年次にA先生と共に「特別活動の指導法」を担当した折出です。

 このたびは「卒業パーティ」のご案内をいただき、感激しています。心から一人一人に「おめでとう!」と伝えたい気持ちで出席したいのですが、先約があって失礼します。以下に、ささやかな祝詞をしたためます。

***

 一人一人の思いを胸に、このB大学子ども教育学部子ども教育学科で4年間、学び、語らい、合宿等で交流し、いま・ここに卒業を迎えられました。
 よくぞここまで歩んできました。あなたを見守ってくれた、あなたのそばにいる他者(ひと)に、こころから感謝しましょう。
 

 私は上記の科目で皆さんと出会ったとき、親しみを感じて授業に臨みました。この科目は教育の実践的科目なのに、折出は学校教育の構造や指導と管理の関係、子どもの関係性や自治などを理屈っぽく語って「難しい」と、皆さんは気持ちの上では引いたかもしれません。が、私は真剣でした。あなたがたに託したいと思って、語りました。 なかには居眠りもあったけど、今となっては、それも楽しい思い出です。
 

 まずは、教職を志したその気持ちを大事にしてください。

 「初心、忘るべからず」と言います。能の世阿弥の言葉です。

 「何事かをはじめるときの新鮮な気持ちをいつも忘れずに」の意味としていまも語られます。が、世阿弥の元の意味は少し違います。能のような芸事においては初心者に失敗や苦労はつきもので、その後慣れてくるとその失敗や苦労を忘れてしまうが、それでは成長につながらない。それらを忘れずに後の芸の深まりに生かしなさい。これが元の真意です。

 皆さんがそれぞれ進路をえらび、新たな人生に歩みだす今、こころに刻んでおいていただきたい。初めからのプロはいません。自分の経験と歩みをていねいに振り返り、「なぜ」「何が」と実践過程から学んで、立ち上がっていく。これが、教師も含めて専門職者としての成長の原点です。

 世阿弥の言葉も、もとは、そういう「振り返り」のもつ、自立にとっての大事な意味を表す成長の哲学なのです。
 

 皆さん。いま、小学校現場は、英語が教科になり「特別の教科 道徳」が始まるなど、新たな課題を前に緊張の連続かもしれません。教職に限らず一人の若者がその選んだ道をあゆみ専門職者として成長するには、それなりの時間と体験、人間関係など、要するにその人のヒストリーが必要です。
「初心、忘るべからず」を指針に、○あ焦らず、○い急がず、○う鵜呑みにせず、○え笑顔を大事に、○お己(自分)を信じて、頑張ってください。
 

 学校現場に出ると、「子ども教育学部の卒業生なのだからこれくらいはできるでしょ」と先輩教師から言われそうで、迷ったときや悩んだとき、それを同僚の前に出しにくくて自分の胸にしまい込み「封印」してしまいがちです。

 しかし、それはよくありません。「見栄」にとらわれずに、困ったときには先輩たちに聴きながら、また子どもの見方についてもいろいろのおしゃべりを大事にしながら、やってください。

 最後に、「教師」は字義の上では「教える人=専門職=師」を表します。しかし、教育の真実からすると、教師とは「(自分が)教えられること=学ぶことにおける師」なのです。

 Teacherは、すぐれた Learner であってこそ務まるのです。どうか「教えの達人」ではなく「学びの達人」をめざして、おおいにチャレンジしてください。

 今後は体に気をつけて、私生活のオンとオフもうまく創り、人生の20代から30代にかけての自立期を(多少は)もまれながら、進んでください。

 愛知から応援しています。
   

                                                    2017年2月7日  

       ――――――――――――――――

 常設 2017 アップ情報一覧

 最近のメッセージ 保存  


 生活指導研究の新展開  


 生活指導・教育臨床  


 いじめを考える  


 新刊 わたしの書評  


 過去の論説 2005〜2015  


 折出健二 生活指導研究の仕事  


 折出健二のプロフィール