THANKS FOR YOUR COMING

Welcome

to Kenji's Home Page

ようこそ折出 健二(おりで けんじ)のホームページへ


◇◇ 2018 January NEWS ◆◆

最終更新日:2018年1月16日

******************

お忙しい中、このつたないHPにお立ち寄りいただき、誠にありがとうございます。

2017年も、子どもと教育、教師と学校、市民と政治、思想家と人生・社会論、そして作者の身辺出来事と小さな物語など、つれづれなるままにトピックを記事にしていくつもりです。もし、言い過ぎや事実誤認でお気づきでしたら、ご遠慮無く、ご教示ください。作者より。

【「いじめを考える」のサイトに、全生研福島大会(2017年8月)のテーマ別分科会「現代のいじめ問題を考える」で提案したレジュメ(大会紀要掲載&当日の補充レジュメ)を掲載しております。 2017年8月8日】
このサイトの全てのページの文責及び著作権は、作成者・折出健二に帰属しております。無断の転用はご遠慮願います。
All Rights Reserved, Copyright (C) 2002, K.ORIDE
  

このレギュラー・ページ「TODAY'S MESSAGE」では、「最新の記事」から順に載せています。

レギュラー記事の以前のものは、このページの後半に掲載している「常設 2017」コーナーの「以前のメッセージ&情報」並びに「生活指導・教育臨床」「いじめを考える」「わたしの書評」「教育改革とわたしたちの研究・実践課題」にそれぞれテーマに応じて保存しております(2017.1.21.)。
このホームページについて、なにかご感想・お気づきやご質問・お問い合わせがありましたら、メールアドレス k-oride*uhe.ac.jp にどうぞ。*にはアットマークが入ります。



   
TODAY'S MESSAGE:Current Topics

新春の出会い(18.1.16.)

◇愛知私教連の「旗びらき」に愛知父母紺の会長として他の役員の方々と共に参加しました。女性役員はほとんどの方が、和服姿。いつも常任幹事会でお会いする方々の落ち着いた中にもあでやかな着物姿。

40数十名の参加のテーブス式の会場で委員長あいさつに続いて、来賓を代表してあいさつをしました。その後、会食。

その中で、舞台上で、いま職場での労働条件で経営側と闘っている4つの単組から現状報告があり、そのあと、会場フロアから各単組への激励の品やカンパが届けられました。このあたりが私教連独特の連帯感ある姿だなと思います。

◇毎年の京都前進座公演の観劇と下賀茂神社参拝は、今南座が改修工事中のため、前進座公演が先斗町の歌舞連場で行われている関係で、いつもよりは10日くらい遅れての「マイ行事」となりました。先に下鴨神社に参拝し、恒例のおみくじも得ました。なんと、はじめて「大吉」です。

ここのおみくじには、どれにも、ことわさや偉人の名言が引用されています。わたしの「大吉」にはパスカルの言葉、つまりものごとの達成は小さな努力の積み重ねだ、という言葉使われています。

連れあいはこのことを話すと「(急に大吉で)却って怖い」といいますが、まぁ慢心せずにパスカルの言葉を指針にやっていくことです。

夜は、飲み会つながりのある知人たちと、その行きつけという、京都市内中心部の路地にある「楽庵」でミニ新年会をおこないました。どの料理も美味しかったですが、蟹の甲羅酒は蟹味噌の味も加わって、えも言われぬおいしさ。また、この店は全国の地酒を多くそろえていて、こちらも満喫。

◇その知人のIさんが、今年は北野天満宮でのおみくじが「凶」であったと。「じゃ、そのぶんをわたしがもらったのだ。わるいね」と言うと、大笑いに。しかも、Iさんが言うには、過去にも同じ年に三神社で引いたおみくじがすべて「凶」だったとか。その場にいた別の人の話では、前に、「凶」のさらに下の「大大凶」を引いてしまい、以後、いっさいおみくじは止めたと言います。「大大凶」の種類があったんですね。

◇先日は、西尾市の産廃処理建設計画問題での研究会に出席しました。その中身の話は、市の広報で行われるので、ここでは割愛します。その会合の帰り、市の職員に駅まで車で送ってもらう中、世間話をしていると、研究会の会長を務める方のいとこにあたるのが鳥越俊太郎さんだそうで、時々、携帯で話しているそうです。

あの都知事選出馬の際にも、その方は鳥越さんに「あんたの年なら自分の専門のことで仕事をすべきだよ」と言ったが、本人は意思が強く、出馬した。すると、男女問題での一件がマスコミに取り上げられ、マイナスに影響した。だから、言わんことじゃないんだと、彼はさらりと言いました。

ちょうどその日の会合では、工学専門の委員から全国各地での地震による「液状化」の実態が報告されたこともあったので、私が「それは、(深層に隠れていたことが噴き出る、の意味で)人生の『液状化』ですよね」と言うと、彼は「なるほど!」と、大笑いになりました。

かくして、2018年のスタートは、はやくもドラマティックに。今年も、いろいろの課題が現れそうですが、前向きになってやっていきたいものです。

       ――――――――――――――――

 謹賀新年  (18.1.1.)

明けましておめでとうございます。

新年をお元気で迎えられたことと思います。この一年が、(このHPを訪問してくださる)皆様にとって、夢の持てる充実した年に成りますように念じております。

私自身は、愛知県子どもの貧困対策検討会議としての調査報告書を昨年9月にまとめることができましたが、その展開で、委員各自が専門性を生かして「提言」をまとめることになっており、その論考作成という宿題があります。

また、県内で起きた母子心中事件並びに父子心中事件(いずれも子ども虐待死)の検証報告書の作成も控えております。

さらに、西尾市の産廃処理施設建設計画に関する調査研究会の委員として、その総括的な報告に参加しなくてはなりません。

愛知私学父母懇も、早々に私教連の「旗開き」への参加、そして例会の常任幹事会への出席など、動いていきます。

全国的には、全生研の研究全国委員として、基調提案に員会の委員になっており、その会合に参加していきます。また、広島生研の企画で2月に、「子どもの主体性を育てる学校づくり」の講演を行うために、行ってきます。

恒例の京都・下鴨神社初詣を兼ねた前進座公演観劇は、今年は、いつもより遅くなります。いま、京都南座を改装中で、そのため同劇団の公演も遅い開始となったためです。

今年は、前からアバウトながら構想している、「生活指導と弁証法」(仮)について既発表論考を整え、出版の準備をしていこうと思います。ヘーゲルに学んできた私なりの集約であり、私自身の終活に向けての大仕事です。

昨年末、連れあいと、名古屋市内の宗次ホールで開かれた布施明コンサートに行きました。12月に古希を迎えた彼が、張りのある声で歌い、明るい話題でトークに聴衆を引き込み、「七十は(人生百年の時代に)まだまだ鼻タレ小僧だ」と自らに檄をとばすかのように、言っていたのが印象的でした。それくらいの前向きな構えは大事だと思います。

では、この一年もよろしくお願いします。

       ――――――――――――――――

この1年、お立ち寄り頂き、ありがとうございます(17.12.31.)

今年の流行語の大賞は「インスタ映え」でした。それからすると、文字ばかりのこのHPは、真逆な感じで、画像ブログやフェイスブックの流れでは、ここは見づらいだろうなと思いますが、HTML方式はHP発信の原点なので、いましばらく、このやり方で続けて参りますので、お付き合いください。

この1年、国際的には、トランプ大統領の「威圧」「駆け引き」「自国利益優先」の言動に始まり、これに終わろうとしています。彼の挑発を受けつづけた北朝鮮のキム総書記は、はやくも労働党機関誌を通じて「来年はもっと刺激的な起こるので覚悟せよ」と発信したそうです。

国内的には、従来の保守のなかで最もタカ派と言われた山崎拓氏(自民党)ですら、自分よりももっと危険だといわせる安倍政権の危うさがあります。穏健保守の宮澤喜一氏(自民党)が言ったという「戦争だけは絶対に起こしてはならない」という合い言葉さえ、安倍政権下では空文になっていくほどに、日本が進んで武力による戦闘場面に参戦していく状況がますます近づいている感じです。

孫ごたちの行方が本当に心配です。

今朝のNHKラジオ第一の日曜特集として、AI(人工知能)と人間の関係について、学者の論議が報道されましたが、AIの得意分野は情報の解読・接合とその効率化(即応性)にあるのですが、それが、いまや人間たちの社会でそのトップの座に着いている人物によってすでに行われている感があります。

たとえば、レストランに行き席について、注文を聴きに来たスタッフに「私は魚」と言うとします。人間のスタッフなら、「この客は、メニューのなかの魚料理を注文だ」と聴き取りますが、AIのロボット・スタッフでは、客が「私は魚です」と自己紹介していると聴く、というのです。

トランプはこれ以上の核開発を止めさせようと「(北朝鮮への)石油を止めるぞ」と言いますが、キム労働党委員長はこれを「北朝鮮をつぶすぞ」と聞いて、さらに反発を強める。この繰り返しの行き着くさきはとても危険です。

トップの座に着いている人物がこのようにAI的な、効率と情報の相乗作用的反応で動いている現代は、人類の開発してきた情報技術とそのネットワークの弱点の極みが一挙に噴き出してきているような気がします。

だからこそ、あまりにも人間くさいというか、非効率をモットーとする「対話」の復権こそが事態を打開するカギと言えるでしょう。

来年を、「もっと人間的に!」という時代にしたいものです。いや、そうすべきです。あらゆる分野で、それぞれに個性的に。

末尾になりますが、皆様、良いお年をお迎えください。

       ――――――――――――――――

 『君たちはどう生きるか』について(2)  (17.12.26.)

◆12月18日の記事で、「私の若い頃の小著『人間的自立と教育』(青木書店、1984年。いまは絶版)のなかで、「『君たちはどう生きるか』における自立の問題」を書いていました(同書、42〜73頁)」と紹介しました。

その後、PDF版にして、愛知民教連、あいち民研、全生研のネットに発信(投稿)しました。さっそく、複数の方からレスポンスもありました。

このHPをご覧の方で希望される方は、アドレスをお知らせ下されば、上記PDF版を添付ファイルで送ります。重たいので、二回に分けます。

◇あとわずかで2017年も終わります。この1年を振り返って、にあたる記事は、下段の「愛知父母懇」の話題に集約されるので、それ以上は割愛します。

今年は今までになく、年末の掃除や年賀状を、早めに済ませました。連れあいもびっくりしたほど。研究会やその他会合が今までは年末ぎりぎりまで入っていましたが、それが俄然少なくなったのです。

とはいっても、明日には、愛知県知事との、私学助成をめぐる交渉会見(私教連が主体で行うが、父母懇会長も同席するため)、そして夜間にはコンサート、とスケジュールはあります。

◆大阪・箕面市での4歳児虐待死、大阪・寝屋川市での精神疾患のある娘(33歳)を、16.17歳の頃からずっと10数年にわたり自宅軟禁部屋に閉じ込め、栄養失調と凍えで凍死させた事件、単に家族の崩壊と言うにはあまりにも凄惨な出来事。

近代家族の持つ家父長制を批判し、国家の基礎としての受け皿的性格を指摘するのも良いですが、家族らしい関係性をいま、我が社会はかくも簡単に投げ捨ててきたのでしょうか。

何のための家族なのか、なぜ共同で暮らしているのか。こうした根本の社会通念がきわめて揺らいでいる以上、国家が揺らぐのは当たり前です。

       ――――――――――――――――

 愛知私学父母懇会長の半年を振り返って (17.12.21.)

今年の私のビッグニュースの1つは、6月に正式に「私学をよくする愛知父母懇談会」の会長に就任したことです。以来、6ヶ月。サマーセミナー、オターム・フェスと、大きなイベントも経験し、毎月の常任幹事会(夜の7時から9時)にも出席して、この運動の奥深さを感じてきました。

それと、何かの活動が亜ればその「打ち上げ」で、皆さん、よく飲むことも(笑)。さいわいに、適度にお付き合いができていて、その点のストレスはありません。

いま、グローバリズム、「人づくり革命」などと言われますが、私たちの社会は大きな問題に突き当たっています。それは、子どもも若者・大人も、「個」が際だってばかりで、頼ったり頼られたり、働きかけたり働きかけられたり、信頼し信頼される関係性をはぐくむ中間社会があちこちで壊れ、なくなっていることです。

粒のような存在になっているので、私は以前から「アトム化」と呼んでいます。企業社会でもおとなりは業績を競う相手だし、弱みは見せられない。その抑圧がハラスメントやいがみあいになる。子どもたちも、同じような集団の構造で、自分をうまく表現できずに、いじめてしまう。いじめは、自分を観て欲しい、関わって欲しい、自分はこんなにも我慢しているという、言うに言えないメッセージの逆立ち表現行為です。

父母紺が、「ひとりぼっちの父母をつくらない」としている意味はとても大きい。ひとりぼっちにさせられていきやすいこの社会で、父母懇の各ブロック、各つどいが、人とのつながり、世話される関係の中間社会を自らつくりだしている。

そこには、「ワクワクすること」「夢を語り合うこと」「あてにしあてにされること」という、社会の中で、生きる意味を見つけるのになくてはならない要素がたっぷりと詰まっている。

フェスに参加する高校生たちもそうです。科目の点数に縛られる高校生活ではなく、自分がここにいる意味、生きる意味を見つけられる高校生活を、自らの手でつくりだそうと、互いにつながり、活動を世話し、社会に関心を持ち、活動している。そして、彼らや彼女らも、フェスという自分たちの中間社会をとおして「ワクワク」「夢」「信頼」の三要素を、学びのテーマとして追求している。

高校生フェスと、父母懇が違うメンバーだが同じテーマで重なり合って動いている。ここに愛知私学の新しい可能性があるのだなとわかってきました。

「教育の無償化」は、お金のために進学を断念したり、変更したり、あるいは中退したりする、あってはならない問題をなくしすべての子どもたちに高校教育を受ける自由を保障しようという運動です。そこにある大事なテーマは、どういう教育を創り出すか、子どもたちと共にどういう学びを探るか、の課題です。

それはとりもなおさず、グローバリズムのかけ声の中で一番奪われ、失っていること、つまり、世界の何と愛でつながるのか、を自分たちでさぐる運動です。

※ この記事に際し、上田紀行『生きる意味』岩波新書を参照しました。

       ――――――――――――――――

 常設 2017 アップ情報一覧

 最近のメッセージ 保存  


 生活指導研究の新展開  


 生活指導・教育臨床  


 いじめを考える  


 新刊 わたしの書評  


 過去の論説 2005〜2015  


 折出健二 生活指導研究の仕事  


 折出健二のプロフィール